• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 H02J
審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 H02J
管理番号 1288353
審判番号 不服2013-6457  
総通号数 175 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2014-07-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2013-04-08 
確定日 2014-06-03 
事件の表示 特願2009-537334「ドッキングステーションおよび携帯電話システム」拒絶査定不服審判事件〔平成20年 5月29日国際公開,WO2008/064045,平成22年 4月 2日国内公表,特表2010-510763〕について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。 
理由 1.手続の経緯
本願は,平成19年11月14日(パリ条約による優先権主張外国庁受理2006年11月17日,米国)を国際出願日とする出願であって,平成24年2月29日付けの拒絶理由通知書に対し,平成24年6月5日付けで意見書及び手続補正書が提出された後,平成24年11月30日付けで拒絶査定がなされ,これに対し,平成25年4月8日に拒絶査定不服審判が請求されると共に,同日付け手続補正書による手続補正(以下,「本件補正」という。)がなされたものである。

2.本件補正についての補正の却下の決定
[補正の却下の決定の結論]
本件補正を却下する。

[理由]
(1)補正後の本願の発明
本件補正により,特許請求の範囲の請求項1は,
「電子アクセサリを,電力ポートとデータポートの少なくとも一つを含む携帯電子機器と機械的に結合させるドッキングステーションであって,
前記携帯電子機器の前記電力ポート及び前記データポートの少なくともいずれかのピンと前記ドッキングステーションとを電気的に結合するドッキングステーションピンの第一のセットを有する第一ドッキングステーションポートと,
前記電子アクセサリが前記ドッキングステーションに充電のために結合された場合に,前記電子アクセサリに対して機械的なサポートを提供する収納部を有するアクセサリ充電ポートと,
前記電子アクセサリに設けられたピンと電気的に結合するドッキングステーションピンの第二のセットとを備え,
前記電子アクセサリは,前記ドッキングステーションピンの第一のセットを通して前記携帯電子機器から提供された電力によって充電され,
前記ドッキングステーションピンの第一のセットのピンにおいて受け取った第一の電圧レベルを,前記電子アクセサリを充電するに適した第二の電圧レベルに少なくとも適応させる調節回路と,
前記携帯電子機器内のバッテリーが所定の閾値以下に放電されることを防止するために,前記電子アクセサリの充電を停止する論理回路と,を含む,ドッキングステーション。」
と補正された。

上記補正は,審判請求書において請求人が「補正前の請求項1,請求項10に,補正前の請求項17の要件(本願明細書の段落0032の記載に基づきます)を加入して,それぞれ補正後の請求項1,請求項10とする補正を行い,補正前の請求項17を削除しました。特許請求の範囲におけるその他の補正は,誤記の訂正を目的としたものです。したがって,手続補正書により特許請求の範囲について行った補正は,特許請求の範囲の限定的減縮に該当するものです。」と主張するように,請求項1において,請求項1に記載した発明を特定するために必要な事項である「ドッキングステーション」について,「携帯電子機器内のバッテリーが所定の閾値以下に放電されることを防止するために,前記電子アクセサリの充電を停止する論理回路と,を含む」として限定するものを含むものであって,第17条の2第5項第2号の特許請求の範囲の減縮を目的とするものに該当する。
そこで,本件補正後の前記請求項1に記載された発明(以下,「本願補正発明」という。)が特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるか(特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に適合するか)について以下に検討する。

(2)引用例
原査定の拒絶の理由に引用され,優先日前に頒布された欧州特許出願公開第1505801号明細書(以下,「引用例」という。)には,図面と共に次の事項が記載されている({ }内に,当審による仮訳を記載した。)。

