• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  C12C
審判 全部申し立て 特36条4項詳細な説明の記載不備  C12C
審判 全部申し立て 2項進歩性  C12C
審判 全部申し立て 特174条1項  C12C
管理番号 1372726
異議申立番号 異議2020-700840  
総通号数 257 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2021-05-28 
種別 異議の決定 
異議申立日 2020-10-27 
確定日 2021-03-25 
異議申立件数
事件の表示 特許第6689569号発明「ビールテイストアルコール飲料およびその製造方法」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6689569号の請求項1ないし6に係る特許を維持する。 
理由 第1 手続の経緯の概要
特許第6689569号の請求項1?6に係る特許についての出願は、平成27年1月8日に特許出願され、令和2年4月10日にその特許権の設定登録がされ、令和2年4月28日にその特許公報が発行され、その後、その全請求項に係る発明の特許に対し、令和2年10月27日に田中 眞喜子(以下「特許異議申立人」という。)により特許異議の申立てがされ、令和3年3月5日に特許異議申立人により上申書が提出されたものである。

第2 本件発明
本件特許の請求項1?6に係る発明は、願書に添付した特許請求の範囲の請求項1?6に記載された事項により特定される次のとおりのもの(以下「本件発明1」などと、それらをまとめて「本件発明」ということがある。)である。

「【請求項1】
麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とし、かつ、麦芽使用比率が3分の2未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料であって、
該飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分を含んでなり、
該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.15mg/ml以上0.31mg/ml以下であり、
全タンパク量(mg/mL)に対する前記ペプチドの量(mg/mL)の比率が4.3%以上8.0%以下であり、
該飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分を含んでなり、
該α-グルカン画分に含まれる重合度5?10のα-グルカンの飲料中の濃度(α-グルカンの合計量)が3.3mg/ml以上13.0mg/ml以下であり、
前記ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を少なくとも含むものである、ビールテイスト発酵アルコール飲料。
【請求項2】
分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.19mg/ml以上である、請求項1に記載のビールテイスト発酵アルコール飲料。
【請求項3】
麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分と、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分とが配合されてなる、麦芽使用比率が3分の2未満であるビールテイストアルコール飲料であって、
前記ペプチド画分が、該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.15mg/ml以上0.31mg/ml以下の濃度となり、かつ、全タンパク量(mg/mL)に対する前記ペプチドの量(mg/mL)の比率が4.3%以上8.0%以下の比率となるように配合されてなり、
前記α-グルカン画分が、該α-グルカン画分に含まれる重合度5?10のα-グルカンの飲料中の濃度(α-グルカンの合計量)が3.3mg/ml以上13.0mg/ml以下の濃度となるよう配合されてなり、
前記ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を少なくとも含むものである、ビールテイストアルコール飲料。
【請求項4】
分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.19mg/ml以上の濃度となるように、前記ペプチド画分が配合されてなる、請求項3に記載のビールテイストアルコール飲料。
【請求項5】
麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分を発酵前の発酵前液、発酵中の発酵液または発酵後の発酵液に配合する工程と、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分を発酵前の発酵前液、発酵中の発酵液、あるいは発酵後の発酵液に配合する工程とを含んでなる、ビールテイストアルコール飲料の製造方法であって、
前記ペプチド画分を、該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.15mg/ml以上0.31mg/ml以下の濃度となり、かつ、全タンパク量(mg/mL)に対する前記ペプチドの量(mg/mL)の比率が4.3%以上8.0%以下の比率となるように配合し、
前記α-グルカン画分を、該α-グルカン画分に含まれる重合度5?10のα-グルカンの飲料中の濃度(α-グルカンの合計量)が3.3mg/ml以上13.0mg/ml以下の濃度となるよう配合し、
前記ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を少なくとも含むものである、製造方法。
【請求項6】
分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.19mg/ml以上の濃度となるように、前記ペプチド画分が配合される、請求項5に記載のビールテイストアルコール飲料の製造方法。」

第3 申立理由の概要
特許異議申立人が申し立てた取消理由の概要は次のとおりである。

[理由1]本件発明1?6について、発明の詳細な説明の記載は、当業者がその実施をすることができる程度に明確かつ十分に記載したものではないから、特許法第36条第4項第1号に適合しない。
したがって、本件発明1?6に係る特許は、特許法第36条第4項第1号に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。
[理由2]本件発明1?6について、特許を受けようとする発明が発明の詳細な説明に記載したものではないから、特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第1号に適合しない。
したがって、本件発明1?6に係る特許は、特許法第36条第6項に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。
[理由3]本件発明1?6について、特許を受けようとする発明が明確でないから、特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第2号に適合しない。
したがって、本件発明1?6に係る特許は、特許法第36条第6項に規定する要件を満たしていない特許出願に対してされたものである。
[理由4]本件発明1?6について、令和2年2月10日付けの手続補正は、願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてしたものではない。
したがって、本件発明1?6に係る特許は、特許法第17条の2第3項に規定する要件を満たしていない補正をした特許出願に対してされたものである。
[理由5]本件発明1?6は、甲第5、3、6?11号証に記載された発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本件発明1?6に係る特許は、特許法第29条の規定に違反してされたものである。

第4 当審の判断
1 甲各号証及びそれらの記載事項
甲各号証及びそれらの記載事項は以下のとおりである(なお、以下甲第1号証を「甲1」、などという)。

甲1:特開2009-91323号公報
甲2:化学と生物、Vol.54、No.6、2016、pp.377-378
甲3:特表平9-505997号公報
甲4:新村出編、広辞苑 第六版、株式会社岩波書店、2008年1月11日第6版第1刷発行、机上版あ-そ、p.502,机上版た-ん、p.2507
甲5:宮地秀夫著、ビール醸造技術、株式会社食品産業新聞社、1999年12月28日初版発行、pp.383-385
甲6:国際公開第2011/052483号
甲7:特開2014-158502号公報
甲8:KIRIN News Release 「淡麗グリーンラベル」リニューアル発売?「カラダもココロも心地よい」"糖質70%オフ"の発泡酒?、[online]、2015年1月9日、インターネット、<retrieved from the Internet、URL; https://www.kirin.co.jp/company/news/2015/0109_5.html>
甲9:Food Research International、54(2013)、pp.1013-1020
甲10:J.Inst.Brew.、2014、120、pp.85-92
甲11:International Journal of Food Microbiology、147(2011)、pp.17-25

甲1:
1a)「【0002】
植物由来の非特異的リピドトランスファープロテイン(nonspecific lipid transfer protein、以下LTPと略記することもある)は、91?95個のアミノ酸で構成され、分子量が約9kDaの塩基性タンパク質で、種々の穀類や野菜、果樹などに広く見出されている(非特許文献1?3参照)。穀類種子では分子量が約7kDaのLTPも報告されており、約9kDa蛋白質がLTP1、約7kDa蛋白質がLTP2と呼ばれている(非特許文献2参照)が、本明細書では「LTP」とはすべてLTP1のみを指す。」

1b)「【0024】
実施例1(抗小麦LTPペプチド抗体の作製と交差反応)
各種農作物のLTP配列(表1)を比較し、修飾の受け難さや分子表面露出の可能性等を考慮して、小麦種子アリューロン層由来LTPの17番?27番アミノ酸11個の部分ペプチド(vqggpgpsgqc:配列番号1)を合成して抗ペプチド抗体を作製した。
【0025】
抗小麦LTPペプチド抗体の作製は以下のように行なった。
HPLCで精製した合成ペプチド3mgをMBS法(Liu, F., Zinnecker, M. and Katz, D. H., New procedures for preparation and isolation of conjugates of proteins and a synthetic copolymer of D-amino acids and immunochemical characterization of such conjugates. Biochemistry, 18,690-697 (1979)参照)でヘモシアニンに結合した後、ウサギ1羽に3回に分けて感作を行い、1回目の感作から63日後に全採血し、さらにProtein-Aカラムにより血清から免疫グロブリンG(IgG)を精製した。Protein-Aカラム精製後のIgGは5.75 mg/mL濃度で42mL得られた。
【0026】
次に、小麦、大麦、ライ麦、エン麦、コメ、トウモロコシ、落花生、ニンジン及びリンゴの各農作物の水抽出物をタンパク量にして20μgずつ用いてイミュノブロッティングを行った。
まず、上述の方法により得られた農作物水抽出物をSDS-PAGEに供した。試料を等容量の「トリスSDS-β-MEサンプル処理液」(第一化学薬品)と混合後、95℃で5分間熱処理してから、10?20%アクリルアミドゲル(オリエンタルインスツルメンツ)、または15?25%アクリルアミドゲル(第一化学薬品)と「SDS-トリスグリシンバッファー」(第一化学薬品)を用いて電気泳動し、「2D-銀染色試薬・II」(第一化学薬品)によりタンパク質を検出した。次いで、上記で得られた抗小麦LTPペプチドIgGを用いて、上述の方法によりイミュノブロットを行った。
銀染色及びイミュノブロット法の結果を、それぞれ図1の(A)及び(B)に示す。図1中、aは小麦、bは大麦、cはライ麦、dはエン麦、eはコメ、fはトウモロコシ、gは落花生、hはニンジン、iはリンゴを示す。
【0027】
図1(B)において、小麦とライ麦では,約9kDaのLTPの位置に強い発光が認められ,バンドの中央部が白くなっている。大麦やエン麦でもLTPの位置に発光が少し認められたが、コメなどの他の農作物には発光が認められなかった(図1)。
【0028】
次に、これらのうち麦類の水抽出物について,試料のタンパク量を5μgおよび1μgとして、上記と同様にイミュノブロット法を行なった結果を図2に示す。図2中、aは小麦、bは大麦、cはライ麦;dはエン麦を示す。
その結果、大麦やエン麦のLTPの位置に発光は認められなかったのに対して、小麦やライ麦ではタンパク量が1μgでもLTPの位置に発光が認められた(図2)。なお、タンパク量が20μgの場合、ライ麦では約30kDaの位置に、エン麦では約18kDaの位置にそれぞれ副バンドが認められたが(図1(B))、タンパク量が5μgおよび1μgの場合はこれらの副バンドも認められなかった(図2)。
【0029】
本実施例において、小麦LTPの部分ペプチドに対するポリクローナル抗体を初めて得た。抗原として用いたコムギ種子アリューロン層LTPの部分ペプチドのアミノ酸(17?27番)配列は、特にオオムギ種子アリューロン層LTPと相同性が高い箇所(アミノ酸11個中10個が合致,表1)であったが(非特許文献2参照)、得られた抗ペプチドIgGはオオムギ種子LTPとの交差性は低かった。LTPの配列は主に欧州で解析されているため、抗原に用いたLTPの部分ペプチドのアミノ酸配列が、日本のオオムギ品種と異なっている可能性がある。」

1c)「【図1】



甲2:
2a)「もとよりアレルゲンとなるタンパク質はその生物が生きていくために重要な働きをしており,特に植物では種を超えて高い相同性で保存されているためにIgE抗体が交差反応しやすい.そのため一度アレルギーを発症すると,多くの食べ物で症状が誘発されるという特徴をもつ.特に感染特異的タンパク質(pathogenesis-related protein)にはPR-5: thaumatin-like protein, PR-10: Bet v1類似タンパク質,PR-14: lipid transfer protein(LTP)などの代表的なアレルゲンがある.
近年増加傾向にある果物アレルギーも,コンポーネント解析から病態・対応の違いを説明することができる.特定の果物を食べたとき,口腔粘膜に局限して症状が現れる口腔アレルギー症候群は,花粉により経粘膜・経気道的に感作されていることが多い.変性しやすいタンバク質が原因であることが多く,果物の生食で症状が誘発されても,加熱すれば食べられることがほとんどである.一方,果物摂取により全身症状を引き起こす場合もあり,この場合のアレルゲンとしてLTPがよく知られている. LTPは9kDaと低分子サイズながら4対のS-S結合をもち,pHや熱の変化に強いため消化されにくく,発酵食品においても残存している^((4)).さまざまな植物性食品で重篤な全身症状を引き起こすため,LTP症候群といわれるほど注目されてきた.われわれはLTPに対するモノクローナル抗体を確立する過程で,偶然不純物であるGibberellin Regulated Protein (GRP) に対する抗体を取得し,実はこれまでLTPと考えられてきた日本人の重症桃アレルギーの主要アレルゲンがGRPであることを明らかにした^((5)).GRPはLTPと同様に低分子サイズ(約7kDa)の塩基性タンパク質であるため,通常の精製方法では両者を完全分離することは極めて難しいが,われわれは抗GRPモノクローナル抗休カラムを用いることにより.迅速・簡便に純化することを可能にした.さらに,LTP,GRPそれぞれに対するモノクローナル抗休で特異的定量系を構築したところ,LTPは皮に,GRPは果肉に局在していた.LTPは桃を皮ごと食べる地中海地方の重篤な桃アレルギーの原因であるが,皮を除くと食べられることが多い.一方,日本人の多くは桃を食べるときには皮をむくためLTPによる感作はほとんどなく,GRPが重要なアレルゲンになると考えられる.」(377ページ左欄21行?右欄21行)

