• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由) G06F
管理番号 1246832
審判番号 不服2009-11662  
総通号数 145 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2012-01-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2009-06-26 
確定日 2011-11-10 
事件の表示 特願2006-321045「コンテンツ閲覧方法、コンテンツ閲覧装置およびコンテンツ閲覧プログラム」拒絶査定不服審判事件〔平成20年 6月12日出願公開、特開2008-134866〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続きの経緯・本願発明
本願は、平成18年11月29日の出願であって、平成21年3月24日付けで拒絶査定がなされたところ、それに対して、同年6月26日付けで拒絶査定に対する審判請求がなされるとともに手続補正書が提出され、当審において平成23年6月21日付けで拒絶理由が通知されたところ、同年8月22日に意見書及び手続補正書が提出されたものである。
本願請求項1に係る発明は、平成23年8月22日に提出された手続補正書により補正された明細書及び図面の記載からみて、その特許請求の範囲の請求項1に記載された次のとおりのものと認める。(以下、「本願発明」という。)
「1つ以上のコンテンツを含むコンテンツ群を取得する取得工程と、
前記取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、必要に応じて、フォーマットの変換、表示情報の生成、時間情報の抽出を行うと共に、時間情報が存在しない場合には、時計回路からのシステム日付を用いたり、あるいは、当該コンテンツ群内の時間情報を有するコンテンツの当該時間情報を用いたりするなどの予め決められた方法により時間情報の生成を行う変換工程と、
前記変換工程において変換した前記各コンテンツのそれぞれが有する時間情報に基づいて、前記各コンテンツのそれぞれを利用できるようにするための表示情報を時間軸上に配置して表示素子に表示するようにする配置制御工程と、
前記配置制御工程を通じて時間軸上に配置して前記表示素子に表示するようにした前記各コンテンツのそれぞれの前記表示情報を、使用者からの操作入力に応じて一括して表示制御する表示制御工程と
を有し、
前記表示制御工程は、所定の時間間隔ごとに前記コンテンツ群の取得元を確認し、新たなコンテンツが追加されている場合は追加コンテンツを取得し、取得した追加コンテンツについて前記変換工程を経て前記時間軸上に表示することで更新を行う、コンテンツ閲覧方法。」

