• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 B05B
管理番号 1313445
審判番号 不服2015-15079  
総通号数 198 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2016-06-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2015-08-11 
確定日 2016-04-14 
事件の表示 特願2010-105885「ノズルチップ」拒絶査定不服審判事件〔平成23年11月24日出願公開、特開2011-235197〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、平成22年4月30日の出願であって、平成25年12月27日付けで拒絶理由が通知され、平成26年3月7日に意見書及び手続補正書が提出され、同年8月13日に再び拒絶理由が通知され、同年10月20日に意見書及び手続補正書が提出されたが、平成27年5月13日付けで拒絶査定がされ、同年8月11日に拒絶査定不服審判の請求がされたものである。

第2 本願発明
本願の特許請求の範囲の請求項1及び2に係る発明は、平成26年10月20日に提出された手続補正書により補正された明細書及び特許請求の範囲並びに願書に最初に添付した図面の記載からみて、その特許請求の範囲の請求項1及び2に記載された事項により特定されるとおりのものであると認められるところ、特許請求の範囲の請求項1に係る発明(以下、「本願発明」という。)は、次のとおりである。

「【請求項1】
容器からの内容液が導入される操作ヘッドに設けられた突出部に被せられ、当該突出部との間を通して送られた内容液を外界に噴射させるためのノズルチップであって、
当該ノズルチップは、突出部に嵌合する周壁を有し、当該周壁の一端を封止する隔壁に注出孔が形成されるとともに、当該隔壁とは反対側に位置する当該周壁の他端に向けて当該周壁の内周面を拡径させた内側傾斜面と、当該周壁の他端に向けて当該周壁の外周面を縮径させた外側傾斜面とを有するものであり、
当該注出孔が形成された隔壁の内面に、当該突出部に向けて膨出する複数の膨出部と、当該注出孔の周りを取り囲んで当該注出孔に通じる円形の凹部が設けられ、これらの膨出部の間に、注出孔に向かって延在して当該注出孔に合流する複数のスピン溝が形成され、当該凹部における内周面の注出孔側隅部に、当該注出孔に向かって縮径するテーパー面が形成され、
周壁の内周面に、スピン溝に通じる複数の長溝が形成されていて、
前記周壁の内周面と前記膨出部との間に、前記注出孔を取り囲むように周回させた環状溝を形成し、前記長溝は、当該環状溝を介して前記スピン溝に通じさせたものであることを特徴とするノズルチップ。」

第3 引用文献の記載等
1 引用文献の記載
原査定の拒絶の理由で引用され、本願の出願前に外国において、頒布された刊行物である米国特許第4071196号明細書(以下、「引用文献」という。)には、「AEROSOL VALVE TIP AND INSERT ASSEMBLY」(当審訳:エアロゾルバルブ先端部及び挿入物アッセンブリ)に関して、図面とともにおおむね次の記載(以下、「記載1a」という。なお、訳文における下線は当審で付したものである。)がある。