甲3:
3a)「例2
ビール泡からのLTP1の精製
図1に示すようなホウケイ酸塩ガラス容器の中に連続的な泡の塔を作った。泡は、ラガー・ビール15l(以下に述べる化学薬品の量をすべて9分の1にした場合には1.65l)に、窒素ガスを一晩の間450ml/minで吹き込むことによってできたものである。窒素ガスは、泡の塔に吹き込む前に水蒸気によって飽和しておいた。出口に集めた泡をつぶし、もとのビールの容積まで蒸留水で希釈して、泡の塔に戻した。上記のように2度目及び3度目のフローテーション(flotation)を行ったところ、ラガー・ビールの3度目のフローテーションで集めた泡は、もとのビール中の泡の総含有量の35%を含んでいることがわかった。
50mM酢酸アンモニウムで平衡されたpH4.5のカラム(5cm×87cm、1700ml)中のSephadex G-75上でのゲル濾過により、分子量に従って最後のフローテーションからつぶした泡に含まれていた成分を分離した。3度目のフローテーションからつぶした泡をSephadex G-75上でゲル濾過したところ、280nmに吸収を有する3つのピークが生じた(図2)。これらのピークのうち2つを、図2に示すとおり、それぞれHMW、LMWと名付けた。HMW画分は約90%の炭水化物と10%のタンパク質からなり、LMW画分は90%のタンパク質と10%の炭水化物からなる。第3のピークは、アミノ酸、イソフムロン類(isohumulones)、炭水化物のような低分子量化合物を含むことがわかった。
LMW画分及びプールされた画分のアミノ酸組成は、公知のオオムギ脂質移送タンパク(LTP1)のアミノ酸組成に類似していた(参考文献18)(表II)。LMWのSDSポリアクリルアミド・ゲル電気泳動は、6000?18000Daltonの範囲の分子量をカバーするCoomassie Blue R350で染色すると着色を示した。しかしながら、オオムギ-LTP1に対する特異的な抗体を用いたウェスタン・ブロッティングを行ったところ、オオムギ-LTP1(分子量9700Dalton)がLMWの主成分であることがわかった(図5)。このことは、N-末端アミノ酸配列決定によっても確認された。
LMWのアミノ酸組成は、オオムギ-LTP1のアミノ酸組成と比べて高いProとGlxの値を示した(参考文献18)(表II)。」(19ページ10行?20ページ10行)

甲4:
4a)「分画2に同じ。」(「画分」の項)

4b)「○1(当審注:○の中に1。以下同様)分割して区画すること。また、その区画。○2混合物質を構成成分に分けること。また、分けられたそれぞれの成分。画分。」(「分画・分劃」の項)

甲5:
5a)「狩野ら(1993)は泡の蛋白質は40KDが最も効果あり湿潤粉砕仕込は泡持ちが良いとした。横井らはこのアルブミン成分はプロティンZであるとし、・・・また、Douma(1989)は泡持ち高分子の40KDばかりでなく低分子の8?18KDのポリペプチドがあると相乗効果があるとしている。」(383ページ下から4?1行)

5b)「

」(384ページ)

甲6:
6a)「[請求項1] 疎水性ポリペプチドを1.1g/L以上含有する
ことを特徴とする発泡性飲料。
[請求項2] 前記疎水性ポリペプチドは、修正レッカー定数の合計値が10.3以上である
ことを特徴とする請求項1に記載された発泡性飲料。
[請求項3] 前記疎水性ポリペプチドは、プロリン含有量が13.5モル%以上である
ことを特徴とする請求項1又は2に記載された発泡性飲料。
[請求項4] 前記疎水性ポリペプチドは、分子量が10?25kDaのポリペプチドを含む
ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載された発泡性飲料。
[請求項5] 前記疎水性ポリペプチドは、大麦から得られたポリペプチドである
ことを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載された発泡性飲料。
[請求項6] 大麦を含む原料を使用して発泡性飲料を製造する方法であって、前記大麦をプロテアーゼで処理することによって、前記大麦を前記プロテアーゼで処理しない場合に比べて、疎水性ポリペプチドの含有量が増加した前記発泡性飲料を製造する
ことを特徴とする発泡性飲料の製造方法。
[請求項7] 前記原料は大麦麦芽をさらに含み、
前記大麦を前記大麦麦芽と混合することなく前記プロテアーゼで処理する
ことを特徴とする請求項6に記載された発泡性飲料の製造方法。
[請求項8] 前記大麦をプロテアーゼで処理することによって、前記疎水性ポリペプチドの含有量が、前記大麦を前記プロテアーゼで処理しない場合に比べて、0.05g/L以上増加した前記発泡性飲料を製造する
ことを特徴とする請求項6又は7に記載された発泡性飲料の製造方法。
[請求項9] 大麦と大麦麦芽とを含む原料を使用して発泡性飲料を製造する方法であって、
第一の槽内で、前記大麦及びプロテアーゼを含む大麦組成物を、前記プロテアーゼが作用する温度で保持する大麦処理工程と、
前記大麦処理工程と並行して、第二の槽内で、前記大麦麦芽を含む麦芽組成物を、前記大麦麦芽に含まれる酵素が作用する温度で保持する麦芽処理工程と、
前記大麦処理工程において前記プロテアーゼで処理された前記大麦組成物と、前記麦芽処理工程において前記酵素で処理された前記麦芽組成物と、を混合する混合工程と、
を含む
ことを特徴とする発泡性飲料の製造方法。
[請求項10] 疎水性ポリペプチドを有効成分として含有する
ことを特徴とする泡特性改善剤。
[請求項11] 請求項10に記載された泡特性改善剤を使用する
ことを特徴とする発泡性飲料の製造方法。」(請求の範囲)

6b)「[0020] 発泡性飲料は、例えば、発泡性アルコール飲料とすることができる。本実施形態において、発泡性アルコール飲料とは、上述のような泡特性を有する発泡性飲料であって、例えば、エタノールを1体積%以上の濃度で含有する飲料である。具体的に、発泡性アルコール飲料としては、例えば、ビール、発泡酒、発泡酒にスピリッツを添加してなる発泡性アルコール飲料(日本の酒税法で定義されるリキュール類)が挙げられる。」

6c)「[0202] 図10Aに示すように、0?40%飽和硫安沈殿物においては、大麦抽出物をプロテアーゼで処理することにより(図中の「P5」)、大麦抽出物をプロテアーゼで処理しない場合(図中の「プロテアーゼなし」)に比べて、分子量10?25kDaに相当する保持時間26?30分の範囲内に検出されるピークの高さが顕著に増加した。」

6d)「[0229][官能検査]
9種類の発泡性アルコール飲料について、熟練した8人のパネリストによる官能検査を行った。すなわち、発泡性アルコール飲料の香りや味等に関する多数の項目についてパネリストが総合的に評価を行い、点数を付けた。
[0230] 図14には、官能検査の結果を示す。図14において、縦軸は、官能検査で得られた評価に基づく点数を示す。点数が高いほど、好ましい評価が得られたことを示す。図14に示すように、大麦をプロテアーゼで処理することにより、発泡性アルコール飲料の官能評価が向上した。ただし、プロテアーゼの添加量が0.5重量%の場合には、当該プロテアーゼを添加しない場合(図中の「無添加」)よりも評価が低くなった。」

6e)「



甲7:
7a)「【請求項1】
カルボキシアルキルアミノ酸に対する抗体と反応性を有する物質であって、カルボキシメチルリジン又はカルボキシエチルリジンを含み、かつ分子量10?20kDaのペプチドであるコク味付与物質。
【請求項2】
麦汁、ワイン、ビール、味噌、日本酒、又はチーズに由来するものである請求項1に記載のコク味付与物質。
【請求項3】
麦芽煮沸液由来のものである請求項1又は2に記載のコク味付与物質。
【請求項4】
請求項1?3のいずれかに記載のコク味付与物質を添加した飲食品。
【請求項5】
ビールである請求項4に記載の飲食品。
【請求項6】
請求項1?3のいずれかに記載のコク味付与物質を指標とした、飲食品の評価方法又は製造工程管理方法。
【請求項7】
請求項1?3のいずれかに記載のコク味付与物質の量を測定する工程を含む請求項6に記載の方法。
【請求項8】
カルボキシアルキルアミノ酸に対する抗体を使用し、該抗体に対する反応性を指標とするコク味付与物質のスクリーニング方法を行うための、カルボキシアルキルアミノ酸に対する抗体を含むコク味付与物質検出用キットであって、コク味付与物質がカルボキシメチルリジン又はカルボキシエチルリジンを含み、かつ分子量10?20kDaのペプチドであるキット。」

甲8:
8a)「「淡麗グリーンラベル」リニューアル発売
?「カラダもココロも心地よい」"糖質70%オフ"の発泡酒?

2015年1月9日
キリンビール株式会社


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、"糖質70%オフ"※1で人気の「淡麗グリーンラベル」をリニューアルし、3月下旬製造品より全国で順次切り替えます。
・・・
近年、健康意識の高まりにより、ビール類における機能系商品の拡大傾向が続いています。「淡麗グリーンラベル」は2002年の発売以来、「おいしい糖質オフ」としてお客様に好評いただいています。今回のリニューアルでは、アロマホップの一種で柑橘類を思わせる華やかな香りが特長のカスケードホップを増量し、麦芽と大麦をそれぞれしっかり仕込む・・・
今回のリニューアルを通じて、淡麗○R(当審注:○の中にR)ブランドの発泡酒NO.1※3としての存在感をさらに高め、発泡酒市場全体のさらなる活性化を目指します。
※3 2013年発泡酒課税出荷数量による」

甲9(訳文により示す。):
9a)「2.4.オオムギ二量体αアミラーゼ阻害剤-1(BDAI-1)
ビールにおいていくつかのアミラーゼ阻害剤が同定されている。これらの中で、二量体αアミラーゼ阻害剤-1(BDAI-1)は、泡持ち関連タンパク質および濁り活性関連タンパク質であることが示唆されている(表 1)。Okada et al.(2008)は、あり得る泡活性タンパク質としてオオムギ二量体のαアミラーゼ阻害剤-1(BDAI-1)を同定した。泡安定性は一般的に、麦芽改変に伴って減少する。Okada et al.は、カナダ産品種由来の麦芽を使用して生じたビールの泡安定性は、麦芽改変に関わらず高いレベルで一定であるが、2つの日本産品種から作製したビールは安定性が低いことを見出した。ビールの泡安定性の原因となるタンパク質を同定するために、Okada et al.は、3つの画分、すなわち、全ビールタンパク質、塩沈殿タンパク質およびビールの泡から濃縮させたタンパク質中のビールプロテオームを分析した。2DE分析およびMS分析により、BDAI-1は、25%硫酸アンモニウムを使用して分画され、泡画分中で濃縮された、試験したカナダ品種に特異的な泡関連タンパク質であることが示唆された。パンのクラム構造に影響を及ぼすドウ由来の泡陽性可溶性タンパク質が同定された(Salt, Robertson, Jenkins, Mulholland, & Mills, 2005)。これらの結果は、αアミラーゼ阻害剤がドウリカーを左右することを示し、それにより、これらのタンパク質がドウの水相に影響する可能性があることが示唆された。これらの結果は、オオムギ二量体αアミラーゼ阻害剤が、あり得る泡安定化タンパク質であることを示唆したOkada et al.(2008)と一致した。
Iimure et al.(2009)は、濁り活性タンパク質として、BDAI-1に加えて、CMbおよびBTI-CMeを同定した。」(1016ページ、右欄下から3行?1017ページ、左欄23行)

