• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 訂正 ただし書き3号明りょうでない記載の釈明 訂正する A63F
管理番号 1264524
審判番号 訂正2012-390105  
総通号数 156 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2012-12-28 
種別 訂正の審決 
審判請求日 2012-08-10 
確定日 2012-09-18 
訂正明細書 有 
事件の表示 特許第4651059号に関する訂正審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 特許第4651059号に係る明細書及び特許請求の範囲を本件審判請求書に添付された訂正明細書及び特許請求の範囲のとおり訂正することを認める。 
理由 1.手続の経緯
本件審判の請求に係る特許第4651059号(以下、「本件特許」という。)の経緯は以下のとおりである。

平成12年 3月 7日 特願2000-61465号出願(原出願)
平成22年 3月29日 本件特許出願(特願2010-75726号)
平成22年12月24日 設定登録(請求項数:1)
平成24年 8月10日 本件審判の請求(訂正2012-390105)

2.審判請求の要旨
本件審判の請求は、本件特許4651059号の明細書及び特許請求の範囲を、本件審判請求書に添付された訂正明細書及び特許請求の範囲のとおり訂正することを求めるものである。(下線部は訂正箇所を意味する。)

その訂正内容は、次のとおりである。

(1)訂正事項1
本件特許請求の範囲の請求項1における
「当たりを判定するための遊技制御手段と、
前記遊技制御手段からの一方向のコマンドにもとづいて、図柄表示装置に表示する図柄を制御するための図柄表示制御手段とを備える遊技機において、
前記遊技制御手段には、
前記入賞の判定にもとづいて、前記図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するための停止図柄グループ決定手段と、」という記載を、
「当たりを判定するための遊技制御手段と、
前記遊技制御手段からの一方向のコマンドにもとづいて、図柄表示装置に表示する図柄を制御するための図柄表示制御手段とを備える遊技機において、
前記遊技制御手段には、
前記当たりの判定にもとづいて、前記図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するための停止図柄グループ決定手段と、」と訂正する。

(2)訂正事項2
明細書の段落【0002】における「【発明が解決しようとする課題】」という記載を削除して、
明細書の段落【0006】の最初の行の前に「【発明が解決しようとする課題】」という記載を挿入する訂正をする。

(3)訂正事項3
明細書の段落【0006】における
「そこで、各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、次の点にある。」という記載を、
「そこで、請求項に記載された発明は、上記した従来の技術の有する問題点のうち、停止予定図柄の組合せに関する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、次の点にある。」と訂正する。

(4)訂正事項4
明細書の段落【0008】における
「また、請求項1に記載の発明は、メイン基板等の遊技制御手段において、図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているので、サブ基板等の図柄表示制御手段のプログラムを変更するだけで、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムを変更することなく、図柄の種類や数を変更がすることが可能である。」という記載を、
「また、請求項1に記載の発明は、メイン基板等の遊技制御手段において、図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているので、サブ基板等の図柄表示制御手段のプログラムを変更するだけで、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムを変更することなく、図柄の種類や数を変更することが可能である。」と訂正する。

(5)訂正事項5
明細書の段落【0009】における
「(請求項2)
請求項2に記載の発明は、上記した請求項1に記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。」という記載を削除する。

(6)訂正事項6
明細書の段落【0010】?【0013】を削除する。

(7)訂正事項7
明細書の段落【0014】における
「すなわち、請求項6に記載の発明は、コマンドと、遊技情報と、履歴データとにもとづいて、サブ基板等の図柄表示制御手段における停止予定図柄の変動パターンを変更することができるようにしたものである。」という記載を削除する。

(8)訂正事項8
明細書の段落【0015】における
「各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した各目的を達成するためになされたものであり、各発明の特徴点を図面に示した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。」という記載を、
「請求項に記載された発明は、上記した各目的を達成するためになされたものであり、発明の特徴点を図面に示した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。」と訂正する。

(9)訂正事項9
明細書の段落【0020】における
「なお、遊技制御手段(100)は、入賞の判定に限らず、遊技全般を制御している。」という記載を、
「なお、遊技制御手段(100)は、当たりの判定に限らず、遊技全般を制御している。」と訂正する。

