• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備 取り消して特許、登録 G06F
審判 査定不服 2項進歩性 取り消して特許、登録 G06F
管理番号 1341551
審判番号 不服2017-12109  
総通号数 224 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2018-08-31 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-08-14 
確定日 2018-07-17 
事件の表示 特願2016- 23023「役割を用いた画像へのアクセスの管理」拒絶査定不服審判事件〔平成28年 8月18日出願公開、特開2016-149130、請求項の数(18)〕について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願の発明は、特許すべきものとする。 
理由 第1 手続の経緯

本願は,平成28年2月9日(パリ条約による優先権主張2015年2月11日,米国)の出願であって,平成28年11月30日付けで拒絶の理由が通知され,平成29年1月16日に手続補正がなされ,同年7月5日付けで拒絶査定(謄本送達日同年7月11日)がなされ,これに対して同年8月14日に審判請求がなされると共に手続補正がなされ,同年9月8日付けで審査官により特許法164条3項の規定に基づく報告がなされ,平成30年3月22日付けで当審により拒絶の理由が通知され,同年5月21日に手続補正がなされたものである。


第2 原査定の概要

原査定(平成29年7月5日付け拒絶査定)の概要は次のとおりである。

1.(進歩性)この出願の下記の請求項に係る発明は、その出願前に日本国内又は外国において、頒布された下記の刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明に基いて、その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

記 (引用文献等については引用文献等一覧参照)

●理由1(進歩性)について
・請求項 1-20
・引用文献等 1-2

<引用文献等一覧>
1.国際公開第2013/123086号
2.特開2002-366202号公報


第3 本願発明

本願請求項1乃至18に係る発明(以下「本願発明1」乃至「本願発明18」という。)は,平成30年5月21日付け手続補正により補正された特許請求の範囲の請求項1乃至18に記載された,次のとおりのものと認める。

