• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 A63F
審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 A63F
管理番号 1351724
審判番号 不服2018-11018  
総通号数 235 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2019-07-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2018-08-10 
確定日 2019-05-13 
事件の表示 特願2017-10048号「遊技機」拒絶査定不服審判事件〔平成29年4月6日出願公開、特開2017-64556号〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、平成27年4月6日に出願した特願2015-77997号の一部を平成29年1月24日に新たな特許出願とした特願2017-10048号であって、平成29年1月24日付けで上申書が提出され、同年8月23日に刊行物等提出書が提出され、同年10月12日付けで拒絶の理由が通知され、同年12月13日に意見書及び手続補正書が提出されたが、平成30年5月18日付けで拒絶査定(謄本送達日 同年同月22日)がなされ、これに対し、同年8月10日に拒絶査定不服審判請求がなされるとともに、同時に手続補正がなされたものである。

第2 平成30年8月10日付けの手続補正についての補正却下の決定
[補正却下の決定の結論]
平成30年8月10日付けの手続補正(以下「本件補正」という。)を却下する。

[理由]
1 補正の内容
本件補正は、特許請求の範囲を補正する内容を含んでおり、本件補正により、特許請求の範囲の請求項1は、
「【請求項1】
遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技機において、
始動条件の成立により所定の判定を行う判定手段と、
前記判定の結果に基づいて遊技の進行を制御する第1制御手段と、
前記遊技の進行に応じて演出を表示する演出表示手段を制御する第2制御手段とを備え、
前記遊技領域外に、前記第1制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第1状態表示器を設け、
前記遊技領域に、遊技球が流下しない特定遊技領域を設け、
前記特定遊技領域に、前記第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第2状態表示器を設け、
前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記現在の遊技の状態を示す共通の遊技状態情報を夫々表示可能に構成され、
前記第1状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示した後、前記判定手段による判定の結果を表示可能であり、
前記第2状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を前記所定の発光態様とは異なる発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示可能であり、
前記第1状態表示器及び前記第2状態表示器の輝度を低下させることなく前記演出表示手段の輝度を低下させることが可能な輝度調整手段を備えた、
ことを特徴とする遊技機。」(平成29年12月13日付けの手続補正)
から、
「【請求項1】
遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技機において、
始動条件の成立により所定の判定を行う判定手段と、
前記判定が未実行の判定情報を保留記憶として記憶可能な記憶手段と、
前記判定の結果に基づいて遊技の進行を制御する第1制御手段と、
前記遊技の進行に応じて演出を表示する演出表示手段を制御する第2制御手段とを備え、
前記遊技領域外に、前記第1制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第1状態表示器を設け、
前記遊技領域に、遊技球が流下しない特定遊技領域を設け、
前記特定遊技領域に、前記第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第2状態表示器を設け、
前記第1状態表示器及び前記第2状態表示器の輝度を低下させることなく前記演出表示手段の輝度を低下させることが可能な輝度調整手段を備え、
前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記現在の遊技の状態を示す共通の遊技状態情報を夫々表示可能に構成され、
前記第1状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示した後、前記判定の結果を表示可能であり、
前記第2状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様とは異なる発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示可能であり、
前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記共通の遊技状態情報として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に関する保留表示を表示可能であり、
前記演出表示手段は、前記保留表示として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を示す第1保留表示と、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す第2保留表示とを表示可能であり、
前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると、前記演出表示手段では前記第2保留表示が非表示になる一方で前記第1保留表示が継続して表示され、前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される、
ことを特徴とする遊技機。」(平成30年8月10日付けの手続補正)に補正された(下線は、補正箇所を明示するために審決にて付した。)。

2 補正の適否について
上記補正は、補正前の請求項1に記載した発明を特定するために必要な事項である「現在の遊技の状態を示す遊技状態情報」に関して、「判定が未実行の判定情報」と限定した上で、当該「判定情報」が「保留記憶として記憶可能な記憶手段」に記憶されているとの限定事項を付加し、さらに当該「判定情報」の表示が「保留表示」であるとして、「前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記共通の遊技状態情報として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に関する保留表示を表示可能であり、前記演出表示手段は、前記保留表示として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を示す第1保留表示と、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す第2保留表示とを表示可能であり、前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると、前記演出表示手段では前記第2保留表示が非表示になる一方で前記第1保留表示が継続して表示され、前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される」との保留表示に関しての限定事項を付加するとともに記載を整合させるものである。
また、補正前の請求項に記載された発明と補正後の請求項に記載された発明の産業上の利用分野及び解決しようとする課題は同一である。
したがって、本件補正は、特許法第17条の2第5項第2号の特許請求の範囲の減縮を目的とするものである。
そして、本件補正は、願書に最初に添付した明細書の段落【0026】?【0028】、【0035】?【0036】、【0119】、【0174】?【0177】等の記載及び図8、9、22、35等の記載からみて、新規事項を追加するものでないから、特許法第17条の2第3項に規定する要件を満たす。

3 独立特許要件について
そこで、本件補正後の請求項1に記載された発明(以下「本願補正発明」という。)が特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるか(特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に適合するか)について、以下に検討する。
ここで、本件補正発明を再掲すると、次のとおりのものである(当審にて、分説のための記号AからPを付した。以下「構成A」等という。)。
「【請求項1】
A 遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技機において、
B 始動条件の成立により所定の判定を行う判定手段と、
C 前記判定が未実行の判定情報を保留記憶として記憶可能な記憶手段と、
D 前記判定の結果に基づいて遊技の進行を制御する第1制御手段と、
E 前記遊技の進行に応じて演出を表示する演出表示手段を制御する第2制御手段とを備え、
F 前記遊技領域外に、前記第1制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第1状態表示器を設け、
G 前記遊技領域に、遊技球が流下しない特定遊技領域を設け、
H 前記特定遊技領域に、前記第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第2状態表示器を設け、
I 前記第1状態表示器及び前記第2状態表示器の輝度を低下させることなく前記演出表示手段の輝度を低下させることが可能な輝度調整手段を備え、
J 前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記現在の遊技の状態を示す共通の遊技状態情報を夫々表示可能に構成され、
K 前記第1状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示した後、前記判定の結果を表示可能であり、
L 前記第2状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様とは異なる発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示可能であり、
M 前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記共通の遊技状態情報として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に関する保留表示を表示可能であり、
N 前記演出表示手段は、前記保留表示として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を示す第1保留表示と、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す第2保留表示とを表示可能であり、
O 前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると、前記演出表示手段では前記第2保留表示が非表示になる一方で前記第1保留表示が継続して表示され、前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される、
P ことを特徴とする遊技機。」

