• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部無効 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  G07D
審判 全部無効 2項進歩性  G07D
管理番号 1291568
審判番号 無効2011-800218  
総通号数 178 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2014-10-31 
種別 無効の審決 
審判請求日 2011-10-27 
確定日 2014-05-19 
訂正明細書 有 
事件の表示 上記当事者間の特許第4700052号「検査機械および検査方法」の特許無効審判事件についてされた平成24年 8月22日付け審決に対し、東京高等裁判所において審決取消の判決(平成24年(行ケ)第10340号平成25年 7月 8日判決言渡)があったので、さらに審理のうえ、次のとおり審決する。 
結論 訂正を認める。 特許第4700052号の請求項1、3ないし18に係る発明についての特許を無効とする。 特許第4700052号の請求項2に係る発明についての審判請求は、成り立たない。 審判費用は、その18分の1を請求人の負担とし、18分の17を被請求人の負担とする。 
理由 第1 手続の経緯
本件特許第4700052号に係る出願(特願2007-509002号)は、平成17年4月15日(パリ条約による優先権主張 2004年4月22日 欧州特許庁)を国際出願日とする出願であって、その特許権の設定登録は平成23年3月11日にされ、その後、請求人株式会社小森コーポレーションから無効審判が請求されたものである。以下、請求以後の経緯を整理して示す。
(1)平成23年10月27日 審判請求書の提出
(2)平成24年 2月 9日 答弁書の提出
(3)平成24年 2月 9日 訂正請求書の提出
(4)平成24年 5月 8日 口頭審理陳述要領書の提出(請求人より)
(5)平成24年 6月 5日 口頭審理陳述要領書の提出(被請求人より)
(6)平成24年 6月13日 上申書の提出(請求人より)
(7)平成24年 6月19日 口頭審理の実施
(8)平成24年 7月 3日 上申書の提出(請求人より)
(9)平成24年 7月13日 上申書の提出(被請求人より)
(10)平成24年 8月22日 「訂正を認める。本件審判の請求は、成り立たない。審判費用は、請求人の負担とする。」との審決
(11)平成24年10月 1日 審決取消訴訟(平成24年(行ケ)第10340号)
(12)平成25年 7月 8日 審決中、「本件審判の請求は、成り立たない。」及び「審判費用は、請求人の負担とする。」との部分を取り消すとの判決言渡
(13)平成25年 8月21日 判決は確定し本件無効審判事件の差し戻し
第2 本件訂正と本件発明
1.本件訂正の内容
平成24年2月9日になされた訂正請求による訂正(以下、「本件訂正」という。)は、特許第4700052号の願書に添付した特許請求の範囲及び明細書を、平成24年2月9日付けの訂正請求書に添付した全文訂正特許請求の範囲(以下、「訂正特許請求の範囲」という。)及び全文訂正明細書(以下、「訂正特許明細書」という。)のとおりに訂正しようとするものであって、その訂正の内容は、以下の訂正事項1?6のとおりである。
(1)訂正事項1
願書に添付した特許請求の範囲の請求項1のうち、「第一カメラ」、「第二カメラ」、「第三カメラ」を、それぞれ「第一線形カメラ」、「第二線形カメラ」、「第三線形カメラ」と訂正する。
(2)訂正事項2
願書に添付した特許請求の範囲の請求項1のうち、「第一、第二または第三検査シリンダ((4,7,12)」を「第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)」と訂正する。
(3)訂正事項3
願書に添付した特許請求の範囲の請求項2のうち、「前記第一カメラ」を「前記第一線形カメラ」と訂正する。
(4)訂正事項4
願書に添付した特許請求の範囲の請求項7のうち、「グリッバ」を「グリッパ」と訂正する。
(5)訂正事項5
願書に添付した特許請求の範囲の請求項11のうち、「前記第一、第二および第三カメラ(6,9,14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮る線形カメラであり、」を「前記第一、第二および第三線形カメラ(6,9,14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、」と訂正する。
(6)訂正事項6
願書に添付した特許請求の範囲の請求項13のうち、「透明陽画による第一検査」、「第一検査終了後に」、「第二検査を実行し」、「第二検査終了後に」、「第三検査を実行し」、「第三検査終了後に」を、それぞれ「第一線形カメラにより透明陽画による第一検査」、「第一線形カメラによる第一検査終了後に」、「第二検査を第二線形カメラにより実行し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に」、「第三検査を第三線形カメラにより実行し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に」と訂正する。
2.訂正の可否についての判断
(1)訂正事項1について
訂正事項1は、訂正前の「第一カメラ」、「第二カメラ」、「第三カメラ」を、それぞれ「第一線形カメラ」、「第二線形カメラ」、「第三線形カメラ」へと技術的に限定するものであり、特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、願書に添付した明細書における「好適には、使用されるカメラは、検査されるシートの継続線形画像を撮影する線形CCDカメラである。」(段落【0020】)の記載に基づくものであるから、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものでもない。
(2)訂正事項2について
訂正事項2は、訂正前の「((4,7,12)」における二重の左括弧の一つを削除する訂正であるから、誤記の訂正を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものでもない。
(3)訂正事項3について
訂正事項3は、訂正事項1による特許請求の範囲の減縮を目的とした訂正に伴い、請求項2の記載を整合させるものであるから、明りょうでない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、上記訂正事項1について示した理由と同様の理由で、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
(4)訂正事項4について
訂正事項4は、訂正前の「グリッバ」を「グリッパ」とする訂正であるから、誤記の訂正を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、願書に添付した明細書における「好適には、移送および検査シリンダは単一セットのグリッパを担持し、」(段落【0023】)の記載に基づくものであるから、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものでもない。
(5)訂正事項5について
訂正事項5は、訂正事項1による特許請求の範囲の減縮を目的とした訂正に伴い、請求項11の記載を整合させるものであるから、明りょうでない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、上記訂正事項1について示した理由と同様の理由で、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
(6)訂正事項6について
訂正事項6は、訂正前の「透明陽画による第一検査」、「第一検査終了後に」、「第二検査を実行し」、「第二検査終了後に」、「第三検査を実行し」、「第三検査終了後に」を、それぞれ「第一線形カメラにより透明陽画による第一検査」、「第一線形カメラによる第一検査終了後に」、「第二検査を第二線形カメラにより実行し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に」、「第三検査を第三線形カメラにより実行し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に」へと技術的に限定するものであり、特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、上記訂正事項1について示した理由と同様の理由で、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
以上のとおり、訂正事項1?6は、特許請求の範囲の減縮、誤記の訂正又は明りょうでない記載の釈明のいずれかを目的とし、いずれも、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載されている事項の範囲内の訂正であり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではない。
よって、本件訂正は、特許法第134条の2第1項第1号ないし第3号に掲げる事項を目的とするものであり、特許法第134条の2第5項の規定によって準用する特許法第126条第3項及び第4項の規定に適合するので、当該訂正を認める。
3.本件発明
訂正後の本件特許の特許請求の範囲の請求項1ないし18の記載は、次のとおりである(以下、請求項1ないし18に係る発明を、それぞれ「本件発明1」ないし「本件発明18」といい、これらの発明を総称して「本件発明」という。また、請求項1ないし18の記載を、それぞれ「本件請求項1」ないし「本件請求項18」という。さらに、上記訂正後の本件特許の明細書及び図面を総称して、「本件明細書」という。)。
【請求項1】
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械であって、
シート供給器(1)を有し、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第一検査シリンダ(4)、第一検査シリンダ(4)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために分析装置に連結された第一照明手段(5)および第一線形カメラ(6)を備えた第一シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第二検査シリンダ(7)、第二検査シリンダ(7)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第二照明手段(8)および第二線形カメラ(9)を備えた第二シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第三検査シリンダ(12)、第三検査シリンダ(12)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第三照明手段(13)および第三線形カメラ(14)を備えた第三シート検査ユニット、
印刷されたシートを第一検査ユニットへ連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)、ならびに
印刷されたシートを第三検査ユニットから取り出す出力移送シリンダ(17)を含み、
前記入力移送シリンダ(3)、第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記入力移送シリンダ(3)から第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)、および前記出力移送シリンダ(17)へ直接的かつ継続的に運搬するように、相互に対して直接接触する状態で配置され、かつ
第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている、検査機械。
【請求項2】
前記第一検査シリンダ(4)は透明シリンダであり、前記第一照明手段(5)は前記透明シリンダ内に設置され、かつ前記第一線形カメラ(6)は印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記透明シリンダの外側に設置されている、請求項1に記載の検査機械。
【請求項3】
前記第二シート検査ユニットは、印刷されたシートの第一照明側を検査する、請求項1または2に記載の検査機械。
【請求項4】
前記第三シート検査ユニットは、印刷されたシートの第二照明側を検査する、請求項3に記載の検査機械。
【請求項5】
前記第二シート検査ユニットおよび第三シート検査ユニットは、各々少なくとも一つの不可視特徴検査ユニット(10、11、15、16)を更に含む、請求項1に記載の検査機械。
【請求項6】
前記不可視特徴検査ユニット(10、11、15、16)は印刷されたシート上にIR、UVまたは磁気特性を検出するための手段を含む、請求項5に記載の検査機械。
【請求項7】
前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)は、各々が単一セットのグリッパを担持し、かつ前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)の直径は運搬および検査時間を短縮するために縮小されている、請求項1から6のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項8】
前記入力移送シリンダ(3)、前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)へ移送する入力位置と印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)から取り出して移送する出力位置との間での前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、および第三検査シリンダ(12)の各々の上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置されている、請求項1から7のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項9】
前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長い、請求項8に記載の検査機械。
【請求項10】
前記出力移送シリンダ(17)の下流に、欠陥シートをマーキングするために設置されたマーキングユニット(19、20)を更に含む、請求項1から9のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項11】
前記第一、第二および第三線形カメラ(6、9、14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、かつ関連する前記第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)上のシート運搬と同期する、請求項1から10のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項12】
各前記第一、第二および第三検査シリンダは関連する線形カメラの同期運動のためのエンコーダを含む、請求項11に記載の検査機械。
【請求項13】
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法であって、
-印刷された継続シートを、検査のために、第一線形カメラにより透明陽画による第一検査を実行する第一検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを第一検査シリンダ(4)により第一検査ユニットへ運搬し、
-第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第一側の第二検査を第二線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第二検査シリンダ(7)により第二検査ユニットへ運搬し、
-第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第二側の第三検査を第三線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第三検査シリンダ(12)により第三検査ユニットへ運搬し、
-第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し、かつ検査の一つの結果が欠陥を示す場合に欠陥をマーキングし、かつ
-マーキング実行後に、印刷されたシートを配送ユニットへ運搬し、かつ印刷されたシートが欠陥としてマーキングされているか否かにより配送パイルを分類し、
印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う、各工程を含む検査方法。
【請求項14】
前記第二検査および/または第三検査は印刷されたシート上の可視特徴および/または不可視特徴の検査を含む、請求項13に記載の検査方法。
【請求項15】
各前記検査シリンダの直径は最小運搬および検査時間のために最小である、請求項13または14に記載の検査方法。
【請求項16】
印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置との間で各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるように、第一、第二、および第三検査シリンダを配置する工程を含む、請求項13から15のいずれか1に記載の検査方法。
【請求項17】
前記検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される、請求項16に記載の検査方法。
【請求項18】
前記第一、第二、および第三検査は、検査中の印刷されたシートの継続的線形画像を撮る線形カメラと、関連する検査シリンダ上のシート運搬との同期運動を含む、請求項13から17のいずれか1に記載の検査方法。
第3 当事者の主張
1.請求人の主張概要
請求人は、特許第4700052号の請求項1?18に係る発明についての特許を無効とする、審判費用は被請求人の負担とするとの審決を求め、無効とすべき理由を次のように主張すると共に、証拠方法として甲第1号証?甲第6号証を提出している。
(理由1)
本件発明1?12は、甲第1号証に記載された発明及び甲第2号証?甲第6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、平成23年改正前の特許法(「特許法」に関し、以下同じ。)第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
また、本件発明13?18は、甲第3号証に記載された発明並びに甲第1?2号証に記載された発明及び甲第4?6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本件発明1?18に係る特許は、特許法第123条第1項第2号に該当し無効とされるべきである。
(理由2)
本件発明1?18は、願書に添付した明細書の発明の詳細な説明に記載したものではなく、本件特許は、特許請求の範囲の記載が特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。
したがって、本件発明1?18に係る特許は、特許法第123条第1項第4号に該当し、無効とされるべきである。
[証拠方法]
甲第1号証:特開2000-85095号公報
甲第2号証:特表2001-509746号公報
甲第3号証:特表2003-532563号公報
甲第4号証:特開平10-337935号公報
甲第5号証:特開2001-101473号公報
甲第6号証:特開昭61-175552号公報
2.被請求人の主張概要
被請求人は、本件無効審判の請求は認められない、審判費用は請求人の負担とするとの審決を求め、請求人の主張する無効理由にはいずれも理由が無い旨主張すると共に、証拠方法として乙第1号証を提出している。
[証拠方法]
乙第1号証:特願2007-509002号(本件出願)の拒絶査定不服審判請求書
第4 甲各号証に記載された事項
(1)甲第1号証
本件特許出願の優先権主張日(以下、「本件優先日」という。)前に頒布された刊行物である甲第1号証(特開2000-85095号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲1ア:「シートを保持し周面へ巻き付けながら搬送する第1検査胴と、該第1検査胴の周面に対向して設けられ同第1検査胴により搬送されるシートを検査する第1検査装置と、前記第1検査胴に対接して設けられ同第1検査胴から受け取った前記シートを周面に巻き付けながら搬送する第2検査胴と、該第2検査胴の周面に対向して設けられ同第2検査胴により搬送されるシートを検査する第2検査装置とを備えた検査部と、
前記検査部により検査されたシートに対して印刷を行う印刷部と、を備えた検査輪転印刷機」(【請求項1】)
甲1イ:「有価証券等の印刷においては、絵柄を印刷した上へさらに印章や番号を追加して印刷することが行われ、この種の印刷物は、絵柄用の印刷機でシートに絵柄を印刷し、その後検査輪転印刷機にて絵柄印刷の良否を検査して合格したシートに対して印章や番号を印刷するようにして、管理上の混乱や不良品の発生を避けるようにしている。」(段落【0002】)
甲1ウ:「本実施例は絵柄が印刷されたシートに連続番号と印章を追刷する検査輪転印刷機を例示しており、給紙部1には、絵柄が複数個印刷された多数のシート5を積載する紙積台6が設けられている。そして、紙積台6上のシート5を図示しないサッカ装置で一枚づつ吸引してフィーダボード7上へ送り出し、スイング装置8により渡し胴9を介して検査部2に給紙するようになっている。
前記検査部2は、シート5を保持し周面へ巻き付けながら搬送する第1検査胴10と、該第1検査胴10の周面に対向して設けられ同第1検査胴10により搬送されるシート5を検査する第1検査装置としての表面検査用カメラ11と、前記第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を周面に巻き付けながら搬送する第2検査胴12と、該第2検査胴12の周面に対向して設けられ同第2検査胴12により搬送されるシート5を検査する第2検査装置としての裏面検査用カメラ13とを備える。
前記印刷部3は、前記第2検査胴12に対接して設けられ同第2検査胴12から受け取ったシート5を周面に巻き付けながら搬送する第1圧胴14と、該第1圧胴14により搬送される前記シート5に対して印章を印刷する印章胴15と、・・・を備えている」(段落【0016】?【0018】)
甲1エ:「このように構成されるため、給紙部1から検査部2に送られたシート5は、先ず第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査された後、第2検査胴12に受け渡され、ここで裏面検査用カメラ13により裏面を検査される。
次に、シート5は、第2検査胴12から直接印刷部3の第1圧胴14へ受け渡され、」(段落【0025】?【0026】)
甲1オ:「前記第1圧胴14と第2圧胴19及び第1検査胴10と第2検査胴12の直径は、前記第1?第4番号胴16、17、20、21の直径の2倍になっているので、シート5が裏面検査用カメラ13で検査される位置を通過し、印章胴15で印刷される位置までの間で印刷の良否が確実に判断され、装置の誤作動が防止される。」(段落【0034】)
甲1カ:甲1エの「表面検査用カメラ11により表面を検査された後、・・・裏面検査用カメラ13により裏面を検査される。」、甲1オの「印章胴15で印刷される位置までの間で印刷の良否が確実に判断され」の各記載によれば、甲1アの「輪転印刷機」が、表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段を備えていることは明らかである。
甲1キ:甲1ウの「本実施例は絵柄が印刷されたシートに連続番号と印章を追刷する検査輪転印刷機を例示しており、給紙部1には、絵柄が複数個印刷された多数のシート5を積載する紙積台6が設けられている。そして、紙積台6上のシート5を図示しないサッカ装置で一枚づつ吸引してフィーダボード7上へ送り出し、スイング装置8により渡し胴9を介して検査部2に給紙するようになっている。」の記載及び図1における渡し胴9及び第1検査胴10の配置からみて、検査輪転印刷機は、給紙部1を有し、シート5を第1検査胴10へ連続的に運ぶための渡し胴9を備えているといえる。
甲1ク:甲1ウの「第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を周面に巻き付けながら搬送する第2検査胴12」、「第2検査胴12に対接して設けられ同第2検査胴12から受け取ったシート5を周面に巻き付けながら搬送する第1圧胴14」の各記載及び図1における渡し胴9及び第1検査胴10を含む各胴の配置を参照すれば、渡し胴9、第1検査胴10、第2検査胴12及び第1圧胴14は、相互に対して対接して設けられているものといえる。
以上によれば、甲第1号証には、次の発明(以下、「甲1発明」という。)が記載されている。
「有価証券等の絵柄が印刷されたシート5の検査輪転印刷機であって、
給紙部1を有し、
前記シート5を搬送する第1検査胴10、該第1検査胴10により搬送される前記シート5を検査する表面検査用カメラ11、前記第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を搬送する第2検査胴12、該第2検査胴12により搬送される前記シート5を検査する裏面検査用カメラ13、及び表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段、
前記シート5を第1検査胴10へ連続的に運ぶための渡し胴9、ならびに第2検査胴12から受け取った前記シート5を搬送する第1圧胴14を備え、
前記渡し胴9、第1検査胴10、第2検査胴12、及び第1圧胴14は、相互に対し対接して設けられ、印刷されたシートは渡し胴9から第1検査胴10に送られ、第2検査胴12に受け渡され、第1圧胴14へ受け渡され、かつ
前記シート5は、第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査された後、第2検査胴12に受け渡される、検査輪転印刷機。」
(2)甲第2号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第2号証(特表2001-509746号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲2ア:「1.ほぼ撮像装置(34、36)とシート(1)を搬送する少なくとも1つのドラム(17、18)とから成る、処理されたシート(1)を質的に評価するための装置であって、前記ドラムが、シート(1)の始端をつかむ第1の保持装置(27)を備えている形式のものにおいて、前記ドラム(17、18)に、シート(1)の終端をつかむ少なくとも1つの第2の保持装置(28)が設けられていて、該保持装置が、シート(1)の検査前に、シート(1)を緊張する運動を実施するように配置されていることを特徴とする、処理されたシートを質的に評価するための装置。」(第2頁第2?9行)
甲2イ:「シート処理機械機には、処理されたシート1を質的に評価するための装置が組み込まれている。図示の実施例では装置として、枚葉紙の表面及び裏面を印刷する枚葉紙輪転印刷機が使用される。簡略化の理由から、排紙装置8のパイル4、6、7に枚葉紙1を積置きするまでの印刷ユニット後方の枚葉紙搬送装置のみを図示している。
処理されたシートとは、例えば印刷されたシート、エンボシングされたシート又は別の形式で所定の模様を備えたシートのことである。」(第6頁第1?7行)
甲2ウ:「両ドラム17、18のそれぞれには固有の検査装置が配属されている。検査装置はほぼ、照明装置32、33と、撮像装置34、36とから構成されている。実施例では、照明装置32、33として多数のストロボスコープフラッシュ37が設けられていて、このストロボスコープフラッシュ37は、検査すべき枚葉紙を一様に照明するように配置されている。即ち、ストロボスコープフラッシュ37の光流出面の間隔及び角度は、ドラム17、18の周面に対して及び撮像装置34、36の対物レンズに対して適合可能である。
各撮像装置34、36は、少なくとも1つのCCD・エリアカメラ(Flaechenkamera)、有利にはドラム17、18の軸方向で並べて配置された2つのCCD・エリアカメラ34、36から構成されている。検査すべき各枚葉紙のうち、有利には各四分円区分に相応する4つの個々の像が撮影されかつCCD・エリアカメラ34、36の下流側に配置された分析装置において再度重畳されて全体像が形成される。次いでこの全体像は、例えばドイツ国特許公開第4206366号明細書から公知の方法に相応して分析される。4つの個々の像を撮影するために、両CCD・エリアカメラ34、36のそれぞれによって、検査すべき枚葉紙1毎連続する2つの像が撮影される。
単一のCCD・エリアカメラによって枚葉紙の単一の像を撮影することもできる。」(第7頁第18行?第8頁第7行)
甲2エ:「本発明による装置の作用形式は次の通りである。
第1のチェーン搬送装置9のチェーングリッパ装置12は、圧胴(図示せず)から印刷された枚葉紙を受け取る。枚葉紙の表面2及び裏面3の検査は、印刷後初めて、つまり完全に処理した後で初めて行われる、即ち、シート処理機械における排紙前の最後の作業過程として行われる。チェーングリッパ装置12は、枚葉紙1をまず水平方向で、次いで垂直方向で、パイル4、6、7の上方に配置された第2のチェーン搬送装置14に搬送しかつ枚葉紙を第1のドラム17に引き渡す。この場合ドラム17のグリッパ27は、検査すべき枚葉紙の始端をつかむ。ドラム17のほぼ半回転後に、枚葉紙1の終端は吸着部材28の領域に達し、次いでこの吸着部材は吸込み空気で負荷されかつこのようにして枚葉紙1の終端をつかむ。次いで、吸着部材28は、ドラム17の軸方向並びに周方向で運動を実施しかつこのようにして枚葉紙を緊張する。枚葉紙1は、折り目なくドラム17に載着する。実施例では枚葉紙の裏面3はドラム17には面しておらずかつCCD・エリアカメラ34の方向を向いている。ストロボスコープフラッシュ37は、初めに枚葉紙を照明しかつ両CCD・エリアカメラ34は、枚葉紙の先行する半部から並んで位置する2つの個々の像を撮影する。つまり、枚葉紙1は、最初の個々の像を撮影する前に緊張される。枚葉紙の半分の長さに相応してドラム17が回動した後で、枚葉紙の後方の半部から後続の2つの個々の像が撮影される。枚葉紙の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙は枚葉紙の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡される。第1のドラム17のグリッパ27は、枚葉紙1の始端を第2のドラム18のグリッパ27に引き渡す。従って、枚葉紙は第2のドラム18によって搬送されかつ第1のドラム17上で外向きに位置する枚葉紙の裏面3は内向きに第2のドラム18の周面31に載着し、これにより今や枚葉紙の表面2は外向きに位置する。第1のドラム17及び第2のドラム18の吸着部材28が引渡し領域(即ち、両ドラム17、18の共通のセンタの領域)に達すると、第1のドラム17の吸着部材28の吸込み空気が遮断されかつ第2のドラム18の吸着部材28が吸込み空気で負荷される。これによって、枚葉紙の終端は第2のドラム18の吸着部材28によってつかまれる。次いで、第2のドラム18の吸着部材28は、第2のドラム18の周方向及び軸方向で移動する。この場合、吸着部材28によって枚葉紙の終端で生ぜしめられる吸込み力は、枚葉紙が緊張されるが、枚葉紙の引裂き強さを越える前に枚葉紙が吸着部材28に沿って滑り始めるように、設定されている。
枚葉紙1が第2のドラム18上で完全に緊張された後で初めて、枚葉紙の表面2の先行する半部の個々の像が撮影される。次いで、枚葉紙の後方半部の2つの個々の像も検出される。この場合にも、枚葉紙の全体像が完全に検出された後で初めて、枚葉紙の始端が第3のチェーン搬送装置19のチェーングリッパ装置21に引き渡される。」(第8頁第13行?第9頁下から6行)
以上によれば、甲第2号証には、次の発明(以下、「甲2発明」という。)が記載されている。
「印刷された枚葉紙1を搬送するドラム17と、ドラム17に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置32とCCD・エリアカメラ34とから構成される検査装置と、
印刷された枚葉紙1を搬送するドラム18と、ドラム18に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置33とCCD・エリアカメラ36とから構成される検査装置と、
から成る印刷された枚葉紙1を質的に評価するための装置であって、
ドラム17に載着する枚葉紙1の裏面3の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙1は枚葉紙1の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡され、ドラム18に載着する枚葉紙1の全体像が完全に検出された後で初めて、枚葉紙1の始端が第3のチェーン搬送装置19のチェーングリッパ装置21に引き渡される、印刷された枚葉紙1を質的に評価するための装置。」
(3)甲第3号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第3号証(特表2003-532563号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲3ア:「本発明は両面に印刷された用紙、特に有価用紙のシートを処理するための装置であって、連続的にシートを供給する供給機器と、移送手段と、上記シートを処理するための手段と、少なくとも二つの別個のスタックに分別するための手段とを具備する装置に関し、且つ、この装置を操作する方法に関する。
小切手、証券用紙、銀行券等の有価用紙を印刷するための装置は、現在入手可能な改良型複製手段を用いれば製造が容易になってきている偽造を防止するためにますます高度な技術を駆使したものとなっている。」(段落【0001】?【0002】)