・「[0010]Figure 1A shows a side view of a holster according to an embodiment of the present invention. Holster 20 has a back panel, a base portion 27, and side wall portions 26 which define sleeve 22 designed for receiving a mobile device. Also illustrated in Figure 1A is a mating structure 24 in side wall 26 to allow a peripheral device to mate with a holster. One skilled in the art will readily appreciate that there are a number of implementations for such a mating device. These may include grooves with bosses or flanges to retain a mobile device after it is slid into place, magnets, or other physical means of engaging a peripheral device. Figure 1B shows a front view of the holster illustrated in Figure 1A. Holster 20 has two side walls 26 each having its own mating structure 24, the side walls 26 helping to define the sleeve 22. Figure 1C illustrates the top view of the holster of the Figures 1A and 1B. As can be seen from Figure 1C, holster 20 has a sleeve 22 defined by side walls 26. Each side wall 26 has a mating structure 24. Examples of mating structures include retaining brackets, magnets, tabs, latches, flanges, hooks, clamps, and tongue-and-groove assemblies. Additionally, one skilled in the art will appreciate that in place of mating structure 24 there can be offered a peripheral sleeve adjacent to the sleeve 22 for holding the mobile device.
{[0010]図1Aは,本発明の一実施形態による,ホルスターの側面図を示す。ホルスター20は,バックパネル,ベース27と,モバイルデバイスを収容するために設計されたスリーブ22を画定する側壁部26を有している。周辺機器がホルスターと嵌合できる,側壁26内の噛み合い構造24もまた,図1Aに図示されている。当業者はそのような噛み合い装置の多くの具体化があることを容易に理解するであろう。その中に滑り込まされた後にモバイルデバイスを保持するためのボスまたはフランジを有する溝,磁石,又は周辺機器を係合する他の物理的手段を含むことができる。図1Bは,図1Aに示されているホルスターの正面図を示す。ホルスター20は,それぞれが各々の噛み合い構造24を有する2つの側壁26を有し,側壁26はスリーブ22を画定している。図1Cは,図1Aおよび1Bのホルスターの平面図を示す。図1Cから分かるように,ホルスター20は,側壁26によって規定されるスリーブ22を有している。各側壁26は,噛み合い構造24を有する。噛み合い構造の例としては,保持ブラケット,磁石,タブ,ラッチ,フランジ,フック,クランプ,及びほぞ継ぎ組立体を含む。さらに,当業者は,噛み合い構造24の代わりに,モバイルデバイスを保持するスリーブ22に隣接する周辺機器スリーブを提供できることを理解するだろう。}」

