• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 A63B
管理番号 1332770
審判番号 不服2016-11149  
総通号数 215 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2017-11-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2016-07-25 
確定日 2017-09-21 
事件の表示 特願2013-538821「ゴルフクラブヘッドおよびシャフトのための取り外し可能かつ交換可能な接続部」拒絶査定不服審判事件〔平成24年 5月18日国際公開、WO2012/064707、平成25年11月21日国内公表、特表2013-542042〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、2011年11月8日(パリ条約による優先権主張2010年11月11日、米国)を国際出願日とする出願であって、原審において平成25年9月9日付け、平成27年5月29日付け、平成28年1月14日付けで手続補正がなされ、同年3月15日付けで拒絶査定がなされ、これに対し、同年7月25日付けで拒絶査定に対する不服審判請求がなされたものである。


第2 本願発明
本願の請求項1に係る発明は、上記平成28年1月14日付けの手続補正によって補正された特許請求の範囲の記載からみて、その特許請求の範囲の請求項1に記載された次のとおりのものと認められる。(以下「本願発明」という。)

「【請求項1】
シャフト;
ホーゼル領域およびクラブヘッドの底部に規定される内部チャンバを有するゴルフクラブヘッド;
第一の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有し、シャフトと係合するシャフトアダプタであって、該シャフトアダプタが第二の軸に沿って延びる内腔をさらに備え、該シャフトの一つの端部が第二の軸上の内腔中に延び、シャフトアダプタの外面の少なくとも一部が非円形断面形状を有し、第二の端部が固定構造を備える、シャフトアダプタ;
第三の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有するヘッドアダプタであって、非回転様式でかつ複数の異なる向きで、非円形断面形状を有するシャフトアダプタの外面の一部を受けてこれと係合するように形成される、非円形断面形状を第四の軸に沿って有する内腔をさらに備える、ヘッドアダプタ;
シャフトアダプタの第二の端部中に延び、かつシャフトアダプタの固定構造と取り外し可能に係合し、それによりシャフトアダプタおよびヘッドアダプタをゴルフクラブヘッドに取り外し可能に係合する固定部材;ならびに
固定部材とヘッドアダプタの間の可撓性のワッシャー
を備えるゴルフクラブであって、
シャフトアダプタの回転がゴルフクラブヘッドに対して変化しないけれども、ヘッドアダプタをシャフトアダプタに対して回転することにより、第四の軸の方向をゴルフクラブヘッドと共に変化させ、さらに、ヘッドアダプタの回転がゴルフクラブヘッドに対して変化しないけれども、シャフトアダプタをヘッドアダプタに対して回転させることにより、第二の軸の方向をゴルフクラブと共に変化させ、
固定部材がクラブヘッドに合わさる位置は、雑音および振動を減弱するために可撓性の材料を含み、さらに、固定部材が、固定部材の自由端上に拡大したリングを含むことにより、固定部材と内部チャンバが、固定部材がシャフトアダプタから取り外された時に、内部チャンバから固定部材が完全に抜け落ちるのを防ぐように構成され、
ホーゼル領域がシャフトアダプタの外面と係合し、かつ内部チャンバがヘッドアダプタを受けるための開口部を提供する、
前記ゴルフクラブ。」


第3 引用刊行物
1 刊行物1
原査定の拒絶理由で引用された、本願の優先日前である2010年8月5日に頒布された刊行物である米国特許出願公開第2010/0197423号明細書(以下「刊行物1」という。)には、図面と共に次の事項が記載されている。(なお、括弧内の訳文は、当審が作成した。また、下線は審決で付した。以下同じ。)
(1)「[0006] Given the recent advances, there is a vast array of golf club component parts available to the golfer. For example, club heads are produced by a wide variety of manufacturers in a variety of different models. Moreover, the individual club head models may include multiple variations, such as variations in the loft angle, lie angle, offset features, weighting characteristics (e.g., draw biased club heads, fade biased club heads, neutrally weighted club heads, etc.). Additionally, the club heads may be combined with a variety of different shafts, e.g., from different manufacturers; having different stiffnesses, flex points, kick points, or other flexion characteristics, etc.; made from different materials; etc. Between the available variations in shafts and club heads, there are literally hundreds of different club head/shaft combinations available to the golfer.
[0007] Club fitters and golf professionals can a¥ssist in fitting golfers with a golf club head/shaft combination that suits their swing characteristics and needs. Conventionally, however, golf club heads are permanently mounted to shafts using cements or adhesives. Therefore, to enable a golfer to test a variety of head/shaft combinations, the club fitter or professional must carry a wide selection of permanently mounted golf club head/shaft combinations (which takes up a considerable amount of storage space and inventory costs) or the club fitter or professional must build new clubs for the customer as the fitting process continues (which takes a substantial amount of time and inventory costs). The disadvantages associated with these conventional options serve to limit the choices available to the golfer during a fitting session and/or significantly increase the expense and length of a session.」
(日本語訳:[0006] 最近の進歩のおかげで、ゴルファーに利用可能なゴルフクラブ構成パーツが無数にある。例えば、クラブヘッドは、多種多様な製造者によって多様なモデルとして製造されている。そのうえ、個々のクラブヘッドモデルが多数の変形、例えばロフト角、ライ角、オフセット特徴、ウェイト付け特性(例えば、ドローバイアスクラブヘッド、フェードバイアスクラブヘッド、自然にウェイト付けされたクラブヘッドなど)の変形を含み得る。さらには、例えば異なる製造者からの、異なる剛性、フレックスポイント、キックポイントまたは他の屈曲特性などを有し、異なる材料などでできている多様な異なるシャフトと、クラブヘッドを組み合わせることができる。シャフトおよびクラブヘッドの利用可能な変形の間には、ゴルファーに利用可能な、文字通り何百もの異なるクラブヘッド/シャフトの組み合わせがある。
[0007] クラブフィッタおよびゴルフの専門家は、ゴルファーに、そのゴルファーのスイング特性および必要性に合うゴルフクラブヘッド/シャフトの組み合わせをフィッティングすることを支援することができる。しかし、従来、ゴルフクラブヘッドは、セメントまたは接着剤を使用してシャフトに永久的に取り付けられている。したがって、ゴルファーが多様なヘッド/シャフト組み合わせを試すことを可能にするためには、クラブフィッタまたは専門家は、永久的に取り付けられたゴルフクラブヘッド/シャフトの組み合わせの幅広い品揃えを保有しなければならないか(かなりの量の保管空間および在庫管理費を要する)、あるいはクラブフィッタまたは専門家は、フィッティングプロセスが続くとともに顧客のために新たなクラブを構築しなければならない(実質的な量の時間および在庫管理費を要する)。これら従来のオプションに伴う欠点により、フィッティングセッション中にゴルファーに利用可能な選択は制限され、ならびに/または、セッションの費用および長さが有意に増大する。)

