• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 H04B
管理番号 1258042
審判番号 不服2009-21016  
総通号数 151 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2012-07-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2009-10-30 
確定日 2012-06-06 
事件の表示 特願2003-533475「リモート・ユニットでの空間処理を行う方法および装置」拒絶査定不服審判事件〔平成15年 4月10日国際公開、WO03/30403、平成17年 2月24日国内公表、特表2005-505968〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 1.手続の経緯
本願は、2002年9月27日(パリ条約による優先権主張外国庁受理2001年9月28日、米国)を国際出願日とする出願であって、平成21年1月16日付けで拒絶理由通知がなされ、同年5月27日付けで手続補正がなされたが、同年6月19日付けで拒絶査定がなされ、これに対し、同年10月30日に拒絶査定不服審判の請求がなされたものである。

2.本願発明
本願の請求項13に係る発明は、平成21年5月27日付けの手続補正書により補正された特許請求の範囲の請求項13に記載されたとおりの次のものと認める。(以下、「本願発明」という。)
「リモート・ユニットの電力を節減する方法であって、前記リモート・ユニットが空間処理装置を備え、前記空間処理装置が、ダイバーシチ、関連する受信経路、および少なくとも1つの空間処理ユニットを有する複数のアンテナを備え、
前記リモート・ユニットの要求されたサービスのタイプを決定するステップと、
空間処理のために使用可能にする受信経路の数を決定し、1つまたは複数の受信経路を選択的に使用可能にしたり、使用不能にすることを含み、前記決定したサービスのタイプに基づいて、前記空間処理装置が消費する電力量を選択的に変えるステップとを含む方法であって、
前記サービスのタイプが第1のデータ転送速度を有する音声サービスの場合に、第1の数の受信経路が使用可能にされ、前記サービスのタイプが前記第1のデータ転送速度よりも速い第2のデータ転送速度を有するデータ・サービスの場合に、第2の数の受信経路が使用可能にされる、方法。」

3.引用例
原査定の拒絶の理由に引用された国際公開第01/005088号(以下、「引用例1」という。)、及び特開2001-189687号公報(以下、「引用例2」という。)には、それぞれ、図面とともに次の事項が記載されている。
(なお、引用例1については、原文に対する日本語訳として、対応する特表2003-504957号公報の記載を摘記する。)

(引用例1)
A.“Summary and Objects of the Invention
The present inventors have reduced the power penalty of introducing diversity in the mobile station by using the diversity branch only when needed. Figure 4 depicts a solution where the diversity branch can be controlled (i.e. , switched on or off) by the base band processing circuitry. In this way, it can be decided when the performance gain from using diversity outweighs the extra power consumption and then switch to the diversity processing only in the latter situation.
The criteria for when to use the diversity branch can be both global in the sense of it being system wide and/or local. In the global case the network evaluates the load on different cells and the network signals the mobile stations when the mobile stations are allowed to switch off the diversity processing. Some of the performance loss is then compensated by increasing the transmit power on the down link to the mobile station, in one embodiment of the present invention. More specifically, power will likely increase to reach a target Signal to Interference Ratio (SIR) in one loop, and possibly a target SIR will be adjusted based perceived quality in an outer loop.
In the local case, the mobile station itself decides when it wants to use diversity. This decision can be based on current radio performance, the type of services currently used and/or the remaining battery power, for example.
When not using diversity, the mobile station generally needs a higher SIR (Signal to Interface ratio) to be reached. Whether this request is granted or not depends on the current load in the system. There will be cases when the power cannot be increased and the mobile may be forced to renegotiate the currently used services (data rates, packet length, etc.) in order to handle the reduced SIR when switching off the diversity processing.”(第6頁第1?26行)
(日本語訳:「【0019】
(発明の概要及び目的)
本発明の発明者はダイバーシチブランチを必要な場合にのみ用いることで、移動局にダイバーシチを導入することによる電力損失(power penalty)を削減した。図4はベースバンド処理回路によってダイバーシチブランチが制御(すなわちスイッチオン及びオフ)可能な解決策を示す。このようにして、ダイバーシチを用いることによる性能向上がダイバーシチを用いることによる電力消費を上回る場合を判断でき、後者の状況においてのみダイバーシチ処理へ切り替えることができる。
【0020】
いつダイバーシチブランチを用いるべきかについての基準は、システム全体という意味における全体的なものであっても、局所的なものであっても良い。全体的な場合、ネットワークは異なるセルにおける負荷を評価し、移動局がダイバーシチ処理をオフすることが可能な状態になったら移動局に通知する。そして、本発明の1つの実施形態において、性能低下の一部は移動局へのダウンリンクにおいて送信電力を増加することによって補償される。より具体的には、1つのループにおいて目標信号対干渉比(SIR)に到達するように電力が増加し、目標SIRは外部ループにおいて検出(perceive)される品質に基づいて調整される。
【0021】
局所的な場合、移動局自身がダイバーシチを用いたい場合を判定する。この判定は、例えば、現在の無線性能、現在用いているサービスの種類及び/又は電池残量等に基づくことができる。
【0022】
ダイバーシチを用いない場合、一般に移動局は到達すべきより高いSIR(信号対干渉比)を必要とする。この要求が許可されるか否かはその時点でのシステム内負荷に依存する。電力を増加することができない場合、ダイバーシチ処理をオフした際に低下するSIRに対処するため、移動局が現在使用しているサービスを再調整(データレート、パケット長等)させられる場合もある。」)

