• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部無効 2項進歩性  E02D
審判 一部無効 1項3号刊行物記載  E02D
審判 一部無効 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  E02D
管理番号 1355327
審判番号 無効2017-800078  
総通号数 239 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2019-11-29 
種別 無効の審決 
審判請求日 2017-06-19 
確定日 2019-10-08 
事件の表示 上記当事者間の特許第5763225号発明「鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法」の特許無効審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 審判費用は、請求人の負担とする。 
理由 第1 手続の経緯
本件は、請求人が、被請求人が特許権者である特許第5763225号(以下「本件特許」という。)の特許請求の範囲の請求項1、2、3、8及び9に係る発明の特許を無効とすることを求める事件であって、手続の経緯は、以下のとおりである。

平成26年 1月14日 本件出願(特願2014-4293号)
(原出願:特願2010-99137号、
原出願日:平成22年4月22日)
平成27年 6月19日 設定登録(特許第5763225号)
平成29年 6月19日 本件無効審判請求
平成29年 9月 4日 被請求人より答弁書提出
平成29年 9月28日 審理事項通知書(起案日)
平成29年10月20日 請求人より口頭審理陳述要領書提出
平成29年11月 6日 被請求人より口頭審理陳述要領書提出
平成29年11月17日 請求人より口頭審理陳述要領書(2)提出
平成29年11月17日 口頭審理

第2 本件発明
1 本件特許発明
本件特許の請求項1、2、3、8及び9に係る発明(以下「本件発明1」などといい、これらをまとめて「本件発明」という。)は、特許請求の範囲の請求項1、2、3、8及び9に記載された事項により特定される、次のとおりのものである。

「【請求項1】
下方にクランプ装置を配設した台座と、台座上にスライド自在に配備されたスライドベースの上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されたガイドフレームと、該ガイドフレームに昇降自在に装着されて鋼矢板圧入引抜シリンダが取り付けられた昇降体と、昇降体の下方に形成されたチャックフレームと、チャックフレーム内に旋回自在に装備されるとともにU型の鋼矢板を挿通してチャック可能なチャック装置とを具備してなる鋼矢板圧入引抜機において、
前記クランプ装置は、台座の下面に形成した複数のクランプガイドに、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU型の鋼矢板の上端部に跨ってクランプする複数のクランプ部材を組み替え可能に装備するとともに、複数のクランプガイドのピッチ及び複数のクランプ部材の形状を異ならしめてなり、
前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたことを特徴とする鋼矢板圧入引抜機。
【請求項2】
クランプピッチを428mm?772mm,412mm?588mm,300mm?500mmのいずれかの範囲に変更可能とした請求項1に記載の鋼矢板圧入引抜機。
【請求項3】
クランプ装置で先頭の鋼矢板を含む既設のU型の鋼矢板をクランプすることにより台座を既設のU型の鋼矢板上に定置させて、チャック装置に作業するU型の鋼矢板を挿通してチャックするとともに、先頭のU型の鋼矢板の開放された継手に、作業するU型の鋼矢板の継手を噛合させた状態において、鋼矢板圧入引抜機の他の部材と干渉することがないようにチャックフレームを配置した請求項1又は2に記載の鋼矢板圧入引抜機。
【請求項8】
請求項1?7に記載したいずれかの鋼矢板圧入引抜機を使用して、
それぞれ相互に継手を噛合させて圧入した複数の既設のU型の鋼矢板の内、先頭の鋼矢板を含む既設のU型の鋼矢板をクランプ装置で掴んで台座を既設のU型の鋼矢板上に定置した状態において、先頭のU型の鋼矢板の開放された継手に、作業するU型の鋼矢板の継手を噛合させた状態で、継手ピッチが異なるU型の鋼矢板を圧入・引抜可能としたことを特徴とする鋼矢板圧入引抜工法。
【請求項9】
継手ピッチが異なるU型の鋼矢板として、継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても圧入・引抜可能とした請求項8に記載の鋼矢板圧入引抜工法。」