甲3イ:「本発明の装置は、印刷品質を検査するための手段と、通し番号および/または付加的な要素を印刷するための手段と、番号を検査するためおよび/または付加的な要素を印刷するための手段と、品質検査手段の一つによって基準を満たしていないとみなされたシートにマークを付けるための手段とを具備することを特徴とする。
この装置は、品質検査の作業、通し番号および/または付加的要素を印刷する作業、この印刷の品質を検査する作業、基準を満たしていないとみなされたシートにマークを付け且つシートを適切なスタックに案内する作業を、単一の通路で実行することを可能にするという利点を有する。」(段落【0007】?【0008】)
甲3ウ:「まず、図1に示した機器は、銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシートS用を供給するための供給機器1を具備する。これらシートSは供給ローラ2を介して移送ドラム3に侵入し、矢印F1の方向に回転駆動される第一ドラム4に巻き込まれる。第一ドラム4には、シートの前端部を把持するためのグリッパが設けられる。第一ドラム4には、様々な品質検査を実行することができるように穴が開けられている。これは、把持されたシートの表面を第一ドラム4の内側から調べることができることが必要であることによる。ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つシートに対してカメラ5の反対側においてシートを照らす照明機器6が設けられる。その後、シートは矢印F1の方向に移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面する。シートは吸引機器9によって規則正しい配置に保持される。本ケースでは、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに列ずつ品質検査が行われる。その後、シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過する。このとき、シートは照明機器8’によって照らされ、上述したように列ずつ品質検査が行われ、シートは吸引機器9’によって規則正しく保持される。むろん、ドラム10’は矢印F1の回転方向とは反対向きの矢印F2の方向へ回転し、これにより、ドラム4からドラム10へシートが移るとき、ドラム10の内側を向いているシートの側を変更することができる。ドラム10の構成はドラム4の構成に非常に類似している。その後、シートは、一連の移送ローラ11と、番号付けを行うためおよびアルファベット要素を添付するための二つの要素13および14が作用する印刷ローラ12とを通過する。各印刷要素13および14には、本発明の一部を形成しないインク充填組立体によりインクが充填される。ローラ13および14には、このタイプの装置には通常存在するクリーニング機器が設けられる。」(段落【0023】)
甲3エ:「シートに番号付けが行われた後、シートは番号付けの印刷品質を検査するための光電子機器17を通過する。次いで、シートSはチェーン式移送機器18に巻き上げられ、そしてマーク機器19を通過する。この機器19は、反射または透過による印刷の品質検査の間に、または番号の印刷品質を検査するための機器によって欠陥があるとみなされたシートの上方部分にマークを付ける。機器20は、基準を満たしていないとみなされたシートに機器19によって実際にマークが付けられているが否かを検出し、その後、シートは蓄積機器に向かう。蓄積機器は、良好であるとみなされたシート用の第一スタック21と、スクラップであるとみなされたシート用の第二スタック22とを有し、さらに、良好であるとみなされたシートを保持するか、または処理中の装置の突然の停止や故障の後の、検査または番号付けのされていないシートを保持する第三スタック23を有してもよい。なお、検査または番号付けのされていないシートはもう一度装置を通さなければならない。」(段落【0026】)
甲3オ:「図1において説明した装置は、最も完全な形態であり、シートのスタックSから、反射または透過によって印刷品質の検査を行い、その後、例えば組立体15を用いて補足的な印刷を行い、サインまたは日付の添付を行い、またはその両方を行い、そして番号付けを行い、その後、印刷品質を検査し、欠陥のあるシート上にマークを付ける機器を介して移送し、そして、基準を満たしているシートを基準を満たしていないシートから、および付加的に処理の行われていないシート、すなわち検査または番号付けの行われていないシートから分別するための蓄積機器に移送する。」(段落【0031】)
以上によれば、甲第3号証には、次の発明(以下、「甲3発明」という。)が記載されている。
「銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシートを処理するための装置を操作する方法であって、
連続的に前記シートを供給する供給機器1を具備し、前記シートは供給ローラ2を介して移送ドラム3に侵入し、矢印F1の方向に回転駆動されるドラム4に巻き込まれ、
ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つ前記シートに対してカメラ5の反対側において前記シートを照らす照明機器6が設けられ、前記シートは移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面し、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに品質検査が行われ、
その後、前記シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、前記シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、前記シートは照明機器8’によって照らされ、品質検査が行われ、
次いで、前記シートはチェーン式移送機器18に巻き上げられ、そしてマーク機器19を通過し、この機器19は、反射または透過による印刷の品質検査の間に欠陥があるとみなされた前記シートにマークを付け、
その後、前記シートは蓄積機器に向かい、基準を満たしている前記シートを基準を満たしていない前記シートから分別する方法。」
(4)甲第4号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第4号証(特開平10-337935号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲4ア:「赤外領域では白色光下と異なった分光特性を有する赤外線インキを用いて証券印刷製品を印刷することができる印刷機に、印刷され搬送される前記証券印刷製品に対して赤外光を照射する赤外線照射手段と、赤外光が照射された前記証券印刷製品の画像を取り込む画像取込手段とを設けると共に、前記赤外線インキにより正規に印刷された前記証券印刷製品に赤外光を照射して得られた画像を予め基準値として記憶した記憶装置と、前記記憶装置に記憶されている基準値の画像を読み出し、前記画像取込手段により取り込まれた画像と比較し、一定の許容値内から外れるか否かを判断する判定手段とを有することを特徴とする赤外線反射吸収インキを用いた印刷物の検査装置。」(【請求項1】)
甲4イ:「本発明の一実施例に係る赤外線印刷物検査装置を図1及び図2に示す。同図に示すように、本実施例は、小型凹版印刷機に複数の密着型ラインセンサ3を配置し、信号処理装置12、パーソナルコンピュータ11と接続して、銀行券等シート14をオンラインで検査できるように構成したものである。即ち、一定速度で回転する圧胴13には、印刷後の銀行券等シート14が密着して搬送されると共にこの銀行券等シート14には小切れ面(以下、検査対象と言う)が横に3列に配列されている。
この銀行券等シート14の各検査対象の列に対応して、それぞれ、密着型ラインセンサ3が設けられており、各ラインセンサ3はそれぞれ信号処理装置12へ接続している。密着型ラインセンサ3は、前述したように、赤外LEDアレイ、結像光学部品、フォトダイオードアレイ、画像信号制御ICで構成され、検査対象の赤外画像を検出し、時系列に画像の濃淡に比例する信号を出力する。」(段落【0020】?【0021】)
甲4ウ:「ロータリーエンコーダー1は、時間に関係なく圧胴13が一定角度回転する毎に図6(a)に示すパルスを出力する機器であり、このパルスを利用して、図6(c)?(e)に示すように、各ラインセンサ3のスキャン、A/Dコンバータ9等の動作開始を制御する。図6(b)は基準クロックである。光電スイッチ2は、検査対象が各ラインセンサ3へ進入したときに図6(f)に示す信号を出力する機器であり、その信号により、図6(g)に示すように、画像信号をA/D変換して画像メモリー10に保存する。(段落【0023】)
甲4エ:「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む。尚、各ラインセンサ13による検出は、圧胴上に限らず、印刷後から排紙されるまでの間における胴上又はチェーングリッパでの搬送中に行なっても良い。」(段落【0028】)
以上によれば、甲第4号証には、次の発明(以下、「甲4発明」という。)が記載されている。
「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14をロータリーエンコーダー1で動作開始を制御する各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む、赤外線印刷物検査装置。」
(5)甲第5号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第5号証(特開2001-101473号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲5ア:「絵柄を有する紙葉類に光を照射して、該紙葉類から得られる透過光と反射光の内、少なくとも反射光を受光して前記紙葉類の絵柄を対象として識別する紙葉類識別装置」(段落【0009】)
甲5イ:「図1は、本発明に係る紙葉類(以下、「紙幣」を例とする)識別装置の主要部の構成例をブロック図で示している。図1において、光学センサ部10は、図示しない紙幣搬送路上の所定の位置に、紙葉類1の搬送方向に直行して多数の検出器を配列したもので、LEDアレイ、フォトダイオードアレイなどから成るイメージラインセンサで構成される。光学センサ部10では、紙幣1が搬送されるのに伴い紙幣上を面状に走査し、紙幣上の各位置での反射光や透過光など物理量の分布を検出する。」(段落【0013】)
甲5ウ:「図2は、多波長光源を有する透過/反射型ラインセンサ100の構成例を示している。ラインセンサ100は長形状の対向した発光部110及び受発光部120で成っており、被識別媒体としての紙幣は、発光部110及び受発光部120の間の紙幣通路を搬送されるようになっている。」(段落【0020】)
以上によれば、甲第5号証には、次の発明(以下、「甲5発明」という。)が記載されている。
「絵柄を有する紙葉類に光を照射して、該紙葉類から得られる透過光と反射光の内、少なくとも反射光を受光して前記紙葉類の絵柄を対象として識別する紙葉類識別装置であって、紙幣は、イメージラインセンサ100の発光部110及び受発光部120の間の紙幣通路を搬送されるようになっている、紙葉類識別装置」
(6)甲第6号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第6号証(特開昭61-175552号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲6ア:「シートに光を反射または透過させ、その光量変化を光電検知することにより、シート上或いは内部に存在する欠陥を検出する方法において、同一欠陥に対して反射型光量変化として得られる電気信号レベル値と、透過型光量変化として得られる電気信号レベル値とを演算することにより、虫に起因する欠陥を判別することを特徴とする欠陥シートの検出方法。」(第1頁左下欄第4?11行)
甲6イ:「第2図は、平判シート(1)の両面チェックに本発明の方法を適用する場合を示す。
装置は主に供給部(19)、検出部(20)、排出部(21)で構成されている。
供給部は、例えばグリッパーチェーンを用いて平判シートを所定のパスで移送させる方法や上下に設けられたシート送りコンベアで平判シートを挟みながら送る方法などの公知手段も採用できるが、枚葉印刷機のシートバイシート方式のフィーダーを採用することによって高速運転することも可能である。
本発明の主要部をなす検出部(20)では、スインググリッパ-付きロール(22)、第1段検査ロール(23)、第2段検査ロール(24)、第3段検査ロール(25)が各々の側面を接しながらほぼ水平に配置されている。各検査ロールには、図示されていないが送られてくる平判シートの先端部をくわえて次工程に送ることができるように、印刷機の圧胴などで使用されるグリッパー装置が設置されている。
第1段検査ロール(23)の上方には、シート上面をチェックする反射型欠陥検出装置(2)が、第2段検査ロール(24)の下方には、シート下面をチェックする反射型欠陥検出装置(5)が設けられ、第3段検査ロール(25)は透過光で平判シートをチェックするべく、アクリル系樹脂製の透明または半透明の中空パイプを使用しており、内部に投光器(9)、上方に受光器(10)が配没されており透過型欠陥検出装置(8)として作用するように構成されている。」(第3頁左下欄第7行?右下欄第15行)
甲6ウ:「本発明の方法に係る欠陥検出装置を使用すれば、虫に起因する欠陥を極めて簡単に且つ精度よく判別できる。従って、処理能力が非常に増加する上、クレイム発生時に必要とした経費の節減がはかれるとともに、作業員に掛かっていた手間及び負担が大巾に軽減される。」(第5頁左上欄下から5行?右上欄第1行)
以上によれば、甲第6号証には、次の発明(以下、「甲6発明」という。)が記載されている。
「シートに光を反射または透過させ、その光量変化を光電検知することにより、シート上或いは内部に存在する欠陥を検出する欠陥検出装置において、欠陥検出装置は、供給部(19)、検出部(20)、排出部(21)で構成され、検出部(20)では、第1段検査ロール(23)の上方には、シート上面をチェックする反射型欠陥検出装置(2)が、第2段検査ロール(24)の下方には、シート下面をチェックする反射型欠陥検出装置(5)が設けられ、第3段検査ロール(25)は透過光で平判シートをチェックするべく、アクリル系樹脂製の透明または半透明の中空パイプを使用しており、内部に投光器(9)、上方に受光器(10)が配没されており透過型欠陥検出装置(8)として作用するように構成され、虫に起因する欠陥を判別できる、欠陥検出装置。」
第5 当審の判断1(無効理由2について)
無効理由1の検討に先立ち、無効理由2について検討する。
1.請求人の主張
請求人は、無効理由2につき、概ね次のように主張している。
(ア)審判請求書第28頁
検査が完了したときのみシートをシリンダから取り出すことは本件発明1及び本件発明13の重要な特徴である。
(イ)審判請求書第28?29頁
本件明細書段落【0021】には、「入力位置と出力位置間において検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は、検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される。」と記載されているが、願書に添付した図面(以下、「特許図面」という。)の図1に示すように、特に、第2検査装置10及び第三検査装置16は、シリンダ上で出力位置に近い位置にあるので、これらにより検査が完了する前に、シートの次のシリンダへの引き取りが開始されてしまう。カメラが線形カメラである場合には、線形カメラからシートの出力位置までの距離はシートの長さ以上なければならない。シート運搬長がシートの長さよりも僅かに長いだけでは、シートを検査シリンダから取り出す前に検査を完了することができない。
(ウ)口頭審理陳述要領書第18頁
また、特許図面の図1では、第一カメラ6、第二カメラ9及び第三カメラ14が向いている検査リンダ上の位置は、シートの入力位置は角度にしてそれぞれ約40度、約53度、約65度離れているから、第一カメラ6、第二カメラ9及び第三カメラ14も、シートの入力位置直後を撮像するように配置されていない。
(エ)審判請求書第29頁
したがって、本件発明1及びそれに従属する本件発明2?12並びに本件発明13及びそれに従属する本件発明14?18は、特許明細書の発明の詳細な説明に記載したものではない。
2.本件明細書の記載事項
本件明細書には、次の事項が記載されている。
記載事項A:
「本発明の課題は、既知検査機械および方法を改良することにある。
特に、本発明の課題は、印刷されたシートの検査を実行するために必要な運搬および検査時間を最適化することにある。
本発明の他の課題は、コンパクト形態の検査機械の構築を可能にすることにある。
更に、本発明の課題は、簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供することにある。」(段落【0006】?【0009】)
記載事項B:
「第二検査ユニットは、シート上のIR、UV、磁気特徴等の不可視特徴の存在を検査(inspection)かつ調査もしくは照合(check)するために、図1に参照番号10および11で示された第二検査装置を更に含む。これらの装置は、付加的検査をするために、適宜ランプ(UV)および検出器(IR、磁気)を含む。」(段落【0016】)
記載事項C:
「第三検査ユニットは、第二検査ユニットと同様に、シート上のIR、UV、磁気特徴等の不可視特徴の存在を検査(inspection)かつ調査もしくは照合(check)するために、図1に参照番号15および16で示された第三検査装置を更に含む。従って、これらの付加的装置は、付加的検査をするために、適宜ランプ(UV)および検出器(IR、磁気)を含む。」(段落【0018】)
記載事項D:
「好適には、使用されるカメラは、検査されるシートの継続線形画像を撮影する線形CCDカメラである。従って、検査されるシート全体の適正画像を撮るためには、カメラは、シリンダ4、7、12のエンコーダを介してそれらのシリンダ上に運搬されるシートと同期する。各シリンダ4、7、12のエンコーダリーディングとカメラ画像撮影間の完全一致のために、シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査されなければならない。各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する必要がある。この場合、シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない。」(段落【0020】)
記載事項E:
「好適には、移送シリンダおよび検査シリンダ3、4、7、12、17は図1に示されたようにジグザグ状態に配置される。即ち、印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置(即ち供給場所)と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置(即ち採取場所)との間での各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置される。特に、入力位置と出力位置間において検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は、検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される。理解されるように、この形態は検査ユニットを通るシートの全運搬通路を最小限まで縮小し、それによりシートの運搬および検査時間の短縮を可能にする。実際に、図1の機械の図示形態により、第一検査シリンダ4上の入力位置と第三検査シリンダ12の出力位置間の運搬長は検査されたシートの長さの三倍よりも僅かに大きい。最小寸法のシリンダを組み合わせても、非常にコンパクトな形態の機械構成を可能にする。」(段落【0021】)
記載事項F:
「好適には、移送および検査シリンダは単一セットのグリッパを担持し、従って各シリンダは一回に一枚のシートを運搬するように構成され、かつシリンダの直径は、検査終了後にのみ所定の移送条件を維持しながら短時間運搬および検査のために最小にされる。」(段落【0023】)
記載事項G:
「【図1】本発明による検査機械の一形態を示す。」(【図面の簡単な説明】)
3.本件発明について
(1)本件発明1について
請求人が本件発明1の重要な特徴であるとする「検査が完了したときのみシートをシリンダから取り出すこと」に関連し、上記記載事項Aの「本発明の課題は、簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供すること」、記載事項Dの「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する必要がある。この場合、シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない。」の各記載を特に参照すれば、本件発明1は、「簡単かつ信頼性のある検査機械」「を提供」し、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」ことを技術課題の一つとして含むものである。
また、本件明細書の発明の詳細な説明には、「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことにより、当該技術課題が解決できることが示されている(記載事項D)。
一方、本件請求項1の記載に接した当業者であれば、本件発明1の「検査機械」が、「第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」ことにより、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」ことを、本件請求項1の記載から読み取ることができるものである。
そして、本件請求項1に記載の「第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」ことは、上記記載事項Dの「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことに実質的に対応するものである。
してみると、本件請求項1に記載された「第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」発明は、発明の詳細な説明に記載された発明であって、かつ、発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものではない。
続いて、請求人の上記主張(イ)?(ウ)についても言及する。
一般に、願書に添付される図面は、設計図面に要求されるような正確性をもって描かれているとは限らないものであることを踏まえれば、特許図面の図1も、「本発明による検査機械の一形態」(記載事項G)が概略的に示されているものと解することができる。
そして、本件請求の範囲及び本件明細書に、各検査シリンダにおける線形CCDカメラ(6、9、14)、第2検査装置(10、11)及び第3検査装置(15、16)の配置位置を厳密に特定するための数値等を用いた具体的記載がなくても、特許図面のみならず、本件明細書の上記記載事項D?Fの各記載内容も総合して併せみれば、各検査シリンダ(4、7、12)に対し、線形CCDカメラ(6、9、14)、第2検査装置(10、11)及び第3検査装置(15、16)を配置するに当たり、各カメラ及び各検査装置を「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査されなければならない」(記載事項D)という条件を満たす範囲で入力位置と出力位置の間の適宜位置に配置すれば良いことは、当業者であれば普通に理解できるところである。
してみると、各検査シリンダの入力位置及び出力位置と、各カメラ(6、9、14)、第2検査装置(10、11)及び第3検査装置(15、16)の各配置位置とに関し、それぞれの位置の間の離間距離ないし離間角度等を、概略図である特許図面の図1上において実測し、仮に、それらの実測値が「シートを検査シリンダから取り出す前に検査を完了することができない」値であったとしても、このことをもって、本件発明1が「シートを検査シリンダから取り出す前に検査を完了することができない」発明であるとも、発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものであるともいえない。
よって、請求人の主張は採用できない。
以上のとおり、本件発明1は、本件明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、本件発明1に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、本件発明1に係る特許についての無効理由2には理由がない。
(2)本件発明2?12について
本件発明2?12は、本件発明1の発明特定事項をすべて含み、さらに、他の発明特定事項を付加したものに相当する発明である。
そして、本件発明2?12において付加された各発明特定事項は、それぞれ本件明細書に記載された事項であり、しかも、これら各発明特定事項を本件発明1に付加することにより、本件請求項2?12の記載が、発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものとなるものでもない。
よって、本件発明2?12は、本件発明1について示した理由と同様の理由により、本件明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、本件発明2?12に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、本件発明2?12に係る特許についての無効理由2には理由がない。
(3)本件発明13について
請求人が本件発明13の重要な特徴であるとする「検査が完了したときのみシートをシリンダから取り出すこと」に関連し、上記記載事項A及び記載事項Dの各記載を特に参照すれば、本件発明13も、「簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供」し、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」ことを技術課題の一つとして含むものであり、また、本件明細書の発明の詳細な説明には、「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことにより、当該技術課題が解決できることが示されている(記載事項D)。
一方、本件請求項13の記載に接した当業者であれば、本件発明13の「検査方法」が、「第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し」及び「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」という発明特定事項を具備することにより、少なくとも第一線形カメラ、第二線形カメラ及び第三線形カメラを用いた検査について、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」という技術課題が解決できることを、本件請求項13の記載から読み取ることができるものである。
そして、本件請求項13に記載された「第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し」及び「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」という事項は、上記記載事項Dの「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことに実質的に対応するものである。
してみると、本件請求項13に記載された「第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し」、「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」発明は、発明の詳細な説明に記載された発明であって、かつ、発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものではない。
また、本件発明13についての請求人の上記主張(イ)?(ウ)も、上記「3.本件発明1について」において言及した理由と同様の理由により採用できない。
したがって、本件発明13は、本件明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、本件発明13に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、本件発明13に係る特許についての無効理由2には理由がない
(4)本件発明14?18について
本件発明14?18は、本件発明13の発明特定事項をすべて含み、さらに、他の発明特定事項を付加したものに相当する発明である。
そして、本件発明14?18において付加された各発明特定事項は、それぞれ本件明細書に記載された事項であり、しかも、これら各発明特定事項を本件発明13に付加することにより、本件請求項14?18の記載が、発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものとなるものでもない。
よって、本件発明14?18は、本件発明13について示した理由と同様の理由により、本件明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、本件発明14?18に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、本件発明14?18に係る特許についての無効理由2には理由がない。
第6 当審の判断2(無効理由1について)
1.本件発明1について
1-1 対比
本件発明1と甲1発明とを対比する。
(ア)甲1発明の「有価証券等の絵柄が印刷されたシート5」は、文言の意味、機能又は構造等からみて本件発明1の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物」に相当し、以下同様に、「給紙部1」は「シート供給器(1)」に、「前記シート5」は「印刷されたシート」に、「表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段」は「分析装置」に、「渡し胴9」は「入力移送シリンダ(3)」に、それぞれ相当する。
(イ)甲1発明において、「シート5は、第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査され」るのであるから、甲1発明の「検査輪転印刷機」は本件発明1の「検査機械」に相当し、また、甲1発明の「有価証券等の絵柄が印刷されたシート5の検査輪転印刷機」は、本件発明1の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械」に相当する。
(ウ)甲1発明の「第1検査胴10」と「表面検査用カメラ11」とは一のシート検査ユニットを構成し、同様に、「第2検査胴12」と「裏面検査用カメラ13」とは別のシート検査ユニットを構成しているものといえ、また、甲1発明は、「表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段」を備えていることから、「表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13」は「判断手段」と通信可能に連結されていることは明らかである。
さらに、甲1発明の「第1検査胴10」及び「第2検査胴12」並びに本件発明1の「第一検査シリンダ(4)」、「第二検査シリンダ(7)」及び「第三検査シリンダ(12)」は、いずれも“検査シリンダ”である点で共通し、甲1発明の「表面検査用カメラ11」及び「裏面検査用カメラ13」並びに本件発明1の「第一線形カメラ(6)」、「第二線形カメラ(9)」及び「第三線形カメラ(14)」はいずれも“カメラ”である点で共通するものである。
よって、甲1発明の
「前記シート5を搬送する第1検査胴10、該第1検査胴10により搬送される前記シート5を検査する表面検査用カメラ11、前記第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を搬送する第2検査胴12、該第2検査胴12により搬送される前記シート5を検査する裏面検査用カメラ13、表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段」
及び本件発明1の
「検査時に印刷されたシートを運ぶための第一検査シリンダ(4)、第一検査シリンダ(4)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために分析装置に連結された第一照明手段(5)および第一線形カメラ(6)を備えた第一シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第二検査シリンダ(7)、第二検査シリンダ(7)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第二照明手段(8)および第二線形カメラ(9)を備えた第二シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第三検査シリンダ(12)、第三検査シリンダ(12)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第三照明手段(13)および第三線形カメラ(14)を備えた第三シート検査ユニット」
に関し、甲1発明と本件発明1とは、“検査時に印刷されたシートを運ぶための検査シリンダ、該検査シリンダ上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結されたカメラを備えたシート検査ユニットを複数組含む”点で共通している。
(エ)甲1発明の「前記シート5を第1検査胴10へ連続的に運ぶための渡し胴9」と本件発明1の「印刷されたシートを第一検査ユニットへ連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)」とは、“印刷されたシートを最上流のシート検査ユニット連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)”の点で共通しており、同様に、甲1発明の「第2検査胴12から受け取った前記シート5を搬送する第1圧胴14」と本件発明1の「印刷されたシートを第三検査ユニットから取り出す出力移送シリンダ(17)」とは、“印刷されたシートを最下流のシート検査ユニットから取り出す移送シリンダ”の点で共通している。