甲10(訳文により示す。):
10a)「オオムギのセルピンプロテインZの最も豊富な形態であるプロテインZ4は、ビールの泡の主成分の1つであり、セリンプロテアーゼの活性を阻害する。麦芽の品質に影響を与える麦芽プロテアーゼに対するタンパク質Z4の影響の可能性は、醸造者にとって興味深いものである。さらに、醸造プロセスにおけるZ4の持続性と、それに続くビール中のZ4の存在は、泡への影響のために醸造者にとって重要である。プロテアーゼ阻害とビールの噴出に対するZ4の影響を分析するために、Pichia pastoris細胞をZ4コーディング遺伝子で異種形質転換し、タンパク質を形質転換体の液体培養物の上清から回収した。寒天拡散アッセイは、組換えZ4タンパク質が大麦麦芽に存在するプロテアーゼに対して阻害効果を有することを示した。このタンパク質の熱変性はプロテアーゼ阻害を損ない、Z4の構造の分解を明らかにした。クラス2ハイドロフォビンFcHyd5pで前処理したビールにこのタンパク質を添加することにより、ハイドロフォビン誘発性の噴出に対するZ4の影響を分析した。結果は、噴出するビールにプロテインZ4を添加すると、オーバーフロー量が大幅に減少することを示した。熱処理は、Z4の噴出低減能力に再び悪影響を及ぼした。」(85ページ、要約)

甲11(訳文により示す。):
11a)「開封時のビールの自発的な過剰発泡、すなわちビールの噴出は、醸造業界にとって望ましくない現象である。現在、糸状菌由来の界面活性タンパク質およびオオムギ由来の非特異的脂質転移タンパク質(nsLTP1)が、噴出誘導物質として議論されている。私たちの研究では、Fusarium culmorumからのクラスIハイドロフォビンFcHyd3p、Trichoderma reeseiからのクラスIIハイドロフォビンHfb2、F.graminearumからのアルカリ泡プロテインA(AfpA)とHordeum vulgare cv. Marnie(オオムギ)からのnsLTP1はPichia pastrisで異種発現され、噴出テストで使用された。クラスIハイドロフォビンFcHyd3pは、ビールの噴出を誘発できなかった。クラスIIハイドロフォビンHfb2はビールの噴出を誘発することができたが、熱処理および濃縮ホップ化合物の存在によって阻害されることが証明された。両方とも、低い噴出能力であるとの結果だった。AfpAとnsLTP1は、ビールに添加された量では噴出を誘発する可能性を示さなかった。事前にクラスIIハイドロフォビンで処理されたビールまたは炭酸水にこれらのタンパク質を添加すると、噴出を抑制する特性が明らかになった。」(17ページ、要約)

2 理由1?4について
2-1 特許異議申立人の理由1?4についての具体的な主張の概要は次のとおりである。
(1)「ペプチド画分」及び「α-グルカン画分」の規定について
(1-A)クレームの規定が本件明細書に記載された範囲を超えている
本件発明1?6では「ペプチド画分」や「α-グルカン画分」に関して規定されているが、明確性要件違反、サポート要件違反、実施可能要件違反、新規事項の追加である。
「画分」とは、分画と同義であり、分画は、「混合物質を構成成分に分けること。また、分けられたそれぞれの成分。」を意味するから、本件発明で規定される「ペプチド画分を含む」との記載は、「分画により混合物質から分けられて得られたペプチド成分を含む」という意味である。即ち、添加画分を用いた態様を指すと理解され、それ以外の態様(ペプチド画分を添加せず製造条件により調整する態様など)は想定できない。
このことは、本件明細書の段落0021、0023において、ペプチド画分を用いる場合には、別途調製して添加していることからも分かる。
同様に、本件発明における「該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度」とは、添加画分に由来するペプチドの飲料中の濃度を示すものであり、その後に続く「ペプチドの合計量」という括弧書きを参酌すると、添加画分に由来する総ペプチドの飲料中の濃度が示されているとみるのが相当である。
このことは、本件発明1、3、5において、ペプチド画分の由来となる飲料が、添加先の飲料やその中間品とは異なる飲料に由来するものであることが規定されていることからも明らかである。
しかしながら、本件明細書では、添加画分のみに由来するペプチドの濃度を特定の範囲とすることで所望の効果が得られることは何ら記載されていない。
従って、「該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)」が特定範囲内であることを規定する本件発明は、本件明細書に記載した範囲を超えるものであり、サポート要件、実施可能要件に違反する。また、当該規定を追加した令和2年2月10日付けの補正は新規事項を追加するものである。
上記のとおり、「該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)」との規定は、添加画分に由来する総ペプチドの濃度を示すとみるのが相当であり、現クレームの規定からは、添加先の飲料(ベース飲料)に由来するペプチドとの合計濃度と解することはできない。そもそも、添加先の飲料(ベース飲料)に由来するペプチドは分画されて得られたものではないのであるから、添加先の飲料(ベース飲料)においては、ペプチド画分自体を観念し得ないと考えるのが自然である。従って、当該規定が、飲料中のペプチドの濃度を規定する意図であるとすれば、現クレームの規定からはそのような意味が理解できず不明確であるといえる。
「α-グルカン画分」についても同様である。

(1-B)分子量10?20kDaのペプチド画分中に10kDa未満のペプチドを含むことについて
本件発明1、3、5では、「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分」を含むこと、及び「前記ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン?Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1」を含むことが規定されている。
しかしながら、非特異的脂質転移タンパク1 (LTP1) は、分子量が約9kDaであることが一般的に知られており、本件の審査において引用文献2として挙げられた甲第3号証の19頁11行-20頁8行においてもビール泡から精製したオオムギ-LTP1の分子量が9700Dalton であることが記載されている。従って、本件発明1?6の10?20kDaのペプチド画分中には、9700Daltonのようなペプチドは含み得ない筈であるところ、本件発明1?6では970ODaltonである非特異的脂質転移タンパク1(LTP1) を含むとしており、ペプチド画分の外縁が不明確である。
本件発明と同様に低糖質ビールテイスト発酵アルコール飲料を製造する第三者は、自己の製品が本件発明1?6で規定するペプチドの濃度や比率を充足するか否かを判断する必要があるが、上記のとおり、当該ペプチド画分の外縁は不明確であると、充足性判断ができないから、第三者に不測の不利益を与えるおそれがあるというべきである。
また、充足性判断に関し、本件発明は分子量10?20kDaのペプチド画分中に含まれるペプチドの濃度や比率が規定されているところ、本件明細書には分画条件が詳細に記載されていないことから、ゲル濾過法で分画しても条件次第では少なくとも数%?十数%のような無視できないレベルで結果にブレが生じるおそれがある。上記のとおり、ペプチド画分の外縁が不明確であるにも関わらず、分画条件も厳密に定まっていないのであるから、この点からも、第三者に不測の不利益を与えるおそれがあるといえる。
また、本件発明1?6では分子量10?20kDaのペプチド画分中に含まれるペプチドの濃度や比率が規定されているが、本件明細書において具体的に開示されているのは、上記のとおり、10kDa未満のペプチド(LTP1) を含むペプチドの濃度や比率であるから(本件明細書の表7)、本件明細書において、分子量10?20kDaのペプチドの濃度や比率が正しく開示されているとはいえない。
従って、本件特許発明1?6は、発明の詳細な説明で記載された範囲を超えるものであり、サポート要件及び実施可能要件を欠くものである。

(2)香味改善に寄与したペプチドが特定されていないことについて
「大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を含むオオムギ由来のペプチド」自体が香味に効果があるか否かは不明であり、サポート要件を欠くものである。
本件発明1?6では、「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分」と規定しており、「原料の一部とする」との規定からみて、実施例で効果を示した以外のビールテイスト発酵アルコール飲料に由来するペプチド画分についても包含し得る広範な規定となっている。
本件の実施例においては、大麦麦芽、大麦、コーングリッツなどを使用して得られたビールテイスト発酵アルコール飲料(段落0038?0040、0063?0066、0068)に由来するペプチド画分について香味改善効果があったこと以外は示されていない。
ここで、本件の実施例で効果を示したビールテイスト発酵アルコール飲料に由来するペプチド画分と、これ以外のビールテイスト発酵アルコール飲料(例えば、小麦を主たる原料として使用した飲料や、麦芽が極めて少量でコメ等を主たる原料として使用した飲料など)に由来するペプチド画分とは、ペプチド画分中に含まれるペプチドの組成が異なると考えられる。
このように使用する原料組成が異なった場合においてまで、本件実施例と同様の香味改善効果があるとの技術常識は存在せず、また、香味改善効果に寄与するペプチドも具体的に特定されていないのであるから、本件特許発明は、発明の課題が解決できることを当業者が認識できるように記載された範囲を超えるものであり、サポート要件を欠くものである。
また、仮に、上記のように使用する原料が異なった場合において何らかの香味改善効果があったとしても、本件発明1、3、5で規定する濃度や比率において所望の効果が得られるかどうかは全く不明であり、所望の効果を得るために過度の試行錯誤を強いるものであるから、本件発明1?6は、実施可能要件を欠くものである。

2-2 本件明細書の記載
本件明細書には、以下の記載がある。
「【0004】
・・・
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明は、雑味が抑制され、ビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがあるビールテイストアルコール飲料とその製造方法を提供することを目的とする。本発明はまた、ビールテイストアルコール飲料の風味改善剤と風味改善方法を提供することも目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明者らは、ビールテイストアルコール飲料において、特定分子量のペプチドと特定重合度のα-グルカンがビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーの付与や雑味の低減に寄与することを見出した。本発明者らはまた、特定分子量のペプチドの濃度を特定の濃度範囲内にすることで、よりビールらしい調和感のある味わいが実現できることを見出した。本発明者らはさらに、特定分子量のペプチドに加えて特定重合度のα-グルカンの濃度を特定の濃度範囲内にすることで上記効果がより一層発揮されることを見出した。本発明者らはさらに、ビールテイストアルコール飲料の風味改善に寄与するペプチドを具体的に特定した。本発明はこれらの知見に基づくものである。」

「【0008】
本発明によれば、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDaのペプチドを配合するか、該ペプチドの濃度を所定値の範囲内にすることによって、雑味が抑制され、ビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがあるビールテイストアルコール飲料を提供することができる。特に、麦芽使用比率50%未満のビールテイスト発酵アルコール飲料では、ビールで感じられるような味わい(特に柔らかくスムーズなテクスチャー)が不十分な場合があり、また、香味上の改善点(渋味やざらつきなどの雑味)が存在する場合や、味わいの調和が不十分である場合があり、本発明はこのような飲料のビールテイスト飲料としての風味を改善ないし向上させることができる点で有利である。また、分子量10?20kDaのペプチドは麦芽や未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に存在するものであることから、該ペプチドをビールテイストアルコール飲料に上乗せして配合しても異味を生じさせることがない点でも有利である。」

「【0009】
【図1】実施例1(6)でビール系麦芽アルコール飲料に添加したペプチド量を示した図である。
【図2】実施例1(6)でビール系麦芽アルコール飲料に添加したα-グルカン量を示した図である。
【図3】実施例1(6)の官能評価結果を示した図である。添加した画分ごとに官能評価スコアを示した。無添加のコントロールの官能評価スコアを2.5とした。
【図4】実施例2(3)において実施したHPLCゲル濾過分画の保持時間と既知物質の分子量から作成した検量線を示した図である。
【図5】実施例2(4)の官能評価結果(ビールらしい味わい)を示したバブルグラフである。縦軸を重合度5?10α-グルカン濃度(mg/ml)とし、横軸を10?20kDaペプチド濃度(mg/ml)として各サンプルをプロットした。横縞模様は市販品に、縦縞模様は麦芽50%未満(試験醸造)に、菱形模様は麦芽25%未満(試験醸造)にそれぞれ対応する。バブルサイズはビールらしい味わいスコアを表す。
【図6】実施例2(4)の官能評価結果(ビールらしい味わい)を示したバブルグラフである。縦軸を10?20kDaペプチド比率(%)とし、横軸を10?20kDaペプチド濃度(mg/ml)として各サンプルをプロットした。横縞模様は市販品に、縦縞模様は麦芽50%未満(試験醸造)に、菱形模様は麦芽25%未満(試験醸造)にそれぞれ対応する。バブルサイズはビールらしい味わいスコアを表す。
【図7】重合度5?10のα-グルカン濃度および10?20kDaのペプチド濃度と官能評価結果との相関関係を評価した図である。図7Aは重合度5?10のα-グルカン濃度に対して官能評価結果をプロットした図である。図7Bは10?20kDaのペプチド濃度に対して官能評価結果をプロットした図である。図7Cは重合度5?10のα-グルカン濃度に10?20kDaのペプチド濃度を乗じた値に対して官能評価結果をプロットした図である。
【図8】実施例4(2)の官能評価結果(ビールらしい味わい)を示したバブルグラフである。縦軸を重合度5?10α-グルカン濃度(mg/ml)とし、横軸を10?20kDaペプチド濃度(mg/ml)として各サンプルをプロットした。横縞模様は添加先がサンプルNo.4であるもの、縦縞模様は添加先がサンプルNo.19であるもの、菱形模様は添加先がサンプルNo.16であるものにそれぞれ対応する。バブルサイズはビールらしい味わいスコアを表す。
【図9】実施例4(2)の官能評価結果(ビールらしい味わい)を示したバブルグラフである。縦軸を10?20kDaペプチド比率(%)とし、横軸を10?20kDaペプチド濃度(mg/ml)として各サンプルをプロットした。横縞模様は添加先がサンプルNo.4であるもの、縦縞模様は添加先がサンプルNo.19であるもの、菱形模様は添加先がサンプルNo.16であるものにそれぞれ対応する。バブルサイズはビールらしい味わいスコアを表す。
【図10】実施例4(2)の官能評価結果を示したグラフである。図10Aはビールらしい味わいについての官能評価結果である。図10Bは口内に残るざらつきについての官能評価結果である。
【図11】実施例1および2で製造された飲料についての2D-PAGE電気泳動の結果を示した図である。STDは、分子量マーカーである。図11Aは実施例1の試験区1についての結果であり、図11Bは実施例1の試験区2についての結果である。また、図11Cは実施例2のサンプル16についての結果であり、図11Dは実施例2のサンプル15についての結果である。」

