• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由) A63F
管理番号 1335438
審判番号 不服2016-18552  
総通号数 218 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2018-02-23 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2016-12-09 
確定日 2017-12-11 
事件の表示 特願2015-93277号「遊技機」拒絶査定不服審判事件〔平成27年7月27日出願公開、特開2015-134263号〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、平成25年4月25日に出願した特願2013-92257号の一部を平成27年4月30日に新たな特許出願としたものであって、平成28年3月11日付けで拒絶理由が通知され、同年5月11日付けで意見書が提出されるとともに手続補正がなされたが、同年9月9日付けで拒絶査定がなされ、これに対し、同年12月9日に拒絶査定不服審判が請求され、それと同時に手続補正がなされ、その後、当審において、平成29年7月27日付けで拒絶理由が通知され、同年9月15日付けで意見書が提出されるとともに手続補正がなされたものである。

第2 本願発明
この出願の請求項1に係る発明は、平成29年9月15日付けの手続補正により補正された特許請求の範囲の請求項1に記載された事項により特定されるとおりのものであると認められ、その請求項1に係る発明(以下、「本願発明」という。)は次のとおりである。なお、ア?スは本願発明の構成を分説するため当審で付した。

ア 第1所定条件が成立すると、第1取得情報を取得する第1取得手段と、
第2所定条件が成立すると、第2取得情報を取得する第2取得手段と、

イ 前記第1取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの第1特別遊技判定を行う第1特別遊技判定手段と、
前記第2取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの第2特別遊技判定を行う第2特別遊技判定手段と、

ウ 前記第1特別遊技判定が行われると、第1図柄表示手段において第1図柄を変動させてから停止させることにより、前記第1特別遊技判定の結果を報知する第1図柄表示制御手段と、
前記第2特別遊技判定が行われると、第2図柄表示手段において第2図柄を変動させてから停止させることにより、前記第2特別遊技判定の結果を報知する第2図柄表示制御手段と、

エ 前記特別遊技が行われた後、前記第1図柄及び前記第2図柄の合計の変動回数が特定回数となるまで通常よりも遊技者に有利な遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、

オ 前記第1取得情報が取得された場合、当該第1取得情報を記憶して前記第1特別遊技判定の権利として保留可能な第1保留記憶手段と、
前記第2取得情報が取得された場合、当該第2取得情報を記憶して前記第2特別遊技判定の権利として保留可能な第2保留記憶手段と、

カ 前記第1図柄又は第2図柄の変動パターンを複数記憶する変動パターン記憶手段と、
前記第1取得情報又は第2取得情報に基づいて、前記複数の変動パターンの中から何れかの変動パターンを選択する変動パターン選択手段と、

キ 前記第2特別遊技判定が行われる前に、前記第2取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの判定(以下、事前判定という)を行う事前判定手段と、
前記事前判定手段による事前判定の結果に基づいて、事前判定演出を行う事前判定演出制御手段と、

ク 前記変動パターン選択手段によって選択された変動パターンに基づいて、変動演出を制御する変動演出制御手段と、を備え、

ケ 前記変動パターン選択手段は、
前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数が前記特定回数よりも小さい第1回数になるまで、前記第2図柄の変動パターンを第1変動パターン群の中から選択し、
前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数が前記第1回数になった後、前記第2図柄の変動パターンを前記第1変動パターン群とは異なる第2変動パターン群の中から選択し、

コ 前記特別遊技を行わないと判定された場合に、第1の変動パターンと、前記第1の変動パターンよりも変動時間の長い第2の変動パターンとを含む複数の変動パターンのうちの何れかを選択可能であり、

サ 前記特別遊技を行わないと判定された場合に、前記第1変動パターン群を用いて前記第2図柄の変動パターンを選択するときと、前記第2変動パターン群を用いて前記第2図柄の変動パターンを選択するときとで、前記第2の変動パターンを選択する確率が異なるように構成されており、

シ 前記事前判定手段は、
前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数に応じた値を用いるとともに、前記第1特別遊技判定の権利の保留数を用いることなく前記第2特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記第2図柄の変動パターンを事前に判定可能であり、

ス 前記事前判定演出制御手段は、前記事前判定手段による判定結果に基づいて、前記事前判定演出を実行可能である、遊技機。

第3 当審の拒絶理由通知
当審の平成29年7月27日付けの拒絶の理由の概略は、以下のとおりである。

本願の請求項1に係る発明は、本願遡及日前に日本国内又は外国において頒布された下記の刊行物に記載された発明に基づいて、その遡及日前にその発明の属する技術分野における通常の知識を有するものが容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

刊行物1:特開2011-56046号公報
刊行物2:特開2013-22220号公報

第4 刊行物の記載事項
1 上記刊行物1には、図面とともに、次の事項が記載されている(下線は当審で付した。)。

(1)「【0057】
次にパチンコ機1の作動を説明する。パチンコ機1は、普通電動役物31への入球により特図の当否抽選を行い、特別図柄表示装置29および演出図柄表示装置54bの図柄変動を開始する。前記抽選結果が大当りであれば、各表示装置29、54bに大当り図柄を確定表示して大当り遊技を実行する。尚、演出図柄表示装置54bには特別図柄表示装置29に表示される特図(特別図柄)に対応する擬似図柄や演出を表示する。」

(2)「【0060】
尚、当否抽選、大当り遊技の設定、大当り遊技終了後の遊技状態の設定、変動パターン選択テーブルおよび変動パターンの設定は、主制御装置50のプログラム処理で実行され、主制御装置50は、状態フラグ、切換フラグを設定するフラグ設定手段、大当り遊技終了後の遊技状態を設定する遊技状態制御手段、変動パターン選択テーブルを決定する選択テーブル決定手段、テーブル切換手段を備え、更に、遊技球が普通電動役物31入球時に実施する乱数抽出手段、保留記憶手段、カテゴリ判定手段を備える。」

(3)「【0066】
S83の処理では、大当り判定用乱数の比較処理(S82)の結果が大当りであるか否か判定する。この処理が本願発明における当否判定手段に該当する。肯定判定なら(S83:YES)、当否判定の対象とした保留記憶の大当り図柄決定用乱数1に基づいて図柄モードを設定する。図柄モードは図6に示すように、「0?6」の7種類であり、例えば、図柄モード「0」のときは「15R特定時短有図柄1」となる。このように図柄モードによって大当り遊技の内容および大当り遊技終了後の遊技状態が選択される。例えば、図5、図7に示すように、「15R特定時短有図柄1」では、大当り遊技に大入賞口25が15ラウンド開放し、大当り遊技終了後の遊技状態として、特図の当否抽選が1万回実行されるまで、確変機能および時短機能が作動する遊技状態とする。また図柄モード「6」のときは「2R通常時短有図柄1」が選択され、大当り遊技に大入賞口25が2ラウンド開放され、大当り遊技終了後の遊技状態として、当否抽選時の遊技状態が時短状態のときは当否抽選が100回実行されるまで、時短機能が作動する遊技状態とされる。
【0067】
図15に戻って、S85の処理では設定された図柄モードと、当否判定の対象とした保留記憶の大当り図柄決定用乱数2とに基づいて特図表示装置29に表示する大当り図柄を設定する。尚、大当り図柄は「図柄1?図柄27」の27通り備えている。続くS86の処理では、前記図柄モードおよび大当り図柄に基づき、大当り図柄に対応して演出図柄表示装置54bに表示される擬似図柄の設定処理を行う。S87の処理では、図柄モード、当否判定の対象とした保留記憶のリーチ決定用乱数および変動パターン決定用乱数に基づいて、特別図柄(特図)表示装置29に表示する図柄の変動時間および演出図柄表示装置54bに表示する図柄の変動パターンを、処理時点での状態フラグの値と切換フラグの値の組合せによって決定(詳細は後述)した変動パターン選択テーブルから選択する。このS87の処理が本願発明の変動パターン決定手段に該当する。
・・・
【0074】
続いて、図15に示すS91の変動指示信号送信処理では、前記選択された擬似図柄および設定された前記変動パターンの情報を、変動指示信号としてサブ統合制御装置53へ送信する。この情報を受信したサブ統合制御装置53からの指示に基づいて演出図柄制御装置54aは演出図柄表示装置54bを制御し、擬似図柄および変動パターンの情報に対応する図柄の変動表示を開始する。サブ統合制御装置53への送信とほぼ同時に主制御装置50は、特図表示装置29を直接制御して特図の変動を開始する(図示省略)。
・・・
【0076】
S100が否定判定なら(S100:NO)、ハズレ図柄を選択し(S102)、続いてハズレ図柄に対応する擬似図柄の選択処理(S86)、変動パターンの設定処理(S87)を実行し、S91に移行して、ハズレに関する擬似図柄および変動パターンの情報をサブ統合制御装置53へ送信する。その後、サブ統合制御装置53からの指示に基づき演出図柄制御装置54aは演出図柄表示装置54bを制御し、前記擬似図柄および変動パターンの情報に対応する図柄の変動表示を開始する。サブ統合制御装置53への送信とほぼ同時に主制御装置50は、特図表示装置29を直接制御して変動を開始する(図示省略)。」