(10)訂正事項10
明細書の段落【0023】における
「上記停止図柄グループ決定手段(120)は、入賞の判定にもとづいて、図柄表示装置(500)に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するためのものである。」という記載を、
「上記停止図柄グループ決定手段(120)は、当たりの判定にもとづいて、図柄表示装置(500)に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するためのものである。」と訂正する。

(11)訂正事項11
明細書の段落【0027】における
「(請求項2)
請求項2に記載の発明は、上記した請求項1に記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。」という記載を削除する。

(12)訂正事項12
明細書の段落【0028】?【0044】を削除する。

(13)訂正事項13
明細書の段落【0045】における
「第三に、図柄変動パターン決定手段(232)は、コマンド受信手段(210)により受信したコマンドと、遊技情報受信手段(220)により受信した遊技情報と、表示履歴記憶手段(240)に記憶された履歴データとにもとづいて、停止予定図柄の変動パターンを決定するものである。」という記載を削除する。

(14)訂正事項14
明細書の段落【0049】における
「また、請求項1に記載の発明によれば、メイン基板等の遊技制御手段において、図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているので、サブ基板等の図柄表示制御手段のプログラムを変更するだけで、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムを変更することなく、図柄の種類や数を変更がすることが可能である。」という記載を、
「また、請求項1に記載の発明によれば、メイン基板等の遊技制御手段において、図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているので、サブ基板等の図柄表示制御手段のプログラムを変更するだけで、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムを変更することなく、図柄の種類や数を変更することが可能である。」と訂正する。

(15)訂正事項15
明細書の段落【0051】?【0055】を削除する。

(16)訂正事項16
明細書の段落【0056】における
「すなわち、請求項6に記載の発明によれば、コマンドと、遊技情報と、履歴データとにもとづいて、サブ基板等の図柄表示制御手段における停止予定図柄の変動パターンを変更することができる。」という記載を削除する。

(17)訂正事項17
明細書の段落【0063】における
「なお、遊技制御手段(100)は、入賞の判定に限らず、遊技全般を制御している。」という記載を、
「なお、遊技制御手段(100)は、当たりの判定に限らず、遊技全般を制御している。」と訂正する。

(18)訂正事項18
明細書の段落【0076】における
「停止図柄グループ決定手段120は、入賞の判定にもとづいて、図柄表示装置500に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するためのものである。」という記載を、
「停止図柄グループ決定手段120は、当たりの判定にもとづいて、図柄表示装置500に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するためのものである。」と訂正する。

3.当審の判断
(1)訂正事項1について
訂正事項1は、請求項1において「前記入賞の判定にもとづいて、」という記載があるが、この記載以前に「入賞」の記載がないため不明瞭になっている「前記入賞の判定にもとづいて、」という記載を、
この記載以前の「当たりを判定するための遊技制御手段と、」という記載、及び、段落【0075】の「当たり判定手段110は、乱数を用いて、大当たりを含む当たりを判定するためのものである。」という記載に基づき、「前記当たりの判定にもとづいて、」と訂正するものであるから、明瞭でない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。

(2)訂正事項2について
訂正事項2は、段落【0003】?【0005】の記載には本件請求項1の発明が解決しようとする課題以外の記載が含まれているが、段落【0003】の前に「【発明が解決しようとする課題】」と記載されているため不明瞭となっている記載を、「【発明が解決しようとする課題】」の記載を段落【0002】の末行から段落【0006】最初の行に移動させることにより、段落【0003】?【0005】の記載を明瞭にする訂正であるから、明瞭でない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。

(3)訂正事項3について
訂正事項3は、特許請求の範囲に記載された発明が請求項1のみであるにも関わらず、複数の請求項があることを前提として記載されている「各請求項にそれぞれ記載された各発明は、」という記載を、請求項の数と整合させるために「請求項に記載された発明は、」と訂正すると共に、
「上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされた」の記載を、請求項1の発明が解決しようとする課題と整合させるために「上記した従来の技術の有する問題点のうち、停止予定図柄の組み合わせに関する問題点に鑑みてなされた」と訂正するものであるから、明瞭でない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。

(4)訂正事項4、14について
訂正事項4、14は、「変更がすることが可能である。」という不明瞭な記載を、「変更することが可能である。」と訂正するものであるから、明瞭でない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。

