• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由) A61M
管理番号 1264143
審判番号 不服2010-2197  
総通号数 155 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2012-11-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2010-02-01 
確定日 2012-10-05 
事件の表示 特願2001-548163号「プログラム可能な搾乳器」拒絶査定不服審判事件〔平成13年7月5日国際公開、WO01/47577、平成15年6月10日国内公表、特表2003-518412号〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 1.手続の経緯
本願は、平成12年12月7日(パリ条約による優先権主張 1999年12月10日 (US)アメリカ合衆国、1999年12月30日 (US)アメリカ合衆国)を国際出願日とする出願であって、平成21年9月24日付けで拒絶査定がなされ、平成22年2月1日に拒絶査定不服審判の請求がなされ、平成23年8月5日付けで当審の拒絶理由が通知され、平成24年2月9日付けで意見書及び手続補正書が提出されたものである。

2.本願発明
本件の請求項1?5に係る発明は、平成24年2月9日付け手続補正書により補正された特許請求の範囲の請求項1?5に記載された事項により特定されるものと認められるところ、その請求項1に係る発明(以下、「本願発明」という。)は次のとおりのものである。

「母乳の絞り出しのために女性の乳房を受け入れる部分を備えた乳房シールドと、前記乳房シールドと連通状態にある圧力源と、プログラムを入力するためのインターフェースを有するプログラマブルコントローラとを有し、前記プログラムは、前記コントローラに指示して前記圧力源の異なる形状の作動シーケンスを作り出すことを特徴とする搾乳器。」

3.刊行物に記載された発明
本願の優先権主張日前に頒布された刊行物であって、当審の拒絶理由に引用された米国特許第5571084号明細書(以下、「刊行物1」という。)には、次の記載がある。

(イ)「FIELD OF THE INVENTION
The present invention relates to the field of human lactation systems (breast pumps). More specifically, the present invention is directed at an improved lactation system that will allow the user greater mobility while operating the system and greater control of the breast pumping intensity.
(発明の属する技術分野
本発明は、人間用搾乳システム(ブレストポンプ)の技術分野に関する。特に、本発明は、使用者が、システムの作動中により自由に行動すること、及び搾乳強度をより広範に調整することを可能にする、改良された搾乳システムを対象とする。)」(明細書1欄4?10行、()内は当審による仮訳である。以下同様。)

(ロ)「BACKGROUND OF THE INVENTION
Previous lactation devices include manual pumps, hand held battery operated pumps and AC powered devices. Manual lactation pumps require the use of reciprocating hand motion. The breast cup is held in place with one hand and the pump is actuated with either the same hand or, in some applications, both hands. The manual lactation pump can only be used on one breast at a time. The vacuum cycle frequency is controlled by the frequency of pump actuations. The vacuum magnitude is controlled by both a vent setting and the amount of force imparted by the user to each pump stroke. The hand held battery operated pump is activated by an electric switch controlling a small battery operated vacuum pump. These systems can only be used on one breast at a time. The vacuum cycle frequency is manually controlled by the manual release of vacuum through a hand operated release valve. The vacuum magnitude is controlled by the amount of time the pump is activated in conjunction with the amount of time the release valve is left closed.
Heavier duty (120 VAC) lactation pumps are available that can be used on both breasts simultaneously. The vacuum magnitude is adjustable via a vacuum bypass setting. However, the cycle frequency is preset by the manufacturer. Due to the requirement of an AC power source, mobility is severely limited.
(発明の背景
従来の搾乳装置は、手動ポンプ、携帯式のバッテリー駆動ポンプ及びAC電源装置を含む。手動の搾乳ポンプは手を往復運動して使う必要がある。ブレストカップは一方の手で位置が保持され、同じ手で、又はいくつかの機種では両手で、駆動される。手動の搾乳ポンプは一度に片方の胸に対してしか使用することができない。真空サイクルの周波数はポンプ駆動の周波数によって制御される。真空の大きさは、両方の弁の設定と、各ポンプストロークに対して使用者によって伝えられる力の総量とによって制御される。携帯式のバッテリー駆動ポンプは、小型のバッテリー駆動真空ポンプを制御する電気的スイッチによって駆動される。これらのシステムは、一度に片方の胸に対してしか使用することができない。真空サイクルの周波数は手動開放バルブを通した真空の手動開放によって手動制御される。真空の大きさは、開放バルブの総閉鎖時間と連動したポンプの総駆動時間によって制御される。
両方の胸に同時に使用され得る、より強力な搾乳ポンプ(120VAC)が入手可能である。真空の大きさは真空バイパス設定によって調整可能である。しかしながら、サイクルの周波数はメーカーによってあらかじめ設定されている。)」(明細書1欄12?37行)