2 本件特許の明細書の記載事項
本件特許の明細書(以下「本件明細書」という。)には、以下のとおり記載されている。

「【技術分野】
【0001】
本発明は、多様な継手ピッチの鋼矢板、特には継手ピッチにおいて200mm程度以上の差異を有する鋼矢板にも対応可能な汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、各種土木基礎工事等における鋼矢板の圧入・引抜工事においては、振動,騒音の発生が少ない静荷重型の鋼矢板圧入引抜機が採用されている。圧入される鋼矢板として種々のタイプが提供されているが、現在わが国で広く普及している鋼矢板はU形の鋼矢板である(非特許文献1参照)。図11に示すように、U形の鋼矢板15は、ほぼU形の断面形状を有しており、ウエブ16の両端に所定の配置角度θを有するフランジ17が連接されており、フランジ17の開放端部に継手18が形成されている。
【0003】
このU形の鋼矢板15(以下、単に鋼矢板15という)では、ウエブ16が中立軸L1と平行に延びて、フランジ17は継手ピッチ19により配置角度が変化することとなる。そして、継手18を相互に噛合させて図12に示すように連続して圧入するものであり、圧入後の鋼矢板壁の中立軸L2上に継手18が位置している。鋼矢板15の継手ピッチ19は、従来400mm,500mmのものが使用されてきており、その他に600mmの広幅のものが使用されるようになっている。即ち、わが国ではU形の鋼矢板においては、継手ピッチ19として400mm,500mm,600mmの鋼矢板15が主流となっている。
【0004】
この静荷重型の鋼矢板圧入引抜機は、特許文献1に示すように、既設の鋼矢板上に定置された台座の下方に複数のクランプ部材からなるクランプ装置を設けて、このクランプ装置により既設の鋼矢板をクランプすることによって反力を得て、チャック装置によりチャックした鋼矢板を圧入引抜シリンダによって地盤に圧入・引抜している。また、特許文献2に示すように、圧入・引抜作業を行う鋼矢板の形状に応じてクランプ装置の汎用性を得るために、複数のクランプ部材の位置を入れ替えることによってクランプピッチを変更する手段も提供されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特公昭63-47848号公報
【特許文献2】特開2008-267015号公報
【非特許文献】
【0006】
【非特許文献1】JIS A 5528 熱間圧延鋼矢板
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
従来、継手ピッチ19が一定寸法以上異なる鋼矢板15を圧入・引抜する場合には、継手ピッチ19の寸法に応じたそれぞれ専用の鋼矢板圧入引抜機を使用することが基本となっている。即ち、一定寸法範囲を超えた多様な継手ピッチの鋼矢板15、特には継手ピッチ19が400mmと600mmのように200mm程度以上の寸法差を有する鋼矢板15の双方を施工可能な鋼矢板圧入引抜機は提供されていない。
【0008】
その理由の第1は、作業する鋼矢板15をチャックして圧入するためのチャック装置を、最大寸法の継手ピッチ19を有する鋼矢板15をチャックして旋回できるように構成する必要があるため、一定寸法範囲を超えた最小寸法の継手ピッチを有する鋼矢板15を同一のチャック装置を使用してチャックすると、具体的には図11に示す鋼矢板15において、継手ピッチ19が600mmの鋼矢板15をチャック可能なチャック装置で、継手ピッチ19が400mmの鋼矢板15をチャックして圧入・引抜作業を行おうとすると、チャック装置が鋼矢板圧入引抜機の他の部材と干渉して、既設の鋼矢板の内、クランプ装置でクランプした先頭の鋼矢板の開放された継手に噛合させる位置に設置することができないためである。
【0009】
その理由の第2は、鋼矢板圧入引抜機を既設の鋼矢板に自立させるとともに、既設の鋼矢板から反力を得るために既設の鋼矢板をクランプするクランプ装置が一定寸法範囲を超えた継手ピッチの寸法差を有する鋼矢板に対応してクランプできないためである。
【0010】
そこで、先ず、これらの理由の第1及び第2の詳細を明らかとする。図19は継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを圧入している従来の鋼矢板圧入引抜機の側面図である。図において、40は従来の鋼矢板圧入引抜機であって、下方にクランプ装置3を配設して、継手ピッチ19aが600mmの既設の鋼矢板20a上に定置される台座2と、該台座2上にスライド自在に配備されたスライドベース4の上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されたガイドフレーム7と、該ガイドフレーム7に昇降自在に装着されて鋼矢板圧入引抜シリンダ9が取り付けられた昇降体41と、昇降体41の下方に形成されたチャックフレーム42と、チャックフレーム42内に旋回自在に装備されるとともに鋼矢板15aを挿通してチャック可能なチャック装置43とを具備してなる。
【0011】
図19において、クランプ装置3は3本のクランプ部材3a,3b,3cを進行方向Fに対して順に配置しており、相互に継手を噛合させて圧入された既設の鋼矢板20aの上端部に跨ってクランプするとともに、先頭のクランプ部材3aが先頭の鋼矢板20a1をクランプしている。これにより鋼矢板圧入引抜機40を既設の鋼矢板20a上に定置するとともに圧入時の反力を既設の鋼矢板20aから得るようにしている。クランプ部材3a,3b,3cはそれぞれ形状及びオフセット量を異にする公知の構成である。そして、圧入する鋼矢板15aをチャック装置43に挿通してチャックするとともに、既設の先頭の鋼矢板20a1の開放された継手に、圧入する鋼矢板15aの継手を噛合させた状態で、鋼矢板圧入引抜シリンダ9を作動させて圧入作業を行う。
【0012】
チャック装置43は600mmの継手ピッチ19aの鋼矢板15aを挿通してチャックするとともに、図12に示す中立軸L2に対して左右交互に圧入するため、圧入作業の進行方向Fに対して、鋼矢板15aを1枚圧入する毎に左右交互に向きを変えて次の鋼矢板15aをチャックできるように、チャックフレーム42内において旋回する必要がある。そのため、肉厚部分を含めると外形部分の最大寸法48は直径900mm程度となる。また、チャック装置43のチャックフレーム42内に位置する部分には、旋回のためのチャックリングギア44が装備されており、昇降体41に装備されたチャック旋回モータ45の駆動軸に連結したピニオンギア46が、このチャックリングギア44と噛合することによってチャック装置43を旋回させるようにしている。そのため、チャックリングギア44を装備するチャックフレーム42の外形から、ピニオンギア46及びピニオンギア46を収納したピニオンギアボックス47が突出することとなり、この突出部分を合わせたチャックフレーム42と同一平面における外形部分の最大寸法49は直径1080mm程度となる。
【0013】
図19に示すように、600mmの継手ピッチ19aの鋼矢板15aを圧入する場合は、継手ピッチ19aに余裕があるため、チャックフレーム42やチャック装置43が鋼矢板圧入引抜機40の他の部材に干渉することがなく、クランプ装置3で既設の鋼矢板20aをクランプし、かつ、先頭のクランプ部材3aが既設の先頭の鋼矢板20a1をクランプしている状態で、作業する鋼矢板15aの継手18を既設の先頭の鋼矢板20a1の開放された継手18に噛合させて圧入・引抜作業することができる。
【0014】
次に、同一の鋼矢板圧入引抜機40を使用して継手ピッチ19bが500mmの鋼矢板15bを圧入する作業を説明する。図20は継手ピッチ19bが500mmの鋼矢板15bを圧入している従来の鋼矢板圧入引抜機40の側面図である。図において、図19と同一の構成については同一の符号を付してその説明を省略する。
【0015】
チャック装置43は継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを挿通してチャックできる構成であり、継手ピッチ19bの寸法が500mmと鋼矢板15aより小さい鋼矢板15bを挿通してチャックすることもできる。また、クランプ装置3もクランプ部材3a,3c,3dを設置順序を調節することによって、継手ピッチ19bが500mmの既設の鋼矢板20bを掴んで鋼矢板圧入引抜機40を定置するとともに圧入時の反力を既設の鋼矢板20bから得ることができる。
【0016】
この場合においても、図20に示すように、継手ピッチ19bが500mmの鋼矢板15bを圧入する場合は、継手ピッチ19bにまだ余裕があるため、チャックフレーム42やチャック装置43が鋼矢板圧入引抜機40の他の部材に干渉することがなく、クランプ装置3で既設の鋼矢板20bをクランプし、かつ、先頭のクランプ部材3aが既設の先頭の鋼矢板20b1をクランプしている状態で、作業する鋼矢板15bの継手18を既設の先頭の鋼矢板20b1の開放された継手18に噛合させて圧入・引抜作業することができる。
【0017】
次に、同一の鋼矢板圧入引抜機40を使用して継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを圧入する作業を説明する。図21は継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを圧入している従来の鋼矢板圧入引抜機40の側面図である。図において、図19と同一の構成については同一の符号を付してその説明を省略する。
【0018】
クランプ装置3は、4本のクランプ部材3a,3e,3a,3cを使用して、その設置順序を調節することによって、継手ピッチ19cが400mmの既設の鋼矢板20cをクランプして鋼矢板圧入引抜機40を定置するとともに圧入時の反力を既設の鋼矢板20cから得ることは可能である。また、チャック装置43も継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを挿通してチャックできる構成であり、継手ピッチ19cの寸法が400mmと鋼矢板15aより小さい鋼矢板15cを挿通してチャックすることは可能である。
【0019】
しかしながら、図21に示すように、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを圧入する場合は、継手ピッチ19cの寸法が、鋼矢板15aの600mmよりも200mmも小さいため、継手ピッチ19cに余裕がない。そのため、クランプ装置3で既設の鋼矢板20cをクランプし、かつ、先頭のクランプ部材3aが既設の先頭の鋼矢板20c1をクランプしている状態で、作業する鋼矢板15cの継手18を既設の先頭の鋼矢板20c1の開放された継手18に噛合させて圧入・引抜作業することができない。即ち、前記した状態を実現しようとすると、図21において干渉部分Kとして示すようにチャック装置43が台座2や先頭のクランプ部材3aに干渉し、又干渉部分Sとして示すようにチャックフレーム42のピニオンギア46及びピニオンギアボックス47の位置する突出部が台座2に干渉することとなる。そのため、継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを圧入するための鋼矢板圧入引抜機40を使用して継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを圧入・引抜することはできない。
【0020】
継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板を圧入するためには400mm用に外形寸法を小さくした専用のチャック装置及び該チャック装置を装備するチャックフレームを有する専用の鋼矢板圧入引抜機を使用する必要がある。即ち、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを挿通してチャックするチャック装置及び該チャック装置を旋回可能に装備するチャックフレームの外形寸法を小さくしないと、図21に干渉部分Kや干渉部分Sとして示すようなチャック装置43及びチャックフレーム42とクランプ装置3や台座2との干渉を生じるためである。一方、継手ピッチ19cが400mm用のチャック装置には継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを挿通することが物理的に不可能であってチャックすることができない。そのため、継手ピッチ19cが400mm用の鋼矢板圧入引抜機を使用して継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを圧入することもできない。
【0021】
よって、一定寸法範囲を超えた多様な継手ピッチの鋼矢板15、特には継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aと、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cのように200mm程度以上の寸法差を有する鋼矢板15a,15cの双方を、クランプ装置3で既設の先頭の鋼矢板20a,20cをクランプし、かつ、先頭のクランプ部材3aが既設の先頭の鋼矢板20a1,20c1をクランプしている状態で、作業する鋼矢板15a,15cの継手18を既設の先頭の鋼矢板20a1,20c1の開放された継手18に噛合させて圧入作業する鋼矢板圧入引抜機は提供されていない。そのため従来は、それぞれ継手ピッチ19の寸法に応じた専用の鋼矢板圧入引抜機を準備する必要があり、汎用性に欠け、作業性が悪いばかりでなく、各現場に応じた迅速な対応・作業ができず経済性にも欠けていた。
【0022】
そこで従来、最大寸法の継手ピッチ19を有する鋼矢板15をチャック可能なチャック装置43を使用して、一定寸法範囲を超えた最小寸法の継手ピッチ19を有する鋼矢板15をチャックして圧入するための便宜的手段として、例えば、図19に示す継手ピッチ19aが600mm用の鋼矢板圧入引抜機40を使用して、図21に示す継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを圧入するための便法が行われている。これは、図22に示すように、スライドベース4を進行方向Fに向けて伸長させることにより、既設の鋼矢板20cの内、先頭の鋼矢板20c1を鋼矢板圧入引抜機40のクランプ装置3でクランプすることなく、2番目以降の鋼矢板20c2以降をクランプした状態で(即ち、既設の先頭の鋼矢板20c1が無負荷の状態で)、鋼矢板圧入引抜機40を既設の鋼矢板20cに定置し、チャック装置43でチャックした作業する鋼矢板15cの継手18を既設の先頭の鋼矢板20c1の開放された継手18に噛合させて圧入・引抜作業を行うものである。かかる施工方法によれば、チャック装置43やチャックフレーム42が台座2やクランプ装置3と干渉することなく、1台の鋼矢板圧入引抜機40を使用して、継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aと、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを施工することが可能とはなる。
【0023】
しかしながら、かかる既設の鋼矢板20cの先頭の鋼矢板20c1をクランプすることなく圧入作業を行う便法は、以下に説明する大きな問題点を有しており、その解決が望まれている。図23は前記した便法による作業状態を示す側面説明図である。図に示すように、先頭の鋼矢板20c1の開放された継手18に噛合させて、圧入作業する鋼矢板15cを圧入力Pで圧入施工すると噛合させた継手18部分に継手抵抗Rが働く。継手抵抗Rは鋼矢板20c1と鋼矢板15cの継手18に砂噛み等の欠陥がある場合や、既設の鋼矢板20cのねじれやゆがみ等によっても発生する。このとき、先頭の鋼矢板20c1をクランプ部材により固定できていないため、その上端が下がる場合がある。この現象を共下がりという。また、引抜作業をするときは圧入時と反対の方向の継手抵抗が発生するため、先頭の鋼矢板20c1の上端が上がる場合がある。この現象を共上がりという。即ち、既設の先頭の鋼矢板20c1をクランプすることができないため、該先頭の鋼矢板20c1の開放された継手18に作業する鋼矢板15cの継手18を噛合させて圧入・引抜を行うと、作業する鋼矢板15cと先頭の鋼矢板20c1の継手抵抗により、先頭の鋼矢板20c1が共下がり又は共上がりを起こすことがある。
【0024】
上記構成の鋼矢板圧入引抜機40を使用して鋼矢板15a,15b,15cの圧入・引抜作業を行う場合は、既設の鋼矢板20a,20b,20cの内、先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1をクランプ装置3でクランプした状態で、作業する鋼矢板15a,15b,15cの継手18を先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1の開放された継手18に噛合させた状態(以下、この状態を正規状態という)で作業することが重要である。
【0025】
この正規状態の作業姿勢であると、鋼矢板圧入引抜機40で圧入力として定格荷重をかけたときに、反力と圧入位置の距離が近いため、発生するモーメントが小さく、鋼矢板圧入引抜機40にかかる応力が小さくなる。従って、よりコンパクトな機械で圧入可能となる。また、何より先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1をクランプ装置3でクランプしているため、先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1の継手と噛合して作業する鋼矢板15a,15b,15cとの間で継手抵抗が発生して、この継手抵抗によって先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1が上下に動かされることはなく、共下がり又は共上がりすることがない。よって、施工基準に従って鋼矢板15の上端部を揃えて圧入した既設の鋼矢板の施工精度を保つことができる。
【0026】
これに対して、図22,図23に示すような正規状態ではない作業姿勢であると、正規状態の作業姿勢に比して、作業する鋼矢板15a,15b,15cを掴むチャック装置43の位置と、既設の鋼矢板20a,20b,20cをクランプするクランプ装置3の反力位置の距離が先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1の継手ピッチ19a,19b,19c分だけ遠く離れるため、同一の圧入力・引抜力をかけたときに反力側に発生するモーメントが大きいので機械にかかる応力が大きくなる。従って、正規状態での作業と同じ圧入力・引抜力をかけて施工することができないため、定格荷重が小さくなる。
【0027】
また、何より、既設の先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1をクランプ装置3でクランプしていないため、前記した継手抵抗によって先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1が共下がりや共上がりを起こして、先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1が上下に動かされ施工精度の低下や打ち直し等の手間が生じる。即ち、施工基準に従って上端部を規定高さに揃えて圧入した既設の鋼矢板20a1,20b1,20c1が、共下がりや共上がりによって上下方向に位置が変化すると、再度規定寸法に打設し直す必要がある。共下がりや共上がりの防止策として圧入後の鋼矢板20a,20b,20cと先頭の鋼矢板20a1,20b1,20c1とを溶接して固定する必要があり、余分な手間や材料費が発生することとなる。また、仮設の場合は引抜作業時に溶接部をガスで切断する手間がかかるとともに鋼矢板の損傷により損料も発生する。更に、共上がりした鋼矢板が鋼矢板圧入引抜機40の下面に当たり、機械を損傷させる不具合が発生することもある。
【0028】
そこで本発明はこのような従来の鋼矢板圧入引抜機が有している課題を解決し、多様な継手ピッチの鋼矢板に対応可能な汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法を提供することを目的とする。
・・・(略)・・・
【発明の効果】
【0035】
本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法によれば、チャックフレームに鋼矢板の継手ピッチに対応した複数のチャック装置を着脱自在に装着可能としているため、1台の鋼矢板圧入引抜機においてチャック装置を交換して使用することにより、多様な継手ピッチを有する鋼矢板をチャックできる。また、そのチャック時において、既設の先頭の鋼矢板をクランプ装置でクランプした状態で、作業する鋼矢板を既設の先頭の鋼矢板に噛合させた正規状態において、チャック装置とクランプ装置が干渉することがない。更に、チャック装置をチャックフレーム内で旋回させるためのチャック旋回モータとピニオンギアを台座の上端面の位置する水平線より上方に配置したため、多様な継手ピッチの鋼矢板を正規状態でチャックした場合において、継手ピッチに関わりなく、チャックフレームを構成するチャック旋回モータやピニオンギアが鋼矢板圧入引抜機の他の部材と干渉することがない。
【0036】
また、クランプ装置を構成する複数のクランプ部材の台座への配設箇所を組み替えて、クランプピッチを変更可能としたことによって、クランプする既設の鋼矢板が多様な継手ピッチを有していたとしても、既設の先頭の鋼矢板をクランプ装置でクランプした状態で鋼矢板圧入引抜機を既設の鋼矢板上に定置することができる。よって、多様な継手ピッチの鋼矢板、特には継手ピッチ400mm,500mm,600mmの鋼矢板に対応可能な汎用性を有し、従来の鋼矢板圧入引抜機では対応不可であった継手ピッチが600mmと400mmの継手ピッチにおいて200mm程度以上の寸法差を有する多様な鋼矢板を、それぞれ専用の鋼矢板圧入引抜機を使用することなく、汎用性を有する1台の鋼矢板圧入引抜機で圧入・引抜することができる。また、継手ピッチ400mm,500mm,600mmの鋼矢板に限ることなく、継手ピッチにおいて200mm程度以上の寸法差を有する鋼矢板にも適用することが可能である。
・・・(略)・・・
【発明を実施するための形態】
【0038】
以下図面に基づいて本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法の実施形態を説明する。図1(A),図2(A)は本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機1の側面図、図1(B),図2(B)は同平面図である。前記した従来の鋼矢板圧入引抜機40と同一の構成については同一の符号を付して説明する。図において、1は鋼矢板圧入引抜機であって、2は台座、3は台座2の下部に配設されて、既設の鋼矢板をクランプして鋼矢板圧入引抜機1を定置するとともに、既設の鋼矢板から反力を得るためのクランプ装置である。このクランプ装置3は、台座2の下面に形成されたクランプガイド13に幅方向に摺動自在に装備される。図1の図示例では、3本のクランプ部材(3a,3b,3c)を、図2の図示例では4本のクランプ部材(3a,3e,3a,3c)をそれぞれ図に示す順に装備している。
【0039】
本発明において、鋼矢板圧入引抜機1を使用して圧入・引抜する鋼矢板は、現在わが国で最も普及しているU型であり、中でも継手ピッチ19が400mm,500mm,600mmの鋼矢板15を対象とする。また、継手ピッチ19の寸法が上記数値以外であってもU形であって継手ピッチ19が200mm程度以上の寸法差を有する鋼矢板15であれば対象とすることができる。その構成は図11,図12に示す通り、鋼矢板15は、ほぼU形の断面形状を有しており、ウエブ16の両端に所定の配置角度θを有するフランジ17が連接されており、フランジ17の開放端部に継手18が形成されている。
【0040】
Fは鋼矢板圧入引抜機1の直進方向を示す。台座2には鋼矢板圧入引抜機1の直進方向Fに沿ってスライドベース4が、圧入する鋼矢板15の継手ピッチ19以上の距離を摺動自在に配備されている。このスライドベース4上には支持アーム5が縦軸を中心として回動自在に軸支され、この支持アーム5の前部に設けた軸受部6を中心として回動可能なガイドフレーム7が立設されている。このガイドフレーム7は、一端が支持アーム5に軸支された傾動シリンダ(図示略)の伸縮によって軸受部6を中心として傾動可能となっている。
【0041】
ガイドフレーム7には昇降体8が昇降自在に装着されている。該昇降体8の両側には左右一対の鋼矢板圧入引抜シリンダ9が取り付けられていて、この鋼矢板圧入引抜シリンダ9の一端が前記軸受部6に軸支されており、昇降体8を上下駆動するように構成されている。昇降体8の下方にはチャックフレーム10が形成されており、このチャックフレーム10内に、図1に示す鋼矢板圧入引抜機1においては、継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aをチャックすることができる第1チャック装置11が、又図2に示す鋼矢板圧入引抜機1においては、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cをチャックすることができる第2チャック装置12がそれぞれ旋回自在に装備されている。
【0042】
本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機1は、鋼矢板15の継手ピッチ19に対応した複数のチャック装置を装備するものである。これらの複数のチャック装置として、継手ピッチ19aが600mm用の第1チャック装置11と、継手ピッチ19cが400mm用の第2チャック装置12を、チャックフレーム10に着脱自在に装着可能とし、圧入・引抜を行う鋼矢板15の継手ピッチ19の寸法に応じて交換使用することに特徴を有する。なお、第1チャック装置11は、1台で継手ピッチ19bが500mm用の鋼矢板15bにも対応可能である。また、第1チャック装置11及び第2チャック装置12に加えて、継手ピッチ19が他のサイズとなる3つ以上のチャック装置を装備するようにしてもよい。
・・・(略)・・・
【0051】
多様な継手ピッチ19を有する鋼矢板15に対応する汎用性を鋼矢板圧入引抜機1に付与するためには、上記した通り、第1チャック装置11,第2チャック装置12やチャックフレーム10が鋼矢板圧入引抜機1の他の部材に干渉しないとともに、鋼矢板圧入引抜機1がそれぞれの継手ピッチ19を有する既設の鋼矢板20をクランプ装置3で掴んで定置して反力を得る必要がある。そこで、600mmの継手ピッチ19a,500mmの継手ピッチ19b,400mmの継手ピッチ19cの既設の鋼矢板20a,20b,20cをクランプ装置3を使用してクランプするための条件について検討する。
【0052】
図13は継手18を相互に噛合して隣接する継手ピッチ19aが600mmの既設の鋼矢板20aのウエブ16をクランプ装置3でクランプする場合を示しており、図13(A)は基準となるウエブ16の中心をクランプした場合を、図13(B)はウエブ16の反対方向の両端部をクランプした場合を、図13(C)はウエブ16の隣接する両端部をクランプした場合を示しており、それぞれクランプピッチ35aが600mm,クランプピッチ35bが772mm,クランプピッチ35cが428mmとなっている。よって、クランプ装置3のクランプピッチが428mm?772mmの範囲であれば、継手ピッチ19aが600mmの既設の鋼矢板20aをクランプして鋼矢板圧入引抜機1を定置することが可能である。
【0053】
そこで、図14に示すように、クランプガイド13a,13b,13dを使用して、クランプ部材3a,3b,3cを順に組付けたところ、クランプ部材3aと3bのクランプピッチ35dが590mm、クランプ部材3bと3cのクランプピッチ35eが570mmとなり、いずれも前記した428mm?772mmの範囲に収まった。なお、図14に示すようにクランプ部材3aは右側に、クランプ部材3bは左側にオフセットした形状であり、又クランプ部材3cは直線状の形状である。即ち、クランプ部材3a,3b,3cはそれぞれ形状及びオフセット量を異にしている。更に、クランプガイド13a,13b,13c,13dはそれぞれのピッチを異にして配置されており、クランプガイド13aと13bのピッチ38aが350mm,クランプガイド13bと13cのピッチ38bが400mm,クランプガイド13cと13dのピッチ38cが290mmに設置されている。よって、これらの各クランプガイド13a,13b,13c,13dと各クランプ部材3a,3b,3cを組み合わせることによって、多様なクランプピッチを実現することができる。
【0054】
また、図14に示す第1チャック装置11のチャック部22は正規状態におけるチャックの位置を示すものであるが、図示のように台座2や先頭のクランプ部材3aと干渉することはない。よって、継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを第1チャック装置11を使用して正規状態で圧入・引抜作業をすることができる。
【0055】
図15は継手18を相互に噛合して隣接する継手ピッチ19bが500mmの既設の鋼矢板20bのウエブ16をクランプ装置3でクランプする場合を示しており、図15(A)は基準となるウエブ16の中心をクランプした場合を、図15(B)はウエブ16の反対方向の両端部をクランプした場合を、図15(C)はウエブ16の隣接する両端部をクランプした場合を示しており、それぞれクランプピッチ36aが500mm,クランプピッチ36bが588mm,クランプピッチ36cが412mmとなっている。よって、クランプ装置3のクランプピッチが412mm?588mmの範囲であれば、継手ピッチ19bが500mmの既設の鋼矢板20bをクランプして鋼矢板圧入引抜機1を定置することが可能である。
【0056】
そこで、図16に示すように、クランプガイド13a,13b,13cを使用して、クランプ部材3a,3c,3dを順に組付けたところ、クランプ部材3aと3cのクランプピッチ36dが470mm、クランプ部材3cと3dのクランプピッチ36eが520mmとなり、いずれも前記した412mm?588mmの範囲に収まった。図16に示すようにクランプ部材3aは右側に、クランプ部材3dは左側にオフセットした形状であり、又クランプ部材3cは直線状の形状である。即ち、クランプ部材3a,3d,3cはそれぞれ形状及びオフセット量を異にしている。また、図16に示す第1チャック装置11のチャック部22は正規状態の位置を示すものであるが、図示のように台座2や先頭のクランプ部材3aと干渉することはない。よって、継手ピッチ19bが500mmの鋼矢板15bを第1チャック装置11を使用して正規状態で圧入・引抜作業をすることができる。
【0057】
図17は継手18を相互に噛合して隣接する継手ピッチ19cが400mmの既設の鋼矢板20cのウエブ16をクランプ装置3でクランプする場合を示しており、図17(A)は基準となるウエブ16の中心をクランプした場合を、図17(B)はウエブ16の反対方向の両端部をクランプした場合を、図17(C)はウエブ16の隣接する両端部をクランプした場合を示しており、それぞれクランプピッチ37aが400mm,クランプピッチ37bが500mm,クランプピッチ37cが300mmとなっている。よって、クランプ装置3のクランプピッチが300mm?500mmの範囲であれば、継手ピッチ19cが400mmの既設の鋼矢板20cをクランプして鋼矢板圧入引抜機1を定置することが可能である。
【0058】
そこで、図18に示すように、クランプガイド13a,13b,13c,13dを使用して、クランプ部材3a,3e,3a,3cを順に組付けたところ、クランプ部材3aと3eのピッチ37dが350mm、クランプ部材3eと3aのピッチ37eが400mm、クランプ部材3aと3cのピッチ37fが410mmとなり、いずれも前記した300mm?500mmの範囲に収まった。なお、図18においてクランプガイド13cに組付けたクランプ部材3aは、図14に示すクランプ部材3bを反転させて装備したものであり、クランプ部材3eは図16に示すクランプ部材3dを反転させて装備したものである。従って図18に示すクランプ部材4本を使用して図14、及び図16のクランプの構成が可能であり、経済的に優れている。また、図18に示す第2チャック装置12のチャック部32は正規状態の位置を示すものであるが、図示のように台座2や先頭のクランプ部材3aと干渉することはない。よって、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを第2チャック装置12を使用して正規状態で圧入・引抜作業をすることができる。
【0059】
なお、継手ピッチ19cが400mmの既設の鋼矢板20cをクランプする場合は、4本のクランプ部材3a,3e,3a,3cを使用している。これは鋼矢板20cの継手ピッチ19cが400mmと狭いために、クランプする4本の既設の鋼矢板20cの幅方向の長さの合計を1600mm(400mm×4)として、硬質地盤においても十分な反力を得るためである。
【0060】
次に上記した構成の鋼矢板圧入引抜機1を使用して多様な継手ピッチ19を有する鋼矢板15の圧入・引抜工法を説明する。図1(A)は継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを圧入・引抜している状態を示しており、継手ピッチ19aが600mmの既設の鋼矢板20aにクランプ部材3a,3b,3cを使用してクランプピッチを調節した上で鋼矢板圧入引抜機1の台座2を定置している。そして、チャックフレーム10には、継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを挿通してチャックすることが可能な第1チャック装置11を装備している。そして、圧入・引抜する鋼矢板15aを第1チャック装置11の挿通孔21に挿通し、チャック部22でチャックし、既設の先頭の鋼矢板20a1を先頭のクランプ部材3aでクランプした状態において、該先頭の鋼矢板20a1の開放された継手18に作業する鋼矢板15aの継手18を噛合させた状態で昇降体8を上下動させて、鋼矢板15aを圧入・引抜する。
【0061】
このとき、継手ピッチ19aは600mmと余裕があるため、直径900mm程度のチャック部22がクランプ部材3aに干渉することがなく、又チャックフレーム10内で第1チャック装置11を旋回させるためのピニオンギア26やピニオンギアボックス27が台座2等の鋼矢板圧入引抜機1の他の部材に干渉することがなく、正規状態において作業をすることができる。また、同様に第1チャック装置11を使用して継手ピッチ19bが500mmの鋼矢板15bも圧入・引抜することができる。
【0062】
従来の継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを圧入・引抜する専用の鋼矢板圧入引抜機40を使用して、対象とする継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aとともに、継手ピッチ19bが500mmの鋼矢板15bを圧入・引抜することは可能であった。しかしながら、従来は、継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aを圧入・引抜する鋼矢板圧入引抜機40を使用して、継手ピッチ19において200mm程度以上の差異を有する継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを、既設の先頭の鋼矢板20c1をクランプ装置3でクランプした状態において、該先頭の鋼矢板20c1の開放された継手18に作業する鋼矢板15cの継手18を噛合させた状態で、圧入・引抜することはできなかった。
【0063】
これに対して、本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機1を使用すれば、継手ピッチ19において200mm程度以上の差異を有する継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを圧入・引抜することが可能である。図2(A)は継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを圧入・引抜している状態を示しており、継手ピッチ19cが400mmの既設の鋼矢板20cにクランプ部材3a,3e,3a,3cを使用してクランプピッチを調節した上で鋼矢板圧入引抜機1の台座2を定置している。そして、チャックフレーム10には、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを挿通してチャックすることが可能な第2チャック装置12を装備している。よって、圧入・引抜する鋼矢板15cを第2チャック装置12の挿通孔31に挿通し、チャック部32でチャックし、既設の先頭の鋼矢板20c1をクランプ装置3でクランプした状態において、該先頭の鋼矢板20c1の開放された継手18に作業する鋼矢板15cの継手18を噛合させた状態で昇降体8を上下動させて、鋼矢板15cを圧入・引抜することができる。
【0064】
このとき、継手ピッチ19cは400mmと寸法が小さいが、そのチャック部32の直径も700mmと、第1チャック装置11のチャック部22の直径900mmに比して小さくなっているため、このチャック部32がクランプ部材3aに干渉することがなく、又チャックフレーム10内で第2チャック装置12を旋回させるためのピニオンギア26やピニオンギアボックス27が台座2等の鋼矢板圧入引抜機1のその他の部材に干渉することがなく、正規状態において作業をすることができる。よって、本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機1によれば、第1チャック装置11と第2チャック装置12を交換使用することによって、継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aと、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cを正規状態において圧入・引抜することが可能である。・・・(略)・・・」

