• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由) H04W
審判 査定不服 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由) H04W
管理番号 1291861
審判番号 不服2012-19189  
総通号数 179 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2014-11-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2012-10-01 
確定日 2014-09-10 
事件の表示 特願2009-529325「複数の通信インタフェースを有する移動局の非アクティブな通信インタフェースの電力効率的な起動の方法」拒絶査定不服審判事件〔平成20年 3月27日国際公開、WO2008/036608、平成22年 2月12日国内公表、特表2010-504700〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 1.手続の経緯
本願は、2007年(平成19年)9月17日(優先権主張2006年9月19日、米国)を国際出願日とする国際出願であって、平成23年7月25日付けの拒絶理由の通知に対し、同年12月20日付けで手続補正がされ、平成24年5月25日付けで拒絶査定がなされ、これに対し、同年10月1日に審判請求がなされ、その後、当審において、平成25年9月4日付けで拒絶理由を通知したものである。
なお、当審において平成25年9月4日付けで通知した拒絶理由に対して、指定した期間内における請求人からの応答はなかった。


2.本願発明
本願の請求項に係る発明は、平成23年12月20日付けの手続補正書の特許請求の範囲の請求項1?17に記載された事項により特定されるものであるところ、その請求項1に係る発明(以下、「本願発明」という)は、次のとおりのものである。なお、下線は、請求人が付した。

「【請求項1】
複数の通信インタフェースを有する移動局に通信サービスを提供する方法であって、各通信インタフェースはアクティブな電力モードと非アクティブな電力モードとを有し、前記アクティブな電力モードの通信インタフェースの電力消費量は、前記非アクティブな電力モードの前記通信インタフェースの電力消費量よりも高い、方法であって、
前記アクティブな電力モードにあり、且つ通信サービスを提供している、第1の通信インタフェースの通信サービスレベルを評価し、
第2の通信インタフェースを、前記第2の通信インタフェースを前記非アクティブな電力モードから前記アクティブな電力モードに変更することによって、アクティブにし、
前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの通信サービスレベルを評価し、
前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルと、前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの前記通信サービスレベルとの比較を行い、
通信サービスレベルの前記比較が、前記第2の通信インタフェースが前記第1の通信インタフェースよりも高い通信サービスレベルを提供することができることを示す場合、前記第1の通信インタフェースを、前記アクティブな電力モードから前記非アクティブな電力モードに変更することによって、前記第1の通信インタフェースを非アクティブにし、且つ
前記第2の通信インタフェースを介して通信サービスを提供し、
さもなければ、前記第1の通信インタフェースを介して通信サービスを提供することを継続する
ことを含み、
前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルが所定の閾値未満に低下する場合、第2の通信インタフェースをアクティブにし、通信サービスレベルを評価し、前記通信サービスレベルの比較を行なう前記ステップが行なわれる、方法。」


3.引用文献
3-1.引用文献1
本願の優先日前に国際公開された国際公開第2005/086378号(以下、「引用文献1」という。)には、図面とともに、次のa?dの事項が記載されている。なお、下線は当審が付した。

a.「The present invention relates to a multi-mode multi-band mobile communication terminal for supporting both an asynchronous communication network and a synchronous communication network, and more particularly to a multi-mode multi-band mobile communication terminal and a mode switching method thereof, which can perform a mode switching between an asynchronous mobile communication network and a synchronous mobile communication network while minimizing interruption in the communication. 」
(当審仮訳:本発明は、非同期通信網と同期通信網の両方を支援するマルチモード-マルチバンド移動通信端末に関し、より詳しくは、通信断絶を最小化して非同期移動通信網と同期移動通信網とのモード切替を行うことができるマルチモード-マルチバンド移動通信端末及びそのモード切替方法に関する。 )
(第1頁第7行目乃至第12行目)