(4)「【0085】
変動パターン選択テーブルは、図11(2)に示すように「A?P」の16種類あり、遊技状態に応じて4グループに区分してある。例えば、通常の遊技状態(確変機能なし、時短機能なし)には選択テーブル「A?D」が、時短機能時の遊技状態には選択テーブル「E?H」が、確変機能時の遊技状態には選択テーブル「I?L」が、確変および時短機能時の遊技状態には選択テーブル「M?P」が設定してある。各変動パターン選択テーブルには複数種類の変動パターンが備えられており、リーチ決定用乱数および変動パターン決定用乱数に基づいて変動パターンが選択されるが、リーチ決定用乱数に基づくスーパーリーチ、リーチ、非リーチの振分比率と、変動パターン決定用乱数に基づく変動時間は、変動パターン選択テーブル毎に異なる設定となっている。従って変動パターン選択テーブルの違いによって、出現する変動パターンのリーチ確率及び変動時間が変化する。」

(5)「【0098】
図13に示す主制御装置50が行う始動入賞処理1は、本願発明における乱数抽出手段、保留記憶手段、カテゴリ判定手段を含む処理となる。始動入賞処理1を開始すると、始動口である普通電動役物31に遊技球が入球したか否か判定する(S40)。肯定判定なら(S40:YES)、保留記憶数が上限数(本実施例においては4個)よりも少ないか否か判定し(S41)、肯定判定(0個から3個)なら(S41:YES)、大当り判定用乱数、大当り図柄決定用乱数1、大当り図柄決定用乱数2、リーチ決定用乱数、変動パターン決定用乱数を抽出して、これらを保留記憶として保留記憶数に応じた各記憶領域に記憶するとともに、保留記憶数を示す保留記憶カウンタに1を加算する(S42)。このS42で行われる処理が本願発明における乱数抽出手段、保留記憶手段、に該当する。
【0099】
続いて、確変フラグが0か否か(高確率状態でないか)を判定する(S43)。肯定判定なら(S41:YES)、先読み判定カテゴリ判断処理を行う(S44)。このS44の処理が本願発明におけるカテゴリ判定手段に該当する処理である。尚、本実施例では、確率変動時以外の遊技状態において、当否判定時以前に行う先読み判定に基づいた演出カテゴリ判断を行い連続演出を実施する構成としているが、確率変動時においても連続予告を実施する構成としても何ら問題ない。
【0100】
続いて、S44の先読み判定カテゴリ判断処理の内容を図14に示すフローチャートを用いて説明する。この処理が本願発明におけるカテゴリ判定手段に該当する。先読み判定カテゴリ判断処理(1)を開始すると、上述した切換カウンタの値が0より大きいか否か、即ち変動パターン選択テーブルを変更するための切換フラグが立っているか否か判定する(S60)。肯定判定なら(S60:YES)、切換カウンタと保留記憶数の比較処理として、切換カウンタの値からS42で加算された保留記憶カウンタの値を減算する処理を行う(S61)。
・・・
【0106】
S68、又はS62、S64の否定判定(S62:NO、S64:NO)に続いて、S42で抽出した大当り判定用乱数の値が、通常確率時に用いる大当り判定用テーブル1の値と一致するか否か、即ち大当り値か否か判定する(S69)。否定判定なら(S69:NO)、S42で抽出したリーチ決定用乱数の値が、通常確率時ハズレ用のリーチ判定テーブルでスーパーリーチとなる値か否か判定する(S70)。否定判定なら(S70:NO)、S70と同様に、S42で抽出したリーチ決定用乱数が、通常確率時ハズレ用のリーチ判定テーブルでリーチとなる値か否かを判定する(S71)。S71が否定判定なら(S71:NO)、非リーチのハズレ変動が確定する。
【0107】
S72では、S69、S70、S71の判定結果に基づいて図柄変動時の演出カテゴリの選択処理を行う。S69が肯定判定だった場合(S69:YES)、演出カテゴリは大当り(カテゴリ4)が選択され、S42で抽出した変動パターン決定用乱数の値に応じて変動パターン選択テーブルから変動パターンが選択される。この場合に使用する変動パターン選択テーブルは、S64が肯定判定だった場合は、S66、S67、S68の処理で仮設定された(仮)変動パターン選択テーブルを用い、S64が肯定判定以外の場合は、今現在変動パターン選択用に設定されている(正)変動パターン選択テーブルを用いる。
【0108】
S70が肯定判定だった場合(S70:YES)、演出カテゴリはハズレ変動スーパーリーチ(カテゴリ3)が選択され、S42で抽出した変動パターン決定用乱数の値に応じて変動パターン選択テーブルから変動パターンが選択される。この場合も使用する変動パターン選択テーブルは、S64が肯定判定だったかそれ以外だったかによって、(仮)変動パターン選択テーブルか(正)変動パターン選択テーブルの使い分けを行なう。
【0109】
S71が肯定判定だった場合(S71:YES)、演出カテゴリはハズレ変動リーチ(カテゴリ2)が選択され、S42で抽出した変動パターン決定用乱数の値に応じて変動パターン選択テーブルから変動パターンが選択される。この場合も使用する変動パターン選択テーブルは、S64が肯定判定か否かによって、(仮)変動パターン選択テーブルか(正)変動パターン選択テーブルの使い分けを行なう。
【0110】
S71が否定判定だった場合(S71:NO)、演出カテゴリはハズレ変動非リーチ(カテゴリ1)が選択され、S42で抽出した変動パターン決定用乱数の値に応じて変動パターン選択テーブルから変動パターンが選択される。この場合も使用する変動パターン選択テーブルは、S64が肯定判定か否かによって、(仮)変動パターン選択テーブルか(正)変動パターン選択テーブルの使い分けを行なう。」

(6)「【0113】
次にサブ統合制御装置53が行なう、保留数・先読み信号受信処理について図22のフローチャートを用いて説明する。この保留数・先読み信号受信処理では、主制御装置50から受信した保留記憶数指示信号に応じて保留記憶数を示す表示態様を演出図柄表示装置54bに表示する指示信号を演出図柄制御装置54aに送信するとともに、主制御装置50から受信したカテゴリ信号の内容と受信時の遊技の進行状態に応じて連続演出を実施するか否かを判定する。」

(7)「【0125】
続いて大当り連続演出許可フラグが1か否か判定し(S343)、否定判定なら(S343:NO)、ハズレ連続演出許可フラグが1か否か判定する(S344)。S343又はS344が肯定判定なら(S343:YES、S344:YES)、受信した変動指示信号に応じた連続演出態様を選択する(S345)。S344が否定判定なら、即ちどちらの連続演出許可フラグもセットされていなければ(S344:NO)、受信した変動指示信号に応じて演出態様を選択する(S347)。S345又はS347に続いては、選択した演出態様を実行する詳細指定信号を演出図柄制御装置54a、スピーカ10及び各種LED・ランプ37に送信し(S108)、リターンに抜ける。」

(8)「【0127】
当否結果が大当りとなり、役物連続作動装置が作動して大当り遊技が開始されると(b時点)状態フラグおよび切換フラグは共にクリアされる。役物連続作動装置が作動中は、図柄モードの遊技内容に従って特別電動役物が作動する(図示省略)。次に役物連続作動装置が停止して大当り遊技が終了すると(c時点)、当否判定時に設定されたモードバッファや図柄モードや特図により状態フラグ及び切換フラグが設定される。例えば状態フラグが【1】(時短:100回)、切換フラグが「3」に設定されると、この両フラグの値の組合せに基づいて変動パターン選択テーブルには「H」が設定される。
【0128】
切換フラグが「3」のとき特図の変動回数をカウントする切換カウンタのカウント値が「30」にセットされ(図8(5)参照)、遊技が進行して特図の変動回数が30回に達すると(d時点)、切換フラグが「0」に初期化される。この状態(状態フラグ「1」、切換フラグ「0」)で特図の変動が開始するとその変動パターンは変動パターン選択テーブル「E」から選択される。」

(9)「【0132】
しかしながら本実施例においては、始動入賞時処理(1)時の先読みカテゴリ判断処理では、カテゴリ判断処理時に切換カウンタ又は時短カウンタが設定されていると、該当するカウンタ値から保留記憶数を減算してそれぞれの値を比較し、該比較結果が0以下(カウンタ値と保留記憶数が同数か、保留記憶数の方が大きい)ならば、比較したカウンタ値が0になることによって実施されるフラグ値の変更に伴う変動パターン選択テーブルの切換に合わせ、カテゴリ判断処理用に変動パターン選択テーブルを設定してからカテゴリ判断処理を行う。」

(10)「【0137】
以上が実施例1の説明となる。パチンコ遊技機1は、特別図柄の変動回数によって値が変化する切換フラグを備えたことにより、遊技状態の変化時以外にも変動パターン選択テーブルの切換が可能となっている。また、主制御装置50が行う先読み判定となるカテゴリ判断処理では、変動パターン選択テーブルの切換処理に係るカウンタの値(切換カウンタ、時短カウンタ)と、保留記憶カウンタの値を比較(カウンタ値から保留記憶カウンタ値を減算)することによって、変動パターン選択テーブルの切替わりを事前に判定し、適所(図24、X-d、X-e期間。図25X-d期間)で該切替わり後の変動パターン選択テーブルをカテゴリ判断に用いる処理を実施している。これにより、変動パターン選択テーブルの切換タイミングを跨いで連続演出を実施しても、遊技者に違和感を与えることがない構成となっている。」

(11)段落【0058】の記載を参照すれば、【図8】(3)には、遊技状態を示す状態フラグとして「0」通常確率時短無し、「1」通常確率時短有り、「2」確率変動時短無し、および「3」確率変動時短有りがあることが見て取れる。また、段落【0059】の記載を参照すれば、【図8】(5)には、変動パターン選択テーブルの変更時期(カウンタ設定値)を示す切換フラグとして、「0」クリア状態、「1」90、「2」60、「3」30があることが見て取れる。。