(5)訂正事項5?7、11?16について
訂正事項5?7、11?16は、特許請求の範囲に記載された発明が請求項1のみであるにも関わらず、本件明細書中に請求項2?6に関する記載を削除することにより請求項の数と整合させる訂正であるから、明瞭でない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。

(6)訂正事項8について
訂正事項8は、特許請求の範囲に記載された発明が請求項1のみであるにも関わらず、複数の請求項があることを前提として記載されている「各請求項にそれぞれ記載された各発明は、」という記載を、請求項の数と整合させるために「請求項に記載された発明は、」と訂正するものであるから、明瞭でない記載の釈明を目的とする訂正に該当する。

(7)訂正事項9?10、17?18について
訂正事項9?10、17?18は、上記(1)の「訂正事項1について」の訂正により、特許請求の範囲の請求項1における明瞭でない記載の釈明の訂正を行った結果、記載表現が一致しなくなった明細書の記載を、訂正後の特許請求の範囲の記載に整合させるための訂正であるから、明瞭でない記載の釈明に該当する。

したがって、訂正事項1?18は、特許法第126条第1項ただし書第3号に掲げる事項を目的としたものである。

そして、当該訂正事項1?18は、本件特許明細書に記載された事項に基づいたものであって、願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面に記載した事項の範囲内においてされたものであり、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更する訂正ではないから、特許法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

4.むすび
したがって、本件審判の請求に係る訂正は、特許法第126条第1項ただし書第3号に掲げる事項を目的とし、かつ、同条第5項及び6項の規定に適合する。
よって、結論のとおり審決する。
 