b.「A mode switching between the asynchronous mode and the synchronous mode is necessary when the MMMB mobile communication terminal moves into an area of a synchronous communication network from an overlap area between areas of synchronous and asynchronous communication networks. According to the conventional method for mode switching, a modem for call connection with the synchronous communication network is operated after the mobile communication terminal completely escapes from the overlap area and the call connection with the asynchronous communication network is interrupted. Therefore, the mode switching according to the conventional method requires an interruption interval of at least approximately 20 seconds during which the communication is interrupted. 」
(当審仮訳:該MMMB移動通信端末が非同期及び同期通信網のオーバーレイ領域から同期通信網領域へ移動する場合、非同期-同期モード切替が必要となる。モード切替の従来手法によると、移動通信端末がオーバーレイ領域を完全に離れて非同期通信網との呼が断絶された後に同期通信網との接続のためのモデムを起動していた。そのため、モード切替時に約20秒以上の時間がかかって通信が断絶されるという短所があった。)
(第3頁第1行目乃至第10行目)

c.「The intensity of the signal from the asynchronous network can be obtained based on a ratio (expressed as Ec/Io; Energy of Carrier/Interference of Others) of the signal intensity of the pilot channel to the magnitude of all received noise, a receive (Rx) power expressed as RSSI (Received Signal Strength Indicator), a Received Signal Code Power (RSCP), etc.
From among those parameters, Ec/Io excessively changes according to the surrounding radio environments. In contrast, RSSI and RSCP have a nearly constant threshold value because RSSI is a receive power of the mobile communication terminal and RSCP is a value obtained through the decoding of the signal received by the mobile communication terminal.
Therefore, the present invention employs RSSI or RSCP instead of Ec/Io in measuring the signal intensity. Hereinafter, a method using RSCP will be described, although the same method can be applied to RSSI also. 」
(当審仮訳:該非同期通信網の信号強度は、すべての受信雑音の大きさに対するパイロットチャンネルの信号強度の比率(Ec/Io(Energy of Carrier/Interference of Others)で示される、キャリア電力/他の干渉)、RSSI(受信信号強度指標)で示す受信(Rx)強度、受信信号コード電力(RSCP)などに基づいて得ることができる。それらのパラメータにおいて、Ec/Ioは周辺の無線環境によって過度に変動する短所がある。対照的に、RSSIは移動通信端末の受信電力であり、RSCPは移動通信端末が受信信号の復号によって得られた値であるため、RSSI及びRSCPはほぼ一定の閾値を有する。よって、本発明では信号強度の測定にEc/Ioを用いずにRSSI又はRSCPを用いる。以下、RSCPを用いる方法を説明するが、同じ方法はRSSIに適用されることができる。 )
(第12頁第13行目乃至25行目)

