• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部無効 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  A61H
審判 全部無効 2項進歩性  A61H
審判 全部無効 特36条4項詳細な説明の記載不備  A61H
管理番号 1357276
審判番号 無効2018-800017  
総通号数 241 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2020-01-31 
種別 無効の審決 
審判請求日 2018-02-16 
確定日 2019-11-26 
事件の表示 上記当事者間の特許第5209091号発明「マッサージ機」の特許無効審判事件について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。 審判費用は,請求人の負担とする。 
理由 第1 請求の趣旨
特許第5209091号発明の特許請求の範囲の請求項1から請求項4に記載された発明についての特許を無効とする。審判費用は被請求人の負担とする,との審決を求める。

第2 手続の経緯
本件特許第5209091号に係る出願(特願2011-157490号)は,平成14年6月3日に出願された特願2002-161896号の一部を平成20年1月31日に新たな特許出願とした特願2008-21138号の一部を平成23年7月19日に新たな特許出願としたものであって,その特許権の設定登録は,平成25年3月1日にされ,その後,請求人株式会社フジ医療器から特許無効審判が請求されたものである。
以下,請求以後の経緯を整理して示す。
平成30年 2月16日 審判請求
同年 4月27日 答弁書の提出
同年 5月25日付け 審理事項通知
同年 8月28日 口頭審理陳述要領書の提出(請求人より)
同年 8月28日 口頭審理陳述要領書の提出(被請求人より)
同年 9月 6日付け 審理事項通知
同年 9月11日 口頭審理の実施
同年 9月21日 上申書の提出(請求人より)
同年 9月21日 上申書の提出(被請求人より)

第3 本件発明
本件特許は,本件特許を対象とした無効2013-800091号(別件無効審判)の審決で,平成26年2月13日付け訂正請求書に添付された訂正明細書及び特許請求の範囲のとおり訂正することが認められ,その審決取消請求事件(知的財産高等裁判所平成26年(行ケ)第10154号)の請求棄却判決(甲第3号証)が確定したので,本件特許の請求項1ないし4に係る発明(以下,それぞれ請求項に対応して「本件発明1」?「本件発明4」などという。)は,上記訂正請求書に添付された特許請求の範囲の請求項1ないし4に記載された事項により特定される,次のとおりのものである(便宜上,請求人の分説に従って示す。以下付された符号に従って「構成要件A」のようにいう。)。

「【請求項1】
A.座部と,
B.マッサージ機能を有する複数の脚保持部材を脚の長さ方向に並べて成り,最先端の脚保持部材には足裏の押し当て面が設けられている脚載せ部と,
C.前記押し当て面に付与される脚の力に抗する力を前記脚載せ部に付与する抵抗付与手段と,を備え,
D.前記脚載せ部は,前記座部の前部に対して回動自在であり,
E.前記最先端の脚保持部材は,
E1.前記押し当て面と,
E2.足の側部に対向させる足側面と,
E3.左右方向における中央部に区画壁と,
E4.前記押し当て面に設けられ被施療者の足裏に押圧マッサージを施すエアセルと,
E5.前記足側面に設けられ被施療者の足の側部に押圧マッサージを施すエアセルと,を有し,
F.他の脚保持部材は,
F1.脚の側部に対向させる脚側面と,
F2.前記脚側面に設けられ被施療者の脚の側部に押圧マッサージを施すエアセルと,を有し,
G.前記脚載せ部は,前記最先端の脚保持部材および前記他の脚保持部材のそれぞれが前記座部の前部に対して脚の長さ方向に移動可能,かつ,前記最先端の脚保持部材の前記足側面に設けられた前記エアセルと前記他の脚保持部材の前記脚側面に設けられた前記エアセルとの距離が変化するように,脚の長さ方向に伸縮可能であり,
H.前記抵抗付与手段は,前記脚の力に抗する方向に前記最先端の脚保持部材を付勢する付勢手段であることを特徴とする
I.マッサージ機。
【請求項2】
J.座部と,
K.マッサージ機能を有する少なくとも3つの脚保持部材を脚の長さ方向に並べて成り,最先端の脚保持部材には足裏の押し当て面が設けられている脚載せ部と,
L.前記押し当て面に付与される脚の力に抗する力を前記脚載せ部に付与する抵抗付与手段と,を備え,
M.前記脚載せ部は,前記座部の前部に対して回動自在であり,
N.隣り合う前記脚保持部材の各離隔距離を脚の長さ方向にそれぞれ変更可能であり,
O.前記最先端の脚保持部材は,
O1.前記押し当て面と,
O2.足の側部に対向させる足側面と,
O3.左右方向における中央部に区画壁と,
O4.前記押し当て面に設けられ被施療者の足裏に押圧マッサージを施すエアセルと,
O5.前記足側面に設けられ被施療者の足の側部に押圧マッサージを施すエアセルと,を有し,
P.他の脚保持部材は,それぞれ
P1.脚の側部に対向させる脚側面と,
P2.前記脚側面に設けられ被施療者の脚の側部に押圧マッサージを施すエアセルと,を有し,
Q.前記脚載せ部は,前記最先端の脚保持部材の前記足側面に設けられた前記エアセルと前記他の脚保持部材の前記脚側面に設けられた前記エアセルとの距離が変化するように,脚の長さ方向に伸縮可能であり,
R.前記抵抗付与手段は,前記脚の力に抗する方向に前記最先端の脚保持部材を付勢する付勢手段であることを特徴とする
S.マッサージ機。
【請求項3】
T.前記脚載せ部の脚先側下端には,下向き状態にある前記脚載せ部が伸長すると床に接地する車輪が設けられ,
U.前記脚載せ部は,伸長しながら上方へ回動可能であることを特徴とする
V.請求項1又は2に記載のマッサージ機。
【請求項4】
W.前記他の脚保持部材は,左右方向における中央部に区画壁を有することを特徴とする
X.請求項2に記載のマッサージ機。」

第4 当事者が提出した証拠方法
1 請求人
甲第1号証:特許第5209091号公報
甲第2号証:平成26年2月13日付け意見書(審判事件(無効2013-800091)において通知された無効理由に対する意見書)
甲第3号証:知財高裁平成26年(行ケ)第10154号審決取消請求事件に係る平成27年4月23日付け判決
甲第4号証:特開2002-35067号公報
甲第5号証:国際公開01/78646号公報
甲第6号証:実公昭35-585号公報
甲第7号証:米国特許第4635999号公報
甲第8号証:実公平4-2591号公報
甲第9号証:特開昭62-133955号公報
甲第10号証:特開2002-65785号公報
以下,甲第4号証ないし甲第10号証として提出された文献を,それぞれ書証番号を用いて「甲4文献」,「甲5文献」などという。

2 被請求人
被請求人が提出した乙号証はない。

第5 請求人が主張する無効理由
1 無効理由1(実施可能要件違反)
本件発明1?4についての特許は,特許法第36条第4項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものであるから,同法第123条第1項第4号に該当する。

2 無効理由2(サポート要件違反)
本件発明1?4についての特許は,特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものであるから,同法第123条第1項第4号に該当する。

3 無効理由3(明確性要件違反)
本件発明1?4についての特許は,特許法第36条第6項第2号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものであるから,同法第123条第1項第4号に該当する。

4 無効理由4(進歩性の欠如)
本件発明1?4は,甲4文献ないし甲10文献に記載された発明ないし周知技術等に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって,本件発明1?4は,本件発明1?4についての特許は,特許法第123条第1項第2号に該当する。
具体的には,概ね次のような主張をしている(第1回口頭審理調書「請求人」欄の「3」参照)。
(1)本件発明1は,甲4文献に記載された発明及び甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。
(2)本件発明2は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲10文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。
(3)本件発明3(請求項1を引用)は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。
(4)本件発明3(請求項2を引用)は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,甲10文献に記載された発明,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。
(5)本件発明4は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲10文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。


第6 請求人の主張の概要
1 無効理由1(実施可能要件違反)(審判請求書26頁?28頁の「ウ(ア)」参照。)
本件発明1及び2における特許請求の範囲には,本件発明1における「最先端の脚保持部材」および「他の脚保持部材」が「それぞれ」「脚の長さ方向に移動可能」であり(構成要件G),本件発明2における「脚保持部材」の「各離隔距離」も「脚の長さ方向にそれぞれ変更可能」であると記載されている(構成要件N)ところ,本件発明1?4の効果は,マッサージ機を使用する被施療者の脚の長短に応じて微妙にずれる施療要所の位置に対して,単なる比例伸縮よりも正確に脚保持部材の位置を合致させて(【0030】),被施療者の脚の適切ないし好適な位置にエアセルを位置させる(意見書(甲2)6頁,18頁)というものであるから,前記特許請求の範囲に記載された「それぞれ」「移動可能」「それぞれ変更可能」は,被施療者によって微妙に異なる施療要所に対して,各脚保持部材に設けられたエアセルを比例伸縮よりも正確に合致させ得るように,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できることを意味するものと理解できる。
しかしながら,本件特許の発明の詳細な説明等に開示されている上記のような最先端の脚保持部材を付勢する抵抗付与手段を用いたリンク装置により各脚保持部材を比例的に伸縮させるのみの構成では,各脚保持部材は被施療者が脚を伸縮させるのと比例する所定の割合でしか移動させることができず,複数の脚保持部材をそれぞれ独立移動させて微妙に位置調整することは不可能である。すなわち,本件特許における発明の詳細な説明等に開示されている「他の脚保持部材51,52の位置調節を行うことなく」「脚を脚載せ部5に入れて第3脚保持部材53を押すだけ」という構成(【0031】)では,本件発明1?4の効果として発明の詳細な説明(甲1)が記載している「脚の長短に応じて微妙にずれる施療要所の位置に対して,単なる比例伸縮よりも正確に脚保持部材の位置を合致させることができる」(【0030】。下線部は請求人による。)という効果に至ることができず,特許請求の範囲に記載された「それぞれ」「移動可能」(構成要件G)や「それぞれ変更可能」(構成要件N)という各請求項に記載の発明を実施し得るに至らない。
したがって,本件特許の発明の詳細な説明等では,本件発明1?4の実施をすることができる程度に明確かつ十分な説明がなされておらず,実施可能性を欠く。

