• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 1項3号刊行物記載 特許、登録しない。 A63F
審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 A63F
管理番号 1337342
審判番号 不服2016-15229  
総通号数 220 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2018-04-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2016-10-11 
確定日 2018-02-08 
事件の表示 特願2011- 90696号「スロットマシン」拒絶査定不服審判事件〔平成24年11月15日出願公開、特開2012-223219号〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は,平成23年4月15日に特許出願されたものであって,平成27年3月20日付けで拒絶理由が通知され,同年5月27日に意見書及び手続補正書が提出され,同年12月1日付けで拒絶理由が通知(いわゆる「最後の拒絶理由通知」)され,これに対し平成28年2月5日に意見書及び手続補正書が提出されたが,同年7月5日付けで同年2月5日付けの手続補正が却下されると共に拒絶査定がなされ,これに対して,同年10月11日に拒絶査定不服審判の請求がなされるとともに手続補正がなされたものである。

第2 平成28年10月11日付けの手続補正についての補正却下の決定
[補正却下の決定の結論]
平成28年10月11日付けの手続補正(以下「本件補正」という。)を却下する。

[理由]
1 本件補正の概要
本件補正は特許請求の範囲の請求項1の記載を含む補正であり,平成27年5月27日付けの手続補正と本件補正の特許請求の範囲の請求項1の記載はそれぞれ,以下のとおりである(下線部は補正を示す。)。

(補正前:平成27年5月27日付けの手続補正)
「【請求項1】
各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え,
前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシンにおいて,
表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段と,
遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段と,
前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段と,
開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段と,
前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段とを備え,
前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と該所定表示結果とは異なる特定表示結果とが含まれ,
前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
前記スロットマシンは,前記通常状態においては前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態においては前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であることを特徴とする,スロットマシン。」

(補正後:本件補正:平成28年10月11日付け手続補正)
「【請求項1】
各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え,
前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシンにおいて,
表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段と,
遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段と,
前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段と,
開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段と,
前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段とを備え,
前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と,該所定表示結果とは異なる特定表示結果と,遊技者により遊技用価値が用いられることなく次のゲームが開始可能となるように賭数を設定する特殊表示結果とが含まれ,
前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
前記スロットマシンは,
前記通常状態において前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態において前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
特定条件が成立したときに,前記特殊表示結果の導出を許容する確率が,当該特定条件の成立前よりも高い所定確率となる特定状態に制御し,
前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であり,
前記特別状態制御手段は,前記特定状態中に前記特別状態に制御可能であり,
前記事前決定手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態においても,前記所定確率で前記特殊表示結果の導出を許容し,
前記導出制御手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態において前記特殊表示結果の導出が許容されたときに,前記特定表示結果を導出させる制御を行なうことが可能であることを特徴とする,スロットマシン。」

2 補正の適否
(1)補正事項
本件補正は,補正前の請求項1について,以下に挙げる補正事項を含むものである。

ア 補正前の請求項1に記載された「前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と該所定表示結果とは異なる特定表示結果とが含まれ」という記載を,
「前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と,該所定表示結果とは異なる特定表示結果と,遊技者により遊技用価値が用いられることなく次のゲームが開始可能となるように賭数を設定する特殊表示結果とが含まれ」という記載にする補正。

イ 補正前の請求項1に記載された「前記スロットマシンは,前記通常状態においては前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態においては前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であることを特徴とする,スロットマシン」という記載を,
「前記スロットマシンは,
前記通常状態において前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態において前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
特定条件が成立したときに,前記特殊表示結果の導出を許容する確率が,当該特定条件の成立前よりも高い所定確率となる特定状態に制御し,
前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であり,
前記特別状態制御手段は,前記特定状態中に前記特別状態に制御可能であり,
前記事前決定手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態においても,前記所定確率で前記特殊表示結果の導出を許容し,
前記導出制御手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態において前記特殊表示結果の導出が許容されたときに,前記特定表示結果を導出させる制御を行なうことが可能であることを特徴とする,スロットマシン」という記載にする補正。

(2)補正の目的等についての検討
ア 補正事項アは,「複数種類の表示結果」に関して,「遊技者により遊技用価値が用いられることなく次のゲームが開始可能となるように賭数を設定する特殊表示結果」が含まれることを限定する補正であり,また,補正後の請求項1に記載された発明は,補正前の請求項1に記載された発明と,産業上の利用分野及び解決しようとする課題が同一であるので,特許法第17条の2第5項第2号に規定する特許請求の範囲の減縮を目的とするものに該当する。

イ 補正事項イは,「スロットマシン」の「制御」に関して,「特定条件が成立したときに,前記特殊表示結果の導出を許容する確率が,当該特定条件の成立前よりも高い所定確率となる特定状態に制御」することを限定すると共に,「特別状態制御手段」,「事前決定手段」及び「導出制御手段」に関して,「前記特別状態制御手段は,前記特定状態中に前記特別状態に制御可能であり,前記事前決定手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態においても,前記所定確率で前記特殊表示結果の導出を許容し,前記導出制御手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態において前記特殊表示結果の導出が許容されたときに,前記特定表示結果を導出させる制御を行なうことが可能である」ことを限定する補正であり,また,補正後の請求項1に記載された発明は,補正前の請求項1に記載された発明と,産業上の利用分野及び解決しようとする課題が同一であるので,特許法第17条の2第5項第2号に規定する特許請求の範囲の減縮を目的とするものに該当する。

そして,本件補正は,段落【0026】,【0129】,【0134】,【0136】,【0162】,【0165】,【0198】,【0219】,【0288】,【0298】,図6,8,9(b)の記載に基づくものであるから,新規事項を追加するものではない。

3 独立特許要件
そこで,本件補正後の請求項1に記載された発明が特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるか否か,すなわち,特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に適合するか否か,について以下に検討する。

(1)本件補正後の請求項1に係る発明
補正後の請求項1に係る発明(以下,「本願補正発明」という。)は,上記「1 本件補正の概要」に本件補正後の請求項1として記載したとおりのものである(A?Oは,本願補正発明を分説するために当審で付与した。)。
「【請求項1】
A 各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え,
B 前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシンにおいて,
C 表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段と,
D 遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段と,
E 前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段と,
F 開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段と,
G 前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段とを備え,
H 前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と,該所定表示結果とは異なる特定表示結果と,遊技者により遊技用価値が用いられることなく次のゲームが開始可能となるように賭数を設定する特殊表示結果とが含まれ,
I 前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
J 前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
K 前記スロットマシンは,
L 前記通常状態において前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態において前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
M 特定条件が成立したときに,前記特殊表示結果の導出を許容する確率が,当該特定条件の成立前よりも高い所定確率となる特定状態に制御し,
N 前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であり,
O 前記特別状態制御手段は,前記特定状態中に前記特別状態に制御可能であり,
P 前記事前決定手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態においても,前記所定確率で前記特殊表示結果の導出を許容し,
Q 前記導出制御手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態において前記特殊表示結果の導出が許容されたときに,前記特定表示結果を導出させる制御を行なうことが可能であることを特徴とする,スロットマシン。」

(2)刊行物に記載された事項
(2-1)刊行物1
本願の出願前に頒布された特開2010-142606号公報(以下,「刊行物1」という。)には,図面とともに次の事項が記載されている(下線は当審で付した。以下同様。)。
(ア)「【0002】
スロットマシンは,一般に,外周部に識別情報としての複数種類の図柄が描かれた複数(通常は3つ)のリールを有する可変表示装置を備えており,各リールは,遊技者がスタートレバーを操作することにより回転を開始し,また,遊技者が各リールに対応して設けられた停止ボタンを操作することにより,その操作タイミングから予め定められた最大遅延時間の範囲内で回転を停止する。そして,全てのリールの回転を停止したときに導出された表示結果に従って入賞が発生する。」

(イ)「【0008】
(1) 遊技用価値を用いて1ゲームに対して賭数を設定することによりゲームが開始可能となるとともに,表示状態を変化させることが可能な可変表示装置に表示結果が導出されることにより1ゲームが終了し,該可変表示装置の表示結果に応じて入賞が発生可能とされたスロットマシン(スロットマシン1)であって,
前記可変表示装置の表示結果が導出される前に,前記遊技用価値の付与を伴う複数種類の小役入賞(3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役)を含む複数種類の入賞について発生を許容するか否かを決定する事前決定手段(内部抽選処理)と,
前記可変表示装置の表示結果を導出させるための操作を受付ける導出操作受付手段(ストップスイッチ8L?8R)と,
前記事前決定手段の決定結果および前記導出操作受付手段が受付けた操作に応じて,前記可変表示装置に表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段(リール回転処理)と,
前記複数種類の入賞のうち特別入賞(CB(1)?(4))が発生してから所定の終了条件(200枚払出)が成立するまで,通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な特別遊技状態(チャレンジボーナス)に制御する特別遊技状態制御手段(入賞判定処理,払出処理)とを備え,
前記導出制御手段は,
前記特別遊技状態において,前記小役入賞の発生が許容されているか否か,および前記導出操作受付手段がいずれのタイミングで操作を受付けたか,に関わらず,前記小役入賞を発生させる小役表示結果を導出させる制御(たとえば,CB中のリール制御参照,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)について強制的に入賞可能な状態となり左リール2Lを第1停止させる限りいずれかを入賞ライン上に停止させるリール制御)を行なうとともに,
前記通常遊技状態において,前記複数種類の小役入賞のうちの特殊小役入賞(スイカ,1枚役)の発生が許容されているときに,前記導出操作受付手段により所定の操作手順で操作が受付けられたことを条件に,該特殊小役入賞を発生させる特殊小役表示結果を導出させる制御(たとえば,スイカあるいは1枚役に当選しているときのリール制御)を行ない,
前記スロットマシンはさらに,前記特別遊技状態において,前記特殊小役入賞の発生が許容されたことを条件として,所定の特典(ナビ回数)を付与する特典付与手段(ナビ回数管理処理)とを備える。」

(ウ)「【0032】
(D) 特別遊技状態が終了したことを条件として,前記事前決定手段が前記再遊技入賞の発生を許容する旨の決定を前記通常遊技状態であるときよりも高い確率で行なう高確率状態(RT)に制御する高確率状態制御手段を備え,
前記特別入賞を発生させる特別入賞は,それぞれが前記可変表示装置を構成する複数の可変表示領域毎に異なる種類の識別情報の組合せ(たとえば,ビッグボーナス(1)が「赤7-ブドウ-メロン」,ビッグボーナス(2)が「ブドウ-白7-BAR」等)により構成し,
スロットマシンは,さらに,前記特別入賞が発生されてから前記特別遊技状態が終了するまでの間において,前記特別遊技状態に制御されている種類を遊技者が特定困難となるように制御する(ボーナスの種類に関わらず同一内容のボーナス演出を行なう)ように構成してもよい(変形例(9)参照)。
・・・
【0044】
(I) 前記事前決定手段の決定結果に応じて,前記可変表示装置に表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段(リール回転処理)を備え,
前記可変表示装置は,前記複数種類の識別情報を変動表示可能な複数の可変表示領域(リール2L,2C,2R)を有し,該複数の可変表示領域のそれぞれに識別情報を導出させることが可能であり,
前記複数の可変表示領域(リール2L,2C,2Rの表示領域)の全てに表示結果が導出表示されたことにより1ゲームが終了し,前記複数の可変表示領域に導出表示された表示結果として複数の入賞ライン(入賞ラインL1?L5)のうちいずれかの入賞ライン上に導出表示された図柄の組合せに応じて入賞が発生可能とされ,
前記複数種類の入賞は,前記特別入賞(ボーナス(A),(B))以外の一般入賞(小役,再遊技役)を含み,
前記可変表示領域(リール2L,2C,2Rの表示領域)の表示結果を導出させる際に操作される停止操作手段(ストップスイッチ8L,8C,8R)をさらに備え,
前記導出制御手段は,
前記一般入賞(小役,再遊技役)のうちの特定一般入賞(オレンジ,プラム)の発生を許容する旨が決定されており,特定一般入賞を発生させるための図柄の組合せ(オレンジ-オレンジ-オレンジ,プラム-プラム-プラム)を構成する特定一般入賞図柄(オレンジ,プラム)を引き込み可能なタイミング(引込範囲内)で前記停止操作手段(ストップスイッチ8L,8C,8R)が操作されたときに,前記複数の入賞ライン(入賞ラインL1?L5)のうちいずれかの入賞ライン上に前記特定一般入賞を発生させるための図柄の組合せ(オレンジ-オレンジ-オレンジ,プラム-プラム-プラム)を導出させる制御を行ない,前記特定一般入賞(オレンジ,プラム)の発生を許容する旨が決定されており,前記特定一般入賞図柄(オレンジ,プラム)を引き込み可能なタイミング以外(引込範囲外)で前記停止操作手段(ストップスイッチ8L,8C,8R)が操作されたときに,前記複数の入賞ライン(入賞ラインL1?L5)のいずれにも前記特定一般入賞を発生させるための図柄の組合せ(オレンジ-オレンジ-オレンジ,プラム-プラム-プラム)を導出させない制御を行ない,
既に表示結果が導出された可変表示領域(停止済みのリール)において前記特定一般入賞図柄(オレンジ,プラム)がいずれの入賞ラインにも停止しておらず,かつ1以上の可変表示領域に未だ表示結果が導出されていない状態(いずれかのリールが変動中の状態)において,該未だ表示結果が導出されていない可変表示領域(変動中のリール)について前記特定一般入賞図柄(オレンジ,プラム)を引き込み可能なタイミング(引込範囲内)で前記停止操作手段(ストップスイッチ8L,8C,8R)が操作されたときに,前記複数の入賞ライン(入賞ラインL1?L5)のうちいずれか一の入賞ライン上に該特定一般入賞図柄(オレンジ,プラム)を導出させる制御を行なうように構成してもよい(変形例(8-1)参照)。」