(2)「[0039] In the example embodiment shown in FIG. 2 , the bore 210 has a circular cross-sectional shape, e.g., to receive a conventionally shaped round shaft. If desired, however, the cross-sectional shape of the bore 210 may be, for example, a polygon having any number of sides, such as: 12 or fewer sides, 10 or fewer sides, eight or fewer sides, six or fewer sides, or even four or fewer sides. The cross-sectional shape of the bore 210 may be configured to have a size and shape adapted to inhibit rotation of the shaft member 106 with respect to the shaft adapter 202 . This may be due to the shaft adapter's bore 210 having the same general polygon shape as the shaft member 106 . Yet in other embodiments, only a portion of the bore 210 engages or mates with the shaft member 106 , however, the mating prevents rotation of the shaft adapter 202 within the shaft member 106 . In some more specific example structures according to the invention, a portion of the shaft member 106 will have a square or rectangular cross-section and the bore 210 of the shaft adapter 202 will include a multi-sided polygon shaped opening (e.g., with 4, 6, 8, 12, or 16 sides) that receives shaft member 106 . Alternatively, if desired, the shaft adapter 202 may be permanently engaged with the shaft member 106 , e.g., using cements or adhesives, using fusing techniques (such as welding, brazing, or soldering), etc., particularly in example structures in which the bore 210 and the shaft member 106 have round cross-sections.」
(日本語訳:[0039] 図2に示す例示的な態様において、内腔210は、例えば通常の形状の丸いシャフトを受けるような円形の断面形状を有する。しかしながら望ましくは、内腔210の断面形状は、例えば任意の数の辺、12もしくはそれより少ない辺、10もしくはそれより少ない辺、8もしくはそれより少ない辺、6もしくはそれより少ない辺、またはさらに4もしくはそれより少ない辺を持つ多角形であってもよい。内腔210の断面形状は、シャフトアダプタ202に対するシャフト部材106の回転を阻止するように適合させたサイズおよび形状を有するように構成されてもよい。これは、シャフト部材106と同じ、通常多角形の形状を有するシャフトアダプタの内腔210に起因し得る。さらに他の態様において、内腔210の一部のみがシャフト部材106と係合または嵌合するが、嵌合はシャフト部材106内でのシャフトアダプタ202の回転を阻止する。本発明によるいくつかの、より特定の例示的な構造において、シャフト部材106の一部は正方形または長方形の断面を有し、シャフトアダプタ202の内腔210は、シャフト部材106を受ける複数の辺がある(例えば4、6、8、12、または16の辺を有する)多角形の形状をした開口部を含む。代替として必要に応じて、特に内腔210およびシャフト部材106が円形の断面を有する例示的な構造において、例えばセメントまたは接着剤を用いて、融合技術(例えば溶接、ろう着、またははんだ付け)を用いてなどにより、シャフトアダプタ202をシャフト部材106に永久的に係合してもよい。)

(3)「[0041] Looking briefly to FIG. 4 (which will be discussed in more detail below), the shaft adapter 202 is configured to securely attach to the shaft member 106 . The exemplary shaft adapter 202 may be hollow and may be sized to receive a free end portion of a golf club shaft, such as shaft member 106 . Yet in other embodiments, the exemplary shaft adapter 202 may be sized to be received within a hollow portion at the free end of a golf club shaft, such as shaft member 106 . Those skilled in the art will readily appreciate that the shaft adapter 202 is not required to be hollow and may securely attach to a club shaft by any suitable methods and mechanisms, including for example, e.g., via cements or adhesives; via welding, brazing, soldering, or other fusing techniques; via mechanical connectors; via a friction fit; etc. In some embodiments, the connection of the shaft adapter 202 to a shaft member 106 , may be releasable, so as to allow shafts to be easily and quickly switched. Yet, in other embodiments, the shaft adapter 202 may be integral to or otherwise permanently affixed to the shaft member 106 . As further illustrated in FIGS. 2 and 4 , the exterior surface of the shaft adapter 202 may be a cross-sectional shape of a regular polygon. The cross-sectional shape may be, for example, a polygon having 16 or fewer sides, 12 or fewer sides, 10 or fewer sides, eight or fewer sides, six or fewer sides, or even four or fewer sides). In other embodiments, the cross-sectional shape of the exterior surface of the shaft adapter may be circular. The cross-sectional shape of the exterior surface of the shaft adapter is configured to have a size and shape adapted to fit into the head adapter (as described below) and inhibit rotation of the shaft adapter 202 with respect to the head adapter 302 .」
(日本語訳:[0041] 図4を簡単に参照すると(詳細は以下に記述する)、シャフトアダプタ202は、シャフト部材106に確実に取り付けられるように構成される。例示的なシャフトアダプタ202は、中空であってもよく、シャフト部材106などゴルフクラブシャフトの自由端部分を受けるようにサイズ決定されていてもよい。なお他の態様において、例示的なシャフトアダプタ202は、シャフト部材106などゴルフクラブシャフトの自由端の中空部分に受け入れられるようにサイズ決定されていてもよい。シャフトアダプタ202は中空である必要はなく、例えばセメントまたは接着剤を介して;溶接、ろう着、はんだ付け、もしくは他の融合技術を介して;機械的なコネクタを介して;摩擦嵌めを介してなどを含む任意の適した方法および機構によってクラブシャフトに確実に取り付けてもよいことを当業者は容易に理解するであろう。いくつかの態様において、シャフトを容易にかつ迅速に切り替えられるように、シャフトアダプタ202のシャフト部材106への接続部は取り外し可能であってよい。なお他の態様において、シャフトアダプタ202は、シャフト部材106と一体であってもよく、または他の方法で永久的にシャフト部材106に取り付けられていてもよい。図2および図4にさらに図示されているように、シャフトアダプタ202の外面は、正多角形の断面形状であってもよい。断面形状は例えば、16もしくはそれより少ない辺、12もしくはそれより少ない辺、10もしくはそれより少ない辺、8もしくはそれより少ない辺、6もしくはそれより少ない辺、またはさらに4もしくはそれより少ない辺を有する多角形であってもよい。別の態様では、シャフトアダプタの外面の断面形状は円形であってもよい。シャフトアダプタの外面の断面形状は、ヘッドアダプタ(以下に記載)に一致するよう適合されたサイズおよび形状を有するように構成されており、かつヘッドアダプタ302に対するシャフトアダプタ202の回転を阻止する。)

(4)「[0050] Because the axis of the bore 210 in the shaft adapter 202 is offset from the axis of the exterior surface of the shaft adapter 202 , and because the axis of the bore in the head adapter 302 is offset from the axis of its exterior surface, rotation of either of these adapters with respect to the club head 402 will change the position of the shaft member 106 with respect to the ball striking face of the club head.…」
(日本語訳:[0050] シャフトアダプタ202内の内腔210の軸が、シャフトアダプタ202の外面の軸から偏っているため、かつヘッドアダプタ302内の内腔の軸が、その外面の軸から偏っているため、クラブヘッド402に対するこれらのアダプタのいずれかの回転は、クラブヘッドの打球面に対するシャフト部材106の位置を変化させる。…)

(5)「[0054]…When the shaft adapter 202 and the head adapter 302 are set to position 1 (as shown in FIG. 5A ), the face angle and the loft are not changed, however, the lie angle is located at +3 degrees (see line 610 of FIG. 6 ).」
(日本語訳:[0054]…シャフトアダプタ202およびヘッドアダプタ302が位置1に設定される場合(図5Aに示すように)、フェース角およびロフト角は変化しないが、ライ角は+3度に位置付けられる(図6の列610を参照されたい)。)

(6)「[0055] When the shaft adapter 202 , however, is set to position 2 (or rotated about 45 degrees in the clock-wise direction) and the head adapter 302 remains in position 1 , for example, as shown in FIG. 5B , the face angle is adjusted #0.7 degrees, the lie angle changes to +2.4 degrees, and the loft increases 1.2 degrees (See line 612 of FIG. 6 ).…」
(日本語訳:[0055] しかしながら、例えば図5Bに示すように、シャフトアダプタ202が位置2に設定され(または時計回りに約45度回転し)かつヘッドアダプタ302が位置1のままである場合、フェース角は-0.7度に調整され、ライ角は+2.4度変化し、かつロフト角は1.2度増加する(図6の列612を参照されたい)。…」

