• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 G02B
管理番号 1339900
審判番号 不服2017-4300  
総通号数 222 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2018-06-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-03-27 
確定日 2018-05-01 
事件の表示 特願2014-209726「防眩性ハードコートフィルム,それを用いた偏光板および画像表示装置,ならびに防眩性ハードコートフィルムの製造方法」拒絶査定不服審判事件〔平成27年 3月26日出願公開,特開2015- 57655〕について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。 
理由 第1 事案の概要
1 手続の経緯
特願2014-209726号(以下「本件出願」という。)は,平成25年4月5日に出願された特願2013-80019号の一部を,特許法44条1項の規定に基づいて平成26年10月14日に新たな特許出願としたものである。また,上記特願2013-80019号は,平成21年10月7日に出願された特願2009-233938号(以下「もとの特許出願」という。)の一部を,同規定に基づいて平成25年4月5日に新たな特許出願としたものである。
本件出願は,同法同条2項の規定により,もとの特許出願の時にしたものとみなされるところ,その手続等の経緯は,概略,以下のとおりである。
平成26年11月12日付け:手続補正書
平成27年 7月31日付け:拒絶理由通知書
平成27年10月 2日付け:手続補正書
平成28年 3月29日付け:拒絶理由通知書
平成28年 7月29日付け:手続補正書
平成28年12月26日付け:拒絶査定
平成29年 3月27日付け:審判請求書
平成29年 3月27日付け:手続補正書
(この手続補正書による補正を,以下「本件補正」という。)
平成29年 5月 2日付け:手続補正書
(この手続補正書は,審判請求書を補正するものである。)

2 本願発明
本件出願の請求項1-請求項4に係る発明は,本件補正により補正された特許請求の範囲の請求項1-請求項4に記載された事項により特定されるものと認められるところ,その請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は,次のとおりのものである。
「透明プラスチックフィルム基材の少なくとも一方の面に,微粒子を含有する防眩性ハードコート層を有する防眩性ハードコートフィルムの製造方法であって,前記防眩性ハードコートフィルムの全ヘイズ値が0?5%の範囲内にあり,
前記防眩性ハードコート層が,ハードコート層形成材料中に前記微粒子を含むハードコート層であり,前記微粒子として,重量平均粒径が2?6μmの範囲である球状もしくは不定形の微粒子を1種類以上含み,前記ハードコート層形成材料100重量部に対して,前記微粒子が2?10重量部の範囲で含まれており,
前記防眩性ハードコートフィルムの製造方法において,
重量平均粒径が2?6μmの範囲である前記微粒子,前記ハードコート層形成材料およびアルコール系溶媒の比率が50重量%以上の溶媒である溶媒を含む防眩性ハードコート層形成材料を準備し,前記防眩性ハードコート層形成材料を前記透明プラスチックフィルム基材の前記少なくとも一方の面に塗工して塗膜を形成し,さらに,前記塗膜を乾燥させ,その後硬化させて厚みが5μm以上7.5μm未満の範囲である前記防眩性ハードコート層を形成することを特徴とする防眩性ハードコートフィルムの製造方法。」

3 原査定の理由
原査定の拒絶の理由のうち理由2は,概略,本願発明は,その出願前に日本国内又は外国において,頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明に基づいて,その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法29条2項の規定により特許を受けることができない,というものである。
引用文献6:米国特許出願公開第2009/0244710号明細書
(当合議体注:引用文献6以外の引用文献は省略する。)

第2 当合議体の判断
1 引用文献の記載及び引用発明
(1) 引用文献6の記載
原査定の拒絶の理由に引用され,本件出願の出願前に頒布された刊行物又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明が記載された引用文献である,前記引用文献6には,以下の記載がある。なお,下線は当合議体が付したものであり,引用発明の認定に活用した箇所を示す。
ア 「[0002] 1. Field of the Invention
[0003] The present invention relates generally to hard-coated antiglare films, and polarizing plates and image displays including the same.」
(参考訳:[0002]1.発明の技術分野
[0003] 本発明は,防眩性ハードコートフィルム,それを用いた偏光板及び画像表示装置に関する。)

イ 「[0004] 2. Description of the Related Art
…(省略)…
[0006] Recently, in order to improve image quality, the number of high definition image displays with small pixel sizes is increasing. In such high definition image displays, when a conventional hard-coated antiglare film is disposed, variations in brightness in pixels are emphasized further more to cause a visible failure (a failure due to glare) to result in considerably deteriorated image quality. Conventionally, in order to produce an antiglare laminate that allows high definition to be provided, a method has been employed in which the haze value of the antiglare layer is increased to eliminate glare. However, this method has a problem in that the contrast is decreased considerably because light is scattered intensively at the panel surface. Furthermore, in the case where the surface unevenness is increased to improve antiglare properties, there is a problem in so-called white blur in an oblique direction, that is, white blur is observed due to excessively intensive scattering of reflected light when the panel surface is viewed from the oblique direction. In the antiglare treatment, a method of producing an uneven shape of the film surface by adding, for example, inorganic or organic particles is used. Generally, although an improvement in antiglare properties and an improvement in contrast or white blur are considered to have a contradictory relationship, various proposals have been made to obtain both these properties. For example, it is being studied that aggregates with three-dimensional structures formed of the aforementioned particles are allowed to be present in an antiglare layer (see, for instance, JP 2005-316413 A). This, however, may cause scatter at the aggregates or may cause a fine pattern to appear in a hard-coated film. Furthermore, although a method that is effective in improving a part of properties has been proposed (see, for instance, JP 2003-4903 A and JP 4001320 B), a method that is effective in solving all the three problems described above has not been found.」
(参考訳:[0004]2.関連技術の説明
…(省略)…
[0006] 近年,画質を良くするために画素のサイズが小さい高精細の画像表示装置が増大している。このような高精細の画像表示装置に,従来の防眩性ハードコートフィルムを配置すると,画素中に存在する輝度のバラツキがより強調されて目に見える故障(ギラツキ故障)を引き起こし,著しく画質が悪化していた。従来,高精細に対応する防眩性積層体を作製するためには,防眩層のヘイズ値を高くすることでギラツキを解消する方法がなされていた。しかしながら,この方法では,パネル表面で光を強く散乱させるため,コントラストが大幅に低下する課題があった。また,防眩性を高めるために表面凹凸を大きく荒らすと,斜め方向から見た場合,反射光の散乱が強くなりすぎて白ぼけて見えるという,いわゆる斜め方向の白ボケの問題がある。前記防眩処理には,無機,有機粒子などを添加することでフィルム表面に凹凸形状を作製する方法が行われている。防眩性の向上とコントラスト改善や白ボケ改善は,一般的に相反関係にあるとされているが,これらの特性を両立させるための,種々の提案がなされている。例えば,防眩層中に前記粒子から形成される三次元立体構造の凝集部を存在させるという検討がなされている(例えば,特開2005-316413号公報を参照されたい。)。しかしながら,凝集部での散乱の発生や,ハードコートフィルムに微細模様が現れることがある。また,一部の特性の改善に有効な手段は提案されているが(例えば,特開2003-4903号公報及び特許第4001320号公報を参照されたい。),上記3つの課題すべてを解決する有効な手段は見出されていなかった。)