また、甲1発明の「前記渡し胴9、第1検査胴10、第2検査胴12、及び第1圧胴14」の配置について、「相互に対し対接して設けられ」は、“相互に対して直接接触する状態で配置され”ることと技術的に同一の状態と解されるから、甲1発明と本件発明1とは、各シリンダの配置に関し、“入力移送シリンダ(3)、複数のシート検査ユニットの各検査シリンダおよび移送シリンダは、印刷されたシートを前記入力移送シリンダ(3)から各検査シリンダおよび前記移送シリンダへ直接的かつ継続的に運搬するように、相互に対して直接接触する状態で配置され”る点で共通し、さらに、甲1発明と本件発明1とは、“各シート検査ユニット、入力移送シリンダ(3)、および移送シリンダは、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットによりされた後に検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出すように構成されている”点でも共通している。
以上の(ア)?(エ)によれば、本件発明1と甲1発明との一致点及び相違点は、次のとおりである。
(一致点)
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械であって、
シート供給器(1)を有し、
検査時に印刷されたシートを運ぶための検査シリンダ、該検査シリンダ上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結されたカメラを備えたシート検査ユニットを複数組含み、
印刷されたシートを最上流のシート検査ユニットへ連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)、及び
印刷されたシートを最下流のシート検査ユニットから取り出す移送シリンダを含み、
前記入力移送シリンダ(3)、複数のシート検査ユニットの各検査シリンダおよび前記移送シリンダは、印刷されたシートを前記入力移送シリンダ(3)から各検査シリンダおよび前記移送シリンダへ直接的かつ継続的に運搬するように、相互に対して直接接触する状態で配置され、かつ
各シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記移送シリンダは、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットによりされた後に検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出すように構成されている、検査機械。
(相違点1-1)
本件発明1では、複数組のシート検査ユニットの組数が3組であり、各シート検査ユニットが備えるカメラは線形カメラであるのに対し、甲1発明では、複数組のシート検査ユニットの組数が2組であり、各シート検査ユニットが備えるカメラは線形カメラであるのか否か不明な点。
(相違点1-2)
本件発明1のシート検査ユニットは、照明手段を備えているのに対し、甲1発明のシート検査ユニットは、照明手段を備えているのか否か不明な点。
(相違点1-3)
本件発明1では、各シート検査ユニット、入力移送シリンダ(3)、および移送シリンダは、「印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」のに対し、甲1発明では、各シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および移送シリンダは、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットによりされた後に検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出してはいるものの、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出すように構成されているのか否かは不明な点。
1-2 判断
(1)相違点1-1について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書第18頁において、同様の構成の検査ユニットを二つ設けることは単なる設計事項である旨の主張をしている。また、口頭審理陳述要領書の第9頁において、「請求項1におけるカメラを公知の線形カメラに特定したとしても何ら発明特定事項を限定したことにはならず」、「線形カメラを使用したからといってシリンダ径が小さくなるというものでもない。」と主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は答弁書第19頁、20頁において、以下の旨主張している。
「本発明では、エリアカメラに代えて線形カメラを用いたことにより、大型化を防止しながら1台の検査機械に3つの検査シリンダを搭載し、紙幣等の表面と裏面の検査に加えて透かし模様などの検査を1台の検査機械で行なうことが可能となっている。・・・このように、本発明では、検査カメラを線形カメラとしたことにより、各検査ユニット(検査シリンダ)を小型化して1台の検査機械に3つの検査ユニット(検査シリンダ)を設置することを可能とし、更に、上記小型化により生じる可能性のある検査精度の低下を、「印刷されたシートの検査が各検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートをそれぞれの検査シリンダから取り出す」構成とすることにより防止している。」
c.当審の判断
ア まず、甲1発明においては、2組の検査ユニットが設けられているのに対し、本件発明1においては、3組の検査ユニットが設けられている。この点については、検査装置において、検査ユニットを何組設けるかは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜選択し得る設計事項であるということができるから、甲1発明において、検査胴及び検査装置から成る検査ユニットを3組設けることは、平成24年(行ケ)第10340号判決で判示されたとおり、当業者が適宜行い得るものである。
イ 次に、線形カメラについて検討する。
甲4発明は、「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む、赤外線印刷物検査装置。」である。ここにおける「ラインセンサ」とは、その機能に照らして、対象物の線状画像を連続的に撮影する「線形カメラ」に相当するものと認められる。
甲5発明は、「絵柄を有する紙葉類に光を照射して、該紙葉類から得られる透過光と反射光の内、少なくとも反射光を受光して前記紙葉類の絵柄を対象として識別する紙葉類識別装置であって、紙幣は、イメージラインセンサ100の発光部110及び受発光部120の間の紙幣通路を搬送されるようになっている、紙葉類識別装置」である。ここにおける「イメージラインセンサ」とは、その機能に照らして、「線形カメラ」に相当するものと認められる。
そして、もともと検査装置の検査用カメラとしてどのようなカメラを用いるかは、検査目的や検査対象を考慮の上、当業者が適宜に選択し得る設計事項であるから、甲1発明について、検査対象であるシートの画像を撮影するためのカメラとして、上記甲4、甲5発明に用いられている線形カメラを選択することは、当業者が適宜行い得るものである。
したがって、甲1発明において、検査胴及び検査装置から成る検査ユニットを3組設けると共に甲1発明に、甲4発明、甲5発明を適用し、相違点1-1に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)相違点1-2について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書第18頁において、撮像する部分を照明することは極めて常識的なことであり、発明的事項を特定するものではない旨の主張をしている。
b.被請求人の主張概要
被請求人は相違点1-2に関しては特段主張はしていない。
c.当審の判断
本件発明1のシート検査ユニットは、照明手段を備えているのに対し、甲1発明のシート検査ユニットは、照明手段を備えているのか否か不明であるが、カメラ等を用いた検査装置において照明手段を備えることは、甲2発明、甲3発明においても備えているように、光学的検査を行う以上技術常識である。
したがって、甲第1発明において技術常識を考慮して、相違点1-2に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(3)相違点1-3について
a.請求人の主張概要
請求人は口頭審理陳述要領書の第3頁において、甲1の段落[0025]には、「シート5は、先ず第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査された後、第2検査胴12に受け渡され、ここで裏面検査用カメラ13により裏面を検査される。」と記載されているとおり、「単に第1検査と第2検査の順序」ではなく、第1の検査の後に「引き渡され」、その後に第2検査を行うこと、即ち「検査が・・・完了したときにのみ検査済の印刷シートを・・取り出す」ことが明確に記載されていると主張している。
また、審判請求書第20頁において、甲2には「枚葉紙の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で初めて、枚葉紙の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡される。(9頁4?6行)と記載され、この場合にも、枚葉紙の全体像が完全に検出された後で初めて、枚葉紙の始端が第3のチェーン搬送装置19のチェーングリッパ装置21に引き渡される。」(9頁21?23行)と記載されていると主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は答弁書第12頁において、甲1の段落[0025]の記載は単に第1検査と第2検査の順序を記載しているのであり、構成要件I「第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記人力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」を開示しているとすることはできない。
また、第14頁において、甲第2号証には、「枚葉紙の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて引き渡される」ようにすべき理由も目的も記載されていないのであるから、むしろ甲第2号証の上記記載は、単に第1図の実施例のようなドラムとカメラの配置をとった場合には「枚葉紙の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて引き渡される」ようになるという事実を説明しているだけである旨の主張している。
c.当審の判断
甲第1号証の甲1エに「このように構成されるため、給紙部1から検査部2に送られたシート5は、先ず第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査された後、第2検査胴12に受け渡され、ここで裏面検査用カメラ13により裏面を検査される。次に、シート5は、第2検査胴12から直接印刷部3の第1圧胴14へ受け渡され、」(段落【0025】?【0026】)との記載があり、当業者としては、第1検査胴から第2検査胴、第2検査胴から第1圧胴へのシートの受渡しは、それぞれの検査胴における検査が完了した後に行われると理解するのが通常であると考えられること、本件明細書には、「印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)から取り出す」との構成のうち「完了したときにのみ…取り出す」ことに関する具体的な構成については何の記載もないことに照らせば、検査の完了に係る構成に係る上記相違点は、一応の相違点であるにすぎない。
そして、甲2発明は、「印刷された枚葉紙1を搬送するドラム17と、ドラム17に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置32とCCD・エリアカメラ34とから構成される検査装置と、印刷された枚葉紙1を搬送するドラム18と、ドラム18に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置33とCCD・エリアカメラ36とから構成される検査装置と、から成る印刷された枚葉紙1を質的に評価するための装置であって、ドラム17に載着する枚葉紙1の裏面3の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙1は枚葉紙1の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡され、ドラム18に載着する枚葉紙1の全体像が完全に検出された後で初めて、枚葉紙1の始端が第3のチェーン搬送装置19のチェーングリッパ装置21に引き渡される」という構成を備えている。甲2発明が、シートの全体像が撮影された後に初めて後続のドラムや搬送装置にシートを引き渡す構成を採用しているのは、ドラムに載着されたシートの受渡しの精度を高め、ひいてはシートの処理の精度を高めるためと考えられる。そして、甲1発明と甲2発明とは、いずれも検査シリンダないしドラムにより搬送されるシートを検査用カメラを用いて検査する装置に関する、同一の技術分野に属する発明であり、また、検査胴の周面に巻き付けられたシートの処理の精度を高めることは、検査装置における一般的な課題であるだけでなく、検査装置の小型化を図るに伴っても必要となることであるから、甲1発明について、甲2発明の構成を適用して、各シート検査における検査が完了したときにのみ検査済みのシートを各検査胴から取り出すように構成することは、当業者が容易に想到し得ることであるということができる。
したがって、甲1発明に甲2発明を適用し、相違点1-3に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(4)まとめ
そして、本件発明1の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明1は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
2.本件発明2について
本件発明2は、本件発明1に対してさらに「前記第一検査シリンダ(4)は透明シリンダであり、前記第一照明手段(5)は前記透明シリンダ内に設置され、かつ前記第一線形カメラ(6)は印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記透明シリンダの外側に設置されている」との発明特定事項を付加したものに相当する。
2-1 対比
本件発明2と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点2)
本件発明2では、第一検査シリンダは透明シリンダであり、第一照明手段は透明シリンダ内に設置され、かつ第一線形カメラは印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記透明シリンダの外側に設置されているのに対し、甲1発明ではそのような構成を備えていない点。
2-2 判断
(1)相違点2について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書第15頁において、以下の主張をしている。
「甲3には、印刷済み用紙のシートの品質を検査する装置が開示されており、その段落[0023]の5?10行には「第一ドラム4には、様々な品質検査を実行することができるように穴が開けられている。これは、把持されたシートの表面を第一ドラム4の内側から調べることができることが必要であることによる。ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つシートに対してカメラ5の反対側においてシートを照らす照明装置6が設けられる。」と記載されている。これは、第2特許発明の構成要件K、L、Mに相当する。ただし、ドラム4は透明でなく、穴が開けられており、カメラと照明装置との配置は、構成要件K、L、Mとは逆になっている。」と主張している。
また、審判請求書第20、21頁において、以下の主張をしている。
イ.第2特許発明は、第1特許発明において、構成要件K、L、Mで特定するように「前記第一検査シリンダ(4)は透明シリンダであり、前記第一照明手段(5)は前記透明シリンダ内に設置され、かつ前記第一カメラ(6)は印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記透明シリンダの外側に設置されている」と特定したものである。
口.甲3には、前述の如く、「第一ドラム4には、様々な品質検査を実行することができるように穴が開けられている。これは、把持されたシートの表面を第一ドラム4の内側から調べることができることが必要であることによる。ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つシートに対してカメラ5の反対側においてシートを照らす照明装置6が設けられる。」(段落[0023]の5?10行)と記載されている。これは、第2特許発明の構成要件K、L、Mに相当する。
なお、甲6には、第一検査シリンダ(4)に相当する透過型欠陥検査装置(8)が示されている。
ハ.甲3においては、第2特許発明と異なり、ドラム4は透明ではなく穴となっており、カメラ(5)はドラム(4)の外側ではなく内側にあり、照明機器(6)はドラム(4)の内側ではなく外側にあるが、シートを透過した透明陽画を撮影する点では同じであり、実質同一である。
よって、第1特許発明に、甲3又は甲6を組み合わせることにより、第2特許発明の構成に想到することは容易であり、第2特許発明は進歩性を有しない。」と主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は答弁書第15、16頁において、甲第3号証について、請求人も認めるように、「ドラム4は透明ではなく、穴が開けられており、カメラと照明装置との配置は、構成要件K、L、Mとは逆になっている」。請求項2(構成要件K、L、M)には、『前記第一検査シリンダ(4)は透明シリンダであり、前記第一照明手段(5)は前記透明シリンダ内に設置され、かつ前記第一線形カメラ(6)は印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記透明シリンダの外側に設置されている、請求項1に記載の検査機械』と記載されている。カメラをシリンダの内側に設置した場合には、照明機器をシリンダの内側に配置した場合に較べてシリンダ径を大きくする必要が生じる場合がある。また、線形カメラは、メンテナンスの必要性が照明機器よりも高いため、カメラをシリンダの外側に設置する方が有利である。また照明機器をシリンダの内側に設置した状態でシリンダに穴が開いていた場合には塵埃等が照明機器に付着する不具合が生じる。このため、第2特許発明では、透明シリンダを採用している。従って、甲第3号証に関する請求人の主張は失当であるといわざるを得ない旨の主張をしている。
また、答弁書第16、17頁において、「すなわち、甲第6号証に記載の発明は、食品の包装用シート、そうでなくとも印刷前のシートの欠陥を検出する検査方法に関するものであり、本件特許請求項に記載された『印刷されたシートの画像を撮影して、印刷されたシート形態の印刷物用検査機械又は印刷物の検査方法』とは異なるものであり、本件特許とは無縁のものであり、構成要件Kを構成することはできない。それゆえ、甲第6号証に記載の発明を他の証拠と結合して当業者が容易に本件特許発明を想到できるとすることはできない。」と主張している。
c.当審の判断
甲3発明の「第一ドラム4」、「照明機器6」は、それぞれ本件発明2の「第一検査シリンダ」、「第一照明手段」に相当する。また、甲3発明の「透過によって検査」は、検査対象のシートが甲3アによれば「証券用紙、銀行券等の有価用紙」であるから、証券や銀行券の透かしを検査する、いわゆる透明陽画による検査と技術的に同じであるといえる。
そして、甲第3号証の甲3ウには、「第一ドラム4には、様々な品質検査を実行することができるように穴が開けられている。これは、把持されたシートの表面を第一ドラム4の内側から調べることができることが必要であることによる。ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つシートに対してカメラ5の反対側においてシートを照らす照明機器6が設けられる。」と記載されている。
したがって、甲3発明は、第一検査シリンダは穴が開けられたシリンダであり、第一照明手段はシリンダの外部に設置され、かつカメラは印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記シリンダの内側に設置されている構成を備えている。
一方、甲6発明は、「第3段検査ロール(25)は透過光で平判シートをチェックするべく、アクリル系樹脂製の透明または半透明の中空パイプを使用しており、内部に投光器(9)、上方に受光器(10)が配没されており透過型欠陥検出装置(8)として作用するように構成され」ており、甲6発明における、「検査ロール」、「平判シート」、「透明または半透明の中空パイプ」は、それぞれ、本件発明2の「検査シリンダ」、「シート」、「透明シリンダ」に相当する。
したがって、甲6発明は、検査シリンダは透明シリンダであり、投光器は透明シリンダ内に設置され、受光器はシートを透過して検査するために前記透明シリンダの外側に設置され、虫に起因するシートの欠陥を判別できる欠陥検査を備えている。
甲1発明と甲3発明はいずれも証券、銀行券等の印刷されたシートを検査する装置であるから、甲1発明に透明陽画による検査に係る甲3発明を適用でできるとしても、適用した検査装置は、相違点2に係る構成のうち、次の点、すなわち、前記第一検査シリンダ(4)は透明シリンダであり、前記第一照明手段(5)は前記透明シリンダ内に設置され、かつ前記第一線形カメラ(6)は前記透明シリンダの外側に設置されている点において本件発明2と相違する。
そして、甲6発明は透明シリンダを備えているものの、証券、銀行券等の印刷されたシートを検査するものでもなく、また照明と線形カメラを備えた検査装置でもない。
したがって、甲1発明に甲3発明を適用した検査装置に、更に、検査対象の異なる甲6発明の透明シリンダを適用すると同時に照明手段とカメラの配置を変更し、照明手段は透明シリンダ内に設置され、かつカメラを前記透明シリンダの外側に設置され、更にカメラは線形カメラに設計変更し、相違点2に係る構成とすることは、当業者の通常の創作能力を超えたものであり、当業者が容易に想到できるものではない。
(2)まとめ
そして、本件発明2の作用効果は、甲1ないし甲6発明により当業者が容易に予測できるものではなく、本件明細書に記載のとおりの効果を奏するものである。
以上のとおりであるから、本件発明2は、甲1ないし甲6発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものではない。
3.本件発明3について
本件発明3は、本件発明1に対してさらに「前記第二シート検査ユニットは、印刷されたシートの第一照明側を検査する」との発明特定事項を付加したものに相当する。
3-1 対比
本件発明3と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点3)
本件発明3では、前記第二シート検査ユニットは、印刷されたシートの第一照明側を検査するのに対し、甲1発明では第二シート検査ユニットは、印刷されたシートの第一照明側を検査するかどうか不明である点。
3-2 判断
(1)相違点3について
a.請求人の主張概要
請求人は無効審判請求書第21頁において、「照明側を検査するのであるから、甲1の検査部2における第1検査装置としての表面検査用カメラ11又は第2検査装置としての表面検査用カメラ12と同じである。甲1では、照明手段は明示されていないが、カメラで撮像する場合に、照明手段を設けるのは周知技術である。
なお、照明側を検査する構成は、甲1に限らず、甲2、甲3などにも記載されている。よって、第3特許発明は、第1特許発明又は第2特許発明に周知技術又は甲3などを組み合わせて容易に発明できるものであり、進歩性を有しない。」と主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は答弁書第21頁において、「第3特許発明は第1特許発明を引用しており、第1特許発明が進歩性を有するので、第3特許発明は進歩性を有する。」と主張している。
c.当審の判断
相違点3における「印刷されたシートの第一照明側」について、本件明細書の【0015】には、「第二検査ユニットは、シリンダ7上のシートの一側、例えばシートの右側ページの写真を撮り、」と記載され、【0017】には、「第三検査ユニットは、第二検査ユニットに類似しているが、シリンダ7上のシートの一側、例えば第二検査ユニットが右側を検査する場合にシートの左側ページの写真を撮り、」と記載され、さらには、【0030】には、「当然ながら、図1の機械において、異なる検査ユニットのそれぞれの位置は、変更可能であり、かつシートの一側(右側または左側)を最初に検査し、次に他側(左側または右側)を検査し、」と記載されている。
ここで、本件発明4における「印刷されたシートの第二照明側」と併せて考えると、印刷されたのシートの「第一照明側と第二照明側」は、シリンダ7上のシートの「右側と左側」又は「一側と他側」の関係にあることがわかる。言い換えれば、シリンダ7上のシートの「表面と裏面」の関係であるともともいえる。
ところで、甲1発明は「第1検査胴10により搬送される前記シート5を検査する表面検査用カメラ11、前記第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を搬送する第2検査胴12、該第2検査胴12により搬送される前記シート5を検査する裏面検査用カメラ13・・・」であり、シートの表面を検査した後にシートの裏面を検査するものである。したがって、甲1発明は、印刷されたシートの第一照明側を検査し、その後に印刷されたシートの第二照明側を検査しているものであるということができる。
ここで、甲1発明においては、検査ユニットは2組であるが、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲1発明において、検査ユニットを3組設けることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。そして、2組目の検査ユニットにおいて、印刷されたシートの第一照明側を検査し、相違点3に係る構成とすることは、甲1発明において検査ユニットを3組設けるにあたり、当業者が適宜選択し得る設計事項である。
(2)まとめ
そして、本件発明3の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明3は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
4.本件発明4について
本件発明4は、本件発明3に対してさらに「前記第三シート検査ユニットは、印刷されたシートの第二照明側を検査する」との発明特定事項を付加したものに相当する。
4-1 対比
本件発明4と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3、相違点3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点4)
本件発明4では、前記第三シート検査ユニットは、印刷されたシートの第二照明側を検査するのに対し、甲1発明では、検査ユニットは、印刷されたシートの第二照明側を検査するかどうか不明である点。
4-2 判断
(1)相違点4について
前述の3-2(1)c.で検討したとおり、甲1発明は、印刷されたのシートの第一照明側を検査し、その後に印刷されたのシートの第二照明側を検査しているということができる。そして、甲1発明においては、検査ユニットは2組であるが、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲1発明において、検査ユニットを3組設けることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。そして、3組目の検査ユニットにおいて、2組目の検査ユニットにおいて検査されたシートの反対側である第二照明側を検査し、相違点4に係る構成とすることは、甲1発明において検査ユニットを3組設けるにあたり、当業者が適宜選択し得る設計事項である。
(2)まとめ
そして、本件発明4の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明4は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
5.本件発明5について
本件発明5は、本件発明1に対してさらに「前記第二シート検査ユニットおよび第三シート検査ユニットは、各々少なくとも一つの不可視特徴検査ユニット(10、11、15、16)を更に含む」との発明特定事項を付加したものに相当する。
5-1 対比
本件発明5と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点5)
本件発明5では、前記第二シート検査ユニットおよび第三シート検査ユニットは、各々少なくとも一つの不可視特徴検査ユニット(10、11、15、16)を更に含むのに対し、甲1発明では、そのような構成を備えていない点。
5-2 判断
(1)相違点5について
甲4発明は、「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む、赤外線印刷物検査装置。」であり、そして、赤外線検査は不可視検査として一般的検査技術であるから、甲4発明は、不可視特徴検査ユニットを備えているといえる。そして、甲1発明と甲4発明とは、いずれも検査シリンダないしドラムにより搬送されるシートを検査用カメラを用いて検査する装置に関する、同一の技術分野に属する発明である。また、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲1発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。
したがって、甲1発明において検査ユニットを3組設けると共に、甲4発明の不可視特徴検査ユニットを、第二シート検査ユニットおよび第三シート検査ユニット更に加え、相違点5に係る構成とすることは、検査目的や検査対象を考慮して、甲1発明において検査ユニットを3組とするにあたり、当業者が適宜行う設計変更の範囲内である。
(2)まとめ
そして、本件発明5の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明5は、甲1発明、甲2、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
6.本件発明6について
本件発明6は、本件発明5に対してさらに「前記不可視特徴検査ユニット(10、11、15、16)は印刷されたシート上にIR、UVまたは磁気特性を検出するための手段を含む」との発明特定事項を付加したものに相当する。
6-1 対比
本件発明6と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3、相違点5において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点6)
本件発明6では、前記不可視特徴検査ユニット(10、11、15、16)は印刷されたシート上にIR、UVまたは磁気特性を検出するための手段を含むのに対し、甲1発明では、そのような構成を備えていない点。
6-2 判断
(1)相違点6について
甲4発明は、「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む、赤外線印刷物検査装置。」である。
そしてIR(infrared)検出は、測定対象の物質に赤外線を照射し、透過あるいは反射光を分析して、対象物の特性を知る検出のことであるから、甲4発明の赤外線印刷物検査装置は、IRを検出するための手段を含んでいるといえる。また、赤外線印刷物検査装置は、不可視特徴検査ユニットでもあることは前述の5-2(1)のとおりである。
したがって、甲1発明において、甲4発明のIRを検出するための手段を適用し、相違点6の構成とすることは、前述の5-2(1)のとおり当業者が容易に行い得ることである。
(2)まとめ
そして、本件発明6の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明6は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
7.本件発明7について
本件発明7は、本件発明1に対してさらに「前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)は、各々が単一セットのグリッパを担持し、かつ前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)の直径は運搬および検査時間を短縮するために縮小されている」との発明特定事項を付加したものに相当する。
7-1 対比
本件発明7と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点7)
本件発明7では、前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)は、各々が単一セットのグリッパを担持し、かつ前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)の直径は運搬および検査時間を短縮するために縮小されているのに対し、甲1発明では、そのような構成について明記されていない点。
7-2 判断