(1)引用文献及び引用発明
ア 引用文献1
原査定の拒絶の理由に引用文献1として引用された特開2013-48764号公報(以下「引用文献1」という。)には、図面とともに以下の事項が記載されている。
(ア)「【0001】
本発明は、弾球遊技機(パチンコ機)や回胴遊技機(スロットマシン)に代表される遊技台に関する。」
(イ)「【0011】
前面枠扉106は、ロック機能付きでかつ開閉自在となるようにパチンコ機100の前面側となる本体104の前面に対しヒンジ部112を介して装着され、枠状に構成されることでその内側を開口部116とした扉部材である。なお、前面枠扉106には、後述する透明板部材ユニット700が開口部116に設けられ、前面側には、スピーカ120や枠ランプ122が取り付けられている。前面枠扉106(透明板部材ユニット700)の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124を区画形成する。また、前面枠扉106が開放された場合、前面枠扉106の開放を検出する不図示の前面枠扉開放センサを備える。」
(ウ)「【0019】
図4は、遊技盤200を正面から見た略示正面図である。遊技盤200には、外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成している。遊技領域124の略中央には、演出装置206を配設している。演出装置206には、略中央に装飾図柄表示装置208を配設し、その周囲に、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222とを配設している。演出装置206は、演出可動体224を動作して演出を行うものであり、詳細については後述する。なお、以下、普通図柄を『普図』、特別図柄を『特図』、第1特別図柄を『特図1』、第2特別図柄を『特図2』と称する場合がある。
【0020】
装飾図柄表示装置208は、装飾図柄ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、本実施の形態では液晶表示装置(Liquid Crystal Display)によって構成する。」
(エ)「【0021】
普図表示装置210は、普図の表示を行うための表示装置であり、本実施の形態では7セグメントLEDによって構成する。特図1表示装置212および特図2表示装置214は、特図の表示を行うための表示装置であり、本実施の形態では7セグメントLEDによって構成する。
【0022】
普図保留ランプ216は、保留している普図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施の形態では、普図変動遊技を所定数(例えば、2つ)まで保留することを可能としている。特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220は、保留している特図変動遊技(詳細は後述)の数を示すためのランプであり、本実施の形態では、特図変動遊技を所定数(例えば、4つ)まで保留することを可能としている。高確中ランプ222は、遊技状態が大当りが発生し易い高確率状態であること、または高確率状態になることを示すためのランプであり、遊技状態を大当りが発生し難い低確率状態から高確率状態にする場合に点灯し、高確率状態から低確率状態にする場合に消灯する。・・・
【0029】
さらに、これらの入賞口や始動口の近傍には、風車と呼ばれる円盤状の打球方向変換部材236や、遊技釘238を複数個、配設しているとともに、内レール204の最下部には、いずれの入賞口や始動口にも入賞しなかった球をパチンコ機100の裏側に誘導した後、遊技島側に排出するためのアウト口240を設けている。
【0030】
パチンコ機100は、遊技者が上皿126に貯留している球を発射レールの発射位置に供給し、遊技者の操作ハンドルの操作量に応じた強度で発射モータを駆動し、発射杆146および発射槌148によって外レール202、内レール204を通過させて遊技領域124に打ち出す。そして、遊技領域124の上部に到達した球は、打球方向変換部材236や遊技釘238等によって進行方向を変えながら下方に落下し、入賞口(一般入賞口226、可変入賞口234)や始動口(特図1始動口230、特図2始動口232)に入賞するか、いずれの入賞口や始動口にも入賞することなく、または普図始動口228を通過するのみでアウト口240に到達する。」
(オ)「【0031】
次に、パチンコ機100の演出装置206について説明する。演出装置206の前面側には、遊技球の転動可能な領域にワープ装置242および前面ステージ244を配設し、遊技球の転動不可能な領域に演出可動体224を配設している。また、演出装置206の背面側には、装飾図柄表示装置208および遮蔽装置246(以下、扉あるいはシャッタと称する場合がある)を配設している。すなわち、演出装置206において、装飾図柄表示装置208および遮蔽装置246は、ワープ装置242、前面ステージ244、および演出可動体224の後方に位置することとなる。ワープ装置242は、演出装置206の左上方に設けたワープ入口242aに入った遊技球を演出装置206の前面下方の前面ステージ244にワープ出口242bから排出する。前面ステージ244は、ワープ出口242bから排出された球や遊技盤200の釘などによって乗り上げた球などが転動可能であり、前面ステージ244の中央部には、通過した球が特図1始動口230へ入球し易くなるスペシャルルート244aを設けている。・・・
【0034】
また演出装置206には、装飾図柄表示装置208の表示画面の右側に隣接して、補助表示部800が設けられている。補助表示部800は、装飾図柄等を含む所定の演出情報を表示するための表示装置であり、本例ではセグメント型のLED表示装置によって構成されている。補助表示部800としては、例えば、セグメント型に限らずドットマトリクス型の表示装置を用いることもできるし、LED表示装置に限らず液晶表示装置、有機EL表示装置、蛍光表示管、リール式表示装置、リーフ式表示装置、プラズマディスプレイ、プロジェクタを含む他の表示装置を用いることもできる。補助表示部800は、装飾図柄表示装置208の表示画面よりも小さい表示画面を有している。補助表示部800は、装飾図柄表示装置208に表示される演出情報の一部または全てを表示可能である。」
(カ)「【0037】
次に、図6を用いて、このパチンコ機100の制御部の回路構成について詳細に説明する。なお、同図は制御部の回路ブロック図を示したものである。パチンコ機100の制御部は、大別すると、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号(以下、単に『コマンド』という)に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400と、第1副制御部400より送信されたコマンドに基づいて各種機器を制御する第2副制御部500と、主制御部300が送信するコマンドに応じて主に遊技球の払出しに関する制御を行う払出制御部600と、遊技球の発射制御を行う発射制御部630と、パチンコ機100に供給される電源を制御する電源制御部660と、によって構成している。
【0038】
まず、パチンコ機100の主制御部300について説明する。主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備えている。・・・
【0039】
また、基本回路302には、水晶発振器316aが出力するクロック信号を受信する度に0?65535の範囲で数値を変動させるハードウェア乱数カウンタとして使用している乱数値生成回路(カウンタ回路)318(この回路には2つのカウンタを内蔵しているものとする)と、所定の球検出センサ、例えば各始動口、入賞口、可変入賞口を通過する遊技球を検出するセンサや、前面枠扉開放センサや内枠開放センサや下皿満タンセンサを含む各種センサ320が出力する信号を受信し、増幅結果や基準電圧との比較結果を乱数値生成回路318および基本回路302に出力するためのセンサ回路322と、所定の図柄表示装置、例えば特図1表示装置212や特図2表示装置214の表示制御を行うための駆動回路324と、所定の図柄表示装置、例えば普図表示装置210の表示制御を行うための駆動回路326と、各種状態表示部328(例えば、普図保留ランプ216、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220、高確中ランプ222等)の表示制御を行うための駆動回路330と、所定の可動部材、例えば特図2始動口232の羽根部材232aや可変入賞口234の扉部材234a等を開閉駆動する各種ソレノイド332を制御するための駆動回路334と、を接続している。・・・
【0052】
次に、図7(a)?(c)を用いて、パチンコ機100の特図1表示装置212、特図2表示装置214、装飾図柄表示装置208、普図表示装置210が停止表示する特図および普図の種類について説明する。図7(a)は特図の停止図柄態様の一例を示したものである。特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され、特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始される。特図1変動遊技が開始されると、特図1表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図1の変動表示』を行う。また、特図2変動遊技が開始されると、特図2表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図2の変動表示』を行う。これらの『特図1の変動表示』および『特図2の変動表示』が本実施形態にいう図柄の変動表示の一例に相当する。
【0053】
そして、特図1の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図1表示装置212は特図1の停止図柄態様を停止表示し、特図2の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図2表示装置214は特図2の停止図柄態様を停止表示する。したがって、『特図1の変動表示』を開始してから特図1の停止図柄態様を停止表示するまで、あるいは『特図2の変動表示』を開始してから特図2の停止図柄態様を停止表示するまでが本実施形態にいう図柄変動停止表示の一例に相当し、以下、この『特図1または2の変動表示』を開始してから特図1または2の停止図柄態様を停止表示するまでの一連の表示を図柄変動停止表示と称する。図柄変動停止表示は複数回、連続して行われることがある。・・・
【0062】
図7(b)は装飾図柄の一例を示したものである。本実施形態の装飾図柄には、『装飾1』?『装飾10』の10種類がある。本実施形態では、『装飾1』、『装飾2』、『装飾4』?『装飾6』および『装飾8』?『装飾10』の各装飾図柄の表示色は所定の色(図中、白色)であり、『装飾3』および『装飾7』の各装飾図柄の表示色は当該所定の色とは異なる特定色(図中、グレー)である。以下、特定色の2種類の装飾図柄『装飾3』および『装飾7』のことを『特定装飾図柄』という場合がある。特図1始動口230または特図2始動口232に球が入賞したこと、すなわち、特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置208の左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cの各図柄表示領域に、『装飾1』→『装飾2』→『装飾3』→・・・→『装飾9』→『装飾10』→『装飾1』→・・・の順番で表示を切り替える『装飾図柄の変動表示』を行う。
【0063】
そして、『特図A』の15R特別大当りまたは『特図B』の15R大当りを報知する場合には、図柄表示領域208a?208cに同じ装飾図柄が3つ並んだ図柄組合せ(例えば『装飾1-装飾1-装飾1』や『装飾2-装飾2-装飾2』等)を停止表示する。『特図A』の15R特別大当りを明示的に報知する場合には、同じ特定装飾図柄が3つ並んだ
図柄組合せ(例えば『装飾3-装飾3-装飾3』や『装飾7-装飾7-装飾7』等)を停止表示する。
【0064】
また、『特図E』の隠れ確変と称される2R大当り、『特図F』の突然通常と称される2R大当り、あるいは『特図G』の第1小当り、『特図H』の第2小当りを報知する場合には、『装飾1-装飾2-装飾3』を停止表示する。さらに、『特図C』の突然確変と称される2R大当り、あるいは『特図D』の突然時短と称される2R大当りを報知する場合には、『装飾1-装飾3-装飾5』を停止表示する。一方、『特図I』の第1はずれ、『特図J』の第2はずれを報知する場合には、図柄表示領域208a?208cに図7(b)に示す図柄組合せ以外の図柄組合せを停止表示する。」
(キ)「【0076】
次に、図9を用いて、主制御部300のCPU304が実行する主制御部タイマ割込処理について説明する。なお、同図は主制御部タイマ割込処理の流れを示すフローチャートである。主制御部300は、所定の周期(本例では約2msに1回)でタイマ割込信号を発生するカウンタタイマ312を備えており、このタイマ割込信号を契機として主制御部タイマ割込処理を所定の周期で開始する。・・・
【0089】
特図1始動口230へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図1保留数記憶領域が満タンでない場合、乱数値生成回路(ハード乱数回路)318の特図1始動口230に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶された値に所定の加工を施して生成した特図1当選乱数値を取得するとともに、RAM308に設けた特図1乱数値生成用乱数カウンタから特図1乱数値を取得して特図1乱数値記憶領域に取得順に格納する。・・・
【0090】
特図2始動口232へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図2保留数記憶領域が満タンでない場合、乱数値生成回路318の特図2始動口232に対応する内蔵のカウンタ値記憶用レジスタに記憶された値に所定の加工を施して生成した特図2当選乱数値を取得するとともに、RAM308に設けた特図2乱数値生成用乱数カウンタから特図2乱数値を取得して特図2乱数値記憶領域に取得順に格納する。・・・
【0091】
普図始動口228へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する普図保留数記憶領域が満タンでない場合、普図当選乱数値生成用乱数カウンタから値を普図当選乱数値として取得して対応する普図乱数値記憶領域に格納する。可変入賞口234へ入賞があった場合には、可変入賞口用の入賞記憶領域に、可変入賞口234に球が入球したことを示す情報を格納する。・・・
【0099】
ステップS223では、普図関連抽選処理を行う。この普図関連抽選処理では、普図変動遊技および特図2始動口232の開閉制御を行っておらず(普図の状態が非作動中)、かつ、保留している普図変動遊技の数が1以上である場合に、上述の乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定を行い、当選とする場合にはRAM308に設けた普図当りフラグをオンに設定する。不当選の場合には、普図当りフラグをオフに設定する。・・・
【0115】
ステップS225およびステップS227における特図状態更新処理が終了すると、今度は、特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理を行う。ここでも先に、特図2についての特図関連抽選処理(特図2関連抽選処理)を行い(ステップS229)、その後で、特図1についての特図関連抽選処理(特図1関連抽選処理)を行う(ステップS231)。特図2関連抽選処理は、特図1および2の変動遊技を行っておらず特図1および2の状態がいずれも非作動中であり、かつ保留している特図2変動遊技の数が1以上であることを開始条件として、特図2乱数値記憶領域内の最先の特図2当選乱数値および特図2乱数値を用いて実行される。特図1関連抽選処理は、特図1および2の変動遊技を行っておらず特図1および2の状態がいずれも非作動中であり、かつ保留している特図1変動遊技の数が1以上であることを開始条件として、特図1乱数値記憶領域内の最先の特図1当選乱数値および特図1乱数値を用いて実行される。」
(ク)「【0116】
これらの特図関連抽選処理についても、主制御部300が特図2関連抽選処理を特図1関連抽選処理よりも先に行うことで、特図2変動遊技の開始条件と、特図1変動遊技の開始条件が同時に成立した場合でも、特図2変動遊技が先に変動中となるため、特図1変動遊技は変動を開始しない。また、特図2変動遊技の保留数が1以上の場合には、特図1変動遊技の保留に関する抽選処理や変動遊技は行われない。また、装飾図柄表示装置208による、特図変動遊技の当否判定の結果の報知は、第1副制御部400によって行われ、特図2始動口232への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知が、特図1始動口230への入賞に基づく抽選の抽選結果の報知よりも優先して行われる。」
(ケ)「【0131】
次に、図10を用いて、第1副制御部400の処理について説明する。図10(a)は、第1副制御部400のCPU404が実行するメイン処理の流れを示すフローチャートである。まず、図10(a)のステップS401では、各種の初期設定を行う。電源投入が行われると、まずステップS401で初期化処理が実行される。この初期化処理では、入出力ポートの初期設定や、RAM408内の記憶領域の初期化処理等を行う。・・・
【0138】
ステップS415の次のステップS417では、ランプ制御処理を行う。ランプ制御処理では、ステップS409で読み出した演出データの中に各種ランプ418(例えば、補助表示部800の各セグメント、透明板部材ユニット700の光源705、チャンスボタンランプ138)への命令がある場合には、この命令を駆動回路420に出力する。」
(コ)「【0158】
次に、本実施の形態のパチンコ機100が備える補助表示部800の構成について説明する。図12は、補助表示部800の表示領域の例を示している。図12に示すように、補助表示部800の表示領域には、個別に点消灯可能な複数のセグメントLEDが配置されている。なお、後述するように一部のセグメントには2色のLEDが備えられており、当該セグメントは少なくとも2色で点灯可能になっている。図12では、全てのセグメントを黒塗りで表している。
【0159】
補助表示部800の表示領域の上部には、それぞれ『0』?『9』の任意の数字を表示可能な3つの7セグメント部802a、802b、802cが左右方向に配列して設けられている。7セグメント部802a、802b、802cには、装飾図柄表示装置208の各図柄表示領域208a、208b、208cに表示される装飾図柄に対応する数字が表示されるようになっている。例えば、7セグメント部802aと図柄表示領域208aとの関係を例に挙げると、図柄表示領域208aに装飾図柄が停止表示されているときには、7セグメント部802aには当該装飾図柄に対応する数字が表示される。また、図柄表示領域208aで装飾図柄の変動表示が行われているときには、7セグメント部802aにおいても装飾図柄と同期して『1』、『2』、・・・、『9』、『0』、『1』、・・・の順に表示を切り替える変動表示が行われる。7セグメント部802b、802cと図柄表示領域208b、208cとの関係についても同様である。・・・
【0164】
補助表示部800の表示領域の下部のうち左寄りには、それぞれ円形状を有し、特図1変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント808a?808dが設けられている。また、補助表示部800の表示領域の下部のうち右寄りには、それぞれ円形状を有し、特図2変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント809a?809dが設けられている。」
(サ)「【0168】
また、図14において、装飾図柄表示装置208の演出表示領域208dのうち下端の領域は、特図保留数を表示する特図保留表示領域として用いられる。特図保留表示領域のうち左半分は特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901であり、右半分は特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902である。特図1保留表示領域901には、最大保留数(本例では4つ)に等しい円形画像が表示されている。このうち、特図1の保留数に等しい個数の円形画像は所定色に表示されており、その他の円形画像は白色に表示されている。特図2保留表示領域902についても同様である。・・・
【0170】
図14(a)および図15(a)は、ある特図2変動遊技が終了した状態を示している。特図2表示装置214には特図I(第1はずれ図柄)が停止表示されており、装飾図柄表示装置208の図柄表示領域208a?208cには、当りを報知する図柄組合せ以外の図柄組合せ(例えば「装飾1-装飾2-装飾4」)が停止表示されている。第四図柄表示領域208eには、停止表示中であることを示す黒丸図柄が表示されている。この時点で、特図1の保留数は4つであり、特図2の保留数は4つである。特図1保留表示領域901の4つの円形画像および特図2保留表示領域902の4つの円形画像は、全て所定色で表示されている。
【0171】
補助表示部800の7セグメント部802a?802cには、図柄表示領域208a?208cに停止表示されている図柄組合せに対応する数字の組合せ(本例では「1-2-4」)が停止表示されている。装飾図柄の停止表示中であるため、ドットセグメント802eは点灯している。特図1の保留数は4つであるため、円形セグメント808a?808dは全て点灯している。特図2の保留数は4つであるため、円形セグメント809a?809dは全て点灯している。棒セグメント806a?806eは全て消灯している。・・・
【0174】
その後、図14(c)および図15(c)に示すように、左図柄表示領域208aに「装飾8」が停止表示され、それと同期して7セグメント部802aに、「装飾8」に対応する数字「8」が表示される。図柄表示領域208b、208cおよび7セグメント部802b、802cでは、変動表示が続行している。
【0175】
次に、図14(d)に示すように、右図柄表示領域208cにも「装飾8」が停止表示される。これにより、中図柄表示領域208bのみが変動するリーチ演出が実行される(図14(e)、(f)参照)。また図15(d)に示すように、右図柄表示領域208cでの「装飾8」の停止表示と同期して、7セグメント部802cにも、「装飾8」に対応する数字「8」が表示される。これにより、7セグメント部802bのみが変動するリーチ演出が実行される(図15(e)、(f)参照)。また、文字セグメント部804bが点灯することにより、リーチ演出中であることが報知される。」
(シ)図4、6、12、14及び15は次のとおりである。
【図4】