第2 引用例
(1)当審における、平成23年6月21日付けで通知した拒絶の理由に引用した国際公開第2005/076156号(以下、「引用例1」という。)には、図面とともに、以下の記載がある。
(ア)「The present invention provides for various methods for representing media items in a media file management application, such as a media diary application, a media file representation application, a calendar application, an electronic mail application, a messaging application or the like, which is implemented in an electronic device, such as a digital communication device. The media file management application will implement a digital media item organizer that organizes media items by timeframe and/or timeline. The media file management application provides for a media view that is displayed on the display of the associated digital communication device and includes representations of media items in association with a timeframe, a moment of time or an event. For the sake of combining terms under a generic heading the present invention defines the term "period of time" as including a timeframe, a moment of time or an event. As such, the media file management application may provide for a media view of media items associated with a past moment of time, such as year, month, week, day, hour, a specific time, or period of time. Alternatively, the media file management application provides for a media view of media items associated with any portion of the metadata information related to the media items.
In embodiments in which the file management application takes the form of a media diary application, the media diary may combine the benefit of an electronic calendar planner with a digital media item organizer. In embodiments that provide for an electronic calendar planner, the media diary application may provide for a calendar view of calendared events and reminders. Additionally, the media diary application may provide for a timeline view that is typically displayed in conjunction with the media view or a combined media view and calendar view. The timeline view provides for a timeline presentation (herein referred to as a time bar) of media items and, in certain embodiments, calendar events and reminders.
The media file management application of the present invention may be implemented and executed on any electronic device that incorporates a display, such as a desktop or portable computer, cellular telephone, personal data assistant (PDA), digital camera, digital camcorder, e-book device, television, digital audio player or the like. In addition the media file management application may be implemented on electronic devices that are connected to an external display, such as a set-top box (STB), personal video recorder (PVR), digital video recorder (DVR) or the like. While in most implementations the digital device that executes the media file management application will be capable of any type of wireless or wireline network communication, such as wireless telecom, short range radio network, Bluetooth(R), Wireless Local Area Network (WLAN), Radio Frequency Identification (RFID), Internet Protocol Data Casting (IPDC), Digital Video Broadcasting (DVB), Infrared Data Association (IrDa), Internet or the like, it is not required that the digital device be adapted to communicate via network. Devices that are capable of acquiring digital media files internally or acquire media files through memory devices (e.g., flash storage device, memory sticks, video and audio storage tapes, CD, DVD, removable hard disc device (HDD) and the like) are also applicable.」(第8頁第9行?第9頁第20行、なお、トレードマークを(R)で示した。)
(訳: 本発明は,デジタル通信デバイスのような電子デバイスに実装される,メディアダイアリアプリケーション,メディアファイル表現アプリケーション,カレンダアプリケーション,電子メールアプリケーション,メッセージアプリケーション,又はその類似物のようなメディアファイル管理アプリケーションにおいてメディアアイテムを表現するさまざまな方法を提供する。メディアファイル管理アプリケーションは,メディアアイテムを時間枠及び/又は時間軸によって編成するデジタルメディアアイテム編成機能を実装する。メディアファイル管理アプリケーションは,連携するデジタル通信デバイスのディスプレイに時間枠,時刻,又はイベントに関連付けられたメディアアイテムの象徴を含むメディア一覧を表示させる。一般的な項目下に用語をまとめるために,本発明では,”期間”という用語を,時間枠,時刻,又はイベントを含むように定義する。メディアファイル管理アプリケーションは,それ自体,年,月,週,日,時間,特定時刻,すなわち期間,のような過去の瞬間と関連付けられたメディアアイテムのメディア一覧を提供することができる。代替として,メディアファイル管理アプリケーションは,メディアアイテムに関連したメタデータ情報のいかなる部分とも関連付けられるメディアアイテムのメディア一覧を提供する。
ファイル管理アプリケーションがメディアダイアリアプリケーションの形をとる実施例においては,メディアダイアリは,電子カレンダ計画機能の利点と,デジタルメディアアイテム管理機構と,デジタルメディアアイテム編成機能とを結合させることができる。電子カレンダ計画機能を提供する実施例においては,メディアダイアリアプリケーションは,書き込んだイベント及び注意書きを含むカレンダの画像を提供することができる。代替として,メディアダイアリアプリケーションは,典型的にはメディア一覧と関連して表示されるか,又はメディアとカレンダの結合された一覧である時間軸上の一覧を提供することができる。時間軸上の一覧は,メディアアイテムと,ある実施例においてはカレンダイベントと,注意書きとを,ここで時間バーと呼ぶ時間軸上の提示を提供する。
本発明のメディアファイル管理アプリケーションは,デスクトップ計算機又はポータブル計算機,セルラ電話機,パーソナルデジタルアシスタント(PDA),デジタルカメラ,デジタルカムコーダ,電子ブックデバイス,テレビ,デジタルオーディオプレイヤ,若しくはその類似物,のようなディスプレイを備える任意の電子デバイスに実装し,実行させることができる。更に,メディアファイル管理アプリケーションは,セットトップボックス(STB),パーソナルビデオレコーダ(PVR),デジタルビデオレコーダ(DVR),又はその類似物のような,外部ディスプレイに接続される電子デバイスに実装することもできる。ほとんどの実装において,メディアファイル管理アプリケーションを実行するデジタルデバイスは,無線通信,短距離無線ネットワーク,Bluetooth(登録商標),無線LAN(WLAN),無線周波数識別技術(RFID),インターネットプロトコルデータキャスティング(IPDC),デジタルビデオ放送規格(DVB),赤外データ協会規格(IrDA),インターネット,又はその類似物のような任意の種類の無線又は有線ネットワーク通信の能力を持つであろうが,デジタルデバイスがネットワークを介した通信に適応する必要はない。デジタルメディアファイルを内部的に取得できたり,メモリデバイス(例えばフラッシュ記憶デバイス,メモリースティック,ビデオ記録テープ及びオーディオ記録テープ,CD,DVD,リムーバブルハードウェアディスクデバイス(HDD),及びその類似物)によってメディアファイルを取得することができるデバイスもまた,適用対象である。)

