• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 H04W
審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 H04W
管理番号 1296020
審判番号 不服2013-12105  
総通号数 182 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2015-02-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2013-06-26 
確定日 2015-01-05 
事件の表示 特願2011-518891「ワイヤレス通信デバイスにおけるグループ通信の優先順位付け」拒絶査定不服審判事件〔平成22年 1月21日国際公開、WO2010/009265、平成23年11月17日国内公表、特表2011-528542〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 1.手続の経緯
本願は、平成21年7月15日(パリ条約による優先権主張 2008年7月15日(US)アメリカ合衆国、2009年3月24日(US)アメリカ合衆国、2009年4月6日(US)アメリカ合衆国)を国際出願日とする出願であって、平成25年2月19日付けで拒絶査定がなされ、これに対し、同年6月26日に拒絶査定に対する審判請求がなされるとともに、手続補正がなされたものである。

2.平成25年6月26日付けの手続補正についての補正却下の決定
[補正却下の決定の結論]
平成25年6月26日付けの手続補正を却下する。

[理由]
2-1.補正後の本願発明
本件補正により、特許請求の範囲の請求項1は、
「ワイヤレス通信システム内の所定のアクセス端末において、第1のサーバ調停グループ通信セッションから第2のサーバ調停グループ通信セッションへと切り替える方法において、
前記所定のアクセス端末が前記第1のグループ通信セッションに参加しているときに、前記第2のグループ通信セッションをアナウンスするアナウンスメッセージを前記所定のアクセス端末において受信することと、
前記第1および第2のグループ通信セッションにそれぞれ関係する優先度レベルを獲得することと、
前記第1のグループ通信セッションの優先度レベルと前記第2のグループ通信セッションの優先度レベルとを比較することにより、前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信セッションへと切り替えるか否かを、前記所定のアクセス端末により、決定することと、
前記決定することに基づいて、前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信セッションへと選択的に切り替えることとを含む方
法。」
と補正された。(この記載事項により特定される発明を以下、「本願補正発明」という。)
本件補正は、補正前の「前記1つ以上の優先度レベルに基づいて、前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信セッションへと切り替えるか否かを、前記所定のアクセス端末により、決定することと」とあるのを、「前記第1のグループ通信セッションの優先度レベルと前記第2のグループ通信セッションの優先度レベルとを比較することにより、前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信セッションへと切り替えるか否かを、前記所定のアクセス端末により、決定することと」と限定するものであるから、特許法第17条の2第5項第2号の特許請求の範囲の減縮を目的とするものである。
そこで、本願補正発明が特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるか(特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第5項の規定に適合するか)について以下に検討する。

2-2.引用例
原査定の拒絶の理由に引用された国際公開第2007/098331号
(以下、「引用例」という。)には、図面とともに以下の記載がなされている。

(1)「(57)Abstract: A system and method enable a wireless device
to support simultaneously multiple push-to-talk(PTT) communications and interrupt certain PTT communication with higher priority ones.
A user (302) subscribes to multiple PTT communication groups (314,
316) and designates one of the groups as the primary group. The
wireless device receives and plays PTT communications from the
multiple PTT communication groups and interrupts playing of a PTT
communication from a non-primary group if a PTT communication is
received from the primary PTT communication group.」

(2)「CLAIMS
What is claimed is:
1. A method for enabling a wireless device having an audio device to monitor multiple push-to-talk (PTT) communications on a wireless
network, comprising the steps of: subscribing to multiple PTT
communication groups, each group composed of a plurality of wireless devices capable of communicating with all member devices of the
group; selecting a primary PTT communication group; receiving at
least one PTT communication from a PTT server and playing the at
least one PTT communication on the audio device, wherein the at
least one PTT communications is from either the primary PTT
communication group or a non-primary PTT communication group; and if a PTT communication from a non-primary PTT communication group is
playing on the audio device and a PTT communication from the primary PTT communication group is received, interrupting the PTT
communication from the non-primary PTT communication group and
playing the received PTT communication from the primary PTT
communication group on the audio device of the wireless device.
2. The method of claim 1 , wherein the wireless device further has a display device further, and the method further comprising the step of, if a primary PTT communication is playing on an audio device and a non-primary PTT communication is received, displaying information about the non-primary PTT communication on a display device.
……
7. The method of claim 2, further comprising the step of receiving
an activity announcement for a PTT communication group.」