(エ)「【0058】
リール2L,2C,2Rの外周部には,図3に示すように,それぞれ「赤7(図3では黒塗りの7の図柄)」,「白7」,「BAR」,「白イチゴ」,「黒イチゴ(図3では黒塗りのイチゴの図柄)」,「メロン」,「バナナ」,「星(図3では星印の図柄)」,「スイカ」,「ブドウ」といった互いに識別可能な複数種類の図柄が所定の順序で,それぞれ21個ずつ描かれている。リール2L,2C,2Rの外周部に描かれた図柄は,透視窓3において各々上中下三段に表示される。」

(オ)「【0330】
本実施例のスロットマシン1は,前述のように遊技状態に応じて設定可能な賭数の規定数が定められており,遊技状態に応じて定められた規定数の賭数が設定されたことを条件にゲームを開始させることが可能となる。本実施例では,後に説明するが,遊技状態として,ビッグボーナス(以下,BBとも称す),チャレンジボーナス(以下,CBとも称す),シングルボーナス(以下,SBとも称す),初期遊技状態(以下,初期とも称す),およびRTがあるが,どの遊技状態においても賭数の規定数として3が定められている。このため,制御されている遊技状態に関わらず,賭数として3が設定されるとゲームを開始させることが可能となる。なお,本実施例では,遊技状態に応じた規定数の賭数が設定された時点で,全ての入賞ラインL1?L5が有効化されるようになっており,遊技状態に関わらず,賭数として3が設定された時点で全ての入賞ラインL1?L5が有効化されることとなる。
【0331】
本実施例のスロットマシン1は,全てのリール2L,2C,2Rが停止した際に,有効化された入賞ライン(本実施例の場合,常に全ての入賞ラインが有効化されるため,以下では,有効化された入賞ラインを単に入賞ラインと呼ぶ)上に役と呼ばれる図柄の組合せが揃うと入賞となる。役は,同一図柄の組合せであってもよいし,異なる図柄を含む組合せであってもよい。入賞となる役の種類は,遊技状態に応じて定められているが,大きく分けて,メダルの払い出しを伴う小役と,賭数の設定を必要とせずに次のゲームを開始可能となる再遊技役と,ビッグボーナス,チャレンジボーナス,シングルボーナスへの移行を伴う特別役と,がある。以下では,小役と再遊技役をまとめて一般役とも呼ぶ。ビッグボーナス,チャレンジボーナス,シングルボーナスをまとめてボーナスとも呼ぶ。遊技状態に応じて定められた各役の入賞が発生するためには,後述する内部抽選に当選して,当該役の当選フラグがRAM41cに設定されている必要がある。
・・・
【0333】
このスロットマシン1における役としては,特別役として,BB(1)?(3),CB(1)?(4),SBが定められており,小役として,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),(2),スイカ,1枚役が定められており,再遊技役として,リプレイ(1)?(6)が定められている。」

(カ)「【0339】
RBは,12ゲームを消化したとき,または8ゲーム入賞(役の種類は,いずれでも可)したとき,のいずれか早いほうで終了する。RBが終了した際に,BBが終了していなければ,再度RBに移行され,BBが終了するまで繰り返しRBに制御される。すなわちBB中は,常にRBに制御されることとなる。BBの終了時には,RBの終了条件が成立しているか否かに関わらずRBも終了する。BBが終了した後には,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御されるとともに,ナビ権が付与されかつナビ回数が5加算される。
【0340】
ナビ権とは,RT中において,少なくともリプレイ(2)?(6)や3択役(1)?(3)に当選したときに,ナビ演出を実行するための権利をいう。ナビ権は,BBが終了したときや,CB中やRT中に実行される所定のナビ権付与抽選において当選したときなどに付与される。また,ナビ権が付与されているRTをナビ権付きRTともいい,ナビ権が付与されていないRTをナビ権無しRTともいう。」

(キ)「【0346】
CB(1)?(4)のいずれかが入賞すると,メイン制御部41により,遊技状態がCBに移行される。CBは,遊技者に払い出したメダルの総数が200枚を超えたとき,または,SB当選を契機に終了する。
【0347】
CB中においては,チャレンジタイム(以下,CTとも称する)が提供される。CTは,所定のリール(本実施例においては左リール2L)の滑りコマ数が制限(最大1コマ滑りに制限)されるものの,停止操作タイミングに関わらず3択役(1)?(3)を含む所定の小役のいずれかに入賞し得る状態をいう。CBが終了していなければ,毎ゲームCTに移行され,CBが終了するまで繰り返しCTに制御される。すなわちCB中は,常にCTに制御されることとなる。なお,CB中にSB当選したゲームにおいては,CB中と同様に操作タイミングに関わらず所定の小役のいずれかに入賞し得る状態となるとともに,左リール2LについてもCB中と同様のリール制御が行なわれる。」

(ク)「【0352】
次に,RTであるときにCB入賞して制御されたCB中においては,図16に示すように,リプレイ確率(RT)が維持され,ナビ権が付与されているときにはナビ権が維持されたまま,当該CBが終了するまで繰り返しCTに制御される。以下では,RTが維持されたCBを,RT付きCBと称する。
・・・
【0354】
また,CBが発生したときのRTがナビ権付きRTであったときには,ナビ権についても維持されるため,当該CB終了後においてナビ権付きRTに制御される。一方,CBが発生したときのRTがナビ権無しRTであったときには,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ,その結果に応じてナビ権付きRTかナビ権無しRTに制御される。
・・・
【0357】
また,ナビ権無しRTに制御されている場合であっても,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ,当選することによりナビ権付きRTに制御される。なお,ナビ権無しRTにおいてナビ権付与抽選に当選したときには,ナビ回数を所定数加算するように構成してもよい。また,ナビ権無しRT中におけるナビ権付与抽選は,CB中よりも高確率で当選するように構成してもよい。これにより,ナビ権無しRTからナビ権付きRTに制御されることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。
・・・
【0359】
次に,小役について説明する。3択役(1)は,いずれの遊技状態においても入賞ラインのいずれかに「赤7-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となる。3択役(2)は,いずれの遊技状態においても入賞ラインのいずれかに「白7-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となる。3択役(3)は,いずれの遊技状態においても入賞ラインのいずれかに「BAR-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となる。」

(ケ)「【0368】
メロンは,いずれの遊技状態においても入賞ラインのいずれかに「メロン-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となる。メロンを構成する図柄(「メロン」)は,左リール2Lにおいて7コマ以内に配置されており,中リール2C,右リール2R各々において5コマ以内に配置されている。よって,メロンについては,当選していれば,左リール2Lを第1停止させる限り,ストップスイッチ8L?8Rの操作タイミングに関わらず入賞させることができる役といえる。
・・・
(ケ)【0370】
また,スターは,図16で示すように,初期遊技状態中に入賞することにより,RTに制御される。なお,スターに入賞したときには,ナビ回数を所定数加算するとともに,ナビ権付きRTに制御するように構成してもよい。また,スターに入賞したときには,CB中よりも高確率で当選するナビ権付与抽選を行ない,当選結果に応じてナビ権付きRTまたはナビ権無しRTに制御するように構成してもよい。これにより,初期遊技状態においてスター入賞してナビ権付きRTに制御されることに対する期待感を遊技者に抱かせることができる。
・・・
【0372】
上記の3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)のいずれかに入賞したときには,10枚のメダルが払い出される。これら,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)については,CB中の毎ゲームにおいて,ストップスイッチ8L?8Rの停止操作タイミングに関わらず,入賞し得る状態となる。本実施例においては,CB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容される状態,すなわち当選フラグがセットされた状態となる。なお,CB中においては,毎ゲームにおいて,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)が入賞し得る状態であればよく,当選フラグをセットするものに限らず,たとえば,CB中であるときには3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)について当選フラグがセットされているか否かに関わらず当選しているときと同じ制御を行なうなど,どのようなに入賞し得る状態とするものであってもよい。」

(コ)「【0377】
次に,再遊技役について説明する。リプレイ(1)は,BB以外の遊技状態において入賞ラインのいずれかに「バナナ-バナナ-バナナ」の組合せが揃ったときに入賞となる。リプレイ(2)は,BB以外の遊技状態において入賞ラインのいずれかに「赤7-バナナ-バナナ」の組合せが揃ったときに入賞となる。リプレイ(3)は,BB以外の遊技状態において入賞ラインのいずれかに「白7-バナナ-バナナ」の組合せが揃ったときに入賞となる。」

(サ)「【0386】
遊技状態がRTであり,いずれの特別役も持ち越されていない状態では,初期遊技状態であるときと同様に,BB(1),BB(2),BB(3),CB(1),CB(2),CB(3),CB(4),SB,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2),3択役(1),3択役(2),3択役(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役が内部抽選の対象役として順に読み出される。
【0387】
遊技状態がRTであり,いずれかの特別役が持ち越されている状態では,SB,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2),3択役(1),3択役(2),3択役(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役が内部抽選の対象役として順に読み出される。
・・・
【0392】
遊技状態がCBでは,SB,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2),3択役(1),3択役(2),3択役(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役が内部抽選の対象役として順に読み出される。なお,遊技状態がCBでは,前述したように,操作タイミングに関わらず,3択役(1),3択役(2),3択役(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)のいずれかに入賞し得る状態となる。」

(シ)「【0422】
このように本実施例では,リプレイGR(1)が当選した場合には,リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに必ず入賞する。また,リプレイGR(2)が当選した場合には,リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに必ず入賞する。」

(ス)「【0447】
また,CB中においては,図17で示したように,リプレイ(1)?(6)などの再遊技役に当選した場合など,複数種類の小役と再遊技役とが同時に入賞し得る状態が生じ得る。この場合には,再遊技役よりも小役を優先して入賞ラインに引き込み停止させる制御が行なわれる。」

(セ)「【0488】
以上のようなゲームの繰り返しにおいて,遊技制御基板40のメイン制御部41は,初期遊技状態,RT,ボーナスの間で遊技状態の移行を行なっており,遊技の進行状況に応じてコマンドを演出制御基板90に送信している。これに対して,演出制御基板90のサブ制御部91は,遊技制御基板40から受信したコマンドに基づいて,独自の演出を行なっている。」

