• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 発明同一  G03F
審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  G03F
審判 全部申し立て 2項進歩性  G03F
管理番号 1358614
異議申立番号 異議2018-701020  
総通号数 242 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2020-02-28 
種別 異議の決定 
異議申立日 2018-12-13 
確定日 2019-11-29 
異議申立件数
訂正明細書 有 
事件の表示 特許第6341351号発明「感光性樹脂組成物、硬化物及び画像表示装置」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6341351号の特許請求の範囲を訂正請求書に添付された訂正特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項〔1?10〕について訂正することを認める。 特許第6341351号の請求項1?3、5、6、8?10に係る特許を維持する。 特許第6341351号の請求項4、7についての異議申立てを却下する。 
理由 第1 手続の経緯
特許第6341351号の請求項1?10に係る特許についての出願は、2017年(平成29年)9月13日(優先権主張平成28年9月16日)を国際出願日とする出願であって、平成30年5月25日にその特許権の設定登録がされ、平成30年6月13日に特許公報が発行された。その後、その特許に対し、特許異議申立人 特許業務法人朝日奈特許事務所(以下、「特許異議申立人」という。)による特許異議の申立てがなされた。本件特許異議の申立ての経緯は、以下のとおりである。

平成30年12月13日付け:特許異議の申立て
平成31年 3月 5日付け:取消理由通知
令和 元年 5月10日付け:特許権者による意見書及び訂正請求書提出
令和 元年 6月12日付け:特許異議申立人による意見書提出
令和 元年 7月24日付け:取消理由通知<決定の予告>
令和 元年 9月27日付け:特許権者による意見書及び訂正請求書提出
令和 元年10月24日付け:特許異議申立人による意見書提出

なお、令和元年5月10日付けの訂正請求書は、特許法第120条の5第7項の規定により、取り下げられたものとみなされる。


第2 訂正の適否についての判断
1 訂正の趣旨
令和元年9月27日付けの訂正請求書による訂正の請求(以下、当該訂正請求書による訂正の請求を「本件訂正請求」といい、本件訂正請求による訂正を「本件訂正」という。)の趣旨は、「特許第6341351号の特許請求の範囲を本件請求書に添付した訂正特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項1?10について訂正することを求める。」というものである。

2 訂正の内容
本件訂正による訂正の内容は、以下のとおりである。なお、訂正箇所に下線を付した。

(1)訂正事項1
特許請求の範囲の請求項1に、
「前記(c)光重合開始剤が、下記一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)、及び、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上である光重合開始剤(c2)を含有することを特徴とする感光性樹脂組成物。」
とあるのを、
「前記(c)光重合開始剤が、下記一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)、及び、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)を含有し、
全固形分に対する前記(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下であることを特徴とする感光性樹脂組成物。」
に訂正する(請求項1の記載を引用する請求項2?10についても同様に訂正する。)。

(2)訂正事項2
特許請求の範囲の請求項4を削除する。

(3)訂正事項3
特許請求の範囲の請求項7を削除する。

(4)訂正事項4
特許請求の範囲の請求項5に、
「請求項4に記載の感光性樹脂組成物。」
とあるのを、
「請求項1?3のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」
に訂正する(請求項5の記載を引用する請求項6、8?10についても同様に訂正する。)。

(5)訂正事項5
特許請求の範囲の請求項6に、
「請求項1?5のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」
とあるのを、
「請求項1?3、5のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」
に訂正する(請求項6の記載を引用する請求項8?10についても同様に訂正する。)。

(6)訂正事項6
特許請求の範囲の請求項8に
「請求項1?7のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」
とあるのを、
「請求項1?3、5、6のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」
に訂正する(請求項8の記載を引用する請求項9、10についても同様に訂正する。)。

(7)訂正事項7
特許請求の範囲の請求項9に
「請求項1?8のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」
とあるのを
「請求項1?3、5、6、8のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」
に訂正する(請求項9の記載を引用する請求項10についても同様に訂正する。)。

(8)本件訂正請求は、一群の請求項〔1?10〕に対して請求されたものである。

3 訂正の目的の適否
(1)訂正事項1について
訂正事項1による訂正は、本件訂正前の請求項1に記載された発明における「光重合開始剤(c2)」について、「フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する」光重合開始剤に減縮するとともに、本件訂正前の請求項1に記載された発明における(d)色材について、「(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下」の範囲に減縮するものである。
したがって、訂正事項1による訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものである。

(2)訂正事項2及び訂正事項3について
訂正事項2及び訂正事項3による訂正は、特許請求の範囲の請求項4及び請求項7を削除するものである。
したがって、訂正事項2及び訂正事項3による訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものである。

(3)訂正事項4?7について
訂正事項4?7による訂正は、訂正事項2及び訂正事項3により、請求項4及び請求項7が削除されたことによって生じた、訂正により削除された請求項を引用しているという不明瞭な状態を、解消させることを目的とした訂正である。
したがって、訂正事項4?7による訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第3号に掲げる事項を目的とするものである。

(4)小括
以上のとおりであるから、訂正事項1?7による訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号又は第3号に掲げる事項を目的とするものといえる。

4 新規事項の有無
(1)訂正事項1について
本件特許の本件訂正前の特許請求の範囲の請求項4には、「前記光重合開始剤(c2)が、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤である、請求項1?3のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。」と記載されている。そうしてみると、訂正事項1のうち、本件訂正前の請求項1に記載された発明における「光重合開始剤(c2)」について、「フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する」光重合開始剤に減縮する訂正事項は、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてされたものであることは明らかである。
また、本件特許の願書に添付した明細書の段落【0157】に、「(d)色材の含有割合は、感光性樹脂組成物中の全固形分量に対して通常1?70質量%の範囲で選ぶことができる。この範囲の中では、20質量%以上がより好ましく、30質量%以上がさらに好ましく、40質量%以上が特に好ましく、また、60質量%以下がより好ましい。」と記載されている。そうしてみると、訂正事項1のうち、本件訂正前の請求項1に記載された発明における(d)色材について、「(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下」の範囲に減縮する訂正事項は、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてされたものであることは明らかである。
したがって、本件訂正は、特許法第120条の5第9項において準用する同法第126条第5項の規定に適合する。

(2)訂正事項2及び訂正事項3について
訂正事項2及び訂正事項3による訂正は、本件訂正前の特許請求の範囲の請求項4及び請求項7をそれぞれ削除するものであるから、訂正事項2及び訂正事項3による訂正が、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてされたものであることは明らかである。

(3)訂正事項4?7について
訂正事項4?7による訂正は、訂正事項2及び訂正事項3により請求項4及び請求項7が削除されたことによって生じた、訂正により削除された請求項を引用しているという不明瞭な状態を、解消させることを目的とした訂正であるから、訂正事項4?7による訂正が、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてされたものであることは明らかである。

(4)小括
以上のとおりであるから、訂正事項1?7による訂正は、特許法第120条の5第9項で準用する同法第126条第5項の規定に適合する。

5 特許請求の範囲の拡張・変更の存否
(1)訂正事項1について
訂正事項1による訂正は、本件訂正前の請求項1に記載された発明における「光重合開始剤(c2)」について、「フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する」光重合開始剤に減縮するとともに、本件訂正前の請求項1に記載された発明における(d)色材について、「(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下」の範囲に減縮するものであるから、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではない。
したがって、訂正事項1による訂正は、特許法第120条の5第9項において準用する同法第126条第6項の規定に適合する。

(2)訂正事項2及び訂正事項3について
訂正事項2及び訂正事項3による訂正は、特許請求の範囲の請求項4及び請求項7を削除するものであるから、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではない。
したがって、訂正事項2及び訂正事項3による訂正は、特許法第120条の5第9項において準用する同法第126条第6項の規定に適合する。

(3)訂正事項4?7について
訂正事項4?7による訂正は、訂正事項2及び訂正事項3により、請求項4及び請求項7が削除されたことによって生じた、訂正により削除された請求項を引用しているという不明瞭な状態を、解消させることを目的とした訂正であるから、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではない。
したがって、訂正事項4?7による訂正は、特許法第120条の5第9項において準用する同法第126条第6項の規定に適合する。

(4)小括
以上のとおりであるから、訂正事項1?7による訂正は、特許法第120条の5第9項において準用する同法第126条第6項の規定に適合する。

6 むすび
以上のとおり、本件訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号又は第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項において準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。
よって、特許請求の範囲を、訂正請求書に添付された訂正特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項〔1?10〕について訂正することを認める。


第3 訂正後の本件発明
前記第2のとおり、本件訂正は認められることとなったので、本件特許の請求項1?3、5、6、8?10に係る発明(以下、請求項に付された番号にしたがい、「本件特許発明1」等という。)は、本件訂正による訂正後の特許請求の範囲の請求項1?3、5、6、8?10に記載された事項により特定される以下のとおりのものである。
なお、請求項4及び請求項7は、本件訂正により削除された。

「【請求項1】
(a)アルカリ可溶性樹脂、(b)光重合性モノマー、(c)光重合開始剤及び(d)色材を含有する感光性樹脂組成物であって、
前記(c)光重合開始剤が、下記一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)、及び、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)を含有し、
全固形分に対する前記(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下であることを特徴とする感光性樹脂組成物。
【化1】

(式(I)中、R^(1)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
R^(2)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
kは0又は1を表す。
R^(3)?R^(6)は各々独立に、任意の1価の置換基を表す。
l、m及びoは各々独立に、0?3の整数を表す。nは0又は1を表す。)
【請求項2】
全固形分に対する前記(c)光重合開始剤の含有割合が2質量%以上である、請求項1に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項3】
前記(c)光重合開始剤における、前記光重合開始剤(c1)の含有割合が1質量%以上である、請求項1又は2に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項5】
前記光重合開始剤(c2)が、下記一般式(II)で表される光重合開始剤である、請求項1?3のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。
【化2】

(式(II)中、R^(7)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
R^(8)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
pは0又は1を表す。
R^(9)は任意の1価の置換基を表す。qは0?3の整数を表す。
Xは-N(R^(10))-又は-C(R^(11))(R^(12))-を表す。
R^(10)?R^(12)は各々独立に、水素原子、置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。R^(11)とR^(12)は相互に結合して環を形成していてもよい。)
【請求項6】
前記(d)色材がカーボンブラックである、請求項1?3、5のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項8】
前記(a)アルカリ可溶性樹脂が、カルボキシル基を有するエポキシ(メタ)アクリレート樹脂を含有する、請求項1?3、5、6のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項9】
請求項1?3、5、6、8のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物を硬化させた硬化物。
【請求項10】
請求項9に記載の硬化物を有する画像表示装置。」


第4 特許異議申立理由及び取消理由の概要
(1)特許異議申立人が申し立てた特許異議申立理由の概要は、以下のとおりである。

ア 申立ての理由1
本件特許の請求項1?10に係る発明は、本件特許の優先権主張の日前の特許出願であって、本件特許の優先権主張の日後に特許掲載公報の発行若しくは出願公開公報の発行がされた甲第1号証に係る出願の願書に最初に添付された明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された発明と同一であり、しかも、本件特許の出願の発明者が本件特許の優先権主張の日前の特許出願に係る上記の発明をした者と同一ではなく、また本件特許の出願の時において、その出願人が上記特許の出願人と同一でもなく、特許法第29条の2の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消すべきものである。
また、本件特許の請求項1?3、6?10に係る発明は、本件特許の優先権主張の日前の特許出願であって、本件特許の優先権主張の日後に特許掲載公報の発行若しくは出願公開公報の発行がされた甲第2号証に係る出願の願書に最初に添付された明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された発明と同一であり、しかも、本件特許の出願の発明者が本件特許の優先権主張の日前の特許出願に係る上記の発明をした者と同一ではなく、また本件特許の出願の時において、その出願人が上記特許の出願人と同一でもなく、特許法第29条の2の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消すべきものである。