(7)「[0092] Shaft adapter 1202 is generally cylindrically shaped and has a first end 1206 , a middle portion 1208 and a second end 1210 along the same axis. According to the example structure depicted in FIGS. 12A and 12B , the first end 1206 , the middle portion 1208 and the second end 1210 may exhibit decreasing diameters, respectively. The first end 1206 may comprise a lip 1212 that is adapted to rest upon a bearing area 1214 of the hosel area 1216 . Shaft adapter 1202 further comprises a bore 1218 configured to attach to a shaft member 106 along an offset axis 1220 . The offset axis 1220 may be offset from a central hosel axis 1222 by about 2 degrees, however the offset angle may be any angle without departing from this invention, e.g., at least 0.25 degrees, at least 0.5 degrees, at least 1 degree, at least 2 degrees, at least 2.5 degrees, at least 4 degrees, or even at least 8 degrees.」
(日本語訳:[0092] シャフトアダプタ1202は通常、円筒形に形作られ、かつ第一の端部1206、中間部分1208および第二の端部1210を同じ軸にそって有する。図12Aおよび12Bに示される構造例では、第一の端部1206、中間部分1208および第二の端部1210は各々漸減する直径を示してもよい。第一の端部1206は、ホーゼル領域1216のベアリング領域1214に載せられるように適合された縁1212を含んでもよい。シャフトアダプタ1202はオフセット軸1220に沿って、シャフト部材106に取り付けられるよう構成される内腔1218をさらに備える。オフセット軸1220は中央のホーゼル軸1222から約2度偏っていてもよいが、しかしながら、本発明を逸脱することなく、任意の角度、例えば、少なくとも0.25度、少なくとも0.5度、少なくとも1度、少なくとも2度、少なくとも2.5度、少なくとも4度、または少なくとも8度でさえあり得る。」

(8)「[0098] Exemplary connection 104 may further include a head adapter 1224 according to the additional example of the invention depicted in FIGS. 12A and 12B . The head adapter 1224 may be made from one or more suitable materials as described above and may comprise materials that are different than the materials comprising the remaining sections of the golf club. For example, the head adapter 1224 may be constructed from a lightweight metal, metal alloy, or polymeric material (e.g., a rigid polymeric material). Looking at FIGS. 12A and 12B , the exemplary head adapter 1224 has a first end 1226 and a second end 1228 . As seen, the first end 1226 is along the same axis (shown as axis 1220 in FIG. 12A ) as the second end 1228 . The head adapter 1224 further comprises a bore 1231 along a second axis 1234 configured to receive the shaft adapter 1202 on the second axis 1234 (in turn the shaft adapter 1202 receives shaft member 106 ). Thus, the exterior of the head adapter 1224 may extend in one axial direction from the first end 1226 to the second end 1228 (axis 1220 ), while the bore 1231 that receives the shaft adapter 1202 extends in a different axial direction (axis 1234 ). Those skilled in the art will readily appreciate upon review of this disclosure that there are various combinations of structural elements and/or processes that may be used to implement the two axes of head adapter 1224 without departing from the scope of the invention. The angular difference between the first axis 1220 and the second axis 1234 , may be any angle without departing from this invention, e.g., at least 0.25 degrees, at least 0.5 degrees, at least 1 degree, at least 2 degrees, at least 2.5 degrees, at least 4 degrees, or even at least 8 degrees.」
(日本語訳:[0098] 例示的な接続104は、図12Aおよび12Bに示される本発明のさらなる例に係るヘッドアダプタ1224をさらに備えてもよい。ヘッドアダプタ1224は、上に記載されるような一つまたは複数の適当な材料から作られ得、かつゴルフクラブの残りの部分に含まれる材料と異なる材料を含んでもよい。例えば、ヘッドアダプタ1224は、軽量金属、合金、またはポリマ材料(例えば、硬質ポリマ材料)によって構築され得る。図12Aおよび12Bを参照すると、例示的なヘッドアダプタ1224は、第一の端部1226および第二の端部1228を有する。このように、第一の端部1226は第二の端部1228と同じ軸に沿っている(図12Aにおいて軸1220として示される)。ヘッドアダプタ1224は、第二軸1234上のシャフトアダプタ1202を受けるよう構成された内腔1231を第二軸1234に沿ってさらに備える(同じくシャフトアダプタ1202はシャフト部材106を受ける)。従って、ヘッドアダプタ1224の外側は、第一の端部1226から第二の端部1228(軸1220)の一方の軸方向に延びてもよく、シャフトアダプタ1202を受ける内腔1231は異なる軸方向(軸1234)へ延びる。当業者であれば、本発明の範囲を逸脱することなく、ヘッドアダプタ1224の二つの軸を実現するために使用できる構造的要素および/または工程の種々の組み合わせがあることを、本開示を参照することにより容易に理解するであろう。第一軸1220および第二軸1234の間の角度差は、本発明を逸脱することなくどのような角度であってもよく、例えば、少なくとも0.25度、少なくとも0.5度、少なくとも1度、少なくとも2度、少なくとも2.5度、少なくとも4度、または少なくとも8度でさえあり得る。」

(9)「[0100] In the specific example structure depicted in FIGS. 12A and 12B , club head 1200 may have a space 1242 defined in the bottom of the club head that provides an opening along the axis 1220 for receiving the head adapter 1224 .」
(日本語訳:[0100] 図12Aおよび12Bで示される特定の構造例では、クラブヘッド1200は、ヘッドアダプタ1224を受けるための、軸1220に沿った開口を提供し、クラブヘッド1200の底部に規定される内部チャンバ1242を有していてもよい。)

(10)「[0101] The shaft adapter 1202 /head adapter 1224 assembly may be secured to the club head by washer 1240 and bolt 1238 as depicted. Those skilled in the art will recognize that there are a variety of ways to secure the implements of FIGS. 12A and 12B . For instance, instead of bolt 1238 , the head adapter 1224 may be permanently fixed in space 1242 of the hosel area by known techniques.」
(日本語訳:[0101] シャフトアダプタ1202/ヘッドアダプタ1224アセンブリは、示されるように、クラブヘッドにワッシャー1240およびボルト1238によって固定され得る。当業者であれば、図12Aおよび12Bの用具を固定するのに多様な方法があることを理解するであろう。例えば、ボルト1238に代えて、ヘッドアダプタ1224は公知の技術によって、ホーゼル領域の内部チャンバ1242に永久的に固定され得る。)