1a 「This invention relates to aerosol spray dispensers, and in particular to aerosol spray orifice structures.
Most aerosol dispensers use a fluorocarbon to propel the material to be dispensed. However, fluorocarbons are relatively expensive. In order to reduce the propellant cost, other gases such as carbon dioxide have been proposed as propellants for aerosol dispensers. However, when using gases such as carbon dioxide, the pressure within the aerosol dispenser varies over a much wider range than does the pressure within a dispenser when a fluorocarbon is used. When the aerosol dispenser is first being used, the pressure is high, but it drops to a very low level near the end of use. For example, an initial pressure as high as 85 pounds per square inch (hereinafter abbreviated "psi") may decrease to a level of about 20-25 psi as the last portion of the material being dispensed exits from the aerosol dispenser.
The aerosol valve tips of the prior art generally only operate efficiently in relatively narrow pressure ranges, e.g., from an initial pressure of from about 50 psi to a final pressure of about 20 psi. Furthermore, the aerosol tips of the prior art commonly produce a less efficient or coarser spray than desirable even at high pressure. In general, a finer mist is achieved when the diameter of the exit orifice is reduced, but the minimum size of the exit orifice is limited by molding and assembly considerations.
It would therefore be highly desirable to have a nozzle or an aerosol tip which would operate over a wide pressure range and produce a fine and efficient mist without having an undesirably small exit orifice. The advantages have been realized in the aerosol tip and insert of the present invention.
・・・(略)・・・
Referring now to the drawings, and in particular to FIGS. 1-3, tip 20 is a generally cylindrically shaped member adapted to carry an insert 36 having an exit orifice 34 therein. Tip 20 is mounted on a hollow discharge stem 16 of the type commonly provided on small hand-held dispensers. The discharge stem 16 may, for example, be a valve stem of a pump-type dispenser which utilizes a piston and cylinder action to effect the discharge. However, in the most preferred embodiment, discharge stem 16 is attached to an aerosol pressurized dispenser such as an aerosol container. As can be seen in FIGS. 2 and 3, discharge stem 16 is force-fitted into a discharge bore 30 of tip 20 which also serves as the initial discharge passage.
On the side of tip 20 is an annular recess 37 surrounding post 70 which is adapted to frictionally receive and seize the insert 36. Recess 37 has connected therewith a horizontal channel or connecting passage 60 which in turn communicates with the central bore 32 of tip 20. The post 70 of the tip 20 which is surrounded by the annular recess 37 is plug-like and has a front face 71 which is flat, vertical and circular when viewed from the direction indicated by the arrow in FIG. 3. The tip 20 may be readily molded of a plastic material, either thermoplastic or thermosetting, and to facilitate placing of the insert it has the usual annular coring or recess 24 and stop rib.
In accordance with the present invention, the insert 36 is cup-shaped and constructed in a unique manner by which, in cooperation with the adjoining post 70 and face 71 provides a desirable swirl and breaking up of the stream of substance which is being discharged through the tip, thereby to effect a fine atomizing spray, the insert being economically moldable of plastic material and securely retained on the post 70.
The insert 36 has an annular or cylindrical sidewall 42 which is press-fitted in annular recess 37 of the tip 20. Side-wall 42 has an annular step 46 thereon which snugly engages and holds the outer walls of recess 37 when insert 36 is force-fitted onto post 70. Insert 36, as best seen in FIGS. 3 and 7, has a front wall 44 having connected on the outer face thereof sharp edge 35 which eliminates build-up of spray particles. In the interior of sharp edge 35 is located discharge orifice 34 which is a generally circular, cylindrical hole running through insert 36 through which spray exits from the insert.
The inside (or backside) of insert 36 can be best seen by reference to FIG. 8 and FIG. 9. The inside preferably has a hexagonal cross-section. The corners of the hexagonal cross-section in conjunction with tip post 70 form longitudinal channels 64 for conveying fluids from passage 60 to orifice 34. A pentagonal, heptagonal, or octagonal cross-section could be used.