発明の名称 (54)【発明の名称】
遊技機
【技術分野】
【0001】
この発明は、パチンコ機等の遊技機に関し、特にメイン基板等の遊技制御手段から、サブ基板等の図柄表示制御手段へのデータ送信において、データの送信量を軽減することができるようにしたものである。
【背景技術】
【0002】
従来、メイン基板等の遊技制御手段において、停止予定図柄の組合せや、リーチ等の図柄変動パターンを、サブ基板等の図柄表示制御手段に送信していた。
【発明の概要】
【0003】
しかし、上記した従来の送信方法では、データの送信量が多いという第一の問題点があった。
【0004】
また、従来の送信方法では、図柄の種類や数を変更する際に、サブ基板等の図柄表示制御手段のプログラムを変更するばかりでなく、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムの変更が必要となるという第二の問題点があった。
【0005】
さらに、従来の送信方法では、メイン基板等の遊技制御手段において、停止予定図柄の組合せや、リーチ等の図柄変動パターンを決定するため、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムの容量が比較的、大きくなるという第三の問題点があった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
そこで、請求項に記載された発明は、上記した従来の技術の有する問題点のうち、停止予定図柄の組合せに関する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、次の点にある。
(請求項1)
すなわち、請求項1に記載の発明は、メイン基板等の遊技制御手段において、前記図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定し、このコマンドをサブ基板等の図柄表示制御手段に送信し、サブ基板等の図柄表示制御手段において、停止予定図柄の組合せを決定することができるようにしたものである。
【0007】
したがって、請求項1に記載の発明は、従来の通信方法に比較し、データの送信量を低減することができるようにしたものである。
【0008】
また、請求項1に記載の発明は、メイン基板等の遊技制御手段において、図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているので、サブ基板等の図柄表示制御手段のプログラムを変更するだけで、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムを変更することなく、図柄の種類や数を変更することが可能である。
【0009】
さらに、請求項1に記載の発明は、メイン基板等の遊技制御手段において、前記図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているだけなので、従来の技術のように、メイン基板等の遊技制御手段において、停止予定図柄の組合せや、リーチ等の図柄変動パターンを決定する場合に比較して、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムの容量を軽減することができる。
【0010】
【0011】
【0012】
【0013】
【0014】
【課題を解決するための手段】
【0015】
請求項に記載された発明は、上記した各目的を達成するためになされたものであり、発明の特徴点を図面に示した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。
【0016】
なお、カッコ内の符号は、発明の実施の形態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
【0017】
また、図面番号も、発明の実施の形態において用いた図番を示し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
(請求項1)
請求項1に記載の発明は、次の点を特徴とする。
【0018】
第一に、遊技機(10)には、例えば図1に例示するように、遊技制御手段(100)と、図柄表示制御手段(200)とを備える。
【0019】
上記遊技制御手段(100)は、当たりを判定するためのものである。
【0020】
なお、遊技制御手段(100)は、当たりの判定に限らず、遊技全般を制御している。
【0021】
前記図柄表示制御手段(200)は、遊技制御手段(100)からの一方向のコマンドにもとづいて、図柄表示装置(500)に表示する図柄を制御するためのものである。
【0022】
第二に、遊技制御手段(100)には、例えば図1に例示するように、停止図柄グループ決定手段(120)と、コマンド送信手段(140)とを備える。
【0023】
上記停止図柄グループ決定手段(120)は、当たりの判定にもとづいて、図柄表示装置(500)に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するためのものである。
【0024】
前記コマンド送信手段(140)は、停止図柄グループ決定手段(120)より決定された停止図柄グループを指定するコマンドを図柄表示制御手段(200)に送信するためのものである。
【0025】
第三に、図柄表示制御手段(200)には、例えば図1に例示するように、コマンド受信手段(210)と、停止予定図柄決定手段(231)とを備える。
【0026】
上記コマンド受信手段(210)は、コマンド送信手段(140)から送信されたコマンドを受信するためのものである。