d.「FIG. 7 is a flowchart of a method for mode switching according to the second embodiment of the present invention.
Referring to FIG. 7, when the mobile communication terminal 400 is in a traffic state in the area of the asynchronous communication network 100 (step S110), the main processor 443 determines if RSCP has a value lower than the preset threshold value TH (step S120).
When it is determined in step S120 that RSCP has a value lower than the preset threshold value TH, the main processor 443 determines if the state in which RSCP has a value lower than the preset threshold value TH is maintained during a predetermined time interval T(step S130). When it is determined in step S130 that the state in which RSCP has a value lower than the preset threshold value TH is maintained during a predetermined time interval T, the main processor 443 monitors a BLock Enor Rate (BLER) which indicates the rate of defective blocks per second received at the radio end (step S140).
Then, when it is determined in step S150 that the BLER monitored in step S140 exceeds a preset threshold value (e.g. about 10%), the main processor 443 operates the synchronous modem 434 in order to prepare communication with the synchronous communication network 200 (step S160).
Here, steps S140 and S150 may be omissible because they are necessary only to compensate for and are not indispensable in the second embodiment of the present invention. In the case where steps S140 and S150 are omitted, when it is determined in step S130 that the state in which RSCP has a value lower than the preset threshold value TH is maintained during a predetermined time interval T, the main processor 443 operates the synchronous modem 434 in order to prepare communication with the synchronous communication network 200 (step S160).
In this case, even after operating the synchronous modem 434, the main processor 443 does not attempt registration of the synchronous communication network 200. Further, the main processor 443 determines if the asynchronous mode call currently in a traffic state has ended or not (step S 170).
When it is determined in step S170 that the traffic state of the asynchronous mode call has been ended, the main processor 443 determines if the mobile communication terminal 400 is located within the area of the asynchronous communication network 100 in order to go into an idle state (step S180). When it is determined in step S180 that the mobile communication terminal 400 is located within the area of the asynchronous communication network 100, the main processor goes into the asynchronous mode idle state (step S190) in which the synchronous modem 434 operated in step S160 is inactivated.
However, when it is determined in step S180 that the mobile communication terminal 400 is not located within the area of the asynchronous communication network 100, which means that the mobile communication terminal 400 is located within the area of the synchronous communication network, the main processor 443 goes into the synchronous mode idle state (step S181) in which the asynchronous modem 424 is inactivated.
Meanwhile, when it is determined in step S170 that the traffic state of the asynchronous mode call has not ended yet, the main processor 443 determines if the radio link with the asynchronous communication network 100 has been released or not (step S171). Specifically, the main processor 443 determines whether the mobile communication terminal 400 has escaped from the area of the asynchronous communication network 100, and performs mode switching into the synchronous mode through the synchronous modem 434 started its operation in step S160 when it is determined that the mobile communication terminal 400 has escaped from the area of the asynchronous communication network 100 (step S172).
Then, the main processor 443 determines if the call has been ended or not (step S173). When it is determined in step S173 that the call has been ended, the main processor 443 performs step S180 and determines if the mobile communication terminal 400 is currently located within the area of the asynchronous communication network 100 in order to go into the idle state. When it is determined in step S180 that the mobile communication terminal 400 is located within the area of the asynchronous communication network 100, the main processor goes into the asynchronous mode idle state (step S190) in which the synchronous modem 434 started its operation in step S160 is inactive.
However, when it is determined in step S180 that the mobile communication terminal 400 is not located within the area of the asynchronous communication network 100, which means that the mobile communication terminal 400 is located within the area of the synchronous communication network, the main processor 443 goes into the synchronous mode idle state (step S181) in which the asynchronous modem 424 is inactivated.
Then, when it is determined in step S171 that the radio link with the asynchronous communication network 100 has not been released, the main processor 443 determines if the RSCP has a value exceeding a preset threshold value TH or not in order to determine if the mobile communication terminal 400 is currently located within the area of the asynchronous communication network 100 or not (step S174). When it is determined in step S174 that the RSCP has a value exceeding the preset threshold value TH, the main processor 443 determines that the mobile communication terminal 400 is currently located within the area of the asynchronous communication network 100 and turns off the currently operating synchronous modem 434 (step S175), and then proceeds to step S170.
Although the previous embodiment has been described by using the parameter RSCP of the received signal code power as an example, the same can be said in steps S20, S120 and S174 by using the power value RSSI of the received signal itself instead of the RSCP. 」
(当審仮訳:図7は、本発明の第2実施例によるモード切替方法のフローチャートである。
図7を参照すると、非同期通信網100の領域で移動通信端末機400がトラフィック状態にある時(S110)、メインプロセッサー443はRSCP値が予め設定された閾値TH以下であるか否かを判断する(S120)。
段階S120において、RSCP値が予め設定された上記閾値TH以下であると判断されると、メインプロセッサー443は、RSCP値が予め設定された上記閾値TH以下である状態が、予め設定された基準時間Tの間維持されるか否かを判断する(S130)。
段階S130において、RSCP値が予め設定された上記閾値TH以下である状態が、予め設定された基準時間ΔTの間維持されると判断された場合、メインプロセッサー443で無線端で受信された秒毎の受信ブロックが有するブロックエラーの割合(BLER)をモニタする(S140)。
そして、段階S140でモニタリングされたBLER値が、予め設定された閾値(、例えば約10%)以上であると判断(S150)されると、メインプロセッサー443は同期通信網200との通信に備えるために同期モデム部434を起動する(S160)。
ここで、段階S140及びS150は、本発明の第2実施例を単に補完するためのものであり、必須なものではないため、段階S140及びS150は省略してもよい。段階S140及びS150が省略される場合は、段階S130において、RSCP値が予め設定された閾値TH以下である状態が、予め設定された基準時間Tの間維持されると判断されると、メインプロセッサー443は同期通信網200と通信するための同期モデム部434を起動する(S160)。
この時、同期モデム部434を起動しても同期通信網200への登録を試みはしない。そして、メインプロセッサー443は現在のトラフィック状態である非同期モードの呼が終了したか否かを判断する(S170)。
上記段階S170で非同期モードの呼が終了したと判断されると、メインプロセッサー443はアイドル状態に入るために、移動通信端末400が非同期通信網100の領域内であるか否かを判断する(S180)。
段階S180で移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していると判断されると、メインプロセッサーは非同期モードアイドル状態に移行(S190)し、この時には段階S160で起動された同期モデム部434は非活性化される。
しかし、段階S180で移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していないと判断されると、同期通信網の領域内に位置しているということなので、メインプロセッサー443は同期モードにおけるアイドル状態に移行し(S181)、この時には非同期モデム部424が非活性化される。
一方、段階S170で非同期モードの呼が終了していないと判断されると、メインプロセッサー443は非同期通信網100との無線リンクが解除されたか否かを判断する(S171)。即ち、メインプロセッサー443が、移動通信端末400が非同期通信網100の領域を離れたかを判断し、その判断の結果、移動通信端末400が非同期通信網100の領域を離れたと判断されると、段階S160で起動した同期モデム部434を介して同期モードにモード切替を行う(S172)。
そして、メインプロセッサー443は呼が終了したか否かを判断する(S173)。段階S173で呼が終了したと判断されると、メインプロセッサー443は段階S180に進み、移動通信端末400がアイドル状態に移行して、非同期通信網100の領域内に、現在、位置しているか否かを判断する。段階S180で移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していると判断されると、メインプロセッサーは非同期モードアイドル状態に移行(S190)し、この時には段階S160で起動した同期モデム部434は非活性化される。しかし、段階S180で移動通信端末400の現在位置が非同期通信網100の領域内に位置していないと判断されると、同期通信網の領域内に位置しているということなので、メインプロセッサー443は同期モードにおけるアイドル状態に移行し(S181)、この時には非同期モデム部424が非活性化される。
その後、段階S171で非同期通信網の無線リンクが解除されていないと判断されると、メインプロセッサー443は移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置しているか否かを判断するために、RSCP値が予め設定された閾値TH以上であるか否かを判断する(S174)。
段階S174において、RSCP値が予め設定された上記閾値TH以上であると判断されると、メインプロセッサー443は移動通信端末400が非同期通信網100の領域内位置していると判断し、現在起動中の同期モデム部434をオフにし(S175)、段階S170へ進む。
上述した実施例では受信信号コード電力(RSCP)を例として説明したが、上記段階S20、S120、S174で受信信号コード電力の代わりに受信信号自体の電力値(RSSI)を用いても同じく具現することができる。 )
(第14頁第2行目乃至第16頁第17行目)