(11)「[0104] The exploded view of the shaft adapter 1202 /head adapter 1224 assembly of FIG. 12B further highlights one of the several methods that may be used for constructing golf clubs according to certain aspects of the invention. According to the exemplary method, the shaft member 106 is attached to the shaft adapter 1202 , wherein the shaft member 106 is inserted within a bore 1218 extending along a second axis 1220 . The method may further comprise inserting the second end 1210 of the shaft adapter 1202 within a bore 1231 of a head adapter 1224 , wherein the bore 1231 has a cross-sectional shape defined by splines 1232 and is shaped to receive and engage with splines 1204 of the second end 1210 of the shaft adapter 1202 in a plurality of different orientations. The method may further comprise inserting the head adapter 1224 into the bottom of club head 1200 in area 1242 defined by insert 1236 . This bottom portion of hosel area 1216 may have an internal opening with a cross-sectional shape defined by splines that are shaped to receive the splines 1230 of the second end 1228 of the head adapter 1224 in a plurality of different orientations. According to select structures, the insertion of the head adapter 1224 into the hosel area defined on the bottom of the clubhead 1236 may be selected from a plurality of different orientations, for example, as noted at 1236 of FIG. 12B , indicia 1 - 8 . Accordingly, further methods according to this invention may include: removing the shaft adapter 1202 from the head adapter 1224 and reinserting the second end 1210 of the shaft adapter 1202 into the bore 1231 of the head adapter 1224 in a different orientation (e.g., at a different rotational position); and/or removing the head adapter 1224 from the bottom of the hosel area, 1236 , and reinserting the head adapter 1224 into the bottom of the hosel area 1236 of the club head 1200 in a different orientation.」
(日本語訳:[0104] 図12Bのシャフトアダプタ1202/ヘッドアダプタ1224アセンブリの分解図はさらに、本発明のある局面に係るゴルフクラブを構築するのに使用し得る、幾つかの方法のうちの一つを明らかにする。例示的な方法によると、シャフト部材106はシャフトアダプタ1202に取り付けられており、ここでシャフト部材106は第二軸1220に沿って延びる内腔1218内に挿入されている。当該方法はさらに、シャフトアダプタ1202の第二の端部1210を、ヘッドアダプタ1224の内腔1231内に挿入する工程を含んでもよく、ここで内腔1231はスプライン1232によって規定される断面形状を有し、複数の異なる向きでシャフトアダプタ1202の第二の端部1210のスプライン1204を受けてこれと係合するように形作られている。当該方法はさらに、挿入部1236によって規定される領域1242内のクラブヘッド1200の底部に、ヘッドアダプタ1224を挿入する工程を含んでもよい。このホーゼル領域の底部または内部チャンバ1242の底部は、複数の異なる向きでヘッドアダプタ1224の第二の端部1228のスプライン1230を受けるように形作られた、スプライン1241によって規定される断面形状を持つ内部開口を有していてもよい。構造の選択によれば、クラブヘッドの底部1236に規定されるホーゼル領域内へのヘッドアダプタ1224の挿入は、例えば、図12Bの1236に印1?8で示されるように、複数の異なる向きから選択され得る。従って、本発明に係るさらなる方法は以下を含んでいてもよい:シャフトアダプタ1202をヘッドアダプタ1224から取り外し、かつシャフトアダプタ1202の第二の端部1210をヘッドアダプタ1224の内腔1231へ異なる向き(例えば、異なる回転位置)に再挿入する工程;および/またはヘッドアダプタ1224をホーゼル領域1236の底部から取り外し、かつヘッドアダプタ1224をクラブヘッド1200のホーゼル領域1236の底部内に異なる向きで再挿入する工程。)

(12)「1 . A golf club comprising:
a shaft; a shaft adapter engaged with the shaft, the shaft adapter having a first end and a second end along a first axis, the shaft adapter further comprising a bore extending along a second axis, wherein one end of the shaft extends into the shaft adapter on the second axis, and wherein at least a portion of an exterior surface of the shaft adapter has a noncircular cross-sectional shape; a head adapter having a first end and a second end along a first axis, the head adapter further comprising a bore having a noncircular cross-sectional shape along a second axis that is shaped to receive and engage the portion of the exterior surface of the shaft adapter having the noncircular cross-sectional shape in a non-rotational manner and in a plurality of different orientations; and a golf club head having a hosel area engaged with an exterior surface of the head adapter.

3 . The golf club of claim 1 , wherein at least a portion of an interior chamber of the hosel area of the club head has a noncircular cross-sectional shape, wherein at least a portion of an exterior surface of the head adapter has a noncircular cross-sectional shape that may be received within and engage the noncircular cross-sectional shape the hosel area in a non-rotational manner and in a plurality of different orientations. 」(14頁右欄12?43行)
(日本語訳:【請求項1】
シャフト;第一の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有し、シャフトと係合するシャフトアダプタであって、該シャフトアダプタが第二の軸に沿って延びる内腔をさらに備え、該シャフトの一つの端部が第二の軸上のシャフトアダプタの中へ延び、かつシャフトアダプタの外面の少なくとも一部が非円形断面形状を有する、シャフトアダプタ;第一の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有するヘッドアダプタであって、非円形断面形状を有するシャフトアダプタの外面の部分を、非回転様式でかつ複数の異なる向きで受けてこれと係合するよう形成され、非円形断面形状を第二の軸に沿って有する内腔をさらに備える、ヘッドアダプタ;およびヘッドアダプタの外面と係合するホーゼル領域を有するゴルフクラブヘッドを備える、ゴルフクラブ。

【請求項3】
クラブヘッドのホーゼル領域の内部チャンバの少なくとも一部が、非円形断面形状を有し、ヘッドアダプタの外面の少なくとも一部が、ホーゼル領域の非円形断面形状に、非回転様式でかつ複数の異なる向きで受けられて係合される非円形断面形状を有する、請求項1記載のゴルフクラブ。)

(13)上記(4)、(7)及び(12)並びに図12A及び図12Bより、(4)に記載の「シャフトアダプタ202の外面の軸」及び(7)に記載の「第一の端部1206及び第二の端部1210が沿うホーゼル軸1222」は、(12)に記載の「第一の軸」に対応し、(4)に記載の「シャフトアダプタ202内の内腔210の軸」及び(7)に記載の「内腔1218が沿うオフセット軸1220」は、(12)に記載の「第二の軸」に対応し、上記(4)、(8)及び(12)並びに図12A及び図12Bより、(4)に記載の「ヘッドアダプタ302の外面の軸」及び(8)に記載の「第一の端部1226及び第二の端部1228が沿う第一軸1220」は、(12)に記載の「第一の軸」に対応し、(4)に記載の「ヘッドアダプタ302内の内腔の軸」及び(8)に記載の「内腔1231が沿う第二軸1234」は、(12)に記載の「第二の軸」に対応する。また、上記(10)並びに図12A及び図12Bから、シャフトアダプタの第二の端部1210中に延びるボルト1238及びボルト1238とヘッドアダプタ1224の間のワッシャー1240が看取できる。