上記記載事項(ア)?(セ)より,以下の事項が導かれる。
なお,(a)?(o)は,本願補正発明の構成A?Oに対応した事項を示している。

(a)上記【0044】には「複数種類の識別情報を変動表示可能な複数の可変表示領域(リール2L,2C,2R)を有し」と記載され,上記【0058】には「識別可能な複数種類の図柄」と記載され,上記【0002】には「識別情報としての複数種類の図柄」と記載されているから,刊行物1には,識別可能な識別情報としての複数種類の図柄を変動表示可能な複数のリール2L,2C,2Rを有することが記載されているといえる。

(b)上記【0044】には「複数の可変表示領域(リール2L,2C,2R・・・)・・・前記複数の可変表示領域に導出表示された表示結果として・・・入賞ラインL1?L5・・・のうちいずれかの入賞ライン上に導出表示された図柄の組合せに応じて入賞が発生可能とされ」と記載され,上記【0008】には「可変表示装置の表示結果に応じて入賞が発生可能とされた・・・スロットマシン1・・・であって」と記載されているから,刊行物1には,リール2L,2C,2Rに導出表示された表示結果として入賞ラインL1?L5のうちいずれかの入賞ライン上に導出表示された図柄の組合せに応じて入賞が発生可能とされるスロットマシン1が記載されているといえる。

(c)上記【0032】には「可変表示装置を構成する複数の可変表示領域」と記載され,上記【0044】には「複数の可変表示領域(リール2L,2C,2R)」と記載されているから,刊行物1の「可変表示装置」は,「リール2L,2C,2R」から構成されているといえる。
また,上記【0008】には「可変表示装置の表示結果が導出される前に,・・・複数種類の小役入賞(3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役)を含む複数種類の入賞について発生を許容するか否かを決定する事前決定手段(内部抽選処理)」と記載され,上記【0331】には「入賞となる役の種類は,・・・小役と,・・・再遊技役と,・・・特別役と,がある・・・各役の入賞が発生するためには,後述する内部抽選に当選して」と記載され,上記【0333】には「役としては,特別役として,BB(1)?(3),CB(1)?(4),SBが定められており,・・・再遊技役として,リプレイ(1)?(6)が定められている」と記載されている。ここで,再遊技役と特別役についても事前決定(内部抽選)するといえるから,刊行物1には,リール2L,2C,2Rの表示結果が導出される前に,複数種類の小役(3択役(1)?(3),メロン,スター等),再遊技役(リプレイ(1)?(6)),特別役(CB(1)?(4)等)の役の入賞について発生を許容するか否かを決定する事前決定手段(内部抽選処理)が記載されているといえる。

(d)上記【0008】には「可変表示装置の表示結果を導出させるための操作を受付ける導出操作受付手段(ストップスイッチ8L?8R)」と記載され,上記(c)で検討したように,刊行物1の「可変表示装置」は,「リール2L,2C,2R」から構成されていることを踏まえると,刊行物1には,リール2L,2C,2Rの表示結果を導出させるための操作を受付けるストップスイッチ8L?8Rが記載されているといえる。

(e)上記【0008】には「導出操作受付手段(ストップスイッチ8L?8R)・・・前記事前決定手段の決定結果および前記導出操作受付手段が受付けた操作に応じて,前記可変表示装置に表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段(リール回転処理)」と記載され,上記(c)で検討したように,刊行物1の「可変表示装置」は,「リール2L,2C,2R」から構成されていることを踏まえると,刊行物1には,前記事前決定手段の決定結果および前記ストップスイッチ8L?8Rが受付けた操作に応じて,前記リール2L,2C,2Rに表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段(リール回転処理)が記載されているといえる。

(f,o)上記【0370】には「スターは,図16で示すように,初期遊技状態中に入賞することにより,RTに制御される」と記載され,上記【0339】には「再遊技役の当選確率が高まるRT」と記載され,上記【0346】には「CB(1)?(4)のいずれかが入賞すると,メイン制御部41により,・・・CBに移行される。CBは,遊技者に払い出したメダルの総数が200枚を超えたとき,または,SB当選を契機に終了する」と記載され,上記【0347】には「CB中においては,・・・CT・・・が提供される。CTは,・・・左リール2L・・・の滑りコマ数が・・・最大1コマ滑りに制限・・・される」と記載され,上記【0352】には「RTであるときにCB入賞して制御されたCB中においては,図16に示すように,リプレイ確率(RT)が維持され・・・RTが維持されたCBを,RT付きCBと称する」と記載され,上記【0488】には「メイン制御部41は,初期遊技状態,RT,ボーナスの間で遊技状態の移行を行なっており」と記載され,上記【0330】には「チャレンジボーナス(以下,CBとも称す)」と記載されている。ここで,「RT付きCB」も「CB」であり,「CB中」と同様の制御を行うことは明らかであると共に,「CB」も「ボーナス」であることを踏まえると,刊行物1には,初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され,RTであるときにCB(1)?(4)のいずれかが入賞すると,左リール2Lの滑りコマ数が最大1コマ滑りに制限されるCTが提供される,RT付きCBに移行され,遊技者に払い出したメダルの総数が200枚を超えたとき,または,SB当選を契機にRT付きCBを終了するように制御するメイン制御部41が記載されているといえる。

(g)上記【0340】には「ナビ権とは,RT中において・・・ナビ演出を実行する・・・権利・・・ナビ権は,・・・ナビ権付与抽選において当選したとき・・・付与される」と記載されているから,刊行物1には,当選したときにRT中においてナビ演出を実行するための権利であるナビ権を付与するナビ権付与抽選をする手段が記載されているといえる。

(h,i,j)上記【0333】には「役としては,・・・小役として,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),(2),スイカ,1枚役が定められており,再遊技役として,リプレイ(1)?(6)が定められている」と記載され,上記【0331】には「賭数の設定を必要とせずに次のゲームを開始可能となる再遊技役」と記載され,上記【0359】には「3択役(1)は・・・「赤7-メロン-メロン」・・・3択役(2)は・・・「白7-メロン-メロン」・・・3択役(3)は・・・「BAR-メロン-メロン」」と記載され,上記【0368】には「メロンは・・・「メロン-メロン-メロン」」と記載され,上記【0377】には「リプレイ(1)は・・・「バナナ-バナナ-バナナ」」と記載されているから,刊行物1には,役としては,小役として,3択役(1)(「赤7-メロン-メロン」),3択役(2)(「白7-メロン-メロン」),3択役(3)(「BAR-メロン-メロン」),メロン(「メロン-メロン-メロン」)等が定められており,賭数の設定を必要とせずに次のゲームを開始可能となる再遊技役として,リプレイ(1)(「バナナ-バナナ-バナナ」)等が定められていることが記載されているといえる。

(k,l)上記【0368】には「メロンは,いずれの遊技状態においても入賞ラインのいずれかに「メロン-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となる」と記載され,上記【0008】には「スロットマシン1・・・3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役・・・の入賞について発生を許容するか否かを決定する事前決定手段(内部抽選処理)」と記載され,上記【0372】には「CB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容される状態・・・となる」と記載され,上記【0352】には「RTが維持されたCBを,RT付きCBと称する」と記載されている。ここで,「RT付きCB」も「CB」であり,「CB中」と同様の制御を行うことは明らかであることを踏まえると,刊行物1には,スロットマシン1は,いずれの遊技状態においてもメロンは入賞ラインのいずれかに「メロン-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となり,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)等の入賞について発生を許容するか否かを内部抽選により決定するが,RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容される状態となることが記載されているといえる。

(m)上記(f,o)で検討したように,刊行物1には「初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され」ることが記載され,上記【0386】には「遊技状態がRTであり,いずれの特別役も持ち越されていない状態では,初期遊技状態であるときと同様に,BB(1),BB(2),BB(3),CB(1),CB(2),CB(3),CB(4),SB,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2),3択役(1),3択役(2),3択役(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役が内部抽選の対象役」と記載され,上記【0387】には「遊技状態がRTであり,いずれかの特別役が持ち越されている状態では,SB,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2),3択役(1),3択役(2),3択役(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役が内部抽選の対象役」と記載され,上記【0422】には「リプレイGR(1)が当選した場合には,リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに・・・入賞する。また,リプレイGR(2)が当選した場合には,リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに・・・入賞する」と記載されている。ここで,上記【0386】の記載から,初期遊技状態及びRTの再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2)が内部抽選の対象役であることを踏まえると,刊行物1には,初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され,初期遊技状態及びRTの再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]であることが記載されているといえる。

(n)上記【0354】には「CBが発生したときのRTがナビ権無しRTであったときには,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ」と記載され,上記【0352】には「RTが維持されたCBを,RT付きCBと称する」と記載され,上記【0357】には「また,ナビ権無しRTに制御されている場合であっても,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ」と記載されている。ここで,「RT付きCB」も「CB」であり,「CB中」と同様の制御を行うことは明らかであることを踏まえると,刊行物1には,RT付きCBが発生したときのRTがナビ権無しRTであったときには,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ,また,ナビ権無しRTに制御されている場合であっても,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれることが記載されているといえる。

(p)上記【0008】には「入賞について発生を許容するか否かを決定する事前決定手段(内部抽選処理)」と記載され,上記【0352】には「RTであるときにCB入賞して制御されたCB中においては,図16に示すように,リプレイ確率(RT)が維持され・・・RTが維持されたCBを,RT付きCBと称する」と記載され,上記【0331】には「入賞となる役の種類は,・・・小役と,・・・再遊技役と,・・・特別役と,がある・・・各役の入賞が発生するためには,後述する内部抽選に当選して」と記載され,上記【0392】には「遊技状態がCBでは,SB,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2),3択役(1),3択役(2),3択役(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2),スイカ,1枚役が内部抽選の対象役」と記載され,上記【0422】には「リプレイGR(1)が当選した場合には,リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに・・・入賞する。また,リプレイGR(2)が当選した場合には,リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに・・・入賞する」と記載されている。ここで,「RT付きCB」も「CB」であり,「CB中」と同様の制御を行うことは明らかであると共に,上記【0392】の記載から,RT付きCBの再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2)が内部抽選の対象役であることを踏まえると,刊行物1には,事前決定手段(内部抽選処理)は,RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中においては,リプレイ確率(RT)を維持し,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かを決定することが記載されているといえる。

(q)上記【0008】には「表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段(リール回転処理)」と記載され,上記(n)で検討したように刊行物1は「事前決定手段(内部抽選処理)は,RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中においては,リプレイ確率(RT)を維持し,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かを決定する」構成を有し,上記【0447】には「CB中においては,図17で示したように,リプレイ(1)?(6)などの再遊技役に当選した場合など,複数種類の小役と再遊技役とが同時に入賞し得る状態が生じ得る。この場合には,再遊技役よりも小役を優先して入賞ラインに引き込み停止させる制御が行なわれる」と記載され,上記【0372】には「CB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容される状態」と記載され,上記【0008】には「スロットマシン1」と記載されている。ここで,「RT付きCB」も「CB」であり,「CB中」と同様の制御を行うことは明らかであることを踏まえると,刊行物1には,導出制御手段(リール回転処理)は,RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中において,内部抽選処理により,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かが決定され,RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容された状態で,表示結果を導出させる制御を行なう,スロットマシン1が記載されているといえる。