上記a?dの記載を総合すれば、引用文献1には、以下の発明(以下、「引用発明1」という)が記載されている。
「 非同期移動通信網と同期移動通信網とのモード切替を行うことができるマルチモード-マルチバンド移動通信端末のモード切替方法に関し、
非同期通信網100の領域で移動通信端末機400がトラフィック状態にある時(S110)、メインプロセッサー443はRSCP値が予め設定された閾値TH以下であるか否かを判断し(S120)、
段階S120において、RSCP値が予め設定された上記閾値TH以下であると判断されると、メインプロセッサー443は、RSCP値が予め設定された上記閾値TH以下である状態が、予め設定された基準時間Tの間維持されるか否かを判断し(S130)、
段階S130において、RSCP値が予め設定された閾値TH以下である状態が、予め設定された基準時間Tの間維持されると判断されると、メインプロセッサー443は同期通信網200と通信するための同期モデム部434を起動し(S160)、
そして、メインプロセッサー443は現在のトラフィック状態である非同期モードの呼が終了したか否かを判断し(S170)、
上記段階S170で非同期モードの呼が終了したと判断されると、メインプロセッサー443はアイドル状態に入るために、移動通信端末400が非同期通信網100の領域内であるか否かを判断(S180)し、
段階S180で移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していると判断されると、メインプロセッサーは非同期モードアイドル状態に移行(S190)し、この時には段階S160で起動された同期モデム部434は非活性化され、
しかし、段階S180で移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していないと判断されると、同期通信網の領域内に位置しているということなので、メインプロセッサー443は同期モードにおけるアイドル状態に移行し(S181)、この時には非同期モデム部424が非活性化される
マルチモード-マルチバンド移動通信端末のモード切替方法。」

