• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 G02B
管理番号 1347198
審判番号 不服2017-10866  
総通号数 230 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2019-02-22 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-07-21 
確定日 2018-12-19 
事件の表示 特願2015-200873「多層光学フィルム,その作製方法及びそれを有するトランザクションカード」拒絶査定不服審判事件〔平成28年 2月12日出願公開,特開2016- 26325〕について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。 
理由 1 手続の経緯
本件拒絶査定不服審判事件に係る出願(外国語書面出願である。以下,「本件出願」という。)は,2007年6月21日(パリ条約による優先権主張外国庁受理2006年6月23日 米国,2007年6月15日 米国)を国際出願日とする特願2009-516712号の一部を平成25年10月11日に新たな特許出願(特願2013-213739号)とし,当該特許出願の一部を平成27年10月9日に新たな特許出願としたものであって,平成27年11月5日に外国語書面の翻訳文が提出されるとともに手続補正書が提出され,平成28年7月20日付けで拒絶理由が通知され,平成29年1月24日に意見書が提出されたが,同年3月13日付けで拒絶査定(以下,「原査定」という。)がなされた。
本件拒絶査定不服審判は,これを不服として,同年7月21日に請求されたものであって,本件審判の請求と同時に手続補正書が提出された。


2 本件出願の請求項1に係る発明
本件出願の請求項1に係る発明は,平成29年7月21日提出の手続補正書による補正(請求項2及び3を削除する補正であって,請求項1自体は補正されていない。)後の請求項1に記載された事項によって特定されるものと認められるところ,請求項1の記載は次のとおりである。

「第1及び第2の光学層の交互層を含む多層光学フィルムであって,
前記第1の光学層は,第1のポリエステルを含み,前記第1のポリエステルは,第1のジカルボキシレートモノマー及び第1のジオールモノマーを含み,前記第1のジカルボキシレートモノマーの0.25モル%以上10モル%未満は,ペンダントイオン基を有し,
前記第2の光学層は,第2のポリエステルを含み,
前記第1及び第2の光学層は,少なくとも1つの軸線に沿って,少なくとも0.04異なる屈折率を有し,前記第1及び第2の光学層のそれぞれは,少なくとも1000ppmの濃度のナトリウムイオンを有し,前記第1及び第2の光学層のそれぞれは,ナトリウムアセテートを含む,多層光学フィルム。」(以下,「本件発明」という。)


3 原査定の拒絶の理由の概要
本件発明に対する原査定の拒絶の理由(以下,「査定理由」という。)は,概略,次のとおりである。

本件発明は,引用文献1(国際公開第2006/044075号)に記載された発明及び周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法29条2項の規定により特許を受けることができない。


4 引用例
(1)引用文献1
ア 引用文献1の記載
引用文献1(国際公開第2006/044075号)は,本件出願の最先の優先権主張の日(以下,「本件優先日」という。)より前に電気通信回線を通じて公衆に利用可能となったものであるところ,当該引用文献1には次の記載がある。(日本語訳中の下線は,後述する「引用発明」の認定に特に関係する箇所を示す。)
(ア) 「[Background](審決注:太字で表記された箇所を,[]で囲むことによって表現した。また,下線は省略した。以下,引用文献1において同様。)
The present invention relates to modified copolyester polymers and optical films including modified copolyester polymers.
Polymeric films are used in a wide variety of applications. One particular use of polymeric films is in mirrors and polarizers that reflect light of a given polarization or wavelength range.・・・(中略)・・・
One type of polymer that is useful in creating polarizer or mirror films is a polyester. One example of a polyester-based polarizer includes a stack of polyester layers of differing composition. One configuration of this stack of layers includes a first set of birefringent layers and a second set of layers with an isotropic index of refraction. The second set of layers alternates with the birefringent layers to form a series of interfaces for reflecting light.
・・・(中略)・・・
[Summary]
Generally, the present invention relates to modified copolyesters and optical films including modified copolyesters. One illustrative embodiment is a copolyethylene naphthalate copolymer having carboxylate subunits and glycol subunits and having a refractive index of 1.58 or less at 632.8 nm and a glass transition temperature of 90 degree Celsius or greater.
・・・(中略)・・・
Another illustrative embodiment is a multilayered polymer film having a plurality of first layers and a plurality of second layers. The first layers are made with a first polyester or copolyester which is birefringent. The second layers are made with a second copolyester polymer being a co-polyethylene naphthalate copolymer having carboxylate subunits and glycol subunits and having a refractive index of 1.58 or less at 632.8 nm and a glass transition temperature of 90 degree Celsius or greater.」(明細書1ページ3行ないし2ページ16行)
(日本語訳)
「[背景技術]
本発明は,変性コポリエステルポリマー及び変性コポリエステルポリマーを含む光学フィルムに関する。
ポリマーフィルムは,多種多様な用途で使用される。ポリマーフィルムの特定の一用途は,所定の偏光又は波長範囲の光を反射するミラー及び偏光子での使用である。・・・(中略)・・・
偏光子又はミラーフィルムの製造に有用なある種類のポリマーは,ポリエステルである。ポリエステルベースの偏光子の一例としては,異なる組成のポリエステル層のスタックが挙げられる。層のこのスタックの一構造は,第1セットの複屈折性層と,等方性屈折率を有する第2セットの層と,を含む。第2セットの層は,複屈折性層と交互になり,光を反射するための一連の境界面を形成する。
・・・(中略)・・・
[要旨]
一般に,本発明は,変性コポリエステル及び変性コポリエステルを含む光学フィルムに関する。例示的な一実施形態は,カルボキシレートサブユニット及びグリコールサブユニットを有し,かつ632.8nmでの屈折率1.58以下及びガラス転移温度90℃以上を有するコポリエチレンナフタレートコポリマーである。
・・・(中略)・・・
他の例示的な実施形態は,複数の第1層及び複数の第2層を有する多層ポリマーフィルムである。第1層は,複屈折性である,第1ポリエステル又はコポリエステルで製造される。第2層は,カルボキシレートサブユニット及びグリコールサブユニットを有し,かつ632.8nmでの屈折率1.58以下及びガラス転移温度90℃以上を有するコポリエチレンナフタレートコポリマーである第2コポリエステルポリマーで製造される。」

(イ) 「[Brief Description of the Drawings]
・・・(中略)・・・
FIG. 1 is a schematic cross-sectional view of one embodiment of a multilayered polymer film according to the present invention;」(明細書3ページ19ないし24行)
(日本語訳)
「[図面の簡単な説明]
・・・(中略)・・・
図1は,本発明による多層ポリマーフィルムの一実施形態の概略断面図である;」

(ウ) 「[Detailed Description]
The present invention relates to modified copolyesters and multilayered polymer films formed from the modified copolyesters for optical applications and the use of comonomer subunits to enhance the properties of the polymer films. The properties of a given polyester are typically determined by the monomer materials utilized in the preparation of the polyester. A polyester is often prepared by reactions of one or more different carboxylate monomers (e.g., compounds with two or more carboxylic acid or ester functional groups) with one or more different glycol monomers (e.g., compounds with two or more hydroxy functional groups). Each set of polyester layers in the stack typically has a different combination of monomers to generate the desired properties for each type of layer.
・・・(中略)・・・
Figure 1 shows a multilayered polymer film 10 which may be used, for example, as an optical polarizer or mirror. The film 10 includes one or more first optical layers 12, one or more second optical layers 14, and one or more non-optical layers 18.. The first optical layers 12 are preferably birefringent polymer layers which are uniaxially- or biaxially-oriented. The second optical layers 14 may also be polymer layers which are birefringent and uniaxially- or biaxially-oriented. More typically, however, the second optical layers 14 have an isotropic index of refraction which is different from at least one. of the indices of refraction of the first optical layers 12 after orientation.・・・(中略)・・・
The optical layers 12, 14 and, optionally, one or more of the non-optical layers 18 are typically placed one on top of the other to form a stack 16 of layers. Usually the optical layers 12, 14 are arranged as alternating pairs, as shown in Figure 1, to form a series of interfaces between layers with different optical properties. The optical layers 12, 14 can be less than 1 μm thick, although thicker layers may be used. Furthermore, although Figure 1 shows only six optical layers 12, 14, many multilayered polymer films 10 have a large number of optical layers. In some embodiments, multilayered polymer films have about 2 to 5000 optical layers, or about 25 to 2000 optical layers, or about 50 to 1500 optical layers, or about 75 to 1000 optical layers, as desired.
The non-optical layers 18 can be polymer layers that are disposed within (see Figure 2) and/or over (see Figure 1) the stack 16 to protect the optical layers 12, 14 from damage, to aid in the co-extrusion processing, and/or to enhance post-processing mechanical properties.」(明細書4ページ5行ないし6ページ17行)
(日本語訳)
「[詳細な説明]
本発明は,変性コポリエステル,ならびに光学用途のための変性コポリエステルから形成された多層ポリマーフィルム,及びポリマーフィルムの特性を高めるためのコモノマーサブユニットの使用に関する。所定のポリエステルの特性は一般に,ポリエステルの製造で使用されるモノマー材料によって決定される。ポリエステルは,1種又は複数種のカルボキシレートモノマー(例えば,2つ以上のカルボン酸又はエステル官能基を有する化合物)と,1種又は複数種のグリコールモノマー(例えば,2つ以上のヒドロキシ官能基を有する化合物)とを反応させることによって製造される場合が多い。スタックにおけるポリエステル層の各セットは一般に,各種類の層に望ましい特性が得られるようにモノマーの異なる組み合わせを有する。
・・・(中略)・・・
図1は,例えば,光学偏光子又はミラーとして使用される,多層ポリマーフィルム10を示す。フィルム10は,1つ又は複数の第1光学層12,1つ又は複数の第2光学層14,1つ又は複数の非光学層18を含む。第1光学層12は好ましくは,一軸又は二軸延伸された複屈折性ポリマー層である。第2光学層14は,複屈折性であり,一軸又は二軸延伸された複屈折性ポリマー層でもあり得る。しかしながら,さらに一般的には,第2光学層14は,延伸後の第1光学層12の屈折率のうちの少なくとも1つと異なる等方性屈折率を有する。・・・(中略)・・・
光学層12,14及び任意に,1つ又は複数の非光学層18が一般に,他の層の上に配置され,層のスタック16が形成される。通常,光学層12,14は,図1に示すように交互の対として配置され,異なる光学的性質を有する層間に一連の境界面が形成される。光学層12,14は厚さ1μm未満であるが,それより厚い層を使用することができる。さらに,図1は,わずか6つの光学層12,14を示しているが,多くの多層ポリマーフィルム10は,多数の光学層を有する。一部の実施形態において,多層ポリマーフィルムは,所望どおりに,約2ないし5000の光学層又は約25ないし2000の光学層,又は約50ないし1500の光学層,又は約75ないし1000の光学層を有する。
非光学層18は,損傷から光学層12,14を保護するため,共押出し成形加工を助けるため,かつ/又は加工後の機械的性質を高めるために,スタック16の中に(図2参照),かつ/又は上に(図1参照)配置されるポリマー層であることができる。」