(1)相違点7について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書第22、23頁において、「シートを運搬するシリンダがグリッパを有することは、特許権者も特許明細書の[0015]に「当分野で既知のように、継続シートはシリンダのピット内に設置されたグリッパ手段によりシリンダ7上に保持される」と記載するように、印刷の技術分野では公知である。甲1の[0017]には「シート5を保持し周面へ巻き付けながら搬送する第1検査胴10」と記載するが、「保持」するのが「グリッパ」であることは当業者とって常識である。甲1の図1では、図が煩雑となるのを避けるためにグリッパ手段を省略したに過ぎない。甲2では、その図1及び図2においても、第1の保持装置27としてグリッパ手段は明示されている。そして、グリッパ手段を単一とするかどうかは単なる選択に過ぎない。このことは、特許明細書の[0022]に「好適には、図1に非制限例として示されたように、シリンダは検査する一枚のシートを担持できる寸法である。当然ながら、二枚または三枚のシートを各シリンダに担持する他の形態が企図されている。」と記載するように、特許権者も認めているところである。
また、検査シリンダ(4、7、12)の直径を如何に決めるかは設計事項に過ぎず、どのような機械、装置であれ、コンパクト化は設計する上で考慮すべき常識事項であり、「運搬および検査時間を短縮するために縮小」することは、当業者であれば当然なし得る設計事項に過ぎない。」と主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は答弁書第22頁において、「第7特許発明は、第1特許発明を引用しており、第1特許発明が進歩性を有するので、第7特許発明は進歩性を有する。また、第1特許発明の構成により得られる特徴(シリンダ直径の小型化)を明確にしたものであり、請求人が主張する設計事項を記載しているものでは無い。その詳細は、(4-2)において後述する。」と主張し、また、第26頁において、「本件請求項7は、直接的、間接的に請求項1を引用している。請求項1の構成が企図するもの(目的)を明確にしたものであり、請求項1の構成を補完するものであり、設計事項を記載しているものでは無い。」と主張している。
c.当審の判断
ア まず、甲1ウには、「・・・前記検査部2は、シート5を保持し周面へ巻き付けながら搬送する第1検査胴10・・・」と記載されており、ここでの「保持」に関して、甲1発明がシート保持手段を備えていること当業者とっては明らかである。
また、甲2エには、「・・・第1のドラム17のグリッパ27は、枚葉紙1の始端を第2のドラム18のグリッパ27に引き渡す。」と記載され、ドラム17、18にそれぞれ単一セットのグリッパが記載されている。甲2発明のドラム17、18は各シリンダということができるから、甲2発明の各シリンダはそれぞれ単一セットのグリッパを担持しているといえる。
甲1発明と甲2発明とは、いずれも検査シリンダないしドラムにより搬送されるシートを検査用カメラを用いて検査する装置に関する、同一の技術分野に属する発明であり、シリンダに保持手段を設けている点でも共通する。
また、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲1発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。
したがって、甲1発明において、検査ユニットを3組にすると共に甲2発明を適用し「前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)は、各々が単一セットのグリッパを担持し」とすることは、当業者が容易になし得たことである。
イ 次に、「前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)の直径は運搬および検査時間を短縮するために縮小されている」について検討する。
機械や器具の小型化や軽量化という課題自体は、一般的な課題であるだけでなく、甲1発明において、検査ユニットの組数を増やすことに伴い、各検査ユニットの小型化の必要性が当然に生じるものである。したがって、検査ユニットの小型化のためには、構成部材である検査シリンダを小型化するため、各検査シリンダの直径を運搬および検査時間を短縮するために縮小することは、当業者において適宜に選択し得る設計事項であるということができる。
したがって、甲1発明において、検査ユニットを3組にすると共に甲2発明を適用し相違点7に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明7の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明7は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
8.本件発明8について
本件発明8は、本件発明1に対してさらに「前記入力移送シリンダ(3)、前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)へ移送する入力位置と印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)から取り出して移送する出力位置との間での前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、および第三検査シリンダ(12)の各々の上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置されている」との発明特定事項を付加したものに相当する。
8-1 対比
本件発明8と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点8)
本件発明8では、前記入力移送シリンダ(3)、前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)へ移送する入力位置と印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)から取り出して移送する出力位置との間での前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、および第三検査シリンダ(12)の各々の上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置されているのに対し、甲1発明では、そのような構成について明記されていない点。
8-2 判断
(1)相違点8について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書23頁において、「シートの検査機械において、入側から出側に至るシリンダがジグザグ状に配置されることは、甲1の図1などに記載されているように公知である。「シートの運搬長が所定のシート長として最適となるように」は、発明的事項を特定しているとは言えず、不明瞭でもある。
よって、第8特許発明は、第1乃至第7特許発明について、何ら発明的事項を特定するものではなく、進歩性を有しない。」と主張している。
また、口頭審理陳述書第10頁において、「甲1における渡し胴9、第1検査胴10、第2検査胴12、第1圧胴14の配置は「屈曲した線」即ちジグザグであり、被請求人が主張するように「ほぼ一直線上に配置されて」いるものではない」と主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は答弁書22頁において、以下の旨主張している。
「第8特許発明は、間接的に第1特許発明を引用しており、第1特許発明が進歩性を有するので、第8特許発明は進歩性を有する。また、その詳細は、(4-2)において後述するが、請求人は、その構成要件T(「ジグザグ」)が甲1に記載されていると主張する。しかしながら、これは失当である。「ジグザグ」とは、広辞苑第5版では「ぎざぎざに屈曲した線。稲妻形。電光形。Z字形。」とあり、デジタル大辞泉では「直線が左右に何度も折れ曲がっていること。またそのような形やそのさま。稲妻形。Z字形。」とある。甲1の図1において、第1検査胴10、第2検査胴12及び第1圧胴14は、ほぼ一直線上に配置されており、これを「ジグザグ」であるとは到底いえるものではない。甲1号証に第8特許発明の構成要件Tは記載されていない。すなわち、この点のみを取っても請求人の主張は失当であり、第8特許発明は進歩性を有する。」
c.当審の判断
甲1号証の図1において、第1検査胴10は渡し胴9より明らかに左上に配置され、第2検査胴12は第1検査胴10に対しやや左下に配置され、第1圧胴14は第2検査胴12に対しやや左上に配置されたことが見受けられ、少なくとも、ほぼ一直線上に配置されたということはできない。また、被請求人も主張しているとおり「ジグザグ」には、いろいろな意味、定義があり、定まった形ではない。そうすると、甲1発明における渡し胴9、第1検査胴10、第2検査胴12、第1圧胴14の配置はジグザグ状態(形態)に配置されているということができる。そして、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲1発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。
また、甲1発明において、検査ユニットの組数を増やすことに伴い、各検査ユニットの小型化の必要性が当然に生じるものである。検査ユニットの小型化のためには、「第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、および第三検査シリンダ(12)の各々の上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるように」することは、各シリンダ上の印刷されたシートの運搬長に関する設計上の事項に過ぎずない。
したがって、設計事項を考慮して甲1発明に基づき相違点8に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明8の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明8は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
9.本件発明9について
本件発明9は、本件発明8に対してさらに「前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長い」との発明特定事項を付加したものに相当する。
9-1 対比
本件発明9と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3、相違点8において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点9)
本件発明9では、前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長いのに対し、甲1発明では、そのような構成について明記されていない点。
9-2 判断
(1)相違点9について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書23頁、口頭審理陳述書第10頁において、「シートの運搬長」を特定することは単なる設計事項に過ぎないと主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は答弁書27頁において、「無効審判請求人は、第9特許発明の記載のみにスポットライトを当て、第8特許発明との関連性を考慮していない。第9特許発明は、第8特許発明を引用しており、第8特許発明において「検査シリンダ(4、7、12)上におけるシートの運搬長が所定シート長として最適になるように、人力移送シリンダ(3)、検査シリンダ(4、7、12)及び出力移送シリンダ(17)をジグザグ形態に配置し」、第9特許発明において更に「シートの運搬長は検査されるシートの長さよりも僅かに長い」ことにより、検査機械全体が可能な限りコンパクトになり、シート搬送時間が短縮されて検査効率が向上するのである。「シートの運搬長」を特定することは単なる設計事項では無いことは明らかである。」と主張している。
c.当審の判断
前述の1.1-2(3)c.で判断したしたとおり、甲1エに「このように構成されるため、給紙部1から検査部2に送られたシート5は、先ず第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査された後、第2検査胴12に受け渡され、ここで裏面検査用カメラ13により裏面を検査される。次に、シート5は、第2検査胴12から直接印刷部3の第1圧胴14へ受け渡され、」(段落【0025】?【0026】)との記載があり、当業者としては、第1検査胴から第2検査胴、第2検査胴から第1圧胴へのシートの受渡しは、それぞれの検査胴における検査が完了した後に行われると理解するのが通常であると考えられる。そして、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲1発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。
そうすると、第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さより長く設計するのは当然のことであり、また、甲1発明において、検査ユニットの組数を増やすことに伴う検査ユニットの小型化のためには、検査効率を考慮し、必要以上に長くするのではなく、僅かに長くするように設計することは当業者が容易に想到し得たことである。
したがって、甲1発明において、検査ユニットを3組にすると共に検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長を検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くし、前記相違点9に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明9の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明9は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
10.本件発明10について
本件発明10は、本件発明1に対してさらに「前記出力移送シリンダ(17)の下流に、欠陥シートをマーキングするために設置されたマーキングユニット(19、20)を更に含む」との発明特定事項を付加したものに相当する。
10-1 対比
本件発明10と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点10)
本件発明10では、前記出力移送シリンダ(17)の下流に、欠陥シートをマーキングするために設置されたマーキングユニット(19、20)を更に含むのに対し、甲1発明では、そのような構成について明記されていない点。
10-2 判断
(1)相違点10について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書24頁において、甲3には、「欠陥があるとみなされたシートの上方部分にマークを付ける」(段落[0026])マーク機器19が開示されているとし、第10特許発明は、第1乃至第9特許発明に、甲3を組み合わせることにより、当業者であれば容易に想到できるものであり、進歩性を有しないと主張している。
b.被請求人の主張概要
被請求人は、第10特許発明については、特段主張していない。
c.当審の判断
甲3エには、「シートに番号付けが行われた後、シートは番号付けの印刷品質を検査するための光電子機器17を通過する。次いで、シートSはチェーン式移送機器18に巻き上げられ、そしてマーク機器19を通過する。この機器19は、反射または透過による印刷の品質検査の間に、または番号の印刷品質を検査するための機器によって欠陥があるとみなされたシートの上方部分にマークを付ける。」と記載され、このマーク機器19は、本件発明10の「欠陥シートをマーキングするために設置されたマーキングユニット」に相当する。そして、甲3オには、「図1において説明した装置は、最も完全な形態であり、シートのスタックSから、反射または透過によって印刷品質の検査を行い、・・・その後、印刷品質を検査し、欠陥のあるシート上にマークを付ける機器を介して移送し」と記載されいることから、検査後の出力移送シリンダの下流に、マーク機器19を設けていることは明らかである。
そして、甲1発明と甲3発明とは、いずれも検査シリンダないしドラムにより搬送されるシートを検査用カメラを用いて検査する装置に関するものであり、甲1発明において甲3発明を適用し、相違点10に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明10の作用効果は、甲1発明ないし甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明10は、甲1発明ないし甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
11.本件発明11について
本件発明11は、本件発明1に対してさらに「前記第一、第二および第三線形カメラ(6、9、14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、かつ関連する前記第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)上のシート運搬と同期する」との発明特定事項を付加したものに相当する。
11-1 対比
本件発明11と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点11)
本件発明11では、前記第一、第二および第三線形カメラ(6、9、14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、かつ関連する前記第一、第二または第三検査シリンダ(4、7、12)上のシート運搬と同期したのに対し、甲1発明では、そのような構成について不明である点。
11-2 判断
(1)相違点11について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書24頁において、次の主張をしている。
甲4、甲5などに記載されているように、印刷面を線形カメラと同一の機能を有するラインセンサで検査することは公知である。また、ラインセンサの作動が印刷物の移動と同期しなければならないことは極めて常識的なことであり、例えば、甲4には、ロータリーエンコーダーによりラインセンサの動作開始を制御することが記載されている([0023])。
よって、第11特許発明は、第1乃至第10特許発明に、甲4又は甲5などに開示されている公知技術を組み合わせることにより、容易に発明できるものであり、進歩性を有しない。
b.被請求人の主張概要
被請求人は、上記請求人の主張は失当であるとし、以下の主張をしている。
請求項11は、直接的又は間接的に請求項1を引用しており、検査シリンダが3つ配置されて各カメラの撮像(検査)の精度を確保することが2つの検査シリンダの場合に比し困難性が高いため、線形カメラを検査シリンダ(4、7、12)上のシート運搬と同期させることと、これに関連して請求項1の構成である「印刷されたシートの検査が、各検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」こととがリンクして、各カメラの撮像(検査)の精度を確保しているのである。このことは、本件特許明細書の段落【0020】に詳述されている。よって、第11特許発明は、容易に発明できるものではなく、進歩性を有する。
c.当審の判断
前述の1.1-2(1)c.で判断したとおり、甲1発明において、検査胴及び検査装置から成る検査ユニットを3組設けると共に甲1発明に、甲4発明、甲5発明を適用し、相違点1-1に係る構成、すなわち、複数組のシート検査ユニットの組数が3組であり、各シート検査ユニットが備えるカメラは線形カメラとすることは当業者が容易になし得たことである。そして、線形カメラが検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、シートの運搬と同期しなければならないことはシートの検査における技術常識である。
なお、被請求人は、「印刷されたシートの検査が、各検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」と前記線形カメラの同期がリンクして、各カメラの撮像(検査)の精度を確保していると主張しているが、前述の1.1-2(3)c.で判断したとおり、「印刷されたシートの検査が、各検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダ(4、7、12)から取り出すように構成されている」は、甲第1発明に甲第2発明の構成を適用することで当業者が容易に想到し得たことであり、前記のようにリンクさせることは当業者が適宜なし得たことである。
したがって、甲1発明において、検査ユニットを3組設けると共に甲4、甲5発明を適用し、相違点11に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明11の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明11は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
12.本件発明12について
本件発明12は、本件発明11に対してさらに「各前記第一、第二および第三検査シリンダは関連する線形カメラの同期運動のためのエンコーダを含む」との発明特定事項を付加したものに相当する。
12-1 対比
本件発明12と甲1発明とを対比すると、両者は上記相違点1-1ないし1-3、相違点11において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点12)
本件発明12では、各前記第一、第二および第三検査シリンダは関連する線形カメラの同期運動のためのエンコーダを含むのに対し、甲1発明では、そのような構成について備えていない点。
12-2 判断
(1)相違点12について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書24頁において、次の主張をしている。
同期のための手段としての「ロータリーエンコーダー」は、甲4に記載されているように公知である。よって、第12特許発明は、第11特許発明に、甲4などに開示されている公知技術を組み合わせることにより、容易に発明できるものであり、進歩性を有しない。
b.被請求人の主張概要
被請求人は、請求項12についての主張はしていない。
c.当審の判断
甲4ウには、「ロータリーエンコーダー1は、時間に関係なく圧胴13が一定角度回転する毎に図6(a)に示すパルスを出力する機器であり、・・・各ラインセンサ3のスキャン、A/Dコンバータ9等の動作開始を制御する。・・・」と記載され、ロータリーエンコーダーで、各ラインセンサ3の動作開始を制御することが記載されている。そして、このロータリーエンコーダー1は、エンコーダであり、ラインセンサを備える各シリンダに設けられていることは明らかである。したがって、甲4発明の各シリンダは関連する線形カメラの同期運動のためのエンコーダを備えている。
そして、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲1発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜選択し得る設計事項である。
したがって、甲1発明において、検査ユニットを3組にすると共に甲4発明を適用し、相違点12に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明12の作用効果は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明12は、甲1発明、甲2発明、甲4発明、甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
13.本件発明13について
13-1 対比
本件発明13と甲3発明を対比する。
(ア)甲3発明の「銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシート」は、文言の意味、機能又は構造等からみて本件発明13の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物」に相当し、以下同様に、「供給機器1」は「供給器」に、「前記シート」は「印刷されたシート」に、「前記シートはチェーン式移送機器18に巻き上げられ、そしてマーク機器19を通過し、この機器19は、反射または透過による印刷の品質検査の間に欠陥があるとみなされた前記シートにマークを付け、」は「印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し、かつ検査の一つの結果が欠陥を示す場合に欠陥をマーキングし、」に、「その後、前記シートは蓄積機器に向かい、基準を満たしている前記シートを基準を満たしていない前記シートから分別する」は「マーキング実行後に、印刷されたシートを配送ユニットへ運搬し、かつ印刷されたシートが欠陥としてマーキングされているか否かにより配送パイルを分類し、」にそれぞれ相当する。
(イ)甲3オの「付加的に処理の行われていないシート、すなわち検査または番号付けの行われていないシート」なる記載から、甲3発明の「処理」には検査が含まれることから、甲3発明の「銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシートを処理するための装置を操作する方法」は本件発明13の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法」に相当する。
(ウ)甲3発明の「ドラム4」、「カメラ5」、「照明機器6」、「機器8」及び「反射式光電子検査機器7」は全体として、一の検査ユニットを構成し、同様に、「ドラム10」、「別の反射式光電子検査機器7’」及び「照明機器8’」も別の検査ユニットを構成しているものといえる。
(エ)甲3発明は、「ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つ前記シートに対してカメラ5の反対側において前記シートを照らす照明機器6が設けられ、前記シートは移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面し、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに品質検査が行われ」、「シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、前記シートは照明機器8’によって照らされ、品質検査が行われ」、「次いで、前記シートはチェーン式移送機器18に巻き上げられ」るのであるから、カメラ5により透過による検査が行われ、反射式光電子検査機器7によりシートの一側の検査が行われ、両検査後に別の反射式光電子検査機器7’によりシートの他側の検査が行われ、シートの他側の検査を含むすべての検査後にシートはチェーン式移送機器18に巻き上げられるものである。
ここで、ドラム4内のカメラによる「透過によって検査」は対象のシートが甲3アによれば「証券用紙、銀行券等の有価用紙」であるから透明陽画による検査と技術的に同じであるといえる。
そして、甲3発明の「カメラ5」、「反射式光電子検査機器7」及び「別の反射式光電子検査機器7’」並びに本件発明13の「第一線形カメラ」、「第二線形カメラ」及び「第三線形カメラ」は、いずれも“検査機器”である点で共通するものである。
(オ)甲3発明では、「シートは・・・ドラム4に巻き込まれ、・・・前記シートは移動し続け、・・・第一ドラム4が・・・回転しているときに品質検査が行われ、その後、・・・前記シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、・・・品質検査が行われ」るのであるから、品質検査に当たり、シートはドラム4及びドラム10により運搬されているものといえる。
そして、甲3発明の「ドラム4」及び「ドラム10」並びに本件発明13の「第一検査シリンダ」、「第二検査シリンダ」及び「第三検査シリンダ」は、いずれも“検査シリンダ”である点で共通するものである。
(カ)上記(ウ)?(オ)によれば、甲3発明の
「連続的に前記シートを供給する供給機器1を具備し、前記シートは供給ローラ2を介して移送ドラム3に侵入し、矢印F1の方向に回転駆動されるドラム4に巻き込まれ、
ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つ前記シートに対してカメラ5の反対側において前記シートを照らす照明機器6が設けられ、前記シートは移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面し、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに品質検査が行われ、
その後、前記シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、前記シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、前記シートは照明機器8’によって照らされ、品質検査が行われ、」
と本件発明13の
「- 印刷された継続シートを、検査のために、第一線形カメラにより透明陽画による第一検査を実行する第一検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを第一検査シリンダ(4)により第一検査ユニットへ運搬し、
- 第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第一側の第二検査を第二線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第二検査シリンダ(7)により第二検査ユニットへ運搬し、
- 第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第二側の第三検査を第三線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第三検査シリンダ(12)により第三検査ユニットへ運搬し、」
とは、
“印刷された継続シートを、検査のために、複数組の検査ユニットの一の検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、
複数組の検査ユニットで検査機器により実行される検査には、透明陽画による検査、印刷されたシートの第一側の検査、印刷されたシートの第二側の検査が含まれ、
一の検査ユニットにおける検査後に、印刷されたシートを次の検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの検査を検査機器により実行し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、”
である点で共通する。
(キ)甲3発明は、「前記シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、前記シートは把持機器によってドラム10へ移」るのであるから、印刷されたシートの移送について、ドラム4からドラム10へ直接行うものである。また、甲第3号証の第1図から、移送ドラム3、移送ローラ11はそれぞれ、ドラム4、ドラム10と接していると解することができるから、甲3発明の印刷されたシートの移送は各シリンダ間でそれぞれ直接行うものである。
以上の(ア)?(キ)によれば、本件発明13と甲3発明との一致点及び相違点は、次のとおりである。
(一致点)
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法であって、
印刷された継続シートを、検査のために、複数組の検査ユニットの一の検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、
複数組の検査ユニットで検査機器により実行される検査には、透明陽画による検査、印刷されたシートの第一側の検査、印刷されたシートの第二側の検査が含まれ、
一の検査ユニットにおける検査後に、印刷されたシートを次の検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの検査を検査機器により実行し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、
すべての検査機器による検査後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し、かつ検査の一つの結果が欠陥を示す場合に欠陥をマーキングし、かつ
マーキング実行後に、印刷されたシートを配送ユニットへ運搬し、かつ印刷されたシートが欠陥としてマーキングされているか否かにより配送パイルを分類し、印刷されたシートの検査ユニットから検査ユニットへの移送を、検査シリンダから検査シリンダへ、直接行う、各工程を含む検査方法。
(相違点13-1)
本件発明13では、複数組の検査ユニットの組数は3組であり、各検査ユニットが備える検査機器は線形カメラであるのに対し、甲3発明では、検査ユニットの組数は2組であり、各検査ユニットが備える検査機器は線形カメラであるのか否か不明である点。
(相違点13-2)
本件発明13では、各検査ユニットにおける検査終了後に、印刷されたシートを次の検査ユニット又はマーキングユニットへ移送しているのに対し、甲3発明では、印刷されたシートの次の検査ユニット又はマーキングユニットへの移送は、各検査ユニットにおける検査機器による検査後ではあるものの、検査終了後に行われるのか否かが不明な点。
13-2 判断
(1)相違点13-1について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書第25頁において、第13特許発明に係る検査方法と甲3に記載の装置でなされるシートの処理手順とを対比すると、第13特許発明では、第一検査と第二検査はそれぞれ別のシリンダ上でなされるのに対し、甲3では、第一検査と第二検査は、同一のドラム4上でなされるが、一つのシリンダ上で一つの検査をすることは、甲1、甲2などにも記載されているように公知であるから、甲3における、各ステップを別々のシリンダ上で行うように変更することは極めて容易である旨の主張をしている。
b.被請求人の主張概要
