• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 G06F
審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 G06F
管理番号 1195303
審判番号 不服2007-26881  
総通号数 113 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2009-05-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2007-10-01 
確定日 2009-04-01 
事件の表示 特願2002-551806「コンテンツ配信の改良」拒絶査定不服審判事件〔平成14年 6月27日国際公開、WO02/50787、平成16年 6月 3日国内公表、特表2004-516586〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 1.手続の経緯
本願は、平成13年11月27日の出願(優先日:平成12年12月21日、英国)であって、平成18年11月17日付け拒絶理由通知に対し平成19年5月11日付けで手続補正がなされたが、同年6月25日付け(7月3日発送)で拒絶査定され、これに対し、同年10月1日に拒絶査定不服審判の請求がなされ、同日付けで手続補正がなされたものである。

2.平成19年10月1日付けの手続補正についての補正却下の決定
[補正却下の決定の結論]
平成19年10月1日付けの手続補正を却下する。

[理由]
(1)補正の内容
平成19年10月1日付けの手続補正(以下「本件補正」という。)により、特許請求の範囲は、
「【請求項1】 ネットワークを介して、ヘッダ部とデータコンテンツ(31)を含むペイロード部(49)とを有するデータグラム(33)を受信する端末(3)であって、
受信したデータグラム(33)を格納する、キャッシュ(17)を含む記憶装置(11,17)と、前記データコンテンツに対して複数の個々のユーザ選択操作を実行するように構成されたユーザインタフェース(19)とを備え、前記ユーザインタフェースは、複数の個々のユーザ選択操作のうちのいずれが、前記端末におけるユーザの選択によって、前記データコンテンツ(31)に対して許可されるかを示す、データグラム(33)に含まれる証印データ(51)に応答し、
前記ユーザインタフェースの操作は、前記データグラム(33)に含まれている前記証印データ(51)によって前記データグラム(33)に対して管理され、前記ユーザ選択操作が、個々に前記証印データ(51)に基づいて可能又は不可能とされる端末において、
前記証印データ(51)は、前記データグラム(33)のペイロード部(49)に含まれ、前記データグラム(33)が前記端末(3)で受信されると、前記ペイロードポーション(49)は前記キャッシュ(17)に格納されることを特徴とする端末。」
に補正された。

本件補正は、補正前(平成19年5月11日付け手続補正による補正)の請求項1,2および請求項4ないし請求項14を削除し、補正前の請求項3を新たな請求項1にすると共に、「記憶装置(11,17)」について「キャッシュ(17)を含む」という限定を加え、かつ、「前記データグラム(33)が前記端末(3)で受信されると、前記ペイロードポーション(49)は前記キャッシュ(17)に格納される」という構成を加えたものであって、特許法第17条の2第5項第2号の特許請求の範囲の減縮を目的とするものに該当する。
そこで、本件補正後の請求項1に記載された発明(以下、「本願補正発明」という。)が特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるか否か(平成18年法律第55号附則第3条第1項によりなお従前の例によるとされる同法による改正前の特許法第17条の2第5項において準用する同法第126条第5項の規定に適合するか)について以下検討する。

(2)引用文献に記載された事項
原査定の拒絶の理由において引用文献3として引用された国際公開第98/44402号(WO98/44402,以下「引用例」という。)には、図面とともに、以下の事項が記載されている。
(注:なお、訳は対応する特表2001-517342号公報から引用し、その公報に記載された部分のページと行を示す。)

(A)「More specifically, the method according to the invention may include downloading a program object to the client, running the program object on the client such that a request is uploaded to the server for a file containing the cryptographically protected data, downloading the file to the client, and rendering the cryptographically protected data in an unprotected form suitable for presentation to the user, the program object being operative such that no, or restricted, copy or save functions are offered to the user in respect of the downloaded data in its unprotected form.」(第2ページ第23行?第30行)
(「より詳しく言うと、この発明の方法はプログラムオブジェクトをクライアントに向けてダウンロードすることと、クライアントにおいてそのプログラムオブジェクトを実行して暗号法で保護されたデータを含んでいるファイルにについてサーバに向けて要求がアップロードされるようにすることと、そのファイルをクライアントに向けてダウンロードすることと、この暗号法で保護されたデータをユーザに提示するのに適した保護されていない形式にほん訳することとを含んでいて、該プログラムオブジェクトはダウンロードされたデータに関しては保護されていない形式でコピイもしくはセーブの一部たりともユーザに提供されないように動作するものであるとしている。」)(第7ページ第21行?第8ページ第1行)