(エ) 「The optical layers 12, 14 and the non-optical layers 18 of the multilayered polymer film 10 can be composed of polymers such as polyesters. Polyesters include carboxylate and glycol subunits and are generated by reactions of carboxylate monomer molecules with glycol monomer molecules. Each carboxylate monomer molecule has two or more carboxylic acid or ester functional groups and each glycol monomer molecule has two or more hydroxy functional groups. The carboxylate monomer molecules may all be the same or there may be two or more different types of molecules. The same applies to the glycol monomer molecules.・・・(中略)・・・
Suitable carboxylate monomer molecules for use in forming the carboxylate subunits of the polyester layers include, for example, 2,6-naphthalene dicarboxylic acid and isomers thereof; terephthalic acid; isophthalic acid; phthalic acid; azelaic acid; adipic acid; sebacic acid; norbornene dicarboxylic acid; bi-cyclooctane dicarboxylic acid; 1,6-cyclohexane dicarboxylic acid and isomers thereof; t-butyl isophthalic acid, tri-mellitic acid, sodium sulfonated isophthalic acid; 4,4-biphenyl dicarboxylic acid and isomers thereof; and lower alkyl esters of these acids, such as methyl or ethyl esters. The term "lower alkyl" refers, in this context, to C_(1)-C_(10) straight-chained or branched alkyl groups. Also included within the term "polyester" are polycarbonates which are derived from the reaction of glycol monomer molecules with esters of carbonic acid, and blends of polycarbonates with copolyesters made from the above comonomers.
Tertiary butyl isophthalate (tbia) has surprisingly been found useful for some exemplary embodiments of the present disclosure due to the inverse effect it has on the polymer properties of glass transition temperature and refractive index. Increasing the mol portion of tbia can increase the glass transition temperature of the copolymer while at the same time decrease its refractive index.
Suitable glycol monomer molecules for use in forming glycol subunits of the polyester layers include ethylene glycol; propylene glycol; 1,4-butanediol and isomers thereof; 1,6-hexanediol; neopentyl glycol; polyethylene glycol; diethylene glycol; tricyclodecanediol; 1,4-cyclohexanedimethanol and isomers thereof; 2-butyl-2-ethyl-l,3-propane diol; 2,2,4-triethyl-l,3-pentane diol; norbornanediol; bicyclo-octanediol; trimethylol propane; pentaerythritol; 1,4-benzenedimethanol and isomers thereof; bisphenol A; 1,8-dihydroxy biphenyl and isomers thereof; and l,3-bis(2- hydroxyethoxy)benzene.
1,4-cyclohexane dimethanol (chdm) also has been found useful for some exemplary embodiments of the present disclosure due to the inverse effect it has on the polymer properties of glass transition temperature and refractive index. Increasing the mol portion of chdm can increase the glass transition temperature of the copolymer while at the same time decrease its refractive index. In particular, copolyesters containing both tbia and chdm were found to have relatively high glass transition temperatures for their respective refractive indices.」(明細書6ページ27行ないし8ページ7行)
(日本語訳)
「多層ポリマーフィルム10の光学層12,14及び非光学層18は,ポリエステルなどのポリマーで構成することができる。ポリエステルは,カルボキシレート及びグリコールサブユニットを含み,カルボキシレートモノマー分子とグリコールモノマー分子を反応させることによって生成される。各カルボキシレートモノマー分子は,2つ以上のカルボン酸又はエステル官能基を有し,各グリコールモノマー分子は,2つ以上のヒドロキシ官能基を有する。カルボキシレートモノマー分子はすべて同一であるか,又は2つ以上の異なる種類の分子が存在する。同じことが,グリコールモノマー分子に当てはまる。・・・(中略)・・・
ポリエステル層のカルボキシレートサブユニットの形成で使用するのに適しているカルボキシレートモノマーとしては,例えば,2,6-ナフタレンジカルボン酸及びその異性体;テレフタル酸;イソフタル酸;フタル酸;アゼライン酸;アジピン酸;セバシン酸;ノルボルネンジカルボン酸;ビシクロオクタンジカルボン酸;1,6-シクロヘキサンジカルボン酸及びその異性体;t-ブチルイソフタル酸,トリメリト酸,ナトリウムスルホン化イソフタル酸;4,4-ビフェニルジカルボン酸及びその異性体;及びメチル又はメチルエステルなどのこれらの酸の低級アルキルエステルが挙げられる。この文脈において,「低級アルキル」という用語は,C_(1)-C_(10)直鎖又は分枝鎖アルキル基を意味する。「ポリエステル」という用語には,グリコールモノマー分子と炭酸のエステルとの反応から誘導されるポリカーボネート,及び上記のコモノマーから製造されるコポリエステルとポリカーボネートのブレンドもまた包含される。
驚くべきことに,t-ブチルイソフタレート(tbia)は,ガラス転移温度及び屈折率のポリマー特性にそれが逆の効果を及ぼすために,本発明の開示内容の一部の例示的な実施形態において有用であることが見出された。tbiaのモル分(mol portion)が増加すると,コポリマーのガラス転移温度が上昇し,それと同時に,屈折率が低下する。
ポリエステル層のグリコールサブユニットの形成に使用するのに適しているグリコールモノマー分子としては,エチレングリコール;プロピレングリコール;1,4-ブタンジオール及びその異性体;1,6-ヘキサンジオール;ネオペンチルグリコール;ポリエチレングリコール;ジエチレングリコール;トリシクロデカンジオール;1,4-シクロヘキサンジメタノール及びその異性体;2-ブチル-2-エチル-1,3-プロパンジオール;2,2,4-トリエチル-1,3-ペンタンジオール;ノルボルナンジオール;ビシクロ-オクタンジオール;トリメチロールプロパン;ペンタエリトリトール;1,4-ベンゼンジメタノール及びその異性体;ビスフェノールA;1,8-ジヒドロキシビフェニル及びその異性体;及び1,3-ビス(2-ヒドロキシエトキシ)ベンゼンが挙げられる。
1,4-シクロヘキサンジメタノール(chdm)もまた,ガラス転移温度及び屈折率のポリマー特性にそれが逆の効果を及ぼすために,本発明の開示内容の一部の例示的な実施形態において有用であることが見出された。chdmのモル分が増加すると,コポリマーのガラス転移温度が上昇し,それと同時に,屈折率が低下する。特に,tbiaとchdmのどちらも含有するコポリエステルは,それらのそれぞれの屈折率に対して相対的に高い転移温度を有することが見出された。」

(オ) 「The first optical layers 12 can be orientable polymer films, such as polyester films, which may be made birefringent by, for example, stretching the first optical layers 12 in a desired direction or directions. The term "birefringent" means that the indices of refraction in orthogonal x, y, and z directions are not all the same. For films or layers in a film, a convenient choice of x, y, and z axes is shown in Figure 1 in which the x and y axes correspond to the length and width of the film or layer and the z axis corresponds to the thickness of the layer or film. In the embodiment illustrated in Figure 1, the film 10 has several optical layers 12, 14 which are stacked one on top of the other in the z-direction.
The first optical layers 12 may be uniaxially-oriented, for example, by stretching in a single direction. Typically, stretching in one film in-plane direction causes drawdown in at least one other orthogonal direction, usually the thickness direction of the film, to preserve approximate volume conservation (as corrected by density changes, e.g. due to crystallization) upon stretching. In one embodiment, the direction of stretching substantially corresponds to either the x or y in-plane axis shown in Figure 1. However, other directions may be chosen. In one illustrative embodiment of a uniaxial stretch, the film is stretched in one direction and the film contracts in two orthogonal directions to this stretch direction, e.g. in the non-drawn (or non-stretched) in-plane direction and the thickness direction. When the relative amount of contraction is similar in these directions, the first optical layers 12 attain relatively similar refractive indices in these directions perpendicular to stretch. Likewise, the maximum birefringence of the first optical layers 12 measured in this plane normal to the stretch direction is small relative to the main in-plane birefringence of these same first optical layers 12. The first optical layers 12 are then truly or nearly truly uniaxially oriented.・・・(中略)・・・The degree of alteration in the index of refraction along the stretch direction will depend on factors such as the amount of stretching, the stretch rate, the temperature of the film during stretching, the thickness of the film, the variation in the film thickness, and the composition of the film. In some embodiments, the first optical layers 12 have a maximum in-plane birefringence (e.g., the absolute value of n_(x)-n_(y) in the absence of shearing rotation or bowing during stretching) after orientation of 0.04 or greater at 632.8 nm, or about 0.1 or greater, or about 0.2 or greater. In some embodiments of nearly truly uniaxially oriented films, the maximum birefringence in the plane normal to the stretch (the absolute value of n_(y)-n_(z) ) of the first optical layers 12 is 0.03 or less at 632.8 nm, 0.02 or less or even 0.01 or less. For a nearly truly uniaxial orientation, the ratio of the maximum birefringence in the plane normal to the stretch to the maximum in-plane birefringence is 0.2 or less, or 0.15 or less, although values of 0.1 or less, or even 0.05 or less, can be achieved. All birefringence and index of refraction values herein are reported for 632.8 nm light unless otherwise indicated.
The birefringence of a material can be increased by increasing the molecular orientation. Many birefringent materials are crystalline or semicrystalline. The term "crystalline" will be used herein to refer to both crystalline and semicrystalline materials. PEN and other crystalline polyesters, such as polybutylene naphthalate (PBN), polypropylene naphthalate (PPN), polyhexamethylene naphthalate (PHN), polyethylene terephthalate (PET), polybutylene terephthalate (PBT), polypropylene terephthalate (PPT), and polyhexamethylene terephthalate (PHT) are examples of crystalline materials useful in the construction of birefringent film layers, such as is often the case for the first optical layers 12. In addition, some copolymers of PEN, PPN, PBN, PHN, PET, PPT, PBT, and PHT are also crystalline or semicrystalline. The addition of a comonomer to PEN, PPN, PBN, PHN, PET, PPT, PBT, or PHT may enhance other properties of the material including, for example, adhesion to the second optical layers 14 or the non-optical layers 18 and/or the lowering of the working temperature (i.e., the temperature for extrusion and/or stretching the film), as desired.
In some embodiments, the first optical layers 12 are made from a semicrystalline, birefringent polyester or copolyester which, in some exemplary embodiments, can include 70 to 100 mol% of a first carboxylate subunit and 0 to 30 mol% of comonomer carboxylate subunits. The comonomer carboxylate subunits may be one or more of the subunits indicated hereinabove. In some embodiments, first carboxylate subunits include naphthalate and terephthalate.
・・・(中略)・・・
In some embodiments, a multilayered polymer film 10 may be formed using first optical layers 12 that are made from a coPEN which has the same in-plane birefringence for a given draw ratio (i.e., the ratio of the length of the film in the stretch direction after stretching and before stretching) as a similar multilayered polymer film formed using PEN for the first optical layers. The matching of birefringence values may be accomplished by the adjustment of processing parameters, such as the processing or stretch temperatures or the processing or stretch rates. Often coPEN optical layers have an index of refraction in the draw direction which is at least 0.02 units less than the index of refraction of the PEN optical layers in the draw direction. The birefringence is maintained because there is a decrease in the index of refraction in a non-draw direction.
In some embodiments, PEN often has an in-plane index of refraction that is 1.84 or higher and the difference between the in-plane indices of refraction is about 0.22 to 0.24 or more when measured using 632.8 nm light. The in-plane refractive index differences, or birefringence, of the first optical layers, whether they be PEN or coPEN, may be reduced to less than 0.2 to improve properties, such as interlayer adhesion. Similar comparisons between suitable coPBN and coPET polymers for the first layers can be made with PBN and PET.」(明細書8ページ8行ないし11ページ14行)
(日本語訳)
「第1光学層12は,第1光学層12を所望の一方向又は複数方向に引き伸ばすことによって,複屈折性にすることができる,ポリエステルフィルムなどの廷伸可能なポリマーフィルムであることができる。「複屈折性」という用語は,直交するx,y,及びz方向における屈折率がすべて同じとは限らないことを意味する。フィルム又はフィルムにおける層については,x,y,及びz軸の簡便な選択が図1に示されており,図においてx及びy軸は,フィルム又は層の長さ及び幅に相当し,z軸は,層又はフィルムの厚さに相当する。図1に例示される実施形態において,フィルム10は,z方向で他の層の上に積重ねられた層である,いくつかの光学層12,14を有する。
第1光学層12は,例えば一方向に引き伸ばすことによって,一軸延伸される。一般に,1つのフィルム面内方向に引き伸ばすことによって,少なくとも1つの直交する他の方向に,通常フィルムの厚さ方向にドローダウン(drawdown)が起こり,引き伸ばすと適切な体積保存(例えば,結晶化が原因の密度変化によって補正された)が保たれる。一実施形態において,引き伸ばす方向は実質的に,図1に示す面内x又はy軸のいずれかに相当する。しかしながら,他の方向を選択することができる。一軸延伸の例証となる一実施形態において,フィルムは,一方向に引き伸ばされ,フィルムは,この延伸方向に直交する二方向に,例えば非延伸(又は引き伸ばしていない)面内方向及び厚さ方向に収縮する。収縮の相対的な量がこれらの方向でほぼ同じである場合には,第1光学層12は,延伸に対して垂直なこれらの方向において比較的類似した屈折率を得る。同様に,延伸方向に対して垂直なこの面で測定された第1光学層12の最大複屈折は,これらの同じ第1光学層12の主面内複屈折に対して小さい。次いで,第1光学層12は正確に,又はほぼ正確に一軸延伸される。・・・(中略)・・・延伸方向に沿った屈折率の変化の程度は,延伸の量,延伸速度,延伸中のフィルムの温度,フィルムの厚さ,フィルム厚さのばらつき,及びフィルムの組成などの因子に依存する。一部の実施形態では,第1光学層12は,延伸後,632.8nmで0.04以上,又は約0.1以上,又は約0.2以上の最大面内複屈折(例えば,せん断回転又は延伸中の弓反りの非存在下でのn_(x)-n_(y)の絶対値)を有する。ほぼ正確に一軸延伸されたフィルムの一部の実施形態において,第1光学層12の延伸に対して垂直な面における最大複屈折(n_(y)-n_(z)の絶対値)は,632.8nmで0.03以下,0.02以下又はさらには0.01以下である。ほぼ正確な一軸延伸の場合,延伸に対して垂直な面における最大複屈折と,最大面内複屈折との比は,0.2以下又は0.15以下であるが,0.1以下,又はさらには0.05以下の値を達成することができる。本明細書におけるすべての複屈折及び屈折率の値は,別段の指定がない限り,632.8nmの光について報告されている。
材料の複屈折は,分子配向を増加することによって高めることができる。多くの複屈折性材料は,結晶性又は半結晶性である。「結晶性」という用語は,結晶性材料と半結晶性材料の両方を指すために本明細書で使用される。PEN及び他の結晶性ポリエステル,例えばポリブチレンナフタレート(PBN),ポリプロピレンナフタレート(PPN),ポリヘキサメチレンナフタレート(PHN),ポリエチレンテレフタレート(PET),ポリブチレンテレフタレート(PBT),ポリプロピレンテレフタレート(PPT),及びポリヘキサメチレンテレフタレート(PHT)は,第1光学層12に関してしばしばそうであるように,複屈折性フィルム層の構造において有用な結晶性材料の例である。さらに,PEN,PPN,PBN,PHN,PET,PPT,PBT,及びPHTの一部のコポリマーもまた,結晶性又は半結晶性である。PEN,PPN,PBN,PHN,PET,PPT,PBT,又はPHTにコモノマーを添加することによって,例えば,第2光学層14又は非光学層18への粘着性及び/又は作業温度(つまり,押出し成形温度及び/又はフィルムの延伸温度)の低下を含む材料の他の特性を所望通りに高めることができる。
一部の実施形態において,第1光学層12は,半結晶性複屈折性ポリエステル又はコポリエステルから製造され,一部の例示的な実施形態では,第1カルボキシレートサブユニット70ないし100モル%,コモノマーカルボキシレートサブユニット0ないし30モル%を含有する。コモノマーカルボキシレートサブユニットは,上記の1つ又は複数のサブユニットである。一部の実施形態において,第1カルボキシレートサブユニットは,ナフタレート及びテレフタレートを含む。
・・・(中略)・・・
一部の実施形態において,多層ポリマーフィルム10は,第1光学層についてPENを使用して形成された同様な多層ポリマーフィルムと所定の延伸比(つまり,延伸後及び延伸前の延伸方向のフィルムの長さの比)で同じ面内複屈折を有するcoPENから製造される第1光学層12を使用して形成される。複屈折値の一致は,加工もしくは延伸温度又は加工もしくは延伸速度などの加工パラメーターを調節することによって達成される。しばしば,coPEN光学層は,延伸方向のPEN光学層の屈折率よりも少なくとも0.02単位低い,延伸方向の屈折率を有する。複屈折は,非延伸方向の屈折率の減少があるために維持される。
一実施形態において,PENはしばしば,1.84以上の面内屈折率を有し,面内屈折率間の差は,632.8nmの光を使用して測定した場合に約0.22ないし0.24又はそれ以上である。PENであろうとcoPENであろうと,第1光学層の面内屈折率の差又は複屈折は,中間層の粘着性などの特性を向上させるために,0.2未満に低減される。第1層の適切なcoPBNとcoPETポリマーの同様な比較は,PBN及びPETで行うことができる。」