被請求人は、答弁書第29頁において、以下の旨主張している。
請求人の主張の、一つのシリンダ上で一つの検査をすることは、甲1、甲2などにも記載されているように公知であるから、甲3における、各ステップを別々のシリンダ上で行うように変更することは極めて容易であるとの主張は失当である。
甲3号証には、検査カメラが線形カメラであることの記載も示唆も無い。また、第13特許発明では、『3つの検査シリンダがあり、最初のシリンダで透明陽画の検査をする』としているのであり、2つの検査シリンダがあり、最初のシリンダで透明陽画と例えば紙幣の表面を検査し、第2のシリンダで例えば紙幣の裏面を検査する、甲3号証の構成とは根本的に相違するものである。なお、本件特許の構成においては、透明陽画の検査は、第1シリンダ又は第3シリンダで可能である。
c.当審の判断
相違点13-1について、相違点1-1と実質的に差異はなく、相違点13-1は当業者が容易に想到し得るものであることは1.1-2(1)c.と同様である。すなわち、甲3発明において、検査ユニットの組数を2組から3組にすることは、当業者が、検査目的や検査対象を考慮の上、適宜行い得る事項であり、また、検査装置の検査用カメラとしてどのようなカメラを用いるかについても、検査目的や検査対象を考慮の上、当業者が適宜に選択し得る設計事項であるから、甲3発明において、検査対象であるシートの画像を撮影するためのカメラとして、上記甲4、甲5発明に用いられている線形カメラを選択することは、当業者が適宜行い得るものである。
したがって、甲3発明において、検査胴及び検査装置から成る検査ユニットを3組設けると共に甲3発明に、甲4発明、甲5発明を適用し、相違点13-1に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである
(2)相違点13-2について
a.請求人の主張概要
請求人は審判請求書第25頁において、以下の旨の主張をしている。
第13特許発明では、その構成要件で特定するように、それぞれの検査の終了後にシートを次のシリンダに運搬しているのに対し、甲3では、第1ドラム4から第2ドラム10への移送が、反射式光電子検査機器7によるシートの検査終了後になされるのかは明示していない。しかし、シートの検査が終了してから次のシリンダへの移送を行うことは、甲2に「枚葉紙の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙は枚葉紙の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡される。」(9頁4?6行)と記載されているように公知である。
b.被請求人の主張概要
被請求人は相違点13-2に対しての主張は、相違点1-3における主張と同様である。
c.当審の判断
相違点13-2について、相違点1-3と実質的に差異はなく、1.1-2(3)c.と同様の理由がある。
甲3発明では、印刷されたシートの次の検査ユニット又はマーキングユニットへの移送は、各検査ユニットにおける検査機器による検査後である。
そして、甲2発明は、「印刷された枚葉紙1を搬送するドラム17と、ドラム17に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置32とCCD・エリアカメラ34とから構成される検査装置と、印刷された枚葉紙1を搬送するドラム18と、ドラム18に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置33とCCD・エリアカメラ36とから構成される検査装置と、から成る印刷された枚葉紙1を質的に評価するための装置であって、ドラム17に載着する枚葉紙1の裏面3の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙1は枚葉紙1の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡され、ドラム18に載着する枚葉紙1の全体像が完全に検出された後で初めて、枚葉紙1の始端が第3のチェーン搬送装置19のチェーングリッパ装置21に引き渡される」という構成を備えている。甲2発明が、シートの全体像が撮影された後に初めて後続のドラムや搬送装置にシートを引き渡す構成を採用しているのは、ドラムに載着されたシートの受渡しの精度を高め、ひいてはシートの処理の精度を高めるためと考えられる。そうすると、甲3発明と甲2発明とは、いずれも検査シリンダないしドラムにより搬送されるシートを検査用カメラを用いて検査する装置に関する、同一の技術分野に属する発明であり、また、検査胴の周面に巻き付けられたシートの処理の精度を高めることは、検査装置における一般的な課題であるだけでなく、検査装置の小型化を図るに伴っても必要となることである。
したがって、甲3発明おいて、甲2発明の構成を適用して、各検査ユニットにおける検査終了後に、印刷されたシートを次の検査ユニット又はマーキングユニットへ移送することは、当業者が容易に想到し得ることであるということができる。
(4)まとめ
そして、本件発明13の作用効果は、甲2ないし甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明13は、甲2ないし甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
14.本件発明14について
本件発明14は、本件発明13に対してさらに「第二検査および/または第三検査は印刷されたシート上の可視特徴および/または不可視特徴の検査を含む」との発明特定事項を付加したものに相当する。
14-1 対比
甲3発明におけるカメラ5、反射式光電子検査機器7、7’は可視特徴による検査を行うものであることは明らかである。
本件発明14と甲3発明とを対比すると、両者は上記相違点13-1、13-2において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点14)
本件発明14では、第二検査および/または第三検査は印刷されたシート上の可視特徴および/または不可視特徴の検査を含むのに対し、甲3発明では、検査において、印刷されたシート上の可視特徴を行うものの、その他の構成については不明である点。
14-2 判断
(1)相違点14について
甲4発明には、「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む、赤外線印刷物検査装置。」が記載されている。そして、赤外線検査は不可視検査として一般的検査技術であるから、甲4発明の赤外線印刷物検査装置は、不可視特徴検査ユニットということができる。
そして、甲3発明と甲4発明とは、いずれも検査シリンダないしドラムにより搬送されるシートを検査用カメラを用いて検査する装置に関する、同一の技術分野に属する発明である。また、前述の1.1-2(1)c.アで判断したのと同様の理由で、甲3発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。
したがって、甲3発明において、第二シート検査および第三シート検査は、このような不可視特徴の検査を含むようにすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得ることである。また、可視特徴を含む検査と不可視特徴の検査を検査対象、検査目的に応じて選択することは当業者が適宜なし得ることである。
よって、甲3発明において、検査ユニットを3組とすると共に甲4発明の不可視特徴検査を適用し、相違点14に係る構成にすることは、当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明14の作用効果は、甲2発明ないし甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明14は、甲2発明ないし甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
15.本件発明15について
本件発明15は、本件発明13に対してさらに「各前記検査シリンダの直径は最小運搬および検査時間のために最小である」との発明特定事項を付加したものに相当する。
15-1 対比
本件発明15と甲3発明とを対比すると、両者は上記相違点13-1、13-2において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点15)
本件発明15では、各前記検査シリンダの直径は最小運搬および検査時間のために最小であるのに対し、甲3発明では、検査シリンダの直径については不明である点。
15-2 判断
(1)相違点15について
機械や器具の小型化や軽量化という課題自体は、一般的な課題であるだけでなく、甲3発明において、検査ユニットの組数を増やすことに伴い、各検査ユニットの小型化の必要性が当然に生じるものである。したがって、検査ユニットの小型化のためには、構成部材である検査シリンダの直径を小型化し、最小運搬および検査時間のために最小とすることは、当業者において適宜になし得る設計事項であるということができる。
したがって、甲3発明において相違点15に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明15の作用効果は、甲2発明ないし甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明15は、甲2発明ないし甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
16.本件発明16について
本件発明16は、本件発明13に対してさらに「印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置との間で各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるように、第一、第二、および第三検査シリンダを配置する工程を含む」との発明特定事項を付加したものに相当する。
16-1 対比
本件発明16と甲3発明とを対比すると、両者は上記相違点13-1、13-2において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点16)
本件発明16では、印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置との間で各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるように、第一、第二、および第三検査シリンダを配置する工程を含むのに対し、甲3発明では、そのような構成について不明である点。
16-2 判断
(1)相違点16について
前述の1.1-2(1)c.アで判断したのと同様理由で、甲3発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜選択し得る設計事項である。そして、甲3発明において、検査ユニットの組数を増やすことに伴い、各検査ユニットの小型化の必要性が当然に生じるものである。検査ユニットの小型化のために、印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置との間で各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるように、第一、第二、および第三検査シリンダを配置する工程を含むことは、各シリンダ上の印刷されたシートの運搬長に関する設計上の事項にすぎない。
したがって、甲3発明において、相違点16に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明16の作用効果は、甲2発明ないし甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明16は、甲2発明ないし甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
17.本件発明17について
本件発明17は、本件発明16に対してさらに「前記検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される」との発明特定事項を付加したものに相当する。
17-1 対比
本件発明17と甲3発明とを対比すると、両者は上記相違点13-1、13-2及び16において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点17)
本件発明17では、前記検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択されるのに対し、甲3発明では、そのような構成について明記されていない点。
17-2 判断
(1)相違点17について
甲3発明において、印刷されたシートの次の検査ユニット又はマーキングユニットへの移送は、各検査ユニットにおける検査機器による検査後であから、各検査シリンダ間のシートの受渡しは、シリンダにおける検査が完了した後に行われると理解するのが通常であると考えられる。そして、前述の1.1-2(1)c.アで判断したとおり、甲3発明において、2組の検査ユニットを3組にすることは、検査目的や検査対象を考慮して、当業者が適宜行い得る事項である。
そうすると、第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さより長くするのは当然のことであり、また、甲3発明において、検査ユニットの組数を増やすことに伴う検査ユニットの小型化のためには、検査効率を考慮し、必要以上に長くするのではなく、僅かに長くするように設計することは当業者が容易に想到し得たことである。
したがって、甲1発明において、相違点17に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明17の作用効果は、甲2発明ないし甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明17は、甲2発明ないし甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
18.本件発明18について
本件発明18は、本件発明13に対してさらに「前記第一、第二、および第三検査は、検査中の印刷されたシートの継続的線形画像を撮る線形カメラと、関連する検査シリンダ上のシート運搬との同期運動を含む」との発明特定事項を付加したものに相当する。
18-1 対比
本件発明18と甲3発明とを対比すると、両者は上記相違点13-1、13-2において相違するほか、以下の点でさらに相違する。
(相違点18)
本件発明18では、前記第一、第二、および第三検査は、検査中の印刷されたシートの継続的線形画像を撮る線形カメラと、関連する検査シリンダ上のシート運搬との同期運動を含むのに対し、甲3発明では、そのような構成について明記されていない点。
18-2 判断
(1)相違点18について
前述の1.1-2(1)c.で判断したとおり、甲3発明において、検査胴及び検査装置から成る検査ユニットを3組設けると共に甲3発明に、甲4発明、甲5発明を適用し、相違点1-1に係る構成、すなわち、複数組のシート検査ユニットの組数が3組であり、各シート検査ユニットが備えるカメラは線形カメラとすることは当業者が容易になし得たことである。そして、線形カメラが検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、シートの運搬と同期しなければならないことは技術常識である。
したがって、甲3発明に甲4発明、甲5発明を適用し、相違点18に係る構成とすることは当業者が容易になし得たことである。
(2)まとめ
そして、本件発明18の作用効果は、甲2発明ないし甲5発明により当業者が容易に予測できる程度のものであって、格別なものではない。
以上のとおりであるから、本件発明18は、甲2発明ないし甲5発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。
第7.むすび
以上のとおり、本件発明1、3ないし18は、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、本件発明1ないし18に係る特許は、特許法第123条第1項第2号に該当し、無効理由1により無効とされるべきである。
また、本件発明2に係る特許は、請求人の主張する無効理由1、2及び提出した証拠方法によっては無効とすることはできない。
審判に関する費用については、特許法第169条第2項の規定において準用する民事訴訟法第61条の規定により、その18分の1を請求人の負担とし、18分の17を被請求人の負担とする。
よって、結論のとおり審決する。
 
別掲 (参考)平成24年8月22日付け審決(一次審決)
審決
無効2011-800218
東京都墨田区吾妻橋3丁目11番1号
請求人 株式会社 小森コーポレーション
東京都港区赤坂1-9-15 日本短波放送会館内
代理人弁理士 光石 俊郎
東京都港区赤坂1-9-15
代理人弁護士 光石 忠敬
東京都港区赤坂1-9-15
代理人弁護士 光石 春平
東京都港区赤坂1-9-15 光石法律特許事務所
代理人弁理士 田中 康幸
東京都港区赤坂1-9-15 日本短波放送会館 光石法律特許事務所
代理人弁理士 松元 洋
東京都港区赤坂1-9-15 日経ラジオ社ビル 光石法律特許事務所
代理人弁理士 山田 哲三
スイス国,1000 ローザンヌ 22,ペーオー ボックス 347,アブニュ デュ グレ 55
被請求人 カーベーアー?ノタシ ソシエテ アノニム
東京都港区虎ノ門3丁目5番1号 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所
代理人弁理士 青木 篤
東京都港区虎ノ門3丁目5番1号 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所
代理人弁理士 島田 哲郎
東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所
代理人弁理士 三橋 真二
東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル青和特許法律事務所
代理人弁理士 谷光 正晴
東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所
代理人弁理士 大橋 康史
東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル 青和特許法律事務所
代理人弁理士 篠崎 正海
上記当事者間の特許第4700052号発明「検査機械および検査方法」の特許無効審判事件について、次のとおり審決する。
結 論
訂正を認める。
本件審判の請求は、成り立たない。
審判費用は、請求人の負担とする。
理 由
第1 手続の経緯
本件特許第4700052号に係る出願(特願2007-509002号)は、平成17年4月15日(パリ条約による優先権主張 2004年4月22日 欧州特許庁)を国際出願日とする出願であって、その特許権の設定登録は平成23年3月11日にされ、その後、請求人株式会社小森コーポレーションから無効審判が請求されたものである。以下、請求以後の経緯を整理して示す。
平成23年10月27日 審判請求書の提出
平成24年 2月 9日 答弁書の提出
平成24年 2月 9日 訂正請求書の提出
平成24年 5月 8日 口頭審理陳述要領書の提出(請求人より)
平成24年 6月 5日 口頭審理陳述要領書の提出(被請求人より)
平成24年 6月13日 上申書の提出(請求人より)
平成24年 6月19日 口頭審理の実施
平成24年 7月 3日 上申書の提出(請求人より)
平成24年 7月13日 上申書の提出(被請求人より)
第2 本件訂正の内容
平成24年2月9日になされた訂正請求による訂正(以下、「本件訂正」という。)は、特許第4700052号の願書に添付した特許請求の範囲及び明細書を、平成24年2月9日付けの訂正請求書に添付した全文訂正特許請求の範囲(以下、「訂正特許請求の範囲」という。)及び全文訂正明細書(以下、「訂正特許明細書」という。)のとおりに訂正しようとするものであって、その訂正の内容は、以下の訂正事項1?6のとおりである。
(1)訂正事項1
願書に添付した特許請求の範囲の請求項1のうち、「第一カメラ」、「第二カメラ」、「第三カメラ」を、それぞれ「第一線形カメラ」、「第二線形カメラ」、「第三線形カメラ」と訂正する。
(2)訂正事項2
願書に添付した特許請求の範囲の請求項1のうち、「第一、第二または第三検査シリンダ((4,7,12)」を「第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)」と訂正する。
(3)訂正事項3
願書に添付した特許請求の範囲の請求項2のうち、「前記第一カメラ」を「前記第一線形カメラ」と訂正する。
(4)訂正事項4
願書に添付した特許請求の範囲の請求項7のうち、「グリッバ」を「グリッパ」と訂正する。
(5)訂正事項5
願書に添付した特許請求の範囲の請求項11のうち、「前記第一、第二および第三カメラ(6,9,14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮る線形カメラであり、」を「前記第一、第二および第三線形カメラ(6,9,14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、」と訂正する。
(6)訂正事項6
願書に添付した特許請求の範囲の請求項13のうち、「透明陽画による第一検査」、「第一検査終了後に」、「第二検査を実行し」、「第二検査終了後に」、「第三検査を実行し」、「第三検査終了後に」を、それぞれ「第一線形カメラにより透明陽画による第一検査」、「第一線形カメラによる第一検査終了後に」、「第二検査を第二線形カメラにより実行し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に」、「第三検査を第三線形カメラにより実行し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に」と訂正する。
第3 当事者の主張
1.請求人の主張
請求人は、特許第4700052号の請求項1?18に係る発明(以下、それぞれ、「本件特許発明1」?「本件特許発明18」という。)についての特許を無効とする、仮に本件訂正が認められたとしても、本件訂正により訂正された特許請求の範囲の請求項1?18に係る発明(以下、それぞれ、「訂正特許発明1」?「訂正特許発明18」という。)についての特許を無効とする、審判費用は被請求人の負担とするとの審決を求め、無効とすべき理由を次のように主張すると共に、証拠方法として甲第1号証?甲第6号証を提出している。
(理由1)
本件特許発明1?12及び訂正特許発明1?12は、甲第1号証に記載された発明及び甲第2号証?甲第6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、平成23年改正前の特許法(「特許法」に関し、以下同じ。)第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
また、本件特許発明13?18及び訂正特許発明13?18は、甲第3号証に記載された発明並びに甲第1?2号証に記載された発明及び甲第4?6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本件特許発明1?18又は訂正特許発明1?18に係る特許は、特許法第123条第1項第2号に該当し無効とされるべきである。
(理由2)
本件特許発明1?18は、願書に添付した明細書の発明の詳細な説明に記載したものではなく、本件特許は、特許請求の範囲の記載が特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。
また、訂正特許発明1?18も、訂正特許明細書の発明の詳細な説明に記載したものではなく、訂正特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない。
したがって、本件特許発明1?18又は訂正特許発明1?18に係る特許は、特許法第123条第1項第4号に該当し、無効とされるべきである。
[証拠方法]
甲第1号証:特開2000-85095号公報
甲第2号証:特表2001-509746号公報
甲第3号証:特表2003-532563号公報
甲第4号証:特開平10-337935号公報
甲第5号証:特開2001-101473号公報
甲第6号証:特開昭61-175552号公報
2.被請求人の主張
被請求人は、本件訂正を認める、本件無効審判の請求は認められない、審判費用は請求人の負担とするとの審決を求め、請求人の主張する無効理由にはいずれも理由が無い旨主張すると共に、証拠方法として乙第1号証を提出している。
[証拠方法]
乙第1号証:特願2007-509002号(本件出願)の拒絶査定不服審判請求書
第4 訂正の可否についての判断
1.訂正事項1について
訂正事項1は、訂正前の「第一カメラ」、「第二カメラ」、「第三カメラ」を、それぞれ「第一線形カメラ」、「第二線形カメラ」、「第三線形カメラ」へと技術的に限定するものであり、特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、願書に添付した明細書における「好適には、使用されるカメラは、検査されるシートの継続線形画像を撮影する線形CCDカメラである。」(段落【0020】)の記載に基づくものであるから、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものでもない。
2.訂正事項2について
訂正事項2は、訂正前の「((4,7,12)」における二重の左括弧の一つを削除する訂正であるから、誤記の訂正を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものでもない。
3.訂正事項3について
訂正事項3は、訂正事項1による特許請求の範囲の減縮を目的とした訂正に伴い、請求項2の記載を整合させるものであるから、明りょうでない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、上記訂正事項1について示した理由と同様の理由で、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
4.訂正事項4について
訂正事項4は、訂正前の「グリッバ」を「グリッパ」とする訂正であるから、誤記の訂正を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、願書に添付した明細書における「好適には、移送および検査シリンダは単一セットのグリッパを担持し、」(段落【0023】)の記載に基づくものであるから、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものでもない。
5.訂正事項5について
訂正事項5は、訂正事項1による特許請求の範囲の減縮を目的とした訂正に伴い、請求項11の記載を整合させるものであるから、明りょうでない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、上記訂正事項1について示した理由と同様の理由で、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
6.訂正事項6について
訂正事項6は、訂正前の「透明陽画による第一検査」、「第一検査終了後に」、「第二検査を実行し」、「第二検査終了後に」、「第三検査を実行し」、「第三検査終了後に」を、それぞれ「第一線形カメラにより透明陽画による第一検査」、「第一線形カメラによる第一検査終了後に」、「第二検査を第二線形カメラにより実行し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に」、「第三検査を第三線形カメラにより実行し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に」へと技術的に限定するものであり、特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正に該当する。
また、この訂正は、上記訂正事項1について示した理由と同様の理由で、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された事項の範囲内のものであり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
7.まとめ
以上のとおり、訂正事項1?6は、特許請求の範囲の減縮、誤記の訂正又は明りょうでない記載の釈明のいずれかを目的とし、いずれも、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載されている事項の範囲内の訂正であり、かつ、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではない。
よって、本件訂正は、特許法第134条の2第1項第1号ないし第3号に掲げる事項を目的とするものであり、特許法第134条の2第5項の規定によって準用する特許法第126条第3項及び第4項の規定に適合するので、当該訂正を認める。
第5 本件訂正後の各請求の記載
上記のとおり、本件訂正は認められるから、本件訂正後の特許請求の範囲の請求項1?18の記載は、訂正特許請求の範囲に記載された以下のとおりのものである。
「【請求項1】
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械であって、
シート供給器(1)を有し、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第一検査シリンダ(4)、第一検査シリンダ(4)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために分析装置に連結された第一照明手段(5)および第一線形カメラ(6)を備えた第一シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第二検査シリンダ(7)、第二検査シリンダ(7)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第二照明手段(8)および第二線形カメラ(9)を備えた第二シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第三検査シリンダ(12)、第三検査シリンダ(12)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第三照明手段(13)および第三線形カメラ(14)を備えた第三シート検査ユニット、
印刷されたシートを第一検査ユニットへ連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)、ならびに
印刷されたシートを第三検査ユニットから取り出す出力移送シリンダ(17)を含み、
前記入力移送シリンダ(3)、第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記入力移送シリンダ(3)から第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)、および前記出力移送シリンダ(17)へ直接的かつ継続的に運搬するように、相互に対して直接接触する状態で配置され、かつ
第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出すように構成されている、検査機械。
【請求項2】
前記第一検査シリンダ(4)は透明シリンダであり、前記第一照明手段(5)は前記透明シリンダ内に設置され、かつ前記第一線形カメラ(6)は印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記透明シリンダの外側に設置されている、請求項1に記載の検査機械。
【請求項3】
前記第二シート検査ユニットは、印刷されたシートの第一照明側を検査する、請求項1または2に記載の検査機械。
【請求項4】
前記第三シート検査ユニットは、印刷されたシートの第二照明側を検査する、請求項3に記載の検査機械。
【請求項5】
前記第二シート検査ユニットおよび第三シート検査ユニットは、各々少なくとも一つの不可視特徴検査ユニット(10,11,15,16)を更に含む、請求項1に記載の検査機械。
【請求項6】
前記不可視特徴検査ユニット(10,11,15,16)は印刷されたシート上にIR、UVまたは磁気特性を検出するための手段を含む、請求項5に記載の検査機械。
【請求項7】
前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)は、各々が単一セットのグリッパを担持し、かつ前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)の直径は運搬および検査時間を短縮するために縮小されている、請求項1から6のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項8】
前記入力移送シリンダ(3)、前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)へ移送する入力位置と印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)から取り出して移送する出力位置との間での前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、および第三検査シリンダ(12)の各々の上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置されている、請求項1から7のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項9】
前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長い、請求項8に記載の検査機械。
【請求項10】
前記出力移送シリンダ(17)の下流に、欠陥シートをマーキングするために設置されたマーキングユニット(19,20)を更に含む、請求項1から9のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項11】