第3 請求人の主張
請求人は、本件発明1、2、3、8及び9の特許を無効とする、審判費用は被請求人の負担とする、との審決を求め、その理由として、概ね以下のとおり主張し(審判請求書、平成29年10月20日付け口頭審理陳述要領書、同年11月17日付け口頭審理陳述要領書(2)を参照。)、証拠方法として甲第1号証ないし甲第18号証を提出している。

1 無効理由の概要
(1)無効理由1(サポート要件違反)
本件発明1、2、3、8及び9は、本件明細書に記載された発明ではないから、その特許は、特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものであり、同法第123条第1項第4号に該当し、無効とされるべきものである。
(2)無効理由2(甲第1号証に基づく新規性欠如)
本件発明1、2、3、8及び9は、甲第1号証に記載された発明であるから、特許法第29条第1項第3号に該当し、特許を受けることができないものであり、同法第123条第1項第2号に該当し、その特許は無効とされるべきものである。
(3)無効理由3(甲第1号証に基づく進歩性欠如)
本件発明1、2、3、8及び9は、甲第1号証に記載された発明及び周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであり、同法第123条第1項第2号に該当し、その特許は無効とされるべきものである。
(4)無効理由4(公然実施発明(甲第5号証)に基づく進歩性欠如)
本件発明1、2、3、8及び9は、甲第5号証に係る公然実施発明及び周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項、甲第14及び15号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであり、同法第123条第1項第2号に該当し、その特許は無効とされるべきものである。

2 証拠方法
提出された証拠は、以下のとおりである。
甲第1号証:特開2008-267015号公報
甲第2号証:実公昭52-52405号公報
甲第3号証:実願昭61-187160号(実開昭63-91533号)のマイクロフィルム
甲第4号証:実願昭53-42786号(実開昭54-146010号)のマイクロフィルム
甲第5号証:「TILT PILER WP-100 取扱説明書 KOWAN 平成17年10月版31号機?」
甲第6号証:「TILT PILER WP-100 パーツリスト KOWAN 平成21年3月版32号機?」
甲第7号証:無効2015-800184事件の審決
甲第8号証:知的財産高等裁判所 平成28年(行ケ)第10161号 審決取消請求事件 平成29年4月18日言渡判決
甲第9号証:ウェブサイトのプリントアウト
(https://www.giken.com/ja/news/release/gkn14nw007ja)
甲第10号証:特公昭54-21645号公報
甲第11号証:上告受理申立書
甲第12号証:上告受理申立て通知書
甲第13号証:実公平4-2193号公報
甲第14号証:実願昭50-123509号(実開昭52-36806号)のマイクロフィルム
甲第15号証:特開平7-259094号公報
甲第16号証:無効2015-800184事件において被請求人が提出した平成28年3月31日付け口頭審理陳述要領書
甲第17号証:本件特許公報
甲第18号証:別冊Patent第16号 「進歩性について-更なる研究-」

3 具体的な主張
(1)無効理由1(サポート要件違反)について
「クランプ装置寸法差問題」(一定寸法範囲を超えた継手ピッチの寸法差を有するU形の鋼矢板をクランプ装置にてクランプできないこと)を解決するための、本件発明の「前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」は、本件明細書に記載された従来技術、及び、周知技術にすぎない。
このような本件明細書に記載された従来技術、及び、周知技術に係る構成により、未だに「クランプ装置寸法差問題」が解決できないならば、当該従来技術等に係る構成を単に書き下したにすぎない構成要件により規定される本件発明によって、当業者は「クランプ装置寸法差問題」を解決できると認識することはできない。
一方、本件明細書に記載された従来技術、及び、周知技術に係る構成により、「クランプ装置寸法差問題」が解決できるならば、当業者において、当該従来技術では解決することができなかった課題を解決するとされる本件発明について、いかなる場合に課題に直面するかを理解することはできない。
以上のとおり、当業者は、本件発明により「クランプ装置寸法差問題」を解決できると認識することはできない、又は、当業者は、当該従来技術では解決できなかった課題を解決するための本件発明について、いかなる場合に課題に直面するかを理解することはできないから、特許法第36条第6項第1号に規定する要件(サポート要件)を満たしていない。
(請求書36?39頁)
本件発明において、「組み替え」と「交換」の態様が二者択一的に存在していることを前提に、「クランプ部材」同士を「組み替え」対象とする解釈をした場合、本件明細書の実施例においては、継手ピッチが400mm、500mm、600mmのそれぞれをクランプする際に、「クランプ部材」同士の「組み替え」の対象とならない「クランプ部材」が存在しているから、本件明細書には、「クランプ部材」の「組み替え」により、継手ピッチが400mm、500mm、600mmのU形鋼矢板のいずれであってもクランプできる実施例が記載されておらず、また、このような「組み替え」の態様にて、これらU形鋼矢板のいずれについてもクランプできることを当業者が認識することもできない。
よって、本件発明はサポート要件を満たしていない。
(口頭陳述要領書52?55頁)