上記(1)乃至(13)の記載から、刊行物1には、次の発明(以下「引用発明1」という。)が記載されているものと認められる。

「シャフト;第一の端部及び第二の端部が沿うホーゼル軸とを有し、シャフトと係合するシャフトアダプタであって、該シャフトアダプタが内腔が沿うオフセット軸をさらに備え、該シャフトの一つの端部が内腔が沿うオフセット軸上のシャフトアダプタの中へ延び、かつシャフトアダプタの外面の少なくとも一部が非円形断面形状を有する、シャフトアダプタ;第一の端部及び第二の端部が沿う第一軸とを有するヘッドアダプタであって、非円形断面形状を有するシャフトアダプタの外面の部分を、非回転様式でかつ複数の異なる向きで受けてこれと係合するよう形成され、非円形断面形状を第二軸に沿って有する内腔をさらに備える、ヘッドアダプタ;およびヘッドアダプタの外面と係合するホーゼル領域を有するゴルフクラブヘッドを備え、
クラブヘッドのホーゼル領域の内部チャンバの少なくとも一部が、非円形断面形状を有し、ヘッドアダプタの外面の少なくとも一部が、ホーゼル領域の非円形断面形状に、非回転様式でかつ複数の異なる向きで受けられて係合される非円形断面形状を有し、
クラブヘッドは、ヘッドアダプタを受けるための、軸に沿った開口を提供し、クラブヘッドの底部に規定される内部チャンバを有し、
シャフトアダプタ/ヘッドアダプタアセンブリは、クラブヘッドにボルトとヘッドアダプタの間のワッシャーおよびシャフトアダプタの第二の端部中に延びるボルトによって固定され、
シャフトアダプタ内の内腔が沿うオフセット軸が、第一の端部及び第二の端部が沿うホーゼル軸から偏っているため、かつヘッドアダプタ内の内腔が沿う第二軸が、その第一の端部及び第二の端部が沿う第一軸から偏っているため、クラブヘッドに対するこれらのアダプタのいずれかの回転は、クラブヘッドの打球面に対するシャフト部材の位置を変化させ、
シャフトアダプタおよびヘッドアダプタが位置1に設定される場合、フェース角およびロフト角は変化しないが、ライ角は+3度に位置付けられ、
シャフトアダプタが位置2に設定され(または時計回りに約45度回転し)かつヘッドアダプタが位置1のままである場合、フェース角は-0.7度に調整され、ライ角は+2.4度変化し、かつロフト角は1.2度増加する、
ゴルフクラブ。」

2 刊行物2
原査定の拒絶理由で引用された、本願の優先日前である2009年3月12日に頒布された刊行物である国際公開第2009/032533号(以下「刊行物2」という。)には、図面と共に次の事項が記載されている。(なお、括弧内の訳文は、当審が作成した。)
(1)「[05] Given the recent advances, there is a vast array of golf club component parts available to the golfer. For example, club heads are produced by a wide variety of manufacturers in a variety of different models. Moreover, the individual club head models may include multiple variations, such as variations in the loft angle, lie angle, offset features, weighting characteristics (e.g., draw biased club heads, fade biased club heads, neutrally weighted club heads, etc.). Additionally, the club heads may be combined with a variety of different shafts, e.g., from different manufacturers; having different stiffnesses, flex points, kick points, or other flexion characteristics, etc.; made from different materials; etc. Between the available variations in shafts and club heads, there are literally hundreds of different club head/shaft combinations available to the golfer.

[06] Club fitters and golf professionals can assist in fitting golfers with a golf club head/shaft combination that suits their swing characteristics and needs. Conventionally, however, golf club heads are permanently mounted to shafts using cements or adhesives. Therefore, to enable a golfer to test a variety of head/shaft combinations, the club fitter or professional must carry a wide selection of permanently mounted golf club head/shaft combinations (which takes up a considerable amount of storage space and inventory costs) or the club fitter or professional must build new clubs for the customer as the fitting process continues (which takes a substantial amount of time and inventory costs). The disadvantages associated with these conventional options serve to limit the choices available to the golfer during a fitting session and/or significantly increase the expense and length of such a session.」
(日本語訳:[05] 最近の進歩を考慮して、ゴルファーに利用可能な、夥しい数のゴルフクラブ部品パーツがある。たとえば、クラブヘッドは、広く多様な製造元によって多様な異なるモデルで生産されている。その上、個々のクラブヘッドモデルには、ロフト角度、ライ角度、オフセット特色、加重特徴(たとえば、ドローバイアスクラブヘッド、フェードバイアスクラブヘッド、ニュートラル加重クラブヘッド等)のバリエーションなどの多数のバリエーションが含まれうる。加えて、クラブヘッドを、たとえば異なる製造元からの、異なる硬度、フレックスポイント、キックポイント、または他の屈曲特徴等を有する、異なる材料で作出された等の、多様な異なるシャフトと組み合わせてもよい。シャフトとクラブヘッドの利用可能なバリエーションにおいて、事実上、何百もの異なるクラブヘッド/シャフトの組み合わせがゴルファーに利用可能である。

[06] クラブフィッターおよびゴルフの専門家は、そのスイング特徴および必要性に合うゴルフクラブヘッド/シャフトの組み合わせをゴルファーに合わせるための手助けをすることができる。しかし、従来、ゴルフクラブヘッドは、セメントまたは接着剤を用いてシャフトに永続的に取り付けられている。ゆえに、ゴルファーが多様なヘッド/シャフトの組み合わせを試すことができるためには、クラブフィッターまたは専門家は、永続的に取り付けられたゴルフクラブヘッド/シャフトの組み合わせの幅広い選択範囲(これはかなりの量の貯蔵スペースおよび在庫費用を要する)を持たなければならないか、またはクラブフィッターもしくは専門家は、フィッティングプロセスが持続すると、顧客のために新しいクラブを作製しなければならない(これは実質的な時間の量および在庫費用を要する)。これらの従来の選択肢に関連する短所は、フィッティング期間中ゴルファーにとって利用可能な選択を制限して、および/または費用および期間の長さを有意に増加させるように作用する。)

(2)「[39] An example club head structure 102 now will be described in more detail, particularly in conjunction with Figs. 3A and 3B (Fig. 3B provides an overhead view of the club head 102, without a shaft 106 engaged therewith, looking down the hosel opening). In this example structure, the club head 102 includes a hosel area 302 that provides access to a shaft-receiving chamber 304 defined in the club head 102. The shaft- receiving chamber 304 in this example structure extends completely through the club head body 102 and produces an opening 306 at the sole of the club head 102. This opening 306 allows access for insertion of a securing system 308 (e.g., a threaded bolt member) that helps secure the connection system 200 to the club head body 102, as will be described in more detail below. In this example structure, the shaft-receiving chamber 304 includes a mounting plate 310 with a hole 310a defined therein, which provides a support surface for securing the connection system 200 within the club head body 102, as will be explained in more detail below. If desired, the mounting plate 310 may be integrally formed as part of the club head structure, and it may be located at any desired position along the shaft-receiving chamber 304, including right at or near the opening 306. Additionally or alternatively, if desired, a plug member may be provided close to opening 306 (optionally a removable plug member) or the sole member may include a countersunk region to allow the bolt member 308 to lie flush or substantially flush with the club head sole.」
(日本語訳:[39] 例としてのクラブヘッド構造102を、特に図3Aおよび3Bに関連して以下により詳細に記述する(図3Bは、それに係合したシャフト106が見えず、ホーゼルの開口部を見下ろす、クラブヘッド102の頭上からの図を提供する)。本例の構造において、クラブヘッド102には、クラブヘッド102において定められるシャフトを受容する小室304へのアクセスを提供するホーゼル領域302が含まれる。本例の構造においてシャフトを受容する小室304は、クラブヘッド本体102の中に完全に伸びて、クラブヘッド102のソールで開口部306を生じる。この開口部306によって、以下により詳細に記述されるように、接続システム200をクラブヘッド本体102に固定するために役立つ固定システム308(たとえば、ねじ込みボルト部材)の挿入のためのアクセスが許容される。本例の構造において、シャフトを受容する小室304には、その中に定められた穴310aを有する取り付けプレート310が含まれ、これは以下により詳細に説明されるようにクラブヘッド本体102内部で接続システム200を固定するための支持表面を提供する。望ましければ、取り付けプレート310は、クラブヘッド構造の一部として一体形成されてもよく、それは開口部306の位置または近傍が含まれる、シャフトを受容する小室304に沿った任意の望ましい位置に配置されてもよい。加えて、もしくはまたは、望ましければ、栓部材が開口部306の近くに提供されてもよく(任意で取り外し可能な栓部材)、またはソール部材には、ボルト部材308がクラブヘッドソールと平坦にまたは実質的に平坦に存在するように、皿穴状の領域が含まれてもよい。)