「【0010】
本明細書において「ビールテイストアルコール飲料」とは通常にビールを製造した場合、すなわち、酵母等による発酵に基づいてビールを製造した場合に得られるビール特有の味わい、香りを有するアルコール飲料を意味する。
【0011】
ビールテイストアルコール飲料には、炭素源、窒素源、および水などを原料として酵母により発酵させた「ビールテイストの発酵アルコール飲料」も含まれ、「ビールテイストの発酵アルコール飲料」としては、ビール、発泡酒、原料として麦または麦芽を使用しないビールテイスト発泡アルコール飲料(例えば、酒税法上、「その他の醸造酒(発泡性)(1)」に分類される醸造系新ジャンル飲料)および原料として麦芽を使用するビールや発泡酒にアルコールを添加してなる飲料(例えば、酒税法上、「リキュール(発泡性)(1)」に分類されるリキュール系新ジャンル飲料)が挙げられる。」

「【0013】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料ではビールテイスト発酵アルコール飲料の原料に由来する分子量10?20kDaのペプチド濃度が特定値以上であることを特徴とする。本明細書において「ペプチド濃度」は10?20kDaの分子量を有する1種または2種以上のペプチドの含有量を合計して算出されるものである。また本明細書においてペプチドの「分子量」はゲル濾過法により測定されるものであり、測定の具体例は後記実施例2に示される通りである。ペプチドの定量はローリー法(Lowry法)により実施することができる。
【0014】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料では分子量10?20kDaのペプチド濃度を0.15mg/ml以上とすることができ、好ましくは0.19mg/ml以上、より好ましくは0.20mg/ml以上である。該ペプチド濃度は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、0.45mg/mlを上限とすることができる。また、全タンパク量に対する分子量10?20kDaのペプチド量の比率を3.6%よりも大きくすることができ、好ましくは3.7%以上、より好ましくは4.0%以上である。該比率は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、8.0%を上限とすることができる。後記実施例2および4に示されるように分子量10?20kDaのペプチドの濃度や比率を特定値以上に設定することによって、ビールテイスト発酵アルコール飲料(特に、麦芽使用比率が50%未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料)の雑味を抑制するとともに、該飲料をビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがある飲料とすることができる。
【0015】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料ではまた、重合度5?10のα-グルカンの濃度が特定値以上であることを特徴とする。本明細書において「α-グルカン濃度」は重合度5?10の1種または2種以上のα-グルカンの含有量を合計して算出されるものである。また本明細書において「α-グルカン」とは複数のグルコース分子がα-1,4-グルコシド結合により結合して構成された直鎖状または分岐状のグルカンを意味する。さらに、本明細書においてα-グルカンの「重合度」はグルカンを構成するグルコース残基の個数を意味し、直鎖状グルカンを構成するグルコース残基の個数のみならず、分岐構造を構成するグルコース残基の個数を含む。α-グルカンの重合度と含有量の測定はLC-MS/MS(液体クロマトグラフ-質量分析法)により実施することができ、測定の具体例は後記実施例2に示される通りである。なお、本明細書および図面において重合度は単に「G」と表記されることがある。
【0016】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料では重合度5?10のα-グルカン濃度を2.1mg/ml以上とすることができ、好ましくは3.3mg/ml以上、より好ましくは3.9mg/ml以上である。該α-グルカン濃度は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、13.0mg/mlを上限とすることができる。後記実施例2および4に示されるように重合度5?10のα-グルカン濃度を特定値以上に設定することによって、ビールテイスト発酵アルコール飲料(特に、麦芽使用比率が50%未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料)の雑味を抑制するとともに、該飲料をビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがある飲料とすることができる。
【0017】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料において雑味をより一層抑制するとともに、テクスチャーや味わいの調和をより一層図る観点から、分子量10?20kDaのペプチド濃度に加えて重合度5?10のα-グルカン濃度を所定値とすることが好ましい。本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料において分子量10?20kDaのペプチドを所定の濃度にするとともに重合度5?10のα-グルカン濃度を所定の濃度に調整することにより雑味がより一層抑制されるとともに、テクスチャーや味わいの調和が一層図られることはこれまで報告されていない。すなわち、本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料では、分子量10?20kDaのペプチド濃度を0.15mg/ml以上(好ましくは0.19mg/ml以上、より好ましくは0.20mg/ml以上)とし、かつ、重合度5?10のα-グルカン濃度を2.1mg/ml以上(好ましくは3.3mg/ml以上、より好ましくは3.9mg/ml以上)とすることができ、さらに、全タンパク量に対する分子量10?20kDaのペプチド量の比率を3.6%よりも大きく(好ましくは3.7%以上、より好ましくは4.0%以上)することができる。ペプチド濃度、α-グルカン濃度およびペプチド量の比率はいずれも前記のような上限を設けることができる。」

「【0018】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料は分子量10?20kDaのペプチド濃度および/または重合度5?10のα-グルカン濃度が所定値の範囲内に調整される限り、通常のビールテイスト発酵アルコール飲料の製造手順に従って製造することができる。例えば、麦芽、ホップ、副原料、醸造用水等の醸造原料から調製された麦汁に発酵用ビール酵母を添加して発酵を行い、発酵麦芽飲料を醸成させることができる。得られたビールテイストの発酵アルコール飲料は、低温にて貯蔵した後、濾過工程により酵母を除去することができる。
【0019】
上記製造手順において麦汁の作製は常法に従って行うことができる。例えば、醸造原料と醸造用水の混合物を糖化し、濾過して、麦汁を得、その麦汁にホップを添加した後、煮沸し、煮沸した麦汁を冷却することにより麦汁を調製することができる。また、麦汁は、糖化工程中に市販の酵素製剤を添加して作製することもできる。例えば、タンパク分解のためにプロテアーゼ製剤を、糖質分解のためにα-アミラーゼ製剤、グルコアミラーゼ製剤、プルラナーゼ製剤等を、繊維素分解のためにβ-グルカナーゼ製剤、繊維素分解酵素製剤等をそれぞれ用いることができ、あるいはこれらの混合製剤を用いることもできる。
【0020】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料の製造では、麦芽以外に、未発芽の麦類(例えば、未発芽大麦(エキス化したものを含む)、未発芽小麦(エキス化したものを含む));米、とうもろこし、こうりゃん、馬鈴薯、でんぷん、糖類(例えば、液糖)等の酒税法で定める副原料;タンパク質分解物や酵母エキス等の窒素源;香料、色素、起泡・泡持ち向上剤、水質調整剤、発酵助成剤等のその他の添加物を醸造原料として使用することができる。すなわち、本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料は、醸造用水以外の使用原料を少なくとも麦芽、未発芽の麦類(好ましくは、未発芽大麦)およびホップとすることができ、場合によっては更に糖類、米、とうもろこし、でんぷん等を使用原料とすることができる。
【0021】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料の製法において製造飲料中の分子量10?20kDaのペプチド濃度を所定値の範囲内に調整するためには、例えば、原料である麦芽および/または未発芽の麦類の仕込み・糖化工程におけるタンパク分解を抑制することや、原料である麦芽の製麦工程におけるタンパク分解度を抑制することなどにより、調整することができる。なお、タンパク分解としては、麦芽や未発芽に内在するプロテアーゼ、あるいは外から添加するプロテアーゼ製剤によるものが挙げられる。分解の抑制は、プロテアーゼ製剤の添加量を減じる、タンパク分解の作用温度における処理時間を減じる、作用pHを至適条件から変更するなどにより行うことができる。
【0022】
本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料の製法において製造飲料中の重合度5?10のα-グルカン濃度を所定値の範囲内に調整するためには、例えば、原料である麦芽および/または未発芽の麦類の仕込みや糖化工程におけるα-グルカン分解を抑制すること、原料である麦芽の製麦工程におけるα-グルカン分解を抑制すること、あるいはα-グルカンの分解度が抑制された液糖を用いることなどにより、調整することができる。なお、α-グルカン分解としては、麦芽や未発芽の麦類に内在するαアミラーゼやβアミラーゼ等、あるいは外から添加するαアミラーゼ製剤、グルコアミラーゼ製剤、プルラナーゼ製剤等によるものが挙げられる。分解の抑制は、αアミラーゼ製剤、グルコアミラーゼ製剤、プルラナーゼ製剤等の添加量を減じる、α-グルカン分解の作用温度における処理時間を減じる、作用pHを至適条件から変更するなどにより行うことができる。
【0023】
あるいは、実施例4に記載されるように、実施例2に記載された手順に従ってビールテイスト発酵アルコール飲料を製造し、該飲料から実施例1に記載された手順に従って分子量10?20kDaのペプチドが含まれる画分や重合度5?10のα-グルカンが含まれる画分を調製し、該画分をビールテイスト発酵アルコール飲料に添加することによって、分子量10?20kDaのペプチド濃度および/または重合度5?10のα-グルカン濃度がそれぞれ所定値の範囲内に調整されたビールテイスト発酵アルコール飲料を製造することもできる。
【0024】
本発明の第二の面によれば、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDaの1種または2種以上のペプチドを配合してなるビールテイストアルコール飲料と、該飲料の製造方法が提供される。該ペプチドが配合されてなる飲料はビールテイストアルコール飲料としての風味が改善あるいは向上されており、具体的には、雑味が抑制されるとともに、ビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがある飲料である。
【0025】
麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDaの1種または2種以上のペプチドの例としては、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4および非特異的脂質転移タンパク1(non-specific lipid-transfer protein 1)が挙げられ、好ましくは、これらのタンパク質およびペプチドは大麦由来のものである。α-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4あるいは非特異的脂質転移タンパク1をビールテイストアルコール飲料に配合するときは、これらのペプチドあるいはタンパク質は麦芽または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料から調製したもの以外のペプチドあるいはタンパク質であってもよい。
【0026】
本発明のビールテイストアルコール飲料における分子量10?20kDaのペプチド濃度は0.15mg/ml以上とすることができ、好ましくは0.19mg/ml以上、より好ましくは0.20mg/ml以上である。該ペプチド濃度は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、0.45mg/mlを上限とすることができる。また、全タンパク量に対する分子量10?20kDaのペプチド量の比率は3.6%よりも大きくすることができ、好ましくは3.7%以上、より好ましくは4.0%以上である。該比率は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、8.0%を上限とすることができる。後記実施例2および4に示されるように分子量10?20kDaのペプチドの濃度や比率を特定値以上に設定することによって、ビールテイスト発酵アルコール飲料(特に、麦芽使用比率が50%未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料)の雑味を抑制するとともに、該飲料をビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがある飲料とすることができる。分子量10?20kDaのペプチドの分子量や含有量の測定は本発明の第一の面であるビールテイスト発酵アルコール飲料についての記載を参照することができる。
【0027】
本発明のビールテイストアルコール飲料では、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する1種または2種以上の重合度5?10のα-グルカンをさらに配合してもよい。麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する1種または2種以上の重合度5?10のα-グルカンの例としては、マルトペンタオース、マルトヘキサオース、マルトヘプタオース、マルトオクタオース、マルトノナオースおよびマルトデカオースが挙げられる。α-グルカンをビールテイストアルコール飲料に配合するときは、α-グルカンは麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料から調製したもの以外のα-グルカン(例えば、澱粉に酵素を作用させて得られた澱粉分解物を分画したもの)であってもよい。
【0028】
重合度5?10のα-グルカン濃度は2.1mg/ml以上とすることができ、好ましくは3.3mg/ml以上、より好ましくは3.9mg/ml以上である。該α-グルカン濃度は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、13.0mg/mlを上限とすることができる。後記実施例2および4に示されるように重合度5?10のα-グルカン濃度を特定値以上に設定することによって、ビールテイスト発酵アルコール飲料(特に、麦芽使用比率が50%未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料)の雑味を抑制するとともに、該飲料をビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがある飲料とすることができる。重合度5?10のα-グルカンの重合度や含有量の測定は本発明の第一の面であるビールテイスト発酵アルコール飲料についての記載を参照することができる。
【0029】
本発明のビールテイストアルコール飲料において雑味をより一層抑制するとともに、テクスチャーや味わいの調和をより一層図る観点から、分子量10?20kDaのペプチドに加えて重合度5?10のα-グルカンを配合することが好ましい。本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料において分子量10?20kDaのペプチドに加えて重合度5?10のα-グルカンを配合することで雑味がより一層抑制されるとともに、テクスチャーや味わいの調和が一層図られることはこれまで報告されていない。すなわち、本発明のビールテイストアルコール飲料では、分子量10?20kDaのペプチド濃度を0.15mg/ml以上(好ましくは0.19mg/ml以上、より好ましくは0.20mg/ml以上)とし、かつ、重合度5?10のα-グルカン濃度を2.1mg/ml以上(好ましくは3.3mg/ml以上、より好ましくは3.9mg/ml以上)とすることができ、さらに、全タンパク量に対する分子量10?20kDaのペプチド量の比率を3.6%よりも大きく(好ましくは3.7%以上、より好ましくは4.0%以上)することができる。ペプチド濃度、α-グルカン濃度およびペプチド量の比率はいずれも前記のような上限を設けることができる。」