For imparting a swirling movement to the substance being discharged, and to produce a desirable atomizing spray and pattern, the inside surface of front wall 44 of insert 36 has a plurality of tapered feed channels 65 connecting tangentially with a common central recess or swirl chamber 66 at their inner ends. The tapered feed channels 65 also directly communicate with generally circular channel 61 and longitudinal channel 64, best seen in FIGS. 4 and 5. Upon tip 20 being depressed, the substance which is discharged upward through stem 16 and central bore 32 will be led through connecting channel 60 from which it will pass into an inner, circular, cylindrical chamber 62, chamber 62 being the portion of annular recess 37 remaining after insert 36 is in place. From chamber 62 it will pass through longitudinal channels 64 and into the generally cylindrical chamber 61 which acts as a distribution manifold. As can be seen in FIG. 5, each one of the longitudinal channels 64 are positioned so that a major portion of each of the channels 64 is positioned between two of the entrance ends of the tapered feed channels 65. From such manifold the substance passes through the tapered channel 65 and swirls into the swirl chamber 66 from which it passes through discharge opening 34 to emerge as a fine, swirling spray. The tangential relationship between the tapered channel 65 and swirling chamber 66 impart a powerful swirling action to the substance being discharged.
To achieve the desirable spray characteristics of the tip of the present invention, several parameters are important. In FIG. 10, the diameter of the orifice is listed as dimension A and the diameter of the swirl chamber 66 is listed as dimension D. The diameter of the orifice 34 should be equal to from about 1/5 to about 1/2 of the diameter of the swirl chamber, i.e., A:D varies from about 1:4 to about 1:5.
In FIG. 8, the width of the entrance end to tapered channels 65 is indicated by the letter F and the width of the exit end of tapered channels 65 is indicated by the letter G. The ratio of G:F should vary from about 1/4 to about 3/4, or more preferably, from about 2/5 to about 3/5.」(第1欄第5行ないし第3欄第41行)
(当審訳: 本発明は、エアロゾルのスプレーディスペンサーに関したものであり、特に、エアロゾルのスプレー用のオリフィス構造に関している。
殆どのエアロゾルディスペンサーには、物質の放出を推進するためにフルオロカーボンが用いられている。しかし、フルオロカーボンは比較的高価である。推進剤のコストを低減するために、二酸化炭素などの他のガスが提案されている。しかし、二酸化炭素などのガスを用いる場合には、エアロゾルディスペンサーの内圧が、従来のフルオロカーボン使用時の変化よりもかなり大きな範囲で変化する。エアロゾルディスペンサーの使い始めには圧力は高いが、使い終わりに近づくと、非常に低いレベルにまで低下してしまう。例えば、初期圧が単位平方インチ当り85ポンド(以降、圧力の単位を“psi”と略記する)であったものが、最後の部分の材料がエアロゾルディスペンサーから放出される時には約20?25 psiレベルまで減少することがある。
従来技術でのエアゾールバルブの先端部は、一般に比較的狭い圧力域、例えば、初期圧約50psiから最終圧約20psiでしか、有効に動作しない。更に、従来技術でのエアゾール先端部が一般に作るのは、高圧時でさえも所望以上に効率が低いか、もしくは粗いスプレーである。一般に、より細かいミストは出口オリフィスの径が細くなっている時に実現されるが、出口オリフィスの最小サイズは、成型及び組立上の配慮で制約されている。
従って、広い圧力域で動作し、出口オリフィスを不必要に小さくすることなしに微細で効率的なミストを作ることができるような、ノズルもしくはエアゾール先端部が、強く要望されている。本発明でのエアゾール先端及び挿入物によって、こうした特長が実現されている。
・・・(略)・・・
ここで、図面、特に図1?3を参照すると、先端部20は一般に円筒形の部材であり、出口オリフィス34を有して、挿入物36を動かせるようになっている。前記の先端部20は、小型で携帯型のディスペンサー上に提供されるようなタイプの、中空の放出用ステム16上に取り付けられている。前記の放出用ステム16は、例えば、放出を行うのにピストンとシリンダの作用を利用する、ポンプタイプのディスペンサーのバルブステムであってもよい。しかし、最も好ましい実施形態では、前記の放出用ステム16は、エアゾール容器のような加圧されたエアゾールディスペンサーに取り付けられている。図2及び3から分かるように、前記の放出用ステム16は、先端部20にあって初期の放出通路となる孔30に回転圧入される。
支柱70を囲む環状の凹部37は、前記の先端部20の片側にあって、挿入物36を摩擦によって収納・保持するようになっている。凹部37は、水平なチャネルもしくは接続用通路60と接続され、先端部20中央にある孔32と次に連通している。環状の凹部37で周りを囲まれている、前記の先端部20にある前記の支柱70は、プラグ状であって、その前面71は、図3中の矢印で示す方向から見た時には、垂直であり、平坦かつ円形をしている。前記の先端部20は、熱可塑性材料または熱硬化性材料のいずれかのプラスチック材料で容易に成型でき、更に前記の挿入物の取付けを容易にするために、通常、環状のコアリングもしくは凹部24及び停止用リブが用意されている。
本発明によれば、前記の挿入物36は、プラスチック材料から経済的に成型され、前記の支柱70上にしっかり保持されているが、カップ状であり、固有の方法で構成されることによって、隣接する支柱70及び前面71の効果も併せて、望ましい渦巻き形状及び先端部から放出される物質の流れの崩れを実行して、微細な噴霧のスプレーを行っている。
前記の挿入物36は、環状又は筒状の側壁42を備え、前記の先端部の環状凹部37内に圧入されている。前記の側壁42には環状のステッ プ46があり、挿入物36が支柱70上に圧入されている場合に、凹部37の外壁とぴったりと嵌合してそれを保持している。図3及び図7で最も良く分かるように、挿入物36の正面壁44は、鋭いエッジ35である外面と繋がっていて、スプレー粒子が積み重なることを防いでいる。前記の挿入物からスプレーが放出されるオリフィス34は、一般に円形、円筒形であって前記の挿入物を通る孔であり、前記の鋭いエッジ35の内部に配置されている。
前記の挿入物36の内部(もしくは裏面)は、図8及び図9を参照することによって最も良く分かる。前記の内側の断面は、六角形であることが望ましい。六角形から成る断面の端部は、先端部の支柱70と組み合わせられて、流体を通路60からオリフィス34に運ぶための、縦方向のチャネル64を形成する。五角形、七角形、もしくは八角形の断面も適用することができる。
放出物質に旋回運動を与えるためと、所望の噴霧スプレー及びパターンを生み出すために、挿入物36の正面壁44の内面にはテーパー付きフィードチャネル65が複数個備えられて、その内部端で共通の中央凹部もしくは旋回空間66と接線方向に接続している。前記のテーパー付きフィードチャネル65は、図4及び図5で最も良く分かるように、一般に円形のチャネル61及び縦方向のチャネル64と直接に連通しても良い。先端部20が押し下げられた時に、ステム16及び中央の孔32を通って上方に放出される物質は、接続しているチャネル60を通って導かれ、その内部にあって前面が円板状の、円筒形空間62に流入する。ここで、前記の空間62は、挿入物が所定の位置に備わった後に残る、環状凹部37の一部である。放出される物質は、前記の空間62から複数の縦方向のチャネル64を通って、一般に円筒形であって分配用マニホールドとして機能する空間61内に入る。図5で分かるように、縦方向のチャネル64のそれぞれは、その主要部分がテーパー付きフィードチャネル65の二つの入口端部の間に位置するように配置される。前記のマニホールドから、物質はテーパー付きフィードチャネル65を通り、旋回空間66内部で旋回し、そこから吐出口部34を通過して、旋回する微細なスプレーとして放出される。テーパー付きフィードチャネル65と旋回空間66とが接線方向となる関係によって、放出される物質には強力な旋回動作が与えられる。
本発明の先端部の所望のスプレー特性を実現するために、種々のパラメータが重要となる。図 10では、オリフィスの直径は寸法Aとして、また、旋回空間66の直径は寸法Dとして示されている。オリフィス34の直径は、旋回空間の直径の約1/5から約1/2でなければならず、すなわち、A:Dは約14から約1:5まで変化することになる。
図 8では、テーパー付きフィードチャネル65への入口端の幅は文字Fで、テーパー付きチャネル65の出口端部の幅は文字Gで表示されている。G:Fの比は約1/4から約3/4の間で変化しなければならず、約2/5から約3/5がより望ましい。)

