• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 A63F
管理番号 1248681
審判番号 不服2011-2351  
総通号数 146 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2012-02-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2011-02-01 
確定日 2011-12-16 
事件の表示 特願2001-58161「パチンコ機のラウンド更新方法」拒絶査定不服審判事件〔平成14年9月10日出願公開、特開2002-253776〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第一.手続の経緯
本願は、平成13年3月2日の出願であって、拒絶理由に対して平成22年10月19日付けで手続補正がなされ、その後、同年11月4日付けでなされた拒絶査定に対し、平成23年2月1日に拒絶査定不服審判が請求されるとともに、手続補正がなされたものである。
また、当審において、平成23年5月17日付けで審査官による前置報告書の内容を添付して審尋を行い、請求人から同年7月14日に回答書が提出されている。

第二.平成23年2月1日付けの手続補正についての補正却下の決定
[補正却下の決定の結論]
平成23年2月1日付けの手続補正(以下「本件補正」という。)を却下する。

[理由]
1.本件補正後の本願発明
本件補正により補正された、特許請求の範囲の請求項1記載の発明(以下「本願補正発明」という。)は次のとおりである。
「可動入賞装置の大入賞口を所定回数の範囲で開閉する当り時のラウンドを、始動口への遊技球の入賞により開放する前記大入賞口に遊技球が入賞し、該遊技球が前記大入賞口内部の特定領域と前記特定領域以外の領域のいずれかに案内される領域の内、前記特定領域を通過したことにより開始させると共に、
該ラウンドの終了及び再開を、該ラウンド時における前記大入賞口内部の入賞を検出するスイッチおよび前記特定領域への遊技球の通過に基づいて行うパチンコ機のラウンド更新方法であって、
前記特定領域を一個の遊技球が通過した時点で次ラウンドの開始が保証されると共に、次ラウンドに移行せずに一のラウンドを継続し、複数個の遊技球が通過した時点で一のラウンドを終了させることを特徴とするパチンコ機のラウンド更新方法。」(下線部は補正によって追加又は変更された箇所。)

2.補正要件(目的)の検討
請求項1についての補正は、発明を特定するために必要な事項である「大入賞口内部の特定領域」を「大入賞口内部の特定領域と前記特定領域以外の領域のいずれかに案内される領域の内、前記特定領域」と限定し、同「ラウンドの終了及び再開」について「該ラウンド時における前記大入賞口内部の入賞を検出するスイッチ」への遊技球の通過に基づいて行う点を限定する補正である。
そうしてみると、上記各補正は、補正前の発明特定事項を限定する補正であるから、特許請求の範囲の減縮を目的とする補正に相当する。
また、請求項2についての補正は明りょうでない記載の釈明を目的としている。
よって、本件補正は、平成18年法律第55号による改正前の特許法(以下「改正前特許法」という。)第17条の2第4項第2号又は第4号に該当する。