・「[0015]Figure 6A illustrates a second embodiment of the present invention. There are cases where it is preferable that the peripheral device charges off the mobile device through the base of the holster. For example, holsters designed to retain a mobile device under rigorous movement include a supporting wall between side walls and located opposite the back panel. Unfortunately, the supporting wall prevents a peripheral device from making electrical contact with a mobile device. One of skill in the art will appreciate that holster designs may arise where it is preferable that charging occurs through the base of the holster.
[0016]Figure 6A shows a side view of a holster of the second embodiment of the present invention. Holster 20 has a back panel, side walls, and a base 27. The sidewalls, back panel and base 27 define sleeve 22 for retaining a mobile device. Base 27 also includes a mating structure 24 for securing to a peripheral device. Base 27 of holster 20 has an aperture 36 to allow a peripheral device to make electrical contact directly with the mobile device held by sleeve 22. Figure 6B provides a front view of the holster illustrated in Figure 6A. Holster 20 has a back panel, a sleeve 22 defined by the back panel, side walls, and base 27. In base 27 is a mating structure 24 for securing a peripheral device, and an aperture 36 to allow the peripheral device secured by mating structure 24 to make electrical contact with the mobile device held by sleeve 22.
[0017]Figure 7 illustrates the holster illustrated in Figures 6A and 6B aligned to receive a mobile device 28. Mobile device 28 has charger 30 and charging port 32located at its base to align with aperture 36.
[0018]Figure 8 illustrates mobile device 28 held in the sleeve of holster 20 with charging port 32 and charger 30 aligned with aperture 36.
[0019]Figure 9A illustrates a side view of peripheral device 34 having a retractable, or hideable arm 40. Arm 40 can be retracted, or in the presently illustrated embodiment rotated into the body of peripheral device 34 so that while in use it is not exposed. Figure 9B illustrates a front view of peripheral device 34, and mobile device 28 held in the sleeve of holster 20. One skilled in the art will appreciate that the charging port and charger of the mobile device 28 are aligned with the aperture in the base of holster 20.
[0020]Figure 10 illustrates a side view of the holster 20 holding mobile device 28 in its sleeve such that charger 30 and charging port 32 are in alignment with aperture 36,and holster 20 is aligned with peripheral device 34 to allow peripheral device 34 to mate with the holster 20. To mate with holster 20 peripheral device 34 engages mating structure 24 with its mating structure 35 to provide a physical connection between holster 20 and peripheral device 34. Additionally, arm 40 is in an exposed position such that a tongue 37 can be inserted into aperture 36 so that a charging contact 42 of peripheral device 34 is aligned to make contact with electrical contact 32 of mobile device 28.
[0021]Figure 11 illustrates the engagement of peripheral device 34 with holster 20. Mating structures 24 and 35 provide a secure fastening of peripheral device 34 to holster 20. As described above, this attachment can be made using a number of known fasteners, including magnetic fastening. Charging contact 42 is in electrical contact with charging port 32 of mobile device 28 such that charger 30 can provide an electrical current to peripheral device 34 to recharge the batteries of the peripheral device. As discussed above, this provides a longer effective battery life for the peripheral device, while allowing the peripheral device 34 to carry a small capacity battery.