ウ 「SUMMARY OF THE INVENTION
[0007] The present invention is intended to provide a hard-coated antiglare film that increases visibility without deteriorating the properties of image displays such as LCDs with increased definition and contrast. That is, the present invention is intended to provide a hard-coated antiglare film that has excellent antiglare properties, allows high definition to be provided even in the case of a low haze value, and can prevent white blur in an oblique direction from occurring to improve in depth of black in black display, as well as a polarizing plate and an image display including the same.
[0008] In order to achieve the aforementioned object, a hard-coated antiglare film of the present invention includes a transparent plastic film substrate and a hard-coating antiglare layer containing fine particles on at least one surface of the transparent plastic film substrate, wherein an arithmetic average surface roughness Ra (μm) that is defined in JIS B 0601 (1994 version) is in the range of 0.05 to 0.15μm in an uneven shape of a surface of the hard-coating antiglare layer, and the hard-coated antiglare film includes at least 80 convexities that exceed a roughness mean line of a surface roughness profile in a 4-mm long portion at an arbitrary location of the surface of the hard-coating antiglare layer.」
(参考訳:発明の概要
[0007] 本発明は,高精細化・高コントラスト化が進むLCD等の画像表示装置の特性を落とすことなく視認性を向上させる防眩性ハードコートフィルムを提供することを目的とする。すなわち,優れた防眩性を有し,かつ低へイズ値であっても高精細に対応でき,斜め方向からの白ボケを防止して,黒表示時における黒の濃さの向上をすることができる防眩性ハードコートフィルム,それを用いた偏光板及び画像表示装置の提供を目的とする。
[0008] 前記目的を達成するために,本発明の防眩性ハードコートフィルムは,透明プラスチックフィルム基材の少なくとも一方の面に,微粒子を含有する防眩性ハードコート層を有する防眩性ハードコートフィルムであって,前記防眩性ハードコート層表面の凹凸形状において,JIS B 0601(1994年版)に規定する算術平均表面粗Ra(μm)さが0.05?0.15μmの範囲であるとともに,前記防眩性ハードコート層表面の任意な箇所の長さ4mmにおいて,表面粗さプロファイルの粗さ平均線を越える凸状部を80個以上有していることを特徴とする。)