(2)無効理由2(甲第1号証に基づく新規性欠如)について
ア 様々な継手ピッチをクランプ可能とする構成について
甲第1号証の段落【0053】には、U形鋼矢板の継手ピッチ400mm,500mmその他にも対応するために、「固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更する」とのみ記載されている。
しかし、固定クランプ爪や可動クランプ爪の調整ではクランプピッチを微調整することしかできず、あらゆるサイズの継手ピッチのU形鋼矢板をクランプすることは不可能である。あらゆるサイズの継手ピッチのU形鋼矢板をクランプするためには、固定クランプ爪や可動クランプ爪を調整する前提として、クランプピッチ自体を変更する必要があることは、段落【0019】に記載されている。
よって、甲第1号証の段落【0053】における「固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更する」との記載は、レールに取り付けるクランプ部材を他の形状のものに組み替えることを当然の前提としている。
イ 甲第1号証に記載の発明
(ア)甲第1号証には、次の構成a?mからなる甲1装置発明が記載されている。
「a 台座の下部にクランプ装置を配設している。
b 台座上にスライドベースが摺動自在(スライド自在)に配備されており、スライドベースの上方にはガイドフレームが縦軸を中心として回動自在に立設している。
c ガイドフレームに昇降自在に装着され、また、鋼矢板圧入引抜シリンダが取り付けられた昇降体を有している。
d 昇降体の下方にチャックフレームを有している。
e チャックフレーム内に旋回自在に装備されたチャック装置を有しており、当該チャック装置はU形の鋼矢板を挿通してチャック可能である。
f 台座の下部に形成された複数のレールに、相互に継手を噛合させて圧入された既設のU形の鋼矢板の上端部に跨ってこれらをクランプする複数のクランプ(クランプ部材)を組み替え可能に装備している。
g 複数のレールのピッチ及び複数のクランプ部材の形状が異なっている。
h 既設のU形の鋼矢板の継手ピッチに応じて、レールとクランプとを組み替えてクランプピッチを変更することによって、既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mm,700mmその他のいずれであっても既設のU形の鋼矢板の先頭からクランプ可能である。
j 継手ピッチが400mm,500mm,600mm,700mmその他のU形の鋼矢板をクランプ可能とする範囲にクランプピッチを変更可能である。
l クランプ装置で先頭の鋼矢板を含む既設のU形の鋼矢板をクランプして台座を既設のU形の鋼矢板上に定置させ、チャック装置に作業するU形の鋼矢板を挿通してチャックし、先頭のU形の鋼矢板の解放された継手に、作業するU形の鋼矢板の継手を噛合させた状態で、鋼矢板圧入引抜機の他の部材と干渉しないチャックフレームを配置している。
i・k・m 鋼矢板圧入引抜機である。」
(イ)甲第1号証には、次の構成n?rからなる甲1工法発明が記載されている。
「n・p・r 甲1装置発明(鋼矢板圧入引抜機に係る発明)を使用した鋼矢板圧入引抜工法である。
o それぞれ相互に継手を噛合させて圧入した複数の既設のU形の鋼矢板の内、先頭の鋼矢板を含む既設のU形の鋼矢板をクランプ装置で掴んで台座を既設のU形の鋼矢板上に定置した状態において、先頭のU形の鋼矢板の開放された継手に、作業するU形の鋼矢板の継手を噛合させた状態で、継手ピッチが400mm,500mm,600mm,700mmその他異なる継手ピッチのU形の鋼矢板を圧入・引抜可能である。
q 継手ピッチが400mm,500mm,600mm,700mmその他異なる継手ピッチのU形の鋼矢板を圧入・引抜可能である。」
ウ 対比・判断
本件発明1ないし3と甲1装置発明とは同一であり、また、本件発明8及び9と甲1工法発明とは同一である。
(請求書39?62頁)

(3)無効理由3(甲第1号証に基づく進歩性欠如)について
先に主張したとおり、本件発明は甲第1号証に記載された発明(甲1装置発明、甲1工法発明)と同一であるが、念のために、甲第1号証が「既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU形の鋼矢板の先頭からクランプ」する構成を開示しているか不明であるとしても、本件発明は甲第1号証に記載された発明に対して進歩性を有するものではないことを明らかにする。
甲第2ないし4号証に記載されているように、甲第1号証に記載の発明の技術分野、すなわち、杭の圧入に関する技術分野において、本件特許の原出願日時(平成22年4月22日)に、圧入作業を行っている杭が既設の杭を押し下げる「共下がり」問題を防止するという周知の課題が存在しており、かかる課題を解決するために、「共下がり」が最も発生しやすい既設の杭の先頭をクランプすることも周知の構成であった。
したがって、杭の圧入に関する技術分野の当業者において、「共下がり」防止という周知の課題を解決するために、既設のU形の鋼矢板(杭)の先頭をクランプするという周知の構成を甲第1号証に記載の発明に適用することは極めて容易であった。
よって、本件発明1、2、3、8及び9は、甲第1号証に記載された発明及び周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものである。
(請求書62?66頁)

(4)無効理由4(公然実施発明(甲第5号証)に基づく進歩性欠如)について
ア 鋼矢板圧入引抜機「WP-100」(甲第5号証)に係る公然実施発明
(ア)甲第5号証の「TILT PILER WP-100 取扱説明書」に記載されている鋼矢板圧入引抜機「WP-100」は、被請求人によって本件特許の原出願日(平成22年4月22日)より前に製造販売されていた。よって、鋼矢板圧入引抜機「WP-100」により開示された発明は、公然実施発明である。
(イ)鋼矢板圧入引抜機「WP-100」(甲第5号証)には、次の構成a?mからなる甲5装置発明が開示されている。
「a 「サドル」(台座)の下部に「クランプ9」「クランプ10」「クランプ11」(審決注:原文では数字は丸数字。)を配設している。
b 台座上に「スライドベース」がスライド自在に配備されており、スライドベースの上方には「リーダーマスト」(ガイドフレーム)が縦軸を中心として旋回自在(回動自在)に立設している(甲5の3頁「チャックとサドルのクリアランスに注意して、マストの旋回・・」、同58頁「14)マスト左旋回・右旋回スイッチ」)。
c ガイドフレームに昇降自在に装着され、また、「圧入引抜シリンダー」(鋼矢板圧入引抜シリンダ)が取り付けられた「チャックフレーム」(昇降体、チャックフレーム)を有している。
d 「チャックフレーム」(昇降体、チャックフレーム)の下方にチャックフレームを有している。
e チャックフレーム内に旋回自在に装備された「チャック本体」(チャック装置)を有しており、当該チャック装置はU形の鋼矢板を挿通してチャック可能である。
f 台座の下面に形成した複数のクランプガイドに、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU形の鋼矢板の上端部に跨ってクランプするクランプ装置を組み替え可能に装備している。
g 複数のクランプガイドのピッチ及び複数のクランプ部材の形状が異なっている(先頭側(先頭のU形の鋼矢板の方向)と中央のクランプガイド間のピッチは、後ろ側と中央のクランプガイド間のピッチよりも短い。なお、「WP-100」のパーツリスト(甲6の1頁(6枚目))も参照)。
h’ 既設のU形の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプとを組み替えてクランプピッチを変更することによって、既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが500mm,600mmでは既設のU形の鋼矢板の先頭から、同400mmは先頭から一つ後ろ側からクランプ可能である。
j 継手ピッチが400mm,500mm,600mmのU形の鋼矢板をクランプ可能とする範囲にクランプピッチを変更可能である(同上)。
l クランプ装置で、継手ピッチ500mm,600mmでは既設のU形の鋼矢板の先頭,同400mmでは先頭から一つ後ろ側の鋼矢板を含む既設のU形の鋼矢板をクランプして台座をU形の鋼矢板上に定置させて、チャック装置に作業するU形の鋼矢板を挿通してチャックし、先頭のU形の鋼矢板の開放された継手に、作業するU形の鋼矢板の継手を噛合させた状態において、鋼矢板圧入引抜機の他の部材と干渉することがないようにチャックフレームを配置している(同上)。
i・k・m 鋼矢板圧入引抜機である。」
(ウ)鋼矢板圧入引抜機「WP-100」(甲第5号証)には、次の構成n?rからなる甲5工法発明が開示されている。
「n・p・r 甲5装置発明(鋼矢板圧入引抜機に係る発明)を使用した鋼矢板圧入引抜工法である。
o それぞれ相互に継手を噛合させて圧入した複数の既設のU形の鋼矢板の内、継手ピッチ500mm,600mmでは既設のU形の鋼矢板の先頭、同400mmでは先頭から一つ後ろ側の鋼矢板を含む既設のU形の鋼矢板をクランプ装置で掴んで台座を既設のU形の鋼矢板上に定置した状態において、先頭のU形の鋼矢板の開放された継手に、作業するU形の鋼矢板の継手を噛合させた状態で、継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても圧入・引抜可能である。
q 継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても鋼矢板を圧入・引抜可能である。」
イ 対比
(ア)本件発明1?3と甲5装置発明は、次の相違点を除いて、全ての構成において一致している。
(相違点)
本件発明1ないし3は、「前記既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU形の鋼矢板の先頭からクランプ可能」であるものの、甲5装置発明は既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが400mmの場合に限り、先頭から一つ後ろ側からクランプ可能とする点。
(イ)本件発明8及び9と甲5工法発明も、上記の相違点を除いて、全ての構成において一致している。
ウ 判断
先に主張したように、甲5装置発明及び甲5工法発明の技術分野、すなわち、杭の圧入に関する技術分野において、本件特許の原出願日(平成22年4月22日)時に、圧入作業を行っている杭が既設の杭を押し下げる「共下がり」の発生を防止するという周知の課題が存在しており、かかる課題を解決するために、「共下がり」が最も発生しやすい既設の杭の先頭をクランプすることも周知の構成であった。
したがって、甲5装置発明及び甲5工法発明の技術分野、すなわち、杭の圧入に関する技術分野の当業者において、「共下がり」問題を防止するという周知の課題を解決するために、上記相違点に係る構成である既設の杭の先頭をクランプするという周知の構成(上記相違点に係る構成)を甲5装置発明及び甲5工法発明に適用することは極めて容易であった。
なお、「WP-100」の「取扱説明書」(甲第5号証)には、既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが400mmの場合、先頭から一つ後ろ側からクランプすることにより生じるおそれのある「共下がり」は「溶接止め」により対応するよう記載されているものの(甲5の69頁)、この「溶接止め」には、「手間と時間がかかる」(甲14の1頁(2枚目))、「不便であると共に、工期が延びる原因ともなっている」(甲15の段落【0004】)という別の問題をはらんでいることから、このような別の問題を生じさせることのない既設の杭の先頭をクランプする方法により「共下がり」を解決することは、むしろ積極的に動機づけられていたと言えるからである。
以上のとおり、本件発明1、2、3、8及び9は、甲5装置発明又は甲5工法発明、周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項、甲第14及び15号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものである。
(請求書66?83頁)

第4 被請求人の主張
被請求人は、本件審判の請求は成り立たない、審判費用は請求人の負担とするとの審決を求め、請求人の主張に対して、概ね以下のとおり反論している(平成29年9月4日付け答弁書、同年11月6日付け口頭審理陳述要領書を参照。)。

1 無効理由1(サポート要件違反)について
本件発明では、知財高裁判決(甲8)が正当に認定したように、本件発明の2つの課題は、明細書の記載からも当業者が容易に認識できるものである。
そして、本件発明は、「継手ピッチ19が400mmと600mmのように200mm程度以上の寸法差を有する鋼矢板15の双方を施工可能な鋼矢板圧入引抜機が提供されていなかった」という従来の問題点を解決するために、継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても、「正規状態」での施工を可能とする鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法を提供することを課題としている。
本件発明は、そのような課題を解決するために、「既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能とした」と特定したものである。請求人の主張は本件発明の発明特定事項に基づいていない。
よって、本件発明の発明特定事項はいずれも本件明細書の発明の詳細な説明に記載したものである。
(答弁書11?13頁)

2 無効理由2及び3(甲第1号証に基づく新規性進歩性欠如)について
(1)甲第1号証について
甲1発明における「多様な継手ピッチ」の寸法差は、U形鋼矢板で100mm(700mm-600mm)、Z形鋼矢板で125mm(700mm-575mm)である。
また、甲1には、「現在使用されている継手ピッチが400mm,500mmのU形鋼矢板31やその他の継手ピッチのU形鋼矢板31やZ形鋼矢板41を施工することも可能である。」旨が記載されているが(甲1,【0053】)、継手ピッチが400mm,500mmのU形鋼矢板31の継手ピッチの寸法差も前記寸法差と同様に100mmである。請求人が主張するような継手ピッチの寸法差200mmや300mmを施工可能とする記載やそれを裏付ける実施例は甲1の何処にも記載も示唆もされていない。
すなわち、甲1はU形鋼矢板については継手ピッチの寸法差100mmを限界として対応可能な構成及び技術的思想を開示しているものである。また、対象をZ形鋼矢板に拡大したとしても継手ピッチの最大寸法差は125mmである。
(2)本件発明と甲1発明の相違点
本件発明と甲1発明とは、少なくとも、次の相違点を有する。
(相違点1)
本件発明は、「複数のクランプガイドのピッチを異ならしめて」いるのに対して、甲1発明はそのような構成を採用しているか不明であること。
(相違点2)
本件発明は、「既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであってもクランプ可能と」していることに対して、甲1発明は、そのような構成を採用していないこと。
(相違点3)
本件発明は、「(既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても)前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」に対して、甲1発明は、そのような構成を採用していないこと。
(3)判断
本件発明が既設杭の先頭からクランプするのは、継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても「正規状態」(既設の先頭の鋼矢板をクランプ装置でクランプした状態で、作業する鋼矢板を先頭の鋼矢板の開放された継手に噛合させた状態)で施工可能とするためにほかならないことが本件明細書に明記され(【0001】【0024】【0025】【0026】等)、知財高裁判決においても認定されている(甲8、19頁20行?20頁10行)。そのため、本件発明のクランプは「正規状態」を実現することを前提としている。
そして、本件発明の特徴的発明特定事項である「前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」は、主引例である甲1にも、副引例である甲2?甲4にも開示も示唆もされていないことは明らかである。
よって、本件発明(本件発明1,2,3,8,9)と甲1発明は、少なくとも前記した相違点1ないし相違点3を有するものであり、甲1発明と同一の発明でないことは明らかである。
また、前記した相違点1ないし相違点3は、副引例として引用された甲2、甲3、甲4にも何ら記載も示唆もされておらず、また、周知技術でもないため、甲1発明に甲2発明、甲3発明、甲4発明を適用したとしても本件発明に想到することはできない。さらに、甲2発明、甲3発明、甲4発明は、甲1発明とは解決課題を全く異にするものであり、これらの副引例を主引例に適用する動機付けがない。よって、甲1発明に甲2発明、甲3発明、甲4発明にかかる発明を適用したとしても、本件発明を容易に想到することはできない。
(4)むすび
よって、無効理由2及び3は理由がない。
(答弁書13?27頁)