前記第一、第二および第三線形カメラ(6,9,14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、かつ関連する前記第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)上のシート運搬と同期する、請求項1から10のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項12】
各前記第一、第二および第三検査シリンダは関連する線形カメラの同期運動のためのエンコーダを含む、請求項11に記載の検査機械。
【請求項13】
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法であって、
- 印刷された継続シートを、検査のために、第一線形カメラにより透明陽画による第一検査を実行する第一検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを第一検査シリンダ(4)により第一検査ユニットへ運搬し、
- 第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第一側の第二検査を第二線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第二検査シリンダ(7)により第二検査ユニットへ運搬し、
- 第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第二側の第三検査を第三線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第三検査シリンダ(12)により第三検査ユニットへ運搬し、
- 第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し、かつ検査の一つの結果が欠陥を示す場合に欠陥をマーキングし、かつ
- マーキング実行後に、印刷されたシートを配送ユニットへ運搬し、かつ印刷されたシートが欠陥としてマーキングされているか否かにより配送パイルを分類し、印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う、各工程を含む検査方法。
【請求項14】
前記第二検査および/または第三検査は印刷されたシート上の可視特徴および/または不可視特徴の検査を含む、請求項13に記載の検査方法。
【請求項15】
各前記検査シリンダの直径は最小運搬および検査時間のために最小である、請求項13または14に記載の検査方法。
【請求項16】
印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置との間で各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるように、第一、第二、および第三検査シリンダを配置する工程を含む、請求項13から15のいずれか1に記載の検査方法。
【請求項17】
前記検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される、請求項16に記載の検査方法。
【請求項18】
前記第一、第二、および第三検査は、検査中の印刷されたシートの継続的線形画像を撮る線形カメラと、関連する検査シリンダ上のシート運搬との同期運動を含む、請求項13から17のいずれか1に記載の検査方法。」
第6 当審の判断1(無効理由2について)
無効理由1の検討に先立ち、無効理由2について検討する。無効理由2の検討に当たっては、訂正特許請求の範囲の請求項1?18の記載により特定される発明を、便宜上、それぞれ訂正発明1?18と称する。
1.請求人の主張
請求人は、無効理由2につき、概ね次のように主張している。
(ア)審判請求書第28頁
検査が完了したときのみシートをシリンダから取り出すことは訂正発明1及び訂正発明13の重要な特徴である。
(イ)審判請求書第28?29頁
訂正特許明細書段落【0021】には、「入力位置と出力位置間において検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は、検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される。」と記載されているが、願書に添付した図面(以下、「特許図面」という。)の図1に示すように、特に、第2検査装置10及び第三検査装置16は、シリンダ上で出力位置に近い位置にあるので、これらにより検査が完了する前に、シートの次のシリンダへの引き取りが開始されてしまう。カメラが線形カメラである場合には、線形カメラからシートの出力位置までの距離はシートの長さ以上なければならない。シート運搬長がシートの長さよりも僅かに長いだけでは、シートを検査シリンダから取り出す前に検査を完了することができない。
(ウ)口頭審理陳述要領書第18頁
また、特許図面の図1では、第一カメラ6、第二カメラ9及び第三カメラ14が向いている検査リンダ上の位置は、シートの入力位置は角度にしてそれぞれ約40度、約53度、約65度離れているから、第一カメラ6、第二カメラ9及び第三カメラ14も、シートの入力位置直後を撮像するように配置されていない。
(エ)審判請求書第29頁
したがって、訂正発明1及びそれに従属する訂正発明2?12並びに訂正発明13及びそれに従属する訂正発明14?18は、訂正特許明細書の発明の詳細な説明に記載したものではない。
2.訂正特許明細書の記載事項
訂正特許明細書には、次の事項が記載されている。
記載事項A:
「本発明の課題は、既知検査機械および方法を改良することにある。
特に、本発明の課題は、印刷されたシートの検査を実行するために必要な運搬および検査時間を最適化することにある。
本発明の他の課題は、コンパクト形態の検査機械の構築を可能にすることにある。
更に、本発明の課題は、簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供することにある。」(段落【0006】?【0009】)
記載事項B:
「第二検査ユニットは、シート上のIR、UV、磁気特徴等の不可視特徴の存在を検査(inspection)かつ調査もしくは照合(check)するために、図1に参照番号10および11で示された第二検査装置を更に含む。これらの装置は、付加的検査をするために、適宜ランプ(UV)および検出器(IR、磁気)を含む。」(段落【0016】)
記載事項C:
「第三検査ユニットは、第二検査ユニットと同様に、シート上のIR、UV、磁気特徴等の不可視特徴の存在を検査(inspection)かつ調査もしくは照合(check)するために、図1に参照番号15および16で示された第三検査装置を更に含む。従って、これらの付加的装置は、付加的検査をするために、適宜ランプ(UV)および検出器(IR、磁気)を含む。」(段落【0018】)
記載事項D:
「好適には、使用されるカメラは、検査されるシートの継続線形画像を撮影する線形CCDカメラである。従って、検査されるシート全体の適正画像を撮るためには、カメラは、シリンダ4,7,12のエンコーダを介してそれらのシリンダ上に運搬されるシートと同期する。各シリンダ4,7,12のエンコーダリーディングとカメラ画像撮影間の完全一致のために、シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査されなければならない。各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する必要がある。この場合、シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない。」(段落【0020】)
記載事項E:
「好適には、移送シリンダおよび検査シリンダ3,4,7,12,17は図1に示されたようにジグザグ状態に配置される。即ち、印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置(即ち供給場所)と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置(即ち採取場所)との間での各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置される。特に、入力位置と出力位置間において検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は、検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される。理解されるように、この形態は検査ユニットを通るシートの全運搬通路を最小限まで縮小し、それによりシートの運搬および検査時間の短縮を可能にする。実際に、図1の機械の図示形態により、第一検査シリンダ4上の入力位置と第三検査シリンダ12の出力位置間の運搬長は検査されたシートの長さの三倍よりも僅かに大きい。最小寸法のシリンダを組み合わせても、非常にコンパクトな形態の機械構成を可能にする。」(段落【0021】)
記載事項F:
「好適には、移送および検査シリンダは単一セットのグリッパを担持し、従って各シリンダは一回に一枚のシートを運搬するように構成され、かつシリンダの直径は、検査終了後にのみ所定の移送条件を維持しながら短時間運搬および検査のために最小にされる。」(段落【0023】)
記載事項G:
「【図1】本発明による検査機械の一形態を示す。」(【図面の簡単な説明】)
3.訂正発明1について
請求人が訂正発明1の重要な特徴であるとする「検査が完了したときのみシートをシリンダから取り出すこと」に関連し、上記記載事項Aの「本発明の課題は、簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供すること」、記載事項Dの「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する必要がある。この場合、シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない。」の各記載を特に参照すれば、訂正発明1は、「簡単かつ信頼性のある検査機械」「を提供」し、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」ことを技術課題の一つとして含むものである。
また、訂正特許明細書の発明の詳細な説明には、「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことにより、当該技術課題が解決できることが示されている(記載事項D)。
一方、訂正特許請求の範囲の請求項1の記載に接した当業者であれば、訂正発明1の「検査機械」が、「第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出すように構成されている」ことにより、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」ことを、請求項1の記載から読み取ることができるものである。
そして、訂正特許請求の範囲の請求項1に記載の「第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出すように構成されている」ことは、上記記載事項Dの「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことに実質的に対応するものである。
してみると、訂正特許請求の範囲の請求項1に記載された「第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出すように構成されている」発明は、発明の詳細な説明に記載された発明であって、かつ、発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものではない。
続いて、請求人の上記主張(イ)?(ウ)についても言及する。
一般に、願書に添付される図面は、設計図面に要求されるような正確性をもって描かれているとは限らないものであることを踏まえれば、特許図面の図1も、「本発明による検査機械の一形態」(記載事項G)が概略的に示されているものと解することができる。
そして、訂正特許請求の範囲及び訂正特許明細書に、各検査シリンダにおける線形CCDカメラ(6,9,14)、第2検査装置(10,11)及び第3検査装置(15,16)の配置位置を厳密に特定するための数値等を用いた具体的記載がなくても、特許図面のみならず、訂正特許明細書の上記記載事項D?Fの各記載内容も総合して併せみれば、各検査シリンダ(4,7,12)に対し、線形CCDカメラ(6,9,14)、第2検査装置(10,11)及び第3検査装置(15,16)を配置するに当たり、各カメラ及び各検査装置を「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査されなければならない」(記載事項D)という条件を満たす範囲で入力位置と出力位置の間の適宜位置に配置すれば良いことは、当業者であれば普通に理解できるところである。
してみると、各検査シリンダの入力位置及び出力位置と、各カメラ(6,9,14)、第2検査装置(10,11)及び第3検査装置(15,16)の各配置位置とに関し、それぞれの位置の間の離間距離ないし離間角度等を、概略図である特許図面の図1上において実測し、仮に、それらの実測値が「シートを検査シリンダから取り出す前に検査を完了することができない」値であったとしても、このこともって、訂正発明1が「シートを検査シリンダから取り出す前に検査を完了することができない」発明であるとも、発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものであるともいえない。
よって、請求人の主張は採用できない。
以上のとおり、訂正発明1は、訂正特許明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、訂正発明1に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、訂正発明1に係る特許についての無効理由2には理由がない。
4.訂正発明2?12について
訂正発明2?12は、訂正発明1の発明特定事項をすべて含み、さらに、他の発明特定事項を付加したものに相当する発明である。
そして、訂正発明2?12において付加された各発明特定事項は、それぞれ訂正特許明細書に記載された事項であり、しかも、これら各発明特定事項を訂正発明1に付加することにより、訂正特許請求の範囲の請求項2?12の記載が、発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものとなるものでもない。
よって、訂正発明2?12は、訂正発明1について示した理由と同様の理由により、訂正特許明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、訂正発明2?12に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、訂正発明2?12に係る特許についての無効理由2には理由がない。
5.訂正発明13について
請求人が訂正発明13の重要な特徴であるとする「検査が完了したときのみシートをシリンダから取り出すこと」に関連し、上記記載事項A及び記載事項Dの各記載を特に参照すれば、訂正発明13も、「簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供」し、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」ことを技術課題の一つとして含むものであり、また、訂正特許明細書の発明の詳細な説明には、「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことにより、当該技術課題が解決できることが示されている(記載事項D)。
一方、請求項13の記載に接した当業者であれば、訂正発明13の「検査方法」が、「第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し」及び「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」という発明特定事項を具備することにより、少なくとも第一線形カメラ、第二線形カメラ及び第三線形カメラを用いた検査について、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」という技術課題が解決できることを、請求項13の記載から読み取ることができるものである。
そして、訂正特許請求の範囲の請求項13に記載された「第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し」及び「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」という事項は、上記記載事項Dの「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」、「各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する」ことに実質的に対応するものである。
してみると、訂正特許請求の範囲の請求項13に記載された「第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し」、「第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し」、「第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し」、「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」発明は、発明の詳細な説明に記載された発明であって、かつ、発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものではない。
また、訂正発明13についての請求人の上記主張(イ)?(ウ)も、上記「3.訂正発明1について」において言及した理由と同様の理由により採用できない。
したがって、訂正発明13は、訂正特許明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、訂正発明13に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、訂正発明13に係る特許についての無効理由2には理由がない
6.訂正発明14?18について
訂正発明14?18は、訂正発明13の発明特定事項をすべて含み、さらに、他の発明特定事項を付加したものに相当する発明である。
そして、訂正発明14?18において付加された各発明特定事項は、それぞれ訂正特許明細書に記載された事項であり、しかも、これら各発明特定事項を訂正発明13に付加することにより、訂正特許請求の範囲の請求項14?18の記載が、発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものとなるものでもない。
よって、訂正発明14?18は、訂正発明13について示した理由と同様の理由により、訂正特許明細書の発明の詳細な説明に記載した発明であり、訂正発明14?18に係る特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではないから、訂正発明14?18に係る特許についての無効理由2には理由がない。
第7 当審の判断2(無効理由1について)
1.訂正特許発明
上記「第6」で検討したとおり、訂正特許請求の範囲の請求項1?18の記載は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たすものであるから、上記「第5」に示した訂正特許請求の範囲の請求項1?18に記載された事項により特定されるとおりの各発明を、それぞれ訂正特許発明1?18と認め、以下、無効理由1について検討する。
2.甲各号証の記載内容と甲各号証に記載された発明
(1)甲第1号証
本件特許出願の優先権主張日(以下、「本件優先日」という。)前に頒布された刊行物である甲第1号証(特開2000-85095号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲1ア:「シートを保持し周面へ巻き付けながら搬送する第1検査胴と、該第1検査胴の周面に対向して設けられ同第1検査胴により搬送されるシートを検査する第1検査装置と、前記第1検査胴に対接して設けられ同第1検査胴から受け取った前記シートを周面に巻き付けながら搬送する第2検査胴と、該第2検査胴の周面に対向して設けられ同第2検査胴により搬送されるシートを検査する第2検査装置とを備えた検査部と、
前記検査部により検査されたシートに対して印刷を行う印刷部と、を備えた検査輪転印刷機」(【請求項1】)
甲1イ:「有価証券等の印刷においては、絵柄を印刷した上へさらに印章や番号を追加して印刷することが行われ、この種の印刷物は、絵柄用の印刷機でシートに絵柄を印刷し、その後検査輪転印刷機にて絵柄印刷の良否を検査して合格したシートに対して印章や番号を印刷するようにして、管理上の混乱や不良品の発生を避けるようにしている。」(段落【0002】)
甲1ウ:「本実施例は絵柄が印刷されたシートに連続番号と印章を追刷する検査輪転印刷機を例示しており、給紙部1には、絵柄が複数個印刷された多数のシート5を積載する紙積台6が設けられている。そして、紙積台6上のシート5を図示しないサッカ装置で一枚づつ吸引してフィーダボード7上へ送り出し、スイング装置8により渡し胴9を介して検査部2に給紙するようになっている。
前記検査部2は、シート5を保持し周面へ巻き付けながら搬送する第1検査胴10と、該第1検査胴10の周面に対向して設けられ同第1検査胴10により搬送されるシート5を検査する第1検査装置としての表面検査用カメラ11と、前記第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を周面に巻き付けながら搬送する第2検査胴12と、該第2検査胴12の周面に対向して設けられ同第2検査胴12により搬送されるシート5を検査する第2検査装置としての裏面検査用カメラ13とを備える。
前記印刷部3は、前記第2検査胴12に対接して設けられ同第2検査胴12から受け取ったシート5を周面に巻き付けながら搬送する第1圧胴14と、該第1圧胴14により搬送される前記シート5に対して印章を印刷する印章胴15と、・・・を備えている」(段落【0016】?【0018】)
甲1エ:「このように構成されるため、給紙部1から検査部2に送られたシート5は、先ず第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査された後、第2検査胴12に受け渡され、ここで裏面検査用カメラ13により裏面を検査される。
次に、シート5は、第2検査胴12から直接印刷部3の第1圧胴14へ受け渡され、」(段落【0025】?【0026】)
甲1オ:「前記第1圧胴14と第2圧胴19及び第1検査胴10と第2検査胴12の直径は、前記第1?第4番号胴16,17,20,21の直径の2倍になっているので、シート5が裏面検査用カメラ13で検査される位置を通過し、印章胴15で印刷される位置までの間で印刷の良否が確実に判断され、装置の誤作動が防止される。」(段落【0034】)
甲1カ:甲1エの「表面検査用カメラ11により表面を検査された後、・・・裏面検査用カメラ13により裏面を検査される。」、甲1オの「印章胴15で印刷される位置までの間で印刷の良否が確実に判断され」の各記載によれば、甲1アの「輪転印刷機」が、表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段を備えていることは明らかである。
甲1キ:甲1ウの「本実施例は絵柄が印刷されたシートに連続番号と印章を追刷する検査輪転印刷機を例示しており、給紙部1には、絵柄が複数個印刷された多数のシート5を積載する紙積台6が設けられている。そして、紙積台6上のシート5を図示しないサッカ装置で一枚づつ吸引してフィーダボード7上へ送り出し、スイング装置8により渡し胴9を介して検査部2に給紙するようになっている。」の記載及び図1における渡し胴9及び第1検査胴10の配置からみて、検査輪転印刷機は、給紙部1を有し、シート5を第1検査胴10へ連続的に運ぶための渡し胴9を備えているといえる。
甲1ク:甲1ウの「第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を周面に巻き付けながら搬送する第2検査胴12」、「第2検査胴12に対接して設けられ同第2検査胴12から受け取ったシート5を周面に巻き付けながら搬送する第1圧胴14」の各記載及び図1における渡し胴9及び第1検査胴10を含む各胴の配置を参照すれば、渡し胴9、第1検査胴10、第2検査胴12及び第1圧胴14は、相互に対して対接して設けられているものといえる。
以上によれば、甲第1号証には、次の発明(以下、「甲1発明」という。)が記載されている。
「有価証券等の絵柄が印刷されたシート5の検査輪転印刷機であって、
給紙部1を有し、
前記シート5を搬送する第1検査胴10、該第1検査胴10により搬送される前記シート5を検査する表面検査用カメラ11、前記第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を搬送する第2検査胴12、該第2検査胴12により搬送される前記シート5を検査する裏面検査用カメラ13、及び表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段、
前記シート5を第1検査胴10へ連続的に運ぶための渡し胴9、ならびに
第2検査胴12から受け取った前記シート5を搬送する第1圧胴14を備え、
前記渡し胴9、第1検査胴10、第2検査胴12、及び第1圧胴14は、相互に対し対接して設けられ、印刷されたシートは渡し胴9から第1検査胴10に送られ、第2検査胴12に受け渡され、第1圧胴14へ受け渡され、かつ
前記シート5は、第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査された後、第2検査胴12に受け渡される、検査輪転印刷機。」
(2)甲第2号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第2号証(特表2001-509746号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲2ア:「1.ほぼ撮像装置(34,36)とシート(1)を搬送する少なくとも1つのドラム(17,18)とから成る、処理されたシート(1)を質的に評価するための装置であって、前記ドラムが、シート(1)の始端をつかむ第1の保持装置(27)を備えている形式のものにおいて、前記ドラム(17,18)に、シート(1)の終端をつかむ少なくとも1つの第2の保持装置(28)が設けられていて、該保持装置が、シート(1)の検査前に、シート(1)を緊張する運動を実施するように配置されていることを特徴とする、処理されたシートを質的に評価するための装置。」(第2頁第2?9行)
甲2イ:「シート処理機械機には、処理されたシート1を質的に評価するための装置が組み込まれている。図示の実施例では装置として、枚葉紙の表面及び裏面を印刷する枚葉紙輪転印刷機が使用される。簡略化の理由から、排紙装置8のパイル4,6,7に枚葉紙1を積置きするまでの印刷ユニット後方の枚葉紙搬送装置のみを図示している。
処理されたシートとは、例えば印刷されたシート、エンボシングされたシート又は別の形式で所定の模様を備えたシートのことである。」(第6頁第1?7行)
甲2ウ:「両ドラム17,18のそれぞれには固有の検査装置が配属されている。検査装置はほぼ、照明装置32,33と、撮像装置34,36とから構成されている。実施例では、照明装置32,33として多数のストロボスコープフラッシュ37が設けられていて、このストロボスコープフラッシュ37は、検査すべき枚葉紙を一様に照明するように配置されている。即ち、ストロボスコープフラッシュ37の光流出面の間隔及び角度は、ドラム17,18の周面に対して及び撮像装置34,36の対物レンズに対して適合可能である。
各撮像装置34,36は、少なくとも1つのCCD・エリアカメラ(Flaechenkamera)、有利にはドラム17,18の軸方向で並べて配置された2つのCCD・エリアカメラ34,36から構成されている。検査すべき各枚葉紙のうち、有利には各四分円区分に相応する4つの個々の像が撮影されかつCCD・エリアカメラ34,36の下流側に配置された分析装置において再度重畳されて全体像が形成される。次いでこの全体像は、例えばドイツ国特許公開第4206366号明細書から公知の方法に相応して分析される。4つの個々の像を撮影するために、両CCD・エリアカメラ34,36のそれぞれによって、検査すべき枚葉紙1毎連続する2つの像が撮影される。
単一のCCD・エリアカメラによって枚葉紙の単一の像を撮影することもできる。」(第7頁第18行?第8頁第7行)
甲2エ:「本発明による装置の作用形式は次の通りである。
第1のチェーン搬送装置9のチェーングリッパ装置12は、圧胴(図示せず)から印刷された枚葉紙を受け取る。枚葉紙の表面2及び裏面3の検査は、印刷後初めて、つまり完全に処理した後で初めて行われる、即ち、シート処理機械における排紙前の最後の作業過程として行われる。チェーングリッパ装置12は、枚葉紙1をまず水平方向で、次いで垂直方向で、パイル4,6,7の上方に配置された第2のチェーン搬送装置14に搬送しかつ枚葉紙を第1のドラム17に引き渡す。この場合ドラム17のグリッパ27は、検査すべき枚葉紙の始端をつかむ。ドラム17のほぼ半回転後に、枚葉紙1の終端は吸着部材28の領域に達し、次いでこの吸着部材は吸込み空気で負荷されかつこのようにして枚葉紙1の終端をつかむ。次いで、吸着部材28は、ドラム17の軸方向並びに周方向で運動を実施しかつこのようにして枚葉紙を緊張する。枚葉紙1は、折り目なくドラム17に載着する。実施例では枚葉紙の裏面3はドラム17には面しておらずかつCCD・エリアカメラ34の方向を向いている。ストロボスコープフラッシュ37は、初めに枚葉紙を照明しかつ両CCD・エリアカメラ34は、枚葉紙の先行する半部から並んで位置する2つの個々の像を撮影する。つまり、枚葉紙1は、最初の個々の像を撮影する前に緊張される。枚葉紙の半分の長さに相応してドラム17が回動した後で、枚葉紙の後方の半部から後続の2つの個々の像が撮影される。枚葉紙の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙は枚葉紙の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡される。第1のドラム17のグリッパ27は、枚葉紙1の始端を第2のドラム18のグリッパ27に引き渡す。従って、枚葉紙は第2のドラム18によって搬送されかつ第1のドラム17上で外向きに位置する枚葉紙の裏面3は内向きに第2のドラム18の周面31に載着し、これにより今や枚葉紙の表面2は外向きに位置する。第1のドラム17及び第2のドラム18の吸着部材28が引渡し領域(即ち、両ドラム17,18の共通のセンタの領域)に達すると、第1のドラム17の吸着部材28の吸込み空気が遮断されかつ第2のドラム18の吸着部材28が吸込み空気で負荷される。これによって、枚葉紙の終端は第2のドラム18の吸着部材28によってつかまれる。次いで、第2のドラム18の吸着部材28は、第2のドラム18の周方向及び軸方向で移動する。この場合、吸着部材28によって枚葉紙の終端で生ぜしめられる吸込み力は、枚葉紙が緊張されるが、枚葉紙の引裂き強さを越える前に枚葉紙が吸着部材28に沿って滑り始めるように、設定されている。
枚葉紙1が第2のドラム18上で完全に緊張された後で初めて、枚葉紙の表面2の先行する半部の個々の像が撮影される。次いで、枚葉紙の後方半部の2つの個々の像も検出される。この場合にも、枚葉紙の全体像が完全に検出された後で初めて、枚葉紙の始端が第3のチェーン搬送装置19のチェーングリッパ装置21に引き渡される。」(第8頁第13行?第9頁下から6行)
以上によれば、甲第2号証には、次の発明(以下、「甲2発明」という。)が記載されている。
「印刷された枚葉紙1を搬送するドラム17と、ドラム17に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置32とCCD・エリアカメラ34とから構成される検査装置と、
印刷された枚葉紙1を搬送するドラム18と、ドラム18に載着する枚葉紙1の像を撮影する照明装置33とCCD・エリアカメラ36とから構成される検査装置と、
から成る印刷された枚葉紙1を質的に評価するための装置であって、
ドラム17に載着する枚葉紙1の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙1は枚葉紙1の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡され、ドラム18に載着する枚葉紙1の全体像が完全に検出された後で初めて、枚葉紙1の始端が第3のチェーン搬送装置19のチェーングリッパ装置21に引き渡される、印刷された枚葉紙1を質的に評価するための装置。」
(3)甲第3号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第3号証(特表2003-532563号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲3ア:「本発明は両面に印刷された用紙、特に有価用紙のシートを処理するための装置であって、連続的にシートを供給する供給機器と、移送手段と、上記シートを処理するための手段と、少なくとも二つの別個のスタックに分別するための手段とを具備する装置に関し、且つ、この装置を操作する方法に関する。」(段落【0001】)
甲3イ:「本発明の装置は、印刷品質を検査するための手段と、通し番号および/または付加的な要素を印刷するための手段と、番号を検査するためおよび/または付加的な要素を印刷するための手段と、品質検査手段の一つによって基準を満たしていないとみなされたシートにマークを付けるための手段とを具備することを特徴とする。
この装置は、品質検査の作業、通し番号および/または付加的要素を印刷する作業、この印刷の品質を検査する作業、基準を満たしていないとみなされたシートにマークを付け且つシートを適切なスタックに案内する作業を、単一の通路で実行することを可能にするという利点を有する。」(段落【0007】?【0008】)