(イ)「The media file management application of the present invention will typically be utilized in the following manner. Either the device on which the media file management application is executed will capture media files, such as a cellular telephone equipped with a digital camera or the device on which the media file management application is implemented will receive media files via digital communication. For example:
1) If the digital device is a cellular telephone that incorporates a digital camera or any other digital device that serves as a digital recording device, a digital media file (i.e., image) may be communicated directly via cellular telephone access from the camera/telephone device to the media diary in another device.
2)If the digital device is an independent digital camera or any other digital recording/storing/playing device and equipped with a wireless or wireline network connection, the digital media file may be communicated directly from the networked device to a media file management application in another device.
3)If the digital device is an independent digital camera or any other digital recording/storing/playing device and equipped with short range digital communication means the digital media file may communicated first to a long range digital communication device (i.e. cellular telephone, a PDA, laptop or the like) that then passes the files to another device with a media file management application. Alternatively, in proximity, a file transfer may occur directly to another device with a media diary.
4) The media files may be communicated by a physical memory unit / device transferred from one device to another device.
As such, the digital recording/storing/playing device from which the media file is communicated (i.e., the passing device) may include, and implement, the media file management application or may not include the media file management application. If the passing device includes the media file management application, the media files may be processed for media file management purposes prior to communication to other devices.
The media file will typically have associated metadata, in the form of a timestamp, event name, file name, location information, people in the event or in the media file, objects in the media file, file type, file size, temperature, weather conditions, priority information or any other information. Additionally, the metadata may include information from any sensors installed in a media-capturing device, a media diary device or any external device in communication to the media capturing or the media diary device. The media file metadata may be automatically inputted by the digital recording device at the time of the creation of the media file or may be manually inputted, such as at the time of creation of the media file or receipt or transfer of the media file. In addition, it is possible for the metadata to previously exist in conjunction with a calendar event that is stored in the media file management application or another calendar-type application and to be associated with the digital media file at the moment the file is created, if the device creating the media file executes the media file management application or another calendar-type application.」(第9頁第29行?第11頁第10行)
(訳:本発明のメディアファイル管理アプリケーションは,典型的には次の方法で用いられる。メディアファイル管理アプリケーションを実行するデバイスが,デジタルカメラを備えたセルラ電話機のようにメディアファイルをキャプチャするか,又はメディアファイル管理アプリケーションを実装するデバイスがデジタル通信を介してメディアファイルを受信する。例えば次のとおり。
1)デジタルデバイスが,デジタルカメラを備えるセルラ電話機であるか,又はデジタル記録デバイスとして働く任意の他のデジタルデバイスのとき,デジタルメディアファイル(すなわち静止画)は,カメラ/電話機デバイスから他のデバイスにあるメディアダイアリに,セルラ電話機を介して直接伝送される。
2)デジタルデバイスが,独立したデジタルカメラであるか,又は任意の他のデジタル記録/格納/再生デバイスであって無線又は有線ネットワーク接続を備えるとき,デジタルメディアファイルはネットワークデバイスから他のデバイスにあるメディアファイル管理アプリケーションへ直接伝送される。
3)デジタルデバイスが,独立したデジタルカメラであるか,又は任意の他のデジタル記録/格納/再生デバイスであって短距離デジタル通信手段を備えるとき,デジタルメディアファイルは先ず,長距離デジタル通信デバイス(すなわちセルラ電話機,PDA,ラップトップ,又はその類似物)に伝送され,次いでそのファイルはメディアファイル管理アプリケーションを備える他のデバイスに回送される。代替として,近傍においては,ファイル転送はメディアダイアリを備える他のデバイスに対して直接行われる。
4)メディアファイルは,物理メモリユニットを一つのデバイスから他のデバイスに移し変えることによって伝送される。
デジタル記録/格納/再生デバイスであって,そこからメディアファイルが伝送されるデジタルデバイス(すなわち,回送デバイス)は,それ自身,メディアファイル管理アプリケーションを含み,かつ実装してもよいし,メディアファイル管理アプリケーションを含まなくてもよい。回送デバイスがメディアファイル管理アプリケーションを含むとき,メディアファイルは,他のデバイスへ伝送する前に,メディアファイル管理のために処理することができる。
メディアファイルは典型的には関連するメタデータを有し,それは,タイムスタンプ,イベント名,ファイル名,位置情報,イベント又はメディアファイル内の人々,メディアファイル内のオブジェクト,ファイルタイプ,ファイルサイズ,気温,気象条件,優先度情報,又は任意の他の情報である。更に,メタデータは,メディアキャプチャデバイス,メディアダイアリデバイス,若しくはメディアキャプチャデバイス又はメディアダイアリデバイスと通信する任意の外部デバイスに実装されている任意のセンサからの情報を含んでもよい。メディアファイルのメタデータは,メディアファイルの生成時にデジタル記録デバイスによって自動的に入力してもよいし,又はメディアファイルの生成,受信又は転送などの際に手動で入力してもよい。更に,メディアファイルを生成するデバイスがメディアファイル管理アプリケーション又は他のカレンダ型のアプリケーションを実行するとき,メタデータはメディアファイル管理アプリケーション又は他のカレンダ型のアプリケーションに格納されているカレンダイベントと共に前から存在している可能性があり,ファイルが生成された瞬間にデジタルメディアファイルと関連付けられている可能性がある。)