[0022]Figure 12A illustrates an alternate embodiment to the present invention, wherein charging contact 42 is put in electrical connection with charging port 32 but not in direct physical or electrical contact. Instead, charging contact 42 is placed in electrical contact with holster-peripheral terminal 48 of holster 20. Holster-peripheral terminal 48 is electrically connected to holster-mobile terminal 46 which is in electrical contact with the charging contact of mobile device 28. Thus, holster 20 provides an indirect electrical contact to allow mobile device 28 to charge peripheral device 34. The electrical connector 44 of holster 20 is illustrated in Figure 12B, where holster-peripheral terminal 48 is in electrical contact with holster-mobile terminal 46 and is connected thereto by lead 50.
[0023]One skilled in the art will readily appreciate that a number of alternate embodiments of the present invention can be provided such as that illustrated by Figure 13. In Figure 13 the indirect electrical connection 44 contains controller 52 which allows charging of the peripheral device from mobile device 28 only if the battery capacity of mobile device 28 exceeds a predefined level. Controller 52 prevents mobile device 28 from being drained by peripheral device 34 below a desired threshold. One skilled in the art will readily appreciate that this control structure could be placed in either peripheral device 34 or mobile device 28 as alternate designs, and configured to provide further charging control functions.
{[0015]図6Aは,本発明の第2の実施形態を示す。それは周辺機器がホルスターのベースを介してモバイルデバイスから充電されることが好ましい場合もある。例えば,厳しい動きの下でモバイルデバイスを保持するようにホルスターは設計され,側壁との間で背面パネルの反対側に位置する支持壁がある。残念ながら,支持壁は,周辺機器のモバイルデバイスとの電気的接触を妨げる。当業者は,充電がホルスターのベースを介して生じることが好ましいような,ホルスターの設計があり得ることを理解するだろう。
[0016]図6Aは,本発明の第2実施例のホルスターの側面図を示す。ホルスター20は,バックパネル,側壁,ベース27を有している。側壁,バックパネルおよびベース27は,モバイルデバイスを保持するためのスリーブ22を規定する。ベース27はまた,周辺機器に固定する噛み合い構造24を含む。ホルスター20のベース27は,周辺機器がスリーブ22に保持されたモバイルデバイスと直接電気的に接触することを可能にする開口部36を有する。図6Bは,図6Aに示されるホルスターの正面図を提供する。 ホルスター20は,バックパネルと,バックパネル,側壁及びベース27によって画定されるスリーブ22とを有している。ベース27には,周辺機器を固定する噛み合い構造24と,噛み合い構造24で固定された周辺機器がスリーブ22に保持されたモバイルデバイスと電気的に接触するための開口部36とがある。
[0017]図7は,モバイルデバイス28を受け取るように配置した,図6Aおよび6Bに示したホルスターを示している。モバイルデバイス28は,開口部36と整合するようにベースに位置する充電器30と充電ポート32とを有する。
[0018]図8は,ホルスター20のスリーブに保持され,充電ポート32と充電器30とが開口部36と整合したモバイルデバイス28を示している。
[0019]図9Aは,格納式,または隠せるアーム40を有する周辺機器34の側面図を示す。アーム40は,格納され,又は現在図示の実施形態では周辺機器34内に回転され,使用時に露出していない。図9Bは,周辺機器34,およびホルスター20のスリーブに保持されたモバイルデバイス28の正面図を示している。当業者は,モバイルデバイス28の充電ポートと充電器とがホルスター20のべースの開口部と位置合わせされることを理解するだろう。
[0020]図10は,スリーブにモバイルデバイス28を保持するホルスター20の側面図を示し,充電器30と充電ポート32とは開口部36と位置合わせされ,周辺機器34がホルスター20と噛み合えるように,ホルスター20は周辺機器34と位置合わせされている。ホルスター20と噛み合うように周辺機器34はその噛み合い構造35で噛み合い構造24と嵌合係合し,ホルスター20と周辺機器34との間の物理的接続を提供する。また,アーム40は露出された位置にあり,タング37を開口部36に挿入することができ,周辺機器34の充電接点42がモバイルデバイス28の電気接点32と接触するように位置合わせされるようになっている。
[0021]図11は,ホルスター20との周辺機器34の嵌合を示している。噛み合い構造24および35は,ホルスター20への周辺機器34の確実な固定を提供する。上述したように,このアタッチメントは,磁気締結を含む多数の既知の締結具を用いて作製することができる。充電接点42はモバイルデバイス28の充電ポート32と電気的に接触し,充電器30は,周辺機器の電池を充電するため周辺機器34に電流を供給することができる。上述したように,周辺機器34が小容量の電池を搬送させる一方で,周辺装置のために長い有効電池寿命を提供する。
[0022]図12Aは,本発明の代替実施形態を示し,直接物理的又は電気的に接触せず,充電接点42は充電ポート32と電気的に接触して配置されている。代わりに,充電接点42はホルスター20のホルスター・周辺機器端子48と電気的に接触して配置される。ホルスター・周辺機器端子48は,モバイルデバイス28の充電接点と電気的に接触しているホルスター・モバイルデバイス端子46に電気的に接触される。このように,ホルスター20は,モバイルデバイス28が周辺機器34を充電できるように間接的な電気的接触を提供する。ホルスター20の電気コネクタ44が図12Bに示されていて,ホルスター・周辺機器端子48は,ホルスター・モバイルデバイス端子46と電気的に接触し,リード50によってそれに接続される。
[0023]当業者は,図13に示されたような,本発明の多数の別の実施形態が提供できることを容易に理解するだろう。図13の間接的な電気コネクタ44は,モバイルデバイス28の電池容量が所定のレベルを超えた場合にのみ,モバイルデバイス28から周辺機器への充電を可能にするコントローラ52を含んでいる。コントローラ52は,モバイルデバイス28が周辺機器34により所望のしきい値以下に消耗させられることを防ぐことができる。当業者は,この制御構造は,代替的な設計として周辺機器34やモバイルデバイス28のいずれかに配置でき,さらなる充電制御機能を提供するように構成できることを容易に理解するだろう。}」