「 【請求項1】
ネットワーク装置であって、
1又は複数のプロセッサと、
1又は複数のメモリと、
画像管理アプリケーションと、
を有し、前記画像管理アプリケーションは、
1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にあるクライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する特定のプロセスにアクセスする、ユーザの要求を受信するステップと、
前記1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にある前記クライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスにアクセスする、ユーザの前記要求を受信するステップに応答して、
前記ユーザのユーザデータを読み出すステップであって、前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと、前記ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定するものである、前記ユーザのユーザデータを読み出すステップと、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであるか否かを決定するステップと、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであると決定されたことに応答して、
前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の特定の画像を決定するステップと、
前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可し、及び前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応しない1又は複数のモバイル装置により取得された他の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を実行するよう構成され、
前記特定のプロセスは複数のレベルを有し、前記画像管理アプリケーションは、前記特定のプロセスについて、前記複数のレベルのうちのどれで前記ユーザがアクセスの権限を付与されているかを確認し、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像は、他のユーザがアクセス権限を付与されるかを決定するために前記複数のレベルのうちの他のレベルの例外キューに提供され、他のユーザがアクセス権限を付与するために、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていない画像は、前記複数のレベルのうちの更に他のレベルのワークキューに提供されるよう更に構成される、ネットワーク装置。
【請求項2】
前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ユーザに割り当てられる1又は複数の役割を指定し、前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスは、前記ユーザに割り当てられる前記1又は複数の役割に対応する、請求項1に記載のネットワーク装置。
【請求項3】
前記ユーザに割り当てられた前記1又は複数の役割のうちの少なくとも1つの役割は、1又は複数の他のユーザに割り当てられる、請求項2に記載のネットワーク装置。
【請求項4】
前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ネットワーク装置の外部にあるサービスから読み出される、請求項1に記載のネットワーク装置。
【請求項5】
前記画像管理アプリケーションは、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像が前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記特定のプロセスに対応するか否かを決定するために、前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像のメタデータを調べるステップと、
前記1又は複数の特定の画像が前記特定のプロセスに対応し、且つ前記ユーザが前記特定のプロセスへのアクセスの権限を付与される場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可し、前記1又は複数の特定の画像が前記特定のプロセスに対応しない場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を実行するよう更に構成される、請求項1に記載のネットワーク装置。
【請求項6】
前記画像管理アプリケーションは、
前記1又は複数の特定の画像について、前記1又は複数の特定の画像の対応する論理エンティティを指定するメタデータを調べることにより、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を決定するステップと、
を実行するよう更に構成される、請求項1に記載のネットワーク装置。
【請求項7】
前記画像管理アプリケーションは、
前記ユーザの前記ユーザデータが前記1又は複数の論理エンティティを指定するか否かを決定するステップと、
前記ユーザの前記ユーザデータが前記1又は複数の論理エンティティを指定する場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可し、前記ユーザの前記ユーザデータが前記1又は複数の論理エンティティを指定しない場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を実行するよう更に構成される、請求項1に記載のネットワーク装置。
【請求項8】
プログラムであって、1又は複数のプロセッサにより処理されると、画像管理アプリケーションに、
1又は複数の通信リンクを介して、前記画像管理アプリケーションが実行するネットワーク装置の外部にあるクライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する特定のプロセスにアクセスする、ユーザの要求を受信するステップと、
前記1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にある前記クライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスにアクセスする、ユーザの前記要求を受信するステップに応答して、
前記ユーザのユーザデータを読み出すステップであって、前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと、前記ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定するものである、前記ユーザのユーザデータを読み出すステップと、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであるか否かを決定するステップと、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであると決定されたことに応答して、
前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の特定の画像を決定するステップと、
前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可し、及び前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応しない1又は複数のモバイル装置により取得された他の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を実行させ、
前記特定のプロセスは複数のレベルを有し、前記画像管理アプリケーションは、前記特定のプロセスについて、前記複数のレベルのうちのどれで前記ユーザがアクセスの権限を付与されているかを確認し、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像は、他のユーザがアクセス権限を付与されるかを決定するために前記複数のレベルのうちの他のレベルの例外キューに提供され、他のユーザがアクセス権限を付与するために、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていない画像は、前記複数のレベルのうちの更に他のレベルのワークキューに提供されるよう更に構成されるプログラム。
【請求項9】
前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ユーザに割り当てられる1又は複数の役割を指定し、前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスは、前記ユーザに割り当てられる前記1又は複数の役割に対応する、請求項8に記載のプログラム。
【請求項10】
前記ユーザに割り当てられた前記1又は複数の役割のうち少なくとも1つの役割は、1又は複数の他のユーザに割り当てられる、請求項9に記載のプログラム。
【請求項11】
前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ネットワーク装置の外部にあるサービスから読み出される、請求項8に記載のプログラム。
【請求項12】
前記1又は複数のプロセッサにより処理されると、前記画像管理アプリケーションに、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像が前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記特定のプロセスに対応するか否かを決定するために、前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像のメタデータを調べるステップと、
前記1又は複数の特定の画像が前記特定のプロセスに対応し、且つ前記ユーザが前記特定のプロセスへのアクセスの権限を付与される場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可し、前記1又は複数の特定の画像が前記特定のプロセスに対応しない場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を更に実行させる請求項8に記載のプログラム。
【請求項13】
前記1又は複数のプロセッサにより処理されると、前記画像管理アプリケーションに、
前記1又は複数の特定の画像について、前記1又は複数の特定の画像の対応する論理エンティティを指定するメタデータを調べることにより、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を決定するステップと、
を更に実行させる請求項8に記載のプログラム。
【請求項14】
前記1又は複数のプロセッサにより処理されると、前記画像管理アプリケーションに、
前記ユーザの前記ユーザデータが前記1又は複数の論理エンティティを指定するか否かを決定するステップと、
前記ユーザの前記ユーザデータが前記1又は複数の論理エンティティを指定する場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可し、前記ユーザの前記ユーザデータが前記1又は複数の論理エンティティを指定しない場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を更に実行させる請求項8に記載のプログラム。
【請求項15】
画像管理アプリケーションが、
1又は複数の通信リンクを介して、ネットワーク装置の外部にあるクライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記画像管理アプリケーションが実行する前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する特定のプロセスにアクセスする、ユーザの要求を受信するステップと、
前記1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にある前記クライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスにアクセスする、ユーザの前記要求を受信するステップに応答して、
前記ユーザのユーザデータを読み出すステップであって、前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと、前記ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定するものである、前記ユーザのユーザデータを読み出すステップと、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであるか否かを決定するステップと、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであると決定されたことに応答して、
前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の特定の画像を決定するステップと、
前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可し、及び前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応しない1又は複数のモバイル装置により取得された他の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を実行し、
前記特定のプロセスは複数のレベルを有し、前記画像管理アプリケーションは、前記特定のプロセスについて、前記複数のレベルのうちのどれで前記ユーザがアクセスの権限を付与されているかを確認し、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像は、他のユーザがアクセス権限を付与されるかを決定するために前記複数のレベルのうちの他のレベルの例外キューに提供され、他のユーザがアクセス権限を付与するために、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていない画像は、前記複数のレベルのうちの更に他のレベルのワークキューに提供されるよう更に構成される、コンピュータにより実施される方法。
【請求項16】
前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ユーザに割り当てられる1又は複数の役割を指定し、前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスは、前記ユーザに割り当てられる前記1又は複数の役割に対応する、請求項15に記載のコンピュータにより実施される方法。
【請求項17】
前記画像管理アプリケーションが、
前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像が前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記特定のプロセスに対応するか否かを決定するために、前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像のメタデータを調べるステップと、
前記1又は複数の特定の画像が前記特定のプロセスに対応し、且つ前記ユーザが前記特定のプロセスへのアクセスの権限を付与される場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可し、前記1又は複数の特定の画像が前記特定のプロセスに対応しない場合、前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するために前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと、
を更に有する請求項15に記載のコンピュータにより実施される方法。
【請求項18】
前記画像管理アプリケーションが、
前記1又は複数の特定の画像について、前記1又は複数の特定の画像の対応する論理エンティティを指定するメタデータを調べることにより、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を決定するステップと、
を更に有する請求項15に記載のコンピュータにより実施される方法。」


第4 引用例

1 引用例1に記載された事項及び引用発明
原審における平成28年11月30日付けの拒絶理由(以下,これを「原審拒絶理由」という。)において引用した,本願の第一国出願前に既に公知である,国際公開第2013/123086号(2013年8月22日公開。以下,これを「引用例1」という。)には,関連する図面と共に,次の事項が記載されている。(下線は,説明のために当審で付加。以下同様。)

