• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 特36条4項詳細な説明の記載不備  A61J
審判 全部申し立て 2項進歩性  A61J
審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  A61J
管理番号 1350685
異議申立番号 異議2018-701077  
総通号数 233 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2019-05-31 
種別 異議の決定 
異議申立日 2018-12-29 
確定日 2019-04-04 
異議申立件数
事件の表示 特許第6352184号発明「印刷機、及び錠剤の製造方法」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6352184号の請求項1?8に係る特許を維持する。 
理由 1 手続の経緯
特許第6352184号の請求項1?8に係る特許(以下、「本件特許」という。)についての出願は、平成25年7月16日に出願され、平成30年6月15日にその特許権の設定登録がされ、平成30年7月4日に特許掲載公報が発行された。その後、その特許に対し、平成30年12月29日に特許異議申立人亀▲崎▼泰子(以下、「特許異議申立人」という。)は、特許異議の申立てを行った。

2 本件特許発明
特許第6352184号の請求項1?8の特許に係る発明(以下、それぞれの発明を「本件特許発明1」?「本件特許発明8」という。また、本件特許発明1?8をまとめて「本件特許発明」という。)は、それぞれ、その特許請求の範囲の請求項1?8に記載された事項により特定される次のとおりのものである(特許異議申立書の記載にならって、構成要件(A)-(U)に分説して記載する。)。
「【請求項1】
(A)第1の面と、該第1の面と反対側の第2の面と、を有する錠剤の少なくとも一方の面に印刷する印刷機において、
(B)前記錠剤を搬送する搬送装置と、
(C)搬送される前記錠剤の前記第1の面を撮像する第1の撮像装置と、
(D)前記第1の撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記第1の面に溝形状の割線があるか否かを判定する第1の割線判定部と、
(E)前記第1の撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記第1の面における前記割線の位置を算出する第1の割線位置演算部と、
(F)前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、前記第2の面に印刷する第2の印刷装置と、を備える印刷機。
【請求項2】
(G)搬送される前記錠剤の前記第2の面を撮像する第2の撮像装置と、
(H)前記第2の撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記第2の面に前記割線があるか否かを判定する第2の割線判定部と、を備える請求項1に記載の印刷機。
【請求項3】
(I)前記第1の面に印刷する第1の印刷装置を備える、請求項1又は2に記載の印刷機。
【請求項4】
(J)前記第2の印刷装置は、前記第2の面における前記第1の面に形成された前記割線と対応する位置に印刷しない、請求項1?3の何れか1項に記載の印刷機。
【請求項5】
(K)前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、前記第2の面における印刷情報を生成する第2の印刷情報演算部を備え、
(L)前記第2の印刷装置は、前記第2の印刷情報演算部により生成された前記印刷情報に基づき、前記第2の面に印刷する、請求項1?4の何れか1項に記載の印刷機。
【請求項6】
(M)前記第1の割線位置演算部は、前記第1の面の前記割線の所定位置に対する角度を算出し、
(N)前記第2の印刷情報演算部は、前記第1の割線位置演算部により算出された前記角度に基づいて印刷情報を回転する、請求項5に記載の印刷機。
【請求項7】
前記第2の印刷装置は、前記第1の割線判定部が前記第1の面に前記割線があると判定したときにのみ印刷する、請求項1?6の何れか1項に記載の印刷機。
【請求項8】
(O)第1の面と、該第1の面と反対側の第2の面と、を有する錠剤の少なくとも一方の面に印刷情報を印刷された錠剤の製造方法であって、
(P)前記錠剤を搬送する工程と、
(Q)前記錠剤の搬送中に第1の撮像装置によって前記第1の面を撮像する工程と、
(R)前記第1の撮像装置によって得られた画像に基づき、前記第1の面に溝形状の割線があるか否かを判定する工程と、
(S)前記第1の撮像装置によって得られた画像に基づき、前記割線の位置を算出する工程と、
(T)前記割線の位置の算出結果に基づき、前記錠剤の前記第2の面に印刷するための印刷情報を生成する工程と、
(U)前記錠剤の搬送中に前記印刷情報に基づいて前記第2の面に印刷する工程と、を備える、錠剤の製造方法。」

3 申立理由の概要
特許異議申立人は、(a)本件特許は、特許法第36条第4項第1号又は第6項に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものであり、また、(b)主たる証拠として米国特許出願公開第2011/0291329号明細書(以下「甲第1号証」という。)及び従たる証拠として特開2011-20325号公報(以下「甲第2号証」という。)、特開平11-315484号公報(以下、「甲第3号証」という。)、特開2007-206667号公報(以下、「甲第4号証」という。)、特開2003-39769号公報(以下、「甲第5号証」という。)を提出し、請求項1?6及び8に係る特許は特許法第29条第2項の規定に違反してされたものであるから、本件特許を取り消すべきものである旨主張する(以下、上記(a)、(b)に係る申立ての理由を、それぞれ、「申立て理由A」、「申立て理由B」という。)。

4 甲各号証の記載
(1)甲第1号証には、次のとおり記載されている(日本語訳は、特許異議申立人の提出した「甲第1号証の訳文」による。)。
(1-1)「[0002] The present invention relates to a method and apparatus for conveying pellet-shaped articles. In particular, the invention relates to a processing and/or inspection unit for the pellet-shaped articles.」(【0002】本発明は、ペレット形状の物品を運ぶ方法および装置に関する。特に、本発明はペレット形状の物品の処理および/または検査ユニットに関する。)

(1-2)「[0003] Processing of pellet-shaped articles, e.g., pharmaceuticals such as caplets and tablets, confections (e.g., lentil shaped coated chocolate candies), edible and non-edible articles, etc., is known in the art. Processing operations typically include marking the articles with indicia (e.g., logos, multi-color designs, alpha-numeric, etc.), laser drilling the articles and/or coating the articles. Processing operations are often performed in a sequential manner wherein articles are conveyed past a first processing unit that performs a first processing operation and then past a second processing unit, downstream from the first processing unit, that performs a second processing operation.」(【0003】例えばカプレットやタブレットなどの医薬品、錠菓(例えば、レンズマメ形状のチョコレートコーティングキャンディ)、食用および非食用の物品、のようなペレット形状の物品に対する処理が、従来技術において知られている。処理操作は典型的には、物品に印(例えば、ロゴ、カラーデザイン、英数字列など)をマーキングすること、レーザによる物品の穿孔、および/または物品のコーティングを含む。処理操作は、しばしば、物品が第1処理ユニットを通過するときに、第1の処理操作が実行され、物品が第1処理ユニットよりも下流側の第2処理ユニットを通過するときに、第2の処理操作が実行される、といった経時的な方法で実行される。)

(1-3)「[0035] FIG. 1 illustrates a servo drum printing system 10 according to an embodiment of the present invention. The system 10 includes a conveyer 15 in the form of a three-drum printer that rotates in the directions indicated by the arrows on the drums. The three drums include a feed drum 20 , a first processing drum 25 in the form of a first print drum and a second processing drum 30 in the form of a second print drum.
[0036] Product in the form of pellet shaped articles, e.g., pharmaceuticals or confections, are provided to the feed drum in a random order. In one example, the product is a tablet or is generally lentil shaped, including a first side that is face down on the feed drum, and a second side that faces away from the feed drum, such that the second side is exposed for processing. Other ones of the articles are positioned such that the second side is face down and the first side is exposed, i.e., the articles are said to be provided to the feed drum in “random” order since some of the articles in the feed drum have the first side exposed and others in the feed drum have the second side exposed. The articles are positioned within the recesses on the drums in a consistent (non-random) manner, although either the first side or the second side may be exposed.
[0037] As shown in FIG. 2 , each of the drums includes a plurality of recesses 35 that receive the pellet-shaped articles, and typically, each drum is provided with at source of vacuum pressure to keep the pellet-shaped articles in the recesses. The vacuum pressure is applied to only a portion of each drum, such that the pellet-shaped articles are released at the proper positions.
[0038] Pellet-shaped articles from the feed drum 20 are transferred to the first print drum 25 so that the pellet-shaped articles are reversed, turned over or flipped. Thus, if the first side of the pellet-shaped articles was exposed on the feed drum 20 , the second side of the pellet-shaped articles is exposed on the first print drum 25 . If the second side of the pellet-shaped articles was exposed on the feed drum 20 , after transfer, the first side of the pellet-shaped articles is exposed on the first print drum 25 . Similarly, pellet-shaped articles from the first print drum 25 are transferred to the second print drum 30 so that the pellet-shaped articles are once again reversed, turned over or flipped.」(【0035】図1は、本発明の一実施形態によるサーボドラム印刷システム10を示す。システム10は、ドラム上の矢印で示された方向に回転する3ドラムプリンタ型のコンベヤ15を含む。3つのドラムは、搬入ドラム20と、第1印刷ドラムの形の第1処理ドラム25と、第2印刷ドラムの形の第2処理ドラム30とを含む。
【0036】ペレット形状の物品の形の製品、例えば、医薬品または錠菓は、ランダムな順番で搬入ドラムに提供される。一例では、製品はタブレットであるか、または一般にレンズマメの形状であり、搬入ドラム上に下向きにした第1面と、搬入ドラムから逆向きにした第2面とを含み、第2面を処理用に露出させる。物品の他のものは、第2面を下向きにし、第1面を露出させるように配置され、つまり、搬入ドラム内の物品の一部は第1面を露出させ、搬入ドラム内の他のものは第2面を露出させるので、物品は搬入ドラムに「ランダム」に提供されると言われる。物品は一貫させて(ランダムではなく)ドラム上の凹部内に配置されるが、第1面または第2面のいずれを露出させてもよい。
【0037】図2に示したように、各ドラムはペレット形状の物品を受け取る複数の凹部35を含み、一般に各ドラムには真空圧源を設け、ペレット形状の物品を凹部内に保持する。真空圧は各ドラムの一部のみに加えられ、ペレット形状の物品は適切な位置で放出される。
【0038】ペレット形状の物品は搬入ドラム20から第1印刷ドラム25に搬送され、ペレット形状の物品を反転、回転、または裏返しする。したがって、ペレット形状の物品の第1面を搬入ドラム20上で露出させた場合、ペレット形状の物品の第2面を第1印刷ドラム25上で露出させる。ペレット形状の物品の第2面を搬入ドラム20上で露出させた場合、ペレッド形状の物品の第1面を第1印刷ドラム25上で露出させる。同様に、ペレット形状の物品は第1印刷ドラム25から第2印刷ドラム30に搬送され、ペレット形状の物品は再び反転、回転または裏返しする。)