・「[0025]Thus a holster for use with a mobile device and a peripheral device is disclosed herein. The holster provides a mating structure for holding a peripheral device so that a mobile device charges the peripheral device. The holster removes the inconvenience of having to charge a peripheral through a battery charger at work or home by permitting the peripheral to charge from the mobile device. The holster can be used with any mobile device and peripheral device, such as a cellular phone and a wireless headset.
{[0025]このように,モバイルデバイスと周辺機器とで使用するホルスターがここに開示されている。モバイルデバイスが周辺機器を充電するように,ホルスターは周辺機器を保持する噛み合い構造を提供する。ホルスターは,モバイルデバイスから周辺機器を充電可能にすることにより,職場や家庭でバッテリー充電器を介して周辺機器を充電することの不便さを取り除く。ホルスターは,携帯電話と無線ヘッドセットのような任意のモバイルデバイスと周辺機器で使用できる。}」

・図12Aには,モバイルデバイス28と,モバイルデバイス28と周辺機器34を保持するホルスター20の側面図が,図12Bには,図12Aのホルスター20の電気コネクタ44を示す図が,図13には,図12Aのホルスター20で使用される電気的接続の図が,図示されている。

・段落[0020]?[0023]等の記載と図12A,図12Bと図13の図示内容とから,モバイルデバイス28の充電ポート32とホルスター20とを電気的に接触するホルスター・モバイルデバイス端子46を有するスリーブ22内の電気コネクタ44部分を,ホルスター20が備えることが理解でき,同じく,周辺機器34がホルスター20に充電のために嵌合保持された時,周辺機器34に対してホルスター20と周辺機器34との間の物理的接続を提供する噛み合い構造24を有する電気コネクタ44部分とその周辺を,ホルスター20が備えることが理解できる。

・段落[0015],[0020]?[0023]等の記載と図12A,図12Bと図13の図示内容とから,周辺機器34は,ホルスター・モバイルデバイス端子46を介してモバイルデバイス28から充電する電流を供給されることが理解できる。

これらの記載事項及び図示内容を総合すると,引用例には次の発明(以下,「引用発明」という。)が記載されているものと認められる。

「周辺機器34と,充電ポート32を有するモバイルデバイス28とを,モバイルデバイス28をスリーブ22に収容し周辺機器34を嵌合して保持するホルスター20であって,
前記モバイルデバイス28の前記充電ポート32と前記ホルスター20とを電気的に接触するホルスター・モバイルデバイス端子46を有するスリーブ22内の電気コネクタ44部分と,
前記周辺機器34が前記ホルスター20に充電のために嵌合保持された時,前記周辺機器34に対してホルスター20と周辺機器34との間の物理的接続を提供する噛み合い構造24を有する電気コネクタ44部分とその周辺と,
前記周辺機器34の充電接点42と電気的に接触するホルスター・周辺機器端子48とを有し,
前記周辺機器34は,前記ホルスター・モバイルデバイス端子46を介して前記モバイルデバイス28から充電する電流を供給され,
前記モバイルデバイス28が所望のしきい値以下に消耗させられることを防ぐことができる,モバイルデバイス28の電池容量が所定のレベルを超えた場合にのみ,モバイルデバイス28から周辺機器への充電を可能にし,さらなる充電制御機能を提供するように構成できるコントローラ52を含む,ホルスター20。」