A 「[0040] Figure 2 is a block diagram illustrating a cloud-based image processing system according to another embodiment of the invention. For example, system 200 may be implemented as part of the system as shown in Figures 1A and IB. Referring to Figure 2, system 200 includes server 109 communicatively coupled to one or more clients 202-203 over network 201, which may be a LAN, MAN, WAN, or a combination thereof. Server 109 is configured to provide cloud-based image processing services to clients 202-203 based on a variety of usage licensing models. Each of clients 202-203 includes a client application such as client applications 211-212 to communicate with a server counterpart 209, respectively, to access resources provided by server 109. Server application 209 may be implemented as a virtual server or instance of the server application 209, one for each client.
[0041] According to one embodiment, server 109 includes, but is not limited to, workflow management system 205, medical data store 206, image processing system 207, medical image collaboration system 208, and access control system 210. Medical data store 206 may be implemented as part of database 110 of Figures 1A and IB. Medical data store 206 is utilized to store medical images and image data received from medical data center (e.g., PACS systems) 105 or other image storage systems 215 (e.g., CD-ROMs, or hard drives) and processed by image processing system 207 and/or image preprocessing systems 204. Image processing system 207 includes a variety of medical imaging processing tools or applications that can be invoked and utilized by clients 202-203 via their respective client applications 211-212, respectively, according to a variety of licensing terms or agreements. It is possible that in some medical institutes that the image storage system 215 and the image capturing device 104 may be combined.
[0042] In response to image data received from medical data center 105 or from image capturing devices (not shown) or from another image source, such as a CD or computer desktop, according to one embodiment, image preprocessing system 204 may be configured to automatically perform certain preprocesses of the image data and store the preprocessed image data in medical data store 206. For example, upon receipt of image data from PACS 105 or directly from medical image capturing devices, image preprocessing system 204 may automatically perform certain operations, such as bone removal, centerline extraction, sphere finding, registration, parametric map calculation, reformatting, time-density analysis, segmentation of structures, and auto-3D operations, and other operations. Image preprocessing system 204 may be implemented as a separate server or alternatively, it may be integrated with server 109. Furthermore, image preprocessing system 204 may perform image data preprocesses for multiple cloud servers such as server 109. 」
(ファミリー文献である,特表2015-515041号公報による訳文(以下,「訳文」という。):
図2は、本発明の別の実施形態によるクラウドベースの画像処理システムを示すブロック図である。例えば、システム200は、図1A及び1Bに示すシステムの一部分として実施される。図2を参照すれば、システム200は、LAN、MAN、WAN、又はその組み合わせであるネットワーク201を経て、1つ以上のクライアント202-203に通信結合されたサーバー109を備えている。サーバー109は、種々の使用ライセンスモデルに基づきクライアント202-203にクラウドベースの画像処理サービスを提供するように構成される。クライアント202-203の各々は、サーバー109によって提供されるリソースにアクセスするためにサーバー対応部209と各々通信するクライアントアプリケーション211-212のようなクライアントアプリケーションを含む。サーバーアプリケーション209は、サーバーアプリケーション209のバーチャルサーバー又はインスタンスとして、クライアントごとに1つ、実施される。(段落27)

1つの実施形態によれば、サーバー109は、これに限定されないが、ワークフローマネージメントシステム205と、医療データストア206と、画像処理システム207と、医療画像コラボレーションシステム208と、アクセスコントロールシステム210とを備えている。医療データストア206は、図1A及び1Bのデータベース110の一部分として実施される。医療データストア206は、医療データセンター(例えば、PACSシステム)105又は他の画像ストレージシステム215(例えば、CD-ROM又はハードドライブ)から受け取られて画像処理システム207及び/又は画像前処理システム204により処理された医療画像及び画像データを記憶するのに使用される。画像処理システム207は、種々のライセンス用語又は合意に従ってクライアント202-203によりそれらの各アプリケーション211-212を経て各々呼び出され使用される種々の医療画像形成処理ツール又はアプリケーションを備えている。ある医療機関では、画像ストレージシステム215及び画像捕獲システム104を結合することも考えられる。(段落28)

医療データセンター105から、又は画像捕獲装置(図示せず)から、或いはCD又はコンピュータデスクトップのような別の画像ソースから受け取られた画像データに応答して、1つの実施形態によれば、画像前処理システム204は、画像データのある前処理を自動的に遂行しそしてその前処理された画像データを医療データストア206に記憶するように構成される。例えば、PACS105から、又は医療画像捕獲装置から直接的に、画像データを受け取ると、画像前処理システム204は、骨除去、中心線抽出、球発見、登録、パラメータマップ計算、再フォーマット、時間・密度分析、構造体の区分化、自動3D動作、及び他の動作のような幾つかの動作を自動的に遂行する。画像前処理システム204は、個別のサーバーとして実施されてもよいし、或いはサーバー109に一体化されてもよい。更に、画像前処理システム204は、サーバー109のような多数のクラウドサーバーに対して画像データ前処理を遂行する。(段落29))

