• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由) G02B
管理番号 1288169
審判番号 不服2013-22173  
総通号数 175 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2014-07-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2013-11-12 
確定日 2014-05-30 
事件の表示 特願2009-187128「液晶表示装置用反射フィルム」拒絶査定不服審判事件〔平成22年 3月25日出願公開、特開2010- 66760〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 1 手続の経緯・本願発明
(1)手続の経緯
本願は、平成21年8月12日(優先権主張平成20年8月14日)の出願であって、平成25年8月20日付けで拒絶査定がなされ、これに対して、同年11月12日に拒絶査定不服審判が請求され、当審において、同年12月24日付けで拒絶の理由(以下「当審拒絶理由」という。)が通知され、平成26年3月7日付けで手続補正がなされたものである。
なお、請求人は、当審拒絶理由に対して平成26年3月7日付けで意見書を提出している。

(2)本願発明
本願の請求項1ないし4に係る発明は、平成26年3月7日付け手続補正によって補正された特許請求の範囲の請求項1ないし4に記載の事項によりそれぞれ特定されるものであるところ、請求項1に係る発明は、平成26年3月7日付け手続補正によって補正された特許請求の範囲、明細書及び図面の記載からみて、その特許請求の範囲の請求項1に記載されたとおりの次のものであると認める。

「白色反射層を含む白色基材フィルムおよび白色基材フィルムの表面を被覆する透明粒子からなる液晶表示装置用反射フィルムであって、白色基材フィルムの表面において5?100%の露出率の透明粒子が50?100%の被覆率で白色基材フィルム表面を被覆し、白色基材フィルムの白色反射層はボイドを含有し延伸された層であり、白色反射層の重量を基準に0.1?7重量%の蛍光体を含有することを特徴とする、液晶表示装置用反射フィルム。」(以下「本願発明」という。)

2 刊行物の記載事項
当審拒絶理由で引用した「本願の優先日前に頒布された刊行物である国際公開第2008/024617号(以下「引用例」という。)」には、図とともに次の事項が記載されている(下線は審決で付した。)。
(1)「FIELD OF THE INVENTION
The present disclosure is directed to backlights suitable for display devices, such as liquid crystal display devices.」(1頁2行?4行)
(日本語訳)
「発明の技術分野
本開示は液晶ディスプレイデバイスなどのディスプレイデバイスに好適なバックライトに関する。」

(2)「The performance of an LCD is often judged by its brightness. However, the viewing experience of a display may be compromised if the degree of brightness varies across its viewable area. This may occur where discrete light sources are used in the backlight due to the reduction of brightness with increased distance from the light source(s). Various arrangements have been proposed to combat this problem. For example, in direct-lit displays thick diffuser plates have been used to mix the light from individual light sources. In edge-lit displays, extraction dots have been placed closer together to provide increased extraction of light with increased distance from the light source(s). These solutions, however, result in loss of light due to scattering and absorption. 」(1頁23行?32行)
(日本語訳)
「LCDの性能は、多くの場合その輝度により判断される。しかし、ディスプレイの目視体験は、輝度の度合いが可視領域にわたって変化する場合、質が落ちることがある。これは、単数又は複数の光源からの距離の増加に伴う輝度の減少のため、分離性の光源がバックライトに使用される場合に現れ得る。種々の配置がこの課題に対処するために提案されている。例えば、直接照明ディスプレイでは、厚い拡散板が個別の光源からの光を混合させるために使用されている。端面照明ディスプレイでは、抽出点をより密接させて配置して、単数又は複数の光源からの距離の増加に伴う光抽出の増加を提供する。しかしながら、これらの解決策は散乱及び吸収に起因する光の損失をもたらす。」

