• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備 取り消して特許、登録 G02C
審判 査定不服 2項進歩性 取り消して特許、登録 G02C
管理番号 1344263
審判番号 不服2017-11266  
総通号数 227 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2018-11-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-07-28 
確定日 2018-10-02 
事件の表示 特願2015-556917「眼鏡処方を決定する方法及びシステム」拒絶査定不服審判事件〔平成26年 8月14日国際公開、WO2014/123546、平成28年 3月 7日国内公表、特表2016-507085、請求項の数(14)〕について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願の発明は、特許すべきものとする。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、2013年2月11日を国際出願日とする出願であって、平成28年6月28日付けで拒絶理由が通知され、同年11月1日に意見書の提出とともに手続補正がなされ、平成29年3月30日付けで拒絶査定(以下、「原査定」という。)がされ、これに対し、同年7月28日に拒絶査定不服審判の請求と同時に誤訳訂正書が提出されたものである。
その後、平成30年5月2日付けで拒絶理由(以下、「当審拒絶理由」という。)を通知し、その応答期間中の同年6月11日に意見書の提出とともに手続補正(以下、「本件補正」という。)がなされた。


第2 本願発明
本願請求項1?14に係る発明は、本件補正により補正された特許請求の範囲の請求項1?14に記載された事項により特定される、以下のとおりの発明である。
「 【請求項1】
特に非一時的なコンピューター可読媒体を用いて眼用の眼鏡処方を決定する方法(100)であって、
眼の屈折特性を示す測定値を提供するステップ(110)と、
前記測定値に基づいて決定された眼用の複数の可能な眼鏡処方に対応する最適化空間を確定するステップ(120)であって、該最適化空間を確定するステップ(120)は、前記眼鏡処方を特徴付ける1つ又は複数のパラメーターの範囲を定義するステップを含むステップと、
メリット関数を決定するステップ(130、140)であり、前記メリット関数の値が、前記最適化空間内の前記複数の可能な眼鏡処方の1つを用いた矯正時の眼の視覚機能に対応し、前記メリット関数は、前記複数の可能な眼鏡処方の1つの矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど前記メリット関数のより最適ではない値を与えるように作用する、ステップ(130、140)と、
前記メリット関数の前記値の最適化(150)によって前記眼鏡処方を決定するステップ(160)と
を含む方法。
【請求項2】
請求項1に記載の方法において、前記メリット関数の前記値の最適化(150)は、前記眼の屈折特性を示す補正波面及びそれに対応した前記可能な眼鏡処方の反復決定を含む方法。
【請求項3】
請求項1又は2のいずれか1項に記載の方法において、前記眼鏡処方は、前記メリット関数の前記値を最大値に最適化することによって決定され、前記複数の可能な眼鏡処方の1つの前記矯正乱視の大きさが大きいほど、前記項は小さな値を有するか、又は前記眼鏡処方は、前記メリット関数の前記値を最小値に最適化することによって作成され、前記複数の可能な眼鏡処方の1つの前記矯正乱視の大きさが大きいほど、前記項は大きな値を有する方法。
【請求項4】
請求項1?3のいずれか1項に記載の方法において、前記視覚機能は、矯正時の眼の視力値又は矯正時のブラー値である方法。
【請求項5】
請求項1?4のいずれか1項に記載の方法において、前記項は、前記矯正乱視の大きさに比例する方法。
【請求項6】
請求項1?5のいずれか1項に記載の方法において、前記項は、

の形態をとり、式中、MOAは、前記複数の可能な眼鏡処方の1つの前記矯正乱視の大きさであり、nは、次数定数であり、C_(i)は、各次数の係数である方法。
【請求項7】
請求項1?5のいずれか1項に記載の方法において、前記項は、