2 無効理由2(サポート要件違反)(審判請求書28頁?29頁の「ウ(イ)参照。」)
本件特許の発明の詳細な説明等は,本件発明1?4に係る具体的構成として,最先端の脚保持部材を付勢する抵抗付与手段を用いることにより,脚を脚載せ部に入れて脚保持部材を押すだけで(他の脚保持部材の位置調節を行うことなく),リンク装置が伸縮動作することに伴い各脚保持部材が比例的に伸縮するという構成のみ記載(【0029】【0031】【図4】【図6】【図7】)している。このため,当業者は,本件特許の発明の詳細な説明等の記載から,各脚保持部材が比例的に伸縮する構成を認識するにとどまる。
これに対して,本件特許の特許請求の範囲には,被施療者によって微妙に異なる施療要所に対して,各脚保持部材に設けられたエアセルを比例伸縮よりも正確に合致させ得るように,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できることを意味して「それぞれ」「移動可能」(構成要件G)や「それぞれ変更可能」(構成要件N)と記載されている。
したがって,本件発明1?4は,発明の詳細な説明等に記載されたものではなく,同発明の詳細な説明等に記載された範囲を超えるものである。

3 無効理由3(明確性要件違反)(審判請求書29頁?30頁の「ウ(ウ)」参照。)
本件特許の特許請求の範囲には,「最先端の脚保持部材」および「他の脚保持部材」が「それぞれ」「脚の長さ方向に移動可能」であり(構成要件G),「脚保持部材」の「各離隔距離」も「脚の長さ方向にそれぞれ変更可能」である(構成要件N)と記載されているが,具体的に脚保持部材や各離隔距離がどのように「それぞれ」「移動可能」「それぞれ変更可能」なのか不明確である。その点,発明の詳細な説明等をも参酌するならば,特許請求の範囲に記載された同「それぞれ」「移動可能」「それぞれ変更可能」は,被施療者によって微妙に異なる施療要所に対して,各脚保持部材に設けられたエアセルを比例伸縮よりも正確に合致させ得るように,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できることを意味するものと理解することも可能となる。
ところが,そのように解すると,本件特許の発明の詳細な説明等が,本件発明1?4に係る具体的構成として,最先端の脚保持部材を付勢する抵抗付与手段を用いることにより,脚を脚載せ部に入れて脚保持部材を押すだけで(他の脚保持部材の位置調節を行うことなく),リンク装置が伸縮動作することに伴い各脚保持部材が比例的に伸縮するという構成のみ記載(【0029】【0031】【図4】【図6】【図7】)していることとの間に矛盾や齟齬が生じてしまうことになり,特許を受けるべく特許請求の範囲に記載された発明の内容が著しく不明確となってしまう。すなわち,仮に,本件特許の発明の詳細な説明等に記載された実施可能な構成の範囲内にて本件発明1?4を理解しようとするならば,その特許請求の範囲に記載されている「最先端の脚保持部材」および「他の脚保持部材」が「それぞれ」「脚の長さ方向に移動可能」であり(構成要件G),「脚保持部材」の「各離隔距離」も「脚の長さ方向にそれぞれ変更可能」である(構成要件N)という構成要件,及び発明の詳細な説明(甲1)に記載されている「脚の長短に応じて微妙にずれる施療要所の位置に対して,単なる比例伸縮よりも正確に脚保持部材の位置を合致させることができる」との説明(【0030】)の意味や関係性等が矛盾してしまい,理解できない不明確なものとなってしまう。
したがって,本件発明1?4は,明確ではない。

4 無効理由4(進歩性の欠如)(審判請求書30頁?90頁の「(4-2)」参照。)
(1)各文献に記載された本件発明に対応する構成要件
ア 甲4文献に記載された本件発明に対応する構成要件
(ア)本件発明1の構成要件A,B,DないしG及びI
(イ)本件発明2の構成要件J,MないしQ,及びS
(ウ)本件発明3の構成要件U,V
(エ)本件発明4の構成要件W,X

イ 甲5文献に記載された本件発明に対応する構成要件
(ア)本件発明1の構成要件AないしE1,E4,F,H,I
(イ)本件発明2の構成要件J,L,M,O,O1,O4,P,R,S
(ウ)本件発明3の構成要件U,V
(エ)本件発明4の構成要件X

ウ 甲6文献に記載された本件発明に対応する構成要件
(ア)本件発明1の構成要件AないしE1,F,H,I
(イ)本件発明2の構成要件J,L,M,O,O1,P,R,S
(ウ)本件発明3の構成要件U,V
(エ)本件発明4の構成要件X

エ 甲7文献に記載された本件発明に対応する構成要件
(ア)本件発明1の構成要件A,CないしE1,F,H
(イ)本件発明2の構成要件J,L,M,O,O1,P,R,T
(ウ)本件発明3の構成要件U

オ 甲8文献に記載された本件発明に対応する構成要件
(ア)本件発明1の構成要件A,C,E,E1,F,H
(イ)本件発明2の構成要件J,L,O,O1,P,R

カ 甲9文献に記載された本件発明に対応する構成要件
(ア)本件発明1の構成要件A,C,D,E,E1,F,H
(イ)本件発明2の構成要件J,L,M,O,O1,P,R
(ウ)本件発明3の構成要件U

キ 甲10文献に記載された本件発明に対応する構成要件
(ア)本件発明1の構成要件A,E2,E3,E5,FないしF2,G,I
(イ)本件発明2の構成要件J,K,N,O2,O3,O5,PないしP2,Q,S
(ウ)本件発明3の構成要件V
(エ)本件発明4の構成要件W,X

(2)本件発明1について
ア 一致点及び相違点
(ア)一致点
本件発明1は,甲4発明と,本件発明1の構成要件A及びB,D?G及びIにおいて一致する。
(イ)相違点
a 相違点(構成要件C)
甲4発明は,本件発明1の構成要件Cを備えない点で本件発明1と相違する。
b 相違点(構成要件H)
甲4発明は,本件発明1の構成要件Hを備えない点で本件発明1と相違する。

イ 相違点(構成要件C,H)の容易想到性
本件発明1と甲4発明との相違点(構成要件C,H)に関する構成は,甲5文献?甲9文献に開示されているように,周知技術に属するものであることから,当業者が甲4発明に適用して,本件発明1に容易に想到し得たものである。

(3)本件発明2について
ア 一致点及び相違点
(ア)一致点
本件発明2は,甲4発明と,本件発明2の構成要件J及びM?Q及びSにおいて一致する。
(イ)相違点
a 相違点(構成要件K)
甲4発明は,本件発明2の構成要件Kを備えない点で本件発明2と相違する。
b 相違点(構成要件L)
甲4発明は,本件発明2の構成要件Lを備えない点で本件発明2と相違する。
c 相違点(構成要件R)
甲4発明は,本件発明2の構成要件Rを備えない点で本件発明2と相違する。

イ 相違点(構成要件L,R)の容易想到性
構成要件L及びR(付勢手段/抵抗付与手段に関する構成)に関して,甲4発明に甲5文献?甲9文献に開示されている周知技術を適用することにより,本件発明2の出願前に当業者において容易に同構成要件(L及びR)に想到し得たことは,本件発明1の構成要件C及びHにつき論じたことと同様である。

ウ 相違点(構成要件K)の容易想到性
本件発明2の構成要件Kは甲10文献に開示されており,本件発明2の出願前に当業者が甲4発明に甲10文献に記載された構成要件を適用して,相違点にかかる構成に至ることは容易に想到し得たことである。

(4)本件発明3について
ア 一致点及び相違点
(ア)一致点
本件発明3は,甲4発明と,上記本件発明1又は本件発明2との一致点に加えて,本件発明3の構成要件U,Vにおいて一致する。
(イ)相違点
a 相違点(構成要件T)
甲4発明は,上記本件発明1又は本件発明2との相違点に加えて,本件発明3の構成要件Tを備えない点で本件発明3と相違する。

イ 相違点(構成要件T)の容易想到性
本件発明3の構成要件Tは甲7文献に開示されており,本件発明3の出願前に当業者が容易に甲4発明に適用することを想到し得たといえる。

(5)本件発明4について
ア 一致点及び相違点
(ア)一致点
本件発明4は,甲4発明と,上記本件発明2との一致点に加えて,本件発明4の構成要件W,Xにおいて一致し,上記本件発明2との相違点において相違する。

(6)まとめ
以上のように,本件発明1?4は,進歩性の欠如によっても無効とされるべきである。

第7 被請求人の主張の概要
1 無効理由1(実施可能要件違反)に対する反論(答弁書18頁「(4-1)(2) 被請求人の反論」参照。)
請求人は,そもそも特許請求の範囲は勿論,明細書中にも記載も示唆もない「複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できる」という作用効果を本件発明に読み込んで本件発明を不当に解釈し,実施可能性がないと主張する。
特許請求の範囲の記載から読み取れる技術(特に構成要件C,G,H)により,本件発明の課題を解決することが可能であることは明らかであり,「発明の詳細な説明」における説明,実施例等で記載開示された技術的事項から本件特許の発明の課題,解決手段等を当業者が実施可能な程度に明確かつ十分に記載されている。
したがって,実施可能要件違反はない。

2 無効理由2(サポート要件違反)に対する反論(答弁書19頁「(4-2)(2) 被請求人の反論」参照。)
第1に,本件特許請求の範囲は,発明の詳細な説明において発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものではない。
第2に,特許請求の範囲には,請求人がいうように「被施療者によって微妙に異なる施療要所に対して,各脚保持部材に設けられたエアセルを比例伸縮よりも正確に合致させ得るように,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調節できることを意味して『それぞれ』『移動可能』(構成要件G)や『それぞれ変更可能』(構成要件N)と記載されている」とはそもそも読み取れない。
請求人の主張は,発明の詳細な説明に記載された特定の具体例(実施例)にとらわれて,必要以上に特許請求の範囲を減縮する一方的な主張である。
構成要件Gや同Nは,抵抗付与手段とともに,脚載せ部に脚を載せて押し当て面に脚の力を付与することで,脚の長さに合わせた装置側の長さを施療器とともに移動するとの構成を採用したものであり,これにより,脚の長さに応じた施療器の調節を簡単に安定して行う技術が提供されていることを示すにとどまる。
そうであるとすれば,特許請求の範囲に記載された上記技術は発明の詳細な説明における段落【0002】?【0006】の記載から形式的にみても実質的にみても読み取れる。
したがって,サポート要件違反はない。