エ 「[0044] In the present invention, the thickness of the transparent plastic film substrate is not particularly limited. For example, the thickness is preferably 10 to 500μm, more preferably 20 to 300μm, and most suitably 30 to 200μm, with consideration given to strength, workability such as handling properties, and thin layer properties. The refractive index of the transparent plastic film substrate is not particularly limited. The refractive index is, for example, in the range of 1.30 to 1.80 and preferably, in the range of 1.40 to 1.70.
[0045] The hard-coating antiglare layer is formed using the fine particles and the material for forming a hard-coating layer. Examples of the material for forming a hard-coating layer include thermosetting resin and ionizing radiation curable resin that is cured with ultraviolet rays or light. It also is possible to use, for example, a commercial thermosetting resin or ultraviolet curable resin as the material for forming a hard-coating layer. Preferably, however, the material for forming a hard-coating layer contains, for example, the following components (A) and (B):
[0046] the component (A): a curable compound containing at least one of an acrylate group and a methacrylate group, and
[0047] the compound (B): particles that are formed by bonding inorganic oxide particles and an organic compound containing a polymerizable unsaturated group to each other.
[0048] A curable compound having at least one of an acrylate group and a methacrylate group that is cured by, for example, heat, light (for instance, ultraviolet light), or an electron beam can be used as the component (A).
…(省略)…
[0051] In the hard-coated antiglare film of the present invention, in terms of prevention of scattering of light, prevention of a decrease in transmittance of a hard-coating layer, prevention of coloring, and transparency, the component (B) is preferably so-called nanoparticles whose weight average particle size is in the range of 1 nm to 200 nm.
…(省略)…
[0055] The fine particles for forming the hard-coating antiglare layer have main functions of providing it with antiglare properties by forming the surface of the hard-coating antiglare layer to be formed into an uneven shape and controlling the haze value of the hard-coating antiglare layer. Controlling the difference in refractive index between the fine particles and the material for forming a hard-coating layer allows the haze value of the hard-coating antiglare layer to be designed.
…(省略)…
[0056] The weight average particle size of the fine particles is preferably in the range of 0.5 to 8μm. When the weight average particle size of the fine particles exceeds the aforementioned range, the image sharpness is reduced. On the other hand, when it is smaller than the aforementioned range, sufficiently high antiglare properties cannot be obtained and thereby a problem of increased glare tends to arise. The weight average particle size of the fine particles is more preferably in the range of 2 to 6μm and further preferably in the range of 3 to 6μm.
…(省略)…
[0057] The shape of the fine particles is not particularly limited. For instance, they can have a bead-like, substantially spherical shape or can have an indeterminate shape like powder. However, the fine particles preferably have a substantially spherical shape, more preferably a substantially spherical shape with an aspect ratio of 1.5 or lower, and most preferably a spherical shape.
[0058] The ratio of the fine particles to be added is preferably in the range of 3 to 10 parts by weight and more preferably in the range of 5 to 8 parts by weight, per 100 parts by weight of the material for forming a hard-coating layer.
[0059] The thickness of the hard-coating antiglare layer is preferably in the range that is 1.2 to 3 times and more preferably 1.2 to 2 times the weight average particle size of the fine particles. Furthermore, from the viewpoints of coating properties and pencil hardness, the thickness of the hard-coating antiglare layer is preferably in the range of 8 to 12μm, and it is preferable that the weight average particle size of the fine particles be adjusted so that the thickness is in this thickness range. The thickness in the predetermined range makes it easy to obtain the surface shape of the hard-coated antiglare film of the present invention, in which a large number of fine concavities and convexities are present independently, and sufficiently high hardness (for instance, a pencil hardness of at least 4H) of the hard-coating antiglare layer. Furthermore, the thickness exceeding the above-mentioned range causes problems in that the hard-coated antiglare film curls considerably to have deteriorated line traveling performance during the coating and further in that antiglare properties are deteriorated. On the other hand, when the thickness is less than the predetermined range described above, there is a problem in that glare cannot be prevented from occurring and thereby the sharpness deteriorates.
[0060] Preferably, the hard-coated antiglare film of the present invention has a haze value in the range of 4 to 25%.
…(省略)…
[0064] The hard-coated antiglare film of the present invention can be manufactured as follows. That is, for example, a material for forming a hard-coating antiglare layer is prepared that contains the fine particles, the material for forming a hard-coating layer, and a solvent, the material for forming a hard-coating antiglare layer is applied onto at least one surface of the transparent plastic film substrate to form a coating film, and the coating film is then cured to form the hard-coating antiglare layer. In the manufacture of the hard-coated antiglare film according to the present invention, it also is possible to use, for example, a transfer method using a mold and a method of providing an uneven shape by a suitable method such as sandblast or embossing roll, in combination.
[0065] The solvent is not particularly limited and various solvents can be used. However, in order to obtain the hard-coated antiglare film of the present invention, the optimum type and ratio of the solvent exist according to, for example, the composition of the material for forming a hard-coating layer, the type of fine particles, and the content thereof. Examples of the solvent include dibutyl ether, dimethoxymethane, dimethoxyethane, diethoxyethane, propylene oxide, 1,4-dioxane, 1,3-dioxolane, 1,3,5-trioxane, tetrahydrofuran, acetone, methyl ethyl ketone (MEK), diethyl ketone, dipropyl ketone, diisobutyl ketone, cyclopentanone, cyclohexanone, methylcyclohexanone, ethyl formate, propyl formate, n-pentyl formate, methyl acetate, ethyl acetate, methyl propionate, ethyl propionate, n-pentyl acetate, acetyl acetone, diacetone alcohol, methyl acetoacetate, ethyl acetoacetate, methanol, ethanol, 1-propanol, 2-propanol, 1-butanol, 2-butanol, 1-pentanol, 2-methyl-2-butanol, cyclohexanol, isobutyl acetate, methyl isobutyl ketone (MIBK), 2-octanone, 2-pentanone, 2-hexanone, 2-heptanone, 3-heptanone, ethylene glycol monoethyl ether acetate, ethylene glycol monoethyl ether, ethylene glycol monobutyl ether, ethylene glycol monomethyl ether, propylene glycol monomethyl ether acetate, and propylene glycol monomethyl ether. One of these may be used independently or two or more of them may be used in combination.