(ウ)「Once the media file management application receives the media file, the media file metadata may be combined and/or correlated with calendar event metadata information. The calendar event metadata information may come from an internal calendar/planner within the media file management application or it may be imported from an external calendar/planner application. The combined and/or correlated metadata information is associated and stored with the media file in the media diary, such that, when a user accesses the media file via the media file representation in the media view the user will be presented with the combined metadata and calendar event information. Correlation of metadata information may occur if the comparison results in predetermined number of metadata fields in the media file metadata and the calendar event metadata being determined to be similar. Examples of correlated media file metadata and calendar event metadata include, event time in calendar event metadata and capture time of media file metadata and event name in calendar event metadata and event name in media file metadata.
Once the media file is captured or the media file is received by the device implementing the media file management application, the file will either automatically be transferred to the media file management application or the user may manually choose which files it desires to place in the media file management database. Transferring to the media file management application will result in a media file representation being created and displayed in the media view in relation to the associated time period, time frame or event. In accordance with an embodiment of the present invention, if the media file is a multimedia file, such as an MMS message or an email, that includes both text and media items, the media file management application may be configured to store the file in its entirety or it may be configured to parse the file into separate text and media portions, such that the application would display separate text and media representations in the media view. The ability to parse the media file may also pertain to files that include ring tones, background images, game applications, audio files, advertisements, business cards and the like.」(第11頁第11行?第12頁第8行)
(訳:一旦メディアファイル管理アプリケーションがメディアファイルを受信すると,メディアファイルのメタデータは,カレンダイベントのメタデータ情報と結合及び/又は対応付けることができる。カレンダイベントのメタデータ情報は,メディアファイル管理アプリケーション内部のカレンダ/計画機能から得るか,又は外部のカレンダ/計画機能からインポートすることができる。結合及び/又は対応付けられたメタデータ情報は,メディアダイアリ内でメディアファイルと関連付けられ,記憶される。それで,ユーザがメディア一覧内のメディアファイルの象徴を介してメディアファイルにアクセスするとき,メタデータとカレンダイベント情報とが結合されてユーザに提示される。メディアファイルメタデータとカレンダイベントメタデータとの予め定められた数のメタデータフィールドを比較して類似であったとき,メタデータ情報が対応付けられる。対応付けられるメディアファイルメタデータ及びカレンダイベントメタデータは,例えばカレンダイベントメタデータのイベント時刻,メディアファイルメタデータのキャプチャ時刻,カレンダイベントメタデータのイベント名,及びメディアファイルメタデータのイベント名である。
メディアファイル管理アプリケーションを実装しているデバイスにメディアファイルが一旦キャプチャされるか,又は受信されると,ファイルは自動的にメディアファイル管理アプリケーションへ転送されるか,又はユーザがメディアファイル管理データベースにどのファイルを置くかを手動で選択する。メディアファイルがメディアファイル管理アプリケーションに転送されると,メディアファイルの象徴が生成され,関連付けられた期間,時間枠,又はイベントに関連してメディア一覧内に表示される。本発明の実施例によれば,メディアファイルが,MMSメッセージ又は電子メールのようなテキストとメディアアイテムとの双方を含むマルチメディアファイルであるとき,メディアファイル管理アプリケーションはそのファイル全体を格納してもよいし,又はアプリケーションがメディア一覧内にテキストとメディアの象徴とを別々に表示できるように,ファイルをテキストとメディアの部分とに分解するように構成してもよい。メディアファイルを分解する能力はまた,呼び出し音,背景画像,ゲーム,オーディオファイル,広告,名刺,及びその類似物などのファイルにも適用することができる。)