(1-4)「[0039] In operation, system 10 will feed a plurality of pellet-shaped articles in the feed drum 20 . The pellet-shaped articles will then be inspected by a drum inspection unit 45 for one characteristic, such as a particular color. In one example, the articles are tablets that deliver a drug on a time-release basis. Such tablets include a first side having a drug and a second side which is sometimes referred to as a “push” layer. The first side with the drug needs to be provided with one or more holes, such that the drug can be released. The “push” layer helps to push the drug out of the tablet once fluids from the digestive track enter the drug side of the tablet via the one or more holes.」(【0039】動作中、システム10は、搬入ドラム20に複数のペレット形状の物品を供給する。続いて、ペレット形状の物品はドラム検査ユニット45により、特定の色のような1つの特徴が検査される。一例では、物品は、薬成分を時間をかけて放出するタブレットである。このようなタブレットは、薬成分を有する第1面と、「プッシュ」層とも呼ばれる第2面とを含む。薬成分を備えた第1面には、薬成分を放出可能なように1つ以上の穴を設ける必要がある。いったん消化管からの液体が1つ以上の穴を介してタブレットの薬側に入ると、「プッシュ」層は薬成分をタブレットから外に押し出す役割を果たす。)

(1-5)「[0042] The pellet-shaped articles will then be transferred to the first print drum 20 . In the process of being transferred, the articles are turned over to allow processing to occur on the opposite side. The pellet-shaped articles are then inspected by an inspection unit 50 for a second characteristic, such as a particular color. The pellet-shaped articles will then be altered by a first laser unit 60 including a laser 65 controlled by a galvanometer 70 (“galvo”). One example of a suitable laser is the Universal Laser. Model No. UL-60-0EM (a 60 W CO_(2) laser). One example of a suitable galvo is a 10 mm X+Y flat field galvo with ScribeSmart^(TM) (No. E00-7010272), available from GSI Lumonics. The pellet-shaped articles may be altered by drilling one or more holes through a coating of the pellet-shaped articles. Alternatively, the alteration may take the form of etchings or markings on the surface of the articles, without completely passing through the coating. Examples of suitable integrated laser/galvo marking head units are the Keyence 3-Axis YVO_(4) MD-V9900 series (8 W), Keyence 3-Axis CO_(2) ML-Z series (30 W), and Keyence CO_(2) ML-G series (30 W).」(【0042】続いて、ペレット形状の物品は、第1印刷ドラム20へ搬送される。搬送の途中で物品は反転され、反対側に処理を施すことができる。続いて、ペレット形状の物品は、検査ユニット50により特定の色のような第2の特徴が検査される。続いて、ペレット形状の物品はガルバノメータ70(「galvo」)により制御されるレーザ65を含む第1レ-ザユニット60によって変化する。適切なレーザの一例は、Universal Laser.Model No.UL-60-0EM(60W CO_(2)レーザ)である。適切なgalvoの一例は、GSI Lumonicsから入手可能な10mmX+Y flat field galvo with ScribeSmart^(TM)(No.E00-7010272)である。ペレット形状の物品のコーティングを介して1つ以上の穴を穿孔することによって、ペレット形状の物品を変化させてもよい。あるいは、ここでの変化は、コーティングを完全に貫通しないように物品の表面にエッチングまたはマーキングを行う形であってもよい。適切な集積レーザ/galvoマーキングヘッドユニットの例は、Keyence 3-Axis YVO_(4) MD-V9900 series(8W)、Keyence 3-Axis CO_(2) ML-Z series(30W)、およびKeyence CO_(2) ML-G series(30W)である。)

(1-6)「[0044] The pellet-shaped articles are inspected by an inspection unit 75 for a particular characteristic, which may be a laser hole or a laser printed/etched logo. The pellet-shaped articles are then transferred to the second print drum 30 and, in the transfer process, turned over again to allow more operations to occur on the first side. The pellet-shaped articles will then be altered (e.g., laser holes and/or laser printing/etching) by a second laser unit 80 including a second laser 85 controlled by a second galvo 90 . The laser and galvo may be separate components, or integrated together in one marking head unit, such as the case, for the Keyence models described earlier. The pellet-shaped articles are then inspected by an inspection unit 95 for a particular characteristic, which may be a laser hole or a laser printed/etched logo.」(【0044】ペレット形状の物品は特定の性質用の検査ユニット75で検査され、それはレーザ穴またはレーザ印刷/エッチングロゴであってもよい。続いて、ペレット形状の物品は第2印刷ドラム30に搬送され、搬送処理中、再び反転させ、第1面上でより多くの動作を施すことを可能にする。続いて、ペレット形状の物品は、第2galvo90によって制御される第2レーザ85を含む第2レーザユニット80によって変化する(例えば、レーザ穴および/またはレーザ印刷/エッチング)。レーザおよびgalvoは別個の部品であってもよく、上記のKeyenceモデルの箇体などの1つのマーキングヘッドユニット内に共に集積してもよい。続いて、ペレット形状の物品は特定の性質用の検査ユニット95によって検査され、それはレーザ穴またはレーザ印刷/エッチングロゴであってもよい。)