イ 申立ての理由2
本件特許の請求項1?10に係る発明は、本件特許の優先権主張の日前に日本国内または外国において電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった甲第3号証?甲第5号証に記載された発明に基づいて、その優先権主張の日前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであって、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消すべきものである。

なお、甲第1号証?甲第5号証は、以下のとおりである。
甲第1号証:特開2017-155228号公報
甲第2号証:特開2017-156524号公報
甲第3号証:国際公開第2015/036910号
甲第4号証:特開2015-194688号公報
甲第5号証:特開2016-141770号公報

(2)平成31年3月5日付けで通知した取消理由の概要は、以下のとおりである。

ア 理由1(拡大先願)
本件特許の請求項1?3、6?10に係る発明は、本件特許の優先権主張の日前の特許出願であって、本件特許の優先権主張の日後に特許掲載公報の発行若しくは出願公開公報の発行がされた先願1及び先願2の願書に最初に添付された明細書、特許請求の範囲又は図面に記載された発明と同一であり、しかも、本件特許の出願の発明者が本件特許の優先権主張の日前の特許出願に係る上記の発明をした者と同一ではなく、また本件特許の出願の時において、その出願人が上記特許の出願人と同一でもなく、特許法第29条の2の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消すべきものである。

イ 理由2(進歩性)
本件特許の請求項1?10に係る発明は、本件特許の優先権主張の日前に日本国内または外国において電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった甲第3号証及び甲第4号証に記載された発明に基づいて、その優先権主張の日前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであって、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消すべきものである。

先願1:特願2016-39471号
(特開2017-155228号公報(甲第1号証))
先願2:特願2016-39449号
(特開2017-156524号公報(甲第2号証))
甲第3号証:国際公開第2015/036910号
甲第4号証:特開2015-194688号公報

(3)令和元年7月24日付けで通知した取消理由<決定の予告>の概要は、以下のとおりである。

ア 特許法第29条第2項(進歩性)について
本件特許の請求項1?10に係る発明は、本件特許の優先権主張の日前に日本国内または外国において電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった甲第3号証及び甲第4号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであって、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消すべきものである。

イ 特許法第36条第6項第1号(サポート要件)について
本件特許の請求項1?10の記載は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない。

ウ 特許法第36条第6項第2号(明確性)について
本件特許の請求項1?10の記載は、特許法第36条第6項第2号に規定する要件を満たしていない。


第5 甲号証の記載事項及び甲号証に記載された発明
1 甲第3号証の記載事項
本件特許の優先権主張の日前の2015年3月19日に電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明が記載された甲第3号証(国際公開第2015/036910号)には、以下の記載事項がある。なお、摘記箇所を示す行数は、国際公開公報の欄外に付されたものを使用した。また、公報の改行箇所に付されていたハイフン及び下線を省き、合議体が発明の認定等に用いた箇所に新たに下線を付した。以下同様である。

(1)「Oxime ester photoinitiators
The invention pertains to new oxime ester compounds which have specific benzo- (unsaturated 5-membered ring)-carbonyl group and their use as photoinitiators in photopolymerizable compositions, in particular in photoresist formulations for display applications, e.g. liquid crystal display (LCD), organic light emitting diode (OLED) and touch panel.」(第1頁第4?9行)
翻訳文「オキシムエステル光開始剤
本発明は、特定のベンゾ(不飽和5員環)カルボニル基を有する新規オキシムエステル化合物および前記化合物の光重合性組成物における、特にディスプレイ用途のための、例えば液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED)およびタッチパネルのためのフォトレジスト配合物における光開始剤としての使用に関する。」

(2)「Accordingly, in the market there is a strong demand for higher photosensitive photo initiators in order to reduce the energy consumption, to achieve a shorter tact time for higher productivity and/or more freedom in choice of materials for display application. The photoinitiators to be employed in the photosensitive resins Therefore have to be highly reactive, easy to prepare and easy to handle. For example, in color filter resist applications, highly pigmented resists are required for the high color quality property. With the increase of the pigment content, the curing of color resists becomes more difficult. Hence, photoinitiators having a high sensitivity are required. In addition, also such new photoinitiators must meet the high requirements of the industry regarding properties like, for example, easy handling, high solubility, thermal stability and storage stability. Furthermore the initiators in display applications should contribute to surface smoothness of a pattern, adhesiveness to the substrate etc.. Further, easy access to corresponding intermediates for the preparation of the compounds should be given. Thus, there still is a need for photoinitiator compounds providing a perfect balance of the requirements as given above. E.g. an acceptable balance between accessability in view of preparation methods and processes as well as properties of the compound as for example sensitivity, solubility etc.」(第2頁第12?28行)
翻訳文「したがって、市場では、エネルギー消費を削減するため、より高い生産性のためにより短いタクトタイムを達成するために、および/またはディスプレイ用途のための材料の選択をより自由にするために、より感光性の高い光開始剤が強く求められている。感光性樹脂中で使用されるべき光開始剤は、従って反応性が高く、製造が容易で、取扱いが簡単である必要がある。例えば、カラーフィルタ用レジストの用途では、高度に顔料着色されたレジストが高い色品質特性のために必要とされる。顔料含分の増加に伴い、カラーレジストの硬化は、より困難となる。したがって、高感度を有する光開始剤が必要とされている。更に、そのような新規の光開始剤は、例えば取り扱いが容易であること、高い可溶性、耐熱性および貯蔵安定性等の特性に関する産業上の高い要求も満たさねばならない。更に、ディスプレイ用途での開始剤は、パターンの表面平滑性、基材への付着性等に資するべきである。更に、該化合物の製造のための相応の中間体が簡単に入手できるべきである。このように、上述の要求の申し分の無い均衡をもたらす光開始剤化合物が依然として必要とされている。例えば、その均衡とは、製造法および製造プロセスの観点での入手性と、例えば感度、可溶性等のような化合物の特性との間の許容可能な均衡である。」

(3)「Another subject of the present invention therefore is a photopolymerizable composition comprising
(a) at least one ethylenically unsaturated photopolymerizable compound and
(b) as photoinitiator, at least one compound of the formula I or II as defined above.

The composition may comprise additionally to the photoinitiator (b) at least one further photoinitiator (c), and/or other additives (d).
The composition may comprise additionally to the photoinitiator (b) at least one further photoinitiator (c) or other additives (d), or both, at least one further photoinitiator (c) and other additives (d).

Other additives (d) for example are one or more components selected from thermal radical initiators, pigments, fillers, dispersants and sensitizers.
Said additives are described in more detail below.

Interesting is a photopolymerizable composition as described above, comprising 0.05 to 25 % by weight of the photoinitiator (b), or the photoinitiators (b) and (c), based on the composition.」(第35頁第10?27行)
翻訳文「したがって、本発明のもう一つの主題は、光重合性組成物であって、
(a)少なくとも1種のエチレン性不飽和の光重合性化合物と、
(b)光開始剤としての、上記定義の、少なくとも1種の式IまたはIIの化合物と、
を含む前記組成物である。
該組成物は、前記光開始剤(b)に加えて、少なくとも1種の更なる光開始剤(c)および/または他の添加剤(d)を含有してよい。
該組成物は、前記光開始剤(b)に加えて、少なくとも1種の更なる光開始剤(c)もしくは他の添加剤(d)またはその両方、つまり少なくとも1種の更なる光開始剤(c)および他の添加剤(d)を含有してよい。
他の添加剤(d)は、例えば熱ラジカル開始剤、顔料、充填剤、分散剤および増感剤から選択される1種以上の成分である。前記添加剤は、より詳細に以下に記載される。
前記の光重合性組成物であって、該組成物に対して、0.05質量%?25質量%の光開始剤(b)または光開始剤(b)および(c)を含む前記光重合性組成物に関心が持たれる。」

(4)「Component (a) for example comprises an alkaline developable resin.」(第35頁第39行)
翻訳文「成分(a)は、例えばアルカリ現像可能な樹脂を含む。」

(5)「Examples of alkali developable resins are ・・・(中略)・・・ . Examples of copolymers are ・・・(中略)・・・ . Preferable examples of copolymers are ・・・(中略)・・・ , copolymers of benzyl (meth)acrylate/(meth)acrylic acid, ・・・(中略)・・・ .」(第36頁第7行・・・第38頁第34行・・・第38頁第37?38行・・・第38頁第39行・・・第39頁第24行)
翻訳文「アルカリ現像可能な樹脂の例は、 ・・・(中略)・・・ である。コポリマーの例は、 ・・・(中略)・・・ である。好ましいコポリマーの例は、 ・・・(中略)・・・ 、ベンジル(メタ)アクリレート/(メタ)アクリル酸のコポリマー、 ・・・(中略)・・・ である。」

(6)「Further examples of alkaline developable resins are the above-mentioned polymers or oligomers having at least one ethylenically unsaturated groups.

Further examples are reaction products obtained by adding an epoxy group containing unsaturated compound to a part of the carboxyl groups of a carboxylic acid group containing polymer (for ex., ACA200, ACA200M, ACA210P, ACA230AA, ACA250, ACA300, ACA320 from Daicel Co. and Ripoxy SPC-1000 provided by Showa Denko K. K.).」(第40頁第28?34行)
翻訳文「アルカリ現像可能な樹脂の更なる例は、少なくとも1つのエチレン性不飽和基を有する上述のポリマーまたはオリゴマーである。
更なる例は、エポキシ基を有する不飽和化合物を、カルボン酸基を有するポリマーのカルボキシル基の一部に付加させることによって得られる反応生成物(例えば、株式会社ダイセル社製のACA200、ACA200M、ACA210P、ACA230AA、ACA250、ACA300、ACA320および昭和電工株式会社によって販売されるRipoxy SPC-1000)である。」

(7)「Component (a) for example comprises an acrylate monomer.」(第43頁第8行)
翻訳文「成分(a)は、例えばアクリレートモノマーを含む。」

(8)「It is of course possible to add other known photoinitiators (c) to the photocurable composition.
The use of the further photoinitiator is not critical. The photoinitiator (c) is for example selected from benzophenones, bis-imidazole, aromatic α-hydroxyketones, benzylketals, aromatic α-aminoketones, phenylglyoxalic acid esters, mono-acylphosphinoxides, bis- acylphosphinoxides, tris-acylphosphinoxides, oximesters derived from aromatic ketones and/or oxime esters of the carbazol type.」(第46頁第24?30行)
翻訳文「もちろん、他の公知の光開始剤(c)を光硬化性組成物へと添加することも可能である。
更なる光開始剤の使用は重要ではない。光開始剤(c)は、例えばベンゾフェノン、ビスイミダゾール、芳香族α-ヒドロキシケトン、ベンジルケタール、芳香族α-アミノケトン、フェニルグリオキサル酸エステル、モノアシルホスフィンオキシド、ビスアシルホスフィンオキシド、トリスアシルホスフィンオキシド、芳香族ケトンから誘導されたオキシムエステルおよび/またはカルバゾール型のオキシムエステルから選択される。」

