• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 H04Q
審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 H04W
管理番号 1296510
審判番号 不服2013-8940  
総通号数 183 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2015-03-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2013-05-15 
確定日 2014-10-01 
事件の表示 特願2011-510470「無線ピア・ツー・ピア・ネットワークにおける、インフラストラクチャに援助された発見」拒絶査定不服審判事件〔平成21年11月26日国際公開、WO2009/142629、平成23年 7月21日国内公表、特表2011-521590〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯及び本願発明

1.手続の経緯
本願は,
平成20年5月20日(優先権主張 2008年(平成20年)5月19日 米国)を国際出願日とする出願であって,平成24年9月6日付けで拒絶理由が通知され,同年12月10日付けで意見書とともに手続補正書の提出がなされ,平成25年1月8日付けで拒絶査定され,同年5月15日に拒絶査定不服審判の請求がなされたものである。

2.本願発明
本願の請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は,平成24年12月10日付け手続補正書の特許請求の範囲の請求項1に記載された事項により特定される次のとおりのものである(下線は請求人が付与。)。

【請求項1】
遠隔ノードが、アド・ホック無線接続を介して前記遠隔ノードと通信することが可能な別の遠隔ノードを識別する、ことを支援するように動的に自己構成可能な無線トポロジを利用することによって前記遠隔ノードのための無線発見を支援するように構成された処理システム
を備える無線通信のための装置。

第2 引用例等

1.引用発明
原査定の理由に引用され,本件出願の優先権主張日前に公開された米国特許出願公開第2007/0171910号明細書(2007年(平成19年)7月26日米国公開。以下「引用例」という。)には,図面とともに次の事項が記載されている。
(なお,当審訳として,対応する日本語公報特表2009-512282号公報(平成21年3月19日公表)を参考する。)
(下線は当審が付与。以降同様。)

ア 「BACKGROUND
[0002] I. Field
[0003] The present disclosure relates generally to communication, and more specifically to techniques for supporting communication for wireless devices. 」(第1ページ左欄)
(当審訳
背景
I.分野
本開示は概して通信に関し、より詳細には無線装置のための通信をサポートするための技術に関するものである。(【0002】))

イ 「SUMMARY
[0008] Techniques for supporting peer-to-peer (PTP) communication between wireless devices are described herein. The techniques support communication even when WWAN and WLAN are not present. For a peer-to-peer call, a wireless device performs discovery of a target wireless device, performs authentication of the target wireless device and generates a session key, e.g., using a pre-shared key or a certificate provisioned on the wireless device, forms an ad hoc wireless network with the target wireless device, and communicates peer-to-peer with the target wireless device via the ad hoc wireless network. Each of the phases may be performed in various manners. This aspect may also be implemented via a method, apparatus or computer program product. 」(第1ページ左欄)
(当審訳
要約
無線装置間のピアツーピア(PTP)通信をサポートするための技術がここに記述される。当該技術はWWANおよびWLANが存在しない場合における通信をもサポートする。ピアツーピア呼に関して,無線装置は目標の無線装置の探索を実行し,目標の無線装置の認証を実行し,例えば無線装置上に備えられたプレシェアド鍵あるいは認証を使用してセッション鍵を生成し,前記目標の無線装置とのアドホック無線通信網を形成し,このアドホック無線通信網を介して目標の無線装置とピアツーピアで通信する。各工程の各々は種々の方法で実行される。この態様は方法,装置あるいはコンピュータプログラムプロダクトを介して実装される。(【0006】))

ウ 「[0036] Wireless devices 130 may be dispersed throughout the coverage areas of WWAN 110 and WLAN 120 as well as outside the coverage of these wireless networks. For simplicity, only five wireless devices 130a through 130e are shown in FIG.1. A wireless device may be stationary or mobile. A wireless device may also be called, and may contain some or all of the functionality of, a mobile station, a user equipment, a station, a terminal, an access terminal, a subscriber unit, etc. A wireless device may be a cellular phone, a handheld device, a personal digital assistant (PDA), a laptop computer, a wireless modem, a handset, etc.
[0037] A wireless device may be capable of communicating with any number of wireless networks of any radio technologies. For example, a wireless device may be capable of communicating with WWAN 110 and/or WLAN 120. A wireless device may thus be a WWAN device as well as a WLAN station, e.g., a cellular phone with Wi-Fi capabilities.
[0038] A wireless device may be able to communicate with zero, one, or multiple wireless networks at any moment depending on (a) the capabilities of the wireless device and (b) the location of the wireless device, e.g., whether it is located within the coverage of any wireless network. In the example shown in FIG.1, wireless device 130a can communicate with WWAN 110, wireless device 130b can communicate with WLAN 120, wireless device 130c can communicate with both WWAN 110 and WLAN 120, and wireless devices 130d and 130e are outside of the coverage of WWAN 110 and WLAN 120.
[0039] Wireless devices with Wi-Fi capabilities may be able to communicate directly with each other via ad hoc wireless networks. An ad hoc wireless network is a wireless network that may be formed on the fly as needed, typically without a central controlling entity such as an access point, and may be dissolved when no longer needed. An ad hoc wireless network may be formed by, and may include, wireless devices desiring to communicate peer-to-peer with one another.
[0040] Peer-to-peer (PTP) and push-to-talk (PTT) features may be supported in wireless devices using Wi-Fi capabilities. PTT typically involves maintaining a connection so that communication can quickly commence when initiated by a user. The PTP and PTT features may be desirable in various scenarios. For example, a family may visit a mall, and each family member may go to a different store. The family members may be able to keep in touch by calling one other directly using Wi-Fi. As another example, a group may go on a hike where WWAN coverage is not available. The group members may be able to communicate with one another using Wi-Fi.
[0041] The techniques described herein may be used for various types of call between Wi-Fi enabled wireless devices. For example, the techniques may be used for Voice-over-Internet Protocol (VoIP) calls, data calls, video calls, Short Message Service (SMS) messaging, etc. 」(第2ページ右欄?第3ページ左欄)
(当審訳
無線装置130はWWAN110及びWLAN120のカバレージエリアのみならず,これらの無線通信網のカバレージの外部にわたって分散されている。説明を簡単にするために,図1には,5つの無線装置130aから130eのみが示されている。無線装置は固定または移動可能である。移動局,ユーザ装置,局,端末,アクセス端末,加入者ユニット等とも呼ばれ,それらの機能のすべてまたは一部を含んでいる。無線装置はセルラ電話,ハンドヘルド装置,パーソナルデジタルアシスタンツ(PDA),ラップトップコンピュータ,無線モデム,ハンドセットなどである。

