• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  G01N
審判 全部申し立て 2項進歩性  G01N
審判 全部申し立て 特36条4項詳細な説明の記載不備  G01N
審判 全部申し立て 1項3号刊行物記載  G01N
管理番号 1343853
異議申立番号 異議2017-701063  
総通号数 226 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2018-10-26 
種別 異議の決定 
異議申立日 2017-11-10 
確定日 2018-07-23 
異議申立件数
訂正明細書 有 
事件の表示 特許第6130143号発明「少量の体液試料中のマーカーを判定する方法」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6130143号の明細書及び特許請求の範囲を訂正請求書に添付された訂正明細書及び特許請求の範囲のとおり、訂正後の〔1-11〕について訂正することを認める。 特許第6130143号の請求項1ないし11に係る特許を維持する。 
理由 第1 手続の経緯
特許第6130143号の請求項1?11に係る特許についての出願は、2011年(平成23年)2月22日(パリ条約による優先権主張外国庁受理2010年2月23日、欧州特許庁)を国際出願日とする出願であって、平成29年4月21日にその特許権の設定登録がされ、その後、その請求項1?11に係る特許について、同年11月10日付けで特許異議申立人笠井素子(以下「申立人」という。)により特許異議の申立てがされ、平成30年1月24日付けで取消理由が通知され、その指定期間内である同年5月1日付けで意見書の提出及び訂正の請求があり、その訂正の請求に対して申立人から同年6月18日付けで意見書が提出されたものである。

第2 訂正の適否についての判断
1 訂正の内容
(1)訂正事項1
特許請求の範囲の請求項1において、「前記機能領域に到達した試料の一部が体液又は体液の成分である場合に、」を、「前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、」に訂正する。

(2)訂正事項2
特許請求の範囲の請求項4において、「流動試験要素を提供する工程を含む、」を、「流動試験要素を提供する工程を含み、前記液体試料が全血試料であり、前記橋領域(4)が、赤血球が前記試験領域(5)に移動するのを妨げるように設けられた、前記適用領域(3)及び前記試験領域(5)と流体により連結した橋膜(bridge membrane)を有する、」に訂正する。

(3)訂正事項3
明細書の【0053】の「試験領域4」を、「試験領域5」に訂正する。

(4)訂正事項4
明細書の【0066】の「左から右に」、「左側に、」及び「左側の緩和シグナルの増大は、」を、「右から左に」、「グラフ左側に、」及び「右側の緩和シグナルの増大は、」に訂正する。

(5)訂正事項5
明細書の【0014】の「吸収は超は」を、「吸収波長は」に訂正する。

2 訂正の目的の適否
(1)訂正事項1について
訂正事項1は、訂正前の「前記機能領域に到達した試料の一部が体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ことにおいて、「体液又は体液の成分」が「前記流動試験要素の解析対象である」ことに限定するものであるから、特許法第120条の5第2項ただし書き第1号に掲げる特許請求の範囲の減縮を目的とするものといえる。

(2)訂正事項2について
訂正事項2は、訂正前の「適用領域(3)及び試験領域(5)との間に位置し、それらと流体により連結する1つ以上の橋領域(4)、並びに試験領域(5)の下流に位置し、それと流体により連結する対照領域(6)を有する、流動試験要素を提供する工程」において、さらに「前記液体試料が全血試料であり、前記橋領域(4)が、赤血球が前記試験領域(5)に移動するのを妨げるように設けられた、前記適用領域(3)及び前記試験領域(5)と流体により連結した橋膜(bridge membrane)を有する」ことを限定するものであるから、特許法第120条の5第2項ただし書き第1号に掲げる特許請求の範囲の減縮を目的とするものといえる。

(3)訂正事項3について
訂正事項3の「試験領域4」を「試験領域5」に訂正することは、その余の明細書の記載及び図面から「試験領域5」であることが明かであるから、特許法第120条の5第2項ただし書き第2号に掲げる誤記の訂正を目的とするものといえる。

(4)訂正事項4について
訂正事項4の「左から右に」、「左側に、」及び「左側の緩和シグナルの増大は、」を、「右から左に」、「グラフ左側に、」及び「右側の緩和シグナルの増大は、」に訂正することのうち、「左側の緩和シグナルの増大は、」を「右側の緩和シグナルの増大は、」に訂正することは、国際出願時の原文には「An increase of the remission signal on the right hand side indicates erythrocyte leakage into the testing zone 5 on the flow test element 1. 」と記載されていることから、特許法第120条の5第2項ただし書き第2号に掲げる誤訳の訂正を目的とするものといえる。
そして、その余の「左から右に」及び「左側に、」を「右から左に」及び「グラフ左側に、」に訂正することは、明細書のその余の記載及び図面との記載との関係において整合性を正すものであるから、特許法第120条の5第2項ただし書き第3号に掲げる明瞭でない記載の釈明を目的とするものといえる。

(5)訂正事項5について
訂正事項5の「吸収は超は」を「吸収波長は」に訂正することは、誤記を訂正するものであることは明かであるから、特許法第120条の5第2項ただし書き第2号に掲げる誤記の訂正を目的とするものといえる。

3 新規事項の有無
(1)訂正事項1について
本件特許の願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面(以下「特許明細書等」という。)には、流動試験要素の「解析対象である」体液又は体液の成分との記載そのもの自体はないものの、特許明細書等には、「例えば、適正な試験の進行を判定することにより、液体試料が、その液体試料のために設定されていない流動試験要素に適用されるのを回避する。」(【0012】)、「例えば、もし液体試料が、その液体試料のために設定されていない流動試験要素に適用されると、誤った結果がもたらされ得る。提案される方法は、液体試料中のマーカーの判定が正しく実施されることを保証する。なぜならば、使用者に適正な試験の進行が提供されているか否か、例えば正しい液体が流動試験要素にアプライされたか否か等の情報を与える、適正な試験の進行を判定する工程が存在するからである。」(【0013】)、「好ましい態様において、適正な試験の進行を判定する工程は、適用された液体試料が体液であるか若しくは体液の成分であるか、又は試験流動要素が体液若しくは体液の成分中のマーカーを判定するために設定されたものであるかを光学的に判定することにより、適正な試料の使用を判定する工程を含む。」(【0033】)、「前記適正な試験の進行を判定する工程において、不適正な試験の進行が検出された場合、解析システムの更なる解析が中断されてもよい。例えば、当該解析システムは、液体試料が適用された流動試験要素の更なる使用をブロックする。」(【0044】)、「上記非限定的態様を参照して記載される体液中のマーカーの存在を判定する方法は、適正な試料の使用を判定する工程を含む。当該工程は、(a)分光光度計を用いた測定により行われる。吸光度、蛍光、透過、反射及び緩和を含む群から選択される1つ以上のパラメーターが検出及び解析されて、適用領域3に適用され、流動試験要素上の一定の機能領域に到達した液体試料の一部が、当該流動試験要素が判定の対象とする体液の一つ及び体液の成分であるか否かを判定する。」(【0064】)と、流動試験要素の体液若しくは体液の成分として、マーカー等を判定するために流動試験要素が設定する適正な試料が使用されている場合には、試験が適切に進行されたと判定することが記載されており、流動試験要素が設定する適正な試料とは、流動試験要素の解析対象とする体液又は体液の成分のことといえることから、機能領域に到達した試料の一部が「前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ことは、特許明細書等のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において、新たな技術的事項を導入するものであるとまではいえない。
よって、訂正事項1は、特許法第120条の5第9項で準用する特許法第126条第5項に適合するものである。

(2)訂正事項2について
特許明細書等に、「好ましい態様において、流動試験要素を提供する工程は、適用領域及び試験領域の間に位置し、それらと流体により連結された橋領域、並びに試験領域の上流にあってこれと流体により連結された対照領域を有する、流動試験要素を提供する工程を含む。当該橋領域は、適用領域及び試験領域と流体により連結された橋膜(bridge membrane)により適用され得る。」(【0036】)、「1つの態様において、試験領域4は、全血試料中のマーカーの存在を判定するように設定されている。流動試験要素は、下記のように使用され得る。明らかなように、適用領域3の内側及び/又はこれに隣接して設けられた第一の多孔質材料と接触すると、適用された試料の赤血球細胞は、血漿から分離し始め、その流れの過程で、マーカーは検出試薬と出会う。当該検出試薬は、限定されないが、典型的には、当該マーカーのエピトープに対する標識された抗体であり、マーカー-検出試薬複合体を形成する。記載された態様において、マーカー-検出試薬複合体は、橋膜を有する橋領域4に移動し、そこで、赤血球細胞の移動は、更に、阻害/遅延させられる。」(【0053】?【0054】)と記載されており、訂正事項2の「前記液体試料が全血試料であり、前記橋領域(4)が、赤血球が前記試験領域(5)に移動するのを妨げるように設けられた、前記適用領域(3)及び前記試験領域(5)と流体により連結した橋膜(bridge membrane)を有する」ことは、特許明細書等のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において、新たな技術的事項を導入するものとはいえない。
よって、訂正事項2は、特許法第120条の5第9項で準用する特許法第126条第5項に適合するものである。

(3)訂正事項3?5について
訂正事項3及び5は明かな誤記の訂正であり、訂正事項4は明かな誤訳の訂正又は特許明細書等のその余の記載との関係において整合性を正すものであるから、いずれも特許明細書等のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において、新たな技術的事項を導入するものとはいえない。
よって、訂正事項3?5は、特許法第120条の5第9項で準用する特許法第126条第5項に適合するものである。

4 特許請求の範囲の拡張・変更の存否
訂正事項1?5は、いずれも、特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではないから、特許法第120条の5第9項で準用する第126条第6項に適合するものである。

5 一群の請求項について
訂正前の請求項1?11は、互いに引用、被引用の関係にあるから一群の請求項であり、訂正事項1及び2に係る訂正は、この一群の請求項について請求されたものと認められるから、特許法第120条の5第4項に適合するものである。
また、訂正事項3?5は、願書に添付した明細書についての訂正であり、上記一群の請求項の全てについて行われたものであるから、特許法第126条第4項に適合するものである。