(B)「HTML webpages can be downloaded to the client computer 3 from the web server 1, to be displayed to the user of the client computer 3. The HTML document may include links to other HTML pages on the same or a different web server, in a manner well known per se.
The HTML webpages may also include embedded objects such as graphics, images and the like.
The client 3 runs a browser which receives the HTML documents from the web server 1 and displays them on the display of the computer. In this example, the browser is Java aware i.e. can interpret Java bytecodes received from the server. More particularly, as known in the art, when the HTML document includes a so-called Java applet tag, the server downloads a corresponding applet, consisting of Java bytecodes, which are interpreted and run by the browser. Typically, the downloaded Java applet allows interactivity between the user of the computer 3 and the displayed image. 」(第6ページ第9行?第23行)
(「HTMLウエブページはクライアント計算機3にウエブサーバ1からダウンロードすることができ、クライアント計算機3のユーザに対して表示ができる。HTML文書は、既知のやり方で、同じか別のウエブサーバ上の他のHTMLページへのリンクを含むことができる。HTMLウエブページはまたグラヒックスとか画像とかそれに類するような埋め込まれたオブジェクトを含んでてもよい。
クライアント3はブラウザを運行させ、ブラウザはウエブサーバ1からHTML文書を受領して、それらを計算機のディスプレイ上に表示する。この例では、ブラウザはJavaアウエアであり(Javaを認識しており)、言い換えると、サーバから受取ったJavaバイトコードをほん訳できる。もっと詳しく言うと、当業者に知られているようにHTML文書がいわゆるJavaアプレットタグを含んでいるときは、サーバは、Javaバイトコードで成る、対応するアプレットをダウンロードし、これがブラウザによりほん訳されて実行される。一般に、ダウンロードされたJavaアプレットは計算機3のユーザと表示された画像との間で相互作用(対話)ができるようにする。」)(第11ページ第7行?第20行)

(C)「The browser includes a number of conventional controls which are operated by clicking on a mouse, in the usual way. For example, the browser includes a print button 5 which allows a screen print to be produced of the entire page shown within the browser window 4. Also, the browser includes a control, shown schematically at 6, with a drop-down menu option "view source", which allows a display to be provided of the actual HTML code which is being run.
A page 7 is shown within the window 4 of the browser. The page is defined by a sequence of lines of HTML code which specify the text and layout provided on the page. Also, the code specifies areas which receive graphical, image data or other data that is downloaded in separate files which have a predetermined tag. In this example a graphics file with a tag "gif"is displayed.
The HTML code causes the gif file to be displayed within the pre-defined area of the page. Thus, in the page 7, the gif file is displayed in region 8 defined by the downloaded HTML code. An example of the code for the gif file is shown in Code Extract No. 1, below.

Code Extract No.1
CE1.1
CE1.2
CE1.3 Company X's Homepage
CE1.4
CE1.5
CE1.6 Welcome to Company X's Homepage
CE1.7
CE1.8


CE1.9
CE1.10 link to another web page
CE1.11
CE1.12
CE1.13

If the user clicks the computer's mouse in the area of the displayed image 8, using the right mouse button, a drop-down menu 9 is displayed which gives the user options including "save", to save the digital data corresponding to the gif file to the computer's hard disc or to some other storage location, and also the option to print, using a printer connected to the computer 3 (not shown).
Thus, the user of computer 3 can make a copy of the digital data which comprises the graphics displayed in region 8 and the data can then be forwarded to other locations in an unrestricted manner. Because the data is recorded in digital form, it can be replicated many times without degradation of image quality. 」(第6ページ第30行?第8ページ第2行)
(「このブラウザには多数の通常のコントロールがあり、普通のやり方でマウス上をクリックすることにより動作がされる。例えば、ブラウザにはプリントボタン5があり、これはスクリーンプリントがブラウザウインドウ4内部に示された全ページについて作成できるようにする。また、このブラウザには図で6に示したコントロールを含み、そこにはドロップダウンメニュオプションである。“ビューソース(view source)”があり、実行されてている実際のHTMLコードについての表示ができるようにしている。
ページ7がブラウザのウインドウ4内部に示されている。このページはHTMLコードの行のシーケンスによって定義され、行はそのページ上に用意されるテキストとレイアウトとを特定している。また、コードは領域を特定し、領域はグラヒカルな、画像データもしくは他のデータであって別個のファイル内にダウンロードされたものを受取る。ファイルには所定のタグが備わっている。この例では、タグ“gif”を備えたグラヒックスファイルが表示されている。HTMLコードはgifファイルがページの所定領域内部に表示されるようにする。したがって、ページ7では、gifファイルがダウンロードされたHTMLコードによって定義された領域8内に表示される。gifについてのコードの例が次のCode Extract(コード抜出し)No.1に示されている。

Code Extract No.1
CE1.1
CE1.2
CE1.3 Company X's Homepage
CE1.4
CE1.5
CE1.6 Welcome to Company X's Homepage
CE1.7
CE1.8


CE1.9
CE1.10 link to another web page
CE1.11
CE1.12
CE1.13

ユーザが表示された画像8の領域内で計算機のマウスを右マウスボタンを用いてクリックすると、ドロップダウンメニュ9が表示されて、それが“セーブ”(セーブはgifファイルに対応するディジタルデータを計算機のハードディスクもしくは他の記憶場所へセーブするものである)を含むユーザのオプション(選択肢)を与え、また計算機3に接続されたプリンタ(図示せず)を用いるプリントというオプションも含んでいる。こうして、計算機3のユーザは領域8内に表示されたグラヒックスを含んでいるディジタルデータのコピイを作ることができ、またデータは制限されていないやり方で他の場所へ送ることもできる。データはディジタル形式で記録されているので、画像品質を劣化させることなく何回も複製ができる。」)(第11ページ第25行?第13ページ第3行)