3.補正要件(独立特許要件:特許法第29条第2項)の検討
(1)引用された文献の記載事項
原査定の拒絶の理由に引用された特開平11-347201号公報(以下「引用文献1」という。)には、図面とともに、以下の事項が記載されている。
【0001】【発明の属する技術分野】この発明は、遊技領域に遊技者に有利な第1状態と遊技者に不利な第2状態とに切替駆動可能な変動入賞装置を配設した弾球遊技機に関する。
【0019】大入賞口20の奥方の凹室の底部には、それぞれ大入賞口20に入った遊技球を案内する3つの案内経路21?23が形成される。中央の案内経路21には継続入賞口(V入賞口)24が形成され、継続入賞口24には遊技球の入賞(通過)を検出する継続スイッチ(Vスイッチ)25が設けられる。左の案内経路22には遊技球の入賞(通過)を検出する第1のカウントスイッチ26が、右の案内経路23には遊技球の入賞(通過)を検出する第2のカウントスイッチ27が設けられる。
【0051】第1のカウントスイッチ26の入力に基づき、変動入賞装置5の左の案内経路22に遊技球が入賞する毎に、第1カウント数、合計カウント数を更新(+1)すると共に、第2のカウントスイッチ27の入力に基づき、変動入賞装置5の右の案内経路23に遊技球が入賞する毎に、第2カウント数、合計カウント数を更新(+1)する。第1カウント数が第1上限値(第1の規定入賞数)に達した場合、あるいは第2カウント数が第2上限値(第2の規定入賞数)に達した場合、あるいは合計カウント数が合計上限値(全体規定入賞数)に達した場合、特別遊技のラウンド終了フラグをセットする(S82?S89)。・・・
【0081】また、複数の案内経路22,23の規定入賞数を設定することで、技術介入性を高めつつも、全体規定入賞数を設定することで、1回の開放動作にて変動入賞装置5に入賞する遊技球数に上限を設けることができる。このため、遊技者の技量がかなり高い場合であっても、1回の大当たりで、遊技機から極端に多くの出玉を獲得されることがなく、遊技店が安心して営業を行える。なお、全体規定入賞数に変動入賞装置5のV通過数を含めても良い。
【0107】図26、図27は、第二種の遊技機の遊技盤70、変動入賞装置71を示す。これは、遊技領域72に設けた始動口73,74に遊技球が入賞すると、変動入賞装置71の開閉翼75a,75bが1,2回開閉し、このとき遊技球が変動入賞装置71内に入賞して、その入賞球が変動入賞装置71内の所定領域のVゾーン76を通過すると、遊技者に特典を付与する大当たりを発生する。大当たり状態になると、変動入賞装置71の開閉翼75a,75bが、所定の動作時間(例えば、29秒)の間、開閉を繰り返し、1ラウンドの特別遊技を行う。この開閉翼75a,75bの開閉動作中に、変動入賞装置71内に入賞した入賞球が再びVゾーン76を通過すると、次のラウンドを継続可となって、その開閉動作の終了後に開閉翼75a,75bが再び開閉動作を再開し、これを規定ラウンド繰り返す。
【0108】変動入賞装置71内の凹室77の上部には、左の開閉翼75a側から入った入賞球を左側奥方に,右の開閉翼75b側から入った入賞球を右側奥方に導く突出部78を形成した受け棚79が設けられ、受け棚79の左側奥方、右側奥方には、それぞれ左右の入賞球数をカウントする第1、第2のカウントスイッチ80,81が設けられる。凹室77の下部中央には、回転体82が配設され、回転体82の中央にVゾーン76が設けられる。凹室77の下部前方には、中央にセンター入賞領域83が、左右に左入賞領域84、右入賞領域85が画成される。Vゾーン76には、Vゾーン76の通過球を検出するVスイッチが、センター入賞領域83には、センター入賞領域83の通過球を検出するセンター領域通過スイッチが設けられる。受け棚79に入った入賞球は、カウントスイッチ80,81を通って、凹室77下部に入り、Vゾーン76、センター入賞領域83、左右の入賞領域84,85のいずれかを通過する。
【0110】即ち、V通過時に取得した乱数を基に、第1のカウントスイッチ80の第1の規定入賞数、第2のカウントスイッチ81の第2の規定入賞数、および全体規定入賞数を変える。この場合、各規定入賞数をラウンド毎に設定する場合は、前のラウンドのV通過時に乱数を取得すると共に、その乱数に対応して、例えば図28のように第1の規定入賞数(第1上限値)、第2の規定入賞数(第2上限値)、全体規定入賞数(合計上限値)を定めておく。なお、大当たりを発生したV通過時から乱数を取得するようにすれば、1ラウンド目から乱数を基に各規定入賞数を設定できる。また、入賞数パターン(各ラウンドの第1、第2の規定入賞数、全体規定入賞数)を設定する場合は、大当たりを発生したV通過時に乱数を取得すると共に、その乱数に対応して、例えば図29のように複数のパターンを定めておく。
【0112】以上、第二種の遊技機について説明を行ってきたが、この第二種の遊技機に、前述の第一種の遊技機の動作を適用するような遊技機であっても良い。例えば、ラウンド中に開閉翼75a,75bが開閉を繰り返すものでなく、ラウンド中を通して開閉翼75a,75bが開放を維持するものでも良い。また、継続入賞口(Vゾーン76)への遊技球の入賞にともなって、直ちに次ラウンドに移行するものに限らず、各規定入賞数の入賞を待って、あるいは開閉(開放)動作の規定の終了時間の経過を待って、継続を行うようにしても良い。