B 「[0045] Image preprocessing system 204 may further generate workflow information to be used by workflow management system 205. Workflow management system 205 may be a separate server or integrated with server 109. Workflow management system 205 performs multiple functions according to some embodiments of the invention. For example, workflow management system 205 performs a data server function in acquiring and storing medical image data received from the medical image capturing devices. It may also act as a graphic engine or invoke image processing system 207 in processing the medical image data to generate 2D or 3D medical image views.
[0046] In one embodiment, workflow management system 205 invokes image processing system 207 having a graphics engine to perform 2D and 3D image generating. When a client (e.g., clients 202-203) requests for certain medical image views, workflow management system 205 retrieves medical image data stored in medical data store 206, and renders 2D or 3D medical image views from the medical image data. The end results for medical image views are sent to the client.
[0047] In one embodiment, when a user making adjustments to the medical image views received from server 109, these user adjustment requests are sent back to the workflow management system 205. Workflow management system 205 then performs additional graphic processing based on the user requests, and the newly generated, updated medical image views are returned to the client. This approach is advantageous because it eliminates the need to transport large quantity of unprocessed medical image data across network, while providing 2D or 3D image viewing to client computers with minimal or no 2D or 3D image processing capacity. 」
((一部修正した)訳文:
画像前処理システム204は、更に、ワークフローマネージメントシステム205により使用されるワークフロー情報を発生する。ワークフローマネージメントシステム205は、個別のサーバーでもよいし、又はサーバー109と一体化されてもよい。ワークフローマネージメントシステム205は、本発明のある実施形態により多数の機能を遂行する。例えば、ワークフローマネージメントシステム205は、医療画像捕獲装置から受け取られる医療画像データを取得して記憶するデータサーバーとして機能する。又、それは、医療画像データを処理して2D又は3D医療画像ビューを発生する上でグラフィックエンジンとしても働くか又は画像処理システム207を呼び出す。(段落32)

1つの実施形態において、ワークフローマネージメントシステム205は、グラフィックエンジンを有する画像処理システム207を呼び出して、2D及び3D画像発生を遂行する。クライアント(例えば、クライアント202-203)が、ある医療画像ビューを要求するとき、ワークフローマネージメントシステム205は、医療データストア206に記憶された医療画像データを検索し、そして医療画像データから2D又は3D医療画像ビューをレンダリングする。医療画像ビューの最終結果がクライアントに送られる。(段落33)

1つの実施形態において、サーバー109から受け取られた医療画像ビューに対してユーザが調整を行うとき、そのユーザ調整要求がワークフローマネージメントシステム205へ返送される。次いで、ワークフローマネージメントシステム205は、ユーザ要求に基づいて付加的なグラフィック処理を遂行し、そして新たに発生され更新された医療画像ビューがクライアントへ返送される。この解決策は、ネットワークを横切って大量の未処理の医療画像データを搬送する必要性を排除しながら、2D又は3D画像処理容量がないか又は最小限であるクライアントコンピュータへ2D又は3D画像ビューを与えるので、好都合である。(段落34))

C 「[0053] Referring back to Figure 2, according to one embodiment, server 109 further includes access control system 210 to control access of resources (e.g., image processing tools) and/or medical data stored in medical data store 206 from clients 202-203. Clients 202-203 may or may not access certain portions of resources and/or medicate data stored in medical data store 206 dependent upon their respective access privileges. The access privileges may be determined or configured based on a set of role -based rules or policies, as shown in Figures 3A-3D. For example, some users with certain roles can only access some of the tools provided by the system as shown in Figure 3A. Examples of some of the tools available are listed at the end of this document, and include vessel centerline extraction, calcium scoring and others. Some users with certain roles are limited to some patient information as shown in Figure 3B. Some users with certain roles can only perform certain steps or stages of the medical image processes as shown in Figure 3C. Steps or stages are incorporated into the tools (listed at the end of this document) and might include identifying and/or measuring instructions, validation of previously performed steps or stages and others. Some users with certain roles are limited to certain types of processes as shown in Figure 3D.」
(訳文:
図2に戻ると、1つの実施形態により、サーバー109は、更に、クライアント202-203からの医療データストア206に記憶されたリソース(例えば、画像処理ツール)及び/又は医療データのアクセスをコントロールするためにアクセスコントロールシステム210を備えている。クライアント202-203は、それらの各アクセス特権に基づいて、医療データストア206に記憶されたリソース及び/又は医療データのある部分をアクセスしてもしなくてもよい。アクセス特権は、図3A-3Dに示すように、1組の役割ベースのルール又はポリシーに基づいて決定又は構成される。例えば、ある役割をもつあるユーザは、図3Aに示されたように、システムにより提供されるツールの幾つかにしかアクセスできない。利用できるツールの幾つかは、例えば、本書の終わりにリストされ、そして血管中心線抽出、カルシウムスコア、等を含む。ある役割をもつあるユーザは、図3Bに示すように、ある患者情報に制限される。ある役割をもつあるユーザは、図3Cに示すように、医療画像プロセスのあるステップ又はステージしか遂行できない。ステップ又はステージは、ツールに合体され(本書の終わりにリストされ)、識別及び/又は測定インストラクション、以前に遂行されたステップ又はステージの確認、等を含む。ある役割をもつあるユーザは、図3Dに示すように、あるタイプのプロセスに制限される。(段落40))