「【実施例】
・・・
【0038】
実施例1:ペプチド画分およびα-グルカン画分のビールテイストアルコール飲料への添加と官能評価(その1)
(1)ビールテイスト発酵アルコール飲料の製造
大麦麦芽、ホップ、酵素製剤を用いて、インフュージョン法にてビールテイスト発酵アルコール飲料を製造した。
【0039】
試験区1は、50℃のお湯300mlに大麦麦芽100gを入れ、酵素製剤を添加して60分保持後、65℃に昇温して60分保持し、さらに78℃に昇温して5分保持後、濾過して麦汁を得た。試験区2は、50℃工程を行わず、酵素製剤を添加しない以外は同様に麦汁を得た。続いて、ホップを0.8g/L投入して100℃で90分煮沸したのち、濾過して発酵前液を得た。
【0040】
その後、常法に従ってビール酵母により発酵を行い、発酵液の香味確認を行った。8名のパネルにより、「味の柔らかさ」、すなわち雑味が抑制され、ビールらしく柔らかいスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがあることを指標に、最低は1点、最高は5点として五段階で官能評価を行い、平均点を算出した。結果は表1に示される通りであった。
【0041】
【表1】

【0042】
表1の通り、試験区1よりも試験区2の方が官能評価のスコア(味の柔らかさ)が良好であり、香味の印象も好ましかった
【0043】
(2)ゲル濾過分画
上記(1)で得られた発酵液を・・・
【0045】
分画物の官能評価により、香味の特徴の違いによって、表2のようにフラクションをプレ画分、A1、A2、B、C、D、E、F、Gの9つのグループに分けた。
【0046】
【表2】

【0047】
(3)ペプチド画分とα-グルカン画分の精製
上記(2)で得られた各画分は、固相抽出カラム・・・これをペプチド画分とした。また、固相抽出カラムの素通り画分は、・・・これをα-グルカン画分とした。
【0048】
(4)ローリー法によるタンパク定量
・・・
【0049】
(5)α-グルカンの定量
・・・
【0051】
(6)官能評価
これらの分画・精製サンプルを、大麦と大麦麦芽を使用した市販の麦芽使用比率49%未満のビール系アルコール飲料に、その飲料に含まれる各画分量の50%上乗せとなるよう添加し(図1および図2参照)、5名のパネルにより官能評価を行った。
【0052】
官能評価の指標は、「旨み、甘味、厚み、ボディ、およびオフフレーバーとしての渋み・味の不調和」の総合評価として、1?5点の五段階スコアで評価した。無添加のコントロールをスコア2.5とした。官能評価スコアの平均値は図3に、官能評価コメントは表3に示される通りであった。
【0053】
【表3】

【0054】
ペプチド分画物は、プレ画分からDにかけて、試験区2の官能評価スコア(図3)が高く、分画前の発酵液の官能評価結果と一致した。また、試験区2の画分A1およびA2において、スコアが高く、柔らかさ、雑味低下との官能評価コメントだった(表3)。試験区2のプレ画分では、スコアは同等に高いが、柔らかいが味自体は少ないとの官能評価コメントだった。画分B?Dは、スコアは同等に高いが、官能評価コメントでは厚み、ボディ、旨味の寄与がより強いと評価された。すなわち、プレ画分、A1、A2、B、C、Dで、試験区2の評価は高いが、それぞれ味質が異なっており、画分A1、A2は、ビールらしい柔らかさ、雑味低下等の効果がある事がわかった。
【0055】
α-グルカン画分では、画分BおよびCを添加した場合、官能評価スコア(図3)が高くなり、官能評価コメント(表3)では、甘味、まろやか、スムーズさと表現される事がわかった。画分A1、A2由来のα-グルカンは、明確な香味が感じられなかった。
【0056】
ペプチド分画物は、実施例2に記載の、Superdex75 10/300カラムにて分析を行い、分子量を推定したところ、画分A1のペプチドが分子量約10?20kDaに分布し、SDS-PAGE電気泳動上でも、画分A1?A2において、同様の分子量約10?20kDaのペプチドが分布している事が確認された(データ省略)。また、香味上優れていた試験区2では、そのペプチド量が多くなっている事が確認された(図1)。
【0057】
また、α-グルカン分画物の重合度分布を確認したところ表4の通りであった。
【0058】
【表4】

【0059】
表4に示される通り、明確な香味が感じられた画分B、Cの主要な成分は、重合度(DP)が2?10の範囲が含まれる事が確認された。また、香味上優れていた試験区2では、その画分のα-グルカン量が多くなっている事が確認された。画分A1、A2由来のα-グルカンは、主要な成分の鎖長がそれよりも長く(8?約40)、明確な香味が感じられなかった。
【0060】
以上の結果より、分画・精製した分子量約10?20kDaのペプチド画分A1およびA2並びにグルコースの重合度が2?10のα-グルカン画分BおよびCは、雑味が抑制され調和のとれたビールらしい味わいをビール系飲料に付与できることが明らかとなった。
【0061】
実施例2:ビールテイストアルコール飲料の成分分析と官能評価
(1)ビールテイストアルコール飲料の製造
パイロットプラントでビールテイストアルコール飲料の製造を行った。ビールテイストアルコール飲料の使用原料中の麦芽比率は50%未満および25%未満とした。
【0062】
ビールテイストアルコール飲料の製造においては、主原料として、大麦麦芽を使用し、副原料として、大麦、コーングリッツ、コーンスターチ、米、液糖のいずれか、または複数を使用した。糖化に際しては酵素製剤を用い、糖化の温度、時間を調整し、濾過することで、異なる組成の麦汁を得た。すなわち、糖化の温度帯は、50、60、あるいは65℃など、50?65℃の中で選択した。糖化の時間は、それぞれの温度工程において、5分から140分の間で調整した。また、原料の熱処理温度は70から100℃の中から選択した。具体的には以下の要にして麦汁を得た。
・・・
【0071】
(2)重合度5?10のα-グルカン量の分析
・・・
【0076】
【表6】

【0077】
実施例1のα-グルカン添加試験において、強い香味付与効果が確認されたのが重合度2?10の範囲であったこと、また、様々な重合度の成分強度と香味との相関を調べた結果、その相関が高い事が確認されたこと(データ省略)から、重合度5?10のα-グルカン(マルトオリゴ糖)の濃度を成分指標として設定した。
【0078】
(3)10?20kDaペプチド量の分析
(ア)ゲル濾過分画用のサンプル調製
パイロットプラントで製造した製品サンプルおよび市販品は、計量して凍結乾燥した。乾燥物を50mMリン酸緩衝液(150mM NaCl含む)で溶解して2.5倍濃縮液を調製し、分画用サンプルとした。
【0079】
(イ)HPLCゲル濾過分画
HPLCゲル濾過分画の条件は以下の通りであった。
<HPLCゲル濾過分画条件>
カラム:Superdex75 10/300(GEヘルスケア社製)
サンプル注入量:100μL
溶離液組成:50mMリン酸、20%(v/v)アセトニトリル、150mM NaCl流速:0.5mL/分(流速一定)
検出波長:215nm
分画プログラム:
【0080】
【表7】

【0081】
(ウ)分画範囲の設定
上記HPLCゲル濾過分画条件記載のカラム、溶離液、流速、検出波長において、分子量既知のペプチドを0.1?5mg/mLで適宜超純水に溶解したものを50μL注入してHPLC分析を行い、保持時間を確認した(表8)。その保持時間、分子量から検量線(図4)を作成し、分子量範囲と分画範囲を決定した。
【0082】
【表8】

【0083】
(エ)分画液のLowry法によるタンパク定量
タンパク定量は、実施例1に記載のLowry法により行った。なお、得られた吸光度とBSA濃度から検量線を作成し、分画液のペプチド量(BSA換算)を計算し、分画液量、濃縮倍率から、当該画分の製品相当ペプチド濃度(mg/ml)を算出した。
【0084】
(オ)10?20kDaペプチドの定量
10?20kDaペプチド濃度は、上記HPLCゲル濾過分画における、検量線から決定した分子量10?20kDaの範囲である画分3に含まれるタンパク濃度を、製品相当ペプチド濃度(mg/ml)に換算して求めた。また、10?20kDaペプチド量が全タンパク量の中に占める比率、すなわち10?20kDaのペプチド比率は、以下の算出式にて求めた。
10?20kDaのペプチド比率(%)=10?20kDaペプチド量(mg/製品ml)/全タンパク量(mg/製品ml)×100
【0085】
結果は表9に示される通りであった。
【表9】

【0086】
(4)ビールテイストアルコール飲料の官能評価
製造して得られたビールテイストアルコール飲料に関して、6名の訓練されたパネラーによって官能評価した。また、市販品のビールテイストアルコール飲料に関して、8名の訓練されたパネラーによって官能評価した。評価項目は以下のとおりとした。
【0087】
評価項目1として、ビールらしい味わい(ビールにあるような柔らかくスムーズなテクスチャーが感じられる、調和がとれている)を1(ビールらしくない)?9(ビールらしい)の9段階で官能評価した。また、評価項目2として、口内に残るざらつき(渋みや舌に残るざらざらした感触といった雑味)を1(弱い)?9(強い)の9段階で官能評価した。各サンプルの成分分析の結果と官能評価結果は表10に示される通りであった。
【0088】
【表10】

【0089】
表10に示されるように、市販ビールであるサンプルNo.1?3において、ビールらしい味わいが7.1?7.3と高く、口内に残るざらつきが3.1?4.5と低くなった。また、麦芽比率50%未満、および麦芽比率25%未満の場合において、10?20kDaのペプチド濃度が0.19mg/mL製品以上であり、10?20kDaのペプチド比率が3.7%以上であり、かつ、重合度が5?10のα-グルカンの濃度が3.3mg/ml以上の場合(具体的には、サンプルNo.7、8、10、14、18の場合)に、ビールらしい味わいが5.2?6.6と高めとなり、口内に残るざらつきが3.8?5.1と低めとなり、しかもビールのスコアに近くなる傾向が認められた。
【0090】
また、図5および図6にビールらしい味わいの官能評価結果のバブルグラフを示した。いずれの図でも、枠で囲われた範囲内にプロットされるサンプルにおいて、ビールらしい味わいの官能評価スコアが5.1以上となることが分かった。
【0091】
以上の結果から、ビールテイストアルコール飲料中の10?20kDaのペプチド濃度とその比率、および重合度が5?10のα-グルカンの総濃度が特定の範囲で含まれる場合に、ビールにあるような柔らかくスムーズなテクスチャーが感じられ、渋味やざらつきなどの雑味が少なく、味わいの調和感が向上することが示された。
【0092】
実施例3:α-グルカン、ペプチドと官能評価の関係評価
市販のビール、発泡酒、新ジャンル飲料など、ビールテイスト発泡性アルコール飲料について、重合度が5?10のα-グルカン濃度および10?20kDaのペプチド濃度と、官能評価との相関係数(R2乗)を評価した。重合度が5?10のα-グルカン濃度、10?20kDaのペプチド濃度の分析方法は実施例2に示した通り。二つの成分の両方を加味した数値は、重合度が5?10のα-グルカン濃度(mg/ml)と10?20kDaのペプチド濃度(mg/ml)を乗じたものとして計算した。官能評価は、10名の訓練されたパネラーによって、「味の調和」、すなわちビールらしさに関わる味の調和を指標として、0?10の11段階の幅で、0を全く感じない、10を評価者の認識の中でこれ以上感じたことがない、として評価した。
【0093】
重合度5?10のα-グルカン濃度および10?20kDaのペプチド濃度と官能評価結果は表11に示される通りであった。また、濃度と官能評価結果の関係は図7に示される通りであった。
【0094】
【表11】