上記(ア)?(セ)の記載事項及び上記(a)?(q)の認定事項を総合すれば,刊行物1には以下の発明(以下,「引用発明1」という。)が記載されている(a?qは発明の構成を分説するため当審で付与した。)。
「a 識別可能な識別情報としての複数種類の図柄を変動表示可能な複数のリール2L,2C,2Rを有し,
b リール2L,2C,2Rに導出表示された表示結果として入賞ラインL1?L5のうちいずれかの入賞ライン上に導出表示された図柄の組合せに応じて入賞が発生可能とされるスロットマシン1において,
c リール2L,2C,2Rの表示結果が導出される前に,複数種類の小役(3択役(1)?(3),メロン,スター等),再遊技役(リプレイ(1)?(6)),特別役(CB(1)?(4)等)の役の入賞について発生を許容するか否かを決定する事前決定手段(内部抽選処理)と,
d リール2L,2C,2Rの表示結果を導出させるための操作を受付けるストップスイッチ8L?8Rと,
e 前記事前決定手段の決定結果および前記ストップスイッチ8L?8Rが受付けた操作に応じて,前記リール2L,2C,2Rに表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段(リール回転処理)と,
f,o 初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され,RTであるときにCB(1)?(4)のいずれかが入賞すると,左リール2Lの滑りコマ数が最大1コマ滑りに制限されるCTが提供される,RT付きCBに移行され,遊技者に払い出したメダルの総数が200枚を超えたとき,または,SB当選を契機にRT付きCBを終了するように制御するメイン制御部41と,
g 当選したときにRT中においてナビ演出を実行するための権利であるナビ権を付与するナビ権付与抽選をする手段とを備え,
h,i,j 役としては,小役として,3択役(1)(「赤7-メロン-メロン」),3択役(2)(「白7-メロン-メロン」),3択役(3)(「BAR-メロン-メロン」),メロン(「メロン-メロン-メロン」)等が定められており,賭数の設定を必要とせずに次のゲームを開始可能となる再遊技役として,リプレイ(1)(「バナナ-バナナ-バナナ」)等が定められ,
k,l スロットマシン1は,いずれの遊技状態においてもメロンは入賞ラインのいずれかに「メロン-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となり,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)等の入賞について発生を許容するか否かを内部抽選により決定するが,RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容される状態となり,
m 初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され,初期遊技状態及びRTの再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]であり,
n RT付きCBが発生したときのRTがナビ権無しRTであったときには,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ,また,ナビ権無しRTに制御されている場合であっても,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ,
p 事前決定手段(内部抽選処理)は,RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中においては,リプレイ確率(RT)を維持し,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かを決定し,
q 導出制御手段(リール回転処理)は,RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中において,内部抽選処理により,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かが決定され,RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容された状態で,表示結果を導出させる制御を行なう,スロットマシン1。」

(3)対比
本願補正発明と引用発明1とを対比する。

(a)引用発明1の「図柄」及び「リール2L,2C,2R」は,それぞれ,本願補正発明の「識別情報」及び「可変表示部」に相当する。
このことから,引用発明1の「識別可能な識別情報としての複数種類の図柄を変動表示可能な複数のリール2L,2C,2Rを有し」は,
本願補正発明の「各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え」に相当する。

(b)引用発明1の「入賞ラインL1?L5のうちいずれかの入賞ライン上に導出表示された図柄の組合せ」及び「スロットマシン1」は,それぞれ,本願補正発明の「表示結果」及び「スロットマシン」に相当する。
また,引用発明1は,構成aとして「複数種類の図柄を変動表示可能な複数のリール2L,2C,2Rを有し」ており,引用発明1の「リール2L,2C,2Rに導出表示された表示結果として入賞ラインL1?L5のうちいずれかの入賞ライン上に導出表示された図柄の組合せ」は,変動表示した後に導出されることは明らかである。
これらのことから,引用発明1の「リール2L,2C,2Rに導出表示された表示結果として入賞ラインL1?L5のうちいずれかの入賞ライン上に導出表示された図柄の組合せに応じて入賞が発生可能とされるスロットマシン1」は,
本願補正発明の「前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシン」に相当する。

(c)引用発明1の「事前決定手段(内部抽選処理)」は,本願補正発明の「事前決定手段」に相当する。
また,引用発明1の「複数種類の小役(3択役(1)?(3),メロン,スター等),再遊技役(リプレイ(1)?(6)),特別役(CB(1)?(4)等)の役」は,引用発明1の構成h,i,jの「3択役(1)(「赤7-メロン-メロン」)」ような図柄の組合せである表示結果をそれぞれ有していることは明らかである。
これらのことから,引用発明1の「リール2L,2C,2Rの表示結果が導出される前に,複数種類の小役(3択役(1)?(3),メロン,スター等),再遊技役(リプレイ(1)?(6)),特別役(CB(1)?(4)等)の役の入賞について発生を許容するか否かを決定する事前決定手段(内部抽選処理)」は,
本願補正発明の「表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段」に相当する。

(d)引用発明1の「ストップスイッチ8L?8R」を操作するのは,遊技を行う遊技者であることは明らかである。
このことから,引用発明1の「リール2L,2C,2Rの表示結果を導出させるための操作を受付けるストップスイッチ8L?8R」は,
本願補正発明の「遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段」に相当する。

(e)引用発明1の「前記事前決定手段の決定結果および前記ストップスイッチ8L?8Rが受付けた操作に応じて,前記リール2L,2C,2Rに表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段(リール回転処理)」は,
本願補正発明の「前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段」に相当する。

(f)引用発明1は「RTであるときにCB(1)?(4)のいずれかが入賞すると」,「RT付きCBに移行され,遊技者に払い出したメダルの総数が200枚を超えたとき,または,SB当選を契機にRT付きCBを終了する」。
このことから,引用発明1の「RTであるときにCB(1)?(4)のいずれかが入賞する」こと,「遊技者に払い出したメダルの総数が200枚を超えたとき,または,SB当選」,「RT付きCB」及び「メイン制御部41」は,それぞれ,本願補正発明の「開始条件」,「終了条件」,「特別状態」及び「特別状態制御手段」に相当する。
また,引用発明1の「初期遊技状態」及び「RT」は,「RT付きCB」(特別状態)と異なるCBでない状態であるから,本願補正発明の「通常状態」に相当する。
そして,引用発明1の「RT付きCB」(特別状態)では,「左リール2Lの滑りコマ数が最大1コマ滑りに制限されるCTが提供される」から,「初期遊技状態」及び「RT」(通常状態)とは異なるといえる。
これらのことから,引用発明1の「初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され,RTであるときにCB(1)?(4)のいずれかが入賞すると,左リール2Lの滑りコマ数が最大1コマ滑りに制限されるCTが提供される,RT付きCBに移行され,遊技者に払い出したメダルの総数が200枚を超えたとき,または,SB当選を契機にRT付きCBを終了するように制御するメイン制御部41」は,
本願補正発明の「開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段」に相当する。

(g)引用発明1の「当選したときにRT中においてナビ演出を実行するための権利であるナビ権」及び「ナビ権付与抽選をする手段」は,それぞれ,本願補正発明の「前記入賞とは異なる特典」及び「特典付与手段」に相当する。
このことから,引用発明1の「当選したときにRT中においてナビ演出を実行するための権利であるナビ権を付与するナビ権付与抽選をする手段」は,
本願補正発明の「前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段」に相当する。

(h,i,j)引用発明1の「賭数の設定を必要とせずに次のゲームを開始可能となる再遊技役として」の「リプレイ(1)(「バナナ-バナナ-バナナ」)」は,本願補正発明の「遊技者により遊技用価値が用いられることなく次のゲームが開始可能となるように賭数を設定する特殊表示結果」に相当する。
また,引用発明1の「3択役(1)(「赤7-メロン-メロン」),3択役(2)(「白7-メロン-メロン」),3択役(3)(「BAR-メロン-メロン」)」は,本願補正発明の「特定表示結果」に相当すると共に,中図柄と右図柄に「メロン-メロン」の図柄の組合せが含まれている点で共通しているから,引用発明1の「小役として,3択役(1)(「赤7-メロン-メロン」),3択役(2)(「白7-メロン-メロン」),3択役(3)(「BAR-メロン-メロン」)」「が定められており」は,本願補正発明の「前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり」に相当する。
そして,引用発明1の「メロン(「メロン-メロン-メロン」)」及び「メロン-メロン-メロン」は,それぞれ,本願補正発明の「所定表示結果」及び「所定の識別情報の組合せ」に相当する。
これらのことから,引用発明1の「役としては,小役として,3択役(1)(「赤7-メロン-メロン」),3択役(2)(「白7-メロン-メロン」),3択役(3)(「BAR-メロン-メロン」),メロン(「メロン-メロン-メロン」)等が定められており,賭数の設定を必要とせずに次のゲームを開始可能となる再遊技役として,リプレイ(1)(「バナナ-バナナ-バナナ」)等が定められ」は,
本願補正発明の「前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と,該所定表示結果とは異なる特定表示結果と,遊技者により遊技用価値が用いられることなく次のゲームが開始可能となるように賭数を設定する特殊表示結果とが含まれ,前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり」に相当する。

(k,l)引用発明1は「いずれの遊技状態においてもメロンは入賞ラインのいずれかに「メロン-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞とな」るから,「初期遊技状態」及び「RT」(通常状態)において「メロン(「メロン-メロン-メロン」)」(所定表示結果)を導出するといえる。
ただし,「初期遊技状態」及び「RT」(通常状態)における「メロン(「メロン-メロン-メロン」)」(所定表示結果)と「3択役(1)(「赤7-メロン-メロン」),3択役(2)(「白7-メロン-メロン」),3択役(3)(「BAR-メロン-メロン」)」(特定表示結果)を導出させる確率は,不明である。
これらのことから,引用発明1の「スロットマシン1は,いずれの遊技状態においてもメロンは入賞ラインのいずれかに「メロン-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となり」と,
本願補正発明の「前記スロットマシンは,前記通常状態において前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ」とは,「前記スロットマシンは,前記通常状態において」「前記所定表示結果を導出させ」である点で共通している。

また,引用発明1は「3択役(1)?(3)」「の入賞について発生を許容するか否かを内部抽選により決定するが,RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3)」「の入賞が許容される状態とな」るから,3択役(1)?(3)の表示結果(特定表示結果)の導出については,内部抽選により表示結果の導出を許容するか決定する「初期遊技状態」及び「RT」(通常状態)より,毎ゲーム表示結果の導出を許容するRT付きCB中(特別状態)の方が高い確率で導出が許容される(導出され得る)といえる。

以上のことから,引用発明1の「スロットマシン1は,いずれの遊技状態においてもメロンは入賞ラインのいずれかに「メロン-メロン-メロン」の組合せが揃ったときに入賞となり,3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)等の入賞について発生を許容するか否かを内部抽選により決定するが,RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容される状態となり」は,
本願補正発明の構成K,Lと「前記スロットマシンは,前記通常状態において」「前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態において前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し」である点で共通している。

(m)引用発明1は「初期遊技状態及びRTの再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]であ」るから,初期遊技状態及びRTにおいて,再遊技役(リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2))に内部当選したとき,必ずリプレイ(1)の導出が許容されるといえる。このことから,引用発明1は「初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され」ることで,「リプレイ(1)」(特殊表示結果)の導出を許容する確率が高い所定確率になるように制御されるといえる。
また,引用発明1の「初期遊技状態中にスターに入賞」及び「RT」は,それぞれ,本願補正発明の「特定条件」及び「特定状態」に相当すると共に,引用発明1の「再遊技役の当選確率が高まるRT」における「リプレイ(1)」(特殊表示結果)の導出が許容される確率は,本願補正発明の「所定確率」に相当する。
これらのことから,引用発明1の「初期遊技状態中にスターに入賞することにより,再遊技役の当選確率が高まるRTに制御され,初期遊技状態及びRTの再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]であり」は,
本願補正発明の「特定条件が成立したときに,前記特殊表示結果の導出を許容する確率が,当該特定条件の成立前よりも高い所定確率となる特定状態に制御し」に相当する。

(n)引用発明1の「RT付きCBが発生したときのRTがナビ権無しRTであったとき」は「RT付きCB」(特別状態)の中の1つの状態であり,引用発明1の「ナビ権無しRT」はRT(通常状態。特別状態ではない。)の中の1つの状態であり,引用発明1は,どちらの状態においても(特別状態であるか否かにかかわらず),3択役(1)?(3)(特定表示結果)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれるものである。
このことから,引用発明1の「RT付きCBが発生したときのRTがナビ権無しRTであったときには,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ,また,ナビ権無しRTに制御されている場合であっても,3択役(1)?(3)に当選する毎にナビ権付与抽選が行なわれ」は,
本願補正発明の「前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であり」に相当する。