(カ) 「The second optical layers 14 may be made from a variety of polymers. The second optical layers 14 can be made from a variety of copolymers of polyesters (i.e., copolyesters.) Illustrative copolyesters useful in the second optical layers 14 include, coPEN, coPET and co-TBIA copolymers, for example.
In some embodiments, the second optical layers 14 are uniaxially or biaxially orientable. However, more typically the second optical layers 14 are not oriented under the processing conditions used to orient the first optical layers 12. These second optical layers 14 typically retain a relatively isotropic index of refraction, even when stretched. Preferably, the second optical layers have a birefringence (e.g., |n_(x)-n_(y)| or |n_(x)-n_(z)|) of less than about 0.04 or less than about 0.02 at 632.8 nm.
One illustrative copolyester useful for forming the second optical layers is a coPEN polymer. The coPEN polymers of the present disclosure have low in-plane indices of refraction (e.g., n_(x) or n_(y) or both) while maintaining relatively high glass transition temperatures. Some illustrative coPEN polymers have in-plane indices of refraction that are less than 1.59, for example, 1.58 or less, with a glass transition temperature of 90 degrees Celsius or greater, 100 degrees Celsius or greater, or 102 degrees Celsius or greater. Other illustrative coPEN polymers have in-plane indices of refraction of 1.57 or less with a glass transition temperature of 90 degrees Celsius or greater, or 1.56 or less with a glass transition temperature values of 80 degrees Celsius or greater.
In some embodiments, these coPEN copolymers include carboxylate subunits which are derived from 10 to 50 mol% naphthalate dicarboxylate and 30 to 90 mol% t-butyl-isophthalic acid (TBIA) or an ester thereof and terephthalate may optionally be present up to 50 mol% or 0 to 50 mol %. Higher refractive indices and higher glass transition temperature can be achieved by increasing the naphthalate dicarboxylate content.
・・・(中略)・・・
One illustrative example of a coPEN has carboxylate subunits derived from 35 to 45 mol% naphthalate dicarboxylate and 40 to 50 mol% TBIA, and 10-20 mol% terephthalate; and glycol subunits derived from 50 to 70 mol% 1 ,4-cyclohexane dimethanol and 20 to 40 mol% neopentyl glycol, and 5-30 mol% 1,2 ethane diol. This illustrative coPEN has a refractive index of 1.56-1.58 and a glass transition temperature (Tg) of 100 to 105 degrees Celsius. Other exemplary coPEN polymers can be produced with a Tg of 106 to 107 degrees Celsius that have a refractive index of about 1.58. Such higher Tgs can be achieved, for example, by increasing the naphthalate dicarboxylate content.」(明細書11ページ15行ないし13ページ6行)
(日本語訳)
「第2光学層14は,様々なポリマーから製造される。第2光学層14は,ポリエステルの様々なコポリマー(つまり,コポリエステル)から製造することができる。第2光学層14において有用な実例となるコポリエステルとしては,例えば,coPEN,coPET及びco-TBIAコポリマーが挙げられる。
一部の実施形態において,第2光学層14は,一軸又は二軸延伸可能である。しかしながら,さらに一般的には,第2光学層14は,第1光学層12を延伸するために使用される加工条件下で延伸されない。これらの第2光学層14は一般に,延伸された場合でさえ,比較的等方性の屈折率を保持する。好ましくは,第2光学層は,632.8nmで約0.04未満又は約0.02未満の複屈折(例えば,|n_(x)-n_(y)|又は|n_(x)-n_(z)|)を有する。
第2光学層を形成するのに有用な,実例となるコポリエステルは,coPENポリマーである。本発明の開示内容のcoPENポリマーは,比較的高いガラス転移温度を維持しながら,低い面内屈折率(例えば,n_(x)又はn_(y)又はその両方)を有する。実例となる一部のcoPENポリマーは,ガラス転移温度90℃以上,100℃以上,又は102℃以上と共に,1.59未満,例えば1.58以下の面内屈折率を有する。実例となる他のcoPENポリマーは,ガラス転移温度90℃以上と共に1.57以下の面内屈折率を有し,又はガラス転移温度値80℃以上と共に1.56以下の面内屈折率を有する。
一部の実施形態において,これらのcoPENコポリマーは,ナフタレートジカルボキシレート10ないし50モル%及びt-ブチル-イソフタル酸(TBIA)又はそのエステル30ないし90モル%から誘導されるカルボキシレートサブユニットを含み,テレフタレートは任意に,50モル%まで,又は0ないし50モル%存在する。より高い屈折率及びより高いガラス転移温度は,ナフタレートジカルボキシレート含有量を増加することによって達成することができる。
・・・(中略)・・・
coPENの実例となる一例は,ナフタレートジカルボキシレート35ないし45モル%,TBIA40ないし50モル%,テレフタレート10ないし20モル%から誘導されるカルボキシレートサブユニット;1,4-シクロヘキサンジメタノール50ないし70モル%,ネオペンチルグリコール20ないし40モル%,1,2エタンジオール5ないし30モル%から誘導されるグリコールサブユニット;を有する。この実例となるcoPENは,屈折率1.56ないし1.58及びガラス転移温度(Tg)100ないし105℃を有する。屈折率約1.58を有し,Tg106ないし107℃を有する,実例となる他のcoPENポリマーを製造することができる。例えば,ナフタレートジカルボキシレート含有量を増加することによって,このように高いTgを達成することができる。」

(キ) 「The non-optical layers 18 may also be made from copolyesters similar to the first or second optical layers 12, 14 using similar materials and similar amounts of each material. The polyesters of the first optical layers 12, the second optical layers 14, and the non-optical layers 18 can be chosen to have similar rheological properties (e.g., melt viscosities) so that they can be co-extruded. The second optical layers 14 and the non- optical layers 18 can have a glass transition temperature, T g , that is either below or no greater than about 4O 0 C above the glass transition temperature of the first optical layers 12. Preferably, the glass transition temperature of the second optical layers 14 and the non- optical layers 18 is below the glass transition temperature of the first optical layers 12.」(明細書16ページ21行ないし下から3行)
(日本語訳)
「同様な材料及び同様な量の各材料を用いて,第1光学層12又は第2光学層14と同様なコポリエステルから,非光学層18もまた製造される。第1光学層12,第2光学層14,及び非光学層18のポリエステルは,同様な流動学的特性(例えば,溶融粘度)を有するように選択され,そのため,共押出し成形することができる。第2光学層14及び非光学層18は,第1光学層12のガラス転移温度よりも約40℃未満又は以下高いガラス転移温度,Tgを有することができる。好ましくは,第2光学層14及び非光学層18のガラス転移温度は,第1光学層12のガラス転移温度未満である。」

(ク) 「A polarizer may be made by combining a uniaxially-oriented first optical layer 12 with a second optical layer 14 having an isotropic index of refraction that is approximately equal to one of the in-plane indices of the oriented layer. Alternatively, both optical layers 12, 14 can be formed from birefringent polymers and are oriented in a. multiple draw process so that the indices of refraction in a single in-plane direction are approximately equal. The interface between the two optical layers 12, 14, in either case, forms a light reflection plane. Light polarized in a plane parallel to the direction in which the indices of refraction of the two layers are approximately equal will be substantially transmitted. Light polarized in a plane parallel to the direction in which the two layers have different indices will be at least partially reflected. The reflectivity can be increased by increasing the number of layers or by increasing the difference in the indices of refraction between the first and second layers 12, 14.
Typically, the highest reflectivity for a particular interface occurs at a wavelength corresponding to twice the combined optical thickness of the pair of optical layers 12, 14 which form the interface. The optical thickness of the two layers is n_(1)d_(1)+n_(2)d_(2) where n_(1), n_(2) are the indices of refraction of the two layers and d_(1), d_(2) are the thicknesses of the layers. The layers 12, 14 may each be a quarter wavelength thick or the layers 12, 14 may have different optical thicknesses, so long as the sum of the optical thicknesses is half of a wavelength (or a multiple thereof). A film having a plurality of layers may include layers with different optical thicknesses to increase the reflectivity of the film over a range of wavelengths. For example, a film may include pairs of layers which are individually tuned to achieve optimal reflection of light having particular wavelengths.
・・・(中略)・・・
The second optical layers 14 may be prepared with a variety of optical properties depending, at least in part, on the desired operation of the film 10. In one embodiment, the second optical layers 14 are made of a polymer material that does not appreciably optically orient when stretched under conditions which are used to orient the first optical layers 12. Such layers are particularly useful in the formation of reflective polarizing films, because they allow the formation of a stack 16 of layers by, for example, coextrusion, which can then be stretched to orient the first optical layers 12 while the second optical layers 14 remain relatively isotropic. Typically, the index of refraction of the second optical layers 14 is approximately equal to one of the indices of the oriented first optical layers 12 to allow transmission of light with a polarization in a plane parallel to the direction of the matched indices. Preferably, the two approximately equal indices of refraction differ by about 0.05 or less, and more preferably by about 0.02 or less, at 632.8 nm. In one embodiment, the index of refraction of the second optical layers 14 is approximately equal to the index of refraction of the first optical layers 12 prior to stretching.
In other embodiments, the second optical layers 14 are orientable. In some cases, the second optical layers 14 have one in-plane index of refraction that is substantially the same as the corresponding index of refraction of the first optical layers 12 after orientation of the two sets of layers 12, 14, while the other in-plane index of refraction is substantially different than that of the first optical layers 12.」(明細書17ページ16行ないし19ページ11行)
(日本語訳)
「偏光子は,延伸層の面内屈折率のうちの1つにおよそ等しい等方性屈折率を有する第2光学層14と一軸延伸第1光学層12とを合わせることによって製造される。代替方法としては,光学層12,14のどちらも,複屈折性ポリマーから形成することができ,1つの面内方向の屈折率がおよそ等しくなるように多重延伸プロセス(multiple draw process)で延伸される。2つの光学層12,14の間の境界面は,いずれの場合にも,光反射面を形成する。2つの層の屈折率がおよそ等しい方向に,平行な面において偏光された光は,実質的に透過される。2つの層が異なる屈折率を有する方向に,平行な面において偏光された光は,少なくとも一部反射される。反射率は,層の数を増やすことによって,又は第1層12と第2層14の屈折率の差を増加することによって高めることができる。
一般に,特定の境界面についての最大反射率は,境界面を形成する光学層12,14の対の合わせた光学的厚さの2倍に相当する波長で生じる。2つの層の光学的厚さは,n_(1)d_(1)+n_(2)d_(2)(n_(1),n_(2)は,2つの層の屈折率であり,d_(1),d_(2)は,層の厚さである)である。層12,14はそれぞれ,四分の一波長の厚さであり,又は光学的厚さの合計が二分の一波長(又はその倍数)である限り,層12,14は異なる光学的厚さを有する。複数の層を有するフィルムは,波長範囲にわたるフィルムの反射率を高めるために,異なる光学的厚さを有する層を含み得る。例えば,フィルムは,特定の波長を有する光の最適な反射を達成するために個々に調整された対の層を含み得る。
・・・(中略)・・・
少なくとも一部,フィルム10の所望の作用に応じて,様々な光学的性質を有する第2光学層14を製造することができる。一実施形態において,第2光学層14は,第1光学層12を延伸するために用いられる条件下で引き伸ばした場合に,認め得るほどに光学的に配向しないポリマー材料で製造される。かかる層は,例えば,共押出し成形による層のスタック16の形成を可能にし,次いで,それを引き伸ばして第1光学層12を延伸することができ,第2光学層14は比較的等方性のままであることから,反射性偏光フィルムの形成に特に有用である。一般に,第2光学層14の屈折率は,延伸第1光学層12の屈折率のうちの1つに等しく,一致する屈折率の方向に平行な面において偏光を有する光の透過が可能となる。好ましくは,2つのおよそ等しい屈折率は,632.8nmにて約0.05以下,さらに好ましくは約0.02以下異なる。一実施形態において,第2光学層14の屈折率は,延伸前の第1光学層12の屈折率におよそ等しい。
他の実施形態において,第2光学層14は延伸可能である。場合によっては,第2光学層14は,層12,14の2セットを延伸した後,第1光学層12の相当する屈折率と実質的に同じである1つの面内屈折率を有し,もう1つの面内屈折率は,第1光学層12の屈折率と実質的に異なる。」