【0027】
前記停止予定図柄決定手段(231)は、コマンド受信手段(210)により受信したコマンドにもとづいて、停止予定図柄の組合せを決定するためのものである。
【0028】
【0029】
【0030】
【0031】
【0032】
【0033】
【0034】
【0035】
【0036】
【0037】
【0038】
【0039】
【0040】
【0041】
【0042】
【0043】
【0044】
【0045】
【発明の効果】
【0046】
本発明は、以上のように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。
(請求項1)
請求項1に記載の発明によれば、次のような効果を奏する。
【0047】
すなわち、請求項1に記載の発明によれば、メイン基板等の遊技制御手段において、前記図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定し、このコマンドをサブ基板等の図柄表示制御手段に送信し、サブ基板等の図柄表示制御手段において、停止予定図柄の組合せを決定することができる。
【0048】
したがって、請求項1に記載の発明によれば、従来の通信方法に比較し、データの送信量を低減することができる。
【0049】
また、請求項1に記載の発明によれば、メイン基板等の遊技制御手段において、図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているので、サブ基板等の図柄表示制御手段のプログラムを変更するだけで、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムを変更することなく、図柄の種類や数を変更することが可能である。
【0050】
さらに、請求項1に記載の発明によれば、メイン基板等の遊技制御手段において、前記図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定しているだけなので、従来の技術のように、メイン基板等の遊技制御手段において、停止予定図柄の組合せや、リーチ等の図柄変動パターンを決定する場合に比較して、メイン基板等の遊技制御手段のプログラムの容量を軽減することができる。
【0051】
【0052】
【0053】
【0054】
【0055】
【0056】
【図面の簡単な説明】
【0057】
【図1】遊技機の概略ブロック図である。
【図2】遊技機の動作を説明するためのフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0058】
(図面の説明)
図1?2は、本発明の実施の形態の一例を示すものである。
【0059】
図1は、遊技機の概略ブロック図、図2は遊技機の動作を説明するためのフローチャートをそれぞれ示すものである。
(遊技機10)
図中、10は、遊技機を示すものである。
【0060】
なお、遊技機10は、パチンコ機に限らない。
【0061】
上記遊技機10は、図1に示すように、大別すると、次の手段を備える。
【0062】
(1)遊技制御手段100
(2)図柄表示制御手段200
なお、遊技機10の手段は、上記した(1)?(2)に限定されない。
(遊技制御手段100)
遊技制御手段100は、当たりを判定するためのものである。
【0063】
なお、遊技制御手段(100)は、当たりの判定に限らず、遊技全般を制御している。
【0064】
また、遊技制御手段100は、いわゆるメイン基板に相当するが、これに限定されるものでない。
【0065】
具体的には、遊技制御手段100は、図示しないが、CPUを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えている。そして、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、図1に示すように、次の手段として機能する。
【0066】
(1)当たり判定手段110
(2)停止図柄グループ決定手段120
(3)賞球払出制御手段130
(4)コマンド送信手段140
(5)遊技情報送信手段150
なお、遊技制御手段100の手段は、上記した(1)?(5)に限定されない。
(遊技制御手段100の入力段)
上記遊技制御手段100の入力段には、図1に示すように、入賞球検出装置300が接続されている。
【0067】
上記入賞球検出装置300は、図示しないが、入賞球を検出するためのものである。
【0068】
なお、遊技制御手段100の入力段に接続される装置は、入賞球検出装置300に限定されない。
(遊技制御手段100の出力段)
上記遊技制御手段100の出力段には、図1に示すように、賞球払出装置400が接続されている。
【0069】
上記賞球払出装置400は、図示しないが、遊技結果にもとづいて、賞球を払い出すためのものである。
【0070】
なお、遊技制御手段100の出力段に接続される装置は、賞球払出装置400に限定されない。
(図柄表示制御手段200)
図柄表示制御手段200は、遊技制御手段100からの一方向のコマンドにもとづいて、図柄表示装置500に表示する図柄を制御するためのものである。
【0071】
なお、図柄表示制御手段200は、いわゆるサブ基板に相当するが、これに限定されるものでない。
【0072】
具体的には、図柄表示制御手段200は、図示しないが、CPUを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えている。そして、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、図1に示すように、次の手段として機能する。
