• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 出願日、優先日、請求日  D06M
管理番号 1324900
異議申立番号 異議2016-701105  
総通号数 207 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2017-03-31 
種別 異議の決定 
異議申立日 2016-11-28 
確定日 2017-02-24 
異議申立件数
事件の表示 特許第5926471号発明「繊維処理剤、それが付着した透水性繊維および不織布の製造方法」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 本件特許異議の申立てを却下する。 
理由 本件の対象となる特許第5926471号(以下、「本件特許」という。)は、平成28年4月28日にその特許権の設定登録がされ、同年5月25日発行の特許掲載公報に掲載されたものである。
ここで、特許法第113条第1項の規定により、本件特許への特許異議申立ては、平成28年5月25日から6月以内、すなわち平成28年11月25日までにされなければならない。

ところが、本件特許異議申立書は、ゆうパックによって特許庁へ提出されているところ、平成28年11月25日に九段郵便局が当該ゆうパックを受け付け、11月28日に特許庁が当該ゆうパックを受け取ったことは、記録上、明らかである。

特許庁への手続においては、いわゆる「到達主義」が適用されることが通例であるが、特許法第19条で、「願書」又は「特許庁に提出する書類その他の物件であってその提出の期限が定められているもの」について、いわゆる「発信主義」が適用される場合について規定されている。
特許法第19条が適用されるためには、「願書」又は「特許庁に提出する書類その他の物件であってその提出の期限が定められているもの」を、「郵便又は民間事業者による信書の送達に関する法律(平成十四年法律第九十九号。以下この条において「信書便法」という。)第2条第6項に規定する一般信書便事業者若しくは同条第九項に規定する特定信書便事業者の提供する同条第二項に規定する信書便(以下「信書便」という)の役務であって経済産業省令で定めるものにより提出」されていることが必要である。

特許異議申立書は「特許庁に提出する書類その他の物件であってその提出の期限が定められているもの」に該当するが、ゆうパックは、特許法第19条に規定する「郵便」又は「信書便」に該当しないから、本件特許異議申立書の提出日は、本件ゆうパックが特許庁に到達した11月28日となり、本件特許異議の申立日は11月28日となる。(参考:特許庁HP「特許異議の申立てQ&A」Q3-16)

そうすると、本件特許異議申立ては、特許異議申立てをすることができる期間(平成28年11月25日まで)が経過した後の申立てであり、補正をすることのできない不適法な申立てであるため、本件特許異議の申立ては、特許法第120条の8第1項において準用する同法第135条の規定により却下すべきものである。
よって、結論のとおり決定する。
 
異議決定日 2017-02-15 
出願番号 特願2016-503040(P2016-503040)
審決分類 P 1 651・ 03- X (D06M)
最終処分 決定却下  
前審関与審査官 河島 拓未北澤 健一  
特許庁審判長 久保 克彦
特許庁審判官 渡邊 豊英
井上 茂夫
登録日 2016-04-28 
登録番号 特許第5926471号(P5926471)
権利者 松本油脂製薬株式会社
発明の名称 繊維処理剤、それが付着した透水性繊維および不織布の製造方法  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