(エ)「Figure 1 illustrates an example of a media view 100 displayed by a media file management application, such as a media diary application. The media view provides for digital media items, such as digital images, digital video, digital audio, computer games, computer software, digital text files or the like, to be accessible to the media diary user through media file representations (i.e., thumbnail images or condensed portions of media files). As such, the media view is typically displayed on a display of a device that implements the media diary application, such as a cellular telephone, PDA, digital camera or the like. The media view will be generated by computer-readable program instructions implemented in association with a digital device.
The media view depicted in Figure 1 is considered a generic media view, also referred to as a presentation view, the present invention provides for various alternative ways to represent media items in the media view. The alternative ways for representing media items will be discussed at length, infra.
The media diary application associates media files according to any metadata information, such as time period, time frame or event. Typically, the time stamp in the media file metadata will serve as the association link, h the Figure 1 view the media files have been associated with a specific date. As such, the media view of Figure 1 includes columns 110, which correspond to a specific date. In the example shown, four date columns are visible on the display corresponding to the four previous dates. Alternatively, the media view may include columns 110, which may correspond to any moment of time, such as a year, a month, a week, a day, an hour or the like. The date columns will include media file representations 120 that are related to media files and are connected, in time, to the specific date, event and/or time. For example, the media file representations may include representations that provide the user with access to digital files, such as video files, image files, audio files, text files, emails, short message service (SMS) messages, multimedia message service (MMS) messages and the like and provide the user with information pertaining to the content of the files. The media file representations may include an icon, or a thumbnail image, a portion of the text of a text document or message or any other suitable media file representation with or without the corresponding title of the media file. The media files will typically be stored in a memory unit that is either located within the device that implements the media file management application or is in communication with the device that implements the application, hi instances in which the media files are stored within a memory unit located on the digital device implementing the application, the memory unit may be the same entity that stores the media file management operating instructions.」(第12頁第9行?第13頁第14行)
(訳:図1は,メディアダイアリアプリケーションのようなメディアファイル管理アプリケーションによって表示されるメディア一覧100の例を示す。メディア一覧は,メディアファイルの象徴(すなわち,サムネイル画像又はメディアファイルの絞り込んだ一部)によって,メディアダイアリのユーザがデジタル画像,デジタルビデオ,デジタルオーディオ,ゲーム,計算機ソフトウェア,デジタルテキストファイル,又はその類似物のようなデジタルメディアアイテムにアクセスできるようにする。メディア一覧それ自身は,典型的にはセルラ電話機,PDA,デジタルカメラ,又はその類似物のような,メディアダイアリアプリケーションを実装するデバイスのディスプレイに表示される。メディア一覧はデジタルデバイスに関連して実装された計算機可読プログラム命令によって生成される。
図1に描かれたメディア一覧は,一般的なメディア一覧と考えられ,また提示画像とも呼ばれる。本発明は,メディア一覧内にメディアアイテムを象徴表示するためのさまざまな代替方法を提供する。メディアアイテムを象徴表示するための代替方法については,以下詳細に議論する。
メディアダイアリアプリケーションは,期間,時間枠,又はイベントのような任意のメタデータ情報に従ってメディアファイルを関連付ける。典型的には,デジタルファイルメタデータ内のタイムスタンプが,関連付けのリンクとして働く。図1において,メディアファイルが特定の日と関連付けられている。図1のメディア一覧それ自身は,列110を含み,それは特定の日に対応している。示された例では,ディスプレイ上に過去の4日に対応する4日分の列を見ることができる。代替として,メディア一覧は,1年,1月,1週,1日,1時間,又はその類似物のような任意の瞬間に対応することができる列110を含むこともできる。日の列は,メディアファイルに関連し,特定の日,イベント,及び/又は時間に,時間上で連なるメディアファイルの象徴120を含む。例えば,メディアファイルの象徴は,ユーザがビデオファイル,画像ファイル,オーディオファイル,テキストファイル,電子メール,ショートメッセージサービス(SMS)メッセージ,マルチメディアメッセージサービス(MMS)メッセージ,及びその類似物のようなデジタルファイルにアクセスでき,またユーザにファイルの内容に適応する情報を提供する象徴であってもよい。メディアファイルの象徴は,アイコン,サムネイル画像,テキスト文書又はメッセージのテキストの一部,又は任意の他の適当なメディアファイルの象徴であってよく,メディアファイルに対応するタイトルはあってもなくてもよい。メディアファイルは,典型的にはメディアファイル管理アプリケーションを実装するデバイス内に置かれるメモリユニットに格納されるか,又はアプリケーションを実装するデバイスと通信するメモリユニットに格納される。メディアファイルが,メディアファイル管理アプリケーションを実装するデバイス内に置かれるときは,メモリユニットはメディアファイルの管理操作命令を格納するのと同じエンティティであってもよい。)

以上の記載によれば、この引用例1には以下のような発明(以下、「引用発明」という。)が開示されていると認められる。
「メディアファイル管理アプリケーションを実行するデバイスは、他のデジタルデバイスからメディアファイルを、無線又は有線ネットワークを介して受信、または物理メモリユニットを移し変えることによってキャプチャし、
前記メディアファイルは典型的にはタイムスタンプ等の関連するメタデータを有し、該メタデータは、メディアファイルの生成時にデジタル記録デバイスによって自動的に入力してもよいし、又はメディアファイルの生成、受信又は転送の際に手動で入力してもよく、
前記受信又はキャプチャした前記メディアファイルのそれぞれについて、メディアファイルの象徴120を生成し、メディアファイルメタデータ内のタイムスタンプを取得し、
前記生成したメディアファイルの象徴120は、ユーザがビデオファイル、画像ファイル、オーディオファイル、電子メール、ショートメッセージサービス(SMS)メッセージ、マルチメディアメッセージサービス(MMS)メッセージ、及びその類似物のようなデジタルファイルにアクセスできるものであって、アイコン、サムネイル画像、テキスト文書又はメッセージのテキストの一部、又は任意の他の適当なメディアファイルの象徴であってよく、
前記取得したメディアファイルメタデータ内のタイムスタンプが関連付けのリンクとして働き、メディアファイルが特定の日等と関連付けられて記憶され、
前記生成したメディアファイルの象徴120を、関連付けられた期間、時間枠に関連した一覧として時間軸上に表示するメディアファイル管理方法。」