(1-7)「[0049] Using the system described above, the following applications are possible:
[0050] First, laser drill one side of a plurality of pellet shaped articles. Because the articles are oriented in a random order, the first laser unit 60 may act on the first side of some of the articles on the first print drum 25 , while the first side of the remaining articles is acted on by the second laser unit 80 , depending on whether the side to be processed is exposed on the first or the second drum.
[0051] Second, laser drill both sides of a plurality of pellet-shaped articles. If both sides of the articles require the same laser drilled holes, then the first laser unit 60 can provide the holes to all of the articles on the first print drum 25 , regardless of whether the first or second side of the articles is exposed. The articles will then be transferred to the second print drum 30 whereupon the second laser unit 80 will laser all of the articles, regardless of which side is exposed. However, if different hole characteristics are required for the first and second sides of the articles, then it is preferable that the first laser unit 60 drill only on those articles having the specified side exposed, and the second laser unit 80 drill only on the other side. It may also be possible to laser drill one side, and to laser etch/print on the other side.
[0052] Third, laser drill only one side of a plurality, of pellet-shaped articles. The side that receives processing can be selected based on a particular characteristic of the tablet, e.g., a color or some other characteristic like a “Near-Infrared signature”. In one example, the first laser unit 60 operates on some of the articles having the desired side exposed, while the second laser unit 80 operates on the remainder of the articles when the desired side is exposed on the second drum 30 .
[0053] Fourth, laser print/etch one side of a plurality of pellet-shaped articles. Such laser printing can occur on all of the articles at either the first or the second drum, or on some of the articles at the first drum 25 and the remainder of the articles at the second drum 30 , depending on whether the desired side is exposed at the first or the second print drum.
[0054] Fifth, laser print/etch both sides of a plurality of pellet-shaped articles, much like the laser drilled holes are provided, as described above.
[0055] Sixth, laser print/etch only one side of a plurality of pellet-shaped articles, based on a particular characteristic of the tablet, such as a color or some other characteristic like a “Near-Infrared signature”.」(【0049】上記のシステムを用いると次の用途が可能になる。
【0050】第1に、複数のペレット形状の物品の片面へのレーザ穿孔。物品はランダムな順番で方向付けられるので、処理される面を第1ドラム上で露出させるか第2ドラム上で露出させるかに依存して、第1レーザユニット60は第1印刷ドラム25上の物品の一部の第1面に作用でき、残りの物品の第1面は第2レーザユニット80によって作用させる。
【0051】第2に、複数のペレット形状の物品の両面へのレーザ穿孔。物品の両面で同じレーザ穿孔穴を必要とする場合、物品の第1面を露出させるか第2面を露出させるかにかかわらず、第1レーザユニット60は第1印刷ドラム25上の全ての物品に穴を設けることができる。続いて、物品は第2印刷ドラム30に搬送され、第2レーザユニット80はどの面を露出させるかにかかわらず全ての物品をレーザ照射する。しかし、物品の第1面と第2面で異なる穴特性が要求される場合、第1レーザユニット60は所定の面を露出させたそれらの物品でのみ穿孔し、第2レーザユニット80は他の面でのみ穿孔することが望ましい。片面でレーザ穿孔し、他方の面でレーザエッチング/印刷を可能にしてもよい。
【0052】第3に、複数のペレット形状の物品の片面のみでのレーザ穿孔。例えば、色または「近赤外シグネチャ」のようないくつかの他の性質など、タブレットの特定の性質に基づいて処理を受ける面を選択できる。一例では、第1レーザユニット60は所望の面を露出させた物品の一部で動作するが、第2レーザユニット80は第2ドラム30上で所望の面を露出させたとき、物品の残りの部分で動作する。
【0053】第4に、複数のペレット形状の物品の片面でのレーザ印刷/エッチング。所望の面を第1印刷ドラムで露出させるか第2印刷ドラムで露出させるかに依存して、このようなレーザ印刷は第1または第2印刷ドラムのいずれかの全ての物品で行っても、第1ドラム25で物品の一部、および第2ドラム30で物品の残りの部分に行ってもよい。
【0054】第5に、複数のペレット形状の物品の両面でのレーザ印刷/エッチングでは、上記のように、レーザ穿孔穴と同様のものが提供される。
【0055】第6に、色または「近赤外シグネチャ」のようないくつかの他の性質など、タブレットの特定の性質に基づく、複数のペレット形状の物品の片面のみのレーザ印刷/エッチング。)

(1-8)「[0084] Each inspection unit 415 could be in the form of one or more simple photoelectric sensors or a more complicated a multi-camera PC based vision system. The inspection unit provides feedback to the controller based on the inspection data. This could be to provide information in regard to an upcoming operation. This could also be to verify that a previous operation occurred successfully and the pellet-shaped articles are acceptable to discharge.」(【0084】各検査ユニット415は、1つ以上の簡単な光電センサまたはより複雑なマルチカメラPCベースのビジョンシステムの形であってもよい。検査ユニットは検査データに基づいて制御部にフィードバックを提供する。これは、次の動作に関する情報を提供することであってもよい。これは、前の動作がうまく行われ、ペレット形状の物品が次の処理に受け入れられることを確認することであってもよい。)

以上の記載から、甲第1号証には、次の発明が記載されていると認められる(以下、「甲第1号証発明A」という。)。
「搬入ドラム20上で露出させた第1面と、該第1面と反対側の第2面と、を有する錠剤の少なくとも一方の面に印刷するサーボドラム印刷システム10において、
前記錠剤を搬送する搬入ドラム20、第1処理ドラム25及び第2処理ドラム30と、
搬送される前記錠剤の前記第1面を検査するドラム検査ユニット45と、
前記第2面に印刷する第1レーザユニット60と、
を備えるサーボドラム印刷システム10。」

また、甲第1号証には、次の方法発明が記載されていると認められる(以下、「甲第1号証発明B」という。)。
「搬入ドラム20上で露出させた第1面と、該第1面と反対側の第2面と、を有する錠剤の少なくとも一方の面に印刷された錠剤の製造方法であって、
前記錠剤を搬送する工程と、
前記錠剤の搬送中にドラム検査ユニット45によって前記第1面を検査する工程と、
前記錠剤の搬送中に前記第2面に印刷する工程と、を備える、錠剤の製造方法。」

(2)甲第2号証には、次のとおり記載されている。
(2-1)「【請求項1】
ランダムに供給されるワークに対して印刷を行うための印刷方法であって、
所定のエリア内に導入された前記ワークを撮像するワーク撮像工程と、
前記ワーク撮像工程で撮像された映像に基づいて、前記ワークのワーク情報を検出するワーク情報検出工程と、
前記ワーク情報検出工程で検出された前記ワーク情報に基づいて前記ワークに印刷される印刷パターンを作成する印刷パターン作成工程と、
前記印刷パターン作成工程で作成された前記印刷パターンに基づいて前記ワークに印刷を行う印刷工程と、
を備えた印刷方法。」

(2-2)「【0001】
本発明は、ランダムに供給されるワークに対して印刷を行うための印刷方法および印刷装置に関する。」

(2-3)「【0035】
図1および図2に示すように、この印刷装置1は、印刷されるべき複数のワークWがランダムに供給される供給コンベア2を有している。供給コンベア2は、駆動ローラ20および従動ローラ21を有しており、駆動ローラ20には、モータ25が駆動連結されている。なお、図中、白抜きの矢印は、ワークWの搬送方向を示している。
【0036】
ワークWとしては、例えば、錠剤(タブレット)等の薬剤の他、ICチップ、工具のバイトチップ等が考えられる。なお、錠剤の中には、平面視円形でかつ中央に溝が形成されているものもあり、この場合には、円形であっても、錠剤自体に方向性があり、印刷位置が特定の位置に限定されるため、本発明による印刷方法が好適なワークである。」

(2-4)「【0047】
ステップS6では、CCDカメラ3により、エリアA内のワークWを撮像する。いま、撮像された映像が図6に示すようなものだったとする。同図には、複数のワークWがエリアA内にランダムに配置された状態が示されている。
【0048】
次に、ステップS7では、ステップS6で撮像された映像に基づいて、エリアA内のワーク情報を検出する。この処理は、画像処理装置15において実行される。
【0049】
ここで、ワーク情報は、エリアA内に配置された各ワークの位置および姿勢(平面内の向きの他、表裏の向きを含む)を含んでいる。すなわち、このステップでは、エリアAのどの位置にワークWが配置され、どの向きを向いているかなどのワーク情報が検出される。この場合に、ワークWが表裏のいずれを向いているかの情報は、例えば、ワークWの表面に溝を形成しておくようにすれば、溝の形成された側が表側であり、溝の形成されていない側が裏側となる。また、ステップS7では、ワークWの形状の一部に欠け等のある不良品が含まれていないかも併せて判断され、不良品のワークWの位置も検出される。不良品のワークWの位置情報は、後工程の制御装置に出力され、不良品のワークWは、後工程で排出される。なお、ワーク情報としては、ワークWの位置や姿勢(向き)、形状の他、ワークの種別、個数およびナンバリングを含むようにしてもよい。
【0050】
次に、ステップS8では、ステップS7で検出されたワーク情報に基づいて、各ワークWに印刷されるべき印刷パターンを作成する。このとき、まず、図7に示すように、エリアA内にランダムに配置された各ワークWに対して、それぞれのワークWのどの位置にどのような傾きで基本画像データ(図5)を印刷するかを設定する。なお、このとき、ステップS7で不良品と判断されたワークWに対して、このような設定を行わない。そして、この設定に基づいて、図8に示すような、各ワークWに対する印刷パターンを作成する。この処理は、画像処理装置15において実行される。作成された印刷パターンは、IJPコントローラ16に転送される。
【0051】
次に、ステップS9では、ステップS8で作成された印刷パターンに基づいて、インクジェットプリンタ4により、各ワークWに対して印刷処理を実行する(図9参照)。なお、この印刷処理は、画像処理装置15から転送された印刷パターンに基づいて、IJPコントローラ16がIJPヘッド40を駆動制御することにより実行される。このとき、不良品のワークWに対しては、印刷パターンが作成されていないので、印刷は行われない。また、印刷処理は、各ワークWがインクジェットプリンタ4の下を通過する間に実行される。」

(2-5)【図2】の記載からみて、搬送面2aに置かれたワークWの上面に対して、CCDカメラ3は撮像するものであり、また、インクジェットプリンタ4は印刷するものであると認められる。