【0073】
(1)コマンド受信手段210
(2)遊技情報受信手段220
(3)表示決定手段230
(4)表示履歴記憶手段240
(図柄表示制御手段200の出力段)
図柄表示制御手段200の出力段には、図1に示すように、図柄表示装置500が接続されている。
【0074】
上記図柄表示装置500は、図示しないが、液晶等を利用して図柄を表示するためのものである。
【0075】
なお、遊技制御手段100の出力段に接続される装置は、図柄表示装置500に限定されない。
(当たり判定手段110)
当たり判定手段110は、乱数を用いて、大当たりを含む当たりを判定するためのものである。
【0076】
具体的には、当たり判定手段110は、乱数を抽出し、抽出した乱数(値)にもとづいて大当たりを判定する。
(停止図柄グループ決定手段120)
停止図柄グループ決定手段120は、当たりの判定にもとづいて、図柄表示装置500に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するためのものである。
【0077】
上記停止図柄グループには、例えば次の停止図柄グループがある。
【0078】
なお、停止図柄グループは、次の(1)?(3)に限定されない。
【0079】
(1)大当たりグループ
大当たりグループは、大当たりとなる図柄の組合せである。
【0080】
(2)リーチグループ
リーチグループは、リーチとなる図柄の組合せである。
【0081】
リーチグループは、例えば次の停止図柄グループに分かれる。
【0082】
(2-1)スーパーリーチグループ
スーパーリーチグループは、いわゆるスーパーリーチ(以下、「スーパーリーチ」という。)と呼ばれ、変動時間が長く、大当たりとなる信頼性が高い。具体的には、スーパーリーチグループは、リーチとなる図柄の組合せのうち、一致しない図柄が当たり図柄の+1若しくは-1の組合せである。
【0083】
(2-2)ノーマルリーチグループ
ノーマルリーチグループは、いわゆるノーマルリーチ(以下、「ノーマルリーチ」という。)と呼ばれ、変動時間が短く、大当たりとなる信頼度が低い。具体的には、ノーマルリーチグループは、上記スーパーリーチグループ以外のリーチとなる図柄の組合せである。
【0084】
(3)外れグループ
外れグループは、大当たり及びリーチとならない、例えば外れの図柄の組合せである。
【0085】
具体的には、停止図柄グループ決定手段120は、図1に示すように、次の手段を備える。
【0086】
なお、停止図柄グループ決定手段120の手段は、次の(1)?(3)に限定されない。
【0087】
(1)大当たりグループ決定手段121
大当たりグループ決定手段121は、当たり判定手段110による判定結果にもとづいて、大当たりとなる図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループ、すなわち前記大当たりグループを決定するためのものである。
【0088】
その結果、後述するコマンド送信手段140からは、大当たりグループを意味するコマンドが送信される。
【0089】
(2)リーチグループ決定手段122
リーチグループ決定手段122は、当たり判定手段110による判定結果にもとづいて、リーチとなる図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループ、すなわち前記スーパーリーチグループ又はノーマルリーチグループを決定するためのものである。
【0090】
その結果、後述するコマンド送信手段140からは、スーパーリーチグループ又はノーマルリーチグループを意味するコマンドが送信される。
【0091】
(3)外れグループ決定手段123
外れグループ決定手段123は、当たり判定手段110による判定結果にもとづいて、大当たり及びリーチ以外の図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループ、すなわち前記外れグループを決定するためのものである。
【0092】
その結果、後述するコマンド送信手段140からは、外れグループを意味するコマンドが送信される。
(賞球払出制御手段130)
賞球払出制御手段130は、遊技結果にもとづいて、賞球払出装置400を制御するためのものである。
(コマンド送信手段140)
コマンド送信手段140は、停止図柄グループ決定手段120より判定された停止図柄グループを指定するコマンドを図柄表示制御手段200に送信するためのものである。
【0093】
上記コマンドには、図1に示すように、次のコマンドがある。
【0094】
なお、コマンドの種類は、次の(1)?(2)に限定されない。
【0095】
(1)グループコマンド
(2)停止コマンド
停止コマンドは、図柄表示装置500に表示される図柄の変動を停止させるためのものである。
(遊技情報送信手段150)
遊技情報送信手段150は、遊技情報を図柄表示制御手段に送信するためのものである。
【0096】
上記遊技情報としては、保留球数や、遊技状態(例えば確率変動、時短等)に関するものである。
(コマンド受信手段210)
コマンド受信手段210は、コマンド送信手段140から送信された前記コマンドを受信するためのものである。
(遊技情報受信手段220)
遊技情報受信手段220は、遊技情報送信手段150から送信された遊技情報を受信するためのものである。
(表示決定手段230)
表示決定手段230は、図1に示すように、次の手段を備える。
【0097】
なお、表示決定手段230の手段は、次の(1)?(2)に限定されない。
【0098】
(1)停止予定図柄決定手段231