[0066] For example, when 5 parts by weight of fine particles are added to each material for forming a hard-coating layer that was used in the examples described later, thereby the solid concentration is 45% by weight, and the thickness of the hard-coating antiglare layer is about 10μm, a hard-coated antiglare film having the properties of the present invention can be obtained in which the ratio of MIBK/MEK is in the range of at least 1.5/1 to 2.0/1 (weight ratio). In the case of butyl acetate/MEK, a hard-coated antiglare film having the properties of the present invention in the range of at least 1.5/1 to 3.0/1 (weight ratio) can be obtained. As in the case of the materials for forming a hard-coating layer that were used in the examples described later, when the component (B) is nanoparticles, it is surmised that the dispersed state of the nanoparticles and the fine particles is changed according to, for instance, the type and mixing ratio of the solvent, which results in a change in tendency of concavities and convexities at the surface of the hard-coating antiglare layer. However, the present invention is neither limited nor restricted by this surmise. In the case of, for example, the materials for forming a hard-coating layer described later, concavities and convexities tend to be formed at the surface when the solvent is, for example, MEK, cyclopentanone, ethyl acetate, or acetone, while concavities and convexities tend not to be formed at the surface when the solvent is, for example, MIBK, toluene, butyl acetate, 2-propanol, or ethanol. Accordingly, in order to obtain a hard-coated antiglare film having the properties of the present invention, it also is preferable that the surface shape be controlled through selection of the type and ratio of the solvent.
…(省略)…
[0096] The thickness of the transparent protective film is not particularly limited. It can be, for example, in the range of 1 to 500μm from the viewpoints of strength, workability such as handling properties, and thin layer properties. In the above range, the transparent protective film can mechanically protect a polarizer and can prevent a polarizer from shrinking and retain stable optical properties even when exposed to high temperature and high humidity. The thickness of the transparent protective film is preferably in the range of 5 to 200μm and more preferably 10 to 150μm.」
(参考訳:[0044] 本発明において,前記透明プラスチックフィルム基材の厚みは,特に制限されない。例えば,強度,取り扱い性などの作業性および薄層性などの点を考慮すると,10?500μmの範囲が好ましく,より好ましくは20?300μmの範囲であり,最適には,30?200μmの範囲である。前記透明プラスチックフィルム基材の屈折率は,特に制限されない。前記屈折率は,例えば,1.30?1.80の範囲であり,好ましくは,1.40?1.70の範囲である。
[0045] 前記防眩性ハードコート層は,前記微粒子及び前記ハードコート層形成材料を用いて形成される。前記ハードコート層形成材料は,例えば,熱硬化性樹脂,紫外線や光で硬化する電離放射線硬化性樹脂があげられる。前記ハードコート層形成材料として,市販の熱硬化型樹脂や紫外線硬化型樹脂等を用いることも可能である。しかしながら,好ましくは,前記ハードコート層形成材料は,例えば,下記の(A)成分及び(B)成分を含む:
[0046](A)成分:アクリレート基及びメタクリレート基の少なくとも一方の基を有する硬化型化合物,及び
[0047](B)成分:無機酸化物粒子と重合性不飽和基を含む有機化合物とを結合させてなる粒子。
[0048] 前記(A)成分としては,例えば,熱,光(例:紫外線)又は電子線等により硬化するアクリレート基及びメタクリレート基の少なくとも一方の基を有する硬化型化合物が使用できる。
…(省略)…
[0051] 本発明の防眩性ハードコートフィルムにおいて,光の散乱防止,ハードコート層の透過率低下防止,着色防止及び透明性の点等から,前記(B)成分は,重量平均粒径が1nm?200nmの範囲である,いわゆるナノ粒子であることが好ましい。
…(省略)…
[0055] 前記防眩性ハードコート層を形成するための微粒子は,形成される防眩性ハードコート層表面を凹凸形状にして防眩性を付与し,また,前記防眩性ハードコート層のヘイズ値を制御することを主な機能とする。前記防眩性ハードコート層のヘイズ値は,前記微粒子と前記ハードコート層形成材料との屈折率差を制御することで,設計することができる。
…(省略)…
[0056] 前記微粒子の重量平均粒径は,0.5?8μmの範囲であることが好ましい。前記微粒子の重量平均粒径が,前記範囲より大きくなると,画像鮮明性が低下する。他方,前記範囲より小さいと,十分な防眩性が得られず,ギラツキも大きくなるという問題が生じやすくなる。前記微粒子の重量平均粒径は,より好ましくは,2?6μmの範囲,さらに好ましくは,3?6μmの範囲である。
…(省略)…
[0057] 前記微粒子の形状は特に制限されない。例えば,ビーズ状の略球形であってもよく,粉末等の不定形のものであってもよい。しかしながら,略球形のものが好ましく,より好ましくは,アスペクト比が1.5以下の略球形の微粒子であり,最も好ましくは球形の微粒子である。
[0058] 前記微粒子の配合割合は,前記ハードコート層形成材料100重量部に対し,3?10重量部の範囲が好ましく,より好ましくは,5?8重量部の範囲である。
[0059] 前記防眩性ハードコート層の厚みは,前記微粒子の重量平均粒径の1.2?3倍の範囲であることが好ましく,より好ましくは1.2?2倍の範囲である。さらに,前記防眩性ハードコート層の厚みは,塗工性及び鉛筆硬度の観点から,8?12μmの範囲であることが好ましく,この厚み範囲になるように前記微粒子の重量平均粒径を調整することが好ましい。前記厚みが前記所定の範囲であれば,微細な凹凸が独立に多数存在する本発明の防眩性ハードコートフィルムの表面形状を実現しやすく,前記防眩性ハードコート層の硬度も十分なものとなる(例えば,鉛筆硬度で4H以上)。また,前記厚みが前記所定の範囲より大きいときは,カールが大きく塗工時のライン走行性が低下するという問題があり,さらに防眩性の低下の問題もある。他方,前記厚みが前記所定の範囲より小さい場合は,ギラツキが防止できず,鮮明性が低下するという問題がある。
[0060] 本発明の防眩性ハードコートフィルムは,へイズ値が4?25%の範囲であることが好ましい。
…(省略)…
[0064] 本発明の防眩性ハードコートフィルムは,以下のようにして製造することができる。すなわち,例えば,前記微粒子,前記ハードコート層形成材料及び溶媒を含む防眩性ハードコート層形成材料を準備し,前記防眩性ハードコート層形成材料を前記透明プラスチックフィルム基材の少なくとも一方の面に塗工して塗膜を形成し,前記塗膜を硬化させて前記防眩性ハードコート層を形成することにより,製造できる。本発明の防眩性ハードコートフィルムの製造においては,金型による転写方式や,サンドブラスト,エンボスロールなどの適宜な方式で凹凸形状を付与する方法などを,併せて用いることもできる。
[0065] 前記溶媒は,特に制限されず,種々の溶媒を使用可能である。しかしながら,ハードコート層形成材料組成や微粒子の種類,含有量等に応じて,本発明の防眩性ハードコートフィルムを得るために,最適な溶媒種類や溶媒比率が存在する。前記溶媒としては,例えば,ジブチルエーテル,ジメトキシメタン,ジメトキシエタン,ジエトキシエタン,プロピレンオキシド,1,4-ジオキサン,1,3-ジオキソラン,1,3,5-トリオキサン,テトラヒドロフラン,アセトン,メチルエチルケトン(MEK),ジエチルケトン,ジプロピルケトン,ジイソブチルケトン,シクロペンタノン,シクロヘキサノン,メチルシクロヘキサノン,蟻酸エチル,蟻酸プロピル,蟻酸n-ペンチル,酢酸メチル,酢酸エチル,プロピオン酸メチル,プロピオン酸エチル,酢酸n-ペンチル,アセチルアセトン,ジアセトンアルコール,アセト酢酸メチル,アセト酢酸エチル,メタノール,エタノール,1-プロパノール,2-プロパノール,1-ブタノール,2-ブタノール,1-ペンタノール,2-メチル-2-ブタノール,シクロヘキサノール,酢酸イソブチル,メチルイソブチルケトン(MIBK),2-オクタノン,2-ペンタノン,2-ヘキサノン,2-ヘプタノン,3-ヘプタノン,エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート,エチレングリコールモノエチルエーテル,エチレングリコールモノブチルエーテル,エチレングリコールモノメチルエーテル,プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート,プロピレングリコールモノメチルエーテル等があげられる。これらは,一種類を単独で使用してもよいし,二種類以上を併用してもよい。
[0066]
例えば,後述の実施例で使用したハードコート層形成材料につき,微粒子を5重量部添加し,固形分濃度を45重量%として,防眩性ハードコート層の厚みを約10μmとした場合には,MIBK/MEKの比率は,少なくとも1.5/1?2.0/1(重量比)の範囲で本発明の特性を有する防眩性ハードコートフィルムが得られる。酢酸ブチル/MEKの場合は,少なくとも1.5/1?3.0/1(重量比)の範囲で本発明の特性を有する防眩性ハードコートフィルムが得られる。後述の実施例で使用したハードコート層形成材料のように,前記(B)成分がナノ粒子である場合には,例えば,前記溶媒の種類や混合比率により,ナノ粒子及び前記微粒子の分散状態に変化が起きることで,防眩性ハードコート層表面の凹凸傾向が変化することが推察される。ただし,本発明は,この推察により,なんら制限ないし限定されない。例えば,後述の前記ハードコート層形成材料であると,溶媒がMEK,シクロペンタノン,酢酸エチル,アセトン等の場合には,表面に凹凸が形成されやすく,溶媒がMIBK,トルエン,酢酸ブチル,2-プロパノール,エタノール等の場合には,表面に凹凸が形成されにくい。そのため,本発明の特性を有する防眩性ハードコートフィルムを得るためには,溶媒の種類や溶媒の比率によって表面形状の制御をすることも好ましい。
…(省略)…
[0096] 前記透明保護フィルムの厚みは,特に制限されない。例えば,強度,取扱性等の作業性,薄層性等の点より,1?500μmの範囲である。前記の範囲であれば,偏光子を機械的に保護し,高温高湿下に曝されても偏光子が収縮せず,安定した光学特性を保つことができる。前記透明保護フィルムの厚みは,好ましくは,5?200μmの範囲であり,より好ましくは,10?150μmの範囲である。)