6 小括
以上のとおりであるから、本件訂正請求による訂正は特許法第120条の5第2項ただし書き第1号ないし第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第4項、及び、同条第9項において準用する同法第126条第4項ないし第6項までの規定に適合するので、訂正後の請求項〔1-11〕について訂正を認める。

第3 特許異議の申立について
1 本件発明
本件訂正請求により訂正された請求項1?11に係る発明(以下、それぞれ「本件発明1」?「本件発明11」という。)は、その訂正特許請求の範囲の請求項1?11に記載された次の事項により特定されるとおりのものであり、そのうち独立項である本件発明1を摘記すると、以下のとおりである。
「【請求項1】
流動試験要素(flow test element)における適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり:
・複数の機能領域(3、4、5、6、7)を有する流動試験要素を提供する工程であり、当該複数の機能領域(3、4、5、6、7)が、少なくとも部分的には流体により連結しており、そして適用領域(3)、及び当該適用領域(3)と流体により連結し、かつ体液及び/又は当該体液中の成分中のマーカーを検出するように設定された試験領域(5)を有する、当該工程;
・少量の液体試料を前記流動試験要素の試料適用領域(3)に適用する工程;及び
・前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)において1つ以上の光学的パラメーターを測定し、そして当該測定された1つ以上の光学的パラメーターと、前記1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)に割り当てられた1つ以上の所定の光学的パラメーターとを比較することにより、前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを光学的に判定する工程;
を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される、当該方法。」

2 特許異議申立理由の概要
申立人は、証拠として、以下の甲1号証?甲3号証(以下「甲1」?「甲3」という。)を提示し、訂正前の請求項1?11に係る特許は、特許法第113条第2号の規定に該当し取り消されるべきものであると主張している。
甲1:特開2010-19610号公報
甲2:特開2009-210505号公報
甲3:特開2003-4743号公報

具体的に申立理由をまとめると、以下のとおりである。
(1)申立理由1
訂正前の請求項1?11に係る発明は、甲1に記載された発明であるか、甲1に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第1項第3号に該当し、あるいは、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものである。
(2)申立理由2
訂正前の請求項1?11に係る発明は、甲2に記載された発明であるか、甲2に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第1項第3号に該当し、あるいは、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものである。
(3)申立理由3
訂正前の請求項1?11に係る発明は、甲3に記載された発明であるか、甲3に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第1項第3号に該当し、あるいは、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものである。

3 取消理由の概要
訂正前の請求項1?11に係る特許に対して通知した取消理由の概要は、以下のとおりである。
(1)特許法第29条第2項について
訂正前の請求項1?11に係る発明は、甲第2号証に記載された発明、及び甲第3号証に記載された周知技術に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものである。

(2)職権による取消理由について
申立人は申立理由として記載していないが、特許法120条の2第1項の基づく職権審理の結果、以下の点で、特許法第36条に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。
ア 特許法第36条第6項第1号及び第2号について
訂正前の請求項1に係る発明には、「前記機能領域に到達した試料の一部が体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」との記載がある。
しかしながら、免疫クロマトグラフィ試験片の各領域に到達するものが、試料が体液又は体液の成分であることは自明であるから、これをもってして「試験が適切に進行されたと判定」することは、免疫クロマトグラフィ試験が行われていることを単に確認するにすぎないことであり、請求項1のその余の「適正な試料の使用を判定する工程であって・・・判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを光学的に判定する工程」含むものとして特定されている「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法」と整合せず、かつ、上記3(1)で摘記した本件特許明細書の【0012】、【0013】、【0033】、【0044】及び【0064】の記載とも整合しないものである。
よって、「前記機能領域に到達した試料の一部が体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」との記載において、本件発明1は不明確であり、かつ発明の詳細な説明に記載されたものともいえない。
したがって、本件発明1及びそれを引用する本件発明2?11に係る特許は、許法第36条第6項第1号及び第2号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。

イ 特許法第36条第4項第1号について
本件特許明細書の【0066】に「図2は、様々な時間インキュベーションした全血試料の分光的緩和シグナル(相対的単位)と、流動試験要素1上の相対的位置(相対的単位)との関連性を示す。当該流動試験要素1(図1参照)は、対照領域6、領域7及び試験領域5を少なくともカバーするように、左から右にスキャンされた。左側に、対照領域6の緩和シグナルに割り当てられたいわゆる対照バンドがあり、これは全ての時間で変化が無い。左側の緩和シグナルの増大は、流動試験要素1上の試験領域5への赤血球の浸入を示す。」と記載されているが、右、左の関係が明確でない。なお、「左側の緩和シグナルの増大」について原文では「An increase of the remission signal on the right hand side ・・・. 」と記載されており、「右側」と記載されている。
上記のとおり、本件特許明細書には不明確な記載があり、発明の詳細な説明は、本件発明1及びそれを引用する本件発明2?11を実施することができる程度に明確かつ十分に記載されたものといえないことから、特許法第36条第4項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。

4 甲号証等の記載
(1)甲1について
本件特許に係る出願の優先日前に頒布された甲1には、以下の事項が記載されている。なお、下線は当審において付与したものである。
(甲1ア)「【請求項8】
基材上に点着部および固定化部を備えるクロマトグラフィー試験片を免疫クロマトグラフィー測定装置に装着して検体中の分析対象の濃度を測定するに際し、
前記点着部が外部にはみ出すようにクロマトグラフィー試験片を免疫クロマトグラフィー測定装置に装着する工程と、
前記点着部に前記検体を点着する工程と、
前記点着部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記検体の点着を検知する工程と、
前記点着の検知からあらかじめ定めた任意の時間経過後に前記クロマトグラフィー試験片の前記固定化部より下流の終端部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記検体が前記終端部まで展開されたことを検知する工程と、
前記検体が前記終端部まで展開されたことを検知した場合のみ前記固定化部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記分析対象の濃度の測定を行う工程と
を有することを特徴とする免疫クロマトグラフィー測定方法。」

(甲1イ)「【0007】
本発明は上記問題点を解決するもので、測定の開始時期を自動的に判断し、最適なタイミングで測定することを目的とする。」

(2)甲2について
ア 本件特許に係る出願の優先日前に頒布された甲2には、以下の事項が記載されている。なお、下線は、下記の甲2発明の認定に関連する箇所として、当審において付与したものである
(甲2ア)「【請求項1】
被検出物質と特異的に結合する第1抗体または第1抗原が固定された膜担体、被検出物質と特異的に結合する第2抗体または第2抗原が固定された不溶性担体および細胞分離が可能な多孔性分離マトリックスからなる免疫クロマトグラフィー用試験片を用いて該被検出物質を免疫学的に測定する方法において、上記多孔性分離マトリックスに界面活性剤を予め浸潤せしめそして該被検出物質と該第2抗体または第2抗原を介して特異的に結合した該不溶性担体を、マンニトールを含有する展開溶媒で展開せしめることを特徴とする免疫学的測定方法。」

(甲2イ)「【発明を実施するための最良の形態】
【0016】
・・・。免疫クロマトグラフィーの手法は公知であるが、その原理を模式的に図1に示す。
【0017】
図1の資料添加部位(1)に、検査対象となる被検出物質についての検体の試料が滴下される。
試料添加部位(1)は細胞分離が可能な多孔性分離マトリックスからなる免疫クロマトグラフィー用試験片からなる。多孔性分離マトリックスは、試料が滴下される前に予め界面活性剤で浸潤されていることが好ましい。多孔性分離マトリックスを界面活性剤で浸潤する方法は特に限定されず、例えば界面活性剤溶液に該マトリックスを浸漬した後、熱乾燥する方法等が挙げられる。
【0018】
本発明で対象とする検体としては、細胞や血球を含むものであれば良く、例えば血液、尿、髄液が挙げられる。
また、検体から検出する被検出物質としては、例えばHBs抗原等のウイルス表面抗原、PSA、CEA、AFP等の腫瘍マーカー、抗HIV抗体、抗HBV抗体、抗HCV抗体、抗ダニアレルゲン抗体、抗スギ花粉アレルゲン抗体等の免疫グロブリン等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。これらの検体は、細胞や血球を破壊しない方法で採取されることが好ましい。
試料添加部位(1)に滴下された試料は、被検出物質と特異的に結合する抗体または抗原(それぞれ第2抗体、第2抗原という)が固定された不溶性担体が保持された標識物質保持部位(2)を経てクロマトグラフィー媒体(3)を介して吸収部位(5)の方向に試料が展開される。検出部位(4)には被検出物質と特異的に結合する抗体または抗原(それぞれ、第1抗体、第1抗原という)が固定されている。被検出物質をクロマトグラフィー媒体(3)で展開するための、そして検出部位(4)を有する担体は膜担体からなる。
【0019】
本発明では、上記クロマトグラフィー媒体として、マンニトールを含有する展開溶媒が用いられる。マンニトールは好ましくは展開溶媒中に1?15重量%の割合で含有される。かかるマンニトール濃度の展開溶媒を用いることにより、溶血防止をしつつ非特異的反応を抑制して短時間で被検出物質を検出することができる。かかるマンニトール濃度の溶媒は、免疫クロマトグラフィー用展開溶媒としては知られていない。
検体中に対象とする被検出物質が混入している場合には、被検出物質と第2抗体あるいは第2抗原が反応し、これらの複合体が検出部位(4)に第1抗原または第1抗体によって補足され、着色のバンドが現れる。(4)に現れたバンドの色調等により、検体中に含まれる被検出物質の量を概略的に把握することができる。
標識物質保持部位(2)に使用する第2抗原または第2抗体、及び検出部位(4)に使用する第1抗原または第1抗体は、被検出物質の異なる部位を結合するものであれば良い。」

