• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 A63F
審判 査定不服 発明同一 特許、登録しない。 A63F
管理番号 1339970
審判番号 不服2017-10552  
総通号数 222 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2018-06-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-07-14 
確定日 2018-05-10 
事件の表示 特願2015- 70723「遊技機」拒絶査定不服審判事件〔平成28年11月10日出願公開、特開2016-189866〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、平成27年3月31日に特許出願されたものであって、平成28年2月3日付けで拒絶理由通知がなされ、同年4月6日付けで意見書及び手続補正書が提出され、同年10月14日付けで最後の拒絶理由通知がなされ、同年12月22日付けで意見書及び手続補正書が提出され、平成29年4月7日付け(発送日:同年4月18日)で平成28年12月22日付け手続補正書でした補正に対する補正却下の決定及び拒絶査定がなされ、これに対して同年7月14日に拒絶査定不服審判が請求されるとともに手続補正がなされ、これに対して平成29年9月12日付けで前置報告がなされたものである。

第2 平成29年7月14日付けの手続補正についての補正却下の決定

[補正却下の決定の結論]
平成29年7月14日付けの手続補正(以下、本件補正という)を却下する。

[理由]

1.本件補正の概要

本件補正により、特許請求の範囲の請求項1の記載は、
補正前(平成28年4月6日付け手続補正)の
「【請求項1】
A 遊技を開始させる場合に操作される開始操作手段と、
B 複数種類の図柄を遊技が開始された場合に変動表示するとともに、遊技の結果としての図柄組合せを停止表示可能な可変表示手段と、
C 前記図柄を停止表示する場合に操作される停止操作手段と、
D 遊技媒体を投入可能な投入手段と、
E 遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能とし、各遊技において当選役を決定し、前記停止操作手段に対する遊技者の停止操作態様と前記当選役とに応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止表示させるとともに、停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出すメイン制御手段と、
F 前記メイン制御手段からの各種のコマンドにより制御されるサブ制御手段と、
G 前記メイン制御手段により制御され、所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御されるとともに、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される特定表示手段とを具備し、
H 前記メイン制御手段は、前記特定表示手段が前記第1の表示態様に制御されている場合であって、当該第1の表示態様から特定される操作態様以外で前記停止操作手段が操作された場合、前記第1の表示態様で表示される情報とは異なる情報を前記特定表示手段に表示させるとともに、所定の前記当選役が決定された遊技において、前記第1の表示態様から特定される操作態様で前記停止操作手段が操作された場合、少なくとも前記停止操作手段の操作が可能になってから最後の前記停止操作手段が操作されるまでの期間では、前記第1の表示態様に前記特定表示手段を制御し、前記所定の図柄組合せが停止表示された後に、前記第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を制御してから前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能な
J 遊技機。」
から、
補正後(本件補正である平成29年7月14日付け手続補正)の
「【請求項1】
A 遊技を開始させる場合に操作される開始操作手段と、
B 複数種類の図柄を遊技が開始された場合に変動表示するとともに、遊技の結果としての図柄組合せを停止表示可能な可変表示手段と、
C 前記図柄を停止表示する場合に操作される停止操作手段と、
D 遊技媒体を投入可能な投入手段と、
E 遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能とし、各遊技において当選役を決定し、前記停止操作手段に対する遊技者の停止操作態様と前記当選役とに応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止表示させるとともに、停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出すメイン制御手段と、
F 前記メイン制御手段からの各種のコマンドにより制御されるサブ制御手段と、
G 前記メイン制御手段により制御され、所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御されるとともに、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される特定表示手段とを具備し、
H’ 前記メイン制御手段は、前記特定表示手段が前記第1の表示態様に制御されている場合であって、当該第1の表示態様から特定される操作態様以外で前記停止操作手段が操作された場合、前記第1の表示態様で表示される情報とは異なる情報を前記特定表示手段に表示させるとともに、所定の前記当選役が決定された遊技において、前記第1の表示態様から特定される操作態様で前記停止操作手段が操作された場合、少なくとも前記停止操作手段の操作が可能になってから最後の前記停止操作手段が操作されるまでの期間では、前記第1の表示態様に前記特定表示手段を制御し、前記所定の図柄組合せが停止表示された後に、前記第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を予め定められた時間長に亘り制御し、その後、特定の操作を要することなく前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能であり、
I 前記予め定められた時間長は、前記特定表示手段が前記第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる時間長である
J 遊技機。」

へ補正された(記号は分節のため当審で付した。下線は補正箇所を示す)。

2.補正の適否
上記補正事項は、補正前の請求項1における
(1)「メイン制御手段」について、「第3の表示態様に前記特定表示手段を制御してから前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能な」という記載を、「第3の表示態様に前記特定表示手段を予め定められた時間長に亘り制御し、その後、特定の操作を要することなく前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能であり、」とする補正、
(2)「前記予め定められた時間長は、前記特定表示手段が前記第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる時間長である」という記載を追加する補正、
を行ったことによるものである。

そして、上記補正(1)は補正前の請求項1の発明特定事項である「メイン制御手段」について、「特定表示手段」を「第3の表示態様に制御」する時間を「予め定められた時間長に亘り」と限定するとともに、「第2の表示態様に特定表示手段を制御可能」とするために「その後、特定の操作を要することなく」ことを限定する補正であり、上記補正(2)は、上記補正(1)における「予め定められた時間長」を「特定表示手段が第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる時間長である」と限定する補正である。
また、補正後の請求項1に記載された発明は、補正前の請求項1に記載された発明と、産業上の利用分野及び解決しようとする課題が同一である。
よって、本件補正は、特許法第17条の2第5項第2号に規定する限定的減縮を目的とするものに該当する。
そして、本件補正は新規事項を追加するものではない。

3.独立特許要件
次に、本件補正後の請求項1に記載された発明(以下、「本件補正発明」という。)が特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるか否か(特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に適合するか)について以下に検討する。

(1)先願明細書等
補正却下の決定及び前置報告書で提示された、本願出願日以前に出願され、本願出願後に出願公開がされた特願2015-27230号(特開2016-150008号公報参照)の願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面(以下、「先願明細書等」という)には「遊技機」に関して以下の記載がある。(下線は合議体が審決にて付した。以下、同じ)

(記載事項)
ア 「【0010】
「手入れ」とは、遊技者が、後述するメダル投入口43からメダルを直接投入することをいう。
「手入れベット」とは、遊技者が、メダル投入口43からメダルを手入れすることにより、メダルをベットすることをいう。」

イ 「【0013】
以下、図面等を参照して、本発明の一実施形態について説明する。
<第1実施形態>
図1は、スロットマシン10(遊技機)を示す外観斜視図である。
また、図2は、図1中、スロットマシン10のフロントカバー11を内面側から見た(遊技者側を見た)正面図である。
さらに、図3は、図1中、フロントカバー11を開放し、基体部12の内部を遊技者側から見た正面図である。
以下の図1?図3の説明では、スロットマシン10に設けられている各装置の配置を中心に説明し、各装置の具体的説明は、後述する図4(ブロック図)等において行う。
【0014】
図1に示すように、スロットマシン10の筐体は、フロントカバー11(「前扉」ともいう。)と、フロントカバー11によって前面側を閉じられた基体部12(「裏箱」又は「キャビネット」ともいう。)とから構成されている。図1では図示しないが、フロントカバー11を開けると、その開放が後述するドアスイッチ16によって検知される。
【0015】
このフロントカバー11は、基体部12の前面(開口面)を覆うようにして、基体部12に開閉可能に取り付けられたものである。図1に示すように、フロントカバー11の遊技者側には、ベットスイッチ40、スタートスイッチ41、3つのストップスイッチ42、メダル投入口43等が配置されている。さらに、ベットスイッチ40の左側には、貯留数表示LED71、獲得数表示LED72及び情報表示LED73が設けられている。 」

ウ 「【0022】
図4は、第1実施形態におけるスロットマシン10の制御の概略を示すブロック図である。
第1実施形態において、スロットマシン10は、メイン制御基板60とサブ制御基板(第1サブ制御基板80及び第2サブ制御基板90)とを備える。
メイン制御基板60は、入力ポート(0?2)及び出力ポート(0?6)を有し、RWM(メインメモリ)61、メインCPU62等を備える」

エ 「【0034】
また、スタートスイッチ41は、(左、中、右のすべての)リール31を始動させるときに遊技者が操作するスイッチである。
さらにまた、ストップスイッチ42は、3つ(左、中、右)のリール31に対応して3つ設けられ、対応するリール31を停止させるときに遊技者が操作するスイッチである。」

オ 「【0042】
また、獲得数表示LED72は、役の入賞時に、払い出されるメダル枚数を表示する。さらに、獲得数表示LED72は、エラー発生時には、それまで表示していた獲得数に代えて、エラーコードを表示する。」

カ 「【0054】
遊技開始LED73dは、メダルが投入され、スタートスイッチ41を操作可能な状態となったときに点灯するLEDである。したがって、メダルがベットされていない(又はリプレイの自動投入がされていない)状態では点灯しない。」

キ 「【0091】
説明を図4に戻す。
メイン制御基板60には、図柄表示装置30のモータ32等が電気的に接続されている。
図柄表示装置30は、図柄を表示する(本実施形態では3つの)リール31と、各リール31をそれぞれ駆動するモータ32と、リール31の位置を検出するためのリールセンサ39とを含む。
【0092】
モータ32は、リール31を回転させるためのものであり、各リール31の回転中心部に連結され、後述するリール制御手段62cによって制御される。ここで、リール31は、左リール31、中リール31、右リール31からなり、左リール31を停止させるときに操作するストップスイッチ42が左ストップスイッチ42であり、中リール31を停止させるときに操作するストップスイッチ42が中ストップスイッチ42であり、右リール31を停止させるときに操作するストップスイッチ42が右ストップスイッチ42である。
【0093】
リール31は、リング状のものであって、その外周面には複数種類の図柄(役に対応する図柄の組合せを構成している図柄)を印刷したリールテープを貼付したものである。なお、リール31上の図柄の具体的配置は、後述する(図14)。」

ク 「【0108】
そして、後述するように、遊技を進行する情報処理として、1遊技あたり1回行うメインループないしメイン処理(M_MAIN)が設けられている。メインループでは、投入されたメダルの検知や、全リール31が停止した後の入賞処理等が行われる処理である。」

ケ 「【0117】
次に、メイン制御基板60の具体的構成について説明する。
図4に示すように、メイン制御基板60のメインCPU62は、以下の設定変更手段62a等を備える。」

コ 「【0156】
説明を図4に戻す。
役抽選手段62bは、たとえば、役抽選用の乱数発生手段(ハードウェア乱数や、MPUに備えられている乱数生成回路等)と、この乱数発生手段が発生する乱数を抽出する乱数抽出手段と、乱数抽出手段が抽出した乱数値に基づいて、役の当選の有無及び当選役を判定する判定手段とを備えている。
・・・
【0158】
・・・判定手段は、乱数抽出手段により抽出された乱数値を、役抽選テーブルと照合することにより、その乱数値が属する領域に対応する役を決定する。たとえば、抽出した乱数値がMBの当選領域に属する場合は、MBの当選と判定し、非当選領域に属する場合は、非当選と判定する。」

サ 「【0174】
リール制御手段62cは、リール31の回転開始命令を受けたとき、特に本実施形態ではスタートスイッチ41が操作されたときに、すべて(3つ)のリール31の回転を開始するように制御するものである。さらに、リール制御手段62cは、役抽選手段62bにより役の抽選が行われた後、当該遊技における当選フラグのオン/オフを参照して当選フラグのオン/オフに対応する停止位置決定テーブルを選択するとともに、ストップスイッチ42が操作されたときに、ストップスイッチ42が操作されたときのタイミングに基づいて、そのストップスイッチ42に対応するリール31の停止位置を決定するとともに、モータ32を駆動制御して、その決定した位置にそのリール31を停止させるように制御するものである。
【0175】
たとえば、リール制御手段62cは、少なくとも1つの当選フラグがオンである遊技では、リール31の停止制御の範囲内において、当選役(当選フラグがオンになっている役)に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止可能にリール31を停止制御するとともに、当選役以外の役(当選フラグがオフになっている役)に対応する図柄の組合せを有効ラインに停止させないようにリール31を停止制御する。」

シ 「【0281】
図4において、メインCPU62の入賞判定手段62dは、すべてのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したか否かを判断する。入賞判定手段62dは、たとえばリールセンサ39がインデックスを検知してからのモータ32のステップ数を検知することにより、有効ライン上の図柄を判断する。ただし、入賞判定手段62dは、ストップスイッチ42が操作され、リール31の停止位置が決定された時に、そのリール31が停止したか否かにかかわらず、停止図柄を判断することが可能である。
【0282】
払出し手段62eは、すべてのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したと判断され、その役の入賞となったときに、その入賞役に応じて所定枚数のメダルを遊技者に対して払い出す。」

ス 「【0318】
続いて、メイン制御基板60(メインCPU62)による情報処理について、フローチャートに基づき説明する。
第1実施形態において説明するメイン制御基板60による情報処理は、以下の図20?図54である。以下に、各図の処理概要を示す。・・・
図26;メインループ(M_MAIN)
・・・
図48;割込み処理
図49;LED表示制御(IS_LED_OUT)」

セ 「【0535】
図48は、メイン制御基板60(メインCPU62)による割込み処理を示すフローチャートである。上述したように、メイン制御基板60は、図26のメインループと並行して、2.235ms周期で、図48に示す割込み処理を行う。
・・・
【0538】
・・・
次に、ステップS606に進み、LED表示制御(IS_LED_OUT;後述する図49)を行う。
・・・
【0550】
図49は、図48のステップS606におけるLED表示制御(IS_LED_OUT)を示すフローチャートである。
・・・
【0565】
次にステップS638に進み、セグメントPの表示要求があるか否かを判断する。ここでは、上述したメダル管理フラグに記憶されているデータをAレジスタに記憶する。
メダル管理フラグは、上述したように、
D0:スタートスイッチ41が操作可であるときに「1」
・・・
からなる1バイトデータである。
【0566】
そして、メダル管理フラグのデータを記憶したAレジスタ値と、LED表示要求カウンタの値を記憶したBレジスタ値とのAND演算を実行する。そして、AND演算の結果、「0」であるときは、セグメントPの表示要求なしと判断し、「0」でないときは、セグメントPの表示要求ありと判断する。
・・・
【0567】
セグメントPの表示要求あり(AND演算後のAレジスタ値が「0」でない)と判断されたときはステップS639に進み、表示要求がないと判断されたときはステップS640に進む。
ステップS639では、セグメントPの出力データをセットする。この処理は、Hレジスタ(ステップS637で記憶したデータ)のD7ビット、すなわち今回の割込み処理において表示要求のあるデジットのD7ビットを「1」にする処理である。
【0568】
上記のAND演算により、たとえば、今回の割込み処理において表示要求のあるLED(LED表示要求カウンタにおいて「1」となっているデジット)がデジット1であり、そのセグメントPに対応するD7ビットが「1」となったときは、図8に示すように、遊技開始LED73dが点灯対象となる。すなわち、デジット1(貯留数表示LED71の上位桁)と遊技開始LED73dとが同時に点灯する。」