以上の記載及び図示内容から、甲第2号証には、次の技術事項が記載されていると認められる(以下、「甲第2号証に記載の技術事項」という。)。
「 溝が形成されている表面と、溝が形成されていない裏面と、を有する錠剤Wの一方の面に印刷する印刷装置1を、
前記錠剤Wを搬送する供給コンベア2と、
搬送される前記錠剤Wの上面を撮像するCCDカメラ3と、
前記CCDカメラ3によって撮像された映像に基づいて、前記錠剤Wの上面に溝があるか否かを判断する手段と、
前記CCDカメラ3によって撮像された映像に基づいて、前記錠剤Wの上面における前記溝の位置を検出する手段と、
前記検出する手段により検出された前記溝の位置に基づき、前記錠剤Wの上面に印刷するインクジェットプリンタ4と、を備えるものとすること。」

(3)甲第3号証には、次のとおり記載されている。
(3-1)「【請求項1】 記録媒体の表面に対向可能な位置に設けられ、記録ヘッドにより当該記録媒体の表面上に記録剤を付与し表面画像の形成を行う第1記録手段と、
前記記録媒体を前記第1記録手段に対して搬送する第1搬送手段と、
前記記録媒体の裏面に対向可能な位置に設けられ、記録ヘッドにより当該記録媒体の裏面上に記録剤を付与し表面画像の形成を行う第2記録手段と、
前記第1搬送手段の搬送経路の延長上に設けられ、該第1搬送手段から搬送された前記記録媒体を前記第2記録手段に対して搬送する第2搬送手段と、
前記第1記録手段により前記記録媒体の表面に形成させる表面画像に対し、前記第2記録手段により前記記録媒体の裏面に形成される裏面画像を一致させ形成するされるように画像の位置合わせを行う両面位置合わせ制御手段とを備えたことを特徴とする画像形成装置。」

(3-2)「【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、記録媒体上に画像を形成する画像形成装置および画像形成方法、特には布帛等の伸縮性を有する記録媒体に画像の形成を行う画像形成装置および画像形成方法に関する。また、本発明は、インクを吐出するインクジェットヘッドを用いて画像の形成を行うインクジェット方式を採用した画像形成装置および画像形成方法に関する。」

(3-3)「【0072】まず、処理が開始されるとステップS1において第1記録手段104により画像とともに四角形のタイル状の分割線403を布帛に形成する。続くステップS2において、布帛を表裏反転させた状態で第2記録手段125へ搬送し、次にステップS3にて、先に布帛上に形成された分割線403を光学エリアセンサー144を用いて読み取り、表裏反転された布帛の歪み量を判定して補正値505?510を算出する。続くステップS4では、検知された四角形タイル分割線領域402の記録位置に対応する画像領域に対して、算出された補正値505から510を用いて形状補正処理を行う。次にステップS5において、布帛の表裏に形成する画像は表裏それぞれで対象的な鏡像となるため、形状補正処理された領域801を左右反転し、1主走査分の記録領域を満たすまで記憶領域901?903内に順次並べて格納し、続くステップS6で第2記録手段により、布帛の先に画像が形成された面の反対側の面に対し、記憶領域902の画像データを用いて画像の形成を行う。
【0073】このように、先に記録する面に対して画像とともに分割線を形成し、反対の面に対しては、分割線の歪みを判定して画像データを補正して記録を行うことにより、布帛の伸縮等によって画像を形成するべき位置にずれが生じていたとしても、適切な位置に表裏で画像を一致させて形成することができる。」

(4)甲第4号証には、次のとおり記載されている。
(4-1)「【請求項1】
表面の画像と共に、画像領域外の1箇所に基準マークの画像を形成し、前記画像を用紙の表面に転写する画像形成部と、
前記画像を前記用紙に定着する定着部と、
前記用紙の表面に形成された定着後の前記基準マークを検知するラインセンサと、
定着前の基準マークのサイズと検知された定着後の基準マークのサイズとに基づいて前記用紙の収縮率を求め、該収縮率に基づいて裏面に形成する画像の位置及び倍率を決定する演算部を有する制御部と、を有し、
前記制御部は、算出された位置および倍率に基づき前記用紙の裏面に画像を形成するように制御する、
ことを特徴とする画像形成装置。」

(4-2)「【0001】
本発明は複写機、プリンタ、ファクシミリ、その複合機などの画像形成装置に関し、特に、用紙の両面に形成される表裏の画像の位置を高精度に合わせることのできる画像形成装置および画像形成方法に関する。」

(4-3)「【0080】
(ステップS04)
ステップS04では、反転された用紙Pは、図5に示すように、レジストローラ43によって所定のタイミングで画像形成部60に送られる。そして、ラインセンサS2が反転させられた状態の用紙Pの下方から表面の定着後の基準マークMを読み込む。ラインセンサS2によって読み込まれた基準マークMの位置情報は図6に示す演算部2に出力される。
・・・
【0085】
(ステップS08)
ステップS08では、倍率決定部2DがステップS07で求められた収縮率に基づいて裏面に形成する画像の倍率を決定する。倍率決定部2Dは、収縮率算出部2Cによって求められた収縮率に従って元の裏面の画像データを縮小する。例えば、副走査方向の収縮率が90[%]の場合、裏面に形成する画像データの副走査方向の長さを元の画像データに対して99[%]の長さにする。また、主走査方向の収縮率が99[%]の場合、裏面に形成する画像データの主走査方向の長さを元の画像データに対して99[%]の長さにする。これにより、裏面の画像データは、元の画像データと比べて全体として97.01[%]に縮小された画像データにより裏面に形成されることになる。
【0086】
(ステップS09)
ステップS09では、位置決定部2EがステップS07で求められた収縮率に基づいて裏面に形成する画像の位置を決定する。位置決定部2Eは、定着後の基準点PAの位置を基準として裏面画像の形成領域の位置を決定する。表面の定着後の基準点PAの位置は用紙Pの収縮率の分だけずれているため、ずれた位置にある定着後の基準点PAを基準として裏面画像の形成領域を決定する。
・・・
【0088】
(ステップS10)
ステップS10では、画像形成部60にて、用紙Pの裏面に画像が形成される。このときステップS09で決定された裏面画像の形成領域内に、収縮率の分だけ縮小された画像が形成される。その結果、表面に画像を形成した後の定着処理によって用紙Pが縮小しても、その収縮に合わせて裏面画像の位置及び倍率を決定して裏面に画像を形成するため、表面に形成された画像の位置及びサイズと、裏面に形成された画像の位置及びサイズとを一致させることが可能となる。」

(5)甲第5号証には、次のとおり記載されている。
(5-1)「【請求項1】 給紙部に載積した記録紙をプリント部に給送し、記録紙の第1面に第1画像データを記録して排紙部に排出した後、記録紙の表裏を反転させて給紙部に載積し、再び記録紙をプリント部に給送して記録紙の第2面に第2画像データを記録するプリンタにおいて、
前記各記録紙に記録する第1画像データと第2画像データとの対応を示す識別マークを形成する識別マーク形成手段と、各記録紙の第2面に記録する各第2画像データを記憶する記憶手段と、識別マークを読み取る読取手段とを備え、
各記録紙の第1面記録時には、第1画像データとともにその第1画像データに応じた識別マークを記録し、第2面記録時には、第1面に記録された識別マークを読み取って、第1面に記録した第1画像データに対応する第2画像データを記憶手段から読み出して記録することを特徴とするプリンタ。」

(5-2)「【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、プリンタに関し、更に詳しくは表面の記録が終了した記録紙を一旦プリンタから取り出した後、その記録紙の表裏を反転させて再びプリンタにセットすることにより、記録紙の表裏両面に記録を行うプリンタに関するものである。」

(5-3)「【0021】再び、プリント開始の操作がなされると、給紙トレー15から感熱記録紙12がサーマルヘッド23のプリント位置まで搬送される。この搬送中にCCDセンサ22によって、感熱記録紙12の第1面12aにプリントされた識別マーク41が読み取られる。
【0022】識別マーク41が無い場合には、感熱記録紙12はそのまま排紙トレー17に排出される。一方、識別マーク41が有る場合には、CPU30がその識別マークで示される表裏対応情報と、表裏対応情報メモリ32に格納されている表裏対応情報とを比較する。そして、第2面12bにプリントすべき裏面印字データを特定し、第1面12aにプリントされた表面印字データに対応する裏面印字データが裏面印字データメモリ33から読み出されて、第2面12bにプリントされる。第2面12bのプリントが完了すると、感熱記録紙12は排紙口11bから排出されて排紙トレー17に載積される。」