(甲2ウ)図1として、以下の図面が記載されている。
【図1】


(甲2エ)「【0026】
(3)免疫クロマトグラフィー用試験片の作製
上記作製した標識物質溶液300μLに300μLの10重量%トレハロース水溶液と1.8mLの蒸留水を加えたものを15mm×300mmのグラスファイバーパッド(ミリポア社製)に均一になるように添加した後、真空乾燥機にて乾燥させ、標識保持部材(第2抗体が固定された不溶性担体)を作製した。
サンプルパッド(多孔性分離マトリックス)には血球分離膜(ポール社製:300mm×30mm)を用いた。このサンプルパッドを0.1重量%のTriton(登録商標) X-100(HLB=13)を含む20mMのTris-HCl緩衝液(pH8.0)を均一に3mL吸収させた後、40℃にて1時間、乾燥させた。
次に、バッキングシートから成る基材に、上記作製したクロマトグラフィー媒体、標識物質保持部材、試料を添加する部分に用いる上記サンプルパッド、展開した試料や標識物質を吸収するための吸収パッドを貼り合わせた。そして、裁断機で幅が5mmとなるように裁断し、免疫クロマトグラフィー用試験片とした。
【0027】
(4)展開用溶媒の作製
1重量%のBSAと150mMのNaClを含むHEPES緩衝液(pH8.0)10mLに10重量%となるようにD-マンニトール(和光純薬工業(株)製)を加えたものを調製し、展開用溶媒とした。
【0028】
(5)測定
上記作製した免疫クロマトグラフィー用試験片を用いて、以下の方法で血液中のPSAの存在の有無を測定した。
即ち、血液中のPSA濃度が0.1ng/mL未満の陰性検体と、PSA濃度が4ng/mLである陽性検体を被検体とし、被検体25μLを免疫クロマトグラフィー用試験片のサンプルパッド上に載せて、次いで100μLの展開用溶媒をサンプルパッド上に載せて展開させ、15分後に目視判定をした。テストラインの赤い線を確認できるものを「+」、赤い線は確認できるが、非常に色が薄いものを「±」、赤い線を確認できないものを「-」、溶血により測定できないものを「判定不可」とした。その結果を表1に示す。また、溶血の有無を表2に示す。」

(甲2オ)「【0035】
【表1】

【0036】
【表2】



イ 甲2発明について
(ア)上記摘記(甲2ウ)の図1から、試料添加部位(1)に滴下された試料が、標識物質保持部位(2)を経てクロマトグラフィー媒体(3)を介して検出部位(4)に入り、そして、検出部位(4)と吸収部位(5)の間の領域を通り吸収部位(5)の方向に展開されていることが見て取れる。

(イ)摘記(甲2エ)の「試料を添加する部分に用いる上記サンプルパッド」との記載から、サンプルパッドは試料添加部位(1)のことである。

(ウ)甲2発明
上記アの摘記事項並びに(ア)及び(イ)より、甲2には次の発明(以下「甲2発明」という。)が記載されている。
「試料添加部位(1)に滴下された試料が、標識物質保持部位(2)を経てクロマトグラフィー媒体(3)を介して検出部位(4)に入り、そして、検出部位(4)と吸収部位(5)の間の領域を通り吸収部位(5)の方向に展開される免疫クロマトグラフィー用試験片を用いて、血液中のPSAの存在の有無を測定する方法において
被検体25μLを免疫クロマトグラフィー用試験片の試料添加部位(1)上に載せて、次いで100μLの展開用溶媒を試料添加部位(1)上に載せて展開させ、15分後に目視判定により、テストラインの赤い線を確認できるものを+、赤い線は確認できるが、非常に色が薄いものを±、赤い線を確認できないものを-、溶血により測定できないものを判定不可とする方法。」

(3)甲3について
本件特許に係る出願の優先日前に頒布され甲3には、以下の事項が記載されている。なお、下線は当審において付与したものである。
(甲3ア)「【請求項15】被検査溶液を展開する展開層と、前記展開層の一部に前記被検査溶液中の測定対象物に対する試薬を固定化することにより形成された試薬固定化部と、前記展開層の他の一部に前記被検査溶液の展開により溶出可能な標識試薬を保持することにより形成された標識試薬保持部と、前記展開層から前記試薬固定化部、及び前記標識試薬保持部を除いた部分である生地部とを備えたクロマトグラフィー試験片に、光源から出射された光ビームを照射し、前記クロマトグラフィー試験片からの透過光もしくは反射光を利用して光学的な信号検出を行い、前記信号から定量的に前記被検査溶液中に含まれる分析対象物の濃度を測定するクロマトグラフィー定量測定装置において、
前記被検査溶液を添加した前記クロマトグラフィー試験片上の生地部の下流側端部に、光ビームを照射して得られる検出信号から、被検査溶液の添加量不足、及び前記クロマトグラフィー試験片の展開不良を判定する、
ことを特徴とするクロマトグラフィー定量測定装置。」

(甲3イ)「【0010】本発明は、かかる問題点を解消するためになされたものであり、測定までの時間管理、及び試験片の状態の良否、定量測定の補正を自動的に行い、装置の操作性を容易にしたクロマトグラフィー定量測定装置を提供することを目的とするものである。」

(甲3ウ)「【0042】このように構成されたクロマトグラフィー定量測定装置について、その動作を図1を用いて説明する。まず、被検査溶液添加部11に被検査溶液が添加されると、展開層14に被検査溶液が展開される。この時、標識試薬保持部12に被検査溶液が達すると、標識試薬を溶出しながら、被検査溶液中に含まれる分析対象物と特異的に結合する。続いて、この結合物が試薬固定化部13において固定化され、また固定化されない残りの標識試薬は、固定化されずに展開層14の下流側に流出する。
【0043】被検査溶液中に含まれる分析対象物の濃度は、クロマトグラフィー試験片8の試薬固定化部13と生地部15の吸光度信号の差を検出し、既知の検量線から換算することによって求めることができる。
【0044】ここで、クロマトグラフィー試験片8を長辺方向に走査することにより、単独の光ビームによって、生地部15と試薬固定化部13の吸光度信号の差が測定可能となっている。また光ビームを楕円とすることによって、クロマトグラフィー試験片8の短辺方向の位置によるムラの影響が緩和されている。
【0045】次に吸光度測定について説明する。図2は、本発明の実施の形態1によるクロマトグラフィー試験片の吸光度測定を示す図である。図2(a)は、クロマトグラフィー試験片上における被検査溶液の展開の状態と光ビームの照射位置を示している。また、図2(b)は、測定時間に対する吸光度信号の変化を示している。」

(甲3エ)「【0059】(実施の形態3)以下、本発明の請求項12から請求項14に対応する発明の実施の形態3について、図4を用いて説明する。図4は本発明の実施の形態3によるクロマトグラフィー試験片による吸光度測定結果の、被検査溶液による相異を示す図である。図4(a)は、クロマトグラフィー試験片上における光ビームの走査の状態、また図4(b)は、光ビームの位置に対する吸光度信号の変化を示している。
【0060】光ビーム16は、クロマトグラフィー試験片8上において、上流側生地部15aから試薬固定化部13を通過して、下流側生地部15bまで走査する。この時の吸光度信号は、被検査溶液の種類によって異なる。例えば血漿サンプルと全血サンプルでは、全血サンプルの方が全体的に吸光度が高くなる。また、生地部15における吸光度の大きさは、被検査溶液に含まれる分析対象物の濃度に関わらず一定となる。」

(甲3オ)「【0068】このように、本実施の形態4によるクロマトグラフィー定量測定装置によれば、被検査溶液を添加したクロマトグラフィー試験片上の生地部の下流側端部に、光ビームを照射して得られる検出信号から、被検査溶液の添加量不足、及びクロマトグラフィー試験片の展開不良を判定したので、クロマトグラフィー試験片に添加された被検査溶液の添加量不足や、目詰まりなどで発生する、クロマトグラフィー試験片の展開不良を検知することができる。」

5 判断
(1)取消理由通知に記載した取消理由について
ア 特許法第29条第2項について
取消理由通知に記載した取消理由においては、上記2で述べた申立理由2のうち、訂正前の請求項1?11に係る発明が、甲2に記載された発明であり、特許法第29条第1項第3号に該当することについては取消理由として通知しなかったが、ここで合わせて判断することにする。
(ア)本件発明1について
a 甲2発明との対比
(a)甲2発明の「血液中のPSAの存在の有無を測定する」「検出部位(4)」は、本件発明1の「体液及び/又は当該体液中の成分中のマーカーを検出するように設定された試験領域(5)」に相当し、甲2発明の「免疫クロマトグラフィー用試験片」は、本件発明1の「流動試験要素(flow test element)」に相当する。

(b)甲2発明の「試料添加部位(1)」、「クロマトグラフィー媒体(3)」、「検出部位(4)」、「検出部位(4)と吸収部位(5)の間の領域」、「吸収部位(5)」は、順に本件発明1の「適用領域(3)」、「橋領域(4)」、「試験領域(5)」、「領域(7)」及び「対照領域(6)」に相当し、そして、甲2発明で「試料添加部位(1)に滴下された試料」がそれらを経て「吸収部位(5)の方向に展開される」ことは、それらが流体により連結しているといえる。
してみれば、甲2発明の「試料添加部位(1)に滴下された試料が、標識物質保持部位(2)を経てクロマトグラフィー媒体(3)を介して検出部位(4)に入り、そして、検出部位(4)と吸収部位(5)の間の領域を通り吸収部位(5)の方向に展開される」ことは、本件発明1の「複数の機能領域(3、4、5、6、7)を有する流動試験要素を提供する工程であり、当該複数の機能領域(3、4、5、6、7)が、少なくとも部分的には流体により連結しており、そして適用領域(3)、及び当該適用領域(3)と流体により連結し」ていることに相当する。

(c)甲2発明の「被検体25μLを免疫クロマトグラフィー用試験片の試料添加部位(1)上に載せ」ることは、本件発明1の「少量の液体試料を前記流動試験要素の試料適用領域(3)に適用する工程」に相当する。

(d)上記(a)?(c)を踏まえれば、本件発明1と甲2発明とは、
(一致点)
「流動試験要素(flow test element)における方法であり:
・複数の機能領域(3、4、5、6、7)を有する流動試験要素を提供する工程であり、当該複数の機能領域(3、4、5、6、7)が、少なくとも部分的には流体により連結しており、そして適用領域(3)、及び当該適用領域(3)と流体により連結し、かつ体液及び/又は当該体液中の成分中のマーカーを検出するように設定された試験領域(5)を有する、当該工程;
・少量の液体試料を前記流動試験要素の試料適用領域(3)に適用する工程;
を含む、方法。」
の点で一致し、以下の点で相違する。