(2)当審における、平成23年6月21日付けで通知した拒絶の理由に引用した特開2006-92210号公報(以下、「引用例2」という。)には、図面とともに、以下の記載がある。
「【0058】
(実施形態の補足事項)
以上、本発明を上記の実施形態によって説明してきたが、本発明の技術的範囲は上記実施形態に限定されるものではない。
(1)上記実施形態で撮影画像データに撮影日時がない場合には、制御部15は、以下の(a)?(c)のようにして撮影画像データの日時を仮設定する。例えば、(a)制御部15はカード型記録媒体3がカードスロット4、データバス14を介して制御部15に接続された日時を撮影画像データの日時として仮設定する。(b)撮影日時がない撮影画像データがフォルダに格納されている場合には、制御部15はフォルダの作成日時を撮影画像データの日時として仮設定する。(c)記録先のカード型記録媒体3に撮影日時がある撮影画像データが混在している場合には、制御部15はカード型記録媒体3の撮影画像データをファイル名でソートして、その前後に配列された撮影画像データの撮影日時で仮設定を行う。
【0059】
また、制御部15は、撮影日時のない撮影画像データを最新の撮影日時の後に配列されるように設定してもよい。あるいは、制御部15は、別のカード型記録媒体3が接続された時点で、そのカード型記録媒体3の一番古い撮影日時を基準として撮影日時を仮設定するようにしてもよい。
(2)上記実施形態の「空きカードの作成」においても、制御部15は撮影画像データが撮影日時ごとに配列されるように撮影画像データを移動させて整理するようにしてもよい。」(段落【0058】、【0059】)

第3 対比
本願発明と引用発明とを対比する。
(1)引用発明の「メディアファイル」は、ビデオファイル、画像ファイル、オーディオファイル、電子メール、ショートメッセージサービス(SMS)メッセージ、マルチメディアメッセージサービス(MMS)メッセージ、及びその類似物のようなデジタルファイルであるから、本願発明の「コンテンツ」に相当する。
(2)引用発明の「他のデジタルデバイスからメディアファイルを、無線又は有線ネットワークを介して受信、または物理メモリユニットを移し変えることによってキャプチャし」は、本願発明の「1以上のコンテンツを含むコンテンツ群を取得する工程」に相当する。
(3)引用発明の「メディアファイルの象徴120」は、本願発明の「表示情報」に相当する。
(4)引用発明の「メディアファイルメタデータ内のタイムスタンプ」は、本願発明の「時間情報」に相当する。
(5)引用発明の「前記受信又はキャプチャした前記メディアファイルのそれぞれについて、メディアファイルの象徴120を生成し、メディアファイルメタデータ内のタイムスタンプを取得し」は、本願発明の「前記取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、必要に応じて、フォーマットの変換、表示情報の生成、時間情報の抽出を行うと共に、時間情報が存在しない場合には、時計回路からのシステム日付を用いたり、あるいは、当該コンテンツ群内の時間情報を有するコンテンツの当該時間情報を用いたりするなどの予め決められた方法により時間情報の生成を行う変換工程」と「前記取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、表示情報の生成、時間情報の抽出を行う変換工程」である点で対応する。
(6)引用発明の「前記取得したメディアファイルメタデータ内のタイムスタンプが関連付けのリンクとして働き、メディアファイルが特定の日等と関連付けられて記憶され」は、本願発明の「前記変換工程において変換した前記各コンテンツのそれぞれが有する時間情報に基づいて、前記各コンテンツのそれぞれを利用できるようにするための表示情報を時間軸上に配置して表示素子に表示するようにする配置制御工程」に相当するといえる。
(7)引用発明の「前記生成したメディアファイルの象徴120を、関連付けられた期間、時間枠に関連した一覧として時間軸上に表示する」は、使用者からの操作入力に応じて表示情報の一覧を表示することが周知技術であることから、本願発明の「前記配置制御工程を通じて時間軸上に配置して前記表示素子に表示するようにした前記各コンテンツのそれぞれの前記表示情報を、使用者からの操作入力に応じて一括して表示制御する表示制御工程」に相当するといえる。
(8)引用発明の「メディアファイル管理方法」は、メディアファイルの象徴120が、ユーザがビデオファイル、画像ファイル、オーディオファイル、電子メール、ショートメッセージサービス(SMS)メッセージ、マルチメディアメッセージサービス(MMS)メッセージ、及びその類似物のようなデジタルファイルにアクセスできるものであるから、本願発明の「コンテンツ閲覧方法」に相当する。