【0095】
表11および図7に示される通り、重合度5?10のα-グルカン濃度、10?20kDaのペプチド濃度のそれぞれ単独で、官能評価結果との相関係数を求めたもの(それぞれ、R2=0.29、0.46)よりも、二つの成分(2成分の濃度を乗じた値)との相関係数の方が高くなる(R2=0.58)ことが明らかとなった。この結果から、重合度5?10のα-グルカン、10?20kDaのペプチドそれぞれ単独ではなく、二つの成分を指標とすることの有効性が確認された。
【0096】
実施例4:ペプチド画分およびα-グルカン画分のビールテイストアルコール飲料への添加と官能評価(その2)
(1)ビールテイスト発酵アルコール飲料の製造と分画精製物の調製および分析
実施例1に記載と同様の方法で、実施例2に記載のサンプル1(麦芽67%以上の市販ビール製品)およびサンプル7(麦芽50%未満の試験醸造製品)から、ペプチド画分(プレ、A1、A2、B、C)およびα-グルカン画分(B、C)を調製した。10?20kDaペプチド量の定量と、重合度5?10のα-グルカン(マルトオリゴ糖)量の分析についても、実施例2に記載した方法と同様の方法で行った。調製した分画・精製サンプルを、以下の市販製品および試醸品に、表12に示した量となるように添加し、6名のパネルにより官能評価を行った。また、精製した画分プレ、A1+A2およびB+Cを、サンプルNo.4に、表13に示した量となるように添加し、同様に6名のパネルにより官能評価を行った。
【0097】
(2)官能評価
官能評価の項目は実施例2と同様にした。すなわち、評価項目1として、ビールらしい味わい(ビールにあるような柔らかくスムーズなテクスチャーが感じられる、調和がとれている)を1点(ビールらしくない)?9点(ビールらしい)の9段階で官能評価した。また、評価項目2として、口内に残るざらつき(渋みや舌に残るざらざらした感触といった雑味)を1点(弱い)?9点(強い)の9段階で官能評価した。官能結果および分析結果は表12並びに図8および図9に示される通りであった。
【0098】
【表12】

【0099】
これらの結果から、10?20kDaペプチドあるいは重合度5?10のα-グルカン量が増加して一定値以上になると官能評価スコアが向上すること、また、これら双方の量が一定値以上になると官能評価スコアがより効果的に向上することが明らかになった。また、一定値に達していない場合でも、10?20kDaペプチドや重合度5?10のα-グルカン量が増加すると、官能評価スコアは改善する傾向があることが明らかになった。
【0100】
また、実施例2のデータと合わせると、麦芽比率50%未満および麦芽比率25%未満の場合において、10?20kDaのペプチド濃度が0.15mg/mL製品以上、かつ、10?20kDaのペプチド比率が3.7%以上であり、しかも、重合度5?10のα-グルカンの濃度が3.3mg/mL以上の場合に、ビールらしい味わいが5.1以上と高くなり、口内に残るざらつきが5.1以下となり、さらに、官能評価スコアは改善する傾向があることが明らかになった。
【0101】
また、重合度5?10のα-グルカンの濃度が2.1mg/mL以上の場合に、ビールらしい味わいは4.2以上となり、口内に残るざらつきが5.1以下となり、さらに、官能評価スコアはビールのスコアに近くなる傾向が認められた。
【0102】
また、表13および図10に示した通り、精製した画分プレ、A1+A2およびB+CをサンプルNo.4に添加した場合には、画分A1+A2が最もビールらしい味わいのスコアが高く、ざらつきも低減していることが明らかとなった。
【0103】
【表13】

【0104】
実施例5:タンパク画分の分子種同定
本実施例では2D-PAGEおよびMALDI-TOF-MSによりビールらしい味わいに寄与するタンパク質の同定を試みた。
【0105】
実施例1と同様にして得られたゲル濾過分画液の画分A1、A2の等量混合液200μLをTCAアセトン沈殿によってタンパク質を精製し、2D-PAGEによる電気泳動後、銀染色を行った。図11に、2D-PAGEの結果を示す。図11Aは、実施例1の試験区1の処方であり、図11Bは、実施例1の試験区2の処方である。また、図11Cは、実施例2のサンプル16であり、図11Dは、実施例2のサンプル15である。図11のAおよびBから分かるように、試験区1と試験区2のサンプルの間では、丸で囲った範囲のバンドにおいて量的な差があることが分かった。また、図11のCおよびDから分かるように、サンプル16とサンプル15の間では、丸で囲った範囲のバンドにおいて量的な差があることが分かった。
【0106】
次に、図11で示す矢印のバンドを切り出し、トリプシン(In-Solution Tryptic Digestion and Guanidination Kit、Thermo Scientific社製)を用いてタンパク質を消化した。得られたトリプシン消化ペプチド溶液を、レジン充填ピペットチップ(Zip-Tip C18、Merck Millipore社製)を用いて脱塩濃縮した。脱塩濃縮したペプチド溶液とマトリックス(10μg/μLα-シアノ-4-ヒドロキシ桂皮酸・メタノール溶液)をプレート上で等量ずつ混合した後、MALDI-TOF-MS(Bruker Daltonics社製)を用いてMSスペクトルを取得し、Mascot/SWISS-PROTデータベース検索によってタンパク質の同定を行った。
【0107】
MALDI-TOF-MSによるタンパク質同定の結果は表14に示される通りであった。
【表14】

【0108】
実施例1の試験区1および2の間で香味に違いがあるゲル濾過画分(画分A1?A2)中の量差のあるタンパク質としては、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビターCMb、、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビターCMd、トリプシンインヒビターCmeが同定された。また、実施例2のサンプル16とサンプル15の間でゲル濾過画分(画分A1?A2)中の量差のあるタンパク質としては、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビターCMb、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビターCMd、トリプシンインヒビターCme、セルピン-Z4、非特異的脂質転移タンパク1(non-specific lipid-transfer protein 1)が同定された。なお、同定されたタンパク質はいずれもオオムギ(Hordeum vulgare)由来のタンパク質である。α-アミラーゼ/トリプシンインヒビターCMb、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビターCMd、トリプシンインヒビターCme、セルピン-Z4は、プロテアーゼ阻害タンパク質として知られており、non-specific lipid-transfer protein 1は、脂質転移タンパク質として知られている。」

「【図1】

【図2】

【図3】

【図4】

【図5】

【図6】

【図7】

【図8】

【図9】

【図10】



本件明細書及び図面については、一度も補正はされていない。

2-3 判断
(1)2-1の(1)について
(1-A)2-1の(1-A)について
特許異議申立人の主張は、要するに、本件明細書では、添加画分のみに由来するペプチドの濃度を特定の範囲とすることで所望の効果が得られることは何ら記載されていないから、「該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)」が特定範囲内であることを規定する本件発明1?6については、実施可能要件、サポート要件を満たすものでなく、また、かかる規定を追加した、令和2年2月10日付けの補正は新規事項を追加するものであり、さらに、仮に当該規定が、飲料中のペプチドの濃度を規定する意図であるとすれば、本件発明1?6は不明確であるというものであり、この主張は、本件発明1?6における「ペプチド画分」は、ビールテイスト発酵アルコール飲料に添加されるものを意味し、添加先のビールテイスト発酵アルコール飲料に存在するペプチドは該「ペプチド画分」には含まれないことをその根拠とするものであると解される、α-グルカン画分についても同様である、というものである。
そこで、検討する。
本件発明1における「ペプチド画分」、「α-グルカン画分」について、本件明細書にその定義の記載はない。
本件明細書【0014】には、「本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料では分子量10?20kDaのペプチド濃度を0.15mg/ml以上とすることができ、好ましくは0.19mg/ml以上、より好ましくは0.20mg/ml以上である。該ペプチド濃度は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、0.45mg/mlを上限とすることができる。また、全タンパク量に対する分子量10?20kDaのペプチド量の比率を3.6%よりも大きくすることができ、好ましくは3.7%以上、より好ましくは4.0%以上である。該比率は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、8.0%を上限とすることができる。後記実施例2および4に示されるように分子量10?20kDaのペプチドの濃度や比率を特定値以上に設定することによって、ビールテイスト発酵アルコール飲料(特に、麦芽使用比率が50%未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料)の雑味を抑制するとともに、該飲料をビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがある飲料とすることができる。」との(下線は当審が付与。以下同様。)、同【0016】には、「本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料では重合度5?10のα-グルカン濃度を2.1mg/ml以上とすることができ、好ましくは3.3mg/ml以上、より好ましくは3.9mg/ml以上である。該α-グルカン濃度は味の調和の観点から上限を設けることができ、例えば、13.0mg/mlを上限とすることができる。後記実施例2および4に示されるように重合度5?10のα-グルカン濃度を特定値以上に設定することによって、ビールテイスト発酵アルコール飲料(特に、麦芽使用比率が50%未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料)の雑味を抑制するとともに、該飲料をビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがある飲料とすることができる。」との記載があり、これらの記載においては、分子量10?20kDaのペプチド濃度、重合度5?10のα-グルカン濃度は飲料全体に対するものであることが理解できる。
そして、これらの記載に続いて、本件明細書には、ペプチド画分及びα-グルカン画分を添加する製法に関する【0023】の記載とともに、ペプチド画分、α-グルカン画分をビールテイスト発酵アルコール飲料に添加することがない製法として、「本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料は分子量10?20kDaのペプチド濃度および/または重合度5?10のα-グルカン濃度が所定値の範囲内に調整される限り、通常のビールテイスト発酵アルコール飲料の製造手順に従って製造することができる。」(【0018】)と記載され、さらに、「本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料の製法において製造飲料中の分子量10?20kDaのペプチド濃度を所定値の範囲内に調整するためには、例えば、原料である麦芽および/または未発芽の麦類の仕込み・糖化工程におけるタンパク分解を抑制することや、原料である麦芽の製麦工程におけるタンパク分解度を抑制することなどにより、調整することができる。」(【0021】)、「本発明のビールテイスト発酵アルコール飲料の製法において製造飲料中の重合度5?10のα-グルカン濃度を所定値の範囲内に調整するためには、例えば、原料である麦芽および/または未発芽の麦類の仕込みや糖化工程におけるα-グルカン分解を抑制すること、原料である麦芽の製麦工程におけるα-グルカン分解を抑制すること、あるいはα-グルカンの分解度が抑制された液糖を用いることなどにより、調整することができる。」(【0022】)との記載がある。
また、それら一般的な記載に対応するものとして、同【0061】?【0091】の実施例2において、ペプチド画分、α-グルカン画分を添加することなく、ビールテイストアルコール飲料を製造し、その分子量10?20kDaのペプチドの濃度や比率、重合度5?10のα-グルカンの濃度を測定し、表9において、10?20kDaのペプチド濃度を「画分3」と記載し、表10において、飲料全体の10?20kDaのペプチドの濃度や比率、重合度5?10のα-グルカンの濃度が記載されていること、同【0092】?【0095】の実施例3における市販の飲料についても、飲料全体の10?20kDaのペプチドの濃度や比率、重合度5?10のα-グルカンの濃度が記載され(表11)、同【0096】?【0103】の実施例4におけるペプチド画分及びα-グルカン画分を添加した飲料についても、飲料全体の10?20kDaのペプチドの濃度や比率、重合度5?10のα-グルカンの濃度が記載されており(表12)、具体的な実施例においても、ペプチド及びα-グルカンの濃度について、それらが添加された場合、添加されていない場合にかかわらず、飲料全体におけるものとして記載されている。
さらに、【0038】?【0060】の実施例1には、分画・精製したサンプルを市販のビール系アルコール飲料に添加することについて、「【0051】 (6)官能評価 これらの分画・精製サンプルを、大麦と大麦麦芽を使用した市販の麦芽使用比率49%未満のビール系アルコール飲料に、その飲料に含まれる各画分量の50%上乗せとなるよう添加し(図1および図2参照)、5名のパネルにより官能評価を行った。」として、飲料自体に画分が含まれると解される記載もある。
これら本件明細書の記載からみて、本件明細書における「ペプチド画分」、「α-グルカン画分」とは、ピールテイスト発酵アルコール飲料に添加されるペプチド画分、α-グルカン画分のみではなく、HPLCゲル濾過分画等によって分画することができる当該飲料に含まれるペプチド画分、α-グルカン画分を意味するといえるところ、本件発明1においても、「該飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分を含んでなり」、「該飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分を含んでなり」と、飲料が全体として「ペプチド画分」、「α-グルカン画分」を含むと解される特定がされているから、当該特定の意味を本件明細書の記載から把握できる上記のような意味と捉えることと矛盾するものではない。
してみると、「ペプチド画分」、「α-グルカン画分」は、ビールテイスト発酵アルコール飲料に添加されるものを意味し、添加先のビールテイスト発酵アルコール飲料に存在するペプチド、α-グルカンは該「ペプチド画分」、「α-グルカン画分」には含まれないことを前提とする2-1の(1-A)の主張の理由によっては、本件発明1について、実施可能要件、サポート要件を満たすものでなく、令和2年2月10日付けの補正は新規事項を追加するものであり、不明確である、ということはできない。
本件発明2?6についても同様である。