無線装置は任意の無線技術を用いる任意の数の無線通信網と通信可能である。例えば,無線装置はWWAN110及び/またはWLAN120と通信可能である。すなわち無線装置はWWAN装置であるととともにWLAN局例えばWi-Fi機能を備えたセルラ電話である。

無線装置は,(a)無線装置の機能と(b)無線装置の位置,例えば,それが無線通信網のカバレージ内にあるかどうか,に応じて,任意のタイミングで0,1,または複数の無線通信網と通信を行うことが可能である。図1に示す例において,無線装置130aはWWAN110と通信可能,無線装置130bはWLAN120と通信可能,無線装置130cはWWAN110及びWLAN120の両方と通信可能であり,無線装置130d及び130eはWWAN110及びWLAN120のカバレージの外部にある。

Wi-Fi機能を備えた無線装置はアドホック無線通信網を介して互いに直接通信を行うことができる。アドホック無線通信網は,概してアクセスポイント等の中央制御エンティティなしに必要に応じてその場で短時間に形成される無線通信網であり,必要がなくなったときには解体される。アドホック無線通信網は互いにピアツーピアで通信することを望む無線装置によって形成されるとともに,それらを含む。

ピアツーピア(PTP)及びプッシュツートーク(PTT)機能はWi-Fi機能を使用する無線装置において支持される。PTTは概して,ユーザによって開始されたときに迅速に通信を開始できるように接続を維持することを行う。PTP及びPTT機能は種々の状況において必要になる。例えば,ある家族がモールを訪れたときに,各家族の一員は異なる店に行くことが考えられる。家族の一員はWi-Fiを使用して相手を直接呼び出すことによって連絡をとることができる。他の例として,あるグループがWWANカバレージが利用できない場所にハイキングにいくとする。このグループはWi-Fiを使用して相手と連絡をとることができる。

ここに記載する技術はWi-Fi機能を備えた無線装置間における各種のタイプの呼(call)に使用されるであろう。例えば,当該技術はボイスオーバインターネットプロトコル(VoIP)呼(cal1s),データ呼,ビデオ呼,ショートメッセージサービス(SMS)メッセージ送信などに対して使用される。(【0017】?【0022】))