(9)「Examples of such photoinitiators are ・・・(中略)・・・ ; oximeesters, e.g. ・・・(中略)・・・ , ethanone 1-[9-ethyl-6-(2-methylbenzoyl)-9H-carbazol-3-yl]-1-(0-acetyloxime), ・・・(中略)・・・ , oxime esters described in ・・・(中略)・・・ , WO2008078678, ・・・(中略)・・・ .」(第46頁第32行・・・第47頁第16?17行・・・第29?30行・・・第48頁第1行)
翻訳文「そのような光開始剤の例は、 ・・・(中略)・・・ 、オキシムエステル、例えば ・・・(中略)・・・ 、エタノン1-[9-エチル-6-(2-メチルベンゾイル)-9H-カルバゾール-3-イル]-1-(O-アセチルオキシム)、 ・・・(中略)・・・ ・・・(中略)・・・ 、WO2008078678、 ・・・(中略)・・・ に記載されるオキシムエステル、 ・・・(中略)・・・ である。」

(10)「The composition according to the invention may comprise as component (d) a colorant.」(第48頁第14行)
翻訳文「本発明による組成物は、成分(d)として着色剤を含んでよい」

(11)「The pigment of the photopolymeric composition for black matrix preferably comprises at least one member selected from the group consisting of carbon black, titanium black, iron oxide, lactone, lactam and perylene. Preferred example is carbon black.」(第49頁第18?20行)
翻訳文「黒色マトリックス用の光重合性組成物の顔料は、好ましくは、カーボンブラック、チタニウムブラック、酸化鉄、ラクトン、ラクタムおよびペリレンからなる群から選択される少なくとも1種を含む。好ましい例は、カーボンブラックである。」


(12)「The concentration of the pigment in the total solid component (pigments of various colors and resin) is for example in the range of 5% to 80% by weight, in particular in the range of 20% to 65 % by weight.

The concentration of the dye in the total solid component (dyes of various colors and resin) is for example in the range of 0.5% to 95% by weight, in particular in the range of 0.5% to 70% by weight. 」(第50頁第3?9行)
翻訳文「全固体成分(種々の色の顔料と樹脂)中の顔料の濃度は、例えば5質量%から80質量%の範囲であり、特に20質量%から65質量%の範囲である。
全固体成分(様々な色の染料と樹脂)中の染料の濃度は、例えば0.5質量%?95質量%の範囲、特に0.5質量%?70質量%の範囲にある。」

(13)「Photopolymerization can also be accelerated by adding further photosensitizers or coinitiators (as component (d)) which shift or broaden the spectral sensitivity.」(第52頁第15?16行)
翻訳文「光重合を、スペクトル感度をシフトさせるか、または広げる、さらなる光増感剤または補助開始剤(成分(d)として)を添加することによって促進することもできる。」

(14)「It was found that the photoinitiators of the present invention combine high reactivity with low absorbance at 405 nm and are suitable for this application.」(第72頁第28?29行)
翻訳文「本発明の光開始剤が、405nmにおける高い反応性と低い吸光度を兼ね備え、本用途に適当であることが見出された。」

(15)「

」(第82?94頁 Table 1)

(16)「Sensitivity test A
A photocurable composition for a sensitivity test is prepared by mixing the following components:
100.0 parts by weight of copolymer of benzylmethacrylate and
methacrylic acid (benzylmethacrylate :
methacrylic acid = 80 : 20 by weight) 25%
propylene glycol 1-monomethyl ether
2-acetate (PGMEA) solution, prepared in
above example
25.0 parts by weight of dipentaerythritol hexaacrylate ((DPHA),
provided by SIGMA-ALDRICH),
1.0 parts by weight of the photoinitiator (PI), and
75.0 parts by weight of PGMEA 」(第94頁第13?23行)
翻訳文「感度試験A
感度試験用の光硬化性組成物は、以下の成分を混合することによって製造される:
100.0質量部 前記の例で製造された、25%のプロピレングリコー
ル1-モノメチルエーテル2-アセテート(PGME
A)溶液としての、ベンジルメタクリレートおよびメ
タクリル酸のコポリマー(ベンジルメタクリレート:
メタクリル酸=80質量%:20質量%)、
25.0質量部 ジペンタエリトリトールヘキサアクリレート((DP
HA)、SIGMA-ALDRICH社によって販売
される)、
1.0質量部 光開始剤(PI)、及び
75.0質量部 PGMEA」

(17)「Patent Claims
1. Compounds of the formulae (I) or (II)

, wherein

;
A is O, S, NR_(5) or CR_(16)R_(17);
R_(1) is hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of
halogen, OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), CN, (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(3)-C_(8)cycloalkyl,
C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5),
C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(1) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(1) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, each of which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3);
or R_(1) is C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, each of which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(20)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a) or SO_(2)-R_(1a);
or R_(1) is C_(1)-C_(20)alkoxy, which is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(10)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl or C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl;
or R_(1) is C_(2)-C_(20)alkoxy, which is interrupted by one or more O, S, NR_(5), CO, SO or SO_(2);
or R_(1) is C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy, which C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(20)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a) or SO_(2)R_(1a);
R_(1a) is hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), CN, (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(1a) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5a), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)-(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(1a) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, each of which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5a) or COOR_(3a);
or R_(1a) is C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsub- stituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(20)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), COOR_(3a), (CO)-(C_(1)-C_(8)alkyl), benzoyl or SO_(2)-(C_(1)-C_(4)haloalkyl);
or R_(1a) is C_(1)-C_(20)alkoxy, which is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(10)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl or C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl;
or R_(1a) is C_(2)-C_(20)alkoxy, which is interrupted by one or more O, S, NR_(5a), CO, SO or SO_(2);
or R_(1a) is C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy, which C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(20)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), COOR_(3a), (CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), SO_(2)-(C_(1)-C_(4)haloalkyl), benzoyl, or

, which benzoyl or

is unsubstituted or substituted by

;
R_(2) is hydrogen, CN, (CO)R_(1a), (CO)OR_(3), CONR_(5)R_(6), NO_(2), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(2) is C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), CN, (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

, C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5),
C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(2) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(2) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3);
or R_(2) is C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)-R_(1a)(CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

,
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3a), CONR_(5)R_(6), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by one or more OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
R_(2a) is hydrogen, CN, (CO)R_(1a), (CO)OR_(3a), CONR_(5a)R_(6a), NO_(2), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a); or R_(2a) is C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of
halogen, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), CN, (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a), C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(2a) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5a), CO, SO or SO_(2), which in- terrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(2a) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5a) or COOR_(3a);
or R_(2a) is C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), COOR_(3a), (CO)R_(1a) (CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3a), CONR_(5a)R_(6a), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5a),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, each of which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by one or more OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
R_(3) is hydrogen, (CO)R_(1a), (CO)OR_(3a), CONR_(5)R_(6), C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a) , CN, (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),
C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(3) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5a), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(3) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5a) or COOR_(3a);
or R_(3) is C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen,CN,NO_(2),OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), COOR_(3a), (CO)R_(1a)(CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

,
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3a),
CONR_(5a)R_(6a), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5a);
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by one or more OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(3) together with one of the carbon atoms of R_(2) or M forms a 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring which is uninterrupted or interrupted by O, S or NR_(5a), and which 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(20)alkyl, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), (CO)R_(1a), NO_(2), halogen, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl,

or C_(3)-C_(20)cyclalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a);
R_(3a) is hydrogen, (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl) or CON(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2);
or R_(3a) is C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OH, SH, CN, C_(3)-C_(8)alkenoxy, OCH_(2)CH_(2)CN, OCH_(2)CH_(2)(CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), O(CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), O(CO)(C_(2)-C_(4))alkenyl, O(CO)phenyl, (CO)OH, (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), C_(3)-C_(8)cycloalkyl, SO_(2)(C_(1)-C_(4)haloalkyl), O(C_(1)-C_(4)haloalkyl), phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl and C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is interrupted by one or more O;
or R_(3a) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, N(C_(1)-C_(8)alkyl), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(8)alkoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl or N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2);
or R_(3a) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(8)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(8)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, N(C_(1)-C_(8)alkyl) or COO(C_(1)-C_(8)alkyl);
or R_(3a) is C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, CN, NO_(2), OH, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, C_(1)-C_(8)alkoxy, phenyl-C_(1)-C_(3)alkyloxy, phenoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, phenylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), diphenylamino, (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)C_(1)-C_(8)alkyl or (CO)N(C_(1)-C_(8))_(2), phenyl or benzoyl;
or R_(3a) is C_(1)-C_(20)alkanoyl or C_(3)-C_(12)alkenoyl, which C_(1)-C_(20)alkanoyl or C_(3)-C_(12)alkenoyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, OH, C_(1)-C_(8)alkoxy, phenoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, phenylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2) or diphenylamino;
R_(4) is hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), CN, (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),
C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(4) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5a), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(4) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5a) or COOR_(3a);
or R_(4) is C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), COOR_(3a), (CO)R_(1a)(CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

,
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3a), CONR_(5a)R_(6a), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5a),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(4) together with one of the carbon atoms of R_(2) or M forms a 5- or 6-membered satu- rated or unsaturated ring which is uninterrupted or interrupted by O, S or NR_(5a), and which 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(20)alkyl, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), (CO)R_(1a), NO_(2), halogen, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl,

or C_(3)-C_(20)cyclalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a);
R_(4a) is hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OH, SH, CN, C_(3)-C_(8)alkenoxy, OCH_(2)CH_(2)CN, OCH_(2)CH_(2)(CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), O(CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), O(CO)(C_(2)-C_(4))alkenyl, O(CO)phenyl, (CO)OH, (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), C_(3)-C_(8)cycloalkyl, SO_(2)(C_(1)-C_(4)haloalkyl), O(C_(1)-C_(4)haloalkyl), phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl and C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is interrupted by one or more O;
or R_(4a) is C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, N(C_(1)-C_(8)alkyl), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(8)alkoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl or N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2);
or R_(4a) is C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(8)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(8)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, N(C_(1)-C_(8)alkyl) or COO(C_(1)-C_(8)alkyl);
or R_(4a) is C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, CN, NO_(2), OH, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, C_(1)-C_(8)alkoxy, phenyl-C_(1)-C_(3)alkyloxy, phenoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, phenylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), diphenylamino, (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)C_(1)-C_(8)alkyl, (CO)N(C_(1)-C_(8))_(2) , phenyl or benzoyl;
or R_(4a) is C_(1)-C_(20)alkanoyl or C_(3)-C_(12)alkenoyl, which C_(1)-C_(20)alkanoyl or C_(3)-C_(12)alkenoyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, OH, C_(1)-C_(8)alkoxy, phenoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, phenylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2) or diphenylamino;
R_(5) and R_(6) independently of each other are hydrogen, S(O)_(m)R_(1a), O(CO)R_(1a), (CO)R_(1a) or CONR_(5a)R_(6a);
or R_(5) and R_(6) independently of each other are C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or sub- stituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), CN, (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),
C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(5) and R_(6) independently of each other are C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5a), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by one or more C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3a), (CO)NR_(5a)R_(6a), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(5) and R_(6) independently of each other are C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5a) or COOR_(3a);
or R_(5) and R_(6) independently of each other are C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), COOR_(3a), (CO)R_(1a)(CO)NR_(5a)R_(6a), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