【図6】

【図12】

【図14】

【図15】

(ス)上記(ア)ないし(サ)の記載を踏まえて、上記(シ)の図4を見ると、下記(a)ないし(e)の点が見てとれる。
(a)「外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成し」(上記「(ウ)」段落【0019】)、当該「遊技領域124の上部に到達した球は、打球方向変換部材236や遊技釘238等によって進行方向を変えながら下方に落下し、入賞口や始動口に入賞するか、いずれの入賞口や始動口にも入賞することなく、または普図始動口228を通過するのみでアウト口240に到達する」(上記「(エ)」段落【0030】)とされる、外レール202と内レール204とが区画形成した遊技球が転動可能な遊技領域124には、打球方向変換部材236や遊技釘238が配設されていること。
(b)「演出装置206には、略中央に装飾図柄表示装置208を配設し、その周囲に、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222とを配設し」(上記「(ウ)」段落【0019】)、「演出装置206の前面側には、遊技球の転動可能な領域にワープ装置242および前面ステージ244を配設し」(上記「(オ)」段落【0031】)、当該演出装置206には遊技釘238が全く無いこと。
(c)「演出装置206の前面側には、遊技球の転動不可能な領域に演出可動体224を配設し」(上記「(オ)」段落【0031】)、当該演出可動体224の下側には、装飾図柄表示装置208と、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222が配設されていること。
(d)「特図2変動遊技が終了した状態」であって「特図2保留表示領域902の4つの円形画像は、全て所定色で表示され」、「補助表示部800の円形セグメント808a?808d、円形セグメント809a?809dは全て点灯している」「図14(a)および図15(a)」(上記「(サ)」段落【0170】、【0171】)及び「図柄表示領域208b、208cおよび7セグメント部802b、802cでは、変動表示が続行している」「図14(c)および図15(c)」(上記「(サ)」段落【0174】)を見ると、変動表示が続行している場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示され、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯状態であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯していること。
(e)「リーチ演出が実行される」「図14(d)、(e)、(f)及び図15(d)、(e)、(f)」(上記「(サ)」段落【0175】)を見ると、装飾図柄表示装置208にリーチ演出が表示された場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示され、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯状態であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯していること。

(セ)上記(ス)を踏まえると、「外レール202と内レール204とが区画形成した遊技球が転動可能な遊技領域124には、打球方向変換部材236や遊技釘238が配設されていること」(上記「(ス)」「(a)」)から見て、「遊技球が転動可能な遊技領域124」には「遊技釘238」が配設されていると認められる。
これに対して、「演出装置206」の「装飾図柄表示装置208」、「第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222とを配設し」た領域には遊技釘238が全く無く(上記「(ス)」「(b)」)、「演出装置206」の「演出可動体224を配設し」た領域は「遊技球の転動不可能な領域」であって、「当該演出可動体224の下側には、装飾図柄表示装置208と、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222が配設されている」(上記「(ス)」「(c)」)から、「装飾図柄表示装置208、第1特別図柄表示装置212、第2特別図柄表示装置214、普通図柄表示装置210、第1特別図柄保留ランプ218、第2特別図柄保留ランプ220、普通図柄保留ランプ216、高確中ランプ222、補助表示部800及び演出可動体224」が配設された「演出装置206の前面側」の領域は、「遊技球の転動不可能な領域」であると認められる。
そうすると、引用文献1の「装飾図柄表示装置208、第1特別図柄表示装置212、第2特別図柄表示装置214、普通図柄表示装置210、第1特別図柄保留ランプ218、第2特別図柄保留ランプ220、普通図柄保留ランプ216、高確中ランプ222、補助表示部800及び演出可動体224」は「遊技球の転動不可能な領域」に設けられていると認められる。

(ソ)引用発明
上記(ア)ないし(セ)の記載事項を総合すると、引用文献1には、次の発明(以下「引用発明」という。)が記載されていると認められる(当審にて、本件補正発明の構成AからNに対応させて、記号aないしnを付した。)。
「a パチンコ機100の前面枠扉106の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124を区画形成し(上記(イ))、
b、c 主制御部300は、特図1始動口230へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図1保留数記憶領域が満タンでない場合、特図1当選乱数値を取得するとともに、特図1乱数値を取得して記憶手段の特図1乱数値記憶領域に取得順に格納し、また、主制御部300は、特図2始動口232へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図2保留数記憶領域が満タンでない場合、特図2当選乱数値を取得するとともに、特図2乱数値を取得して記憶手段の特図2乱数値記憶領域に取得順に格納し、普図始動口228へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する普図保留数記憶領域が満タンでない場合、普図当選乱数値として取得して対応する記憶手段の普図乱数値記憶領域に格納し(上記(キ))、普図関連抽選処理で、普図乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定を行い(上記(キ))、特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理は、特図2乱数値記憶領域内の特図2当選乱数値および特図2乱数値、特図1乱数値記憶領域内の特図1当選乱数値および特図1乱数値を用いて実行され(上記(キ))、
d、e 前記パチンコ機100の制御部は、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400と、第1副制御部400より送信されたコマンドに基づいて各種機器を制御する第2副制御部500と、によって構成され(上記(カ))、装飾図柄表示装置208による特図変動遊技の当否判定の結果の報知は前記第1副制御部400によって行われ(上記(ク))、
f 前記遊技盤200には、外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成し、前記遊技領域124の略中央には、演出装置206を配設し、前記演出装置206には、略中央に装飾図柄表示装置208を配設し、その周囲に、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222とを配設し(上記(ウ))、装飾図柄表示装置208は、装飾図柄ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、液晶表示装置によって構成し(上記(ウ))、前記普図表示装置210は、普図の表示を行うための表示装置であり、7セグメントLEDによって構成し、前記特図1表示装置212および特図2表示装置214は、特図の表示を行うための表示装置であり、7セグメントLEDによって構成し、前記普図保留ランプ216は、保留している普図変動遊技の数を示すためのランプであり、前記特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220は、特図変動遊技を所定数まで保留することを可能とし(上記(エ))、前記パチンコ機100の主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備え、前記基本回路302には、所定の図柄表示装置、特図1表示装置212や特図2表示装置214の表示制御を行うための駆動回路324と、所定の図柄表示装置、普図表示装置210の表示制御を行うための駆動回路326と、各種状態表示部328(普図保留ランプ216、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220、高確中ランプ222)の表示制御を行うための駆動回路330と、を接続し(上記(カ))、
g 前記演出装置206の前面側には、遊技球の転動不可能な領域に演出可動体224を配設し(上記(オ))、装飾図柄表示装置208、第1特別図柄表示装置212、第2特別図柄表示装置214、普通図柄表示装置210、第1特別図柄保留ランプ218、第2特別図柄保留ランプ220、普通図柄保留ランプ216、高確中ランプ222、補助表示部800及び演出可動体224は前記遊技球の転動不可能な領域に設けられ(上記(セ))、
h、j、m 演出装置206には、装飾図柄表示装置208の表示画面の右側に隣接して、補助表示部800が設けられ、装飾図柄等を含む所定の演出情報を表示し、セグメント型のLED表示装置によって構成され、装飾図柄表示装置208に表示される演出情報の一部または全てを表示可能であり(上記(オ))、前記第1副制御部400のCPU404は、補助表示部800の各セグメントへの命令がある場合には、この命令を駆動回路420に出力し(上記(ケ))、前記補助表示部800の表示領域の下部のうち左寄りには、それぞれ円形状を有し、特図1変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント808a?808dが設けられ、また、補助表示部800の表示領域の下部のうち右寄りには、それぞれ円形状を有し、特図2変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント809a?809dが設けられ(上記(コ))、
k 前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され、特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始され、特図1変動遊技が開始されると、特図1表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図1の変動表示』を行い、また、特図2変動遊技が開始されると、特図2表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図2の変動表示』を行い、これらの『特図1の変動表示』および『特図2の変動表示』が図柄の変動表示に相当し、そして、特図1の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図1表示装置212は特図1の停止図柄態様を停止表示し、特図2の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図2表示装置214は特図2の停止図柄態様を停止表示し(上記(カ))、
l 前記補助表示部800の表示領域の上部には、それぞれ『0』?『9』の任意の数字を表示可能な3つの7セグメント部802a、802b、802cが左右方向に配列して設けられ、7セグメント部802a、802b、802cには、装飾図柄表示装置208の各図柄表示領域208a、208b、208cに表示される装飾図柄に対応する数字が表示され、図柄表示領域208aに装飾図柄が停止表示されているときには、7セグメント部802aには当該装飾図柄に対応する数字が表示され、また、図柄表示領域208aで装飾図柄の変動表示が行われているときには、7セグメント部802aにおいても装飾図柄と同期して『1』、『2』、・・・、『9』、『0』、『1』、・・・の順に表示を切り替える変動表示が行われ、7セグメント部802b、802cと図柄表示領域208b、208cとの関係についても同様であり(上記(サ))、前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置208の左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cの各図柄表示領域に、『装飾1』→『装飾2』→『装飾3』→・・・→『装飾9』→『装飾10』→『装飾1』→・・・の順番で表示を切り替える『装飾図柄の変動表示』を行い、そして、図柄表示領域208a?208cを停止表示する(上記(カ))、
n 前記装飾図柄表示装置208の演出表示領域208dのうち下端の領域は、特図保留数を表示する特図保留表示領域として用いられ、特図保留表示領域のうち左半分は特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901であり、右半分は特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902であり、前記特図1保留表示領域901には、最大保留数に等しい円形画像が表示され、このうち、特図1の保留数に等しい個数の円形画像は所定色に表示されており、その他の円形画像は白色に表示され、前記特図2保留表示領域902についても同様であり(上記(サ))、
o 変動表示が続行している場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示可能であり、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯可能であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯可能であるとともに、装飾図柄表示装置208にリーチ演出が表示された場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示可能であり、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯可能であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯可能である(上記(ス))、
p 弾球遊技機(上記(ア))。」