(3)「SUMMARY
In one implementation, the present disclosure is directed to a backlight suitable for use in a display device. The backlight includes an illumination device having at least one light source and a back reflector stack including a reflective layer and a transparent layer having substantially uniform refractive index and having a plurality of light-directing protrusions disposed in a matrix array. The transparent layer is disposed between the reflective layer and the illumination device with the plurality of light-directing protrusions facing away from the reflective layer. The plurality of light-directing protrusions are configured and disposed in a configuration that is not registered to any light source of the illumination device. In another implementation, the present disclosure is directed to a backlight suitable for use in a display device, which includes an illumination device having at least one light source and a back reflector stack including a reflective layer and a transparent layer having a plurality of beads disposed in a binder. The beads form a plurality of light-directing protrusions and the binder has a refractive index that is close to a refractive index of the beads. The transparent layer is disposed between the reflective layer and the illumination device with the plurality of light-directing protrusions facing away from the reflective layer. The plurality of light-directing protrusions are configured and disposed in a configuration that is not registered to any light source of the illumination device.
In yet another implementation, the present disclosure is directed to a backlight suitable for use in a display device, which includes an illumination device having at least one light source and a back reflector stack comprising a reflective layer and a transparent layer having substantially uniform refractive index and having a plurality of lenticular light-directing protrusions disposed in a matrix array. The transparent layer is disposed between the reflective layer and the illumination device with the plurality of light- directing protrusions facing away from the reflective layer. The plurality of light-directing protrusions are configured and disposed in a configuration that is not registered to any light source of the illumination device.
These and other aspects of the optical devices of the subject invention will become more readily apparent to those having ordinary skill in the art from the following detailed description together with the drawings.」(2頁1行?31行)
(日本語訳)
「概要
1つの実施態様では、本開示はディスプレイデバイス用途に好適なバックライトに関する。バックライトは、少なくとも1つの光源を有する照明デバイスと、反射層及び実質的均一な屈折率を有する透明層を有し、かつマトリックスアレイ中に配置された複数の光指向性突起を有する後部反射体スタックとを備える。透明層は、反射層と照明デバイスとの間に、複数の光指向性突起が反射層とは反対側に向くように配置される。複数の光指向性突起は、照明デバイスのいかなる光源にも位置合わせされていない設定で構成され、配置される。別の実施態様では、本開示はディスプレイデバイス用途に好適なバックライトに関し、そのバックライトは少なくとも1つの光源を有する照明デバイス、及び反射層と、結合剤中に配置された複数のビーズを有する透明層とを含む後部反射体スタックを備える。ビーズは複数の光指向性突起を形成し、結合剤はビーズの屈折率に近い屈折率を有する。透明層は、反射層と照明デバイスとの間に、複数の光指向性突起が反射層とは反対側に向くように配置される。複数の光指向性突起は、照明デバイスのいかなる光源にも位置合わせされていない設定で構成され、配置される。
更に別の実施態様では、本開示はディスプレイデバイス用途に好適なバックライトに関し、そのバックライトは少なくとも1つの光源を有する照明デバイス、及び反射層と、実質的に均一な屈折率を有し、マトリックスアレイ中に配置された複数のレンチキュラーレンズ光指向性突起を有する透明層とを含む後部反射体スタックを備える。透明層は、反射層と照明デバイスとの間に、複数の光指向性突起が反射層とは反対側に向くように配置される。複数の光指向性突起は、照明デバイスのいかなる光源とも位置合わせされていない設定で構成され、配置される。
主題の発明の光学デバイスに関するこれらの及びその他の態様は、図面と共に以下に行う詳細な説明から当業者には容易により明らかになるであろう。」