3-2.引用文献2
本願の優先日前に公開された特開2004-180297号公報(以下、「引用文献2」という。)には、図面とともに、次のeの事項が記載されている。なお、下線は当審が付した。

e.「【0053】
図4は本発明の一実施形態の動作を示すフローチャートである。ステップ2において、この装置は待機モードに切り換えられ、ステップ4において、装置がキャンプオンしている第1のネットワークの監視が開始される。ステップ5においては信号品質Q1が決定される。次いでステップ20において、信号品質Q1と閾値T1との比較が行われる。
【0054】
ステップ20において、信号品質Q1が閾値T1よりも大きなことが確認された場合、ステップ4に戻って第1のネットワークの監視、ステップ5での、信号品質Q1の決定、ステップ20における信号品質Q1と閾値T1との比較が繰り返される。
【0055】
ステップ20において、信号品質Q1が閾値T1を下回ることが確認された場合、ステップ22で閾値T2と信号品質Q1の比較が行われる。
【0056】
ステップ22において、信号品質Q1が閾値T2以下であることが確認された場合には、ステップ6において第2のネットワークの監視が開始される。続くステップ7では、信号品質Q2の決定が行われ、ステップ8において信号品質Q2が信号品質Q1と比較される。ステップ10で最良のネットワークが選択され、ステップ11においてステップ10で選択されたネットワーク上にキャンプオンする。これは、いずれかのネットワークについて、ステップ4、5、20、22に類似するループに入ることを含み、判断ステップ20、22中の閾値は、選択されたネットワークに基づいて設定される。」

上記のeの記載及び技術常識を総合すれば、引用文献2には、以下の事項が記載されている。

「 ステップ4において、第1のネットワークの監視が開始され、
ステップ5において、信号品質Q1が決定され、
ステップ20において、信号品質Q1と閾値T1との比較が行われ、信号品質Q1が閾値T1を下回ることが確認された場合、ステップ22で閾値T2と信号品質Q1の比較が行われ、
ステップ22において、信号品質Q1が閾値T2以下であることが確認された場合には、ステップ6において第2のネットワークの監視が開始され、
続くステップ7では、信号品質Q2の決定が行われ、
ステップ8において信号品質Q2が信号品質Q1と比較され、
ステップ10で最良のネットワークが選択される
ネットワーク選択方法。」


4.対比
本願本願発明と引用発明1とを対比すると、以下のことがいえる。

引用発明1は、「非同期移動通信網と同期移動通信網とのモード切替を行うことができるマルチモード-マルチバンド移動通信端末のモード切替方法」である。
引用発明1のマルチモード-マルチバンド移動通信端末は、非同期移動通信網と通信するたの複数の通信インターフェース及び同期移動通信網と通信するための通信インターフェースを有していること、及び、モード切替という通信サービスが提供されていることは明らかである。
してみると、引用発明1は、本願発明と同様に、「複数の通信インタフェースを有する移動局に通信サービスを提供する方法」であるといえる。