2 引用文献の記載事項
記載1a及び図面によると、引用文献には、次の事項(以下、順に「記載事項2a」ないし「記載事項2g」という。)が記載されていると認める。

2a 記載1aの「ここで、図面、特に図1?3を参照すると、先端部20は一般に円筒形の部材であり、出口オリフィス34を有して、挿入物36を動かせるようになっている。前記の先端部20は、小型で携帯型のディスペンサー上に提供されるようなタイプの、中空の放出用ステム16上に取り付けられている。前記の放出用ステム16は、例えば、放出を行うのにピストンとシリンダの作用を利用する、ポンプタイプのディスペンサーのバルブステムであってもよい。しかし、最も好ましい実施形態では、前記の放出用ステム16は、エアゾール容器のような加圧されたエアゾールディスペンサーに取り付けられている。図2及び3から分かるように、前記の放出用ステム16は、先端部20にあって初期の放出通路となる孔30に回転圧入される。
支柱70を囲む環状の凹部37は、前記の先端部20の片側にあって、挿入物36を摩擦によって収納・保持するようになっている。
本発明によれば、前記の挿入物36は、プラスチック材料から経済的に成型され、前記の支柱70上にしっかり保持されているが、カップ状であり、固有の方法で構成されることによって、隣接する支柱70及び前面71の効果も併せて、望ましい渦巻き形状及び先端部から放出される物質の流れの崩れを実行して、微細な噴霧のスプレーを行っている。
前記の挿入物36は、環状又は筒状の側壁42を備え、前記の先端部の環状凹部37内に圧入されている。」及び図面によると、引用文献には、エアゾール容器からの放出される物質が導入される先端部20に設けられた支柱70に被せられ、当該支柱70との間を通して送られた放出される物質を外界に放出させるための挿入物36が記載されている。