(D)「As is well known in the art, HTML code can also include a Java applet. This consists of a programming object which is downloaded from the server 1, that can be run locally, within the browser 4. An applet is specified in HTML by a code tag-applet as will be described hereinafter. When the HTML interpreter in the browser encounters such a tag in a webpage, it refers back to the web server, which then downloads Java bytecodes to the browser.
Typically, applets are used to display animated graphic symbols in a webpage, although many other applications can be provided, as well known to those skilled in the art. The location and size of the applet display is determined by instructions in lines of the HTML code.
If the user clicks the right mouse button on the data displayed by running the applet, no drop-down menu is provided corresponding to the menu 9 shown in Figure 2. The user can use the view-source button 6 to display the lines of code which make up the HTML page being displayed, but this does not reveal the data that is displayed when the applet is run by the browser. The Java interpreter can display gif files when running an applet, within the applet, although normally, gif files are downloaded directly into the webpage because it is not normally necessary to process them in terms of Java bytecodes.
The present invention provides a method by which data can be downloaded to the webpage in a secure manner, and cannot be saved or copied whilst being displayed without significant fraudulent effort.
An example of a downloading process in accordance with the invention will now be described in more detail with reference to Figures 3,4 and 5. In this example, a webpage containing copyright protected image data is downloaded from the server 1 to client computer 3 through the World Wide Web 2. The resulting display in the browser 4 is shown in Figure 4 and the processing steps are shown in more detail in Figure 5.
At step S1 the client 3 uploads a request to the server 1 for details of a webpage. The request comprises a conventional hypertext file transfer protocol (HTTP) page request. The server then, at step S2, gets the page, or constructs it "on the fly"and downloads the HTML code corresponding to the page, to the client 3 through the World Wide Web (WWW) 2. In the usual way, the HTML code includes references for images, graphics, sound bytes and the like and in response to such codes, the server will upload HTTP requests for corresponding files to be displayed in the webpage. For example, referring to the webpage 7 shown in Figure 4, it includes a graphical image 11 constituted by a gif file. In order to obtain the data for the display 11, an HTTP request is uploaded at step S3 to the server, and corresponding binary graphical data is downloaded at step S4. This data is then displayed in region 11 of the page 7 shown in Figure 4. However, this data is not copyright protected because the user can save and copy it using the right mouse button as previously explained with reference to Figure 2.
However, in accordance with the invention, region 12 of the displayed page 7 is copyright protected. The HTML code associated with the page 7 of Figure 4 is shown in Code Extract No. 2, below, and references an applet Al at line CE2.8.

Code Extract No.2
CE2.1
CE2.2
CE2.3 Company X's Homepage
CE2.4
CE2.5
CE2.6 Welcome to Company X's Homepage with added copyright protection
CE2.7
CE2.8
CE2.9
CE2.10