B.“Figure 4 is a block diagram of a portion of a cellular telephone mobile or base which includes a first antenna 410 and a second antenna 412. The first antenna 410 receives a radio signal for input to a first Radio Frequency (RF) processor 420. The radio frequency processor 420 processes the received RF signals such as down converting the RF signal into a base band received radio signal. While only two antennas and processors are shown, more than two could be employed using the teachings of the present inventors as presented herein. The converted, base band radio signal processed by the RF processor 420 is input to a base band processor 430 for further processing in accordance with CDMA, TDMA, FDMA or other access systems.
Further, the RF processor 420 receives baseband signals from the base band processor 430 for up conversion into radio frequencies to be transmitted over the first antenna 410.
Radio signals are also received on the second antenna 412. This second antenna 412 may receive the same signals originating from the same signal source, but perhaps via a different signal path.
The received signals from the second antenna 412 are input to a second RF processor 422 for radio frequency processing such as down conversion into a base band signal. The down converted base band signal processed by the RF processor 422 is then input to a base band processing circuit 430. The second radio frequency processor 422 is not used in the transmission mode.
The base band processor 430 may be any suitable circuitry for processing base band radio frequencies and is envisioned to be in the form of an application specific integrated circuit (ASIC). Naturally, any type of base band processing can be used, such as for FDMA, TDMA, or CDMA. The present invention is particularly useful for CDMA applications, but is not so limited. The base band processor 430 also performs the additional function of determining when antenna diversity is justified in light of the additional power consumption thereof.”(第8頁第1行?第9頁第3行)
(日本語訳:「【0025】
図4はセルラ電話移動局又は基地局の一部のブロック図であり、第1のアンテナ410及び第2のアンテナ412を含む。第1のアンテナ410は第1の無線周波数(RF)プロセッサ420へ入力するための無線信号を受信する。無線周波数プロセッサ420はベースバンド受信無線信号へのダウンコンバートといった、受信RF信号の処理を行う。2つのアンテナ及びプロセッサのみが示されるが、本明細書において示されるような本発明の教示を用いて3つ以上のアンテナ及びプロセッサを用いることができる。RFプロセッサ420によって処理された、変換されたベースバンド受信無線信号は、CDMA、TDMA、FDMA又は他のアクセスシステムに従った処理を行うため、ベースバンドプロセッサ430に入力される。
【0026】
RFプロセッサ420はさらに、ベースバンドプロセッサ430から、第1のアンテナ410を介して送信される無線周波数へアップコンバージョンするためのベースバンド信号を受信する。
【0027】
無線信号は第2のアンテナ412でも受信される。この第2のアンテナ412は同一の信号源から発信された同一信号を、おそらく異なる信号経路を介して受信するであろう。
【0028】
第2のアンテナ412からの受信信号は、ベースバンド信号へのダウンコンバートといった無線周波数処理のため、第2のRFプロセッサ422へ入力される。RFプロセッサ422で処理された、ダウンコンバートされたベースバンド信号はベースバンドプロセス回路430へ入力される。第2の無線周波数プロセッサ422は送信モードでは使用されない。
【0029】
ベースバンドプロセッサ430はベースバンド無線周波数の処理に適した任意の回路で良く、特定用途向け集積回路(ASIC)の形態であろうことが想像される。もちろん、FDMA、TDMA又はCDMAといった任意の種類のベースバンド処理を用いることが可能である。本発明はCDMA用途に特に有用だが、それほど限定されない。
【0030】
ベースバンドプロセッサ430はさらに、アンテナダイバーシチがそれにより追加される電力消費を鑑みていつ正当化されるかを判定する付加機能を実施する。」)