甲3ウ:「まず、図1に示した機器は、銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシートS用を供給するための供給機器1を具備する。これらシートSは供給ローラ2を介して移送ドラム3に侵入し、矢印F1の方向に回転駆動される第一ドラム4に巻き込まれる。第一ドラム4には、シートの前端部を把持するためのグリッパが設けられる。第一ドラム4には、様々な品質検査を実行することができるように穴が開けられている。これは、把持されたシートの表面を第一ドラム4の内側から調べることができることが必要であることによる。ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つシートに対してカメラ5の反対側においてシートを照らす照明機器6が設けられる。その後、シートは矢印F1の方向に移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面する。シートは吸引機器9によって規則正しい配置に保持される。本ケースでは、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに列ずつ品質検査が行われる。その後、シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過する。このとき、シートは照明機器8’によって照らされ、上述したように列ずつ品質検査が行われ、シートは吸引機器9’によって規則正しく保持される。むろん、ドラム10’は矢印F1の回転方向とは反対向きの矢印F2の方向へ回転し、これにより、ドラム4からドラム10へシートが移るとき、ドラム10の内側を向いているシートの側を変更することができる。ドラム10の構成はドラム4の構成に非常に類似している。その後、シートは、一連の移送ローラ11と、番号付けを行うためおよびアルファベット要素を添付するための二つの要素13および14が作用する印刷ローラ12とを通過する。各印刷要素13および14には、本発明の一部を形成しないインク充填組立体によりインクが充填される。ローラ13および14には、このタイプの装置には通常存在するクリーニング機器が設けられる。」(段落【0023】)
甲3エ:「シートに番号付けが行われた後、シートは番号付けの印刷品質を検査するための光電子機器17を通過する。次いで、シートSはチェーン式移送機器18に巻き上げられ、そしてマーク機器19を通過する。この機器19は、反射または透過による印刷の品質検査の間に、または番号の印刷品質を検査するための機器によって欠陥があるとみなされたシートの上方部分にマークを付ける。機器20は、基準を満たしていないとみなされたシートに機器19によって実際にマークが付けられているが否かを検出し、その後、シートは蓄積機器に向かう。蓄積機器は、良好であるとみなされたシート用の第一スタック21と、スクラップであるとみなされたシート用の第二スタック22とを有し、さらに、良好であるとみなされたシートを保持するか、または処理中の装置の突然の停止や故障の後の、検査または番号付けのされていないシートを保持する第三スタック23を有してもよい。なお、検査または番号付けのされていないシートはもう一度装置を通さなければならない。」(段落【0026】)
甲3オ:「図1において説明した装置は、最も完全な形態であり、シートのスタックSから、反射または透過によって印刷品質の検査を行い、その後、例えば組立体15を用いて補足的な印刷を行い、サインまたは日付の添付を行い、またはその両方を行い、そして番号付けを行い、その後、印刷品質を検査し、欠陥のあるシート上にマークを付ける機器を介して移送し、そして、基準を満たしているシートを基準を満たしていないシートから、および付加的に処理の行われていないシート、すなわち検査または番号付けの行われていないシートから分別するための蓄積機器に移送する。」(段落【0031】)
以上によれば、甲第3号証には、次の発明(以下、「甲3発明」という。)が記載されている。
「銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシートを処理するための装置を操作する方法であって、
連続的に前記シートを供給する供給機器1を具備し、前記シートは供給ローラ2を介して移送ドラム3に侵入し、矢印F1の方向に回転駆動されるドラム4に巻き込まれ、
ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つ前記シートに対してカメラ5の反対側において前記シートを照らす照明機器6が設けられ、前記シートは移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面し、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに品質検査が行われ、
その後、前記シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、前記シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、前記シートは照明機器8’によって照らされ、品質検査が行われ、
次いで、前記シートはチェーン式移送機器18に巻き上げられ、そしてマーク機器19を通過し、この機器19は、反射または透過による印刷の品質検査の間に欠陥があるとみなされた前記シートにマークを付け、
その後、前記シートは蓄積機器に向かい、基準を満たしている前記シートを基準を満たしていない前記シートから分別する方法。」
(4)甲第4号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第4号証(特開平10-337935号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲4ア:「赤外領域では白色光下と異なった分光特性を有する赤外線インキを用いて証券印刷製品を印刷することができる印刷機に、印刷され搬送される前記証券印刷製品に対して赤外光を照射する赤外線照射手段と、赤外光が照射された前記証券印刷製品の画像を取り込む画像取込手段とを設けると共に、前記赤外線インキにより正規に印刷された前記証券印刷製品に赤外光を照射して得られた画像を予め基準値として記憶した記憶装置と、前記記憶装置に記憶されている基準値の画像を読み出し、前記画像取込手段により取り込まれた画像と比較し、一定の許容値内から外れるか否かを判断する判定手段とを有することを特徴とする赤外線反射吸収インキを用いた印刷物の検査装置。」(【請求項1】)
甲4イ:「本発明の一実施例に係る赤外線印刷物検査装置を図1及び図2に示す。同図に示すように、本実施例は、小型凹版印刷機に複数の密着型ラインセンサ3を配置し、信号処理装置12、パーソナルコンピュータ11と接続して、銀行券等シート14をオンラインで検査できるように構成したものである。即ち、一定速度で回転する圧胴13には、印刷後の銀行券等シート14が密着して搬送されると共にこの銀行券等シート14には小切れ面(以下、検査対象と言う)が横に3列に配列されている。
この銀行券等シート14の各検査対象の列に対応して、それぞれ、密着型ラインセンサ3が設けられており、各ラインセンサ3はそれぞれ信号処理装置12へ接続している。密着型ラインセンサ3は、前述したように、赤外LEDアレイ、結像光学部品、フォトダイオードアレイ、画像信号制御ICで構成され、検査対象の赤外画像を検出し、時系列に画像の濃淡に比例する信号を出力する。」(段落【0020】?【0021】)
甲4ウ:「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む。尚、各ラインセンサ13による検出は、圧胴上に限らず、印刷後から排紙されるまでの間における胴上又はチェーングリッパでの搬送中に行なっても良い。」(段落【0028】)
以上によれば、甲第4号証には、次の発明(以下、「甲4発明」という。)が記載されている。
「検査の際には、各ラインセンサ3における赤外LEDの光量を設定し、印刷の為に銀行券等シート14を供給し、圧胴13にて搬送中に印刷され、そのまま圧胴に密着して搬送されるときに、印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む、赤外線印刷物検査装置。」
(5)甲第5号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第5号証(特開2001-101473号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲5ア:「絵柄を有する紙葉類に光を照射して、該紙葉類から得られる透過光と反射光の内、少なくとも反射光を受光して前記紙葉類の絵柄を対象として識別する紙葉類識別装置」(段落【0009】)
甲5イ:「図1は、本発明に係る紙葉類(以下、「紙幣」を例とする)識別装置の主要部の構成例をブロック図で示している。図1において、光学センサ部10は、図示しない紙幣搬送路上の所定の位置に、紙葉類1の搬送方向に直行して多数の検出器を配列したもので、LEDアレイ、フォトダイオードアレイなどから成るイメージラインセンサで構成される。光学センサ部10では、紙幣1が搬送されるのに伴い紙幣上を面状に走査し、紙幣上の各位置での反射光や透過光など物理量の分布を検出する。」(段落【0013】)
甲5ウ:「図2は、多波長光源を有する透過/反射型ラインセンサ100の構成例を示している。ラインセンサ100は長形状の対向した発光部110及び受発光部120で成っており、被識別媒体としての紙幣は、発光部110及び受発光部120の間の紙幣通路を搬送されるようになっている。」(段落【0020】)
以上によれば、甲第5号証には、次の発明(以下、「甲5発明」という。)が記載されている。
「絵柄を有する紙葉類に光を照射して、該紙葉類から得られる透過光と反射光の内、少なくとも反射光を受光して前記紙葉類の絵柄を対象として識別する紙葉類識別装置であって、紙幣は、ラインセンサ100の発光部110及び受発光部120の間の紙幣通路を搬送されるようになっている、紙葉類識別装置」
(6)甲第6号証
本件優先日前に頒布された刊行物である甲第6号証(特開昭61-175552号公報)には図面と共に次の事項が記載されている。
甲6ア:「シートに光を反射または透過させ、その光量変化を光電検知することにより、シート上或いは内部に存在する欠陥を検出する方法において、同一欠陥に対して反射型光量変化として得られる電気信号レベル値と、透過型光量変化として得られる電気信号レベル値とを演算することにより、虫に起因する欠陥を判別することを特徴とする欠陥シートの検出方法。」(第1頁左下欄第4?11行)
甲6イ:「第2図は、平判シート(1)の両面チェックに本発明の方法を適用する場合を示す。
装置は主に供給部(19)、検出部(20)、排出部(21)で構成されている。
供給部は、例えばグリッパーチェーンを用いて平判シートを所定のパスで移送させる方法や上下に設けられたシート送りコンベアで平判シートを挟みながら送る方法などの公知手段も採用できるが、枚葉印刷機のシートバイシート方式のフィーダーを採用することによって高速運転することも可能である。
本発明の主要部をなす検出部(20)では、スインググリッパ-付きロール(22)、第1段検査ロール(23)、第2段検査ロール(24)、第3段検査ロール(25)が各々の側面を接しながらほぼ水平に配置されている。各検査ロールには、図示されていないが送られてくる平判シートの先端部をくわえて次工程に送ることができるように、印刷機の圧胴などで使用されるグリッパー装置が設置されている。
第1段検査ロール(23)の上方には、シート上面をチェックする反射型欠陥検出装置(2)が、第2段検査ロール(24)の下方には、シート下面をチェックする反射型欠陥検出装置(5)が設けられ、第3段検査ロール(25)は透過光で平判シートをチェックするべく、アクリル系樹脂製の透明または半透明の中空パイプを使用しており、内部に投光器(9)、上方に受光器(10)が配没されており透過型欠陥検出装置(8)として作用するように構成されている。」(第3頁左下欄第7行?右下欄第15行)
甲6ウ:「本発明の方法に係る欠陥検出装置を使用すれば、虫に起因する欠陥を極めて簡単に且つ精度よく判別できる。従って、処理能力が非常に増加する上、クレイム発生時に必要とした経費の節減がはかれるとともに、作業員に掛かっていた手間及び負担が大巾に軽減される。」(第5頁左上欄下から5行?右上欄第1行)
以上によれば、甲第6号証には、次の発明(以下、「甲6発明」という。)が記載されている。
「シートに光を反射または透過させ、その光量変化を光電検知することにより、シート上或いは内部に存在する欠陥を検出する欠陥検出装置において、欠陥検出装置は、供給部(19)、検出部(20)、排出部(21)で構成され、検出部(20)では、第1段検査ロール(23)の上方には、シート上面をチェックする反射型欠陥検出装置(2)が、第2段検査ロール(24)の下方には、シート下面をチェックする反射型欠陥検出装置(5)が設けられ、第3段検査ロール(25)は透過光で平判シートをチェックするべく、アクリル系樹脂製の透明または半透明の中空パイプを使用しており、内部に投光器(9)、上方に受光器(10)が配没されており透過型欠陥検出装置(8)として作用するように構成され、虫に起因する欠陥を判別できる、欠陥検出装置。」
3.訂正特許発明1について
3-1 対比
訂正特許発明1と甲1発明とを対比する。
(ア)甲1発明の「有価証券等の絵柄が印刷されたシート5」は、文言の意味、機能又は構造等からみて訂正特許発明1の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物」に相当し、以下同様に、「給紙部1」は「シート供給器(1)」に、「前記シート5」は「印刷されたシート」に、「カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段」は「分析装置」に、「渡し胴9」は「入力移送シリンダ(3)」に、それぞれ相当する。
(イ)甲1発明において、「シート5は、第1検査胴10で表面検査用カメラ11により表面を検査され」るのであるから、甲1発明の「検査輪転印刷機」は訂正特許発明1の「検査機械」に相当し、また、甲1発明の「有価証券等の絵柄が印刷されたシート5の検査輪転印刷機」は、訂正特許発明1の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械」に相当する。
(ウ)甲1発明の「第1検査胴10」と「表面検査用カメラ11」とは一のシート検査ユニットを構成し、同様に、「第2検査胴12」と「裏面検査用カメラ13」とは別のシート検査ユニットを構成しているものといえ、また、甲1発明は、「表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段」を備えていることから、「表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13」は「判断手段」と通信可能に連結されていることは明らかである。
さらに、甲1発明の「第1検査胴10」及び「第2検査胴12」並びに訂正特許発明1の「第一検査シリンダ(4)」、「第二検査シリンダ(7)」及び「第三検査シリンダ(12)」は、いずれも“検査シリンダ”である点で共通し、甲1発明の「表面検査用カメラ11」及び「裏面検査用カメラ13」並びに訂正特許発明1の「第一線形カメラ(6)」、「第二線形カメラ(9)」及び「第三線形カメラ(14)」はいずれも“カメラ”である点で共通するものである。
よって、甲1発明の
「前記シート5を搬送する第1検査胴10、該第1検査胴10により搬送される前記シート5を検査する表面検査用カメラ11、前記第1検査胴10に対接して設けられ同第1検査胴10から受け取った前記シート5を搬送する第2検査胴12、該第2検査胴12により搬送される前記シート5を検査する裏面検査用カメラ13、表面検査用カメラ11及び裏面検査用カメラ13による検査に基づき印刷の良否を判断するための判断手段」
及び訂正特許発明1の
「検査時に印刷されたシートを運ぶための第一検査シリンダ(4)、第一検査シリンダ(4)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために分析装置に連結された第一照明手段(5)および第一線形カメラ(6)を備えた第一シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第二検査シリンダ(7)、第二検査シリンダ(7)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第二照明手段(8)および第二線形カメラ(9)を備えた第二シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第三検査シリンダ(12)、第三検査シリンダ(12)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第三照明手段(13)および第三線形カメラ(14)を備えた第三シート検査ユニット」
に関し、甲1発明と訂正特許発明1とは、“検査時に印刷されたシートを運ぶための検査シリンダ、該検査シリンダ上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結されたカメラを備えたシート検査ユニットを複数組含む”点で共通している。
(エ)甲1発明の「前記シート5を第1検査胴10へ連続的に運ぶための渡し胴9」と訂正特許発明1の「印刷されたシートを第一検査ユニットへ連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)」とは、いずれも、“最上流に配置されるシート検査ユニット、即ち最上流シート検査ユニットへ印刷されたシートを連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)”といえるものであり、同様に、甲1発明の「第2検査胴12から受け取った前記シート5を搬送する第1圧胴14」と訂正特許発明1の「印刷されたシートを第三検査ユニットから取り出す出力移送シリンダ(17)」とは、いずれも、“最下流に配置されるシート検査ユニット、即ち最下流シート検査ユニットから印刷されたシートを取り出す移送シリンダ”といえるものである。
また、甲1発明と訂正特許発明1とは、各シリンダの配置に関し、“入力移送シリンダ(3)、複数のシート検査ユニットの各検査シリンダおよび移送シリンダは、印刷されたシートを前記入力移送シリンダ(3)から各検査シリンダおよび前記移送シリンダへ直接的かつ継続的に運搬するように配置され”る点で共通し、さらに、甲1発明と訂正特許発明1とは、“各シート検査ユニット、入力移送シリンダ(3)、および移送シリンダは、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットによりされた後に検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出すように構成されている”点でも共通している。
以上の(ア)?(エ)によれば、訂正特許発明1と甲1発明との一致点及び相違点は、次のとおりである。
(一致点)
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械であって、
シート供給器(1)を有し、
検査時に印刷されたシートを運ぶための検査シリンダ、該検査シリンダ上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結されたカメラを備えたシート検査ユニットを複数組含み、
印刷されたシートを最上流のシート検査ユニットへ連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)、及び
印刷されたシートを最下流のシート検査ユニットから取り出す移送シリンダを含み、
前記入力移送シリンダ(3)、複数のシート検査ユニットの各検査シリンダおよび前記移送シリンダは、印刷されたシートを前記入力移送シリンダ(3)から各検査シリンダおよび前記移送シリンダへ直接的かつ継続的に運搬するように配置され、かつ
各シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記移送シリンダは、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットによりされた後に検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出すように構成されている、検査機械。
(相違点1)
訂正特許発明1では、複数組のシート検査ユニットの組数が3組であり、各シート検査ユニットが備えるカメラは線形カメラであり、かつ各シート検査ユニット、入力移送シリンダ(3)、および移送シリンダは、「印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出すように構成されている」のに対し、甲1発明では、複数組のシート検査ユニットの組数が2組であり、各シート検査ユニットが備えるカメラは線形カメラであるのか否か不明であり、さらに、各シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および移送シリンダは、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットによりされた後に検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出してはいるものの、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出すように構成されているのか否かは不明な点。
(相違点2)
訂正特許発明1のシート検査ユニットは、照明手段を備えているのに対し、甲1発明のシート検査ユニットは、照明手段を備えているのか否か不明な点。
(相違点3)
訂正特許発明1では、入力移送シリンダ(3)、複数のシート検査ユニットの各検査シリンダおよび前記移送シリンダは、相互に対して直接接触する状態で配置されているのに対し、甲1発明では、第2検査胴12が「第1検査胴10に対接して設けられ」てはいるものの、全てのシリンダが相互に対して直接接触する状態で配置されているのか否か不明な点。
3-2 判断
相違点1について検討する。
(1)訂正特許発明1の技術的意義
初めに、相違点1に係る訂正特許発明1の特定事項に関し、その技術的意義について検討する。
移動する対象物に対峙する線形カメラが、線状の画像を連続的に撮影することにより、対象物の二次元画像を得るためのカメラであることは技術常識である。
そして、線形カメラは線状の画像を撮影するのであるから、訂正特許発明1の「検査装置」が線形カメラを用いることにより、検査シリンダの径を小さくすることが可能となり、その結果、「コンパクト形態の検査機械の構築」(記載事項A)に寄与するものといえる。
また、線形カメラは多数の線状画像を連続的に撮影するものであるから、「各シリンダ4,7,12のエンコーダリーディングとカメラ画像撮影間の完全一致」(記載事項D)が必要となり、そのため「シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査され」(記載事項D)ることにより、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」(記載事項D)と共に、「信頼性のある検査機械および方法を提供する」(記載事項A)ことが可能となることも分かる。
してみると、訂正特許発明1が相違点1に係る特定事項を備える技術的意義は、検査機械が、シート検査ユニットを3組備えることにより、少なくとも3種類の検査を印刷済みシートに行うことが可能となること、また、一の検査機械が検査シリンダを3つも備えていながらも、線形カメラを使用することで各検査シリンダの径を小さくして、「コンパクト形態の検査機械の構築を可能とする」(記載事項A)こと、さらに、径の小さな検査シリンダで線形カメラを使用することに伴い、より懸念される「一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作」の検査動作への影響を、「印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出すように構成されている」ことにより排除し、シートを適正に検査し、「信頼性のある検査機械および方法を提供する」(記載事項A)ことにあるものといえる。
(2)甲1?6発明の組み合わせについて
甲第2号証には上記甲2発明が記載されているが、甲2発明における検査シリンダは2つであり、また、カメラはCCD・エリアカメラであって線形カメラではない。また、甲2発明は、「ドラム17に載着する枚葉紙1の全ての個々の像もしくは全体像を撮影した後で始めて、枚葉紙1は枚葉紙1の表面2を検査するために第2のドラム18に引き渡され」るものではあるが、線形カメラを用いた上で「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない」ことを目的として、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出すように構成されているものでもない。
甲第3号証には上記甲3発明が記載されているが、検査シリンダを3つ設ける点、カメラとして線形カメラを用いる点、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出す点についてはいずれも記載がない。
甲第4号証には上記甲4発明が記載されているが、検査シリンダを3つ設ける点、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出す点についてはいずれも記載がない。また、甲4発明は、「印刷済の銀行券等シート14を各ラインセンサ3にて、各検査対象の画像を取り込む」ものではあるが、甲第4号証には、検査シリンダの径を小さくし「コンパクト形態の検査機械の構築を可能とする」ために線形カメラを用いる点については、記載も示唆もない。
甲第5号証には上記甲5発明が記載されているが、検査シリンダを3つ設ける点、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出す点についてはいずれも記載がない。また、甲5発明は、「紙幣は、ラインセンサ100の発光部110及び受発光部120の間の紙幣通路を搬送されるようになっている」ものではあるが、甲第5号証には、検査シリンダの径を小さくし「コンパクト形態の検査機械の構築を可能とする」ために線形カメラを用いる点については、記載も示唆もない。
甲第6号証には上記甲6発明が記載されているが、カメラとして線形カメラを用いる点、印刷されたシートの検査が各シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを各検査シリンダから取り出す点についてはいずれも記載がない。また、甲6発明は、「第1段検査ロール(23)の上方には、シート上面をチェックする反射型欠陥検出装置(2)が、第2段検査ロール(24)の下方には、シート下面をチェックする反射型欠陥検出装置(5)が設けられ、第3段検査ロール(25)は透過光で平判シートをチェックする」ものではあるが、「第1段検査ロール(23)」、「第2段検査ロール(24)」及び「第3段検査ロール(25)」は、印刷済みシートを検査するものではなく、甲第6号証には、「第1段検査ロール(23)」、「第2段検査ロール(24)」及び「第3段検査ロール(25)」を印刷済みシートの検査に適用する点について記載も示唆もない。
このように、甲第2?6号証には、相違点1における訂正特許発明1の特定事項が断片的には窺えるが、上記「(1)訂正特許発明1の技術的意義」で検討した、特定の目的のために「線形カメラ」を使用し、かつ、特定の目的のために「線形カメラ」と「印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出す」事項とを併せ持つという相違点1に係る訂正特許発明1の技術的意義に関する記載や示唆は、甲第2?6号証のいずれにも見い出し得ないのであるから、「コンパクト形態の検査機械の構築を可能とし」、「信頼性のある検査機械および方法を提供する」という課題の下、甲1発明?甲6発明を有機的に組み合わせて、相違点1に係る訂正特許発明1の特定事項を導き出す動機付けは存在しない。
そして、訂正特許発明1は、相違点1に係る訂正特許発明1の特定事項を採用することにより、相違点2及び相違点3に係る訂正特許発明1の特定事項とも相俟って、「既知検査機械および方法を改良すること・・・印刷されたシートの検査を実行するために必要な運搬および検査時間を最適化すること・・・コンパクト形態の検査機械の構築を可能にすること・・・簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供すること」(記載事項A)という訂正特許明細書記載の作用効果を期待できるものである。
(3)請求人の主張に対して
請求人は、次のような主張をしているので、続いて検討する。
(ア)口頭審理陳述要領書第9?10頁
「被請求人は、シートが一つの検査シリンダから次の検査シリンダに移送される際に滑りが生じる可能性があり、それによりカメラによる撮像タイミングとの同期が乱れる可能性があると主張するが、これは、線形カメラの使用による特有の問題ではなく、エリアカメラでも同様に生ずる問題である。すなわち、エリアカメラでの撮影時にシートの滑りが生じれば検査精度は悪化するのであり、エリアカメラ使用時でもシートに滑りが生じてはいけないことは当業者の常識である。
以上のように、被請求人が『線形カメラ』としたことによる効果として主張している事項は、いずれも『線形カメラ』特有のものではなく、進歩性判断の考慮の対象たるものではない。」
(イ)口頭審理陳述要領書第12?13頁
「甲1に記載の発明では、二つのシリンダを備え、各シリンダ上で一つの検査をするようにしており、検査項目が増えれば、シリンダ及び検査装置を増設することは極めて当たり前のことである。検査項目が増えた場合にシリンダ及び検査装置を増設することは、一つのシリンダ上で複数の検査をする甲3に記載の技術と比べても至極当然のことである。
線形カメラは本件特許出願前公知である(甲4、甲5)。公知なだけでなく、甲4、甲5においては、本件特許発明同様、印刷物の検査に使用している。加えて本件明細書の段落[0012]には『カメラ6、例えばそれ自体既知のCCDカメラがこの照明により創出される画像を撮影する。』と記載されている。つまり、印刷物用検査機械において検査手段として『線形カメラ』を特定しただけでは何ら発明的事項を特定したことにはならない。
また、線形カメラを採用しただけでは装置を小型化できない。装置の小型化は主にシリンダのサイズに依存するからである。
更に、『各検査ユニットでの検査が完了した後にのみシートを取り出す』ことも甲1、甲2に記載されているように本件特許出願前公知である。
このように、被請求人が主張する事項はいずれも公知のものであり、何ら技術的事項を構成するものでない。よって、訂正後の請求項1に係る第1特許発明は、依然として甲1及び甲2により進歩性を有しないものである。」
(主張アについて)
所定範囲のエリア画像を取得するに当たり、エリアカメラであれば一度の撮影動作で済むのに対し、線形カメラでは、一度の撮影動作により線状の画像しか撮影できないのであるから、所定範囲のエリア画像を得るためには、それだけ長時間に渡り撮影動作を繰り返し、撮影した個々の線状画像を集合させることとなる。
このような線形カメラの特性を踏まえれば、線形カメラを使用して乱れや歪みのない適正なエリア画像を得るためには、一度の撮影動作の瞬間のみならず、撮影動作を繰り返す全期間においてシートの滑りを防止する必要があることは明らかである。
してみると、「エリアカメラでの撮影時にシートの滑りが生じれば検査精度は悪化するのであり、エリアカメラ使用時でもシートに滑りが生じてはいけないことは当業者の常識」であったとしても、ある瞬間に移動中のシートにさらに滑りが発生した際の、画像に乱れや歪みが生じる確率や画像に生じた乱れや歪みの大きさへの影響度を、一度の撮影動作で済むエリアカメラを使用した場合と所定の全期間に渡って撮影動作を繰り返す必要のある線形カメラを使用した場合とで、同一視することはできない。
したがって、本件訂正発明1が、「線形カメラ」と「印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出す」事項とを併せ持つことにより、「シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与え」(記載事項D)ず、「信頼性のある検査機械および方法を提供する」(記載事項A)ことは、甲1発明?甲6発明から予測できない作用効果といえることから、請求人の上記主張は採用できない。
(主張イについて)
請求人が主張するにように、「検査項目が増えれば、シリンダ及び検査装置を増設することは極めて当たり前のことである」、「線形カメラは本件特許出願前公知である(甲4、甲5)」、「更に、『各検査ユニットでの検査が完了した後にのみシートを取り出す』ことも甲1、甲2に記載されているように本件特許出願前公知である」としても、甲各号証に、甲1発明?甲6発明を有機的に組み合わせて、相違点1に係る訂正特許発明1の特定事項を導き出す動機付けの存在しないことは、上記「(2)甲1?6発明の組み合わせについて」で検討したとおりである。
よって、「訂正後の請求項1に係る第1特許発明は、依然として甲1及び甲2により進歩性を有しないものである。」との請求人の主張は採用できない。
3-3 まとめ
以上によれば、相違点2及び相違点3について検討するまでもなく、訂正特許発明1は、甲第1号証?甲第6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明することができたものではない。
したがって、訂正特許発明1は、特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではないから、訂正特許発明1に係る特許についての無効理由1は理由がない。
4.訂正特許発明2?12について
訂正特許発明2?12は、訂正特許発明1の発明特定事項をすべて含み、さらに、他の発明特定事項を付加したものに相当する発明である。
よって、訂正特許発明2?12は、訂正特許発明1について示した理由と同様の理由により、甲第1号証?甲第6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明することができたものではない。