上記記載事項A乃至Cより,引用例1には,次の発明(以下「引用発明」という。)が記載されているといえる。

「クラウドベースの画像処理システムであって,ネットワーク201を経て,1つ以上のクライアント202-203に通信結合されたサーバー109を備え,
前記サーバー109は,クライアント202-203にクラウドベースの画像処理サービスを提供するように構成され,
前記サーバー109は,画像処理システム207を備え,前記画像処理システム207は,種々の医療画像形成処理ツール又はアプリケーションを備え,画像捕獲装置から受け取られた画像データに応答して,画像前処理システム204は,画像データのある前処理を自動的に遂行し,
前記画像前処理システム204は,サーバー109に一体化されてもよく,
前記画像前処理システム204は,更に,ワークフローマネージメントシステム205により使用されるワークフロー情報を発生し,
前記ワークフローマネージメントシステム205は,サーバー109と一体化されてもよく,
前記ワークフローマネージメントシステム205は,医療画像捕獲装置から受け取られる医療画像データを取得して記憶するデータサーバーとして機能し,医療画像データを処理して2D又は3D医療画像ビューを発生する上でグラフィックエンジンとしても働き,2D及び3D画像発生を遂行し,クライアント202-203が,ある医療画像ビューを要求するとき,医療画像データから2D又は3D医療画像ビューをレンダリングし,医療画像ビューの最終結果がクライアントに送られ,
サーバー109から受け取られた医療画像ビューに対してユーザが調整を行うとき,そのユーザ調整要求がワークフローマネージメントシステム205へ返送され,次いで,ユーザ要求に基づいて付加的なグラフィック処理を遂行し,新たに発生され更新された医療画像ビューがクライアントへ返送され,
前記クライアント202-203は,各アクセス特権に基づいて,医療データストア206に記憶されたリソース及び/又は医療データのある部分をアクセスしてもしなくてもよく,前記アクセス特権は,1組の役割ベースのルール又はポリシーに基づいて決定又は構成され,
ある役割をもつあるユーザは,ある患者情報に制限されたり,医療画像プロセスのあるステップ又はステージしか遂行できなかったり,あるタイプのプロセスに制限されたりする,
画像処理システム。」

2 引用例2に記載された事項
原審拒絶理由において引用した,本願の第一国出願前に既に公知である,特開2002-366202号公報(平成14年12月20日公開。以下,これを「引用例2」という。)には,関連する図面と共に,次の事項が記載されている。

D 「【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、各種のプラント設備に利用される監視装置のセキュリティシステムに関し、特に操作者がその操作権限に応じた制限の下に操作を行う監視装置のセキュリティシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、石油化学製品や薬剤などの生産に用いられるプラント設備(以下、プラントと記す)の監視装置は、時々刻々変化するプロセスの状態を監視する一方、その監視結果に基づいてプラント機器を制御してプロセスの状態を正常に保つように構成されている。よって、監視装置の操作を誤るとプラントが正常に運用できなかったり、あるいは非常に危険な状態に陥ることがある。プラントの運転を監視及び制御する監視装置においては、操作者の操作に応じてプラントの運転がなされることから、操作者の操作能力はプラントの安定した運転や安全な運転を実現するための重要かつ不可欠な要素である。したがって、セキュリティの面から、プラントの運転の安定性や安全性を確保できるようにするために、各操作者が実行できる操作を操作者の役割や熟練度に応じた範囲に制限するセキュリティシステムが必要となる。」

E 「【0008】しかしながら、一般にこのようなプラントでは複数の操作権限のグループを持つ工程が複数存在するために、工程ごとの操作権限のグループを組み合わせて複数の工程にまたがる操作権限を設定しようとすると、この操作権限のグループの数が非常に多くなり、このような操作権限の設定は事実上不可能であった。したがって、従来は複数の工程を管理する操作者には、複数の操作者IDが付与され、その操作者は工程ごとに操作者IDを変更する必要があった。このため、このような操作者は、工程ごとに操作者IDを覚えておく必要がある上、別の工程に対する操作へ移るたびに操作者IDを入力する必要があり、緊急時の対応が遅くなるなど操作上の不都合があった。」

F 「【0026】次に、このセキュリティシステムの動作について図5を参照して説明する。図5は、このセキュリティシステムの動作を示すフローチャートである。まず、操作者は操作者IDとパスワードを入力して監視装置の操作を可能にしておく。このとき、入力された操作者IDは運転操作手段11により保持される。この状態で操作者がMMI5を操作して実行したい機能を選択すると、運転操作手段11がMMI5を通して入力される命令やデータに基づいて実行すべき機能を特定し、操作権限判定指令と保持している操作者IDと実行すべき機能の機能番号を操作権限判定手段12に出力する(ステップS01)。
【0027】操作権限判定手段12は、操作権限判定指令に基づき操作者一覧ファイル22から操作者IDをキーにして操作権限名称を検索し(ステップS02)、検索で得られた操作権限名称をキーにして機能/操作権限定義ファイル21から機能番号を検索する(ステップS03)。この場合、検索結果として検索キーとした操作権限名称に対して可否データが1に設定されている機能番号が得られる。続けて、検索で得られた機能番号の中に実行すべき機能の機能番号が存在するか確認する(ステップS04)。」

上記D乃至Fの記載から,引用例2には,次の技術的事項が記載されているといえる。

「操作者がその操作権限に応じた制限の下に操作を行う監視装置のセキュリティシステムであって,
前記監視装置は,時々刻々変化するプロセスの状態を監視する一方,その監視結果に基づいてプラント機器を制御してプロセスの状態を正常に保つように構成されるものにおいて,前記監視装置の操作を誤るとプラントが正常に運用できなかったり,あるいは非常に危険な状態に陥ることがあり,
セキュリティの面から,プラントの運転の安定性や安全性を確保できるようにするために,各操作者が実行できる操作を操作者の役割や熟練度に応じた範囲に制限するセキュリティシステムが必要であり,
従来,複数の工程を管理する操作者には,複数の操作者IDが付与され,その操作者は工程ごとに操作者IDを変更する必要があり,前記操作者は,工程ごとに操作者IDを覚えておく必要がある上,別の工程に対する操作へ移るたびに操作者IDを入力する必要があり,緊急時の対応が遅くなるなど操作上の不都合があったことを課題としたものにおいて,
操作者が実行したい機能を選択すると,運転操作手段11が入力される命令やデータに基づいて実行すべき機能を特定し,操作権限判定指令と保持している操作者IDと実行すべき機能の機能番号を操作権限判定手段12に出力し,
前記操作権限判定手段12は,操作権限判定指令に基づき操作者一覧ファイル22から操作者IDをキーにして操作権限名称を検索し,検索で得られた操作権限名称をキーにして機能/操作権限定義ファイル21から機能番号を検索し,検索結果として検索キーとした操作権限名称に対して可否データが1に設定されている機能番号が得られ,検索で得られた機能番号の中に実行すべき機能の機能番号が存在するか確認すること。」