ソ 「【0747】
<第5実施形態>
図74は、第5実施形態(及び、後述する第6実施形態を含む。)におけるスロットマシン10’の制御の概略を示すブロック図であり、第1実施形態の図4に対応する図である。以下、第1実施形態と異なる点を主として説明する。
第1実施形態では、サブ制御基板として、第1サブ制御基板80と第2サブ制御基板90とを有するが、第5実施形態では、1つのサブ制御基板80’を備える。そして、このサブ制御基板80’は、第1実施形態の第2サブ制御基板90に対応するものである。
【0748】
また、第5実施形態では、サブ側でAT制御手段を有さず、メイン制御基板60’側に設けられている(AT制御手段62g)。すなわち、第5実施形態では、ATを実行するか否かの決定(抽選等)をメイン側で実行し、ATを実行することに決定したときは、AT中の制御(遊技回数等)についてもメイン側で実行する。そして、サブ制御基板80’に対しては、当選役及び報知の有無(AT中であるか否か)等の情報を送信する。サブ制御基板80’は、メイン制御基板60’から送信されてくる情報に基づいて、押し順の報知等を行う。このため、サブ制御基板80’には、第1実施形態における出力制御手段92bに相当する出力制御手段82cが設けられている。
・・・
【0751】
ここで、メイン制御基板60’側で押し順報知を行う場合には、メイン制御基板60’と電気的に接続された周辺機器(LED等)を用いて行う。このような周辺機器を別個に設けてもよいが、第5実施形態では、獲得数表示LED72を用いる。このため、第5実施形態では、獲得数表示LED72は、押し順報知LEDとしても機能する(図74)。
なお、図74において、押し順報知LED74は、第6実施形態に相当するLEDであり、メイン側で押し順報知を行うとき特有のLEDである(後述)。
・・・
【0760】
そして、図75において、RT1遊技では、AT制御手段62gは、ARTを実行するか否かの決定(抽選)を行う。
・・・
【0762】
ARTを実行することに決定した後、RTが昇格してRT3遊技に移行したときは、ARTを開始する。ARTでは、複合ベル当選時に正解押し順を報知するとともに、リプレイ重複当選時にノーマルリプレイを入賞させる押し順を報知する。
・・・
【0766】
図76は、第5実施形態において、複合ベル又はリプレイ重複当選時に、獲得数表示LED72に表示する内容を示す図である。図76に示すように、第5実施形態では、各複合ベル当選ごと及びリプレイ重複当選ごとに固有の報知内容を割り当てておき、ART当選後、RT1遊技でのリプレイ重複当選時、並びにRT2遊技及びRT3遊技での複合ベル当選時やリプレイ重複当選時に、図76のような報知を行う。たとえば、複合ベルA1当選時には、獲得数表示LED72に「A1」と報知する。さらに、このとき、サブ制御基板80’側では、画像表示装置23に、正解押し順である「中左右」と報知する。
【0767】
遊技者は、獲得数表示LED72に「A1」と報知されたとき、正解押し順は「中左中」であることを意味する旨を事前に知っていれば、「A1」と報知された情報のみから正解押し順を知ることができる。また、「A1」という報知が、正解押し順は「中左右」であることを意味する旨を事前に知り得ない遊技者であっても、画像表示装置23の報知内容を見ることで、正解押し順を容易に知ることができる。」

タ 「【0768】
次に、第5実施形態におけるメイン処理について説明する。
図77は、第5実施形態(及び後述する第6実施形態を含む)におけるメインループ(M_MAIN)処理を示すフローチャートであり、第1実施形態の図26に対応する図である。
図77において、ステップS1001では、スタックポインタをセットする。上述と同様に、スタックポインタとは、電断が生じた場合に、電断発生時のデータ(例えば、レジスタ値、割込み処理前のメインループの命令処理等)を保存するRWM61の領域を指し、スタックポインタのセットとは、そのRWM61の領域において、レジスタ値を初期値にセットする処理である。
次のステップS1002では、遊技開始セット(MS_GAME_SET)を行う。ステップS1002に進むと、図27の処理に移行する。
【0769】
次のステップS1003ではベットメダルの読み込みを行う。この処理は、現時点においてベットされているメダル枚数が何枚であるかを読み込む処理である。次のステップS1004では、ステップS1003で読み込んだベット枚数に基づき、ベットメダルの有無を判断する。
【0770】
ステップS1004でベットメダルありと判断したときはステップS1006に進み、ベットメダルなしと判断したときはステップS1005に進んでメダル投入待ち処理(図35;MS_STANDBY_DSP)を行い、ステップS1006に進む。
【0771】
ステップS1006では、投入されたメダルの管理処理(MS_MEDAL_CHK;図36)を行う。次のステップS1007では、ソフト乱数の更新処理を行う。この処理は、役抽選手段62bで使用する乱数を更新(「1」加算)する処理である。
次のステップS1008では、メイン制御基板60’は、スタートスイッチ41が操作されたか否かを判断する。スタートスイッチ41が操作されたと判断したときは、ステップS1009に進み、スタートスイッチ41が操作されていないと判断したときはステップS1003に戻る。
【0772】
ステップS1009では、役抽選手段62bは、スタートスイッチ41が操作されたタイミングで、すなわちスタートスイッチ41の操作信号の受信時に、乱数値を抽出し、役の抽選を実行する。
次のステップS1010では、ART中に押し順役に当選したか否かを判断する。このステップS1010で「Yes」となるのは、ARTに当選し、ARTを開始するために上述した昇格リプレイを入賞させる押し順を報知する場合、第1実施形態で示したようにART開始時に特殊リプレイを入賞させる押し順を報知する場合、ART中の複合ベル当選時に正解押し順を報知する場合、上述したRT3遊技中のリプレイ重複当選時にノーマルリプレイを入賞させる押し順を報知する場合が挙げられる。
【0773】
ステップS1010で押し順役に当選したと判断したときはステップS1011に進み、当選していないと判断したときはステップS1012に進む。なお、非ART中は、複合ベル等の押し順役に当選したときであってもステップS1010で「No」となる。
ステップS1011では、押し順報知開始時の処理(後述する図78)を実行する。そしてステップS1012に進む。ここでのステップS1011の処理は、ART中の正解押し順等を報知する場合の報知開始処理に相当する。
次にステップS1012に進み、リール制御手段62cは、リール31の回転を開始する。
【0774】
ステップS1013では、メイン制御基板60’は、リール31の停止受付けをチェックする。ここでは、ストップスイッチ42の操作信号を受信したか否かを検知し、操作信号を受信したときは、役の抽選結果とリール31の位置とに基づいてリール31の停止位置を決定し、その決定した位置にリール31を停止させるように制御する。
【0775】
次のステップS1014では、リール制御手段62cは、全リール31が停止したか否かをチェックし、ステップS1015に進む。ステップS1015では、ステップS1011で押し順を報知した場合において、報知した押し順と、遊技者によって操作された押し順とが一致するか否かを判断する。本実施形態では、ART中等において、ステップS1011で押し順報知を開始した場合のみ、ステップS1015で「Yes」と判断される場合があるように設定されている。非ART中であって押し順報知を行っていないときは、ステップS1015では常に「No」となる。
【0776】
ステップS1015で押し順が不一致であるときはステップS1016に進み、押し順が不一致でないと判断したときはステップS1017に進む。
ステップS1016では、押し順の報知内容の変更処理(後述する図79)を実行する。処理の詳細については後述するが、押し順が不一致である場合において、報知内容を変更することによって遊技者を救済可能であるときは押し順の報知内容を変更し、それ以外の場合には報知内容を消去等するものである。そしてステップS1017に進む。
ステップS1017では、全リール31が停止したか否かを判断し、全リール31が停止したと判断したときはステップS1018に進み、全リール31が停止していないと判断したときはステップS1013に戻る。
【0777】
ステップS1018では、当該遊技で押し順を報知しているとき(ステップS1011の処理で押し順報知を開始し、かつ、ステップS1016の処理で、報知した押し順を消去等していないとき)は、押し順報知の終了処理(後述する図80)を行う。
次にステップS1019に進み、メイン制御手段60’は、図柄の表示判定を行う。ここでは、入賞判定手段62dにより、有効ラインに、役に対応する図柄の組合せが停止したか否かを判断する。次にステップS1020に進み、メイン制御手段60’は、図柄の表示エラーが発生したか否かを判断する。図柄の表示エラーが発生したと判断したときはステップS1025に進み、表示エラーが発生していないと判断したときはステップS1021に進む。
【0778】
ここで、リール31の停止は、停止位置決定テーブルに基づき実行されるので、通常は、停止位置決定テーブルで定められた位置以外の位置でリール31が停止する場合はない。しかし、図柄の表示判定の結果、有効ライン上に、本来表示されてはいけない図柄(蹴飛ばし図柄)が表示されたときは、異常であると判定し、ステップS1025に進んで上述した復帰不可能エラー(SS_ERROR_STOP )を実行する。このときのエラー表示は、「E5」である。
【0779】
ステップS1020において表示エラーが発生していないと判断し、ステップS1021に進むと、役の入賞があったときは、払出し手段62eは、入賞役に対応するメダルの払出しを行う。
次にステップS1022に進み、メイン制御基板60’は、遊技終了チェックを行う。この処理は、当選役フラグ(RWM61)のクリア、ウェイトのセット、フリーズを行う場合にフリーズ状態の移行処理、外端信号を送信する場合の外端信号データの生成処理等を実行する処理である。」

チ 「【0782】
図78は、図77中、ステップS1011における押し順報知開始処理を示すフローチャートである。
まず、ステップS1031において、報知データをRWM61の所定の記憶領域に記憶する。たとえば、複合ベルA1に当選し、図76に示すように、「A1」と獲得数表示LED72に報知する場合、「A1」に対応する報知データを、RWM61の獲得枚数表示データを記憶する領域に記憶する。
【0783】
次にステップS1032に進み、押し順報知開始時の出力要求をセットする。この処理は、押し順報知を開始すること及び報知内容を、サブ制御基板80’に送信するための制御コマンドデータをセットする処理である。
次にステップS1033に進み、メイン制御基板60’は、制御コマンドセット1を実行する。この処理は、制御コマンドバッファに、サブ制御基板80’に送信する制御コマンドデータを記憶する処理である。これにより、次に割込み処理が実行されたとき、制御コマンドデータがサブ制御基板80’に送信される(図48のステップS612、及び図54)。そして本フローチャートによる処理を終了する。
【0784】
一方、上記の制御コマンド送信処理によって、サブ制御基板80’は、押し順報知開始時の制御コマンドを受信すると、画像表示装置23等により押し順の報知を実行する。この場合の報知は、メイン制御基板60’側の「A1」とは異なり、「中左右」等のような実際の正解押し順を報知する。
【0785】
このようにして、ステップS1031で報知データがRWM61に記憶されると、次に割込み処理が実行されたときに、図48中、ステップS606から図49のLED表示制御に進む。そして、図49中、ステップS629において、RWM61に記憶された報知データが(獲得枚数表示データとして)取得され、Aレジスタに記憶される。その後、ステップS630以降の処理により、たとえば複合ベルA1当選時には、獲得数表示LED72に「A1」と報知される。」

ツ 「【0786】
図79は、図77中、ステップS1016における報知内容変更処理を示すフローチャートである。
まず、ステップS1041では、報知内容を変更可能か否かを判断する。本実施形態では、複合ベル当選時の正解押し順は、6択であるので、第一停止を間違えると、その時点で不正解押し順となる。このため、複合ベル当選時に第一停止を間違えたときは、その時点で、報知内容の変更は不可能と判断する。
・・・
【0791】
これに対し、ステップS1041で報知内容の変更が不可能と判断し、ステップS1044に進むと、報知中止処理を実行する。報知の中止としては、たとえば以下の方法が挙げられる。
第1に、獲得数表示LED72に報知した押し順の内容を消去することが挙げられる。この場合には、ステップS1044では、LED表示要求フラグ(図9)の値を、「00000011」(獲得数表示LED72に相当するデジット3及び4のフラグを「0」)に更新する処理である。これにより、デジット3及び4の消灯が可能となり、当該処理以降に割込み処理が実行されたとき、LED表示要求フラグが「0」となっている獲得数表示LED72の消灯が可能となる。
【0792】
また第2に、ステップS1011で報知を開始する前の状態、たとえば表示内容を「00」に戻すことが挙げられる。この場合には、RWM61の獲得枚数表示データを記憶する領域に、「00」を示す獲得数データを記憶する。
以上のようにして、報知を中止する場合、報知内容を消去する場合や、獲得数表示LED72の表示内容を報知前の状態に戻すことが挙げられる。
【0793】
ステップS1044からステップS1045に進むと、押し順報知中止時の出力要求をセットし、次のステップS1046で制御コマンドセット1を実行する。これにより、押し順報知が中止された旨の制御コマンドがサブ制御基板80’に送信される。そして本フローチャートによる処理を終了する。サブ制御基板80’は、押し順報知が中止された旨の制御コマンドを受信したときは、画像表示装置23での押し順報知を中止する。」

テ 「【0800】
さらに、ステップS1018の押し順報知終了処理において、獲得数表示LED72を消灯するときはLED表示要求フラグのD2及びD3ビットを「0」にし、表示内容を「00」に戻すときはLED表示要求フラグのD2及びD3ビットの「1」を維持する。
また、当該遊技で役が入賞し、ステップS1021においてメダル払出しを実行するときは、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示する必要がある。
この場合、ステップS1016又はステップS1018の処理において獲得数表示LED72を消灯しているときは、ステップS1021においてLED表示要求フラグのD2及びD3ビットを「1」にする。なお、ART中の複合ベル当選時に押し順を報知した場合には、当該遊技でベルが入賞する可能性が高い。したがって、この場合には、ステップS1018の処理ではLED表示要求フラグのD2及びD3ビットの「1」を維持するようにしてもよい。
さらにまた、ステップS1021において払出しがない場合に「00」と表示するときは、ステップS1021においてLED表示要求フラグのD2及びD3ビットを「1」にしてもよい。」

ト 「【0880】
(b)当初発明に係る課題を解決するための手段
当初発明は、以下の解決手段によって上述の課題を解決する。なお、かっこ書きで、対応する実施形態の構成を示す。
第1の解決手段(第5及び第6実施形態;図74)は、
遊技の進行を制御するメイン制御手段(メイン制御基板60’)と、
前記メイン制御手段によって制御され、遊技媒体の獲得数を表示する獲得数表示部(獲得数表示LED72)と、
遊技者が遊技を進行する上で操作する操作スイッチ(ストップスイッチ42等)と
を備え、
前記メイン制御手段は、抽選手段(役抽選手段62b)を備え、
前記抽選手段での抽選結果のうち、前記操作スイッチの操作態様(ストップスイッチ42の押し順)に応じて、遊技者に有利となる遊技結果を表示する場合と表示しない場合とを有する特定抽選結果(複合ベル当選、リプレイ重複当選)を有し、
前記抽選手段で前記特定抽選結果となった遊技で、遊技者に有利となる遊技結果を表示するための前記操作スイッチの操作態様に対応する特定情報(正解押し順、条件装置番号)を報知する遊技(ART)を有し、
前記メイン制御手段は、前記抽選手段で前記特定抽選結果となった遊技で前記特定情報を報知するときは、前記獲得数表示部に前記特定情報を表示する
ことを特徴とする。」

ナ 図4において、<第1実施形態>スロットマシン10と記載された図の上部に「メイン制御基板60」と記載された矩形内には、上部に「メインCPU62」と記載された矩形が記載されており、該矩形の内部には、「設定変更手段62a」「役抽選手段62b」「リール制御手段62c」「入賞判定手段62d」「払出し手段62e」等の記載がある。
また、図74において、<第5、第6実施形態>スロットマシン10’と記載された図の上部に「メイン制御基板60’」と記載された矩形内には、図4と同様に上部に「メインCPU62」と記載された矩形が記載されており、該矩形の内部には、「設定変更手段62a」「役抽選手段62b」「リール制御手段62c」「入賞判定手段62d」「払出し手段62e」等の記載がある。