エ 「[0104] FIG.3 shows a process 300 for communicating peer-to-peer. A wireless device performs discovery of a target wireless device, e.g., with WWAN and WLAN not present (block 312). The wireless device performs authentication of the target wireless device and generates a session key, e.g., using a pre-shared key or a certificate provisioned on the wireless device (block 314). The wireless device forms an ad hoc wireless network with the target wireless device (block 316) and communicates peer-to-peer with the target wireless device via the ad hoc wireless network using the session key (block 318).
[0105] FIG.4 shows an apparatus 400 for communicating peer-to-peer. Apparatus 400 includes means for performing discovery of a target wireless device (block 412), means for performing authentication of the target wireless device and generating a session key (block 414), means for forming an ad hoc wireless network with the target wireless device (block 416), and means for communicating peer-to-peer with the target wireless device via the ad hoc wireless network using the session key (block 418).
[0106] FIG.5 shows a process 500 for performing discovery with a list of identifiers. A wireless device receives a frame (e.g., a beacon frame or a probe request) from another wireless device (block 512). The wireless device extracts an identifier from the received frame (block 514) and determines whether the extracted identifier is included in the list of identifiers provisioned on the wireless device (block 516). An identifier may be an SSID or some other type of identifier. An identifier may be derived based on (a) a phone number or some other identification information for this wireless device and/or (b) a phone number or some other identification information for the other wireless device. The list may include identifiers for wireless devices designated to communicate with this wireless device. The wireless device sends a response if the extracted identifier is included in the list (block 518). The wireless device may initiate peer-to-peer communication with the other wireless device if the received frame indicates a request for a call (block 520).
[0107] The wireless device may perform background discovery and may periodically send and receive frames for discovery of other wireless devices. Each frame may include an identifier for the sending wireless device. The wireless device may also perform active discovery and may periodically listen for frames but send frames only to discover a target wireless device (e.g., at the start of a call). Each transmitted frame may include an identifier for the target wireless device. For both background and active discoveries, the wireless device may send and/or receive frames during (a) pseudo-randomly selected time intervals or (b) time intervals determined based on timing obtained from a wireless communication network, e.g., a cellular network or a broadcast network.
[0108] FIG.6 shows an apparatus 600 for performing discovery. Apparatus 600 includes means for receiving a frame from another wireless device (block 612), means for extracting an identifier from the received frame (block 614), means for determining whether the extracted identifier is included in a list of identifiers (block 616), means for sending a response if the extracted identifier is included in the list (block 618), and means for initiating peer-to-peer communication with the other wireless device if the received frame indicates a request for a call (block 620).
[0109] FIG.7 shows a process 700 for performing discovery at the start of a peer-to-peer call. A wireless device receives an indication (e.g., from a user) to initiate a peer-to-peer call with a target wireless device (block 712). The wireless device performs discovery of the target wireless device in response to receiving the indication (block 714). The wireless device may send at least one frame (e.g., probe request) identifying the target wireless device. Each transmitted frame may include an identifier for the target wireless device. The wireless device communicates peer-to-peer with the target wireless device for the call (block 716).
[0110] FIG.8 shows an apparatus 800 for performing discovery. Apparatus 800 includes means for receiving an indication to initiate a peer-to-peer call with a target wireless device (block 812), means for performing discovery of the target wireless device in response to receiving the indication (block 814), and means for communicating peer-to-peer with the target wireless device for the call (block 816).
[0111] FIG.9 shows a process 900 for performing discovery using external timing. A wireless device obtains timing from a wireless communication network, e.g., a cellular network, a broadcast network, etc. (block 912). The wireless device monitors for frames from other wireless devices in designated time intervals determined based on the timing from the wireless communication network (block 914). The wireless device may sleep between the designated time intervals and may wake up prior to each designated time interval to monitor for frames from other wireless devices and/or to transmit frames.
[0112] FIG.10 shows an apparatus 1000 for performing discovery. Apparatus 1000 includes means for obtaining timing from a wireless communication network (block 1012), and means for monitoring for frames from other wireless devices in designated time intervals determined based on the timing from the wireless communication network (block 1014).
[0113] FIG.11 shows a process 1100 for performing IP address discovery for a peer-to-peer call. A wireless device forms a packet including a user-specific identifier for a target wireless device (block 1112). The user-specific identifier may be based on (e.g., set to) a phone number or some other identification information for the target wireless device. The wireless device sends the packet to request for an IP address of the target wireless device (block 1114) and receives a response including the IP address of the target wireless device (block 1116). For blocks 1114 and 1116, the wireless device may broadcast the packet to other wireless devices and may receive the response from the target wireless device. Alternatively, the wireless device may send the packet to a server in a wireless network and may receive the response from the server. The wireless device may register with the server, e.g., prior to sending the packet. In any case, the wireless device communicates peer-to-peer with the target wireless device using the IP address (block 1118).
[0114] FIG.12 shows a process 1200 for performing IP address discovery. Apparatus 1200 includes means for forming a packet including a user-specific identifier for a target wireless device (block 1212), means for sending the packet to request for an IP address of the target wireless device (block 1214), means for receiving a response including the IP address of the target wireless device (block 1216), and means for communicating peer-to-peer with the target wireless device using the IP address (block 1218).
[0115] FIG.13 shows a process 1300 for deriving and using an SSID for an ad hoc wireless network. A wireless device determines an SSID based on at least one user-specific identifier for at least one wireless device (block 1312). The wireless device uses the SSID for discovery of one or more wireless devices (block 1314). The at least one wireless device may include this wireless device and/or a target wireless device for a peer-to-peer call. The one or more wireless devices may correspond to the target wireless device (for active discovery) or all wireless devices within the vicinity of this wireless device (for background discovery). The SSID may be derived based on (a) a phone number or some other identification information for this wireless device and/or (b) a phone number or some other identification information for the target wireless device. The wireless device may include the SSID in each frame sent to discover other wireless device(s) and/or may filter received frames based on the SSID.
[0116] FIG.14 shows an apparatus 1400 for deriving and using an SSID for an ad hoc wireless network. Apparatus 1400 includes means for determining an SSID based on at least one user-specific identifier for at least one wireless device (block 1412) and means for using the SSID for discovery of one or more wireless devices (block 1414).
[0117] FIG.15 shows a process 1500 for handling traffic data for a peer-to-peer call. The wireless device ascertains QoS requirements for the peer-to-peer call with a target wireless device (block 1512). The QoS requirements may relate to delay, data rate, etc. The wireless device processes traffic data for the peer-to-peer call in accordance with the QoS requirements (block 1514). For example, the wireless device may mark packets carrying the traffic data using at least one packet header field, e.g., the TOS field in TPv4, the traffic class field in TPv6, or the DS field. The wireless device may also classify the traffic data using APIs. The wireless device may also mark a buffer that stores the traffic data with handling information for the traffic data. The wireless device sends the processed traffic data to the target wireless device (block 1516). 」(第7ページ左欄?第8ページ右欄)
(当審訳
図3は,ピアツーピアでの通信に関するプロセス300を示している。無線装置は例えばWWANおよびWLANが存在しない状況で目標の無線装置の探索を実行する(ブロック312)。無線装置は目標の無線装置の認証を実行して例えば無線装置上に備えられたプレシェアド鍵あるいは認証を用いてセッションキーを生成する(ブロック314)。無線装置は目標の無線装置とのアドホック無線通信網を形成し(ブロック316),セッションキーを使用してアドホック無線通信網を介して目標の無線装置とピアツーピアで通信する(ブロック318)。

図4は,ピアツーピアで通信するための装置400を示している。装置400は目標の無線装置の探索を実行するための手段(ブロック412)と,目標の無線装置の認証を実行してセッションキーを生成するための手段(ブロック414)と,目標の無線装置とともにアドホック無線通信網を形成するための手段と(ブロック416)と,セッションキーを使用してアドホック無線通信網を介して目標の無線装置とピアツーピアで通信するための手段(ブロック418)とを含む。

図5は,識別子のリストでもって探索を実行するためのプロセス500を示している。無線装置は他の無線装置からフレーム(例えばビーコンフレームあるいはプローブ要求)を受信する(ブロック512)。無線装置は受信フレームから識別子を抽出して(ブロック514),抽出した識別子が無線装置上に準備された識別子のリストに含まれているかどうかを決定する(ブロック516)。ここで識別子はSSIDあるいは他のタイプの識別子である。識別子は(a)この無線装置に関する電話番号あるいは他の識別情報及び/または(b)他の無線装置に関する電話番号あるいは他の識別情報,に基づいて抽出される。リストはこの無線装置と通信するように指定された無線装置に関する識別子を含む。抽出された識別子がリスト内に含まれているならば,無線装置は応答を送信する(ブロック518)。受信フレームが呼に対する要求を示すならば,無線装置は他の無線装置とピアツーピアでの通信を開始する(ブロック520)。

