• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部無効 対象物 審決却下 C09K
管理番号 1128114
審判番号 無効2003-35062  
総通号数 74 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 1994-07-19 
種別 無効の審決 
審判請求日 2003-02-19 
確定日 2005-12-02 
事件の表示 上記当事者間の特許第2965229号発明「液晶組成物」の特許無効審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求を却下する。 審判費用は、請求人の負担とする。 
理由 本件特許第2965229号の請求項1〜7に係る発明は、平成4年12月28日に出願され、平成11年8月13日にその発明について特許権の設定の登録がされたものである。
本件特許のうち、請求項1、2、4及び7に係る発明の特許に対して、平成15年2月19日に本件無効審判が請求された。
一方、本件特許の請求項1ないし7に係る発明に対して、別途、平成15年7月11日に無効審判が請求され、無効2003-35286号事件として審理され、平成17年1月11日に、請求項1ないし7に係る発明の特許を無効とする旨の審決がなされ、その審決は、平成17年5月23日に確定した(確定登録平成17年6月15日)。
この審決により、本件特許第2965229号の請求項1〜7に係る発明の特許権は、特許法第125条の規定により、初めから存在しなかったものとみなされる。
したがって、本件審判の請求は、結果としてその対象を欠き、補正をすることができない不適法なものとなるから、特許法第135条の規定により却下すべきものである。
また、審判に関する費用については、特許法第169条第2項において準用する民事訴訟法第61条の規定により、請求人が負担すべきものとする。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2005-07-06 
結審通知日 2005-07-11 
審決日 2005-07-25 
出願番号 特願平4-360271
審決分類 P 1 122・ 04- X (C09K)
最終処分 審決却下  
前審関与審査官 渡辺 陽子  
特許庁審判長 脇村 善一
特許庁審判官 西川 和子
後藤 圭次
登録日 1999-08-13 
登録番号 特許第2965229号(P2965229)
発明の名称 液晶組成物  
代理人 大友 啓次  
代理人 高橋 淳  
代理人 高橋 隆二  
代理人 大友 啓次  
代理人 吉見 京子  
代理人 生田 哲郎  
代理人 生沼 徳二  
代理人 伊藤 克博  
代理人 花岡 巌  
代理人 木崎 孝  
代理人 高橋 隆二  
代理人 伊藤 克博  
代理人 生沼 徳二  
代理人 宮崎 昭夫  
代理人 生田 哲郎  
代理人 宮崎 昭夫  
代理人 高橋 淳  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