さらに、上記記載事項ア?ナから、以下の認定事項ニ?ヌが認定できる。

(認定事項)
ニ 上記オの【0042】には「獲得数表示LED72は、役の入賞時に、払出されるメダル数を表示する」と、上記セの【0751】には「メイン制御基板60’と電気的に接続された・・・獲得数表示LED72」「獲得数表示LED72は、押し順報知LEDとしても機能する」と、上記トの【0880】には「遊技の進行を制御するメイン制御手段(メイン制御基板60’)」「前記メイン制御手段によって制御され・・・獲得数表示LED72」という記載があることから、先願明細書等1には、「メイン制御基板60’と電気的に接続された、押し順報知LEDとしても機能する獲得数表示LED72であって、メイン制御基板60’によって制御される、役の入賞時に、払出されるメダル数を表示する獲得数表示LED72」について記載されているといえる。
さらに、上記ソの【0760】には、「ARTを実行するか否かの決定(抽選)を行う。」、【0762】には「ARTを実行することに決定した後、・・・RT3遊技に移行したときは、ARTを開始する。ARTでは、複合ベル当選時に正解押し順を報知する」、【0766】?【0767】には「ART当選後、・・・RT3遊技での複合ベル当選時・・・たとえば、複合ベルA1当選時には、獲得数表示LED72に「A1」と報知する。・・・サブ制御基板80’側では、画像表示装置23に、正解押し順である「中左右」と報知する。遊技者は、獲得数表示LED72に「A1」と報知されたとき、・・・「A1」と報知された情報のみから正解押し順を知ることができる。また、「A1」という報知が、正解押し順は「中左右」であることを意味する旨を知り得ない遊技者であっても、画像表示装置23の報知内容を見ることで、正解押し順を容易に知ることができる。」という記載があることから、ART中の複合ベル当選時には、獲得数表示LED72に「A1」と報知されたとき、3つのストップスイッチ42の正解押し順がまとめて「中左右」であることを報知されるものといえる。
ところで、上記コの【0158】には、「判定手段は、乱数抽出手段により抽出された乱数値・・・が属する領域に対応する役を決定する。・・・抽出した乱数値がMBの当選領域に属する場合は、MBの当選と判定・・・する」と記載されていることから、抽出値が属する領域に対応する役がMBの場合、当選役がMBと決定されるが、これはMBが当選したと判定されるともいえるから、「複合ベル当選時、すなわち複合ベルが当選したと判定された場合とは、当選役が複合ベルと決定された時である」と認められる(認定事項ニ-1)。
これらを踏まえると、先願明細書等1には、「メイン制御基板60’と電気的に接続された、押し順報知LEDとしても機能する獲得数表示LED72であって、メイン制御基板60’によって制御され、ART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルであると決定された場合には、3つのストップスイッチ42の正解押し順がまとめて報知される、役の入賞時に、払い出されるメダル数を表示する獲得数表示LED72」が記載されていると認められる。(認定事項ニ-2)

ヌ 上記スの【0318】「メイン制御基板60による情報処理は、以下の図20?図54である。・・・
図26;メインループ(M_MAIN)
・・・
図48;割込み処理
図49;LED表示制御(IS_LED_OUT)」という記載、上記セの【0535】「メイン制御基板60・・・による割込み処理」という記載から、図26に記載されるメインループ(M_MAIN)や、図48に記載される割込み処理や、図49に記載されるLED表示制御(IS_LED_OUT)は、メイン制御基板60による情報処理であることがいえる。
そして、上記ソの【0747】「図74は、第5実施形態・・・におけるスロットマシン10’の制御の概略を示すブロック図であり、第1実施形態の図4に対応する」という記載、上記テの【0880】「第1の解決手段(第5・・・実施形態;図74)は、遊技の進行を制御するメイン制御手段(メイン制御基板60’)・・・とを備え」という記載、上記ナにおける図4および図74の記載の内容を踏まえると、記載事項ソ?トの【0747】以降及び図74の
「第5実施形態における「スロットマシン10’」、「メイン制御基板60’」は、それぞれ第1実施形態における「スロットマシン10」、「メイン制御基板60」に対応するものであり、メイン制御基板60’は、メインループ(M_MAIN)、割込み処理、LED表示制御(IS_LED_OUT)を実行する」と認められる(認定事項ヌー1)。
さらに、記載事項クの【0108】「遊技を進行する情報処理として、1遊技あたり1回行うメインループ・・・(M_MAIN)が設けられている」という記載から、「1遊技あたり1回メインループ(M_MAIN)が実行される」と認められる(認定事項ヌ-2)。

上記記載事項ア?ナ、認定事項ニ?ヌから、先願明細書等1には、

「a 左、中、右のすべてのリール31を始動させるときに遊技者が操作するスイッチであるスタートスイッチ41と、(記載事項エ)
b 外周面に複数種類の図柄を印刷した3つ(左、中、右)のリール31と、(記載事項エ、記載事項キの【0093】)
c 3つ(左、中、右)のリール31に対応して3つ設けられ、対応するリール31を停止させるときに遊技者が操作するスイッチである3つのストップスイッチ42と、(記載事項イの【0015】、記載事項エ)
d メダルを直接投入することによりメダルをベットするメダル投入口43と、(記載事項ア、記載事項イの【0015】)
e RWM61、メインCPU62等を備えるメイン制御基板60に対応するメイン制御基板60’であって、(記載事項ウ、認定事項ヌ-1)
メインCPU62は、(記載事項ケ)
役抽選用の乱数発生手段と、乱数発生手段が発生する乱数を抽出する乱数抽出手段と、乱数抽出手段により抽出された乱数値が属する領域に対応する役を決定する判定手段とを備えている役抽選手段62bと、(記載事項コ)
スタートスイッチ41が操作されたときに、すべて(3つ)のリール31の回転を開始するように制御するものであり、役抽選手段62bにより役の抽選が行われた後、当該遊技における当選フラグのオン/オフを参照して当選フラグのオン/オフに対応する停止位置決定テーブルを選択するとともに、ストップスイッチ42が操作されたときに、ストップスイッチ42が操作されたときのタイミングに基づいて、そのストップスイッチ42に対応するリール31の停止位置を決定するとともに、その決定した位置にそのリール31を停止させるように制御するリール制御手段62cと、(記載事項サの【0174】)
すべてのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したか否かを判断する入賞判定手段62dと、(記載事項シの【0281】)
すべてのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したと判断され、その役の入賞となったときに、その入賞役に応じて所定枚数のメダルを遊技者に対して払い出す払出し手段62e等を備え、(記載事項シの【0282】)
メイン制御基板60’による割込み処理で、(認定事項ヌ-1)
ステップS606におけるLED表示制御(IS_LED_OUT)のステップS638に進み、D0:スタートスイッチ41が操作可であるときに「1」からなるデータであるメダル管理フラグに記憶されているデータを記憶したAレジスタ値と、LED表示要求カウンタの値を記憶したBレジスタ値とのAND演算を実行し、上記のAND演算により、今回の割込み処理において表示要求のあるLEDがデジット1であり、そのセグメントPに対応するD7ビットが1となったときは、デジット1と遊技開始LED73d(メダルが投入され、スタートスイッチ41を操作可能となった状態となったときに点灯する遊技開始LED73d)が点灯するものであり、(記載事項セの【0538】、【0550】、【0565】、【0566】、【0568】、記載事項イの【0015】、記載事項カ)
f メイン制御基板60’から送信されてくる制御コマンドに基づいて、押し順の報知等を行うサブ制御基板80’と、(記載事項ソの【0748】、記載事項チの【0783】、【0784】)
g メイン制御基板60’と電気的に接続された、押し順報知LEDとしても機能する獲得数表示LED72であって、メイン制御基板60’によって制御され、ART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルであると決定された時には、獲得数表示LED72に3つのストップスイッチ42の正解押し順がまとめて報知される、役の入賞時に、払い出されるメダル枚数を表示する獲得数表示LED72と、(認定事項ニ-2)
を備え、
h メイン制御基板60’による、1遊技当たり1回実行されるメインループで、(認定事項ヌ-1、ヌ-2)
ステップS1003ではベットメダルの読み込みを行い、ステップS1004でベットメダルありと判断したときは、ステップS1008では、スタートスイッチ41が操作されたか否かを判断し、スタートスイッチ41が操作されたと判断したときは、ステップS1009に進み、役抽選手段62bは、スタートスイッチ41が操作されたタイミングで、役の抽選を実行し、ステップS1010では、ART中に押し順役に当選したか否かを判断し、ステップS1010で押し順役に当選したと判断したときである、ステップS1010で「Yes」となるART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルであると決定された時であって、正解押し順を報知する場合、ステップS1011に進み、押し順報知開始時の処理を実行し、ステップS1011における押し順報知開始処理で、ステップS1031において、報知データがRWM61の所定の記憶領域に記憶されると、次に割込み処理が実行されたときに、LED表示制御に進み、複合ベル当選時には、獲得数表示LED72に報知され、(記載事項タの【0769】?【0773】、記載事項チの【0782】、【0785】、認定事項ニ-1)
ステップS1012に進み、リール制御手段62cは、リール31の回転を開始し、ステップS1013では、ストップスイッチ42の操作信号を受信したか否かを検知し、操作信号を受信したときは、役の抽選結果とリール31の位置とに基づいてリール31の停止位置を決定し、その決定した位置にリール31を停止させるように制御し、ステップS1014では、リール制御手段62cは、全リール31が停止したか否かをチェックし、ステップS1015では、ステップS1011で押し順を報知した場合において、報知した押し順と、遊技者によって操作された押し順とが一致するか否かを判断し、(記載事項タの【0773】?【0775】)
ステップS1015で押し順が不一致であるときはステップS1016に進み、ステップS1016における報知内容変更処理において、ステップS1041では、報知内容を変更可能か否かを判断し、複合ベル当選時に第一停止を間違えたときは、その時点で、報知内容の変更は不可能と判断し、ステップS1044に進むと、報知中止処理を実行し、獲得数表示LED72に報知した押し順を消灯するか、報知を開始する前の状態である、表示内容を「00」に戻し、ステップS1017に進み、(記載事項タの【0776】、記載事項ツの【0786】、【0791】、【0792】)
押し順が不一致でないと判断したときはステップS1017に進み、全リール31が停止したか否かを判断し、全リール31が停止したと判断したときはステップS1018に進み、ステップS1018では、当該遊技で押し順を報知しているときは、押し順報知の終了処理を行い、獲得数表示LED72を消灯するか、表示内容を「00」に戻し、ステップS1019に進み、図柄の表示判定を行い、有効ラインに、役に対応する図柄の組合せが停止したか否かを判断し、ステップS1020に進み、図柄の表示エラーが発生したか否かを判断し、表示エラーが発生していないと判断し、ステップS1021に進むと、役の入賞があったときは、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示し、払出し手段62eは、入賞役に対応するメダルの払出しを行う、(記載事項タの【0776】、【0777】、【0779】、記載事項テの【0800】)
j スロットマシン10に対応するスロットマシン10’。(認定事項ヌ-1)」

という発明(以下、先願発明1)が開示されているものと認める(記号a?h、jは本件補正発明の構成A?G、H’、Jに対応して付与した)。

(2)本件補正発明と先願発明1との対比

本件補正発明と先願発明1とを対比する(なお、本件補正発明の構成A?G、H’、Jに対応して、当審で見出し(A)から(H)、(J)を付与した。)

(A) 先願発明1における「左、中、右のすべてのリール31を始動させるときに遊技者が操作するスイッチであるスタートスイッチ41」は、本件補正発明の「遊技を開始させる場合に操作される開始操作手段」に相当する。

(B) 先願発明1における「外周面に複数種類の図柄を印刷した3つ(左、中、右)のリール31」は、本件補正発明の「複数種類の図柄を遊技が開始された場合に変動表示するとともに、遊技の結果としての図柄組合せを停止表示可能な可変表示手段」に相当する。

(C) 先願発明1における「対応するリール31を停止させるときに遊技者が操作するスイッチである3つのストップスイッチ42」は、本件補正発明の「前記図柄を停止表示する場合に操作される停止操作手段」に相当する。

(D) 先願発明1における「メダルを直接投入することによりメダルをベットするメダル投入口43」は、本件補正発明の「遊技媒体を投入可能な投入手段」に相当する。

(E) 先願発明1における「メイン制御基板60’」、および「メイン制御基板60’」に備えられた「メインCPU62」に備えられた「役抽選手段62b」、「リール制御手段62c」、「入賞判定手段62d」、「払出し手段62e」、ならびに「メイン制御基板60’による割込み処理」について検討する。

(E-1) 先願発明1における「役抽選手段62b」の「判定手段」が行う「乱数値が属する領域に対応する役を決定する」ことは、本件補正発明のメイン制御手段において「各遊技において当選役を決定」することに相当する。

(E-2) 先願発明1における「リール制御手段62c」が行う「ストップスイッチ42が操作されたときのタイミングに基づいて、そのストップスイッチ42に対応するリール31の停止位置を決定する」ことと、「当選フラグのオン/オフに対応する停止位置決定テーブルを選択する」ことは、本件補正発明の「停止操作手段に対する遊技者の停止態様と前記当選役に応じて」に相当し、先願発明1の「リール制御手段62c」が行う「その決定した位置にそのリール31を停止させるように制御する」ことは、本件補正発明のメイン制御手段において「前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止させる」ことに相当する。

(E-3) 先願発明1における「入賞判定手段62d」が行う「すべてのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したか否かを判断する」ことは、本件補正発明の「停止表示した前記図柄の組み合わせを判定」することに相当する。
さらに、先願発明1における「払出し手段62e」が行う「すべてのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したと判断され、その役の入賞となったときに、」は、本件補正発明の「所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合」に相当し、先願発明1における「その入賞役に応じて所定枚数のメダルを遊技者に対して払い出す」ことは、本件補正発明の「当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出す」ことに相当する。

(E-4) また、先願発明1における「メイン制御基板60’による割込み処理」によって「遊技開始LED73d」「が点灯する」処理が行われること、遊技開始LED73dは「メダルが投入され、スタートスイッチ41を操作可能となった状態となったときに点灯する」ものであることから、先願発明1における「メダルが投入され、スタートスイッチが可能となった状態となったときに」上記「割込み処理」において「遊技開始LED73dが点灯」することは、本件補正発明における「遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能と」することが行われるといえる。

以上のことから、先願発明1における「役抽選手段62b」、「リール制御手段62c」、「入賞判定手段62d」、「払出し手段62e等」「を備えたメインCPU62等を備えたメイン制御基板60’」であって、「メイン制御基板60’による割込み処理で」「メダルが投入されスタートスイッチ41を操作可能となった状態となったときに」「遊技開始LED73dが点灯する」「メイン制御基板60’」は、
本件補正発明の「遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能とし、各遊技において当選役を決定し、前記停止操作手段に対する遊技者の停止操作態様と前記当選役とに応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止表示させるとともに、停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出すメイン制御手段」に相当する。

(F) 先願発明1における「メイン制御基板60’から送信されてくる制御コマンドに基づいて押し順の報知等を行うサブ制御基板80’」は、本件補正発明の「前記メイン制御手段からの各種のコマンドにより制御されるサブ制御手段」に相当する。

(G) 先願発明1における「メイン制御基板60’と電気的に接続された、押し順報知LEDとしても機能する獲得数表示LED72であって、メイン制御基板60’によって制御され、ART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルであると決定された時には、獲得数表示LED72に3つのストップスイッチ42の正解押し順がまとめて報知される、役の入賞時に、払い出されるメダル枚数を表示する獲得数表示LED72」について検討する。