(3)「 38. A system for a user device to maintain multiple push-to-talk (PTT) communications with a server in a wireless
communications network, comprising: a server in communication with
the wireless communication network, the server selectively
maintaining multiple PTT communications with a user device through
multiple channels; and a user device capable of communicating with
the server through the wireless communications network, the user
device simultaneously receiving PTT communications from a plurality of PTT communication groups, each group composed of a plurality of
wireless devices capable of communicating with all member devices of the group, wherein the user device interrupts playing of a PTT
communication if a primary PTT communication is received from the
server.」

(4)「[0025] Fig. 1 depicts a communication network 100 used
according to the present invention. The communication network 100
includes one or more communication towers 106, each connected to a
base station (BS) 110 and serving users with communication device
102. The communication device 102 can be cellular telephones,
pagers, personal digital assistants (PDAs), laptop computers, or
other hand-held, stationary, or portable communication devices that support push-to-talk (PTT) communications. The commands and data
input by each user are transmitted as digital data to a
communication tower 106. The communication between a user using a
communication device 102 and the communication tower 106 can be
based on different technologies, such code division multiple access (CDMA), time division multiple access (TDIvIA), frequency division
multiple access (FDMA), the global system for mobile communications (GSM), or other protocols that may be used in a wireless
communications network or a data communications network. The data
from each user is sent from the communication tower 106 to a base
station (BS) 110, and forwarded to a mobile switching center (MSC)
114, which may be connected to a public switched telephone network
(PSTN) 118 and the Internet 120. The MSC 114 may be connected to a
server 116 that supports the PTT feature in the communications
network 100. Optionally, the server 116 may be part of the MSC 114. During a PTT communication, a wireless communication device 102
sends and receives audio data on an assigned communication channel
and control data are sent and received through a data channel. The
server may also suppress transmission of PTT communication to a
particular wireless device upon request from that device.