CE2.11


CE2.12
CE2.13 link to another web page
CE2.14
CE2.15
CE2.16

The Java bytecodes for running the applet are downloaded to the client from the server 1 to the client 3 at step S6 in Figure 5. The applet Al is then run on the client, using the Java interpreter within the browser, in order to prepare the browser to receive data to be displayed in region 12 of the webpage, downloaded from the server.
The data to be displayed in region 12 is cryptographically protected so that it cannot be readily deciphered, by monitoring the downloaded signals. In this example, the cryptographic protection includes encryption of the downloaded data together with hashing, as will be explained in more detail hereinafter.
The applet Al allows the downloaded file to be decrypted and checked for integrity i. e. hash verified. More specifically, the applet Al includes the following: a hashing algorithm HA, a master hashing key Km, an encryption algorithm EA, an encryption key KE and a BTC file request. As used herein, the term BTC refers to a file of copyright protected data, for display at the browser.
The applet Al is run at step S7 on the client computer 3 and at step S8, the applet causes a BTC file request to be uploaded to the server 1.
At step S9, the server performs an authentication step in order to determine whether it is safe to download the requested BTC file to the client. The authentication may be carried out in a number of different ways. For example, the server may only download the file if the client has made a payment, so as to allow the owner of the copyright of the BTC file to collect a royalty for the act of viewing the file. A micropayment scheme for this purpose is described in our co-pending patent application No. GB 9624127.8 entitled Transaction System. Alternatively, the client 3 may be known to the server in respect of some other service being provided, for example an Internet home shopping scheme, and the client's credentials may be authenticated by means of procedures already in use for the service.
Assuming that the client 3 passes the authentication step S9, the server then, at step S10, prepares the BTC file for downloading to the client 3. 」(第8ページ第16行?第11ページ第17行)
(「当業者に知られているように、HTMLコードはJavaアプレットを含むこともできる。これがプログラム用オブジェクトで構成されていて、このオブジェクトがサーバ1からダウンロードされ、ブラウザ4内部で局部的に実行できる。アプレットはHTML内で後述するようにコードタグ-アプレットにより特定される。HTMLほん訳器でブラウザの中にあるものがウエブページ内でこのようなタグに出逢うと、ウエブサーバに戻って参照し、次にブラウザへJavaバイトコードをダウンロードする。一般に、アプレットはウエブページ内でアニメーションのグラヒックシンボルを表示するために使用されるが、多くの他の応用も提供されることは当業者によく知られている。アプレット表示の位置と大きさとはHTMLコードの行(ライン)内にある命令により決められる。
もしユーザがアプレットの実行により表示されたデータ上で右マウスボタンをクリックすると、図2に示したメニュ9に対応してドロップダウンメニュは何も提供されない。ユーザはビューソースボタン6を用いて表示されているHTMLページを作りあげているコードの行を表示するようにすることができるが、しかしこれはアプレットがブラウザにより実行されているときに表示されるデータを表わしてはいない。Javaほん訳器はgifファイルを、アプレット実行中に、アプレット内部で表示できるが、正常時には、gifファイルは直接ウエブページ内にダウンロードされるのであって、その理由はJavaバイトコードについて処理する必要は正常時にはないことによる。
この発明は安全なやり方てデータがウエブページにダウンロードできて、しかも、著しい不正行為の努力なしでは表示がされないしセーブもしくはコピイができないような方法を提供する。
この発明によるダウンロードをするプロセスの例が図3,4、及び5を参照してもっと詳しく記述されている。この例では、コピイライト(著作権)が保護されている画像データを含むウエブページがサーバ1からクライアント計算機にワールドワイドウエブ2を介してダウンロードされる。ブラウザ4での結果の表示は図4に示されていて、処理段階は図5にもっと詳細に示されている。
段階S1ではクライアント3がウエブページの詳細についてのサーバ1への要求をアップロードする。この要求は通常のハイパーテキストファイル転送プロトコル(HTTP)ページ要求を含んでいる。そこでサーバは、段階S2で、そのページを得るか、それを“オンザフライ(進行中に)”で構築してページに対応するHTMLコードをワールドワイドウエブ(WWW)2を介してクライアント3へダウンロードする。通常のやり方では、HTMLコードは、画像、グラヒックス、サウンドバイトなどに対する参考を含んでいて、このようなコードに応答して、サーバはHTTP要求をアップロードしてウエブページ内に対応するファイルが表示されるように求める。例えば、図4に示したウエブページ7を参照すると、そこにはグラヒカル画像11があり、gifファイルによって構成されている。表示11についてのデータを得るために、HTTP要求が段階S3でサーバにアップロードされて、対応する2値のグラヒカルデータが段階S4でダウンロードされる。このデータは次に図4に示したページ7の領域11内で表示される。しかし、このデータは著作権が保護されたデータではない。その理由はユーザが右マウスボタンを用いて、図2について前に説明したように、セーブできるし、コピイができるからである。
しかし、この発明によると表示されたページ7の領域12は著作権が保護される。HTMLコードで図4のページ7と関係するものは以下のコード抜出し(Code Extract)No.2に示してあり、行CE2.8でアプレットA1を参照している。

Code Extract No.2
CE2.1
CE2.2
CE2.3 Company X's Homepage
CE2.4
CE2.5
CE2.6 Welcome to Company X's Homepage with added copyright protection
CE2.7
CE2.8
CE2.9
CE2.10

CE2.11


CE2.12
CE2.13 link to another web page
CE2.14
CE2.15
CE2.16

アプレットを実行するためのJavaバイトコードは図5の段階S6でサーバからクライアント1へダウンロードされる。アプレットA1はそこで、ブラウザ内部のJavaほん訳器を用いて、クライアント上で実行がされて、サーバからダウンロードされたウエブページの領域12内に表示されることになるデータを受けるように、ブラウザの準備が行なわれる。
領域12内で表示されることになるデータは暗号法で保護されていて、ダウンロードされた信号を監視してもすぐには解読できない。この例では、暗号法の保護はハッシングと一緒にダウンロードしたデータの暗号を含んでおり、そのことについては後に詳述する。
アプレットA1はダウンロードしたファイルが解号され、完全性についてすなわち確認されたハッシュについてチェックがされるようにする。もっと詳しく言うと、アプレットA1は次のものを含んでいる:ハッシングアルゴリズムHA、マスターハッシングキーKMH、暗号アルゴリズムEA、暗号キーKE、及びBTCファイル要求である。ここで用語BTCを用いているが、ブラウザで表示するための、著作権が保護されたデータのファイルを指す。アプレットA1はクライアント計算機3上で段階S7で実行され、また段階S8でアプレットはBTCファイル要求がサーバ1にアップロードされるようにする。
段階S9では、サーバは認証段階を実行して、要求されたBTCファイルをクライアントにダウンロードすることが安全であるかどうかを判断する。この認証は多数の違ったやり方で実行されてよい。例えば、サーバはクライアントが支払いをしていることを条件にファイルをダウンロードするだけであるから、BTCファイルの著作権の所有者がファイルを眺めるという動作に対してロイヤリティを集められるようにする。この目的についてのマイクロペイメント(小額の支払い)スキームは我々の未決特許出願No.GB 9624127.8名称トランザクションシステム(Transaction System)に記述されている。これに代って、クライアント3は提供されている他の若干のサービスに関してはサーバに知られていてよく、その例は、インターネットホームショッピング(在宅買物)スキームであり、クライアントの信用状態がこのサービスについてすでに使用されているプロセスによって認証されていてよい。
クライアント3が認証段階S9を通過したとすると、そのときはサーバは段階10でBTCファイルを用意してクライアント3へダウンロードするようにする。」)(第13ページ第14行?第16ページ第17行)