第5 対比・判断

1 本願発明1について
(1) 対比
本願発明1と引用発明とを対比する。
(ア)引用発明の「サーバー109」は,本願発明1の「1又は複数のプロセッサと、1又は複数のメモリと」を有する「ネットワーク装置」に相当する。
また,当該引用発明の「サーバー109」は,「クラウドベースの画像処理サービスを提供するように構成され」ていて,「画像処理システム207を備え,前記画像処理システム207は,種々の医療画像形成処理ツール又はアプリケーションを備え」るものであることから,本願発明1の「画像管理アプリケーション」と共通するアプリケーションを実行しているといえるから,引用発明と本願発明1とは,“ネットワーク装置であって、1又は複数のプロセッサと、1又は複数のメモリと、画像管理アプリケーションとを有”する点で一致する。

(イ)引用発明は,「サーバー109と一体化されてもよ」い「ワークフローマネージメントシステム205」を有し,当該「ワークフローマネージメントシステム205」は,「医療画像捕獲装置から受け取られる医療画像データを取得して記憶するデータサーバーとして機能し,医療画像データを処理して2D又は3D医療画像ビューを発生する上でグラフィックエンジンとしても働き,2D及び3D画像発生を遂行」するものである。このうち,「医療画像捕獲装置から受け取られる医療画像データ」は,本願発明1の「前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像」と,下記の点で異なるものの,“装置により取得された1又は複数の画像”という点で一致する。
そして,当該「装置」は,「ネットワーク201を経て,1つ以上のクライアント202-203に通信結合され」る「サーバー109」と「異なる」ことは明らかであり,また引用発明の「クライアント202-203」は,本願発明1の「クライアント装置」に相当し,「1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にある」ことも明らかである。
引用発明の「サーバー109」は,「画像前処理システム204」によって「画像データのある前処理を自動的に遂行」したり,「ワークフローマネージメントシステム205」によって,「医療画像データを処理して2D又は3D医療画像ビューを発生」したり,「レンダリング」したりといった,「複数のプロセス」を実行していることは明らかである。そして,「クライアント202-203」によって「ある医療画像ビューを要求する」ことは,「装置により取得された1又は複数の画像を処理」する「特定のプロセスにアクセスする、ユーザの要求を受信する」ことに対応するから,引用発明と本願発明1の「1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にあるクライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する特定のプロセスにアクセスする、ユーザの要求を受信するステップ」とは,後記する点で相違するものの,“1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にあるクライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数の装置により取得された1又は複数の画像を処理する特定のプロセスにアクセスする、ユーザの要求を受信するステップ”を有する点で一致する。

(ウ)引用発明は,「クライアント202-203は,各アクセス特権に基づいて,医療データストア206に記憶されたリソース及び/又は医療データのある部分をアクセスしてもしなくてもよく,前記アクセス特権は,1組の役割ベースのルール又はポリシーに基づいて決定又は構成され」るものであり,また,「ある役割をもつあるユーザ」は,「医療画像プロセスのあるステップ又はステージしか遂行できなかったり,あるタイプのプロセスに制限されたりする」ものであるから,当該「ユーザ」に対し,「あるタイプのプロセス」といったものにアクセスの権限が付与されているといえる。そして当該アクセスの権限は,「1組の役割ベースのルール又はポリシーに基づいて決定又は構成され」ることから,当該「ルール又はポリシー」は,本願発明1の「ユーザデータ」と,プロセスのアクセス権限に係る点で共通するといえる。また,「ある役割をもつあるユーザ」が「ある患者情報に制限され」ることは,当該ユーザの役割を示す「論理エンティティ」が存在するといえることから,本願発明1の「ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定する」点においても「ユーザデータ」と共通するといえるから,引用発明と本願発明1の「前記1又は複数の通信リンクを介して、前記ネットワーク装置の外部にある前記クライアント装置から、複数のプロセスのうち、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスにアクセスする、ユーザの前記要求を受信するステップに応答して、前記ユーザのユーザデータを読み出すステップであって、前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと、前記ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定するものである、前記ユーザのユーザデータを読み出すステップ」とは,後記する点で相違するものの,“前記1又は複数の通信リンクを介して,前記ネットワーク装置の外部にある前記クライアント装置から,複数のプロセスのうち,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスにアクセスする,ユーザの前記要求を受信するステップに応答して,データを読み出すステップであって,前記ユーザの前記データは,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと,前記ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定するものである,前記データを読み出すステップ”を有する点で一致する。