[0026] In one embodiment, the server 116 includes an application
that supports the PTT feature and is capable of supporting multiple PTT communication groups for each communication device 102, where
one of the PTT communication group is designated as the primary PTT communication group. Communications from a primary PTT communication group may trump communications from non-primary PTT communication
groups within the devices of the group. Use of a primary PTT
communication group may also be restricted to a limited group of
users. All members of a PTT primary communication group can monitor the communications of the group, but, typically, only few will be
able to transmit communications to all members.
[0027] Fig. 2 illustrates a block diagram 200 of a wireless handset 102. The wireless handset 102 includes a controller 202, a storage
unit 204, a display unit 206, an external interface unit 208, a user interface unit 212, a push-to-talk activation unit 210, a
transceiver 214, and an antenna 216. The controller 202 can be
hardware, software, or a combination thereof. The controller 202 is capable of sending a request to transmit a primary PTT communication message to the server 116 when the wireless handset 102 is playing an incoming PTT communication message. The display unit 206 may
display graphical images or information about an incoming PTT
communication to the user. The external interface unit 208 controls hardware, such as speaker, microphone, and display unit, used for
communication with the user. The user interface unit 212 controls
hardware, such as keypad and push-to-talk activation unit 210. The
transceiver 214 transmits and receives radio signals to and from the communication tower 106. The controller 202 interprets commands and data received from the user and the communication network 100. An
audio communication received from a member of the primary PTT
communication group may interrupt a non-primary audio communication that is playing on the speaker of the device. The wireless handset
102 is capable of monitoring multiple PTT communication groups and
may also request communications from a particular PTT communications group be muted, or volume significantly lessened such that the non-primary communication can still be heard faintly in the background
of the primary communication.
[0028] Fig. 3 is a diagram 300 representing interactions between the server (also known as group communication server) 304 and wireless devices 302 during a PTT communication process. A communication does not occur between an initiating wireless device 302 and a server
304 until a user activates a PTT button. The wireless device 302 maybe part of one or more PTT communication groups. In the example of
Fig. 3, the wireless device 302 belongs to two PTT groups, 314 and
316. The wireless device 302 may monitor both groups and communicate with each group separately and independently. Generally, the user
may start a PTT communication with members of a targeted PTT group. The wireless device 302 sends the targeted PTT group information and a PTT communication channel request to the server 304. Upon
receiving the PTT communication channel request and the targeted PTT group information, the server 304 checks the availability of the
PTT communication channel assigned to the targeted PTT group, and
grants the PTT communication channel to the initiating user device
302 if the PTT communication channel is available. After the PTT
communication channel is granted to the initiating wireless device
302, the initiating wireless device 302 can transmit audio
communication to the targeted PTT group 314 through the server 304. Upon receiving the user audio communication, the server 304
identifies the members 306-308 of the PTT communication group 314
that the initiating user device 302 wants to send the audio
communication. The server 304 also broadcasts the audio
communication and image code to each member 306-308 of the PTT
communication group 314. It should be noted that data other than
audio communication can also be sent in a PTT communication, such as video and/or multimedia data. Wireless devices 310-312 that are
member of another PTT communication group 316 to which the wireless device 302 is also a member will not receive any audio communication from the wireless device 302 that is directed toward the PTT
communication group 314.」

引用例のパテントファミリである特表2009-527945号公報の対応する記載は以下のとおりである。

(1’)「(57)【要約】
このシステムと方法は、複数のプッシュ・トゥ・トーク(PTT)通信を同時
にサポートすることができ、かつ、あるPTT通信をより高い優先度のものに
よって中断することができる無線デバイスを提供する。ユーザー(302)は複
数のPTT通信グループ(314と316)に加入し、グループのうちの1つを主要グ
ループとして指定する。この無線デバイスは、複数のPTT通信グループから
PTT通信を受け取ってプレーし、あるPTT通信が主要なPTT通信グループから
受け取られると、主要ではないグループからのPTT通信のプレーを中断す
る。」

(2’)「【特許請求の範囲】
【請求項1】
音声デバイスを有する無線デバイスが無線ネットワーク上で複数のプッ
シュ・トゥ・トーク(PTT)通信をモニターすることを可能にする方法であっ
て、
前記方法は、
各グループがそのグループの全てのメンバーデバイスと通信することが可能な複数の無線デバイスで構成される、複数のPTT通信グループに加入する
ステップと、
主要なPTT通信グループを選択するステップと、
PTTサーバからの少なくとも1つのPTT通信であって前記主要なPTT通信グ
ループもしくは主要でないPTT通信グループのいずれかからの少なくとも1
つのPTT通信を受信し、前記少なくとも1つのPTT通信を前記音声デバイスで
プレーするステップと、
前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信が前記音声デバイスでプ
レーしているときに前記主要なPTT通信グループからのPTT通信が受信された場合、前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信を中断し、受信された前記主要なPTT通信グループからのPTT通信を前記無線デバイスの前記音声デバイスでプレーするステップと、
を備える。
【請求項2】
前記無線デバイスはさらに表示デバイスを有し、さらに前記方法は、前記主要なPTT通信が音声デバイスでプレーしているときに前記主要でないPTT通信が受信された場合、前記主要でないPTT通信に関する情報を前記表示デバ
イスで表示するステップをさらに備えた、請求項1に記載の方法。
……
【請求項7】
PTT通信グループの活動通知を受信するステップをさらに備えた、請求項2に記載の方法。」