(ハ)「Referring to FIG. 1, a microprocessor controlled vested lactation system 1 comprises a vest 2, a controller 3, a battery pack 4, a direct drive motor 5, a high volume vacuum pump head 6, vacuum tubing 7, two breast cups 8, two bellows 9 and two collection bottles 10.
(FIG.1を参照すると、マイクロプロセッサ制御の装着型搾乳システム1は、ベスト2、コントローラ3、バッテリーパック4、直動モータ5、高容量のバキュームポンプヘッド6、真空細管7、二つのブレストカップ8、二つのベローズ9及び二つの収集ボトル10からなる。)」(明細書3欄8?12行)

(ニ)「Referring to FIG. 3, the controller 3 comprises a keypad 22 for user input, microprocessor 23, a power supply jack 24 for recharging the battery pack 4 (and wall power operation if batteries are not charged), wiring port 25 for connection to wiring harness 26, and a replaceable fuse 27 behind an access cover 28. The controller gives the user the ability to program the lactation cycles by choosing various settings of vacuum magnitude, cycle frequency and total lactation time.
Referring to FIG. 4, the collection bottle/breast cup assembly 29 comprised of a flexible bellows 9 which is the interface device of the breast cup assembly 8 and collection bottle 10. The bellows 9 allows greater flexibility of the breast cup assembly 8 position in relation to the remainder of the system. The bellows 9 allows easy disassembly for cleaning. The bellows 9 is attached to the collection bottle 10 with a screw on bottle escutcheon 30 and is attached to breast cup drainage nipple 31 via a snap fit.
Referring to FIG. 5, the vacuum pump assembly 32, comprised of a direct drive motor 5 and a high volume vacuum pump head 6, and a vacuum line T fitting 33. The output of the T fitting is routed to each of the collection bottle/breast cup assemblies 29 (FIG. 4) via vacuum tubing 7.
(FIG.3を参照すると、コントローラ3は、使用者の入力用のキーパッド22、マイクロプロセッサ23、バッテリーパック4の充電用の(もしバッテリーが充電されていない場合には家庭用電源による操作のための)電源供給ジャック24、ワイヤーハーネス26との接続のための配線用のポート25、及びアクセスカバー28の内側の交換可能なヒューズ27からなる。コントローラによって、真空の大きさ、サイクルの周波数及び総搾乳時間の様々なセッティングを選ぶことにより、使用者は搾乳サイクルをプログラムすることができる。
FIG.4を参照すると、収集ボトル/ブレストカップ組立体29は、ブレストカップ組立体8の接続装置である柔軟なベローズ9と収集ボトル10とからなる。ベローズ9によって、ブレストカップ組立体8の、システムの残りの部分に関連した位置に対するより大きな柔軟性が与えられる。ベローズ9は洗浄のために簡単に分解することができる。ベローズ9は、平らなボトル保護カバー30上に設けたねじによって収集ボトル10に取り付けられ、スナップ継手によって排液ニップル31に取り付けられている。
FIG.5を参照すると、直動モータ5及び高容量真空ポンプヘッド6からなる真空ポンプ組立体32と、真空ラインT型継手33(とが示されている。)T型継手からの出力は、真空細管7を経由して収集ボトル/ブレストカップ組立体29(FIG.4)の各々に送られる。)」(明細書3欄25?48行)