(E)「Then the resulting file, at step S10. 5 is wrapped in a proprietary BTC file format which itself includes additional cryptographic protection techniques.
The proprietary BTC file format is shown in Figure 7. The BTC file format comprises header information H, and an embedded file EF. The processing performed at step S10.5 is shown in more detail in Figure 8.
The BTC file in step S10.5 is generated as follows. In step S10.5.1 partial information for the header H is generated. This comprises a version number for the file format, and any specific copyright protection control information CI for the file. 」(第12ページ第26行?第13ページ第4行)
(「こうして段階S10.5では、得られたファイルが専用のBTCファイル形式でまとめられ、この形式自体に追加の暗号法の保護技術が含まれている。
この専用のBTCファイル形式は図7に示されている。BTCファイル形式はヘッダ情報Hと埋め込まれたファイルEFとを含んでいる。段階S10.5で実行された処理は図8にさらに詳細に示されている。
BTCファイルは段階S10.5では次のように生成される。段階S10.5.1ではヘッダHについての部分情報が生成される。これはそのファイル形式に対する版番号(バージョンナンバ)と、そのファイルについての何らから特定の著作権保護コントロール情報とを含んでいる。」)(第17ページ第26行?第18ページ第6行)

(F)「At step S 11 (Figure 5) the BTC file is downloaded to the client 3.
Then, at step S12, the BTC file is processed using the applet Al previously downloaded to the client 3. The processing performed at step S12 is shown in more detail in Figure 9. At steps S12.1 and S12.2 the integrity of the content of the header H is verified. In step S12.1, using the hashing algorithm HA, and the hashing key used on the header HKhead (recovered from the header H of the BTC file) the hash value HVhead of the header is generated. At step S12.2 the value is checked against the hash value HVh,, d recovered from the BTC file header H.
If the result of the check is unsatisfactory, an error banner is displayed at step S12.3 in the region 12 (Figure 4) in the window of the browser 4. However, if the integrity check is satisfactory, the applet Al checks in step S12.4 that it knows how to process files of the type specified in the version number recovered from the header 1 of Figure 7. If the result of the check is unsatisfactory, an error banner is displayed at step S12.3 in the region 12 (Figure 4) in the window of the browser 4. However if the check is satisfactory, the applet Al can make use of the specific copyright protection control information CI for the file (present in the header H of Figure 7) when processing user requests for data manipulation.
In step S12.5 the embedded file EF is decrypted using the encryption algorithm EA and the key KE previously downloaded in the applet Al.
In steps S12. 6 and S12. 7 the integrity of the content of the decrypted file is verified as follows. In step S12.6, using the hashing algorithm HA, and the hashing key used on the embedded file (recovered from the embedded file EF in the BTC file) the hash value mdded'is generated. In step S12.7 the value is checked against the hash value HVembedded recovered from the BTC embedded file EF.
If the result of the check is unsatisfactory, an error banner is displayed at step S12.3 in the region 12 (Figure 4) in the window of the browser 4. However, if the integrity check is satisfactory, the applet Al can display the content of the decrypted file in the region 12 (Figure 4) in the window of the browser 4 in step S12. 8.
Thus, if the BTC file contains image data, the image is displayed, together with its imperceptible watermark, in the region 12 of webpage 7 shown in Figure 4. The user cannot save or copy the image data. Because the Java enabled browser is running an applet for the image data in region 12, the functions of the right mouse button are disabled for region 12. Therefore, if the user clicks the mouse with the right button, no menu option is automatically provided for saving, copying or printing the displayed data in region 12. The right mouse button function is disabled according to usual Java operation for applets as previously described. The user could operate the print button 5 of the browser 4 but this would only print a low quality image and would not permit the digital data that comprises the image 12 to be recovered for the purpose of providing a high quality copy.
Furthermore, if the downloaded BTC file is cached in the browser, it will be cached in its cryptographically protected form so that making copies of the cached file does not permit access to the downloaded data in the BTC file, unless substantial code breaking activities are fraudulently undertaken by the user. 」(第13ページ第21行?第15ページ第12行)
(「段階S11(図5)では、BTCファイルがクライアント3にダウンロードされる。
そこで、段階12では、BTCファイルが前にクライアント3にダウンロードされたアプレットA1を用いて処理される。段階S12で実行された処理は図9にもっと詳細に示されている。段階S12.1とS12.2では、ヘッダHの内容の完全性が確認される。段階12.1では、ハッシングアルゴリズムHAと、ハッシングキーでヘッダHKhead上で使われたもの(BTCファイルのヘッダHから回復されたもの)を用いてヘッダのハッシュ値HVhead'が生成される。段階S12.2では、この値がBTCファイルヘッダHから回復されたハッシュ値HVheadに対してチェックされる。
チェックの結果が不満足であれば、エラーバナー(旗)が段階S12.3で領域12(図4に示したブラウザ4のウインドウの中)で表示される。しかし、完全性チェックが満足なものであれば、アプレット1は段階S12.4でチェックを行ない、図7のヘッダ1から回復された版番号で特定された形式のファイルをどのように処理すべきかを知っていることを調べる。もしこのチェックの結果が不満足であればエラーバナーが段階S12.3でブラウザ4のウインドウ内の領域12(図4)で表示される。しかし、もしチェックが満足なものであれば、アプレットA1は、データ処理についてのユーザ要求を処理するときに(図7のヘッダH内に存在する)ファイルについての固有の著作権保護コントロール情報CIの使用ができる。
段階S12.5では、埋め込まれたファイルEFがアルゴリズムEAとキーKEでアプレットA1内に前にダウンロードされたものを用いて解号化される。
段階S12.6とS12.7とでは、解号したファイルの内容の完全性が次のように確認される。段階S12.6では、ハッシングアルゴリズムH4と、埋め込まれたファイルで使われたハッシングキー(BTCファイル内の埋め込まれたファイルEFから回復されたもの)とを用いて、ハッシュ値HVembedded'が生成される。段階S12.7では、この値がBTC埋め込まれたファイルEFから回復されたハッシュ値HVembeddedに対してチェックされる。
このチェック結果が不満足であれば、エラーバナーが段階S12.3でブラウザ4のウインドウ内の領域12(図4)内で表示される。しかし、完全性チェックが満足なものであれば、アプレットA1は段階S12.8でブラウザ4のウインドウの中の領域12(図4)内に解号したファイルの内容を表示する。
このようにして、もしBTCファイルが画像データを含んでいれば、その画像データが知覚できない透かしマークと一緒に図4に示したウエブページ7の領域12内に表示される。ユーザはこの画像データをセーブしたりコピイしたりできない。Javaがイネーブルとしたブラウザは領域12内の画像データに対するアプレットを実行しているから、右マウスボタンの機能は領域12に対してディスエーブルとされている。したがって、もしユーザがこのマウスを右ボタンでグリックするとメニュオプションは何も自動的に提供されず、領域12内で表示されたデータのセービング、コピイ動作、もしくはプリントすることは何も提供されない。右マウスボタン機能は前述のようにアプレットに対する通常のJava動作に従ってディスエーブルとされる。ユーザはブラウザ4のプリントボタンを動作できたとしても、これは低品質の画像をプリントするだけで、画像12を含んだディジタルデータが高品質コピイを提供する目的で回復されることは許されない。
さらに、もしダウンロードされたBTCファイルがブラウザ内にキャッシュされるとすると、暗号法で保護された形式でキャッシュされることになるので、キャッシュされたファイルのコピイを作ることはBTCファイル内のダウンロードされたデータへのアクセスを許さない。もっとも、実質的なコードの破壊活動がユーザにより不正行為によって行なわれた場合は別である。」)(第18ページ第20行?第20ページ第13行)