(3)対比
そこで,本願補正発明(以下,「前者」という。)と引用発明(以下,「後者」という。)とを対比する。

機能・構造からして,後者の「周辺機器34」は前者の「電子アクセサリ」に相当し,後者の「充電ポート32を有する」態様は前者の「電力ポートとデータポートの少なくとも一つを含む」態様に相当し,後者の「モバイルデバイス28」は前者の「携帯電子機器」に相当し,後者の「モバイルデバイス28をスリーブ22に収容し周辺機器34を嵌合して保持する」態様は前者の「機械的に結合させる」態様に相当し,後者の「ホルスター20」は前者の「ドッキングステーション」に相当するから,結局,後者の「周辺機器34と,充電ポート32を有するモバイルデバイス28とを,モバイルデバイス28をスリーブ22に収容し周辺機器34を嵌合して保持するホルスター20」は前者の「電子アクセサリを,電力ポートとデータポートの少なくとも一つを含む携帯電子機器と機械的に結合させるドッキングステーション」に相当している。
同様に,後者の「充電ポート32」は「電気的に接触する」部分を有し,前者の「電力ポート及び前記データポートの少なくともいずれかのピン」は電気的に結合するものであるから,どちらも端子というべきものを備えており,ともに「電力ポート及び前記データポートの少なくともいずれかの端子」の概念で共通し,後者の「電気的に接触する」態様は前者の「電気的に結合する」態様に相当している。
また,同様に,後者の「ホルスター・モバイルデバイス端子46」と前者の「ドッキングステーションピンの第一のセット」とは,電気的に接触あるいは結合するものであるから,「第1の端子部」の概念で共通し,後者の「スリーブ22内の電気コネクタ44部分」は前者の「第一ドッキングステーションポート」に相当し,後者の「充電のために嵌合保持された時」は前者の「充電のために結合された場合」に相当している。
さらに,同様に,後者の「ホルスター20と周辺機器34との間の物理的接続を提供する噛み合い構造24を有する」ことは機械的なサポートを提供する部分を有することであって,「電気コネクタ44部分とその周辺」はアクセサリ充電ポートといえるから,結局,後者の「ホルスター20と周辺機器34との間の物理的接続を提供する噛み合い構造24を有する電気コネクタ44部分とその周辺」と前者の「機械的なサポートを提供する収納部を有するアクセサリ充電ポート」とは,「機械的なサポートを提供する部分を有するアクセサリ充電ポート」の概念で共通している。
また,同様に,後者の「周辺機器34の充電接点42」と前者の「電子アクセサリに設けられたピン」とは,電気的に接触あるいは結合するものであるから,「電子アクセサリに設けられた端子」の概念で共通し,後者の「電気的に接触するホルスター・周辺機器端子48」と,前者の「電気的に結合するドッキングステーションピンの第二のセット」とは,電気的に接触あるいは結合するものであるから,「第2の端子部」の概念で共通し,後者の「有し」の態様は前者の「備え」の態様に相当し,後者の「介して」の態様は前者の「通して」の態様に相当し,後者の「充電する電流を供給され」る態様は前者の「提供された電力によって充電され」る態様に相当している。
そして,同様に,後者の「モバイルデバイス28が所望のしきい値以下に消耗させられることを防ぐことができる,モバイルデバイス28の電池容量が所定のレベルを超えた場合にのみ,モバイルデバイス28から周辺機器への充電を可能にし,さらなる充電制御機能を提供するように構成できるコントローラ52」と前者の「携帯電子機器内のバッテリーが所定の閾値以下に放電されることを防止するために,前記電子アクセサリの充電を停止する論理回路」とは,「所定の制御部」の概念で共通している。

したがって,両者は,
「電子アクセサリを,電力ポートとデータポートの少なくとも一つを含む携帯電子機器と機械的に結合させるドッキングステーションであって,
前記携帯電子機器の前記電力ポート及び前記データポートの少なくともいずれかの端子と前記ドッキングステーションとを電気的に結合する第1の端子部を有する第一ドッキングステーションポートと,
前記電子アクセサリが前記ドッキングステーションに充電のために結合された場合に,前記電子アクセサリに対して機械的なサポートを提供する部分を有するアクセサリ充電ポートと,
前記電子アクセサリに設けられた端子と電気的に結合する第2の端子部とを備え,
前記電子アクセサリは,前記第1の端子部を通して前記携帯電子機器から提供された電力によって充電され,
所定の制御部と,を含む,ドッキングステーション。」
である点で一致し,次の点で相違する。

[相違点1]
「電力ポート及び前記データポートの少なくともいずれかの端子」と「電子アクセサリに設けられた端子」の「端子」に関し,本願補正発明は,「ピン」であるのに対し,引用発明では,ピンであるか否か不明であり,「第1の端子部」及び「第2の端子部」に関し,本願補正発明は,「ドッキングステーションピンの第一のセット」及び「ドッキングステーションピンの第二のセット」であるのに対し,引用発明では,「ホルスター・モバイルデバイス端子46」及び「ホルスター・周辺機器端子48」であるものの,各端子がピンのセットであるか否か不明である点。