無線装置は,バックグラウンド探索を実行するとともに,他の無線装置の探索に関するフレームを周期的に送信および受信する。各フレームは送信無線装置に関する識別子を含んでいる。無線装置はアクティブ探索を実行し,フレームの到着を周期的に検出し,(例えば呼の開始で)目標の無線装置を探索するときだけフレームを送信する。各送信されたフレームは目標の無線装置に関する識別子を含む。バックグラウンド探索およびアクティブ探索の両方の場合において,無線装置は(a)疑似ランダム的に選択された時間間隔,あるいは(b)例えばセルラ通信網あるいはブロードキャスト通信網などの無線通信網から取得したタイミングに基づいて決定された時間間隔にわたって,フレームを送信及び/または受信する。

図6は,探索を実行するための装置600を示している。装置600は他の無線装置からフレームを受信するための手段(ブロック612)と,受信したフレームから識別子を抽出するための手段(ブロック614)と,抽出された識別子が識別子のリスト内に含まれているかどうかを決定するための手段(ブロック616)と,抽出された識別子がリスト内に含まれているときに応答を送信する手段(ブロック618)と,受信したフレームが呼の要求を示している場合に他の無線装置とのピアツーピアでの通信を開始するための手段(ブロック620)とを含む。

図7は,ピアツーピア呼の開始で探索を実行するためのプロセス700を示している。無線装置は目標の無線装置とのピアツーピア呼を開始するために(例えばユーザから)の指示を受信する(ブロック712)。無線装置は当該指示の受信に応答して目標の無線装置の探索を実行する(ブロック714)。無線装置は,目標の無線装置を識別する少なくとも1つのフレーム(例えば探索要求)を送信する。各送信されたフレームは目標の無線装置に関する識別子を含む。無線装置は目標の無線装置とピアツーピアで通信する(ブロック716)。

図8は,探索を実行するための装置800を示している。装置800は目標の無線装置とのピアツーピア呼を開始するためのピアツーピア呼を開始するためのピアツーピア呼を開始するための指示を受信するための手段(ブロック812)と,当該指示の受信に応答して目標の無線装置の探索を実行するための手段(ブロック814)と,当該呼に関する目標の無線装置とピアツーピアで通信するための手段(ブロック816)とを含む。

図9は,外部タイミングを使用して探索を実行するためのプロセス900を示している。無線装置は例えばセルラ通信網,ブロードキャスト通信網などの無線通信網からタイミングを取得する(ブロック912)。無線装置は無線通信網からのタイミングに基づいて決定された指定の時間間隔で他の無線装置からのフレームが到着したか否かを監視する(ブロック914)。無線装置は当該指定の時間間隔間ではスリープ状態にあり,他の無線装置からのフレームの到着を監視するため及び/またはフレームを送信するために各指定の時間間隔に先立ってスリープ状態から目を覚ますことができる。

図10は,探索を実行するための装置1000を示している。装置1000は無線通信網からタイミングを取得するための手段(ブロック1012)と,無線通信網からのタイミングに基づいて決定された指定の時間間隔内に他の無線装置からのフレームの到着を監視するための手段(ブロック1014)とを含む。

図11は,ピアツーピア呼に関するIPアドレスの探索を実行するためのプロセス1100を示している。無線装置は目標の無線装置に関するユーザ特定識別子を含むパケットを生成する(ブロック1112)。ユーザ特定識別子は目標の無線装置に関する電話番号あるいは他の識別情報に基づく(例えば設定される)。無線装置は目標の無線装置のIPアドレスを要求するためにパケットを送信し(ブロック1114),目標の無線装置のIPアドレスを含む応答を受信する(ブロック1116)。ブロック1114及び1116に関して,無線装置は他の無線装置に対してパケットを一斉送信し,目標の無線装置からの応答を受信する。あるいは,無線装置は無線通信網内のサーバに対してパケットを送信し,当該サーバから応答を受信する。無線装置は例えばパケットを送信するに先立ってサーバに登録する。どのような場合においても,無線装置はIPアドレスを使用して目標の無線装置とピアツーピアで通信する(ブロック1118)。

図12は,IPアドレスの探索を実行するためのプロセス1200を示している。装置
2000は目標の無線装置に関するユーザ特定識別子を含むパケットを生成するための手段(ブロック1212)と,目標の無線装置のIPアドレスを要求するためのパケットを送信するための手段(ブロック1214)と,目標の無線装置のIPアドレスを含む応答を受信するための手段(ブロック1216)と,IPアドレスを使用して目標の無線装置とピアツーピアで通信するための手段(ブロック1218)とを含む。

図13は,アドホック無線通信網に関するSSIDを引き出して使用するためのプロセス1300を示している。無線装置は少なくとも1つの無線装置に関する少なくとも1つのユーザ特定識別子に基づいてSSIDを決定する(ブロック1312)。無線装置は1つまたはそれ以上の無線装置の探索のためにSSIDを使用する(ブロック1314)。少なくとも1つの無線装置はこの無線装置及び/またはピアツーピア呼に関する目標の無線装置を含む。1つまたはそれ以上の無線装置は(アクティブ探索に関する)目標の無線装置あるいは(バックグラウンド探索に関する)当該無線装置の周辺にあるすべての無線装置に対応する。SSIDは(a)この無線装置に関する電話番号あるいは他の識別情報及び/または(b)目標の無線装置に関する電話番号あるいは他の識別情報に基づいて引き出される。無線装置は他の無線装置を探索するために送信されたフレーム内のSSIDを含み及び/または当該SSIDに基づいて受信したフレームをフィルタリングする。

図14は,アドホック無線通信網に関するSSIDを引き出して使用するための装置1400を示している。装置1400は少なくとも1つの無線装置に関する少なくとも1つのユーザ特定識別子に基づいてSSIDを決定するための手段(ブロック1412)と,1つまたはそれ以上の無線装置の探索のためにSSIDを使用するための手段(ブロック1414)とを含む。
図15は、ピアツーピア呼に関するトラフィックデータを処理するためのプロセス1500を示している。無線装置は目標の無線装置とのピアツーピア呼に関するQoS要求を確認する(ブロック1512)。QoS要求は遅延、データレートなどに関連する。無線装置はQoS要求にしたがってピアツーピア呼に関するトラフィックデータを処理する(ブロック1514)。例えば、無線装置は例えば、IPv4のTOSフィールド、IPv6のトラフィッククラスフィールドあるいはDSフィールドなどの少なくとも1つのパケットヘッダフィールドを用いてトラフィックデータをもつパケットを区分する。無線装置はAPIを使用してトラフィックデータを分類する。無線装置はまた当該トラフィックデータに関する処理情報をもつトラフィックデータを記憶しているバッファを区分する。無線装置は処理されたトラフィックデータを目標の無線装置に送信する(ブロック1516)。(【0091】?【0104】))