,
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3a), CONR_(5a)R_(6a), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3a) , SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5a),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by OR_(3a), SR_(4a) or NR_(5a)R_(6a);
or R_(5) and R_(6) independently of each other are C_(1)-C_(20)alkoxy, which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl or C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl;
or R_(5) and R_(6) independently of each other are C_(2)-C_(20)alkoxy, which is interrupted by one or more O, S, NR_(5a), CO, SO or SO_(2);
or R_(5) and R_(6) independently of each other are C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy, which C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, CN, NO_(2), OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), COOR_(3a), (CO)R_(1a) or SO_(2)R_(1a);
or R_(5) together with one of the carbon atoms of R_(2) or M forms a 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring which is uninterrupted or interrupted by O, S or NR_(5a), and which 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(20)alkyl, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), (CO)R_(1a), NO_(2), halogen, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl,

or C_(3)-C_(20)cyclalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a);
or R_(5) and R_(6) together with the N-atom to which they are attached form a 5- or 6- membered saturated or unsaturated ring which is uninterrupted or interrupted by O, S or NR_(5a), and which 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(20)alkyl, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), (CO)R_(1a), NO_(2), halogen, C_(1)-C_(4)-haloalkyl, CN, phenyl,

or C_(3)-C_(20)cyclalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a);
R_(5a) and R_(6a) independently of each other are hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl, S(O)_(m)(C_(1)-C_(8)alkyl), O(CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl) or CON(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2);
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(1)-C_(20)alkyl substituted by one or more halogen, OH, SH, CN, C_(3)-C_(8)alkenoxy, OCH_(2)CH_(2)CN, OCH_(2)CH_(2)(CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), O(CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), O(CO)(C_(2)-C_(4))alkenyl, O(CO)phenyl, (CO)OH, (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), C_(3)-C_(8)cycloalkyl, SO_(2)(C_(1)-C_(4)haloalkyl), O(C_(1)-C_(4)haloalkyl), phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl or C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is interrupted by one or more O;
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, N(C_(1)-C_(8)alkyl), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroaryl- carbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(8)alkoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl or N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2);
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(8)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(8)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, N(C_(1)-C_(8)alkyl) or COO(C_(1)-C_(8)alkyl);
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, CN, NO_(2), OH, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, C_(1)-C_(8)alkoxy, phenyl-C_(1)-C_(3)alkyloxy, phenoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, phenylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), diphenylamino, (CO)O(C_(1)-C_(8)alkyl), (CO)C_(1)-C_(8)alkyl, (CO)N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), phenyl or benzoyl;
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(1)-C_(20)alkanoyl or C_(3)-C_(12)alkenoyl, which C_(1)-C_(20)alkanoyl or C_(3)-C_(12)alkenoyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, OH, C_(1)-C_(8)alkoxy, phenoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, phenylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2) or diphenylamino;
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(1)-C_(20)alkoxy, which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl or C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl;
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(2)-C_(20)alkoxy, which is interrupted by one or more O, S, N(C_(1)-C_(8)alkyl), CO, SO or SO_(2);
or R_(5a) and R_(6a) independently of each other are C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy, which C_(6)-C_(20)aryloxy or C_(3)-C_(20)heteroaryloxy is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(8)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, CN, NO_(2), C_(1)-C_(8)alkoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), CO(OC_(1)-C_(8)alkyl), (CO)(C_(1)-C_(8)alkyl) or SO_(2)-(C_(1)-C_(8)alkyl);
or R_(5a) and R_(6a) together with the N-atom to which they are attached form a 5- or 6- membered saturated or unsaturated ring which is uninterrupted or interrupted by O, S or N(C_(1)-C_(8)alkyl), and which 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(8)alkyl, C_(1)-C_(8)alkoxy, C_(1)-C_(8)alkylsulfanyl, N(C_(1)-C_(8)alkyl)_(2), NO_(2), halogen, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, phenyl or C_(3)-C_(20)cyclalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or N(C_(1)-C_(8)alkyl);
R_(7), R_(8), R_(9), R_(10) and R_(11) independently of each other are hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl, halogen, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a), (CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

, wherein the substituents OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6) optionally form 5- or 6-membered ring via the radicals R_(3), R_(4), R_(5) or R_(6) with further substituents on the group X;
or R_(7), R_(8), R_(9), R_(10) and R_(11) independently of each other are C_(1)-C_(20)alkyl substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), CN, (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),
C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(7), R_(8), R_(9), R_(10) and R_(11) independently of each other are C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(7), R_(8), R_(9), R_(10) and R_(11) independently of each other are C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3);
or R_(7), R_(8), R_(9), R_(10) and R_(11) independently of each other are C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a)(CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

,
C_(1)-C_(20) alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3a), CONR_(5)R_(6), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(8) and R_(9), R_(9) and R_(10) or R_(10) and R_(11) are

;
R_(12),R_(13), R_(14) and R_(15) independently of each other are hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl, halogen, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a), (CO)NR_(5)R_(6) , PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

, wherein the substituents OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6) optionally form a 5- or 6-membered ring via the radicals R_(3), R_(4), R_(5) or R_(6) with further substituents on the group X;
or R_(12), R_(13), R_(14) and R_(15) independently of each other are C_(1)-C_(20)alkyl substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), CN, (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),
C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2) or S(O)_(m)R_(1a);
or R_(12), R_(13), R_(14) and R_(15) independently of each other are C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(12), R_(13), R_(14) and R_(15) independently of each other are C_(2)-C_(12) alkenyl or C_(3)-C_(20)cyclo- alkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3);
or R_(12), R_(13), R_(14) and R_(15) independently of each other are C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN , NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a) (CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)-R_(1a),

,
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3a), CONR_(5)R_(6), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
R_(16) and R_(17) independently of each other are hydrogen, C_(1)-C_(20)alkyl, which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), CN, (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5),
C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(16) and R_(17) independently of each other are C_(2)-C_(20)alkyl interrupted by one or more O, S, NR_(5), CO, SO or SO_(2), which interrupted C_(2)-C_(20)alkyl is unsubstituted or substituted by C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH , SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or R_(16) and R_(17) independently of each other are C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3);
or R_(16) and R_(17) independently of each other are C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl, which C_(6)-C_(20)aryl or C_(3)-C_(20)heteroaryl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(20)alkyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a) or SO_(2)R_(1a);
or R_(16) and R_(17) together with the carbon atom to which they are attached form a 5- or 6- membered saturated or unsaturated ring which is uninterrupted or interrupted by O, S or NR_(5a), and which 5- or 6-membered saturated or unsaturated ring is unsubstituted or substituted by one or more C_(1)-C_(20)alkyl, OR_(3a), SR_(4a), NR_(5a)R_(6a), (CO)R_(1a), NO_(2), halogen, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, phenyl or C_(3)-C_(20)cyclalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5a);
Ar_(1) is C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl, C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl or

, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl, C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl or

is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN , NO_(2), COOR_(3), (CO)R_(1a),
(CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

,
OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), wherein the substituents OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6) optionally form 5- or 6- membered rings via the radicals R_(3), R_(4), R_(5) or R_(6) with further substituents on the phenyl ring,
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3), CONR_(5)R_(6), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5),
C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or Ar_(1) is

Ar_(2) is phenylene, naphthylene, phenylenecarbonyl, naphthylenecarbonyl,

which phenylene, naphthylene, phenylenecarbonyl, naphthylenecarbonyl,

is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, CN, NO_(2), COOR_(3), (CO)R_(1a), (CO)NR_(5)R_(6), PO(OR_(1a))_(2), S(O)_(m)R_(1a),

, OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6),
C_(1)-C_(20)alkyl which is unsubstituted or substituted by one or more halogen, COOR_(3), CONR_(5)R_(6), phenyl, C_(3)-C_(8)cycloalkyl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6),
C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl, which C_(2)-C_(12)alkenyl or C_(3)-C_(20)cycloalkyl is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3),
C_(2)-C_(20)alkyl which is interrupted by one or more O, S or NR_(5),
phenyl, naphthyl, benzoyl and naphthoyl, which phenyl, naphthyl, benzoyl or naphthoyl is unsubstituted or substituted by OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
M is C_(1)-C_(20)alkylene which is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of halogen, OR_(3), SR_(4), NR_(5)R_(6), CN, (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6),
C_(3)-C_(8)cycloalkyl which is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO or NR_(5), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, which C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, phenyl, C_(1)-C_(20)alkylphenyl, C_(1)-C_(8)alkoxyphenyl, C_(1)-C_(4)haloalkyl, CN, NO_(2), OR_(3), SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or M is C_(2)-C_(20)alkylene interrupted by one or more O, S, NR_(5) , CO, SO or SO_(2) , which C_(1)-C_(20)alkylene or C_(2)-C_(20)alkylene is unsubstituted or substituted by one or more substituents selected from the group consisting of C_(3)-C_(8)cycloalkyl, OH, SH, O(CO)R_(1a), (CO)OR_(3), (CO)NR_(5)R_(6), C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl and C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl, wherein C_(6)-C_(20)aryl, C_(3)-C_(20)heteroaryl, C_(6)-C_(20)aroyl or C_(3)-C_(20)heteroarylcarbonyl is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(8)alkyl, OR_(3) , SR_(4) or NR_(5)R_(6);
or M is C_(2)-C_(12)alkenylene or C_(3)-C_(20)cycloalkylene, which C_(2)-C_(12) alkenylene or C_(3)-C_(20)cycloalkylene is uninterrupted or interrupted by one or more O, S, CO, NR_(5) or COOR_(3) ;
or M is C_(6) -C_(20) arylene or C_(3) -C_(20) heteroarylene, which C_(6) -C_(20) arylene or C_(3) -C_(20) heteroarylene is unsubstituted or substituted by one or more halogen, C_(1)-C_(20) alkyl, C_(1)-C_(4) haloalkyl, phenyl, C_(1)-C_(20) alkylphenyl, C_(1)-C_(8) alkoxyphenyl, CN, NO_(2), OR_(3) , SR_(4) , NR_(5)R_(6), COOR_(3), (CO)R_(1a) or SO_(2)R_(1a);
Y is a direct bond, O, S, NR_(5) or CO;
Z_(1) is O, S, CO or CR_(16)(R_(17));
Z_(2) is a direct bond, O, S or NR_(5);
m is 1 or 2; and
Q is CO or a direct bond.

(中略)

4. A photopolymerizable composition comprising
(a) at least one ethylenically unsaturated photopolymerizable compound and
(b) as photoinitiator, at least one compound of the formula I or II as defined in claim 1.

5. A photopolymerizable composition according to claim 4, wherein the component (a) is a resin obtained by the reaction of a saturated or unsaturated polybasic acid anhydride with a product of the reaction of an epoxy resin and an unsaturated monocarboxylic acid.

6. A photopolymerizable composition according to claim 4, additionally to the photoinitiator (b) comprising at least one component selected from further photoinitiator (c) and other additives (d).