(相違点)
流動試験要素(flow test element)における方法が、本件発明1は、「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり」「前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)において1つ以上の光学的パラメーターを測定し、そして当該測定された1つ以上の光学的パラメーターと、前記1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)に割り当てられた1つ以上の所定の光学的パラメーターとを比較することにより、前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを光学的に判定する工程;を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ものであるのに対し、甲2発明は、「展開用溶媒」により「展開させ」られた「試料」について「目視判定により、テストラインの赤い線を確認できるものを+、赤い線は確認できるが、非常に色が薄いものを±、赤い線を確認できないものを-、溶血により測定できないものを判定不可とする」ものである点。

b 相違点についての判断
(a)実質的な相違点
引用発明の「目視判定により、テストラインの赤い線を確認できるものを+、赤い線は確認できるが、非常に色が薄いものを±、赤い線を確認できないものを-、溶血により測定できないものを判定不可とする」ことについて、上記甲2の摘記(甲2オ)の表1及び表2をみると、溶血が「僅かに有」である実施例3及び4についても「陰性検体」及び「陽性検体」の判定を行っている。また、溶血とは、一般に、試料中の赤血球が破壊された状態のことをいい、試料に赤血球が入っていても破壊(溶血)されていなければ、静置することにより赤血球が沈殿し試料は透明になることは優先日前に技術常識である。してみれば、引用発明においては、試料に赤血球成分が入っていても「PSAの存在の有無を測定する」「免疫クロマトグラフィー用試験」の試料としてすべて適正な試料として目視による判定を行い、溶血(赤血球の破壊)の度合いがひどく目視判定によってはどうしても判定できない場合には「判定不可」とするだけである。
それに対し、本件発明1では、例えば、本件特許明細書に「全血試料中のマーカーを判定しようとする場合、通常、試験領域5自体への赤血球の浸入は避けるべきである。上記態様により、そのような浸入が起こったか否かをチェックすることができる。適正な試料の使用を判定する工程がそのような浸入が起こったことを示した場合、これは、そのような状況で回収された測定結果が適正ではないことを、使用者に教示する。」(【0065】)と記載されているとおり、測定できないことを判定不可等と示す技術ではなく、測定はできるが、その試料が「適正な試料」ではない、すなわち、そもそも測定すべき試料かどうかを判定する技術であり、「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり」「前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、」「前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを」「判定する工程;を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ものであるという点で、甲2発明とは根本的に異なるものである。
加えて、甲2発明は、目視判定するものであるから、上記相違点の「1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)において1つ以上の光学的パラメーターを測定し、そして当該測定された1つ以上の光学的パラメーターと、前記1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)に割り当てられた1つ以上の所定の光学的パラメーターとを比較することにより」「光学的に」判定することについても記載されていない。
してみれば、上記相違点は、実質的な相違点である。

(b)容易性
上記(a)で説示したとおり、甲2発明の「目視判定により、テストラインの赤い線を確認できるものを+、赤い線は確認できるが、非常に色が薄いものを±、赤い線を確認できないものを-、溶血により測定できないものを判定不可とする」ことと、本件発明1の「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり」「前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、」「前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを」「判定する工程;を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」こととは、根本的に異なるものである。
この点、甲1には、上記4(1)で摘記したとおり、測定の開始時期を自動的に判断し、最適なタイミングで測定することを目的として、検体を点着する点着部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記検体の点着を検知する工程と、前記点着の検知からあらかじめ定めた任意の時間経過後に前記クロマトグラフィー試験片の前記固定化部より下流の終端部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記検体が前記終端部まで展開されたことを検知する工程と、前記検体が前記終端部まで展開されたことを検知した場合のみ前記固定化部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記分析対象の濃度の測定を行う工程とを有する免疫クロマトグラフィー測定方法の技術が開示されているが、これは、本件発明1の「「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり」「前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、」「前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを」「判定する工程;を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ものではない。
また、甲3には、上記4(3)で摘記したとおり、測定までの時間管理、及び試験片の状態の良否、定量測定の補正を自動的に行い、装置の操作性を容易にしたクロマトグラフィー定量測定装置を提供することを目的として、被検査溶液を添加した前記クロマトグラフィー試験片上の生地部の下流側端部に、光ビームを照射して得られる検出信号から、被検査溶液の添加量不足、及び前記クロマトグラフィー試験片の展開不良を判定する、クロマトグラフィー定量測定装置の技術が開示されているが、これについても、本件発明1の「「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり」「前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、」「前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを」「判定する工程;を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ものではない。
してみれば、甲2発明に、いかに甲1の技術的事項又は甲3の技術的事項を組み合わせても、上記相違点のうち「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり」「前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、」「前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを」「判定する工程;を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ことが当業者が容易になし得たこととはいえないのであるから、上記相違点の「1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)において1つ以上の光学的パラメーターを測定し、そして当該測定された1つ以上の光学的パラメーターと、前記1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)に割り当てられた1つ以上の所定の光学的パラメーターとを比較することにより」「光学的に」判定することについて検討するまでもなく、上記相違点は当業者が容易になし得たこととはいえない。

c 小括
したがって、本件発明1は、甲2発明ではなく、かつ、甲2発明及び甲1又は甲3に記載された事項に基づいて、当業者が容易になし得た発明とはいえないことから、特許法第29条第1項第3号に該当せず、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものであるとはいえない。

(イ)本件発明2?11について
本件発明2?11は、本件発明1を直接又は間接的に引用し、さらに限定した発明であるから、本件発明2?11についても、甲2発明ではなく、かつ、甲2発明及び甲1又は甲3に記載された事項に基づいて、当業者が容易になし得た発明とはいえないことから、特許法第29条第1項第3号に該当せず、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものであるとはいえない。

イ 職権による取消理由について
(ア)特許法第36条第6項第1号及び第2号について
上記第2の1(1)で記載したように、訂正前の請求項1記載の「前記機能領域に到達した試料の一部が体液又は体液の成分である場合に、」が「前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、」に訂正されたことにより、本件発明1のその余の特定事項及び本件特許明細書の記載と整合することとなったことから、本件発明1及びそれを引用する本件発明2?11に係る特許は、許法第36条第6項第1号及び第2号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものとはいえない。

(イ)特許法第36条第4項第1号について
上記第2の1(3)及び(4)で記載したように、本件特許明細書の【0053】の「試験領域4」が「試験領域5」に、【0066】の「左から右に」、「左側に、」及び「左側の緩和シグナルの増大は、」が「右から左に」、「グラフ左側に、」及び「右側の緩和シグナルの増大は、」に訂正されたことにより、本件特許明細書の不明確な記載がなくなり、発明の詳細な説明は、本件発明1及びそれを引用する本件発明2?11を実施することができる程度に明確かつ十分に記載されたものとなり、特許法第36条第4項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものとはいえない。

ウ 申立人の主張について
申立人は、平成30年6月18日付けの意見書で、
「甲2は、溶血によりテストラインの赤い線を確認できない場合を目視により、「判定不可」として、適正な試験の進行を判定しているのであるから、本件発明1に示すような、適正な試験の進行を判定する独立した制御工程とみなすことができる。」、「甲第2号証の解析対象である「溶血していない血液」かどうかを判定することによる、適正な試験の進行の判定は本件発明1に含まれる。」、「本試験結果は、溶血について「無」「有」「僅かに有」の3段階の判定ができ、「有」の場合に「判定不可」という判定がされていることが示されている。いずれにしても試料が溶血しているか否かの判定をして、適正な試験の進行を判定していることは、甲第2号証に記載されている。したがって、甲第2号証における溶血の目視判定は、本件発明1に示す適正な試験の進行を判定するための独立した工程を構成していることは明らかである。そして光学的手段により試験片を分析する手段については周知であるし、甲第3号証にも記載されているから、甲第2号証と周知技術又は甲第3号証を組み合わせることにより本件特許発明1に容易に想到することができる。」(下線は当審において付与した。)と主張している。
しかしながら、甲2発明は、上記ア(ア)b(a)で説示したとおり、目視によりPSAの存在の有無について判定するものであり、それが溶血(赤血球の破壊)の度合いがひどく目視判定によってはどうしても判定できない場合には「判定不可」とするだけであり(上記甲2の摘記(甲2エ)の表1及び表2をみると、溶血が有る場合でも目視により判定できる場合には「陰性検体」及び「陽性検体」の判定を行っている)、申立人が主張するような「溶血していない血液」かどうかを判定する発明ではなく、申立人の主張は、その前提において誤りである。
よって、申立人の主張により、上記ア(ア)b(a)及び(b)の判断が変わることはない。

エ まとめ
以上のとおり、取消理由通知に記載した取消理由及び申立理由2によっては、本件請求項1ないし11に係る特許を取り消すことはできない。

(2)取消理由通知において採用しなかった特許異議申立理由について
ア 申立理由1及び3について
(ア)本件発明1について
a 甲1発明及び甲3発明について
甲1には、上記4(1)の(甲1イ)に記載されているとおり、測定の開始時期を自動的に判断し、最適なタイミングで測定することを目的とするが発明が記載されており、(甲1ア)に記載されているように、
「基材上に点着部および固定化部を備えるクロマトグラフィー試験片を免疫クロマトグラフィー測定装置に装着して検体中の分析対象の濃度を測定するに際し、
前記点着部が外部にはみ出すようにクロマトグラフィー試験片を免疫クロマトグラフィー測定装置に装着する工程と、
前記点着部に前記検体を点着する工程と、
前記点着部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記検体の点着を検知する工程と、
前記点着の検知からあらかじめ定めた任意の時間経過後に前記クロマトグラフィー試験片の前記固定化部より下流の終端部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記検体が前記終端部まで展開されたことを検知する工程と、
前記検体が前記終端部まで展開されたことを検知した場合のみ前記固定化部に照射した光の反射光の光学特性を測定して前記分析対象の濃度の測定を行う工程と
を有することを特徴とする免疫クロマトグラフィー測定方法。」(以下「甲1発明」という。)の発明が記載されている。
また、甲3には、(甲3イ)に記載されているとおり、測定の開始時期を自動的に判断し、最適なタイミングで測定することを目的とするが発明が記載されており、(甲3ア)に記載されているように、
「被検査溶液を展開する展開層と、前記展開層の一部に前記被検査溶液中の測定対象物に対する試薬を固定化することにより形成された試薬固定化部と、前記展開層の他の一部に前記被検査溶液の展開により溶出可能な標識試薬を保持することにより形成された標識試薬保持部と、前記展開層から前記試薬固定化部、及び前記標識試薬保持部を除いた部分である生地部とを備えたクロマトグラフィー試験片に、光源から出射された光ビームを照射し、前記クロマトグラフィー試験片からの透過光もしくは反射光を利用して光学的な信号検出を行い、前記信号から定量的に前記被検査溶液中に含まれる分析対象物の濃度を測定するクロマトグラフィー定量測定装置において、
前記被検査溶液を添加した前記クロマトグラフィー試験片上の生地部の下流側端部に、光ビームを照射して得られる検出信号から、被検査溶液の添加量不足、及び前記クロマトグラフィー試験片の展開不良を判定する、
ことを特徴とするクロマトグラフィー定量測定装置。」(以下「甲3発明」という。)