オ 「
[0101] A haze meter HM-150 (manufactured by Murakami Color Research Laboratory) was used to measure haze value according to JIS K 7136 (2000 version) (haze (cloudiness)).」
(参考訳:(ヘイズ値)
[0101] へイズ値の測定方法は,JIS K 7136(2000年版)のヘイズ(曇度)に準じ,ヘイズメーターHM-150((株)村上色彩技術研究所製)を用いて測定した。)

カ 「Example 1
[0112] A material for forming a hard-coating layer (“OPSTAR Z7540”(trade name), manufactured by JSR Corporation, solid content: 56% by weight, and solvent: butyl acetate/methyl ethyl ketone (MEK)=76/24 (weight ratio)) containing the component (A) was prepared in which silica nanoparticles (the aforementioned component (B)) formed by bonding inorganic oxide particles and an organic compound containing a polymerizable unsaturated group to each other were dispersed. The material for forming a hard-coating layer contained the components (A) and (B) in a weight ratio of the component (A) in total:component (B) of 2:3, where the component (A) was dipentaerythritol and isophorone diisocyanate polyurethane and the component (B) was silica fine particles (whose weight average particle size was 100 nm or smaller) whose surfaces had been modified with organic molecules. The cured film formed of the material for forming a hard-coating layer had a refractive index of 1.485. Five parts by weight of crosslinked acryl-styrene particles (“Techpolymer XX80AA”, manufactured by Sekisui Plastics Co., Ltd., with a weight average particle size of 5.5μm and a refractive index of 1.515) used as the fine particles, 0.1 part by weight of leveling agent (“GRANDIC PC-4100”(trade name), manufactured by Dainippon Ink and Chemicals, Incorporated), and 0.5 part by weight of photopolymerization initiator (“Irgacure 127”(trade name), manufactured by Ciba Specialty Chemicals) were mixed per 100 parts by weight of resin solid content of the material for forming a hard-coating layer. This mixture was diluted so as to have a solid concentration of 45% by weight and a butyl acetate/MEK weight ratio of 2/1. Thus a material for forming a hard-coating antiglare layer was prepared.
[0113] A triacetyl cellulose film (“TD80UL”(trade name), manufactured by Fuji Film Co., Ltd., with a thickness of 80μm and a refractive index of 1.48) was prepared as a transparent plastic film substrate. The material for forming a hard-coating antiglare layer was applied to one surface of the transparent plastic film substrate with a comma coater. Thus, a coating film was formed. Subsequently, it was heated at 100℃. for one minute and thus the coating film was dried. Thereafter, it was irradiated with ultraviolet light at an accumulated light intensity of 300 mJ/cm^(2) using a high pressure mercury lamp and thereby the coating film was cured to form a 9-μm thick hard-coating antiglare layer. Thus a hard-coated antiglare film of Example 1 was obtained.
…(省略)…
Example 5
[0117] A hard-coated antiglare film of Example 5 was obtained in the same manner as in Example 1 except that the fine particles used herein were crosslinked acryl-styrene particles,“Techpolymer XX79AA”(manufactured by Sekisui Plastics Co., Ltd., with a weight average particle size of 5.0μm and a refractive index of 1.505), and the amount thereof to be added was 4 parts by weight per 100 parts by weight of resin solid content of the material for forming a hard-coating layer of Example 1.
…(省略)…
Example 7
[0119] A hard-coated antiglare film of Example 7 was obtained in the same manner as in Example 1 except that the fine particles used herein were crosslinked acryl-styrene particles,“Techpolymer XX94AA”(manufactured by Sekisui Plastics Co., Ltd., with a weight average particle size of 6.0μm and a refractive index of 1.495).
(参考訳:実施例1
[0112]
無機酸化物粒子と重合性不飽和基を含む有機化合物とを結合させてなるナノシリカ粒子(前記(B)成分)を分散させた,前記(A)成分を含むハードコート層形成材料(JSR(株)製,商品名「オプスターZ7540」,固形分:56重量%,溶媒:酢酸ブチル/メチルエチルケトン(MEK)=76/24(重量比))を準備した。前記ハードコート層形成材料は,(A)成分:ジペンタエリスリトール及びイソホロンジイソシアネート系ポリウレタン,(B)成分:表面を有機分子により修飾したシリカ微粒子(重量平均粒径100nm以下)を,(A)成分合計:(B)成分=2:3の重量比で含有する。前記ハードコート層形成材料の硬化皮膜の屈折率は,1.485であった。前記ハードコート層形成材料の樹脂固形分100重量部あたり,前記微粒子としてアクリルとスチレンの架橋粒子(積水化成品工業(株)製,商品名「テクポリマーXX80AA」,重量平均粒径:5.5μm,屈折率:1.515)を5重量部,レベリング剤(大日本インキ化学工業(株)製,商品名「GRANDIC PC-4100」)を0.1重量部,光重合開始剤(チバ・スペシャルティ・ケミカルズ社製,商品名「イルガキュア127」)を0.5重量部混合した。この混合物を,固形分濃度が45重量%,酢酸ブチル/MEK比率が2/1(重量比)となるように希釈した。このようにして,防眩性ハードコート層形成材料を準備した。
[0113] 透明プラスチックフィルム基材として,トリアセチルセルロースフィルム(富士フィルム(株)製,商品名「TD80UL」,厚さ:80μm,屈折率:1.48)を準備した。前記透明プラスチックフィルム基材の片面に,前記防眩性ハードコート層形成材料を,コンマコータを用いて塗布した。このようにして,塗膜を形成した。ついで,100℃で1分間加熱することにより前記塗膜を乾燥させた。その後,高圧水銀ランプにて積算光量300mJ/cm^(2)の紫外線を照射し,前記塗膜を硬化処理して厚み9μmの防眩性ハードコート層を形成した。このようにして,実施例1の防眩性ハードコートフィルムを得た。
…(省略)…
実施例5
[0117]
前記微粒子として,アクリルとスチレンの架橋粒子である,「テクポリマーXX79AA」(積水化成品工業(株)製,重量平均粒径:5.0μm,屈折率:1.505)を用い,混合量を,前記実施例1のハードコート層形成材料の樹脂固形分100重量部あたり4重量部とした以外は,実施例1と同様な方法にて,実施例5の防眩性ハードコートフィルムを得た。
…(省略)…
実施例7
[0119]
前記微粒子として,アクリルとスチレンの架橋粒子である,「テクポリマーXX94AA」(積水化成品工業(株)製,重量平均粒径:6.0μm,屈折率:1.495)を用いた以外は,実施例1と同様な方法にて,実施例7の防眩性ハードコートフィルムを得た。)