[相違点2]
機械的なサポートを提供する部分に関し,本願補正発明は,「収納部」であるのに対し,引用発明では,噛み合い構造である点。

[相違点3]
調節回路に関し,本願補正発明では,ドッキングステーションピンの第一のセットのピンにおいて受け取った第一の電圧レベルを,電子アクセサリを充電するに適した第二の電圧レベルに少なくとも適応させる調節回路を有するのに対し,引用発明では,そのような調節回路を有するか否か不明である点。

[相違点4]
所定の制御部に関し,本願補正発明は,「携帯電子機器内のバッテリーが所定の閾値以下に放電されることを防止するために,前記電子アクセサリの充電を停止する論理回路」であるのに対し,引用発明では,「モバイルデバイス28が所望のしきい値以下に消耗させられることを防ぐことができる,モバイルデバイス28の電池容量が所定のレベルを超えた場合にのみ,モバイルデバイス28から周辺機器への充電を可能にし,さらなる充電制御機能を提供するように構成できるコントローラ52」である点。

(4)判断
上記相違点について以下検討する。

・相違点1について
電気的な端子をピンとすること及び電気的な端子部をピンのセットとすることは,例示するまでもなく本願の優先日前の周知技術(以下,「周知技術1」という。)にすぎない。
そうすると,上記周知技術1からすれば,引用発明において,上記相違点1に係る本願補正発明の構成とすることは,当業者が容易に想到し得ることである。

・相違点2について
引用例には,段落[0010]に「さらに,当業者は,噛み合い構造24の代わりに,モバイルデバイスを保持するスリーブ22に隣接する周辺機器スリーブを提示できることを理解するだろう。」と記載されている。すなわち,引用発明の噛み合い構造24に代えて引用例に記載された「スリーブ22」のような構造の収納部というべきものとすることが引用例に示唆されている。
そうすると,上記引用例の示唆からすれば,引用発明において,上記相違点2に係る本願補正発明の構成とすることは,当業者が容易に想到し得ることである。

・相違点3及び4について
引用発明の「モバイルデバイス28が所望のしきい値以下に消耗させられることを防ぐことができる,モバイルデバイス28の電池容量が所定のレベルを超えた場合にのみ,モバイルデバイス28から周辺機器への充電を可能にし,さらなる充電制御機能を提供するように構成できるコントローラ52」は,結局,モバイルデバイス28の電池容量が所望のしきい値以下に消耗させられることを防ぐために,周辺機器の充電を停止する機能を有する。そして,コントローラ52をその充電制御機能を有するように所定の制御を行う論理回路を備えるものとすることは,制御部が論理回路を備えるものとすることは例示するまでもなく本願の優先日前の周知技術(以下,「周知技術2」という。)にすぎないから,当業者にとって格別な困難性があるものとは認められない。
そうすると,上記周知技術2からすれば,引用発明において,上記相違点4に係る本願補正発明の構成とすることは,当業者が容易に想到し得ることである。
また,直流電源から二次電池への充電に係る技術分野において,直流電源から受け取った第一の電圧レベルを,二次電池を充電するに適した第二の電圧レベルに少なくとも適応させる調節回路を有するようにすることは,本願の優先日前の周知技術(以下,「周知技術3」という。)である(例えば,原査定の拒絶の理由に例示された,特開2002-75563号公報の段落【0017】の「上記昇圧回路24は,例えば周知のDC/DCコンバータ回路で構成されており,二次電池23からの直流電圧を入力してこれを昇圧し,所定の直流電圧(携帯電話機9を動作させたり,携帯電話機9に内蔵された二次電池を充電するために必要な電圧)を出力する機能を有している。」の記載,参照。)。そして,引用発明は,そのコントローラ52においてさらなる充電制御機能を提供するように構成できるから,そのさらなる充電制御機能として上記周知技術3を採用することに,当業者にとって格別な困難性があるものとは認められない。
そうすると,上記周知技術3からすれば,引用発明において,上記相違点3に係る本願補正発明の構成とすることは,当業者が容易に想到し得ることである。