以上の記載事項(1)?(10)及び認定事項(11)から、刊行物1には、以下の発明が記載されていると認められる。なお、見出しのア?スは本願発明の構成を分説するア?スに対応している。

「ア 始動口である普通電動役物31に遊技球が入球したか否か判定し、肯定判定なら、保留記憶数が上限数よりも少ないか否か判定し、肯定判定なら、大当り判定用乱数、大当り図柄決定用乱数1、大当り図柄決定用乱数2、リーチ決定用乱数、変動パターン決定用乱数を抽出する乱数抽出手段と(【0098】)、

イ 大当り判定用乱数の比較処理の結果が大当りであるか否か判定する当否判定手段と(【0066】)、

ウ 特図の当否抽選を行い、特別図柄表示装置29および演出図柄表示装置54bの図柄変動を開始し、前記抽選結果が大当りであれば、各表示装置29、54bに大当り図柄を確定表示する主制御装置50、サブ統合制御装置53及び演出図柄制御装置54aと(【0057】、【0074】)、

エ 大当り遊技終了後の遊技状態として、特図の当否抽選が1万回実行されるまで、確変機能および時短機能が作動する遊技状態や、当否抽選が100回実行されるまで、時短機能が作動する遊技状態を設定する遊技状態制御手段と(【0060】、【0066】)、

オ 大当たり判定用乱数、大当り図柄決定用乱数1、大当り図柄決定用乱数2、リーチ決定用乱数、変動パターン決定用乱数を保留記憶として記憶する保留記憶手段と(【0098】)、

カ 大当り図柄決定用乱数1に基づいて設定される図柄モード、リーチ決定用乱数および変動パターン決定用乱数に基づいて、特別図柄表示装置29に表示する図柄の変動時間および演出図柄表示装置54bに表示する図柄の変動パターンを、処理時点での状態フラグの値と切換フラグの値の組合せによって決定した変動パターン選択テーブルから選択する変動パターン決定手段と(【0066】、【0067】)、

キ 当否判定時以前に大当り判定用乱数の値が大当り値か否か判定することを含む先読み判定カテゴリ判断処理を行うカテゴリ判定手段と(【0099】、【0100】、【0106】)、
確率変動時以外の遊技状態においてのみならず確率変動時においても前記カテゴリ判定手段による大当り値か否かの判定に基づいて連続演出を実施するサブ統合制御装置53及び演出図柄制御装置54aと(【0099】、【0100】、【0106】、【0113】、【0125】)、

ク 演出図柄表示装置54bを制御し、変動パターンの情報に対応する図柄の変動表示を開始するサブ統合制御装置53及び演出図柄制御装置54aと、を備え(【0074】)、

ケ 大当り遊技が終了すると、当否判定時に設定されたモードバッファや図柄モードや特図により「0」通常確率時短無し、「1」通常確率時短有り、「2」確率変動時短無し、および「3」確率変動時短有りの遊技状態を示す状態フラグおよび「0」クリア状態、「1」90、「2」60、「3」30の変動パターン選択テーブルの変更時期(カウンタ設定値)を示す切換フラグが設定されるものであり(【0127】、認定事項(11))、
例えば状態フラグが「1」(時短:100回)、切換フラグが「3」に設定されると、この両フラグの値の組合せに基づいてその変動パターンは変動パターン選択テーブル「H」から選択され、切換フラグが「3」のとき特図の変動回数をカウントする切換カウンタのカウント値が「30」にセットされ(【0127】)、
遊技が進行して特図の変動回数が30回に達すると、切換フラグが「0」に初期化され、この状態(状態フラグ「1」、切換フラグ「0」)で特図の変動が開始するとその変動パターンは変動パターン選択テーブル「E」から選択され(【0128】)、

コ、サ ハズレ図柄に対応する変動パターンの設定処理を実行するとき、各変動パターン選択テーブルには複数種類の変動パターンが備えられており、リーチ決定用乱数および変動パターン決定用乱数に基づいて変動パターンが選択されるが、リーチ決定用乱数に基づくスーパーリーチ、リーチ、非リーチの振分比率と、変動パターン決定用乱数に基づく変動時間は、変動パターン選択テーブル毎に異なる設定となっており、従って変動パターン選択テーブルの違いによって、出現する変動パターンのリーチ確率及び変動時間が変化するものであり(【0076】、【0085】)、

シ 前記カテゴリ判定手段が、始動入賞時処理時の先読みカテゴリ判断処理では、カテゴリ判断処理時に切換カウンタ又は時短カウンタが設定されていると、該当するカウンタ値から保留記憶数を減算してそれぞれの値を比較し、該比較結果が0以下ならば、比較したカウンタ値が0になることによって実施されるフラグ値の変更に伴う変動パターン選択テーブルの切換に合わせ、変動パターン選択テーブルを設定してから変動パターンが選択されるカテゴリ判断処理を行うものであり(【0100】、【0106】?【0110】、【0132】)、

ス 前記サブ統合制御装置53及び演出図柄制御装置54aは、当否判定時以前に前記カテゴリ判定手段による大当り値か否かの判定に基づいて連続演出を実施する(【0099】、【0106】)、
パチンコ遊技機1(【0137】)。」(以下「引用発明1」という。)

2 上記刊行物2には、図面とともに、次の事項が記載されている(下線は当審で付した。)。

(1)「【0009】
(1)第1の始動口(上始動口34)に遊技球が入球して所定の始動条件が成立したことを条件に、第1の特別図柄の変動表示動作を実行して表示結果を導出表示する第1の特別図柄表示手段(特別図柄表示装置38a)と、
第2の始動口(下始動口35)に遊技球が入球して所定の始動条件が成立したことを条件に、第2の特別図柄の変動表示動作を実行して表示結果を導出表示する第2の特別図柄表示手段(特別図柄表示装置38b)と、
前記第1の特別図柄または前記第2の特別図柄の変動表示動作の実行に伴って装飾図柄の変動表示動作を演出的に実行する装飾図柄表示手段(液晶表示装置36)と、を備え、
前記第1の特別図柄表示手段または前記第2の特別図柄表示手段において特定結果が導出表示された後、通常遊技状態よりも遊技者に有利な特別遊技状態を発生可能に構成された弾球遊技機において、
第1の始動口への遊技球の入球を契機に所定の遊技情報を取得する第1の取得手段(図10のS314)と、
第2の始動口への遊技球の入球を契機に所定の遊技情報を取得する第2の取得手段と(図11のS334)、
前記第1の取得手段により取得された所定の遊技情報を前記第1の特別図柄表示手段における前記第1の特別図柄の変動表示動作の実行に供されるまで、あらかじめ定められた最大保留記憶個数を上限として、記憶順序を特定することができる第1の作動保留球として保留記憶する第1の保留記憶手段(RAM203、図10のS314、図15のS406、S407)と、
前記第2の取得手段により取得された所定の遊技情報を前記第2の特別図柄表示手段における前記第2の特別図柄の変動表示動作の実行に供されるまで、あらかじめ定められた最大保留記憶個数を上限として、記憶順序を特定することができる第2の作動保留球として保留記憶する第2の保留記憶手段(RAM203、図11のS334、図15のS406、S407)と、
前記第1の特別図柄または前記第2の特別図柄が停止表示されたことを条件に、前記第1の保留記憶手段に前記第1の作動保留球が記憶されており前記第2の保留記憶手段に前記第2の作動保留球が記憶されていない場合には当該第1の作動保留球のうちの最も先に記憶された作動保留球に基づく前記第1の特別図柄の変動表示動作の実行開始を決定する一方、前記第2の保留記憶手段に前記第2の作動保留球が記憶されている場合には前記第1の保留記憶手段に前記第1の作動保留球が記憶されているか否かにかかわらず、当該第2の作動保留球のうち最も先に記憶された作動保留球に基づく前記第2の特別図柄の変動表示動作の実行開始を決定する特別図柄動作順序制御手段(図15のS401?S403、S405)と、
前記特別図柄動作順序制御手段により前記第1の特別図柄の変動表示動作の実行開始が決定された場合、前記第1の作動保留球に基づき、前記第1の特別図柄表示手段において前記特別遊技状態の発生となる特定結果を導出表示させるか否かを抽選する第1の抽選手段(図15のS409)と、
前記特別図柄動作順序制御手段により前記第2の特別図柄の変動表示動作の実行開始が決定された場合、前記第2の作動保留球に基づき、前記第2の特別図柄表示手段において前記特別遊技状態の発生となる特定結果を導出表示させるか否かを抽選する第2の抽選手段(図15のS409)と、
前記第1の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択するものであって、所定の選択条件の下で、前記第1の抽選手段により前記特定結果を導出表示させると抽選された場合にはリーチ状態を経由するリーチ演出指定用のリーチ変動パターンを選択する一方、前記特定結果を導出表示させないと抽選された場合には前記リーチ変動パターンおよびリーチ状態を経由しない非リーチ演出指定用の通常変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する第1の変動パターン選択手段(図15のS412)と、
前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択するものであって、前記所定の選択条件の下で、前記第2の抽選手段により前記特定結果を導出表示させると抽選された場合には前記リーチ変動パターンを選択する一方、前記特定結果を導出表示させないと抽選された場合には前記通常変動パターンのみを選択する第2の変動パターン選択手段(図15のS412)と、
前記第1の変動パターン選択手段または前記第2の変動パターン選択手段により決定された変動パターンに基づき、前記特別図柄動作順序制御手段により実行開始が決定された特別図柄の変動表示動作を制御する特別図柄表示制御手段(図9のS307?S309)と、
前記第1の変動パターン選択手段または前記第2の変動パターン選択手段により決定された変動パターンに基づき、前記装飾図柄表示手段における装飾図柄の変動表示動作を制御する装飾図柄表示制御手段(演出制御部24)と、
前記第1の変動パターン選択手段により前記第1の特別図柄の変動表示動作に係る装飾図柄の変動パターンが決定されるよりも前段階に、前記第1の取得手段により取得された遊技情報に基づき、当該第1の変動パターン選択手段により将来決定されることとなる変動パターンを事前に先読み判定する第1の先読み判定手段(図10のS317?S323)と、
前記第2の変動パターン選択手段により前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る装飾図柄の変動パターンが決定されるよりも前段階に、前記第2の取得手段により取得された遊技情報に基づき、当該第2の変動パターン選択手段により将来決定されることとなる変動パターンを事前に先読み判定する第2の先読み判定手段(図11のS337?S343)と、
前記第1の先読み判定手段による先読み判定を禁止して前記第2の先読み判定手段による先読み判定を許容する第1の先読み禁止状態と、前記第2の先読み判定手段による先読み判定を禁止して前記第1の先読み判定手段による先読み判定を許容する第2の先読み禁止状態とを所定の切替条件に基づき切替制御する先読み禁止状態制御手段(図10のSS315?316、図11のS335?S336、図15のS411、図21BのS481、S486、S490、図30のS592、図31のS606など)と、
前記第1の先読み判定手段または前記第2の先読み判定手段による先読み判定結果を演出開始条件に、当該先読み判定結果に関連する情報を報知する先読み予告演出の実行可否を判定する予告実行判定手段(図37のS714)と、
前記予告実行判定手段により前記予告演出を実行可と判定された場合、前記装飾図柄表示手段に対して前記先読み予告演出を発生させる予告演出制御手段(演出制御部24、図37のS718、図39のS755?S760など)と、を備える、ことを特徴とする弾球遊技機。
【0010】
(2)さらに、普通図柄始動口(普通図柄始動口37)と、
前記普通図柄始動口に遊技球が入賞したことを条件として、通常遊技状態よりも遊技者に有利な補助当り遊技を発生させる補助当りとするか否かの抽選をする補助遊技抽選手段(図8のS57)と、
前記補助遊技抽選手段による抽選結果を報知するための普通図柄の変動表示動作を実行して、当該抽選結果に応じた普通図柄を導出表示するための普通図柄表示手段(普通図柄表示装置39、図8のS57)と、
前記第2の始動口を可動部材(可動翼片47)により、遊技球の入球を容易とする入賞容易状態と、遊技球の入球を困難または不可能とする入賞困難状態とに変換可能に構成された普通変動入賞手段(普通変動入賞装置41)と、
前記普通図柄表示手段に前記補助当りを示す普通図柄が導出表示された後、前記可動部材を所定の動作パターンで制御して前記補助当り遊技を発生させる補助当り制御手段(図8のS58)と、
前記特別遊技状態が終了したことを条件に、前記可動部材の稼働状態を通常遊技状態よりも高めて遊技者に有利な特典遊技状態を発生させる特典遊技制御手段(図15のS411、図30のS592)と、を備え、
前記先読み禁止状態制御手段は、前記特典遊技状態中の場合には前記第1の先読み禁止状態に制御し、当該特典遊技状態以外の遊技状態中の場合には前記第2の先読み禁止状態に制御にする、ことを特徴とする上記(1)に記載の弾球遊技機。」