(o)引用発明1は「RT」(特定状態)「であるときにCB(1)?(4)のいずれかが入賞すると」「RT付きCB」(特別状態)「に移行され」る。
このことから,引用発明1の「メイン制御部41」は,「RTであるときにCB(1)?(4)のいずれかが入賞すると,左リール2Lの滑りコマ数が最大1コマ滑りに制限されるCTが提供される,RT付きCBに移行され」「るように制御する」ことは,
本願補正発明の「前記特別状態制御手段は,前記特定状態中に前記特別状態に制御可能であ」ることに相当する。

(p)引用発明1の「RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中」は,本願補正発明の「前記特定状態中に制御された前記特別状態」に相当する。
また,引用発明1は「RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中においては,リプレイ確率(RT)を維持し,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かを決定し」ており,RT及びRT付きCB中において,再遊技役(リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2))に内部当選したときに,必ずリプレイ(1)の導出が許容されるといえる。そうすると,引用発明1は,RT(特定状態)であるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中(特別状態)においても,リプレイ確率(RT)(特殊表示結果であるリプレイ(1)の導出を許容する所定確率)を維持することが記載されているといえる。
これらのことから,引用発明1の「事前決定手段(内部抽選処理)は,RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中においては,リプレイ確率(RT)を維持し,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かを決定し」は,
本願補正発明の「前記事前決定手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態においても,前記所定確率で前記特殊表示結果の導出を許容し」に相当する。

(q)引用発明1は「RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中において,内部抽選処理により,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かが決定され」るので,上記(p)で検討したのと同様に,RT及びRT付きCB中において,再遊技役(リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2))に内部当選したときに,必ずリプレイ(1)の導出が許容されるといえる。そうすると,引用発明1は,RT(特定状態)であるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中(特別状態)において,内部抽選で再遊技役(リプレイ(1),リプレイGR(1),リプレイGR(2))に当選する確率で,リプレイ(1)(特殊表示結果)の導出が許容されることが記載されているといえる。
また,引用発明1は「RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3)・・・の入賞が許容された状態で,表示結果を導出させる制御を行なう」から,RT付きCB中(特別状態)において,内部抽選で再遊技役に当選してリプレイ(1)(特殊表示結果)の導出が許容されたときに,3択役(1)?(3)(特定表示結果)を導出させる制御を行うことが可能であるといえる。
これらのことから,引用発明1の「導出制御手段(リール回転処理)は,RTであるときにCB入賞して制御されたRT付きCB中において,内部抽選処理により,再遊技役については,リプレイ(1),リプレイGR(1)[リプレイ(1),リプレイ(2),リプレイ(4),リプレイ(6)のいずれかに入賞],リプレイGR(2)[リプレイ(1),リプレイ(3),リプレイ(5)のいずれかに入賞]の入賞について発生を許容するか否かが決定され,RT付きCB中の毎ゲームにおいて,内部抽選の結果に関わらず,強制的に3択役(1)?(3),メロン,スター,イチゴ(1),イチゴ(2)の入賞が許容された状態で,表示結果を導出させる制御を行なう,スロットマシン1」は,
本願補正発明の「前記導出制御手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態において前記特殊表示結果の導出が許容されたときに,前記特定表示結果を導出させる制御を行なうことが可能であることを特徴とする,スロットマシン」に相当する。

上記(a)?(q)から,本願補正発明と引用発明1とは,
[一致点]
「A 各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え,
B 前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシンにおいて,
C 表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段と,
D 遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段と,
E 前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段と,
F 開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段と,
G 前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段とを備え,
H 前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と,該所定表示結果とは異なる特定表示結果と,遊技者により遊技用価値が用いられることなく次のゲームが開始可能となるように賭数を設定する特殊表示結果とが含まれ,
I 前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
J 前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
K 前記スロットマシンは,
L’前記通常状態において前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態において前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
M 特定条件が成立したときに,前記特殊表示結果の導出を許容する確率が,当該特定条件の成立前よりも高い所定確率となる特定状態に制御し,
N 前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であり,
O 前記特別状態制御手段は,前記特定状態中に前記特別状態に制御可能であり,
P 前記事前決定手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態においても,前記所定確率で前記特殊表示結果の導出を許容し,
Q 前記導出制御手段は,前記特定状態中に制御された前記特別状態において前記特殊表示結果の導出が許容されたときに,前記特定表示結果を導出させる制御を行なうことが可能であることを特徴とする,スロットマシン。」
である点で一致し,以下の点で相違する。

[相違点](構成L)
「前記通常状態において」「導出させ」る「前記所定表示結果」に関して,
本願補正発明は,「前記特定表示結果よりも高い確率で」「導出させ」るのに対して,
引用発明1は,そのような構成であるか不明である点。

(4)判断
ア 相違点について
上記(2)(2-1)(ケ)の【0370】には,刊行物1の記載として「スターに入賞したときには,・・・ナビ権付与抽選を行ない,当選結果に応じてナビ権付きRTまたはナビ権無しRTに制御するように構成してもよい」と記載されているから,ナビ権付与抽選(AT[特典付与]抽選)を行う契機となる小役(特定表示結果)が,3択役(1)?(3)に限らず,スターであってもよい点が記載されているといえる。
また,遊技機において,AT[特典付与]抽選を行う契機となる小役(特定表示結果)をどのような入賞役にしてもよいことは,特開2010-284267号公報(【0059】,図7には,演出制御状態をAT中に移行させるためのAT抽選を,他に当選確率が高い小役B1?B3,C1?C3がある小役Aに当選した場合にする点,AT抽選に関わる賞を小役A賞でなく,他の賞であっても良い点が記載されている。),特開2007-209379号公報(【0153】,【0158】,【0162】?【0163】には,チェリーに内部当選した場合に,発動図柄ナビ回数の抽選を行う発動図柄報知抽選処理を行う点,チェリー以外の入賞役に内部当選または入賞した場合に発動図柄報知抽選処理を行うように構成してもよい点が記載されている。)にも記載されているように,周知(以下,「周知技術」という。)である。
さらに,本願補正発明の「所定表示結果」は,「前記通常状態において前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ」(構成L)る「所定の識別情報の組合せを含む表示結果」(構成I)であれば,どのような表示結果であってもよいといえるから,複数の図柄(識別情報)で構成された小役の中で,1番当選確率が高い小役であってもよいといえる。
そうすると,引用発明1の「3択役(1)?(3)」(特定表示結果)及び「メロン」(所定表示結果)を,上記周知技術に基づいて,AT抽選を行う契機となる「3択役(1)?(3)」(特定表示結果)を,他の当選確率が高い複数の図柄で構成された(所定の識別情報の組合せ)小役を有する,複数の図柄で構成された(特定の識別情報の組合せ)小役とすることにより,上記相違点に係る本願補正発明の構成とすることは,当業者が容易になし得たことである。

そして,本願補正発明の作用効果も,引用発明1及び周知技術から当業者が予測できる範囲のものである。

したがって,本願補正発明は,引用発明1及び周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。

(5)請求人の主張について
請求人は審判請求書の【本願発明が特許されるべき理由】(3)において,
「補正後の本願発明は,「事前決定手段は,特定状態中に制御された特別状態においては,特定状態と同一の所定確率で特殊表示結果の導出を許容する」という構成(構成Oおよび構成P参照)と,「導出制御手段は,特定状態中に制御された特別状態において特殊表示結果の導出が許容されたときに,特定表示結果を導出させる制御を行なうことが可能である」という構成(構成Q参照)とを有します。
これらの構成は,引用文献1には記載されていないことから,本願発明と引用文献1記載の発明とを対比すると,本願発明は,これらの構成を有する一方,引用文献1記載の発明はこれらの構成を有さない点で両発明は相違します。
また,相違点に係る構成については,他の引用文献にも記載されておりません。
また,本願発明は,相違点に係る構成を備えることにより,「特定状態中に制御された特別状態においては,特殊表示結果の導出を許容する割合は,特定条件の成立前よりも高い確率となる特定状態と同一であり,該特別状態中には,特殊表示結果の導出が許容されたときに,特典の付与に関する特定表示結果を導出され得ることから,特定状態中に制御された特別状態の興趣を向上させることができる」という有利な効果を奏します。
したがって,相違点に係る構成については想到困難性を有するものと思料いたします。」と主張している。

しかしながら,上記(3)において既に検討したように,請求人の主張する平成27年12月1日付け拒絶理由の引用文献1(特開2009-261780号公報)と異なる刊行物1(特開2010-142606号公報)に記載された発明である引用発明1と,本願補正発明との間には,請求人が主張する構成O?Qの相違点は存在せず,上記(4)において既に検討したように,本願補正発明は,引用発明1及び周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであるから,本願補正発明は,当業者が容易に発明をすることができたものである。

(6)まとめ
したがって,本願補正発明は,特許法第29条第2項の規定に基づいて特許出願の際独立して特許を受けることができない。
よって,本件補正は,特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に違反するので,同法第159条第1項において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものである。

第3 本願発明について
1 本願発明
本件補正(平成28年10月11日付け手続補正)は上記第2のとおり却下されたので,本願の請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は,平成27年5月27日付け手続補正書により補正された,上記第2 1で前述した特許請求の範囲の請求項1に記載された事項により特定される次のとおりのものである(A?Nは,本願発明を分説するために当審で付与した。なお,本願発明の構成H,K,Nは,本願補正発明の構成H,K,Nと構成が異なる点がある。)。
「【請求項1】
A 各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え,
B 前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシンにおいて,
C 表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段と,
D 遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段と,
E 前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段と,
F 開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段と,
G 前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段とを備え,
H 前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と該所定表示結果とは異なる特定表示結果とが含まれ,
I 前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
J 前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
K 前記スロットマシンは,前記通常状態においては前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態においては前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
N 前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であることを特徴とする,スロットマシン。」

2 刊行物に記載された事項
(1)刊行物2
平成27年12月1日付けの拒絶理由の通知で引用文献1とした本願の出願前に頒布された刊行物2(特開2009-261780号公報)には,図面とともに以下の事項が記載されている(下線は当審で付した。以下同じ。)。
(ア)「【0011】
上記課題を解決するために,本発明に係る遊技機では,複数の図柄が配されたリール(例えば,後述するリール101L,101C,101R)と,前記複数の図柄のうち一部の図柄を表示する複数の図柄表示手段(例えば,後述する表示窓107L,107C,107R)と,開始操作の検出を行う開始操作検出手段(例えば,後述するスタートスイッチ151)と,停止操作の検出を行う停止操作検出手段(例えば,後述するストップスイッチ150)と,前記開始操作検出手段により検出された開始操作の検出に基づいて,乱数値の抽出を行う乱数値抽出手段(例えば,後で図20に示す乱数値の抽出処理(S5)を行うメインCPU141)と,該乱数値抽出手段により抽出された乱数値に基づいて内部当籤役の決定を行う内部当籤役決定手段(例えば,後で図22に示す内部抽籤処理を行うメインCPU141)と,前記開始操作検出手段により検出された開始操作に基づいて前記複数のリールの回転制御を行うリール回転制御手段(例えば,後述するモータ駆動回路156,ステッピングモータ131L,131C,131R,後で図26に示す処理においてリール制御処理(S163)を行うメインCPU141)と,前記停止操作検出手段により検出された停止操作の検出タイミングと,前記内部当籤役決定手段により決定された内部当籤役とに基づいて,前記リールの停止制御を行うリール停止制御手段(例えば,後述するモータ駆動回路156,ステッピングモータ131L,131C,131R,後で図23に示すリール停止制御処理を行うメインCPU141)と,該リール停止制御手段による前記リールの停止制御によって,前記内部当籤役に係る図柄の組合せが前記図柄表示手段に停止表示された場合に,前記内部当籤役に応じた遊技価値の付与を行う遊技価値付与手段(例えば,後述するホッパー134,後で図20に示すメダル払出処理(S14)を行うメインCPU141)と,前記内部当籤役に関する情報を報知することが可能な報知手段(例えば,後述する液晶表示装置106)と,所定の内部当籤役に係る情報を前記報知手段に報知させるか否かの抽籤を行う報知用抽籤手段(後で図32に示すAT抽籤処理を行うサブCPU165)とを有し,前記内部当籤役決定手段は,前記乱数値抽出手段により抽出された一の乱数値に基づいて遊技状態を遊技者にとって有利な状態へと移行する図柄の組合せを停止表示させるための内部当籤役(例えば,後述するビックボーナスやJAC)と,遊技状態を前記有利な状態へと移行することなく遊技者に所定の利益を付与する図柄の組合せを停止表示させるための内部当籤役(例えば,後述する赤チェリー,青チェリー,緑チェリー)との両方の内部当籤役を決定することが可能となっており,前記報知用抽籤手段は,以前の遊技において前記内部当籤役決定手段により前記有利な状態へと移行する内部当籤役の決定がなされて当該内部当籤役が持ち越しされている状態(例えば,持越役格納領域におけるビックボーナスの持ち越しを示すフラグがオンに設定されている状態)であるか,または,当該有利な状態が実行されている状態(例えば,ビックボーナス遊技状態においてレギュラーボーナスが開始されていない状態(後述するBB一般遊技状態))において,前記内部当籤役決定手段により一の乱数値に基づいて前記両方の内部当籤役の決定がなされたことを条件として,前記報知手段により報知させるか否かの抽籤を行うことを特徴とする。」