(G-1) 先願発明1における「メイン制御基板60’によって制御され」る「獲得数表示LED72」は、本件補正発明の「メイン制御手段により制御される」「特定表示手段」に相当する。
さらに、先願発明1において「ART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルであると決定された時」「3つのストップスイッチ42の正解押し順がまとめて報知される」ことは、本件補正発明の「所定の前記当選役が決定されたとき」「前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御される」ことに相当する。

(G-2) 先願発明1における「役の入賞時」とは、上記(E-3)における「すべてのリール31の停止時に、いずれかの役に対応する図柄の組合せが有効ラインに停止したと判断され、その役の入賞となったとき」であり、本件補正発明の「所定の図柄組合せが停止表示された場合」に相当する。
また、先願発明1における「獲得数表示LED72」が「払い出されるメダル枚数を表示する」ことは、本件補正発明における「特定表示手段」が「払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される」ことに相当する。
ここで、先願発明1の「役の入賞時に、払い出されるメダル枚数」は、上記(E-3)において認定した事項、すなわち先願発明1における「その入賞役に応じて所定枚数のメダルを遊技者に対して払い出す」ことは、本件補正発明の「当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出す」ことに相当するという事項、とあわせると、本件補正発明の「当該所定の図柄組合せに対応する払出個数」に相当するといえる。
そうすると、先願発明1における「獲得数表示LED72」が「役の入賞時に、払い出されるメダル枚数を表示する」ことは、本件補正発明の「特定表示手段」が「前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される」ことに相当する。

以上のことから、先願発明1における「メイン制御基板60’と電気的に接続された、押し順報知LEDとしても機能する獲得数表示LED72であって、メイン制御基板60’によって制御され、ART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルであると決定された時には、獲得数表示LED72に3つのストップスイッチ42の正解押し順がまとめて報知される、役の入賞時に、払い出されるメダル枚数を表示する獲得数表示LED72」は、本件補正発明の「前記メイン制御手段により制御され、所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御されるとともに、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される特定表示手段」に相当する。

(H) 先願発明1における「メイン制御基板60’による1遊技あたり1回実行されるメインループ」について検討する。

(H-1) 先願発明1における「ステップS1010で押し順役に当選したと判断したときである、ステップS1010で「Yes」となるART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルと決定された時であって、正解押し順を報知する場合」について、上記(G-1)において認定したように、先願発明1における「ART中の複合ベル当選時である、当選役が複合ベルであると決定された時」が本件補正発明における「所定の前記当選役が決定されたとき」に相当する。
そして、上記「ステップS1010」は1遊技当たり1回行われるメインループ中に1回実行されることから、先願発明1において「ART中の複合ベル当選時」のステップS1010を含むメインループは、本件補正発明の「所定の前記当選役が決定された遊技」に相当する。

(H-2) 先願発明1における「ステップS1015では、ステップS1011で押し順を報知した場合において、報知した押し順と、遊技者によって操作された押し順とが一致するか否かを判断し、」について、先願発明1における上記「ステップ1011で押し順を報知した」場合とは、上記(G-1)における「正解押し順を報知するとき、正解押し順を表示する」場合であり、本件補正発明における「メイン制御手段により制御され」る「特定表示手段」が「前記第1の表示態様に制御されている」場合に相当する。
また、先願発明1における「ステップS1015で押し順が不一致であるとき」は、本件補正発明における「当該第1の表示態様から特定される操作態様以外で前記停止操作手段が操作された場合」に相当する。
さらに、先願発明1における「その時点で、報知内容の変更は不可能と判断し、ステップS1044に進むと、報知中止処理を実行し、獲得数表示LED72に報知した押し順を消灯するか、報知を開始する前の状態である、表示内容を「00」に戻」すことにより、押し順の報知とは異なる情報を獲得数表示LED72に表示させるといえるから、本件補正発明における「前記第1の表示態様で表示される情報とは異なる情報を前記特定表示手段に表示させる」ことに相当する。

(H-3) 一方、先願発明1における「押し順が不一致でないと判断したとき」は、本件補正発明における「前記第1の表示態様から特定される操作態様で前記停止操作手段が操作された場合」に相当する。
ところで、先願発明1において「ステップS1011に進み、押し順報知開始処理時の処理を実行し、ステップS1011における押し順開始処理で」、「複合ベル当選時には、獲得数表示LED72に報知され」、「ステップS1012に進み、リール制御手段62cは、リール31の回転を開始」することから、先願発明1において、獲得数表示LED72に押し順が報知されてからリール31が回転するといえ、また、先願発明1において「ステップS1013では、ストップスイッチ42の操作信号を受信したか否かを検知」するが、ストップスイッチ42の操作が可能になるのはリール31が回転してから後であることは自明である。
そうすると、先願発明1においては獲得数表示LED72に押し順が報知されてからストップスイッチ42の操作が可能となるといえる。
さらに、先願発明1において「全リール31が停止したと判断したときはステップS1018に進み、ステップS1018では、当該遊技で押し順を報知しているときは、押し順報知の終了処理を行い、獲得数表示LED72を消灯するか、表示内容を「00」に戻し」ていることから、「押し順が不一致でないと判断したとき」は、「全リール31が停止したと判断」されるまでは、押し順を獲得数表示LED72に表示しているといえる。

以上のことから、先願発明1では、獲得数表示LED72に押し順の報知がなされてからストップスイッチ42の操作が可能になり、「押し順が不一致でないと判断したとき」は、「全リール31が停止したと判断」されるまでは、押し順を獲得数表示LED72に表示しているといえるが、これは本件補正発明の「前記第1の表示態様から特定される操作態様で前記停止操作手段が操作された場合、少なくとも前記停止操作手段の操作が可能になってから」「最後の前記停止操作手段が操作されるまでの期間では、」「前記第1の表示態様に前記特定表示手段を制御」することを含んでいる。

(H-4) 先願発明1における「ステップS1017に進み、全リール31が停止したか否かを判断し、全リール31が停止したと判断したとき」「ステップS1019に進み、」「有効ラインに、役に対応する図柄の組み合わせが停止したか否かを判断し」「ステップS1021に進むと、役の入賞があったとき」について、「役の入賞があったとき」とは、上記(E-3)より、「入賞役に対応する図柄の組合せが停止表示されていたと判断した場合」であることは明らかであることから、先願発明において、「ステップS1017に進み」「全リール31が停止したと判断したとき」であって、「入賞役に対応する図柄の組み合わせが停止」していた場合は、本件補正発明における「所定の図柄組合せが停止表示された」ときに相当する。

この場合に、先願発明1において「ステップS1018では、当該遊技で押し順を報知しているときは、押し順報知の終了処理を行い、獲得数表示LED72を消灯するか、表示内容を「00」に戻」すことで、獲得数表示LED72には「正解押し順」も「払い出されるメダル数」も表示されなくなるが、これは、本件補正発明の「第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を」「制御し」ていることに相当する。

また、先願発明1では「ステップS1018では、当該遊技で押し順を報知しているときは、押し順報知の終了処理を行い、獲得数表示LED72を消灯するか、表示内容を「00」に戻し」、「ステップS1021に進むと、役の入賞があったときは、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」することから、先願発明1では「獲得数表示LED72を消灯するか、表示内容を「00」に戻し」た後、「獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するが、これは本件補正発明の「その後、」「前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能であ」ることに相当する。

さらに、先願発明1において、ステップS1018を実行してから、ステップS1021を実行するまでの間、すなわち「ステップS1019に進み、図柄の表示判定を行い、有効ラインに、役に対応する図柄の組合せが停止したか否かを判断し、ステップS1020に進み、図柄の表示エラーが発生したか否かを判断し、表示エラーが発生していないと判断」する間、遊技者は何らの操作を必要としないことは自明であることから、先願発明1において、「獲得数表示LED72を消灯するか、表示内容を「00」に戻し」た後、本件補正発明同様に「特定の操作を要すること無く」、「獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するといえる。

以上のことから、先願発明1における「ステップS1017に進み、全リール31が停止したか否かを判断し、全リール31が停止したと判断したときはステップS1018に進み、ステップS1018では、獲得数表示LED72を消灯するか、表示内容を「00」に戻し、」「ステップS1019に進み、」「有効ラインに、役に対応する図柄の組合せが停止したか否かを判断し、」「ステップS1021に進むと、役の入賞があったときは、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」することは、
本件補正発明の「所定の図柄組合せが停止表示された後に、前記第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を制御し、その後、特定の操作を要することなく前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能であ」ることに相当する。

加えて、先願発明1において、メイン制御基板60’は、獲得数表示LED72を、ステップS1018で全リール31が停止したとき消灯し、ステップS1021に進むと、メダル払出し処理を行う時点で点灯することから、獲得数表示LED72をリール31が停止してからメダル払出し処理を行うまでの間の期間消灯しておくが、このことは、本件補正発明において「第3の表示態様に特定表示手段を予め定められた時間長に亘り制御」することと、「予め定められた期間に亘り制御」する点で共通する。

(J) 先願発明1の「スロットマシン10’」は本件補正発明の「遊技機」に相当する。

以上のことから、本件補正発明と先願発明1は、

「 遊技を開始させる場合に操作される開始操作手段と、
複数種類の図柄を遊技が開始された場合に変動表示するとともに、遊技の結果としての図柄組合せを停止表示可能な可変表示手段と、
前記図柄を停止表示する場合に操作される停止操作手段と、
遊技媒体を投入可能な投入手段と、
遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能とし、各遊技において当選役を決定し、前記停止操作手段に対する遊技者の停止操作態様と前記当選役とに応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止表示させるとともに、停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出すメイン制御手段と、
前記メイン制御手段からの各種のコマンドにより制御されるサブ制御手段と、
前記メイン制御手段により制御され、所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御されるとともに、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される特定表示手段とを具備し、
前記メイン制御手段は、前記特定表示手段が前記第1の表示態様に制御されている場合であって、当該第1の表示態様から特定される操作態様以外で前記停止操作手段が操作された場合、前記第1の表示態様で表示される情報とは異なる情報を前記特定表示手段に表示させるとともに、所定の前記当選役が決定された遊技において、前記第1の表示態様から特定される操作態様で前記停止操作手段が操作された場合、少なくとも前記停止操作手段の操作が可能になってから最後の前記停止操作手段が操作されるまでの期間では、前記第1の表示態様に前記特定表示手段を制御し、前記所定の図柄組合せが停止表示された後に、前記第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を制御し、その後、特定の操作を要することなく前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能である、
遊技機。」

という点で一致する。

一方、両者は次の点で一応相違する。

(相違点)
「第2の表示態様と相違する第3の表示態様に特定表示手段を」「制御する」「予め定められた期間」について、本件補正発明は「予め定められた時間長であって、第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる時間長である」のに対して、先願発明1では「全リールが停止したと判断したときは、押し順報知の終了処理を行」ってから、「役の入賞があったときには、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するまでの期間である点。

(3)相違点に対する判断
上記相違点について検討する。

先願発明1における、押し順報知LEDとしても機能する獲得数表示LED72は、ART中において当選した押し順役の押し順を表示し、全リールが停止した場合に消灯し、役の入賞があったときにはメダル払出し枚数を表示するものであるが、表示器一般の技術分野において、1つの表示器で異なる内容の表示を行うときに、表示内容の切り替え時に区切りのための消灯時間を設け、表示内容が切り替わったことを利用者が認識するようにすることは周知慣用の技術にすぎない(例えば、特開2004-44869号公報には、【0013】に「該表示器12は、2桁の7セグメントLEDによって構成されており、タイマ時間及び後述する異常時の識別コードが2桁の数字で表示可能となっている」という記載があり、【0023】?【0024】に「次に、・・・異常表示制御部37による表示器12へのエラー表示について説明する。・・・STEP16によりエラー表示が開始されると、先ず、STEP17により表示器12にエラーコード(異常内容)を点灯表示させる。・・・次いでSTEP18に進み、0.5秒間エラーコードを表示させたところで、STEP19へ進んでエラーコードを消灯させる。続いて、STEP20において0.5秒間消灯させた後、STEP21に進んで表示器12に各バーナ2,3,4及びグリル5のうち異常が検出されたもの(異常箇所)の識別コードを表示させる。」という記載があり、【0026】に「異常表示制御部37によって異常内容を示すエラーコードと各バーナ2,3,4及びグリル5の識別コードを交互に表示させるので、3桁以上の表示は不要であり、表示器12が2桁であっても異常個所とその内容を容易に確認することができる」という記載があることから、7セグメントLEDによって構成される表示器12に、エラーコードと異常箇所の識別コードを交互に表示させる場合に、エラーコードを表示してから識別コードを表示するまでの間に区切りの消灯時間を入れることが示されているといえる。また、特開2013-257094号公報には、【0040】?【0045】に「図6は、リモコンの表示画面を示す図である。図7は、図6のリモコンの表示画面における操作情報の表示例の説明図である。この表示画面は、2つの7セグメントLEDが隣接して配置された構成の表示領域21と、運転内容を表示するため表示領域22とを有し、表示領域21側に、点灯と消灯とを交互に複数回、繰り返すことで操作情報を表示する。・・・まず最初に、リモコン3は、(1)「履歴No.」として「01」を表示領域21に表示する。そして、その表示を消灯する。・・・次に、(5)「操作機器アドレス(百)」として「0」を表示領域21に表示する。これは、操作機器アドレスの百桁目を意味している。そして、その表示を消灯する。次に、(6)「操作機器アドレス(+、-)」として「00」を表示領域21に表示する。この(5)と(6)の表示により、表示を確認している管理者は、「操作機器アドレス」が「000」であることを認識する。そして、その表示を消灯する。次に、(7)「操作要因」として「01」を表示する。ここでは、手元操作の場合には「01」、スケジュールの場合には「02」、接点入力の場合には「03」といったように、予め操作要因毎に識別番号が付されており、該当する番号を表示する。この(7)の表示により、表示を確認している管理者は、「操作要因」が「手元操作」であることを認識する。そして、リモコン3はその表示を消灯する。次に、(8)「操作時刻(年:下2桁)」として「12」を表示領域21に表示し、そしてその表示を消灯させる。これ以降、図示省略するが、同様にして表示と消灯を繰り返し、「操作時刻:時間:月」、「操作時刻:日」、「操作時刻:時間」、「操作時刻:分」を表示する。」という記載があり、2つの7セグメントLEDから構成される表示領域21に、操作機器アドレス、操作要因、操作時刻といった異なる内容の情報を、表示の切り替え時に消灯しながら表示を行うことで、表示を確認している管理者がどのような情報が表示されているのかを認識することが示されているといえる。)。
そして、先願発明1において、全リールが停止したと判断したとき、当該遊技で押し順を報知しているときは、押し順報知の終了処理を行い、獲得数表示LED72を消灯し、図柄の表示判定を行い、役の入賞があったときは、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示するが、役の入賞があったと判断されるまでは、獲得数表示LED72を消灯したままにすることは、上記周知慣用手段の具体化手段の1つにすぎない。

そうすると、先願発明1における、「全リールが停止したと判断したとき」「獲得数表示LED72を消灯」してから、「役の入賞があったときには、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するまでの期間を、本件補正発明のように「第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる程度の予め定められた時間長とする」とすることは、1つの表示器で異なる内容の表示を行うときに、表示内容の切り替え時に区切りのための時間を設け、区切りであることを遊技者が認識可能な時間長とするための具体化手段における微差にすぎず、かつ当該構成をとることにより得られる効果は「指示情報が表示される期間と払出枚数が表示される期間との間に、非表示の期間が介在するため、指示情報と払出枚数との混同が抑制される」という効果に過ぎず、先願発明1の「1つのLEDで押し順とメダル払出し枚数という異なる内容の表示を行うときに、表示内容の切り替え時に区切りのための消灯時間を設ける」という課題から見て新たな効果を奏するものでもない。

