• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 G02B
審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 G02B
管理番号 1316715
審判番号 不服2015-3755  
総通号数 200 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2016-08-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2015-02-26 
確定日 2016-07-06 
事件の表示 特願2012-268876「多層光学シートモジュール」拒絶査定不服審判事件〔平成25年 6月17日出願公開,特開2013-120394〕について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本件に係る出願(以下,「本願」という。)は,平成24年12月7日(パリ条約による優先権主張2011年12月8日,韓国,2012年6月25日,韓国)の出願であって,平成26年1月21日付けで拒絶理由が通知され,同年6月27日に意見書及び手続補正書が提出されたが,同年10月21日付けで拒絶査定がなされたところ,平成27年2月26日に本件拒絶査定不服審判が請求されると同時に手続補正書が提出されたものである。


第2 補正却下の決定
〔補正却下の決定の結論〕
平成27年2月26日提出の手続補正書による手続補正を却下する。

〔理由〕
1 補正の内容
(1)請求項1に係る補正
平成27年2月26日提出の手続補正書による手続補正(以下「本件補正」という。)は,平成26年6月27日提出の手続補正書による手続補正後(以下「本件補正前」という。)の特許請求の範囲について補正しようとするものであって,そのうち請求項1に係る補正(以下,「請求項1に係る本件補正」という。)は次のとおりである。(下線は補正箇所を示す。)

ア 本件補正前の請求項1
「上側に突出した第1構造化パターンを有する上部光学シートと,
前記上部光学シートの下方に積層形態で設けられ,前記上部光学シート側に突出した第2構造化パターンを有する下部光学シートと,
前記上部光学シートと前記下部光学シートの間に設けられた接着層と
を含み,
前記第2構造化パターンは,
上方に行くほど横断面積が小さくなる光伝達部と,前記光伝達部の上部に連設されて前記接着層に少なくとも一部が埋められる埋め部とを有し,
前記埋め部が前記接着層と接する断面の面積は,前記光伝達部が連続的な勾配で上方に延長して形成する仮想断面軌跡の面積より大きく形成されており,
前記埋め部は,前記光伝達部から上方へ上向傾斜して延びる一対の延長面を有し,前記延長面の上端部が互いに接することを特徴とする多層光学シートモジュール。」

イ 本件補正後の請求項1
「上側に突出した第1構造化パターンを有する上部光学シートと,
前記上部光学シートの下方に積層形態で設けられ,前記上部光学シート側に突出した第2構造化パターンを有する下部光学シートと,
前記上部光学シートと前記下部光学シートの間に設けられた接着層と
を含み,
前記第2構造化パターンは,
上方に行くほど横断面積が小さくなる光伝達部と,前記光伝達部の上部に連設されて前記接着層に少なくとも一部が埋められる埋め部とを有し,
前記埋め部が前記接着層と接する断面の面積は,前記光伝達部が連続的な勾配で上方に延長して形成する仮想断面軌跡の面積より大きく形成されており,
前記埋め部は,前記光伝達部から上方へ上向傾斜して延びると共に断面軌跡が直線である一対の延長面を有し,前記延長面の上端部が互いに接して三角形の断面軌跡を形成することを特徴とする多層光学シートモジュール。」

(2)補正事項
請求項1に係る本件補正は,本件補正前の請求項1に係る発明の発明特定事項である「一対の延長面」について,「断面軌跡が直線である」との特定を付加するとともに,それらの上端部が「三角形の断面軌跡を形成する」との特定を付加するものである。

2 新規事項の追加の有無について
請求項1に係る本件補正により付加される,一対の延長面の断面軌跡が直線であり,それらの上端部が三角形の断面軌跡を形成する点は,願書に最初に添付した(以下,「出願当初の」という。)明細書の【0065】や図3ないし図9等に記載されているから,請求項1に係る本件補正は,出願当初の明細書,特許請求の範囲または図面に記載された事項の範囲内においてなされた補正である。
よって,請求項1に係る本件補正は,特許法17条の2第3項の規定に適合する。

3 補正の目的について
請求項1に係る本件補正は,本件補正前の請求項1に係る発明の発明特定事項である「一対の延長面」について,本件補正前にはその断面軌跡の形状は任意であり,かつ,一対の延長面の各上端部が接すること以外は上端部の断面軌跡の形状については任意であったものを,「断面軌跡が直線である」こと,かつ,一対の延長面の各上端部が「三角形の断面軌跡を形成する」ような形状に限定するものであって,本件補正の前後で当該請求項1に係る発明の産業上の利用分野及び解決しようとする課題は同一であると認められるから,特許法17条の2第5項2号に掲げる特許請求の範囲の減縮を目的とするものに該当する。
したがって,補正後の請求項1に係る本件補正は,特許法17条の2第5項の規定に適合する。

4 独立特許要件について
補正後の請求項1についての本件補正は,特許法17条の2第5項2号に掲げる特許請求の範囲の減縮を目的とする補正事項を含んでいるから,本件補正後の請求項1に係る発明(以下,「本願補正発明」という。)が,特許法17条の2第6項において準用する同法126条7項の規定に適合するのか否か(特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるのか否か)について検討する。

(1)本願補正発明
本願補正発明は,本件補正後の特許請求の範囲の請求項1に記載されたとおりのもの(前記1(1)イにて示したとおりのもの)と認める。

(2)引用例
国際公開2011/130151号(以下,「引用文献」という。)は,原査定の拒絶の理由において「引用文献1」として引用された,本願の優先権主張の日(以下,「本願優先日」という。)より前に頒布された刊行物である。

ア 引用文献の記載
引用文献には次の記載がある。(日本語訳の下線は,後述する引用発明の認定に特に関係する箇所を示す。)
(ア) 「FIELD OF THE INVENTION
This invention generally relates to optical stacks, light guides, and displays incorporating same. In particular, the invention relates to optical stacks that have reduced thickness and high peel strength with no or very little loss in optical properties.