(3’)「【請求項38】
無線通信ネットワークにおいてサーバで複数のプッシュ・トゥ・トーク(PTT)通信を維持するユーザーデバイスのためのシステムであって、
前記システムは、
前記無線通信ネットワークと通信し、複数のチャンネルを介してユーザーデバイスとの複数のPTT通信を選択的に維持するサーバと、
前記無線通信ネットワークを介して前記サーバと通信することが可能な
ユーザーデバイスであって、各グループがそのグループの全てのメンバーと通信可能な複数の無線デバイスで構成されている複数のPTT通信グループか
らPTT通信を同時に受信し、前記サーバから主要なPTT通信を受信したときにPTT通信のプレーを中断するユーザーデバイスと、
を備える。」

(4’)「【0015】
図1は、本発明によって使用される通信ネットワーク100を示す。通信ネットワーク100は1つ以上の通信タワー106を含み、そのそれぞれは基地局(BS)110に接続され、また、通信デバイス102でユーザーにサービスを供給する。通信デバイス102は、プッシュ・トゥ・トーク(PTT)通信をサポートする携帯電話、ページャー、携帯情報端末(PDA)、ラップトップコンピュータあるい
はその他の携帯型、固定、あるいはポータブル通信デバイスである。各ユーザーによるコマンドおよびデータの入力は、デジタルデータとして通信タ
ワー106に送信される。通信デバイス102を使用するユーザーと通信タワー106との間の通信は、符号分割多元接続(CDMA)、時分割多元接続(TDMA)、周波
数分割多元接続(FDMA)、グローバル移動体通信システム(GSM)あるいは無線
通信ネットワークやデータ通信ネットワークで使用されるその他のプロトコルなどの異なる技術に基づいてもよい。各ユーザーからのデータは通信タ
ワー106から基地局(BS)110に送られ、移動通信交換局(MSC)114へ転送され、交換局(MSC)は公衆交換電話網(PSTN)118およびインターネット120に接続さ
れている。MSC 114は、通信ネットワーク100においてPTT機能をサポートす
るサーバ116に接続される。オプションとして、サーバ116はMSC 114の一部
であってもよい。PTT通信中、無線通信デバイス102は割り当てられた通信
チャネル上で音声データを送受信し、制御データはデータチャネルによって送受信される。サーバは、また、特定の無線デバイスへのPTT通信の送信
を、その無線デバイスからの要求によって抑制する。
【0016】
1つの実施例では、サーバ116は、PTT機能をサポートし、かつ、各通信デ
バイス102の複数のPTT通信グループをサポートすることができるアプリケーションを含む。そして、複数のPTT通信グループのうちの1つが主要なPTT通
信グループとして指定される。主要なPTT通信グループからの通信は、その
グループデバイス内の主要でないPTT通信グループからの通信を負かす。主
要なPTT通信グループの使用は、また、限定されたユーザーグループに制限
される。主要なPTT通信グループの全メンバーはグループの通信をモニター
することができる。しかし、典型的には、すべてのメンバーに通信を送信することができるのはわずかだけである。
【0017】
図2は、無線ハンドセット102のブロック図200を示す。無線ハンドセット102は、コントローラ202、記憶ユニット204、表示ユニット206、外部インターフェースユニット208、ユーザーインタフェースユニット212、プッシュ・