(4)「Transparent Layer
It has been found that the addition of a transparent layer having light-directing protrusions on at least one of its surfaces, disposed in the optical path of light reflected by the reflective layer, provides some advantageous optical properties. For example, the transparent layer can aid in improving brightness uniformity across an output face of a backlight, which results in improved appearance of a display using such backlights without sacrificing its overall brightness. The light-directing protrusions can be closely packed. In some exemplary embodiments, the light-directing protrusions can be disposed side-by-side and in close proximity to one another, and, in some exemplary embodiments, in substantial contact or immediately adjacent to one another. Increasing the amount of the surface area occupied by the light-directing protrusions provides additional advantages in luminance uniformity of a backlight or optical display including a reflector stack according to the present disclosure. In other exemplary embodiments, the light-directing protrusions may be spaced from each other provided that the light-directing protrusions preferably occupy at least a majority or more (i.e., 50% or more) of the exposed useful surface area of the beaded layer, more preferably about 60% or more, still more preferably about 70% or more, and even more preferably about 90% or more.」(5頁25行?6頁11行)
(日本語訳)
「透明層
その表面の少なくとも一方の上に光指向性の突起を有する追加の透明層を、反射層によって反射される光路中に配置することにより、光学特性に幾つかの利点をもたらすことが見出されている。例えば、透明層はバックライトの出力面全体にわたって輝度の均一性を向上させるのに役立ち、これにより、全体的輝度を犠牲にすること無く、そのようなバックライトを使用するディスプレイ外観の向上がもたらされる。
光指向性突起は緊密に詰めることができる。幾つかの代表的な実施形態では、光指向性突起は互いに近接させて並ばせて配置でき、また、一部の代表的な実施形態では、互いに実質的に接触させて又はぴったりと沿わせて配置することができる。光指向性突起によって占有される表面積の量が増大すると、本開示による反射体スタックを含むバックライト又は光学ディスプレイの輝度の均一性に更なる利点がもたらされる。別の代表的な実施形態では、光指向性突起は、ビーズ含有層の露出している有用表面積の好ましくは少なくとも過半数以上(即ち50%以上)、より好ましくは約60%以上、更に好ましくは約70%以上、その上好ましくは約90%以上を占有していれば、互いに離間して並んでよい。」

(5)「The transparent layer including beads dispersed in a binder can also be characterized in terms of how the average binder thickness relates to a median radius of the beads. It is believed that when the dried and cured binder thickness does not depart too far from the median radius of the beads, the transparent layer will have improved light- directing characteristics. For example, it is believed that advantageous performance may be achieved where an average binder thickness over a linear inch on a major surface of an optical article (such as an optical film) is within 60%, 40% or 20% of a median radius of the beads. In other exemplary embodiments, the average binder thickness over two linear inches is within 60%, 40% or 20% of a median radius of the beads.」(10頁29行?11頁5行)
(日本語訳)
「結合剤に分散されるビーズを含む透明層はまた、結合剤の平均厚さがビーズのメジアン半径にどのように関連するかという観点で特性付けることもできる。乾燥かつ硬化した結合剤の厚さがビーズのメジアン半径と離れ過ぎていないときには、透明層は改善された光指向性特性を有すると考えられる。例えば、光学物品(光学フィルムなど)の主表面上の1リニアインチにわたる結合剤の平均厚さがビーズのメジアン半径の60%以内、40%以内、又は20%以内である場合に、有利な性能を達成できると考えられている。他の代表的な諸実施形態では、2リニアインチにわたる平均結合剤厚さは、ビーズのメジアン半径の60%以内、40%以内、又は20%以内である。」