引用発明1は、「段階S180で移動通信端末400の現在位置が非同期通信網100の領域内であると判断されると、メインプロセッサーは非同期モードアイドル状態に移行(S190)し、この時には段階S160で起動された同期モデム部434は非活性化され、」「段階S180で移動通信端末400の現在位置が非同期通信網100の領域内でないと判断されると、同期通信網の領域内であるということなので、メインプロセッサー443は同期モードにおけるアイドル状態に移行し(S181)、この時には非同期モデム部424が非活性化される」。
引用発明1のモデム部は通信インタフェースに相当し、引用発明1は、「各通信インタフェースはアクティブな電力モードと非アクティブな電力モードとを有し」ているといえる。
また、モデム部が活性化されている状態と非活性化されている状態とを比較すると、モデム部が活性化されている状態の方が非活性化されている状態よりもその消費電力が高いことは明らかである。
してみると、引用発明1は、本願と同様に、「各通信インタフェースはアクティブな電力モードと非アクティブな電力モードとを有し、前記アクティブな電力モードの通信インタフェースの電力消費量は、前記非アクティブな電力モードの前記通信インタフェースの電力消費量よりも高い」ものであるといえる。

引用発明1は、「非同期通信網100の領域で移動通信端末機400がトラフィック状態にある時(S110)、メインプロセッサー443はRSCP値が予め設定された閾値TH以下であるか否かを判断し(S120)」ている。
このため、引用発明1の移動通信端末機が有している非同期通信網で通信を行うための通信インタフェースは、アクティブな電力モードにあり、通信サービスを提供しているといえる。
また、非同期通信網で通信を行うための通信インタフェースを第1の通信インタフェースと言い得る。
さらに、予め設定された閾値TH以下であるか否かを判断するためのRSCP値を評価・決定されているといえ、RSCP値は通信サービスレベルといえることから、通信サービスを評価しているといえる。
してみると、引用発明1は、本願と同様に、「前記アクティブな電力モードにあり、且つ通信サービスを提供している、第1の通信インタフェースの通信サービスレベルを評価し」ているといえる。

引用発明1は、「段階S130において、RSCP値が予め設定された閾値TH以下である状態が、予め設定された基準時間Tの間維持されると判断されると、メインプロセッサー443は同期通信網200と通信するための同期モデム部434を起動し(S160)」ている。
同期通信網で通信を行うための通信インタフェースを第2の通信インタフェースと言い得る。
また、モデム部を起動することで、モデム部が非アクティブな電力モードからアクティブな電力モードに変更されること、及び、これによって、モデム部がアクティブとなることは通常のことである。
してみると、引用発明1は、本願と同様に、「第2の通信インタフェースを、前記第2の通信インタフェースを前記非アクティブな電力モードから前記アクティブな電力モードに変更することによって、アクティブにし」ているといえる。

引用発明1は、「段階S180で移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していると判断されると、メインプロセッサーは非同期モードアイドル状態に移行(S190)し、この時には段階S160で起動された同期モデム部434は非活性化され」、「段階S180で移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していないと判断されると、同期通信網の領域内に位置しているということなので、メインプロセッサー443は同期モードにおけるアイドル状態に移行し(S181)、この時には非同期モデム部424が非活性化される」。
本願発明の「通信サービスレベルの前記比較が、前記第2の通信インタフェースが前記第1の通信インタフェースよりも高い通信サービスレベルを提供することができることを示す場合」を、ある条件を満たす場合と言い得ることができることは明らかであるとともに、引用発明1の「移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していると判断される」ことも、ある条件を満たす場合と言い得ることができることは明らかである。
そして、満たされる条件は別として、引用発明1における、ある条件を満たさない場合、「同期モードにおけるアイドル状態に移行し(S181)、この時には非同期モデム部424が非活性化される」ことが、本願発明における、ある条件を満たす場合、「前記第1の通信インタフェースを、前記アクティブな電力モードから前記非アクティブな電力モードに変更することによって、前記第1の通信インタフェースを非アクティブにし、且つ前記第2の通信インタフェースを介して通信サービスを提供」することに相当し、引用発明1における、ある条件を満たす場合、「メインプロセッサーは非同期モードアイドル状態に移行(S190)」することが、本願発明の「さもなければ、前記第1の通信インタフェースを介して通信サービスを提供することを継続する」に相当する。
してみると、引用発明1は、ある条件を満たす場合、「前記第1の通信インタフェースを、前記アクティブな電力モードから前記非アクティブな電力モードに変更することによって、前記第1の通信インタフェースを非アクティブにし、且つ前記第2の通信インタフェースを介して通信サービスを提供し、さもなければ、前記第1の通信インタフェースを介して通信サービスを提供することを継続する」点で、本願発明で一致する。