以上、(A)ないし(F)の記載、および図面を総合すると、引用例には、
「ワールドワイドウエブ(2)を介して、BTCファイル(図7,著作権が保護されたデータコンテンツのファイル)を受信するクライアント計算機(3)であって、
BTCファイルがクライアント計算機にダウンロード(図5,S11)されると、計算機はJavaアプレット(A1)を実行し、
当該アプレット(A1)は、BTCファイルのヘッダ情報(H)に設定された特定のコントロールオプション(CI)に基づいて、BTCファイル(データ)に対するユーザのセーブ,コピー,プリント等の操作を可能または不可能にする計算機」
の発明が開示されていると認めることができる。
(以下、この発明を「引用発明」という。)

(3)対比
まず、本願補正発明における「ヘッダ部」、「ペイロード部」および「キャッシュ」について、予めその意味を検討しておく。
本願補正発明では、ネットワークを介して端末が受信するデータグラム(33)は「ヘッダ部」と「ペイロード部」とで構成されており、ここでいう「ヘッダ部」は、図3、段落【0017】等の記載からすると、ネットワーク上のアドレスを示すデータが格納された部分である。
そして、「ペイロード部」は、各種のコンテンツ(画像、音楽、テキストなど、形式が決まっていないデータ)が格納された部分であると理解できる。
また、「キャッシュ」とは、明細書の記載からすると、データを一時的に保持する記憶手段の一機能であって、実質的にインターフェイスを介してのみ当該キャッシュに記憶されたデータにアクセスできるものと理解できる。

引用発明と本願補正発明を対比する。
引用発明の「ワールドワイドウエブ」、「クライアント計算機」は、本願補正発明の「ネットワーク」、「端末」に相当する。
そして、引用発明の「BTCファイル」は、データコンテンツを含んでいる点で本願補正発明の「データグラム」に対応する。
また、引用発明の「アプレット」は、BTCファイルのヘッダ情報(H)に設定された特定のコントロールオプション(CI)に基づいて、BTCファイル(データ)に対するユーザのセーブ,コピー,プリント等の操作を可能または不可能にするものであるから、本願補正発明の「ユーザインタフェース」に相当するものであり、そして、「コントロールオプション(CI)」は、本願補正発明の「証印データ」に相当するといえる。
したがって、引用発明の「アプレット(A1)は、BTCファイルに設定された特定のコントロールオプション(CI)に基づいて、BTCファイル(データ)に対するユーザのセーブ,コピー,プリント等の操作を可能または不可能にする」ことは、本願補正発明の「前記ユーザインタフェースは、複数の個々のユーザ選択操作のうちのいずれが、前記端末におけるユーザの選択によって、前記データコンテンツ(31)に対して許可されるかを示す、データグラム(33)に含まれる証印データ(51)に応答し、
前記ユーザインタフェースの操作は、前記データグラム(33)に含まれている前記証印データ(51)によって前記データグラム(33)に対して管理され、前記ユーザ選択操作が、個々に前記証印データ(51)に基づいて可能又は不可能とされる」ことに相当するということができる。
なお、BTCファイルが計算機にダウンロードされた後、該ファイルを計算機に記憶しておくことは当然であるから、引用発明において、ダウンロードされたBTCファイルが記憶装置に格納されることはいうまでもない。