BACKGROUND
Flat panel displays, such as displays that incorporate a liquid crystal panel, often incorporate one or more light directing films to enhance display brightness along a predetermined viewing direction. Such light directing films typically include a plurality of linear microstructures that have prismatic cross-sectional profiles.
In some applications a single prismatic film is used, while in others two crossed prismatic films are employed, in which case, the two crossed prismatic films are often oriented normal to each other.」(明細書1ページ8ないし20行)
【日本語訳】
「本発明の分野
本発明は,一般に,光学積層体,ライトガイド,及びそれを組み込んだディスプレイに関する。本発明は特に,光学的特性の損失が全く又はほとんどなしに,厚さ低減と高い剥離強度を有する光学積層体に関する。

背景
例えば,液晶パネルを組み込んだディスプレイなどのフラットパネルディスプレイはしばしば,1枚以上の導光フィルムを組み込み,所定の視野角に沿ったディスプレイ輝度を強化している。そのような導光フィルムは,典型的には,プリズム断面形状を有する複数の線状微小構造を含んでいる。
一部の用途では1枚のプリズムフィルムが使用され,一方,他の用途では,2枚の交差配置されたプリズムフィルムが採用され,この場合,2枚の交差配置されたプリズムフィルムはしばしば,互いに垂直に配置される。」

(イ) 「BRIEF DESCRIPTION OF DRAWINGS
The invention may be more completely understood and appreciated in consideration of the following detailed description of various embodiments of the invention in connection with the accompanying drawings, in which:
FIG. 1 is a schematic side-view of a light directing film;
・・・(中略)・・・
FIG. 3 is a schematic three-dimensional view of a unitary discrete structure;
・・・(中略)・・・
FIG. 5 is a schematic side-view of a unitary discrete structure partially penetrating an optical layer;
・・・(中略)・・・
FIG. 20 is a schematic side-view of an optical stack;
FIG. 21 is a schematic three-dimensional view of a light directing film;」(明細書4ページ10行ないし5ページ9行)
【日本語訳】
「図面の簡単な説明
本発明は,添付の図面に関連して以下の本発明の種々の実施形態の「発明を実施するための形態」を考慮したとき,より完全に理解し正しく認識され得る。
図1は,導光フィルムの側面概略図;
・・・(中略)・・・
図3は,単位個別構造の3次元概略図;
・・・(中略)・・・
図5は,光学層に部分的に侵入している単位個別構造の側面概略図;
・・・(中略)・・・
図20は,光学積層体の側面概略図;
図21は,導光フィルムの3次元概略図;」

(ウ) 「DETAILED DESCRIPTION
The present invention generally relates to light directing films and displays that incorporate such light directing films. In particular, the invention relates to a light directing film that has a plurality of unitary discrete structures for directing and/or recycling light. The light directing film can bond to a surface, such as a major surface of an optical film or glass, via an optical adhesive layer, where the unitary discrete structures partially penetrate into the optical adhesive layer with no or very little loss in optical properties, such as optical gain or effective optical transmission.
FIG. 1 is a schematic side-view of a light directing film 100 that includes a first structured major surface 110 and an opposing second major surface 120. First structured major surface 110 includes a plurality of unitary discrete structures 150. Each unitary discrete structure 150 includes an upper portion or bonding portion 170 and a lower portion or light directing portion 160. As used herein, a unitary structure refers to a structure that is a single unit with no interior or internal physical or detectable interfaces between the different portions or segments of the structure.」(明細書6ページ17ないし31行)
【日本語訳】
「詳細な説明
本発明は全般に,導光フィルムと,そのような導光フィルムを組み混んだディスプレイと,に関する。本発明は特に,光を導き及び/又は再利用するための複数の単位個別構造を有する導光フィルムに関する。導光フィルムは,光学接着層を介して,光学フィルム又はガラスの主面などの表面に接着することができ,単位個別構造は,光学的特性(例えば,オプティカルゲイン又は有効光透過率)を全く又はほとんど損失することなく部分的に光学接着層に侵入している。
図1は,構造化された第1主面110及び相対する第2主面120を含む導光フィルム100の側面概略図である。構造化された第1主面110には,複数の単位個別構造150が含まれる。各単位個別構造150は,上部分又は結合部分170と,下部分又は導光部分160と,を含む。本明細書で使用されるとき,「単位構造」とは,構造の別の部分又はセグメントとの間で,内部又は内側に物理的又は検出可能な界面を持たない1つのユニットである構造を指す。」