引用発明1は、「RSCP値が予め設定された閾値TH以下である状態が、予め設定された基準時間Tの間維持されると判断されると、メインプロセッサー443は同期通信網200と通信するための同期モデム部434を起動し」している。
してみると、引用発明1は、本願と同様に、「前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルが所定の閾値未満に低下する場合、第2の通信インタフェースをアクティブにし」ているといえる。

したがって、本願発明と引用発明1の間には、以下の一致点、相違点があるといえる。

(一致点)
「 複数の通信インタフェースを有する移動局に通信サービスを提供する方法であって、各通信インタフェースはアクティブな電力モードと非アクティブな電力モードとを有し、前記アクティブな電力モードの通信インタフェースの電力消費量は、前記非アクティブな電力モードの前記通信インタフェースの電力消費量よりも高い、方法であって、
前記アクティブな電力モードにあり、且つ通信サービスを提供している、第1の通信インタフェースの通信サービスレベルを評価し、
第2の通信インタフェースを、前記第2の通信インタフェースを前記非アクティブな電力モードから前記アクティブな電力モードに変更することによって、アクティブにし、
ある条件を満たす場合、前記第1の通信インタフェースを、前記アクティブな電力モードから前記非アクティブな電力モードに変更することによって、前記第1の通信インタフェースを非アクティブにし、
且つ
前記第2の通信インタフェースを介して通信サービスを提供し、
さもなければ、前記第1の通信インタフェースを介して通信サービスを提供することを継続する
ことを含み、
前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルが所定の閾値未満に低下する場合、第2の通信インタフェースをアクティブにする、方法。」

(相違点1)
第2の通信インタフェースを介して通信サービスを提供するか、さもなければ、第1の通信インタフェースを介して通信サービスを提供することを継続するかの判断の基準となる「ある条件を満たす場合」を、本願発明では、「通信サービスレベルの前記比較が、前記第2の通信インタフェースが前記第1の通信インタフェースよりも高い通信サービスレベルを提供することができることを示す場合」としているのに対して、引用発明1では、「移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していないと判断される」場合としている点。

(相違点2)
第2の通信インタフェースを介して通信サービスを提供するか、さもなければ、第1の通信インタフェースを介して通信サービスを提供することを継続するかの判断を行うために、本願発明は、「前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの通信サービスレベルを評価し」、「前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルと、前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの前記通信サービスレベルとの比較を行」うと共に、「前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルが所定の閾値未満に低下する場合、通信サービスレベルを評価し、前記通信サービスレベルの比較を行なう前記ステップが行なわれる」のに対して、引用発明1は、このような構成を有していない点。


4.当審の判断
上記相違点1及び2について、以下、検討する。

引用発明1のある「条件を満たす場合」は「移動通信端末400が非同期通信網100の領域内に位置していないと判断される」場合であるが、特定の移動通信網の領域内か他の移動体通信網の領域内かを判断する具体的な方法としては、GPSなどを用いて移動通信端末の位置を検出し、検出された位置と移動体通信網の領域の位置情報とを比較して、移動体通信網の領域内かを判断する方法や、特定の移動通信網の通信サービスレベル及び他の移動通信網の通信サービスレベルをそれぞれ評価・比較し、特定の移動通信網の通信サービスレベルの方が高く、他の移動通信網の通信サービスレベルの方が低ければ、特定の移動通信網の領域の内(他の移動体通信網の領域の外)に位置すると判断し、特定の移動通信網の通信サービスレベルの方が低く、他の移動通信網の通信サービスレベルの方が高ければ、他の移動体通信網の領域の内(特定の移動通信網の領域の外)に位置すると判断する方法などが、当業者にとって周知である。