7. A photopolymerizable composition according to claim 6 as further additive (d) comprising a pigment, or a mixture of pigments, or a dye, or a mixture of dyes, or a mixture of one or more pigments with one or more dyes.」(第98頁第1?114頁第22行)
翻訳文「特許請求の範囲
1.式(I)または(II)で表される化合物。
【化1】

[式中、
Xは、

であり;
Aは、O、S、NR_(5)またはCR_(16)R_(17)であり;
R_(1)は、水素、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、CN、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5)によって中断されているC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(1)は、1つ以上のO、S、NR_(5)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されているか、または
R_(1)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、そのそれぞれは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されているか、または
R_(1)は、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、そのそれぞれは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(20)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)もしくはSO_(2)-R_(1a)によって置換されているか、または
R_(1)は、C_(1)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(1)?C_(20)-アルコキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(10)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、ハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニルもしくはC_(1)?C_(8)-アルコキシフェニルによって置換されているか、または
R_(1)は、C_(2)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(2)?C_(20)-アルコキシは、1つ以上のO、S、NR_(5)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されているか、または
R_(1)は、C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(20)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)もしくはSO_(2)R_(1a)によって置換されており;
R_(1a)は、水素、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、CN、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(1a)は、1つ以上のO、S、NR_(5a)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)-(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されているか、または
R_(1a)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、そのそれぞれは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5a)もしくはCOOR_(3a)によって中断されているか、または
R_(1a)は、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(20)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、COOR_(3a)、(CO)-(C_(1)?C_(8)-アルキル)、ベンゾイルもしくはSO_(2)-(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)によって置換されているか、または
R_(1a)は、C_(1)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(1)?C_(20)-アルコキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(10)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、ハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニルもしくはC_(1)?C_(8)-アルコキシフェニルによって置換されているか、または
R_(1a)は、C_(2)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(2)?C_(20)-アルコキシは、1つ以上のO、S、NR_(5a)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されているか、または
R_(1a)は、C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(20)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、COOR_(3a)、(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、SO_(2)-(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)、ベンゾイルもしくは

によって置換されており、前記ベンゾイルもしくは

は、非置換であるか、もしくは

によって置換されており;
R_(2)は、水素、CN、(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3)、CONR_(5)R_(6)、NO_(2)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)であるか、または
R_(2)は、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、CN、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(2)は、1つ以上のO、S、NR_(5)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されているか、または
R_(2)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されているか、または
R_(2)は、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)-R_(1a)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3a)、CONR_(5)R_(6)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(前記フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のOR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されており;
R_(2a)は、水素、CN、(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3a)、CONR_(5a)R_(6a)、NO_(2)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)であるか、または
R_(2a)は、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、CN、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(2a)は、1つ以上のO、S、NR_(5a)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されているか、または
R_(2a)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5a)もしくはCOOR_(3a)によって中断されているか、または
R_(2a)は、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、COOR_(3a)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3a)、CONR_(5a)R_(6a)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5a)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(前記フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルのそれぞれは、非置換であるか、もしくは1つ以上のOR_(3a)、SR_(4a)もしくはN_(R5)aR_(6a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されており;
R_(3)は、水素、(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3a)、CONR_(5)R_(6)、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、CN、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(3)は、1つ以上のO、S、NR_(5a)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されているか、または
R_(3)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5a)もしくはCOOR_(3a)によって中断されているか、または
R_(3)は、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、COOR_(3a)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3a)、CONR_(5a)R_(6a)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5a)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(前記フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のOR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(3)は、R_(2)もしくはMの炭素原子の1つと一緒になって、5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環を形成し、前記環は、中断されていないか、もしくはO、SもしくはNR_(5a)によって中断されており、かつ前記5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環は、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(20)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、(CO)R_(1a)、NO_(2)、ハロゲン、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、

もしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルによって置換されており、前記C_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されており;
R_(3a)は、水素、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)もしくはCON(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)であるか、または、
R_(3a)は、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OH、SH、CN、C_(3)?C_(8)-アルケンオキシ、OCH_(2)CH_(2)CN、OCH_(2)CH_(2)(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、O(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、O(CO)C_(2)?C_(4)-アルケニル、O(CO)フェニル、(CO)OH、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、SO_(2)(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)、O(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニルおよび1つ以上のOによって中断されたC_(3)?C_(8)-シクロアルキルからなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(3a)は、1つ以上のO、S、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニルもしくはN(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)によって置換されているか、または
R_(3a)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)もしくはCOO(C_(1)?C_(8)-アルキル)によって中断されているか、または
R_(3a)は、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルであり、前記C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、CN、NO_(2)、OH、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、フェニル-C_(1)?C_(3)-アルキルオキシ、フェノキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、フェニルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、ジフェニルアミノ、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)C_(1)?C_(8)-アルキルもしくは(CO)N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、フェニルもしくはベンゾイルによって置換されているか、または
R_(3a)は、C_(1)?C_(20)-アルカノイルもしくはC_(3)?C_(12)-アルケノイルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルカノイルもしくはC_(3)?C_(12)-アルケノイルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、OH、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、フェノキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、フェニルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)もしくはジフェニルアミノによって置換されており;
R_(4)は、水素、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、CN、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(4)は、1つ以上のO、S、NR_(5a)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されているか、または
R_(4)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5a)もしくはCOOR_(3a)によって中断されているか、または
R_(4)は、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、COOR_(3a)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3a)、CONR_(5a)R_(6a)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5a)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(前記フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくはOR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(4)は、R_(2)もしくはMの炭素原子の1つと一緒になって、5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環を形成し、前記環は、中断されていないか、もしくはO、SもしくはNR_(5a)によって中断されており、かつ前記5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環は、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(20)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、(CO)R_(1a)、NO_(2)、ハロゲン、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、

もしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルによって置換されており、前記C_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されており;
R_(4a)は、水素、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OH、SH、CN、C_(3)?C_(8)-アルケンオキシ、OCH_(2)CH_(2)CN、OCH_(2)CH_(2)(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、O(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、O(CO)C_(2)?C_(4)-アルケニル、O(CO)フェニル、(CO)OH、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、SO_(2)(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)、O(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニルおよび1つ以上のOによって中断されたC_(3)?C_(8)-シクロアルキルからなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(4a)は、1つ以上のO、S、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニルもしくはN(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)によって置換されているか、または
R_(4a)は、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)もしくはCOO(C_(1)?C_(8)-アルキル)によって中断されているか、または
R_(4a)は、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルであり、前記C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、CN、NO_(2)、OH、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、フェニル-C_(1)?C_(3)-アルキルオキシ、フェノキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、フェニルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、ジフェニルアミノ、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)C_(1)?C_(8)-アルキル、(CO)N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、フェニルもしくはベンゾイルによって置換されているか、または
R_(4a)は、C_(1)?C_(20)-アルカノイルもしくはC_(3)?C_(12)-アルケノイルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルカノイルもしくはC_(3)?C_(12)-アルケノイルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、OH、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、フェノキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、フェニルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)もしくはジフェニルアミノによって置換されており;
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、水素、S(O)_(m)R_(1a)、O(CO)R_(1a)、(CO)R_(1a)もしくはCONR_(5a)R_(6a)であるか、または
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、CN、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、1つ以上のO、S、NR_(5a)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されているか、または
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5a)もしくはCOOR_(3a)によって中断されているか、または
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、COOR_(3a)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5a)R_(6a)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3a)、CONR_(5a)R_(6a)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3a)、SR_(4a)もしくはNR_(5a)R_(6a)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5a)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(前記フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくはOR_(3a)、SR_(4a)もしくはN_(R5)aR_(6a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、C_(1)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(1)?C_(20)-アルコキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニルもしくはC_(1)?C_(8)-アルコキシフェニルによって置換されているか、または
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、C_(2)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(2)?C_(20)-アルコキシは、1つ以上のO、S、NR_(5a)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されているか、または
R_(5)およびR_(6)は、互いに独立して、C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、COOR_(3a)、(CO)R_(1a)もしくはSO_(2)R_(1a)によって置換されているか、または
R_(5)は、R_(2)もしくはMの炭素原子の1つと一緒になって、5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環を形成し、前記環は、中断されていないか、もしくはO、SもしくはNR_(5a)によって中断されており、かつ前記5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環は、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(20)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、(CO)R_(1a)、NO_(2)、ハロゲン、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、

もしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルによって置換されており、前記C_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されているか、または
R_(5)およびR_(6)は、それらが結合されるN原子と一緒になって、5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環を形成し、前記環は、中断されていないか、もしくはO、SもしくはNR_(5a)によって中断されており、かつ前記5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環は、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(20)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、(CO)R_(1a)、NO_(2)、ハロゲン、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、フェニル、

もしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルによって置換されており、前記C_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されており;
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、水素、C_(1)?C_(20)-アルキル、S(O)_(m)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、O(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)もしくはCON(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)であるか、または、
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のハロゲン、OH、SH、CN、C_(3)?C_(8)-アルケンオキシ、OCH_(2)CH_(2)CN、OCH_(2)CH_(2)(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、O(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、O(CO)C_(2)?C_(4)-アルケニル、O(CO)フェニル、(CO)OH、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、SO_(2)(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)、O(C_(1)?C_(4)-ハロアルキル)、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキルもしくは1つ以上のOによって中断されたC_(3)?C_(8)-シクロアルキルによって置換されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、1つ以上のO、S、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニルもしくはN(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)によって置換されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)もしくはCOO(C_(1)?C_(8)-アルキル)によって中断されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルであり、前記C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、CN、NO_(2)、OH、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、フェニル-C_(1)?C_(3)-アルキルオキシ、フェノキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、フェニルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、ジフェニルアミノ、(CO)O(C_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)C_(1)?C_(8)-アルキル、(CO)N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、フェニルもしくはベンゾイルによって置換されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、C_(1)?C_(20)-アルカノイルもしくはC_(3)?C_(12)-アルケノイルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルカノイルもしくはC_(3)?C_(12)-アルケノイルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、OH、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、フェノキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、フェニルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)もしくはジフェニルアミノによって置換されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、C_(1)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(1)?C_(20)-アルコキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニルもしくはC_(1)?C_(8)-アルコキシフェニルによって置換されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、C_(2)?C_(20)-アルコキシであり、前記C_(2)?C_(20)-アルコキシは、1つ以上のO、S、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、互いに独立して、C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールオキシもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールオキシは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(8)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、CO(OC_(1)?C_(8)-アルキル)、(CO)(C_(1)?C_(8)-アルキル)もしくはSO_(2)-(C_(1)?C_(8)-アルキル)によって置換されているか、または
R_(5a)およびR_(6a)は、それらが結合されるN原子と一緒になって、5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環を形成し、前記環は、中断されていないか、もしくはO、SもしくはN(C_(1)?C_(8)-アルキル)によって中断されており、かつ前記5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環は、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(8)-アルキル、C_(1)?C_(8)-アルコキシ、C_(1)?C_(8)-アルキルスルファニル、N(C_(1)?C_(8)-アルキル)_(2)、NO_(2)、ハロゲン、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、フェニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルによって置換されており、前記C_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはN(C_(1)?C_(8)-アルキル)によって中断されており;
R_(7)、R_(8)、R_(9)、R_(10)およびR_(11)は、互いに独立して、水素、C_(1)?C_(20)-アルキル、ハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