(イ)「【0021】
内部当籤役決定手段12による内部当籤役の決定により,後述の入賞判定ラインに沿って表示を行うことを許可する図柄の組合せが決定される。なお,図柄の組合せの種別としては,メダルの払い出し,再遊技の作動,ボーナスの作動等といった特典が遊技者に与えられる「入賞」に係るものと,それ以外のいわゆる「ハズレ」に係るものとが設けられている。
【0022】
続いて,リール回転制御手段(後述するモータ駆動回路,ステッピングモータ,メインCPU等)13等により複数のリールの回転が行われた後で,遊技者によりストップボタンが押されると,停止操作検出手段(後述するストップスイッチ)14により停止操作の検出が行われ,内部当籤役と停止操作の検出タイミングとに基づいて,リール停止制御手段(後述するモータ駆動回路,ステッピングモータ,メインCPU)15が,該当するリールの回転を停止する制御を行う。
・・・
【0025】
こうして,複数のリールの回転が全て停止されると,入賞判定手段(後述するメインCPU)17は,入賞判定ラインに沿って表示された図柄の組合せが,入賞に係るものであるか否かの判定を行う。入賞に係るものであるとの判定が行われると,遊技価値付与手段(例えば,後述するホッパー,メインCPU)18により,メダルの払い出し等の特典が遊技者に与えられる。以上のような一連の流れがパチスロ100における1回の遊技として行われる。」

(ウ)「【0037】
図柄表示領域(以下,表示窓という。)107L,107C,107Rは,その背後に設けられたリール101L,101C,101Rの回転が停止されたとき,リール101L,101C,101Rの表面に配された複数種類の図柄のうち,その枠内における上段,中段及び下段の各領域にそれぞれ1個の図柄(合計で3個)を表示する。また,各表示窓107L,107C,107Rが有する上段,中段及び下段からなる3つの領域のうち予め定められたいずれかをそれぞれ組合せてなる擬似的なラインを,入賞か否かの判定を行う対象となるライン(入賞判定ライン)110として定義する。」

(エ)「【0085】
また,各リールの図柄「赤7」が入賞判定ライン110に沿って表示されたときには,表示役として「BB(ビックボーナス)(01000000)」が決定される。BBの表示役が決定されると,遊技状態が,一般遊技状態から,遊技者にとって相対的に有利な遊技状態を示すBB遊技状態へと移行する。なお,BB遊技状態へと遊技状態が移行することにより,RB(レギュラーボーナス)動作が開始され,ベルの入賞確率が高くなる。ここで,BBとは,第1種特別役物に係る役物連続作動装置を意味し,RBとは,第1種特別役物を意味する。」

(オ)「【0090】
BBの作動は,規定枚数に達するメダルの払い出しが行われた場合に終了する。RBの作動は,規定回数に達する遊技が行われた場合,規定回数に達する入賞が有った場合,又は,BBの作動が終了した場合のいずれかによって終了する。ボーナス終了枚数カウンタ,遊技可能回数カウンタ及び入賞可能回数カウンタは,ボーナスの終了契機となる上記規定枚数(具体的には,図8に示すように346枚),あるいは,上記規定回数(具体的には,図8に示すように8回)に達したか否かを管理するためのデータである。
・・・
【0094】
したがって,抽籤値として規定されている数値が大きいほど,これが割り当てられたデータ(つまり,データポインタ)が決定される確率が高い。なお,各当籤番号の当籤確率は,「各当籤番号に対応する抽籤値/抽出される可能性のある全ての乱数値の個数(65536)」によって表すことができる。」

(カ)「【0102】
図9は,一般遊技状態用内部抽籤テーブルを示し,図10は,RB作動中用内部抽籤テーブルを示す。本実施の形態では,ボーナスの作動が行われているか否かといった状況に応じて,複数種類の内部抽籤テーブルを使い分けることにより,決定される内部当籤役の種類や当籤確率を変動させ,この結果,遊技者が抱く期待に起伏が生じるようにしている。
【0103】
なお,図10に示すRB作動中用内部抽籤テーブルでは,図9に示す一般遊技状態用内部抽籤テーブルに比べて,ベルに当籤する確率が高くなっている。より詳細には,RB作動中用内部抽籤テーブルに示すように,RB遊技状態において内部当籤が行われると100%の確率(65536分の65536の確率)で,ベルが当籤される。さらに,図6に示す図柄配置テーブルに示すように,隣接するベルの図柄とベル図柄との間隔は,4図柄以内となるように配置されているので,滑り駒数として許容されるリールの停止制御処理により,ベル図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止させることが可能となっている。
・・・
【0123】
例えば,「リプレイ報知」の演出を行う場合には,液晶表示装置106に「リプレイ成立!!」とのコメントが表示される構成としたが,リプレイの図柄は,図6に示す図柄配置テーブルから明らかなように,隣接するベル図柄とベル図柄との間隔が4図柄以内となるように配置されているので,滑り駒数として許容されるリールの停止制御処理により,ベル図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止表示させることが可能となっている。したがって,液晶表示装置106に対して積極的に「リプレイ成立!!」とのコメントを表示させなくても,遊技者は簡単にリプレイに係る入賞を成立させることができ,「リプレイ成立!!」とのコメントを表示させない場合であっても,遊技者の得られ得る利益を損なうおそれがない。」

(キ)「【0188】
はじめに,メインCPU141は,表示役がBBであるか否かを判別する(S121)。メインCPU141は,表示役がBBであると判別したときには,ボーナス作動時テーブルを参照し,BB作動時処理を行う(S122)。この処理では,BB作動中フラグがオンにされ,ボーナス終了枚数カウンタに所定値(本実施の形態では,「346」)がセットされる。」

(ク)「【0193】
このように,BB作動中フラグがオンである場合において(S127においてYes),RB作動中フラグがオフとなったとき(S128においてNo)には,すぐにRB作動中フラグがオンにセットされてRB遊技が開始される。従ってBB遊技状態では,繰り返しRB遊技が継続して実行されることになる。この処理が終了すると,メインCPU141は,ボーナス作動チェック処理を終了する。
・・・
【0195】
はじめに,メインCPU141は,ボーナス終了枚数カウンタが0であるか否かを判別する(S141)。メインCPU141は,ボーナス終了枚数カウンタが0であると判別したときに,BB終了時処理を行う(S142)。この処理では,BB作動中フラグ及びRB作動中フラグがオフされ,ボーナスの終了契機を管理するための各種カウンタがクリアされる。次に,メインCPU141は,ボーナス終了コマンドを副制御回路132に対して送信する(S143)。この処理が終了すると,メインCPU141は,ボーナス終了チェック処理を終了する。」

(ケ)「【0221】
S363においてAT回数カウンタの値が0のとき,サブCPU165は,AT報知状態フラグをオフに設定する(S364)。
・・・
【0225】
はじめに,サブCPU165は,AT報知状態フラグがオンであるか否かを判別する(S381)。AT報知状態フラグがオンであるときには,サブCPU165は,AT抽籤処理を終了する。AT報知状態フラグがオンでないときには,サブCPU165は,AT高確率状態フラグを参照して,AT遊技状態においてAT抽籤に用いられる抽籤テーブルとしてAT高確率抽籤テーブルが優先的に用いられる状態(この状態を,AT高確率抽籤状態という。)であるか否かを判断する(S382)。
【0226】
AT高確率抽籤状態であるとき,サブCPU165は,AT高確率抽籤状態における終了抽籤処理を行う(S383)。具体的に,サブCPU165は,初期コマンドにより取得したパチスロ100の設定値に関する情報に基づいて,AT高確率抽籤状態からAT低確率抽籤状態(抽籤テーブルとしてAT低確率抽籤テーブルが優先的に用いられる状態)へと抽籤状態を変更させる確率を決定する。例えば,設定値が「1」の場合には1/50の確率,設定値「4」の場合には1/100の確率,設定値「6」の場合には1/150の確率,設定値「H」の場合には1/200の確率で,AT高確率抽籤状態からAT低確率抽籤状態へ抽籤状態を変更させる。サブCPU165は,乱数値を用いて,AT高確率抽籤状態からAT低確率抽籤状態へ抽籤状態が変化するか否かの終了抽籤処理を行う。
【0227】
そして,サブCPU165は,終了抽籤処理(S383)に基づいて,AT高確率抽籤状態が終了すること(抽籤状態がAT高確率抽籤状態からAT低確率抽籤状態へ変化すること)になったか否かの判別を行う(S384)。AT高確率抽籤状態が終了しなかったとき,サブCPU165は,AT高確率抽籤テーブルを参照し,スタートコマンドにより取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定する(S385)。一方で,AT高確率抽籤状態が終了したとき,サブCPU165は,AT高確率状態フラグをオフにセットする(S386)。そして,サブCPU165は,S386の後,または,S382においてAT高確率抽籤状態でないと判別されたときに,AT低確率抽籤テーブルを参照し,取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定する(S387)。なお,決定されたAT回数は,AT回数カウンタに記録される。」

(コ)図7には「図柄組合せテーブル
図柄の組合せ 表示役
左リール 中リール 右リール ・・・ 内容
・・・
ベル ベル ベル ・・・ ベル
・・・
リプレイ リプレイ リプレイ ・・・ リプレイ」と記載されている。
図7の図示内容から,図柄組合せには,表示役リプレイと表示役ベルが含まれ,表示役リプレイの図柄組合せは,リプレイ-リプレイ-リプレイであり,表示役ベルの図柄組合せは,ベル-ベル-ベルであることが図示されているといえる。