したがって、本願発明の用語を用いると両者は、
「1つ以上のコンテンツを含むコンテンツ群を取得する取得工程と、
前記取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、表示情報の生成、時間情報の抽出を行う変換工程と、
前記変換工程において変換した前記各コンテンツのそれぞれが有する時間情報に基づいて、前記各コンテンツのそれぞれを利用できるようにするための表示情報を時間軸上に配置して表示素子に表示するようにする配置制御工程と、
前記配置制御工程を通じて時間軸上に配置して前記表示素子に表示するようにした前記各コンテンツのそれぞれの前記表示情報を、使用者からの操作入力に応じて一括して表示制御する表示制御工程と、
を有するコンテンツ閲覧方法。」
で一致するものであり、次の(1)?(3)の点で相違している。

(1)本願発明は、前記取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、必要に応じて、フォーマットの変換を行うのに対し、引用発明は、メディアファイルのフォーマットの変換を行うことは記載されていない点。

(2)本願発明は、前記取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、時間情報が存在しない場合には、時計回路からのシステム日付を用いたり、あるいは、当該コンテンツ群内の時間情報を有するコンテンツの当該時間情報を用いたりするなどの予め決められた方法により時間情報の生成を行うのに対し、引用発明は、メディアファイルメタデータ内のタイムスタンプがない場合について明記されていない点。

(3)本願発明は、前記表示制御工程は、所定の時間間隔ごとに前記コンテンツ群の取得元を確認し、新たなコンテンツが追加されている場合は追加コンテンツを取得し、取得した追加コンテンツについて前記変換工程を経て前記時間軸上に表示することで更新を行うのに対し、引用発明は、追加コンテンツについて更新を行うことは記載されていない点。

第4 当審の判断
上記相違点について検討する。
・相違点(1)について
コンテンツ管理システムにおいて、取得したコンテンツをサポートされているフォーマットに変換することは、本願出願前周知の技術(例えば、特表2006-507705号公報段落【0017】「エミュレータインターフェースは、外部ソースからのサポートされていないフォーマットのコンテンツを受け取り、それをサポートされたフォーマットのコンテンツに変換することができる。」、段落【0047】「コンテンツが、コンテンツシンク304にとってネイティブでないフォーマットであってり、コンテンツシンク304が処理し得るようなコンテンツでなかったり或いはコンテンツシフレームレートの要件を満たしていないような場合には、ホストコンピュータ350は、コンテンツをコンテンツシンク304に送る前にコンテンツを解凍する。いずれの場合にもエミュレータインターフェースコントローラ306はデータを表示可能なフォーマットに変換することができる。フォーマット変換が必要であるような非互換性のフォーマットとしては、DVDプレーヤに於けるコンテンツが、MPEG4フォーマットであったり、或いはMPEG1/MPEG2フォーマットであるような場合が考えられる。」の記載、特開2006-53802号公報段落【0066】、【0067】「映像入力部62は、多種多様なメディアからの映像コンテンツを取得する装置である。VTR機器制御や映像のデジタル化等の機能を持っていてもよい。フォーマット変換部63は、取得した映像のフォーマット変換を行う。映像データには、現在MPEG,MPEG2,MPEG4,AVI,WMV・・・などの様々なフォーマットが存在する。フォーマット変換部63では、取り込んだ様々なフォーマットの映像データを、システム全体で統一したフォーマットに変換したりする処理を行う。」、特開2002-342218号公報段落【0006】「したがって、コンテンツをネットワークからダウンロードして視聴する際には、利用者側において、再生を行うクライアント端末においてファイル形式を選択しダウンロードするか、ダウンロードしたコンテンツをクライアント端末に適したファイル形式に変換するか、・・・中略・・・しかなかった。」の記載参照。)である。
したがって、上記周知技術を適用すれば、引用発明において、取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、必要に応じて、フォーマットの変換を行うようにすることは当業者であれば容易になし得ることである。