C.“Figure 5 shows the general program flow of a control section of a base band processing. This control section provides the control signal to the second RF processor 422. Figure 5 is to be taken as an exemplary flow chart. Naturally, other program flows can be implemented without departing from the spirt and scope of the present invention.
A first step 510, a radio frequency signal is received in the first antenna 410. It is input for processing in the first RF processor 420 in the second step 512 which, among other processes, converts the radio frequency signal to a base band signal. At step 514, the base band processor 430 checks to determine whether diversity is on. If diversity is on, then the RF signal received on the second antenna is processed in the second processor 422 at step 516. The signal processed in the second processor 422 is then demodulated and the two processed signals are combined in the base band processor 430 at step 518. If at step 514 it is determined that diversity is off, then the signal from the first processor 420 is demodulated at step 517 for further processing in other circuit elements, such as a digital signal processor (DSP). Further processing will be necessary for such implementations as CDMA, TDMA and FDMA systems to convert the base band signal into a voice signal or data signal, as the situation makes appropriate. The two branches of the process then combine and at step 520 the base band processor 430 determines whether diversity should be on.
This determination as to whether the performance gain of the intended diversity justifies the extra power consumption can employ a number of different mechanisms. The determination can be made at the mobile station or the mobile station can send information about the quality of the link to the base station. If the base station judges that the quality of the link is sufficiently good and also has spare capacity then it allows diversity to be switched off in the mobile station.”(第9頁第4行?第10頁第2行)
(日本語訳:「【0031】
図5はベースバンド処理の制御部分の全体的なプログラムフローを示す。この制御部分は第2のRFプロセッサ422への制御信号を供給する。図5は例示的なフローチャートとして取り扱われるべきものである。当然、本発明の精神及び範囲を離れることなく他のプログラムフローを実施することができる。
【0032】
最初のステップ510において、無線周波数信号が第1のアンテナ410で受信される。2番目のステップ512において、この無線周波数信号は処理のため第1のRFプロセッサ420へ入力される。ステップ512においては、例えば無線周波数信号をベースバンド信号へ変換する。ステップ514で、ベースバンドプロセッサ430は、ダイバーシチがオンであるか否かを判定するためチェックする。ダイバーシチがオンであれば、ステップ516において、第2のアンテナで受信されたRF信号が第2のプロセッサ422で処理される。そして、ステップ518において、第2のプロセッサ422で処理された信号は復調され、処理後の2信号がベースバンドプロセッサ430において合成される。ステップ514でダイバーシチがオフであると判定された場合には、ディジタル信号プロセッサ(DSP)等の他の回路要素でのさらなる処理のために、第1のプロセッサ420からの信号がステップ517で復調される。CDMA、TDMA及びFDMAシステム等の実施のためには、ベースバンド信号を状況に応じて音声信号又はデータ信号へ変換するためのさらなる処理が必要であろう。そして、処理の2つのブランチは合成され、ステップ520でベースバンドプロセッサ430がダイバーシチをオンすべきか否かを判定する。
【0033】
着目するダイバーシチの性能利得が余分な電力消費を正当化するか否かの判定は多くの異なる機構を利用することが可能である。判定は移動局で行ってもよいし、移動局がリンク品質に関する情報を基地局へ送信してもよい。リンク品質が十分良く、さらに性能上余裕があると基地局が判断した場合、移動局においてダイバーシチをオフすることが可能になる。」