(エ) 「In general, light directing portion 160 can have any shape, such as any regular or irregular shape, that may be desirable in an application. For example, in some cases, light directing portion 160 can be or include a three-dimensional rectilinear body, such as a tetrahedron, a prism, or a pyramid, or a portion, or a combination, of such bodies, such as a frustum.・・・(中略)・・・
Light directing portion 160 includes a plurality of first side facets 162. For example, in the exemplary light directing film 100, light directing portion 160A includes a first side facet 162 A and an opposing first side facet 162B. In general, light directing portion 160 can have two or more side facets. For example, FIG. 3 is a schematic three- dimensional view of a unitary discrete structure 300 that is linear and extends along the y- axis or y-direction. Unitary discrete structure 300 includes a light directing portion 360 that includes opposing side facets 362 A and 362B.・・・(中略)・・・
The light directing portions of the unitary discrete structures disclosed herein are primarily designed to redirect light by, for example, refraction or reflection. For example, FIG. 5 is a schematic side-view of a unitary discrete structure 500 that includes an upper or bonding portion 570 and a lower or light directing portion 560 that includes first side facets 562 A and 562B and is primarily designed to direct light. For example, light directing portion 560 directs a light ray 540 as light ray 542 by first totally internally reflecting light ray 540 at side facet 562B as light ray 541 and then totally internally reflecting light ray 541 as light ray 542 at side facet 562A. As another example, light directing portion 560 directs light ray 545 as light ray 546 by refracting light ray 545 at side facet 562 A.
Referring back to FIG. 1, each light directing portion 160 of unitary discrete structure 150 of light directing film 100 has a base that is the largest cross-section of the light directing portion that is parallel to the plane of the light directing film and is bound by the side facets of the light directing portion. For example, light directing portion 160 has a base 164 that is the largest cross-section of the light directing portion in a direction parallel to a plane 105 of the light directing film and is bound by side facets 162C and 162D. The exemplary light directing film 100 defines a plane 105 of the light directing film that is in the xy-plane.
・・・(中略)・・・
In some cases, each first side facet of a light directing portion makes an angle with the plane of the light directing film that is in a range from about 30 degrees to about 60 degrees. For example, in light directing film 100, side facet 162C makes an angle α_(1) with plane 105 of the light directing film and side facet 162D makes an angle α_(2) with plane 105 of the light directing film, where each of α_(1) and α_(2) is in a range from about 30 degrees to about 60 degrees.」(明細書8ページ6行ないし12ページ9行)
【日本語訳】
「一般に,導光部分160は,用途に望ましくなり得るように,例えば任意の規則的又は不規則的形状など,任意の形状を有し得る。例えば,いくつかの場合において,導光部分160は,四面体,プリズム若しくはピラミッドのような3次元の直線体,又はそのような立体の一部分,又は例えば錘台などそのような立体の組み合わせであってもよく,又はそれらを含んでもよい。・・・(中略)・・・
導光部分160には複数の第1側面162が含まれる。例えば,代表的な導光フィルム100において,導光部分160Aには,第1側面162Aと,相対する第1側面162Bと,が含まれる。一般に,導光部分160は2つ以上の側面を有し得る。例えば,図3は,線形であり,y軸又はy方向に沿って延在する単位個別構造300の3次元概略図である。単位個別構造300には,相対する側面362A及び362Bを有する導光部分360が含まれる。・・・(中略)・・・
本明細書で開示される単位個別構造の導光部分は,例えば,屈折又は反射によって,光を導くよう主に設計されている。例えば,図5は単位個別構造500の側面概略図であり,これには上部分又は接着部分570と,下部分又は導光部分560と,が含まれ,この下部分又は導光部分には,第1側面562A及び562Bが含まれ,光を導くよう主に設計されている。例えば,導光部分560は,最初に側面562Bで光線540を完全に内部的に反射させて光線541とし,次に側面562Aで光線541を完全に内部的に反射させて光線542とすることによって,光線540を光線542として導く。別の一例として,導光部分560は,側面562Aで光線545を屈折させることにより,光線545を光線546として導く。
図1に戻って参照し,導光フィルム100の単位個別構造150の各導光部分160は,導光部分の最大の横断面である底面を有し,これは導光フィルムの平面に対して平行であり,導光部分の側面によって画定されている。例えば,導光部分160は,導光部分の最大の横断面である底面164を有し,これは導光フィルムの平面105に対して平行方向であり,側面162C及び162Dによって画定されている。代表的な導光フィルム100は,xy平面にある導光フィルムの平面105を画定する。
・・・(中略)・・・
いくつかの場合において,導光部分の各第1側面が,導光フィルムの平面に対して,ある角度をなし,この角度は約30度?約60度の範囲である。例えば,導光フィルム100において,側面162Cは導光フィルムの平面105に対して角度α_(1)をなし,側面162Dは導光フィルムの平面105に対して角度α_(2)をなし,各α_(1)とα_(2)は,約30度?約60度の範囲である。」


(オ) 「Referring back to FIG. 1, unitary discrete structure 150 includes bonding portion 170 that is primarily designed to bond the light directing film to a surface. In some cases, bonding portion 170 can also perform, or be designed to perform, other functions, but the primary function of the light directing portion is to bond the light directing film to a neighboring surface via, for example, an adhesive layer. Bonding portion 170 is disposed on light directing portion 160. Bonding portion 170 is also disposed on and between side facets 162. For example, bonding portion 170A is disposed on and between side facets 162C and 162D.
In general, bonding portion 170 can have any shape, such as any regular or irregular shape, that may be desirable in an application. For example, in some cases, bonding portion 170 can be or include a three-dimensional rectilinear body, such as a tetrahedron, a prism, or a pyramid, or a portion, or a combination, of such bodies, such as a frustum.・・・(中略)・・・
Bonding portion 170 includes a plurality of side facets 172. For example, in the exemplary light directing film 100, bonding portion 170A includes a side facet 172A and an opposing side facet 172B. In general, bonding portion 170 can have two or more side facets. For example, referring to FIG. 3, unitary discrete structure 300 includes a bonding portion 370 that includes opposing side facets 372 A and 372B.・・・(中略)・・・
The bonding portions of the unitary discrete structures disclosed herein are primarily designed to bond the light directing portions to a neighboring surface. For example, referring to FIG. 5, unitary discrete structure 500 includes bonding portion 570 that includes side facets 572 A and 572B and bonds or attaches light directing portion 560 to a neighboring surface 595 via an optical adhesive layer 580. The primary function of bonding portion 570 is to bond unitary discrete structure 500 or light directing portion 560 to surface 595. In some cases or applications, bonding portion 570 can also direct light. For example, bonding portion 570 can direct a light ray 550 as a light ray 551, but such light directing function is not the primary function of the bonding portion. Rather, the light directing function is a secondary function of the bonding portion.
The bonding portions and light directing portions of the unitary discrete structures disclosed herein have multiple or pluralities of side facets. In general, a side facet disclosed herein can have any shape, such as any regular or irregular shape, that may be desirable in an application. For example, in some cases, a side facet can be or include a planar portion.・・・(中略)・・・
In some cases, each side facet of a bonding portion makes an angle with the plane of the light directing film that is greater than about 60 degrees. For example, in unitary discrete structure 300, side facet 372A makes an angle α_(3) with the xy-plane and side facet 372B makes an angle α_(4) with the xy-plane, where each of α_(3) and α_(4) is greater than about 60 degrees.」(明細書12ページ20行ないし17ページ5行)
【日本語訳】
「図1に戻って参照し,単位個別構造150には,導光フィルムを表面に接着するよう主に設計された接着部分170が含まれる。いくつかの場合において,接着部分170は,他の機能を実行すること,又は他の機能を実行するよう設計することができるが,この導光部分の主な機能は,例えば,接着層を介して隣接する表面に導光フィルムを接着することである。接着部分170は,導光部分160の上に配置される。接着部分170はまた,側面162の上及びそれらの間に配置される。例えば,接着部分170Aは,側面162Cと162Dの上及びそれらの間に配置される。
一般に,接着部分170は,用途に望ましくなり得るように,例えば,任意の規則的又は不規則的形状など,任意の形状を有し得る。例えばいくつかの場合において,接着部分170は,四面体,プリズム若しくはピラミッドのような3次元の直線体,又はそのような立体の一部分,又は例えば錘台などそのような立体の組み合わせであってもよく,又はそれを含んでもよい。・・・(中略)・・・
接着部分170には,複数の側面172が含まれる。例えば,代表的な導光フィルム100において,接着部分170Aには,側面172Aと,相対する側面172Bと,が含まれる。一般に,接着部分170は2つ以上の側面を有し得る。例えば,図3を参照して,単位個別構造300には,相対する側面372Aと372Bとを含む接着部分370が含まれる。・・・(中略)・・・
本明細書で開示される単位個別構造の接着部分は,隣接する表面に導光部分を接着するよう主に設計されている。例えば,図5を参照し,単位個別構造500には,側面572A及び572Bを含む接着部分570が含まれ,光学接着層580を介して隣接する表面595に対し導光部分560を接着又は取り付けている。接着部分570の主な機能は,単位個別構造500又は導光部分560を表面595に接着することである。場合又は用途によっては,接着部分570は光を導くこともできる。例えば,接着部分570は,光線550を光線551として導くことができるが,そのような導光機能は,接着部分の主な機能ではない。むしろ,この導光機能は,接着部分の二次的機能である。
本明細書で開示される単位個別構造の接着部分及び導光部分は,複数の側面を有する。一般に,本明細書で開示される側面は,用途に望ましくなり得るように,例えば任意の規則的又は不規則的形状など,任意の形状を有し得る。例えば,いくつかの場合において,側面は平面部分であってよく,又は平面部分を含んでもよい。・・・(中略)・・・
いくつかの場合において,接着部分の各側面が,導光フィルムの平面に対して約60度を超える角度をなす。例えば,単位個別構造300において,側面372Aはxy平面に対して角度α_(3)をなし,側面372Bはxy平面に対して角度α_(4)をなし,α_(3)とα_(4)はそれぞれ約60度を超える。」