トゥ・トーク起動ユニット210、トランシーバ214およびアンテナ216を含
む。コントローラ202はハードウェア、ソフトウェアあるいはそれらの組合
せである。コントローラ202は、無線ハンドセット102が入力のPTT通信メッ
セージをプレーしているときに、主要なPTT通信メッセージを送信する要求
をサーバ116に送ることができる。表示ユニット206は、ユーザーに入ってくるPTT通信に関するグラフィックイメージあるいは情報を表示する。外部イ
ンターフェースユニット208は、ユーザーとの通信に使用されるスピーカ、
マイクロホンおよび表示ユニットのようなハードウェアをコントロールす
る。ユーザーインターフェースユニット212は、キーパッドやプッシュ・
トゥ・トーク起動ユニット210のようなハードウェアをコントロールする。
トランシーバ214は通信タワー106との間で無線信号を送受信する。
【0018】
コントローラ202は、ユーザーおよび通信ネットワーク100から受信されたコマンドとデータを解釈する。主要なPTT通信グループのメンバーから受け取
られた音声通信(audio communication)は、デバイスのスピーカでプレーし
ている主要でない音声通信を中断する。無線ハンドセット102は、複数のPTT通信グループをモニターすることができ、また、特定のPTT通信グループか
らの通信をミュートするよう要求することができ、あるいは、主要でない通信が主要な通信の背景の中でまだ小さく聞くことができるようにボリュームを著しく下げるよう要求することができる。
【0019】
図3は、PTT通信プロセスの間における、サーバ(グループ通信サーバとし
ても知られている)304と無線デバイス302の間の相互作用を表わしたダイア
グラム300である。ユーザーがPTTボタンを起動するまでは、最初の無線デバイス302とサーバ304の間の通信は発生しない。無線デバイス302は1つ以上のPTT通信グループの一部である。図3の例では、無線デバイス302は2つのPTT
グループ314と316に属する。無線デバイス302は両方のグループをモニター
し、各グループと個別に独立して通信する。一般に、ユーザーは、目的とするPTTグループのメンバーとのPTT通信を開始する。無線デバイス302は、目
的とするPTTグループ情報およびPTT通信チャンネル要求をサーバ304へ送
る。サーバ304は、PTT通信チャンネル要求と目的とするPTTグループ情報と
を受け取ると、目的とするPTTグループに割り当てられたPTT通信チャンネルの利用可能性をチェックし、PTT通信チャンネルが利用可能であれば、開始
するユーザーデバイス302にPTT通信チャンネルを付与する。開始する無線デバイス302にPTT通信チャンネルが与えられた後、開始する無線デバイス302
は、サーバ304を介して目的とするPTTグループ314に音声通信を送信する。
サーバ304は、ユーザーの音声通信を受信をして、ユーザーデバイス302が音声通信の送信を希望するPTT通信グループ314のメンバー306-308を識別す
る。サーバ304は、さらにPTT通信グループ314の各メンバー306-308に音声通信およびイメージコードを放送する。音声通信以外のビデオおよび/またはマルチメディア・データのようなデータもPTT通信でを送ることができる。
無線デバイス302がメンバーである別のPTT通信グループ316のメンバーであ
る無線デバイス310-312は、無線デバイス302からPTT通信グループ314に向けられた音声通信を受信しない。」