(6)「Reflectors
Any type of reflective layer can be used in the back reflector stacks of the present disclosure. The reflective layer can have a reflectivity that includes a specular reflectivity component, a diffuse reflectivity component or both. In some exemplary embodiments, the reflective layer is a specular reflector. Examples of suitable reflective layers include, without limitation, metallic reflective layers, such as silver-coated or aluminum-coated mirrors or mirror films, polymeric reflective layers, such as multilayer polymeric reflective films, multilayer inorganic films, specular reflectors coated with diffuse coatings, particle-loaded polymeric films, particle-loaded voided polymeric films and back-scattering reflectors. This list of illustrative reflective polarizing elements is not meant to be an exhaustive list of suitable reflective polarizing elements. Any reflective layer that reflects, for example at least 40%, at least 50%, preferably at least 70% and, more preferably, at least 80% of incident light can be used. 」(11頁23行?12頁4行)
(日本語訳)
「反射体
本開示の後部反射体スタックには、いかなる種類の反射層も使用できる。反射層は、鏡面反射成分、拡散反射成分又はそれらの両方を含む反射率を有することができる。幾つかの代表的な実施形態では、反射層は鏡面反射体である。好適な反射層の例には、それらに限定されないが、銀コーティング又はアルミニウムコーティングのミラー若しくはミラーフィルムのような金属反射層、多層ポリマー反射フィルム、多層無機フィルム、拡散コーティング剤でコーティングされた鏡面反射体、粒子装填ポリマーフィルム、粒子装填空隙ポリマーフィルム及び背面散乱反射体のようなポリマー反射層が挙げられる。実例となる反射偏光素子のこのリストは、好適な反射偏光素子の網羅的なリストとなることを意図するものではない。入射光の、例えば少なくとも40%、少なくとも50%、好ましくは少なくとも70%、及びより好ましくは少なくとも80%を反射するいかなる反射層も使用できる。」

(7)「Another advantage of exemplary reflector stacks constructed according to the present disclosure is that in most backlights they contribute to increased on-axis brightness. Not wishing to be bound by a particular theory, it is believed that this increase of on-axis brightness results from the refractive properties of the light-directing protrusions of the transparent layer. In particular, light being incident onto the transparent layer at high angles, is likely to experience multiple refractions and/or total internal reflection(s) at the interface of the material of the transparent layer and air. Such refractions and/or reflections are expected to cause high angle incident light to be redirected closer to the axis orthogonal to the display panel.」(15頁23行?31行)
(日本語訳)
「本開示により構築された代表的な反射体スタックの別の利点は、それらが大部分のバックライトにおいて軸上輝度の上昇に寄与するということである。特別な理論に拘束されるものではないが、この軸上輝度の上昇は透明層の光指向性突起の屈折特性に起因すると考えられる。具体的には、大きい角度で透明層の上に入射する光は、その透明層の材料と空気との間の界面において多重の屈折及び/又は全内部反射(単数又は複数)を受ける可能性がある。そのような屈折及び/又は反射はディスプレイパネルに直交する軸のより近くに再指向されるように大きい角度の入射光をもたらすと予想される。」

(8)FIG.2から、反射層上に透明層が積層されていることが見て取れる。

(9)上記(1)ないし(8)から、引用例には次の発明が記載されているものと認められる。
「液晶ディスプレイデバイスの性能は、多くの場合その輝度により判断されているが、輝度の度合いが可視領域にわたって変化する場合、質が落ちることがあり、これは、単数又は複数の光源からの距離の増加に伴う輝度の減少のため、分離性の光源がバックライトに使用される場合に現れ得るものであり、この課題に対処するために、直接照明ディスプレイでは、厚い拡散板が個別の光源からの光を混合させるために使用され、端面照明ディスプレイでは、抽出点をより密接させて配置して、単数又は複数の光源からの距離の増加に伴う光抽出を増加させているが、これらの解決策は散乱及び吸収に起因する光の損失をもたらすので、このような光の損失を解決するために、
反射層と、前記反射層上に積層され結合剤中に配置された複数のビーズを有する透明層とを含み、前記ビーズは複数の光指向性突起を形成し、前記透明層は、前記複数の光指向性突起が前記反射層とは反対側に向くように配置されることにより、バックライトの出力面全体にわたって輝度の均一性を向上させ、前記光指向性突起の屈折特性に起因して軸上輝度が上昇するため、全体的輝度を犠牲にすること無く、そのようなバックライトを使用するディスプレイ外観の向上をもたらすようにした、液晶ディスプレイデバイスに好適なバックライトに用いられる後部反射体スタックであって、
前記光指向性突起は、互いに近接させて並ばせて配置することも、互いに実質的に接触させて又はぴったりと沿わせて配置することもでき、その占有する表面積の量が増大すると輝度の均一性に更なる利点をもたらすものであり、ビーズ含有層の露出している有用表面積の好ましくは50%以上、より好ましくは約60%以上、更に好ましくは約70%以上、その上好ましくは約90%以上を占有していれば、互いに離間して並んでよく、
前記結合剤の平均厚さは前記ビーズのメジアン半径の60%以内、40%以内、又は20%以内であり、
前記反射層は、いかなる種類のものも使用できるが、例えば、粒子装填空隙ポリマーフィルムを用いたポリマー反射層が好適な反射層である、
液晶ディスプレイデバイスに好適なバックライトに用いられる後部反射体スタック。」(以下「引用発明」という。)