b 判断
上記甲1発明及び甲3発明(特に下線部参照)も、上記(1)ア(ア)b(b)で説示したように、本件発明1の「「適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり」「前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、」「前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを」「判定する工程;を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される」ものではないことから、本件発明1は、甲1発明でも、甲3発明でもなく、特許法第29条第1項第3号に該当するとはいえない
そして、本件発明1の上記点は、上記(1)ア(ア)b(a)で説示したとおり、甲1にも記載されていないことから、甲1発明あるいは甲3発明及び甲1?3の記載事項に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものではなく、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものとはいえない。

(イ)本件発明2?11について
本件発明2?11は、本件発明1を直接又は間接的に引用し、さらに限定した発明であるから、本件発明2?11についても、甲1発明あるいは甲3発明ではなく、かつ、甲2発明あるいは甲3発明及び甲1?3に記載された事項に基づいて、当業者が容易になし得た発明とはいえないことから、特許法第29条第1項第3号に該当し、あるいは、特許法第29条第2項の規定に違反して特許されたものとはいえない。

イ まとめ
以上のとおり、申立理由1及び3によっては、本件請求項1ないし11に係る特許を取り消すことはできない。

第4 むすび
以上のとおりであるから、取消理由通知に記載した取消理由及び特許異議申立書に記載した特許異議申立理由によっては、本件請求項1ないし11に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に本件請求項1ないし11に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
発明の名称 (54)【発明の名称】
少量の体液試料中のマーカーを判定する方法
【技術分野】
【0001】
本発明は、少量の体液試料中のマーカーを判定する方法に関する。
【背景技術】
【0002】
発明の背景
そのような方法は、少量の体液中の1つ以上のマーカーの存在を迅速に判定するのに使用される。公知の方法及び装置は、例えば、以下の文献に開示されている:WO 2004/033101 A1、WO 2007/000048 A1、及びWO 2009/14360 A1。
【0003】
WO 2007/000048 A1は、全血からマーカーを同定するのに有用な、少量の流体から1つ以上のマーカーを検出するのに使用される3つ以上の多孔質の膜を有するポイントオブケア装置を記載する。当該アレイは、以下:赤血球細胞の遅延剤(retardant)であって、検出試薬を含有する第一工程膜、及び前記第一工程膜と比較して試料の溶血が最小となる更なる赤血球細胞の遅延剤である、多孔性の第二工程膜、及び第二工程膜と比較して多孔性が低く、捕捉プローブを含有する、第三工程膜を有する。
【0004】
文献US 2005/0244986 A1は、妊娠検査等に有用な分析試験装置を開示する。操作において、液体試料が、試験装置の下端に適用される。試験装置上に、機能領域が提供される。円形の領域は対照として作用し得て、適用された液体試料が判定されるべき解析対象を含有するか否かに関わらず、発色シグナルをもたらす。解析対象の検出は、もう一つの円形の領域で行われる。使用者は、2つの領域中に生じたシグナルを比較することにより、適用された液体試料中に解析対象が存在するか否かを判定できる。
【0005】
文献WO 2007/149043 A1は、抗原に結合可能で、標識を含有する、検出コンジュゲートを使用して、液体試料に対してアッセイを実施する、アッセイ装置を開示する。
【0006】
文献US 2009/0253119 A1は、試験ストリップを含み、細胞や体液を含有する試料等の試料中の解析対象を検出及び定量するための、側方流動アッセイ及びシステムに関する。
【0007】
文献EP 1 975 619 A1は、第一の血液細胞分離メンバー、第二の血液細胞分離メンバー、及びクロマトグラフィー担体を、上流から試料を展開する方向にこの順序で配列されて有する、クロマトグラフィー試験装置を提供する。
【発明の概要】
【課題を解決するための手段】
【0008】
発明の概要
本発明の目的は、少量の体液試料中のマーカーを判定する改良された方法を提供することであり、ここで、当該マーカーの判定に使用される流動試験要素(flow test element)の不適正な使用が回避される。
【0009】
この目的は、請求項1に記載の少量の体液試料中のマーカーを判定する方法により解決される。更に、請求項1に記載の試験流動要素における適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法が提供される。本発明の有利な発達は、従属項に開示されている。
【0010】
光学的判定の過程で、吸光度、蛍光、反射、緩和(remission)及び透過から選択される1つ以上の分光的パラメーターが測定され得る。
【0011】
前記流動試験要素上の1つ以上の機能領域には、2つ以上の機能サブ領域が提供されてもよい。例えば、複数の試験サブ領域が、1つの流動試験要素上に位置してもよい。
【0012】
例えば、適正な試験の進行を判定することにより、液体試料が、その液体試料のために設定されていない流動試験要素に適用されるのを回避する。当該流動試験要素は、体液及び/又は体液の成分のために設計されてもよい。本明細書中で使用されるとき、「成分」という用語は、後から体液に添加される物質とは区別される。添加された物質も、混合物、又は混合された物質等と称されてもよい。体液の場合、そのような物質は、例えば、それが患者から回収された後に体液に添加されてもよく、例えば抗体が添加され得る。対照的に、ここで規定される成分は、体液自体の部分である。全血試料の成分の例は、血清及び血漿である。
【0013】
例えば、もし液体試料が、その液体試料のために設定されていない流動試験要素に適用されると、誤った結果がもたらされ得る。提案される方法は、液体試料中のマーカーの判定が正しく実施されることを保証する。なぜならば、使用者に適正な試験の進行が提供されているか否か、例えば正しい液体が流動試験要素にアプライされたか否か等の情報を与える、適正な試験の進行を判定する工程が存在するからである。
【0014】
好ましくは、試験領域の読み取りによる液体試料中のマーカーの判定は、1つ以上の試験波長を用いた光学的試験により実施される。好ましい態様において、適正な試験の進行を判定する工程は、試験波長と異なる1つ以上の波長を用いた光学的判定により実施される。例えば、蛍光及び/又は吸収波長は、試験波長と異なるものが選択される。
【0015】
本明細書中で使用されるとき、「流体により連結」とは、流体、例えば試料が、本発明の装置の1つの区画又は部分から本質的に障害無く移動することを意味する。そのような特徴は、好ましくは、液体試料の実際の存在から独立している。
【0016】
適正な試験の進行、特に適正な試料の使用を判定する工程は、1回目の判定の後、1回、又は数回、流動試験要素への試料の液体の適用と、マーカーの判定との間の時間に、反復されてもよい。マーカーの判定の後であっても、好ましくは判定の追加工程として、適正な試験の進行の試験が実施されてもよい。当該工程は、適正な試験の進行、特に1つ以上の機能領域における適正な試料の使用を判定する目的で実施されてもよい。
【0017】
適正な試験の進行を判定する工程は、適用された液体の一部が機能領域に到達した後に、当該機能領域の1つで実施されてもよい。この場合、当該1つの機能領域において測定された1つ以上の光学的パラメーターが、当該1つの機能領域に割り当てられた1つ以上の所定の光学的パラメーターと比較される。
【0018】
一般に、本明細書中で使用されるとき、「1つの機能領域において測定」とは、1つの機能領域を特徴付けるためにパラメーターが測定されたことを意味する。当該1つの機能領域の内側の箇所、及び/又は当該1つの機能領域の外側に位置する箇所で、光学的測定が実施される。
【0019】
1つの試験領域又は複数の試験サブ領域が、1つ以上のマーカーの判定のために設定されてもよい。提供される方法により判定され得るマーカーの例は、以下に記載されている。
【0020】
プロカルシトニン(PCT)は、敗血症の診断のための周知のバイオマーカーとされている。PCTは、細菌感染の重症度を反映し、特に、感染の進行が、敗血症、重症の敗血症、又は敗血性ショックに至ることをモニタリングするのに使用される。PCTを、全身的な炎症応答の活性の測定、治療の成功の調整、及び予後の推定に使用することができる(Assicot M et al.:Lancet 1993,341:515-8;Clec’h C et al:Diagnostic and prognostic value of procalcitonin in patients with septic shock.Crit Care Med 2004;32:1166-9;Lee YJ et al,Yonsei Med J 2004,45,29-37;Meisner M Curr Opin Crit Care 2005,11,473-480;Wunder C et al.Inflamm Res 2004,53,158-163)。敗血症患者におけるPCTレベルの増大は、死亡率と相関する(Oberhoffer M et al.Clin Chem Lab Med 1999;37:363-368)。
【0021】
アドレノメデュリン(ADM)ペプチドは、ヒト褐色細胞腫から分離された52アミノ酸を含む新規血圧降下ペプチドとして1993年に初めて記載された(Kitamura et al.(1993),Bio-chem.Biophys.Res.Commun.192:553-560)。同年、185アミノ酸を含む前駆ペプチドをコードするcDNA及びこの前駆ペプチドの全アミノ酸配列も記載された(Kitamura et al.(1993),Biochem.Biophys.Res.Commun.194:720-725)。特にN末端に21アミノ酸のシグナル配列を含む前駆ペプチドは、「プレプロアドレノメデュリン」(プレプロADM)と称される。当該ADMペプチドは、プレプロADMの95?146アミノ酸を含み、そこでタンパク質開裂が起こることにより形成される。プレプロADMの開裂において形成される幾つかのペプチド断片、特に、生理的に活性のアドレノメデュリン(ADM)ペプチド及び「PAMP」、プレプロADMのシグナルペプチドの21アミノ酸に続いて20アミノ酸(22?41)を有するペプチドは、詳細に特定されている。機能が不明で体外での高度の安定性を有する他のフラグメントとして、中部プロアドレノメデュリン(MR-proADM)(Struck et al.(2004),Peptides 25(8):1369-72)があり、これを利用した信頼できる定量法が開発されている(Morgenthaler et al.(2005),Clin.Chem.51(10):1823-9)。ADMは、効果的な血管拡張剤である。