(2)「【0081】
以上のような各機能を1または複数種類作動させることにより、遊技機の内部的な遊技状態に変化をもたらすことができる。ここで本実施形態では、普通図柄確変機能、普通図柄時短機能、および開放延長機能の作動開始条件は、特別図柄時短機能の作動開始条件と同じ条件としているので、各機能が同じ契機にて動作することになる。以下では、説明の便宜上、特別図柄確変機能、特別図柄時短機能、普通図柄確変機能、普通図柄時短機能、および開放延長機能が作動する遊技状態を「確変状態」と称し、これらの機能のうちから特別図柄確変機能を除去した遊技状態を「時短状態」と称し、特別図柄確変機能のみが作動する遊技状態を「潜伏確変状態(潜確または潜確状態)」と称し、全機能が作動中でない(非作動)状態を「通常遊技状態」と称する。したがって、これらの遊技状態における大当り抽選確率に着目すれば、遊技状態が「時短状態」または「通常遊技状態」である場合には少なくとも大当り抽選確率が‘低確率状態’となり、遊技状態が「潜確状態」または「確変状態」の場合においては少なくとも大当り抽選確率が‘高確率状態’となる。なお詳細は後述するが、本実施形態では、上記の「時短状態」は単独では発生しない構成となっている。」

(3)「【0099】
(4-3-1.15R確変大当り遊技終了後の遊技状態)
15R確変大当り遊技後は、図示のように、その大当り当選時の遊技状態にかかわらず「確変状態」に移行される。この「確変状態」となった場合には、特別図柄変動表示ゲームの実行回数(特別図柄の変動表示動作回数(以下、「特別図柄の変動回数」と略す)が所定回数(本実施形態では、特別図柄変動表示ゲーム1および2の合計実行回数(特別図柄1および2の合計変動回数)。以下同じ):たとえば70回)終了するまでの間か、またはその所定回数内で大当りが確定する(特別図柄が大当りを示す表示態様で停止表示され、大当り遊技の発生が確定した場合。なお、大当りに当選した場合であっても良い。以下同様)まで当該確変状態が継続し、その所定回数内で大当りが確定することなく特別図柄変動表示ゲームが終了したときには当該確変状態が終了して、次ゲームから「通常A(内部遊技状態は通常遊技状態)」に移行されるようになっている。本実施形態のパチンコ機1は、大当り抽選確率が少なくとも高確率となる遊技状態に移行された後、大当り(小当りは除く)に当選することなく特別図柄変動表示ゲームが所定回数終了した場合、当該高確率状態を終了させて大当り抽選確率を低確率に移行させる回数切りの確変機(回数切り確変機(ST機))となっている。以下、必要に応じて、この高確率状態が継続される特別図柄変動表示ゲーム(特別図柄の変動回数)の上限回数を「規定ST回数」と称する。」

(4)「【0104】
以上に述べたように、上記の「15R長開放確変大当り」は、第1の大当り遊技に移行させ、当該第1の大当り遊技の終了後に通常遊技状態よりも遊技者に有利な第1の特典遊技状態(本実施形態では、確変状態)に移行させる「第1の大当り」として機能する。また上記の「10R長開放確変大当り」は、上記第1の大当り遊技よりも遊技者に供与する利益が相対的に少なくなるように大入賞口の開閉動作パターンが実行制御される第2の大当り遊技に移行させ、当該第2の大当り遊技の終了後に上記第1の特典遊技状態に移行させる「第2の大当り」として機能する。また上記の「2R短開放潜確大当り」は、上記第1の大当り遊技よりも遊技者に供与する利益が相対的に少なくなるように大入賞口の開閉動作パターンが実行制御される第3の大当り遊技に移行させ、当該第3の大当り遊技の終了後に上記第1の特典遊技状態よりも遊技者に供与する利益が相対的に少ない第2の特典遊技状態(本実施形態では、「潜確状態」)に移行させる「第3の大当り」として機能する。」

以上の(1)?(4)から、刊行物2には、以下の事項が記載されていると認められる。なお、見出しのア?スは本願発明の構成を分説するア?スに対応している。

「ア 第1の始動口への遊技球の入球を契機に所定の遊技情報を取得する第1の取得手段(図10のS314)と(【0009】)、
第2の始動口への遊技球の入球を契機に所定の遊技情報を取得する第2の取得手段と(図11のS334)(【0009】)、

イ、オ 前記第1の取得手段により取得された所定の遊技情報を第1の作動保留球として保留記憶する第1の保留記憶手段(RAM203、図10のS314、図15のS406、S407)と(【0009】)、
前記第2の取得手段により取得された所定の遊技情報を第2の作動保留球として保留記憶する第2の保留記憶手段(RAM203、図11のS334、図15のS406、S407)と(【0009】)、
前記第1の作動保留球に基づき、第1の特別図柄表示手段において特別遊技状態の発生となる特定結果を導出表示させるか否かを抽選する第1の抽選手段(図15のS409)と(【0009】)、
前記第2の作動保留球に基づき、第2の特別図柄表示手段において特別遊技状態の発生となる特定結果を導出表示させるか否かを抽選する第2の抽選手段(図15のS409)と(【0009】)、

ウ、カ、ケ、サ、シ 前記第1の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する第1の変動パターン選択手段(図15のS412)と(【0009】)、
前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する第2の変動パターン選択手段(図15のS412)と(【0009】)、
前記第1の変動パターン選択手段または前記第2の変動パターン選択手段により決定された変動パターンに基づき、実行開始が決定された特別図柄の変動表示動作を制御する特別図柄表示制御手段(図9のS307?S309)と(【0009】)、
前記第1の変動パターン選択手段または前記第2の変動パターン選択手段により決定された変動パターンに基づき、装飾図柄表示手段における装飾図柄の変動表示動作を制御する装飾図柄表示制御手段(演出制御部24)と(【0009】)、

エ 前記特別遊技状態が終了したことを条件に、特別図柄1および2の合計変動回数がたとえば70回終了するまでの間、通常遊技状態よりも遊技者に有利な特典遊技状態である確変状態を発生させる特典遊技制御手段(図15のS411、図30のS592)と(【0010】、【0099】、【0104】)、を備え、