(エ)上記(ウ)で検討したとおり,引用発明は,「1組の役割ベースのルール又はポリシー」に基づいて,「アクセス特権」が「決定又は構成され」るものであることから,「クライアント202-203は,各アクセス特権に基づいて,医療データストア206に記憶されたリソース及び/又は医療データのある部分をアクセスしてもしなくてもよ」いことや,「ある役割をもつあるユーザ」が,「ある患者情報に制限されたり,医療画像プロセスのあるステップ又はステージしか遂行できなかったり,あるタイプのプロセスに制限されたりする」ことはすなわち,その前提として,医療画像を処理するための所定のプロセスが,ユーザがアクセスの権限を付与された1又は複数のプロセスであるか否かを決定しているといえることから,引用発明と本願発明1の「前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであるか否かを決定するステップ」とは,“前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが,前記データにより指定された,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであるか否かを決定するステップ”を有する点で一致する。

(オ)引用発明は,「サーバー109から受け取られた医療画像ビューに対してユーザが調整を行うとき,そのユーザ調整要求がワークフローマネージメントシステム205へ返送され,次いで,ユーザ要求に基づいて付加的なグラフィック処理を遂行し,新たに発生され更新された医療画像ビューがクライアントへ返送され」るものであり,当該「付加的なグラフィック処理」を行う,「医療画像ビュー」において「ユーザが調整」する画像が決定されていることは自明である。そして,当該画像の決定にあたっては,上記(エ)で検討した,「決定するステップ」に応答して行われることも明らかであるから,引用発明と本願発明1の「前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであると決定されたことに応答して、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の特定の画像を決定するステップ」とは,“前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが,前記データにより指定された,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであるか否かを決定されたことに応答して,前記データにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数の装置により取得された1又は複数の特定の画像を決定するステップ”を有する点で一致する。

(カ)引用発明は,「1組の役割ベースのルール又はポリシーに基づいて決定又は構成され」る,「アクセス特権」に基づいて,「医療データストア206に記憶されたリソース及び/又は医療データのある部分をアクセスしてもしなくてもよ」いものであり,また,「ある役割をもつあるユーザは,ある患者情報に制限されたり,医療画像プロセスのあるステップ又はステージしか遂行できなかったり,あるタイプのプロセスに制限されたりする」ものでもあることから,上記(ウ)において検討した「ユーザデータ」に関する検討を踏まえれば,引用発明と本願発明1の「前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可し、及び前記ユーザに、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応しない1又は複数のモバイル装置により取得された他の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップ」とは,“前記ユーザに,前記データにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可し,及び前記ユーザに,前記ユーザの前記データにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応しない1又は複数のモバイル装置により取得された他の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップ”点で一致する。

(キ)以上,(ア)乃至(カ)の検討から,引用発明と本願発明1とは,次の一致点及び相違点を有する。

〈一致点〉
ネットワーク装置であって,
1又は複数のプロセッサと,
1又は複数のメモリと,
画像管理アプリケーションと,
を有し,前記画像管理アプリケーションは,
1又は複数の通信リンクを介して,前記ネットワーク装置の外部にあるクライアント装置から,複数のプロセスのうち,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数の装置により取得された1又は複数の画像を処理する特定のプロセスにアクセスする,ユーザの要求を受信するステップと,
前記1又は複数の通信リンクを介して,前記ネットワーク装置の外部にある前記クライアント装置から,複数のプロセスのうち,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる1又は複数の装置により取得された1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスにアクセスする,ユーザの前記要求を受信するステップに応答して,
データを読み出すステップであって,前記ユーザの前記データは,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと,前記ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定するものである,前記データを読み出すステップと,
前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが,前記データにより指定された,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであるか否かを決定するステップと,
前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが,前記データにより指定された,前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスであると決定されたことに応答して,
前記データにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する前記1又は複数の装置により取得された1又は複数の特定の画像を決定するステップと,
前記ユーザに,前記データにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応する1又は複数の装置により取得された前記1又は複数の特定の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可し,及び前記ユーザに,前記ユーザの前記データにより指定された前記1又は複数の論理エンティティに対応しない1又は複数のモバイル装置により取得された他の画像を処理するための前記特定のプロセスを使用することを許可しないステップと,
を実行するよう構成される,
ネットワーク装置。

〈相違点1〉
本願発明1が,ネットワーク装置及びクライアント装置と異なる1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の画像を処理する特定のプロセスにアクセスするものであるのに対し,引用発明は,当該画像は,画像捕獲装置により取得されるものである点。

〈相違点2〉
本願発明1が,「ユーザのユーザデータを読み出すステップ」を有し,当該ユーザデータが,「前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するための前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと、前記ユーザの役割を示す1又は複数の論理エンティティとを指定するもの」であり,「1又は複数のモバイル装置により取得された1又は複数の特定の画像」が,当該「論理エンティティ」に対応するものであるのに対し,引用発明は,「1組の役割ベースのルール又はポリシー」に基づいて,「アクセス特権」が決定又は構成され,「クライアント202-203」が,「各アクセス特権に基づいて,医療データストア206に記憶されたリソース及び/又は医療データのある部分をアクセスしてもしなくてもよ」いものである点。

〈相違点3〉
本願発明1が,「前記特定のプロセスは複数のレベルを有し、前記画像管理アプリケーションは、前記特定のプロセスについて、前記複数のレベルのうちのどれで前記ユーザがアクセスの権限を付与されているかを確認し、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像は、他のユーザがアクセス権限を付与されるかを決定するために前記複数のレベルのうちの他のレベルの例外キューに提供され、他のユーザがアクセス権限を付与するために、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていない画像は、前記複数のレベルのうちの更に他のレベルのワークキューに提供されるよう更に構成される」のに対し,引用発明は,そのような構成を有しない点。