したがって、引用例には次の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されているといえる。

無線デバイスが無線ネットワーク上で複数のプッシュ・トゥ・トーク(PT
T)通信をモニターすることを可能にし、前記無線デバイスが、あるPTT通信
をより高い優先度のものによって中断することができる方法であって、
PTTサーバからの少なくとも1つのPTT通信であって主要なPTT通信グループもしくは主要でないPTT通信グループのいずれかからの少なくとも1つのPTT通信を受信し、前記少なくとも1つのPTT通信をプレーするステップと、
前記無線デバイスのコントローラは、前記主要でないPTT通信グループか
らのPTT通信をプレーしているときに前記主要なPTT通信グループからのPTT
通信が受信された場合、前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信を中断し、受信された前記主要なPTT通信グループからのPTT通信をプレーするステップと、
を備える方法。

2-3.対比
引用発明の「無線デバイス」は、「無線デバイスが無線ネットワーク上で複数のプッシュ・トゥ・トーク(PTT)通信をモニターすることを可能にし、
……」とするものであるから、本願補正発明の「ワイヤレス通信システム内の所定のアクセス端末」に対応する。
引用発明の「主要なPTT通信グループ」もしくは「主要でないPTT通信グ
ループ」のいずれかからの「PTT通信」は、「PTTサーバからの少なくとも1
つのPTT通信であって……」とあるから、本願補正発明の「サーバ調停グル
ープ通信セッション」(「グループ通信セッション」)に対応し、「前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信を中断し、受信された前記主要なPTT通信グループからのPTT通信をプレーする」とするので、「主要でないPTT
通信グループからのPTT通信」及び「主要なPTT通信グループからのPTT通
信」は、それぞれ本願補正発明の「第2のサーバ調停グループ通信セッション」(「第2のグループ通信セッション」)及び「第1のサーバ調停グループ通信セッション」(「第1のグループ通信セッション」)に対応する。
引用発明は「前記無線デバイスが、あるPTT通信をより高い優先度のもの
によって中断することができる方法」であり、「前記無線デバイスのコントローラは、前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信をプレーしているときに前記主要なPTT通信グループからのPTT通信が受信された場合、前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信を中断し、受信された前記主要なPTT通信グループからのPTT通信をプレーする」とするのであるから、本願補正発明の「前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信
セッションへと切り替えるか否かを、前記所定のアクセス端末により、決定すること」と同様に、「無線デバイス」が「主要でないPTT通信グループか
らのPTT通信」の中断と「主要なPTT通信グループからのPTT通信」のプレー
を決定するものである。
したがって、本願補正発明と引用発明とを対比すると、次の点で一致す
る。

ワイヤレス通信システム内の所定のアクセス端末において、第1のサーバ調停グループ通信セッションから第2のサーバ調停グループ通信セッションへと切り替える方法において、
前記所定のアクセス端末が前記第1のグループ通信セッションに参加しているときに、前記第2のグループ通信セッションを前記所定のアクセス端末において受信することと、
前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信セッションへと切り替えるか否かを、前記所定のアクセス端末により、決定することと、
前記決定することに基づいて、前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信セッションへと選択的に切り替えることとを含む方
法。

また次の点で相違する。

相違点1
本願補正発明は「前記所定のアクセス端末が前記第1のグループ通信セッションに参加しているときに、前記第2のグループ通信セッションを前記所定のアクセス端末において受信すること」において受信する「第2のグループ通信セッション」が「第2のグループ通信セッションをアナウンスするアナウンスメッセージ」であるのに対して、引用発明では具体的な特定はされていない点。

相違点2
本願補正発明は「前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグ
ループ通信セッションへと切り替えるか否かを、前記所定のアクセス端末により、決定すること」を、「前記第1および第2のグループ通信セッションにそれぞれ関係する優先度レベルを獲得すること」及び「前記第1のグループ通信セッションの優先度レベルと前記第2のグループ通信セッションの優先度レベルとを比較すること」により行っているのに対して、引用発明ではどのようにして決定するのか具体的な特定はされていない点。

2-4.相違点に対する判断
相違点1について
引用例には、上記「2-2.引用例」の(2)に「7. The method of
claim 2, further comprising the step of receiving an activity
announcement for a PTT communication group.」とあるように、「主要なPTT通信グループ」からではないが、PTT通信グループの活動通知を受信することが記載されている。
「主要なPTT通信グループ」からの場合も同様にすることに困難な点はな
く、「前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信をプレーしているときに前記主要なPTT通信グループからのPTT通信が受信された場合」の「主要なPTT通信グループからのPTT通信」をPTT通信グループの活動通知とすること
で、本願補正発明が「前記所定のアクセス端末が前記第1のグループ通信
セッションに参加しているときに、前記第2のグループ通信セッションを前記所定のアクセス端末において受信すること」において受信する「第2のグループ通信セッション」が「第2のグループ通信セッションをアナウンスするアナウンスメッセージ」であることと同様にすることに、格別の点はな
い。