3 無効理由3(明確性要件違反)に対する反論(答弁書21頁「(4-3)(2) 被請求人の反論」参照。)
請求人の特許請求の範囲の解釈は,明確性に欠けるところのない請求項の記載に,さらに特定の具体例(実施例)に関する【0030】の記載や,特許請求の範囲は勿論発明の詳細な説明にも記載も示唆もない「複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できる」という技術を読み込んだ上,請求項の記載を限定的に曲解する一方的な解釈である。
請求人は,元々明確なものをかえって不明確にする解釈をし,わざわざ矛盾齟齬を生み出して,明確性要件違反を主張している。
本件特許の特許請求の範囲はいずれも明確性に欠けるところはなく,当業者の出願当時における技術的常識を基礎としてその技術的範囲は明確であり,第三者に不測の不利益を及ぼすほどに不明確であるなどとは到底言えない。
特許請求の範囲に記載された構成要件G,Nの記載は,被施療者によって微妙に異なる施療要所に対して,各脚保持部材に設けられたエアセルを比例伸縮よりも正確に合致させ得るように,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できることを意味すると理解することが可能となるという請求人の主張は,そもそも当たらない。
請求人の主張は,実施可能要件やサポート要件に関する主張を明確性要件における主張において同じように蒸し返しているに過ぎない。
以上のとおり,明確性要件違反はない。

4 無効理由4(進歩性の欠如)に対する反論(答弁書23頁ないし56頁の「3 審判請求書の「(4-2)進歩性の欠如」に関して」参照。)
(1)被請求人が主張する本件発明と甲4発明の相違点について(答弁書38頁)
ア 本件発明1と甲4発明の相違点
甲4発明は,本件発明1の構成要件B,C,E1?E5,F1,F2,G,Hを備えない点で本件発明1と相違する。

イ 本件発明2と甲4発明の相違点
甲4発明は,本件発明2の構成要件K,L,N,O1?O5,P1,P2,Q,Rを備えない点で本件発明2と相違する。

ウ 本件発明3と甲4発明の相違点
甲4発明は,上記ア又はイの相違点に加えて,本件発明3の構成要件T,U,Vを備えない点で本件発明3と相違する。

エ 本件発明4と甲4発明の相違点
甲4発明は,上記イの相違点に加えて,本件発明4の構成要件W,Xを備えない点で本件発明4と相違する。

(2)請求人が主張する「オ 相違点についての検討(ア)本件発明1」に対する反論(答弁書38頁ないし53頁の「(6-1)「(ア)本件発明1」について」参照。)
甲4発明と甲5発明?甲9発明の各発明とはいずれも組み合わせが容易でない。請求人は甲5?9発明を纏めて単に周知技術と主張するのみであるが,甲5?甲9のいかなる点をもって周知技術と主張するのか明確ではない。 甲5?甲9はいずれも甲4と組み合わせることが容易でないのであるから,たとえ甲5?甲9において周知技術となる技術部分が存在するとしても,やはり当業者において適用可能性はない
したがって,本件では,相違点(構成要件C,H)に係る構成が証拠に示されているとはいえず,本件発明1は容易に想到することができたのものではない。
また仮に甲4発明に対して,甲5発明?甲9発明の周知技術を適用したとしても,少なくとも本件発明1の構成要件Gを備える発明にはなり得ない。

(3)請求人が主張する「オ 相違点についての検討(イ)本件発明2」に対する反論(答弁書53頁ないし54頁の「(6-2)「(イ)本件発明2」について」参照。)
構成要件Gの特定がある本件発明1と同じく,甲4発明に甲5発明?甲10発明の周知技術を適用できたとしても,本件発明を容易想到することができるとは認められない。

(4)請求人が主張する「オ 相違点についての検討(ウ)本件発明3」に対する反論(答弁書54頁ないし55頁の「(6-3)「(ウ)本件発明3」について」)
甲4発明に,構成要件として車輪を付加する動機付けがそもそも存在しない。

(5)請求人が主張する「オ 相違点についての検討(エ)本件発明4」に対する反論(答弁書55頁ないし56頁の「(6-4)「(エ)本件発明4」について」)
本件発明4は本件発明2の従属項であるところ,前述のとおり本件発明2は進歩性の欠如は認められない。よって本件発明4においても,進歩性の欠如は認められない。

第8 当合議体の判断
1 無効理由1(実施可能要件違反)について
(1)「脚の長短に応じて微妙にずれる施療要所の位置に対して,単なる比例伸縮よりも正確に脚保持部材の位置を合致させることができる」という効果について
ア 請求人は,審判請求書の26頁「ウ(ア)実施可能要件」において,「特許請求の範囲に記載された「それぞれ」「移動可能」「それぞれ変更可能」は,被施療者によって微妙に異なる施療要所に対して,各脚保持部材に設けられたエアセルを比例伸縮よりも正確に合致させ得るように,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できることを意味するものと理解できる。」と主張し,さらに,「本件特許における発明の詳細な説明等に開示されている「他の脚保持部材51,52の位置調節を行うことなく」「脚を脚載せ部5に入れて第3脚保持部材53を押すだけ」という構成(【0031】)では,本件発明1?4の効果として発明の詳細な説明(甲1)が記載している「脚の長短に応じて微妙にずれる施療要所の位置に対して,単なる比例伸縮よりも正確に脚保持部材の位置を合致させることができる」(【0030】,下線部は請求人による。)という効果に至ることができず,特許請求の範囲に記載された「それぞれ」「移動可能」(構成要件G)や「それぞれ変更可能」(構成要件N)という各請求項に記載の発明を実施し得るに至らない。」旨主張している。

イ 本件明細書の発明の詳細な説明における「なお,厳密に「一定比」ではなく「概ね一定比」となる理由は,前述のようにアーム232,233が直線ではなく,そのために,各段のリンクの開き角θ1,θ2,θ3が同一ではないからである。このような構成を採用することにより,脚の長短に応じて微妙にずれる施療要所の位置に対して,単なる比例伸縮よりも正確に脚保持部材の位置を合致させることができる。」(【0030】,下線部は当審が付した。)という効果について検討する。
【0030】に記載された効果を技術常識を踏まえて解釈すると,一般的な被施療者の施療要所において,脚の長短に必ずしも比例しない施療要所(例えば,脚の長短の比ほど移動しない施療要所)があるという実態があるところ,リンク装置に直線のアームを用いると厳密に「一定比」に伸縮するので,そのような実態と合わないため,直線でないアームを用いて「概ね一定比」に伸縮させることでなるべく実態に合わせることであると解釈するのが自然であって,請求人が主張するような,被施療者によって微妙に異なる施療要所に対して,各脚保持部材に設けられたエアセルを比例伸縮よりも正確に合致させ得るように,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できるようにすることを意味するものではない。
したがって,請求人の主張は,【0030】に記載の効果の誤った解釈を前提とするものであって,採用できない。
なお,【0030】に記載の効果を上記検討したように正しく解釈すれば,実施可能要件を満たしていることは言うまでもない。

(2)無効理由1についてのまとめ
以上のとおりであるから,本件特許の発明の詳細な説明等では,本件発明1?4の実施をすることができる程度に明確かつ十分な説明がなされているものである。
したがって,本件発明1ないし本件発明4に係る特許は,特許法第36条第4項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではなく,請求人が主張する無効理由1によっては無効とすることはできない。

2 無効理由2(サポート要件違反)について
(1)構成要件Gの「それぞれ」「移動可能」,及び構成要件Nの「それぞれ変更可能」について
ア 脚載せ部の各脚保持部材の位置調節に関して,本件明細書の発明の詳細な説明の【0005】に「本発明は,脚の長さに合わせた装置側の長さ調節が簡単なマッサージ機を提供することを目的とする。」と記載され,また【0031】に,「 図8の(a)は,本マッサージ機1の使用対象の身長範囲から想定して最も脚の短い人が脚載せ部5に脚を入れ,足裏が第3脚保持部材53の底面に当接した状態である。この場合の施療箇所は,例えば,ふくらはぎ,くるぶしの周辺,その中間の3箇所であり,各脚保持部材は,それぞれが施療要所(例えば「つぼ」)を押圧できるように配置されている。一方,(b)は,想定される最も脚の長い人が脚載せ部5に脚を入れ,足裏で第3脚保持部材53の底面を押して脚載せ部5及び支持装置6を伸長させた状態である。このとき,前述のように,各脚保持部材51?53は,原点P0を基準として比例的にその位置を移動させるので,各脚保持部材51?53は,(a)の場合と同様に,施療要所を押圧する。なお,(a)と(b)との間の任意の伸長状態でも同様に,施療要所を押圧することができることはいうまでもない。すなわち,このような脚マッサージ装置を使用することにより,脚の長さに関わらず,脚を脚載せ部5に入れて第3脚保持部材53を押すだけで,他の脚保持部材51,52の位置調節を行うことなく,極めて簡単に施療要所にマッサージを行うことができる。」(下線は,当審が付与した。)と記載されているように,脚載せ部の各脚保持部材の位置調節に関する本件発明の課題は,「脚の長さに関わらず,脚を脚載せ部5に入れて第3脚保持部材53を押すだけで,他の脚保持部材51,52の位置調節を行うことなく,極めて簡単に施療要所にマッサージを行うことができる」ことにあるといえる。
そして,前記課題は,前記記載によると,各脚保持部材を比例的にその位置を移動させることによって実現されるが,本件明細書の発明の詳細な説明の【0030】に,「なお,厳密に「一定比」ではなく「概ね一定比」となる理由は,前述のようにアーム232,233が直線ではなく,そのために,各段のリンクの開き角θ1,θ2,θ3が同一ではないからである。このような構成を採用することにより,脚の長短に応じて微妙にずれる施療要所の位置に対して,単なる比例伸縮よりも正確に脚保持部材の位置を合致させることができる。」と記載されているように,そもそも施療要所は脚の長短に応じて微妙にずれる場合もあることから,各脚保持部材が厳密に比例的に移動しない場合においても施療要所へのマッサージを実現できると解することができるから,本件明細書の発明の詳細な説明において,必ずしも各脚保持部材の位置を厳密に比例的に移動させることのみが,前記課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲とはいえない。
一方,構成要件G,Nを検討すると,構成要件Gは,最先端の脚保持部材および他の脚保持部材のそれぞれが,脚の長さ方向に移動可能であることであり,また,構成要件Nは,隣り合う脚保持部材の各離隔距離を脚の長さ方向にそれぞれ変更可能というものであるので,必ずしも脚保持部材がそれぞれ比例的に移動し,各離隔距離が変更される記載となっていないが,上記したように各脚保持部材が厳密に比例的に移動しない場合も本件発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲内と解することができるのであるから,構成要件G,Nの記載は,前記範囲を超えるものでない。