(サ)図6には,「図柄配置テーブル
左リール 中リール 右リール
図柄位置 図柄 図柄位置 図柄 図柄位置 図柄
20 ・・ 20 ・・ 20 ・・
19 ・・ 19 ベル 19 リプレイ
18 リプレイ 18 リプレイ 18 ベル
17 ベル 17 ・・ 17 ・・
16 ・・ 16 ・・ 16 ・・
15 ・・ 15 ベル 15 リプレイ
14 リプレイ 14 リプレイ 14 ベル
13 ベル 13 ・・ 13 ・・
12 ・・ 12 ベル 12 リプレイ
11 リプレイ 11 リプレイ 11 ベル
10 ベル 10 ・・ 10 ・・
9 ・・ 9 ベル 9 リプレイ
8 リプレイ 8 リプレイ 8 ベル
7 ベル 7 ・・ 7 ・・
6 ・・ 6 ベル 6 リプレイ
5 リプレイ 5 リプレイ 5 ベル
4 ベル 4 ・・ 4 ・・
3 ・・ 3 ・・ 3 ・・
2 ・・ 2 ベル 2 リプレイ
1 リプレイ 1 リプレイ 1 ベル
0 ベル 0 ・・ 0 ・・」と記載されている。
図6の図示内容から,隣接するリプレイ図柄とリプレイ図柄との間隔,及び,隣接するベル図柄とベル図柄との間隔,が4図柄以内となるように配置されていることが図示されているといえる。
また,上記【0123】には「リプレイの図柄は,図6に示す図柄配置テーブルから明らかなように,隣接するベル図柄とベル図柄との間隔が4図柄以内となるように配置されているので,滑り駒数として許容されるリールの停止制御処理により,ベル図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止表示させることが可能となっている。したがって,液晶表示装置106に対して積極的に「リプレイ成立!!」とのコメントを表示させなくても,遊技者は簡単にリプレイに係る入賞を成立させることができ」(下線は,当審で付与。)と記載されているが,上記【0123】の記載はリプレイ図柄に関する記載であると共に,図6では「隣接するリプレイ図柄とリプレイ図柄との間隔が4図柄以内となるように配置されている」ことが図示されているといえるから,上記【0123】の「隣接するベル図柄とベル図柄との間隔が4図柄以内となるように配置・・・ベル図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止表示させることが可能となっている」は,「隣接するリプレイ図柄とリプレイ図柄との間隔が4図柄以内となるように配置・・・リプレイ図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止表示させることが可能となっている」の誤記であるといえる。
そして,上記【0103】には「図6に示す図柄配置テーブルに示すように,隣接するベルの図柄とベル図柄との間隔は,4図柄以内となるように配置されているので,滑り駒数として許容されるリールの停止制御処理により,ベル図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止させることが可能となっている」と記載され,上記(サ)には図7の図示内容として「表示役リプレイ・・・表示役ベル」と記載されている。
そして,図6の図示内容,上記【0103】,【0123】の記載,及びパチスロの技術常識を総合すると,表示役リプレイに当籤したときには,リプレイ図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止表示させることが可能(常に表示役リプレイを入賞させることが可能)であり,表示役ベルに当籤したときには,ベル図柄をいずれかの入賞判定ライン110上に常に停止表示させることが可能(常に表示役ベルを入賞させることが可能)であるといえる。

(シ)図9には,「一般遊技状態用内部抽籤テーブル
データポインタ
当籤番号 抽籤値 小役・リプレイ用
・・・
7 6760 4(ベル)
・・・
9 8980 6(リプレイ)
・・・
(乱数値の範囲:0?65535)」と記載されている。
そして,図10には「RB作動中用内部抽籤テーブル
データポインタ
当籤番号 抽籤値 小役・リプレイ用
1 65536 4(ベル)
(乱数値の範囲:0?65535)」と記載されている。
上記【0094】の「抽籤値として規定されている数値が大きいほど,これが割り当てられた・・・データポインタ・・・が決定される確率が高い」との記載,上記【0102】の「図9は,一般遊技状態用内部抽籤テーブルを示し,図10は,RB作動中用内部抽籤テーブルを示す。本実施の形態では,ボーナスの作動が行われているか否かといった状況に応じて,複数種類の内部抽籤テーブルを使い分けることにより,決定される内部当籤役の種類や当籤確率を変動させ」との記載,上記【0103】の「図10に示すRB作動中用内部抽籤テーブルでは,図9に示す一般遊技状態用内部抽籤テーブルに比べて,ベルに当籤する確率が高くなっている」との記載,上記【0193】の「BB遊技状態では,繰り返しRB遊技が継続して実行される」との記載,上記(サ)の図7の図示内容としての「表示役リプレイ・・・表示役ベル」との記載を参酌すると共に,上記(サ)の図6の図示内容,上記【0103】,【0123】の記載,及びパチスロの技術常識を総合した内容を考慮すると,図9,10には,表示役リプレイ,表示役ベルを含む内部当籤役の決定を行うこと,一般遊技状態においては表示役ベルよりも高い確率で表示役リプレイが当籤して入賞し,繰り返しRB遊技が継続して実行されるBB遊技状態においては,一般遊技状態よりも高い確率で表示役ベルが当籤して入賞することが図示されているといえる。

(ス)図13には「(a)AT高確率抽籤テーブル
内部当籤役
AT回数 ・・・ ベル
0 ・・・ 976
50 ・・・ 32
100 ・・・ 16
250 ・・・ 0
500 ・・・ 0

(b)AT低確率抽籤テーブル
内部当籤役
AT回数 ・・・ ベル
0 ・・・ 1018
50 ・・・ 4
100 ・・・ 2
250 ・・・ 0
500 ・・・ 0」と記載されている。
上記(サ)の図7の図示内容としての「表示役ベル」との記載を参酌すると,図13の図示内容から,表示役ベルに内部当選したときには,AT高確率抽籤テーブルを用いても,AT低確率抽籤テーブルを用いても,AT回数が50回又は100回に決定される可能性があることが図示されているといえる。

上記記載事項(ア)?(ケ),上記図示内容及び認定事項(コ)?(ス)より,以下の事項が導かれる。
なお,(a)?(n)は,本願発明の構成A?Nに対応した事項を示している。

(a)上記【0037】には「リール101L,101C,101Rの表面に配された複数種類の図柄」と記載されて,上記【0022】には「複数のリールの回転が行われた」と記載されているから,刊行物2には,複数種類の図柄が表面に配された回転が行われるリール101L,101C,101Rが記載されているといえる。

(b)上記【0037】には「リール101L,101C,101R」と記載され,上記【0022】には「複数のリールの回転が行われた後で」と記載され,上記【0025】には「複数のリールの回転が全て停止されると・・・入賞判定ラインに沿って表示された図柄の組合せが,入賞に係るものであるか否かの判定を行う・・・パチスロ100」と記載されているから,刊行物2には,リール101L,101C,101Rの回転が行われた後でリール101L,101C,101Rの回転が全て停止されると,入賞判定ラインに沿って表示された図柄の組合せが入賞に係るものであるか否かの判定を行うパチスロ100が記載されているといえる。

(c)上記【0021】には「内部当籤役決定手段12による内部当籤役の決定により・・・入賞判定ラインに沿って表示を行うことを許可する図柄の組合せが決定される」と記載され,上記(シ)には図9?10の図示内容として「表示役リプレイ,表示役ベルを含む内部当籤役の決定を行う」ことが記載されているから,刊行物2には,内部当籤役の決定により入賞判定ラインに沿って表示を行うことを許可する図柄の組合せである,表示役リプレイ,表示役ベルを含む内部当籤役を決定する内部当籤役決定手段12が記載されているといえる。

(d)上記【0022】には「遊技者によりストップボタンが押されると・・・リールの回転を停止する」と記載され,上記【0037】には「リール101L,101C,101R」と記載されているから,刊行物2には,遊技者により押されるとリール101L,101C,101Rの回転を停止するストップボタンが記載されているといえる。

(e)上記【0022】には「遊技者によりストップボタンが押されると,・・・内部当籤役と停止操作の検出タイミングとに基づいて,リール停止制御手段(・・・メインCPU)15が,・・・リールの回転を停止する制御を行う」と記載され,上記【0037】には「リール101L,101C,101R」と記載されているから,刊行物2には,遊技者によりストップボタンが押されると,内部当籤役と停止操作の検出タイミングとに基づいてリール101L,101C,101Rの回転を停止する制御を行うリール停止制御手段(メインCPU)15が記載されているといえる。

(f)上記【0085】には「各リールの図柄「赤7」が入賞判定ライン110に沿って表示され・・・BBの表示役が決定されると,遊技状態が,一般遊技状態から,・・・BB遊技状態へと移行する・・・BB遊技状態へと遊技状態が移行することにより,RB(レギュラーボーナス)動作が開始され,ベルの入賞確率が高くなる」と記載され,上記【0193】には「BB遊技状態では,繰り返しRB遊技が継続して実行される」と記載され,上記【0090】には「BBの作動は,規定枚数に達するメダルの払い出しが行われた場合に終了する」と記載され,上記【0188】には「メインCPU141は,表示役がBBであると判別したときには・・・BB作動時処理を行う(S122)」と記載され,上記【0195】には「メインCPU141は,ボーナス終了枚数カウンタが0であると判別したときに,BB終了時処理を行う(S142)」と記載され,上記(サ)には図7の図示内容として「表示役ベル」と記載されているから,刊行物2には,各リールの図柄「赤7」が入賞判定ライン110に沿って表示され,表示役BBが決定されると,遊技状態が,一般遊技状態から,繰り返しRB遊技が継続して実行され表示役ベルの入賞確率が高くなるBB遊技状態へと移行し,規定枚数に達するメダルの払い出しが行われた場合にBBの作動を終了するように制御するメインCPU141が記載されているといえる。

(g)上記【0011】には「所定の内部当籤役に係る情報を前記報知手段に報知させるか否かの抽籤を行う報知用抽籤手段(・・・AT抽籤処理を行うサブCPU165)」と記載されているから,刊行物2には,所定の内部当籤役に係る情報を報知手段に報知させるか否かの抽籤を行う報知用抽籤手段(AT抽籤処理を行うサブCPU165)が記載されているといえる。

(h,i,j)刊行物2には,上記(コ)には図7の図示内容として記載されている「図柄組合せには,表示役リプレイと表示役ベルが含まれ,表示役リプレイの図柄組合せは,リプレイ-リプレイ-リプレイであり,表示役ベルの図柄組合せは,ベル-ベル-ベルである」ことが記載されている。

(k)上記【0025】には「パチスロ100」と記載され,上記(シ)には図9?10の図示内容として「一般遊技状態においては表示役ベルよりも高い確率で表示役リプレイが当籤して入賞し,繰り返しRB遊技が継続して実行されるBB遊技状態においては,一般遊技状態よりも高い確率で表示役ベルが当籤して入賞する」ことが記載されているから,刊行物2には,パチスロ100は,一般遊技状態においては表示役ベルよりも高い確率で表示役リプレイが当籤して入賞し,繰り返しRB遊技が継続して実行されるBB遊技状態においては,一般遊技状態よりも高い確率で表示役ベルが当籤して入賞することが記載されているといえる。

(n)上記【0221】には「AT回数カウンタの値が0のとき,サブCPU165は,AT報知状態フラグをオフに設定する」と記載され,上記【0225】?【0227】には「AT報知状態フラグがオンであるときには,サブCPU165は,AT抽籤処理を終了する。AT報知状態フラグがオンでないときには,サブCPU165は,・・・AT高確率抽籤状態・・・であるか否かを判断する(S382)・・・AT高確率抽籤状態であるとき・・・サブCPU165は,AT高確率抽籤テーブルを参照し,スタートコマンドにより取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定する(S385)・・・AT高確率抽籤状態でないと判別されたときに,AT低確率抽籤テーブルを参照し,取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定する(S387)」と記載され,上記(ス)には図13の図示内容として「表示役ベルに内部当選したときには,AT高確率抽籤テーブルを用いても,AT低確率抽籤テーブルを用いても,AT回数が50回又は100回に決定される可能性がある」ことが記載され,上記【0025】には「パチスロ100」と記載されているから,刊行物2には,AT回数カウンタの値が0のときAT報知状態フラグをオフに設定すると共に,AT報知状態フラグがオンでなくAT高確率抽籤状態であるときには,AT高確率抽籤テーブルを参照し,スタートコマンドにより取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,AT高確率抽籤状態でないと判別されたときには,AT低確率抽籤テーブルを参照し,取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,表示役ベルに内部当選したときには,AT高確率抽籤テーブルを用いても,AT低確率抽籤テーブルを用いても,AT回数が50回又は100回に決定される可能性があるパチスロ100が記載されているといえる。