3 無効理由4(公然実施発明(甲第5号証)に基づく進歩性欠如)について
(1)主引例である甲5について
ア 実施について
甲5が被請求人製品「TILT PILER WP-100」の取扱説明書の写しであり、本件発明の出願前に同製品を製造・販売したことは被請求人も認める。
イ クランプの組み替えについて
甲5の69頁には、既設の継手ピッチ400mmのU形鋼矢板を甲5発明を使用してクランプする際の条件として、「WP-100はNo.1クランプを追加して購入することによって400mmの鋼矢板も施行することが出来ます。」と明記されているように、甲5発明に装備されている3本の「No.1クランプ(第1クランプ)」「No.2クランプ(第2クランプ)」「No.3クランプ(第3クランプ)」の「組み替え」では継手ピッチ400mmのU形鋼矢板をクランプできないことを示している。甲5発明を使用して、継手ピッチ400mmのU形鋼矢板をクランプするにはNo.1クランプを別途購入し、No.2クランプと「交換」する必要があるのである。かかるNo.1クランプの追加購入は継手ピッチ600mm及び500mmのクランプに使用したクランプの「組み替え」ではない。よって、交換用に別途購入する必要があるNo.1クランプは、甲5に装備されていない。
甲5の69頁には、No.1クランプを追加購入することによって、甲5発明を使用して継手ピッチ400mmのU形鋼矢板をクランプする際の限界として、「圧入する矢板の手前の矢板はクランプすることが出来ません。施工時に圧入する矢板の手前の矢板が共上がり、共下がりすることがありますので、圧入する矢板の手前の矢板とクランプしている矢板を溶接止めして下さい。」と明記されている。すなわち、継手ピッチ600mm及び500mm用の甲5発明を使用して、既設の継手ピッチ400mmのU形鋼矢板の先頭の既設杭をクランプすることに「阻害事由がある」ことが甲5自体に明記されている。
このように、甲5発明には、継手ピッチ400mmのU形の鋼矢板を1台の鋼矢板圧入引抜機のクランプの「組み替え」でクランプすることができないこと、すなわち、「組み替え」でクランプするには「阻害事由がある」ことが明記されており、甲5発明は1台の鋼矢板圧入引抜機のクランプの「組み替え」によってクランプ可能な継手ピッチの寸法差は100mm(600mm-500mm)に止まっており、1台の鋼矢板圧入引抜機のクランプの「組み替え」を解決手段とする技術思想としては継手ピッチの寸法差100mmを臨界値とするものである。そのため、継手ピッチの寸法差が200mmとなる「継手ピッチが400mm,500mm,600mmのU形の鋼矢板」を1台の鋼矢板圧入引抜機のクランプの「組み替え」でクランプすることはできない。
(2)本件発明と甲5発明の相違点
本件発明と甲5発明とは、次の相違点を有する。
(相違点A)
本件発明は、「複数のクランプガイドのピッチを異ならしめて」いるのに対して、甲5発明はそのような構成を採用しているか不明であること。
(相違点B)
本件発明は、「クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであってもクランプ可能」としているのに対して、甲5発明は、そのような構成を採用していないこと。
(相違点C)
本件発明は、「既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」に対して、甲5発明は、そのような構成を採用していないこと。
(3)副引例について
甲14、甲15はいずれも、本件発明の発明特定事項によって特定される鋼矢板圧入引抜機ではない。甲14は、既設杭の共下がり防止に連続した既設杭と接続させて、沈下量を少なくすることは可能であるものの圧入力の反力で共下がりを防止するものではない。甲15も圧入時の反力により、共下がりを防止するものではなく、単に既設杭同士を治具で接続して接続される他の既設杭と一体化することで、共下がりを低減するものに過ぎない。
何より、甲14、甲15に「溶接止め」の問題点が記載されていたとしても、その記載と甲5発明とは何らの結びつきもないし、「溶接止め」の問題点解消が何故既設の鋼矢板の先頭をクランプすることを開示していることになるのか理解に苦しむ。
(4)判断
前記した相違点Aないし相違点Cは副引例として引用された甲14、甲15にも何ら記載も示唆もされていない。そのため、甲5発明に甲14発明、甲15発明を適用したとしても本件発明に想到することはできない。さらに、甲14発明、甲15発明は、甲5発明とは解決課題を全く異にするものであり、副引例にかかる発明を主引例に適用する動機付けがない。よって、甲5発明に甲14、甲15にかかる発明を適用したとしても、本件発明を容易に想到することはできない。
(5)むすび
よって、無効理由4は理由がない。
(答弁書27?40頁)

第5 証拠について
1 甲第1号証について
(1)甲第1号証に記載された事項
請求人が無効理由に係る証拠として提出した、本件出願の原出願前(以下「本件出願前」という。)に頒布された甲第1号証には、次の事項が記載されている(下線は審決で付した。)。

「【技術分野】
【0001】
本発明は、多様な継手ピッチサイズの鋼矢板に対応し得るとともに、U形鋼矢板及びZ形鋼矢板の双方に対応し得る汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、各種土木基礎工事等における鋼矢板の圧入,引抜工事においては、振動,騒音の発生が少ない静荷重型の鋼矢板圧入引抜機が採用されている。この静荷重型の鋼矢板圧入引抜機は、特許文献1に示すように、既設の鋼矢板上に定置された台座の下方に複数のクランプ装置を設けて、このクランプ装置により既設の鋼矢板をクランプすることによって反力を得て、チャック装置によりチャックした鋼矢板を圧入引抜シリンダによって地盤に圧入している。
【0003】
圧入される鋼矢板として種々のタイプが提供されており、わが国で広く普及しているものとして、U形鋼矢板がある(非特許文献1参照)。図32に示すように、U形鋼矢板31は、ほぼU形の断面形状を有しており、ウエブ31aの両端に所定の配置角度θを有するフランジ31bが連接されており、フランジ31bの開放端部に継手31cが形成されている。このU形鋼矢板31では、ウエブ31aが中立軸L1と平行に延びて、フランジ31bは継手ピッチ及び鋼矢板の型式により配置角度が変化することとなる。そして、継手31cを相互に噛合させて図33に示すように連続して圧入するものであり、圧入後の鋼矢板壁の中立軸L2上に継手31cが位置している。U形鋼矢板31の継手ピッチ38は、従来400mmのものが主流であり、その他に500mm,600mmのものが使用されており、近年700mmのものも提供されている。
・・・(略)・・・
【0005】
U形鋼矢板31を圧入する場合、図36,図38に示すように、既設のU形鋼矢板31のウエブ31aを鋼矢板圧入引抜機に装備した複数のクランプ装置32でクランプすることにより、鋼矢板圧入引抜機を既設のU形鋼矢板31上に定置させるとともに、圧入時の反力を得るようにしている。これはU形鋼矢板31のフランジ31bは継手ピッチ及び鋼矢板の型式により配置角度θが変化するため、同一のクランプ装置32で同一方向にクランプするにはU形鋼矢板31の中立軸L1と平行に延びるウエブ31aをクランプする必要があるためである。
【0006】
クランプ装置32は、固定クランプ爪33と可動クランプ爪34からなり、可動クランプ爪34をクランプシリンダ35によって、固定クランプ爪33に向けて伸長させることにより、固定クランプ爪33と可動クランプ爪34の間に既設のU形鋼矢板31のウエブ31aの上端部分を押圧して保持している。
・・・(略)・・・
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
従来の鋼矢板圧入引抜機は、図36,図39に示すようにクランプピッチ36,37,48,49が固定されているために、圧入するU形鋼矢板31やZ形鋼矢板41の継手ピッチ38,50が一定の範囲を超えて変化すると、即ち一定の範囲を超えて異なるサイズとなると対応できなくなり、クランプすることができなくなる。
【0010】
U形鋼矢板31の場合、図36に示すようにクランプピッチ36が400mm、クランプピッチ37が350mmの鋼矢板圧入引抜機を使用して、継手ピッチ38が400mmのU形鋼矢板31はクランプできるが、図37に示すように継手ピッチ38が500mmに拡大したU形鋼矢板31をクランプしようとすると、固定クランプ爪33と可動クランプ爪34がU形鋼矢板31のウエブ31aの範囲から逸脱してしまうため、クランプすることができなくなる。また、U形鋼矢板31のクランプ装置32は、図38に示すように押圧するクランプシリンダ35自体が可動クランプ爪34となっている。
・・・(略)・・・
【0012】
よって、従来はU形鋼矢板31とZ形鋼矢板41の継手ピッチが一定範囲を超えて変化すると、クランプ装置をそれぞれ継手ピッチに対応したサイズのものに交換する必要があり、又U形鋼矢板31とZ形鋼矢板41を同一の鋼矢板圧入引抜機を使用してクランプすることができなかった。
【0013】
一方、圧入する鋼矢板をチャックするチャック装置も、クランプ装置がU形鋼矢板とZ形鋼矢板の双方に対応するものではなかったため、双方の鋼矢板をチャックできるチャック装置は提供されていない。
【0014】
そこで本発明はこのような従来の鋼矢板圧入引抜機が有している課題を解決するため、圧入する鋼矢板の多様なサイズの継手ピッチに対応し得るとともに、U形鋼矢板及びZ形鋼矢板の双方に対応し得る汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0015】
本発明は上記課題を達成するために、固定クランプ爪と可動クランプ爪からなるクランプ爪を既設の鋼矢板の上端部に跨らせた状態で、クランプシリンダによって可動クランプ爪を固定クランプ爪に向けて伸長させることによりクランプする複数のクランプ装置と、圧入,引抜する鋼矢板を、固定チャック爪と可動チャック爪の間に挿通した状態でチャックシリンダによって可動チャック爪を固定チャック爪に向けて伸長させることによりチャックするチャック装置と、チャックした鋼矢板を圧入,引抜する圧入引抜シリンダを具備する鋼矢板圧入引抜機において、クランプ装置のクランプ爪を位置調節可能とした鋼矢板圧入引抜機を提供する。そして、複数のクランプシリンダの間隔を変更することなく、クランプ装置のクランプ爪を位置調節可能とする。
【0016】
更に、固定クランプ爪と可動クランプ爪からなるクランプ爪を既設の鋼矢板の上端部に跨らせた状態で、クランプシリンダによって可動クランプ爪を固定クランプ爪に向けて伸長させることによりクランプする構成を有する前部クランプ,中央クランプ及び後部クランプからなるクランプ装置と、圧入,引抜する鋼矢板を、固定チャック爪と可動チャック爪の間に挿通した状態でチャックシリンダによって可動チャック爪を固定チャック爪に向けて伸長させることによりチャックするチャック装置と、チャックした鋼矢板を圧入,引抜する圧入引抜シリンダを具備する鋼矢板圧入引抜機において、前部クランプ,中央クランプ及び後部クランプの各クランプ入替シリンダを伸縮させることにより、クランプする既設の鋼矢板の中立軸と直交する方向にレールに沿って各クランプ装置をスライド自在に構成し、レールの中心線に対して、前部クランプのクランプシリンダの作用中心線をチャック装置側へ、後部クランプのクランプシリンの作用中心線をチャック装置と反対側に一定距離ずらして構成し、前部クランプと後部クランプの位置を交換することにより、前部クランプ,中央クランプ及び後部クランプのクランプピッチを変更するとともに、クランプ装置のクランプ爪を位置調節可能とした鋼矢板圧入引抜機を提供する。
【0017】
そして、クランプ装置のクランプ爪を既設の鋼矢板の中立軸と平行な方向に移動可能とし、クランプ装置のクランプ爪を既設の鋼矢板の中立軸と平行な方向に移動可能とすることにより、複数のクランプ爪の間隔を変更する。複数のクランプ爪の間隔を変更することにより、多様な継手ピッチを有する鋼矢板の圧入,引抜作業を可能とした。
・・・(略)・・・
【発明の効果】
【0019】
本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機によれば、鋼矢板の継手ピッチのサイズが異なるため、そのままでは既設の鋼矢板としてクランプ装置でクランプすることができない場合であっても、複数のクランプシリンダの間隔を変更することなく、クランプ爪を既設の鋼矢板の中立軸と平行な方向に移動させることにより、複数のクランプ爪の間隔を変更して、継手ピッチのサイズが異なる鋼矢板を既設杭としてクランプすることが可能となる。さらに、前部クランプ,中央クランプ及び後部クランプからなるクランプ装置の前部クランプと後部クランプの位置を入れ替えて前部クランプ,中央クランプ及び後部クランプのクランプピッチを変更する手段を併用することによって、より広範囲で多様な継手ピッチサイズの鋼矢板に対応し得る。
【0020】
また、クランプ爪はZ形鋼矢板の継手部を包囲して収納する凹部を有するため、Z形鋼矢板とU形鋼矢板のいずれであっても既設杭としてクランプすることができ、更にチャック装置は、U形鋼矢板とZ形鋼矢板の双方をそれぞれ対称位置に挿通可能な挿通孔としたため、U形鋼矢板とZ形鋼矢板の双方を1台の鋼矢板圧入引抜機で圧入,引抜施工をすることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0021】
以下図面に基づいて本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機の最良の実施形態を説明する。図1は本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機1の側面図、図2はその平面図である。図において、1は鋼矢板圧入引抜機であって、2は台座、3は台座2の下部に配設されて、既設の鋼矢板をクランプして鋼矢板圧入引抜機1を定置するとともに、既設の鋼矢板から反力を得るためのクランプ装置である。このクランプ装置3は、複数のクランプから構成されるものであり、図示例では前部ランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cの3本のクランプから構成されている。なお、本実施形態で説明するU形鋼矢板31は、図32,図33に示す構成を、Z形鋼矢板41は図34,図35に示す構成と同一のものであり、同一の符号を付してその説明を省略する。
【0022】
Fは鋼矢板圧入引抜機1の直進方向を示す。台座2には鋼矢板圧入引抜機1の直進方向Fに沿ってスライドベース4が、圧入するU型鋼矢板の継手ピッチ以上、及びZ形鋼矢板の継手ピッチの2倍以上の距離を摺動自在に配備されている。このスライドベース4上には支持アーム5が縦軸を中心として回動自在に軸支され、この支持アーム5の前部に設けた軸受部6を中心として回動可能なガイドフレーム7が立設されている。このガイドフレーム7は、一端が支持アーム5に軸支された傾動シリンダ(図示略)の伸縮によって軸受部6を中心として傾動可能となっている。
【0023】
ガイドフレーム7には昇降体8が昇降自在に装着されている。該昇降体8の両側には左右一対の鋼矢板圧入引抜シリンダ9が取り付けられていて、この鋼矢板圧入引抜シリンダ9の一端が前記軸受部6に軸支されており、昇降体8を上下駆動するように構成されている。10は圧入,引抜作業をする鋼矢板をチャックするチャック装置であり、昇降体8の下方にあって該昇降体8に対して旋回自在に配備されている。これらの基本構成は公知の静荷重型の鋼矢板圧入引抜機と同様である。
【0024】
次に図3?図13に基づき、鋼矢板圧入引抜機1のクランプ装置3の構成を説明する。図3は前部クランプ3a又は後部クランプ3c近傍における要部縦断面図であり、クランプ入替シリンダ11が伸長することによりクランプ装置3が巾方向(図面において右側)に移動している。なお、図示においてクランプ装置3は、前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cの3個装備しているが、全て同一の構成とすることができる。
【0025】
図において、11はクランプ入替シリンダであり、一端が台座2に固定され、他端がクランプ装置3に固定してあり、このクランプ入替シリンダ11を伸縮動作させることにより、クランプ装置3は、レール26(図10参照)に沿ってクランプする既設の鋼矢板の中立軸(図33,図35参照)と直交する方向(鋼矢板圧入引抜機1の直進方向Fに対して直交する方向)にスライド自在に構成されている。図4はクランプ入替シリンダ11を縮小させてクランプ装置3を反対巾方向(図面において左側)に移動させた状態を示す要部縦断面図である。
・・・(略)・・・
【0032】
図10はクランプ装置3の配置構成を示す鋼矢板圧入引抜機1の側面図、図11はクランプ装置3の部分拡大側断面図である。前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cをクランプする既設の鋼矢板の中立軸(図33,図35参照)と直交する方向にスライドさせるためのレール26の中心線26aと、可動クランプ爪13を移動させるクランプシリンダ15の作用中心線15aとがクランプする既設の鋼矢板の中立軸(図33,図35参照)と平行な方向へ距離dだけずれる形状にして配置している。即ち、レール26の中心線26aに対して、前部クランプ3aのクランプシリンダ15の作用中心線15aをチャック装置10側へ、後部クランプ3cのクランプシリンダ15の作用中心線15aをチャック装置10と反対側に距離dだけずらして構成している。また、図10に示すように前部クランプ3aと後部クランプ3cとは垂直線に対して線対称の形状としてあり、前部クランプ3aと後部クランプ3cの位置を入替えることにより前部クランプ3aと中央クランプ3b間及び中央クランプ3bと後部クランプ3c間の距離(クランプピッチ)を変化させることが可能となる。
・・・(略)・・・
【0037】
図15,図16はチャック装置10で、U形鋼矢板31をチャックする状態を示しており、図15のフランジ31bが下方に位置する状態であっても、図16のフランジ31bが上方に位置する状態であっても挿通可能であり、U形鋼矢板31を対象位置に挿通してチャックすることができる。また、図17,図18はチャック装置10で、Z形鋼矢板41をチャックする状態を示しており、図17,図18に示すようにフランジ41bを相互に反転させた対称位置に挿通してチャックすることができる。これらの構成により、圧入,引抜作業を行う次のU形鋼矢板31或いはZ形鋼矢板41を挿通孔51に挿通してチャックする際に、チャック装置10の旋回動作を少なくすることができ、圧入,引抜作業を効率的に行うことができる。
・・・(略)・・・
【0042】
図23は、U形鋼矢板31を圧入施工する施工状態を示すものであり、(A)は相互に継手31cを噛合して圧入されている既設のU形鋼矢板31e,31f,31g,31hの内、U形鋼矢板31f,31g,31hの各ウエブ31aをそれぞれ前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cでクランプし、圧入する1枚目のU形鋼矢板31iを圧入終了後、スライドベース4を伸長させて圧入する2枚目のU形鋼矢板31jをチャック装置10でチャックして圧入作業をしている状態である。
【0043】
図23(A)に示すように、2枚目のU形鋼矢板31jを充分な支持力が得られるまで圧入した後に、図23(B)に示すように、前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cを開放し、昇降体8を上昇させて、鋼矢板圧入引抜機1を上昇させる。このとき、自走補助ローラ装置61の自走補助シリンダ61bを伸長させて、自走補助ローラ61aを下降させて既設のU形鋼矢板31eの上端部を押圧した状態で行う。これにより、鋼矢板圧入引抜機1は安定した状態で圧入作業中のU形鋼矢板31jに支持される。
【0044】
次に、図23(B)に示す状態から図23(C)に示すように、1枚の既設のU形鋼矢板31の継手ピッチ長さだけスライドベース4を前方に移動させる。そして、図23(C)に示す状態から、自走補助ローラ装置61の自走補助シリンダ61bを上昇させて自走補助ローラ61aを上昇させながら、昇降体8を下降させ、鋼矢板圧入引抜機1を下降させて、既設のU形鋼矢板31g,31h,31iのそれぞれのウエブ31aを前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cでクランプする。その後U形鋼矢板31jの圧入作業を完了させ、スライドベース4を1枚のU形鋼矢板31の継手ピッチ長さ分前方に移動させ、次のU形鋼矢板をチャックして圧入作業を行う。以後順次この動作を繰り返すことにより、既設のU形鋼矢板31上を自走しながら、圧入作業を行うことができる。
・・・(略)・・・
【0046】
そして、本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機1のクランプ装置3が多様な継手ピッチサイズのU形鋼矢板31及びZ形鋼矢板41をクランプできることを具体的に説明する。図24はU形鋼矢板31又はZ形鋼矢板41の継手ピッチ670mm,675mm,700mmに対応可能なクランプ装置3の位置関係を示す平面説明図、図25は側面説明図である。前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cのクランプシリンダ15のクランプピッチ65(作用中心間距離)が660mmになるように構成している。そして、前部クランプ3aの固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13はクランプする既設のU形鋼矢板31又はZ形鋼矢板41の中立軸(図33,図35参照)と平行に前方(チャック装置10側)に25mm移動させ、後部クランプ3cは同様に後方(チャック装置10と反対方向)へ25mm移動させるている。これにより、前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cのクランプ爪25(固定クランプ爪12+可動クランプ爪13)のクランプ爪ピッチ66(クランプ爪25の中心間距離)が685mmになる。よって、図25に示すように、前部クランプ3aからは前方にオフセットした可動クランプ爪13が視認され、後部クランプ3cからは後方にオフセットした可動クランプ爪13が視認される状態となる。
・・・(略)・・・
【0050】
図28は、U形鋼矢板31又はZ形鋼矢板41の継手ピッチ575mm,580mmに対応可能なクランプ装置3の位置関係を示す平面説明図、図29は側面説明図である。この場合は、前部クランプ3aと後部クランプ3cを入れ替えて、前方(チャック装置10側)に後部クランプ3cを、後方に前部クランプ3aを配備し、中央にはそのまま中央クランプ3bを配備する。これにより前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cのクランプシリンダ15のクランプピッチ65(作用中心間距離)を560mmに変更することができる。そして、後方に配備されている前部クランプ3aの固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13はクランプする既設のU形鋼矢板31又はZ形鋼矢板41の中立軸(図33,図35参照)と平行に後方(チャック装置10と反対方向)に25mm移動させ、前方に配備されている後部クランプ3cは前方(チャック装置10側)へ25mm移動させるている。これにより、前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cのクランプ爪25(固定クランプ爪12+可動クランプ爪13)のクランプ爪ピッチ66(クランプ爪25の中心間距離)が585mmになる。
【0051】
よって、図29に示すように、クランプ3aとクランプ3cの位置が入れ替わり、クランプ3aがチャック装置10と反対方向の後部に、クランプ3cがチャック装置10方向の前方に位置している。また、クランプ3aからは後方にオフセットした可動クランプ爪13が視認され、クランプ3cからは前方にオフセットした可動クランプ爪13が視認される状態となる。
【0052】
クランプするU形鋼矢板31又はZ形鋼矢板41の継手ピッチを575mm,580mmとすればクランプ爪25の中心部とU形鋼矢板31又はZ形鋼矢板41継手ピッチのずれが最大10mmとなり、U形鋼矢板31の場合はウエブ31aの範囲に収まり、Z形鋼矢板41の場合にも継手41cが凹部16,17内に収まるとともに相互に噛合した2枚のフランジ41bの範囲に収まるため、これらの継手ピッチを有するU形鋼矢板31又はZ形鋼矢板41を同一の鋼矢板圧入引抜機1で汎用的にクランプすることができる。チャック装置10の挿通孔51のサイズを選択することは図24,図25に示す場合と同様である。
【0053】
このように、前記した実施例によれば、継手ピッチが600mm,700mmのU形鋼矢板31や、継手ピッチが575mm,580mm,630mm,670mm,675mm,700mmのZ形鋼矢板41を1台の鋼矢板圧入引抜機1にてクランプすることができるとともに、チャックすることができて、圧入,引抜作業を行うことができる。また、固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更することにより、更に広範囲の継手ピッチにも対応することが可能であり、現在使用されている継手ピッチが400mm,500mmのU形鋼矢板31やその他の継手ピッチのU形鋼矢板31やZ形鋼矢板41を施工することも可能である。なお、本発明は、U形鋼矢板31やZ形鋼矢板41に特に効果を発揮するが、ハット形鋼矢板や他の形状の鋼矢板への適用も可能であり、特にクランプ装置3はそのまま適用することが可能である。」