(2) 相違点に関する判断
事案に鑑み,先に相違点3について検討する。
「ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像」について,他のユーザーのアクセス権限の付与のために提供される,「例外キュー」や,「ワークキュー」に相当する構成を引用発明及び引用例2に記載された技術的事項の中に見いだすことはできず,また画像管理システムにおいて,当該「例外キュー」や「ワークキュー」が,本願の第一国出願前に周知であったとはいえない。してみれば,引用発明において,当該「例外キュー」や「ワークキュー」を設ける動機付けは存在せず,さらに当該「例外キュー」や「ワークキュー」を通じて,「ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像」を「他のユーザ」に対してアクセス権限を付与するよう構成することまでは,当業者といえども容易であったということはできない。

したがって,上記その余の相違点について判断するまでもなく,本願発明1は,当業者であっても,引用発明及び引用例2に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。

2 本願発明2乃至7について
本願発明2乃至7は,請求項1を直接若しくは間接的に引用するものであって,本願発明1の「前記特定のプロセスは複数のレベルを有し、前記画像管理アプリケーションは、前記特定のプロセスについて、前記複数のレベルのうちのどれで前記ユーザがアクセスの権限を付与されているかを確認し、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像は、他のユーザがアクセス権限を付与されるかを決定するために前記複数のレベルのうちの他のレベルの例外キューに提供され、他のユーザがアクセス権限を付与するために、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていない画像は、前記複数のレベルのうちの更に他のレベルのワークキューに提供されるよう更に構成される」のと同一の構成を備えるものであるから,本願発明1と同じ理由により,当業者であっても,引用発明及び引用例2に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。

3 本願発明8及び15について
本願発明8及び15は,本願発明1とカテゴリー表現のみ異なるものであって,本願発明1と同じ理由により,当業者であっても,引用発明及び引用例2に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。

4 本願発明9乃至14及び16乃至18について
本願発明9乃至14及び16乃至18は,それぞれ本願発明8及び本願発明15を直接若しくは間接的に引用するものであって,本願発明8及び15と同じ理由により,当業者であっても,引用発明及び引用例2に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。


第6 当審拒絶理由の概要

<特許法第36条第6項第2号について>
当審では,請求項1の,
(1)「前記ユーザのユーザデータを読み出すステップであって、前記ユーザの前記ユーザデータは、前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するために前記ユーザがアクセスの権限を付与される1又は複数のプロセスと、1又は複数の論理エンティティと、指定する、ステップ」とされるステップ,
(2)「前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理する前記特定のプロセスが、前記ユーザの前記ユーザデータにより指定された前記ネットワーク装置及び前記クライアント装置と異なる前記1又は複数のモバイル装置により取得された前記1又は複数の画像を処理するために前記ユーザがアクセスの権限を付与された前記1又は複数のプロセスに含まれるか否かを決定するステップ」とされるステップ,及び
(3)「前記特定のプロセスは複数のレベルを有し、前記画像管理アプリケーションは、前記特定のプロセスについて、前記複数のレベルのうちのどれで前記ユーザがアクセスの権限を付与されるかを決定し、前記ユーザにアクセスの権限が付与されないと決定された画像は、他のユーザがアクセス権限を付与されるかを決定するために前記複数のレベルのうちの他のレベルの例外キューに提供され、前記ユーザにアクセスの権限が付与されると決定された画像は、前記複数のレベルのうちの更に他のレベルのワークキューに提供されるよう更に構成される」点
につき構成が不明確であるとの拒絶の理由を通知しているが,平成30年5月21日付けの手続補正において,上記,「第3 本願発明」の項に掲げたとおりに補正された結果,この拒絶の理由は解消した。


第7 原査定についての判断

平成30年5月21日付けの手続補正により,補正後の請求項1は,「前記特定のプロセスは複数のレベルを有し、前記画像管理アプリケーションは、前記特定のプロセスについて、前記複数のレベルのうちのどれで前記ユーザがアクセスの権限を付与されているかを確認し、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていないと判断された画像は、他のユーザがアクセス権限を付与されるかを決定するために前記複数のレベルのうちの他のレベルの例外キューに提供され、他のユーザがアクセス権限を付与するために、前記ユーザにアクセスの権限が付与されていない画像は、前記複数のレベルのうちの更に他のレベルのワークキューに提供されるよう更に構成される」という技術的事項を有し,また,請求項8及び15についても同様な技術的事項を有するものとなった。当該事項は,原査定における引用例1及び2には記載されておらず,本願の第一国出願日前における周知技術でもないので,本願発明1乃至18は,当業者であっても,引用発明及び引用例2に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。したがって,原査定を維持することはできない。


第8 むすび

以上のとおり,原査定の理由によっては,本願を拒絶することはできない。
また,他に本願を拒絶すべき理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
 
審決日 2018-07-02 
出願番号 特願2016-23023(P2016-23023)
審決分類 P 1 8・ 121- WY (G06F)
P 1 8・ 537- WY (G06F)
最終処分 成立  
前審関与審査官 平井 誠  
特許庁審判長 辻本 泰隆
特許庁審判官 須田 勝巳
山崎 慎一
発明の名称 役割を用いた画像へのアクセスの管理  
代理人 伊東 忠彦  
代理人 伊東 忠重  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