したがって、訂正特許発明2?12は、特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではないから、訂正特許発明2?12に係る特許についての無効理由1は理由がない。
5.訂正特許発明13について
5-1 対比
訂正特許発明13と甲3発明とを対比する。
(ア)甲3発明の「銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシート」は、文言の意味、機能又は構造等からみて訂正特許発明13の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物」に相当し、以下同様に、「供給機器1」は「供給器」に、「前記シート」は「印刷されたシート」に、「前記シートはチェーン式移送機器18に巻き上げられ、そしてマーク機器19を通過し、この機器19は、反射または透過による印刷の品質検査の間に欠陥があるとみなされた前記シートにマークを付け、」は「印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し、かつ検査の一つの結果が欠陥を示す場合に欠陥をマーキングし、」に、「その後、前記シートは蓄積機器に向かい、基準を満たしている前記シートを基準を満たしていない前記シートから分別する」は「マーキング実行後に、印刷されたシートを配送ユニットへ運搬し、かつ印刷されたシートが欠陥としてマーキングされているか否かにより配送パイルを分類し、」にそれぞれ相当する。
(イ)甲3オの「付加的に処理の行われていないシート、すなわち検査または番号付けの行われていないシート」なる記載から、甲3発明の「処理」には検査が含まれることから、甲3発明の「銀行券等の有価用紙のような用紙の印刷済みシートを処理するための装置を操作する方法」は訂正特許発明13の「有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法」に相当する。
(ウ)甲3発明の「ドラム4」、「カメラ5」、「照明機器6」、「機器8」及び「反射式光電子検査機器7」は全体として、一の検査ユニットを構成し、同様に、「ドラム10」、「別の反射式光電子検査機器7’」及び「照明機器8’」も別の検査ユニットを構成しているものといえる。
(エ)甲3発明は、「ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つ前記シートに対してカメラ5の反対側において前記シートを照らす照明機器6が設けられ、前記シートは移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面し、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに品質検査が行われ」、「シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、前記シートは照明機器8’によって照らされ、品質検査が行われ」、「次いで、前記シートはチェーン式移送機器18に巻き上げられ」るのであるから、カメラ5により透過による検査が行われ、反射式光電子検査機器7によりシートの一側の検査が行われ、両検査後に別の反射式光電子検査機器7’によりシートの他側の検査が行われ、シートの他側の検査を含むすべての検査後にシートはチェーン式移送機器18に巻き上げられるものである。
そして、甲3発明の「カメラ5」、「反射式光電子検査機器7」及び「別の反射式光電子検査機器7’」並びに訂正特許発明13の「第一線形カメラ」、「第二線形カメラ」及び「第三線形カメラ」は、いずれも“検査機器”である点で共通するものである。
(オ)甲3発明では、「シートは・・・ドラム4に巻き込まれ、・・・前記シートは移動し続け、・・・第一ドラム4が・・・回転しているときに品質検査が行われ、その後、・・・前記シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、・・・品質検査が行われ」るのであるから、品質検査に当たり、シートはドラム4及びドラム10により運搬されているものといえる。
そして、甲3発明の「ドラム4」及び「ドラム10」並びに訂正特許発明13の「第一検査シリンダ」、「第二検査シリンダ」及び「第三検査シリンダ」は、いずれも“検査シリンダ”である点で共通するものである。
(カ)上記(ウ)?(オ)によれば、甲3発明の
「連続的に前記シートを供給する供給機器1を具備し、前記シートは供給ローラ2を介して移送ドラム3に侵入し、矢印F1の方向に回転駆動されるドラム4に巻き込まれ、
ドラム4内の第一の位置には透過によって検査することができるカメラ5が設けられ、ドラム4の外部には、カメラ5と対面し且つ前記シートに対してカメラ5の反対側において前記シートを照らす照明機器6が設けられ、前記シートは移動し続け、機器8に照らされる反射式光電子検査機器7と対面し、第一ドラム4が品質検査機器7を通って回転しているときに品質検査が行われ、
その後、前記シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、前記シートは把持機器によってドラム10へ移り、別の反射式光電子検査機器7’を通過し、前記シートは照明機器8’によって照らされ、品質検査が行われ、」
と訂正特許発明13の
「- 印刷された継続シートを、検査のために、第一線形カメラにより透明陽画による第一検査を実行する第一検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを第一検査シリンダ(4)により第一検査ユニットへ運搬し、
- 第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第一側の第二検査を第二線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第二検査シリンダ(7)により第二検査ユニットへ運搬し、
- 第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第二側の第三検査を第三線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第三検査シリンダ(12)により第三検査ユニットへ運搬し、」
とは、
“印刷された継続シートを、検査のために、複数組の検査ユニットの一の検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、
複数組の検査ユニットで検査機器により実行される検査には、透過による検査、印刷されたシートの第一側の検査、印刷されたシートの第二側の検査が含まれ、
一の検査ユニットにおける検査後に、印刷されたシートを次の検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの検査を検査機器により実行し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、”
である点で共通する。
(キ)甲3発明は、「前記シートがドラム4とドラム10との接触地点に到達すると、前記シートは把持機器によってドラム10へ移」るのであるから、シートの移送は、ドラム4からドラム10へ直接行うものである。
以上の(ア)?(キ)によれば、訂正特許発明13と甲3発明との一致点及び相違点は、次のとおりである。
(一致点)
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法であって、
印刷された継続シートを、検査のために、複数組の検査ユニットの一の検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、
複数組の検査ユニットで検査機器により実行される検査には、透過による検査、印刷されたシートの第一側の検査、印刷されたシートの第二側の検査が含まれ、
一の検査ユニットにおける検査後に、印刷されたシートを次の検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの検査を検査機器により実行し、印刷されたシートを、検査が実行される検査ユニットの検査シリンダにより検査が実行される検査ユニットへ運搬し、
すべての検査機器による検査後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し、かつ検査の一つの結果が欠陥を示す場合に欠陥をマーキングし、かつ
マーキング実行後に、印刷されたシートを配送ユニットへ運搬し、かつ印刷されたシートが欠陥としてマーキングされているか否かにより配送パイルを分類し、印刷されたシートの検査ユニットから検査ユニットへの移送を、検査シリンダから検査シリンダへ、直接行う、各工程を含む検査方法。
(相違点4)
訂正特許発明13では、複数組の検査ユニットの組数は3組であり、各検査ユニットが備える検査機器は線形カメラであり、かつ各検査ユニットにおける線形カメラによる検査終了後に、印刷されたシートを次の検査ユニット又はマーキングユニットへ移送しているのに対し、甲3発明では、検査ユニットの組数は2組であり、各検査ユニットが備える検査機器は線形カメラであるのか否か不明であり、さらに、印刷されたシートの次の検査ユニット又はマーキングユニットへの移送は、各検査ユニットにおける検査機器による検査後ではあるものの、検査終了後に行われるのか否かが不明な点。
(相違点5)
透過による検査が、訂正特許発明13では、透明陽画による検査であるのに対し、甲3発明では、透明陽画による検査であるのか否か不明な点。
(相違点6)
訂正特許発明13は、「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」のに対し、甲3発明は、検査ユニットの組数が2組であって、「印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う」ものではない点。
5-2 判断
相違点4について検討するに、相違点4は実質的に上記相違点1と差違のないものである。
そして、相違点1は、訂正特許発明1と甲第1号証に記載された発明である甲1発明との相違点であるから、甲1発明が相違点4に係る訂正特許発明13の特定事項を具備しないことは明らかである。
よって、上記3-2において、訂正特許発明1について示した理由と同様の理由により、甲1発明?甲6発明を有機的に組み合わせて、相違点4に係る訂正特許発明13の特定事項を導き出す動機付けは存在しない。
そして、訂正特許発明13は、相違点4に係る訂正特許発明13の特定事項を採用することにより、相違点5及び相違点6に係る訂正特許発明13の特定事項とも相俟って、「既知検査機械および方法を改良すること・・・印刷されたシートの検査を実行するために必要な運搬および検査時間を最適化すること・・・コンパクト形態の検査機械の構築を可能にすること・・・簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供すること」(記載事項A)という訂正特許明細書記載の作用効果を期待できるものである。
5-3 まとめ
以上によれば、相違点5及び相違点6について検討するまでもなく、訂正特許発明13は、甲第1号証?甲第6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明することができたものではない。
したがって、訂正特許発明13は、特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではないから、訂正特許発明13に係る特許についての無効理由1は理由がない。
6.訂正特許発明14?18について
訂正特許発明14?18は、訂正特許発明13の発明特定事項をすべて含み、さらに、他の発明特定事項を付加したものに相当する発明である。
よって、訂正特許発明14?18は、訂正特許発明13について示した理由と同様の理由により、甲第1号証?甲第6号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明することができたものではない。
したがって、訂正特許発明14?18は、特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではないから、訂正特許発明14?18に係る特許についての無効理由1は理由がない。
第8 むすび
以上のとおり、本件訂正は、特許法第134条の2第1項第1号ないし第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、特許法第134条の2第5項の規定によって準用する特許法第126条第3項及び第4項の規定に適合するので、当該訂正を認める。
そして、訂正特許発明1?18に係る特許は、特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではなく、また、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものでもなく、請求人の主張する理由及び提出した証拠方法によっては、訂正特許発明1?18に係る特許を無効とすることはできない。
審判に関する費用については、特許法第169条第2項の規定において準用する民事訴訟法第61条の規定により、請求人が負担すべきものとする。
よって、結論のとおり審決する
平成24年 8月22日
審判長 特許庁審判官 村田 尚英
特許庁審判官 関谷 一夫
特許庁審判官 田合 弘幸
 
発明の名称 (54)【発明の名称】
検査機械および検査方法
【技術分野】
【0001】
本発明は、有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械に関する。
【0002】
本発明は、更に、有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法に関する。
【背景技術】
【0003】
銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等有価証券の分野において、偽造に対してかかる書類を保護するための安全保証のための特徴を使用することは周知である。更に、この分野において、実際の印刷物と偽造による有価証券とを識別するために、高品質の印刷物を製造する必要がある。
【0004】
従って、印刷物の検査は、品質基準を充足する印刷書類のみを受け入れ、かつ誤印刷書類または所定品質基準に合わない書類を拒絶する高品質基準を有する精確な方法で実行されなければならない。
【0005】
有価証券等の印刷物のための既知検査機械および品質制御機械は、例えば、WO01/85586,WO01/65457,EP0796735,EP0668577,EP0734863,EP0612042,EP0582548,EP0582547およびEP0582546を含む。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明の課題は、既知検査機械および方法を改良することにある。
【0007】
特に、本発明の課題は、印刷されたシートの検査を実行するために必要な運搬および検査時間を最適化することにある。
【0008】
本発明の他の課題は、コンパクト形態の検査機械の構築を可能にすることにある。
【0009】
更に、本発明の課題は、簡単かつ信頼性のある検査機械および方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0010】
上記課題達成のために、本発明は特許請求の範囲の記載に従う。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
図1において、検査機械は当分野で知られた方法で検査機械内へ継続シートを移送するシート供給器1を含む。到来継続シートは吸引停止ドラム2により移送シリンダ3へ移送される。好適には、継続シートは、その移送シリンダのピット内に設置されたグリッパ手段により移送シリンダ上に保持される。
【0012】
移送シリンダ3から、継続シートは第一検査ユニットにより引き継がれる。この検査ユニットは透明シリンダ4で形成され、照明ランプ5が透明シリンダ4により運ばれるシートを透明陽画で照明するために設置される。当分野で既知のように、継続シートは透明シリンダ4のピット内に設置されたグリッパ手段により透明シリンダ4上に保持される。カメラ6、例えば、それ自体既知のCCDカメラがこの照明により創出される画像を撮影する。
【0013】
シリンダが透明でありかつ透明陽画のみで視認できる特徴、例えば透かし模様、の位置と質を検査するために使用されるので、この画像は、印刷されたシートの透明陽画もしくはポジ画像である。この目的で、撮影された画像は、データ(例えば上記従来文献参照)を分析しかつ検査結果を出すために適宜プログラムを有するコンピュータ装置(図示せず)に移送される。
【0014】
透明シリンダ4は、例えばプレキシガラス(登録商標)、その他の適宜類似材料により形成される。このシリンダは非金属であるので、印刷されたシートの磁気特性を磁気検出器22により制御可能である。
【0015】
この透明陽画による第一検査が実行された後に、シートは、ランプ等の第二照明手段8および第二カメラを有する第二検査シリンダ7(第一検査シリンダ4と直接接触している)へ移送される。当分野で既知のように、継続シートはシリンダのピット内に設置されたグリッパ手段によりシリンダ7上に保持される。第二検査ユニットは、シリンダ7上のシートの一側、例えばシートの右側ページの写真を撮り、かつ当分野で既知のように、適宜コンピュータ装置およびプログラムによりシートの一側の印刷質を制御するために使用される。例えば、このユニットは、当分野で標準である、複数有価証券、銀行券、色彩等のレジスタ(register)を制御し(例えば上記従来技術に関する文献を参照)、かつその検査結果を表示する。
【0016】
第二検査ユニットは、シート上のIR、UV、磁気特徴等の不可視特徴の存在を検査(inspection)かつ調査もしくは照合(check)するために、図1に参照番号10および11で示された第二検査装置を更に含む。これらの装置は、付加的検査をするために、適宜ランプ(UV)および検出器(IR、磁気)を含む。
【0017】
この第二検査の後に、検査されたシートは、ランプ等の第三照明手段13、および第三カメラ14を有し第三検査シリンダ12(第二検査シリンダ7と直接接触する)により形成された第三検査ユニットへ移送される。当分野で既知のように、継続シートは、シリンダのピット内に設置されたグリッパ手段によりシリンダ7上に保持される。第三検査ユニットは、第二検査ユニットに類似しているが、シリンダ7上のシートの一側、例えば第二検査ユニットが右側を検査する場合にシートの左側ページの写真を撮り、かつ当分野で既知のように、適宜コンピュータ装置およびプログラムによりシートの左側の印刷質を制御するために使用される。例えば、この第三ユニットは、第二ユニットと同様に、当分野で標準である、複数有価証券、銀行券、色彩等のレジスタ(register)を制御し(例えば上記従来技術に関する文献を参照)、かつその検査結果を表示する。
【0018】
第三検査ユニットは、第二検査ユニットと同様に、シート上のIR、UV、磁気特徴等の不可視特徴の存在を検査(inspection)かつ調査もしくは照合(check)するために、図1に参照番号15および16で示された第三検査装置を更に含む。従って、これらの付加的装置は、付加的検査をするために、適宜ランプ(UV)および検出器(IR、磁気)を含む。
【0019】
第三検査が終了した後に、検査が欠陥を持つシートを検出した場合にマーキングするために、検査されたシートは第二および第三移送シリンダ17および18を介してマーキングユニットへ移送される。マーキングユニットはマーキングシリンダ19およびマーキング装置20を含む。マーキングユニットの後で、シートは、印刷機の分野でそれ自体既知のチエーングリッパ運搬システム21により取り出され、かつパイル配送システムに配送される。好適には、シートはこの配送システムで分類される、即ち、欠陥シート(マーキングされた)は欠陥パイルへ投入され、かつ欠陥のないシートは他のパイルへ投入される。当分野で知られているように、継続シートはシリンダのピット内に設置されたグリッパ手段により移送シリンダ17および18上に保持される。
【0020】
好適には、使用されるカメラは、検査されるシートの継続線形画像を撮影する線形CCDカメラである。従って、検査されるシート全体の適正画像を撮るためには、カメラは、シリンダ4,7,12のエンコーダを介してそれらのシリンダ上に運搬されるシートと同期する。各シリンダ4,7,12のエンコーダリーディングとカメラ画像撮影間の完全一致のために、シートは、次の検査シリンダへ移送される前に、完全に検査されなければならない。各シリンダの相対的位置は、移送前の完全検査のかかる条件が維持されるように、する必要がある。この場合、シートは適正に検査され、かつ一つのシリンダから他のシリンダへの移送動作は検査動作それ自体に影響を与えない。
【0021】
好適には、移送シリンダおよび検査シリンダ3,4,7,12,17は図1に示されたようにジグザグ状態に配置される。即ち、印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置(即ち供給場所)と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置(即ち採取場所)との間での各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置される。特に、入力位置と出力位置間において検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は、検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される。理解されるように、この形態は検査ユニットを通るシートの全運搬通路を最小限まで縮小し、それによりシートの運搬および検査時間の短縮を可能にする。実際に、図1の機械の図示形態により、第一検査シリンダ4上の入力位置と第三検査シリンダ12の出力位置間の運搬長は検査されたシートの長さの三倍よりも僅かに大きい。最小寸法のシリンダを組み合わせても、非常にコンパクトな形態の機械構成を可能にする。
【0022】
好適には、図1に非制限例として示されたように、シリンダは検査する一枚のシートを担持できる寸法である。当然ながら、二枚または三枚のシートを各シリンダに担持する他の形態が企図されている。
【0023】
好適には、移送および検査シリンダは単一セットのグリッパを担持し、従って各シリンダは一回に一枚のシートを運搬するように構成され、かつシリンダの直径は、検査終了後にのみ所定の移送条件を維持しながら短時間運搬および検査のために最小にされる。図1に示された機械形態において、移送シリンダ3,17および検査シリンダ4,7,12は同一直径であることが有利である。
【0024】
図2において、検査工程のブロック図が開示されている。
【0025】
第一構成において、検査されるべき継続シートが供給器から第一検査ユニットへ移送される。透明陽画による検査は第一検査ユニットで行われる。
【0026】
次に、この検査が終了すると、シートは、第二検査が行われる第二検査ユニットへ移送される。第二検査は例えばシートの右側に対して行われる。この第二検査において、印刷の可視特徴(インキ、色彩、位置あわせ(registration)および不可視特徴(IR、UV、磁気特性)を制御することができる。
【0027】
第二検査終了後に、シートは第二検査ユニットと類似の第三検査ユニットへ移送されるが、シートの他の側(左側)が同様に検査される、即ち可視および不可視特徴が制御される。
【0028】
第三検査が終了すると、検査されたシートはマーキングユニットへ移送され、かつ検査の一つの結果に欠陥が含まれる、即ちシートに欠陥がある場合には、マーキングがされる。
【0029】
最後に、シートは配送ユニットに運搬され、かつ配送パイルで(欠陥の有無により)分類される。配送ユニットは検査済みシートの他の工程のために採用されてよい。
【0030】
当然ながら、図1の機械において、異なる検査ユニットのそれぞれの位置は、変更可能であり、かつシートの一側(右側または左側)を最初に検査し、次に他側(左側または右側)を検査し、かつ透明陽画検査を実行することができる。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】本発明による検査機械の一形態を示す。
【図2】本発明による検査方法のブロック図を示す。
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物用検査機械であって、
シート供給器(1)を有し、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第一検査シリンダ(4)、第一検査シリンダ(4)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために分析装置に連結された第一照明手段(5)および第一線形カメラ(6)を備えた第一シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第二検査シリンダ(7)、第二検査シリンダ(7)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第二照明手段(8)および第二線形カメラ(9)を備えた第二シート検査ユニット、
検査時に印刷されたシートを運ぶための第三検査シリンダ(12)、第三検査シリンダ(12)上に運搬される間に印刷されたシートの画像を撮影するために前記分析装置に連結された第三照明手段(13)および第三線形カメラ(14)を備えた第三シート検査ユニット、
印刷されたシートを第一検査ユニットへ連続的に運ぶための入力移送シリンダ(3)、ならびに
印刷されたシートを第三検査ユニットから取り出す出力移送シリンダ(17)を含み、
前記入力移送シリンダ(3)、第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記入力移送シリンダ(3)から第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)、および前記出力移送シリンダ(17)へ直接的かつ継続的に運搬するように、相互に対して直接接触する状態で配置され、かつ
第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、第三シート検査ユニット、前記入力移送シリンダ(3)、および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートの検査が第一シート検査ユニット、第二シート検査ユニット、または第三シート検査ユニットにより完了したときにのみ検査済の印刷されたシートを第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)から取り出すように構成されている、検査機械。
【請求項2】
前記第一検査シリンダ(4)は透明シリンダであり、前記第一照明手段(5)は前記透明シリンダ内に設置され、かつ前記第一線形カメラ(6)は印刷されたシートを透過して透明陽画で検査するために前記透明シリンダの外側に設置されている、請求項1に記載の検査機械。
【請求項3】
前記第二シート検査ユニットは、印刷されたシートの第一照明側を検査する、請求項1または2に記載の検査機械。
【請求項4】
前記第三シート検査ユニットは、印刷されたシートの第二照明側を検査する、請求項3に記載の検査機械。
【請求項5】
前記第二シート検査ユニットおよび第三シート検査ユニットは、各々少なくとも一つの不可視特徴検査ユニット(10,11,15,16)を更に含む、請求項1に記載の検査機械。
【請求項6】
前記不可視特徴検査ユニット(10,11,15,16)は印刷されたシート上にIR、UVまたは磁気特性を検出するための手段を含む、請求項5に記載の検査機械。
【請求項7】
前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)は、各々が単一セットのグリッパを担持し、かつ前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)および第三検査シリンダ(12)の直径は運搬および検査時間を短縮するために縮小されている、請求項1から6のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項8】
前記入力移送シリンダ(3)、前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、第三検査シリンダ(12)および前記出力移送シリンダ(17)は、印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)へ移送する入力位置と印刷されたシートを前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)から取り出して移送する出力位置との間での前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、および第三検査シリンダ(12)の各々の上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるようにジグザグ形態に配置されている、請求項1から7のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項9】
前記第一検査シリンダ(4)、第二検査シリンダ(7)、または第三検査シリンダ(12)上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長い、請求項8に記載の検査機械。
【請求項10】
前記出力移送シリンダ(17)の下流に、欠陥シートをマーキングするために設置されたマーキングユニット(19,20)を更に含む、請求項1から9のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項11】
前記第一、第二および第三線形カメラ(6,9,14)の各々は、検査を受ける印刷されたシートの継続的線形画像を撮り、かつ関連する前記第一、第二または第三検査シリンダ(4,7,12)上のシート運搬と同期する、請求項1から10のいずれか1に記載の検査機械。
【請求項12】
各前記第一、第二および第三検査シリンダは関連する線形カメラの同期運動のためのエンコーダを含む、請求項11に記載の検査機械。
【請求項13】
有価証券、紙幣、銀行券、パスポート、およびその他の同様書類等印刷されたシート(sheet)形態の印刷物の検査方法であって、
- 印刷された継続シートを、検査のために、第一線形カメラにより透明陽画による第一検査を実行する第一検査ユニットへ供給器から移送し、印刷されたシートを第一検査シリンダ(4)により第一検査ユニットへ運搬し、
- 第一線形カメラによる第一検査終了後に、印刷されたシートを第二検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第一側の第二検査を第二線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第二検査シリンダ(7)により第二検査ユニットへ運搬し、
- 第二線形カメラによる第二検査終了後に、印刷されたシートを第三検査ユニットへ移送し、印刷されたシートの第二側の第三検査を第三線形カメラにより実行し、印刷されたシートを第三検査シリンダ(12)により第三検査ユニットへ運搬し、
- 第三線形カメラによる第三検査終了後に、印刷されたシートをマーキングユニットへ移送し、かつ検査の一つの結果が欠陥を示す場合に欠陥をマーキングし、かつ
- マーキング実行後に、印刷されたシートを配送ユニットへ運搬し、かつ印刷されたシートが欠陥としてマーキングされているか否かにより配送パイルを分類し、
印刷されたシートの第一検査ユニットから第二検査ユニット、および第二検査ユニットから第三検査ユニットへの移送を、第一検査シリンダ(4)から第二検査シリンダ(7)へ、かつ第二検査シリンダ(7)から第三検査シリンダ(12)へ、それぞれ直接行う、各工程を含む検査方法。
【請求項14】
前記第二検査および/または第三検査は印刷されたシート上の可視特徴および/または不可視特徴の検査を含む、請求項13に記載の検査方法。
【請求項15】
各前記検査シリンダの直径は最小運搬および検査時間のために最小である、請求項13または14に記載の検査方法。
【請求項16】
印刷されたシートを検査シリンダへ移送する入力位置と印刷されたシートを検査シリンダから取り出して移送する出力位置との間で各検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長が所定シート長として最適になるように、第一、第二、および第三検査シリンダを配置する工程を含む、請求項13から15のいずれか1に記載の検査方法。
【請求項17】
前記検査シリンダ上の印刷されたシートの運搬長は検査される印刷されたシートの長さよりも僅かに長くなるように選択される、請求項16に記載の検査方法。
【請求項18】
前記第一、第二、および第三検査は、検査中の印刷されたシートの継続的線形画像を撮る線形カメラと、関連する検査シリンダ上のシート運搬との同期運動を含む、請求項13から17のいずれか1に記載の検査方法。
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
審理終結日 2013-12-12 
結審通知日 2013-12-16 
審決日 2014-01-10 
出願番号 特願2007-509002(P2007-509002)
審決分類 P 1 113・ 121- ZD (G07D)
P 1 113・ 537- ZD (G07D)
最終処分 一部成立  
前審関与審査官 平田 慎二  
特許庁審判長 本郷 徹
特許庁審判官 蓮井 雅之
横林 秀治郎
登録日 2011-03-11 
登録番号 特許第4700052号(P4700052)
発明の名称 検査機械および検査方法  
代理人 山田 哲三  
代理人 青木 篤  
代理人 谷光 正晴  
代理人 三橋 真二  
代理人 大橋 康史  
代理人 島田 哲郎  
代理人 篠崎 正海  
代理人 谷光 正晴  
代理人 三橋 真二  
代理人 青木 篤  
代理人 光石 忠敬  
代理人 松元 洋  
代理人 篠崎 正海  
代理人 島田 哲郎  
代理人 田中 康幸  
代理人 光石 春平  
代理人 大橋 康史  
代理人 光石 俊郎  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