また、段落【0023】の記載を踏まえると、図1から、チャック装置10は昇降体8の下方に形成されたチャックフレーム内に旋回自在に装備されていることが見て取れる。さらに、図10から、複数のレール26が台座2の下面に形成されていることが見て取れる。
加えて、段落【0032】及び図10、11から、複数のクランプの形状が異なっていること、段落【0032】及び図10、11、24、25、28、29から、複数のレール26のピッチが異なっていること、段落【0042】?【0044】及び図23から、既設のU形鋼矢板の先頭を前部クランプ3aでクランプしていることがそれぞれ理解できる。

(2)甲第1号証に記載の発明の認定
甲第1号証には、上記(1)で摘記した段落【0042】?【0044】及び図23から、U形鋼矢板を圧入作業するときに、既設のU形鋼矢板の先頭をクランプ装置3のクランプでクランプしていることが記載されていると認められるので、同段落【0046】に記載の継手ピッチが700mmのU形鋼矢板に関する実施例においては、既設のU形鋼矢板の先頭をクランプしていると解することができる。
そうすると、甲第1号証には、上記(1)で摘記した事項及び図示内容からみて、次の発明(以下「甲1発明」という。)が記載されていると認められる。

「下方にクランプ装置3を配設した台座2と、台座2上に摺動自在に配備されたスライドベース4と、スライドベース4上には支持アーム5が縦軸を中心として回動自在に軸支され、この支持アーム5に立設されたガイドフレーム7と、該ガイドフレーム7に昇降自在に装着されて鋼矢板圧入引抜シリンダ9が取り付けられた昇降体8と、昇降体8の下方に形成されたチャックフレーム内に旋回自在に装備されるとともにU形鋼矢板を挿通してチャック可能なチャック装置10とを具備してなる鋼矢板圧入引抜機において、前記クランプ装置3は、台座2の下面に形成した複数のレール26に、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU形鋼矢板の上端部に跨ってクランプする複数のクランプを組み替え可能に装備するとともに、複数のレール26のピッチ及び複数のクランプの形状を異ならしめてなり、前記既設のU形鋼矢板の継手ピッチに応じて、レールとクランプを組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU形鋼矢板の継手ピッチが600mm,700mmのいずれであっても前記既設のU形鋼矢板をクランプ可能とし、既設のU形鋼矢板の継手ピッチが700mmにおいてはその先頭のU形鋼矢板をクランプする、鋼矢板圧入引抜機。」

2 甲第5号証について
(1)甲第5号証に記載された事項
請求人が無効理由に係る証拠として、公然実施発明の内容を明らかにするために提出した甲第5号証には、次の事項が記載されている。
ア 表紙には、「TILT PILER WP-100 取扱説明書」「KOWAN」及び「平成17年10月版 31号機?」と記載されている。また、最終頁には、「株式会社コーワン」と記載されている。
イ 第1頁(最下部の頁情報による。以下同様。)第2行には、「鋼矢板圧入・引抜機『TILT PILER』」と記載されている。
ウ 第30頁の「(1)機械外部の名称」の図、及び、第31頁の「(2)本体機能の名称」の図から、次の構成が見て取れる。
(ア)「サドル」の下部に3個の「クランプ」が配設されている。
(イ)「サドル」の上に「スライドベース」が配備されており、その上方には「リーダーマスト」が立設されいる。
(ウ)「リーダーマスト」には、「圧入引抜シリンダー」が取り付けられた「チャックフレーム」が装備されている。
(エ)「チャックフレーム」には「チャック本体」が備えられている。
エ 第59頁には、「本体自走要領」に関する説明が図とともに記載されており、当該記載からは、「クランプ」により既設の矢板がクランプされ、「チャック本体」に圧入する矢板が挿通されチャックされていることが理解できる。
オ 第68頁第1行には「11.クランプの組替え」と記載されており、同第2行には「(1)600mm・500mm鋼矢板施工時のクランプの状態」と記載されており、その下方には、「600mm鋼矢板施工時」とその状態を示す図、及び、「500mm鋼矢板施工時」とその状態を示す図が記載されており、続く第69頁には「WP-100はNo.1クランプを追加して購入することによって400mmの鋼矢板も施工することが出来ます。」「圧入する矢板の手前の矢板はクランプすることが出来ません。施工時に圧入する矢板の手前の矢板が共上がり、共下がりすることがありますので、圧入する矢板の手前の矢板とクランプしている矢板を溶接止めして下さい。」と記載されている。また、「600mm鋼矢板施工時」の状態を示す図面と「500mm鋼矢板施工時」の状態を示す図面から、「No.1クランプ」「No.2クランプ」「No.3クランプ」が備えられており、それらは形状が異なっており、「600mm鋼矢板施工時」と「500mm鋼矢板施工時」とではそれらの配置が異なっていることが見て取れる。
カ 第70?74頁には、「(2)クランプ組替え手順」の説明が図とともに記載されており、上記ウ(第30、31頁の図)を参酌するとそれらの記載から、サドルの下面に複数のクランプガイドが装備されており、そのクランプガイドにクランプが装備されていることが理解できる。また、第30、31、68、69、70、71頁の図から、クランプガイドのピッチが異なっていることが見て取れる。