キ 前記第1の変動パターン選択手段により前記第1の特別図柄の変動表示動作に係る装飾図柄の変動パターンが決定されるよりも前段階に、前記第1の取得手段により取得された遊技情報に基づき、当該第1の変動パターン選択手段により将来決定されることとなる変動パターンを事前に先読み判定する第1の先読み判定手段(図10のS317?S323)と(【0009】)、
前記第2の変動パターン選択手段により前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る装飾図柄の変動パターンが決定されるよりも前段階に、前記第2の取得手段により取得された遊技情報に基づき、当該第2の変動パターン選択手段により将来決定されることとなる変動パターンを事前に先読み判定する第2の先読み判定手段(図11のS337?S343)と(【0009】)、

シ、ス 前記第1の先読み判定手段による先読み判定を禁止して前記第2の先読み判定手段による先読み判定を許容する第1の先読み禁止状態と、前記第2の先読み判定手段による先読み判定を禁止して前記第1の先読み判定手段による先読み判定を許容する第2の先読み禁止状態とを所定の切替条件に基づき切替制御する先読み禁止状態制御手段(図10のSS315?316、図11のS335?S336、図15のS411、図21BのS481、S486、S490、図30のS592、図31のS606など)と(【0009】)、
前記第1の先読み判定手段または前記第2の先読み判定手段による先読み判定結果を演出開始条件に、当該先読み判定結果に関連する情報を報知する先読み予告演出の実行可否を判定する予告実行判定手段(図37のS714)と(【0009】)、
前記予告実行判定手段により前記予告演出を実行可と判定された場合、前記装飾図柄表示手段に対して前記先読み予告演出を発生させる予告演出制御手段(演出制御部24、図37のS718、図39のS755?S760など)と(【0009】)、
前記先読み禁止状態制御手段は、前記特典遊技状態である確変状態(特別図柄確変機能、特別図柄時短機能、普通図柄確変機能、普通図柄時短機能、および開放延長機能が作動する遊技状態)中の場合には前記第1の先読み禁止状態に制御する(【0010】、【0081】【0104】)、
弾球遊技機(【0009】)。」(以下「引用発明2」という。)。

第5 対比・判断
本願発明と引用発明1とを対比する。なお、見出しのア?スは本願発明の構成を分説するア?スに対応している。

ア 引用発明1の「始動口である普通電動役物31に遊技球が入球したか否か判定し、肯定判定なら、保留記憶数が上限数よりも少ないか否か判定し、肯定判定」となることは、本願発明の「所定条件が成立する」ことに相当する。また、引用発明1の「大当り判定用乱数、大当り図柄決定用乱数1、大当り図柄決定用乱数2、リーチ決定用乱数、変動パターン決定用乱数を抽出する乱数抽出手段」が、本願発明の「取得情報を取得する」「取得手段」に相当する。
したがって、引用発明1の「始動口である普通電動役物31に遊技球が入球したか否か判定し、肯定判定なら、保留記憶数が上限数よりも少ないか否か判定し、肯定判定なら、大当り判定用乱数、大当り図柄決定用乱数1、大当り図柄決定用乱数2、リーチ決定用乱数、変動パターン決定用乱数を抽出する乱数抽出手段」と、本願発明の「第1所定条件が成立すると、第1取得情報を取得する第1取得手段と、第2所定条件が成立すると、第2取得情報を取得する第2取得手段」とからなるものとは、「所定条件が成立すると、取得情報を取得する取得手段」である点で共通する。

イ 引用発明1の「大当り判定用乱数の比較処理の結果が大当りであるか否か判定する当否判定手段」は、本願発明の「取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの」「特別遊技判定を行う」「特別遊技判定手段」に相当する。
したがって、引用発明1の「大当り判定用乱数の比較処理の結果が大当りであるか否か判定する当否判定手段」と、本願発明の「前記第1取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの第1特別遊技判定を行う第1特別遊技判定手段と、前記第2取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの第2特別遊技判定を行う第2特別遊技判定手段」とからなるものとは、「前記取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの特別遊技判定を行う特別遊技判定手段」である点で共通する。

ウ 引用発明1において、「特図の当否抽選」が「当否判定手段」により行われることは明らかであるから、引用発明1の「特図の当否抽選を行い、特別図柄表示装置29および演出図柄表示装置54bの図柄変動を開始し、前記抽選結果が大当りであれば、各表示装置29、54bに大当り図柄を確定表示する主制御装置50、サブ統合制御装置53及び演出図柄制御装置54a」と、本願発明の「前記第1特別遊技判定が行われると、第1図柄表示手段において第1図柄を変動させてから停止させることにより、前記第1特別遊技判定の結果を報知する第1図柄表示制御手段と、前記第2特別遊技判定が行われると、第2図柄表示手段において第2図柄を変動させてから停止させることにより、前記第2特別遊技判定の結果を報知する第2図柄表示制御手段」とからなるものとは、「前記特別遊技判定が行われると、図柄表示手段において図柄を変動させてから停止させることにより、前記特別遊技判定の結果を報知する図柄表示制御手段」である点で共通する。

エ 引用発明1の「特図の当否抽選が1万回実行されるまで、確変機能および時短機能が作動する遊技状態」及び「当否抽選が100回実行されるまで、時短機能が作動する遊技状態」は、本願発明の「図柄の」「変動回数が特定回数となるまで通常よりも遊技者に有利な遊技状態」に相当する。
したがって、引用発明1の「大当り遊技終了後の遊技状態として、特図の当否抽選が1万回実行されるまで、確変機能および時短機能が作動する遊技状態や、当否抽選が100回実行されるまで、時短機能が作動する遊技状態を設定する遊技状態制御手段」と、本願発明の「前記特別遊技が行われた後、前記第1図柄及び前記第2図柄の合計の変動回数が特定回数となるまで通常よりも遊技者に有利な遊技状態を制御する遊技状態制御手段」とは、「前記特別遊技が行われた後、前記図柄の変動回数が特定回数となるまで通常よりも遊技者に有利な遊技状態を制御する遊技状態制御手段」である点で共通する。

オ 引用発明1の「大当たり判定用乱数、大当り図柄決定用乱数1、大当り図柄決定用乱数2、リーチ決定用乱数、変動パターン決定用乱数を保留記憶として記憶する保留記憶手段」と、本願発明の「前記第1取得情報が取得された場合、当該第1取得情報を記憶して前記第1特別遊技判定の権利として保留可能な第1保留記憶手段と、前記第2取得情報が取得された場合、当該第2取得情報を記憶して前記第2特別遊技判定の権利として保留可能な第2保留記憶手段」とからなるものとは、「前記取得情報が取得された場合、当該取得情報を記憶して前記特別遊技判定の権利として保留可能な保留記憶手段」である点で共通する。

カ 引用発明1は「図柄の変動パターンを」「変動パターン選択テーブルから選択する」ものであって、そのために、図柄の変動パターンを複数記憶する記憶手段を備えることは明らかであるから、引用発明1と、本願発明の「前記第1図柄又は第2図柄の変動パターンを複数記憶する変動パターン記憶手段」を備えることとは、「前記図柄の変動パターンを複数記憶する変動パターン記憶手段」を備える点で共通する。
また、引用発明1の「大当り図柄決定用乱数1に基づいて設定される図柄モード、リーチ決定用乱数および変動パターン決定用乱数に基づいて、特別図柄表示装置29に表示する図柄の変動時間および演出図柄表示装置54bに表示する図柄の変動パターンを」「変動パターン選択テーブルから選択する変動パターン決定手段」は、変動パターン選択テーブルに複数の変動パターンを記憶していることは明らかであるから、引用発明1のこの構成と、本願発明の「前記第1取得情報又は第2取得情報に基づいて、前記複数の変動パターンの中から何れかの変動パターンを選択する変動パターン選択手段」とは、「前記取得情報に基づいて、前記複数の変動パターンの中から何れかの変動パターンを選択する変動パターン選択手段」である点で共通する。

キ 引用発明1の「当否判定時以前に大当り判定用乱数の値が大当り値か否か判定することを含む先読み判定カテゴリ判断処理を行うカテゴリ判定手段」と、本願発明の「前記第2特別遊技判定が行われる前に、前記第2取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの判定(以下、事前判定という)を行う事前判定手段」とは、「前記」「特別遊技判定が行われる前に、前記」「取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの判定(以下、事前判定という)を行う事前判定手段」である点で共通する。
また、引用発明1の「前記カテゴリ判定手段による大当り値か否かの判定に基づいて連続演出を実施するサブ統合制御装置53及び演出図柄制御装置54a」は、本願発明の「前記事前判定手段による事前判定の結果に基づいて、事前判定演出を行う事前判定演出制御手段」に相当する。

ク 引用発明1の「演出図柄表示装置54bを制御し、変動パターンの情報に対応する図柄の変動表示を開始する演出図柄制御装置54a」は、本願発明の「前記変動パターン選択手段によって選択された変動パターンに基づいて、変動演出を制御する変動演出制御手段」に相当する。