(1-B)2-1の(1-B)について
特許異議申立人の主張は、要するに、本件発明1?6について、当該発明で特定される「分子量10?20kDaのペプチド」が970ODaltonである「非特異的脂質転移タンパク1 (LTP1)」を含むものであり、また、本件明細書には分画条件が詳細に記載されていないから、不明確であり、サポート要件及び実施可能要件を欠くというものであると解される。
そこで、検討する。
本件明細書には、【0104】?【0108】に実施例5として、タンパク画分の分子種同定に関する記載があり、同定の結果として、表11にスポットD8がNon-specific lipid-transfer protein 1(すなわち、非特異的脂質転移タンパク質1)であることが記載されており、実施例2のサンプル15の2D-PAGEの結果である図11Dからみて、スポットD8の分子量は、本件発明1で特定される10?20kDaの範囲にあるといえる。
また、ペプチドの分画条件、定量方法については、本件明細書【0078】?【0084】にその具体的な記載がある。
そして、分画により決定した分子量等に測定誤差等の誤差が生じることがあるとしても、そのような誤差が生じることは出願時の技術常識であり、本件発明1においては、分子量、濃度、比率について数値範囲を以て明確に特定されているから、本件発明1について、明確性要件、サポート要件、実施可能要件についての不備があるとはいえない。
したがって、本件発明1で特定される「分子量10?20kDaのペプチド」が970ODaltonである「非特異的脂質転移タンパク1 (LTP1)」を含むものであり、また、本件明細書には分画条件が詳細に記載されていないことを前提とする2-1の(1-B)の主張の理由によっては、本件発明1について、明確性要件、実施可能要件、サポート要件を満たすものでない、ということはできない。
本件発明2?6についても同様である。

(2)2-1の(2)について
本件明細書及び図面の全体の記載事項、特に【0005】の記載並びに出願時の技術常識からみて、本件発明1?4の解決しようとする課題は「雑味が抑制され、ビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがあるビールテイストアルコール飲料を提供すること」であり、本件発明5?6の解決しようとする課題は「雑味が抑制され、ビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーがあり、調和のとれた味わいがあるビールテイストアルコール飲料の製造方法を提供すること」であると認める。
当該課題を解決するための手段について、本件明細書には、「【0006】 本発明者らは、ビールテイストアルコール飲料において、特定分子量のペプチドと特定重合度のα-グルカンがビールらしい柔らかくスムーズなテクスチャーの付与や雑味の低減に寄与することを見出した。本発明者らはまた、特定分子量のペプチドの濃度を特定の濃度範囲内にすることで、よりビールらしい調和感のある味わいが実現できることを見出した。本発明者らはさらに、特定分子量のペプチドに加えて特定重合度のα-グルカンの濃度を特定の濃度範囲内にすることで上記効果がより一層発揮されることを見出した。本発明者らはさらに、ビールテイストアルコール飲料の風味改善に寄与するペプチドを具体的に特定した。」と記載されることから、一義的には、本件発明は、特定分子量のペプチドと特定重合度のα-グルカンが上記課題の解決に寄与することを見出したことにより上記課題を解決したものであると解することができる。
【0006】には、ビールテイストアルコール飲料の風味改善に寄与するペプチドを具体的に特定したことが記載されており、当該特定された「ペプチド」とは、【0025】の「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDaの1種または2種以上のペプチドの例としては、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4および非特異的脂質転移タンパク1(non-specific lipid-transfer protein 1)が挙げられ、好ましくは、これらのタンパク質およびペプチドは大麦由来のものである。」との記載、実施例5、表14、図11Dの記載からみて、本件発明1で特定されるペプチドを指すと一応認められる。
当該図11Dは、実施例2のサンプル15の2D-PAGEの結果であるとされるところ(【0105】)、当該サンプルには、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4及び非特異的脂質転移タンパク1が含まれることが示されている(表14と図11D)。また、実施例2のサンプル15とサンプル16は同様の原料を用いて製造されたサンプルであるところ(【0063】、【0067】)、それらの2D-PAGEの結果について、バンドに量的な差があると記載され(【0105】)、バンドの種類には差がないと解されることから、サンプル中に含まれるペプチドの種類も共通するといえるところ、実施例2のサンプル18(【0068】)は上記サンプル15と同様の原料を用いて製造されたサンプルであるから、同様に、サンプル15に含まれるペプチドを含むもの、すなわち、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4及び非特異的脂質転移タンパク1を含むと解される。
また、サンプル18のビールテイストアルコール飲料について、ビールらしい味わいが高めとなり、口内に残るざらつきが低めとなり、しかもビールのスコアに近くなる傾向が認められたこと、ビールらしい味わいの官能評価スコアが特定値以上となること、ビールにあるような柔らかくスムーズなテクスチャーが感じられ、渋味やざらつきなどの雑味が少なく、味わいの調和感が向上することが記載されている(【0089】?【0091】)。
そして、本件明細書において「大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を含むオオムギ由来のペプチド」自体が香味に効果があるか否かが直接示されていないとしても、そのことで、サポート要件を満たさないとする理由はない。

また、本件発明1が実施例で効果を示した以外のビールテイスト発酵アルコール飲料に由来するペプチド画分についても包含することについて、本件発明1は「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分」と特定するものであるところ、本件明細書には、使用原料について「醸造用水以外の使用原料を少なくとも麦芽、未発芽の麦類(好ましくは、未発芽大麦)およびホップとすることができ、場合によっては更に糖類、米、とうもろこし、でんぷん等を使用原料とすることができる」との記載(【0020】)、ペプチドについて「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDaの1種または2種以上のペプチドの例としては、α-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4および非特異的脂質転移タンパク1(non-specific lipid-transfer protein 1)が挙げられ、好ましくは、これらのタンパク質およびペプチドは大麦由来のものである。α-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4あるいは非特異的脂質転移タンパク1をビールテイストアルコール飲料に配合するときは、これらのペプチドあるいはタンパク質は麦芽または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料から調製したもの以外のペプチドあるいはタンパク質であってもよい。」と記載され(【0025】)、実施例においても、大麦及び大麦麦芽を原料とするもの、コーングリッツ、大麦及び大麦麦芽を原料とするものといった、異なる原料を用いたサンプルについて、ビールらしい味わいが高めとなり、口内に残るざらつきが低めとなり、しかもビールのスコアに近くなる傾向が認められたこと、ビールらしい味わいの官能評価スコアが特定値以上となること、ビールにあるような柔らかくスムーズなテクスチャーが感じられ、渋味やざらつきなどの雑味が少なく、味わいの調和感が向上することが記載されている(【0089】?【0091】、サンプル7、8、10、14、18)。
そして、実施例に記載されたものとは異なる原料を用いた場合に上記課題を解決できないという具体的な根拠や出願時の技術常識もない。

してみると、「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分」を含み、「大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、セルピン-Z4及び非特異的脂質転移タンパク1」を含む本件発明1のビールテイストアルコール飲料について、当業者が上記課題を解決できると認識できるといえる。

さらに、上で指摘した実施例2のサンプル7、8、10、14、18は本件発明1で特定されるペプチドの濃度、比率、α-グルカンの濃度について、それぞれ、0.20?0.29mg/mL、4.3?5.7%、3.9?6.5mg/mLの値を有するものであり、また、実施例4には、同様に上記3種の値について、0.15?0.31mg/mL、4.6?5.9%、4.2?7.3mg/mLの値を有するものが記載され(表12、添加1?2、8?10)、さらに、「【0099】 これらの結果から、10?20kDaペプチドあるいは重合度5?10のα-グルカン量が増加して一定値以上になると官能評価スコアが向上すること、また、これら双方の量が一定値以上になると官能評価スコアがより効果的に向上することが明らかになった。また、一定値に達していない場合でも、10?20kDaペプチドや重合度5?10のα-グルカン量が増加すると、官能評価スコアは改善する傾向があることが明らかになった。
【0100】 また、実施例2のデータと合わせると、麦芽比率50%未満および麦芽比率25%未満の場合において、10?20kDaのペプチド濃度が0.15mg/mL製品以上、かつ、10?20kDaのペプチド比率が3.7%以上であり、しかも、重合度5?10のα-グルカンの濃度が3.3mg/mL以上の場合に、ビールらしい味わいが5.1以上と高くなり、口内に残るざらつきが5.1以下となり、さらに、官能評価スコアは改善する傾向があることが明らかになった。
【0101】 また、重合度5?10のα-グルカンの濃度が2.1mg/mL以上の場合に、ビールらしい味わいは4.2以上となり、口内に残るざらつきが5.1以下となり、さらに、官能評価スコアはビールのスコアに近くなる傾向が認められた。」と記載されるとおり、本件発明1で特定されるペプチドの濃度、比率、α-グルカンの濃度について、相当程度の範囲の実施例が記載されているから、本件明細書における製造方法の一般的な記載(【0018】?【0035】)も参照することによって、それらと同様にして本件発明1で特定される範囲の飲料について当業者が製造することができ、使用することができるといえる。

したがって、本件発明1は実施可能要件及びサポート要件を満たすといえる。
本件発明2?6についても同様である。

2-4 理由1?4についてのまとめ
以上のとおりであるから、本件発明1?6について、発明の詳細な説明の記載は、当業者がその実施をすることができる程度に明確かつ十分に記載したものではないから、特許法第36条第4項第1号に適合しないとはいえず、特許を受けようとする発明が発明の詳細な説明に記載したものではないから、特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第1号に適合しないとはいえず、特許を受けようとする発明が明確でないから、特許請求の範囲の記載は、特許法第36条第6項第2号に適合しないとはいえず、令和2年2月10日付けの手続補正は、願書に最初に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてしたものではないとはいえない。

3 理由5について
(1)引用発明
上記1の摘示6a)の請求項1を引用する請求項4を引用する請求項5の記載からみて、甲6には、
「大麦から得られた、分子量が10?25kDaのポリペプチドを含む疎水性ポリペプチドを1.1g/L以上含有することを特徴とする発泡性飲料。」の発明(以下「甲6発明1」という。)が記載されていると認める。
また、摘示6a)の請求項9の記載からみて、甲6には、
「大麦と大麦麦芽とを含む原料を使用して発泡性飲料を製造する方法であって、第一の槽内で、前記大麦及びプロテアーゼを含む大麦組成物を、前記プロテアーゼが作用する温度で保持する大麦処理工程と、前記大麦処理工程と並行して、第二の槽内で、前記大麦麦芽を含む麦芽組成物を、前記大麦麦芽に含まれる酵素が作用する温度で保持する麦芽処理工程と、前記大麦処理工程において前記プロテアーゼで処理された前記大麦組成物と、前記麦芽処理工程において前記酵素で処理された前記麦芽組成物と、を混合する混合工程と、を含むことを特徴とする発泡性飲料の製造方法。」の発明(以下「甲6発明2」という。)が記載されていると認める。
さらに、甲8は、淡麗グリーンラベルと称される発泡酒のリニューアル発売に関する2015年1月9日付けの広告であるところ、「「淡麗グリーンラベル」は2002年の発売以来、「おいしい糖質オフ」としてお客様に好評いただいています。」、「今回のリニューアルでは、アロマホップの一種で柑橘類を思わせる華やかな香りが特長のカスケードホップを増量し、麦芽と大麦をそれぞれしっかり仕込む」、「淡麗○R(当審注:○の中にR)ブランドの発泡酒NO.1※3としての存在感をさらに高め、発泡酒市場全体のさらなる活性化を目指します。※3 2013年発泡酒課税出荷数量による」との記載からみて、「淡麗グリーンラベル」は2002年に発売され、少なくとも2013年頃には、日本国内において公知の発泡酒であったと認められる。
したがって、甲8の記載からみて、
「「淡麗グリーンラベル」と称される発泡酒」の発明(以下「甲8発明」という。)が本件出願時に公知であったといえる。