5 当審の判断
(1)申立て理由Aについて
(1-1)特許異議申立人は、特許請求の範囲の記載に関し、「(E),(F)が行う処理は、(D)の判定において「錠剤の第1の面に割線がある」と判定された場合のものであると考えられます。その一方で、(D)の判定において「錠剤の第1の面に割線が無い」と判定された場合の処理については、請求項1には記載されていません。
このような請求項1の記載では、例えば、(D)の判定において、「錠剤の第1の面に割線が無い」と判定された場合に、錠剤の第2の面に印刷を行う装置も、特許発明の範囲に含まれてしまいます。しかしながら、そのような処理は、明細書の段落0114-0153には、記載も示唆もされていません。
したがって、本件特許の請求項1の記載は、発明の詳細な説明に記載した範囲を超えるものです。
よって、本件特許は、請求項1およびその従属項について、特許法第36条第6項第1号(サポート要件)の取消理由を有しています。
また、本件特許は、請求項8についても、同様に、・・・取消理由を有しています。」(「(ア)第1の記載不備」の欄(特許異議申立書21?22頁))と主張しているので、この点について検討する。

ア 明細書のサポート要件
特許請求の範囲の記載が、特許法第36条第6項第1号に係る規定(いわゆる「明細書のサポート要件」)に適合するか否かは、特許請求の範囲の記載と発明の詳細な説明の記載とを対比し、特許請求の範囲に記載された発明が、発明の詳細な説明に記載された発明で、発明の詳細な説明により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲内のものであるか否か、また、その記載や示唆がなくとも当業者が出願時の技術常識に照らし当該発明の課題を解決できる範囲のものであるか否かを検討して判断すべきものである(知財高裁特別部平成17年(行ケ)第10042号参照)。
これを踏まえ、本件特許の特許請求の範囲の記載が、上記規定に適合するか否かについて検討する(以下同様。)。

イ 特許請求の範囲の記載について
本件特許の特許請求の範囲の記載は、上記「2 本件特許発明」に記載したとおりである。

ウ 本件特許明細書の発明の詳細な説明の記載について
本件特許明細書の発明の詳細な説明には、以下のとおり記載されている。
(ア)「【0002】
本発明は、錠剤に印刷する印刷機に関するものである。・・・」
(イ)「【0006】
・・・本発明は、かかる事情に鑑み、搬送されている錠剤の両方側の面に印刷したり、搬送されている錠剤の一方側の面及び他方側の面のうち、所望の一方の面に印刷したりできる印刷機を提供することを課題とする。」
(ウ)「【0113】
・・・印刷機は、割線11がさまざまな位置(向き)の状態で、錠剤1が搬送されていても、割線11が設けられた面と反対側の面において割線11と対応する部位110を避けた状態で、当該部位110を基準として同じように印刷できる構成であってもよい。・・・
【0114】
まず、割線11と対応する部位110を基準として同じように印刷できる印刷機の第1の具体例が、図15?図20を参酌して、以下に説明されている。」
(エ)「【0119】
まず、上方撮像装置54は、例えば、搬入装置22で搬送されている錠剤1の上方側の面を撮像する(ステップ101a)。その後、上方割線判定部1622aは、上方撮像装置54によって撮像された画像に基づいて、割線11の有無を判定する(ステップ102a)。・・・
【0120】
かかる印刷機においては、・・・下方印刷装置44が、錠剤1の下方側の面に印刷する(ステップ105a)。この印刷(ステップ105a)は、以下の通りである。
【0121】
まず、上方割線判定部1622aは、上方撮像装置54によって撮像された画像に基づいて、割線11の有無を判定する(ステップ105b)。そして、錠剤1の上方側の面に割線11が有る場合(ステップ105bの「Y」)、割線位置演算部1622dは、上方撮像装置54によって撮像された画像に基づいて、割線11が所定の位置に対して何度回転した角度であるかを演算する(ステップ105c)。その後、印刷情報演算部1622eは、印刷情報記憶部1622cに記憶されている印刷情報を呼び出し、呼び出した情報を、割線位置演算部1622dによって演算した角度だけ回転させるように演算する(ステップ105d)。そして、下方印刷装置44は、印刷情報演算部622eにおいて演算した情報に基づいて、錠剤1の下方側の面に印刷する。
【0122】
反対に、錠剤1の上方側の面に割線11が無い場合(ステップ105bの「N」)、下方印刷が終了する。」
(オ)「【0123】
また、かかる印刷機においては、下方撮像装置43は、第1の搬送部24で搬送されている錠剤1の下方側の面を撮像する(ステップ110a)。・・・下方検査部1627が錠剤1の下方側の面が正常か異常かを検査した(ステップ112a)後、上方印刷装置55が錠剤1の上方側の面に印刷する(ステップ114a)。この印刷(ステップ114a)は、以下の通りである。
【0124】
まず、下方割線判定部1626aは、下方撮像装置43によって撮像された画像に基づいて、割線11の有無を判定する(ステップ114b)。そして、錠剤1の下方側の面に割線11が有る場合(ステップ114bの「Y」)、割線位置演算部1626dは、下方撮像装置43によって撮像された画像に基づいて、割線11が所定の位置に対して何度回転した角度であるかを演算する(ステップ114c)。その後、印刷情報演算部1626eは、印刷情報記憶部1626cに記憶されている印刷情報を呼び出し、呼び出した情報を、割線位置演算部1626dにおいて演算した角度だけ回転させるように演算する(ステップ114d)。上方印刷装置55は、印刷情報演算部1626eにおいて演算した情報に基づいて、錠剤1の上方側の面に印刷する。
【0125】
反対に、錠剤1の下方側の面に割線11が有る場合(ステップ114bの「N」)、上方印刷が終了する。」

エ 検討
(ア)上記ウの(ア)?(ウ)の記載からみて、発明の詳細な説明には、「搬送されている錠剤の両方側の面に印刷したり、搬送されている錠剤の一方側の面及び他方側の面のうち、所望の一方の面に印刷したりできる印刷機を提供する」ことと、「印刷機は、割線11がさまざまな位置(向き)の状態で、錠剤1が搬送されていても、割線11が設けられた面と反対側の面において割線11と対応する部位110を避けた状態で、当該部位110を基準として同じように印刷できる構成」とすることとが記載されていることから、本件特許発明の課題は、「搬送されている錠剤に対し、両方側の面に印刷したり、一方側の面及び他方側の面のうち、所望の一方の面に印刷したりできるとともに、その印刷を割線が設けられた面と反対側の面において割線と対応する部位を避けた状態で、当該部位を基準として印刷機を提供すること」であるといえる。
(イ)また、上記ウの(エ)、(オ)の記載からみて、発明の詳細な説明には、(i)「印刷機を、搬送される錠剤1の上方側の面を撮像する上方撮像装置54と、前記上方撮像装置54によって得られた画像に基づいて、前記上方側の面に割線11があるか否かを判定し、前記上方撮像装置54によって得られた画像に基づいて、前記上方側の面における前記割線11の位置を算出する割線位置演算部1622dと、前記割線位置演算部1622dにより算出された前記割線11の位置に基づき、下方側の面に印刷する下方印刷装置44と、を備えるものとすること」と、(ii)「印刷機を、搬送される錠剤1の下方側の面を撮像する下方撮像装置43と、前記下方撮像装置43によって得られた画像に基づいて、前記下方側の面に割線11があるか否かを判定し、前記下方撮像装置43によって得られた画像に基づいて、前記下方側の面における前記割線11の位置を算出する割線位置演算部1626dと、前記割線位置演算部1626dにより算出された前記割線11の位置に基づき、上方側の面に印刷する上方印刷装置55と、を備えるものとすること」とが記載されている。
したがって、「印刷機を、搬送される錠剤の一方側の面を撮像する一方側撮像装置と、前記一方側撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記一方側の面に割線があるか否かを判定し、前記一方側撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記一方側の面における前記割線の位置を算出する割線位置演算部と、前記割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、他方側の面に印刷する他方側印刷装置と、を備えるものとすること」が記載されているといえる。
(ウ)よって、発明の詳細な説明には、本件特許発明の課題が、「搬送されている錠剤に対し、両方側の面に印刷したり、一方側の面及び他方側の面のうち、所望の一方の面に印刷したりできるとともに、その印刷を割線が設けられた面と反対側の面において割線と対応する部位を避けた状態で、当該部位を基準として印刷機を提供すること」であり、課題を解決するための手段が、「印刷機を、搬送される錠剤の一方側の面を撮像する一方側撮像装置と、前記一方側撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記一方側の面に割線があるか否かを判定し、前記一方側撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記一方側の面における前記割線の位置を算出する割線位置演算部と、前記割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、他方側の面に印刷する他方側印刷装置と、を備えるものとすること」であることが記載されている。
(エ)そして、本件特許発明の課題を解決するための手段は、本件特許発明1において特定されているものといえる。
また、上記課題からみて、本件特許発明1において、「錠剤の第1の面に割線が無い」と判定された場合の処理について何ら特定されず、たとえ、それがどのようなものであったとしても、本件特許発明の課題を解決する手段として成立し得ることは技術常識を踏まえれば明らかであることから、本件特許発明1においてそのような特定が何らなされていないとしても、本件特許発明1が、発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えていると判断することはできない。
したがって、構成要件(D)?(F)に関し、本件特許発明1は、発明の詳細な説明に記載された発明で、発明の詳細な説明により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲内のものである。
(オ)また、本件特許発明8も、同様の理由により、本件特許明細書の発明の詳細な説明に記載された発明で、発明の詳細な説明により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲内のものである。