摘記した上記の記載(特に、段落【0107】以降)や図面等によれば、引用文献1には、以下の発明(以下「引用発明」という。)が記載されている。
「始動口73,74に遊技球が入賞すると、変動入賞装置71の開閉翼75a,75bが1,2回開閉し、このとき遊技球が前記変動入賞装置71内に入賞して、その入賞球が前記変動入賞装置71内の所定領域のVゾーン76を通過すると、大当たり状態になり、前記変動入賞装置71の前記開閉翼75a,75bが、所定の動作時間開閉を繰り返し、1ラウンドの特別遊技を行うと共に、
前記開閉翼75a,75bの開閉動作中に、前記変動入賞装置71内に入賞した入賞球が再び前記Vゾーン76を通過すると、次のラウンドを継続可となって、その開閉動作の終了後に前記開閉翼75a,75bが再び開閉動作を再開し、これを規定ラウンド繰り返す弾球遊技機であって、
前記Vゾーン76への遊技球の入賞にともなって、直ちに次ラウンドに移行するものに限らず、前記変動入賞装置71の第1、第2の規定入賞数あるいは全体規定入賞数の入賞を待って、継続を行うようにしても良い弾球遊技機。」

(2)引用発明と本願補正発明との対比
そこで、本願補正発明と引用発明とを比較すると、引用発明の「始動口73,74」は、本願補正発明の「始動口」に相当し、以下同様に、
「変動入賞装置71」は「大入賞口」に、
「変動入賞装置71内の所定領域のVゾーン76」は「大入賞口内部の特定領域」に、
「大当たり状態」は「当り」に、
「所定の動作時間開閉を繰り返し」は「所定回数の範囲で開閉する」に、
「弾球遊技機」は「パチンコ機」に、それぞれ相当する。
さらに、引用文献1の記載等からみて、以下のことがいえる。

a.摘記した引用文献1の段落【0107】の記載からみて、引用発明の変動入賞装置71内には、Vゾーン76(本願補正発明の「特定領域」に相当)及びそれ以外の入賞領域があることが明らかであり、そのVゾーン76を通過すると、大当たり状態になり、1ラウンドの特別遊技を行う、すなわち、大当たり状態におけるラウンドを開始するのであるから、引用発明は本願補正発明の「可動入賞装置の大入賞口を所定回数の範囲で開閉する当り時のラウンドを、始動口への遊技球の入賞により開放する前記大入賞口に遊技球が入賞し、該遊技球が前記大入賞口内部の特定領域と前記特定領域以外の領域のいずれかに案内される領域の内、前記特定領域を通過したことにより開始させる」に相当する構成を有するものといえる。

b.引用発明においては「Vゾーン76への遊技球の入賞」又は「変動入賞装置71の第1、第2の規定入賞数あるいは全体規定入賞数の入賞」にともなって1ラウンドが終了し、入賞球が再び前記Vゾーン76を通過していると、次のラウンドを継続可となるのであるから、引用発明は本願補正発明の「ラウンドの終了及び再開を、該ラウンド時における前記大入賞口内部の入賞を検出するスイッチおよび前記特定領域への遊技球の通過に基づいて行う」に相当する機能を有するものということができ、そのためのラウンド更新方法を備えた弾球遊技機であるといえる。

c.引用発明においては、変動入賞装置71内に入賞した入賞球がVゾーン76(本願補正発明の「特定領域」に相当)を通過すると、次のラウンドを継続可となるのであり、その入賞球が一個であればよいことも明らかであるから、引用発明は本願補正発明の「前記特定領域を一個の遊技球が通過した時点で次ラウンドの開始が保証される」に相当する機能を有するものであるといえる。