ここで、上記引用例1に記載のものは、空間的に離れた複数のアンテナからの受信信号を空間処理することによって、いわゆる空間ダイバーシチ動作を行うものであり、ダイバーシチがオンのときには、第1のRFプロセッサ420と第2のRFプロセッサ422がともに動作し、ダイバーシチがオフのときには、第1のRFプロセッサ420のみが動作するものである。
そして、上記A.の“In the local case, the mobile station itself decides when it wants to use diversity. This decision can be based on current radio performance, the type of services currently used and/or the remaining battery power, for example.”(日本語訳:「局所的な場合、移動局自身がダイバーシチを用いたい場合を判定する。この判定は、例えば、現在の無線性能、現在用いているサービスの種類及び/又は電池残量等に基づくことができる。」)との記載を勘案すると、「現在用いているサービスの種類」に基づいて「移動局自身がダイバーシチを用いたい場合」を判定する前提のステップとして、「移動局が現在用いているサービスの種類を決定するステップ」が存在するといえる。

よって、上記A.?C.の記載及び関連する図面を参照すると、引用例1には、次の発明が記載されているものと認められる。(以下、「引用例1記載の発明」という。)
「移動局の電力損失を削減する方法であって、前記移動局が、空間ダイバーシチ、2つのRFプロセッサ、およびベースバンドプロセッサを有する2つのアンテナを備え、
前記移動局が現在用いているサービスの種類を決定するステップと、
空間処理のために動作させるようにするRFプロセッサの数を決定し、1つまたは2つのRFプロセッサを選択的に動作させるようにしたり、動作させないようにすることを含み、前記決定したサービスの種類に基づいて、前記移動局の電力消費を選択的に変えるステップとを含む方法。」

(引用例2)
D.「0018】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。本発明の実施の一形態に係る複合セル切替え制御方法の提供される移動通信システムにおけるセル構成は、例えば、図1に示すようになっている。図1において、通信サービスエリア内に複数の基地局11、12、13、14、15、16が設置されている。なお、図1では、便宜的に6つの基地局しか示されていない。
【0019】各基地局11、12、13、14、15、16は、所定の送信電力で情報の高速伝送を通常のアンテナ(例えば、オムニアンテナ、セクタアンテナ)を介して行える無線通信領域となるマイクロセルC1を構成する。この場合、高い伝送速度での無線通信が可能となるマイクロセルC1のセル半径は一般的に小さく、各基地局11、12、13、14、15、16の各マイクロセルC1だけでは、通信サービスエリア全体をカバーすることができない。ただし、比較的低い伝送速度で情報の無線通信を行う場合、このマイクロセルC1のセル半径は大きくなり、各マイクロセルC1にて通信サービスエリア全体をカバーすることができるようになる。
【0020】各基地局11、12、13、14、15、16は、更に、移動局の追尾機能を有する高利得アンテナ、例えば、アダプティブアレイアンテナを介して行える無線通信領域となるAAAセルC2を形成する。このアダプティブアレイアンテナを用いた場合、指向性(電波のビーム)を絞ることができるので、限られた送信電力で、比較的広い範囲の移動局を追尾することができる。従って、AAAセルC2はマクロセルC1より広く、情報の高速伝送の際に上記マイクロセルC1にてカバーできなかった通信サービスエリアは、各基地局にて形成されるAAAセルC2によってカバーされる。」