以上のことから、両者は、
<一致点>
ネットワークを介して、データコンテンツ(31)を含むデータグラム(33)を受信する端末(3)であって、
受信したデータグラム(33)を格納する、記憶装置(11,17)と、前記データコンテンツに対して複数の個々のユーザ選択操作を実行するように構成されたユーザインタフェース(19)とを備え、前記ユーザインタフェースは、複数の個々のユーザ選択操作のうちのいずれが、前記端末におけるユーザの選択によって、前記データコンテンツ(31)に対して許可されるかを示す、データグラム(33)に含まれる証印データ(51)に応答し、
前記ユーザインタフェースの操作は、前記データグラム(33)に含まれている前記証印データ(51)によって前記データグラム(33)に対して管理され、前記ユーザ選択操作が、個々に前記証印データ(51)に基づいて可能又は不可能とされる端末において、
前記証印データ(51)は、前記データグラム(33)に含まれ、前記データグラム(33)が前記端末(3)で受信されると、前記記憶手段に格納されることを特徴とする端末。
である点で一致し、以下の点で相違している。

<相違点1>
本願補正発明は、受信したデータグラムを格納する「キャッシュを含む記憶装置」を備えたものであるのに対し、
引用発明では、ダウンロード(受信)したBTCファイルを記憶装置に格納していることは自明であるといえるものの、引用例には、BTCファイルを格納する「キャッシュを含む記憶装置」を備えていることは明記されていない点。
<相違点2>
本願補正発明は「証印データは、データグラムのペイロード部に含まれ」るのに対し、
引用発明は、コントロールオプション(CI)がBTCファイルのヘッダ情報に含まれている点。
<相違点3>
本願補正発明は「データグラムが端末に受信されると、ペイロードポーション(ペイロード部)はキャッシュに格納される」のに対し、
引用発明は、BTCファイルが端末に受信されると、BTCファイルは記憶装置に格納されるといえるものの、引用例には、ペイロード部をキャッシュに格納することは記載されていない点。

(4)判断
<相違点1>について
コンピュータの記憶装置において、記憶装置がキャッシュを含んでいることは技術常識であり、そして、受信したデータをキャッシュに一時的に格納することもまた慣用手段といえるものである。
したがって、引用発明において、受信したBTCファイルを、「キャッシュを含む」記憶手段に格納することは当業者が適宜なし得たことにすぎない。
<相違点2>について
本願補正発明は、「証印データ」が、「ヘッダ部」と「ペイロード部」からなる「データグラム」の中の「ペイロード部」に含まれることを要件としている。
しかして、先に検討したように、本願補正発明における「ヘッダ部」はネットワーク上のアドレスを示すデータを格納する部分であって、その他の「コンテンツ」に関するデータは「ペイロード部」に格納されている。
すなわち、本願補正発明においては、各種形式の異なったコンテンツ(テキストファイル形式や画像ファイル形式であるもの)をネットワークを介して端末に送るために、コンテンツをペイロード部に格納し、該ペイロード部に対しネットワーク内のアドレス等を示すヘッダ部(コンテンツの形式に依存しない)を付加したものということができる。
一方、引用発明における「BTCファイル」は、「ヘッダ情報」と「埋め込まれたファイル情報」とからなっているが、該ヘッダ情報は埋め込まれたファイル情報に関する情報(バージョンナンバ等)を含むものであって、それ全体で一つのコンテンツといえるものである。
したがって、引用発明において、ウエブサーバから「BTCファイル」をネットワークを介してクライアント計算機に送る場合、該「BTCファイル」自体がペイロードに格納され、それにネットワーク上のアドレスを示すヘッダが付加されると理解できる。
よって、相違点2は実質的な相違点とはいえない。
なお、引用発明を上記のように解釈しないとしても、コンテンツに対する処理(コピー等)を制限する情報をコンテンツ自体に含ませることは、平成18年11月17日付け拒絶理由通知書において示した特開平9-163338号公報や特開2000-228632号公報にも記載されているように知られたことであるから、引用発明における「コントロールオプション(CI)」(本願補正発明でいう証印データ)をコンテンツ本体に含ませること、すなわちそのコンテンツが格納されたペイロード部に含ませることは当業者が容易に想到できたということができる。
<相違点3>について
上記<相違点1>の中で述べたように、受信したデータをキャッシュに一時的に格納することは慣用手段であるから、受信したデータの一部(本願補正発明でいえば「ペイロードポーション」)をキャッシュに格納する程度のことは適宜なし得たことと認められる。
また、引用例には、
[2.(2)の(A)参照]「該プログラムオブジェクトはダウンロードされたデータに関しては保護されていない形式でコピイもしくはセーブの一部たりともユーザに提供されないように動作するものであるとしている。」
[2.(2)の(D)参照]「この発明は安全なやり方てデータがウエブページにダウンロードできて、しかも、著しい不正行為の努力なしでは表示がされないしセーブもしくはコピイができないような方法を提供する。」
[2.(2)の(F)参照]「ユーザはこの画像データをセーブしたりコピイしたりできない。Javaがイネーブルとしたブラウザは領域12内の画像データに対するアプレットを実行しているから、右マウスボタンの機能は領域12に対してディスエーブルとされている。したがって、もしユーザがこのマウスを右ボタンでグリックするとメニュオプションは何も自動的に提供されず、領域12内で表示されたデータのセービング、コピイ動作、もしくはプリントすることは何も提供されない。・・・さらに、もしダウンロードされたBTCファイルがブラウザ内にキャッシュされるとすると、暗号法で保護された形式でキャッシュされることになるので、キャッシュされたファイルのコピイを作ることはBTCファイル内のダウンロードされたデータへのアクセスを許さない。」等の記載があり、これらからみれば、引用例には、記憶装置に保持された画像データ(BTCファイルの本体情報)は、アプレットを介してのみアクセスでき、アプレットを介さずにはセーブもコピーもできない(画像データは一時的な記憶しかされていない)ことが開示されているといえるから、「BTCファイルを一時的に記憶し、アプレットによってのみアクセスできる記憶手段(本願補正発明でいうキャッシュ)に格納する」ことは引用例の記載から容易に想到できたということができる。
さらに、本願補正発明の作用効果を勘案しても、本願補正発明に格別の点を認めることができない。