(ケ) 「A brief description of one method for forming multilayer polymer films is provided below.・・・(中略)・・・The multilayer polymer films are formed by extrusion of polymers to be used in the first and second optical layers, as well as the non-optical layers.・・・(中略)・・・The entire melt stream processing of more than one polymer, up to and including film casting on a chill roll, is often referred to as co-extrusion.
・・・(中略)・・・
Multilayer feedblocks divide each of two or more polymer melt streams into many layers, interleave these layers, and combine the many layers into a single multilayer stream.・・・(中略)・・・
The multilayer stack exiting the feedblock manifold may then enter a final shaping unit such as a die. Alternatively, the stream may be split, preferably normal to the layers in the stack, to form two or more multilayer streams that may be recombined by stacking. The stream may also be split at an angle other than normal to the layers. A flow channeling system that splits and stacks the streams is called a multiplier.・・・(中略)・・・
After multiplication, the web is directed to the final shaping unit. The web is then cast onto a chill roll, sometimes also referred to as a casting wheel or casting drum. This casting is often assisted by electrostatic pinning, the details of which are well-known in the art of polymer film manufacture. The web may be cast to a uniform thickness across the web or a deliberate profiling of the web thickness may be induced using die lip controls.
The multilayer web is then drawn to produce the final multilayer optical film. In one exemplary method for making a multilayer optical polarizer, a single drawing step is used. This process may be performed in a tenter or a length orienter. Typical tenters draw transversely (TD) to the web path, although certain tenters are equipped with mechanisms to draw or relax (shrink) the film dimensionally in the web path or machine: direction (MD). Thus, in this exemplary method, a film is drawn in one in-plane direction. The second in-plane dimension is either held constant as in a conventional tenter, or is allowed to neck in to a smaller width as in a length orienter. Such necking in may be substantial and increase with draw ratio.」(明細書20ページ24行ないし22ページ23行)
(日本語訳)
「多層ポリマーフィルムを形成するための一方法の簡単な説明を以下に示す。・・・(中略)・・・多層ポリマーフィルムは,第1及び第2光学層ならびに非光学層において使用されるポリマーを押出し成形することによって形成される。・・・(中略)・・・チルロール上のフィルムキャスティングまでの,複数のポリマーのメルトストリーム加工全体は,共押出し成形と呼ばれる場合が多い。
・・・(中略)・・・
多層供給ブロックは,2つ以上のポリマーメルトストリームのそれぞれを多くの層に分け,これらの層を差し込み,多くの層を1つの多層ストリームにまとめる。・・・(中略)・・・
次いで,供給ブロックマニホールドから出る多層スタックは,ダイなどの最終成形ユニットに入る。代替方法としては,ストリームは,スタックにおける層に対して好ましくは垂直に分離し,2つ以上の多層ストリームが形成され,そのストリームは,積重ねによって再び結合される。ストリームは,層に対して垂直以外の角度で分離することもできる。ストリームを分割及び積重ねる流路システムは,倍増器と呼ばれる。・・・(中略)・・・
倍増後,ウェブを最終成形ユニットに向ける。次いで,時にキャストホイール又はキャストドラムとも呼ばれる,チルロール上にウェブをキャストする。このキャスティングはしばしば,静電ピンニングによって補助され,その詳細は,ポリマーフィルム製造の分野でよく知られている。ウェブは,ウェブ全体にわたって均一な厚さにキャストされるか,又はダイリップ制御を用いて,ウェブ厚の計画的なプロファイリングが誘導される。
次いで,多層ウェブを延伸して,最終的な多層光学フィルムが製造される。多層光学偏光子を作製する一つの例示的な方法では,1つの延伸ステップが用いられる。このプロセスは,テンター又は縦延伸機において行われる。一般的なテンターは,ウェブ経路に対して横方向(TD)に延伸するが,特定のテンターは,ウェブ経路又は機械方向(MD)にフィルムを寸法的に延伸又は緩める(縮める)ようなメカニズムを備える。したがって,この例示的な方法において,フィルムは,1つの面内方向に延伸される。第2面内寸法は,従来のテンターのように一定に保たれるか,あるいは縦延伸器のように,より小さな幅にネッキングする。かかるネッキングは,かなりの程度であり,延伸比と共に増加する。」

(コ) 「Materials
Monomers, catalysts and stabilizers utilized in creating polymers for these examples are commercially available from the following exemplary suppliers: ・・・(中略)・・・; propylene polymer available as PP 6671 from Atofina Chemicals; propylene polymer available as PP 1024 from Exxon Mobil (Houston, TX);・・・(中略)・・・
[EXAMPLE 1]
[Synthesis of polyethylene naphthalate (PEN)]
The polyethylene naphthalate (PEN) used to form the first optical layers was synthesized in a batch reactor with the following raw material charge: dimethyl naphthalene dicarboxylate (136 kg), ethylene glycol (73 kg), manganese (H) acetate (27g), cobalt (II) acetate (27g) and antimony (III) acetate (48g). Under a pressure of 2 atmospheres (1520 torr or 2x10^(5) N/m^(2)), this mixture was heated to 254℃ while removing methanol (a transesterification reaction by-product). After 35 kg of methanol was removed, 49 g of triethyl phosphonoacetate (49g) was charged to the reactor and the pressure was gradually reduced to 1 torr (131 N/m^(2)) while heating to 29O℃. The condensation reaction by-product, ethylene glycol, was continuously removed until a polymer with an intrinsic viscosity of 0.48 dL/g (as measured in 60/40 wt.% phenol/o-dichlorobenzene) was produced.
[Synthesis of ethylene naphthalate t-butyl isophthalate polymer (CoPEN-tbia)]
The synthesis of the CoPEN-tbia polymer was carried out in a batch reactor which was charged with the following materials: dimethyl 2,6-naphthalenedicarboxylate (47.3 kg), dimethyl terephthalate (18.6 kg), 1,4-cyclohexane dimethanol (40.5 kg), neopentyl glycol (15 kg), ethylene glycol (41.8 kg), trimethylol propane (2 kg), cobalt (H) acetate (36.3 g), zinc acetate (50g), and antimony (HI) acetate (65g). The mixture was heated to a temperature of 254℃ at a pressure of two atmospheres (2x10^(5) N/m^(2)) and the mixture allowed to react while removing the methanol reaction product.
After completing the reaction and removing all of the methanol (approximately 13.1 kg) the reaction vessel was charged with tertiary-butyl isophthalate (43.2 kg). The reaction was continued at 254℃ until approximately 7.4 kg of water was removed and the reaction was complete.
The reaction vessel was charged with triethyl phosphonoacetate (70g) and the pressure was reduced to one torr (263 N/m^(2)) while heating to 290℃. The condensation by-product, ethylene glycol, was continuously removed until a polymer with intrinsic viscosity 0.632 dl/g as measured in a 60/40 weight percent mixture of phenol and o-dichlorobenzene is produced. The CoPEN-tbia polymer produced by this method had a glass transition temperature (Tg) of 102℃ as measured by differential scanning calorimetry at a temperature ramp rate of 20℃ per minute. The CoPEN-tbia polymer had a refractive index of 1.567.
[Multilayer optical film - PEN/CoPEN-tbia reflective polarizer film]
The above described PEN and CoPEN-tbia were coextruded through a multilayer melt manifold to create a multilayer optical film with 275 alternating first and second optical layers. The PEN layers were the first optical layers and the CoPEN-tbia layers were the second optical layers. In addition to the first and second optical layers, a set of non-optical layers, also comprised of CoPEN-tbia were coextruded as PBL(protective boundary layers) on either side of the optical layer stack. Two sets of skin layers were also coextruded on the outer side of the PBL non-optical layers through additional melt ports. Poly(methyl methacrylate) was used to form the internal set of skin layers. The external skin layers were made from a blend of propylene polymers (80:20 by weight respectively of PP6671 and PP 1024) were used to form the external set of coextruded skin layers. The construction was, therefore, in order of layers: polypropylene mixture outer skin layer, polymethyl methacrylate inner skin layer, 275 alternating layers of optical layers one and two, polymethyl methacrylate inner skin layer, and a further polypropylene outer skin layer.
The multilayer extruded film was cast onto a chill roll at 23.5 meters per minute (77 feet per minute) and heated in an oven at 154℃(310°F) for 30 seconds, and then nearly truly uniaxially oriented at a 6:1 draw ratio to produce a reflective polarizer film of approximately 30 microns (1.2 mils) thickness.
This multilayer film was tested for microwrinkling - no appreciable micro wrinkling was observed up to 1000 hours.」(明細書25ページ22行ないし28ページ6行)
(日本語訳)
「材料
これらの実施例のポリマーの製造に使用されるモノマー,触媒,および安定剤は,以下の例示的な供給業者から市販されている:・・・(中略)・・・;アトフィナ・ケミカルズ社からPP6671として市販されているプロピレンポリマー;エクソンモービル社(テキサス州ヒューストン)からPP1024として市販されているプロピレンポリマー;・・・(中略)・・・
[実施例1]
[ポリエチレンナフタレート(PEN)の合成]
第1光学層の形成に使用されるポリエチレンナフタレート(PEN)を以下の原料:ジメチルナフタレンジカルボキシレート(136kg),エチレングリコール(73kg),酢酸マンガン(II)(27g),酢酸コバルト(II)(27g)及び酢酸アンチモン(III)(48g)が装入されたバッチ反応器内で合成した。2気圧(1520トル又は2×10^(5)N/m^(2))の圧力下にて,メタノール(エステル交換反応の副生成物)を除去しながら,この混合物を254℃に加熱した。メタノール35kgを除去した後,トリエチルホスホノアセテート(49g)を反応器に装入し,290℃に加熱しながら,圧力を徐々に1トル(131N/m^(2))に下げた。固有粘度0.48dL/g(フェノール60重量%/o-ジクロロベンゼン40重量%中で測定)を有するポリマーが生成するまで,縮合反応副生成物であるエチレングリコールを連続的に除去した。
[エチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマー(CoPEN-tbia)の合成]
以下の材料:ジメチル2,6-ナフタレンジカルボキシレート(47.3kg),ジメチルテレフタレート(18.6kg),1,4-シクロヘキサンジメタノール(40.5kg),ネオペンチルグリコール(15kg),エチレングリコール(41.8kg),トリメチロールプロパン(2kg),酢酸コバルト(II)(36.3g),酢酸亜鉛(50g),及び酢酸アンチモン(III)(65g)が装入されたバッチ反応器において,CoPEN-tbiaポリマーの合成を行った。圧力2気圧(2×10^(5)N/m^(2))にて温度254℃に混合物を加熱し,メタノール反応生成物を除去しながら,その混合物を反応させた。
反応が完了し,メタノールすべて(約13.1kg)を除去した後,反応容器にt-ブチルイソフタレート(43.2kg)を装入した。水約7.4kgを除去し,反応が完了するまで,反応を254℃で続けた。
反応容器にトリエチルホスホノアセテート(70g)を装入し,290℃に加熱しながら,圧力を1トル(263N/m^(2))に下げた。フェノールとo-ジクロロベンゼンの60/40重量%混合物中で測定された固有粘度0.632dl/gを有するポリマーが生成するまで,縮合副生成物であるエチレングリコールを連続的に除去した。この方法によって製造されたCoPEN-tbiaポリマーは,昇温速度20℃/分にて示差走査熱量測定によって測定されたガラス転移温度(Tg)102℃を有した。CoPEN-tbiaポリマーは,屈折率1.567を有した。
[多層光学フィルム-PEN/CoPEN-tbia反射偏光子フィルム]
多層メルトマニホールドを通して,上述のPEN及びCoPEN-tbiaを共押出し成形し,交互になる275の第1及び第2光学層を有する多層光学フィルムを作製した。PEN層は第1光学層であり,CoPEN-tbia層は第2光学層である。第1及び第2光学層に加えて,CoPEN-tbiaでも構成される1セットの非光学層を光学層スタックのいずれかの面にPBL(保護境界層)として共押出し成形した。更なるメルトポートを通して,PBL非光学層の外部面上に2セットのスキン層もまた共押出し成形した。ポリ(メチルメタクリレート)を使用して,内部セットのスキン層を形成した。外部スキン層をプロピレンポリマーのブレンド(PP6671及びPP1024が重量比でそれぞれ80:20)から製造し,それを使用して外部セットの共押出しスキン層を形成した。したがって,この構造体は,ポリプロピレン混合物外部スキン層,ポリメチルメタクリレート内部スキン層,第1及び第2光学層の275の交互層,ポリメチルメタクリレート内部スキン層,及び更なるポリプロピレン外部スキン層の順序である。
チルロール上に23.5メートル/分(77フィート/分)で多層押出しフィルムをキャストし,154℃(310°F)にてオーブン内で30秒間加熱し,次いでほぼ正確に延伸比6:1で一軸延伸し,厚さ約30ミクロン(1.2ミル)の反射偏光子フィルムを製造した。
この多層フィルムを微細な皺について試験した。1000時間まで,認知できる微細な皺は観察されなかった。」