E.「【0027】切替器110は、制御部100からの指示により、移動局に対して動作させるべき送受信系(AAAセル系またはマイクロセル系)を切替える。」

F.「【0030】図4において、移動局(MS)は、マイクロセルC1またはAAAセルC2の選択を行う。このセルの選択は、次のようにしてなされる。各基地局(BS)は、図5に示すように、前述した制御用セル系の通信ユニットにて止まり木チャネルセルを一定の送信電力で送信している。移動局(MS)は、制御部200での制御のもと、周囲の基地局(BS)からの止まり木チャネルを走査し、その受信レベルを順次測定する(S11)。そして、その測定された受信レベルのうち最大レベルとなる止まり木チャネルの基地局を当該移動局が在圏するセルの基地局と判定する(S12)。この移動局が在圏するセルの基地局の判定処理は、移動局が待ち受け状態でも、また、通信状態のいずれの状態でも、一定時間毎など、予め定められた条件のもとで行われる。
【0031】その後、図6に示すように、その判定された基地局(BS)から止まり木チャネルにて送信される報知情報を受信した移動局(MS)は、その報知情報に含まれるマイクロセルC1とAAAセルC2の切替条件となる閾値Sを取得する(S13)。この閾値Sは、送受信される情報に関する通信サービスの質に応じて異なる。例えば、画像情報などの情報を高速伝送することが要求される情報が送受信される場合の閾値S1は、比較的大きな値となる。また、通話情報などの情報のように特に高速伝送しなくても比較的高い通信品質を保つことのできる情報が送受信される場合の閾値S2は比較的小さな値となる。
【0032】上記のようにマイクロセルC1とAAAセルC2の切替条件となる閾値を取得した移動局(MS)は、自局が在圏するセルの基地局からの止まり木チャネルの受信レベルRを測定し(S14)、その受信レベルと上記取得した閾値Sとの比較結果に基づいてマイクロセルC1とAAAセルC2の選択を行うS15)。上記受信レベルSが閾値R(R1またはR2)以上となる場合、マイクロセルC1が選択される。一方、上記受信レベルSが閾値R(R1またはR2)より小さい場合、AAAセルC2が選択される。情報を高速伝送する場合、上記閾値S1が比較的大きな値となるため、受信レベルRが、比較的高いレベルとならなければ、マイクロセルC1が選択されない。即ち、移動局(MS)と基地局(BS)との間の無線伝送路の状態が比較的良好な場合(移動局が基地局に比較的近い場合)にマイクロセルC1が選択される。一方、情報を高速伝送する必要がない場合には、上記閾値S2が比較的小さい値となるため、受信レベルRが比較的低いレベルであっても、マイクロセルC1が選択される。即ち、移動局(MS)と基地局(BS)との間の無線伝送路の状態がそんなに良好でなくても(移動局が基地局より比較的遠くに位置していても)マイクロセルC1が選択される。」

上記D.?F.の記載及び関連する図面を参照すると、引用例2には、次の発明が記載されているものと認められる。(以下、「引用例2記載の発明」という。)
「動作させるべき送受信系をアダプティブアレイアンテナ(AAA)セル系あるいはマイクロセル系に切替える移動通信システムの移動局において、
移動局の受信レベルが閾値S1とS2の間(ここで、S1>S2)のとき、送受信される情報が通話情報などの高速伝送しなくてもよい情報である場合には、1つのアンテナを用いるマイクロセル系で動作させ、送受信される情報が画像情報などの高速伝送することが要求される情報である場合には、複数のアンテナを用いるアダプティブアレイアンテナ(AAA)セル系で動作させるようにすること。」

4.対比
本願発明と引用例1記載の発明とを対比すると、次のことがいえる。

(あ)引用例1記載の発明における「移動局」、「電力損失を削減する方法」は、本願発明における「リモート・ユニット」、「電力を節減する方法」に相当する。

(い)引用例1記載の発明における「空間ダイバーシチ」、「2つのRFプロセッサ」、「ベースバンドプロセッサ」、「2つのアンテナ」は、本願発明における「ダイバーシチ」、「関連する受信経路」、「少なくとも1つの空間処理ユニット」、「複数のアンテナ」に相当する。
そして、引用例1記載の発明は、いわゆる空間ダイバーシチ動作を行うものであるから、実質的に「空間処理装置」を備えるものであるということができ、該「空間処理装置」が、「空間ダイバーシチ」、「2つのRFプロセッサ」、および「ベースバンドプロセッサ」を有する「2つのアンテナ」を備えているということができる。

(う)引用例1記載の発明における「サービスの種類」は、本願発明における「サービスのタイプ」に相当する。
そして、引用例1記載の発明において、移動局のユーザは、サービスを利用するにあたり、どのサービスの種類を利用するかを要求するものと解される。
よって、引用例1記載の発明において「移動局が現在用いているサービスの種類を決定する」ことは、本願発明において「リモート・ユニットの要求されたサービスのタイプを決定する」ことに相当する。

(え)引用例1記載の発明において、「動作させるように」すること、及び「動作させないようにすること」は、本願発明において、「使用可能に」すること、及び「使用不能にすること」に相当する。

(お)上記(い)で述べたように、引用例1記載の発明は、実質的に「空間処理装置」を備えるものであるということができ、引用例1記載の発明における「移動局」の電力消費の変化は、実質的に、「移動局」が備える「空間処理装置」の電力消費の変化であるということができる。
よって、引用例1記載の発明において「移動局の電力消費を選択的に変える」ことは、本願発明において「空間処理装置が消費する電力量を選択的に変える」ことに相当する。