【0022】
降圧降下は、特に、ADMのC末端部分のペプチド断片と関連していた。一方、ADMのN末端のペプチド配列は、昇圧降下を呈した(Kitamura et al.(2001),Peptides 22,1713-1718)。
【0023】
エンドセリン(ET)-1は、強力な内皮由来の内在性血管収縮因子である(Yanagisawa M,Kurihara H,Kimura S,Goto,Masaki T,J Hypertens Suppl 1988;6:S 188-91.)。ET-1は、平滑筋に存在するET(A)及びET(B)を活性化して細胞内のカルシウムの増大を引き起こすことにより血管に対する作用をもたらす(Yanagisawa et al,J Hypertens Suppl 1988;6:S188-91)。成熟エンドセリン-1は、プロエンドセリン-1というより大きな前駆体から生じる。プロエンドセリン1は、文献(Struck J,Morgenthaler NG,Bergmann Peptides.2005 Dec;26(12):2482-6.)に記載されるように、タンパク質分解により複数の断片にプロセシングされる。これらの断片は、血液循環中でタンパク質分解に供され、当該分解は、断片の種類、並びに当該循環中に存在するプロテアーゼの種類及び濃度/活性に依存して、迅速に又は緩慢に行われる。これらの断片の一例として、C末端プロエンドセリン1(CT-proET-1)が挙げられ、これは、サンドイッチ免疫アッセイにより測定可能である(Papassotiriou J,Morgenthaler NG,Struck J,Alonso C,Bergmann A.Clin Chem.2006 Jun;52(6):1144-51.)。
【0024】
B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は、心不全の定量マーカーである。B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)及びそのアミノ末端断片であるN末端プロB方ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)は、EDにおける診断精度を顕著に増大させ[Januzzi,J.L.,Jr.,et al.,Am J Cardiol,2005.95(8):p.948-54;Maisel,A.S.,et al.,N Engl J Med,2002.347(3):p.161-7]ることにより、患者の評価及び処置を改善する[Moe,G.W.,et al.,Circulation,2007.115(24):p.3103-10;8.Mueller,C,et al.,N Engl J Med,2004.350(7):p.647-54.]。循環中の心房性ナトリウム利尿ペプチドの濃度は、BNPの約50?100倍高い[Pandey,K.N.,Peptides,2005.26(6):p.901-32]。故に、ANPの増大に反映される生物学的シグナルは、病態生理学的に、かつ診断的に、BNPのシグナルよりも重要である。しかしながら、APN及びその前駆体の診断的性能については殆ど知られていない[Cowie,M.R.,et al.,Lancet,1997.350(9088):p.1349-53]。成熟ANPは、循環中で、成熟ペプチドよりも顕著に安定であるためより妥当な解析対象と考えられる前駆N末端プロANP(NT-proANP)に由来する[Vesely,D.L.,IUBMB Life,2002.53(3):p.153-Pandey,K.N.,Peptides,2005.26(6):p.901-32]。
【0025】
心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)は、ナトリウム利尿ペプチドのメンバーであり、利尿及びナトリウム利尿、並びに動脈の血圧(BP)の低下等の幾つかの生理的パラメーターを制御する。ANPは大半が心臓の心房で生産され、循環中のナトリウム利尿ペプチドの98%を占める(Vesely DL.Life 2002;53:153-159)。ANPは、循環中で成熟ペプチドよりも顕著に安定な前駆プロホルモンの開裂により生じる。前駆ホルモンの中部断片(NT-proANPの53?90アミノ酸)は、中部プロANP(MR-proANP)といい、従来の免疫アッセイで使用されるプロANPのN又はC末端のエピトープと異なり、エキソプロテアーゼによる分解に比較的耐性である.(Morgenthaler NG et al.Clin Chem 2004;50:234-236;Gerszten RE et al.Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 2008)。
【0026】
ミオグロブリンは、153アミノ酸の単鎖球状タンパク質で、中心部にヘム(鉄含有ポルフィリン)補欠分子族を含有し、その周りがアポタンパク質で覆われている。ミオグロブリンは、筋肉の創傷の高精度のマーカーであり、胸部の疼痛を有する患者の心臓発作における潜在的なマーカーである(M.Weber,M.Rau,K.Madlener,A.Elsaesser,D.Bankovic,V.Mitrovic and C.Hamm(2005)Clinical Biochemistry 38:1027)。C-MB及び心臓トロポニンT(cTnT)は、ECGと組み合わせて使用され急性心筋梗塞(AMI)を診断する臨床的サインである。心臓トロポニンは、3つのサブユニットT(cTcT)、I(cTcI)及びCからなるタンパク質複合体であり、T及びIは心筋組織にのみ局在しており、診断用マーカーとして使用される(Rottbauer W et al.,Eur Heart J 1996;17:3-8)。
【0027】
アルギニンバソプレシン(AVP)は、バソプレシン、アルギプレシン又は抗利尿ホルモン(ADH)としても知られ、ヒトを含む大半の哺乳類において見出されているホルモンである(Caldwell HK,Young WS III(2006)in Lajtha A,Lim R.Handbook of Neurochemistry and Molecular Neurobiology:Neuro-active Proteins and Peptides(3rd edition ed.).Berlin:Springer,pp.573-607.ISBN 0-387-30348-0)。バソプレシンはペプチドホルモンである。視床下部で合成され、下垂体後葉の小胞で保存されるプレプロホルモン前駆体から形成される。バソプレシンの放出の低下、又はバソプレシンに対する腎臓の感受性の低下は、高ナトリウム血(血中ナトリウム濃度の増大)、多尿症(過剰な尿生産)、及び多渇症(のどの渇き)を特徴とする、尿崩症を引き起こす。
【0028】
本明細書中で使用されるとき、「マーカーの判定」等の用語は、試料中のマーカーの存否、及び/又はその量の定量、及び/又はその濃度を検出することを含む。故に、存否は、マーカーの検出可能な存在量、即ち本アッセイの検出限界を考慮して理解されるべきである。
【0029】
「マーカー」は、生理的又は病理的指標となる物質である。それらは、例えば、心臓組織の劣化により循環中に心筋細胞から放出されるタンパク質である心臓系の解析対象、予後の指標となるホルモン、糖尿病の症状をモニタリングするのに用いられるグルコース、及び感染により生じる様々なタンパク質及び毒素である。
【0030】
幾つかの態様において、マーカーは、本発明のアレイ、装置、方法及び使用により検出及び/又は定量されるべき、タンパク質又はペプチドである。12アミノ酸以上、好ましくは15アミノ酸以上の長さの前記タンパク質又はペプチドの断片も含まれる。本発明に係るそのようなタンパク質又はペプチドの具体例として、ミオグロビン、トロポニンT(cTnT)及びI(cTnI)、クレアチンキナーゼMB(CK-MB)、FABP、GDF-15、ST-2、プロカルシトニン(PCT)、C-反応性タンパク質(CRB)、プロアドレノメデュリン及びその断片、例えば中部プロアドレノメデュリン(MR-proADM)、アドレノメデュリン、PAMP、C末端プロアドレノメデュリン(CT-proADM)、プロエンドセリン1及びその断片、例えばC末端プロエンドセリン1(CT-proET-1)、大エンドセリン1、エンドセリン1、NT-プロエンドセリン1、プロANP及びその断片、例えば中部プロ心房性利尿ペプチド(MR-proANP)、N末端プロANP(NT-proANP)、ANP、プロバソプレシン及びその断片、例えばC末端プロアルギニンバソプレシンペプチド(CT-proAVP、「コペプチン」)、バソプレシン、ニューロフィシンII、プロBNP及びN末端プロBNP(NT-proBNP)等の、心臓血管事象の診断及び/又は予後診断に関連するマーカーである。
【0031】
本明細書中に記載されるマーカータンパク質及び/又はペプチドが、当該タンパク質のマーカータンパク質及び/又はペプチドの、12アミノ酸以上、好ましくは15アミノ酸以上の長さの断片が、マーカーとして想定されることを理解されたい。
【0032】
更に、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)及び黄体形成ホルモン(LH)等の妊娠又は排卵に関連するホルモンも、本方法又はその様々な態様において検出され得る。癌等の疾患に対する他の抗原、特に前立腺癌抗原(前立腺血清抗原、PSA)が、本発明を使用して検出され得ることも、本発明の範囲内である。本発明の更なる応用として、肝炎、細菌及び真菌感染、例えば消化管の潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)、バチルス・アントラキス(Bacillus anthracis)、ペディクルス・ヒューマニス(Pediculus humanis)、シフォナプテラ(Siphonaptera)及びグラム陽性細菌、例えばストレプトコッカス・パイオニエス(Streptococcus pyognes)、ストレプトコッカス・ニューモニアエ(Streptococcus pneumoniae)及びストレプトコッカス・ファエカリ(Streptococcus faecalis)等に関連するマーカーの認識が含まれ、これらは全て非限定的な例示である。また、本発明は、薬物の乱用を含む薬物の検出にも有用であり得る。血中グルコースのレベルを判定するもの等の酵素アッセイも、本発明に想定される。当該装置の使用が、これらの特定のマーカー、又は全血に限定されず、例えば上記で示したような他の解析手順に等しく応用可能であることを認識されたい。