したがって、上記相違点は課題解決のための具体化手段における微差に過ぎず、実質的な相違点ではない。

(4) 審判請求人の主張について
審判請求人は平成29年7月14日付け審判請求書の第5頁第13行?第24行、第5頁第25行?第6頁第3行、第6頁第4行?第13行において、以下のように主張している。

(A) 「しかし、引用文献1には、LED表示要求フラグのD2およびD3が一旦数値「0」になる期間X(すなわち、S1019およびS1020を実行する期間)の時間長(以下「時間長Tx」という)が明記されない。仮に、期間Xの時間長Txが2.235ms(割込み処理の実行周期)より短い場合(Tx<2.235ms)を想定する。以上の場合、期間Xにおいて割込み処理が一度も実行されない場合がある。期間Xにおいて割込み処理が一度も実行されない場合、獲得数表示LEDの各桁のLEDが点滅する周期は、全リールが停止する前(S1016以前)から払出終了後(S1021以降)の期間に亘り、11.18msで変化しない。すなわち、獲得数表示LEDは、遊技者の目から見れば常時点灯しているように見え(段落0573参照)、獲得数表示LEDが消灯したことを遊技者は認識できない。以上の先願発明1の獲得数表示LEDでは、停止操作順序を示す情報から払出個数を示す情報に直ちに表示が切替えられる。」

(B) 「なお、技術常識を参酌した場合、期間X(ステップS1019およびステップS1020が実行される期間)の時間長Txは、ステップS1019(表示判定処理)とステップS1020(表示エラーの有無の判定処理)との内容から、数ms以内であると解される(仮に、獲得数表示LEDの消灯期間を遊技者が認識できる時間長にするためには、例えば図27のS126の様なウェイト処理を期間Xに設ける必要があると解される)。期間Xの時間長Txが数msの場合、全リールが停止してから払出枚数が表示されるまでの期間において、遊技者が認識できる時間長に亘り獲得数表示LEDが消灯することはない。 」

(C) 「また、引用文献1において、図77のステップS1018でLED表示要求フラグのD2およびD3を数値「0」に設定する目的は、今回の遊技でメダルが払出されない場合に、全リール停止後の期間において、獲得数表示LEDを消灯するためであると解される。すなわち、ステップS1018でLED表示要求フラグのD2およびD3を数値「0」に設定する目的は、メダルが払出される場合において、獲得数表示LEDを一旦消灯させることではない。したがって、今回の遊技でメダルが払出される場合に、LED表示要求フラグのD2およびD3が数値「0」に一旦変化する期間Xが存在するにもかかわらず、遊技者が把握できる時間長に亘り獲得数表示LEDが消灯しない構成となっていても、何ら不都合はない。」

上記(A)(B)について、上記(3)の「相違点に対する判断」において示したとおり、先願発明1における、「全リールが停止したと判断したとき」「獲得数表示LED72を消灯」してから、「役の入賞があったときには、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するまでの期間を、本件補正発明のように「第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる程度の予め定められた時間長とする」とすることは、1つの表示器で異なる内容の表示を行うときに、表示内容の切り替え時に区切りのための時間を設け、区切りであることを遊技者が認識可能な時間長とするための具体化手段における微差にすぎず、かつ当該構成をとることにより得られる効果は「指示情報が表示される期間と払出枚数が表示される期間との間に、非表示の期間が介在するため、指示情報と払出枚数との混同が抑制される」という効果に過ぎず、先願発明1の「1つの表示器で異なる内容の表示を行うときに、表示内容の切り替え時に区切りのための時間を設ける」という課題から見て新たな効果を奏するものでもない。
また、「全リールが停止したと判断したとき」「獲得数表示LED72を消灯」してから、「役の入賞があったときには、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するまでの期間を、「第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる程度の予め定められた時間長とする」とすることにより、先願発明1の【0004】に記載される「スロットマシン等の遊技機において、特定のエラーが発生したときであっても、割込み処理により、必要な処理を実行可能にする」という課題が達成されないものではない。

また、上記(C)について、先願発明1における押し順報知LEDとしても機能する獲得数表示LED72は、ART中において当選した押し順役の押し順を表示し、全リール31が停止したときはステップS1018に進み、ステップS1018では、当該遊技で押し順を報知しているときには、押し順報知の終了処理を行い、獲得数表示LED72を消灯し、ステップS1019に進み、有効ラインに、役に対応する図柄の組合せが停止したか否かを判断し、ステップS1020において表示エラーが発生していないと判断し、ステップS1021に進むと、役の入賞があったときは、メダル払出し枚数を表示するものであり、獲得数表示LED72では異なる内容が表示される間に一旦消灯するものといえる。
そうすると、上記(A)(B)と同様、「獲得数表示LED72を消灯」してから、「役の入賞があったときには、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するまでの期間を、本件補正発明のように「第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる程度の予め定められた時間長とする」とすることは、1つの表示器で異なる内容の表示を行うときに、表示内容の切り替え時に区切りのための時間を設け、区切りであることを遊技者が認識可能な時間長とするための具体化手段における微差にすぎず、先願発明1の「1つの表示器で異なる内容の表示を行うときに、表示内容の切り替え時に区切りのための時間を設ける」という課題から見て新たな効果を奏するものでもなく、「全リールが停止したと判断したとき」「獲得数表示LED72を消灯」してから、「役の入賞があったときには、獲得数表示LED72にメダル払出し枚数を表示」するまでの期間を、「第3の表示態様で制御されていることを遊技者が認識できる程度の予め定められた時間長とする」とすることにより、先願発明1の【0004】に記載される「スロットマシン等の遊技機において、特定のエラーが発生したときであっても、割込み処理により、必要な処理を実行可能にする」という課題が達成されないものではない。

以上のとおりであるから、審判請求人の主張は採用できない。

(5)小括
以上のとおり、本件補正発明は、先願発明1と同一の発明であり、しかも、本件補正発明の発明者が先願発明1の発明者と同一であるとはいえず、また、本願出願日において、その出願人が先願発明1の出願人と同一であるともいえないので、特許法第29条の2の規定により特許を受けることができないものである。

4.むすび
よって、本件補正は、特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に違反するので、同法第159条第1項において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものである。

第3 本願発明について
1.本願発明
本件補正は上記のとおり却下されたので、本願の請求項1に係る発明は、平成28年4月6日付けの手続補正書により補正された、特許請求の範囲の請求項1に記載された事項により特定されるところ、その請求項1に係る発明(以下、「本願発明」という)は、上記第2の1.において記載した次のとおりのものである。

「【請求項1】
A 遊技を開始させる場合に操作される開始操作手段と、
B 複数種類の図柄を遊技が開始された場合に変動表示するとともに、遊技の結果としての図柄組合せを停止表示可能な可変表示手段と、
C 前記図柄を停止表示する場合に操作される停止操作手段と、
D 遊技媒体を投入可能な投入手段と、
E 遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能とし、各遊技において当選役を決定し、前記停止操作手段に対する遊技者の停止操作態様と前記当選役とに応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止表示させるとともに、停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出すメイン制御手段と、
F 前記メイン制御手段からの各種のコマンドにより制御されるサブ制御手段と、
G 前記メイン制御手段により制御され、所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御されるとともに、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される特定表示手段とを具備し、
H 前記メイン制御手段は、前記特定表示手段が前記第1の表示態様に制御されている場合であって、当該第1の表示態様から特定される操作態様以外で前記停止操作手段が操作された場合、前記第1の表示態様で表示される情報とは異なる情報を前記特定表示手段に表示させるとともに、所定の前記当選役が決定された遊技において、前記第1の表示態様から特定される操作態様で前記停止操作手段が操作された場合、少なくとも前記停止操作手段の操作が可能になってから最後の前記停止操作手段が操作されるまでの期間では、前記第1の表示態様に前記特定表示手段を制御し、前記所定の図柄組合せが停止表示された後に、前記第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を制御してから前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能な
J 遊技機。」

2.拒絶理由通知の概要
平成28年10月14日付け拒絶理由通知は、本願発明は、本願出願日以前に出願され、本願出願後に出願公開がされた特願2015-18197号(特開2016-140554号公報)の願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面(以下、「先願明細書等2」という)に記載された発明(以下、先願発明2という)と実質的に同一の発明というものであり、特許法第29条の2の規定により特許を受けることができないというものである。

3.先願明細書等2及び先願発明2

先願明細書等2には以下の記載がある。

ア 「【0005】
上記課題を解決するために、本発明は、以下のような構成を有する。
すなわち、本発明に係る遊技機(スロットマシンS)は、外周面に複数の図柄が付された複数の回転リール61?63と、前記複数の回転リール61?63を回転させるスタートスイッチ20と、回転中の前記回転リール61?63を個々に停止させる複数の停止スイッチ31?33と、通電により表示単位(セグメントa?g)を可視可能にして所定の表示態様を表示可能な表示部(操作態様表示部16)と、演出を行うための演出装置(画像表示部70、電飾ランプ80、報知ランプ85、スピーカ90)と、遊技の進行を制御するメイン制御装置100と、前記メイン制御装置100からの出力信号を一方向的に入力して前記演出装置による演出を制御するサブ制御装置200と、を備えている。」

イ 「【0012】
本発明の好適な実施の形態を、遊技機としてスロットマシンを例に、図面に基づき説明する。
(スロットマシンS)
スロットマシンSは、図1に示すように、正面側(遊技者と対向する前面側)に開口部を有する方形の筐体Bと、この筐体Bの開口部を塞ぐ前扉Dを備えている。
筺体Bの内部には、スロットマシンSの作動を制御するための制御装置1、外周面に複数の図柄が付された3個の回転リール61,62,63を有するリールユニット2、メダルを貯留するとともに貯留されているメダルを払い出すためのホッパーユニット3、スロットマシンSに備えられた各種装置に電力を供給するための電源装置4等が設置されている。
【0013】
前扉Dには、図1に示すように、3個の回転リール61?63の図柄を視認可能な図柄表示窓Wが形成されている。そして、この図柄表示窓Wの下方であってスロットマシンSの高さ方向略中央部は、スロットマシンSを作動させるための操作スイッチが設けられたカウンター状の操作部Cとなっている。操作部Cの上面右端にはメダル投入口5が設けられ、操作部Cの上面左側には、スロットマシンSに電子的に貯留されているメダルであるクレジットメダルを、遊技を開始するためのベットメダルに代えるための投入操作手段としてのベットスイッチ10が設けられている。また、操作部Cの上面であってメダル投入口5とベットスイッチ10の間には、遊技者がスロットマシンSの報知モードを選択することができる選択スイッチ50が設けられている。」

ウ 「【0025】
払出表示部13は、図1に示すように、図柄表示窓Wの下方に設けられた7セグメント表示器であり、入賞により払い出されるメダル数を表示するものである。ここで、本実施の形態においては、この払出表示部13は、遊技中においてメダルが払い出されない期間、具体的には、遊技終了後(回転リール61?63の全停止後又はメダルの払い出し終了後)から次遊技における回転リール61?63の全停止までの間は、スロットマシンSの内部状態に関する表示を行うための状態表示部15、及び操作態様表示部16として機能するようになっているが、これについては後述する。」

エ 「【0026】
メイン制御装置100を構成するメイン基板には、図示しないが、遊技に関するプログラムやデータが記憶されたROM、ROMに記憶されたプログラム等に基づいて遊技の進行に関する制御を行うメインCPU、読み書き可能であって遊技の進行に関する制御を行うためのデータ等を一時的に記憶するRAM、I/O等、種々の電子部品が備えられている。そして、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、図2に示すように、投入制御手段110、役抽選手段120、リール制御手段130、遊技結果判定手段140、払出制御手段150、遊技状態移行手段160、AT制御手段170、メイン演出制御手段180及び報知モード決定手段190の各手段として機能する。」

オ 「【0027】
(投入制御手段110)
投入制御手段110は、メダル投入口5からのメダルの投入又はベットスイッチ10の操作(以下投入操作という)と、遊技結果判定手段140の判定結果に基づいて、1回の遊技を行うためのメダルが掛けられた状態(ベット状態)を設定するためのものである。
具体的には、投入制御手段110は、メダル投入口5からメダルが投入されメダルセンサ7Aがメダルを検出することに伴って、規定数を限度として、検出された数のメダルをベットされたメダルとして取り扱い、ベット状態を設定する。
【0028】
なお、投入されたメダル数に応じて、ベット表示部11にはベット表示が行われる。また、規定数のベット状態が設定されることにより、スタートスイッチ20の操作に基づく回転リール61?63の回転開始が許容される。」

カ 「【0031】
(役抽選手段120)
役抽選手段120は、回転リール61?63に付されている図柄による所定の図柄組合せが対応付けられた複数種類の役を対象として行う役抽選により、1又は複数の役の当選又は不当選のいずれかの抽選結果を導出するものである。」

キ 「【0043】
(リール制御手段130)
リール制御手段130は、スタートスイッチ20及び停止スイッチ31?33の操作信号に基づいて、回転リール61?63の回転及び停止を制御するためのものである。
・・・
【0048】
(停止制御)
リール制御手段130は、リールセンサ2A(図2参照)の検出信号に基づき回転リール61?63の回転角度を把握し、回転リール61?63の回転角度から、所定位置(例えば上段位置)にある図柄を特定すること(図柄参照)ができるようになっている。そして、リール制御手段130は、停止スイッチ31?33の作動時点(停止スイッチ31?33の操作が検出された時点=停止操作のタイミング)において所定位置にある回転リール61?63の図柄を基準図柄として、回転リール61?63の回転角度が前記基準図柄をあらかじめ定められたコマ数(最大スベリコマ数、例えば4コマ)だけ回転方向に移動させたコマ数(引き込み可能コマ数、例えば5コマ)の範囲内となるように、回転リール61?63を停止させることができる。
・・・
【0050】
リール制御手段130は、これらの処理を、回転リール61?63の停止位置候補を特定するためのあらかじめ定められた優先順位に基づいて、基準図柄から何コマ分回転させて回転リール61?63を停止させるかを役抽選の結果及び停止操作のタイミングに応じて図柄ごとにテーブル上に規定した停止テーブルを用いて行う。」

ク 「【0058】
(遊技結果判定手段140)
遊技結果判定手段140は、停止スイッチ31?33の操作によって回転リール61?63が全て停止したときに、当該遊技の結果を判定するためのものである。
具体的には、回転リール61?63が停止したときに所定の記憶部に記憶される停止図柄の情報に基づき、有効ライン上に揃った図柄の組合せが、所定の役に対応付けられたものか否かを判断する。そして、所定の役に対応付けられた図柄組合せが有効ライン上に表示されたと判断した場合には入賞と判定し、その判定結果情報を、払出制御手段150及び遊技状態移行手段160に送信する。
【0059】
(払出制御手段150)
払出制御手段150は、遊技結果判定手段140の判定結果及び精算スイッチ40の操作に基づいて、ホッパーモータ3Bを作動させてホッパーユニット3からメダルを払い出させるものである。すなわち、遊技結果判定手段140が小役の入賞を判定した場合には、当該小役の入賞に応じたメダルを払い出させ、クレジットが1以上ある場合に精算スイッチ40の操作信号を入力したときには、クレジットとして貯留されているメダルを払い出させるようになっている。」

ケ 「【0077】
(メイン演出制御手段180)
メイン演出制御手段180は、メイン制御装置100の制御に基づくメイン演出、具体的には、遊技の進行を停止させているフリーズ中に擬似的に遊技を進行させる擬似遊技及び回転リール61?63を利用したリール回転演出などの回胴演出や、状態表示部15及び操作態様表示部16の表示を制御するものであり、図2に示すように、フリーズ設定手段181、回胴演出制御手段182及び表示制御手段183を備えている。」