(ホ)「1. A lactation system, comprising:
a vest worn by a user allowing hands free operation and full mobility of said user during lactation, said vest being adjustable to fit various user shapes and sizes, and being configured for attachment of all required hardware to said vest;
a vacuum system having a vacuum source;
a lactate store;
a breast cup assembly containing two breast cups disposed within said vest for interface of a breast and said vacuum system, and being comprised of a rigid outer shell and a flexible inner annular ring dimensionally configured to receive a breast, and having an element for quickly increasing pressure within a breast cup to atmospheric pressure, a vacuum source attachment arrangement for attaching and disconnecting said vacuum source to said breast cup, said breast cup assembly being configured to prevent flow of lactate into a vacuum line of said vacuum system, and a connector for flexibly connecting said lactate store to said breast cup;
said vacuum system being operative to impart a negative pressure to said breast cup and thereby draw a breast into an opening of said flexible inner annular ring of said breast cup to extract lactate;
said lactate store storing lactate during system operation;
a control unit which is coupled to said vacuum system and controls vacuum magnitude and cycle frequency of said vacuum system; and
a power unit which is coupled to said vacuum system and said control unit and supplies power to said vacuum system and said control unit.
(1.以下のものよりなる搾乳システム:
使用者に着用され、使用者が搾乳中に手を使用することなく、完全な自由行動を可能とするベストであって、様々な使用者の形状や大きさにフィットするよう調節可能であり、
全ての必要なハードウェアが取り付けられるように構成されているベスト;
真空源を含む真空システム;
乳貯蔵部;
ベスト内に配列され、胸と真空システムとを接続するとともに、胸を受け入れる寸法に形成された硬い外側シェルと柔軟な内側環状リングからなる二つのブレストカップからなり、ブレストカップ内の圧力を大気圧まで急速に高めるための要素、真空源をブレストカップに着脱するための真空源付属品の配列、及び乳貯蔵部をブレストカップに柔軟に接続するためのコネクタを備えるブレストカップ組立体であって、このブレストカップ組立体は乳が真空システムの真空ラインに流れ込むのを防ぐように構成されている;
前記真空システムはブレストカップに負圧を伝えるよう働き、それによって乳を搾るために胸をブレストカップの柔軟な内部環状リングの開口内に吸引するものである;
前記乳貯蔵部はシステムの動作中に乳を貯蔵するものである;
真空システムに連結され、真空の大きさと真空システムのサイクルの周波数を制御する制御ユニット;
真空システムと制御ユニットとに連結され、真空システム及び制御ユニットに電力を供給する電源ユニット。)」(明細書4欄16?49行)

(ヘ)「7. A lactation system, according to claim 1, further comprising a lightweight housing for containment of said control unit, said housing having openings to allow access to said control unit, said control unit including a microprocessor which is programmed for several vacuum magnitudes and cycle frequency combinations, and wherein vacuum magnitude and cycle frequency options include low, medium and high settings, and wherein a duration of a vacuum cycle may be set to a variety of time settings, a keypad for user input affixed within said housing and accessible to said user, a fuse removably attached within said housing for protection of said user and internal circuitry of said control unit, a battery charging circuit allowing recharging of a power supply of said power unit without removal of said power supply from said vest, and a battery recharge jack allowing connection of an external power supply for recharging said power supply without removal of said power supply from said vest.
(7.請求項1に記載の搾乳システムであって、さらに制御ユニットを格納する軽量ハウジングであって、制御ユニットへのアクセスのための開口を有している軽量ハウジングと、前記ハウジングにはり付けられ使用者が触れることができる使用者の入力のためのキーパッドと、使用者と制御ユニットの内部回路機構の保護のために前記ハウジング内に着脱可能に取り付けられるヒューズと、電源装置をベストから取り外すことなく電源ユニットの電源装置の充電を行うためのバッテリー充電回路と、電源装置をベストから取り外すことなく電源装置の充電を行うために外部電源装置と接続するためのバッテリー充電ジャックとを備え、前記制御ユニットは、いくつかの真空の大きさ及びサイクルの周波数の組み合わせがプログラムされたマイクロプロセッサを含んでおり、真空の大きさとサイクルの周波数のオプションは低、中、高の設定を含み、真空サイクルの持続時間を様々な時間設定に設定することができる。)」(明細書5欄27行?6欄3行)