イ 引用文献2
原査定の拒絶の理由に引用文献2として引用された特開2014-217602号公報(以下「引用文献2」という。)には、図面とともに以下の事項が記載されている。
(ア)「【技術分野】
【0001】
本発明は、所定の契機に基づく判定にしたがって、遊技者に有利な特別遊技を行う遊技機に関する。」
(イ)「【0015】
遊技盤110は、前面に、遊技球により遊技を行うための遊技領域111と、下方から発射された遊技球が上昇して遊技領域111の上部位置へ向かう通路を形成するレール部材112と、遊技領域111の右側に遊技球を案内する案内部材113とを備えている。
本実施の形態では、遊技者により視認され易い遊技領域111の位置に、演出のための各種の画像を表示する画像表示部114が配設されている。この画像表示部114は、液晶ディスプレイ等による表示画面を備え、遊技者によるゲームの進行に伴い、例えば、図柄抽選結果(図柄変動結果)を遊技者に報知するための装飾図柄を表示したり、キャラクタの登場やアイテムの出現による演出画像を表示したりする。・・・
【0017】
遊技領域111には、遊技球が落下する方向に変化を与えるための図示しない遊技くぎおよび風車等が配設されている。また、遊技領域111には、入賞や抽選に関する種々の役物が所定の位置に配設されている。また、遊技領域111には、遊技領域111に打ち出された遊技球のうち入賞口に入賞しなかったものを遊技領域111の外に排出する排出口117が配設されている。・・・
【0021】
また、本実施の形態では、入賞や抽選に関するその他の役物として、特別図柄抽選の結果に応じて開放する特別電動役物としての大入賞口125と、遊技球が入賞しても抽選が始動しない普通入賞口126と、が遊技盤110に配設されている。
本実施の形態では、遊技盤110の右下の位置に、抽選結果や保留数に関する表示を行う表示器130が配設されている。・・・
【0025】
図2は、本実施の形態に係るパチンコ遊技機100を説明する図であり、(a)は、遊技盤110の右下に配設された表示器130の一例を示す拡大図であり、(b)は、パチンコ遊技機100の部分平面図である。
パチンコ遊技機100の表示器130は、図2の(a)に示すように、第1始動口121の入賞に対応して作動する第1特別図柄表示器221と、第2始動口122の入賞に対応して作動する第2特別図柄表示器222と、ゲート124の通過に対応して作動する普通図柄表示器223と、を備えている。第1特別図柄表示器221は、第1始動口121の入賞による特別図柄を変動表示しその抽選結果を表示する。第2特別図柄表示器222は、第2始動口122の入賞による特別図柄を変動表示しその抽選結果を表示する。普通図柄表示器223は、遊技球がゲート124を通過することにより普通図柄を変動表示しその抽選結果を表示する。本実施の形態では、第1特別図柄表示器221、第2特別図柄表示器222は、各々LEDを配列した表示装置で構成され、その点灯態様によって特別図柄抽選の抽選結果が表示される。同様に、普通図柄表示器223も、LEDを配列した表示装置で構成され、その点灯態様によって普通図柄抽選の抽選結果が表示される。」
(ウ)図1及び2は次のとおりである。
【図1】

【図2】


(エ)上記(ア)及び(イ)の記載を踏まえて、上記(ウ)の図1を見ると、表示器130は、遊技盤110の右下の遊技領域111の外に配設されている点が見てとれる。
(オ)上記(ア)ないし(エ)によれば、引用文献2には次の事項(以下「引用文献2に記載の事項」という。)が記載されている。
「遊技機において、第1始動口の入賞に対応して作動する第1特別図柄表示器と、第2始動口の入賞に対応して作動する第2特別図柄表示器と、ゲートの通過に対応して作動する普通図柄表示器と、を備え、抽選結果や保留数に関する表示を行う表示器を、遊技盤の右下の遊技領域の外に配設する点。」

(2)対比
本願補正発明と引用発明とを対比する。
ア 引用発明の「パチンコ機100」は、「前面枠扉106の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124を区画形成し」(構成a)、「前記遊技盤200には、外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成」(構成f)するから、「遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成する」「パチンコ機100」であるといえる。
したがって、引用発明の「前面枠扉106の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124を区画形成し」、「前記遊技盤200には、外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成」する「パチンコ機100」は、本願補正発明の「遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技機」(構成A)に相当する。

イ 引用発明の「主制御部300」は、「特図1始動口230へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図1保留数記憶領域が満タンでない場合、特図1当選乱数値を取得するとともに、特図1乱数値を取得して記憶手段の特図1乱数値記憶領域に取得順に格納し」、また、「特図2始動口232へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図2保留数記憶領域が満タンでない場合、特図2当選乱数値を取得するとともに、特図2乱数値を取得して記憶手段の特図2乱数値記憶領域に取得順に格納し、普図始動口228へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する普図保留数記憶領域が満タンでない場合、普図当選乱数値として取得して対応する記憶手段の普図乱数値記憶領域に格納し」、さらに、「普図関連抽選処理で、普図乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定を行い、特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理は、特図2乱数値記憶領域内の特図2当選乱数値および特図2乱数値、特図1乱数値記憶領域内の特図1当選乱数値および特図1乱数値を用いて実行」(構成b、c)するから、
(a)「特図1始動口230へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図1保留数記憶領域が満タンでない場合」、「特図2始動口232へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図2保留数記憶領域が満タンでない場合」ないし「普図始動口228へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する普図保留数記憶領域が満タンでない場合」、
(b)「特図1当選乱数値を取得するとともに、特図1乱数値を取得して記憶手段の特図1乱数値記憶領域に取得順に格納し」、「特図2当選乱数値を取得するとともに、特図2乱数値を取得して記憶手段の特図2乱数値記憶領域に取得順に格納し」、「普図当選乱数値として取得して対応する記憶手段の普図乱数値記憶領域に格納」し、
(c)「普図関連抽選処理で、普図乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定を行い、特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理は、特図2乱数値記憶領域内の特図2当選乱数値および特図2乱数値、特図1乱数値記憶領域内の特図1当選乱数値および特図1乱数値を用いて実行」
するものであるといえる。
そうすると、引用発明の上記(a)の構成は、本願補正発明の「始動条件の成立」に相当し、引用発明の上記(c)の構成は、本願補正発明の「所定の判定を行う」ことに相当し、さらに、上記(a)及び(c)の構成を実行する「主制御部300」は、本願補正発明の「始動条件の成立により所定の判定を行う」「判定手段」に相当し、引用発明の上記(b)の「記憶手段」は、本願補正発明の「判定情報を保留記憶として記憶可能な記憶手段」に相当する。
また、引用発明は、上記(a)及び(b)に続いて、上記(c)するものであるから、上記(b)で記憶領域に格納した特図1乱数値、特図2乱数値及び普図当選乱数値は、その後、「普図関連抽選処理」あるいは「特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理」(上記(c))が実行されるものであって、いずれも未実行であるといえる。
したがって 引用発明の「主制御部300」が、「特図1始動口230へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図1保留数記憶領域が満タンでない場合、特図1当選乱数値を取得するとともに、特図1乱数値を取得して記憶手段の特図1乱数値記憶領域に取得順に格納し」、「特図2始動口232へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する特図2保留数記憶領域が満タンでない場合、特図2当選乱数値を取得するとともに、特図2乱数値を取得して記憶手段の特図2乱数値記憶領域に取得順に格納し、普図始動口228へ入賞があった場合かつRAM308に設けた対応する普図保留数記憶領域が満タンでない場合、普図当選乱数値として取得して対応する記憶手段の普図乱数値記憶領域に格納」し、「普図関連抽選処理で、普図乱数値記憶領域に記憶している普図当選乱数値に基づいた乱数抽選により普図変動遊技の結果を当選とするか、不当選とするかを決定する当り判定を行い」、「特図1および特図2それぞれについての特図関連抽選処理は、特図2乱数値記憶領域内の特図2当選乱数値および特図2乱数値、特図1乱数値記憶領域内の特図1当選乱数値および特図1乱数値を用いて実行」する構成(構成b、c)は、本願補正発明の「始動条件の成立により所定の判定を行う判定手段」(構成B)、及び、「前記判定が未実行の判定情報を保留記憶として記憶可能な記憶手段」(構成C)に相当する。

ウ 引用発明の「パチンコ機100の制御部」は、「遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400と、第1副制御部400より送信されたコマンドに基づいて各種機器を制御する第2副制御部500と、によって構成され」(構成d、e)るから、遊技の中枢部分を制御する主制御部300、及び、主制御部300が送信するコマンド信号に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400を備えるといえる。
そして、引用発明の「遊技の中枢部分を制御する主制御部300」が、遊技の進行を制御することは明らかであり、上記イで検討したとおり、「主制御部300」は、本願補正発明の「始動条件の成立により所定の判定を行う」「判定手段」に相当することを踏まえると、引用発明の「遊技の中枢部分を制御する主制御部300」は、本願補正発明の「前記判定の結果に基づいて遊技の進行を制御する第1制御手段」(構成D)に相当する。
また、引用発明の「装飾図柄表示装置208」は、本願補正発明の「演出表示手段」に相当する。
さらに、「装飾図柄表示装置208による特図変動遊技の当否判定の結果の報知は前記第1副制御部400によって行われ」るから、装飾図柄表示装置208の制御は第1副制御部400によって行われるといえる。
そうすると、引用発明の「主制御部300が送信するコマンド信号に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400」が、遊技の進行に応じて演出を表示することは明らかであるから、引用発明の「前記パチンコ機100の制御部は、遊技の中枢部分を制御する主制御部300と、主制御部300が送信するコマンド信号に応じて主に演出の制御を行う第1副制御部400と、第1副制御部400より送信されたコマンドに基づいて各種機器を制御する第2副制御部500と、によって構成され、装飾図柄表示装置208による特図変動遊技の当否判定の結果の報知は前記第1副制御部400によって行」(構成d、e)う「第1副制御部400」は、本願補正発明の「前記遊技の進行に応じて演出を表示する演出表示手段を制御する第2制御手段」(構成E)に相当する。

