• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 訂正 判示事項別分類コード:なし 審判却下 H04N
管理番号 1000731
審判番号 審判1999-39009  
総通号数
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 1988-05-28 
種別 訂正の審決 
審判請求日 1999-02-10 
確定日 1999-08-06 
事件の表示 特許第1943721号発明「撮像装置」に関する訂正審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求を却下する。 
理由 I.本件発明は、昭和61年11月14日に株式会社 日立製作所及び株式会社 日立画像情報システムが共同出願したものであって、平成7年6月23日に特許登録されたものである。
II.本件審判請求は特許請求の範囲の減縮と誤記の訂正を目的として本件特許明細書を訂正することを請求するものである。
III.共同に係わる審判については、特許法第132条第3項は以下の通り規定している。即ち
「特許権又は特許を受ける権利の共有者がその共有に係る権利について審判を請求するときは、共有者の全員が共同して請求しなければならない。」
ところで、本審判請求書を検討するに、本件審判請求は、請求人として、株式会社 日立画像情報システムを欠く、株式会社 日立製作所単独の請求によることは明らかである。
そうすると、本件審判請求は特許法第132条第3項の規定を満たしていないので、不適法な審判請求といえる。また、本審判請求書を精査しても共同審判の意思も明らかでなく補正をすることもできない。
IV.したがって、本件審判請求は、特許法第135条の規定により却下すべきものである。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 1999-04-08 
結審通知日 1999-05-21 
審決日 1999-06-10 
出願番号 特願昭61-269704
審決分類 P 1 41・ - X (H04N)
最終処分 審決却下  
前審関与審査官 清水 正一  
特許庁審判長 水谷 好男
特許庁審判官 井上 正
丹治 彰
登録日 1995-06-23 
登録番号 特許第1943721号(P1943721)
発明の名称 撮像装置  
代理人 武 顕次郎  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