(3)「[42] Once inserted, the connection assembly 200 may be engaged with the club head body by inserting the securing system 308 through the opening 306 in the sole of the club head and engaging the securing system 308 with the securing structure 210 provided with the connection member 200. If desired, the locations where the connection member 200 meet the club head 102 (e.g., at mounting plate 310 and/or the hosel opening) and/or where the securing system 308 meets the club head 102 (e.g., at the mounting plate 310) may include a flexible material (such as a washer, a gasket, an o- ring, an elastomeric washer or coating, etc.) to provide noise and/or vibration dampening, etc. This illustrated connection system is readily releasable, e.g., by twisting out the bolt member 308, to allow users to interchange different shafts 106 on a given golf club head 102 and/or to allow users to interchange different golf club heads 102 on a given shaft/connection member assembly. If desired, the bolt 308 and mounting plate opening 310a may be structured so as to prevent the bolt 308 from completely falling out of the opening 306 when the bolt 308 is released from the connection system 200 (e.g., by providing an enlarged ring on the free end of bolt 308). The bolt may include a head having structures for engaging a screwdriver, an alien wrench, or another tool.」
(日本語訳:[42] 挿入された後、クラブヘッドのソールにおける開口部306の中に固定システム308を挿入する段階、および接続部材200と共に提供される固定構造210に固定システム308を係合させる段階によって、接続アセンブリ200をクラブヘッド本体に係合させてもよい。望ましければ、接続部材200がクラブヘッド102に接する位置(たとえば、取り付けプレート310および/またはホーゼル開口部で)および/または固定システム308がクラブヘッド102に接する位置(たとえば、取り付けプレート310で)には、ノイズおよび/または振動の減衰等を提供するために、柔軟な材料(たとえばワッシャー、ガスケット、o-リング、弾性ワッシャー、またはコーティング等の)が含まれてもよい。この示される接続システムは、たとえば、ボルト部材308をねじることによって容易に取り外し可能であり、ユーザーが所定のゴルフクラブヘッド102において異なるシャフト106を交換することを許容する、および/またはユーザーが所定のシャフト/接続部材アセンブリにおいて異なるゴルフクラブヘッド102を交換することを許容する。望ましければ、ボルト308および取り付けプレート開口部310aは、ボルト308が接続システム200から取り外された場合に開口部306からボルト308が完全に落下するのを防止するような構造であってもよい(たとえば、ボルト308の自由端に拡張リングを提供することによって)。ボルトには、ねじまわし、アレンレンチ、または別のツールに係合するための構造を有する頭部が含まれてもよい。)

(4)「 1. A golf club head/shaft connection assembly, comprising: a cylindrical structure having a first end and a second end opposite the first end, wherein the first end includes a first opening that defines a cylindrical interior chamber for receiving a golf club shaft, wherein an exterior surface of the cylindrical structure nearer to the first end than the second end includes a rotation-inhibiting structure, and wherein the second end includes a securing structure; and a securing system for releasably engaging the securing structure.」(21頁2?8行)
(日本語訳:1. 第一の端部が、ゴルフクラブシャフトを受容するための円柱形の内部小室を定める第一の開口部を含み、第二の端部より第一の端部に近い円柱形構造の外部表面が回転阻止構造を含み、および第二の端部が固定構造を含む、第一の端部および第一の端部と反対側の第二の端部を有する円柱形構造;ならびに固定構造に取り外し可能に係合するための固定システム、を含む、ゴルフクラブヘッド/シャフト接続アセンブリ。)

上記(1)乃至(4)の記載から、刊行物2には、次の発明(以下「引用発明2」という。)が記載されているものと認められる。

「第一の端部が、ゴルフクラブシャフトを受容するための円柱形の内部小室を定める第一の開口部を含み、第二の端部より第一の端部に近い円柱形構造の外部表面が回転阻止構造を含み、および第二の端部が固定構造を含む、第一の端部および第一の端部と反対側の第二の端部を有する円柱形構造;ならびに固定構造に取り外し可能に係合するための固定システム、を含み、
固定システム(たとえば、ねじ込みボルト部材)がクラブヘッドに接する位置には、ノイズおよび/または振動の減衰等を提供するために、柔軟な材料(たとえばワッシャー、ガスケット、o-リング、弾性ワッシャー、またはコーティング等の)が含まれ、この接続システムは、たとえば、ボルト部材をねじることによって容易に取り外し可能であり、ユーザーが所定のゴルフクラブヘッドにおいて異なるシャフトを交換することを許容し、および/またはユーザーが所定のシャフト/接続部材アセンブリにおいて異なるゴルフクラブヘッドを交換することを許容し、ボルトおよび取り付けプレート開口部は、ボルトが接続システムから取り外された場合に開口部からボルトが完全に落下するのを防止するような構造であってもよい(たとえば、ボルトの自由端に拡張リングを提供することによって)、
ゴルフクラブヘッド/シャフト接続アセンブリ。」

3 刊行物3
原査定の拒絶理由で引用された、本願の優先日前である2009年12月24日に頒布された刊行物である特表2009-545393号公報(以下「刊行物3」という。)には、図面と共に次の事項が記載されている。
(1)「【特許請求の範囲】
【請求項1】
ゴルフクラブであって、
クラブヘッドと、
前記クラブヘッド内に設けられ、下端での内径よりも大きい内径の上端を有し、テーパ部及び円形で無い構成の鍵溝を画成する回転防止部を有する管と、
前記クラブヘッドに取り外し可能に結合されるシャフトと、
前記シャフトのチップエンドに搭載され、前記シャフトと前記管の間に配置されたスリーブであって、該スリーブの下部が、切頭円錐部、鍵溝部及び下端を含み、該切頭円錐部が、前記下部の全長の少なくとも1/8の長さに沿って延在し、該切頭円錐部が、前記管のテーパ部に受け入れられ、前記鍵溝部が、前記管の回転防止部内に受け入れられ、前記鍵溝部が、前記クラブヘッドに対する前記シャフトの回転を防止するために前記鍵溝の構成に相補的な外側の構成を有する、スリーブと、
前記管に前記スリーブを取り外し可能に固定する機械式固定具とを含む、ゴルフクラブ。

【請求項9】
前記管の下端は開口しており、前記クラブヘッドのソール部の開口に対して合わせられ、前記機械式固定具は、おねじを有するソケットスクリューであり、前記スリーブの下端は、前記ソケットスクリューのおねじに螺合するめねじを有し、前記ソケットスクリューは、前記クラブヘッドのソール部の開口に挿入される、請求項1に記載のゴルフクラブ。
【請求項10】
前記管からの前記ソケットスクリューの外れを防止するために前記ソケットのおねじまわりに配置されたOリングを更に含む、請求項9に記載のゴルフクラブ。」