(サ) 「TABLE 2: Glass transition temperatures and refractive indices

」(明細書43ページ下から2行ないし44ページ1行(表は1行と数える。))
(日本語訳)
「表2:ガラス転移温度及び屈折率



(シ) 「

」(図面1/2ページ)

イ 引用文献1に記載された発明
前記ア(ア)ないし(シ)で摘記した引用文献1の記載から,実施例1に関する発明として,引用文献1に,次の発明が記載されていると認められる。

「チルロール上に23.5メートル/分で多層押出しフィルムをキャストし,154℃にてオーブン内で30秒間加熱し,次いでほぼ正確に延伸比6:1で一軸延伸することによって製造された,厚さ約30ミクロンの反射偏光子フィルムであって,
前記多層押出しフィルムは,外部スキン層,内部スキン層,第1及び第2光学層の275の交互層,内部スキン層,及び外部スキン層という順序の層構成を有し,
前記外部スキン層は,アトフィナ・ケミカルズ社から市販されているプロピレンポリマーであるPP6671とエクソンモービル社からPP1024として市販されているプロピレンポリマーであるPP1024とを重量比80:20でブレンドしたポリプロプレンのブレンドを使用して形成され,
前記内部スキン層は,ポリメチルメタクリレートを使用して形成され,
前記第1光学層は,下記ポリエチレンナフタレートの合成方法により合成した,屈折率が1.64のポリエチレンナフタレートを使用して形成され,
前記第2光学層は,下記エチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマーの合成方法により合成した,屈折率が1.567のエチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマーを使用して形成された,
反射偏光子フィルム。

[ポリエチレンナフタレートの合成方法]
ジメチルナフタレンジカルボキシレート136kg,エチレングリコール73kg,酢酸マンガン(II)27g,酢酸コバルト(II)27g及び酢酸アンチモン(III)48gをバッチ反応器に装入し,2×10^(5)N/m^(2)の圧力下にて,エステル交換反応の副生成物であるメタノールを除去しながら,254℃に加熱し,メタノール35kgを除去した後,トリエチルホスホノアセテート49gを反応器に装入し,290℃に加熱しながら,圧力を徐々に131N/m^(2)に下げ,フェノールとo-ジクロロベンゼンの60/40重量%混合物中で測定した固有粘度が0.48dL/gのポリマーが生成するまで,縮合反応副生成物であるエチレングリコールを連続的に除去する。

[エチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマーの合成方法]
ジメチル2,6-ナフタレンジカルボキシレート47.3kg,ジメチルテレフタレート18.6kg,1,4-シクロヘキサンジメタノール40.5kg,ネオペンチルグリコール15kg,エチレングリコール41.8kg,トリメチロールプロパン2kg,酢酸コバルト(II)36.3g,酢酸亜鉛50g,及び酢酸アンチモン(III)65gをバッチ反応器に装入し,圧力2×10^(5)N/m^(2)にて温度254℃に加熱し,メタノール反応生成物を除去しながら反応させ,反応が完了し,メタノールすべて(約13.1kg)を除去した後,反応容器にt-ブチルイソフタレート43.2kgを装入し,水約7.4kgを除去し,反応が完了するまで,反応を254℃で続け,反応容器にトリエチルホスホノアセテート70gを装入し,290℃に加熱しながら,圧力を263N/m^(2)に下げ,フェノールとo-ジクロロベンゼンの60/40重量%混合物中で測定された固有粘度が0.632dl/gのポリマーが生成するまで,縮合副生成物であるエチレングリコールを連続的に除去する。」(以下,「引用発明」という。)

(2)周知の技術事項
ア 国際公開第2006/017597号の記載
査定理由で周知例として例示された国際公開公開第2006/017597号(以下,「周知例1」という。)は,本件優先日より前に頒布された刊行物であるところ,当該周知例1には次の記載がある。(日本語訳中の下線は,後述する「第1周知技術」の認定に特に関係する箇所を示す。)
(ア) 「SUMMARY OF THE INVENTION(審決注:下線は省略した。以下,周知例1及び2において同様。)
A container, that can be used for liquids comprising a multilayer structure that can provide good interlayer adhesion characteristics and barrier characteristics where the adhesion can be sufficient to prevent delamination of the layers during use and be adjusted to allow for delamination during recycling operations, comprises or can be produced from a polyester composition in which the adhesive strength can be adjusted by variation of the relative amounts of the components.
A coextruded or coinjected multilayer structure comprising or produced from at least one interior core layer adhered to at least one exterior layer comprising a polyester composition that comprises about 0.001 to about 15 or 7, or about 0.005 to about 7, mole % of a sulfonic acid comonomer wherein the sulfonic acid comonomer includes sulfobenzenedicarboxylic acid, a salt of the acid, an ester of the acid, an ester of the salt, or combinations of two or more thereof and the salt can be metal counterions such as calcium, zinc, sodium, or combinations of two or more thereof.」(明細書2ページ15ないし31行)
(日本語訳)
「発明の要旨
液体用に使用できる容器であって,良好な層間接着特性及びバリア特性を提供することができる多層構造体を含み,該多層構造体は,使用中には層間剥離を防ぐのに十分で,リサイクルの工程中には層間剥離を可能にするように調節され得る接着性を有しており,接着強度を成分の相対量の変化によって調節できるポリエステル組成物を含む又はそれから製造される容器である。
少なくとも1つの外部層に接着された少なくとも1つの内部コア層を含む又はそれから製造された共押出又は共射出された多層構造体であって,前記外部層は,約0.001ないし約15もしくは7モル%,又は約0.005ないし約7モル%のスルホン酸コモノマーを含むポリエステル組成物を含み,前記スルホン酸コモノマーは,スルホベンゼンジカルボン酸,該酸の塩,該酸のエステル,該塩のエステル又はそれらの2つ以上の組み合わせを含み,前記塩は,カルシウム,亜鉛,ナトリウム又はそれらの2つ以上の組み合わせのような金属対イオンであることができる多層構造体である。」

(イ) 「The copolymer of polyester and a sulfonic acid comonomer used herein includes any polymer comprising (or derived from) terephthalic acid or a terephthalate diester such as dimethylterephthalate and ethylene glycol in amounts such that the copolymer comprises at least about 50 mole % ethylene terephthalate, and the remainder of the polymer being derived from comonomers comprising a sulfo (i.e. sulfonic acid) moiety, such as sulfoterephthalic acid or 5-sulfoisophthalic acid, their salts and/or ester forming equivalents thereof (SPET). Examples of sulfonic acid- containing polyester includes polyethylene terephthalate 5-sodium sulfoisophthalate terpolymer, a blend of polyethylene terephthalate 5- sodium sulfoisophthalate terpolymer and polyetherester elastomer block copolymer, a blend of polyethylene terephthalate 5-sodium sulfoisophthalate terpolymer and polyethylene terephthalate, a blend of polyethylene terephthalate 5-sodium sulfoisophthalate terpolymer and ethylene/acrylic acid copolymer and ethylene/methyl acrylate copolymer, a blend of polyethylene terephthalate 5-sodium sulfoisophthalate terpolymer and ethylene/acrylic acid copolymer and ethylene/n-butyl acrylate copolymer.」(明細書6ページ23行ないし24ページ7行)
(日本語訳)
「本明細書で使用されるポリエステルとスルホン酸コモノマーとの共重合体には,共重合体が少なくとも約50モル%のエチレンテレフタレートを含み,ポリマーの残りがスルホテレフタル酸もしくは5-スルホイソフタル酸,それらの塩及び/又はそれらのエステル形成性同等物のような,スルホ(すなわちスルホン酸)部分を含むコモノマーに由来するような量でテレフタル酸又はテレフタル酸ジメチルのようなテレフタル酸ジエステル及びエチレングリコールを含む(又はそれらから誘導された)任意のポリマー(SPET)が含まれる。スルホン酸含有ポリエステルの例には,ポリエチレンテレフタレート・5-スルホイソフタレートナトリウム三元共重合体,ポリエチレンテレフタレート・5-スルホイソフタレートナトリウム三元共重合体とポリエーテルエステルエラストマーブロック共重合体とのブレンド,ポリエチレンテレフタレート・5-スルホイソフタレートナトリウム三元共重合体とポリエチレンテレフタレートとのブレンド,ポリエチレンテレフタレート・5-スルホイソフタレートナトリウム三元共重合体とエチレン/アクリル酸共重合体とエチレン/アクリル酸メチル共重合体とのブレンド,ポリエチレンテレフタレート・5-スルホイソフタレートナトリウム三元共重合体とエチレン/アクリル酸共重合体とエチレン/アクリル酸n-ブチル共重合体とのブレンドが挙げられる。」

(ウ) 「"Tie layer" or "adhesive layer" refer to any interior layer having the primary purpose of adhering two layers to one another. Tie layers can comprise any polymer having a polar group thereon, or any other polymer that provides sufficient interlayer adhesion to adjacent layers comprising otherwise non-adhering polymers.
Tie layer compositions can include those sulfonic acid-derived polyester compositions disclosed above. They may also include blends of sulfonic acid-derived copolymers with PET (e.g., PET having a high IV and/or a branched PET and/or copolyesters). The compositions may also be toughened and/or nucleated as described above (e.g., inclusion of 18 weight % EnBAGMA and/or a sodium salt of an organic acid to provide 1000 ppm Na^(+)). Although the compositions are generally described herein as containing sodium counterions, other counterions such as lithium, calcium and zinc may be used. Low-melting SIPA-PET copolymers may be particularly useful in some multilayer structures.」(明細書9ページ5ないし19行)
(日本語訳)
「「タイ層」又は「接着層」は,2つの層を互いに接着するという主要目的を有する任意の内部層を意味する。タイ層は,その上に極性基を有する任意のポリマー,又はさもなければ非接着性のポリマーを含む隣接層への十分な層間接着を提供する任意の他のポリマーを含むことができる。
タイ層組成物は,上に開示されたそれらのスルホン酸由来ポリエステル組成物を含むことができる。それらはまた,スルホン酸由来共重合体のPET(例えば,高いIVを有するPET及び/又は分岐PET及び/又はコポリエステル)とのブレンドを含んでもよい。本組成物はまた,上記(例えば,18重量%のEnBAGMA及び/又は1000ppmのNa^(+)を提供するための有機酸のナトリウム塩の包含)のように強化及び/又は核形成されてもよい。本組成物は本明細書ではナトリウム対イオンを含有するとして一般に記載されるが,リチウム,カルシウム及び亜鉛のような他の対イオンが使用されてもよい。低融点SIPA-PET共重合体は,幾つかの多層構造体で特に有用であるかもしれない。」

(エ) 「Example 1
This example was a copolyester of terephthalic acid (or dimethyl terephthalate), ethylene glycol and 5-sodium sulfodimethylisophthalate (1.7 mole % based on the acid component). The IV of the copolymer was 0.56.
Other Materials used
PET-1 : A PET composition having a melt temperature (T_(m)) of about 252 0 C and inherent viscosity of 0.83, density of 1.39 g/cc and apparent bulk density of 0.83 g/cc, available under the KoSa^(TM) 1101 tradename from Bamberger Polymers.
PA-1 : An MXD6 polyamide available under the tradename MX 6007 from Mitsubishi Gas Chemicals/Nanocor.
EVOH-1 : An ethylene-vinyl alcohol copolymer containing about 32 mole % ethylene available under the tradename Eval^(TM) F101 from Kuraray (Evalca).
EMAMA-1 : A maleic anhydride-modified ethylene/methyl acrylate graft copolymer, available from DuPont such as Bynel^(○R)(審決注:丸囲みのRを「○R」と表現した。以下,周知例1及び周知例2において同様。) 22E810.
Examples 2 - 5
Blend compositions were prepared by dry blending various amounts of the Example 1 composition with PET-1. The compositions are listed in Table 1.
Table 1

Examples 6 - 10
The blend compositions reported in Table 1 (Examples 2 through 5) and a polyamide composition were injection molded as described above using standard conditions to produce a three-layer bottle preform having the blend compositions as exterior bulk layers and the polyamide composition as an interior barrier layer. The structures are shown in Table 2, with numbers in ( ) indicating weight %. Comparative Examples C1, C2 and C3 were prepared similarly.
Table 2

Example 11
The blend composition reported in Table 1 (Examples 5) and the EVOH-1 composition was injection molded as described above using standard conditions to produce a three-layer bottle preform having the blend composition as exterior bulk layer and the EVOH-1 composition as an interior barrier layer. The structure is shown in Table 3. Comparative Example C4 is prepared similarly.
Table 3