イ 請求人は,本件明細書の発明の詳細な説明には,最先端の脚保持部材を付勢する抵抗付与手段を用いることにより,脚を脚載せ部に入れて脚保持部材を押すだけで(他の脚保持部材の位置調節を行うことなく),リンク装置が伸縮動作することに伴い各脚保持部材が比例的に伸縮するという旨の記載しかなく,複数の脚保持部材がそれぞれ独立移動しつつ微妙に位置調整できることを意味して「それぞれ」「移動可能」(構成要件G),「それぞれ変更可能」(構成要件N)と記載されていることはサポートされていないと主張する。
しかし,前記アのとおりであるので,請求人の主張は,採用することができない。

(2)無効理由2についてのまとめ
以上のとおりであるから,構成要件G及び構成要件Nは,本件明細書の発明の詳細な説明に記載された事項である。そうすると,これらの構成要件を含む本件発明1ないし本件発明4は,いずれも本件明細書の発明の詳細な説明に記載したものである。
したがって,本件発明1ないし本件発明4に係る特許は,特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではなく,請求人が主張する無効理由2によっては無効とすることはできない。

3 無効理由3(明確性要件違反)について
(1)構成要件G及び構成要件Nについて
ア 請求人は,本件特許の特許請求の範囲には,「最先端の脚保持部材」および「他の脚保持部材」が「それぞれ」「脚の長さ方向に移動可能」であり(構成要件G),「脚保持部材」の「各離隔距離」も「脚の長さ方向にそれぞれ変更可能」である(構成要件N)と記載されているが,具体的に脚保持部材や各離隔距離がどのように「それぞれ」「移動可能」であり,「それぞれ変更可能」なのか不明確である旨主張している。

イ しかし,構成要件Gの記載において,「最先端の脚保持部材」および「他の脚保持部材」が「それぞれ」「脚の長さ方向に移動可能」である点において,また,構成要件Nの記載において,「脚保持部材」の「各離隔距離」も「脚の長さ方向にそれぞれ変更可能」である点において,それぞれ明確である。
そして,具体的には,本件明細書の発明の詳細な説明における「3つの脚保持部材51?53は,リンク機構23によって互いに接続されている。」(【0026】,下線は当審にて付与した。)という記載,「脚保持部材51?53は,それぞれ右方(すなわち脚の長さ方向)へ移動する。」(【0028】,下線は当審にて付与した。)という記載,及び「 図7は,リンク装置23の伸縮動作を原理的に示す図である。・・・原点P0から各節点までの距離L1,L2,L3は,L1:L2:L3が概ね一定比となるように比例的に伸縮する。」(【0029】,下線は当審にて付与した。)という記載を参酌すると,「リンク装置23に接続された脚保持部材51?53は,それぞれ右方(すなわち脚の長さ方向)へ移動し,それぞれの距離が比例的に伸縮する」ことが理解できる。
したがって,構成要件G及び構成要件Nの記載は明確であり,請求人の上記主張は採用できない。

(2)無効理由3についてのまとめ
以上のとおりであるから,構成要件G及び構成要件Nの記載は,明確である。そうすると,これらの構成要件を含む本件発明1ないし本件発明4は,いずれも明確である。
したがって,本件発明1ないし本件発明4に係る特許は,特許法第36条第6項第2号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものではなく,請求人が主張する無効理由3によっては無効とすることはできない。

4 無効理由4(進歩性の欠如)について
(1)各文献に記載された発明等
ア 甲4文献
(ア)甲4文献の記載 (下線は,当審が付した。)
a「【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため本発明のマッサージ機は,人体の被マッサージ部を受ける凹溝部を備えるとともに,この凹溝部の内面側に位置する空気袋を給排気手段によって膨張収縮させることで凹溝部内に位置させた被マッサージ部に圧迫刺激を与えるマッサージ機であって,人体の脚を圧迫するための空気袋に角度を付けることよって上記脚のふくらはぎに沿う部分と脚の足の少なくとも一部に沿う部分を形成し,空気袋によって上記脚のふくらはぎと足の少なくとも一部に刺激を与えるようにしたことを特徴とする。このようにしたことにより凹溝部に人体の脚を位置させるとともに空気袋に給排気して空気袋を膨張収縮させたとき,人体の脚のふくらはぎと足に刺激を与えてマッサージできるものであり,上半身のマッサージ機能を有する椅子と組み合わせた場合,足先までの全身のマッサージができる。」

b「【0006】また人体の脚を圧迫するための空気袋を脚の足に沿う部分と脚のふくらはぎに沿う部分とに分割し,少なくとも一方が移動するようにしたことを特徴とすることも好ましい。」

c「【0011】
【発明の実施の形態】本例のマッサージ機は椅子式であり,全体の構造は図7に示す従来例のものと同じ構造になっている。本発明では脚載せ台Eの構造が従来と異なるものである。脚載せ台Eは図1に示すように金属等のパイプにて形成されたフレーム2と布のような柔軟性あるシート材にて形成された空気袋3とで構成されている。この脚載せ台Eには人体の両脚を収めるための凹溝部1を一対平行に設けてあり,各凹溝部1で空気袋3は略U字状になるように吊り下げられている。図1の脚載せ台Eは前後に分割されており,後の第1脚載せ台部E1と前の第2脚載せ台部E2とで構成されている。第1脚載せ台部E1は第1フレーム2aと第1空気袋3aとで構成され,第2脚載せ台部E2は第2フレーム2bと第2空気袋3bとで構成されている。上記第1空気袋3aと第2空気袋3bとよりなる空気袋3は各凹溝部1に対応するように複数の空気室を備えており,エアーポンプ,給排気弁等を備えた給排気装置4と空気袋3の各空気室とを給排気パイプ5にて連通させてあり,各空気室を個別に膨張収縮させるようになっている。またフレーム2の側部には前後方向に長いレール状の連結部材6を沿わせてあり,連結部材6のレール溝7を第1フレーム2a及び第2フレーム2bのローラ部13に対して摺動自在にしてある。本例の場合,ガイド溝7は前後に長い横ガイド溝7aと横ガイド溝7aの前端で上方に立ち上がる縦ガイド溝7bとで構成されている。」

d「【0013】また上記図1の例のように脚載せ台Eを第1脚載せ台部E1と第2脚載せ台部E2とに分割してあると,第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2を図3(a)に示す矢印bのように移動させることができるとともに第1足載せ台部E1に対して第2足載せ台部E2が略直角になるように角度をつけることができ,第1脚載せ台部E1の第1空気袋3aに脚8のふくらはぎ8aを沿わせるとともに第2脚載せ台部E2の第2空気袋3bに脚8の足8bに沿わせることができる。このため第1,第2空気袋3a,3bを膨張収縮させることにより脚8のふくらはぎ8aや足8bのマッサージができる。また図3(b)の矢印cのように第2脚載せ台部E2を回転できるようにすると,第2脚載せ台部E2の角度を変えることできて脚8の足8bに合わせてマッサージすることができる。」

e「【0016】また図6は椅子式のマッサージ機に足載せ台Eを設けた状態を示す。椅子は従来例で述べたように背もたれ部Aと座部BとアームレストCと脚部Dを有し,座部Bの前方には出し入れ自在に脚載せ台Eを設けてある。脚載せ台Eは第1脚載せ台部E1と第2脚載せ台部E2とに分割してあり,第1脚載せ台部E1と第2脚載せ台部E2とが連結部材6で連結してある。第2脚載せ台部E2と脚Dとがリンク10,11に連結してある。リンク10の一端は第2脚載せ台部E2に回転自在に連結してあり,リンク10の他端とリンク11の一端とが可動軸12にて回転自在に連結してあり,リンク11の他端が固定軸14にて脚Dに回転自在に連結してある。マッサージ機の使用時は図6(a)のように第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2を移動させたり,回転させたりして種々の姿勢で使用することができる。ところが脚載せ台Eを使用しないときには脚載せ台Eを座部Bの前の下に収納するが,図6(a)の状態でマッサージを終了して収納すると,第2脚載せ台部E2が床につっかかるおそれがあるが,上記のようにリンク10,11にて連結してあると,自動的に第2脚載せ台部E2が第1脚載せ台部E1に近接するように引き上げられて元の位置に戻すようになり,図6(b)のように収納される。本例の場合,リンク10,11にて元の位置に戻すようになっているが,ワイヤーのようなもので戻すようになっていてもよい。」

f「【0018】また本発明の請求項2の発明は,請求項1において,人体の脚を圧迫するための空気袋を脚の足に沿う部分と脚のふくらはぎに沿う部分とに分割し,少なくとも一方が移動するようにしたので,脚のふくらはぎ及び足に空気袋を確実に沿わせて効果的なマッサージができるものである。」