(2)「【0023】
ゴルフクラブ20の組立は、クラブヘッド22に管44を永久的に固定し、シャフト40のチップエンド50にスリーブ46を永久的に固定することを含む。スリーブ46が搭載されたシャフト40のチップエンド50は、次いで、スリーブ46の鍵溝部74が管の回転防止部62の鍵溝に螺合し且つ切頭円錐部72がテーパ部60と接触する態様で、管44の開口56内に挿入される。次いで、機械式固定具48は、スリーブ46に接続される。機械式固定具48は、好ましくは、スチール、チタン若しくはアルミから構成される。図2及び図3に示すように、機械式固定具48は、ソケット頭部82及びおねじ84を有するソケットスクリュー80のような、スクリューである。ソケットスクリュー80のおねじ84は、従来の単一リードの螺子(図示せず)であってもよいし、或いは、2,3若しくは4つの平行な螺子(図示せず)のマルチリードの螺子であってもよい。マルチリードの螺子は、螺子結合をよりすばやく組み付け若しくは取り外しすることを可能としつつ、結合を確実にするために十分な数の螺子を螺合する。ソケットスクリュー80は、クラブヘッド22のソール26内の開口58を通って管44の下端54内に挿入される。ソケットスクリュー80のおねじ84は、スリーブ46の下端77にて開口76内のめねじ78に螺合する一方、ソケット頭部82は、管44のフランジ66に当接する。振動防止ロックワッシャー(図示せず)は、ソケットスクリュー80の弛み若しくはラトリングを防止するためにソケット頭部82とフランジ66の間に設けられてもよい。或いは、図12に示すように、クリップ若しくはOリング214は、管44へのソケットスクリュー80の挿入後でスリーブ46の挿入前に、ソケットスクリュー80の螺子端に付与されてもよい。Oリング214は、ソケットスクリュー80が意図せず弛んだり、管44から外れたり、クラブヘッド22から落下したりする可能性を低減する。
【0024】
…第2の空隙92は、機械式固定具48と管44の下端54の間に配置される。…」

上記(1)及び(2)の記載から、刊行物3には、次の発明(以下「引用発明3」という。)が記載されているものと認められる。

「ゴルフクラブであって、
クラブヘッドと、
前記クラブヘッド内に設けられ、下端での内径よりも大きい内径の上端を有し、テーパ部及び円形で無い構成の鍵溝を画成する回転防止部を有する管と、
前記クラブヘッドに取り外し可能に結合されるシャフトと、
前記シャフトのチップエンドに搭載され、前記シャフトと前記管の間に配置されたスリーブであって、該スリーブの下部が、切頭円錐部、鍵溝部及び下端を含み、該切頭円錐部が、前記下部の全長の少なくとも1/8の長さに沿って延在し、該切頭円錐部が、前記管のテーパ部に受け入れられ、前記鍵溝部が、前記管の回転防止部内に受け入れられ、前記鍵溝部が、前記クラブヘッドに対する前記シャフトの回転を防止するために前記鍵溝の構成に相補的な外側の構成を有する、スリーブと、
前記管に前記スリーブを取り外し可能に固定する機械式固定具とを含み、
前記管の下端は開口しており、前記クラブヘッドのソール部の開口に対して合わせられ、前記機械式固定具は、おねじを有するソケットスクリューであり、前記スリーブの下端は、前記ソケットスクリューのおねじに螺合するめねじを有し、前記ソケットスクリューは、前記クラブヘッドのソール部の開口に挿入され、
前記管からの前記ソケットスクリューの外れを防止するために前記ソケットのおねじまわりに配置されたOリングを更に含み、
ソケット頭部は、管のフランジに当接し、振動防止ロックワッシャーは、ソケットスクリューの弛み若しくはラトリングを防止するためにソケット頭部とフランジの間に設けられ、
第2の空隙は、機械式固定具と管の下端の間に配置される、
ゴルフクラブ。」


第4 対比
そこで、本願発明と引用発明1とを対比すると、
1 後者の「シャフト」、「ホーゼル領域」、「クラブヘッドの底部に規定される内部チャンバ」、「ゴルフクラブヘッド」、「第一の端部及び第二の端部が沿うホーゼル軸とを有し、シャフトと係合するシャフトアダプタ」、「『シャフトアダプタ』が備える『オフセット軸』に沿う『内腔』」、「シャフトの一つの端部が内腔が沿うオフセット軸上のシャフトアダプタの中へ延び」、「非円形断面形状を有するシャフトアダプタの外面の部分」、「第一の端部及び第二の端部が沿う第一軸とを有するヘッドアダプタ」、「非円形断面形状を有するシャフトアダプタの外面の部分を、非回転様式でかつ複数の異なる向きで受けてこれと係合するよう形成され」、及び「非円形断面形状を第二軸に沿って有する内腔」は、それぞれ、前者の「シャフト」、「ホーゼル領域」、「クラブヘッドの底部に規定される内部チャンバ」、「ゴルフクラブヘッド」、「第一の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有し、シャフトと係合するシャフトアダプタ」、「『シャフトアダプタ』が『第二の軸』に沿って延びる『内腔』」、「シャフトの一つの端部が第二の軸上の内腔中に延び」、「『少なくとも一部が非円形断面形状を有』する『シャフトアダプタの外面』」、「第三の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有するヘッドアダプタ」、「非回転様式でかつ複数の異なる向きで、非円形断面形状を有するシャフトアダプタの外面の一部を受けてこれと係合するように形成され」、及び「非円形断面形状を第四の軸に沿って有する内腔」に相当する。
2 後者の「シャフトアダプタ/ヘッドアダプタアセンブリ」は、「クラブヘッドにワッシャーおよびシャフトアダプタの第二の端部中に延びるボルトによって固定され」るものであるから、後者の「シャフトアダプタの第二の端部」は、「ボルトによって固定される固定構造を備える」といえる。また、「ボルト」が取り外し可能な固定部材であることは一般によく知られていることから、後者の「ボルト」は、「シャフトアダプタの第二の端部中に延び、かつシャフトアダプタの固定構造と取り外し可能に係合し、それによりシャフトアダプタおよびヘッドアダプタをゴルフクラブヘッドに取り外し可能に係合する固定部材」といえる。
3 後者の「ワッシャー」は、「ボルトとヘッドアダプタの間」に設けられたものであるから、「固定部材とヘッドアダプタの間のワッシャー」といえる。
4 後者は、「ヘッドアダプタ内の内腔が沿う第二軸が、その第一の端部及び第二の端部が沿う第一軸から偏っているため」、シャフトアダプタを回転させなくても、ヘッドアダプタをシャフトアダプタに対して回転することにより、ヘッドアダプタの第二軸の方向がゴルフクラブヘッド対して変化するものであるから、「シャフトアダプタの回転がゴルフクラブヘッドに対して変化しないけれども、ヘッドアダプタをシャフトアダプタに対して回転することにより、第四の軸の方向をゴルフクラブヘッドと共に変化させ」るといえ、また、後者は、「シャフトアダプタ内の内腔が沿うオフセット軸が、第一の端部及び第二の端部が沿うホーゼル軸から偏っているため」、ヘッドアダプタを回転させなくても、シャフトアダプタをヘッドアダプタに対して回転させることにより、シャフトアダプタのオフセット軸の方向がゴルフクラブヘッドに対して変化するものであるから、「ヘッドアダプタの回転がゴルフクラブヘッドに対して変化しないけれども、シャフトアダプタをヘッドアダプタに対して回転させることにより、第二の軸の方向をゴルフクラブと共に変化させ」るといえる。
5 後者の「クラブヘッド」は、「ヘッドアダプタを受けるための、軸に沿った開口を提供し、クラブヘッドの底部に規定される内部チャンバを有」するものであるから、「ホーゼル領域がシャフトアダプタの外面と係合し、かつ内部チャンバがヘッドアダプタを受けるための開口部を提供する」といえる。