オ 小括
以上のとおりであるから、特許異議申立人の上記主張は理由がなく、特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第1号に係る規定に適合するものである。

(1-2)また、特許異議申立人は、特許請求の範囲の記載に関し、「構成要件(F)の記載では、単に「・・・割線の位置に基づき」としか記載されていないので、割線の位置の情報をどのように使って、第2の面にどのように印刷を行うのかが、不明確です。・・・
したがって、本件特許の請求項1の記載は、不明確であるとともに、発明の詳細な説明に記載した範囲を超えるものです。
よって、本件特許は、請求項1およびその従属項について、特許法第36条第6項第1号(サポート要件)および第2号(明確性)の取消理由を有しています。
また、本件特許は、請求項8についても、同様に、・・・取消理由を有しています。」(「(イ)第2の記載不備」の欄(特許異議申立書22頁))と主張しているので、この点について検討する。

ア 最初に、構成要件(F)の記載は不明確であるかどうかについてみてみる。
「(F)前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、前記第2の面に印刷する第2の印刷装置」は、それ自体明確であって技術的意味を特定できるものであることは明らかである。
したがって、構成要件(F)の記載は明確である。

イ 次に、構成要件(F)に関し、本件特許の請求項1の記載は、発明の詳細な説明に記載した範囲を超えるものであるかどうかについてみてみる。
発明の詳細な説明には、割線位置演算部により算出された割線の位置に基づき、錠剤の面に印刷することの一態様として、「【0121】・・・印刷情報演算部1622eは、印刷情報記憶部1622cに記憶されている印刷情報を呼び出し、呼び出した情報を、割線位置演算部1622dによって演算した角度だけ回転させるように演算する(ステップ105d)。そして、下方印刷装置44は、印刷情報演算部622e(当審注:「1622e」の誤記。)において演算した情報に基づいて、錠剤1の下方側の面に印刷する。」、「【0124】・・・印刷情報演算部1626eは、印刷情報記憶部1626cに記憶されている印刷情報を呼び出し、呼び出した情報を、割線位置演算部1626dにおいて演算した角度だけ回転させるように演算する(ステップ114d)。上方印刷装置55は、印刷情報演算部1626eにおいて演算した情報に基づいて、錠剤1の上方側の面に印刷する。」と記載されている。
そして、技術常識に照らしてみれば、割線位置演算部により算出された割線の位置に基づき、錠剤の面に印刷することについて、「搬送されている錠剤に対し、両方側の面に印刷したり、一方側の面及び他方側の面のうち、所望の一方の面に印刷したりできるとともに、その印刷を割線11と対応する部位110を基準とする印刷機を提供すること。」との本件特許発明の課題を解決するための手段が、発明の詳細な説明に記載の上記一態様に限定されるものでないことは明らかである。
一方、上記「(1-1)エ(エ)」欄に記載したとおり、発明の詳細な説明に記載された、課題を解決するための手段は、本件特許発明1において特定されているものである。
したがって、構成要件(F)に関し、本件特許発明1は、発明の詳細な説明に記載された発明で、発明の詳細な説明により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲内のものである。

ウ また、本件特許発明8も、上記ア及びイと同様の理由により、発明は明確であり、また、本件特許明細書の発明の詳細な説明に記載された発明で、発明の詳細な説明により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲内のものである。

エ 小括
以上のとおりであるから、特許異議申立人の上記主張は理由がなく、特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第1号及び2号に係る規定に適合するものである。

(1-3)また、特許異議申立人は、発明の詳細な説明の記載に関し、「本件特許の明細書の段落0114-0127には、「割線11と対応する部位110を基準として同じように印刷できる印刷機の第1の具体例」が記載されています。
この第1の具体例では、「上方撮像装置54が搬送装置23の上流側(例えば搬入装置22等)に配置されている」(段落0115)とされています。しかしながら、本件特許には、この上方撮像装置54の配置を示した図はありません。
仮に、図1に示された搬入装置22に、上方撮像装置54を配置することを考えたとしても、搬入装置22には、搬送方向のほぼ全体に亘って、錠剤22を整列させる整列部222が設けられています。整列前や整列途中の錠剤を撮影しても、整列後の割線の位置を把握することはできないと考えられますので、上方撮像装置54の配置は、搬入装置のどこでもよいという訳ではありません。
しかしながら、・・・上方撮像装置54を、搬入装置22のどの位置に配置すべきかということまで、具体的に記載されていません。
したがって、本件特許の発明の詳細な説明の記載は、本件特許の請求項1の「第1の撮像装置」を、当業者が実施することができる程度に明確かつ十分に記載したものとは言えません。
よって、本件特許は、特許法第36条第4項第1号(実施可能要件)の取消理由を有しています。」(「(ウ)第3の記載不備」の欄(特許異議申立書22?23頁))と主張しているので、この点について検討する。

ア 発明の詳細な説明には、上方撮像装置54に関して次のとおり記載されている。
「【0115】
この印刷機では、上方撮像装置54が搬送装置23の上流側(例えば搬入装置22等)に配置されている。・・・
【0119】
まず、上方撮像装置54は、例えば、搬入装置22で搬送されている錠剤1の上方側の面を撮像する(ステップ101a)。その後、上方割線判定部1622aは、上方撮像装置54によって撮像された画像に基づいて、割線11の有無を判定する(ステップ102a)。・・・
【0121】
まず、上方割線判定部1622aは、上方撮像装置54によって撮像された画像に基づいて、割線11の有無を判定する(ステップ105b)。そして、錠剤1の上方側の面に割線11が有る場合(ステップ105bの「Y」)、割線位置演算部1622dは、上方撮像装置54によって撮像された画像に基づいて、割線11が所定の位置に対して何度回転した角度であるかを演算する(ステップ105c)。・・・」

イ 上記記載からみて、上方撮像装置54によって撮像された画像は、上方割線判定部1622aが割線11の有無を判定すること、及び、割線位置演算部1622dが割線11の位置を演算することのために用いられるものである。
そうすると、搬送装置23の上流側(例えば搬入装置22等)の上方撮像装置54は、どの位置に配置すべきかについての記載はないものの、搬送装置23に支障を及ぼすことのないようにすることと、上記画像を撮像できるようにするものであることが考慮され、配置場所等について適宜必要な手段が講じられることは当業者にとって明らかである。
そして、上方撮像装置54は、本件特許の請求項1の「第1の撮像装置」に対応するものである。
したがって、本件特許明細書の発明の詳細な説明の記載は、本件特許の請求項1の「第1の撮像装置」について、当業者が実施することができる程度に明確かつ十分に記載したものである。

ウ 小括
以上のとおりであるから、特許異議申立人の上記主張は理由がなく、発明の詳細な説明の記載は、特許法第36条第4項第1号に係る規定に要件を満たすものである。

(1-4)また、特許異議申立人は、発明の詳細な説明の記載に関し、「本件特許の明細書の段落0114-0127には、「割線11と対応する部位110を基準として同じように印刷できる印刷機の第1の具体例」が記載されています。
この第1の具体例では、ステップ105aで、下方側印刷装置44が錠剤1の下方側の面に印刷をした後に、ステップS110aで、下方撮像装置43が、錠剤1の下方側の面を撮像します(段落0120-0123,図16)。しかしながら、本件特許の明細書および図面には、このような順序で処理を行うために必要な装置構成が、記載されていません。・・・
よって、本件特許は、特許法第36条第4項第1号(実施可能要件)の取消理由を有しています。」(「(エ)第4の記載不備」の欄(特許異議申立書23?24頁))と主張しているので、この点について検討する。