上記(あ)?(お)の事項を踏まえると、本願発明と引用例1記載の発明とは、次の点で一致し、また、相違するものと認められる。

(一致点)
本願発明と引用例1記載の発明とは、ともに、
「リモート・ユニットの電力を節減する方法であって、前記リモート・ユニットが空間処理装置を備え、前記空間処理装置が、ダイバーシチ、関連する受信経路、および少なくとも1つの空間処理ユニットを有する複数のアンテナを備え、
前記リモート・ユニットの要求されたサービスのタイプを決定するステップと、
空間処理のために使用可能にする受信経路の数を決定し、1つまたは複数の受信経路を選択的に使用可能にしたり、使用不能にすることを含み、前記決定したサービスのタイプに基づいて、前記空間処理装置が消費する電力量を選択的に変えるステップとを含む方法。」
である点。

(相違点)
本願発明においては、「サービスのタイプが第1のデータ転送速度を有する音声サービスの場合に、第1の数の受信経路が使用可能にされ、前記サービスのタイプが前記第1のデータ転送速度よりも速い第2のデータ転送速度を有するデータ・サービスの場合に、第2の数の受信経路が使用可能にされる」ものであるのに対し、引用例1記載の発明においては、サービスの種類に基づいて動作の切替えを行うようにしているものの、上記のように、サービスのタイプが「第1のデータ転送速度を有する音声サービスの場合」と「第1のデータ転送速度よりも速い第2のデータ転送速度を有するデータ・サービスの場合」とで動作の切替えを行うようにはしていない点。

5.当審の判断
そこで、上記相違点について検討する。
一般に、移動通信システムの移動局において、「送受信される情報が通話情報などの高速伝送しなくてもよい情報である場合」(本願発明における「サービスのタイプが第1のデータ転送速度を有する音声サービスの場合」に相当)と「送受信される情報が画像情報などの高速伝送することが要求される情報である場合」(本願発明における「サービスのタイプが第1のデータ転送速度よりも速い第2のデータ転送速度を有するデータ・サービスの場合」に相当)とで送受信動作の二つの態様を切替えるようにすることは、上記引用例2記載の発明に見られるような公知の技術にすぎない。
ここで、上記引用例2記載の発明に見られる公知の技術の送受信動作の態様の具体的な切替え方は、「送受信される情報が通話情報などの高速伝送しなくてもよい情報である場合」には1つのアンテナを用いるマイクロセル系を用い、「送受信される情報が画像情報などの高速伝送することが要求される情報である場合」には、複数のアンテナを用いるアダプティブアレイアンテナ(AAA)セル系を用いるような切替え方である。
してみれば、引用例1記載の発明に対して上記引用例2記載の発明に見られる公知の技術を適用することにより、「送受信される情報が通話情報などの高速伝送しなくてもよい情報である場合」にはダイバーシチをオフにして1つのアンテナの受信経路を用い、「送受信される情報が画像情報などの高速伝送することが要求される情報である場合」にはダイバーシチをオンにして複数のアンテナの受信経路を用いるようにすること、すなわち、「サービスのタイプが第1のデータ転送速度を有する音声サービスの場合に、1つ(第1の数)の受信経路が使用可能にされ、前記サービスのタイプが前記第1のデータ転送速度よりも速い第2のデータ転送速度を有するデータ・サービスの場合に、複数(第2の数)の受信経路が使用可能にされる」ようなものとすることは、当業者が容易に想到し得ることである。

(本願発明の作用効果について)
そして、本願発明の構成によってもたらされる効果も、引用例1,2記載の発明から当業者が容易に予測することができる程度のものであって、格別のものとはいえない。

6.むすび
以上のとおり、本願発明は、引用例1,2記載の発明に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は、他の請求項について検討するまでもなく、拒絶されるべきものである。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2011-12-21 
結審通知日 2012-01-04 
審決日 2012-01-17 
出願番号 特願2003-533475(P2003-533475)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (H04B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 稲葉 崇  
特許庁審判長 長島 孝志
特許庁審判官 小曳 満昭
甲斐 哲雄
発明の名称 リモート・ユニットでの空間処理を行う方法および装置  
代理人 山川 茂樹  
代理人 西山 修  
代理人 山川 政樹  
代理人 黒川 弘朗  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