ケ 引用発明1の「状態フラグが「1」(時短:100回)、切換フラグが「3」に設定されると、この両フラグの値の組合せに基づいてその変動パターンは」「変動パターン決定手段」により「変動パターン選択テーブル「H」から選択され」ることと、本願発明の「前記変動パターン選択手段は、前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数が前記特定回数よりも小さい第1回数になるまで、前記第2図柄の変動パターンを第1変動パターン群の中から選択」することとは、「前記変動パターン選択手段は、前記特別遊技の終了からの前記」「図柄」「の変動回数が前記特定回数よりも小さい第1回数になるまで、前記」「図柄の変動パターンを第1変動パターン群の中から選択」する点で共通する。
また、引用発明1の「遊技が進行して特図の変動回数が30回に達すると、切換フラグが「0」に初期化され、この状態(状態フラグ「1」、切換フラグ「0」)で特図の変動が開始するとその変動パターンは」「変動パターン決定手段」により「変動パターン選択テーブル「E」から選択され」ることと、「前記変動パターン選択手段は、」「前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数が前記第1回数になった後、前記第2図柄の変動パターンを前記第1変動パターン群とは異なる第2変動パターン群の中から選択」とは、「前記変動パターン選択手段は」「前記特別遊技の終了からの前記」「図柄」「の変動回数が前記第1回数になった後、前記」「図柄の変動パターンを前記第1変動パターン群とは異なる第2変動パターン群の中から選択」する点で共通する。

コ 引用発明1の「ハズレ図柄に対応する変動パターンの設定処理を実行するとき、各変動パターン選択テーブルには複数種類の変動パターンが備えられており、リーチ決定用乱数および変動パターン決定用乱数に基づいて変動パターンが選択されるが、リーチ決定用乱数に基づくスーパーリーチ、リーチ、非リーチの振分比率と、変動パターン決定用乱数に基づく変動時間は、変動パターン選択テーブル毎に異なる設定となって」いるものにおいて、「変動パターン決定手段」が「特別図柄表示装置29に表示する図柄の変動時間および演出図柄表示装置54bに表示する図柄の変動パターンを変動パターン選択テーブルから選択する」ことは、非リーチの変動パターンよりもリーチやスーパーリーチの変動パターンのほうが変動時間が長くなるという技術常識に鑑みれば、「ハズレ図柄に対応する変動パターンの設定処理を実行するとき」、「非リーチ」たる第1の変動パターンよりも変動時間の長い「リーチ」または「スーパーリーチ」たる第2の変動パターンを含む複数の変動パターンのうちの何れかを選択可能であることは明らかであるから、引用発明は、本願発明の「前記特別遊技を行わないと判定された場合に、第1の変動パターンと、前記第1の変動パターンよりも変動時間の長い第2の変動パターンとを含む複数の変動パターンのうちの何れかを選択可能であ」る構成を備えるものといえる。

サ 引用発明1は「リーチ決定用乱数に基づくスーパーリーチ、リーチ、非リーチの振分比率と、変動パターン決定用乱数に基づく変動時間は、変動パターン選択テーブル毎に異なる設定となっており、従って変動パターン選択テーブルの違いによって、出現する変動パターンのリーチ確率及び変動時間が変化する」のであるから、「状態フラグが「1」(時短:100回)、切換フラグが「3」」「の組合せに基づいて変動パターン選択テーブルには「H」が設定され」るときと、「遊技が進行して特図の変動回数が30回に達」し「状態フラグ「1」、切換フラグ「0」」の組合せに基づいて「変動パターン選択テーブル「E」から選択され」るときとで、「リーチ決定用乱数に基づくスーパーリーチ、リーチ、非リーチの振分比率と、変動パターン決定用乱数に基づく変動時間は、」「異なる設定となっており、従って」「出現する変動パターンのリーチ確率及び変動時間が変化する」のであり、上記ケ及びコの検討を踏まえれば、「ハズレ図柄に対応する変動パターンの設定処理を実行するとき」に、「状態フラグが「1」(時短:100回)、切換フラグが「3」」「の組合せに基づいてその変動パターンは」第1の変動パターン群たる「変動パターン選択テーブル「H」から選択され」るときと、「遊技が進行して特図の変動回数が30回に達」し、「状態フラグ「1」、切換フラグ「0」」の組合せに基づいて「その変動パターンは」第2の変動パターン群たる「変動パターン選択テーブル「E」から選択され」るときとで、「リーチ」または「スーパーリーチ」たる第2の変動パターンを選択する確率が異なることは明らかである。
したがって、引用発明1の上記構成と、本願発明の「前記特別遊技を行わないと判定された場合に、前記第1変動パターン群を用いて前記第2図柄の変動パターンを選択するときと、前記第2変動パターン群を用いて前記第2図柄の変動パターンを選択するときとで、前記第2の変動パターンを選択する確率が異なるように構成されて」いることとは、「前記特別遊技を行わないと判定された場合に、前記第1変動パターン群を用いて前記図柄の変動パターンを選択するときと、前記第2変動パターン群を用いて前記図柄の変動パターンを選択するときとで、前記第2の変動パターンを選択する確率が異なるように構成されて」いる点で共通する。

シ 引用発明1の「前記カテゴリ判定手段」が「始動入賞時処理時の先読みカテゴリ判断処理では、カテゴリ判断処理時に切換カウンタ又は時短カウンタが設定されていると、該当するカウンタ値から保留記憶数を減算してそれぞれの値を比較し、該比較結果が0以下ならば、比較したカウンタ値が0になることによって実施されるフラグ値の変更に伴う変動パターン選択テーブルの切換に合わせ、変動パターン選択テーブルを設定してから」「変動パターンが選択される」「カテゴリ判断処理を行う」ことと、本願発明の「前記事前判定手段は、前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数に応じた値を用いるとともに、前記第1特別遊技判定の権利の保留数を用いることなく前記第2特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記第2図柄の変動パターンを事前に判定可能であ」ることとは、「前記事前判定手段は、前記特別遊技の終了からの前記図柄の変動回数に応じた値を用いるとともに、前記特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記図柄の変動パターンを事前に判定可能であ」る点で共通する。

ス 上記キの検討を踏まえれば、引用発明1の「主制御装置50及びサブ統合制御装置53は、当否判定時以前に、前記カテゴリ判定手段による大当り値か否かの判定結果を基に連続演出を実施するパチンコ遊技機1」は、本願発明の「前記事前判定演出制御手段は、前記事前判定手段による判定結果に基づいて、前記事前判定演出を実行可能である、遊技機」に相当する。

してみると、本願発明と引用発明1とは、
「ア 所定条件が成立すると、取得情報を取得する取得手段と、
イ 前記取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの特別遊技判定を行う特別遊技判定手段と、
ウ 前記特別遊技判定が行われると、図柄表示手段において図柄を変動させてから停止させることにより、前記特別遊技判定の結果を報知する図柄表示制御手段と、
エ 前記特別遊技が行われた後、前記図柄の変動回数が特定回数となるまで通常よりも遊技者に有利な遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、
オ 前記取得情報が取得された場合、当該取得情報を記憶して前記特別遊技判定の権利として保留可能な保留記憶手段と、
カ 前記図柄の変動パターンを複数記憶する変動パターン記憶手段と、
前記取得情報に基づいて、前記複数の変動パターンの中から何れかの変動パターンを選択する変動パターン選択手段と、
キ 前記特別遊技判定が行われる前に、前記取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの判定(以下、事前判定という)を行う事前判定手段と、
前記事前判定手段による事前判定の結果に基づいて、事前判定演出を行う事前判定演出制御手段と、
ク 前記変動パターン選択手段によって選択された変動パターンに基づいて、変動演出を制御する変動演出制御手段と、を備え、
ケ 前記変動パターン選択手段は、
前記特別遊技の終了からの前記図柄の変動回数が前記特定回数よりも小さい第1回数になるまで、前記図柄の変動パターンを第1変動パターン群の中から選択し、
前記特別遊技の終了からの前記図柄の変動回数が前記第1回数になった後、前記図柄の変動パターンを前記第1変動パターン群とは異なる第2変動パターン群の中から選択し、
コ 前記特別遊技を行わないと判定された場合に、第1の変動パターンと、前記第1の変動パターンよりも変動時間の長い第2の変動パターンとを含む複数の変動パターンのうちの何れかを選択可能であり、
サ 前記特別遊技を行わないと判定された場合に、前記第1変動パターン群を用いて前記図柄の変動パターンを選択するときと、前記第2変動パターン群を用いて前記図柄の変動パターンを選択するときとで、前記第2の変動パターンを選択する確率が異なるように構成されており、
シ 前記事前判定手段は、前記特別遊技の終了からの前記図柄の変動回数に応じた値を用いるとともに、前記特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記図柄の変動パターンを事前に判定可能であり、
ス 前記事前判定演出制御手段は、前記事前判定手段による判定結果に基づいて、前記事前判定演出を実行可能である、遊技機。」
である点で一致し、次の点で相違する。

(相違点1)構成ア?キ
「ア 所定条件が成立すると、取得情報を取得する取得手段と、
イ 前記取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの特別遊技判定を行う特別遊技判定手段と、
ウ 前記特別遊技判定が行われると、図柄表示手段において図柄を変動させてから停止させることにより、前記特別遊技判定の結果を報知する図柄表示制御手段と、
エ 前記特別遊技が行われた後、前記図柄の変動回数が特定回数となるまで通常よりも遊技者に有利な遊技状態を制御する遊技状態制御手段と、
オ 前記取得情報が取得された場合、当該取得情報を記憶して前記特別遊技判定の権利として保留可能な保留記憶手段と、
カ 前記図柄の変動パターンを複数記憶する変動パターン記憶手段と、
前記取得情報に基づいて、前記複数の変動パターンの中から何れかの変動パターンを選択する変動パターン選択手段と、
キ 前記特別遊技判定が行われる前に、前記取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの判定(以下、事前判定という)を行う事前判定手段と、を備え、