キ 「[0136] With respect to each hard-coated antiglare film of Examples 1 to 7 and Comparative Examples 1 to 6 thus obtained, various properties were measured or evaluated. The results are indicated in FIGS. 1 to 13 and Table 1 below.


(参考訳:[0136] このようにして得られた実施例1?7及び比較例1?6の各防眩性ハードコートフィルムについて,各種特性を測定若しくは評価した。その結果を,図1?図13及び下記表1に示す。

)

(2) 引用発明
引用文献6には,微粒子の種類及び分量を実施例1とは異ならせ,他は同様とした実施例5として,以下の発明が記載されている(以下「引用発明」という。)。なお,ヘイズの値は,表1に記載の値を採用した。
「 (A)成分:ジペンタエリスリトール及びイソホロンジイソシアネート系ポリウレタン,(B)成分:表面を有機分子により修飾したシリカ微粒子(重量平均粒径100nm以下)を,(A)成分合計:(B)成分=2:3の重量比で含有する,ハードコート層形成材料(固形分:56重量%,溶媒:酢酸ブチル/メチルエチルケトン=76/24(重量比))を準備し,
ハードコート層形成材料の樹脂固形分100重量部あたり,微粒子として,アクリルとスチレンの架橋粒子(重量平均粒径:5.0μm,屈折率:1.505)を4重量部,レベリング剤を0.1重量部,光重合開始剤を0.5重量部混合し,
この混合物を,固形分濃度が45重量%,酢酸ブチル/メチルエチルケトン比率が2/1(重量比)となるように希釈して,防眩性ハードコート層形成材料を準備し,
透明プラスチックフィルム基材として,トリアセチルセルロースフィルム(厚さ:80μm,屈折率:1.48)を準備し,
透明プラスチックフィルム基材の片面に防眩性ハードコート層形成材料を,コンマコータを用いて塗布して塗膜を形成し,
ついで,100℃で1分間加熱することにより塗膜を乾燥させ,
その後,高圧水銀ランプにて紫外線を照射し,塗膜を硬化処理して厚み9μmの防眩性ハードコート層を形成する,
ヘイズが4%である,
防眩性ハードコートフィルムの製造方法。」

2 対比及び判断
(1) 対比
本願発明と引用発明を対比すると,以下のとおりとなる。
ア 物の対応関係
引用発明の「トリアセチルセルロースフィルム」,「アクリルとスチレンの架橋粒子」,「ハードコート層形成材料の樹脂固形分」,「防眩性ハードコート層形成材料」,「塗膜」,「防眩性ハードコート層」及び「防眩性ハードコートフィルム」は,それが果たす役割等からみて,それぞれ,本願発明の「透明プラスチックフィルム基材」,「微粒子」,「ハードコート層形成材料」,「防眩性ハードコート層形成材料」,「塗膜」,「防眩性ハードコート層」及び「防眩性ハードコートフィルム」に相当する。
また,引用発明の「酢酸ブチル/メチルエチルケトン」と本願発明の「溶媒」は,その機能からみて,「溶媒」の点で共通する。
(当合議体注:本願発明でいう「ハードコート層形成材料」は,本件出願の発明の詳細な説明の実施例1(【0074】)等でいう「ハードコート層形成材料の樹脂固形分」のことなので,以上のとおり対比する。)