オ 「[0119] FIG.17 shows a block diagram of a design of wireless device 130c, which is capable of communicating peer-to-peer with other wireless devices and also with WWAN 110 and WLAN 120. On the transmit path, traffic data to be sent by wireless device 130c is processed (e.g., formatted, encoded, and interleaved) by an encoder 1722 and further processed (e.g., modulated, channelized, and scrambled) by a modulator (Mod) 1724 in accordance with an applicable radio technology (e.g., for Wi-Fi or WWAN) to generate output chips. A transmitter (TMTR) 1732 then conditions (e.g., converts to analog, filters, amplifies, and upconverts) the output chips and generates a modulated signal, which is transmitted via an antenna 1734.
[0120] On the receive path, antenna 1734 receives signals transmitted by base stations in the WWAN, access points in the WLAN, and/or other wireless devices. A receiver (RCVR) 1736 conditions (e.g., filters, amplifies, downconverts, and digitizes) a received signal from antenna 1734 and provides samples. A demodulator (Demod) 1726 processes (e.g., descrambles, channelizes, and demodulates) the samples and provides symbol estimates. A decoder 1728 further processes (e.g., deinterleaves and decodes) the symbol estimates and provides decoded data. Encoder 1722, modulator 1724, demodulator 1726, and decoder 1728 may be implemented by a modem processor 1720. These units perform processing in accordance with the radio technology or technologies used for communication.
[0121] A controller/processor 1740 controls the operation at wireless device 130c. A memory 1742 store data and program codes for wireless device 130c. Controller/processor 1740 may implement process 300 in FIG.3, process 500 in FIG.5, process 700 in FIG.7, process 900 in FIG.9, process 1100 in FIG.11, process 1300 in FIG.13, process 1500 in FIG.15, and/or other processes for peer-to-peer communication. Controller/processor 1740 may also implement timers that indicate when to sleep, when to send and receive frames for discovery, etc. Memory 1742 may store various types of information such as the PTP list shown in FIG.2. 」(第8ページ右欄?第9ページ左欄)
(当審訳
図17は,他の無線装置及びWWAN110およびWLAN120とピアツーピアで通信可能な無線装置130cの設計のブロック図を示している。通信経路に関して無線装置130cによって送信されるべきトラフィックデータは,(例えばWi-FiあるいはWWANに関する)適用可能な無線技術にしたがって,符号器1722によって処理(例えばフォーマット化,符号化,およびインタリーブ)され,変調器(Mod)1724によってさらに処理(例えば変調,チャネライゼーション,スクランブル)されて出力チップを生成する。送信器(TMTR)1732は次に出力チップを調整(例えばアナログへの変換,フィルタリング,増幅およびアップコンバート)してアンテナ1734を介して送信されるべき変調された信号を生成する。

受信経路において,アンテナ1734はWWANにおける基地局,WLANにおけるアクセスポイント及び/または他の無線装置によって送信された信号を受信する。受信器(RCVR)1736はアンテナ1734から受信した信号を調整(例えばフィルタリング,増幅,ダウンコンバート,デジタル化)してサンプルを提供する。復調器(Dmod)1726は,サンプルを処理(例えばデスクランブル,チャネライゼーション,復調など)してシンボル推定を提供する。復号器1728はさらにシンボル推定を処理(デインタリーブおよび復号)して復号されたデータを提供する。符号器1722,変調器1724,復調器1726,復号器1728はモデムプロセッサ1720によって実装することができる。これらのユニットは無線技術あるいは通信に用いられる技術にしたがって処理を実行する。

コントローラ/プロセッサ1740は無線装置130cでの動作を制御する。メモリ1742はデータ及び無線装置130cに関するプログラムコードを記憶する。コントローラ/プロセッサ1740は図3のプロセス300,図5のプロセス500,図7のプロセス700,図9のプロセス900,図11のプロセス1100,図13のプロセス1300,図15のプロセス1500及び/またはピアツーピア通信に関する他のプロセスを実装する。コントローラ/プロセッサ1740はいつスリープ状態に移行するか,いつ探索のためのフレームを送信して受信するか,などを示すタイマを実装する。メモリ1742は図2に示されるPTPリストなどの種々のタイプの情報を記憶する。(【0106】?【0110】))

カ 「17. An apparatus comprising:
means for receiving at a first wireless device a frame from a second wireless device;
means for extracting an identifier from the received frame;
means for determining whether the extracted identifier is included in a list of identifiers; and
means for sending a response to the second wireless device if the extracted identifier is included in the list.

18. The apparatus of claim 17, further comprising:
means for periodically monitoring for frames from other wireless devices; and
means for periodically sending frames to other wireless devices, each transmitted frame including an identifier for the first wireless device.