であり、ここで置換基OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)は、場合により、5員もしくは6員の環を、基R_(3)、R_(4)、R_(5)もしくはR_(6)を介して基X上にある更なる置換基と一緒に形成するか、または
R_(7)、R_(8)、R_(9)、R_(10)およびR_(11)は、互いに独立して、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、ハロゲン、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、CN、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(7)、R_(8)、R_(9)、R_(10)およびR_(11)は、互いに独立して、1つ以上のO、S、NR_(5)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されているか、または
R_(7)、R_(8)、R_(9)、R_(10)およびR_(11)は、互いに独立して、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されているか、または
R_(7)、R_(8)、R_(9)、R_(10)およびR_(11)は、互いに独立して、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3a)、CONR_(5)R_(6)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(前記フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくはOR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(8)およびR_(9)、R_(9)およびR_(10)、またはR_(10)およびR_(11)は、

であり;
R_(12)、R_(13)、R_(14)、およびR_(15)は、互いに独立して、水素、C_(1)?C_(20)-アルキル、ハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

であり、ここで置換基OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)は、場合により、5員もしくは6員の環を、基R_(3)、R_(4)、R_(5)もしくはR_(6)を介して基X上にある更なる置換基と一緒に形成するか、または
R_(12)、R_(13)、R_(14)、およびR_(15)は、互いに独立して、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、ハロゲン、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、CN、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)もしくはS(O)_(m)R_(1a)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(12)、R_(13)、R_(14)、およびR_(15)は、互いに独立して、1つ以上のO、S、NR_(5)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されているか、または
R_(12)、R_(13)、R_(14)、およびR_(15)は、互いに独立して、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されているか、または
R_(12)、R_(13)、R_(14)、およびR_(15)は、互いに独立して、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)-R_(1a)、

、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3a)、CONR_(5)R_(6)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(前記フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくはOR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されており;
R_(16)およびR_(17)は、互いに独立して、水素、C_(1)?C_(20)-アルキルであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、CN、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
R_(16)およびR_(17)は、互いに独立して、1つ以上のO、S、NR_(5)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルであり、前記中断されたC_(2)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルによって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されているか、または
R_(16)およびR_(17)は、互いに独立して、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されているか、または
R_(16)およびR_(17)は、互いに独立して、C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールであり、前記C_(6)?C_(20)-アリールもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(20)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)もしくはSO_(2)R_(1a)によって置換されているか、または
R_(16)およびR_(17)は、それらが結合される炭素原子と一緒になって、5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環を形成し、前記環は、中断されていないか、もしくはO、SもしくはNR_(5a)によって中断されており、かつ前記5員もしくは6員の飽和もしくは不飽和の環は、非置換であるか、もしくは1つ以上のC_(1)?C_(20)-アルキル、OR_(3a)、SR_(4a)、NR_(5a)R_(6a)、(CO)R_(1a)、NO_(2)、ハロゲン、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、フェニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルによって置換されており、前記C_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5a)によって中断されており;
Ar_(1)は、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルもしくは

であり、前記C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルもしくは

は、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)(該置換基OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)は、場合により5員もしくは6員の環を、基R_(3)、R_(4)、R_(5)もしくはR_(6)を介してフェニル環上にある更なる置換基と一緒に形成する)、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3)、CONR_(5)R_(6)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5)によって中断されている)、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキル(該C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(該フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくはOR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
Ar_(1)は、

であり;
Ar_(2)は、フェニレン、ナフチレン、フェニレンカルボニル、ナフチレンカルボニル、

であり、前記フェニレン、ナフチレン、フェニレンカルボニル、ナフチレンカルボニル、

は、非置換であるか、もしくはハロゲン、CN、NO_(2)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)、(CO)NR_(5)R_(6)、PO(OR_(1a))_(2)、S(O)_(m)R_(1a)、

、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、C_(1)?C_(20)-アルキル(該C_(1)?C_(20)-アルキルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、COOR_(3)、CONR_(5)R_(6)、フェニル、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)、C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキル(該C_(2)?C_(12)-アルケニルもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されている)、C_(2)?C_(20)-アルキル(該C_(2)?C_(20)-アルキルは、1つ以上のO、SもしくはNR_(5)によって中断されている)、フェニル、ナフチル、ベンゾイルおよびナフトイル(該フェニル、ナフチル、ベンゾイルもしくはナフトイルは、非置換であるか、もしくはOR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されており;
Mは、C_(1)?C_(20)-アルキレンであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキレンは、非置換であるか、もしくはハロゲン、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、CN、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(3)?C_(8)-シクロアルキル(該C_(3)?C_(8)-シクロアルキルは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、COもしくはNR_(5)によって中断されている)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニル(該C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されている)からなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されているか、または
Mは、1つ以上のO、S、NR_(5)、CO、SOもしくはSO_(2)によって中断されたC_(2)?C_(20)-アルキレンであり、前記C_(1)?C_(20)-アルキレンもしくはC_(2)?C_(20)-アルキレンは、非置換であるか、もしくはC_(3)?C_(8)-シクロアルキル、OH、SH、O(CO)R_(1a)、(CO)OR_(3)、(CO)NR_(5)R_(6)、C_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルおよびC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルからなる群から選択される1つ以上の置換基によって置換されており、ここでC_(6)?C_(20)-アリール、C_(3)?C_(20)-ヘテロアリール、C_(6)?C_(20)-アロイルもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリールカルボニルは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(8)-アルキル、OR_(3)、SR_(4)もしくはNR_(5)R_(6)によって置換されているか、または
Mは、C_(2)?C_(12)-アルケニレンもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキレンであり、前記C_(2)?C_(12)-アルケニレンもしくはC_(3)?C_(20)-シクロアルキレンは、中断されていないか、もしくは1つ以上のO、S、CO、NR_(5)もしくはCOOR_(3)によって中断されているか、または
Mは、C_(6)?C_(20)-アリーレンもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリーレンであり、前記C_(6)?C_(20)-アリーレンもしくはC_(3)?C_(20)-ヘテロアリーレンは、非置換であるか、もしくは1つ以上のハロゲン、C_(1)?C_(20)-アルキル、C_(1)?C_(4)-ハロアルキル、フェニル、C_(1)?C_(20)-アルキルフェニル、C_(1)?C_(8)-アルコキシフェニル、CN、NO_(2)、OR_(3)、SR_(4)、NR_(5)R_(6)、COOR_(3)、(CO)R_(1a)もしくはSO_(2)R_(1a)によって置換されており;
Yは、直接結合、O、S、NR_(5)もしくはCOであり;
Z_(1)は、O、S、COもしくはCR_(16)(R_(17))であり;
Z_(2)は、直接結合、O、SまたはNR_(5)であり;
mは、1もしくは2であり;かつ
Qは、COもしくは直接結合である]

(中略)

4.光重合性組成物であって、
(a)少なくとも1種のエチレン性不飽和の光重合性化合物と、
(b)光開始剤として、請求項1に定義される式(I)もしくは(II)の少なくとも1種の化合物と、
を含む光重合性組成物。
5.請求項4に記載の光重合性組成物であって、成分(a)が、飽和もしくは不飽和の多塩基性酸無水物と、エポキシ樹脂および不飽和モノカルボン酸の反応の生成物との反応によって得られる樹脂である光重合性組成物。
6.請求項4に記載の光重合性組成物であって、前記光開始剤(b)に加えて、更なる光開始剤(c)および他の添加剤(d)から選択される少なくとも1種の成分を含む光重合性組成物。
7.請求項6に記載の光重合性組成物であって、他の添加剤(d)として、顔料もしくは顔料の混合物、または染料もしくは染料の混合物、または1種以上の顔料と1種以上の染料との混合物を含む光重合性組成物。」


(2)甲第3号証に記載された発明
上記記載事項(17)の請求項4、請求項6を介して請求項1の記載を引用する請求項7の記載に基づけば、甲第3号証には、次の発明(以下、「甲3発明」という。)が記載されていると認められる。なお、式の説明の記載が非常に長いことを考慮して、その記載を省略するが、その内容は、甲第3号証の第98頁第3行の「wherein」から第110頁第12行に記載のとおりである。
「光重合性組成物であって、
(a)少なくとも1種のエチレン性不飽和の光重合性化合物と、
(b)光開始剤として、以下に定義される式(I)もしくは(II)の少なくとも1種の化合物と、
更なる光開始剤(c)および他の添加剤(d)から選択される少なくとも1種の成分を含み、
他の添加剤(d)として、顔料もしくは顔料の混合物、または染料もしくは染料の混合物、または1種以上の顔料と1種以上の染料との混合物を含む、
光重合性組成物。

式(I)または(II)



3 甲第4号証の記載事項
本件特許の優先権主張の日前の平成27年11月5日に電気通信回路を通じて公衆に利用可能となった甲第4号証(特開2015-194688号公報)には、以下の記載事項がある。

(1)「【技術分野】
【0001】
本発明は、フラットパネルディスプレイやタッチパネルに用いられる透明レジスト組成物、液晶ディスプレイの液晶表示素子や、プラズマディスプレイ、エレクトロルミネッセンスパネル、ビデオカメラ等の表示素子に用いられるカラーフィルタの作成に好適に使用されるカラーレジスト組成物及び該カラーレジスト組成物を用いたカラーフィルタに関する。

(中略)

【発明が解決しようとする課題】
【0009】
本発明が解決しようとする課題は、アルカリ性現像液によるレジスト現像時に起こるレジストの浮きやハガレによる欠陥を抑制することである。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明者等は、アルカリ現像性樹脂組成物を含有するレジストにおいて、特定の組成の有機溶剤が、レジスト現像時の密着性を向上させ、浮きやハガレを抑制することを見出し本発明に到達した。
即ち、本発明は、(A)アルカリ現像性樹脂組成物、(B)光重合開始剤及び(C)有機溶剤を含有するレジスト組成物において、該(C)有機溶剤が、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート(PGMEA)と、二塩基酸エステルとを必須の成分として含有するレジスト組成物を提供するものである。
また、本発明は、上記レジスト組成物に、(D)色材を加えたカラーレジスト組成物を提供するものである。
また、本発明は、基板上に、着色層及び/又は遮光層(ブラックマトリクス)を具備し、該着色層及び遮光層の少なくとも一層が上記カラーレジスト組成物の硬化物であることを特徴とする液晶表示素子用カラーフィルタを提供するものである。
【発明の効果】
【0011】
本発明のレジスト組成物は、アルカリ性現像液によるレジスト現像時に起こるレジストの浮きやハガレによる欠陥を抑制することができる。更に、本発明のカラーレジスト組成物を用いて作製した遮光層若しくは着色層の表面粗さを小さくでき、カラーフィルタの表示ムラの発生を防ぐことが可能になる。」

(2)「【0078】
[実施例1?4及び比較例1?4]レジスト組成物の調製
[表1]の配合に従い、レジスト組成物No.1?No.4及び比較レジスト組成物No.1?No.4を得た。尚、数字は質量部を表す。

(中略)

【0080】
【表1】


(中略)