イ 防眩性ハードコートフィルムの製造方法
引用発明の「防眩性ハードコートフィルムの製造方法」は,その製造工程からみて,トリアセチルセルロースフィルムの片面,すなわち一方の面に,アクリルとスチレンの架橋粒子を含有する防眩性ハードコート層を有する防眩性ハードコートフィルムの製造方法といえる。
したがって,引用発明の「防眩性ハードコートフィルムの製造方法」は,本願発明の「防眩性ハードコートフィルムの製造方法」に相当する。また,引用発明の「防眩性ハードコートフィルム」は,本願発明の「防眩性ハードコートフィルム」の,「透明プラスチックフィルム基材の少なくとも一方の面に,微粒子を含有する防眩性ハードコート層を有する」という要件を満たす。

ウ 全ヘイズ値
引用発明の「防眩性ハードコートフィルム」は,「ヘイズが4%」であり,また,引用文献6の[0101]記載の測定条件等を勘案すると,引用発明でいう「ヘイズ」は,本願発明でいう「全ヘイズ」のことである。
そうしてみると,引用発明の「防眩性ハードコートフィルム」は,本願発明の「前記防眩性ハードコートフィルムの全ヘイズ値が0?5%の範囲内にあり」という要件を満たす。

エ 微粒子の重量平均粒径及び分量
引用発明の「防眩性ハードコート層」は,その製造工程からみて,「ハードコート層形成材料の樹脂固形分」の中に,「アクリルとスチレンの架橋粒子」を含む層である。また,引用発明の「アクリルとスチレンの架橋粒子」は,「重量平均粒径:5.0μm」であり,その分量は,「ハードコート層形成材料の樹脂固形分100重量部あたり」「4重量部」である。
したがって,引用発明の「防眩性ハードコート層」と本願発明の「防眩性ハードコート層」は,「前記防眩性ハードコート層が,ハードコート層形成材料中に前記微粒子を含むハードコート層であり,前記微粒子として,重量平均粒径が2?6μmの範囲である」「微粒子を1種類以上含み,前記ハードコート層形成材料100重量部に対して,前記微粒子が2?10重量部の範囲で含まれており」という点で共通する。
なお,引用発明は,「ハードコート層形成材料」に「(B)成分:表面を有機分子により修飾したシリカ微粒子(重量平均粒径100nm以下)」を含むものである。ただし,この「シリカ微粒子」は,その粒径も含め,本願発明でいう「微粒子」すなわち,「形成される防眩性ハードコート層表面を凹凸形状にして防眩性を付与し,また,前記防眩性ハードコート層のヘイズ値を制御することを主な機能とする」(【0024】)ものに該当しない。

オ 準備
引用発明の「防眩性ハードコート層形成材料」は,「アクリルとスチレンの架橋粒子(重量平均粒径:5.0μm,屈折率:1.505)」,「ハードコート層形成材料」,「酢酸ブチル/メチルエチルケトン」を含むものである。また,引用発明は,「防眩性ハードコート層形成材料を準備し」ている。
そうしてみると,引用発明の「ハードコート層形成材料の樹脂固形分100重量部あたり,微粒子として,アクリルとスチレンの架橋粒子(重量平均粒径:5.0μm,屈折率:1.505)を4重量部,レベリング剤を0.1重量部,光重合開始剤を0.5重量部混合し」,「この混合物を,固形分濃度が45重量%,酢酸ブチル/メチルエチルケトン比率が2/1(重量比)となるように希釈して,防眩性ハードコート層形成材料を準備し」という工程と,本願発明の「重量平均粒径が2?6μmの範囲である前記微粒子,前記ハードコート層形成材料およびアルコール系溶媒の比率が50重量%以上の溶媒である溶媒を含む防眩性ハードコート層形成材料を準備し」という工程は,「重量平均粒径が2?6μmの範囲である前記微粒子,前記ハードコート層形成材料および」「溶媒を含む防眩性ハードコート層形成材料を準備し」という点で共通する。

カ 形成
引用発明は,「透明プラスチックフィルム基材の片面に防眩性ハードコート層形成材料を,コンマコータを用いて塗布して塗膜を形成し」という工程を具備する。
したがって,引用発明は,本願発明の「前記防眩性ハードコート層形成材料を前記透明プラスチックフィルム基材の前記少なくとも一方の面に塗工して塗膜を形成し」という工程を具備する。

キ 乾燥
引用発明は,「ついで,100℃で1分間加熱することにより塗膜を乾燥させ」という工程を具備する。
したがって,引用発明は,本願発明の「さらに,前記塗膜を乾燥させ」という工程を具備する。

ク 硬化
引用発明は,「その後,高圧水銀ランプにて紫外線を照射し,塗膜を硬化処理して厚み9μmの防眩性ハードコート層を形成し」という工程を具備する。
そうしてみると,引用発明のこの工程と,本願発明の「その後硬化させて厚みが5μm以上7.5μm未満の範囲である前記防眩性ハードコート層を形成する」工程は,「その後硬化させて」「前記防眩性ハードコート層を形成する」という点で共通する。

(2) 一致点及び相違点
ア 一致点
本願発明と引用発明は,次の構成で一致する。
「透明プラスチックフィルム基材の少なくとも一方の面に,微粒子を含有する防眩性ハードコート層を有する防眩性ハードコートフィルムの製造方法であって,前記防眩性ハードコートフィルムの全ヘイズ値が0?5%の範囲内にあり,
前記防眩性ハードコート層が,ハードコート層形成材料中に前記微粒子を含むハードコート層であり,前記微粒子として,重量平均粒径が2?6μmの範囲である微粒子を1種類以上含み,前記ハードコート層形成材料100重量部に対して,前記微粒子が2?10重量部の範囲で含まれており,
前記防眩性ハードコートフィルムの製造方法において,
重量平均粒径が2?6μmの範囲である前記微粒子,前記ハードコート層形成材料および溶媒を含む防眩性ハードコート層形成材料を準備し,前記防眩性ハードコート層形成材料を前記透明プラスチックフィルム基材の前記少なくとも一方の面に塗工して塗膜を形成し,さらに,前記塗膜を乾燥させ,その後硬化させて前記防眩性ハードコート層を形成する防眩性ハードコートフィルムの製造方法。」