Examples 12 - 20
The preforms listed in Tables 2 and 3 were blow molded as described above using standard conditions to provide a blow molded bottle having nominal side-wall thickness of 5 mil/0.5 mil/5 mil for the three layers.
Adhesion Strength: To test interlayer adhesion strength strips were cut from near the center of the sidewall of the blown bottle. Alternatively, multilayer sheets having the same structure and thickness were prepared by coextrusion to provide samples for adhesion testing. The layers were separated at the exterior/interior layer interface and pulled to assess the interlayer adhesion.
Alternately, Multilayer preforms were cut along the length of the preform to produce a "u" shaped cross section approximately 0.25" wide. The "u" cross section is held at both ends and a twisting force is applied. Examples C2, C3 & C4 were easily delaminated in this manner. Examples 6, 7 & 9 were extremely difficult to separate even when a knife point was used to initiate separation. Example 8 was more difficult to separate than the control C2 but not as difficult to separate as examples 6, 7 or 9.」(明細書21ページ27行
ないし24ページ末行)
(日本語訳)
「実施例1
本実施例は,テレフタル酸(又はテレフタル酸ジメチル),エチレングリコール及び5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム(酸成分を基準にして1.7モル%)のコポリエステルであった。該共重合体のIVは0.56であった。
使用される他の材料
PET-1:バンベルゲル・ポリマーズから商品名コサ(登録商標)1101で入手可能な,約252℃の溶融温度(T_(m))及び0.83の固有粘度,1.39g/ccの密度及び0.83g/ccの見かけ嵩密度を有するPET組成物。
PA-1:三菱ガス化学/ナノコールから商品名MX6007で入手可能なMXD6ポリアミド。
EVOH-1:クラレ(エバルカ)から商品名エバル(登録商標)F101で入手可能な約32モル%エチレンを含有するエチレン-ビニルアルコール共重合体。
EMAMA-1:バイネル(登録商標)22E810のようなデュポンから入手可能な,無水マレイン酸変性エチレン/アクリル酸メチルグラフト共重合体。
実施例2?5
ブレンド組成物は,様々な量の実施例1組成物をPET-1とドライブレンドすることによって製造した。組成物を表1にリストする。
表1

実施例6?10
表1に報告するブレンド組成物(実施例2ないし5)及びポリアミド組成物を,標準条件を用いて上記のように射出成形して外部バルク層としてブレンド組成物を及び内部バリア層としてポリアミド組成物を有する3層ボトル・プリフォームを製造した。( )内の数字が重量%を示して,構造体を表2に示す。比較例C1,C2及びC3を同様に製造した。
表2

実施例11
表1に報告するブレンド組成物(実施例5)及びEVOH-1組成物を,標準条件を用いて上記のように射出成形して外部バルク層としてブレンド組成物を,及び内部バリア層としてEVOH-1組成物を有する3層ボトル・プリフォームを製造した。構造体を表3に示す。比較例C4を同様に製造した。
表3

実施例12?20
表2及び3にリストするプリフォームを,標準条件を用いて上記のようにブロー成形して3層について5ミル/0.5ミル/5ミルの呼びサイド肉厚を有するブロー成形ボトルを提供した。
接着強度:層間接着強度を試験するために,ストリップをブローンボトルの側壁の中央近くからカットした。あるいはまた,同じ構造及び厚さを有する多層シートを共押出によって製造して接着試験用のサンプルを提供した。層間接着性を評価するために層を外部層/内部層界面で分離し,引っ張った。
あるいはまた,多層プリフォームをプリフォームの長さに沿ってカットしておおよそ0.25インチ幅の「u」形断面を生み出した。「u」断面を両端で保持し,撚り力をかける。比較例C2,C3及びC4はこのやり方で容易に層間剥離した。実施例6,7及び9は,分離を開始するためにナイフの刃を使用したときでさえ,分離するのが極めて困難であった。実施例8は対照C2より分離するのが困難であったが,実施例6,7又は9ほど分離するのが困難ではなかった。」

イ 国際公開第2006/060154号の記載
査定理由で周知例として例示された国際公開公開第2006/060154号(以下,「周知例2」という。)は,本件優先日より前に電気通信回線を通じて公衆に利用可能となったものであるところ,当該周知例2には次の記載がある。(日本語訳中の下線は,後述する「第1周知技術」の認定に特に関係する箇所を示す。)
(ア) 「However, there still remains a significant need for multilayer structures with adequate interlayer adhesion and barrier properties during use that can be readily recycled after use.」(明細書2ページ27ないし29行)
(日本語訳)
「しかし,使用後に容易にリサイクルすることができる,使用中に十分な層間接着性及びバリア特性を有する多層構造体が依然として大いに求められている。」

(イ) 「SUMMARY OF THE INVENTION
The invention provides a multilayer structure comprising a layer comprising or produced from a sulfobenzenedicarboxylic acid-containing polyester and optionally, a second layer, a third layer, a fourth layer, a fifth layer, or combinations of two or more thereof. The sulfobenzenedicarboxylic acid-containing polyester comprises from 0.01 to 7 mole % of a sulfobenzenedicarboxylic acid comonomer or a salt thereof, a random copolyester, a block copolyester, or a blend of bulk polyester and a copolymer of polyester and a sulfobenzenedicarboxylic acid comonomer or a salt thereof. The sulfobenzenedicarboxylic acid comonomer is a salt of alkali metal ion, alkaline earth metal ion, transition metal ion, or combinations of two or more thereof; the ion is preferably calcium, zinc, lithium and sodium; and is further preferably sodium.」(明細書3ページ1ないし13行)
(日本語訳)
「発明の要旨
本発明は,スルホベンゼンジカルボン酸を含むポリエステルを含むか又はそれから製造された層を含み,及び任意選択的に第2層,第3層,第4層,第5層,又はそれらの2つ以上の組合せを含んでもよい多層構造体を提供する。スルホベンゼンジカルボン酸を含むポリエステルが,0.01?7モル%のスルホベンゼンジカルボン酸コモノマーもしくはその塩,ランダムコポリエステル,ブロックコポリエステル,又はバルクポリエステルと,ポリエステルとスルホベンゼンジカルボン酸コモノマー又はその塩のコポリマーとのブレンドを含む。スルホベンゼンジカルボン酸コモノマーは,アルカリ金属イオン,アルカリ土類金属イオン,遷移金属イオンの塩,又はそれらの2つ以上の組合せであり,該イオンは,好ましくはカルシウム,亜鉛,リチウム,及びナトリウムであり,さらに好ましくはナトリウムである。」

(ウ) 「The polyester composition can be a blend of a polyester copolymer comprising from 0.01 and 7 mole % of a sulfobenzenedicarboxylic acid comonomer or a salt thereof with a PET homopolymer or copolymer having a melt temperature (T_(m)) in a range from about 230℃ to 258℃ and an inherent viscosity (IV) from 0.58 to 1.1. Polyesters such as this are sometimes referred to as "bottle resins" and include those such as "9921" from Voridian or "Laser +^(○R") from DAK Americas. These resins typically provide amorphous PET. CPET resins include those such as Crystar ^(○R) 5005 from E. I. du Pont de Nemours and Company (DuPont). Of note is a bulk polyester comprising a PET homopolymer or copolymer with T_(m) in a range from about 245℃ to 258℃ and an IV from 0.67 and 1.1. Preferred is a PET homopolymer or copolymer with T_(m) in a range from about 245℃ to 258℃ and an IV from 0.75 and 0.95.
The copolymer of polyester and a sulfobenzenedicarboxylic acid used herein includes any polymer comprising (or derived from) terephthalic acid or a terephthalate diester such as dimethylterephthalate and ethylene glycol in amounts such that the copolymer comprises at least about 50 mole percent ethylene terephthalate, and the remainder of the polymer being derived from monomers comprising a sulfo (i.e. sulfonic acid) moiety, such as sulfoterephthalic acid or 5-sulfoisophthalic acid, their salts and/or ester forming equivalents thereof.
Sulfobenzenedicarboxylic acid can have the formula of (RO(O)C)_(2)ArS(O)_(2)OM in which each R can be the same or different and is hydrogen or an alkyl group containing 1 to about 6 carbon atoms. Ar is a phenylene group. M can be an alkali metal ion. An example is 5-sulfoisophthalic acid (5-SIPA); an example of an ester forming equivalent thereof is the sodium salt of 5-sulfo-1,3-dimethyl ester 1,3- benzenedicarboxylic acid (also known as 5-sodium sulfodimethylisophthalate; CAS Registry Number 3965-55-7).」(明細書8ページ5ないし末行)
(日本語訳)
「ポリエステル組成物は,0.01?7モル%のスルホベンゼンジカルボン酸コモノマー又はその塩を含むポリエステルコポリマーと,溶融温度(Tm)が約230℃?258℃の範囲であり,インヘレント粘度(IV)が0.58?1.1であるPETホモポリマー又はコポリマーとのブレンドとすることができる。これなどのポリエステルは,時として「ボトル樹脂」と呼ばれ,Voridianの「9921」やDAK Americasの「Laser+(登録商標)」などのものが含まれる。これらの樹脂は,通常は非晶質PETをもたらす。CPET樹脂には,E.I.duPont de Nemours and Company(DuPont)のCrystar(登録商標)5005などのものが含まれる。T_(m)が約245℃?258℃の範囲であり,IVが0.67?1.1であるPETホモポリマー又はコポリマーを含むバルクポリエステルが周知である。T_(m)が約245℃?258℃の範囲であり,IVが0.75?0.95であるPETホモポリマー又はコポリマーが好ましい。
本明細書で使用するポリエステルとスルホベンゼンジカルボン酸のコポリマーとしては,テレフタル酸,もしくはジメチルテレフタレートなどのテレフタレートジエステル,及びエチレングリコールを,コポリマーが少なくとも約50モル%のエチレンテレフタレートと,スルホテレフタル酸や5-スルホイソフタル酸,その塩,及び/又はそのエステル形成等価物などのスルホ(すなわち,スルホン酸)部分を含むモノマーから誘導されたポリマーの残部を含むような量で含む(又はそれから誘導された)任意のポリマーが挙げられる。
スルホベンゼンジカルボン酸は,式(RO(O)C)_(2)ArS(O)_(2)OMを有することができる。式中,Rはそれぞれ,同じでも異なってもよく,水素,又は1?約6個の炭素原子を含むアルキル基である。Arはフェニレン基である。Mはアルカリ金属イオンとすることができる。一例は,5-スルホイソフタル酸(5-SIPA)であり,そのエステル形成等価物の一例は,5-スルホ-1,3-ジメチルエステル1,3-ベンゼンジカルボン酸のナトリウム塩(スルホジメチルイソフタル酸5-ナトリウムとも呼ばれる;CAS登録番号3965-55-7)である。」

(エ) 「Tie layer compositions include those sulfobenzenedicarboxylic acid- derived polyester compositions described above. They may also include blends of sulfobenzenedicarboxylic acid-derived copolymers with PET (preferably a PET having a high IV and/or a branched PET). The compositions may also be toughened and/or nucleated as described above (for example, inclusion of 18 weight % EnBAGMA and/or a sodium salt of an organic acid to provide 1000 ppm Na^(+)). Although the compositions are generally described herein as containing sodium counterions, other counterions such as lithium, calcium and zinc may be used. Low-melting SIPA-PET copolymers may be particularly useful in some multilayer structures.」(明細書11ページ23ないし末行)
(日本語訳)
「結合層組成物には,上記に記載するスルホベンゼンジカルボン酸から誘導されたポリエステル組成物が含まれる。これらには,スルホベンゼンジカルボン酸から誘導されたコポリマーとPET(好ましくは,高IVを有するPET及び/又は分枝状PET)とのブレンドも含まれ得る。上記に記載するように,組成物を強化及び/又は核形成することもできる(例えば,18重量%のEnBAGMA,及び/又は1000ppmのNa^(+)をもたらすように有機酸ナトリウム塩を含める)。組成物は,一般にナトリウム対イオンを含有するように本明細書に記載されているが,リチウム,カルシウム,及び亜鉛など他の対イオンを使用することができる。低融点SIPA-PETコポリマーは,いくつかの多層構造体において特に有用であり得る。」

(オ) 「Example 1
This example was a copolyester of terephthalic acid (or dimethyl terephthalate), ethylene glycol and 5-sodium sulfodimethylisophthalate (1.72 mole % based on the acid component) having an IV of 0.56.
Example 2
This example was a copolyester of terephthalic acid (or dimethyl terephthalate), ethylene glycol and 5-sodium sulfodimethylisophthalate (2.0 mole % based on the acid component) with 0.3 weight % TiO_(2). The IV of the copolymer was 0.50.
Examples 3-10
Coextruded sheets were prepared by coextrusion as follows. Dry granulates of components were melted in extruders. The molten polymers were passed through a die or set of dies to form layers of molten polymers that were processed as a laminar flow. The molten polymers were cooled to form a layered sheet structure. Example coextruded sheets are listed in Table 1 in which all sheets except Example 9 were made.
Table 1

Example 11
A multilayer cast sheet was prepared using standard cast film procedures. The five-layer structure was Crystar^(○R) 5005 polyester/1.7% Na SIPA PET copolymer/(PA6+PA 61, 6T blend)/1.7% Na SIPA PET copolymer/Crystar^(○R) 5005 polyester. This cast sheet had excellent clarity and the layers could not be separated at ambient relative humidity and temperature.」(明細書25ページ21行ないし26ページ13行)
(日本語訳)
「実施例1
この実施例は,0.56のIVを有する,テレフタル酸(又はテレフタル酸ジメチル),エチレングリコール,及びスルホジメチルイソフタル酸5-ナトリウム(酸成分に対して1.72モル%)のコポリエステルであった。
実施例2
この実施例は,0.3重量%のTiO_(2)を含む,テレフタル酸(又はテレフタル酸ジメチル),エチレングリコール,及びスルホジメチルイソフタル酸5-ナトリウム(酸成分に対して2.0モル%)のコポリエステルであった。コポリマーのIVは0.50であった。
実施例3ないし10
共押出シートを,以下の通り共押出で調製した。乾燥粒質物の成分を押出機で溶融した。溶融ポリマーを1つのダイ又は1組のダイに通して,溶融ポリマーの層を形成し,層流として処理した。溶融ポリマーを冷却して,層状シート構造体を形成した。実施例の共押出シートを表1に列挙する。実施例9以外のシートをすべて作製した。
表1