(2)甲第5号証に係る公然実施発明の認定
ア 「TILT PILER WP-100」は、上記(1)ア及びイから「鋼矢板圧入・引抜機」であると認められるので、鋼矢板圧入・引抜機に関する技術常識(例えば甲第1号証を参照。)を踏まえると、上記(1)ウ及びエで示した構成に加えて、次の構成を備えるものであると解される。
(ア)「スライドベース」は「サドル」上にスライド自在に配備されている。
(イ)「リーダーマスト」は「スライドベース」の上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されており、ガイドフレームを備えている。
(ウ)「チャックフレーム」は「リーダーマスト」に備えたガイドフレームに昇降自在に装着された「圧入引抜シリンダー」が取り付けられた昇降体の下方に形成されている。
(エ)「チャック本体」は「チャックフレーム」内に旋回自在に装備されるとともに鋼矢板を挿通してチャック可能な構成である。
イ 鋼矢板に関する技術常識(例えば甲第1号証を参照。)を踏まえると、上記(1)オで摘記した「600mm鋼矢板」「500mm鋼矢板」「400mm鋼矢板」は、U型の鋼矢板であり、相互に継手を噛合させて圧入されるものであると解される。
ウ 上記(1)オ及び上記ア、イから、「クランプ」は、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU型の鋼矢板の上端部に跨ってクランプする複数の「クランプ」を組み替え可能に装備されており、複数のクランプガイドのピッチ及び複数のクランプ部材の形状が異なっている。
エ 甲第5号証に記載されている鋼矢板圧入・引抜機「TILT PILER WP-100」は、上記(1)に記載された事項及び図示内容、及び、上記アないしウからみて、次の発明(以下「甲5発明」という。)が開示されていると認められる。

「下方にクランプを配設したサドルと、サドル上にスライド自在に配備されたスライドベースの上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されたガイドフレームと、該ガイドフレームに昇降自在に装着されて圧入引抜シリンダーが取り付けられた昇降体と、昇降体の下方に形成されたチャックフレームと、チャックフレーム内に旋回自在に装備されるとともにU型の鋼矢板を挿通してチャック可能なチャック本体とを具備してなる鋼矢板圧入・引抜機において、
前記クランプは、サドルの下面に形成した複数のクランプガイドに、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU型の鋼矢板の上端部に跨ってクランプする複数のクランプを組み替え可能に装備するとともに、複数のクランプガイドのピッチ及び複数のクランプ部材の形状を異ならしめてなり、
前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能とするとともに、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mmであっても前記既設のU型の鋼矢板を先頭からではないがクランプ可能とした、鋼矢板圧入・引抜機。」

3 甲第2号証について
請求人が無効理由に係る証拠として提出した、本件出願前に頒布された甲第2号証には、次の事項が記載されている。
「圧入途中の矢板Bと連繋される最外端の矢板Aには圧入矢板Bと共に共下りしようとするが、基板1の挾着具3により挾持され、しかも圧入圧力により上方へ引かれるため共下りすることがない。」(2頁3欄13?16行)

4 甲第3号証について
請求人が無効理由に係る証拠として提出した、本件出願前に頒布された甲第3号証には、次の事項が記載されている。
「このように本実施例では、クランプが既設杭を掴んでいるため、杭圧入時の共下がり減少を防止すると共に、・・・」(明細書9頁4?6行)

5 甲第4号証について
請求人が無効理由に係る証拠として提出した、本件出願前に頒布された甲第4号証には、次の事項が記載されている。
「・・・また従来の手段によるときは、杭押込みに際しては押込む杭と既に押込んだ杭との間にセクシヨン抵抗が発生し軟弱な地層にては2枚同時に下るという現象が発生していたが、本案装置によれば埋設杭をつかんで共下りを防止する事が出来る。」(明細書3頁10?15行)

6 甲第14号証について
請求人が無効理由に係る証拠として提出した、本件出願前に頒布された甲第14号証には、次の事項が記載されている。
「本考案は連続杭の共下り防止装置に関する。・・・その防止としては、共下りを防止したい杭と既設杭とを溶接して固定していたが、手間と時間がかかるのみでなく、溶接ピースのあと始末が大変である欠点があつた。」(明細書1頁14行?2頁1行)

7 甲第15号証について
請求人が無効理由に係る証拠として提出した、本件出願前に頒布された甲第15号証には、次の事項が記載されている。
「【0003】
このような鋼矢板の打ち込みの際に、噛み込んでいるグリップ41g,42gに大きな摩擦抵抗が作用する。そして、この摩擦抵抗により、前段に打設された鋼矢板41やさらにその前段に打設された鋼矢板41が新たな鋼矢板42に引っ張られて、共下がりすることがある。この共下がりを防止するため、従来では、既設の鋼矢板41,42・・・の連結部分を溶接している。すなわち、隣接している鋼矢板41,42・・・におけるグリップ41g,41g・・・の噛み込み部分を上端部から下方に向かって所定長さ溶接することにより、鋼矢板41,41・・・を相互の結合状態として、摩擦抵抗に対応させている。図4における符号43は、この摩擦部分を示す。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
既設の鋼矢板41,41・・・を溶接した溶接部分43は再利用できないところから、杭壁の完了後にガス切断して除去する必要がある。この溶接部分43の除去により鋼矢板が短くなるため、短縮した分を補強する補修作業を行っている。従って、従来では杭壁構築の作業が多段階となって、作業が面倒である問題を有している。また、鋼矢板の溶接およびその溶接部分の除去は、施工現場で行われるため、雨天などの悪天候下では、これらの作業が出来ず、不便であると共に、工期が延びる原因ともなっている。」

第6 無効理由1(サポート要件違反)の検討
1 本件発明1について
本件発明1は、上記第2の1の請求項1に記載された事項から特定されるものであって、請求人の主張に沿って分説すると次のとおりである。

A:下方にクランプ装置を配設した台座と、
B:台座上にスライド自在に配備されたスライドベースの上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されたガイドフレームと、
C:該ガイドフレームに昇降自在に装着されて鋼矢板圧入引抜シリンダが取り付けられた昇降体と、
D:昇降体の下方に形成されたチャックフレームと、
E:チャックフレーム内に旋回自在に装備されるとともにU型の鋼矢板を挿通してチャック可能なチャック装置とを具備してなる鋼矢板圧入引抜機において、
F:前記クランプ装置は、台座の下面に形成した複数のクランプガイドに、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU型の鋼矢板の上端部に跨ってクランプする複数のクランプ部材を組み替え可能に装備するとともに、
G:複数のクランプガイドのピッチ及び複数のクランプ部材の形状を異ならしめてなり、
H:前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたことを特徴とする
I:鋼矢板圧入引抜機。

そして、本件発明1の構成要件AないしE、I(鋼矢板圧入引抜機の構成)については、上記第2の2で摘記した本件明細書の段落【0038】ないし【0041】に記載されている。
また、本件発明1の構成要件FないしH(クランプ装置の構成)については、上記第2の2で摘記した本件明細書の段落【0052】ないし【0059】に記載されている。
以上のとおりであるから、本件発明1は、本件明細書の発明の詳細な説明に記載されたものであるので、特許法第36条第6項第1号に規定する要件(サポート要件)を満たしている。

2 本件発明2、3、8及び9について
本件発明2、3、8及び9は、上記第2の1の請求項2、3、8及び9に記載された事項から特定されるものであって、本件発明1を直接又は間接的に引用し、構成要件を加えて限定するものであるが、それぞれの発明で特定(限定)した構成要件についても、上記第2の2で摘記した本件明細書の段落【0052】ないし【0064】に記載されているから、特許法第36条第6項第1号に規定する要件(サポート要件)を満たしている。

3 請求人の主張について
(1)請求人は、「クランプ装置寸法差問題」(一定寸法範囲を超えた継手ピッチの寸法差を有するU形の鋼矢板をクランプ装置にてクランプできないこと)を解決するための、本件発明の「前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」は、本件明細書に記載された従来技術、及び、周知技術にすぎないから、当業者は、本件発明により「クランプ装置寸法差問題」を解決できると認識することはできない、又は、当業者は、当該従来技術では解決できなかった課題を解決するための本件発明について、いかなる場合に課題に直面するかを理解することはできないので、特許法第36条第6項第1号に規定する要件(サポート要件)を満たしていない旨主張する。

しかしながら、請求人の主張は以下のとおり採用できない。
ア 本件明細書には、「その理由の第1は、作業する鋼矢板15をチャックして圧入するためのチャック装置を、最大寸法の継手ピッチ19を有する鋼矢板15をチャックして旋回できるように構成する必要があるため、一定寸法範囲を超えた最小寸法の継手ピッチを有する鋼矢板15を同一のチャック装置を使用してチャックすると、具体的には図11に示す鋼矢板15において、継手ピッチ19が600mmの鋼矢板15をチャック可能なチャック装置で、継手ピッチ19が400mmの鋼矢板15をチャックして圧入・引抜作業を行おうとすると、チャック装置が鋼矢板圧入引抜機の他の部材と干渉して、既設の鋼矢板の内、クランプ装置でクランプした先頭の鋼矢板の開放された継手に噛合させる位置に設置することができないためである。」(【0008】)、「その理由の第2は、鋼矢板圧入引抜機を既設の鋼矢板に自立させるとともに、既設の鋼矢板から反力を得るために既設の鋼矢板をクランプするクランプ装置が一定寸法範囲を超えた継手ピッチの寸法差を有する鋼矢板に対応してクランプできないためである。」(【0009】)、及び、「そこで本発明はこのような従来の鋼矢板圧入引抜機が有している課題を解決し、多様な継手ピッチの鋼矢板に対応可能な汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法を提供することを目的とする。」(【0028】)と記載されているように、チャック装置に係る課題の他に、既設の鋼矢板をクランプするクランプ装置が一定寸法範囲を超えた継手ピッチの寸法差を有する鋼矢板に対応してクランプできないことを課題(クランプ装置に係る課題)とし、その課題を解決し、多様な継手ピッチの鋼矢板に対応可能な汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法を提供することを目的とすることが記載されていると認められる。
イ そして、そのようなクランプ装置に係る課題を解決する手段として、上記1で述べたように、本件明細書の段落【0052】?【0059】には、鋼矢板の継手ピッチが400mm、500mm、600mmのいずれであっても既設の鋼矢板の先頭からクランプ可能であるクランプ装置が具体的に記載されている。
ウ 以上のとおり、本件明細書には、クランプ装置に係る課題を認識し、その課題を解決する(手段を有する)クランプ装置を備えた鋼矢板圧入引抜機、すなわち本件発明1が記載されているといえる。
エ また、請求人は、本件発明の「前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」は、本件明細書に記載された従来技術、及び、周知技術にすぎないことを前提として、本件発明はサポート要件を満たしていない旨を主張するが、本件明細書には「既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」が従来技術として記載されておらず、また、周知技術であるとも認められない。甲第1号証及び甲第5号証には、先に認定したように、また後述するように、「既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」は、記載されておらず、提出された他の証拠からも、当該構成が本件出願前から周知であったとは認められない。本件明細書にも、「一定寸法範囲を超えた多様な継手ピッチの鋼矢板15、特には継手ピッチ19aが600mmの鋼矢板15aと、継手ピッチ19cが400mmの鋼矢板15cのように200mm程度以上の寸法差を有する鋼矢板15a,15cの双方を、クランプ装置3で既設の先頭の鋼矢板20a,20cをクランプし、かつ、先頭のクランプ部材3aが既設の先頭の鋼矢板20a1,20c1をクランプしている状態で、作業する鋼矢板15a,15cの継手18を既設の先頭の鋼矢板20a1,20c1の開放された継手18に噛合させて圧入作業する鋼矢板圧入引抜機は提供されていない。そのため従来は、それぞれ継手ピッチ19の寸法に応じた専用の鋼矢板圧入引抜機を準備する必要があり、汎用性に欠け、作業性が悪いばかりでなく、各現場に応じた迅速な対応・作業ができず経済性にも欠けていた。」(段落【0021】)と記載されている。

(2)請求人は、本件発明において、「組み替え」と「交換」の態様が二者択一的に存在していることを前提に、「クランプ部材」同士を「組み替え」対象とする解釈をした場合、本件明細書の実施例においては、継手ピッチが400mm、500mm、600mmのそれぞれをクランプする際に、「クランプ部材」同士の「組み替え」の対象とならない「クランプ部材」が存在しているから、本件明細書には、「クランプ部材」の「組み替え」により、継手ピッチが400mm、500mm、600mmのU形鋼矢板のいずれであってもクランプできる実施例が記載されておらず、また、このような「組み替え」の態様にて、これらU形鋼矢板のいずれについてもクランプできることを当業者が認識することもできないので、本件発明はサポート要件を満たしていない旨主張する。

しかしながら、本件発明は、「クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更すること」と特定されているとおり、「クランプ部材」を「交換」する態様を含むものであり、すなわち、継手ピッチが400mm、500mm、600mmのそれぞれをクランプする際に、「クランプ部材」同士の「組み替え」の対象とならない「クランプ部材」が存在していることも含むものであると解される。
よって、請求人の主張は、その前提に誤りがあるから、採用できない。

4 まとめ
以上のとおりであるから、本件発明1、2、3、8及び9は、請求人が主張する理由1(サポート要件違反)によって無効とすることはできない。

第7 無効理由2及び3(甲第1号証に基づく新規性進歩性欠如)の検討
1 本件発明1について
(1)本件発明1と甲1発明との対比
本件発明1と甲1発明とを対比すると、甲1発明の「摺動自在」は、本件発明1の「スライド自在」に相当し、同様に、「スライドベース4上には支持アーム5が縦軸を中心として回動自在に軸支され、この支持アーム5に立設されたガイドフレーム7」は「スライドベースの上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されたガイドフレーム」に、「レール26」は「クランプガイド」に、「クランプ」は「クランプ部材」に、それぞれ相当する。
また、本件発明1の「前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたこと」と、甲1発明の「前記既設のU形鋼矢板の継手ピッチが600mm,700mmのいずれであっても前記既設のU形鋼矢板の先頭からクランプ可能とし、既設のU形鋼矢板の継手ピッチが700mmにおいてはその先頭のU形鋼矢板をクランプする」こととは、「前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが異なるものであっても前記既設のU型の鋼矢板をクランプ可能とした」である点で共通する。

したがって、両者は、次の一致点で一致し、相違点で相違する。

(一致点)
「下方にクランプ装置を配設した台座と、台座上にスライド自在に配備されたスライドベースの上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されたガイドフレームと、該ガイドフレームに昇降自在に装着されて鋼矢板圧入引抜シリンダが取り付けられた昇降体と、昇降体の下方に形成されたチャックフレームと、チャックフレーム内に旋回自在に装備されるとともにU型の鋼矢板を挿通してチャック可能なチャック装置とを具備してなる鋼矢板圧入引抜機において、
前記クランプ装置は、台座の下面に形成した複数のクランプガイドに、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU型の鋼矢板の上端部に跨ってクランプする複数のクランプ部材を組み替え可能に装備するとともに、複数のクランプガイドのピッチ及び複数のクランプ部材の形状を異ならしめてなり、
前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが異なるものであっても前記既設のU型の鋼矢板をクランプ可能とした、鋼矢板圧入引抜機。」