(カ) 「FIG. 20 is a schematic side-view of an optical stack 2000 that includes an optical film 2090 that is disposed on a light directing film 2010, where light directing film 2010 can be any light directing film disclosed herein. Light directing film 2010 includes a first structured major surface 2020 and an opposing second major surface 2025. First structured major surface 2020 includes a plurality of unitary discrete structures 2030 that are disposed on a substrate 2005. Each of at least some unitary discrete structures include a light directing portion 2040 primarily for directing light and a bonding portion 2050 primarily for bonding the light directing film to optical film 2090. In some cases, such as in the case of the exemplary optical stack 2000, at least portions of at least some bonding portions 2050 of light directing film 2010 penetrate into optical film 2090 and at least portions of at least some light directing portions 2040 of light directing film 2010 do not penetrate into optical film 2090. In such cases, optical stack 2000 includes a plurality of unfilled voids 2015 between light directing film 2010 and optical film 2090, where the unfilled voids can contain air and/or a gas. In some cases, each of at least some of the plurality of unfilled voids 2015 substantially covers a region that is defined by optical film 2090 and portions of two or more adjacent unitary discrete structures 2030 that do not penetrate into the optical film and immediately surround the region. For example, in such cases, an unfilled void covers at least 50%, or at least 60%, or at least 70%>, or at least 80%), or at least 90%>, of a region that is defined by optical film 2090 and portions of two or more adjacent unitary discrete structures 2030 that do not penetrate into the optical film. For example, in the case of linear unitary discrete structures 2030, unfilled void 2015 substantially covers the region that is defined on the top by optical film 2090, on the right side by portion 2021 of linear unitary discrete structure 203 OA that has not penetrated into the optical film, and on the left side by portion 2022 of linear unitary discrete structure 2030B that has not penetrated into the optical film.
Optical film 2090 includes an optical layer 2070 that is disposed on an optical adhesive layer 2060. The portions of bonding portions 2050 of light directing film 2010 that penetrate into the optical film penetrate into the optical adhesive layer. Optical adhesive layer 2060 attaches or bonds light directing film 2010 to optical layer 2070 or major surface 2071 of optical layer 2070 while substantially maintaining an air environment or surrounding for light directing portions 2040. In some cases, bonding portions 2050 have high aspect ratios which can result in strong bonding between optical film 2090 and light directing film 2010.
Bonding portions 2050 that penetrate into optical adhesive layer have an average maximum height h_(2,avg) which is the average of the maximum heights h_(2) of the individual bonding portions that have penetrated into the optical adhesive layer. In some cases, h_(2, avg) is greater than the average thickness h_(3) of optical adhesive layer 2060. For example, in such cases, h_(2,avg) is greater than h_(3) by at least 0.2 microns, or at least 0.3 microns, or at least 0.4 microns, or at least 0.5 microns, or at least 0.7 microns, or at least 1 micron, or at least 1.2 microns, or at least 1.5 microns, or at least 1.7 microns, or at least 2 microns.
In general, optical film 2090 can include any optical layer 2070 that may be desirable in an applications. For example, in some cases, optical layer 2070 can be or include an absorbing polarizer. As another example, in some cases, optical film 2090 or optical layer 2070 can include a reflective polarizer.・・・(中略)・・・
As yet another example, in some cases, optical layer 2070 can be or include a second light directing film that includes a plurality of linear prismatic structures. For example, FIG. 21 is a schematic three dimensional view of a light directing film 2100 that includes a plurality of linear prismatic structures 2110 that are disposed on a substrate 2120 and extend linearly along the y-direction. In some cases, optical layer 2070 can be or include light directing film 2100. In such cases, unitary discrete structures 2030 of light directing film 2010 can also be linear structures that extend in a direction that is perpendicular to the linear direction of linear prismatic structures 2110. In some cases, substrate 2120 can be similar to optical layer 2070 and may include any optical layer and provide any function that may be desirable in an application.
・・・(中略)・・・
Bonding portions 2050 allow for secure attachment of light directing film 2010 to optical film 2090 or surface 2071 with no or very little loss in optical properties, such as brightness. In particular, the bonding portions have sufficiently large aspect ratios to provide sufficient exterior surface to enhance adhesion between the light directing film and the optical film. The bonding portions are also sufficiently narrow relative to the width of the light directing portions so that there is no or very little loss in the effective transmission of the light directing film and/or the optical stack. As used herein, effective transmission (ET), or optical gain, is the ratio of the luminance of an optical system, such as a display system, with the film in place in the optical system to the luminance of the optical system without the film in place.