エ 引用発明の「演出装置206」には、「略中央に装飾図柄表示装置208を配設し、その周囲に、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222とを配設し、装飾図柄表示装置208は、装飾図柄ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、液晶表示装置によって構成し、前記普図表示装置210は、普図の表示を行うための表示装置であり、7セグメントLEDによって構成し、前記特図1表示装置212および特図2表示装置214は、特図の表示を行うための表示装置であり、7セグメントLEDによって構成し、前記普図保留ランプ216は、保留している普図変動遊技の数を示すためのランプであり、前記特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220は、特図変動遊技を所定数まで保留することを可能とし、前記パチンコ機100の主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備え、前記基本回路302には、所定の図柄表示装置、特図1表示装置212や特図2表示装置214の表示制御を行うための駆動回路324と、所定の図柄表示装置、普図表示装置210の表示制御を行うための駆動回路326と、各種状態表示部328(普図保留ランプ216、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220、高確中ランプ222)の表示制御を行うための駆動回路330と、を接続し」(構成f)ているから、主制御部300により制御される、「第1特別図柄表示装置212、第2特別図柄表示装置214、普通図柄表示装置210、特図変動遊技を所定数まで保留することを可能とする特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220、及び、保留している普図変動遊技の数を示すための普図保留ランプ216」(以下「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」という。」)が配設されているといえる。
ここで、「第1特別図柄表示装置212、第2特別図柄表示装置214、普通図柄表示装置210」は「7セグメントLEDによって構成」され、「特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220」及び「普図保留ランプ216」はランプであるから、「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」は発光手段からなるものであるといえる。
そして、引用発明の「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」は、現在の遊技の状態を示すものであるといえる。
そうすると、引用発明の発光手段からなる「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」は、本願補正発明の「(発光手段を有する)第1状態表示器」に相当するといえる。
したがって、引用発明の「演出装置206」に、「略中央に装飾図柄表示装置208を配設し、その周囲に、第1特別図柄表示装置212と、第2特別図柄表示装置214と、普通図柄表示装置210と、第1特別図柄保留ランプ218と、第2特別図柄保留ランプ220と、普通図柄保留ランプ216と、高確中ランプ222とを配設し、装飾図柄表示装置208は、装飾図柄ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、液晶表示装置によって構成し、前記普図表示装置210は、普図の表示を行うための表示装置であり、7セグメントLEDによって構成し、前記特図1表示装置212および特図2表示装置214は、特図の表示を行うための表示装置であり、7セグメントLEDによって構成し、前記普図保留ランプ216は、保留している普図変動遊技の数を示すためのランプであり、前記特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220は、特図変動遊技を所定数まで保留することを可能とし、前記パチンコ機100の主制御部300は、主制御部300の全体を制御する基本回路302を備え、前記基本回路302には、所定の図柄表示装置、特図1表示装置212や特図2表示装置214の表示制御を行うための駆動回路324と、所定の図柄表示装置、普図表示装置210の表示制御を行うための駆動回路326と、各種状態表示部328(普図保留ランプ216、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220、高確中ランプ222)の表示制御を行うための駆動回路330と、を接続し」(構成f)ていることは、本願補正発明の「前記遊技領域外に、前記第1制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第1状態表示器を設け」(構成F)ることと、「前記第1制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第1状態表示器を設け」(構成F´)る点で一致する。

オ 引用発明の「パチンコ機100」は、「前面枠扉106の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124を区画形成し」(構成a)、「前記遊技盤200には、外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成」(構成f)するとともに、「前記演出装置206の前面側には、遊技球の転動不可能な領域に演出可動体224を配設し」(構成g)ているから、遊技領域124に、遊技球の転動不可能な領域が設けられているといえる。
したがって、引用発明の「パチンコ機100」は、「前面枠扉106の後面と遊技盤200の前面とで遊技領域124を区画形成し」、「前記遊技盤200には、外レール202と内レール204とを配設し、遊技球が転動可能な遊技領域124を区画形成」するとともに、「前記演出装置206の前面側には、遊技球の転動不可能な領域に演出可動体224を配設し」ていることは、本願補正発明の「前記遊技領域に、遊技球が流下しない特定遊技領域を設け」(構成G)ていることに相当する。

カ 引用発明の「演出装置206」に、「装飾図柄表示装置208の表示画面の右側に隣接して、補助表示部800が設けられ、装飾図柄等を含む所定の演出情報を表示し、セグメント型のLED表示装置によって構成され、装飾図柄表示装置208に表示される演出情報の一部または全てを表示可能であり、前記第1副制御部400のCPU404は、補助表示部800の各セグメントへの命令がある場合には、この命令を駆動回路420に出力し、前記補助表示部800の表示領域の下部のうち左寄りには、それぞれ円形状を有し、特図1変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント808a?808dが設けられ、また、補助表示部800の表示領域の下部のうち右寄りには、それぞれ円形状を有し、特図2変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント809a?809dが設けられ」(構成h,j、m)ることは、補助表示部800が第1副制御部400により制御されること、及び、補助表示部800がセグメント型のLED表示装置によって構成されることであるといえる。
また、補助表示部800は、現在の遊技の状態を示す遊技状態情報(保留数)を表示するものであるといえる。
したがって、引用発明の「補助表示部800」は、本願補正発明の「(第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する)第2状態表示器」に相当する。
さらに、引用発明の「遊技球の転動不可能な領域に設けられ」た「補助表示部800」(構成g)は、本願補正発明の「特定遊技領域に」設けられた「第2状態表示器」に相当する。
したがって、引用発明の「演出装置206」の「遊技球の転動不可能な領域に」、「装飾図柄表示装置208の表示画面の右側に隣接して、補助表示部800が設けられ、装飾図柄等を含む所定の演出情報を表示し、セグメント型のLED表示装置によって構成され、装飾図柄表示装置208に表示される演出情報の一部または全てを表示可能であり、前記第1副制御部400のCPU404は、補助表示部800の各セグメントへの命令がある場合には、この命令を駆動回路420に出力し、前記補助表示部800の表示領域の下部のうち左寄りには、それぞれ円形状を有し、特図1変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント808a?808dが設けられ、また、補助表示部800の表示領域の下部のうち右寄りには、それぞれ円形状を有し、特図2変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント809a?809dが設けられ」(構成h,j、m)ることは、本願補正発明の「前記特定遊技領域に、前記第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第2状態表示器を設け」(構成H)ることに相当する。

キ 上記ウでの検討によれば、引用発明の「装飾図柄表示装置208」は、本願補正発明の「演出表示手段」に相当し、上記エでの検討によれば、引用発明の「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」は、本願補正発明の「第1状態表示器」に相当し、上記カでの検討によれば、引用発明の「補助表示部800」は、本願補正発明の「第2状態表示器」に相当する。
ここで、「装飾図柄表示装置208の演出表示領域208dのうち下端の領域は、特図保留数を表示する特図保留表示領域として用いられ、特図保留表示領域のうち左半分は特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901であり、右半分は特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902であり、前記特図1保留表示領域901には、最大保留数に等しい円形画像が表示され、このうち、特図1の保留数に等しい個数の円形画像は所定色に表示されており、その他の円形画像は白色に表示され、前記特図2保留表示領域902についても同様であ」(構成n)るから、「装飾図柄表示装置208」は、「特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901」及び「特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902」を有する。
また、「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」の、「特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220は、特図変動遊技を所定数まで保留すること」を示す。
さらに、「補助表示部800」は、「特図1変動遊技の保留数」及び「特図2変動遊技の保留数を表示」する。
そうすると、「装飾図柄表示装置208」、「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」及び「補助表示部800」は、「特図1の保留数」及び「特図2の保留数」という共通の事項を表示する。
そして、引用発明の「特図1の保留数」及び「特図2の保留数」は、本願補正発明の「記憶手段に保留されている判定情報の保留数」に相当する。
したがって、引用発明の「装飾図柄表示装置208」に関して、「前記装飾図柄表示装置208の演出表示領域208dのうち下端の領域は、特図保留数を表示する特図保留表示領域として用いられ、特図保留表示領域のうち左半分は特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901であり、右半分は特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902であり、前記特図1保留表示領域901には、最大保留数に等しい円形画像が表示され、このうち、特図1の保留数に等しい個数の円形画像は所定色に表示されており、その他の円形画像は白色に表示され、前記特図2保留表示領域902についても同様であ」(構成n)ること、「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」に関して、「前記普図保留ランプ216は、保留している普図変動遊技の数を示すためのランプであり、前記特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220は、特図変動遊技を所定数まで保留することを可能と」(構成f)すること、及び、「補助表示部800」に関して、「前記補助表示部800の表示領域の下部のうち左寄りには、それぞれ円形状を有し、特図1変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント808a?808dが設けられ、また、補助表示部800の表示領域の下部のうち右寄りには、それぞれ円形状を有し、特図2変動遊技の保留数を表示する4つの円形セグメント809a?809dが設けられ」(構成h、j、m)ることは、本願補正発明の「前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記現在の遊技の状態を示す共通の遊技状態情報を夫々表示可能に構成され」(構成J)ること、及び、「前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記共通の遊技状態情報として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に関する保留表示を表示可能であ」(構成M)ることに相当する。

ク 引用発明の「前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され、特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始され、特図1変動遊技が開始されると、特図1表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図1の変動表示』を行い、また、特図2変動遊技が開始されると、特図2表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図2の変動表示』を行い、これらの『特図1の変動表示』および『特図2の変動表示』が図柄の変動表示に相当」(構成k)するから、引用発明の「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」の「特図1表示装置212」が、「前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され」、「特図1変動遊技が開始されると、特図1表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図1の変動表示』を行」い、当該「『特図1の変動表示』が図柄の変動表示に相当」するとともに、引用発明の「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」の「特図2表示装置214」が、「特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始され」、「特図2変動遊技が開始されると、特図2表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図2の変動表示』を行い」、当該「『特図2の変動表示』が図柄の変動表示に相当」するといえる。
ここで、引用発明の「前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され」及び「特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始され」ることは、本願補正発明の「始動条件の成立により」「図柄変動が行われ」ることに相当する。
また、引用発明の「特図1表示装置212」及び「特図2表示装置214」を含む「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」は、上記エでの検討によれば、本願補正発明の、現在の遊技の状態を示す、発光手段からなる「第1状態表示器」に相当することを踏まえると、引用発明の「特図1表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図1の変動表示』を行」い、当該「『特図1の変動表示』が図柄の変動表示に相当」するとともに、引用発明の「特図2表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図2の変動表示』を行い」、当該「『特図2の変動表示』が図柄の変動表示に相当」することは、本願補正発明の「第1状態表示器」は「現在の遊技の状態として」「前記発光手段を所定の発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示」することに相当する。
さらに、引用発明の「特図1表示装置212」及び「特図2表示装置214」を含む「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」が、「そして、特図1の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図1表示装置212は特図1の停止図柄態様を停止表示し、特図2の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図2表示装置214は特図2の停止図柄態様を停止表示」(構成k)することは、本願補正発明の「第1状態表示器」が、「図柄変動が行われていることを表示した後、前記判定の結果を表示可能であ」ることに相当する。
したがって、引用発明の「特図1表示装置212」及び「特図2表示装置214」を含む「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」が、「前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したことを条件として特図1変動遊技が開始され、特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件として特図2変動遊技が開始され、特図1変動遊技が開始されると、特図1表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図1の変動表示』を行い、また、特図2変動遊技が開始されると、特図2表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図2の変動表示』を行い、これらの『特図1の変動表示』および『特図2の変動表示』が図柄の変動表示に相当し、そして、特図1の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図1表示装置212は特図1の停止図柄態様を停止表示し、特図2の変動開始前に決定した変動時間が経過すると、特図2表示装置214は特図2の停止図柄態様を停止表示」(構成k)することは、本願補正発明の「第1状態表示器」が、「現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示した後、前記判定の結果を表示可能であ」(構成K)ることに相当する。