d.引用発明において、変動入賞装置71の第1、第2の規定入賞数あるいは全体規定入賞数の入賞を待って、継続を行うようにした場合、Vゾーン76に遊技球が入賞しても、直ちに次ラウンドに移行せず、そのラウンドが継続することとなる。
また、引用発明の「第1、第2の規定入賞数」及び「全体規定入賞数」は、図28及び図29からみて、いずれも3以上の数であるとともに、引用文献1の段落【0108】及び【0110】等の記載から、引用発明の「第1の規定入賞数」、「第2の規定入賞数」及び「全体規定入賞数」は、それぞれ変動入賞装置71の左の開閉翼75a側から入った入賞球数の上限値、同右の開閉翼75b側から入った入賞球数の上限値及びそれらの合計入賞球数の上限値と認められるので、引用発明において「変動入賞装置71の第1、第2の規定入賞数あるいは全体規定入賞数の入賞を待って、継続を行う」ことは、変動入賞装置71の一部又は全部の領域を複数個の遊技球が通過した時点で、そのラウンドが終了し次のラウンドに入るものといえる。
そうしてみると、引用発明と本願補正発明は、“前記特定領域を一個の遊技球が通過した時点で次ラウンドに移行せずに一のラウンドを継続し、少なくとも前記大入賞口の一部の領域を複数個の遊技球が通過した時点で一のラウンドを終了させる”点で共通している。

以上を総合すると、両者は、
「可動入賞装置の大入賞口を所定回数の範囲で開閉する当り時のラウンドを、始動口への遊技球の入賞により開放する前記大入賞口に遊技球が入賞し、該遊技球が前記大入賞口内部の特定領域と前記特定領域以外の領域のいずれかに案内される領域の内、前記特定領域を通過したことにより開始させると共に、該ラウンドの終了及び再開を、該ラウンド時における前記大入賞口内部の入賞を検出するスイッチおよび前記特定領域への遊技球の通過に基づいて行うパチンコ機のラウンド更新方法であって、
前記特定領域を一個の遊技球が通過した時点で次ラウンドの開始が保証されると共に、次ラウンドに移行せずに一のラウンドを継続し、少なくとも前記大入賞口の一部の領域を複数個の遊技球が通過した時点で一のラウンドを終了させることを特徴とするパチンコ機のラウンド更新方法。」
の点で一致し、以下の点で相違している。

[相違点1]本願補正発明は「特定領域を複数個の遊技球が通過した時点で一のラウンドを終了させる」のに対し、引用発明は「変動入賞装置71の第1、第2の規定入賞数あるいは全体規定入賞数の入賞を待って、継続を行う」点、すなわち変動入賞装置71の一部又は全部の領域を複数個の遊技球が通過した時点で、そのラウンドが終了し次のラウンドに入る点。

(3)相違点の検討及び判断
[相違点1について]
引用発明は、「Vゾーン76への遊技球の入賞にともなって、直ちに次ラウンドに移行するものに限らず」すなわち、Vゾーン76を一個の遊技球が通過してもそのラウンドを継続するようにしても良いものであるとともに、変動入賞装置71の第1、第2の規定入賞数あるいは全体規定入賞数の入賞があるまで、そのラウンドを継続するものである。
また、引用文献1に記載された他の実施例(第一種の弾球遊技機)においては、大入賞口20に3つの案内経路21?23及び中央の案内経路21にV入賞口24が形成されており、左の案内経路22に遊技球が入賞した数が第1の規定入賞数に達した場合、右の案内経路23に遊技球が入賞した数が第2の規定入賞数に達した場合あるいは左右の案内経路22、23に遊技球が入賞した数が全体規定入賞数に達した場合にラウンドを終了することとしている(特に、摘記した段落【0019】及び【0051】を参照)。
その上で引用文献1には、その全体規定入賞数に変動入賞装置5のV通過数を含めても良い点が記載されているから(摘記した段落【0081】を参照)、ラウンドの終了条件をV通過数とは関係のない第1、第2の規定入賞数あるいは全体規定入賞数に基づいて決定するのに加えて、V通過数を考慮しても良いという考え方が開示されている。
そして、引用文献1に記載された他の実施例におけるV通過数は、引用発明の「Vゾーン76への遊技球の入賞数」に対応するものであるから、引用発明に上記の考え方を採用し、次ラウンドに移行する条件をVゾーン76への複数個の遊技球の入賞として、上記相違点1に係る本願補正発明のような構成とすることは、パチンコ機の技術分野における通常の知識を有する者(以下「当業者」という。)にとって、容易に想到し得る事項である。