(イ)甲4文献に記載された発明
a 甲4文献の図6及び前記(ア)eの記載を参照すると,甲4文献に「座部B」を有する「マッサージ機」が記載されている。

b 甲4文献の図3,図6及び前記(ア)dの記載を参照すると,「脚載せ台部E2」に「足裏に対向するフレーム面」が存在することが看取できるので,甲4文献に「マッサージ機能を有する複数の脚載せ台部を脚の長さ方向に並べて成り,脚載せ台部E2には足裏に対向するフレーム面が設けられている脚載せ台E」が記載されている。

c 甲4文献の図6及び前記(ア)eの記載を参照すると,甲4文献に「脚載せ台Eは,座部Bの前部に対して回動自在」である点が記載されている。

d 甲4文献の図1,図3,図6及び前記(ア)aないしd,fの記載を参照すると,「脚載せ台部E2」に「足の側部に対向するフレーム面」及び「左右方向における中央部のフレーム」が存在することが看取でき,さらに,「足裏に対向するフレーム面」及び「足の側部に対向するフレーム面」と「空気袋」は物理的に接続していないことが看取できるので,甲4文献に「脚載せ台部E2は,足裏に対向するフレーム面と,足の側部に対向するフレーム面と,左右方向における中央部のフレームと,足裏に対向するフレーム面の近傍の人体の足裏に押圧マッサージを施す空気袋と,足の側部に対向するフレーム面の近傍の人体の足の側部に押圧マッサージを施す空気袋と,を有」する点が記載されている。

e 甲4文献の図1,図3,図6及び前記(ア)a,c,d,fの記載を参照すると,「脚載せ台部E1」に「脚の側部に対向するフレーム面」が存在することが看取でき,さらに,「脚の側部に対向するフレーム面」と「空気袋」は物理的に接続していないことが看取できるので,甲4文献に「脚載せ台部E1は,脚の側部に対向するフレーム面と,脚の側部に対向するフレーム面の近傍の人体の脚の側部に押圧マッサージを施す空気袋と,を有」する点が記載されている。

f 甲4文献の図6及び前記(ア)bないしeの記載を参照し,特に前記(ア)cの「またフレーム2の側部には前後方向に長いレール状の連結部材6を沿わせてあり,連結部材6のレール溝7を第1フレーム2a及び第2フレーム2bのローラ部13に対して摺動自在にしてある。」という記載,前記(ア)dの「また上記図1の例のように脚載せ台Eを第1脚載せ台部E1と第2脚載せ台部E2とに分割してあると,第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2を図3(a)に示す矢印bのように移動させることができる」という記載から,甲4文献に「脚載せ台Eは,脚載せ台部E2および脚載せ台部E1のそれぞれが座部Bの前部に対して移動可能,かつ,足の側部に対向するフレーム面の近傍の脚載せ台部E2の空気袋と脚の側部に対向するフレーム面の近傍の前記脚載せ台部E1の空気袋との距離が変化するように,伸縮可能である」点が記載されている。

g 以上のことを踏まえて,甲4文献の前記(ア)の記載をまとめると,甲4文献に記載された発明は,以下のように認定される。

「座部Bと,
マッサージ機能を有する複数の脚載せ台部を脚の長さ方向に並べて成り,脚載せ台部E2には足裏に対向するフレーム面が設けられている脚載せ台Eと,を備え,
脚載せ台Eは,座部Bの前部に対して回動自在であり,
脚載せ台部E2は,
足裏に対向するフレーム面と,
足の側部に対向するフレーム面と,
左右方向における中央部のフレームと,
足裏に対向するフレーム面の近傍の人体の足裏に押圧マッサージを施す空気袋と,
足の側部に対向するフレーム面の近傍の人体の足の側部に押圧マッサージを施す空気袋と,を有し,
脚載せ台部E1は,
脚の側部に対向するフレーム面と,
脚の側部に対向するフレーム面の近傍の人体の脚の側部に押圧マッサージを施す空気袋と,を有し,
脚載せ台Eは,脚載せ台部E2および脚載せ台部E1のそれぞれが座部Bの前部に対して移動可能,かつ,脚載せ台部E2の足の側部に対向するフレーム面の近傍の空気袋と脚載せ台部E1の脚の側部に対向するフレーム面の近傍の空気袋との距離が変化するように,伸縮可能である
マッサージ機。」

(ウ)請求人の主張について
a 甲4文献に平板状の部材による脚載せ台部が記載されている旨の主張について
請求人は,平成30年8月28日付け口頭審理陳述要領書の14頁の「イ-3」において,「甲4発明が従来技術として設定する【図7】のマッサージ機はフレーム(枠体)ではなく平板状の部材により脚載せ台部を形成する構造であるところ,甲4発明は,このような平板状の部材を用いることが課題であるとは何ら述べておらず,平板状の部材を除外するような記載は何らなされていない。それどころか,甲4発明は「椅子は従来例で述べたように(中略)脚載せ台Eを設けてある。」(段落【0016】。下線部は請求人による。)と記載しており,平板状の部材により脚載せ台部を形成している従来例【図7】と同様の脚載せ台部を採用していると記載されている。現に,かかる説明に関する【図6】はフレーム(枠体)ではなく【図7】と同じく平板状の部材により形成された脚載せ台部が示されている。」と主張し,甲4文献に平板状の部材による脚載せ台部が記載されている旨主張している。
しかし,甲4文献には,図7の従来例を除いて,図1?図5はフレームからなる脚載せ台Eが記載されている。また【0003】に「上記の椅子式のマッサージ機の脚載せ台Eでは空気袋aが人体の脚のふくらはぎに対応する部分にしか配置されておらず,人体の脚の足(足首から指まで亙る部分)までマッサージすることができなかった。またブーツ型で足先まで覆い,内面をポンプの給排気で膨張収縮させて足を圧迫するものもあるが,足全体を覆わなければならなく,また上半身のマッサージを行う椅子と組み合わせることができなかった。」と記載されているように,甲4文献には,上半身のマッサージを行う椅子と組み合わせることができる脚載せ台Eとして,図7に記載された脚載せ台やブーツ型の脚載せ台の代わりに,図1?図5に記載されたフレームからなる脚載せ台Eを採用した点が記載されている。
そして,甲4文献の【図面の簡単な説明】に,「【図6】同上のマッサージ機全体を示し,・・・」と記載され,ここでいう「同上」とは図1ないし図5のフレームからなる脚載せ台Eを示すと解することができ,さらに,【0016】に「また図6は椅子式のマッサージ機に足載せ台Eを設けた状態を示す。」と記載されているように,図6に記載された実施例についても,上半身のマッサージを行う椅子と組み合わせることができる脚載せ台Eとして明示されているのであるから,図6の脚載せ台Eはフレームからなるものと考えるのが自然である。
したがって,請求人の「甲4発明は「椅子は従来例で述べたように(中略)脚載せ台Eを設けてある。」(段落【0016】。下線部は請求人による。)と記載しており,平板状の部材により脚載せ台部を形成している従来例【図7】と同様の脚載せ台部を採用していると記載されている。」という主張における「椅子は従来例で述べたように(中略)脚載せ台Eを設けてある。」の「脚載せ台E」は,図7のような平板状の部材の脚載せ台ではなく,フレームからなるものと解釈するのが自然である。
以上から,上記請求人の主張は採用することができない。

b 甲4文献に「脚載せ台部の足裏,足,脚に対向するフレーム面に設けられている空気袋」が記載されている旨の主張について
請求人は,審判請求書において,甲4文献に脚載せ台部の足裏,足,脚に対向するフレーム面に設けられている空気袋が記載されている旨主張し(第6 4(1)ア(ア)参照),さらに平成30年9月21日付け上申書の3頁の「2 審理事項1に関する説明」において,「本件発明1の構成要件E4「設けられ」とは,必ずしもエアセルが「押し当て面」と物理的に接続されていて,エアセルが膨出するにあたり押し当て面に反力を作用させることを要素とするものではなく,「押し当て面」の位置に存在して被施療者の足裏にマッサージを施しうるように配されていることを意味する。・・・したがって,甲4発明の「空気袋3b」は,足裏と対向する前後2本のフレーム上面(足裏の押し当て面)に「設けられ」ている。」旨,主張している。
しかし,本件発明1の構成要件E4の「前記押し当て面に設けられ被施療者の足裏に押圧マッサージを施すエアセル」の記載から,エアセルは押し当て面に設けられているものと解することができる。ここで「設けられ」の意味について検討するに,本件明細書の発明の詳細な説明の【0020】に,「脚保持部材51?53の両側部及び中央部にはそれぞれマッサージ用のエアセル15a,15b及び16a,16bが配置されている。また,第3脚保持部材53は足裏の押し当て面53aを有しており,ここにもエアセル17a,17bが配置されている。これらのエアセル(15a,15b,16a,16b,17a,17b)は,エアの給排によって膨脹・収縮し被施療者の脚に押圧マッサージを施すものである。」(下線は,当審が付した。)と記載され,さらに図1を参酌すると,本件発明1の「押し当て面」に「設けられ」たエアセルは,「押し当て面」に物理的に接続されていると解するのが自然である。
したがって,甲4文献には上記(イ)dにおいて認定したように「足裏に対向するフレーム面の近傍の人体の足裏に押圧マッサージを施す空気袋」は記載されているが,「足裏に対向するフレーム面に設けられ人体の足裏に押圧マッサージを施す空気袋」は記載されていない。
以下同様の理由で,甲4文献には上記(イ)d,eにおいて認定したように「足の側部に対向するフレーム面の近傍の人体の足の側部に押圧マッサージを施す空気袋」及び「脚の側部に対向するフレーム面の近傍の人体の脚の側部に押圧マッサージを施す空気袋」は記載されているが,「足の側部に対向するフレーム面に設けられ人体の足の側部に押圧マッサージを施す空気袋」及び「脚の側部に対向するフレーム面に設けられ人体の脚の側部に押圧マッサージを施す空気袋」は記載されていない。
以上によれば,上記請求人の主張は採用することができない。