相違点2について
引用発明は「前記無線デバイスが、あるPTT通信をより高い優先度のもの
によって中断することができる方法」であり、「前記無線デバイスのコントローラは、前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信をプレーしているときに前記主要なPTT通信グループからのPTT通信が受信された場合、前記主要でないPTT通信グループからのPTT通信を中断し、受信された前記主要なPTT通信グループからのPTT通信をプレーする」とするものである。
「より高い優先度」とあることから、引用発明はPTT通信の優先度レベル
に関する情報を得ているはずであり、「より高い優先度」のものがわかるのであるから、比較又はそれと同等の処理が行われているはずである。
したがって、引用発明において、「主要でないPTT通信グループからのPTT通信」及び「主要なPTT通信グループからのPTT通信」の優先度レベルに関する情報を得て、それらを比較することで、「前記主要でないPTT通信グルー
プからのPTT通信を中断し、受信された前記主要なPTT通信グループからのPTT通信をプレーする」ことを決定することで、本願補正発明と同様のものと
することに困難な点はない。

上記のとおり、引用発明において各相違点を本願補正発明のようにすることに困難な点はないから、本願補正発明は、引用発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたもので、特許法第29条第2項の規定により、特許出願の際独立して特許を受けることができない。

2-5.むすび
したがって、本件補正は、特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第5項の規定に違反するので、同法第159条第1項において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものであ
る。

3.本願発明について
平成25年6月26日付けの手続補正は上記のとおり却下されたので、本願の請求項1に係る発明(以下、「本願発明」という。)は、平成25年1月22日付けの手続補正書の特許請求の範囲の請求項1に記載された事項により特定される、以下のとおりのものである。

「ワイヤレス通信システム内の所定のアクセス端末において、第1のサーバ調停グループ通信セッションから第2のサーバ調停グループ通信セッションへと切り替える方法において、
前記所定のアクセス端末が前記第1のグループ通信セッションに参加しているときに、前記第2のグループ通信セッションをアナウンスするアナウンスメッセージを前記所定のアクセス端末において受信することと、
前記第1および第2のグループ通信セッションのうちの1つ以上に関係する1つ以上の優先度レベルを獲得することと、
前記1つ以上の優先度レベルに基づいて、前記第1のグループ通信セッ
ションから前記第2のグループ通信セッションへと切り替えるか否かを、前記所定のアクセス端末により、決定することと、
前記決定することに基づいて、前記第1のグループ通信セッションから前記第2のグループ通信セッションへと選択的に切り替えることとを含む方
法。」

原査定の拒絶の理由に引用された引用例の記載事項は、前記「2-2.引用例」のとおりである。
そして、本願発明は、前記「2-1.補正後の本願発明」のとおり本願補正発明のような限定がないものであるから、本願補正発明と同様、引用発明に基づき当業者が容易に発明をすることができたものである。

以上のとおり、本願発明は、引用発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2014-08-01 
結審通知日 2014-08-05 
審決日 2014-08-18 
出願番号 特願2011-518891(P2011-518891)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (H04W)
P 1 8・ 575- Z (H04W)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 米倉 明日香  
特許庁審判長 江口 能弘
特許庁審判官 佐藤 聡史
加藤 恵一
発明の名称 ワイヤレス通信デバイスにおけるグループ通信の優先順位付け  
代理人 赤穂 隆雄  
代理人 中村 誠  
代理人 蔵田 昌俊  
代理人 幸長 保次郎  
代理人 岡田 貴志  
代理人 白根 俊郎  
代理人 河野 直樹  
代理人 井関 守三  
代理人 野河 信久  
代理人 堀内 美保子  
代理人 佐藤 立志  
代理人 砂川 克  
代理人 竹内 将訓  
代理人 井上 正  
代理人 福原 淑弘  
代理人 峰 隆司  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