【0083】
A-1 アルカリ現像性樹脂組成物1
A-2 アルカリ現像性樹脂組成物2
A-3 アルカリ現像性樹脂組成物3
B-1 NCI-831(ADEKA社製)
B-2 NCI-930(ADEKA社製)
B-3 OXE-01(BASF社製)
C-1 PGMEA
C-2 コハク酸ジメチル(沸点200℃)
C-3 コハク酸ジエチル(沸点218℃)
C-4 DBE(三協化学社製二塩基酸エステル、沸点196?225℃)
C-5 アジピン酸ジメチル(沸点109?110℃)
C-6 グルタル酸ジメチル(沸点96?103℃)
C-7 3-メトキシブチルアセテート(沸点172℃)
C-8 3-エトキシプロピオン酸エチル(沸点170℃)
C-9 シクロヘキサノン
D-1 MA100(カーボンブラック;三菱化学社製)
E-1 カヤラッドDPHA(ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート;日本化薬社製)
E-2 SE-TX-5010(アルコキシシランカップリング剤;ADEKA社製)
E-3 KBM-403(アルコキシシランカップリング剤:信越化学社製)
【0084】
上記実施例1?4及び比較例1?4で調製したレジスト組成物No.1?No.4及び比較レジスト組成物No.1?No.4について、下記評価を行った。結果を[表1]に示す。
(透明性)
基板にレジスト組成物を膜厚2μmとなるようスピンコートし乾燥させた。110℃で2分間プリベークを行った後、100mJ/cm^(2)にて高圧水銀ランプを用いて露光し、230℃20分ポストベークを行った。得られたクリア膜について、400nmにおける透過率が95%以上あるものを○、95%未満であるものを×とした。
(密着性)
上記で得られたクリア膜について、120℃、2atm、相対湿度100%の条件下で5時間静置した。JIS K5600-5-6の方法に準じて百マス試験を行った。クリア層が全くはがれなかったものを○、少しでもはがれたものを×とした。
(体積抵抗率)
クロム基板にレジスト組成物を膜厚2μmとなるようスピンコートし乾燥させた。110℃で2分間プリベークを行った後、100mJ/cm^(2)にて高圧水銀ランプを用いて露光し、230℃、30分ポストベークを行った。得られたクリア膜について、85℃85%の高温高湿装置内で100時間静置し、体積抵抗率を測定した。
(真空乾燥ムラ)
基板にレジスト組成物を膜厚2μmとなるようスピンコートし、1分間静置した。真空乾燥機を用いて50Paで減圧乾燥を行い、クリア膜の表面にムラのないものを○、ムラが発生したものを×とした。
(感度)
基板にレジスト組成物を膜厚2μmとなるようスピンコートし乾燥させた。110℃で2分間プリベークを行った後、高圧水銀ランプを用いて露光した。30mJ/cm^(2)で硬化したものをA、100mJ/cm^(2)以上でないと硬化しなかったものをBとした。

(中略)

【0087】
以上より、本発明のレジスト組成物は、感度、透明性に優れ、体積抵抗率が高い。また、本発明のレジスト組成物及びカラーレジスト組成物は、塗膜ムラがなく密着性が高いことが明らかである。」


第6 当審の判断
1 決定の予告で通知した進歩性の取消理由について
(1)本件特許発明1
ア 対比
本件特許発明1と甲3発明とを対比する。

(ア)甲3発明の「(b)光開始剤として、以下に定義される式(I)もしくは(II)の少なくとも1種の化合物」及び「更なる光開始剤(c)」は、技術的にみて、本件特許発明1の「(c)光重合開始剤」に相当する。

(イ)甲3発明の「他の添加剤(d)として、顔料もしくは顔料の混合物、または染料もしくは染料の混合物、または1種以上の顔料と1種以上の染料との混合物」は、技術的にみて、本件特許発明1の「(d)色材」に相当する。

(ウ)甲3発明の「光重合性組成物」と、本件特許発明1の「感光性樹脂組成物」とは、「感光性組成物」である点で共通する。

(エ)以上より、本件特許発明1と甲3発明とは、
「(c)光重合開始剤及び(d)色材を含有する感光性組成物である感光性組成物。」である点で一致し、以下の点で相違する。
[相違点1]本件特許発明1は、(a)アルカリ可溶性樹脂、(b)光重合性モノマー、を含有する感光性樹脂組成物であるのに対し、甲3発明は、(a)アルカリ可溶性樹脂、(b)光重合性モノマー、を含有する感光性樹脂組成物であることが明らかでない点。
[相違点2]光重合開始剤が、本件特許発明1では、「一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)、及び、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)を含有」するのに対し、甲3発明は、このように特定されていない点。
[相違点3](d)色材について、本件特許発明1では、「全固形分に対する前記(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下」であるのに対し、甲3発明では、全固形分に対する「顔料もしくは顔料の混合物、または染料もしくは染料の混合物、または1種以上の顔料と1種以上の染料との混合物」の含有割合を特定していない点。

イ 判断
事案に鑑みて[相違点2]について検討する。

(ア)光重合開始剤(c1)について
甲第3号証の記載事項(15)のTable 1 には、「(b)光開始剤」の実施例として、OE-1、OE-2、OE7?OE57、OE59、OE60、OE63、OE74、OE75の構造を有する光開始剤が記載されており、これらは何れも本件特許発明1の一般式(I)で表される光重合開始剤に包含されるものである。以上の記載に基づけば、甲第3号証には、甲3発明の「(b)光開始剤」として、本件特許発明1の一般式(I)で表される光重合開始剤を用いることが示唆されていたといえる。

(イ)光重合開始剤(c2)について
甲第3号証の記載事項(7)には、「The photoinitiator (c) is for example selected from ・・・and/or oxime esters of the carbazol type.」(翻訳文:光開始剤(c)は、例えば・・・および/またはカルバゾール型のオキシムエステルから選択される。)と記載されており、そのような光開始剤の例として、記載事項(8)「ethanone 1-[9-ethyl-6-(2-methylbenzoyl)-9H-carbazol-3-yl]-1-(O-acetyloxime)」(第47頁第16?17行 翻訳文:エタノン1-[9-エチル-6-(2-メチルベンゾイル)-9H-カルバゾール-3-イル]-1-(O-アセチルオキシム))及び「oxime esters described in ・・・, WO2008078678, 」(第47頁第29?30行 翻訳文:WO2008078678、・・・に記載されるオキシムエステル)が挙げられている。ここで、「ethanone 1-[9-ethyl-6-(2-methylbenzoyl)-9H-carbazol-3-yl]-1-(O-acetyloxime)」は、その化学構造からみて、本件特許発明1の「フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する」とする要件を満たしている。また、「ethanone 1-[9-ethyl-6-(2-methylbenzoyl)-9H-carbazol-3-yl]-1-(O-acetyloxime)」は、Irgacure OXE02 (BASF社)として市販されている光開始剤であり、特開2011-26384号公報の【図7】に示される分光スペクトルを示すものであって、本件特許発明1の光重合開始剤(c2)における「波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上である」とする要件も満たすものである。さらに、国際公開第2008/078678号の請求項1における「一般式(I)」は、本件特許発明1の「フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する」とする要件を満たしている。そして、国際公開第2008/078678号には、「405nmや365nm等の長波長の光を効率よく吸収し活性化される高感度の光重合開始剤」(段落[0006])として、様々なオキシムエステル化合物が挙げられており、表1(段落[0073])に示されるように、実施例として示される化合物は、何れも本件特許発明1の光重合開始剤(c2)における「波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上である」とする要件を満たすものである。
そうすると、本件特許発明1の光重合開始剤(c2)のように、「波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤」とする要件を満たす光重合開始剤を採用することは周知技術であるといえる。

また、甲第4号証には、「カラーレジスト組成物」(記載事項(1))において、光重合開始剤として、「B-1 NCI-891(ADEKA社製)」と、他の光重合開始剤を併用した実験例として、実施例1、実施例3等(記載事項(2))が記載されている。ここで、ADEKA社製「NCI-891」は、甲第10号証(特開2014-119640号公報)の段落【0055】、【0056】の記載によれば、本件特許の実施例で用いられている「<光重合開始剤(2)>」と同じ化学構造を有しており、本件特許発明1の光重合開始剤(c2)の「波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する」とする要件を満たすものである。
そして、甲3発明と甲第4号証に記載されたカラーレジスト組成物とは、カラーフィルタのブラックマトリックス等の作製に用いられるものである点で共通する技術分野に属するものである。

(ウ)複数の光重合開始剤を併用することについて
甲第3号証(記載事項(2))に「Hence, photoinitiators having a high sensitivity are required.」(翻訳文:したがって、高感度を有する光開始剤が必要とされている。)及び「Furthermore the initiators in display applications should contribute to surface smoothness of a pattern, adhesiveness to the substrate etc.」(翻訳文:更に、ディスプレイ用途での開始剤は、パターンの表面平滑性、基材への付着性等に資するべきである。)と記載されているとおり、光重合性組成物に用いられる光開始剤において、「高感度」を有すること及び基材への「付着性」に資することは、一般に求められていることといえる。そして、甲第3号証には、「Photopolymerization can also be accelerated by adding further photosensitizers or coinitiators (as component (d)) which shift or broaden the spectral sensitivity.」(記載事項(13) 翻訳文:光重合を、スペクトル感度をシフトさせるか、または広げる、さらなる光増感剤または補助開始剤(成分(d)として)を添加することによって促進することもできる。)と記載されている。そうすると、甲第3号証には、光開始剤と、それを補助する開始剤とを併用することにより、スペクトル感度を広げ、光重合を促進させることが示唆されているといえる。

(エ)効果について
しかしながら、甲第3号証には、列挙される様々な光重合開始剤の中から、本件特許発明1の一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)と、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)との組み合わせを選択することについて、直接の記載はない。
そして、本件特許の明細書には、「高感度かつ細線密着性に優れた感光性樹脂組成物を提供することができる」(段落【0018】)、「前記一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)を含有することで、色材粒子表面への光重合開始剤の吸着が促進され、露光時の光重合開始剤の光吸収率が向上すると共に、樹脂成分のUV(Ultraviolet)光透過性が上がって内部硬化性が向上し、細線密着性が良好になる」(段落【0030】)と記載されており、さらに、光重合開始剤(c2)について、「光重合開始剤(c2)の極大吸収波長を前記下限値以上とすることで内部硬化が高くなる傾向があり、また、前記上限値以下とすることで高感度となる傾向がある。」(段落【0055】)、「また、表面硬化性の観点から、光重合開始剤(c2)は下記一般式(II)で表される光重合開始剤であることが好ましい。」(段落【0056】、【0057】)と記載されている。これらの記載に基づけば、本件特許発明1は、一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)については色材粒子表面への吸着が促進されることにより内部での硬化に寄与すること、一般式(I)とは異なるフルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)については光重合開始剤(c1)とは異なる位置(表面)に存在することとなり、光重合開始剤(c1)の吸収波長領域の光を遮蔽することなく樹脂成分の表面を含む領域での硬化に寄与することが理解できる。
そうすると、本件特許発明1が奏する効果は、スペクトル感度を広げることのみならず、光重合開始剤(c1)と、光重合開始剤(c2)とが、内部硬化及び表面硬化をそれぞれ促進することにより、細線密着性が良好になるというものであるといえる。そして、当業者であっても、このような効果が、甲第3号証や甲第4号証の記載や技術常識に基づいて、予測することができたということはできない。

そうしてみると、光重合開始剤として、本件特許発明1において特定される「光重合開始剤(c1)」や、「光重合開始剤(c2)」を採用することが、周知技術であるとともに各甲号証において示唆されており、かつ、複数の光重合開始剤を組み合わせることによりスペクトル感度を広げ、光重合を促進させることが甲第3号証に示唆されていたとしても、上記「光重合開始剤(c1)」及び「光重合開始剤(c2)」を組み合わせて用いることにより、内部硬化及び表面硬化をそれぞれ促進させ、細線密着性を良好にすることを、当業者が容易に発明することができたということはできない。