上記(ホ)の記載事項「1.以下のものよりなる搾乳システム:・・・ベスト;真空源を含む真空システム;乳貯蔵部;ベスト内に配列され、胸と真空システムとを接続するとともに、胸を受け入れる寸法に形成された硬い外側シェルと柔軟な内側環状リングからなる二つのブレストカップからなり、・・・;前記真空システムはブレストカップに負圧を伝えるよう働き、それによって乳を搾るために胸をブレストカップの柔軟な内部環状リングの開口内に吸引するものである;・・・」からみて、刊行物1に記載された搾乳システムは、乳を搾るために胸を受け入れる寸法に形成された硬い外側シェルと柔軟な内側環状リングからなる二つのブレストカップと、ブレストカップと接続されブレストカップに負圧を伝えるよう働く真空システムと有するといえる。

また、上記(ハ)の記載事項「・・・マイクロプロセッサ制御の装着型搾乳システム1は・・・」、上記(ニ)の記載事項「・・・コントローラ3は、使用者の入力用のキーパッド22、マイクロプロセッサ23、・・・からなる。コントローラによって、真空の大きさ、サイクルの周波数及び総搾乳時間の様々なセッティングを選ぶことにより、使用者は搾乳サイクルをプログラムすることができる。・・・」、上記(ホ)の記載事項「1.以下のものよりなる搾乳システム:・・・真空システムに連結され、真空の大きさと真空システムのサイクルの周波数を制御する制御ユニット;・・・」、上記(ヘ)の記載事項「7.請求項1に記載の搾乳システムであって、・・・前記制御ユニットは、いくつかの真空の大きさ及びサイクルの周波数の組み合わせがプログラムされたマイクロプロセッサを含んでおり、真空の大きさとサイクルの周波数のオプションは低、中、高の設定を含み、真空サイクルの持続時間を様々な時間設定に設定することができる。」、及びFIG.3A?Eの図示内容を併せみれば、刊行物1に記載された搾乳システムは、真空の大きさ及びサイクルの周波数についてそれぞれ低、中、高の設定がプログラムされたマイクロプロセッサを含むコントローラを有し、使用者がコントローラによって、真空の大きさとサイクルの周波数をそれぞれ低、中、高の設定から選び、真空サイクルの持続時間を様々な時間設定に設定することにより、搾乳サイクルをプログラムすることができる、マイクロプロセッサにより制御される搾乳システムであるといえる。

上記記載事項及び図示内容から、刊行物1には、次の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されている。
「乳を搾るために胸を受け入れる寸法に形成された硬い外側シェルと柔軟な内側環状リングからなる二つのブレストカップと、ブレストカップと接続されブレストカップに負圧を伝えるよう働く真空システムと、真空の大きさ及びサイクルの周波数についてそれぞれ低、中、高の設定がプログラムされたマイクロプロセッサを含むコントローラを有し、使用者がコントローラによって、真空の大きさとサイクルの周波数をそれぞれ低、中、高の設定から選び、真空サイクルの持続時間を様々な時間設定に設定することにより、搾乳サイクルをプログラムすることができる、マイクロプロセッサにより制御される搾乳システム。」