上記記載事項(ア)?(ク),上記図示内容(ケ)から,刊行物2には,次の発明(以下,「引用発明2」という。)が記載されていると認められる。
「a 複数種類の図柄が表面に配された回転が行われるリール101L,101C,101Rを備え,
b リール101L,101C,101Rの回転が行われた後でリール101L,101C,101Rの回転が全て停止されると,入賞判定ラインに沿って表示された図柄の組合せが入賞に係るものであるか否かの判定を行うパチスロ100において,
c 内部当籤役の決定により入賞判定ラインに沿って表示を行うことを許可する図柄の組合せである,表示役リプレイ,表示役ベルを含む内部当籤役を決定する内部当籤役決定手段12と,
d 遊技者により押されるとリール101L,101C,101Rの回転を停止するストップボタンと,
e 遊技者によりストップボタンが押されると,内部当籤役と停止操作の検出タイミングとに基づいてリール101L,101C,101Rの回転を停止する制御を行うリール停止制御手段(メインCPU)15と,
f 各リールの図柄「赤7」が入賞判定ライン110に沿って表示され,表示役BBが決定されると,遊技状態が,一般遊技状態から,繰り返しRB遊技が継続して実行され表示役ベルの入賞確率が高くなるBB遊技状態へと移行し,規定枚数に達するメダルの払い出しが行われた場合にBBの作動を終了するように制御するメインCPU141と,
g 所定の内部当籤役に係る情報を報知手段に報知させるか否かの抽籤を行う報知用抽籤手段(AT抽籤処理を行うサブCPU165)とを備え,
h 図柄組合せには,表示役リプレイと表示役ベルが含まれ,
i 表示役リプレイの図柄組合せは,リプレイ-リプレイ-リプレイであり,
j 表示役ベルの図柄組合せは,ベル-ベル-ベルであり,
k パチスロ100は,一般遊技状態においては表示役ベルよりも高い確率で表示役リプレイが当籤して入賞し,繰り返しRB遊技が継続して実行されるBB遊技状態においては,一般遊技状態よりも高い確率で表示役ベルが当籤して入賞し,
n AT回数カウンタの値が0のときAT報知状態フラグをオフに設定すると共に,AT報知状態フラグがオンでなくAT高確率抽籤状態であるときには,AT高確率抽籤テーブルを参照し,スタートコマンドにより取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,AT高確率抽籤状態でないと判別されたときには,AT低確率抽籤テーブルを参照し,取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,表示役ベルに内部当選したときには,AT高確率抽籤テーブルを用いても,AT低確率抽籤テーブルを用いても,AT回数が50回又は100回に決定される可能性があるパチスロ100。」

3 対比
本願発明と引用発明2とを,分説に従って対比する。

(a)引用発明2の「図柄」及び「リール101L,101C,101R」は,それぞれ,本願発明の「識別情報」及び「可変表示部」に相当する。
また,引用発明2の「複数種類の図柄」も,複数種類の図柄の各々が,識別可能であることは明らかである。
これらのことから,引用発明2の「複数種類の図柄が表面に配された回転が行われるリール101L,101C,101Rを備え」は,
本願発明の「各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え」に相当する。

(b)引用発明2の「入賞判定ラインに沿って表示された図柄の組合せ」及び「パチスロ100」は,それぞれ,本願発明の「表示結果」及び「スロットマシン」に相当する。
このことから,引用発明2の「リール101L,101C,101Rの回転が行われた後でリール101L,101C,101Rの回転が全て停止されると,入賞判定ラインに沿って表示された図柄の組合せが入賞に係るものであるか否かの判定を行うパチスロ100」は,
本願発明の「前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシン」に相当する。

(c)引用発明2の「内部当籤役決定手段12」は,本願発明の「事前決定手段」に相当する。
また,引用発明2の「内部当籤役決定手段12」が「内部当籤役の決定により入賞判定ラインに沿って表示を行うことを許可する図柄の組合せである,表示役リプレイ,表示役ベルを含む内部当籤役を決定する」ことは,表示結果が導出される前にしかできないから,表示結果が導出される前であることは明らかである。
これらのことから,引用発明2の「内部当籤役の決定により入賞判定ラインに沿って表示を行うことを許可する図柄の組合せである,表示役リプレイ,表示役ベルを含む内部当籤役を決定する内部当籤役決定手段12」は,
本願発明の「表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段」に相当する。

(d)引用発明2の「遊技者により押されるとリール101L,101C,101Rの回転を停止するストップボタン」は,
本願発明の「遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段」に相当する。

(e)引用発明2の「遊技者によりストップボタンが押されると,内部当籤役と停止操作の検出タイミングとに基づいてリール101L,101C,101Rの回転を停止する制御を行うリール停止制御手段(メインCPU)15」は,
本願発明の「前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段」に相当する。

(f)引用発明2は「各リールの図柄「赤7」が入賞判定ライン110に沿って表示され,表示役BBが決定されると」,「一般遊技状態から」,「BB遊技状態へと移行し,規定枚数に達するメダルの払い出しが行われた場合にBBの作動を終了する」。
このことから,引用発明2の「各リールの図柄「赤7」が入賞判定ライン110に沿って表示され,表示役BBが決定」,「規定枚数に達するメダルの払い出し」,「一般遊技状態」,「BB遊技状態」及び「メインCPU141」は,それぞれ,本願発明の「開始条件」,「終了条件」,「通常状態」,「特別状態」及び「特別状態制御手段」に相当する。
また,引用発明1の「BB遊技状態」(特別状態)では,「繰り返しRB遊技が継続して実行され表示役ベルの入賞確率が高くなる」から,「一般遊技状態」(通常状態)とは異なるといえる。
これらのことから,引用発明2の「各リールの図柄「赤7」が入賞判定ライン110に沿って表示され,表示役BBが決定されると,遊技状態が,一般遊技状態から,繰り返しRB遊技が継続して実行され表示役ベルの入賞確率が高くなるBB遊技状態へと移行し,規定枚数に達するメダルの払い出しが行われた場合にBBの作動を終了するように制御するメインCPU141」は,
本願発明の「開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段」に相当する。

(g)引用発明2の「所定の内部当籤役に係る情報を報知手段に報知させる」こと,及び「報知用抽籤手段(AT抽籤処理を行うサブCPU165)」は,それぞれ,本願発明の「前記入賞とは異なる特典」,及び「特典付与手段」に相当する。
このことから,引用発明2の「所定の内部当籤役に係る情報を報知手段に報知させるか否かの抽籤を行う報知用抽籤手段(AT抽籤処理を行うサブCPU165)」は,
本願発明の「前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段」に相当する。

(h,i,j)引用発明2の「表示役リプレイ」,「表示役ベル」,「リプレイ-リプレイ-リプレイ」及び「ベル-ベル-ベル」は,それぞれ,本願発明の「所定表示結果」,「特定表示結果」,「所定の識別情報の組合せ」及び「特定の識別情報の組合せ」に相当する。
このことから,引用発明2の「図柄組合せには,表示役リプレイと表示役ベルが含まれ,表示役リプレイの図柄組合せは,リプレイ-リプレイ-リプレイであり,表示役ベルの図柄組合せは,ベル-ベル-ベルであり」は,
本願発明の「前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と該所定表示結果とは異なる特定表示結果とが含まれ,前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり」に相当する。

(k)引用発明2は「一般遊技状態においては表示役ベルよりも高い確率で表示役リプレイが当籤して入賞し,繰り返しRB遊技が継続して実行されるBB遊技状態においては,一般遊技状態よりも高い確率で表示役ベルが当籤して入賞」する「パチスロ100」であり,「パチスロ100」は,このような当籤結果になるように制御されていることは明らかである。
また,引用発明2において,表示役リプレイや表示役ベルに入賞することにより,表示結果が導出されることは明らかである。
これらのことから,引用発明2の「パチスロ100は,一般遊技状態においては表示役ベルよりも高い確率で表示役リプレイが当籤して入賞し,繰り返しRB遊技が継続して実行されるBB遊技状態においては,一般遊技状態よりも高い確率で表示役ベルが当籤して入賞し」は,
本願発明の「前記スロットマシンは,前記通常状態においては前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態においては前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し」に相当する。

(n)引用発明2は「AT回数カウンタの値が0のときAT報知状態フラグをオフに設定する」ものであり,AT状態でない(AT回数が0である状態)状態であるAT報知状態フラグがオンでない状態は,ATを消化し,AT回数カウンタの値が0になることにより発生するから,引用発明2のパチスロ100においては,一般遊技状態(通常状態。特別状態でない状態。)でも,BB遊技状態(特別状態)でも,起こり得るといえる。
また,引用発明2の「AT報知状態フラグがオンでない状態」は,一般遊技状態でもBB遊技状態でも起こり得るから,引用発明2の「T高確率抽籤状態であるときには,AT高確率抽籤テーブルを参照し,スタートコマンドにより取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,AT高確率抽籤状態でないと判別されたときには,AT低確率抽籤テーブルを参照し,取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,表示役ベルに内部当選したときには,AT高確率抽籤テーブルを用いても,AT低確率抽籤テーブルを用いても,AT回数が50回又は100回に決定される可能性があるパチスロ100」における,表示役ベル(特定表示結果)に内部当選したときのAT回数(特典の付与)の決定も,同様に,一般遊技状態(通常状態。特別状態でない状態。)でも,BB遊技状態(特別状態)でも,起こり得るといえる。
これらのことから,引用発明2の「AT回数カウンタの値が0のときAT報知状態フラグをオフに設定すると共に,AT報知状態フラグがオンでなくAT高確率抽籤状態であるときには,AT高確率抽籤テーブルを参照し,スタートコマンドにより取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,AT高確率抽籤状態でないと判別されたときには,AT低確率抽籤テーブルを参照し,取得した内部当籤役に基づいてAT回数を決定し,表示役ベルに内部当選したときには,AT高確率抽籤テーブルを用いても,AT低確率抽籤テーブルを用いても,AT回数が50回又は100回に決定される可能性があるパチスロ100」は,
本願発明の「前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であることを特徴とする,スロットマシン」に相当する。

上記(a)?(n)から,本願発明と引用発明2とは,
[一致点]
「A 各々が識別可能な複数種類の識別情報を変動表示可能な可変表示部を複数備え,
B 前記可変表示部を変動表示した後に表示結果を導出し,入賞が発生可能なスロットマシンにおいて,
C 表示結果が導出される前に,複数種類の表示結果のうち導出を許容する表示結果を決定する事前決定手段と,
D 遊技者が表示結果を導出させるために操作する導出操作手段と,
E 前記導出操作手段への操作に応じて表示結果を導出させる制御を行なう導出制御手段と,
F 開始条件が成立してから終了条件が成立するまで通常状態とは異なる特別状態に制御する特別状態制御手段と,
G 前記入賞とは異なる特典を付与する特典付与手段とを備え,
H 前記複数種類の表示結果には,所定表示結果と該所定表示結果とは異なる特定表示結果とが含まれ,
I 前記所定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして所定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
J 前記特定表示結果は,複数の可変表示部の識別情報の組合せとして特定の識別情報の組合せを含む表示結果であり,
K 前記スロットマシンは,前記通常状態においては前記特定表示結果よりも高い確率で前記所定表示結果を導出させ,前記特別状態においては前記通常状態であるときよりも高い確率で前記特定表示結果を導出させ得るように制御し,
N 前記特定表示結果は,前記特別状態であるか否かにかかわらず,前記特典付与手段による特典の付与に関する表示結果であることを特徴とする,スロットマシン。」
である点で一致し,相違点はない。

したがって,本願発明は刊行物2に記載された発明である。

仮に,本願発明が刊行物2に記載された発明でないとしても,本願発明は刊行物2に記載された発明から容易に発明をすることができたものである。

5 むすび
以上のとおり,本願発明は,特許法第29条第1項第3号又は第2項の規定により特許を受けることができないものである。
よって,結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2017-11-21 
結審通知日 2017-11-28 
審決日 2017-12-11 
出願番号 特願2011-90696(P2011-90696)
審決分類 P 1 8・ 575- Z (A63F)
P 1 8・ 113- Z (A63F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 太田 恒明  
特許庁審判長 服部 和男
特許庁審判官 川崎 優
瀬津 太朗
発明の名称 スロットマシン  
代理人 特許業務法人深見特許事務所  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