3 対比
本願発明と引用発明とを対比する。
(1)引用発明の「液晶ディスプレイデバイスに好適なバックライトに用いられる後部反射体スタック」及び「空隙」は、本願発明の「液晶表示装置用反射フィルム」及び「ボイド」に相当する。

(2)引用発明の「反射層」は、例えば、粒子装填空隙ポリマーフィルムを用いたポリマー反射層が好適な反射層であり、該粒子装填空隙ポリマーフィルムが、粒子や空隙により白色を呈していることが当業者に明らかであるから、本願発明の「白色反射層を含む白色基材フィルム」に相当する。

(3)引用発明の「ビーズ」は、結合剤とともに透明層を構成するから、本願発明の「透明粒子」に相当する。

(4)引用発明の「液晶表示装置用反射フィルム(液晶ディスプレイデバイスに好適なバックライトに用いられる後部反射体スタック)」は、「白色反射層を含む白色基材フィルム(反射層)」と、結合剤中に配置された複数の「透明粒子(ビーズ)」を有する透明層とを含み、前記「透明粒子(ビーズ)」は複数の光指向性突起を形成し、前記透明層は、前記複数の光指向性突起が反射層とは反対側に向くように配置されるものであるから、本願発明の「液晶表示装置用反射フィルム」と、「白色反射層を含む白色基材フィルムおよび白色基材フィルムの表面を被覆する透明粒子からなる」点で一致する。

(5)引用発明において、結合剤の平均厚さは「透明粒子(ビーズ)」のメジアン半径の60%以内、40%以内、又は20%以内であり、すなわち、前記「透明粒子(ビーズ)」は、その直径の少なくとも70%以上が結合剤から露出しており、また、前記「透明粒子(ビーズ)」からなる光指向性突起は、互いに近接させて並ばせて配置することも、互いに実質的に接触させて又はぴったりと沿わせて配置することもでき、その占有する表面積の量が増大すると輝度の均一性に更なる利点をもたらすものであり、ビーズ含有層の露出している有用表面積の好ましくは50%以上、より好ましくは約60%以上、更に好ましくは約70%以上、その上好ましくは約90%以上を占有していれば、互いに離間して並んでよいものであり、また、結合剤と「透明粒子(ビーズ)」を含む透明層は「白色基材フィルム(反射層)」上に積層されるものであるから、引用発明の「液晶表示装置用反射フィルム(液晶ディスプレイデバイスに好適なバックライトに用いられる後部反射体スタック)」と本願発明の「液晶表示装置用反射フィルム」とは、少なくとも、「白色基材フィルムの表面において70?100%の露出率の透明粒子が50?100%の被覆率で白色基材フィルム表面を被覆し」ている点で一致する。

(6)引用発明の「白色反射層を含む白色基材フィルム(反射層)」は、粒子装填空隙ポリマーフィルムを用いたものであるところ、粒子装填ポリマーフィルムに「ボイド(空隙)」を形成するために該フィルムが延伸されていることは当業者に明らか(例.当審拒絶理由で引用した特開2002-90515号公報(【0011】参照。)、特開平9-316221号公報(【請求項4】、【請求項7】参照。)、特開2003-139926号公報(【0025】参照。)、特開2006-163378号公報(【0048】参照。))であるから、引用発明の「白色反射層を含む白色基材フィルム(反射層)」と本願発明の「白色反射層を含む白色基材フィルム」とは、「白色基材フィルムの白色反射層」が「ボイドを含有し延伸された層」である点で一致する。