以上のように、本願補正発明は、引用例に記載された発明および周知技術に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。
したがって、本願補正発明は、特許法第29条第2項の規定により、その特許出願の際に独立して特許を受けることができない。

(5)本願補正発明についてのまとめ
したがって、本件補正は、平成18年法律第55号附則第3条第1項によりなお従前の例によるとされる同法による改正前の特許法第17条の2第5項において準用する同法第126条第5項の規定に違反するものであるから、特許法第159条第1項の規定において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものである。

3.本願発明について
(1)本願発明
平成19年10月1日付けの手続補正は上記のとおり却下されたので、本願発明は、平成19年5月11日付け手続補正書により補正された特許請求の範囲に記載されたとおりのものである。
そして、その請求項3により特定される発明(以下、これを「本願発明」という。)は次のとおりである。

「【請求項3】 ネットワークを介して、ヘッダ部とデータコンテンツ(31)を含むペイロード部(49)とを有するデータグラム(33)を受信する端末(3)であって、
受信したデータグラム(33)を格納する記憶装置(11,17)と、前記データコンテンツに対して複数の個々のユーザ選択操作を実行するように構成されたユーザインタフェース(19)とを備え、前記ユーザインタフェースは、複数の個々のユーザ選択操作のうちのいずれが、前記端末におけるユーザの選択によって、前記データコンテンツ(31)に対して許可されるかを示す、データグラム(33)に含まれる証印データ(51)に応答し、
前記ユーザインタフェースの操作は、前記データグラム(33)に含まれている前記証印データ(51)によって前記データグラム(33)に対して管理され、前記ユーザ選択操作が、個々に前記証印データ(51)に基づいて可能又は不可能とされる端末において、
前記証印データ(51)は、前記データグラム(33)のペイロード部(49)に含まれていることを特徴とする端末。」

(2)引用文献に記載された発明
原査定の拒絶の理由に引用された国際公開第98/44402号(引用例)に記載された発明(引用発明)は、前記「2.(2)」に記載したとおりである。

(3)対比・判断
本願発明は、前記2.で検討した本願補正発明から「キャッシュ(17)を含む」という限定事項、および「前記データグラム(33)が前記端末(3)に受信されると、ペイロードポーション(49)は前記キャッシュ(17)に格納される」という限定事項を除いたものである。
そうすると、本願発明の構成要件を全て含み、さらに他の構成要件を付加したものに相当する本願補正発明が、前記2.(4)に記載したとおり、引用例に記載された発明及び周知技術に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、本願発明も、同様の理由により、当業者が容易に発明をすることができたものである。

(4)むすび
以上の通り、本願発明は、引用例および周知技術に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は、他の請求項について検討するまでもなく、拒絶されるべきものである。
よって、結論の通り審決する。
 

審理終結日 2008-10-29 
結審通知日 2008-11-04 
審決日 2008-11-17 
出願番号 特願2002-551806(P2002-551806)
審決分類 P 1 8・ 575- Z (G06F)
P 1 8・ 121- Z (G06F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 篠原 功一  
特許庁審判長 立川 功
特許庁審判官 飯田 清司
菅原 浩二
発明の名称 コンテンツ配信の改良  
代理人 青木 篤  
代理人 水谷 好男  
代理人 島田 哲郎  
代理人 鶴田 準一  
代理人 伊坪 公一  

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