コ 「【0105】
(表示制御手段183)
表示制御手段183は、メイン制御装置100の制御に基づき、スロットマシンSの内部状態を報知するためのものであり、払出表示部13を状態表示部15及び操作態様表示部16として機能させ、それらの表示を制御するものである。
状態表示部15は、スロットマシンSの内部状態を報知するためのものである。スロットマシンSの内部状態としては、遊技状態(通常状態、BB内部中、BB作動中)と、演出状態(通常演出状態、AT準備状態、AT作動状態)とがあるが、本実施の形態では、遊技状態がほぼ常にBB内部中となっている仕様であるので、状態表示部15による表示の対象となるスロットマシンSの内部状態は、主として、演出状態に係るものとなる。また、操作態様表示部16は、停止スイッチ31?33の操作態様に関する表示を行うものである。本実施の形態では、「打順ベル」の当選時に、正解打順を表すとともに、停止操作のタイミングを表すこともできるようになっている。」

サ 「【0117】
(操作態様表示部16による操作態様表示の一例)
例えば、図12(B)に示すように、図11(B)のいずれの点灯パターンとも重複しない点灯パターンとして、左側の回転リール61に対応する点灯パターン(左リール)、中央の回転リール62に対応する点灯パターン(中リール)、右側の回転リール63に対応する点灯パターン(右リール)を設定する。そして、これらの点灯パターンと、図11(B)のいずれかの点灯パターンとを重ねた点灯パターンによって、正解打順や、停止操作のタイミングを知らせる操作態様表示を行わせることができる。ここで、図11(B)の「0」?「20」は、各回転リール61?63に付されている図柄の図柄番号に対応させている。すなわち、これらの点灯パターンを図12(B)の各点灯パターンと重ねた点灯パターンは、どの回転リール61?63についてどの位置で停止操作すべきか(操作タイミング)の情報を表示するものとなる。また、図12(B)の各点灯パターンと「ANY」の点灯パターンを重ねた点灯パターンは、操作タイミングは問わず、どの回転リール61?63を停止させるべきか(打順)の情報を表示するものとなる。
【0118】
そして、表示制御手段183は、役抽選の結果に基づいて、操作態様表示部16に表示させる点灯パターンを決定し、その後、決定した点灯パターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させる。そして、回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させる。
具体的には、AT作動中において、当選した「打順ベル」の正解打順が「中右左」であった場合、回転リール61?63が全て回転しているときには、図12(C)に示すように、中リールに対応する点灯パターンに「ANY」の点灯パターンを重ねた点灯パターンを表示させ、最初の停止スイッチ31?33が操作された場合(回転リール61?63が2個回転しているとき)には、右リールに対応する点灯パターンに「ANY」の点灯パターンを重ねた点灯パターンを表示させる。そして、2番目の停止スイッチ31?33が操作された場合(回転リール61?63が1個回転しているとき)には、左リールに対応する点灯パターンに「ANY」の点灯パターンを重ねた点灯パターンを表示させる。このように、一つの操作態様表示部16において、停止操作が行われるごとに表示内容を切り替えていくことで、正解打順の情報を表示することができる。なお、正解打順の表示は、正解打順で停止操作されたか否かに関わらず、停止操作が行われるごとに切り替えて表示させるようにすることができる。
・・・
【0125】
正解打順の表示の他の例として、停止スイッチ31?33の操作順を示す点灯パターンをあらかじめ設定しておいてもよい。例えば、図12(E)に示すように、停止スイッチ31?33の6通りの操作順を示す点灯パターンとして、図11(B)に示す「1」?「6」の数字に対応する点灯パターン(打順1?打順6)、及び「ANY」に対応する点灯パターン(打順なし)を設定する。すなわち、「1」には打順1(左中右)、「2」には打順2(左右中)・・・を対応させる。そして、表示制御手段183は、AT作動中においては、「打順ベル」の当選時に当該領域に設定された正解打順(図6参照)に対応する点灯パターン(打順3?6)を表示させ、打順が設定されていない抽選結果(「1枚役」や「リプレイ」や「不当選」や「BB」)の当選時には、打順なしに対応する点灯パターンや、打順1又は打順2(左押し)に対応する点灯パターンを表示させる。それらのいずれを表示させるかは抽選により決定してもよい。」

シ 「【0146】
さらに、本実施の形態では、AT中において、正解ベルの正解打順に対応する識別子を操作態様識別表示部16に表示させつつ、サブ制御装置200の制御に基づく正解打順の直接的な報知(ベルナビ)を行わせるようにしてある。」

ス 「【0148】
(スロットマシンSの作動)
上記構成を有するスロットマシンSの、メイン制御装置100の制御に基づく1遊技における遊技制御処理の概略を、図16のフローに基づき説明する。
まず、規定数のメダルがベットされた場合には(S100でYes)、スタートスイッチ20がONとなる(操作信号を入力する)ことに伴って、役抽選処理が行われる(S101、S102)。なお、役抽選の結果に関する情報がサブ制御装置200に出力される。その後、役抽選に伴う処理が行われ(S103)、回転リール61?63の回転開始処理が行われる(S104)。そして、回転リール61?63の回転中にいずれかの停止スイッチ31?33がONとなった場合には、対応する回転リール61?63についての回転停止処理が行われる(S105、S106)。全ての回転リール61?63が停止するまでS105、106が繰り返され(S105?S107)、全ての回転リール61?63が停止した場合(S107でYes)には、遊技結果判定処理及び判定結果に応じた処理が行われるとともに(S108、S109)、遊技終了時の処理が行われる(S110)。なお、判定結果に応じた処理とは、小役の入賞によるメダルの払い出し処理や、リプレイの入賞による自動ベット処理や、ボーナスの入賞又は非入賞による遊技状態の移行処理である。そして、1回の遊技が終了する。」

セ 「【0149】
次に、上記したS103の役抽選に伴う処理について、図17乃至図20のフローに基づき説明する。
まず、演出状態が通常演出状態である場合(図17のS200でYes)には、役抽選の結果、AT移行抽選の契機となる特定抽選結果(図8(A)参照)が発生したか否かが判断され、特定抽選結果が発生している場合には(S201でYes)、AT抽選モードに応じたAT移行抽選が行われる(S202)。そして、ただちにAT作動状態に移行する場合(S203でYes)には、AT作動中の設定が行われるとともに(S204)、AT移行報知回胴演出決定処理が行われる(S205)。なお、AT作動中の設定とは、演出状態がAT作動状態であることを所定の記憶部に記憶し、ATカウンタにAT遊技回数の初期回数(最低保障回数)を設定することである。また、AT移行報知回胴演出決定処理は、図20(A)に示すように、報知モードが液晶演出報知モードでないことを条件に(S300でNo)、報知モードに応じた回胴演出の実行を決定する(S301)処理である。すなわち、擬似遊技報知モードであれば擬似遊技実行フラグをONにし、リール回転演出報知モードであればリール回転演出実行フラグをONにする。
【0150】
一方、ただちにAT作動状態に移行しない場合(S203でNo)には、AT準備状態への移行が決定されていれば(S206でYes)、AT準備中の設定を行う(S207)。AT準備中の設定とは、演出状態がAT準備状態であることを所定の記憶部に記憶するとともに、AT準備状態の期間(AT準備中遊技の回数)としてN値を設定することである。
S205、S207の後、及び、特定抽選結果が発生していない場合(S201でNo)やAT準備状態へ移行しない場合(S206でNo)つまりAT移行抽選に当選しなかった場合も、状態表示部15の表示態様が決定される(S208)。そして、遊技開始時決定情報、すなわち役抽選に伴う処理において決定された演出状態の移行や状態表示に関する決定情報が、サブ制御装置200に出力される(S209)。そして、役抽選に伴う処理が終了する。
【0151】
演出状態が通常演出状態でなく(S200でNo)、AT作動中である場合(図18のS210でYes)には、ATカウンタの減算が行われ(S211)、役抽選で「打順ベル」が当選している場合(S212でYes)には正解打順を報知する打順報知の決定が行われる(S213)。打順報知の決定に基づき、操作態様表示部16には正解打順に対応する表示が行われる。」

ソ 上記アの【0005】には「遊技機(スロットマシンS)は、外周面に複数の図柄が付された複数の回転リール61?63と、前記複数の回転リール61?63を回転させるスタートスイッチ20と、回転中の前記回転リール61?63を個々に停止させる複数の停止スイッチ31?33と、通電により表示単位(セグメントa?g)を可視可能にして所定の表示態様を表示可能な表示部(操作態様表示部16)と、演出を行うための演出装置(画像表示部70、電飾ランプ80、報知ランプ85、スピーカ90)と、遊技の進行を制御するメイン制御装置100と、前記メイン制御装置100からの出力信号を一方向的に入力して前記演出装置による演出を制御するサブ制御装置200と、を備え」と記載されていることから、

先願明細書等2には
「複数の回転リール61?63を回転させるスタートスイッチ20と、
外周面に複数の図柄が付された複数の回転リール61?63と、
回転中の前記回転リール61?63を個々に停止させる複数の停止スイッチ31?33と、
遊技の進行を制御するメイン制御装置100と、
前記メイン制御装置100からの出力信号を一方向的に入力して演出を行うための演出装置(画像表示部70、電飾ランプ80、報知ランプ85、スピーカ90)による演出を制御するサブ制御装置200と、
通電により表示単位(セグメントa?g)を可視可能にして所定の表示態様を表示可能な表示部(操作態様表示部16)と、
を備えた遊技機(スロットマシンS)」
が記載されているといえる。

タ 上記イの【0012】?【0013】には、「スロットマシンSは、・・・前扉Dを備え・・・前扉Dには、・・・図柄表示窓Wが形成されて・・・図柄表示窓Wの下方であってスロットマシンSの高さ方向略中央部は、スロットマシンSを作動させるための操作スイッチが設けられたカウンター状の操作部Cとなって・・・操作部Cの上面右端にはメダル投入口5が設けられ、操作部Cの上面左側には、スロットマシンSに電子的に貯留されているメダルであるクレジットメダルを、遊技を開始するためのベットメダルに代えるための投入操作手段としてのベットスイッチ10が設けられ」ていることが記載されていることから、
先願明細書等2には、「スロットマシンSには、メダル投入口5とスロットマシンSに電子的に貯留されるメダルであるクレジットメダルを、遊技を開始するためのベットメダルに代えるための投入操作手段としてのベットスイッチ10が設けられ」ていることが記載されているといえる。

チ 上記エの【0026】の「メイン制御装置100を構成するメイン基板には、・・・遊技に関するプログラムやデータが記憶されたROM、ROMに記憶されたプログラム等に基づいて遊技の進行に関する制御を行うメインCPU・・・が備えられて・・・、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、・・・投入制御手段110、役抽選手段120、リール制御手段130、遊技結果判定手段140、払出制御手段150、・・・メイン演出制御手段180・・・の各手段として機能する」と記載されていることから、
先願明細書等2には「メイン制御装置100を構成するメイン基板には、遊技に関するプログラムやデータが記憶されたROM、ROMに記憶されたプログラム等に基づいて遊技の進行に関する制御を行うメインCPUが備えられて、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、投入制御手段110、役抽選手段120、リール制御手段130、遊技結果判定手段140、払出制御手段150、メイン演出制御手段180の各手段として機能する」ことが記載されているといえる。

ツ 上記オの【0027】?【0028】には「投入制御手段110は、メダル投入口5からメダルが投入されメダルセンサ7Aがメダルを検出することに伴って、規定数を限度として、検出された数のメダルをベットされたメダルとして取り扱い、ベット状態を設定」し、「規定数のベット状態が設定されることにより、スタートスイッチ20の操作に基づく回転リール61?63の回転開始が許容される」ことが、
上記カの【0031】には「役抽選手段120は、回転リール61?63に付されている図柄による所定の図柄組合せが対応付けられた複数種類の役を対象として行う役抽選により、1又は複数の役の当選又は不当選のいずれかの抽選結果を導出するものであ」ることが、それぞれ記載されている。
また、上記キの【0043】には「リール制御手段130は、スタートスイッチ20及び停止スイッチ31?33の操作信号に基づいて、回転リール61?63の回転及び停止を制御するためのものであ」ること、【0048】には「リール制御手段130は、・・・回転リール61?63を停止させる」こと、【0050】には、「リール制御手段130は、これらの処理を、・・・役抽選の結果及び停止操作のタイミングに応じて図柄ごとにテーブル上に規定した停止テーブルを用いて行」うことが記載されており、これらの記載から、
「リール制御手段130は、スタートスイッチ20及び停止スイッチ31?33の操作信号に基づいて、回転リール61?63の回転及び停止を制御するためのものであって、役抽選の結果及び停止操作のタイミングに応じて図柄ごとにテーブル上に規定した停止テーブルを用いて回転リール61?63を停止させる処理を行」うことが記載されているといえる。
さらに、上記クの【0058】?【0059】には、「遊技結果判定手段140は、停止スイッチ31?33の操作によって回転リール61?63が全て停止したときに、・・・有効ライン上に揃った図柄の組合せが、所定の役に対応付けられたものか否かを判断」し、「所定の役に対応付けられた図柄組合せが有効ライン上に表示されたと判断した場合には入賞と判定」し、「払出制御手段150は、・・・遊技結果判定手段140が小役の入賞を判定した場合には、当該小役の入賞に応じたメダルを払い出させ」ることが、
上記ケの【0077】には、「メイン演出制御手段180は、・・・表示制御手段183を備え」ることが、それぞれ記載されているから、

先願明細書等2には、
「投入制御手段110は、メダル投入口5からメダルが投入されメダルセンサ7Aがメダルを検出することに伴って、規定数を限度として、検出された数のメダルをベットされたメダルとして取り扱い、ベット状態を設定し、規定数のベット状態が設定されることにより、スタートスイッチ20の操作に基づく回転リール61?63の回転開始を許容するものであり、
役抽選手段120は、回転リール61?63に付されている図柄による所定の図柄組合せが対応付けられた複数種類の役を対象として行う役抽選により、1又は複数の役の当選又は不当選のいずれかの抽選結果を導出するものであり、
リール制御手段130は、スタートスイッチ20及び停止スイッチ31?33の操作信号に基づいて、回転リール61?63の回転及び停止を制御するためのものであって、役抽選の結果及び停止操作のタイミングに応じて図柄ごとにテーブル上に規定した停止テーブルを用いて回転リール61?63を停止させる処理を行い、
遊技結果判定手段140は、停止スイッチ31?33の操作によって回転リール61?63が全て停止したときに、有効ライン上に揃った図柄の組合せが、所定の役に対応付けられたものか否かを判断し、所定の役に対応付けられた図柄組合せが有効ライン上に表示されたと判断した場合には入賞と判定し、
払出制御手段150は、遊技結果判定手段140が小役の入賞を判定した場合には、当該小役の入賞に応じたメダルを払い出させ、
メイン演出制御手段180は、表示制御手段183を備え」ることが記載されているといえる。

テ 上記ウの【0025】には、「払出表示部13は、・・・入賞により払い出されるメダル数を表示するものであ」り、「払出表示部13は、遊技中においてメダルが払い出されない期間、具体的には、遊技終了後(回転リール61?63の全停止後又はメダルの払い出し終了後)から次遊技における回転リール61?63の全停止までの間は、・・・操作態様表示部16として機能する」ことが記載されていることから、先願明細書等2には、「払出表示部13は、入賞により払い出されるメダル数を表示するものであって、メダルの払い出し終了後から次遊技における回転リール61?63の全停止までの間は操作態様表示部16として機能する」ものであることが記載されているといえる。