19. The apparatus of claim 17, further comprising:
means for sending frames to discover a third wireless device, each transmitted frame including an identifier for the third wireless device, 」(第10ページ左欄)
(当審訳
【請求項17】
装置であって,
第1の無線装置で第2の無線装置からのフレームを受信するための手段と,
前記受信されたフレームから識別子を抽出するための手段と,
前記抽出された識別子が識別子のリストに含まれているかどうかを決定するための手段と,
前記抽出された識別子が前記リスト内に含まれている場合に,前記第2の無線装置に対して応答を送信するための手段と,
を具備する装置。
【請求項18】
他の無線装置からのフレームを周期的に監視するための手段と,
他の無線装置に周期的にフレームを送信するための手段であって,各送信されたフレームは前記第1の無線装置に関する識別子を含む手段と,をさらに含む請求項17に記載の装置。
【請求項19】
第3の無線装置を探索するためのフレームを送信するための手段であって,各送信されたフレームは前記第3の無線装置に関する識別子を含む手段をさらに含む請求項17に記載の装置。(【特許請求の範囲】))

当審注 上記「19.」における「for the third wireless device,」の記載のうち「device,」の「,」(カンマ)は,正しくは「.」(ピリオド)の明かな誤記である。つまり,該「19.」における記載は,正しくは,次のとおりである。
「19. The apparatus of claim 17, further comprising:
means for sending frames to discover a third wireless device, each transmitted frame including an identifier for the third wireless device. 」

以上の記載によれば,引用例には次の発明(以下「引用発明」という。)が開示されているといえる。

装置であって,
無線装置がアドホック無線通信網を介して目標の無線装置とピアツーピアで通信するため,
第1の無線装置で第2の無線装置からのフレームを受信するための手段と,
前記受信されたフレームから識別子を抽出するための手段と,
前記抽出された識別子が識別子のリストに含まれているかどうかを決定するための手段と,
前記抽出された識別子が前記リスト内に含まれている場合に,前記第2の無線装置に対して応答を送信するための手段と,
を具備する装置。

2.周知技術
(1) 周知例1
本件出願の優先権主張日前に頒布された特開2005-64722号公報(平成17年3月10日公開。以下「周知例1」という。)には,図面とともに次の事項が記載されている。

ア 「【技術分野】
【0001】
本発明は通信システム、通信方法、通信端末装置及びその制御方法並びにプログラムに関し、例えばアドホックネットワークシステムに適用して好適なものである。」(第6ページ)

イ 「【発明を実施するための最良の形態】
【0034】
以下図面について、本発明の一実施の形態を詳述する。
【0035】
(1) 本実施の形態によるアドホックネットワークシステムの構成
(1-1) 本実施の形態によるアドホックネットワークシステムの概略構成
図1において、10は全体として本実施の形態によるアドホックネットワークシステムを示し、各ノードA?E、Sがデータの通信開始時にそれぞれ複数の経路を作成し、これら経路をその後のデータ通信時において通信障害が発生したときに切り換えて使用するようになされた点を除いて図12について上述したアドホックネットワークシステム1とほぼ同様の構成を有する。
【0036】
すなわちこのアドホックネットワークシステム10の場合、例えばノードSからノードDにデータを送信するときには、ノードSがノードDを送信先とする経路要求メッセージ20(図3)をブロードキャストする。
【0037】
このときノードS以外の各ノードA?Eは、それぞれ異なる経路を経由して送信されてくる経路要求メッセージ20を逆向き経路を設定しながら重複して受信し、これらを順次ブロードキャストする。この結果ノードSからノードDまでの経路が複数作成される。またこのとき各ノードA?E、Sは、これら作成した各経路を、予め定められた所定の基準に従って優先順位を付けて経路テーブル30(図7)において管理する。」(第10ページ)

ウ 「【0047】
(1-2) 経路発見プロセスにおける各ノードの具体的な処理内容
次に、この経路発見プロセスにおける各ノードA?E、Sの具体的な処理内容について説明する。
【0048】
上述のようにこのアドホックネットワークシステム10では、各ノードA?Eが経路要求メッセージ20を重複して受信することにより、その経路要求メッセージ20の送信元であるノードSまでの経路を複数作成する。
【0049】
しかしながら、このようにノードA?Eが異なる経路を介して伝達されてきた同じ経路要求メッセージを重複して受け取るようにした場合、経路要求メッセージ20がループして、これを中継するノードA?Eが同じ経路要求メッセージ20を何度も受け取る事態が生じるおそれがある。
【0050】
そこでこのアドホックネットワークシステム10では、図16との対応部分に同一符号を付した図3に示すように、従来の経路要求メッセージ2(図16)を拡張して中継ノードリスト21のフィールド(Relay Node Address ♯1?♯n)22を設けるようにし、その経路要求メッセージ20を中継したノードA?Eがこのフィールド22を順次拡張しながら当該拡張したフィールド22内に自己のアドレスを順次記述するようにしている。
【0051】
そしてノードA?Eは、経路要求メッセージ20を受信すると、その経路要求メッセージID(RREQ ID)を調べ、過去に同じ経路要求メッセージIDが付与された経路要求メッセージを受信したことがあり、かつその中継ノードリスト21に自己のアドレスが存在する場合には、その経路要求メッセージ20を破棄する。
【0052】
これによりこのアドホックネットワークシステム10においては、経路要求メッセージ20がノードA?E間でループするのを有効かつ確実に防止することができ、かくして各ノードA?EがノードSまでの複数の経路を適切に作成することができるようになされている。」(第11ページ?第12ページ)

以上の記載によれば,周知例1は,次の技術(以下「周知例1開示技術」という。)を開示しているといえる。

「アドホックネットワークシステムにおいて,ノードSからノードDにデータを送信するときに,ノードSがノードDを送信先とする経路要求メッセージをブロードキャストし,このときノードS以外の各中継ノード(A?E)は,それぞれ異なる経路を経由して送信されてくる経路要求メッセージを逆向き経路を設定しながら重複して受信し,これらを順次ブロードキャストする」技術。

(2) 周知例2
本件出願の優先権主張日前に頒布された特開2007-129542号公報(平成19年5月24日公開。以下「周知例2」という。)には,図面とともに次の事項が記載されている。