2b 記載1aの「前記の挿入物36は、環状又は筒状の側壁42を備え、前記の先端部の環状凹部37内に圧入されている。前記の側壁42には環状のステッ プ46があり、挿入物36が支柱70上に圧入されている場合に、凹部37の外壁とぴったりと嵌合してそれを保持している。図3及び図7で最も良く分かるように、挿入物36の正面壁44は、鋭いエッジ35である外面と繋がっていて、スプレー粒子が積み重なることを防いでいる。前記の挿入物からスプレーが放出されるオリフィス34は、一般に円形、円筒形であって前記の挿入物を通る孔であり、前記の鋭いエッジ35の内部に配置されている」及び図面を記載事項2aとあわせてみると、引用文献には、挿入物36は、支柱70に嵌合する環状又は筒状の側壁42を有し、当該環状又は筒状の側壁42の一端を封止する正面壁44にオリフィス34が形成されていることが記載されている。

2c FIG.2ないし5(特に、FIG.5の円形のチャネル61、テーパー付きフィードチャネル65及び旋回空間66で囲まれたハッチングが施された部分に着目。)から、オリフィス34が形成された正面壁44の内面に、支柱70に向けて膨出する複数の挿入物36の部分A(便宜上、このように表現する。)があることが看取される。

2d FIG.2ないし4及び8ないし10(特に、FIG10の旋回空間66とオリフィス34の間の空間に着目。)から、オリフィス34の周りを取り囲んで当該オリフィス34に通じる旋回空間66と円形の空間からなる空間B(便宜上、このように表現する。)があることが看取される。

2e 記載1aの「放出物質に旋回運動を与えるためと、所望の噴霧スプレー及びパターンを生み出すために、挿入物36の正面壁44の内面にはテーパー付きフィードチャネル65が複数個備えられて、その内部端で共通の中央凹部もしくは旋回空間66と接線方向に接続している。前記のテーパー付きフィードチャネル65は、図4及び図5で最も良く分かるように、一般に円形のチャネル61及び縦方向のチャネル64と直接に連通しても良い。」及び図面を記載事項2aないし2dとあわせてみると、引用文献には、オリフィス34が形成された正面壁44の内面に、支柱70に向けて膨出する複数の部分Aと、当該オリフィス34の周りを取り囲んで当該オリフィス34に通じる旋回空間66と円形の空間からなる空間Bが設けられ、これらの部分Aの間に、オリフィス34に向かって延在して当該オリフィス34に合流する複数のテーパー付きフィードチャネル65が形成されていることが記載されている。

2f 記載1aの「放出物質に旋回運動を与えるためと、所望の噴霧スプレー及びパターンを生み出すために、挿入物36の正面壁44の内面にはテーパー付きフィードチャネル65が複数個備えられて、その内部端で共通の中央凹部もしくは旋回空間66と接線方向に接続している。前記のテーパー付きフィードチャネル65は、図4及び図5で最も良く分かるように、一般に円形のチャネル61及び縦方向のチャネル64と直接に連通しても良い。先端部20が押し下げられた時に、ステム16及び中央の孔32を通って上方に放出される物質は、接続しているチャネル60を通って導かれ、その内部にあって前面が円板状の、円筒形空間62に流入する。ここで、前記の空間62は、挿入物が所定の位置に備わった後に残る、環状凹部37の一部である。放出される物質は、前記の空間62から複数の縦方向のチャネル64を通って、一般に円筒形であって分配用マニホールドとして機能する空間61内に入る。図5で分かるように、縦方向のチャネル64のそれぞれは、その主要部分がテーパー付きフィードチャネル65の二つの入口端部の間に位置するように配置される。前記のマニホールドから、物質はテーパー付きフィードチャネル65を通り、旋回空間66内部で旋回し、そこから吐出口部34を通過して、旋回する微細なスプレーとして放出される。テーパー付きフィードチャネル65と旋回空間66とが接線方向となる関係によって、放出される物質には強力な旋回動作が与えられる。」及び図面を記載事項2aないし2eとあわせてみると、引用文献には、環状又は筒状の側壁42の内周面に、テーパー付きフィードチャネル65に通じる複数の縦方向のチャネル64が形成されていることが記載されている。

2g 記載1aの「前記のテーパー付きフィードチャネル65は、図4および図5で最も良く分かるように、一般に円形のチャネル61及び縦方向のチャネル64と直接に連通しても良い。」及び図面を記載事項2aないし2fとあわせてみると、引用文献には、環状又は筒状の側壁42と部分Aとの間に、オリフィス34を取り囲むように周回させた円形のチャネル61を形成し、縦方向のチャネル64は、前記円形のチャネル61を介してテーパー付きフィードチャネル65に通じさせたものであることが記載されている。