いる点について、本願発明は「所定条件」、「取得情報」、「取得手段」、「特別遊技判定」、「特別遊技判定手段」、「図柄表示手段」、「図柄」、「保留記憶手段」がいずれも「第1」と「第2」のものからなり、「変動回数」が「第1」と「第2」の「図柄の合計」のものであり、「事前判定」、がいずれも「第2(図柄)」の側で行われるのに対し、引用発明1は「所定条件」、「取得情報」、「取得手段」、「特別遊技判定」、「特別遊技判定手段」、「図柄表示手段」、「図柄」、「保留記憶手段」がいずれも1つであり、「変動回数」がその1つの「図柄」のものであり、「事前判定」、がその1つの「特別遊技判定」が行われる前にその1つの「取得情報」に基づくものである点。

(相違点2)構成ケ、サ
「ケ 前記変動パターン選択手段は、
前記特別遊技の終了からの前記図柄の変動回数が前記特定回数よりも小さい第1回数になるまで、前記図柄の変動パターンを第1変動パターン群の中から選択し、
前記特別遊技の終了からの前記図柄の変動回数が前記第1回数になった後、前記図柄の変動パターンを前記第1変動パターン群とは異なる第2変動パターン群の中から選択し、
サ 前記特別遊技を行わないと判定された場合に、前記第1変動パターン群を用いて前記図柄の変動パターンを選択するときと、前記第2変動パターン群を用いて前記図柄の変動パターンを選択するときとで、前記第2の変動パターンを選択する確率が異なるように構成されて」
いる点について、本願発明は、「変動回数」が「第1」と「第2」の「図柄の合計」のものであり、「第1・第2変動パターン群」から選択される「変動パターン」が「第2図柄」のものであるのに対し、引用発明1は、「変動回数」、及び、「第1・第2変動パターン群」から選択される「変動パターン」がいずれも1つの図柄のものである点。

(相違点3)構成シ
「前記事前判定手段は、前記特別遊技の終了からの前記図柄の変動回数に応じた値を用いるとともに、前記特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記図柄の変動パターンを事前に判定可能であ」る点について、本願発明は「変動回数」が「第1」と「第2」の「図柄の合計」のものであり、事前に判定可能である変動パターンは「第2図柄」のものであり、事前判定に用いる特別遊技判定の権利の保留数は「第1」のものを用いず「第2」のものを用いるのに対し、引用発明1は「変動回数」、「事前に判定可能である変動パターン」、「事前判定に用いる特別遊技判定の権利の保留数」は、いずれもの1つの図柄に係るものである点。

(相違点1について)構成ア?キ
ア 引用発明2の「第1の始動口への遊技球の入球を契機に所定の遊技情報を取得する第1の取得手段(図10のS314)と、 第2の始動口への遊技球の入球を契機に所定の遊技情報を取得する第2の取得手段(図11のS334)と」は、本願発明の「第1所定条件が成立すると、第1取得情報を取得する第1取得手段と、第2所定条件が成立すると、第2取得情報を取得する第2取得手段と」に相当する。

イ 引用発明2の「前記第1の取得手段により取得された所定の遊技情報を」「保留記憶する」「第1の作動保留球に基づき、第1の特別図柄表示手段において特別遊技状態の発生となる特定結果を導出表示させるか否かを抽選する第1の抽選手段(図15のS409)と、「前記第2の取得手段により取得された所定の遊技情報を」「保留記憶する」「第2の作動保留球に基づき、第2の特別図柄表示手段において特別遊技状態の発生となる特定結果を導出表示させるか否かを抽選する第2の抽選手段(図15のS409)と」は、本願発明の「前記第1取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの第1特別遊技判定を行う第1特別遊技判定手段と、前記第2取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの第2特別遊技判定を行う第2特別遊技判定手段と」に相当する。

ウ 引用発明2の「前記第1の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する」「第1の変動パターン選択手段または」「前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する」「第2の変動パターン選択手段により決定された変動パターンに基づき、実行開始が決定された特別図柄の変動表示動作を制御する特別図柄表示制御手段(図9のS307?S309)」または「前記第1の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する」「第1の変動パターン選択手段または」「前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する」「第2の変動パターン選択手段により決定された変動パターンに基づき、装飾図柄表示手段における装飾図柄の変動表示動作を制御する装飾図柄表示制御手段(演出制御部24)」は、本願発明の「前記第1特別遊技判定が行われると、第1図柄表示手段において第1図柄を変動させてから停止させることにより、前記第1特別遊技判定の結果を報知する第1図柄表示制御手段と、前記第2特別遊技判定が行われると、第2図柄表示手段において第2図柄を変動させてから停止させることにより、前記第2特別遊技判定の結果を報知する第2図柄表示制御手段と」に相当する。

エ 引用発明2の「前記特別遊技状態が終了したことを条件に、特別図柄1および2の合計変動回数がたとえば70回終了するまでの間、前記可動部材の稼働状態を通常遊技状態よりも遊技者に有利な特典遊技状態である確変状態を発生させる特典遊技制御手段(図15のS411、図30のS592)」は、本願発明の「前記特別遊技が行われた後、前記第1図柄及び前記第2図柄の合計の変動回数が特定回数となるまで通常よりも遊技者に有利な遊技状態を制御する遊技状態制御手段」に相当する。

オ 引用発明2の「前記第1の取得手段により取得された所定の遊技情報を第1の作動保留球として保留記憶する第1の保留記憶手段(RAM203、図10のS314、図15のS406、S407)と、前記第2の取得手段により取得された所定の遊技情報を第2の作動保留球として保留記憶する第2の保留記憶手段(RAM203、図11のS334、図15のS406、S407)と」は、本願発明の「前記第1取得情報が取得された場合、当該第1取得情報を記憶して前記第1特別遊技判定の権利として保留可能な第1保留記憶手段と、前記第2取得情報が取得された場合、当該第2取得情報を記憶して前記第2特別遊技判定の権利として保留可能な第2保留記憶手段と」に相当する。

カ 引用発明2の「前記第1の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する第1の変動パターン選択手段(図15のS412)と、前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する第2の変動パターン選択手段(図15のS412)と」は、本願発明の「前記第1取得情報又は第2取得情報に基づいて、前記複数の変動パターンの中から何れかの変動パターンを選択する変動パターン選択手段と」に相当する。
また、第1及び第2の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちから選択するためには、第1及び第2の特別図柄の変動パターンを複数記憶する手段を備える必要があることは明らかであるから、本願発明の「前記第1図柄又は第2図柄の変動パターンを複数記憶する変動パターン記憶手段」を引用発明2が備えることは自明の事項である。

キ 引用発明2の「前記第2の変動パターン選択手段により前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る装飾図柄の変動パターンが決定されるよりも前段階に、前記第2の取得手段により取得された遊技情報に基づき、当該第2の変動パターン選択手段により将来決定されることとなる変動パターンを事前に先読み判定する第2の先読み判定手段(図11のS337?S343)と、前記第2の先読み判定手段による先読み判定結果を演出開始条件に、当該先読み判定結果に関連する情報を報知する先読み予告演出の実行可否を判定する予告実行判定手段により前記予告演出を実行可と判定された場合、前記装飾図柄表示手段に対して前記先読み予告演出を発生させる予告演出制御手段(演出制御部24、図37のS718、図39のS755?S760など)と」は、本願発明の「前記第2特別遊技判定が行われる前に、前記第2取得情報に基づいて、特別遊技を行うか否かの判定(以下、事前判定という)を行う事前判定手段と、前記事前判定手段による事前判定の結果に基づいて、事前判定演出を行う事前判定演出制御手段と」に相当する。

したがって、相違点1に係る本願発明の構成は引用発明2に開示されている事項及び自明の事項からなるものである。
そして、引用発明1に対して、近年主流となっている、遊技領域に形成された第1始動口と、これとは異なる位置に形成された第2の始動口とを備え、各々の始動口ごとに最大4個まで作動保留球を保留記憶する弾球遊技機であって、先読み予告に関する制御負担を軽減できる(刊行物2の段落【0006】、【0007】参照。)引用発明2を適用する動機付けは十分見出せるから、引用発明1に引用発明2を適用して、相違点1に係る本願発明の構成に想到することは当業者が容易になし得るものである。

(相違点2について)ケ、サ
上記(相違点1について)エで検討したように、引用発明2は、本願発明の「変動回数」が「第1」と「第2」の「図柄の合計」のものを開示する。
また、引用発明2の「第2の特別図柄の変動表示動作に係る変動パターンを複数種類の変動パターンのうちからいずれかの変動パターンを選択する」ことは、本願発明の選択される変動パターンが「第2図柄」のものであることに相当する。
したがって、上記(相違点1について)で検討したように引用発明1に引用発明2を適用して、「変動回数」を「第1」と「第2」の「図柄の合計」のものとし、「第1・第2変動パターン群」から選択される「変動パターン」を「第2図柄」のものとして、相違点2に係る本願発明の構成に想到することは当業者が容易になし得るものである。