実施例11
標準的キャストフィルム手順を使用して,多層キャストシートを調製した。5層構造体は,Crystar(登録商標)5005ポリエステル/1.7% Na SIPA PETコポリマー/(PA6+PA 6I,6Tブレンド)/1.7% Na SIPA PETコポリマー/Crystar(登録商標)5005ポリエステルであった。このキャストシートは優れた透明性を有し,層は,周囲相対湿度及び温度で分離できなかった。」

ウ 周知例1及び2の記載から把握される周知の技術事項
周知例2に記載された実施例1ないし11で用いている「スルホジメチルイソフタル酸5-ナトリウム」とは,周知例1に記載された実施例1ないし10で用いている「5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム」の別名であるから,前記ア及びイで摘記した周知例1及び2の記載からみて,次の技術事項が本件優先日より前に周知であったと認められる。

「樹脂からなる多層構造体において,層を形成する材料として,酸成分に対して1.7ないし2モル%程度の5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来の構造単位を有するコポリエステルを用いることによって,他の層との接着性を向上させること。」(以下,「第1周知技術」という。)

エ 特開2000-143789号公報の記載
査定理由で周知例として例示された特開2000-143789号公報(以下,「周知例3」という。)は,本件優先日より前に頒布された刊行物であるところ,当該周知例3には次の記載がある。(下線は,後述する「第2周知技術」の認定に特に関係する箇所を示す。)
(ア) 「【請求項1】芳香族ジカルボン酸またはそのエステル形成性誘導体と,脂肪族ジオールまたはそのエステル形成性誘導体とエステル化し,重縮合触媒の存在下に重縮合させてポリエステルを製造するに際して,
重縮合触媒として
(i)チタン化合物と,
(ii)アルミニウム化合物,バリウム化合物,コバルト化合物,マグネシウム化合物,マンガン化合物,ストロンチウム化合物,亜鉛化合物,アルカリ金属化合物,およびリン化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物とからなる触媒を用いることを特徴とするポリエステルの製造方法。
・・・(中略)・・・
【請求項9】アルカリ金属化合物として,酢酸カリウム,酢酸ナトリウム,酢酸セシウム,炭酸カリウム,炭酸ナトリウム,炭酸セシウムを使用することを特徴とする請求項1に記載のポリエステルの製造方法。」

(イ) 「【0002】
【発明の技術的背景】・・・(中略)・・・
【0003】このようなポリエステルは,通常,芳香族ジカルボン酸などのジカルボン酸類とエチレングリコールなどのジヒドロキシ化合物類とを原料として製造される。具体的には,まず,芳香族ジカルボン酸類と脂肪族ジオール類とのエステル化反応により低次縮合物(エステル低重合体)を形成し,次いで重縮合触媒の存在下にこの低次縮合物を脱グリコ-ル反応(液相重縮合)させて,高分子量化したのち,さらに固相重縮合を行って,製造される。
・・・(中略)・・・
【0005】ところで上記のようなポリエステルの製造方法では,重縮合触媒として,従来,アンチモン化合物,ゲルマニウム化合物などが使用されている。しかしながら,アンチモン化合物を使用した場合には,ゲルマニウム化合物を使用する場合に比べ,得られるポリエステルが耐熱性,透明性の点で,若干問題があった。
【0006】また,ゲルマニウム化合物はかなり高価であるため,ポリエステルの製造コストが高くなるという問題があり,製造コストを下げるために,たとえば重合時に飛散するゲルマニウム化合物を回収して再利用するなどのプロセス上の改良が検討されている。
【0007】本発明者は,上記のような従来技術を鑑みてポリエステル製造時の重縮合触媒について鋭意研究したところ,重縮合触媒として,(i)チタン化合物と,(ii)アルミニウム化合物,バリウム化合物,コバルト化合物,マグネシウム化合物,マンガン化合物,ストロンチウム化合物,亜鉛化合物,アルカリ金属化合物およびリン化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物とからなる触媒を用いることによって,高価なゲルマニウム化合物を使用しなくとも,高い触媒活性でポリエステルを製造できることを見いだして,本発明を完成するに至った。
【0008】
【発明の目的】本発明は,高い触媒活性で,芳香族ジカルボン酸類と脂肪族ジオール類とを重縮合できるポリエステルの製造方法を提供することを目的としている。
【0009】
【発明の概要】本発明に係るポリエステルの製造方法は,芳香族ジカルボン酸またはそのエステル形成性誘導体と,脂肪族ジオールまたはそのエステル形成性誘導体とをエステル化し,重縮合触媒の存在下に重縮合させてポリエステルを製造するに際して,重縮合触媒として(i)チタン化合物と,(ii)アルミニウム化合物,バリウム化合物,コバルト化合物,マグネシウム化合物,マンガン化合物,ストロンチウム化合物,亜鉛化合物,アルカリ金属化合物およびリン化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物とからなる触媒を用いることを特徴としている。」

オ 特開2000-282324号公報の記載
特開2000-282324号公報(以下,「周知例4」という。)は,本件優先日より前に頒布された刊行物であるところ,当該周知例4には次の記載がある。(下線は,後述する「第2周知技術」の認定に特に関係する箇所を示す。)
(ア) 「【0053】[実施例1]
重合:ナフタレン-2,6-ジカルボン酸ジメチル99重量部とエチレングリコール67重量部とを,エステル交換触媒として酢酸マンガン四水塩0.03重量部,酢酸ナトリウム0.0057重量部を使用して,常法に従ってエステル交換反応させた後,トリメチルホスフェート0.023重量部を添加し実質的にエステル交換反応を終了させた。
【0054】ついで,三酸化アンチモン0.024重量部,イソフタル酸0.68重量部を添加し,引き続き高温高真空下で常法にて重縮合反応を行い,固有粘度0.62,DEG共重合量1.3モル%の共重合ポリエチレンナフタレートポリマーを得た。」

(イ) 「【0058】[実施例4]ナフタレン-2,6-ジカルボン酸ジメチル95重量部,イソフタル酸ジメチル3.98重量部およびエチレングリコール67重量部を,エステル交換触媒として酢酸マンガン四水塩0.03重量部,酢酸ナトリウム0.0057重量部を使用して,常法に従ってエステル交換反応させた後,トリメチルフォスフェート0.023重量部を添加し実質的にエステル交換反応を終了させた。
【0059】ついで,三酸化アンチモン0.024重量部を添加し,引き続き高温高真空下で常法にて重縮合反応を行い,固有粘度0.63,DEG共重合量1.3モル%の共重合ポリエチレンナフタレートを得た。」

カ 特開平8-203062号公報の記載
特開平8-203062号公報(以下,「周知例5」という。)は,本件優先日より前に頒布された刊行物であるところ,当該周知例5には次の記載がある。(下線は,後述する「第2周知技術」の認定に特に関係する箇所を示す。)
(ア) 「【0050】〔実施例1〕イソフタル酸ジメチル50モル,テレフタル酸ジメチル30モル,5-ナトリウムスルホイソフタル酸ジメチル15モル,エチレングリコール100モル及びネオペンチルグリコール50モルを部分還流式冷却器を具備した反応容器に加え,更にこの反応容器に触媒として酢酸亜鉛0.2モル,酢酸ナトリウム0.02モル及び三酸化アンチモン0.2モルを加え,150?210℃で3時間エステル交換反応を行った。次いで,アジピン酸5モルを加え,190?240℃で1時間反応させた後,60分間かけて1?50mmHgまで減圧し,OH.Vが20になる迄重縮合反応を行いポリエステル(A)を得た。」

キ 周知例3ないし5の記載から把握される周知の技術事項
前記エないしカで摘記した周知例3ないし5の記載からみて,次の技術事項が,本件優先日より前に周知であったと認められる。

「ポリエステルを合成する際の触媒として,酢酸ナトリウムを用いること。」(以下,「第2周知技術」という。)


5 判断
(1)対比
ア 引用発明の「反射偏光子フィルム」は,外部スキン層,内部スキン層,第1及び第2光学層の275の交互層,内部スキン層,及び外部スキン層という順序の層構成の多層押出しフィルムを一軸延伸することによって製造されており,引用発明自身も外部スキン層,内部スキン層,第1及び第2光学層の275の交互層,内部スキン層,及び外部スキン層という順序の層構成を有していることは自明であるから,「多層光学フィルム」であるといえる。
また,引用発明の「反射偏光子フィルム」は,第1及び第2光学層の275の交互層を有しているところ,当該「第1光学層」及び「第2光学層」が,それぞれ本件発明の「第1の光学層」及び「第2の光学層」に対応する。したがって,引用発明は,「第1及び第2の光学層の交互層を含む」という本件発明の発明特定事項に相当する構成を具備している。
したがって,引用発明は,本件発明と,「第1及び第2の光学層の交互層を含む多層光学フィルム」である点で一致する。

イ 引用発明の「第1光学層」(本件発明の「第1の光学層」に対応する。以下,「(1)対比」欄において,「」で囲まれた引用発明の構成に付した()中の文言は,当該引用発明の構成に対応する本件発明の発明特定事項を指す。)を構成する「ポリエチレンナフタレート」の原料である「ジメチルナフタレンジカルボキシレート」及び「エチレングリコール」は,それぞれ「ジカルボキシレートモノマー」及び「ジオールモノマー」に該当する。また,引用発明の「第1光学層」を構成する「ポリエチレンナフタレート」は,「ポリエステル」に属するポリマーである。
したがって,引用発明の「第1光学層」は,本件発明の「第1の光学層」と,「第1のポリエステルを含み,前記第1のポリエステルは,第1のジカルボキシレートモノマー及び第1のジオールモノマーを含」む点で共通する。

ウ 引用発明の「第2光学層」(第2の光学層)を構成する「エチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマー」は,「ポリエステル」に属するポリマーであるから,引用発明の「第2光学層」は,「第2のポリエステルを含」むという本件発明の「第2の光学層」に係る発明特定事項に相当する構成を具備している。

エ 前記アないしウに照らせば,本件発明と引用発明は,
「第1及び第2の光学層の交互層を含む多層光学フィルムであって,
前記第1の光学層は,第1のポリエステルを含み,前記第1のポリエステルは,第1のジカルボキシレートモノマー及び第1のジオールモノマーを含み,
前記第2の光学層は,第2のポリエステルを含む,多層光学フィルム。」
である点で一致し,次の点で相違する,又は一応相違する。

相違点1:
本件発明の「第1の光学層」が含む「第1のポリエステル」は,第1のジカルボキシレートモノマーの0.25モル%以上10モル%未満が,ペンダントイオン基を有するのに対して,
引用発明の「第1光学層」の材質である「ポリエチレンナフタレート」は,ペンダントイオン基を有するカルボキシレートモノマーに由来する構造単位を有していない点。

相違点2:
本件発明では,「第1の光学層」及び「第2の光学層」が,少なくとも1つの軸線に沿って,少なくとも0.04異なる屈折率を有しているのに対して,
引用発明では,「第1光学層」の材料である「ポリエチレンナフタレート」及び「第2光学層」の材料である「エチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマー」の屈折率がそれぞれ1.64及び1.567であるものの,「第1光学層」及び「第2光学層」の各方向の屈折率,すなわち一軸延伸後の各材料の各方向の屈折率は定かでない点。

相違点3:
本件発明では,「第1の光学層」及び「第2の光学層」のそれぞれが,少なくとも1000ppmの濃度のナトリウムイオンを有しているのに対して,
引用発明では,「第2光学層14」及び「第1光学層」のいずれについても,ナトリウムイオンを有していない点。

相違点4:
本件発明では,「第1の光学層」及び「第2の光学層」のそれぞれが,ナトリウムアセテートを含むのに対して,
引用発明では,「第2光学層14」及び「第1光学層」のいずれについても,ナトリウムアセテートを含んでいない点。

(2)相違点1の容易想到性について
ア(ア) 引用文献1の明細書7ページ7ないし13行(前記4(1)ア(エ)の日本語訳中第2段落第1文を参照。)には,引用発明の第1光学層12及び第2光学層14のポリエステルの製造に使用するのに適したカルボキシレートモノマーとして,「ナトリウムスルホン化イソフタル酸」及びその「低級アルキルエステル」が例示されている。

(イ) 引用文献1の明細書4ページ5ないし14行(前記4(1)ア(ウ)の日本語訳中第1段落を参照。)には,ポリエステルの特性が,製造に使用されるモノマー材料によって決定されること,及びポリエステル層に望ましい特性が得られるように,モノマーの組合せを選択することが説明されている。
また,引用文献1の明細書10ページ5ないし9行(前記4(1)ア(オ)の日本語訳中第3段落末文を参照。)には,コモノマーを添加することで得られる特性の例として,隣接層への粘着性が挙げられている。