(2)対比・判断
ア 本件発明1について
(ア)甲6発明1について
本件発明1と甲6発明1とを対比する。
甲6発明1の「発泡性飲料」は、飲料である限りにおいて本件発明1の「ビールテイスト発酵アルコール飲料」に相当する。
本件発明1の「ペプチド画分」は、飲料が含む成分であり、その分子量からみて、ポリペプチドであるといえる。したがって、ポリペプチドである限りにおいて、甲6発明1の「ポリペプチドを含む疎水性ポリペプチド」は、本件発明1の「ペプチド画分」に相当する。
甲6発明1は、「大麦から得られた、分子量が10?25kDaのポリペプチドを含む疎水性ポリペプチド」を含有するものであるから、大麦を原料の一部として含むといえるところ、大麦は麦類であるから、「麦類を原料の一部とする」限りにおいて、本件発明1と一致する。
また、甲6発明1の「ポリペプチドを含む疎水性ポリペプチド」は大麦から得られたものであり、甲6発明1の発泡性飲料に含まれるものであるから、本件発明1の「麦類を原料の一部とする」、「飲料に由来する」、「ペプチド画分」に相当する。
したがって、本件発明1と甲6発明1とは、
「麦類を原料の一部とする飲料であって、
該飲料が、麦類を原料の一部とする飲料に由来するペプチド画分を含んでなる、飲料。」
である点で一致し、以下の点で相違する。

<相違点1>
麦類について、本件発明1が「麦芽および/または未発芽の麦類」と特定されているのに対し、甲6発明1は「大麦」である点

<相違点2>
飲料について、本件発明1が「麦芽使用比率が3分の2未満であるビールテイスト発酵アルコール飲料」と特定されているのに対し、甲6発明1は「発泡性飲料」である点

<相違点3>
ペプチド画分について、本件発明1が「分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分」と特定されているのに対し、甲6発明1は「分子量が10?25kDaのポリペプチドを含む疎水性ポリペプチド」である点

<相違点4>
飲料について、本件発明1が「該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.15mg/ml以上0.31mg/ml以下であり、
全タンパク量(mg/mL)に対する前記ペプチドの量(mg/mL)の比率が4.3%以上8.0%以下であり、
該飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分を含んでなり、
該α-グルカン画分に含まれる重合度5?10のα-グルカンの飲料中の濃度(α-グルカンの合計量)が3.3mg/ml以上13.0mg/ml以下であり、
前記ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を少なくとも含むものである」と特定されているのに対し、甲6発明1はそのような特定がされていない点

上記相違点について検討する。
事案に鑑み、相違点4について検討する。
甲6発明1は、「分子量が10?25kDaのポリペプチドを含む疎水性ポリペプチドを1.1g/L以上含有する」ものであり、その濃度は、本件発明1の「0.15mg/ml以上0.31mg/ml以下」とは異なる範囲である。
また、甲6には、相違点4に係る、全タンパク量(mg/mL)に対する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)ペプチドの量(mg/mL)の比率を4.3%以上8.0%以下とすること、飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分を含んでなること、α-グルカン画分に含まれる重合度5?10のα-グルカンの飲料中の濃度(α-グルカンの合計量)を3.3mg/ml以上13.0mg/ml以下とすること、ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を少なくとも含むものであることについては記載も示唆もされていない。
甲5には、泡の蛋白質は40KDが最も効果あること、このアルブミン成分はプロテインZであるとしたこと、泡持ち高分子の40KDばかりでなく低分子の8?18KDのポリペプチドがあると相乗効果があるとしていること等が(摘示5a?5b)、甲3には、オオムギ-LTP1(分子量9700Dalton)がLMWの主成分であることがわかったこと等が(摘示3a)、甲7には、カルボキシアルキルアミノ酸に対する抗体と反応性を有する物質であって、カルボキシメチルリジン又はカルボキシエチルリジンを含み、かつ分子量10?20kDaのペプチドであるコク味付与物質等が(摘示7a)、甲8には、「淡麗グリーンラベル」と称される発泡酒が(摘示8a)、甲9には、あり得る泡活性タンパク質としてオオムギ二量体のαアミラーゼ阻害剤-1(BDAI-1)を同定したことが(摘示9a)、甲10には、噴出するビールにプロテインZ4を添加すると、オーバーフロー量が大幅に減少することを示したことが(摘示10a)、甲11には、AfpAとnsLTP1は、ビールに添加された量では噴出を誘発する可能性を示さず、事前にクラスIIハイドロフォビンで処理されたビールまたは炭酸水にこれらのタンパク質を添加すると、噴出を抑制する特性が明らかになったことが(摘示11a)、それぞれ記載されているものの、これら各甲号証には、上記相違点4に係る本件発明1で特定される全ての技術的事項が記載ないし示唆されていないから、甲6発明1において、相違点4に係る本件発明1の技術的事項を採用することが、当業者が容易になし得た事項であるということはできない。
したがって、相違点1?3について検討するまでもなく、本件発明1は甲6に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

(イ)甲8発明について
本件発明1と甲8発明とを対比する。
甲8発明の「発泡酒」は、アルコール飲料である限りにおいて、本件発明1の「ビールテイスト発酵アルコール飲料」に相当する。
したがって、本件発明1と甲8発明とは、
「アルコール飲料」である点で一致し、以下の点で相違する。

<相違点5>
飲料について、本件発明1が「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とし、かつ、麦芽使用比率が3分の2未満であるビールテイスト発酵飲料」と特定されているのに対し、甲8発明は「発泡酒」である点

<相違点6>
飲料について、本件発明1が「該飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分を含んでなり」と特定されているのに対し、甲8発明はそのような特定がされていない点

<相違点7>
飲料について、本件発明1が「該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.15mg/ml以上0.31mg/ml以下であり、
全タンパク量(mg/mL)に対する前記ペプチドの量(mg/mL)の比率が4.3%以上8.0%以下であり、
該飲料が、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分を含んでなり、
該α-グルカン画分に含まれる重合度5?10のα-グルカンの飲料中の濃度(α-グルカンの合計量)が3.3mg/ml以上13.0mg/ml以下であり、
前記ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を少なくとも含むものである」と特定されているのに対し、甲8発明ではそのような特定がされていない点

上記相違点について検討するに、相違点7は、上記相違点4と同様の相違点であり、甲8には、相違点7に係る本件発明1の技術的事項は記載も示唆もされていないから、相違点4について上で検討したのと同様の理由により、甲8発明において、相違点7に係る本件発明1の技術的事項を採用することが、当業者が容易になし得た事項であるということはできない。
したがって、相違点5及び6について検討するまでもなく、本件発明1は甲8に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

イ 本件発明2について
本件発明2は、本件発明1についてペプチドの量をさらに限定するものであるから、本件発明1と同様に、本件発明2は、甲6に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえず、また、甲8に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

ウ 本件発明3について
本件発明3は、所定のペプチド画分と所定のα-グルカン画分とが配合されてなる所定のビールテイストアルコール飲料であるところ、上記各成分が配合された飲料が含む、前記ペプチド画分の飲料中の濃度、全タンパク質に対する比率、含有する成分と前記α-グルカン画分の飲料中の濃度は、本件発明1と同様のものである。
したがって、本件発明3と甲6発明1及び甲8発明との対比において、少なくとも上記相違点4及び7と同様の相違点を有する。
よって、本件発明1と同様に、本件発明2は、甲6に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえず、また、甲8に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

エ 本件発明4について
本件発明4は、本件発明3についてペプチドの量をさらに限定するものであるから、本件発明3と同様に、本件発明4は、甲6に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえず、また、甲8に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

オ 本件発明5について
本件発明5と甲6発明2とを対比する。
甲6発明2の「発泡性飲料を製造する方法」は、飲料を製造する方法である限りにおいて、本件発明5の「ビールテイストアルコール飲料の製造方法」に相当する。
甲6発明2は「大麦と大麦麦芽とを含む原料を使用」することは、本件発明5の「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とする」ことに相当する。
したがって、本件発明5と甲6発明2とは、
「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とする飲料の製造方法」である点で一致し、以下の点で相違する。

<相違点8>
飲料について、本件発明1が「ビールテイストアルコール飲料」であるのに対し、甲6発明2は「発泡性飲料」である点

<相違点9>
製造方法について、本件発明5が「麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する分子量10?20kDa(ゲル濾過法)のペプチド画分を発酵前の発酵前液、発酵中の発酵液または発酵後の発酵液に配合する工程と、麦芽および/または未発芽の麦類を原料の一部とするビールテイスト発酵アルコール飲料に由来する重合度5?10のα-グルカン画分を発酵前の発酵前液、発酵中の発酵液、あるいは発酵後の発酵液に配合する工程とを含んでなる」と特定されているのに対し、甲6発明2はそのような工程が特定されていない点

<相違点10>
製造方法について、本件発明5が「前記ペプチド画分を、該ペプチド画分に含まれるペプチドの飲料中の濃度(ペプチドの合計量)が0.15mg/ml以上0.31mg/ml以下の濃度となり、かつ、全タンパク量(mg/mL)に対する前記ペプチドの量(mg/mL)の比率が4.3%以上8.0%以下の比率となるように配合し、
前記α-グルカン画分を、該α-グルカン画分に含まれる重合度5?10のα-グルカンの飲料中の濃度(α-グルカンの合計量)が3.3mg/ml以上13.0mg/ml以下の濃度となるよう配合し、
前記ペプチド画分が、大麦由来のα-アミラーゼ/トリプシンインヒビター、大麦由来のセルピン-Z4および大麦由来の非特異的脂質転移タンパク1を少なくとも含むものである」と特定されているのに対し、甲6発明2はそのような特定がされていない点

上記相違点について検討する。
事案に鑑み、相違点10について検討する。
相違点10において、ペプチド画分及びα-グルカン画分の配合についての特定がされているところ、当該特定は、上記配合により製造される飲料が、所定のペプチド画分の飲料中の濃度、全タンパク量に対するペプチドの量の比率、α-グルカン画分の飲料中の濃度、ペプチド画分の成分を有するものであることを意味するともいえる。そして、それらの技術的事項は、上記相違点4において示した、濃度、比率、成分と同様のものである。してみると、本件発明1の相違点4について述べたのと同様の理由により、甲6発明2において、相違点10に係る本件発明5の技術的事項を採用することが、当業者が容易になし得た事項であるということはできない。
したがって、相違点8、9について検討するまでもなく、本件発明5は甲6に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

カ 本件発明6について
本件発明6は、本件発明5についてペプチドの量をさらに限定するものであるから、本件発明5と同様に、本件発明6は、甲6に記載された発明及び甲3、5?11に記載された技術的事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

(3)理由5についてのまとめ
以上のとおりであるから、本件発明1?6は、甲3、5?11に記載された発明に基いて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえず、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができるものではないということはできない。

第5 むすび
以上のとおりであるから、特許異議の申立ての理由及び証拠によっては、本件発明1?6に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に本件発明1?6に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
異議決定日 2021-03-12 
出願番号 特願2015-2699(P2015-2699)
審決分類 P 1 651・ 537- Y (C12C)
P 1 651・ 121- Y (C12C)
P 1 651・ 536- Y (C12C)
P 1 651・ 55- Y (C12C)
最終処分 維持  
前審関与審査官 鳥居 敬司  
特許庁審判長 大熊 幸治
特許庁審判官 冨永 保
齊藤 真由美
登録日 2020-04-10 
登録番号 特許第6689569号(P6689569)
権利者 キリンホールディングス株式会社
発明の名称 ビールテイストアルコール飲料およびその製造方法  
代理人 大森 未知子  
代理人 横田 修孝  
代理人 榎 保孝  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