ケ 引用発明の「補助表示部800」が、「補助表示部800の表示領域の上部には、それぞれ『0』?『9』の任意の数字を表示可能な3つの7セグメント部802a、802b、802cが左右方向に配列して設けられ、7セグメント部802a、802b、802cには、装飾図柄表示装置208の各図柄表示領域208a、208b、208cに表示される装飾図柄に対応する数字が表示され、図柄表示領域208aに装飾図柄が停止表示されているときには、7セグメント部802aには当該装飾図柄に対応する数字が表示され、また、図柄表示領域208aで装飾図柄の変動表示が行われているときには、7セグメント部802aにおいても装飾図柄と同期して『1』、『2』、・・・、『9』、『0』、『1』、・・・の順に表示を切り替える変動表示が行われ、7セグメント部802b、802cと図柄表示領域208b、208cとの関係についても同様であ」(構成l)ることは、引用発明の「補助表示部800」は、本願補正発明の「(第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する)第2状態表示器」に相当する(上記カ)ことを踏まえると、本願補正発明の「第2状態表示器」と、「現在の遊技の状態として、前記発光手段発光させて図柄変動が行われていることを表示可能であ」る点で一致する。
また、引用発明の「装飾図柄表示装置208」の「装飾図柄」は、「前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置208の左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cの各図柄表示領域に、『装飾1』→『装飾2』→『装飾3』→・・・→『装飾9』→『装飾10』→『装飾1』→・・・の順番で表示を切り替える『装飾図柄の変動表示』を行い、そして、図柄表示領域208a?208cを停止表示する」(構成l)ものであるから、引用発明の「補助表示部800」も、「前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして」、「装飾図柄と同期して」「変動表示が行われ」「そして」「停止表示する」ものであるといえるところ、引用発明の「前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして」は、本願補正発明の「前記始動条件の成立により」に相当するといえる。
さらに、引用発明の「補助表示部800」が、「図柄表示領域208aで装飾図柄の変動表示が行われているときには、7セグメント部802aにおいても装飾図柄と同期して『1』、『2』、・・・、『9』、『0』、『1』、・・・の順に表示を切り替える変動表示が行われ、7セグメント部802b、802cと図柄表示領域208b、208cとの関係についても同様であ」(構成l)る発光態様は、引用発明の「特図1表示装置212」及び「特図2表示装置214」を含む「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」が、「特図1表示装置212は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図1の変動表示』を行い、また、特図2変動遊技が開始されると、特図2表示装置214は、7個のセグメントの全点灯と、中央の1個のセグメントの点灯を繰り返す『特図2の変動表示』を行」(構成k)うとの発光態様(所定の発光態様)とは異なる発光態様であることは明らかである。
したがって、引用発明の「補助表示部800」が、「前記補助表示部800の表示領域の上部には、それぞれ『0』?『9』の任意の数字を表示可能な3つの7セグメント部802a、802b、802cが左右方向に配列して設けられ、7セグメント部802a、802b、802cには、装飾図柄表示装置208の各図柄表示領域208a、208b、208cに表示される装飾図柄に対応する数字が表示され、図柄表示領域208aに装飾図柄が停止表示されているときには、7セグメント部802aには当該装飾図柄に対応する数字が表示され、また、図柄表示領域208aで装飾図柄の変動表示が行われているときには、7セグメント部802aにおいても装飾図柄と同期して『1』、『2』、・・・、『9』、『0』、『1』、・・・の順に表示を切り替える変動表示が行われ、7セグメント部802b、802cと図柄表示領域208b、208cとの関係についても同様であり、前記特図1始動口230に球が入球したことを第1始動口センサが検出したこと、あるいは特図2始動口232に球が入球したことを第2始動口センサが検出したことを条件にして、装飾図柄表示装置208の左図柄表示領域208a、中図柄表示領域208b、右図柄表示領域208cの各図柄表示領域に、『装飾1』→『装飾2』→『装飾3』→・・・→『装飾9』→『装飾10』→『装飾1』→・・・の順番で表示を切り替える『装飾図柄の変動表示』を行い、そして、図柄表示領域208a?208cを停止表示する」(構成l)ことは、本願補正発明の「第2状態表示器」が、「現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様とは異なる発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示可能であ」(構成L)ることに相当する。

コ 上記キで検討したとおり、「装飾図柄表示装置208」が、「特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901」及び「特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902」を有するところ、引用発明の「特図1の保留数」及び「特図2の保留数」は、本願補正発明の「記憶手段に記憶されている判定情報の保留数」に相当する。
ここで、引用発明の「装飾図柄表示装置208」が、「演出表示領域208dのうち下端の領域は、特図保留数を表示する特図保留表示領域として用いられ、特図保留表示領域のうち左半分は特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901であり、右半分は特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902であり、前記特図1保留表示領域901には、最大保留数に等しい円形画像が表示され、このうち、特図1の保留数に等しい個数の円形画像は所定色に表示されており、その他の円形画像は白色に表示され、前記特図2保留表示領域902についても同様であ」(構成n)ることは、「特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901」及び「特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902」が、保留数に関する保留表示として保留数に対応する数の識別子(所定色/白色)を示すことであると認められる。
したがって、引用発明の「装飾図柄表示装置208」が、「演出表示領域208dのうち下端の領域は、特図保留数を表示する特図保留表示領域として用いられ、特図保留表示領域のうち左半分は特図1の保留数を表示する特図1保留表示領域901であり、右半分は特図2の保留数を表示する特図2保留表示領域902であり、前記特図1保留表示領域901には、最大保留数に等しい円形画像が表示され、このうち、特図1の保留数に等しい個数の円形画像は所定色に表示されており、その他の円形画像は白色に表示され、前記特図2保留表示領域902についても同様であ」(構成n)ることは、本願補正発明の「演出表示手段」は、「前記保留表示として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を示す第1保留表示と、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す第2保留表示とを表示可能であ」(構成N)ることと、「前記保留表示として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す保留表示を表示可能であ」(構成N´)る点で共通する。

サ 引用発明では、「変動表示が続行している場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示可能であり、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯可能であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯可能であるとともに、装飾図柄表示装置208にリーチ演出が表示された場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示可能であり、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯可能であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯可能である」(構成o)から、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902が表示され、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220が点灯され、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dが点灯される、変動表示が続行している状態から、装飾図柄表示装置208にリーチ演出が表示される状態となっても、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902は継続して表示され、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220は継続して点灯され、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dは継続して点灯しているといえる。
ここで、引用発明の特図1保留表示領域901、特図2保留表示領域902、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220、円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dは、本願補正発明の「保留表示」に相当する。
したがって、引用発明の、「変動表示が続行している場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示可能であり、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯可能であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯可能であるとともに、装飾図柄表示装置208にリーチ演出が表示された場合は、装飾図柄表示装置208の特図1保留表示領域901及び特図2保留表示領域902の所定数は所定色で表示可能であり、特図1保留ランプ218及び特図2保留ランプ220の所定数は点灯可能であり、補助表示部800の円形セグメント808a?808d及び円形セグメント809a?809dの所定数は点灯可能である」(構成o)ことは、本願補正発明の「前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると、前記演出表示手段では前記第2保留表示が非表示になる一方で前記第1保留表示が継続して表示され、前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される」(構成O)ことと、「前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される」(構成O´)点で一致する。

シ 引用発明の「弾球遊技機」(構成p)は、本願補正発明の「遊技機」(構成P)に相当する。

ス したがって、本願補正発明と引用発明とは、
「【請求項1】
A 遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技機において、
B 始動条件の成立により所定の判定を行う判定手段と、
C 前記判定が未実行の判定情報を保留記憶として記憶可能な記憶手段と、
D 前記判定の結果に基づいて遊技の進行を制御する第1制御手段と、
E 前記遊技の進行に応じて演出を表示する演出表示手段を制御する第2制御手段とを備え、
F´ 前記第1制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第1状態表示器を設け、
G 前記遊技領域に、遊技球が流下しない特定遊技領域を設け、
H 前記特定遊技領域に、前記第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第2状態表示器を設け、
J 前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記現在の遊技の状態を示す共通の遊技状態情報を夫々表示可能に構成され、
K 前記第1状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示した後、前記判定の結果を表示可能であり、
L 前記第2状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様とは異なる発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示可能であり、
M 前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記共通の遊技状態情報として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に関する保留表示を表示可能であり、
N´ 前記演出表示手段は、前記保留表示として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す保留表示を表示可能であり、
O´ 前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される、
P ことを特徴とする遊技機。」
である点で一致し、以下の点で相違する。

(ア)本願補正発明は、「第1状態表示器」を「遊技領域外」に設けているのに対して、引用発明は、「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」を「遊技領域124」外に設けてはいない点(以下「相違点1」という。)。

(イ)本願補正発明は、「前記第1状態表示器及び前記第2状態表示器の輝度を低下させることなく前記演出表示手段の輝度を低下させることが可能な輝度調整手段を備え」るのに対して、引用発明は、このような「輝度調整手段」を備えていない点(以下「相違点2」という。)。

(ウ)本願補正発明の「演出表示手段」は、保留表示として、前記記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を示す「第1保留表示」を表示可能であるのに対して、引用発明の「装飾図柄表示装置208」は、保留数に対応する数の識別子を示す保留表示のみを表示可能である点(以下「相違点3」という。)。

(エ)「前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると、前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される」(上記O´)ことに加えて、本願補正発明の「演出表示手段」では、「前記第2保留表示が非表示になる一方で前記第1保留表示が継続して表示され」るのに対して、引用発明の「装飾図柄表示装置208」ではこのような表示を行うと特定されない点(以下「相違点4」という。)。