なお、回答書において請求人は、引用文献1の発明について「入賞球が受け棚79に入ると、必ずカウントスイッチ80,81を通過し、それによって、ラウンドが継続する」(6頁6、7行)としているが、引用文献1の段落【0107】には「Vゾーン76を通過すると、次のラウンドを継続可」と記載されていることから、Vゾーン76(本願補正発明の「特定領域」に相当)を通過すると、次のラウンドが継続可能になるものとして引用発明を認定している。
また、回答書において請求人は、本願請求項1の発明について、遊技球が特定領域スイッチを通過した後、遊技球が特定領域を通過した場合のみ、ラウンドの終了及び再開ができるものである旨説明しているが(6頁8?14行)、請求項1の記載に基づいていない上、本願明細書に記載されている実施例は、段落【0017】に「大入賞口1の開閉回数が最大開閉回数に達すると、当該ラウンド〔「1ラウンド」〕は終了」及び「最大開閉回数の範囲の新たな開閉作動〔ラウンド〕が行われる」と記載され、段落【0021】に「1個の遊技球が特定領域21を通過することにより次回のラウンド開始が約束される」と記載されるように、遊技球が特定領域スイッチを通過した後、遊技球が特定領域を通過した場合のみ、ラウンドの終了及び再開ができるものではない。

(4)まとめ
以上のように上記相違点1は、当業者が容易に想到し得るものであり、本願補正発明の作用効果も、引用発明及び引用文献1に記載された事項に基づいて当業者が予測できる範囲のものである。
よって、本願補正発明は、引用発明及び引用文献1に記載された事項に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであって、特許法第29条第2項の規定により特許出願の際独立して特許を受けることができない。

4.むすび
したがって、本件補正は、改正前特許法第17条の2第5項において準用する同法第126条第5項の規定に違反するので、同法第159条第1項において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下されるべきものである。

第三.本願発明について
1.本願発明
平成23年2月1日付けの手続補正は上記のとおり却下されたので、本願の請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は、平成22年10月19日付け手続補正書の特許請求の範囲の請求項1に記載された事項により特定される、以下のとおりのものである。
「可動入賞装置の大入賞口を所定回数の範囲で開閉する当り時のラウンドを、始動口への遊技球の入賞により開放する前記大入賞口に遊技球が入賞し遊技球が前記大入賞口内部の特定領域を通過したことにより開始させると共に、該ラウンドの終了及び再開を、該ラウンド時における前記特定領域への遊技球の通過に基づいて行うパチンコ機のラウンド更新方法であって、
前記特定領域を一個の遊技球が通過した時点で次ラウンドの開始が保証されると共に、次ラウンドに移行せずに一のラウンドが継続され、複数個の遊技球が通過した時点で一のラウンドを終了させることを特徴とするパチンコ機のラウンド更新方法。」

2.特許法第29条第2項の検討
(1)引用文献記載事項
原査定における引用文献及びその記載事項は、上記「第二.3.(1)」に記載したとおりである。

(2)引用発明と本願発明との対比及び判断
本願発明は、上記「第二」で検討した本願補正発明から、「大入賞口内部の特定領域」についての限定事項である「特定領域と前記特定領域以外の領域のいずれかに案内される領域の内」という構成を省き、「ラウンドの終了及び再開」を、「該ラウンド時における前記大入賞口内部の入賞を検出するスイッチ」への遊技球の通過に基づいて行う点を省いたものといえる。
そうすると、本願発明の構成要件を全て含み、さらに他の構成要件を付加したものに相当する本願補正発明が、上記「第二.3.(4)」に記載したとおり、引用発明及び引用文献1に記載された事項に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、本願発明も、同様の理由により、引用発明及び引用文献1に記載された事項に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。

(3)まとめ
以上のとおり、本願発明は、引用発明及び引用文献1に記載された事項に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

第四.むすび
本願発明は、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、本願の他の請求項(請求項2)について検討するまでもなく、本願は拒絶すべきものである。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2011-10-13 
結審通知日 2011-10-19 
審決日 2011-11-02 
出願番号 特願2001-58161(P2001-58161)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (A63F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 香川 沙絵河本 明彦  
特許庁審判長 小原 博生
特許庁審判官 瀬津 太朗
秋山 斉昭
発明の名称 パチンコ機のラウンド更新方法  
代理人 宮崎 嘉夫  
代理人 萼 経夫  
代理人 小野塚 薫  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