イ 前記4(2)ウで認定したように,「樹脂からなる多層構造体において,層を形成する材料として,酸成分に対して1.7ないし2モル%程度の5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来の構造単位を有するコポリエステルを用いることによって,他の層との接着性を向上させること。」(第1周知技術)が,本件優先日より前に周知であったと認められるところ,当該第1周知技術における「5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム」は,前記ア(ア)で述べた引用文献1に記載された「ナトリウムスルホン化イソフタル酸」の「低級アルキルエステル」に該当する。

ウ 引用発明は,第1及び第2光学層の275の交互層を有しており,いわゆる共押出し成形により作製した多層押出しフィルムを一軸延伸することによって製造されたものであるところ,前記ア及びイで述べた事項に照らせば,第1光学層と第2光学層の層間接着性を向上し,両層の間で剥離が生じないようにするために,第1光学層12を形成するポリエチレンナフタレート及び第2光学層を形成するエチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマーについて,それぞれ,第1周知技術を適用すること,すなわち,酸成分として,酸成分全体に対して1.7ないし2モル%程度の5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム(あるいは5-スルホイソフタル酸ナトリウム)を用いることは,引用文献1自体の記載及び第1周知技術に基づいて,当業者が容易に想到し得たことである。
しかるに,5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム(あるいは5-スルホイソフタル酸ナトリウム)は,本件明細書に記載された実施例で用いているモノマーを参酌すると,「ペンダントイオン基を有するカルボキシレートモノマー」に該当するから,前記構成の変更を行った引用発明は,相違点1に係る本件発明の発明特定事項に相当する構成を具備することとなる。

エ 以上のとおりであるから,引用発明を,相違点1に係る本件発明の発明特定事項に相当する構成を具備するものとすることは,引用文献1自体の記載及び第1周知技術に基づいて,当業者が容易に想到し得たことである。

(3)相違点2について
ア 引用文献1の前記4(1)ア(ク)で摘記した引用文献1の記載によれば,延伸してもほぼ光学的に配向しない等方性の材料で第2光学層が形成されている場合は,偏光子は,第1光学層の2つの面内屈折率(直交する方向の面内屈折率であることは技術常識から自明である。)の一方と第2光学層の等方性屈折率とがほぼ一致し,第1光学層の2つの面内屈折率の他方と第2光学層の等方性屈折率とが実質的に異なるよう構成され,複屈折性の材料で第2光学層が形成されている場合は,偏光子は,第1光学層及び第2光学層の2つの面内屈折率の一方がほぼ等しく,他方が実質的に異なるよう構成されており,当該構成によって,面内屈折率がほぼ等しい方向の偏光を透過し,面内屈折率が実質的に異なる方向の偏光を反射するよう機能するものと理解される。そして,当該記載中では,ほぼ等しい屈折率について,その差が632.8nmにて約0.05以下であると説明しているのであるから,「第1光学層の2つの面内屈折率の他方と第2光学層の等方性屈折率とが実質的に異なる」,又は「第1光学層及び第2光学層の2つの面内屈折率の他方が実質的に異なる」とは,それらの屈折率の差が632.8nmにて少なくとも0.05より大きいことを意味していると解される。

イ 引用発明の第2光学層を構成するエチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマーが,等方性の材料であるのか,複屈折性の材料であるのかは定かでないが,引用発明は,反射偏光子フィルム,すなわち,所定の偏光を反射する偏光子であるのだから,前記アで述べた事項に照らせば,その一軸延伸後の第1光学層及び第2光学層の面内屈折率は,ある方向においてほぼ等しい値,すなわち,その差が632.8nmにて約0.05以下であり,これと直交する方向において実質的に異なる値,すなわち,その差が少なくとも632.8nmにて0.05より大きいと解するのが相当される。
すなわち,引用発明において,第1光学層及び第2の光学層は,「少なくとも1つの軸線に沿って,少なくとも0.04異なる屈折率を有している」から,相違点2は,実質的な相違点ではない。(なお,引用発明に前記(2)ウで述べた構成の変更を行っても,5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウムの配合量はごく少量であるから,各面内屈折率の値の変化はごくわずかであって,無視できる。)

ウ また,仮に,引用発明において,第1光学層及び第2光学層が,「少なくとも1つの軸線に沿って,少なくとも0.04異なる屈折率を有している」とまで断定できないとしても,以下の理由から,引用発明を,相違点2に係る本件発明の発明特定事項に相当する構成を具備するものとすることは,当業者が容易になし得たことである。
前記4(1)ア(ク)で摘記した引用文献1の記載中には,第1光学層と第2光学層の屈折率の差を増加することによって,反射率を高めることができることが説明されている。
そうすると,引用発明において,面内屈折率が実質的に異なる方向の偏光の反射率を高めるために,第1光学層を形成するポリエチレンナフタレート又は第2光学層を形成するエチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマーの原料となる各モノマーの含有比率を調整したり,他の種類のモノマーを用いる等によって,実質的に異なる方向の第1光学層及び第2光学層の面内屈折率の差を0.04以上とすることは,引用文献1自体の記載に基づいて,当業者が適宜なし得たことである。

(4)相違点4の容易想到性について
事案に鑑みて,相違点3の容易想到性の判断の前に,相違点4の容易想到性について判断する。
ア 前記4(2)キで認定したように,「ポリエステルを合成する際の触媒として,酢酸ナトリウムを用いること。」(第2周知技術)が,本件優先日より前に周知であったと認められる。
引用発明において,第1光学層を形成するポリエチレンナフタレート及び第2光学層を形成するエチレンナフタレートt-ブチルイソフタレートポリマーのいずれについても,合成をする際の触媒として,酢酸ナトリウムを用いていないものの,それぞれについて,触媒として第2周知技術の酢酸ナトリウムを用いて,合成することは,単なる設計変更にすぎない。

イ 合成時に用いた触媒が,ごく微量とはいえ合成後のポリマー中に残存することは,当業者における技術常識である(例えば,特開2003-292592号公報の請求項2,3,7及び8,【0027】,【0038】の記載等を参照。)。
そうすると,前記アで述べた設計変更を行った引用発明においては,第1光学層及び第2光学層中に酢酸ナトリウムが残存するものと認められる。
ここで,酢酸ナトリウムは,ナトリウムアセテートの別名であるから,前記アで述べた設計変更を行った引用発明は,相違点4に係る本件発明の発明特定事項に相当する構成を具備することとなる。

ウ 以上のとおりであるから,引用発明を,相違点4に係る本件発明の発明特定事項に相当する構成を具備したものとすることは,単なる設計変更にすぎない。

(5)相違点3について
ア 前記(2)ウ及び前記(4)アで述べた構成の変更を行った引用発明における第1光学層は,概ね,98ないし98.3モル%程度のジメチルナフタレンジカルボキシレート由来の構造単位と,1.7ないし2モル%程度の5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来の構造単位と,100モル%のエチレングリコール由来の構造単位とから構成された共重合体により形成されている。
ジメチルナフタレンジカルボキシレート由来の構造単位を構成する各原子の原子量の総和(以下,便宜上「構造単位量」という。)は約214,5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来の構造単位の構造単位量は約266,エチレングリコール由来の構造単位の構造単位量は約28,ナトリウムの原子量は約23であるから,前記(2)ウ及び前記(4)アで述べた構成の変更を行った引用発明における,第1光学層中に存在するナトリウムイオンのうち,5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来のナトリウムイオンの量は,約1610(≒23×1.7/(214×98.3+266×1.7+28×100)×10^(6))ないし約1893(≒23×2/(214×98+266×2+28×100)×10^(6))ppm程度となる。
そして,前記(2)ウ及び前記(4)アで述べた構成の変更を行った引用発明における第1光学層中に存在するナトリウムイオンの総量は,前記5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来のナトリウムイオンの量(約1610ないし約1893ppm程度)に,共重合体中に残存する触媒として用いた酢酸ナトリウム由来のナトリウムイオンの量を加えたものとなるから,相違点3に係る本件発明の「少なくとも1000ppmの濃度」という要件を満足する。

イ また,ジメチル2,6-ナフタレンジカルボキシレート47.3kg,ジメチルテレフタレート18.6kg,t-ブチルイソフタレート43.2kg,1,4-シクロヘキサンジメタノール40.5kg,ネオペンチルグリコール15kg,エチレングリコール41.8kg及びトリメチロールプロパン2kgをそれぞれモル数に換算すると,約194(≒47.3×10^(3)/244)モル,約96(≒18.6×10^(3)/194)モル,約195(≒43.2×10^(3)/222)モル,約281(≒40.5×10^(3)/144)モル,約144(≒15×10^(3)/104)モル,約674(≒41.8×10^(3)/62)モル及び約15(≒2×10^(3)/134)モルとなるから,引用発明の第2光学層は,概ね,約40.0(≒194/(194+96+195)×100)モル%のジメチル2,6-ナフタレンジカルボキシレート由来の構造単位と,約19.8(≒96/(194+96+195)×100)モル%のジメチルテレフタレート由来の構造単位と,約40.2(≒195/(194+96+195)×100)モル%のt-ブチルイソフタレート由来の構造単位と,約25.2(≒281/(281+144+674+15)×100)モル%の1,4-シクロヘキサンジメタノール由来の構造単位と,約12.9(≒144/(281+144+674+15)×100)モル%のネオペンチルグリコール由来の構造単位と,約60.5(≒674/(281+144+674+15)×100)モル%のエチレングリコール由来の構造単位と,約1.3(≒15/(281+144+674+15)×100)モル%のトリメチロールプロパン由来の構造単位とから構成された共重合体により形成されている。
したがって,前記(2)ウ及び前記(4)アで述べた構成の変更を行った引用発明における第2光学層は,概ね,約39.2(≒40.0/102×100≒40.0/101.7×100)モル%程度のジメチル2,6-ナフタレンジカルボキシレート由来の構造単位と,約19.5(≒19.8/102×100≒19.8/101.7×100)モル%程度のジメチルテレフタレート由来の構造単位と,約39.4(≒40.2/102×100)ないし約39.5(≒40.2/101.7×100)モル%程度のt-ブチルイソフタレート由来の構造単位と,1.7ないし2モル%程度の5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来の構造単位と,約25.2モル%の1,4-シクロヘキサンジメタノール由来の構造単位と,約12.9モル%のネオペンチルグリコール由来の構造単位と,約60.5モル%のエチレングリコール由来の構造単位と,約1.3モル%のトリメチロールプロパン由来の構造単位とから構成された共重合体により形成されることとなる。
ジメチル2,6-ナフタレンジカルボキシレート由来の構造単位の構造単位量は約214,ジメチルテレフタレート由来の構造単位の構造単位量は約164,t-ブチルイソフタレート由来の構造単位の構造単位量は約220,5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来の構造単位の構造単位量は約266,1,4-シクロヘキサンジメタノール由来の構造単位の構造単位量は約110,ネオペンチルグリコール由来の構造単位の構造単位量は約70,エチレングリコール由来の構造単位の構造単位量は約28,トリメチロールプロパン由来の構造単位の構造単位量は約83,ナトリウムの原子量は約23であるから,前記(2)ウ及び前記(4)アで述べた構成の変更を行った引用発明における第1光学層中に存在するナトリウムイオンのうち,5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来のナトリウムイオンの量は,約1492(≒23×1.7/(214×39.2+164×19.5+220×39.5+266×1.7+110×25.2+70×12.9+28×60.5+83×1.3)×10^(6))ないし約1751(≒23×2/(214×39.2+164×19.5+220×39.4+266×2+110×25.2+70×12.9+28×60.5+83×1.3)×10^(6))ppm程度となる。
そして,前記(2)ウ及び前記(4)アで述べた構成の変更を行った引用発明における第2光学層中に存在するナトリウムイオンの総量は,前記5-スルホイソフタル酸ジメチルナトリウム由来のナトリウムイオンの量(約1492ないし約1751ppm程度)に,共重合体中に残存する触媒として用いた酢酸ナトリウム由来のナトリウムイオンの量を加えたものとなるから,相違点3に係る本件発明の「少なくとも1000ppmの濃度」という要件を満足する。

ウ 以上によれば,前記(2)ウ及び前記(4)アで述べた構成の変更を行った引用発明は,必然的に相違点3に係る本件発明の発明特定事項に相当する構成を具備したものとなる。

(6)効果について
本件発明の効果は,引用文献1の記載,第1周知技術及び第2周知技術に基づいて,当業者が予測できた程度のものである。

(7)まとめ
以上のとおりであるから,本件発明は,引用発明,第1周知技術及び第2周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。


6 むすび
本件発明は,引用発明,第1周知技術及び第2周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであるから,他の請求項に係る発明について検討するまでもなく,本件出願は,特許法29条2項の規定により特許を受けることができない。
よって,結論のとおり審決する。
 
別掲
 
審理終結日 2018-07-18 
結審通知日 2018-07-24 
審決日 2018-08-06 
出願番号 特願2015-200873(P2015-200873)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (G02B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 廣田 健介  
特許庁審判長 中田 誠
特許庁審判官 宮澤 浩
清水 康司
発明の名称 多層光学フィルム、その作製方法及びそれを有するトランザクションカード  
代理人 吉野 亮平  
代理人 赤澤 太朗  
代理人 野村 和歌子  
代理人 佃 誠玄  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