ア 「【技術分野】
【0001】
本発明は、複数の無線通信ノード間で相互に通信を行なう無線通信システムにおいて、適当な経路を選択してパケット転送制御を行なう無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
近年、ノート型パーソナルコンピュータやPDAといった移動コンピュータの普及に伴い、これら移動コンピュータを無線によって接続できるネットワークコンピューティング環境への要求が高まっている。このようなネットワークのひとつとしてアドホックネットワークがある。
【0003】
アドホックネットワークは、データの中継を行うための専用のルータが存在せず、各通信端末(以下、これをノードと呼ぶ)がメッセージを無線通信によりルーティングすることによって、移動性、柔軟性及び経済性の高いネットワークを構築し得るようになされたものである。
【0004】
このように全てのノードが無線ネットワークにより接続されたアドホックネットワークにおいては、従来の固定的なネットワークとは異なり、トポロジの変化が非常に頻繁に起こるため、信頼性を確保するための経路制御方式(ルーティングプロトコル)を確立する必要がある。」(第4ページ)

イ 「【0008】
オンデマンド方式のルーティング・プロトコルとしては、IETF(Internet Engineering Task Force)のMANET(Mobile Adhoc NEtwork Working Group)などから提案されており、代表的なものとしてAODV(Adhoc On-demand Distance Vector)、DSR(Dynamic Source Routing)、TORA(Temporally Orderd Routing Algorithm)などが挙げられる(例えば、非特許文献1を参照のこと)。
【0009】
例えば、AODVでは、送信開始時に、送信元ノードが経路要求(RREQ)メッセージをネットワーク全体にフラッディングし、宛先ノードがそのメッセージを受け取ると経路応答(RREP)メッセージを返して、経路応答メッセージが通った道を経路として設定している。オンデマンド方式においては、細かい手法は異なるものの、一般的にこのように経路要求と経路応答という2つのメッセージにより経路を作成している。」(第5ページ)

ウ 「【発明が解決しようとする課題】
【0016】
本発明の1つの目的は、例えばアドホック・ネットワーク(メッシュ・ネットワーク、若しくはマルチホップ・ネットワーク)においてオンデマンド方式のルーティング・プロトコルによりパケット転送制御を好適に行なうことができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することにある。
【0017】
本発明の他の目的は、例えば送信元の通信ノードから宛先の通信ノードへ向かう複数の候補経路の中から通信リンクの品質に応じて適当な経路を選択してパケット転送制御を柔軟に行なうことができる、優れた無線通信システム、無線通信装置及び無線通信方法、並びにコンピュータ・プログラムを提供することにある。」(第6ページ)

エ 「【0040】
本発明は、例えばAODVのようなオンデマンド方式のルーティング・プロトコルを改良することで実現が可能である。勿論、AODV以外にも、DSRやTORAにも適用が可能であり、これらのルーティング・プロトコルも本質的な相違はない。以下では、AODVをベースにした本発明の実施形態について、図面を適宜参照しながら説明する。
【0041】
図1には、本発明を適用することができる無線アドホック・ネットワークの構成例を示している。図1(a)では、ノードS(201)乃至ノードE(206)の6つのノードが無線アドホック通信システムのネットワークを構成している。また、各ノードの周囲の点線は、各ノード201乃至206の通信範囲211乃至216をそれぞれ表している。
【0042】
例えば、ノードS(201)の通信範囲211には、ノードA(202)及びノードB(203)が含まれる。また、ノードA(202)の通信範囲212には、ノードS(201)、ノードB(203)及びノードC(204)が含まれる。また、ノードB(203)の通信範囲213には、ノードS(201)、ノードA(202)及びノードE(206)が含まれる。また、ノードC(204)の通信範囲214には、ノードA(202)、ノードD(205)及びノードE(206)が含まれる。また、ノードD(205)の通信範囲215には、ノードC(204)及びノードE(206)が含まれる。また、ノードE(206)の通信範囲216には、ノードB(203)、ノードC(204)及びノードD(205)が含まれる。
【0043】
図1(b)には、このようなノード間の関係を模式的に表している。同図では、互いに通信範囲211乃至216内にある(すなわち1ホップで直接接続される)ノード同士のみが直線により結ばれ、直接結ばれていないノードは通信範囲外にある。このように、無線ネットワークでは、通信相手となるノードが互いの電波が届く(すなわち1ホップで直接接続される)範囲に収容されているとは限らないので、通信範囲外のノード間で通信を行なう場合には、マルチホップ通信により多数のノードを相互に接続することが行なわれる。とりわけ、アドホック・ネットワークではトポロジの変化が頻繁に起こることから、経路制御方式すなわちルーティング・プロトコルを確立する必要がある。
【0044】
ここで、一般的な経路発見プロセスについて説明しておく。
【0045】
あるノードでデータ送信要求が発生し、該当する経路が経路テーブルに存在しない場合は、経路発見プロセスに入る。AODVにおいて、経路発見は次の手順で行なう。
【0046】
手順1)送信元ノードは経路要求メッセージ(Route Request:RREQ)をブロードキャストする。
【0047】
手順2)RREQを受け取った中継ノードは、RREQの送信元までの逆向きの経路(Reverse Path)を設定し、自分が受信先でない限り、再ブロードキャストする。Reverse Pathとは、例えばRREQの送信元までデータを送信したいという要求があった場合、今RREQを送信してきた近隣ノードをNextHopとする経路のことである。
【0048】
手順3)RREQを受け取った宛先ノードは、送信元ノードに対して経路応答メッセージ(Route Reply:RREP)をユニキャストで送信する。
【0049】
手順4)RREPを受け取った中継ノードは、RREPの送信元(すなわちデータの宛先ノード)までの逆向きの経路を設定し、自分がRREQの送信元でない限り、転送する。
【0050】
手順5)RREQの送信元ノードがRREPを受け取ると、経路発見プロセスは完了する。
【0051】
RREQは、2重受け取りチェックのため、送信時にIDを付けておくことにする。つまり、各通信ノードは、同じIDのものを後から受け取った場合には破棄する。また、過去に作成された経路と、新規に作成した経路との間でループが生じる可能性もあるが、経路にシーケンス番号を付与しておくことでこれを回避する。RREQが受信先まで複数到達することがあるが、最短時間で届いたものを優先し2番目以降のものは破棄することにする。このような仕組みにすることで、送信元から受信先までの一意な経路が双方向で作成される。」(第9ページ?第10ページ)