そして、引用文献2には、
「 ステップ4において、第1のネットワークの監視が開始され、
ステップ5において、信号品質Q1が決定され、
ステップ20において、信号品質Q1と閾値T1との比較が行われ、信号品質Q1が閾値T1を下回ることが確認された場合、ステップ22で閾値T2と信号品質Q1の比較が行われ、
ステップ22において、信号品質Q1が閾値T2以下であることが確認された場合には、ステップ6において第2のネットワークの監視が開始され、
続くステップ7では、信号品質Q2の決定が行われ、
ステップ8において信号品質Q2が信号品質Q1と比較され、
ステップ10で最良のネットワークが選択される
ネットワーク選択方法。」、
すなわち、
現在、監視しているネットワークが信号品質Q1が閾値以下となると、監視していなかった、もう一方のネットワークの信号品質Q2を決定し、Q1とQ2とを比較して最良のネットワークを選択すること、
が記載されており、該記載を当業者が見れば、引用文献2において、Q1とQ2とを比較することは、最良のネットワークを選択するために、第1のネットワークの領域と第2のネットワークの領域のいずれの領域内に位置しているかを判断することに他ならないと、当然に理解するものである。

そして、引用文献2に記載された「現在、監視しているネットワークが信号品質Q1が閾値以下となると、監視していなかった、もう一方のネットワークの信号品質Q2を決定し、Q1とQ2とを比較」 することは、本願発明1の「前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの通信サービスレベルを評価し」、「前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルと、前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの前記通信サービスレベルとの比較を行い」、「前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルが所定の閾値未満に低下する場合」、「通信サービスレベルを評価し、前記通信サービスレベルの比較を行なう前記ステップが行なわれる」ことに相当する。

してみると、引用発明1において、移動局が第1の通信インタフェースを用いる非同期通信網の領域内に位置していないことを判断する具体的な方法として、「通信サービスレベルの前記比較が、前記第2の通信インタフェースが前記第1の通信インタフェースよりも高い通信サービスレベルを提供することができることを示す」場合とする判断方法とし、そのために、「前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの通信サービスレベルを評価し」、「前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルと、前記アクティブにされた第2の通信インタフェースの前記通信サービスレベルとの比較を行」いと共に、「前記第1の通信インタフェースの前記通信サービスレベルが所定の閾値未満に低下する場合、第2の通信インタフェースをアクティブにし、通信サービスレベルを評価し、前記通信サービスレベルの比較を行なう前記ステップが行なわれる」ようにすることは、当業者であれば容易になし得る事項であるといえる。

そして、本願発明の奏する作用効果は、引用発明1及び引用文献2に記載された事項から予測できる範囲内のものであって、格別のものということができない。

よって、本願発明は、引用発明1及び引用文献2に記載された事項に基いて、当業者が容易に発明することができたものである。


5.むすび
以上のとおりであるから、本願発明は、引用発明1及び引用文献2に記載された事項に基いて、当業者が容易に発明することができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

したがって、本願は、他の請求項に係る発明について検討するまでもなく、拒絶すべきものである。

よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2014-04-08 
結審通知日 2014-04-15 
審決日 2014-04-30 
出願番号 特願2009-529325(P2009-529325)
審決分類 P 1 8・ 121- WZ (H04W)
P 1 8・ 537- WZ (H04W)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 石田 紀之  
特許庁審判長 水野 恵雄
特許庁審判官 佐藤 聡史
江口 能弘
発明の名称 複数の通信インタフェースを有する移動局の非アクティブな通信インタフェースの電力効率的な起動の方法  
代理人 佐藤 立志  
代理人 蔵田 昌俊  
代理人 堀内 美保子  
代理人 竹内 将訓  
代理人 福原 淑弘  
代理人 井関 守三  
代理人 河野 直樹  
代理人 砂川 克  
代理人 峰 隆司  
代理人 中村 誠  
代理人 岡田 貴志  
代理人 野河 信久  
代理人 幸長 保次郎  
代理人 白根 俊郎  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