Unitary discrete structures 2030 can have any index of refraction that may be desirable in an application. For example, in some cases, the index of refraction of the unitary discrete structures is in a range from about 1.4 to about 1.8, or from about 1.5 to about 1.8, or from about 1.5 to about 1.7. In some cases, the index of refraction of the unitary discrete structures is not less than about 1.5, or not less than about 1.55, or not less than about 1.6, or not less than about 1.65, or not less than about 1.7.
In general, the peel strength of light redirecting film 2010 and optical adhesive layer 2060, surface 2071, or optical film 2090 is sufficiently large to provide secure adhesion between light directing film 2010 and optical film 2090 so that optical stack 2000 can be handled as a single film or unit without bonding portions 2050 delaminating or separating from optical film 2090. In some cases, the peel strength of light redirecting film 2010 and optical adhesive layer 2060 is greater than about 20 grams/inch, or about 25 grams/inch, or about 30 grams/inch, or about 35 grams/inch, or about 40 grams/inch, or about 45 grams/inch, or about 50 grams/inch, or about 60 grams/inch, or about 70 grams/inch, or about 80 grams/inch, or about 90 grams/inch, or about 100 grams/inch, or about 110 grams/inch, or about 120 grams/inch, or about 130 grams/inch, or about 140 grams/inch, or about 150 grams/inch.
Bonding portions 2050 are designed primarily to provide sufficient adhesion between light directing film 2010 and optical film 2090 by sufficiently penetrating into the optical film. While providing sufficient adhesion between the two films, the bonding portions are sufficiently narrow so as to have no, or very little, effect on the effective transmission of light directing film 2010 or optical stack 2000.」(明細書20ページ27行ないし25ページ14行)
【日本語訳】
「図20は,導光フィルム2010上に配置された光学フィルム2090を含む光学積層体2000の側面概略図であり,導光フィルム2010は,本明細書で開示されている任意の導光フィルムであり得る。導光フィルム2010には,構造化された第1主面2020と,相対する第2主面2025と,が含まれる。構造化された第1主面2020には,基材2005上に配置された複数の単位個別構造2030が含まれる。少なくともいくつかの単位個別構造のそれぞれには,主に光を導くための導光部分2040と,主に導光フィルムを光学フィルム2090に接着させるための接着部分2050と,が含まれる。いくつかの場合において,代表的な光学積層体2000の場合のように,導光フィルム2010の少なくともいくつかの接着部分2050の,少なくとも一部分が,光学フィルム2090内に侵入し,導光フィルム2010の少なくともいくつかの接着部分2040の,少なくとも一部分は,光学フィルム2090内に侵入しない。そのような場合,光学積層体2000には,導光フィルム2010と光学フィルム2090との間に複数の未充填ボイド2015が含まれ,この未充填ボイドには,空気及び/又は気体が含まれ得る。いくつかの場合において,複数の未充填ボイド2015のうち少なくともいくつかのそれぞれが,実質的にある領域をカバーし,この領域は,光学フィルム2090と,光学フィルムに侵入しておらずその領域のすぐ周囲にある2つ以上の隣接する単位個別構造2030の一部と,によって画定される。例えば,そのような場合において,未充填ボイドは,光学フィルム2090と,光学フィルムに侵入していない2つ以上の隣接する単位個別構造2030の一部分とによって画定される領域の,少なくとも50%,又は少なくとも60%,又は少なくとも70%,又は少なくとも80%,又は少なくとも90%をカバーする。例えば,線形の単位個別構造2030の場合において,未充填ボイド2015は実質的に,光学フィルム2090によって上面が,光学フィルムに侵入していない線形単位個別構造2030Aの一部分2021によって右側が,光学フィルムに侵入していない線形単位個別構造2030Bの一部分2022によって左側が,画定されている領域をカバーする。
光学フィルム2090には,光学接着層2060の上に配置される光学層2070が含まれる。光学フィルムに侵入していない導光フィルム2010の接着部分2050の一部分は,光学接着層に侵入している。光学接着層2060は,導光フィルム2010を光学層2070又は光学層2070の主面2071に取り付け,又は接着し,同時に,導光部分2040のための空気環境又は周辺を実質的に維持する。いくつかの場合において,接着部分2050は,光学フィルム2090と導光フィルム2010との間に強靱な接着をもたらし得る高い縦横比を有する。
光学接着層に侵入している接着部分2050は,平均最大高さh_(2,avg)を有し,これは光学接着層に侵入している個々の接着部分の最大高さh_(2)の平均である。いくつかの場合において,h_(2,avg)は,光学接着層2060の平均厚さh_(3)よりも大きい。例えば,そのような場合,h_(2,avg)はh_(3)よりも,少なくとも0.2マイクロメートル,又は少なくとも0.3マイクロメートル,又は少なくとも0.4マイクロメートル,又は少なくとも0.5マイクロメートル,又は少なくとも0.7マイクロメートル,又は少なくとも1マイクロメートル,又は少なくとも1.2マイクロメートル,又は少なくとも1.5マイクロメートル,又は少なくとも1.7マイクロメートル,又は少なくとも2マイクロメートル大きい。
一般に,光学フィルム2090は,用途に望ましくなり得るように,任意の光学層2070を含み得る。例えば,いくつかの場合において,光学層2070は吸収偏光子であってよく,又はこれを含んでもよい。別の一例として,いくつかの場合において,光学フィルム2090又は光学層2070には反射偏光子が含まれ得る。・・・(中略)・・・
更に別の一例として,いくつかの場合において,光学層2070は,複数の線形プリズム構造を含む第2導光フィルムであってよく,又はこれを含み得る。例えば図21は,基材2120上に配置され,y方向に沿って線形に延在する複数の線形プリズム構造2110を含む,導光フィルム2100の3次元概略図である。いくつかの場合において,光学層2070は,導光フィルム2100であってよく,又はこれを含み得る。そのような場合,導光フィルム2010の単位個別構造2030は更に,線形プリズム構造2110の線形方向に対して垂直方向に延在する線形構造であってもよい。いくつかの場合において,基材2120は光学層2070に類似であってよく,用途に望ましくなり得るように,任意の光学層を含み,任意の機能を提供し得る。
・・・(中略)・・・
接着部分2050によって,導光フィルム2010を光学フィルム2090又は表面2071にしっかりと取り付けることが可能になり,輝度などの光学的特性の損失も全くないか,又はほとんどない。具体的には,接着部分は,導光フィルムと光学フィルムとの間の接着を強化するのに十分な外面を提供するために,十分に大きな縦横比を有する。接着部分は更に,導光部分の幅に対して十分に細く,これにより,導光フィルム及び/又は光学積層体の有効透過率の損失が全くないか,又はほとんどない。本明細書で使用される有効透過率(ET)又はオプティカルゲインとは,フィルムを取り付けない状態での光学システム(例えば,ディスプレイシステム)の輝度に対するフィルムを取り付けた状態での光学システムの輝度の比である。
単位個別構造2030は,用途に望ましくなり得るように,任意の屈折率を有し得る。例えばいくつかの場合において,単位個別構造の屈折率は,約1.4?約1.8,又は約1.5?約1.8,又は約1.5?約1.7の範囲である。いくつかの場合において,単位個別構造の屈折率は約1.5以上,又は約1.55以上,又は約1.6以上,又は約1.65以上,又は約1.7以上である。
一般に,導光フィルム2010と,光学接着層2060,表面2071,又は光学フィルム2090との剥離強度は,導光フィルム2010と光学フィルム2090との間にしっかりした接着を提供するのに十分なほど大きく,これにより光学積層体2000は,光学フィルム2090から接着部分2050が剥離又は分離することなしに,単一のフィルム又はユニットとして取り扱うことができる。いくつかの場合において,導光フィルム2010と光学接着層2060との間の剥離強度は,約20グラム/インチ超,又は約25グラム/インチ超,又は約30グラム/インチ超,又は約35グラム/インチ超,又は約40グラム/インチ超,又は約45グラム/インチ超,又は約50グラム/インチ超,又は約60グラム/インチ超,又は約70グラム/インチ超,又は約80グラム/インチ超,又は約90グラム/インチ超,又は約100グラム/インチ超,又は約110グラム/インチ超,又は約120グラム/インチ超,又は約130グラム/インチ超,又は約140グラム/インチ超,又は約150グラム/インチである。
接着部分2050は主に,光学フィルム内に十分に侵入することによって,導光フィルム2010と光学フィルム2090との間に十分な接着を提供するよう設計されている。2枚のフィルム間に十分な接着を提供する一方,この接着部分は,導光フィルム2010又は光学積層体2000の有効透過率に全く又はほとんど影響をあたえないよう,十分に細い。」