【0033】
好ましい態様において、適正な試験の進行を判定する工程は、適用された液体試料が体液であるか若しくは体液の成分であるか、又は試験流動要素が体液若しくは体液の成分中のマーカーを判定するために設定されたものであるかを光学的に判定することにより、適正な試料の使用を判定する工程を含む。
【0034】
好ましい態様において、本発明は、更に、少量の全血試料を適用し、そして当該全血試料が溶血しているか否かを光学的に判定する工程を含む。好ましい態様において、前記光学的判定は、流動試験要素上の興味のある領域内に照射された光の緩和シグナルを測定する工程を含む。測定された緩和シグナルは、血液が溶血したか否かを判定するための参照シグナルと比較され得る。本明細書中で使用されるとき、「全血試料」とは、未処理又は本質的に未処理の血液試料を特定する。
【0035】
他の好ましい態様において、前記測定の工程は、試験領域及び対照領域と流体により連結され、そしてそれらの間に位置する領域を光学的に測定する工程を含む。この場合に調査される領域は試験領域の下流に位置するので、当該光学的測定は、既に試験領域に浸入した液体試料の一部についての情報を提供する。
【0036】
好ましい態様において、流動試験要素を提供する工程は、適用領域及び試験領域の間に位置し、それらと流体により連結された橋領域、並びに試験領域の上流にあってこれと流体により連結された対照領域を有する、流動試験要素を提供する工程を含む。当該橋領域は、適用領域及び試験領域と流体により連結された橋膜(bridge membrane)により適用され得る。当該橋膜の平均の孔の寸法は、8.0μm±2μmであり、血漿又は血清のキャピラリーフローは、2cmを30秒以内、及び/又は4cmを180秒以内で移動し、ここで、当該橋膜中の血清又は血漿のキャピラリーフローは、第一の多孔質膜よりも低く、そして試験領域よりも高い。また、当該試験領域及び対照領域は、1つ以上の膜により実行され得る。好ましくは、当該膜は、多孔質材料により形成され得る。
【0037】
更なる態様において、適正な試験の進行を判定する工程は、適用領域、橋領域、検出領域及び対照領域から選択される機能領域の1つ以上で光学的測定が行われる工程を含む。
【0038】
更なる態様において、適正な試験の進行を判定する工程は、複数の機能領域の外側に位置する流動試験要素の領域を光学的に測定する工程を含む。そのような測定は、機能領域の1つの中での測定の代わりに、又はこれに加えて実施されてもよい。例えば、前記光学的測定は、2つの機能領域の間に位置する流動試験要素の領域において実施されてもよい。機能領域の1つにおける適正な液体に関する光学的測定は、興味のある機能領域の上流及び/又は下流に位置する領域において行われる。
【0039】
好ましい態様において、本方法は、更に、少量の全血試料を適用し、流動試験要素上の興味のある領域への赤血球の浸入を光学的に判定する工程を含む。例えばマーカーが全血試料中に検出される場合、通常、試験領域自体に赤血球が浸入するは避けられるべきである。上記態様により、そのような浸入が起こったか否かをチェックすることができる。適正な試験の進行を判定する工程でそのような浸入が起こったことが示されたとき、当該工程は、そのような状況で取得された測定結果が適正でないことを使用者に伝える。
【0040】
更なる態様において、適正な試験の進行を判定する工程は、異なる時点で複数の光学的測定を実施する工程を含む。当該複数の光学的測定は、流動試験要素上の興味のある単一の又は複数の領域で実施されうる。
【0041】
他の態様において、マーカーを判定する工程は、液体試料中のマーカーの存在を判定し、当該液体試料中のマーカーの濃度を判定する、1つ以上の工程を含む。
【0042】
尚も他の好ましい態様において、適正な試験の進行を判定する工程において、適用された液体試料が、全血試料、血清試料、血漿試料、尿試料、脳脊髄液試料、便試料、唾液試料及びリンパ液試料から選択される、体液又は体液の成分であるか否かを光学的に判定する工程を含む。
【0043】
本発明の他の態様において、流動試験要素において適正な試験の進行を判定する方法が提供され、当該方法は
-複数の機能領域を有する流動試験要素を提供する工程であり、当該複数の機能領域が、少なくとも部分的には流体により連結しており、そして適用領域、及び当該適用領域と流体により連結し、かつ体液及び/又は当該体液中の成分中のマーカーを検出するように設定された試験領域を有する、当該工程;
・少量の液体試料を前記流動試験要素の試料適用領域に適用する工程;
・適正な試験の進行を判定する工程であり、ここで、当該適正な試験の進行を判定する工程が、前記機能領域において1つ以上の光学的パラメーターを測定する工程、及び当該測定された1つ以上の光学的パラメーターと、1つ以上の機能領域に割り当てられた所定の光学的パラメーターとを比較する工程;
を含む当該工程;
を含む。
【0044】
前記適正な試験の進行を判定する工程において、不適正な試験の進行が検出された場合、解析システムの更なる解析が中断されてもよい。例えば、当該解析システムは、液体試料が適用された流動試験要素の更なる使用をブロックする。好ましい態様において、当該解析システムの使用者に、警告シグナルが提示される。当該警告シグナルは、音響信号及び映像信号の1つ以上を含み得る。
【0045】
発明の好ましい態様の説明
以下で、様々な態様を参照した例示を用いて、本発明を更に詳細に記載する。
【図面の簡単な説明】
【0046】
【図1】図1は、流動試験要素を上から見た模式図を示す。
【0047】
【図2】図2は、様々な時間インキュベーションした全血試料を適用した試験流動要素上の測定位置(相対的単位)と、分光緩和シグナル(相対的単位)との関連性を示す。
【実施例】
【0048】
以下の実施例は例示のみを目的として記載され、本発明の範囲の限定を意図しない。同等のものへの変更又は置換は、状況に応じて想定される。本明細書で特定の用語が採用されているが、それらは、記述的な意味で使用されており、限定を目的としない。
【0049】
図1は、上から見た流動試験要素の模式図である。ポイントオブケア装置ともいう当該流動試験要素は、複数の機能領域が配置された膜体2を有する装置体1を含む。それらの機能領域は、流体により連結されており、適用領域3、橋領域4、試験領域5、及び対照領域6を有する。
【0050】
「ポイントオブケア(POC)」試験は、患者をケアする場所又はその付近で実施される何らかの診断試験として定義される(Kost,Goals,guidelines and principles for point-of-care testing.In:ost GJ,ed.Principles and practice of point-of-care testing.Philadelphia:Lippincott Williams and Wilkins.2002,Chapter 1,pp 3-12)。患者のより近くで解析を行うことにより、幾つかのプロセス段階が省略され、結果が出るまでの時間の短縮及びその結果に応じた迅速な管理がなされる。POC試験の長所は、迅速な回転時間(turn-around-time、TAT)、迅速な医学的決定、試料の長距離移動の回避及び必要とされる検体の体積の縮小である(Heinschink et al.,Point-of-care testing.Laboratoriums Medizin 2002.26(1-2):61-67.)。
【0051】
適用領域3は、少量の体液を受容し、それが、少なくとも部分的に、膜体2に流れ込み、やがてそれぞれ試験領域5及び対照領域6に至るように設定されている。本明細書中で使用されるとき、「試料適用領域」という用語は、試料が例えば試料内に試料適用領域が浸漬され、又はシリンジ若しくはピペット等の試料輸送手段を用いて試料を適用すること等により、試料が適用される、装置上の部分を特定する。当該試料適用領域は、ゆえに、試料がそれを通って第一の多孔質材料に適用されるようなポケット又は切り込み(indentation)の形態であってもよい、装置中の開口である。
【0052】
前記流れは、適用領域3及び対照領域5との間に形成される試料流動チャンネルに沿って起こる。膜体2には、1つ以上の膜要素が設けられてもよく、一つの態様において膜が重ねられる。多孔質膜材料により提供される流動チャンネルは、キャピラリーフローを起こす特徴を有する。
【0053】
1つの態様において、試験領域5は、全血試料中のマーカーの存在を判定するように設定されている。流動試験要素は、下記のように使用され得る。
【0054】
明らかなように、適用領域3の内側及び/又はこれに隣接して設けられた第一の多孔質材料と接触すると、適用された試料の赤血球細胞は、血漿から分離し始め、その流れの過程で、マーカーは検出試薬と出会う。当該検出試薬は、限定されないが、典型的には、当該マーカーのエピトープに対する標識された抗体であり、マーカー-検出試薬複合体を形成する。記載された態様において、マーカー-検出試薬複合体は、橋膜を有する橋領域4に移動し、そこで、赤血球細胞の移動は、更に、阻害/遅延させられる。そして、マーカー-検出試薬複合体は、試験膜を有する試験領域5に達し、不動化された捕捉プローブ、限定されないが、典型的には、マーカーの別個のエピとー部又は検出試薬のエピトープに対する抗体と出会う。マーカー-検出試薬複合体と不動化された捕捉プローブとの反応は、裸眼又は適切な装置を用いて認識できる、濃縮された捕捉スポットを形成する。任意の対照領域6は、試験領域5の捕捉スポットの下流に位置し、対照試薬を含有する。好ましい態様において、対照試薬は、抗動物IgGであってもよい。あるいは、対照領域6の代わりに、試験装置の膜の上を覆う透明なカバーテープの長さの違いは、試験膜の末端に試料が到達したとき、当該試料を、迅速に検出が可能なシグナルを明らかにする調整された様式で蒸発させることができる。
【0055】
液体試料中の1つのマーカー、又は複数のマーカーを一度に検出することは、本発明の範囲内である。故に、1つ以上の検出試薬及び/又は1つ以上の捕捉プローブが、本発明のポイントオブケア装置に蓄積され得ることは、当業者により認識され得ることである。
【0056】
原則として、本アッセイ、即ち検出試薬とマーカーの検出に使用される捕捉プローブとの組合せは、診断の分野において採用されるいずれの形式に基づいてもよい。当該アッセイは、非競合的アッセイ、即ちサンドイッチアッセイ、又は競合的アッセイであってもよい(The Immunoassay Handbook,Ed.David Wild,Elsevier LTD,Oxford;3rd ed.(May 2005),ISBN-13:978-0080445267;Hultschig C et al.,Curr Opin Chem Biol.2006 Feb;10(l):4-10.PMID:16376134)。
【0057】
本明細書中で使用されるとき、捕捉プローブは、核酸分子、糖質分子、PNA分子、アプタマー、タンパク質、抗体、ペプチド又は糖タンパク質から成る群から選択されてもよく、好ましくは抗体である。