以上の記載によれば,周知例2は,次の技術(以下「周知例2開示技術」という。)を開示しているといえる。

「無線アドホック通信システムにおいて,送信元ノードが経路要求メッセージ(Route Request:RREQ)をブロードキャストし,RREQを受け取った中継ノードがRREQの送信元までの逆向きの経路(Reverse Path)を設定し,自分が受信先でない限り,再ブロードキャストする」技術。

(3) 周知例1開示技術及び周知例2開示技術等によれば,「無線アドホックネットワークシステムにおいて,送信元ノードから受信先ノードへデータを送信するとき,送信元ノードが経路要求メッセージをブロードキャストし,前記メッセージを中継ノードが受信したとき,自分が受信先でない限り,再ブロードキャストする」技術(以下「周知技術」という。)は周知である。

第3 当審の判断

1.対比
本願発明と引用発明を比較する。

・ 引用発明における「無線装置」本願発明における「遠隔ノード」に相当する。
そして,引用発明において,「第1の無線装置で第2の無線装置からのフレームを受信」し,「前記受信されたフレームから識別子を抽出」し,「前記抽出された識別子が前記リスト内に含まれている場合に,前記第2の無線装置に対して応答を送信する」ことは,要するに,「第1の無線装置」が「アドホック無線通信網」を介して該「第1の無線装置」と通信することが可能な「第2の無線装置」を「無線発見」しようとすることを示している。
また,引用発明において,上記「無線発見」が上記「第1の無線装置」のためのものであることは明らかである。
さらに,アドホック無線通信網を介した第1の無線装置と第2の無線装置との接続は,「アドホック無線接続」といえる。
これらのことから,引用発明は,(a)第1の無線装置が,アドホック無線接続を介して前記第1の無線装置と通信することが可能な第2の無線装置を識別する,ことを支援するように構成され,(b)第1の無線装置のための無線発見を支援するように構成された,無線通信のための装置であるといえる。

一方,本願発明において,「遠隔ノードが、アド・ホック無線接続を介して前記遠隔ノードと通信することが可能な別の遠隔ノードを識別する、ことを支援するように動的に自己構成可能な無線トポロジを利用することによって前記遠隔ノードのための無線発見を支援する」ことは,要するに,(c)「遠隔ノード」が「アド・ホック無線接続」を介して該「遠隔ノード」と通信することが可能な「別の遠隔ノード」を「無線発見」しようとすること,(d)該「無線発見」が「動的に自己構成可能な無線トポロジを利用することによって」行われること,(e)該「無線発見」が「遠隔ノード」のためのものであることを示していることは明らかである。

上記(a),(b),(c),及び(e)によれば,引用発明における「第1の無線装置」は本願発明における「遠隔ノード」に,引用発明における「第2の無線装置」は本願発明における「別の遠隔ノード」に相当するといえる。
そうすると,本願発明と引用発明は,次の点で一致し,相違するといえる。
[一致点]
遠隔ノードが,アド・ホック無線接続を介して前記遠隔ノードと通信することが可能な別の遠隔ノードを識別する,ことを支援するように前記遠隔ノードのための無線発見を支援する構成
を備える無線通信のための装置。

[相違点]
本願発明は,「遠隔ノードのための無線発見」が「処理システム」において「動的に自己構成可能な無線トポロジを利用することによって」行われるのに対して,引用発明は,そのような「処理システム」を備えない点。

2.検討
(1) 「アド・ホック無線接続」が,「自己構成可能な無線ネットワーク」であり,任意の無線接続の構成,つまり任意の無線トポロジを形成しうるものであることは技術常識である。
また,アド・ホック無線ネットワークシステムにおいて,ノード(無線装置)の移動等により,無線トポロジに変更が生じた場合であっても,経路要求メッセージを利用し,無線トポロジを動的に自己構成しうることは明らかである。
(2) 引用発明において,第2の無線装置からのフレームを受信するのが,第1の無線装置ではなく,他の無線装置で前記フレームを受信することは当然に生じうることである。
そのようなとき,該「他の無線装置」からさらに「第1の無線装置」に転送しようとする「処理システム」を設けるようにすることは,当業者が容易に想起しうる技術的事項であるといえる。
つまり,引用発明に周知技術を適用することは,当業者が容易になしうることであるといえる。
(3) そうすると,引用発明に周知技術を適用することにより,上記(2)で述べた「他の無線装置」から「第1の無線装置」への転送に際し,上記(1)で述べた「動的に自己構成可能な無線トポロジ」が利用されることは明らかである。

よって,引用発明に周知技術を適用し,相違点のように構成することは当業者が容易になしえたものである。

そして,本願発明のように構成したことによる効果も,引用発明及び周知技術から予測できる程度のものである。
したがって,本願発明は,引用発明及び周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。

第4 むすび

以上のとおりであるから,本願発明は,特許法第29条第2項の規定に該当し,特許を受けることができない。

したがって,他の請求項について論及するまでもなく,本願は,拒絶すべきものである。

よって,結論のとおり,審決する。
 
審理終結日 2014-04-23 
結審通知日 2014-05-07 
審決日 2014-05-20 
出願番号 特願2011-510470(P2011-510470)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (H04W)
P 1 8・ 121- Z (H04Q)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 鈴木 重幸  
特許庁審判長 江口 能弘
特許庁審判官 近藤 聡
寺谷 大亮
発明の名称 無線ピア・ツー・ピア・ネットワークにおける、インフラストラクチャに援助された発見  
代理人 堀内 美保子  
代理人 幸長 保次郎  
代理人 河野 直樹  
代理人 白根 俊郎  
代理人 井関 守三  
代理人 井上 正  
代理人 佐藤 立志  
代理人 蔵田 昌俊  
代理人 峰 隆司  
代理人 赤穂 隆雄  
代理人 砂川 克  
代理人 竹内 将訓  
代理人 岡田 貴志  
代理人 中村 誠  
代理人 福原 淑弘  
代理人 野河 信久  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