(相違点3について)構成シ
引用発明2の「第2の先読み判定手段」が「前記第2の変動パターン選択手段により前記第2の特別図柄の変動表示動作に係る装飾図柄の変動パターンが決定されるよりも前段階に、前記第2の取得手段により取得された遊技情報に基づき、当該第2の変動パターン選択手段により将来決定されることとなる変動パターンを事前に先読み判定する」ものにおいて、「前記先読み禁止状態制御手段」が「前記特典遊技状態である確変状態中の場合には前記第1の先読み判定手段による先読み判定を禁止して前記第2の先読み判定手段による先読み判定を許容する第1の先読み禁止状態に制御」することは、上記相違点3に係る本願発明である「前記事前判定手段は、」「前記第1特別遊技判定の権利の保留数を用いることなく前記第2特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記第2図柄の変動パターンを事前に判定可能であ」ることに相当する。
また、引用発明1は、確率変動時以外の遊技状態においてのみならず確率変動時においても当否判定時以前に行う先読み判定に基づいた演出カテゴリ判断を行い連続演出を実施するものであるから、引用発明1において、「3」確率変動時短有りの状態フラグと切換フラグの組合せに基づいて変動パターン選択テーブルを設定した際にも、切換カウンタのカウンタ値から保留記憶数を減算してそれぞれの値を比較し、該比較結果が0以下(カウンタ値と保留記憶数が同数か、保留記憶数の方が大きい)ならば、比較したカウンタ値が0になることによって実施されるフラグ値の変更に伴う変動パターン選択テーブルの切換に合わせ、変動パターン選択テーブルを設定してから、演出カテゴリ判断を行い連続演出を実施し得ることは明らかである。
したがって、上記(相違点1について)で検討したように引用発明1に引用発明2を適用する場合、引用発明1の「3」確率変動時短有りの遊技状態のときに、引用発明2の確変状態(特別図柄確変機能、特別図柄時短機能、普通図柄確変機能、普通図柄時短機能、および開放延長機能が作動する遊技状態)中の場合に先読み判定を禁止することを適用して、上記相違点3に係る本願発明の構成である「前記事前判定手段は、」「前記第1特別遊技判定の権利の保留数を用いることなく前記第2特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記第2図柄の変動パターンを事前に判定可能」とすることに格別の困難性はない。

また、引用発明2は、「前記特別遊技状態が終了したことを条件に、特別図柄1および2の合計変動回数がたとえば70回終了するまでの間、前記可動部材の稼働状態を通常遊技状態よりも遊技者に有利な特典遊技状態である確変状態を発生させる」ものであるから、これを引用発明1の「3」確率変動時短有りの状態フラグと切換フラグの組合せに基づいて変動パターン選択テーブルを設定するものに適用する際には、引用発明2の特別図柄1および2の合計変動回数を、引用発明1の状態フラグに係る変動回数としなければ、状態フラグが遊技状態を反映することができないことは明らかである。また、引用発明2の特別図柄1および2の合計変動回数を、引用発明1の状態フラグに係る変動回数とするのであれば、切換フラグに係る変動回数も同様に、特別図柄1および2の合計の変動回数とするのが自然である。そして、これら特別図柄1および2の合計の変動回数による状態フラグ及び切換フラグの変更に伴う変動パターン選択テーブルの切換に合わせ、変動パターン選択テーブルを設定してから変動パターンが選択されるカテゴリ判断処理を行うことによって、上記相違点3に係る本願発明の構成である「前記事前判定手段は、前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数に応じた値を用いる」ものとすることに格別の困難性はない。

よって、引用発明1に引用発明2を適用して相違点3に係る本願発明の構成に想到することは当業者が容易になし得るものである。

そして、本願発明の効果は、引用発明1及び引用発明2から当業者が予測できる範囲のものであり格別顕著なものとはいえない。

よって、本願発明は、引用発明1及び引用発明2に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。

(請求人の主張について)
請求人は、平成29年9月15日付けの意見書の3.(3)において、以下のように主張する。

ア「一方、引用文献1には、変動パターン決定乱数に基づく変動時間は、変動パターン選択テーブル毎に異なることが記載されています(段落0085)。しかしながら、隣り合う2つの変動パターン選択テーブル(切り替わり前後の2つの変動パターン選択テーブル。すなわち、ある変動回数を境にして第1変動パターン選択テーブルから第2変動パターン選択テーブルに切り替わる場合における、当該第1及び第2変動パターン選択テーブル)の変動時間が異なることは記載されていません。また、ハズレの場合において第1変動パターン選択テーブルと第2変動パターン選択テーブルとで、変動時間の長い変動パターンを選択する確率が異なることは、記載されていません。したがって、引用文献1では、上述した本願発明の効果を奏することはありません。」

イ「また、引用文献1に引用文献2を適用した上で、本願発明のように構成することは、当業者であっても容易ではありません。
具体的には、引用文献1に引用文献2を適用した上で本願発明の構成に想到するためには、まず、第1図柄及び第2図柄の両方の変動回数に応じた値と、第2図柄の保留数に基づいて事前判定を行うように構成する必要があります(相違点1)。そして、さらに、ハズレの場合において、第1変動パターン群を用いて第2図柄の変動パターンを選択するときと、第2変動パターン群を用いて第2図柄の変動パターンを選択するときとで、変動時間の長い変動パターンを選択する確率が異なるように構成する必要があります(相違点2)。
相違点1に関して、審判官殿は、『特別図柄を2つとした場合に、時短中にはいずれの特別図柄も変動する可能性があるため、時短中の変動回数を計数するには2つの特別図柄の変動回数を合計して計数しなければならないことは技術常識であるから、引用発明に引用文献2に記載の技術事項を適用する際に、先読み演出に係る判定に2つの特別図柄の変動回数に応じた値と、図柄に係る保留数の数に基づいて行うようにすることは当業者が容易になし得たものである』とご主張されています。しかしながら、仮に時短中の変動回数を計数するには2つの特別図柄の変動回数を合計して計数しなければならないことが技術常識であったとしても、保留先読みに係る判定において2つの特別図柄の変動回数を合計した値を用いることは、引用文献には記載も示唆もされていません。引用文献2では、電サポ有り状態のときには特別図柄2のみが変動することを前提として、制御負担の増大を防止するために特別図柄1側の先読み判定を禁止しています(段落0188)。このため、引用文献1に引用文献2の構成を適用する際には、先読みに係る判定においても特別図柄2のみが変動するという前提および制御負担を考慮して、特別図柄2のみの変動回数および保留数を用いるのが通常であり、敢えて2つの特別図柄の変動回数と特別図柄2のみの保留数とを用いて先読みに係る判定を行うように構成することは、当業者にとって容易ではありません。
また、仮に相違点1に想到することが当業者にとって容易であったとしても、引用文献1には、隣り合う2つの第1、第2変動パターン選択テーブルに関して、第1変動パターン選択テーブルと第2変動パターン選択テーブルとで変動時間の長い変動パターンを選択する確率が異なることは記載されておらず、さらに、ハズレの場合においてこのような変動時間の選択とすることは記載も示唆もされておりません。本願発明では、ハズレの場合において変動パターン郡の切り替え前後で変動時間の長い変動パターンの選択率を変化させることで、上述のように、ハズレが連続している場合であっても遊技者を飽きさせず、遊技者の期待を持続させることができます。」

しかしながら、上記アの請求人の主張については、上記第5のケ?サで検討したように、引用発明1は、隣り合う2つの変動パターン選択テーブル、例えば、状態フラグが「1」、切換フラグが「3」に基づいて選択される変動パターン選択テーブル「H」と、遊技が進行して特図の変動回数が30回に達して状態フラグが「1」、切換フラグが「0」に基づいて選択される変動パターン選択テーブル「E」とは、変動時間は異なるものであり、また、ハズレの場合において第1変動パターン選択テーブルたる「H」と第2変動パターン選択テーブルたる「E」とで、変動時間の長い変動パターンである「スーパーリーチ」または「リーチ」を選択する確率が異なるものといえる。
したがって、上記アの請求人の主張は採用できない。

また、上記イの請求人の主張については、上記(相違点3について)で検討したように、引用発明1の「3」確率変動時短有りの遊技状態のときに、引用発明2の確変状態(特別図柄確変機能、特別図柄時短機能、普通図柄確変機能、普通図柄時短機能、および開放延長機能が作動する遊技状態)中の場合に先読み判定を禁止することを適用して、本願発明の構成である「前記事前判定手段は、」「前記第1特別遊技判定の権利の保留数を用いることなく前記第2特別遊技判定の権利の保留数を用いて、前記第2図柄の変動パターンを事前に判定可能」とすることに格別の困難性はなく、また、引用発明2の特別図柄1および2の合計変動回数を、引用発明1の状態フラグに係る変動回数としなければ、状態フラグが遊技状態を反映することができないことは明らかであって、引用発明2の特別図柄1および2の合計変動回数を、引用発明1の状態フラグに係る変動回数とするのであれば、切換フラグに係る変動回数も同様に、特別図柄1および2の合計の変動回数とするのが自然であるから、これら特別図柄1および2の合計の変動回数による状態フラグ及び切換フラグの変更に伴う変動パターン選択テーブルの切換に合わせ、変動パターン選択テーブルを設定してから変動パターンが選択されるカテゴリ判断処理を行うことによって、本願発明の構成である「前記事前判定手段は、前記特別遊技の終了からの前記第1図柄および前記第2図柄の合計の変動回数に応じた値を用いる」ものとすることに格別の困難性はない。
さらに、ハズレの場合において、第1変動パターン群を用いて第2図柄の変動パターンを選択するときと、第2変動パターン群を用いて第2図柄の変動パターンを選択するときとで、変動時間の長い変動パターンを選択する確率が異なるように構成することは、上記アの請求人の主張に対して上述したとおり、引用発明1に開示されている。
したがって、上記イの請求人の主張は採用できない。

第6 むすび
以上のとおり、本願発明は、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は、拒絶されるべきものである。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2017-10-16 
結審通知日 2017-10-17 
審決日 2017-10-30 
出願番号 特願2015-93277(P2015-93277)
審決分類 P 1 8・ 121- WZ (A63F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 足立 俊彦  
特許庁審判長 長崎 洋一
特許庁審判官 蔵野 いづみ
藤田 年彦
発明の名称 遊技機  
代理人 寺本 亮  
代理人 小沢 昌弘  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