【0058】
当業者が利用可能な試験装置における捕捉プローブ及び対応する検出システムの標識として、様々なものを利用することが出来る。限定されないが、公知の標識、例えば金属、蛍光、電子化学発光、及び酵素標識が挙げられる。金属標識は顕著な高感度を有するため、特に好ましい。金属の中でも、金は、この種類の反応に広く使用されており、そしてその特性が良く理解されているので、最も好ましい。
【0059】
幾つかの態様において、前記第一の多孔質材料は、全血試料中で判定されるべきマーカーに結合する、抗体-金粒子コンジュゲートを含有する。従って、抗体-金粒子コンジュゲートが第一の多孔質材料中に存在し、そして当該抗体-金粒子コンジュゲートが試料と接触して当該試料中に懸濁し、そして当該試料と共に移動する。故に、当該抗体-金粒子コンジュゲートは、前記第一の多孔質材料中に不可逆的に不動化されていなくてもよい。しかしながら、試料との結合の後に転換し得る、例えば加水分解を受ける、前記第一の多孔質材料上の抗体-金粒子コンジュゲートの不動化が、幾つかの態様において想定されてもよい。
【0060】
採用される金標識抗体の好ましいサイズは、約20?60nmであるが、マーカーの臨床的カットオフや反応物の親和性等の周知の要素に依存して、かなりのバリエーションが許容される。加えて、金シグナルは、可視産物を沈殿させる還元性銀塩を使用することにより、容易に可視化を促進できる。典型的な反応性塩は乳酸銀で、これは還元性銀イオンの供給源とされ、還元剤としてヒドロキノンが採用される。金属銀は、金の各粒子の周囲に容易に認識できる黒色の沈着物を形成する。あるいは、ホースラディッシュペルオキシダーゼ等の抗体標識が採用される場合、当該反応は、標準的な手順に従い、過酸化水素やCISオルソフェニレンジアミン等の色素を添加することにより検出され得る。より強いマーカー検出感度を有する米国特許6,046,585(その全体を本明細書中に参照により援用する)に記載のような常磁性標識等の追加の標識も、本発明の範囲内で使用され得る。
【0061】
本出願の文脈において、「検出試薬」は、材料であり、しばしば液体試料中の検出されるべきマーカーに対する抗体である。幾つかの態様において、当該検出試薬は、液体試料を適用する地点、又はその下流の第一の多孔質材料担体に放出可能に結合している。最も免疫化学的な解析において、当該検出試薬は、コロイド金等の検出可能な標識で標識され、検出されるべきマーカーと複合体を形成する。
【0062】
橋膜の血清のキャピラリーフローの文脈において、「水平変化」という用語は、血清の流動の方向における流速の変化を指す。
【0063】
本明細書中で使用されるとき、「血球細胞からの血清の分離」とは、血球細胞を特に保持しつつ、血清を前記装置の隣接する区画又は部分、例えば次の膜に透過させることを意味する。従って、好ましくは95%以上、より好ましくは99%以上、なおもより好ましくは99.5%以上、最も好ましくはほぼ100%の赤血球細胞が保持される。
【0064】
上記非限定的態様を参照して記載される体液中のマーカーの存在を判定する方法は、適正な試料の使用を判定する工程を含む。当該工程は、(a)分光光度計を用いた測定により行われる。吸光度、蛍光、透過、反射及び緩和を含む群から選択される1つ以上のパラメーターが検出及び解析されて、適用領域3に適用され、流動試験要素上の一定の機能領域に到達した液体試料の一部が、当該流動試験要素が判定の対象とする体液の一つ及び体液の成分であるか否かを判定する。好ましくは、領域6において、適正な試料の使用を判定するための光学的調査が行われる。例えば、試験領域5及び対照領域6の間に位置する領域7は、試験領域5及び/又は対照領域6に達した液体の種類が何であるかを判定するために、光学的に調査される。例えば、光学的パラメーターの緩和が、領域7において解析されてもよい。
【0065】
好ましい態様において、上記方法は、少量の全血試料を適用する工程、及び流動試験要素上の興味のある領域への赤血球の浸入を光学的に判定する工程を含む。例えば全血試料中のマーカーを判定しようとする場合、通常、試験領域5自体への赤血球の浸入は避けるべきである。上記態様により、そのような浸入が起こったか否かをチェックすることができる。適正な試料の使用を判定する工程がそのような浸入が起こったことを示した場合、これは、そのような状況で回収された測定結果が適正ではないことを、使用者に教示する。
【0066】
図2は、様々な時間インキュベーションした全血試料の分光的緩和シグナル(相対的単位)と、流動試験要素1上の相対的位置(相対的単位)との関連性を示す。当該流動試験要素1(図1参照)は、対照領域6、領域7及び試験領域5を少なくともカバーするように、右から左にスキャンされた。グラフ左側に、対照領域6の緩和シグナルに割り当てられたいわゆる対照バンドがあり、これは全ての時間で変化が無い。右側の緩和シグナルの増大は、流動試験要素1上の試験領域5への赤血球の浸入を示す。
【0067】
本願明細書、特許請求の範囲及び図面の1つ以上に開示される特徴は、単独で又は複数のものが組み合わされて、様々な態様における本発明の実現の材料となり得る。
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
流動試験要素(flow test element)における適正な試験の進行(correct test performance)を判定する方法であり:
・複数の機能領域(3、4、5、6、7)を有する流動試験要素を提供する工程であり、当該複数の機能領域(3、4、5、6、7)が、少なくとも部分的には流体により連結しており、そして適用領域(3)、及び当該適用領域(3)と流体により連結し、かつ体液及び/又は当該体液中の成分中のマーカーを検出するように設定された試験領域(5)を有する、当該工程;
・少量の液体試料を前記流動試験要素の試料適用領域(3)に適用する工程;及び
・前記流動試験要素における適正な試料の使用を判定する工程であって、1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)において1つ以上の光学的パラメーターを測定し、そして当該測定された1つ以上の光学的パラメーターと、前記1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)に割り当てられた1つ以上の所定の光学的パラメーターとを比較することにより、前記複数の機能領域(3、4、5、6、7)の1つの領域に到達した適用された液体試料の一部が、前記流動試験要素が判定の対象とする体液又は体液の成分であるか否かを光学的に判定する工程;
を含み、前記機能領域に到達した試料の一部が前記流動試験要素の解析対象である体液又は体液の成分である場合に、試験が適切に進行されたと判定される、当該方法。
【請求項2】
更に、
・少量の全血試料を適用する工程、及び
・試験領域(5)に到達した当該全血試料の一部が溶血しているか否かを光学的に判定する工程
を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記測定工程が、試験領域(5)及び対照領域(6)に流体により連結し、それらの間に位置する領域を光学的に測定する工程を含む、請求項1又は2のいずれかに記載の方法。
【請求項4】
前記流動試験要素を提供する工程が、適用領域(3)及び試験領域(5)との間に位置し、それらと流体により連結する1つ以上の橋領域(4)、並びに試験領域(5)の下流に位置し、それと流体により連結する対照領域(6)を有する、流動試験要素を提供する工程を含み、前記液体試料が全血試料であり、前記橋領域(4)が、赤血球が前記試験領域(5)に移動するのを妨げるように設けられた、前記適用領域(3)及び前記試験領域(5)と流体により連結した橋膜(bridge membrane)を有する、請求項1?3のいずれか1項に記載の方法。
【請求項5】
前記適正な試験の進行を判定する工程が:適用領域(3)、橋領域(4)、検出領域(5)、及び対照領域(6)からなる機能領域の群から選択される1つ以上の機能領域(3、4、5、6、7)を光学的に測定する工程を含む、請求項1?4のいずれか1項に記載の方法。
【請求項6】
前記適正な試験の進行を判定する工程が、複数の機能領域(3、4、5、6、7)の外側に位置する流動試験要素の領域を光学的に測定する工程を含む、請求項1?5のいずれか1項に記載の方法。
【請求項7】
更に:
・少量の全血試料を適用する工程、及び
・流動試験要素上の興味のある領域への赤血球の浸入を光学的に判定する工程
を含む、請求項1?6のいずれか1項に記載の方法。
【請求項8】
前記適正な試験の進行を判定する工程が、異なる時点で複数の光学的測定を実施する工程を含む、請求項1?7のいずれか1項に記載の方法。
【請求項9】
試験領域(5)によるマーカーの検出が:
・液体試料中のマーカーの存在を判定する工程、及び
・液体試料中のマーカーの濃度を判定する工程
の1つ以上を含む、請求項1?8のいずれか1項に記載の方法。
【請求項10】
前記適正な試料の使用を判定する工程が、1つの機能領域(3、4、5、6、7)に到達した適用された液体試料の一部が、全血試料、血清試料、血漿試料、尿試料、脳脊髄液試料、便試料、唾液試料、及びリンパ液試料から成る群から選択される体液又は体液の成分であるか否かを光学的に判定する工程を含む、請求項1?9のいずれか1項に記載の方法。
【請求項11】
前記適正な試験の進行が判定された場合、更に試験領域(5)を読み取ることにより液体試料中のマーカーを判定する工程が実施される、請求項1?10のいずれか1項に記載の方法。
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
異議決定日 2018-07-09 
出願番号 特願2012-553351(P2012-553351)
審決分類 P 1 651・ 536- YAA (G01N)
P 1 651・ 537- YAA (G01N)
P 1 651・ 113- YAA (G01N)
P 1 651・ 121- YAA (G01N)
最終処分 維持  
前審関与審査官 三木 隆  
特許庁審判長 福島 浩司
特許庁審判官 三崎 仁
▲高▼見 重雄
登録日 2017-04-21 
登録番号 特許第6130143号(P6130143)
権利者 ベー.エル.アー.ハー.エム.エス ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
発明の名称 少量の体液試料中のマーカーを判定する方法  
代理人 大島 浩明  
代理人 青木 篤  
代理人 古賀 哲次  
代理人 石田 敬  
代理人 福本 積  
代理人 渡辺 陽一  
代理人 古賀 哲次  
代理人 青木 篤  
代理人 渡辺 陽一  
代理人 武居 良太郎  
代理人 福本 積  
代理人 石田 敬  
代理人 武居 良太郎  
代理人 大島 浩明  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