停止予定図柄決定手段231は、コマンド受信手段210により受信したコマンドにもとづいて、停止予定図柄の組合せを決定するためのものである。
【0099】
例えば、大当たりグループを意味するコマンドを受信した場合には、停止予定図柄決定手段231は、例えば図柄の抽選を行い、大当たりとなる図柄の組合せを決定する。
【0100】
なお、停止予定図柄決定手段231は、図柄の抽選することなく、図柄の組合せを決定しても良い。
【0101】
例えば、スーパーリーチグループを意味するコマンドを受信した場合には、停止予定図柄決定手段231は、例えば図柄の抽選を行い、リーチとなる図柄の組合せのうち、スーパーリーチの図柄の組合せを決定する。
【0102】
例えば、ノーマルリーチグループを意味するコマンドを受信した場合には、停止予定図柄決定手段231は、例えば図柄の抽選を行い、リーチとなる図柄の組合せのうち、ノーマルリーチの図柄の組合せを決定する。
【0103】
例えば、外れグループを意味するコマンドを受信した場合には、停止予定図柄決定手段231は、例えば図柄の抽選を行い、大当たり及びリーチとならない、例えば外れの図柄の組合せを決定する。
【0104】
一方、停止予定図柄決定手段231は、コマンド受信手段210により受信したコマンドに加えて、遊技情報受信手段220により受信した遊技情報にもとづいて、停止予定図柄の組合せを決定している。
【0105】
例えば、保留球数が一定以上の時、又は特定遊技状態中であるという遊技情報を受信した場合には、停止予定図柄決定手段231は、スーパーリーチグループやノーマルリーチグループを意味するコマンドを受信した場合であっても、リーチにならない図柄の組合せを選択する。
【0106】
逆に、例えば、保留球数が一定未満の時、又は特定遊技状態でないという遊技情報を受信した場合には、停止予定図柄決定手段231は、外れグループを意味するコマンドを受信した場合であっても、リーチになるような図柄の組合せを選択する。
【0107】
一方、停止予定図柄決定手段231は、コマンド受信手段210により受信したコマンドと、遊技情報受信手段220により受信した遊技情報と、後述する表示履歴記憶手段240に記憶された履歴データとにもとづいて、停止予定図柄の組合せを決定している。
【0108】
例えば、履歴データにおいて、過去30回の変動において、一度もリーチとなっていない場合には、停止予定図柄決定手段231は、外れグループを意味するコマンドを受信した場合であっても、リーチになるような図柄の組合せを選択する。
【0109】
勿論、停止予定図柄決定手段231は、遊技情報を考慮せずに、単にコマンドにもとづいて、停止予定図柄の組合せを決定しても良い。
【0110】
(2)図柄変動パターン決定手段232
図柄変動パターン決定手段232は、コマンド受信手段210により受信したコマンドにもとづいて、停止予定図柄決定手段231により決定された停止予定図柄の変動パターンを決定するためのものである。
【0111】
例えば、大当たりグループを意味するコマンドを受信した場合には、図柄変動パターン決定手段232は、大当たりとなる図柄の変動パターンを決定する。
【0112】
例えば、スーパーリーチグループを意味するコマンドを受信した場合には、図柄変動パターン決定手段232は、変動時間の長い、スーパーリーチとなる図柄の変動パターンを決定する。
【0113】
例えば、ノーマルリーチグループを意味するコマンドを受信した場合には、図柄変動パターン決定手段232は、変動時間の短い、ノーマルリーチとなる図柄の変動パターンを決定する。
【0114】
例えば、外れグループを意味するコマンドを受信した場合には、図柄変動パターン決定手段232は、大当たり及びリーチとならない、例えば外れの図柄の変動パターンを決定する。
【0115】
一方、図柄変動パターン決定手段232は、コマンド受信手段210により受信したコマンドに加えて、遊技情報受信手段220により受信した遊技情報にもとづいて、停止予定図柄の変動パターンを決定している。
【0116】
例えば、保留球数が一定以上の時、又は特定遊技状態中であるという遊技情報を受信した場合には、停止予定図柄決定手段231は、スーパーリーチグループやノーマルリーチグループを意味するコマンドを受信した場合に、短時間で変動が終了する変動パターンを選択する。
【0117】
一方、図柄変動パターン決定手段232は、コマンド受信手段210により受信したコマンドと、遊技情報受信手段220により受信した遊技情報と、後述する表示履歴記憶手段240に記憶された履歴データとにもとづいて、停止予定図柄の変動パターンを決定している。
【0118】
例えば、履歴データにおいて、過去30回の変動において、一度もリーチとなっていない場合には、外れグループを意味するコマンドを受信した場合であっても、停止予定図柄決定手段231がリーチになるような図柄の組合せを選択するほか、図柄変動パターン決定手段232は、リーチの変動パターンを選択する。
【0119】
また、例えば、過去10回のリーチの変動で特定の変動パターンしか出現していない場合には、図柄変動パターン決定手段232は、他の変動パターンを選択する。
【0120】
勿論、図柄変動パターン決定手段232は、遊技情報を考慮せずに、単にコマンドにもとづいて、停止予定図柄の変動パターンを決定しても良い。
(表示履歴記憶手段240)
表示履歴記憶手段240は、図柄表示装置500に過去に表示された停止図柄と、過去の図柄変動パターンとを記憶するためのものである。
【0121】
なお、上記過去とは、特定の遊技回数、例えば過去10回を指している。勿論、過去は、過去10回に限定されず、過去1?9回、或いは11回以上でも良く、電源投入時から直前の遊技迄でも良い。