イ 甲5文献
(ア)甲5文献の記載 (下線は,当審が付した。)
a 「前記ふくらはぎ保持部4の下部両側に,足置き部5取付用のレール14が取り付けてある。一方,足置き部5の基部両側にブラケット15が上向きに設けてあり,このブラケット15が前記レール14に装着されている。このブラケット14の側縁には係止凹部16が多数上下方向に並設してあり,前記ふくらはぎ保持部4には前記係止凹部16に係止するストッパ17が取り付けてある。このストッパ17は,レバ一18によって係止凹部16に係脱し得るようにしてある。前記ふくらはぎ保持部4と足置き部5との間には定荷重バネ19が装着してある。このバネ19は前記足置き部5を上方へ付勢するものであり,前記ストッパ17の計装部16との係を解除し,使用者が脚に加重をかけなければ足置き部5が自動的に上昇するようにしてある。上記構成により,使用者は足置き部5の高さを自由に変更することができる。したがって,脚の短い使用者は足置き部5を上昇させて使用し,足の長い使用者は足置き部5を下降させて使用することにより,使用者の足の長さに拘わらず,太腿を座部2に沿わせ,ふくらはぎをふくらはぎ保持部4に沿わせつつ,足を足置き部5に置くことができる。」(第5頁第18行ないし第26行)

(イ)甲5文献に記載された発明
甲5文献の前記(ア)の記載によれば,甲5文献に記載された発明は,以下のように認定される
「使用者の足の長さに応じて,足置き部5の高さを変更するため,足置き部5に付与される脚の力に抗する力を足置き部5に付与する荷重バネ19を備え,荷重バネ19は,脚の力に抗する方向に足置き部5を付勢する付勢手段である発明。」

ウ 甲6文献
(ア)甲6文献の記載 (下線は,当審が付した。)
a「按摩する人の脚の長さに応じてその足を載せる足台4の位置が下降出来る様にした事と適当な圧力で足裏を押す事を目的としたものである。」(第1頁左欄20行目ないし23行目)
b「足台4上に足を載せる事によりバネ10の収縮力に抗して適当な位置で平衡を保ち」(第1頁右欄5行目ないし6行目)

(イ)甲6文献に記載された発明
甲6文献の前記(ア)の記載によれば,甲6文献に記載された発明は,以下のように認定される
「按摩する人の脚の長さに応じて,足台4の高さを変更するため,足台4に付与される脚の力に抗する力を足台4に付与するバネ10を備え,バネ10は,脚の力に抗する方向に足台4を付勢する付勢手段である発明。」


エ 甲7文献
(ア)甲7文献の記載 (下線は,当審が付した。)
原文の引用の後に記載した日本語訳は,請求人による。
a「The second portion 22 is urged towards the retracted position shown in FIG.3 by a tension spring 25, but can be extended by foot pressure to overcome the tension of the spring. A foot rest 26 is pivotally connected to the bottom end of the leg support part 19 and is urged towards its stowed position shown in FIG.3 by a torsion spring (not shown).It may be swung forwardly against the action of the spring to an operative position substantially perpendicular to the leg support part 19, as shown in FIG. 4, for example by an occupant of the seat applying pressure with the heels.」(第5欄第66行ないし第6欄第8行)
(第2の部分22は,引っ張りスプリング25によって,図3に示されている後退位置に向かうように促されているが,足の圧力によってスプリングの引張力に打ち勝って,拡張されることが可能である。フットレスト26は,レッグサポート部19の下部端部に枢動可能に接続されており,捩りスプリング(図示せず)によって,図3に示されているその収納位置に向かうように促されている。それは,例えば,シートに座っている人がかかとで圧力を加えることによって,スプリングの作用に対抗して,図4に示されているように,レッグサポート部19に対して実質的に垂直方向の作動位置へ前向きに揺動させられることが可能である。)
b「 The tension in the spring 25 is balanced by the weight of the occupant's legs and feet in reclined positions of the seat and a comfortable equilibrium position is readily found by the occupant.」(第6欄第54行ないし第57行)
(スプリング25の引張力は,シートのリクライニングされた位置において,座っている人の脚および足の重量によってバランスされており,快適な平衡状態が,座っている人によって容易に見つけられる。)
c「At the end of the extension bar 39 a wheel 47 is mounted on a spindle 48, and between the spindles 48 at each side of the seat is mounted a foot rest 49.」(第7欄第36行ないし第39行)
(拡張バー39の端部において,ホイール47が,スピンドル48に備え付けられており,シートのそれぞれの側部において,スピンドル48同士の間に,フットレスト49が備え付けられている。)
d「Should the extension bars 39 be extended when the seat is moved from a reclined position to its normal upright position, the wheels 47 may engage the floor of the vehicle. The linkage will return to the position shown, but the leg support part 36, being freely pivoted at 37, will swing forwardly whilst the wheels 47 roll along the vehicle floor, thus avoiding any damage to the leg support part.」(第8欄第7行ないし第14行)
(シートが,リクライニングされた位置から,その通常の直立位置へ動かされるとき,もし,拡張バー39が拡張されているならば,ホイール47が,車両の床に係合することが可能である。リンケージは,示されている位置へ戻ることになるが,レッグサポート部36は,37において自由に枢動され,ホイール47が車両の床に沿って転がりながら,前向きに揺動することとなり,したがって,レッグサポート部に対する任意の損傷を回避する。)

(イ)甲7文献に記載された発明
甲7文献の前記(ア)の記載によれば,甲7文献に記載された発明は,以下のように認定される。
「座っている人によって,フットレスト26の高さを変更するため,フットレスト26に付与される脚の力に抗する力をフットレスト26に付与する引っ張りスプリング25を備え,引っ張りスプリング25は,脚の力に抗する方向にフットレスト26を付勢する付勢手段である点。」及び
「フットレスト49の脚先側下端には,下向き状態にあるフットレスト49が伸長すると床に接地するホイール47が設けられた発明。」

オ 甲8文献
(ア)甲8文献の記載 (下線は,当審が付した。)
a「そして,被施術者が椅子シートに腰掛けた後,椅子シートを上昇させるものであるが,この時被施術者が足を足載台13に載せて,これを押下すれば,引張りバネ12の付勢に抗してスライド枠7が下降する。
斯くして,椅子シートから足載台13までの長さは,被施術者の足の長さ,或いは浅い,深い等の腰掛け姿勢に応じた長さとなるので,被施術者は自分に合つた安楽な姿勢をとることができ,長時間の施術でも疲れることはない。」(第2頁第4欄第21行ないし第30行)

(イ)甲8文献に記載された発明
甲8文献の前記(ア)の記載によれば,甲8文献に記載された発明は,以下のように認定される。
「被施術者の足の長さに応じて,足載台13の高さを変更するため,足載台13に付与される足の力に抗する力を足載台13に付与する引張りバネ12を備え,引張りバネ12は,足の力に抗する方向に足載台13を付勢する付勢手段である発明。」

カ 甲9文献
(ア)甲9文献の記載 (下線は,当審が付した。)
a「(発明の技術分野)
本発明は身体の訓練装置に係り,手や足の屈伸運動や腹筋(背筋)運動等の種々の訓練を一つの装置で行えるようにしたものであり,殊に上記諸訓練を椅子に座ったまま楽な姿勢で行えるようにすることにより,健康者の身体訓練装置としてだけでなく,身障者のリハビリ装置としても有利に使用できるようにしたものである。」(第1頁右欄第6行ないし第13行)

b「本装置は椅子部Aを主体とし,これに足の屈伸運動部B,足首の屈伸運動部C,手の屈伸運動部りが収納引き出し自在に装着されている。また椅子部Aの背もたれ部Eが腹筋(背筋)運動部Eを兼務しており,上記構成部A?Eにより後に詳述するように種々の訓練を多目的に行えるようになっている。」(第2頁右下欄第1行ないし第8行)

c「足の屈伸運動部Bは上記のような構成より成り,足の屈伸運動を行うにあたっては,第4図に示すように背もたれ部Eを起こすとともに,屈伸運動部Bを第1図に示す収納状態から前方へ引き出して,上記足首の屈伸運動部Cを接地させ,支架部11を前方へ向ってやや下り勾配にセットしたうえで,訓練者Pは座席部1に座る。その状態で足の裏を足当て部22,22に当てがい,ばね17のばね力に抗して内管16,16を前後方向に摺動させて両足を屈伸させる。」(第3頁左下欄第4行ないし第13行)

(イ)甲9文献に記載された発明
甲9文献の前記(ア)の記載によれば,甲9文献に記載された発明は,以下のように認定される。
「訓練装置において,訓練者の屈伸運動に応じて,足当て部22,22を摺動するため,足当て部22,22に付与される足の力に抗する力を足当て部22,22に付与するばね17を備え,ばね17は,足の力に抗する方向に足当て部22,22を付勢する付勢手段である発明。」

キ 甲10文献
(ア)甲10文献の記載 (下線は,当審が付した。)
a「【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記の点に鑑みてなされたものであり,ふくらはぎの長さや凝っている場所に応じてどのポイントにも空気袋を移動して効果的にふくらはぎのマッサージができるマッサージ機を提供することを課題とするものである。」
b「【0009】図1にはふくらはぎ圧迫部3の一実施形態を示しており,このふくらはぎ圧迫部3は複数の空気袋1と各空気袋1を固定する複数の枠体4からなり,枠体4はパイプフレーム本体4aの両端部及び中央部からそれぞれ上方に支持部4bを突設して構成してあり,空気袋1は左右両側及び中央部を上記枠体4の左右両側及び中央部の支持部4bに固定されることで隣接する支持部4b間に断面U字状をなす状態で吊り下げされている。このように空気袋1を固定した枠体4を複数(図1に示す実施形態では3個)直列に並べ,各空気袋1を固定した枠体4はその左右を支えるレール7に複数の枠体4の並設方向に移動自在に取付けてあって,空気袋1を固定した枠体4が互いに近づいたり,遠ざかったりというように接離自在となっており,上記各枠体4の移動はそれぞれ個々に独立してレール7に対して移動可能となっている。」