また、上記コの【0105】には「表示制御手段183は、メイン制御装置100の制御に基づき、・・・払出表示部13を・・・操作態様表示部16として機能させ、それらの表示を制御する」、「操作態様表示部16は、停止スイッチ31?33の操作態様に関する表示を行うものである」と記載されていることから、
先願明細書等2には、「表示制御手段183は、メイン制御装置100の制御に基づき、払出表示部13を操作態様表示部16として機能させ、操作態様表示部16の表示を制御する」ものであり、「操作態様表示部16は、停止スイッチ31?33の操作態様に関する表示を行うものであ」ることが記載されているといえる。

ト 上記サの【0118】には「表示制御手段183は、役抽選の結果に基づいて、操作態様表示部16に表示させる点灯パターンを決定し、その後、決定した点灯パターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させ・・・回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させる」「AT作動中において、当選した「打順ベル」の正解打順が「中右左」であった場合、回転リール61?63が全て回転しているときには、・・・中リールに対応する点灯パターン・・・を表示させ、最初の停止スイッチ・・・が操作された場合・・・には、右リールに対応する点灯パターン・・・を表示させ・・・、2番目の停止スイッチ・・・が操作された場合・・・には、左リールに対応する点灯パターン・・・を表示させ・・・停止操作が行われるごとに表示内容を切り替えていくことで、正解打順の情報を表示する」と記載されている。
また、上記サの【0118】には「正解打順の表示は、正解打順で停止操作されたか否かに関わらず、停止操作が行われるごとに切り替えて表示させ」と記載されている。

これらの記載から、先願明細書等2の【0118】には、
「表示制御手段183は、役抽選の結果に基づいて、決定したパターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させるものであり、AT作動中において、当選した「打順ベル」の正解打順が「中右左」であった場合、回転リール61?63が全て回転しているときには、中リールに対応する点灯パターンを表示させ、最初の停止スイッチが操作された場合には、右リールに対応する点灯パターンを表示させ、2番目の停止スイッチが操作された場合には、左リールに対応する点灯パターンを表示させ、停止操作が行われるごとに表示内容を切り替えていくことで、正解打順の情報を表示し、決定した点灯パターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させて表示し、正解打順で停止されたか否かに関わらず、停止操作が行われるごとに表示内容を切り替えて表示させ、回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させ」ることが記載されているといえる。

一方、上記サの【0125】には「正解打順の表示の他の例として、」「停止スイッチ31?33の6通りの操作順を示す点灯パターンとして、・・・「1」?「6」の数字に対応する点灯パターン(打順1?打順6)・・・を設定する」と記載されている。
ここで、【0125】に記載される「正解打順の表示の他の例として、」「停止スイッチ31?33の6通りの操作順を示す点灯パターンとして、・・・「1」?「6」の数字に対応する点灯パターン(打順1?打順6)・・・を設定する」場合は、6通りの操作順を示す点灯パターンのうちの1つを表示することから、【0118】に記載される例とは異なり、停止操作が行われるごとに表示内容を切り替えることを行わないことは明らかである。
そうすると、【0125】に記載される「正解打順の表示の他の例」では、正解打順の表示は、停止操作が行われた場合、正解打順で停止されたか否かに関わらず、設定した点灯パターンのまま表示するものと認められる。

以上のことから、先願明細書等2において、【0118】の記載事項を踏まえた、正解打順の表示の他の例である【0125】には、
「表示制御手段183は、役抽選の結果に基づいて、AT作動中において、当選した「打順ベル」の正解打順の情報を、停止スイッチ31?33の6通りの操作順を示す点灯パターンとして、「1」?「6」の数字に対応する点灯パターン(打順1?打順6)を設定し、設定した点灯パターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させて表示し、停止操作が行われた場合、正解打順で停止されたか否かに関わらず、設定した点灯パターンのまま表示させ、回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させ」ることが記載されているものと認める。

ナ 上記スの【0148】には、「メイン制御装置100の制御に基づく1遊技における遊技制御処理・・・を、・・・説明する。」「規定数のメダルがベットされた場合には・・・、スタートスイッチ20がONとなる(操作信号を入力する)ことに伴って、・・・役抽選に伴う処理が行われ(S103)、回転リール61?63の回転開始処理が行われ・・・(S104)・・・回転リール61?63の回転中にいずれかの停止スイッチ31?33がONとなった場合には、対応する回転リール61?63についての回転停止処理が行われ・・・(S105、S106)・・・、全ての回転リール61?63が停止するまでS105、S106が繰り返され・・・、全ての回転リール61?63が停止した場合(S107でYes)には、遊技結果判定処理及び判定結果に応じた処理が行われるとともに(S108、S109)、遊技終了時の処理が行われ・・・判定結果に応じた処理とは、小役の入賞によるメダルの払い出し処理や、リプレイの入賞による自動ベット処理や、ボーナスの入賞又は非入賞による遊技状態の移行処理であ」ると記載されている。
ここで、「全ての回転リール61?63が停止した場合(S107でYes)に」行われる「遊技結果判定処理及び判定結果に応じた処理(S108,S109)」について、「判定結果に応じた処理とは、小役の入賞によるメダルの払い出し処理や、リプレイの入賞による自動ベット処理や、ボーナスの入賞又は非入賞による遊技状態の移行処理であ」ることから、判定結果に応じた処理には、小役の入賞によるメダルの払い出し処理が含まれる。
また、上記テのとおり、「メイン制御装置100の制御に基づき」「操作態様表示部16の表示を制御する」「表示制御手段183は」「回転リール61?63が全て停止したときには操作態様表示部16のセグメントを消灯させ」ること、「メダルの払い出し終了後から次遊技における回転リール61?63の全停止までの間は操作態様表示部16として機能する」「払出表示部13は、入賞により払い出されるメダル数を表示するもの」であるから、メイン制御装置100は、払出表示部13を、全ての回転リール61?63が停止した場合(S107でYes)に消灯し、払い出し処理を行う時点(S109)で、入賞により払い出されるメダル数を表示するために点灯するように制御するといえる。

加えて、上記セの【0149】【0151】には、「役抽選に伴う処理について」「演出状態が・・・AT作動中である場合・・・、役抽選で「打順ベル」が当選している場合・・・には正解打順を報知する打順報知の決定が行われ・・・打順報知の決定に基づき、操作態様表示部16には正解打順に対応する表示が行われ」と記載されている。

そうすると、先願明細書等2には
「メイン制御装置100の制御に基づく1遊技における遊技制御処理は、規定数のメダルがベットされた場合には、スタートスイッチ20がONとなる(操作信号を入力する)ことに伴って、役抽選に伴う処理が行われ(S103)、回転リール61?63の回転開始処理が行われ(S104)、回転リール61?63の回転中にいずれかの停止スイッチ31?33がONとなった場合には、対応する回転リール61?63についての回転停止処理が行われ(S105、S106)、全ての回転リール61?63が停止するまでS105、S106が繰り返され、全ての回転リールが停止した場合(S107でYes)には、遊技結果判定処理及び小役の入賞によるメダルの払い出し処理を含む判定結果に応じた処理が行われるとともに(S108、S109)、遊技終了時の処理が行われ、
メイン制御装置100は、払出表示部13を、全ての回転リール61?63が停止した場合(S107でYes)に消灯し、払い出し処理を行う時点(S109)で、入賞により払い出されるメダル数を表示するために点灯するように制御し、
役抽選に伴う処理について、演出状態がAT作動中である場合、役抽選で「打順ベル」が当選している場合には正解打順を報知する打順報知の決定が行われ、打順報知の決定に基づき、操作態様表示部16には正解打順に対応する表示が行われ」ることが記載されているといえる。

ニ さらに、上記シの【0146】には、「本実施の形態では、AT中において、正解ベルの正解打順に対応する識別子を操作態様識別表示部16に表示させつつ、サブ制御装置200の制御に基づく正解打順の直接的な報知(ベルナビ)を行わせるようにしてある」と記載されていることから、AT中における操作態様識別表示部16の表示と、サブ制御装置200の制御に基づく正解打順の報知とは互いに対応しているといえる。

上記ア?セの記載事項及び上記ソ?ニの認定事項から、先願明細書等2には、

「a 複数の回転リール61?63を回転させるスタートスイッチ20と、(認定事項ソ)
b 外周面に複数の図柄が付された複数の回転リール61?63と、(認定事項ソ)
c 回転中の前記回転リール61?63を個々に停止させる複数の停止スイッチ31?33と、(認定事項ソ)
d メダル投入口5とスロットマシンSに電子的に貯留されるメダルであるクレジットメダルを、遊技を開始するためのベットメダルに代えるための投入操作手段としてのベットスイッチ10と、(認定事項タ)
e 遊技の進行を制御するメイン制御装置100と、(認定事項ソ)
f 前記メイン制御装置100からの出力信号を一方向的に入力して演出を行うための演出装置(画像表示部70、電飾ランプ80、報知ランプ85、スピーカ90)による演出を制御するサブ制御装置200と、(認定事項ソ)
g 通電により表示単位(セグメントa?g)を可視可能にして所定の表示態様を表示可能な表示部(操作態様表示部16)と、(認定事項ソ)
を備えた遊技機(スロットマシンS)であって、(認定事項ソ)
e メイン制御装置100を構成するメイン基板には、遊技に関するプログラムやデータが記憶されたROM、ROMに記憶されたプログラム等に基づいて遊技の進行に関する制御を行うメインCPUが備えられて、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、投入制御手段110、役抽選手段120、リール制御手段130、遊技結果判定手段140、払出制御手段150、メイン演出制御手段180の各手段として機能するものであり、(認定事項チ)
投入制御手段110は、メダル投入口5からメダルが投入されメダルセンサ7Aがメダルを検出することに伴って、規定数を限度として、検出された数のメダルをベットされたメダルとして取り扱い、ベット状態を設定し、規定数のベット状態が設定されることにより、スタートスイッチ20の操作に基づく回転リール61?63の回転開始を許容するものであり、
役抽選手段120は、回転リール61?63に付されている図柄による所定の図柄組合せが対応付けられた複数種類の役を対象として行う役抽選により、1又は複数の役の当選又は不当選のいずれかの抽選結果を導出するものであり、
リール制御手段130は、スタートスイッチ20及び停止スイッチ31?33の操作信号に基づいて、回転リール61?63の回転及び停止を制御するためのものであって、役抽選の結果及び停止操作のタイミングに応じて図柄ごとにテーブル上に規定した停止テーブルを用いて回転リール61?63を停止させる処理を行い、
遊技結果判定手段140は、停止スイッチ31?33の操作によって回転リール61?63が全て停止したときに、有効ライン上に揃った図柄の組合せが、所定の役に対応付けられたものか否かを判断し、所定の役に対応付けられた図柄組合せが有効ライン上に表示されたと判断した場合には入賞と判定し、
払出制御手段150は、遊技結果判定手段140が小役の入賞を判定した場合には、当該小役の入賞に応じたメダルを払い出させ、
メイン演出制御手段180は、表示制御手段183を備え、(認定事項ツ)
g 払出表示部13は、入賞により払い出されるメダル数を表示するものであって、メダルの払い出し終了後から次遊技における回転リール61?63の全停止までの間は操作態様表示部16として機能するものであり、
h 表示制御手段183は、メイン制御装置100の制御に基づき、払出表示部13を操作態様表示部16として機能させ、操作態様表示部16の表示を制御するものであり、
操作態様表示部16は停止スイッチ31?33の操作態様に関する表示を行うものであり、(認定事項テ)
表示制御手段183は、役抽選の結果に基づいて、AT作動中において、当選した「打順ベル」の正解打順の情報を、停止スイッチ31?33の6通りの操作順を示す点灯パターンとして、「1」?「6」の数字に対応する点灯パターン(打順1?打順6)を設定し、設定した点灯パターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させて表示し、停止操作が行われた場合、正解打順で停止されたか否かに関わらず、設定した点灯パターンのまま表示させ、回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させ、(認定事項ト)
メイン制御装置100の制御に基づく1遊技における遊技制御処理は、規定数のメダルがベットされた場合には、スタートスイッチ20がONとなる(操作信号を入力する)ことに伴って、役抽選に伴う処理が行われ(S103)、回転リール61?63の回転開始処理が行われ(S104)、回転リール61?63の回転中にいずれかの停止スイッチ31?33がONとなった場合には、対応する回転リール61?63についての回転停止処理が行われ(S105、S106)、全ての回転リール61?63が停止するまでS105、S106が繰り返され、全ての回転リールが停止した場合(S107でYes)には、遊技結果判定処理及び小役の入賞によるメダルの払い出し処理を含む判定結果に応じた処理が行われるとともに(S108、S109)、遊技終了時の処理が行われ、
メイン制御装置100は、払出表示部13を、全ての回転リール61?63が停止した場合(S107でYes)に消灯し、払い出し処理を行う時点(S109)で、入賞により払い出されるメダル数を表示するために点灯するように制御し、
役抽選に伴う処理について、演出状態がAT作動中である場合、役抽選で「打順ベル」が当選している場合には正解打順を報知する打順報知の決定が行われ、打順報知の決定に基づき、操作態様表示部16には正解打順に対応する表示が行われ、(認定事項ナ)
AT中における操作態様表示部16の正解打順の表示とサブ制御装置200の正解打順の報知は互いに対応している、(認定事項ニ)
j 遊技機(スロットマシンS)。」

という発明(以下、先願発明2という)が開示されていると認める(記号a?h、jは本願発明の構成A?H、Jに対応して付与した)。

4.本願発明と先願発明2との対比

本願発明と先願発明2とを対比する(なお、本願発明の構成A?G、H、Jに対応して、当審で見出し(A)から(H)、(J)を付与した)。

(A) 先願発明2における「複数の回転リール61?63を回転させるスタートスイッチ20」は、本願発明の「遊技を開始させる場合に操作される開始操作手段」に相当する。

(B) 先願発明2における「外周面に複数の図柄が付された複数の回転リール61?63」は、本願発明の「複数種類の図柄を遊技が開始された場合に変動表示するとともに、遊技の結果としての図柄組合せを停止表示可能な可変表示手段」に相当する。

(C) 先願発明2における「回転リール61?63を個々に停止させる複数の停止スイッチ31?33」は、本願発明の「前記図柄を停止表示する場合に操作される停止操作手段」に相当する。

(D) 先願発明2における「メダル投入口5」は、本願発明の「遊技媒体を投入可能な投入手段」に相当する。

(E) 先願発明2における「メイン制御手段100を構成するメイン基板」に備えられた「遊技に関するプログラムやデータが記憶されたROM、ROMに記憶されたプログラム等に基づいて遊技の進行に関する制御を行うメインCPU」について、「CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで」「機能する」「投入制御手段110、役抽選手段120、リール制御手段130,遊技結果判定手段140、払出制御手段150、メイン演出制御手段180の各手段」について検討する。

(E-1) 先願発明2における「投入制御手段110」が行う「メダル投入口5からメダルが投入されメダルセンサ7Aがメダルを検出することに伴って、規定数を限度として、検出された数のメダルをベットされたメダルとして取り扱い、ベット状態を設定し、規定数のベット状態が設定されることにより、スタートスイッチ20の操作に基づく回転リール61?63の回転開始を許容する」ことは、本願発明のメイン制御手段において「遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能と」することに相当する。

(E-2) 先願発明2における「役抽選手段120」が行う「1又は複数の役の当選又は不当選のいずれかの抽選結果を導出」することは、本願発明のメイン制御手段において「各遊技において当選役を決定」することに相当する。

(E-3) 先願発明2における「リール制御手段130」が行う「停止スイッチ31?33の操作信号に基づいて、回転リール61?63の」「停止を制御する」こと、「役抽選の結果及び停止操作のタイミングに応じて図柄ごとにテーブル上に規定した停止テーブルを用いて回転リール61?63を停止させる」ことは、本願発明のメイン制御手段において「停止操作手段に対する遊技者の停止態様と前記当選役に応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止させる」ことに相当する。