・相違点(2)について
引用発明は、タイムスタンプ等のメタデータは、「メディアファイルの生成時にデジタル記録デバイスによって自動的に入力してもよいし、又はメディアファイルの生成、受信又は転送の際に手動で入力」してもよい、すなわち、メディアファイルの受信の際にタイムスタンプ等のメタデータを入力してもよいことが示されている。
そして、上記引用例2には、撮影画像データが撮影日時ごとに配列される際、「撮影画像データに撮影日時がない場合には、」、「以下の(a)?(c)のようにして撮影画像データの日時を仮設定する。例えば、(a)制御部15はカード型記録媒体3がカードスロット4、データバス14を介して制御部15に接続された日時を撮影画像データの日時として仮設定する。(b)撮影日時がない撮影画像データがフォルダに格納されている場合には、制御部15はフォルダの作成日時を撮影画像データの日時として仮設定する。(c)記録先のカード型記録媒体3に撮影日時がある撮影画像データが混在している場合には、制御部15はカード型記録媒体3の撮影画像データをファイル名でソートして、その前後に配列された撮影画像データの撮影日時で仮設定を行う。」ことが記載されている。
そうすると、引用発明において、取得工程を通じて取得した前記コンテンツ群の各コンテンツのそれぞれについて、時間情報が存在しない場合には、時計回路からのシステム日付を用いたり、あるいは、当該コンテンツ群内の時間情報を有するコンテンツの当該時間情報を用いたりするなどの予め決められた方法により時間情報の生成を行うようにすることは当業者であれば容易になし得ることである。

・相違点(3)について
本願発明における「所定の時間間隔ごとに前記コンテンツ群の取得元を確認し、新たなコンテンツが追加されている場合は追加コンテンツを取得し、取得した追加コンテンツについて前記変換工程を経て前記時間軸上に表示する」の「コンテンツ群の取得元」は、その構成が必ずしも明確ではないので本願明細書を参照すると、「また、この実施の形態のコンテンツ閲覧装置は、自機のローカルストレージ121から、これに記憶保持されている静止画像データ、動画像データ、テキストデータ、音楽データ等の種々のコンテンツを読み出して利用することもできるようにしている。この場合、この実施の形態のコンテンツ閲覧装置の制御部100は、・・・中略・・・ローカルフォルダに記憶保持されている1つ以上のコンテンツからなるコンテンツ群を一括して読み出し、一連の(ひとまとまりの)コンテンツ群として処理することができるようにされる。」(段落【0044】)及び「なお、ローカルストレージ121は、ハードディスクなどの磁気ディスク、DVD(Digital Versatile Disk)などの光ディスク、MO(Magnet Optical Disk)などの光磁気ディスク、半導体メモリなど、種々のストレージを用いて構成することができる。」(段落【0045】)と記載されており、本願発明の「コンテンツ群の取得元」は、自機のハードディスク、DVD等を含むものである。
そして、ハードディスク、DVDに記録した画像情報に関するライブラリ情報(ジャンル、タイトル名等)を作成して格納し、表示する画像記録再生装置において、録画終了などで画像情報が生成された時点で自動的にライブラリ情報を作成し、作成されたライブラリ情報がライブラリに追加されることにより、ユーザがいちいち登録する必要がないことは、本願出願前周知の技術(例えば、特開2005-4959号公報段落【0080】、特開2002-150754号公報段落【0113】の記載参照。)である。
したがって、上記周知技術を適用すれば、引用発明において、表示制御工程は、新たなコンテンツが追加されている場合は追加コンテンツを取得し、取得した追加コンテンツについて前記変換工程を経て前記時間軸上に表示することで更新を行うことは、当業者であれば容易になし得ることであって、新たなコンテンツが追加されているのを、所定の時間間隔ごとに前記コンテンツ群の取得元を確認することにより判断することは、当業者が必要に応じてなし得る設計事項にすぎない。

また、本願発明により奏される効果は当業者であれば引用発明、引用例2記載の技術及び周知技術から予想できる範囲内のものである。

第5 むすび
以上のとおり、本願発明は、引用発明、引用例2記載の技術及び周知技術に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は、その余の請求項について論及するまでもなく、拒絶すべきものである。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2011-09-07 
結審通知日 2011-09-13 
審決日 2011-09-27 
出願番号 特願2006-321045(P2006-321045)
審決分類 P 1 8・ 121- WZ (G06F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 石井 茂和高瀬 勤  
特許庁審判長 和田 志郎
特許庁審判官 鈴木 重幸
安久 司郎
発明の名称 コンテンツ閲覧方法、コンテンツ閲覧装置およびコンテンツ閲覧プログラム  
代理人 金本 哲男  
代理人 亀谷 美明  
代理人 萩原 康司  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