(3)判断(下線は当審が付した。)
ア 上記相違点1について検討する。
引用発明の「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」は「演出装置206の前面側の遊技球の転動不可能な領域」に配設されているが、引用文献2には、「遊技機において、第1始動口の入賞に対応して作動する第1特別図柄表示器と、第2始動口の入賞に対応して作動する第2特別図柄表示器と、ゲートの通過に対応して作動する普通図柄表示器と、を備え、抽選結果や保留数に関する表示を行う表示器を、遊技盤の右下の遊技領域の外に配設する点」(引用文献2に記載の事項)が記載されている。
引用発明の「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」と、引用文献2の「第1始動口の入賞に対応して作動する第1特別図柄表示器と、第2始動口の入賞に対応して作動する第2特別図柄表示器と、ゲートの通過に対応して作動する普通図柄表示器と、を備え、抽選結果や保留数に関する表示を行う表示器」は、いずれも「抽選結果や保留数に関する表示を行う表示器」である点で共通する。
また、保留数等を表示する表示器を遊技機のどこに配設するかは発明を実施するに際して当業者が適宜定める事項にすぎない。
よって、引用文献2に記載の事項に基づいて、引用発明の「装飾図柄表示装置208の周囲の表示器群」を遊技領域外に配設することにより、上記相違点1に係る本願補正発明の構成となすことは当業者が容易になし得たことである。

イ 上記相違点2について検討する。
引用発明の「装飾図柄表示装置208」は、「装飾図柄ならびに演出に用いる様々な画像を表示するための表示装置であり、液晶表示装置によって構成」(構成f)されているから、「7セグメントLEDによって構成」されている「普図表示装置210」、「特図1表示装置212および特図2表示装置214」や、ランプである「普図保留ランプ216」、「特図1保留ランプ218および特図2保留ランプ220」と比較して消費電力が大きいことは遊技機の技術分野における技術常識である。
また、主として液晶から構成されることが技術常識である演出表示手段の輝度を、LEDやランプで構成される他の発光手段の輝度とは独立して調整する輝度調整手段を設けることは、遊技機の技術分野における周知技術に過ぎない(必要ならば、例えば、後記「エ」文献参照。)
そして、消費電力を削減して節電することは解決すべき課題として遊技機の分野においても技術常識である(後記「エ」「(エ)」参照)から、引用発明に上記周知技術を適用し、引用発明の「装飾図柄表示装置208」の輝度のみを独立して調整、すなわち「特図1表示装置212、特図2表示装置214、普図表示装置210、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220、及び普図保留ランプ216」や「補助表示部800」の輝度を低下させることなく「装飾図柄表示装置208」の輝度を低下させる輝度調整手段を備えるようになすことにより、上記相違点2に係る本願補正発明の構成となすことは、当業者が容易になし得たことである。

ウ 上記相違点3及び4について検討する。
引用発明の「装飾図柄表示装置208」のような、遊技機の演出用の表示手段において、保留表示として、保留記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を示す第1保留表示に加えて、保留記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す第2保留表示も表示可能であるとともに、演出表示手段及び第1,第2状態表示器に保留表示が表示されているときに演出表示手段に特定演出が表示されると、演出表示手段では第2保留表示が非表示になる一方で第1保留表示が継続して表示される構成となすことは、遊技機の演出用の表示手段における演出の形態として従来周知の事項にすぎない(必要ならば、例えば、後記「オ」文献参照。)。
そして、引用発明の「装飾図柄表示装置208」と上記従来周知の事項(後記「オ」文献)の「液晶制御手段75」及び「画像表示部114」は、いずれも、保留数に関する保留表示として、保留記憶手段に記憶されている判定情報の保留数に対応する数の識別子を示す保留表示を表示可能な遊技機の演出用の表示手段であって、演出表示手段に保留表示が表示されているときに特定演出が表示される点で共通する。
したがって、引用発明において、上記周知の事項を適用して、「前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器に前記保留表示が表示されているときに前記演出表示手段に特定演出が表示されると、前記第1,第2状態表示器では前記保留表示が継続して表示される」(上記O´)ことに加えて、「演出表示手段」では「前記第2保留表示が非表示になる一方で前記第1保留表示が継続して表示され」る構成となして、上記相違点3、4に係る本願補正発明の構成となすことは当業者が容易になし得たことである。

エ 文献(下線は当審が付した。)
(ア)特開2012-85858号公報(審査官が原査定で示した引用文献4)
特に段落【0065】の「図7は、ホール調整モードにおいて画像表示部21に表示されるホール調整画面の一例を示している。ホール調整画面には、『画面輝度』、『ランプ輝度』等の各種調整項目と、それぞれの調整項目の設定値(1?9)が表示されている。また、ホール調整画面の下部には、調整項目の選択や、設定値の変更や、ホール調整モードを終了させるための演出キー58の操作方法を示す案内画像が表示されている。本実施形態では、演出キー58の方向キー58U、58Dを操作してカーソル71を移動させることによって調整項目を選択し、演出キー58の方向キー58L、58Rを操作することによって、その選択した調整項目の設定値を変更することができる。各調整項目の現在の設定値は、下線によって示されている。演出キー58の中央キー58Eが押下されると、ホール調整モードから客待ちモードへと復帰する。」との記載、及び、図7。
図7は次のとおりである。

(イ)特開2005-111107号公報(審査官が原査定で示した引用文献5)
特に段落【0041】の「(1)上述した実施形態では、演出スイッチ33を図柄変動の演出制御を変更するためにだけ用いられていたが、演出スイッチ33をスピーカ28の音量調整、ランプ34の輝度調整、図柄表示器(LCD)23の輝度調整及びコントラスト調整に利用することもできる。すなわち、演出スイッチ33を所定の条件下で操作することで、その操作によってスピーカ28の音量調整、ランプ34の輝度調整、図柄表示器(LCD)23の輝度調整及びコントラスト調整等を行うことができるように構成することができる。例えば、上述した実施形態においてサブ制御基板70には、スピーカ28の音量調整、ランプ34の輝度調整、図柄表示器(LCD)23の輝度調整及びコントラスト調整を実施するためのプログラムが格納されている。このプログラムは、演出スイッチ33が予め設定された期間に所定の態様で操作されると起動される。例えば、図柄表示器23に図柄変動が表示されていない期間に、演出スイッチ33が1秒以上長押しされることで起動される。このプログラムが起動されると、サブ制御基板70は、まず、表示制御基板78を介して図柄表示器23に選択画面を表示する。選択画面は、作業者に調整したい項目を選択させるための画面であって、例えば、図6に示す画面とされる。図6から明らかなように、この例では、演出スイッチ33の操作時間によって調整したい項目を選択できるようになっている。例えば、スピーカ28の音量調整を行いたいときは演出スイッチ33を1秒間押し、図柄表示器23の輝度を調整したいとき演出スイッチ33を2秒間押す。上述した手順で調整したい項目が選択されると、次いで、その選択した項目について調整手順を示す手順画面が図柄表示器23に表示される。図7には、スピーカ28の音量調整が選択されたときの手順画面が表示されている。図7に示すように、演出スイッチ33を長押しすると音量が順に変化する。したがって、所望の音量となったときに演出スイッチ33の押圧を解除することで、音量調整を行うことができる。選択した項目の調整が終了すると、作業者は演出スイッチ33を短く押す。これによって、図柄表示器23に再び選択画面(図6参照)が表示される。他の項目を調整する場合は、演出スイッチ33を所定時間だけ長押しする。一方、調整作業を終了する場合は、演出スイッチ33を短く押す。これによって、調整プログラムが終了し、図柄表示器23に通常の遊技画面が表示される。上述したような構成によれば、スピーカ28の音量調整、ランプ34の輝度調整、図柄表示器(LCD)23の輝度調整及びコントラスト調整等をパチンコ機10の前面側から行うことができる。したがって、遊技店の閉店後に店員によって行われるこれら調整作業を短時間で行うことができる。なお、上述した作業手順を遊技店内に別途表示し、遊技者自らが種々の調整を行うことができるようにしてもよい。これによって、遊技者は、自己の好みに応じた輝度やコントラストで遊技を楽しむことができる。」との記載、及び、図6。
図6は次のとおりである。

(ウ)特開平10-108940号公報(審査官が原査定で示した引用文献6)
特に段落【0038】の「つぎに、第3の実施形態について図面により説明する。第3の実施形態においては、発光装置として図柄表示装置の液晶画面のみでなく、上記枠ランプ15及び電飾ランプ48a,48bのようなランプ類についても輝度(明るさ)調整を可能にしたものである。輝度調整器80は、図5及び図6に示すように、遊技者が容易に操作可能なように、本体前面の上球受皿36の前面に引出し可能に収容されており、1タッチで引き出し可能になっている。輝度調整器80は、図7に示すように、ランプ調整用と、液晶調整用に分けられており、調整摘み81,82を横方向にスライドさせて操作する形式になっている。ただし、調整摘みについては、上記実施形態に示したと同様の形態であってもよい。」との記載、及び、図7。
図7は次のとおりである。
【図7】

(エ)特開2013-34710号公報
特に段落【0212】及び【0239】?【0240】の「図16(b)に示したユーザー調整モードメニュー画面において『明るさ調整』ボタン画像702が選択された状態で設定操作部136のOKボタンが押下されると、図16(d)に示す明るさ(輝度)調整画面に遷移する。明るさ調整画面では、左右方向に配列した3つの円形画像720、722、724と、『戻る』ボタン画像726とが表示される。中央に位置する円形画像722は、左半分が所定色で表示され、右半分が白色で表示されている。左側に位置する円形画像720は、左半分よりも狭い領域が所定色で表示され、それ以外の大部分の領域が白色で表示されている。この円形画像720の下方には、『節電』という文字が表示されている。右側に位置する円形画像724は、全体が所定色で表示されている。この円形画像724の下方には、『普通』という文字が表示されている。・・・本例では、出力設定スイッチ161の操作により省電力モードA、Bを設定するようになっているが、遊技店員によるパチンコ機100の設定確認や設定変更等の所定の操作に合わせて省電力モードA、Bを設定できるようにしてもよい。・・・省電力モードに設定されることにより、後述する保留表示領域910を含む装飾図柄表示装置208のバックライトの輝度が低下する。また、バックライトの輝度低下に応じて、保留表示領域910に表示される保留画像の視認性が変化する。一方、省電力モードに設定されても、特図1表示装置212、特図2表示装置214、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220等の輝度は変化しない。したがって、特図1表示装置212、特図2表示装置214、特図1保留ランプ218、特図2保留ランプ220等の視認性が相対的に向上する場合がある。」との記載、及び、図16。
図16は次のとおりである。
【図16】