3 引用発明
記載1a、記載事項2aないし2g及び図面を整理すると、引用文献には、次の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されていると認める。

「エアゾール容器からの放出される物質が導入される先端部20に設けられた支柱70に被せられ、当該支柱70との間を通して送られた放出される物質を外界に放出させるための挿入物36であって、
当該挿入物36は、支柱70に嵌合する環状又は筒状の側壁42を有し、当該環状又は筒状の側壁42の一端を封止する正面壁44にオリフィス34が形成され、
当該オリフィス34が形成された正面壁44の内面に、当該支柱70に向けて膨出する複数の部分Aと、当該オリフィス34の周りを取り囲んで当該オリフィス34に通じる旋回空間66と円形の空間からなる空間Bが設けられ、これらの部分Aの間に、オリフィス34に向かって延在して当該オリフィス34に合流する複数のテーパー付きフィードチャネル65が形成され、
環状又は筒状の側壁42の内周面に、テーパー付きフィードチャネル65に通じる複数の縦方向のチャネル64が形成されていて、
前記環状又は筒状の側壁42と前記部分Aとの間に、前記オリフィス34を取り囲むように周回させた円形のチャネル61を形成し、前記縦方向のチャネル64は、前記円形のチャネル61を介して前記テーパー付きフィードチャネル65に通じさせたものである挿入物36。」

第4 対比
本願発明と引用発明を対比する。

本願明細書の「上述したところは、本発明の一形態を示したに過ぎず、特許請求の範囲内において、種々の変更を加えることができる。例えば、本発明に従うノズルヘッドは、上述した形態のように、ポンプ動作を惹起させるための部材に限定されることなく、例えば、エアゾール容器のノズルヘッドとしても適用することができ、その適用範囲は、ノズルヘッドに内容液を圧送する手段を問わない。また、上述の各形態に採用された各構成はそれぞれ、互いに適宜、組み合わせることができる。」(段落【0029】)という記載によると、本願発明における「容器」は「エアゾール容器」を含むことから、引用発明における「エアゾール容器」は、その機能、構成または技術的意義からみて、本願発明における「容器」に相当する。
また、引用発明における「放出される物質」は、その機能、構成または技術的意義からみて、本願発明における「内容液」に相当し、以下、同様に、「先端部20」は「操作ヘッド」に、「支柱70」は「突出部」に、「放出」は「噴射」に、「挿入物36」は「ノズルチップ」に、「環状又は筒状の側壁42」は「周壁」に、「正面壁44」は「隔壁」に、「オリフィス34」は「注出孔」に、「部分A」は「膨出部」に、「旋回空間66と円形の空間からなる空間B」は「円形の凹部」に、「テーパー付きフィードチャネル65」は「スピン溝」に、それぞれ、相当する。
さらに、引用発明における「縦方向のチャネル64」と本願発明における「長溝」は、その機能、構成または技術的意義からみて、「縦方向の通路」という限りにおいて一致する。
さらにまた、引用発明における「円形のチャネル61」は、その機能、構成または技術的意義からみて、本願発明における「環状溝」に相当する。

したがって、両者は、以下の点で一致する。

「容器からの内容液が導入される操作ヘッドに設けられた突出部に被せられ、当該突出部との間を通して送られた内容液を外界に噴射させるためのノズルチップであって、
当該ノズルチップは、突出部に嵌合する周壁を有し、当該周壁の一端を封止する隔壁に注出孔が形成され、
当該注出孔が形成された隔壁の内面に、当該突出部に向けて膨出する複数の膨出部と、当該注出孔の周りを取り囲んで当該注出孔に通じる円形の凹部が設けられ、これらの膨出部の間に、注出孔に向かって延在して当該注出孔に合流する複数のスピン溝が形成され、
周壁の内周面に、スピン溝に通じる複数の縦方向の通路が形成されていて、
前記周壁の内周面と前記膨出部との間に、前記注出孔を取り囲むように周回させた環状溝を形成し、前記縦方向の通路は、当該環状溝を介して前記スピン溝に通じさせたものであるノズルチップ。」