(キ) 「

・・・(中略)・・・

・・・(中略)・・・

・・・(中略)・・・



イ 引用文献に記載された発明
引用文献の前記ア(ア)ないし(キ)の記載から,図21に示される「導光フィルム2100」(「導光フィルム2010」との混乱を避けるため,便宜上,「第2導光フィルム2100」という。)を「光学層2070」として用いた,図20に示される「光学積層体2000」に関する発明を把握することができるところ,引用文献の図20(前記ア(キ)を参照。)から,導光部分2040の断面形状が,同じ長さを有する二辺を斜辺とする二等辺三角形から頂角を含む上部の一部を切除した略台形の形状を有していること,及び,接着部分2050の断面形状が,前記導光部分2040の切除した部分に接続され,2つの側面が上面と直交し,前記上面が第2主面と平行な略長方形であることを看取でき,かつ,図20及び図21(前記ア(キ)を参照。)から,「導光フィルム2010」の「単位個別構造2030」の基材2005からの突出方向,及び,「第2導光フィルム2100」の「複数の線形プリズム構造2110」の基材2120からの突出方向が同じ方向(+Z方向)であることを看取できるから,「単位個別構造2030」及び「複数の線形プリズム構造2110」の突出方向(+Z方向)を「上方向」と表現すると,当該「光学積層体2000」に関する発明の構成は次のとおりである。

「導光フィルム2010上に配置された光学フィルム2090を含む光学積層体2000であって,
前記光学フィルム2090は,光学接着層2060と,当該光学接着層2060上に配置される光学層2070を含み,
前記光学層2070は,基材2120上に配置され,一方向に沿って線形に延在する複数の線形プリズム構造2110を有する第2導光フィルム2100であり,
前記導光フィルム2010は,構造化された第1主面2020と,相対する第2主面2025とを有し,前記構造化された第1主面2020は,基材2005上に配置された複数の単位個別構造2030を有し,
前記導光フィルム2010の前記単位個別構造2030のそれぞれは,主に光を導くための導光部分2040と,主に前記導光フィルム2010を前記光学フィルム2090に接着させるための接着部分2050とを有し,当該導光部分2040と接着部分2050とが,前記線形プリズム構造2110の線形方向に対して垂直方向に延在する線形構造に形成されており,
前記導光部分2040の断面形状は,同じ長さを有する二辺を斜辺とする二等辺三角形から頂角を含む上部の一部を切除した略台形の形状を有しており,
前記接着部分2050の断面形状は,前記導光部分2040の前記切除した部分に接続され,2つの側面が上面と直交し,前記上面が前記第2主面2025と平行な略長方形の形状を有しており,当該接着部分2050の一部分が,前記光学接着層2060に侵入しており,
前記単位個別構造2030の前記基材2005からの突出方向と,前記複数の線形プリズム構造2110の前記基材2120からの突出方向がともに上方向である
光学積層体2000。」(以下「引用発明」という。)