ア 発明の詳細な説明には、印刷機の下方撮像装置43、下方印刷装置44、上方撮像装置54、上方印刷装置55について「【0047】
下方撮像装置43は、第1の検出部41よりも下流側に配置されると共に、第1の搬送部24よりも下方側に配置される。そして、下方撮像装置43は、制御ユニット6の制御に基づいて、錠剤1の下方側の面を撮像する。・・・
【0048】
下方印刷装置44は、下方撮像装置43よりも下流側に配置されると共に、第1の搬送部24よりも下方側に配置される。そして、下方印刷装置44は、制御ユニット6の制御に基づいて、錠剤1の下方側の面に印刷する。・・・
【0053】
上方撮像装置54は、側方撮像装置53よりも下流側に配置されると共に、第2の搬送部25よりも上方側に配置される。そして、上方撮像装置54は、制御ユニット6の制御に基づいて、錠剤1の上方側の面を撮像する。・・・
【0054】
上方印刷装置55は、上方撮像装置54よりも下流側に配置されると共に、第2の搬送部25よりも上方側に配置される。そして、上方印刷装置55は、制御ユニット6の制御に基づいて、錠剤1の上方側の面に印刷する。・・・」と記載されている。

イ また、【0119】?【0125】の記載(上記「(1-1)ウ」欄を参照。)と【図16】の記載とを併せてみて、「割線11と対応する部位110を基準として同じように印刷できる印刷機の第1の具体例」として、印刷機は、(i)上方撮像装置54による錠剤1の上方側の面の撮像、(ii)下方印刷装置44による錠剤1の下方側の面への印刷、(iii )下方撮像装置43による錠剤1の下方側の面の撮像、(iv)上方印刷装置55による錠剤の上方側の面への印刷の順序で処理を行うものであることが記載されている。

ウ そして、印刷機において上記処理を行うにあたり、下方撮像装置43、下方印刷装置44、上方撮像装置54、上方印刷装置55を順序を含めどのように配置するかは、当業者が必要に応じて適宜決定する程度の事項であると認められる。

エ したがって、本件特許の発明の詳細な説明の記載は、「割線11と対応する部位110を基準として同じように印刷できる印刷機の第1の具体例」において「ステップ105aで、下方側印刷装置44が錠剤1の下方側の面に印刷をした後に、ステップS110aで、下方撮像装置43が、錠剤1の下方側の面を撮像」することについての具体的な記載はないものの、当業者が実施することができる程度に明確かつ十分に記載したものである。

オ 小括
以上のとおりであるから、特許異議申立人の上記主張は理由がなく、発明の詳細な説明の記載は、特許法第36条第4項第1号に係る規定に要件を満たすものである。

(1-5)また、特許異議申立人は、特許請求の範囲の記載に関し、「構成要件(F),(I)の記載では、各印刷装置の向きは限定されていません。このため、例えば、第2の印刷装置と第1の印刷装置とが、いずれも錠剤の上方側に配置されていて、第2の印刷装置と第1の印刷装置との間で、印刷装置の向きではなく、錠剤の表裏を反転させる場合も、特許発明の範囲に含まれてしまいます。
しかしながら、本件の明細書には、「第2の印刷装置」および「第1の印刷装置」の例として、錠剤の下方側に位置する「下方印刷装置44」および錠剤の上方側に位置する「上方印刷装置55」の組み合わせしか、記載されていません。
したがって、本件特許の請求項1および請求項3の記載は、発明の詳細な説明に記載した範囲を超えるものです。
よって、本件特許は、請求項1、請求項3、およびこれらの従属項について、特許法第36条第6項第1号(サポート要件)の取消理由を有しています。」(「(オ)第5の記載不備」の欄(特許異議申立書24頁))と主張しているので、この点について検討する。

ア 本件特許発明1は、請求項1に記載された事項により特定されるものであるところ、当該請求項には「(F)前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、前記第2の面に印刷する第2の印刷装置」と記載されているから、第2の印刷装置は、その向きについて特定されない。
また、上記「(1-1)エ(ウ)」欄に記載したとおり、本件特許発明の課題は、「搬送されている錠剤に対し、両方側の面に印刷したり、一方側の面及び他方側の面のうち、所望の一方の面に印刷したりできるとともに、その印刷を割線が設けられた面と反対側の面において割線と対応する部位を避けた状態で、当該部位を基準として印刷機を提供すること」であり、課題を解決するための手段は、「印刷機を、搬送される錠剤の一方側の面を撮像する一方側撮像装置と、前記一方側撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記一方側の面に割線があるか否かを判定し、前記一方側撮像装置によって得られた画像に基づいて、前記一方側の面における前記割線の位置を算出する割線位置演算部と、前記割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、他方側の面に印刷する他方側印刷装置と、を備えるものとすること」であるところ、課題と課題を解決するための手段との関係からみても、第2の印刷装置の向きは、どのような向きであってもよく、当業者が必要に応じて適宜決定する程度の事項であり、特定されなければならないとする特段の理由もない。
したがって、本件特許発明1は、第2の印刷装置の向きについての特定がされていないことを理由に、発明の詳細な説明に記載した範囲を超えるものであるとすることはできない。

イ 本件特許発明3は、請求項3に記載された事項により特定されるものであるところ、当該請求項には「(I)前記第1の面に印刷する第1の印刷装置」と記載されているものの、第1の印刷装置は、その向きについては特定されていない。
また、上記ア欄に記載した理由と同様に、課題と課題を解決するための手段との関係からみても、第1の印刷装置の向きは、どのような向きであってもよく、当業者が必要に応じて適宜決定する程度の事項であり、特定されなければならないとする特段の理由もない。
そして、このことは、特許異議申立人の主張する「第2の印刷装置と第1の印刷装置とが、いずれも錠剤の上方側に配置されていて、第2の印刷装置と第1の印刷装置との間で、印刷装置の向きではなく、錠剤の表裏を反転させる場合」であっても同様であるといえる。
したがって、本件特許発明3は、第1の印刷装置の向きについての特定がされていないことを理由に、発明の詳細な説明に記載した範囲を超えるものであるとすることはできない。

ウ 小括
以上のとおりであるから、特許異議申立人の上記主張は理由がなく、特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第1号に係る規定に適合するものである。

(1-6)まとめ
以上のとおり、特許異議申立人の主張する(1-1)?(1-5)のいずれも理由がないから、申立て理由Aによっては、請求項1?8に係る特許を取り消すことはできない。

(2)申立て理由Bについて
(2-1)本件特許発明1について
ア 対比
本件特許発明1と甲第1号証発明Aとを対比すると、その構造または機能からみて、甲第1号証発明Aの「搬入ドラム20上で露出させた第1面」は、本件特許発明1の「第1の面」に相当し、以下同様に、「第2面」は「第2の面」に、「錠剤」は「錠剤」に、「サーボドラム印刷システム10」は「印刷機」に、「搬入ドラム20、第1処理ドラム25及び第2処理ドラム30」は「搬送装置」に、「検査する」は「撮像する」に、「ドラム検査ユニット45」は「第1の撮像装置」に、「第1レーザユニット60」は「第2の印刷装置」に、それぞれ相当する。

また、甲第1号証発明Aの「前記第2面に印刷する第1レーザユニット60」と、本件特許発明1の「前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、前記第2の面に印刷する第2の印刷装置」とは、「前記第2の面に印刷する第2の印刷装置」である限りにおいて一致する。

したがって、両者は、「第1の面と、該第1の面と反対側の第2の面と、を有する錠剤の少なくとも一方の面に印刷する印刷機において、
前記錠剤を搬送する搬送装置と、
搬送される前記錠剤の前記第1の面を撮像する第1の撮像装置と、
前記第2の面に印刷する第2の印刷装置と、
を備える印刷機。」である点で一致し、次の点で相違する。

(相違点1)
本件特許発明1は、「(前記)第1の撮像装置によって得られた画像に基づいて、(前記)第1の面に溝形状の割線があるか否かを判定する第1の割線判定部」を備えるのに対し、甲第1号証発明Aは当該構成を備えていない点。

(相違点2)
本件特許発明1は、「(前記)第1の撮像装置によって得られた画像に基づいて、(前記)第1の面における(前記)割線の位置を算出する第1の割線位置演算部」を備え、第2の印刷装置は、「前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、(前記)第2の面に印刷する」ものであるのに対し、甲第1号証発明Aは、「(前記)第1の撮像装置によって得られた画像に基づいて、(前記)第1の面における(前記)割線の位置を算出する第1の割線位置演算部」を備えておらず、それゆえ、第2の印刷装置は、「前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、(前記)第2の面に印刷する」ものでもない点。