(イ)甲10文献に記載された発明
甲10文献の前記(ア)の記載によれば,甲10文献に記載された発明は,以下のように認定される。
「マッサージ機能を有する3つの空気袋1を固定した枠体4を脚の長さ方向に並べて成り,隣り合う枠体4の各離隔距離を脚の長さ方向にそれぞれ変更可能である発明。」

(2)本件発明1について
ア 対比
本件発明1と甲4文献に記載された発明とを対比すると,以下のとおりである。
(ア)甲4文献に記載された発明の「座部B」,「脚載せ台部」,「脚載せ台E」,「脚載せ台部E1」,「脚載せ台部E2」,「足の側部に対向するフレーム面」,「左右方向における中央部のフレーム」,「人体」,「脚の側部に対向するフレーム面」,「空気袋」は,本件発明1の「座部」,「脚保持部材」,「脚載せ部」,「他の脚保持部材」,「最先端の脚保持部材」,「足の側部に対向させる足側面」,「左右方向における中央部に区画壁」,「被施療者」,「脚の側部に対向させる脚側面」,「エアセル」にそれぞれ相当する。

(イ)甲4文献に記載された発明の「足裏に対向するフレーム面」と本件発明1の「(足裏の)押し当て面」の対比について
本件明細書の【0007】の「上記のように構成されたマッサージ機では,押し当て面に足裏を押し当てることにより,抵抗付与手段の付与する力に抗して最先端の脚保持部材を移動させれば,当該脚保持部材は脚の長さに対応した位置に達する。また,脚載せ部から脚を降ろすことにより自動的に,最先端の脚保持部材が元の位置に復帰する。」(下線は,当審が付与した。)という記載を参酌すると,本件発明1の「(足裏の)押し当て面」とは,被施療者が足裏を押し当てる面であると解釈するのが自然である。
一方,甲4文献の【0011】に「脚載せ台Eは図1に示すように金属等のパイプにて形成されたフレーム2と布のような柔軟性あるシート材にて形成された空気袋3とで構成されている。」(下線は,当審が付与した。)という記載および図3を鑑みると,足裏が「足裏に対向するフレーム面」に接触又は載置される可能性があると考えるのが自然である。
以上から,甲4文献に記載された発明の「足裏に対向するフレーム面」は,本件発明1の「(足裏の)押し当て面」に相当する。
なお,被請求人は,答弁書の45頁の下から3行目から46頁の2行目,において,甲4文献に記載された発明に対して「第2脚載せ台部E2の第2フレーム2bの足裏に対向する左右方向に延びる梁部分(以下の図面参照)が,脚の足に対して移動経路のどの位置においても干渉しないだけの距離を保っていることを前提とする場合,梁部分に足裏押し当て面を設ける構成は想到できない。」と主張しているが,前述の通りであるから,被請求人の主張は採用することはできない。

イ 一致点及び相違点
前記アの対比の結果をまとめると,本件発明1と甲4文献に記載された発明との一致点及び相違点は,以下のとおりである。すなわち,本件発明1と甲4文献に記載された発明とは,相違点1(請求人が主張する相違点(上記第6 4(2)ア(イ)参照)を含む)に加えて相違点2において相違する。

(ア)一致点
「座部と,
マッサージ機能を有する複数の脚保持部材を脚の長さ方向に並べて成り,最先端の脚保持部材には足裏の押し当て面が設けられている脚載せ部と,を備え,
前記脚載せ部は,前記座部の前部に対して回動自在であり,
前記最先端の脚保持部材は,
前記押し当て面と,
足の側部に対向させる足側面と,
左右方向における中央部に区画壁と,
被施療者の足裏に押圧マッサージを施すエアセルと,
被施療者の足の側部に押圧マッサージを施すエアセルと,を有し,
他の脚保持部材は,
脚の側部に対向させる脚側面と,
被施療者の脚の側部に押圧マッサージを施すエアセルと,を有し,
前記脚載せ部は,前記最先端の脚保持部材および前記他の脚保持部材のそれぞれが前記座部の前部に対して移動可能,かつ,前記最先端の脚保持部材の前記エアセルと前記他の脚保持部材の前記エアセルとの距離が変化するように,伸縮可能であることを特徴とする
マッサージ機。」

(イ)相違点
a 相違点1
本件発明1は,「押し当て面に付与される脚の力に抗する力を前記脚載せ部に付与する抵抗付与手段」を備え,前記「抵抗付与手段」は,「前記脚の力に抗する方向に前記最先端の脚保持部材を付勢する付勢手段」であり,「前記脚載せ部は,前記最先端の脚保持部材および前記他の脚保持部材のそれぞれが前記座部の前部に対して脚の長さ方向に移動可能,かつ,前記最先端の脚保持部材の前記エアセルと前記他の脚保持部材の前記エアセルとの距離が変化するように,脚の長さ方向に伸縮可能である」のに対し,甲4文献に記載された発明は,そのような「抵抗力付与手段」を備えておらず,脚載せ台部E2および脚載せ台部E1のそれぞれが座部の前部対して移動可能,かつ伸縮可能であるが,脚の長さ方向か否か明らかでない点。

b 相違点2
本件発明1は,「エアセル」が最先端の脚保持部材の「押し当て面」,「足側面」,及び他の脚保持部材の「脚側面」に「設けられ」ているのに対して,甲4文献に記載された発明は,足裏に対向するフレーム面,脚の側部に対向するフレーム面及び脚の側部に対向するフレーム面の近傍の空気袋である点。

ウ 相違点1についての判断
(ア)甲5に記載された発明ないし甲8に記載された発明については,上記(1)イないしオで検討したように,脚の長さに伴ってフットレストの高さを変更するために付勢手段を備えたフットレストに関する発明であるといえる。そして,甲5に記載された発明ないし甲8に記載された発明を一般的な語句でまとめると,「人体の脚の長さに応じて,フットレストの高さを脚の長さ方向に変更するため,フットレストに付与される脚の力に抗する力をフットレストに付与する手段を備え,前記手段は,脚の力に抗する方向にフットレストを付勢する付勢手段である点。」であり,この点において,甲5に記載された発明ないし甲8に記載された発明は共通する発明であるといえる。
しかし,上記(1)カで述べたように,甲9に記載された発明は,訓練者の屈伸運動に応じて,足当て部22,22を摺動するため,付勢手段を備えた訓練装置に関する発明であって,甲5に記載された発明ないし甲8に記載された発明とは異なる発明である。
請求人は,審判請求書の84頁ないし85頁において,「本件発明1の構成要件C及びHと同様の構成は,甲第5号証?甲第9号証にも開示されている。・・・このように,本件発明1の構成要件C及びHに関する構成は,甲第5号証?甲第9号証にも開示されている周知技術に過ぎない。」と主張している。
しかし,本件発明1の構成要件C,Hの意義は,本件明細書の発明の詳細な説明の【0011】に,「請求項1のマッサージ機によれば,押し当て面に足裏を押し当てることにより,抵抗付与手段の付与する力に抗して脚載せ部を伸長させれば,当該脚載せ部は脚の長さに対応した位置に達する。従って,脚の長さに合わせた装置側の長さ調節が簡単である。」と記載されているように,脚載せ部(フットレスト)の押し当て面に足裏を押し当てることにより,脚の長さに合わせた調節を簡単にすることにあるので,上記aでの検討と併せると,構成要件C,Hについては,甲5ないし8文献に開示されているといえるが,甲9文献には開示されているといえない。

(イ)甲4文献の図3の実施例における第1脚載せ台部E1及び第2脚載せ台部E2の関係が,明細書の発明の詳細な説明の【0013】に「第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2を図3(a)に示す矢印bのように移動させることができるとともに第1足載せ台部E1に対して第2足載せ台部E2が略直角になるように角度をつけることができ」(下線は当審が付与した。)と記載され,また,図6の実施例における第1脚載せ台部E1及び第2脚載せ台部E2の関係が,明細書の発明の詳細な説明の【0016】に「マッサージ機の使用時は図6(a)のように第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2を移動させたり,回転させたりして種々の姿勢で使用することができる。」(下線は,当審が付与した。)と記載されているが,ここでいう「第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2を移動させる」とは,図3や図6からも看取できるように,第2脚載せ台部E2を足裏に対向させる状態に回転させるために第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2が略直角になるように移動させる意味であって,人体の脚の長さに応じて図3や図6(a)の状態の第2脚載せ台部E2を脚の長さ方向に移動するものでない。
そうすると,例え甲5ないし甲9に記載された発明が周知技術であったとしても,第2脚載せ台部E2がフットレストとして機能し得る状態(図3や図6(a))において,人体の脚の長さ方向に,第2脚載せ台部E2の高さを変更するものでない甲4文献に記載された発明に,人体の脚の長さに応じて,フットレストの高さを変更すること,すなわち,フットレストとして機能し得る状態で,フットレストを脚の長さ方向に移動させることを目的とした甲5ないし甲8に記載された発明や訓練者の屈伸運動に応じて足当て部を摺動することを目的とした甲9に記載された発明を適用する動機づけはないというべきである。

(ウ)また,甲4文献に記載された発明の第2脚載せ台部E2の移動は,第1脚載せ台部E1に対して第2脚載せ台部E2が略直角になるように角度をつけるために,前後に長い横ガイド溝7aと横ガイド溝7aの前端で上方に立ち上がる縦ガイド溝7bとで構成されたレール溝7に沿って脚の長さ方向と略直角の方向に移動するもの(段落【0011】,【0013】)であって,第2脚載せ台部E2を脚の長さ方向に移動させるものでないし,第2脚載せ台部E2がフットレストとして機能し得る状態(図3や図6(a))においては,足裏に対向する面が足裏方向(脚の長さ方向)に移動できない(特に図3(a))構造である。したがって,甲4文献に記載された発明に甲5ないし甲9に記載された発明を適用しようとした場合,甲5ないし甲9に開示される抵抗付与手段(バネ)を,甲4文献に記載された発明のレール溝や第1脚載せ台部E1及び第2脚載せ台部E2とどのように配置構成して,相違点1に係る本件発明1の構成とすればよいのか不明であり,せいぜい抵抗付与手段がレール溝を介して第1脚載せ台部E1と第2脚載せ台部E2に連結される構成が把握されるのみであって,抵抗付与手段は,第2脚載せ台部E2の足裏に対向する面に付与される脚の力に抗する力を第2脚載せ台E2に付与する手段になり得ない。
以上から,請求人が主張するように,抵抗付与手段は甲5文献ないし甲9文献に開示され周知技術であり,そのような抵抗付与手段を甲4文献に記載された発明に適用できたとしても,相違点1に係る本件発明1の構成が得られるものでない。