(7)上記(1)ないし(6)からみて、本願発明と引用発明とは、
「白色反射層を含む白色基材フィルムおよび白色基材フィルムの表面を被覆する透明粒子からなる液晶表示装置用反射フィルムであって、白色基材フィルムの表面において70%?100%の露出率の透明粒子が50?100%の被覆率で白色基材フィルム表面を被覆し、白色基材フィルムの白色反射層はボイドを含有し延伸された層である液晶表示装置用反射フィルム。」の点で一致し、次の点で相違する。

相違点1:前記「白色反射層」が、本願発明では、前記「白色反射層」の重量を基準に、「0.1?7重量%の蛍光体を含有する」のに対し、引用発明では、蛍光体を含有していない点。

4 判断
(1)上記相違点1について検討する。
ア 良好な反射性や白色性を得るために蛍光材料を樹脂に対して0.1?5重量%含有する白色樹脂層状体は本願の優先日前に周知である(以下「周知技術1」という。例.当審拒絶理由で引用した特開2008-26340号公報(【請求項1】、【0005】、【0031】【表1】参照。)、当審拒絶理由で引用した特開2002-138150号公報(【請求項1】、【請求項2】、【0004】、【0040】、【0042】【表1】の特に「実施例1」参照。)、当審拒絶理由で引用した特開2001-287327号公報(【0007】、【0047】【表1】参照。)、前記特開2002-90515号公報(【0004】、【0005】、【0018】参照。))。

イ 引用発明の液晶表示装置用反射フィルムは、反射層が白色であるから、上記アからみて、引用発明の白色基材フィルムの白色反射層に、より良好な反射性や白色性を得るために、白色反射層の重量を基準に0.1?5重量%の蛍光材料を含有させること、すなわち、引用発明において、上記相違点1に係る本願発明の構成となすことは、当業者が周知技術1に基づいて適宜なし得た程度のことである。

(2)仮に、ボイドを含有した「白色反射層」が、本願発明では、延伸された層であるのに対して、引用発明では、延伸された層であるか否かが明らかでない点をもう一つの相違点(以下「相違点2」という。)としたとしても、微粒子を添加したフィルムを延伸することにより内部に微細な気泡を形成させ白色化することは本願の優先日前に周知であり(以下「周知技術2」という。例.前記特開2002-90515号公報(【0011】参照。)、前記特開平9-316221号公報(【請求項4】、【請求項7】参照。)、前記特開2003-139926号公報(【0025】参照。)、前記特開2006-163378号公報(【0048】参照。))、引用発明の白色反射層は、粒子装填空隙ポリマーフィルムを用いたものであるから、このようなボイド(空隙)を含有したフィルムを延伸により作成すること、すなわち、引用発明において、相違点2に係る本願発明の構成となすことは、当業者が周知技術2に基づいて適宜なし得た程度のことである。

(3)本願発明の奏する効果は、引用発明の奏する効果及び周知技術1の奏する効果から当業者が予測することができた程度のことである。

(4)したがって、本願発明は、当業者が引用例に記載された発明及び周知技術1に基づいて容易に発明をすることができたものである。

5 むすび
本願発明は、当業者が引用例に記載された発明及び周知技術1に基づいて容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2014-03-26 
結審通知日 2014-04-01 
審決日 2014-04-17 
出願番号 特願2009-187128(P2009-187128)
審決分類 P 1 8・ 121- WZ (G02B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 渡邉 勇早川 貴之  
特許庁審判長 西村 仁志
特許庁審判官 清水 康司
鉄 豊郎
発明の名称 液晶表示装置用反射フィルム  
代理人 為山 太郎  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