(3)対比
本願補正発明と引用発明とを対比する。
ア 引用発明の「複数の線形プリズム構造2110」,「第2導光フィルム2100」,「複数の単位個別構造2030」,「導光フィルム2010」,「光学接着層2060」,「導光部分2040」,「接着部分2050」及び「光学積層体2000」は,本願補正発明の「第1構造化パターン」,「上部光学シート」,「第2構造化パターン」,「下部光学シート」,「接着層」,「光伝達部」,「埋め部」及び「多層光学シートモジュール」にそれぞれ相当する。

イ 引用発明の「第2導光フィルム2100」(本願補正発明の上部光学シートに相当。以下,引用発明の構成に付したカッコ書き内の文言は,対応する本願補正発明の発明特定事項を示す。)は,基材2120上に配置され,一方向に沿って線形に延在する「複数の線形プリズム構造2110」(第1構造化パターン)を有するものであり,当該「複数の線形プリズム構造2110」の基材2005からの突出方向は上方向であるから,引用発明の「第2導光フィルム2100」と本願補正発明の「上部光学シート」は,「上側に突出した第1構造化パターンを有する」点で一致する。

ウ 引用発明は,「導光フィルム2010」(下部光学シート)上に配置された光学フィルム2090を含む光学積層体2000であって,前記光学フィルム2090は,「光学接着層2060」(接着層)と,当該光学接着層2060上に配置される光学層2070を含み,前記光学層2070は「第2導光フィルム2100」(上部光学シート)であり,前記「導光フィルム2010」の第1主面2020に設けられた「複数の単位個別構造2030」(第2構造化パターン)の突出方向は上方向,すなわち,「第2導光フィルム2100」側の方向であるから,引用発明の「導光フィルム2010」と本願補正発明の「下部光学シート」は,「上部光学シートの下方に積層形態で設けられ,上部光学シート側に突出した第2構造化パターンを有する」点で一致し,引用発明の「光学接着層2060」と本願補正発明の「接着層」は,「上部光学シートと前記下部光学シートの間に設けられた」点で一致する。

エ 引用発明の「導光部分2040」(光伝達部)は,その断面形状が,同じ長さを有する二辺を斜辺とする二等辺三角形から頂角を含む上部の一部を切除した略台形の形状であるから,「上方に行くほど横断面積が小さくなる」ものであるといえる。
また,引用発明の「接着部分2050」(埋め部)は,前記「導光部分2040」の前記切除した部分に接続され,その一部分が,「光学接着層2060」(接着層)に侵入しているから,「光伝達部の上部に連設されて接着層に少なくとも一部が埋められる」ものであるといえる。
したがって,引用発明の「複数の単位個別構造2030」と本願補正発明の「第2構造化パターン」は,「上方に行くほど横断面積が小さくなる光伝達部と,前記光伝達部の上部に連設されて前記接着層に少なくとも一部が埋められる埋め部とを有」する点で一致する。

オ 引用発明の「接着部分2050」(埋め部)の断面形状は,2つの側面が上面と直交し,前記上面が第2主面と平行な略長方形の形状を有しているところ,当該「2つの側面」が,本願補正発明の「断面軌跡が直線である一対の延長面」に相当する。
そして,引用発明において,「導光部分2040」(光伝達部)の断面形状は,同じ長さを有する二辺を斜辺とする二等辺三角形から頂角を含む上部の一部を切除した略台形の形状であるから,当該「導光部分2040」の2つの側面と第2主面2025がなす角度は鋭角(引用文献の前記ア(エ)の記載によれば,約30度?約60度)であると認められるところ,前記「接着部分2050」の「2つの側面」と第2主面2025がなす角度は90°であるから,「接着部分2050」の「2つの側面」は,「導光部分2040」から上方向へ傾斜(導光部分2040に対して約30度?60度)して延びているといえる。
したがって,引用発明の「接着部分2050」と本願補正発明の「埋め部」は,「光伝達部から上方へ上向傾斜して延びると共に断面軌跡が直線である一対の延長面を有」する点で一致する。
なお,本願補正発明の「一対の延長面」についての規定である「上向傾斜」なる文言が,「光伝達部」に対して上方向へ傾斜していることを指しているのでなく,「上方向」に対して傾斜していること(すなわち,平行でないこと)を指していると解する余地があるところ,当該解釈を前提とした場合,引用発明の「2つの側面」(一対の延長面)が,上方向に対して,「傾斜」しているのでなく,「平行」である点で,本願補正発明と相違しているということになるが,当該相違点に係る本願補正発明の発明特定事項は,後述する(5)で述べる構成の変更を行った引用発明が具備することとなる構成であるから,結論に変わりはない。

カ 前記アないしオから,本願補正発明と引用発明とは,
「上側に突出した第1構造化パターンを有する上部光学シートと,
前記上部光学シートの下方に積層形態で設けられ,前記上部光学シート側に突出した第2構造化パターンを有する下部光学シートと,
前記上部光学シートと前記下部光学シートの間に設けられた接着層と
を含み,
前記第2構造化パターンは,
上方に行くほど横断面積が小さくなる光伝達部と,前記光伝達部の上部に連設されて前記接着層に少なくとも一部が埋められる埋め部とを有し,
前記埋め部は,前記光伝達部から上方へ上向傾斜して延びると共に断面軌跡が直線である一対の延長面を有する,
多層光学シートモジュール。」
である点で一致し,次の点で相違する。