イ 相違点
本願発明と引用発明は,以下の点で相違する,又は一応相違する。
(相違点1)
「溶媒」について,本願発明は,「アルコール系溶媒の比率が50重量%以上の溶媒である」のに対して,引用発明は,「酢酸ブチル/メチルエチルケトン比率が2/1(重量比)」である点。

(相違点2)
「防眩性ハードコート層」について,本願発明は,「厚みが5μm以上7.5μm未満の範囲である」のに対して,引用発明は,「厚み9μm」である点。

(相違点3)
「微粒子」について,本願発明は,「球状もしくは不定形の」微粒子であるのに対して,引用発明の「アクリルとスチレンの架橋粒子」は,一応,これが明らかではない点。

(3) 判断
ア 相違点1について
引用文献6の[0066]には,溶媒がMIBK,トルエン,酢酸ブチル,2-プロパノール,エタノール等の場合には,表面に凹凸が形成されにくいことが記載されている。
そうしてみると,引用発明の「酢酸ブチル」を,これと同様の傾向を示すものとされている「2-プロパノール」や「エタノール」に替えることは,引用文献6が示唆する範囲内の,単なる置き換えにすぎない。また,そのようにしてなる引用発明は,相違点1に係る本願発明の構成,すなわち「アルコール系溶媒の比率が50重量%以上の溶媒である」という構成を具備する。

イ 相違点2について
引用発明の「トリアセチルセルロースフィルム」は,「厚さ:80μm」であるが,引用文献6の[0044]には,透明プラスチックフィルム基材の厚みは,強度,取り扱い性などの作業性および薄層性などの点を考慮すると,最適には,30?200μmの範囲であると記載されている。
そうしてみると,引用発明の「トリアセチルセルロースフィルム」の厚さを,本件出願の出願時の市販品の中で最も薄い40μmのもの(例:コニカミノルタオプト(株)の「KC4UY」,富士フイルム(株)のTD40UZ)に替えてみることは,薄層性を重視する当業者ならば,当然,試みたことと考えられる。
ただし,「トリアセチルセルロースフィルム」の厚さを薄くすると,カールにより取り扱い性などの作業性が低下することが懸念され,例えば,引用文献6の[0059]においても示唆されている。そうしてみると,薄層性を重視して「トリアセチルセルロースフィルム」の厚さを半分にした当業者が,引用発明の「防眩性ハードコート層」の厚さも併せて薄く設計すること,例えば,引用発明の9μmよりも薄い,6μm等にすることは,当業者における製造条件の最適化の範囲内の事項といえる。
(当合議体注:引用文献6の[0059]には,防眩性ハードコート層の厚みの下限値として8μmが開示されている。しかしながら,引用文献6には,微粒子の重量平均粒径のさらに好ましい範囲として3-6μmが開示され([0056]),微粒子の重量平均粒径に対する防眩性ハードコート層の厚みのより好ましい範囲として1.2-2倍が開示されている([0059])から,「6μm」という防眩性ハードコート層の厚みは,引用文献6の記載から,より好ましいものとして導き出される値(例:3μm×2倍)に該当する。また,引用発明において,防眩性ハードコート層の厚みを薄くした場合には,アクリルとスチレンの架橋粒子の重量平均粒径も併せて小さくすると考えるのが自然ではあるが,仮に,重量平均粒径を5μmから変えないとしても,6μmは5μmの1.2倍であり,[0059]記載の範囲内にある。)

ウ 相違点3について
引用発明の「アクリルとスチレンの架橋粒子」を商品名でいえば,積水化成品工業(株)製「テクポリマーXX79AA」である([0117])から,その形状は,球状と考えられる。仮に球状でないとしても,引用発明の「アクリルとスチレンの架橋粒子」を球状の微粒子とすることは,引用文献6の[0057]の記載が示唆する事項にすぎない。

(4) 本願発明の効果に関する請求人の主張について
請求人は,審判請求書(平成29年5月2日付け手続補正書により補正後のもの)において,概略,「蛍光灯の防眩性」,「顔の防眩性」,「白ボケを防止」という3つの効果を同時に奏し,表示特性が優れた画像表示装置を得ることができる,という有利な効果を奏することは,引用文献6に記載も示唆もないと主張する。
また,本件出願の発明の詳細な説明の【0011】には,発明の効果として,「本発明の防眩性ハードコートフィルムによれば,例えば,テレビやモニター(特に画素数が140ppi以下のもの)などの液晶パネル等において,特徴ある凹凸形状を実現することにより蛍光灯の防眩性と顔の防眩性とを両立し,かつ,白ボケを防止することができる。また,低ヘイズ化により,暗室環境下での画像表示装置の黒表示時における黒の濃さの向上をすることができる。したがって,本発明の防眩性ハードコートフィルムまたは偏光板を用いた画像表示装置は,表示特性が優れたものになる。」と記載されている。
しかしながら,本件出願においては,平成28年7月29日付け手続補正書において,特許請求の範囲から,凸断面に関する発明特定事項が除かれたという事情がある。その結果,本願発明の範囲には,「白ボケ」の評価が「B」の比較例2,「防眩性 顔」及び「防眩性 蛍光灯」の評価が「B」の比較例5,並びに,「防眩性 顔」の評価が「B」の比較例8が含まれることとなった。
請求人の主張は特許請求の範囲の記載に基づくものではないから,採用できない。

第3 まとめ
以上のとおり,本願発明は引用文献6に記載された発明に基づいて,その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法29条2項の規定により特許を受けることができない。
したがって,他の請求項に係る発明について検討するまでもなく,本件出願は拒絶すべきものである。
よって,結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2018-03-02 
結審通知日 2018-03-05 
審決日 2018-03-19 
出願番号 特願2014-209726(P2014-209726)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (G02B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 池田 博一  
特許庁審判長 中田 誠
特許庁審判官 清水 康司
樋口 信宏
発明の名称 防眩性ハードコートフィルム、それを用いた偏光板および画像表示装置、ならびに防眩性ハードコートフィルムの製造方法  
代理人 中山 ゆみ  
代理人 辻丸 光一郎  
代理人 伊佐治 創  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