また,本願補正発明の全体構成により奏される効果も,引用発明,上記周知技術1,上記引用例の示唆,上記周知技術2及び上記周知技術3から当業者が予測し得る範囲内のものである。

したがって,本願補正発明は,引用発明,上記周知技術1,上記引用例の示唆,上記周知技術2及び上記周知技術3に基いて,当業者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法第29条第2項の規定により特許出願の際独立して特許を受けることができないものである。

(5)むすび
以上のとおりであって,本件補正は,特許法第17条の2第6項で準用する同法第126条第7項の規定に違反するので,同法第159条第1項の規定において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものである。

3.本願の発明について
本件補正は上記のとおり却下されたので,本願の請求項1に係る発明(以下,同項記載の発明を「本願発明」という。)は,平成24年6月5日付け手続補正書の特許請求の範囲の請求項1に記載された事項により特定される,以下のとおりのものである。
「電子アクセサリを,電力ポートとデータポートの少なくとも一つを含む携帯電子機器と機械的に結合させるドッキングステーションであって,
前記携帯電子機器の前記電力ポート及び前記データポートの少なくともいずれかのピンと前記ドッキングステーションとを電気的に結合するドッキングステーションピンの第一のセットを有する第一ドッキングステーションポートと,
前記電子アクセサリが前記ドッキングステーションに充電のために結合された場合に,前記電子アクセサリに対して機械的なサポートを提供する収納部を有するアクセサリ充電ポートと,
前記電子アクセサリに設けられたピンと電気的に結合するドッキングステーションピンの第二のセットとを備え,
前記電子アクセサリは,前記ドッキングステーションピンの第一のセットを通して前記携帯電子機器から提供された電力によって充電され,
前記ドッキングステーションは,前記ドッキングステーションピンの第一のセットのピンにおいて受け取った第一の電圧レベルを,前記電子アクセサリを充電するに適した第二の電圧レベルに少なくとも適応させる調節回路を含む,ドッキングステーション。」

(1)引用例
原査定の拒絶の理由に引用された引用例,及び,その記載事項は,前記「2.(2)」に記載したとおりである。

(2)対比・判断
本願発明は,前記「2.(1)」で検討した本願補正発明における「携帯電子機器内のバッテリーが所定の閾値以下に放電されることを防止するために,前記電子アクセサリの充電を停止する論理回路と,を含む」としていたものを削除したものに実質的に相当する。

そうすると,本願発明の発明を特定するために必要な事項を全て含み,さらに他の発明を特定するために必要な事項を付加したものに相当する本願補正発明が,前記「2.(3)及び(4)」に記載したとおり,引用発明,上記周知技術1,上記引用例の示唆,上記周知技術2及び上記周知技術3に基いて,当業者が容易に発明をすることができたものであるから,本願発明も,同様の理由により,引用発明,上記周知技術1,上記引用例の示唆,上記周知技術2及び上記周知技術3に基いて,当業者が容易に発明をすることができたものである。

(3)むすび
以上のとおり,本願発明は,引用発明,上記周知技術1,上記引用例の示唆,上記周知技術2及び上記周知技術3に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないため,本願の特許請求の範囲の他の請求項に係る発明について検討するまでもなく,本願は,同法第49条第2号の規定に該当し,拒絶をされるべきものである。
よって,結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2014-01-07 
結審通知日 2014-01-10 
審決日 2014-01-21 
出願番号 特願2009-537334(P2009-537334)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (H02J)
P 1 8・ 575- Z (H02J)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 赤穂 嘉紀大手 昌也  
特許庁審判長 田村 嘉章
特許庁審判官 槙原 進
藤井 昇
発明の名称 ドッキングステーションおよび携帯電話システム  
代理人 木村 秀二  
代理人 大塚 康弘  
代理人 永川 行光  
代理人 大塚 康徳  
代理人 下山 治  
代理人 高柳 司郎  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