そして、以下の点で相違する。

<相違点1>
本願発明においては、「周壁」が「当該隔壁とは反対側に位置する当該周壁の他端に向けて当該周壁の内周面を拡径させた内側傾斜面と、当該周壁の他端に向けて当該周壁の外周面を縮径させた外側傾斜面とを有する」のに対し、引用発明においては、本願発明における「周壁」に相当する「環状又は筒状の側壁42」は本願発明のような「内側傾斜面」及び「外側傾斜面」を有しない点(以下、「相違点1」という。)。

<相違点2>
本願発明においては、「円形の凹部」が「当該凹部における内周面の注出孔側隅部に、当該注出孔に向かって縮径するテーパー面が形成され」るものであるのに対し、引用発明においては、本願発明における「凹部」に相当する「旋回空間66と円形の空間からなる空間B」は本願発明のような「テーパー面」が形成されていない点(以下、「相違点2」という。)。

<相違点3>
「縦方向の通路」に関して、本願発明においては、「長溝」であるのに対し、引用発明においては、「縦方向のチャネル64」である点(以下、「相違点3」という。)。

第5 相違点に対する判断
そこで、相違点1ないし3について、以下に検討する。

1 相違点1について
引用文献のFIG.3を参照すると、引用発明は、「支柱70」の左端部に傾斜面が形成され、「先端部20」の「挿入物36」が挿入される部分に傾斜面が形成されているものであるが、これらの傾斜面が、「挿入物36」が「支柱70」に被さりやすくするためのものであることは明らかである。
そして、「挿入物36」が「支柱70」に被さりやすくするための傾斜面を、挿入される方の部材に形成するか、挿入する方の部材に形成するかは、当業者が適宜決めるべき設計的事項であるから、引用発明において、傾斜面を挿入する方の部材である「挿入物36」に形成するようにして、「挿入物36」の「正面壁44」とは反対側に位置する「挿入物36」の他端に向けて「挿入物36」の内周面を拡径させた内側傾斜面と、当該「挿入物36」の他端に向けて「挿入物36」の外周面を縮径させた外側傾斜面を形成するようにして、相違点1に係る本願発明の発明特定事項とすることは、当業者であれば容易に想到し得たことである。

2 相違点2について
ノズルチップの注出孔の周りを取り囲んで当該注出孔に通じる円形の凹部における内周面の注出孔側隅部に、当該注出口に向かって縮径するテーパー面を形成することは、本願出願前に周知(必要であれば、本願の出願前に、日本国内において、頒布された刊行物である実願昭63-46503号(実開平1-152754号)のマイクロフィルムの第1図及び同じく実願平2-22481号(実開平3-114248号)のマイクロフィルムの第7図等を参照。以下、「周知技術1」という。)である。
他方、流路中に隅部があると、そこに淀みが生じやすいことは、当業者にとって自明の事項であり、そうならないようにすることも、当業者であれば当然考慮することである。
したがって、引用発明において、注出孔の周りで淀みが生じないように、周知技術1を適用し、「旋回空間66と円形の空間からなる空間B」における内周面の「オリフィス34」側隅部に「オリフィス34」に向かって縮径するテーパー面を形成するようにして、相違点2に係る本願発明の発明特定事項とすることは、当業者であれば容易に想到し得たことである。

3 相違点3について
ノズルチップにおいて、「縦方向の通路」の機能を果たすために、ノズルチップに縦方向の長溝を設けることは、本願出願前に周知(必要であれば、本願の出願前に、日本国内において、頒布された刊行物である特表平8-510411号公報の第6ページ下から4行ないし第7ペーシ第6行並びに図1及び図2等を参照。以下、「周知技術2」という。)である。
したがって、引用発明において、周知技術2を適用し、「縦方向の通路」の機能を果たすために、ノズルチップに縦方向の長溝を形成するようにして、相違点3に係る本願発明の発明特定事項とすることは、当業者であれば容易に想到し得たことである。

4 効果について
そして、本願発明を全体としてみても、本願発明が、引用発明並びに周知技術1及び2からみて、格別顕著な効果を奏するとはいえない。

第6 むすび
上記第5のとおり、本願発明は、引用発明並びに周知技術1及び2に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は拒絶すべきものである。

よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2016-02-08 
結審通知日 2016-02-09 
審決日 2016-02-22 
出願番号 特願2010-105885(P2010-105885)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (B05B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 土井 伸次八板 直人大野 明良  
特許庁審判長 伊藤 元人
特許庁審判官 金澤 俊郎
加藤 友也
発明の名称 ノズルチップ  
代理人 杉村 憲司  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