したがって、両者は、
「シャフト;
ホーゼル領域およびクラブヘッドの底部に規定される内部チャンバを有するゴルフクラブヘッド;
第一の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有し、シャフトと係合するシャフトアダプタであって、該シャフトアダプタが第二の軸に沿って延びる内腔をさらに備え、該シャフトの一つの端部が第二の軸上の内腔中に延び、シャフトアダプタの外面の少なくとも一部が非円形断面形状を有し、第二の端部が固定構造を備える、シャフトアダプタ;
第三の軸に沿って第一の端部と第二の端部とを有するヘッドアダプタであって、非回転様式でかつ複数の異なる向きで、非円形断面形状を有するシャフトアダプタの外面の一部を受けてこれと係合するように形成される、非円形断面形状を第四の軸に沿って有する内腔をさらに備える、ヘッドアダプタ;
シャフトアダプタの第二の端部中に延び、かつシャフトアダプタの固定構造と取り外し可能に係合し、それによりシャフトアダプタおよびヘッドアダプタをゴルフクラブヘッドに取り外し可能に係合する固定部材;ならびに
固定部材とヘッドアダプタの間のワッシャー
を備えるゴルフクラブであって、
シャフトアダプタの回転がゴルフクラブヘッドに対して変化しないけれども、ヘッドアダプタをシャフトアダプタに対して回転することにより、第四の軸の方向をゴルフクラブヘッドと共に変化させ、さらに、ヘッドアダプタの回転がゴルフクラブヘッドに対して変化しないけれども、シャフトアダプタをヘッドアダプタに対して回転させることにより、第二の軸の方向をゴルフクラブと共に変化させ、
ホーゼル領域がシャフトアダプタの外面と係合し、かつ内部チャンバがヘッドアダプタを受けるための開口部を提供する、
前記ゴルフクラブ。」
の点で一致し、以下の点で相違する。

[相違点]
本願発明が、「可撓性のワッシャーを備え」、「固定部材がクラブヘッドに合わさる位置は、雑音および振動を減弱するために可撓性の材料を含み、さらに、固定部材が、固定部材の自由端上に拡大したリングを含むことにより、固定部材と内部チャンバが、固定部材がシャフトアダプタから取り外された時に、内部チャンバから固定部材が完全に抜け落ちるのを防ぐように構成され」ているのに対し、引用発明1は、その点が不明である点。


第5 判断
上記相違点について以下検討する。
引用発明2の「柔軟な材料(ワッシャー)」、「固定システム(たとえば、ねじ込みボルト部材)」、「クラブヘッド」、「ノイズおよび/または振動の減衰等を提供するために、柔軟な材料」、「ボルトの自由端に拡張リング」及び「開口部」は、それぞれ、本願発明の「可撓性のワッシャー」、「固定部材」、「クラブヘッド」、「雑音および振動を減弱するために可撓性の材料」、「固定部材の自由端上に拡大したリング」及び「内部チャンバ」に相当する。
そして、一般に「合わさる」とは、「物と物とがぴったりとくっつく。」様を意味する表現であるから、引用発明2の「固定システム(たとえば、ねじ込みボルト部材)がクラブヘッドに接する位置」は、本願発明の「固定部材がクラブヘッドに合わさる位置」に相当し、引用発明2の「固定システム(たとえば、ねじ込みボルト部材)がクラブヘッドに接する位置には、ノイズおよび/または振動の減衰等を提供するために、柔軟な材料(たとえばワッシャー、ガスケット、o-リング、弾性ワッシャー、またはコーティング等の)が含まれ」は、「固定部材がクラブヘッドに合わさる位置は、雑音および振動を減弱するために可撓性の材料を含み」といえる。
また、引用発明2は「ボルトおよび取り付けプレート開口部は、ボルトが接続システムから取り外された場合に開口部からボルトが完全に落下するのを防止するような構造であってもよい(たとえば、ボルトの自由端に拡張リングを提供することによって)」ものであるから、「固定部材が、固定部材の自由端上に拡大したリングを含むことにより、固定部材がシャフトアダプタから取り外された時に、内部チャンバから固定部材が完全に抜け落ちるのを防ぐように構成され」ているといえる。
そうすると、上記相違点に係る本願発明の発明特定事項は、引用発明2に示されているといえる。
また、引用発明3の「振動防止ロックワッシャー」、「ソケットスクリュー」、「クラブヘッド」、「ソケットのおねじまわり」及び「Oリング」は、それぞれ、本願発明の「ワッシャー」、「固定部材」、「クラブヘッド」、「固定部材の自由端」及び「リング」に相当する。
また、引用発明3の「振動防止ロックワッシャー」は、「振動防止」、「弛み若しくはラトリングを防止する」ためのもので、その目的からすれば、「可撓性」であることは明らかであって、「雑音および振動を減弱するために可撓性の材料」を含むといえ、「ソケット頭部とフランジの間に設けられる」ものであるから、「固定部材がクラブヘッドに合わさる位置」に設けられているといえる。
また、引用発明3の「第2の空隙」は、「機械式固定具と管の下端の間に配置される」ものであるから、本願発明の「内部チャンバ」に相当し、引用発明3は、「管からのソケットスクリューの外れを防止するために前記ソケットのおねじまわりに配置されたOリングを更に含」むものであるから、「固定部材が、固定部材の自由端上にリングを含むことにより、固定部材と内部チャンバが、固定部材がシャフトアダプタから取り外された時に、内部チャンバから固定部材が完全に抜け落ちるのを防ぐように構成され」といえる。そして、本願発明が「拡大したリング」を採用するのは、抜け落ちるのを防ぐことを目的としていることから(本願明細書【0085】参照。)、同じ目的から設けた引用発明3の「Oリング」は、実質的に「拡大した」ものといえる。
そうすると、上記相違点に係る本願発明の発明特定事項は、引用発明3に示されているといえる。
そして、引用発明1と、引用発明2及び引用発明3とは、いずれも「ゴルフクラブ」という技術分野に属し、クラブヘッド及びシャフトが容易に交換可能であり、クラブヘッドに対するシャフトの向きを容易に変更することができる接続部を提供するという共通の課題を有するものであるから、引用発明1に引用発明2及び引用発明3を適用することは、当業者が容易に想到し得るものである。
したがって、引用発明1において、引用発明2及び引用発明3を適用することにより、上記相違点に係る本願発明の発明特定事項とすることは、当業者が容易に想到し得るものである。
そして、本願発明の発明特定事項によって奏される効果も、引用発明1、引用発明2及び引用発明3から、当業者が予測しうる範囲内のものである。


第6 むすび
以上のとおりであるから、本願発明は、引用発明1、引用発明2及び引用発明3に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。


よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2017-04-28 
結審通知日 2017-05-01 
審決日 2017-05-12 
出願番号 特願2013-538821(P2013-538821)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (A63B)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 中槙 利明瀬川 勝久  
特許庁審判長 黒瀬 雅一
特許庁審判官 藤本 義仁
森次 顕
発明の名称 ゴルフクラブヘッドおよびシャフトのための取り外し可能かつ交換可能な接続部  
代理人 清水 初志  
代理人 五十嵐 義弘  
代理人 川本 和弥  
代理人 大関 雅人  
代理人 小林 智彦  
代理人 新見 浩一  
代理人 刑部 俊  
代理人 山口 裕孝  
代理人 佐藤 利光  
代理人 井上 隆一  
代理人 春名 雅夫  

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