(相違点1)
継手ピッチが異なるU型の鋼矢板をクランプする構成について、
本件発明1は、「前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能とした」のに対し、
甲1発明は、「前記既設のU形鋼矢板の継手ピッチが600mm,700mmのいずれであっても前記既設のU形鋼矢板をクランプ可能とし、既設のU形鋼矢板の継手ピッチが700mmにおいてはその先頭のU形鋼矢板をクランプする」点。

(2)相違点1に係る判断
甲第1号証には、段落【0001】に「本発明は、多様な継手ピッチサイズの鋼矢板に対応し得るとともに、U形鋼矢板及びZ形鋼矢板の双方に対応し得る汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機に関するものである。」、及び、段落【0014】に「そこで本発明はこのような従来の鋼矢板圧入引抜機が有している課題を解決するため、圧入する鋼矢板の多様なサイズの継手ピッチに対応し得るとともに、U形鋼矢板及びZ形鋼矢板の双方に対応し得る汎用性を有する鋼矢板圧入引抜機を提供することを目的とする。」と、鋼矢板圧入引抜機において、鋼矢板の多様なサイズの継手ピッチに対応するとの目的(課題)が記載されていると認められるが、本件発明のように「一定寸法範囲を超えた継手ピッチの寸法差を有する鋼矢板に対応してクランプできない」(本件明細書の段落【0009】)との課題は記載されていない。
また、甲第1号証には、実施例として、段落【0046】に「そして、本発明にかかる鋼矢板圧入引抜機1のクランプ装置3が多様な継手ピッチサイズのU形鋼矢板31及びZ形鋼矢板41をクランプできることを具体的に説明する。・・・前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cのクランプシリンダ15のクランプピッチ65(作用中心間距離)が660mmになるように構成している。」、及び、段落【0050】に「前部クランプ3aと後部クランプ3cを入れ替えて、前方(チャック装置10側)に後部クランプ3cを、後方に前部クランプ3aを配備し、中央にはそのまま中央クランプ3bを配備する。これにより前部クランプ3a,中央クランプ3b,後部クランプ3cのクランプシリンダ15のクランプピッチ65(作用中心間距離)を560mmに変更することができる。」と、クランプピッチを660mmから560mmに変更できることが記載されているにとどまる。そして、段落【0042】?【0044】及び図23には、既設の矢板の先頭をクランプすることが記載されているが、当該段落【0042】?【0044】及び上記段落【0050】を含む本件明細書には、クランプピッチを変更した場合に既設の矢板の先頭をクランプすることについては記載されていない。
さらに、甲第1号証の段落【0053】には、「このように、前記した実施例によれば、継手ピッチが600mm,700mmのU形鋼矢板31や、継手ピッチが575mm,580mm,630mm,670mm,675mm,700mmのZ形鋼矢板41を1台の鋼矢板圧入引抜機1にてクランプすることができるとともに、チャックすることができて、圧入,引抜作業を行うことができる。また、固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更することにより、更に広範囲の継手ピッチにも対応することが可能であり、現在使用されている継手ピッチが400mm,500mmのU形鋼矢板31やその他の継手ピッチのU形鋼矢板31やZ形鋼矢板41を施工することも可能である。」と記載されているが、当該記載からは、固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更することにより、継手ピッチが400mm,500mmのU形鋼矢板を施工することが可能である鋼矢板圧入引抜機が開示されているとは認められるが、レール(クランプガイド)とクランプ(クランプ部材)を組み替えてクランプピッチを変更することによって、U形鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mm,700mmのいずれであっても既設のU形鋼矢板の先頭からクランプ可能とした鋼矢板圧入引抜機が開示されているとは認められない。
加えて、甲第2ないし4号証には、上記第5の3ないし5にそれぞれ摘記したように、圧入作業を行っている矢板や杭が既設の矢板や杭を押し下げる「共下り」を防止することが記載されているが、本件発明1の相違点1に係る構成は何ら記載も示唆もされていない。
よって、上記相違点1は、甲第1号証に記載又は示唆されているとはいえず、また、甲第2ないし4号証に記載された事項を適用して当業者が容易に想到し得たものともいえない。

(3)請求人の主張について
請求人は、甲第1号証の段落【0053】には、U形鋼矢板の継手ピッチ400mm,500mmその他にも対応するために、「固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更する」とのみ記載されているが、固定クランプ爪や可動クランプ爪の調整ではクランプピッチを微調整することしかできず、あらゆるサイズの継手ピッチのU形鋼矢板をクランプすることは不可能であるので、あらゆるサイズの継手ピッチのU形鋼矢板をクランプするためには、固定クランプ爪や可動クランプ爪を調整する前提として、クランプピッチ自体を変更する必要があることは、段落【0019】に記載されているので、甲第1号証の段落【0053】における「固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更する」との記載は、レールに取り付けるクランプ部材を他の形状のものに組み替えることを当然の前提としている、よって、甲第1号証には、既設のU形の鋼矢板の継手ピッチに応じて、レールとクランプとを組み替えてクランプピッチを変更することによって、既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mm,700mmその他のいずれであっても既設のU形の鋼矢板の先頭からクランプ可能であることが開示されている旨主張する。

しかしながら、請求人の上記主張は、以下のとおり採用できない。
甲第1号証の段落【0053】の記載からは、上記したように、固定クランプ爪12及び可動クランプ爪13の移動量やサイズを変更することにより、継手ピッチが400mm,500mmのU形鋼矢板31を施工することが可能であることが開示されているに過ぎず、段落【0019】の「前部クランプ,中央クランプ及び後部クランプからなるクランプ装置の前部クランプと後部クランプの位置を入れ替えて前部クランプ,中央クランプ及び後部クランプのクランプピッチを変更する手段を併用することによって、より広範囲で多様な継手ピッチサイズの鋼矢板に対応し得る。」との記載を考慮したとしても、クランプを入れ替えてクランプピッチを変更することによって、継手ピッチが400mm,500mmのいずれであっても既設のU形鋼矢板をクランプ可能としたことが示唆されているといえるまでであって、既設のU形の鋼矢板の継手ピッチが400mm,500mm,600mm,700mmその他のいずれであっても既設のU形の鋼矢板の先頭からクランプ可能であることが開示されているとは認められない。
そもそも上記(2)で述べたように、甲第1号証には、クランプピッチを変更した場合に既設の矢板の先頭をクランプすることについては記載されていない。

(4)まとめ
よって、本件発明1は、甲第1号証に記載された発明ではないから、特許法第29条第1項第3号に該当しない。また、本件発明1は、甲第1号証に記載された発明及び周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明できたものではないから、特許法第29条第2項の規定に該当しない。

2 本件発明2、3、8、9について
本件発明2、3、8、9は、本件発明1に従属し、本件発明1の発明特定事項をすべて含むものであるから、同様の理由により、甲第1号証に記載された発明ではなく、また、甲第1号証に記載された発明及び周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明できたものではないから、特許法第29条第1項第3号及び第2項に該当しない。

3 まとめ
以上のとおりであるから、本件発明1、2、3、8及び9は、請求人が主張する理由2及び3(甲第1号証に基づく新規性及び進歩性欠如)によって無効とすることはできない。

第8 無効理由4(公然実施発明(甲第5号証)に基づく進歩性欠如)の検討
1 公然に実施されたか否かについて
甲第5号証は、「TILT PILER WP-100」の「取扱説明書」であり、その表紙に「平成17年10月版 31号機?」、及び、最終頁に「株式会社コーワン」と記載されているから、「TILT PILER WP-100」は、平成17年10月には、被請求人によって製造・販売されていたものと認められる。このことは、被請求人も争っていない。
また、「TILT PILER WP-100」は、上記第5の2で説示したように、甲5発明が開示されていると認められる。
よって、甲5発明は、公然に実施された発明である。

2 本件発明1について
(1)本件発明1と甲5発明との対比
本件発明1と甲5発明とを対比すると、甲5発明の「クランプ」は、その構造及び機能からみて、本件発明1の「クランプ装置」、「クランプ部材」に相当し、同様に、「サドル」は「台座」に、「チャック本体」は「チャック装置」に、「鋼矢板圧入・引抜機」は「鋼矢板圧入引抜機」に、それぞれ相当する。
したがって、両者は、次の一致点で一致し、相違点Aで相違する。

(一致点)
「下方にクランプ装置を配設した台座と、台座上にスライド自在に配備されたスライドベースの上方にあって縦軸を中心として回動自在に立設されたガイドフレームと、該ガイドフレームに昇降自在に装着されて鋼矢板圧入引抜シリンダが取り付けられた昇降体と、昇降体の下方に形成されたチャックフレームと、チャックフレーム内に旋回自在に装備されるとともにU型の鋼矢板を挿通してチャック可能なチャック装置とを具備してなる鋼矢板圧入引抜機において、
前記クランプ装置は、台座の下面に形成した複数のクランプガイドに、相互に継手を噛合させて圧入した既設のU型の鋼矢板の上端部に跨ってクランプする複数のクランプ部材を組み替え可能に装備するとともに、複数のクランプガイドのピッチ及び複数のクランプ部材の形状を異ならしめてなり、
前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチに応じて、クランプガイドとクランプ部材を組み替えてクランプピッチを変更することによって、前記既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが500mm,600mmのいずれであっても前記既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能としたことを特徴とする鋼矢板圧入引抜機。」

(相違点A)
「既設のU型の鋼矢板の先頭からクランプ可能とした」構成について、
本件発明1は、「継手ピッチが400mm,500mm,600mmのいずれであっても」なのに対し、
甲5発明は、「継手ピッチが500mm,600mm」であって、「継手ピッチが400mm」のものは、既設のU型の鋼矢板をクランプ可能であるが先頭の鋼矢板をクランプするものではない点。

(2)相違点Aに係る判断
甲第5号証の第69頁に「WP-100はNo.1クランプを追加して購入することによって400mmの鋼矢板も施工することが出来ます。」「圧入する矢板の手前の矢板はクランプすることが出来ません。施工時に圧入する矢板の手前の矢板が共上がり、共下がりすることがありますので、圧入する矢板の手前の矢板とクランプしている矢板を溶接止めして下さい。」と記載されているから、既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mmであってもその先頭からクランプ可能とすることは阻害要因があるといえる。
また、甲第2ないし4号証には、上記第5の3ないし5にそれぞれ摘記したように、圧入作業を行っている矢板や杭が既設の矢板や杭を押し下げる「共下り」を防止することが記載されているが、本件発明1の相違点Aに係る構成は何ら記載も示唆もされていない。
さらに、甲第14及び15号証には、上記第5の6及び7にそれぞれ摘記したように、連続杭や鋼矢板の共下りの防止を、防止したい杭と既設杭とを溶接して固定していたが、手間と時間がかかり問題であることが記載されているが、本件発明1の相違点Aに係る構成は何ら記載も示唆もされていない。
よって、上記相違点Aは、甲第2ないし4号証に記載された事項、及び甲第14及び15号証に記載された事項を適用して当業者が容易に想到し得たものともいえない。

(3)請求人の主張について
請求人は、杭の圧入に関する技術分野において、本件特許の原出願日(平成22年4月22日)時に、圧入作業を行っている杭が既設の杭を押し下げる「共下がり」の発生を防止するという周知の課題が存在しており、かかる課題を解決するために、「共下がり」が最も発生しやすい既設の杭の先頭をクランプすることも周知の構成であったから、杭の圧入に関する技術分野の当業者において、「共下がり」問題を防止するという周知の課題を解決するために、既設の杭の先頭をクランプするという周知の構成を甲5発明に適用することは極めて容易であった旨主張する。

しかしながら、請求人の上記主張は、以下のとおり採用できない。
「共下がり」の発生を防止するという周知の課題が存在しており、かかる課題を解決するために、「共下がり」が最も発生しやすい既設の杭の先頭をクランプすることも周知の構成であったとしても、甲第5号証には、上記で述べたように、継手ピッチが400mmの場合は「圧入する矢板の手前の矢板はクランプすることが出来ません。」と記載されており、既設のU型の鋼矢板の継手ピッチが400mmについて先頭からクランプ可能とすることは阻害要因があるといえる。

(4)まとめ
よって、本件発明1は、甲5発明(公然実施発明)及び周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項、甲第14及び15号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明できたものではないから、特許法第29条第2項の規定に該当しない。

3 本件発明2、3、8、9について
本件発明2、3、8、9は、本件発明1に従属し、本件発明1の発明特定事項をすべて含むものであるから、同様の理由により、甲5発明(公然実施発明)及び周知技術(甲第2ないし4号証に記載された技術事項、甲第14及び15号証に記載された技術事項)に基いて、当業者が容易に発明できたものではないから、特許法第29条第2項の規定に該当しない。

4 まとめ
以上のとおりであるから、本件発明1、2、3、8及び9は、請求人が主張する理由4(公然実施発明(甲第5号証)に基づく進歩性欠如)によって無効とすることはできない。

第9 むすび
以上のとおり、上記第6ないし第8において検討したとおり、本件発明1、2、3、8及び9について、請求人の主張する無効理由1ないし4には無効とする理由がないから、その特許は無効とすべきものではない。
審判に関する費用については、特許法第169条第2項の規定で準用する民事訴訟法第61条の規定により、請求人が負担すべきものとする。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2018-01-10 
結審通知日 2018-01-12 
審決日 2018-01-24 
出願番号 特願2014-4293(P2014-4293)
審決分類 P 1 123・ 121- Y (E02D)
P 1 123・ 537- Y (E02D)
P 1 123・ 113- Y (E02D)
最終処分 不成立  
特許庁審判長 井上 博之
特許庁審判官 前川 慎喜
小野 忠悦
登録日 2015-06-19 
登録番号 特許第5763225号(P5763225)
発明の名称 鋼矢板圧入引抜機及び鋼矢板圧入引抜工法  
代理人 小松 陽一郎  
代理人 田中 幹人  
代理人 鈴木 守  
代理人 井上 義隆  
代理人 安井 友章  
代理人 加藤 真司  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