イ 判断
最初に相違点2について検討する。
甲第2号証?甲第5号証に、相違点2に係る記載又は示唆があるかどうかみてみる。
甲第2号証には、「甲第2号証に記載の技術事項」が記載されているところ、当該技術事項における「搬送される錠剤Wの上面」が本件特許発明1の「第1の面」に、以下同様に、「CCDカメラ3」が「第1の撮像装置」に、「溝の位置を検出する手段」が「第1の割線位置演算部」に、「インクジェットプリンタ4」が「第2の印刷装置」に、それぞれ対応するものであるとしてみても、インクジェットプリンタ4は、搬送される錠剤Wの上面に印刷するものであって、搬送される錠剤Wの上面と反対側の面に印刷するものではない。
したがって、甲第2号証には、第1の割線位置演算部により算出された割線の位置に基づき、第2の面に印刷することについての記載も示唆もあるとすることはできない。
次に、甲第3号証?甲第5号証をみてみると、甲第3号証には「布帛等の伸縮性を有する記録媒体に画像の形成を行う画像形成装置および画像形成方法」に関する技術、甲第4号証には「用紙の両面に形成される表裏の画像の位置を高精度に合わせることのできる画像形成装置および画像形成方法」に関する技術、甲第5号証には「表面の記録が終了した記録紙を一旦プリンタから取り出した後、その記録紙の表裏を反転させて再びプリンタにセットすることにより、記録紙の表裏両面に記録を行うプリンタ」に関する技術がそれぞれ記載されているにすぎず、いずれも溝形状の割線を有する錠剤についてのものではなく、錠剤の表裏いずれかの面にある当該割線の位置に応じて他方の面に印刷を行うものでもない。
また、甲第3号証?甲第5号証のいずれにも、印刷機が、撮像装置によって得られた部材の第1の面の画像に基づいて、第1の面の位置情報を算出する手段と、その第1の面の位置情報に基づき当該部材の第2の面に印刷する印刷装置とを備えることについての記載も示唆もない。
したがって、甲第3号証?甲第5号証には、相違点2に係る本件特許発明1の発明特定事項についての記載も示唆もない。
よって、甲第1号証発明Aにおいて、第1の撮像装置によって得られた画像に基づいて、第1の面における割線の位置を算出する第1の割線位置演算部を備え、第2の印刷装置は、前記第1の割線位置演算部により算出された前記割線の位置に基づき、(前記)第2の面に印刷するものとすることは容易になし得たものであるとすることはできない。

ウ 小括
以上のとおりであるから、相違点1について検討するまでもなく、本件特許発明1は、甲第1号証?甲第5号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたとすることはできない。

(2-2)本件特許発明2?6について
本件特許発明2?6は、本件特許発明1の構成をその構成の一部とするものであるから、上記(2-1)に記載した理由と同様の理由により、当業者が容易に発明をすることができたものとすることはできない。

(2-3)本件特許発明8について
ア 対比
本件特許発明8と甲第1号証発明Bとを対比すると、その構造または機能からみて、甲第1号証発明Bの「搬入ドラム20上で露出させた第1面」は、本件特許発明8の「第1の面」に相当し、以下同様に、「第2面」は「第2の面」に、「錠剤」は「錠剤」に、「印刷」は「印刷」に、「搬送する」は「搬送する」に、「ドラム検査ユニット45」は「第1の撮像装置」に、「検査する」は「撮像する」に、それぞれ相当する。

また、甲第1号証発明Bの「印刷された錠剤」と、本件特許発明8の「印刷情報を印刷された錠剤」とは、「印刷された錠剤」である限りにおいて一致する。

また、甲第1号証発明Bの「前記錠剤の搬送中に前記第2面に印刷する工程」と、本件特許発明8の「前記第1の撮像装置によって得られた画像に基づき、前記割線の位置を算出する工程と、
前記割線の位置の算出結果に基づき、前記錠剤の前記第2の面に印刷するための印刷情報を生成する工程と、
前記錠剤の搬送中に前記印刷情報に基づいて前記第2の面に印刷する工程」とは、「前記錠剤の搬送中に前記第2の面に印刷する工程」である限りにおいて一致する。

したがって、両者は、「第1の面と、該第1の面と反対側の第2の面と、を有する錠剤の少なくとも一方の面に印刷された錠剤の製造方法であって、
前記錠剤を搬送する工程と、
前記錠剤の搬送中に第1の撮像装置によって前記第1の面を撮像する工程と、
前記錠剤の搬送中に前記第2の面に印刷する工程と、
を備える、錠剤の製造方法。」である点で一致し、次の点で相違する。

(相違点1’)
本件特許発明8は、「(前記)第1の撮像装置によって得られた画像に基づき、(前記)第1の面に溝形状の割線があるか否かを判定する工程」を備えるのに対し、甲第1号証発明Bは当該工程を備えていない点。

(相違点2’)
本件特許発明8は、「印刷情報を印刷された錠剤」に関するものであって、「(前記)第1の撮像装置によって得られた画像に基づき、(前記)割線の位置を算出する工程と、前記割線の位置の算出結果に基づき、(前記)錠剤の前記第2の面に印刷するための印刷情報を生成する工程と、
前記錠剤の搬送中に前記印刷情報に基づいて前記第2の面に印刷する工程」を備えるのに対し、甲第1号証発明Bは、「(前記)第1の撮像装置によって得られた画像に基づき、(前記)割線の位置を算出する工程」を備えておらず、それゆえ、「前記割線の位置の算出結果に基づき、(前記)錠剤の前記第2の面に印刷するための印刷情報を生成する工程と、
前記錠剤の搬送中に前記印刷情報に基づいて前記第2の面に印刷する工程」を備えるものでなく、また、「印刷情報を印刷された錠剤」に関するものでもない点。

イ 判断
最初に相違点2’について検討する。
甲第2号証?甲第5号証に、相違点2’に係る記載又は示唆があるかどうかみてみる。
甲第2号証には、「甲第2号証に記載の技術事項」が記載されているところ、当該技術事項における「搬送される錠剤Wの上面」が本件特許発明8の「第1の面」に、以下同様に、「CCDカメラ3」が「第1の撮像装置」に、「溝の位置を検出する」が「割線の位置を算出する」に、「印刷する」が「印刷する」に、それぞれ対応するものであるとしてみても、甲第2号証の、インクジェットプリンタ4による印刷は、錠剤Wの上面に印刷するものであって、錠剤Wの上面と反対側である第2の面の面に印刷するものではない。
したがって、甲第2号証には、錠剤の搬送中に印刷情報に基づいて第2の面に印刷する工程についての記載も示唆もあるとすることはできない。
次に、甲第3号証?甲第5号証をみてみると、上記「(2-1)イ」欄に記載したとおり、いずれも溝形状の割線を有する錠剤についてのものではなく、錠剤の表裏いずれかの面にある当該割線の位置に応じて他方の面に印刷を行うものでもない。
また、甲第3号証?甲第5号証のいずれにも、撮像装置によって得られた部材の第1の面の画像に基づいて、第1の面の位置情報を算出する工程と、当該位置情報に基づいて、当該部材の第2の面に印刷する工程とを備える印刷方法についての記載も示唆もない。
したがって、甲第3号証?甲第5号証には、相違点2’に係る本件特許発明8の発明特定事項についての記載も示唆もない。
よって、甲第1号証発明Bにおいて、第1の撮像装置によって得られた画像に基づき、割線の位置を算出する工程を備え、第2の面に印刷するため工程は、前記割線の位置の算出結果に基づき、錠剤の前記第2の面に印刷するための印刷情報を生成する工程と、前記錠剤の搬送中に前記印刷情報に基づいて前記第2の面に印刷する工程であるものとすることは容易になし得るとすることはできない。

ウ 小括
以上のとおりであるから、相違点1’について検討するまでもなく、本件特許発明8は、甲第1号証?甲第5号証に記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたとすることはできない。

(2-4)まとめ
以上のとおり、特許異議申立人の主張する(2-1)?(2-3)のいずれも理由がないから、特許異議申立人の申立て理由Bによっては、請求項1?6及び8に係る特許を取り消すことはできない。

6 むすび
したがって、特許異議の申立ての理由及び証拠によっては、請求項1?8に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に請求項1?8に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
異議決定日 2019-03-27 
出願番号 特願2014-525817(P2014-525817)
審決分類 P 1 651・ 537- Y (A61J)
P 1 651・ 121- Y (A61J)
P 1 651・ 536- Y (A61J)
最終処分 維持  
前審関与審査官 佐藤 智弥  
特許庁審判長 芦原 康裕
特許庁審判官 高木 彰
二階堂 恭弘
登録日 2018-06-15 
登録番号 特許第6352184号(P6352184)
権利者 株式会社岡部機械工業 大塚製薬株式会社
発明の名称 印刷機、及び錠剤の製造方法  
代理人 中谷 寛昭  
代理人 藤本 昇  
代理人 中谷 寛昭  
代理人 藤本 昇  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