相違点1:
本願補正発明では,「埋め部」における「接着層」と接する断面の面積が,「光伝達部」が連続的な勾配で上方に延長して形成する仮想断面軌跡の面積より大きいのに対して,
引用発明では,「接着部分2050」における「光学接着層2060」と接する断面の面積と,「導光部分2040」が連続的な勾配で上方に延長して形成する仮想断面軌跡の面積との大小関係は,特定されていない点。

相違点2:
本願補正発明の「埋め部」は,その「延長面」の上端部が互いに接して三角形の断面軌跡を形成しているのに対して,
引用発明の「接着部分2050」は,その「2つの側面」の上端部が第2主面2025と平行な上面に接続されて,略長方形の断面軌跡を形成している点。

(4)相違点1の容易想到性
引用文献の図20には,「接着部分2050」における「光学接着層2060」と接する断面の面積が,「導光部分2040」の2つの側面を延長した仮想線により形成される部分の面積よりも大きいように描かれているところ,当該「導光部分2040」の2つの側面を延長した仮想線により形成される部分の面積は,本願補正発明の「光伝達部が連続的な勾配で上方に延長して形成する仮想断面軌跡の面積」に他ならないから,当該図20に示されたものでは,「接着部分2050」における「光学接着層2060」と接する断面の面積が,「導光部分2040」の2つの側面を「連続的な勾配で上方に延長して形成する仮想断面軌跡」の面積よりも大きいと解される。
また,引用文献の明細書24ページ15ないし21行の記載(前記(2)ア(カ)を参照。)によれば,引用発明において,「接着部分2050」は,「導光フィルム2010を光学フィルム2090又は表面2071にしっかりと取り付ける」ために設けられたものであり,「導光フィルムと光学フィルムとの間の接着を強化するのに十分な外面を提供するために,十分に大きな縦横比を有する」ように配慮されるものである。
そうすると,引用発明において,導光フィルム2010と第2導光フィルム2100とを十分に強力に接着するために,「接着部分2050」の縦横比,「接着部分2050」の「光学接着層2060」への侵入深さ等を調整して,引用文献の図20に示されたもの以上の接着面積となるように構成すること(すなわち,引用発明を,相違点1に係る本願補正発明の発明特定事項に相当する構成を具備したものとすること)は,当業者が適宜なし得た設計上の事項にすぎない。

(5)相違点2の容易想到性
引用文献の明細書12ページ4ないし9行には,引用発明の「導光部分2040」の2つの側面に対応する「第1側面162C,162D」が,引用発明の「第2主面2025」と平行な面に対応する「導光フィルムの平面105」となす角度が,約30°?約60°の範囲であることが記載され(前記(2)ア(エ)を参照。),
引用文献の明細書17ページ1ないし5行には,引用発明の「接着部分2050」の「2つの側面」に対応する「接着部分の各側面372A,372B」が,引用発明の「第2主面2025」と平行な面に対応する「xy平面」となす角度が,約60°を越えることが記載され(前記(2)ア(オ)を参照。),
引用文献の明細書12ページ28ないし末行には,引用発明の「接着部分2050」に対応する「接着部分170」の形状の例として,プリズムが記載されている(前記(2)ア(オ)を参照。)。
引用文献のこれらの記載から,引用発明の「接着部分2050」の形状を,その「2つの側面」が「第2主面2025」となす角度が,「導光部分2040」の2つの側面が「第2主面2025」となす角度よりも大きくなるようなプリズム形状(当然,「接着部分2050」の「2つの側面」の上端部が互いに接して三角形の断面軌跡を形成することとなる。)とすることは,当業者が容易になし得たことである。

(6)効果について
本件補正後の明細書の発明の詳細な説明において本願補正発明が有するとされた効果(発明の詳細な説明の【0045】ないし【0048】を参照。)は,本願補正発明の進歩性の有無の判断を左右するほどの格別のものではない。

(7)独立特許要件についてのまとめ
以上のとおりであって,本願補正発明は,引用発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法29条2項の規定により特許出願の際独立して特許を受けることができないものである。
したがって,本件補正は,特許法17条の2第6項において準用する同法126条7項の規定に違反するので,同法159条1項において読み替えて準用する同法53条1項の規定により却下すべきものである。


第3 本願の請求項1に係る発明について
1 本願の請求項1に係る発明
本件補正は前記のとおり却下されたので,本件の請求項1ないし18に係る発明は本件補正前の特許請求の範囲の請求項1ないし18に記載されたとおりのものであるところ,請求項1に係る発明(以下,「本願発明」という。)は,前記第2〔理由〕1(1)アに本件補正前の請求項1として示したとおりのものである。

2 原査定の拒絶の理由の概要
本願発明に対する原査定の拒絶の理由は,概略,本願発明は,引用文献に記載された発明であるから,特許法29条1項3号に該当し,特許を受けることができない,及び,本願発明は,引用文献に記載された発明に基づいて,本願優先日より前に当業者が容易に発明をすることができたものであるから,同法29条2項の規定により特許を受けることができない,というものである。

3 判断
(1)引用例
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献の記載及び引用発明については,前記第2〔理由〕4(2)ア及びイのとおりである。

(2)対比・判断
本願補正発明は,上記第2〔理由〕3のとおり,本願発明の発明特定事項を限定したものである。
そうすると,本願発明の発明特定事項をすべて含み,さらに限定を付加したものに相当する本願補正発明が,上記第2〔理由〕4(7)に記載したとおり,引用発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから,本願発明も同様の理由により,引用発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものである。

4 むすび
以上のとおり,本願発明は,引用発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるから,他の請求項に係る発明について検討するまでもなく,本願は特許法29条2項の規定により特許を受けることができない。
よって,結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2016-02-08 
結審通知日 2016-02-09 
審決日 2016-02-22 
出願番号 特願2012-268876(P2012-268876)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (G02B)
P 1 8・ 575- Z (G02B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 最首 祐樹早川 貴之  
特許庁審判長 藤原 敬士
特許庁審判官 清水 康司
鉄 豊郎
発明の名称 多層光学シートモジュール  
代理人 大貫 進介  
代理人 伊東 忠重  
代理人 伊東 忠彦  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