4.対比・判断
本願発明と引用発明とを対比すると、各文言の意味、機能または作用等からみて、引用発明の「ブレストカップ」は本願発明の「乳房シールド」に相当し、以下同様に、「乳を搾るために胸を受け入れる寸法に形成された硬い外側シェルと柔軟な内側環状リングからなる」は「母乳の絞り出しのために女性の乳房を受け入れる部分を備えた」に、「真空システム」は「圧力源」に、「ブレストカップと接続されブレストカップに負圧を伝えるよう働く」は「乳房シールドと連通状態にある」に、「搾乳システム」は「搾乳器」に、それぞれ相当する。
また、引用発明の「コントローラ」は、真空の大きさ及びサイクルの周波数についてそれぞれ低、中、高の設定がプログラムされ、搾乳システムを制御する「マイクロプロセッサ」を含むものであり、使用者が当該「コントローラ」によって、真空の大きさとサイクルの周波数をそれぞれ低、中、高の設定から選び、真空サイクルの持続時間を様々な時間設定に設定することにより、搾乳サイクルをプログラムすることができるものであることから、引用発明の「コントローラ」と本願発明の「プログラムコントローラ」とは、「圧力源の異なる形状の作動シーケンスを作り出す」「コントローラ」である点で共通する。
そして、引用発明の「マイクロプロセッサ」には、真空の大きさ及びサイクルの周波数についてそれぞれ低、中、高の設定がプログラムされていることから、引用発明が「プログラム」を有することは明らかであり、引用発明の「搾乳システム」と本願発明の「搾乳器」とは、「プログラムが、コントローラに指示して圧力源の異なる形状の作動シーケンスを作り出す」点で共通する。

そこで、本願発明の用語及び表現ぶりを用いて記載すると、両者は下記の一致点及び相違点を有する(対応する引用発明の用語を()内に記載する。)。
(一致点)
「母乳の絞り出しのために女性の乳房を受け入れる部分を備えた乳房シールドと、乳房シールドと連通状態にある圧力源と、コントローラとを有し、プログラムが、コントローラに指示して圧力源の異なる形状の作動シーケンスを作り出す搾乳器。」
(相違点)
本願発明におけるコントローラは、プログラマブルコントローラであり、プログラムを入力するためのインターフェースを有するのに対して、引用発明におけるコントローラ(コントローラ)は、使用者が真空の大きさとサイクルの周波数及び真空サイクルの持続時間を設定することで搾乳サイクルをプログラムすることができるものではあるものの、外部からプログラムを入力するためのインターフェースを有するプログラマブルコントローラではない点。

上記相違点について検討する。
医療装置の分野において、爾後的なプログラムの更新を可能とするよう、コントローラとして、外部からプログラムを入力するためのインターフェースを有するプログラマブルコントローラを用いることは、本願の優先権主張日前に周知の技術的事項であり(例えば、特開平5-334458号公報、特開昭58-175566号公報、特開昭57-211361号公報、特開平5-168708号公報を参照)、引用発明に周知技術を適用し、コントローラとして、外部からプログラムを入力するためのインターフェースを有するプログラマブルコントローラを用いた構成を採ることは、当業者が容易に想到し得ることである。

そして、本願発明による効果は、引用発明及び周知技術から当業者が予測し得る程度のものであって、格別のものとはいえない。

5.むすび
以上のとおり、本願発明は、引用発明及び周知技術に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないので、本願の請求項2?5に係る発明について検討するまでもなく、本願は拒絶されるべきものである。

よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2012-05-08 
結審通知日 2012-05-10 
審決日 2012-05-22 
出願番号 特願2001-548163(P2001-548163)
審決分類 P 1 8・ 121- WZ (A61M)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 小原 深美子  
特許庁審判長 横林 秀治郎
特許庁審判官 蓮井 雅之
田合 弘幸
発明の名称 プログラム可能な搾乳器  
代理人 箱田 篤  
代理人 村社 厚夫  
代理人 小川 信夫  
代理人 熊倉 禎男  
代理人 大塚 文昭  
代理人 中村 稔  
代理人 小川 信夫  
代理人 大塚 文昭  
代理人 西島 孝喜  
代理人 村社 厚夫  
代理人 中村 稔  
代理人 宍戸 嘉一  
代理人 宍戸 嘉一  
代理人 箱田 篤  
代理人 西島 孝喜  
代理人 熊倉 禎男  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