ウ 小括
以上のとおりであるから、本件特許発明1は、当業者であっても、甲3発明、並びに、甲第3号証及び甲第4号証の記載事項(ないし周知技術)に基づいて容易に発明をすることができたとはいえない。

(2)本件特許発明2、3、5、6、8?10
本件特許発明2、3、5、6、8は、何れも感光性樹脂組成物に関する発明であって、本件特許発明1と同じ、光重合開始剤が「(c)光重合開始剤が、下記一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)、及び、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)を含有」するという要件を具備している。また、本件特許発明9は、本件特許発明1の感光性樹脂組成物を硬化させた硬化物に関する発明であり、本件特許発明10は、本件特許発明9の硬化物を有する画像表示装置に関する発明である。そうすると、本件特許発明2、3、5、6、8?10も、本件特許発明1と同じ理由により、当業者であっても、甲3発明、並びに、甲第3号証及び甲第4号証の記載事項(ないし周知技術)に基づいて容易に発明をすることができたとはいえない。

(3)むすび
以上のとおりであるから、本件特許発明1?3、5、6、8?10は、当業者であっても、甲3発明、並びに、甲第3号証及び甲第4号証の記載事項(ないし周知技術)に基づいて容易に発明をすることができたものではないから、特許法第29条第2項の規定により、本件特許発明1?3、5、6、8?10に係る特許を取り消すことはできない。

2 決定の予告で通知したサポート要件の取消理由について
ア 本件特許発明1が解決しようとする課題は、本件特許の明細書の段落【0009】の記載に基づけば、「高感度かつ細線密着性に優れた感光性樹脂組成物を提供すること」にあるといえる。
そして、本件特許発明1は、(c)光重合開始剤が、「一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)」及び「波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)」を含有すること、「全固形分に対する前記(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下」であるとする発明特定事項を有している。

イ ここで、「光重合開始剤(c1)」及び「光重合開始剤(c2)」は、前記1(1)イ(エ)に記載したとおり、一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)については色材粒子表面への吸着が促進されることにより内部での硬化に寄与すること、一般式(I)とは異なるフルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)については光重合開始剤(c1)とは異なる位置に存在することとなり、光重合開始剤(c1)の吸収波長領域の光を遮蔽することなく樹脂成分の表面を含む領域での硬化に寄与することが理解でき、光重合開始剤(c1)と、光重合開始剤(c2)とが、内部硬化及び表面硬化をそれぞれ促進することにより、細線密着性が良好になるというものであるといえる。

ウ 特許異議申立人は、令和元年10月24日付けの意見書において、「実施例の開示を参照しても、開示された(d)色材の含有割合は、わずか1点のみ(52.00質量%)であり、たとえば、色材の含有量が52.00質量%の半分程度の30質量%である場合や、52.00質量%を大きく超える60質量%の場合などでも、本件訂正発明1の課題が適切に解決され得るかどうかは、いかに当業者であっても、容易に予期し得ないことが明らかである。」と主張している。
しかしながら、本件特許発明1は、前記アに記載した発明特定事項を有しており、その発明特定事項に基づけば、前記イに記載した効果を奏するものと認められる。そして、「(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下」であれば、光重合開始剤(c1)による内部硬化が実施でき、色材含有量が多すぎることによる阻害も生じないものと考えられる。

以上のとおりであるから、特許異議申立人の主張は採用できない。

3 決定の予告で通知した明確性の取消理由について
本件訂正により、本件特許発明1は「全固形分に対する前記(d)色材の含有割合」について、その上限が特定された。
したがって、決定の予告で通知した明確性の取消理由が解消していることは、明らかである。
よって、本件特許発明1?3、5、6、8?10の記載は、特許法第36条第6項第2号に規定する要件を満たしているから、本件特許発明1?3、5、6、8?10に係る特許を取り消すことはできない。

4 平成31年3月5日付けで通知した拡大先願の取消理由について
本件訂正により、本件特許発明1?3、5、6、8?10は、いずれも、本件訂正前の請求項4において特定されていた「光重合開始剤(c2)が、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤」とする要件を具備することとなった。そして、本件訂正前の請求項4に係る発明は、拡大先願の取消理由の対象とされていない。
したがって、平成31年3月5日付けで通知した拡大先願の取消理由が解消していることは明らかである。
よって、本件特許発明1?3、5、6、8?10に係る特許は、特許法第29条の2の規定により取り消すことはできない。

5 平成31年3月5日付けで通知した進歩性の取消理由について
前記「1 決定の予告で通知した進歩性の取消理由について」に記載したとおり、本件特許発明1?3、5、6、8?10は、当業者であっても、甲3発明、甲第3号証及び甲第4号証の記載事項に基づいて容易に発明をすることができたものではないから、特許法第29条第2項の規定により、本件特許発明1?3、5、6、8?10に係る特許を取り消すことはできない。

6 取消理由通知において採用しなかった特許異議申立理由について
(1)甲第1号証に基づく本件訂正前の請求項4,5に対する異議申立理由
特許異議申立人は、本件訂正前の請求項4及び請求項5について、甲第1号証に記載の発明であるから、特許法第29条の2の規定により特許を受けることができないと主張している。
甲第1号証には、特許異議申立人が主張(特許異議申立書の第40頁第10?15行)するように、「イルガキュアOXE-04とともに、チオキサントン系光重合開始剤として、Double BondChemical社製のDOUBLECURE DETXが併用されており、また、イルガキュアOXE-04とともに、アシルフォスフィンオキサイド系光重合開始剤として、BASF社製のイルガキュア819が併用されている」着色組成物調整例42及び着色組成物調整例43が記載されている。しかしながら、DOUBLECURE DETX及びイルガキュア819は、いずれも、「フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する」光重合開始剤ではない。そして、イルガキュアOXE-04とともに併用されるDOUBLECURE DETX又はイルガキュア819について、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤に置き換えることが、当業者にとって自明であったということもできない。
したがって、本件訂正前の請求項4及び請求項5に係る発明が、甲第1号証に記載されていたに等しい発明であるということはできない。

(2)甲第4、5号証に記載された発明を主引用発明とする異議申立理由
特許異議申立人は、本件訂正前の請求項1?10について、甲第4号証に記載された発明又は甲第5号証に記載された発明を主引用発明として、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないと主張している。
甲第4号証には、特許異議申立人が主張(特許異議申立書の第52頁第12?21行)するように、(B)光重合開始剤として「B-1 NCI-831(ADEKA社製)」と「B-2 NCI-930(ADEKA社製)」を併用することが記載されている。しかしながら、甲第4号証に記載された発明は、レジスト現像時に起こるレジストの浮きやハガレによる欠陥を抑制(段落【0009】)するものであって、光重合反応によって課題を解決するものではない。そして、「NCI-930」はジフェニルスルフィド構造を有するものの、本件特許発明1の光重合開始剤(c1)の要件を満たすものではなく、本件特許発明の光重合開始剤(c1)の要件を満たすものとする動機付けを見出せない。したがって、甲第4号証に記載された発明を主引用発明として、本件特許発明1?3、5、6、8?10が容易に発明できたものということができない。
また、甲第5号証には、特許異議申立人が主張(特許異議申立書第57頁最終行?第58頁下から3行目)するように、OXE-01とともに、フルオレン骨格含有オキシムエステル系重合開始剤を併用することが記載されている。しかしながら、甲第5号証に記載されたフルオレン骨格含有オキシムエステル系重合開始剤は本件特許に記載された化合物と置換基が異なるため、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が340nm以上である蓋然性が高いということはできない。また、甲第5号証に記載されたフルオレン骨格含有オキシムエステル系重合開始剤を、本件特許発明1の(c2)の要件を満たすものとする動機付けを見出せない。したがって、甲第5号証に記載された発明を主引用発明として、本件特許発明1?3、5、6、8?10が容易に発明できたものということもできない。


第7 むすび
以上のとおり、取消理由通知に記載された取消理由及び特許異議申立書に記載した特許異議申立理由によっては、本件特許発明1?3、5、6、8?10に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に本件特許発明1?3、5、6、8?10に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
また、請求項4及び請求項7は、訂正により削除されたため、本件特許の請求項4及び請求項7に係る特許に対して特許異議申立人がした特許異議申立てについては、対象となる請求項が存在しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
発明の名称 (57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
(a)アルカリ可溶性樹脂、(b)光重合性モノマー、(c)光重合開始剤及び(d)色材を含有する感光性樹脂組成物であって、
前記(c)光重合開始剤が、下記一般式(I)で表される光重合開始剤(c1)、及び、波長320nm?400nmの範囲における極大吸収波長が334nm以上であり、フルオレン骨格又はカルバゾール骨格を有する光重合開始剤(c2)を含有し、
全固形分に対する前記(d)色材の含有割合が30質量%以上60質量%以下であることを特徴とする感光性樹脂組成物。
【化1】

(式(I)中、R^(1)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
R^(2)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
kは0又は1を表す。
R^(3)?R^(6)は各々独立に、任意の1価の置換基を表す。
l、m及びoは各々独立に、0?3の整数を表す。nは0又は1を表す。)
【請求項2】
全固形分に対する前記(c)光重合開始剤の含有割合が2質量%以上である、請求項1に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項3】
前記(c)光重合開始剤における、前記光重合開始剤(c1)の含有割合が1質量%以上である、請求項1又は2に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項4】
(削除)
【請求項5】
前記光重合開始剤(c2)が、下記一般式(II)で表される光重合開始剤である、請求項1?3のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。
【化2】

(式(II)中、R^(7)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
R^(8)は置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。
pは0又は1を表す。
R^(9)は任意の1価の置換基を表す。qは0?3の整数を表す。
Xは-N(R^(10))-又は-C(R^(11))(R^(12))-を表す。
R^(10)?R^(12)は各々独立に、水素原子、置換基を有していてもよいアルキル基又は置換基を有していてもよい芳香族環基を表す。R^(11)とR^(12)は相互に結合して環を形成していてもよい。)
【請求項6】
前記(d)色材がカーボンブラックである、請求項1?3、5のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項7】
(削除)
【請求項8】
前記(a)アルカリ可溶性樹脂が、カルボキシル基を有するエポキシ(メタ)アクリレート樹脂を含有する、請求項1?3、5、6のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物。
【請求項9】
請求項1?3、5、6、8のいずれか1項に記載の感光性樹脂組成物を硬化させた硬化物。
【請求項10】
請求項9に記載の硬化物を有する画像表示装置。
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
異議決定日 2019-11-21 
出願番号 特願2018-511166(P2018-511166)
審決分類 P 1 651・ 121- YAA (G03F)
P 1 651・ 537- YAA (G03F)
P 1 651・ 161- YAA (G03F)
最終処分 維持  
前審関与審査官 高橋 純平  
特許庁審判長 樋口 信宏
特許庁審判官 宮澤 浩
高松 大
登録日 2018-05-25 
登録番号 特許第6341351号(P6341351)
権利者 三菱ケミカル株式会社
発明の名称 感光性樹脂組成物、硬化物及び画像表示装置  
代理人 田▲崎▼ 聡  
代理人 特許業務法人栄光特許事務所  
代理人 田▲崎▼ 聡  
代理人 大浪 一徳  
代理人 伏見 俊介  
代理人 大浪 一徳  
代理人 特許業務法人栄光特許事務所  
代理人 伏見 俊介  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