【0122】
具体的には、表示履歴記憶手段240は、図1に示すように、次の手段を備える。
【0123】
なお、表示履歴記憶手段240の手段は、次の(1)?(2)に限定されない。
【0124】
(1)停止図柄記憶手段241
停止図柄記憶手段241は、図柄表示装置500に過去に表示された停止図柄を記憶するためのものである。
【0125】
(2)図柄変動パターン記憶手段242
図柄変動パターン記憶手段242は、過去の図柄変動パターンを記憶するためのものである。
(動作)
上記した構成を有する遊技機10は、図2に示すように、次のように動作する。
【0126】
上記図2は、メイン側の遊技制御手段100の停止図柄グループ決定処理を示すものである。
【0127】
まず、図2に示すように、ステップ1に進み、大当たり判定処理が行われる。
【0128】
上記処理は、当たり判定手段110により実行される。
【0129】
前記処理後、ステップ1から、図2に示すように、次のステップ2に進み、大当たりか否かが判断される。
【0130】
上記判断は、停止図柄グループ決定手段120の大当たりグループ決定手段121により実行される。
【0131】
前記判断の結果、大当たりでない場合には、ステップ2から、図2に示すように、次のステップ3に進み、リーチか否かが判断される。
【0132】
上記判断は、停止図柄グループ決定手段120のリーチグループ決定手段122により実行される。
【0133】
前記判断の結果、リーチの場合には、ステップ3から、図2に示すように、次のステップ4に進み、スーパーリーチか否かが判断される。
【0134】
上記判断は、停止図柄グループ決定手段120のリーチグループ決定手段122により実行される。
【0135】
前記判断の結果、スーパーリーチの場合には、ステップ4から、図2に示すように、次のステップ5に進み、停止図柄グループを、スーパーリーチグループに指定する。
【0136】
上記指定は、停止図柄グループ決定手段120のリーチグループ決定手段122により実行される。
【0137】
前記指定後、ステップ5から、図2に示すように、次のステップ6に進み、指定された停止図柄グループを、サブ側である図柄表示制御手段200に送信する。
【0138】
上記ステップ5から進んできた場合には、スーパーリーチグループを意味するコマンドが送信される。
【0139】
上記送信は、コマンド送信手段140により実行される。
【0140】
一方、先のステップ2の判断の結果、大当たりの場合には、図2に示すように、次のステップ7に進み、停止図柄グループを、大当たりグループに指定する。
【0141】
上記指定後、ステップ7から、図2に示すように、前述したステップ6に進む。
【0142】
一方、先のステップ3の判断の結果、リーチでない場合には、図2に示すように、ステップ8に進み、停止図柄グループを、外れグループに指定する。
【0143】
上記指定後、ステップ8から、図2に示すように、前述したステップ6に進む。
【0144】
一方、先のステップ4の判断の結果、スーパーリーチでない場合には、図2に示すように、ステップ9に進み、停止図柄グループを、ノーマルリーチグループに指定する。
【0145】
上記指定後、ステップ9から、図2に示すように、前述したステップ6に進む。
【符号の説明】
【0146】
10遊技機 100遊技制御手段
110当たり判定手段 120停止図柄グループ決定手段
121大当たりグループ決定手段 122リーチグループ決定手段
123外れグループ決定手段 130賞球払出制御手段
140コマンド送信手段 150遊技情報送信手段
200図柄表示制御手段 210コマンド受信手段
220遊技情報受信手段 230表示決定手段
231停止予定図柄決定手段 232図柄変動パターン決定手段
240表示履歴記憶手段 241停止図柄記憶手段
242図柄変動パターン記憶手段 300入賞球検出装置
400賞球払出装置 500図柄表示装置
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
当たりを判定するための遊技制御手段と、
前記遊技制御手段からの一方向のコマンドにもとづいて、図柄表示装置に表示する図柄を制御するための図柄表示制御手段とを備える遊技機において、
前記遊技制御手段には、
前記当たりの判定にもとづいて、前記図柄表示装置に停止させる停止予定図柄の組合せパターンを指定する停止図柄グループを決定するための停止図柄グループ決定手段と、
前記停止図柄グループ決定手段より決定された前記停止図柄グループを指定するコマンドを図柄表示制御手段に送信するためのコマンド送信手段とを備え、
前記図柄表示制御手段には、
前記コマンド送信手段から送信された前記コマンドを受信するためのコマンド受信手段と、
前記コマンド受信手段により受信した前記コマンドにもとづいて、前記停止予定図柄の組合せを決定するための停止予定図柄決定手段とを備えていることを特徴とする遊技機。
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
審決日 2012-09-06 
出願番号 特願2010-75726(P2010-75726)
審決分類 P 1 41・ 853- Y (A63F)
最終処分 成立  
前審関与審査官 篠崎 正  
特許庁審判長 木村 史郎
特許庁審判官 秋山 斉昭
瀬津 太朗
登録日 2010-12-24 
登録番号 特許第4651059号(P4651059)
発明の名称 遊技機  
代理人 黒田 博道  
代理人 黒田 博道  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