オ 文献(下線は当審が付した。)
(ア)特開2013-252385号公報
特に段落【0203】?【0205】の「液晶制御手段75は、演出図柄変動表示の実行保留数を示す第1,第2保留表示画像X,Y(主保留画像表示)を生成し、図27(a)に示すように表示画面21aの下部箇所に横一列に表示させる。図27(a)では、4個分の第1保留表示画像Xが表示され、3個分の第2保留表示画像Yが表示されている。・・・また、液晶制御手段75は、表示画面21aの左上隅部箇所に、演出図柄変動表示の実行保留数を示し且つ第1,第2保留表示画像X,Yとは異なる表示態様で表示される副保留画像SR(副保留画像表示)と、2個の識別画像Z1,Z2とを表示させる。副保留画像SRは、例えば第1,第2保留表示画像X,Yよりも小さく表示されるとともに、表示形式が異なる表示態様としており、ここでは各保留数である数字の『4』及び『3』と表示されている。・・・そして、液晶制御手段75は、予告演出6を示す予告演出コマンドに基づいて、その予告演出シナリオ(例えばバトルモードの予告演出)を表示させる(図27(b)参照)。・・・予告演出6のバトルモード演出画像W6の表示が開始され、図27(b)に示すように第1,第2保留表示画像X,Y及び演出図柄Eが予告演出6のバトルモード演出画像W6によって隠れていき、図27(c)に示すようにバトル演出画像が表示画面21a全体に表示される。・・・図6に示す優先順位テーブル76において、副保留画像SR(保留小表示)は、予告演出6、第1,第2保留表示画像X,Y(保留大表示)及び演出図柄E(左図柄、中図柄及び右図柄)よりも表示優先順位が高く設定されており、且つ、予告演出6は第1,第2保留表示画像X,Y及び演出図柄E(左図柄、中図柄及び右図柄)よりも表示優先順位が高く設定されているため、液晶制御CPU34は、かかる表示優先順位に基づいて、副保留画像SRを最優先で表示し、且つ、予告演出6のバトルモード演出画像W6を第1,第2保留表示画像X,Y及び演出図柄Eよりも優先した図柄変動表示画像を生成するようにVDP37を制御する。VDP37は、図27(b)に示すように第1,第2保留表示画像X,Y及びリーチ中である演出図柄Eが予告演出6のバトルモード演出画像W6に隠れていき、図27(c)に示すように表示画面21a全体にバトルモード演出画像W6が表示された状態で当該表示画面21aの例えば左上隅部に副保留画像SRと識別画像Z1,Z2とを表示する表示画像を描画生成し、当該表示画像が表示画面21aに表示される。」との記載、及び、図27。
図27は次のとおりである。
【図27】

(イ)特開2012-125341号公報
特に段落【0132】?【0136】の「画像表示部114では、保留数表示が行われる。・・・画像表示部114では、変動演出、当たり演出、エンディング演出が行われる。これらの演出では、可動役物115が動作することがあり、可動役物115は、その動作パターンによっては、画像表示部114上の保留数表示を隠してしまう。そこで、本実施の形態では、保留数表示の少なくとも一部が可動役物115で隠されるのに備えて、可動役物115で隠されない場所に別の保留数表示を用意しておくことで、遊技者が保留数を引き続き認識できるようにする。以下では、可動役物115で隠される可能性のある場所に設けられた保留数表示を『擬似保留数表示』と称し、可動役物115で隠されない場所に用意された別の保留数表示を『本保留数表示』と称する。・・・可動役物115が画像表示部114の右側に静止している時点では、図18-2(a)に示すように、画像表示部114の中央下部に、保留数U1を表す擬似保留数表示351と、保留数U2を表す擬似保留数表示352とが表示されている。図示の例では、保留数U1が2であるものとし、擬似保留数表示351に2つの保留表示を含めており、保留数U2が3であるものとし、擬似保留数表示352に3つの保留表示を含めている。・・・また、この時点で、可動役物115が擬似保留数表示351、352の少なくとも一部を隠すように動作したときに備え、画像表示部114の左上部に、保留数U1を表す本保留数表示361と、保留数U2を表す本保留数表示362とが表示されている。図示の例では、保留数U1が2であるので、本保留数表示361として数字の『2』を表示しており、保留数U2が3であるので、本保留数表示362として数字の『3』を表示している。・・・この後、可動役物115が擬似保留数表示351、352の少なくとも一部を隠す位置に動いてきたとすると、図18-2(b)に示すように、擬似保留数表示351、352は、画像表示部114に表示されないようになる。しかし、本保留数表示361、362は表示されたままになっているので、遊技者は引き続き保留数を認識することが可能である。」との記載、及び、図18-2。
図18-2は次のとおりである。
【図18-2】


(4)本願補正発明が奏する効果について
上記相違点1ないし4によって本願補正発明が奏する効果は、当業者が引用発明及び引用文献2に記載の事項から予測し得る程度のものであって、格別のものではない。

(5)請求人の主張について
ア 請求人は、特に上記相違点4に関して、審判請求書の「[3]本発明が特許されるべき理由」の「3)引用文献と本発明との作用効果について」及び「4)各引用文献の組み合わせについて」において、下記のとおり主張する(下線は当審が付した。)
「3)引用文献と本発明との作用効果について
引用文献1,2においては、特定演出の表示中に第2保留表示が非表示の場合に、遊技者が、第1,第2状態表示器の保留表示の表示態様では記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を認識できなかった場合に混乱してしまうことで特定演出に対する注目が妨げられるといった不都合が生じるおそれがあります。
これに対して、本発明では、第1保留表示は、記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を表示するだけの簡潔明瞭な態様であるから、遊技者が一目で記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を認識することが可能となるため、特定演出の表示中に第2保留表示が非表示の場合に、遊技者が、演出表示手段とは別の第1,第2状態表示器の保留表示から記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を認識できなかった場合に混乱してしまうことで特定演出に対する注目が妨げられるといった不都合を抑制することができます。
更に、第1保留表示は、上述のとおり、記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を表示し、記憶手段に記憶されている各判定情報の大当り当選の可能性を示唆するものではないから、特定演出が表示されてから継続して表示されても、遊技者の特定演出に対する注目が妨げられるといった不都合が生じることがありません。
第2保留表示は、記憶手段に記憶されている保留数を識別子の数によって表示すると共に、表示されている識別子を変化等させるによって大当り当選の可能性を示唆することができるから、保留数を認識させることができると共に、遊技者の大当り当選に対する期待感を盛り上げることが可能となります。
しかし、特定演出の表示中に第2保留表示を継続して表示して、第2保留表示の識別子が変化することによって、遊技者の特定演出対する注目が妨げられてしまうといった不都合が生じるから、特定演出が表示されると、非表示とする。
従って、本発明では、特定演出の表示中において、遊技者の特定演出に対する注目を維持させつつ、第1,第2状態表示器を見なくても記憶手段に記憶されている判定情報の保留数を容易に認識させることが可能となります。
このように、本発明は、引用文献1,2とは異なる格別な効果を奏するものであります。
4)各引用文献の組み合わせについて
以上説明したように、引用文献1,2は、本発明の第1,第2の特徴的技術構成(N),(O)を備えていないため、「演出表示手段に保留数に関する表示態様が異なる第1保留表示と第2保留表示とを表示する」及び「特定演出が表示されると、第2保留表示を非表示とする一方で第1保留表示を継続して表示する」という発明思想は想起され得ないから、引用文献1?6から本発明の第1,第2の特徴的技術構成(N),(O)を試行錯誤することが当業者の通常の創作能力の発揮として設計上当然に行うことができるとは言えません。」

イ しかしながら、本願補正発明は、第1保留表示と第2保留表示に関して、「保留数を示す」及び「保留数に対応する数の識別子を示す」と特定するにとどまり、「表示態様が異なる」とまでは特定していない。
また、本願補正発明は、第2保留表示に関して、「表示されている識別子を変化等させる」とまでも特定していない。
したがって、上記請求人の主張は請求項の記載にのみ基づくものではない。
また、本願補正発明の構成は、第2保留表示が隠れて非表示となる一方で第1保留表示は隠れず継続して表示する構成となんら相違しないから、上記「(3)」「ウ」で検討したとおり、第2保留表示が隠れて非表示となる一方で第1保留表示は隠れず継続して表示する演出は従来周知であって、引用発明に当該周知の事項を適用することにより奏される効果も予測し得た程度のことにすぎない。
したがって、上記請求人の主張は採用できない。

(6)まとめ
以上のように、本願補正発明は、当業者が引用発明及び引用文献2に記載の事項に基づいて容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により、特許出願の際独立して特許を受けることができない。

4 むすび
したがって、本件補正は、特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に違反するので、同法第159条第1項において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものである。

第3 本願発明について
1 本願発明
本件補正は上記のとおり却下されたので、本願の請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は、上記「第2」[理由]「1 補正の内容」において、平成29年12月13日付けの手続補正書により補正された特許請求の範囲の請求項1として記載したとおりのものである。
ここで、本件発明を再掲すると、次のとおりのものである(当審にて、分説のための記号A1からN1を付した。以下「構成A1」等という。)。
「【請求項1】
A1 遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技機において、
B1 始動条件の成立により所定の判定を行う判定手段と、
D1 前記判定の結果に基づいて遊技の進行を制御する第1制御手段と、
E1 前記遊技の進行に応じて演出を表示する演出表示手段を制御する第2制御手段とを備え、
F1 前記遊技領域外に、前記第1制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第1状態表示器を設け、
G1 前記遊技領域に、遊技球が流下しない特定遊技領域を設け、
H1 前記特定遊技領域に、前記第2制御手段により制御され現在の遊技の状態を示す遊技状態情報を表示する発光手段を有する第2状態表示器を設け、
J1 前記演出表示手段及び前記第1,第2状態表示器は、前記現在の遊技の状態を示す共通の遊技状態情報を夫々表示可能に構成され、
K1 前記第1状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を所定の発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示した後、前記判定手段による判定の結果を表示可能であり、
L1 前記第2状態表示器は、現在の遊技の状態として、前記始動条件の成立により、前記発光手段を前記所定の発光態様とは異なる発光態様で発光させて図柄変動が行われていることを表示可能であり、
I1 前記第1状態表示器及び前記第2状態表示器の輝度を低下させることなく前記演出表示手段の輝度を低下させることが可能な輝度調整手段を備えた、
P1 ことを特徴とする遊技機。」

2 拒絶の理由
原査定の平成30年5月18日付けの拒絶査定の概要は、
「●理由(特許法第29条第2項)について
・請求項 1
・引用文献等 1、2、4-6
・・・
<引用文献等一覧>
1.特開2013-048764号公報
2.特開2014-217602号公報
4.特開2012-085858号公報
5.特開2005-111107号公報
6.特開平10-108940号公報」
というものである。

3 引用文献及び引用発明
引用発明及び引用文献2に記載された事項は、上記「第2」[理由]「3」「(1)」に記載したとおりである。

4 対比・判断
(1)対比
本願発明の構成A1、B1、D1?L1及びP1と本願補正発明の構成A、B、D?L及びPとは実質的に同一の構成であるから、上記「第2」[理由]「3」「(2)」での検討を踏まえると、本願発明と引用発明とは、本願発明の構成A1、B1、D1、E1、G1、J1?L1及びP1の点で一致し、本願発明の構成F1及びI1の点で相違するところ、当該各相違点は、本件補正発明と引用発明との相違点として抽出した上記相違点1及び2と実質的に同じ相違点である。
よって、上記「第2」[理由]「3」「(3)」「ア」及び「イ」で検討した理由と同じ理由により、本願発明は、当業者が引用発明及び引用文献2に記載された事項に基づいて容易に発明をすることができたものである。

5 むすび
以上のとおりであるから、本願発明は、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2019-03-18 
結審通知日 2019-03-19 
審決日 2019-04-01 
出願番号 特願2017-10048(P2017-10048)
審決分類 P 1 8・ 575- Z (A63F)
P 1 8・ 121- Z (A63F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 三田村 陽平  
特許庁審判長 長崎 洋一
特許庁審判官 大山 栄成
松川 直樹
発明の名称 遊技機  
代理人 岡村 俊雄  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