エ 相違点2についての判断
(ア)上記(1)ア(ウ)cで検討したように,本件発明1の「エアセル」は,最先端の脚保持部材の「押し当て面」,「足側面」,及び他の脚保持部材の「脚側面」に設けられて(物理的に接続されて)いるのに対して,甲4発明の「空気袋」は,脚載せ台部E2の「足裏に対向するフレーム面」,「足の側部に対向するフレーム面」,及び脚載せ台部E1の「脚の側部に対向するフレーム面」に設けられて(物理的に接続されて)いない。(下線は,当審が付与した。)

(イ)そして,甲4文献に記載された発明の「空気袋」を,脚載せ台部E2の「足裏に対向するフレーム面」,「足の側部に対向するフレーム面」,及び脚載せ台部E1の「脚の側部に対向するフレーム面」に設ける(物理的に接続する)には,甲4文献の図1及び図3を参酌すると,それぞれのフレーム面を覆うまで空気袋の幅を広げ,広げた部分をそれぞれのフレーム面に設ける(物理的に接続する)必要がある。
しかし,甲4文献の【0011】に「脚載せ台Eは図1に示すように金属等のパイプにて形成されたフレーム2と布のような柔軟性あるシート材にて形成された空気袋3とで構成されている。この脚載せ台Eには人体の両脚を収めるための凹溝部1を一対平行に設けてあり,各凹溝部1で空気袋3は略U字状になるように吊り下げられている。」という記載から,空気袋は略U字状に吊り下げるようにフレームに固定されているのであるから,さらに空気袋を上記フレーム面に設ける(物理的に接続する)必要がない。
そして,空気袋は布のような柔軟性あるシート材にて形成されており,甲4文献の【0012】に「これにより脚載せ台Eの凹溝部1に脚8を収めたとき脚8のふくらはぎ8aも脚8の足8bの足首から踵までの部分も空気袋3に沿わせることができ,空気袋3を膨張収縮させることにより脚8のふくらはぎ8aから足8bの一部までマッサージすることができ,椅子式のマッサージ機の脚載せ台Eとした場合,足8bまでの全身のマッサージができる。」(下線は,当審が付与した。)という記載を踏まえると,甲4文献に記載された発明は,柔軟な空気袋を略U字状に吊り下げることによって,空気袋を脚や足の様々な形状に沿わせることができるようにしたものと考えられるので,空気袋を上記フレーム面に設ける(物理的に接続する)と,足や脚の形状に空気袋を沿わせるという甲4文献に記載された発明特有の作用効果を失う可能性がある。
以上から,甲4文献に記載された発明の空気袋を「足裏に対向するフレーム面」,「足の側部に対向するフレーム面」,及び「脚の側部に対向するフレーム面」に設ける(物理的に接続する)動機づけは見いだせず,むしろ阻害要因があるといえる。よって,相違点2に係る本件発明1の構成は,甲4発明に基づいて当業者が容易になし得るものではない。

オ 本件発明1についてのまとめ
以上のとおりであるから,本件発明1は,甲4文献に記載された発明及び甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものではない。
したがって,本件発明1に係る特許は,特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではなく,請求人が主張する無効理由4(1)によっては無効とすることはできない。

(3)本件発明2について
ア 対比
本件発明2は,本件発明1の構成要件Bの「複数」及び構成要件Gの「前記脚載せ部は,前記最先端の脚保持部材および前記他の脚保持部材のそれぞれが前記座部の前部に対して脚の長さ方向に移動可能」以外を全て含むから,本件発明2と甲4文献に記載された発明とは,上記一致点(前記(2)イ(ア))のうち上記構成を除いた点で一致し,上記相違点1及び相違点2(前記(2)イ(イ)a及びb)に加えて,次の点で相違する。
(相違点3)
本件発明2は,「少なくとも3つの脚保持部材を脚の長さ方向に並べて成り,」「最先端の脚保持部材には足裏押し当て面が設けられ」「隣り合う前記脚保持部材の各離隔距離を脚の長さ方向にそれぞれ変更可能であ」るのに対して,甲4文献に記載された発明は,「2つの脚保持部材を並べて成り,」「最先端の脚保持部材には足裏押し当て面が設けられ」ているが,「最先端の脚保持部材と他の脚保持部材の離隔距離を脚の長さ方向に変更可能」でない点。

イ 判断
相違点3について検討するに,甲10文献には,前記(1)キ(イ)で認定された「マッサージ機能を有する3つの空気袋1を固定した枠体4を脚の長さ方向に並べて成り,隣り合う枠体4の各離隔距離を脚の長さ方向にそれぞれ変更可能である発明。」が記載されてはいるが,甲10文献に記載された発明の最先端の枠体(本件発明2の「最先端の脚保持部材」に相当。)には足裏押し当て面が設けられていない。そして,前記(2)ウ(イ)及び(ウ)で検討したように,甲4文献に記載された発明において,第2脚載せ台部E2(本件発明2の「最先端の脚保持部材」に相当。)は,フットレストとして機能し得る状態で脚の長さ方向に移動させるものでないし,脚の長さ方向に移動させることはできないので,甲4文献に記載された発明に,甲10文献に記載された発明を適用したとしても,甲10文献に記載された発明のように足裏押し当て面を有しない枠体の各離隔距離を脚の長さ方向にそれぞれ変更可能なように構成することになり,相違点3に係る「最先端の脚保持部材には足裏押し当て面が設けられ」「隣り合う脚保持部材の各離隔距離を脚の長さ方向にそれぞれ変更可能」に構成することにはならず,またそのように構成することも当業者が容易になし得ることでもない。
また,請求人は,本件発明2は,甲4文献に記載された発明及び甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲10文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであると主張するが,相違点1および2については前記(2)ウ及びエで検討したとおりである。さらに,相違点1,2に係る構成は甲10文献にも記載されていない。
よって,本件発明2は,甲4文献に記載された発明及び甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲10文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものでない。
したがって,本件発明2に係る特許は,特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではなく,請求人が主張する無効理由4(2)によっては無効とすることはできない。

(4)本件発明3について
ア 対比
本件発明3と甲4文献に記載された発明とを対比すると,両者は,上記本件発明1又は本件発明2との一致点で一致し,上記相違点1及び2又は相違点1ないし3に加え,次の点で相違する。
(相違点4)
本件発明3は,「前記脚載せ部の脚先側下端には,下向き状態にある前記脚載せ部が伸長すると床に接地する車輪が設けられ」ているのに対して,甲4発明は,そのような車輪を有さない点。

イ 判断
請求人は,本件発明3は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,又は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,甲10文献に記載された発明,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであると主張するが,相違点1および2については前記(2)ウ及びエ並びに(3)イで,また,相違点3については前記(3)イで検討したとおりである。
よって,相違点4について検討するまでもなく,本件発明3は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,又は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,甲10文献に記載された発明,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものでない。
したがって,本件発明3に係る特許は,特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではなく,請求人が主張する無効理由4(3)(4)によっては無効とすることはできない。

(5)本件発明4について
ア 対比
本件発明4と甲4文献に記載された発明とを対比すると,両者は,上記本件発明2との一致点で一致し,上記相違点1ないし3で相違する。

イ 判断
請求人は,本件発明4は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲10文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであると主張するが,相違点1および2については前記(2)ウ及びエ並びに(3)イで,また,相違点3については前記(3)イで検討したとおりである。
よって,本件発明4は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,甲10文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものでない。
したがって,本件発明4に係る特許は,特許法第29条第2項の規定に違反してなされたものではなく,請求人が主張する無効理由4(5)によっては無効とすることはできない。

(6)無効理由4についてのまとめ
以上のとおりであるから,本件発明1は,甲4文献に記載された発明及び甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術に基づいて,本件発明2は,甲4文献に記載された発明及び甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲10文献に記載された発明に基づいて,本件発明3は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,又は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,甲10文献に記載された発明,及び甲7文献に記載された発明に基づいて,本件発明4は,甲4文献に記載された発明,甲5文献ないし甲9文献に記載された周知技術,甲10文献に記載された発明に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであるということはできない。

5 むすび
以上に述べたとおり,請求人が主張する理由及び提出した証拠方法によっては,本件特許の請求項1ないし請求項4に係る発明についての特許を無効にすることはできない。
審判に関する費用については,特許法第169条第2項で準用する民事訴訟法第61条の規定により,請求人が負担するべきものとする。
よって,結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2018-11-20 
結審通知日 2018-11-22 
審決日 2018-12-06 
出願番号 特願2011-157490(P2011-157490)
審決分類 P 1 113・ 121- Y (A61H)
P 1 113・ 537- Y (A61H)
P 1 113・ 536- Y (A61H)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 土田 嘉一  
特許庁審判長 内藤 真徳
特許庁審判官 関谷 一夫
林 茂樹
登録日 2013-03-01 
登録番号 特許第5209091号(P5209091)
発明の名称 マッサージ機  
代理人 石津 真二  
代理人 矢倉 雄太  
代理人 古庄 俊哉  
代理人 辻本 良知  
代理人 三山 峻司  
代理人 丸山 英之  
代理人 富田 詩織  
代理人 辻本 希世士  
代理人 杉野 文香  
代理人 重冨 貴光  
代理人 橋本 敬之  
代理人 特許業務法人R&C  
代理人 手代木 啓  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