(E-4) 先願発明2における「遊技結果判定手段140」が行う「停止スイッチ31?33の操作によって回転リール61?63が全て停止したときに、有効ライン上に揃った図柄の組合せが、所定の役に対応付けられたものであるかどうかを判断し、所定の役に対応付けられた図柄組合せが有効ライン上に表示されたと判断した場合には入賞と判定」すること、「払出制御手段150」が行う「遊技結果判定手段140が小役の入賞を判定した場合には、当該小役の入賞に応じたメダルを払い出させ」ることは、本願発明の「停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出す」ことに相当する。

以上のことから、先願発明2における「CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、投入制御手段110、役抽選手段120、リール制御手段130,遊技結果判定手段140、払出制御手段150、メイン演出制御手段180の各手段として機能する」「メイン基板」の「遊技に関するプログラムやデータが記憶されたROM、ROMに記憶されたプログラム等に基づいて遊技の進行に関する制御を行うメインCPU」を備えた「メイン制御装置100」は、
本願発明の「遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能とし、各遊技において当選役を決定し、前記停止操作手段に対する遊技者の停止操作態様と前記当選役とに応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止表示させるとともに、停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出すメイン制御手段」に相当する。

(F) 先願発明2における「メイン制御装置100からの出力信号を一方向的に入力して演出を行うための演出装置(画像表示部70、電飾ランプ80、報知ランプ85、スピーカ90)による演出を制御するサブ制御装置200」は、本願発明の「前記メイン制御手段からの各種のコマンドにより制御されるサブ制御手段」に相当する。

(G) 先願発明2における、「操作態様表示部16として機能」し「入賞により払い出されるメダル数を表示する」「払出表示部13」について検討する。

(G-1) 先願発明2における「入賞により」とは、上記(E-4)における「遊技結果判定手段140が小役の入賞を判定した場合」であり、この場合当該小役の入賞に応じたメダルが払い出されることから、先願発明における「入賞により払い出されるメダル数を表示する」とは、「遊技結果判定手段140」が「小役の入賞を判定した場合に」、「当該小役の入賞に応じ」て「払い出されるメダル数を表示する」ことであり、本願発明の「前記所定の図柄組合せが停止された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な表示態様に制御する」ことに相当する。
また、先願発明2における「表示制御部183は、メイン制御装置100の制御に基づき、払出表示部13を操作態様表示部16として機能させ、表示を制御する」ものであるから、払出表示部13はメイン制御装置100により制御されることは明らかである。
そうすると、先願発明2における「入賞により払い出されるメダル数を表示する」「払出表示部13」は、本願発明の「前記メイン制御手段により制御され、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な表示態様に制御される特定表示手段」に相当する。

(G-2) 先願発明2における「払出し表示部13」は「メダルの払出し終了後から次遊技における回転リール61?63の全停止までは操作態様表示部16として機能する」ものである。
また、先願発明2における「AT作動中において、当選した「打順ベル」の正解打順として、停止スイッチ31から33の6通りの操作順を示す点灯パターンとして、「1」?「6」の数字に対応する点灯パターンを設定」することは、本願発明の「所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な表示態様に制御」されることに相当する。

以上のことから、先願発明2における、「操作態様表示部16として機能」し「入賞により払い出されるメダル数を表示する」「払出表示部13」は、本願発明の「前記メイン制御手段により制御され、所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御されるとともに、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される特定表示手段」に相当する。

(H-1) 先願発明2における「表示制御手段183は、メイン制御装置100の制御に基づき」、「役抽選の結果に基づいて」「当選した「打順ベル」の正解打順の情報を、停止スイッチ31?33の6通りの操作順を示す点灯パターン」「を設定し、設定した点灯パターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させて表示し、」「停止操作が行われた場合、正解打順で停止されたか否かに関わらず、設定した点灯パターンのまま表示させ、」「回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させ」ることについて検討する。
先願発明2においては、認定事項テにあるように、「役抽選に伴う処理について、演出状態がAT作動中である場合は、役抽選で「打順ベル」が当選している場合には正解打順を報知する打順報知の決定が行われ、打順報知の決定に基づき操作態様表示部16には正解打順に対応する表示が行われる」ことから、「役抽選が行われ得る」のは「役抽選処理が行われ(S103)」る時であり、この後「回転リール61?63の回転処理が行われ(S104)、回転リール61?63の回転中にいずれかの停止スイッチ31?33がONとなった場合には、対応する回転リール61?63についての回転停止処理が行われ」る(S105、S106)。
ここで、停止スイッチ31?33の操作が可能となるのは、回転リール61?63の回転処理が行われてから(S104)停止スイッチ31?33がONとなって回転リール61?63の停止処理が行われる(S105、S106)までの間であることは明らかであるが、これより前の、役抽選処理が行われるS103には操作態様表示部16のセグメントが点灯する。

また、先願発明2において、「停止操作が行われた場合、正解打順で停止操作させたか否かに関わらず、設定した点灯パターンのまま表示させ」ることから、正解打順で停止操作させた場合も、操作態様表示部16に設定した点灯パターン、すなわち正解打順を表示させるといえる。

さらに、先願発明2において、「回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させ」ることから、少なくとも最後に回転している回転リールの停止操作が行われるまでは操作態様表示部16のセグメントが点灯していることも明らかである。

そうすると、先願発明2における「表示制御手段183は、メイン制御装置100の制御に基づき」、「役抽選の結果に基づいて」「当選した「打順ベル」の正解打順の情報を、停止スイッチ31?33の6通りの操作順を示す点灯パターン」「を設定し、設定した点灯パターンとなるように操作態様表示部16のセグメントを点灯させて表示し、」「停止操作が行われた場合、正解打順で停止されたか否かに関わらず、設定した点灯パターンのまま表示させ、」「回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させ」ることは、本願発明の「メイン制御手段は、所定の前記当選役が決定された遊技において、前記第1の表示態様から特定される操作態様で前記停止操作手段が操作された場合、少なくとも前記停止操作手段の操作が可能になってから最後の前記停止操作手段が操作されるまでの期間では、前記第1の表示態様に前記特定表示手段を制御」することを含んでいる。

(H-2) 先願発明2における「メイン制御装置100は」、「操作態様表示部16として機能」し「入賞により払い出されるメダル数を表示する」「払出表示部13」を、「回転リール61?63が全て停止したときには、操作態様表示部16のセグメントを消灯させ」た後、「判定結果に応じた処理」に含まれる「払い出し処理を行う時点」「で、入賞により払い出されるメダル数を表示するために点灯するように制御」することは、本願発明の「所定の図柄組合せが停止表示された後に、前記第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を制御してから前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能であ」ることに相当する。

(J) 先願発明2の「遊技機(スロットマシンS)」は本願発明の「遊技機」に相当する。

以上のことから、本願発明と先願発明2は、

「遊技を開始させる場合に操作される開始操作手段と、
複数種類の図柄を遊技が開始された場合に変動表示するとともに、遊技の結果としての図柄組合せを停止表示可能な可変表示手段と、
前記図柄を停止表示する場合に操作される停止操作手段と、
遊技媒体を投入可能な投入手段と、
遊技媒体が投入された場合に遊技を開始可能とし、各遊技において当選役を決定し、前記停止操作手段に対する遊技者の停止操作態様と前記当選役とに応じて前記図柄組合せを前記可変表示手段に停止表示させるとともに、停止表示した前記図柄組合せを判定し、所定の図柄組合せが停止表示されたと判断した場合、当該所定の図柄組合せに対応する払出個数の遊技媒体を払出すメイン制御手段と、
前記メイン制御手段からの各種のコマンドにより制御されるサブ制御手段と、
前記メイン制御手段により制御され、所定の前記当選役が決定されたとき、前記所定の図柄組合せを停止表示させるための停止操作態様を特定可能な第1の表示態様に制御されるとともに、前記所定の図柄組合せが停止表示された場合、前記所定の図柄組合せに対応する払出個数を特定可能な第2の表示態様に制御される特定表示手段とを具備し、
前記メイン制御手段は、所定の前記当選役が決定された遊技において、少なくとも前記停止操作手段の操作が可能になってから最後の前記停止操作手段が操作されるまでの期間では、前記第1の表示態様に前記特定表示手段を制御し、前記所定の図柄組合せが停止表示された後に、前記第1の表示態様と相違し、且つ、前記第2の表示態様と相違する第3の表示態様に前記特定表示手段を制御してから前記第2の表示態様に前記特定表示手段を制御可能である、
遊技機。」

という点で一致する。

一方、両者は次の点で一応相違する。

(相違点)
「メイン制御手段は、所定の前記当選役が決定された遊技において、当該第1の表示態様から特定される操作態様以外で前記停止操作手段が操作された場合」、本願発明は「前記第1の表示態様で表示される情報とは異なる情報を前記特定表示手段に表示させる」のに対して、先願発明2では正解打順以外で停止スイッチを操作した場合にも、6通りの操作順を示す点灯パターンとして設定された正解打順の情報が操作態様表示部16に表示される点。

5.相違点に対する判断
上記相違点について検討する。
先願発明2における、操作態様表示部16としても機能する払出表示部13は、AT作動中において当選した「打順ベル」の正解打順を表示するものであり、操作態様識別表示部16の表示と、サブ制御装置200の制御に基づく正解打順の報知とは互いに対応している。
ここで、AT作動中において正解打順を表示する場合に、正解打順以外の打順でストップボタンを操作した時に正解打順の表示を終了することは遊技機における周知慣用の技術にすぎない(例えば、特開2014-171634号公報の【0687】?【0688】には「図87(a)に示すようにスタートレバー21の操作によりゲームが開始され、図87(b)に示すように左、中、右の順でリール6を停止することでベル入賞が成立する押し順ベルに当選していることが報知される。そして、図87(c)に示すように、遊技者が押し順に従わずに中リール6bを最初に停止すると、停止順序の報知が中止されて操作警告演出が行われる。この操作警告演出としては、押し順を間違えたことを報知する操作警告報知動作として、全ての可動演出部材135が特定遊技状態中のデフォルト位置(動作待機位置)である動作範囲の上端の位置に移動する。また、3つの可動演出部材135の7セグ表示器137での押し順の報知が終了して押し順を間違えたことを報知する操作警告報知表示として「Err(エラーの意)」の文字が表示される。」と記載されており、押し順ベルに当選しているときに可動演出部材135の7セグ表示器137で押し順が報知され、押し順を間違えたときに7セグ表示器137での押し順の報知が終了して押し順を間違えたことを報知する操作警告報知表示として「Err(エラーの意)」の文字が表示されることが示されているものといえる。また、特開2014-198184号公報の【0337】には「一方、押し順ナビの演出では、リール停止ボタン211a?211cについての適正な押し順を教示しても、遊技者の不注意等によって教示通りにリール停止ボタン211a?211cが操作されないことがある。例えば、図68(a)に示すよう、画像表示体500に適正な押し順である装飾文字LL,LC,LRを表示した後、図68(b)に示すように、教示された押し順と異なり、中リール停止ボタン211bを操作してしまったとする。この場合には、画像表示体500に「MISS!」の装飾文字に表示する警告を発することで、押し順ミスをしたことを遊技者に報知する」という記載があり、正解打順以外の打順でストップボタンを操作した場合、押し順ミスをしたことを報知する表示がされることで、正解打順とは異なる情報が表示されているものといえる。)。

そうすると、AT中における操作態様識別表示部16の表示と、サブ制御装置200の制御に基づく正解打順の報知とが互いに対応している先願発明2の遊技機において、正しい押し順の表示とは異なる、押し順ミスをしたことを報知する表示を行うという、AT中において当選した役の押し順を表示する遊技機における周知慣用技術を付加することにより、先願発明2の「メイン制御装置100の制御に基づき」「操作態様表示部16の表示を制御する」「表示制御手段13」における「正解打順で停止された否かに関わらず、設定した点灯パターンのまま表示」する構成は、押し順ミスをした場合にサブ制御装置200において押し順ミスをしたことを報知する表示を行うという、正解打順とは異なる表示を行うことに対応して、操作態様識別表示部16においても、押し順ミスをしたことを報知する表示を行うことで正解打順とは異なる表示を行うことになり、本願発明同様に「当該第1の表示態様から特定される操作態様以外で前記停止操作手段が操作された場合、前記第1の表示態様で表示される情報とは異なる情報を前記特定表示手段に表示させる」ことになる。
また、先願発明2において、上記周知慣用技術を付加することにより得られる効果は「操作ミスを遊技者に認識させることができる」という、遊技機において広く知られた効果に過ぎず、新たな効果を奏するものでもない。

したがって、上記相違点は課題解決のための具体化手段における微差に過ぎず、実質的な相違点ではない。

6.審判請求人の主張について
審判請求人は平成28年12月22日付け意見書の第3頁下から4行?第4頁第14行において、以下のように主張している。

「しかし、先願発明1の構成では、全リールが停止して、その後、払出期間が設けられない場合(例えばリプレイが停止表示された場合)、全リール停止後に払出表示部13の1桁目のセグメントは操作態様表示部16として機能する。以上の場合、払出表示部13の1桁目のセグメントは、全リールが停止した後に消灯し、その後、払出枚数表示は行わない(消灯した状態を維持する)。また、先願発明1の構成では、全リールが停止して、その後、払出期間が設けられる場合(例えばベルが停止表示された場合)、操作態様表示から直ちに払出枚数表示が表示されると解される。
以上の通り、文脈により引用文献1を理解した場合、本願発明の「所定の図柄組合せが停止表示された後に、第1の表示態様と相違し、且つ、第2の表示態様と相違する第3の表示態様に特定表示手段を…制御し、その後…第2の表示態様に特定表示手段を制御可能」という構成を先願発明1は具備しない。すなわち、先願発明1と本願発明とは同一ではない。
また、本願発明は、以上の構成を具備することで、停止操作態様を特定可能な第1の表示態様と払出個数を特定可能な第2表示態様とが連続しないため特定表示手段が表示している情報が停止操作態様から払出個数に切替えられたことを遊技者が把握し易くなるという効果を奏するものである(本願明細書の段落0183参照)。以上の効果は、先願発明1では奏せられない新規な効果である。したがって、本願発明と先願発明1とは、実質的にも同一ではない。」

上記主張について、上記3.における先願発明2の認定、及び4.における本願発明と先願発明2との一致点の認定のとおり、先願発明における動作態様表示部16としても機能する払出表示部13は、AT作動中において当選した「打順ベル」の正解打順を表示し、全ての回転リール61?63が停止した場合に消灯し、払い出し処理を行う時点で入賞により払い出されるメダル数を表示するものである以上、メダルを払い出す場合に正解打順を消灯してから時間をおいて払い出すメダル数を表示するために点灯するといえる。

以上のとおりであるから、審判請求人の主張は採用できない。

7.むすび
以上のとおり、本願発明は、先願発明2の発明と実質的に同一の発明であり、しかも、本願発明の発明者が先願発明2の発明者と同一であるとはいえず、また、本願の出願日時点において、その出願人が先願発明2の出願人と同一であるともいえないので、特許法第29条の2の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は拒絶されるべきものである。

よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2018-03-09 
結審通知日 2018-03-13 
審決日 2018-03-26 
出願番号 特願2015-70723(P2015-70723)
審決分類 P 1 8・ 161- Z (A63F)
P 1 8・ 575- Z (A63F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 佐藤 史彬池谷 香次郎  
特許庁審判長 長崎 洋一
特許庁審判官 蔵野 いづみ
川崎 優
発明の名称 遊技機  
代理人 鈴木 均  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