の形態をとり、式中、MOAは、前記複数の可能な眼鏡処方の1つの前記矯正乱視の大きさであり、eは、数学定数であり、Cは、比例係数である方法。
【請求項8】
請求項1?7のいずれか1項に記載の方法において、該方法は、前記眼鏡処方を出力するステップ(180)をさらに含む方法。
【請求項9】
請求項1?8のいずれか1項に記載の方法において、前記測定値を提供するステップ(110)を、第1現場(26)で行い、前記最適化空間を確定するステップ(120)、前記メリット関数を決定するステップ(140)、及び前記メリット関数の値の最適化によって眼鏡処方を決定するステップ(160)を、前記第1現場(26)から離れた第2現場(28)で行い、前記提供された測定値を、前記第1現場(26)から前記第2現場(28)へデータネットワークを介して伝送する方法。
【請求項10】
視覚補助具を製造する方法(200)であって、
請求項1?9のいずれか1項に記載の方法による眼鏡処方を決定するステップ(100)と、
前記眼鏡処方に従って前記視覚補助具を製造するステップ(170)と
を含む方法。
【請求項11】
眼用の眼鏡処方を決定するシステム(10)であって、処理ユニット(14)を備え、該処理ユニット(14)は、眼の屈折特性を示す測定値に関する情報を受け取るよう構成され、前記測定値に基づいて決定された眼用の複数の眼鏡処方に対応する最適化空間を確定するよう構成され、該最適化空間の確定は、前記眼鏡処方を特徴付ける1つ又は複数のパラメーターの範囲を定義することを含み、メリット関数を決定するよう構成され、前記メリット関数の値が、前記最適化空間内の複数の可能な眼鏡処方の1つを用いた矯正時の眼の視覚機能に対応し、前記メリット関数は、前記複数の可能な眼鏡処方の1つの矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど前記メリット関数のより最適でない値を与えるように作用し、また前記メリット関数の値の最適化によって前記眼鏡処方を決定するよう構成されるシステム。
【請求項12】
請求項11に記載のシステムにおいて、波面収差計(12)は、第1現場(26)に位置付けられ、前記処理ユニット(14)は、第2現場(28)に位置付けられ、前記第1現場(26)及び前記第2現場(28)は、データネットワーク(22)を介して接続されるシステム。
【請求項13】
請求項11又は12に記載のシステムにおいて、該システム(10)は、決定された眼鏡処方を出力するよう構成された出力装置(16)をさらに備えるシステム。
【請求項14】
特にコンピューター又は処理ユニット(14)上で実行されているときに、請求項1?9のいずれか1項に記載の方法(100)のステップを実行するプログラムコード手段を備えた、特に非一時的なコンピュータープログラム。」(以下、請求項1?14に係る発明を、それぞれ、「本件発明1」?「本件発明14」という。)


第3 引用発明
1 引用文献1

ア 原査定の拒絶の理由に引用され、本願出願前に電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった引用文献である国際公開第2011/131679号(以下、「引用文献1」という。)には、以下の記載事項がある。(下線は、合議体が付与した。以下同様。)

(ア) 「[0001] The current invention relates to a method for designing an ophthalmic lens element, the method comprising the steps of determining a wavefront aberration of an eye to be minimized in a reference plane, wherein the wavefront aberration of the eye can be described by a first series of polynomials of ascending order up to a first specific order and corresponding first coefficients, and determining a first vision correction of a second specific order to obtain an adapted ophthalmic lens element.

[0002] Further, the current invention relates to a method for manufacturing an ophthalmic lens element comprising the steps of the method for designing an ophthalmic lens element.

[0003] Furthermore, the current invention is related to a computer program product for carrying out the steps of the aforementioned methods.

[0004] Ophthalmic lenses for vision correction are well-known in the state of the art for hundreds of years. They have been used by opticians, optometrists and ophthalmologists for correcting nearsightedness and farsightedness by using concave and convex lenses, respectively, as well as for correcting presbyopia using multifocal lenses.

[0005] Wavefront aberrations are the result of differences in optical path length between the ideal wavefront that would result in a perfect focus through an optical system, i.e. an eyeglass and the eye, and the aberrated wavefront that is produced by the actual optical system. Wavefront aberrations are often categories by their radial order, which indicates the dependence of the aberration on pupil size. The optical components of the human eye suffer from both "low-order" and "high- order" wavefront aberrations. The low-order aberrations of interest to the correction of vision are actually a subset of the low-order aberrations, referred to as the "second- order" wavefront aberrations. Second-order aberrations vary as a function of the square of the distance from the center of the pupil or aperture. These wavefront aberrations are typically corrected with an eyeglass prescription that includes a spherical power component, a cylindrical power component and an axis component that describes the orientation of the cylindrical power.

[0006] High-order aberrations represent wavefront aberrations but vary as a cubic function or higher of the distance from the center of the pupil or aperture. The high-order aberrations of the eye include aberrations such as, for example, coma, trefoil and spherical aberrations. Although these aberrations are often smaller in magnitude than the low-order aberrations, high-order aberrations of the eye can also degrade vision quality and limit visual performance. It is possible to improve vision quality by correcting the high-order aberrations of the eye in addition to the low- order aberrations. The eye examination procedure for traditional eyeglass prescriptions, however, only yields a correction that minimizes the low-order aberration of the eye. Correcting the high-order aberrations of the eye is not practical with ophthalmic lenses, because more significant low-order wavefront aberrations are introduced as the eye rotates behind the lens.

[0007] Moreover, ophthalmic lenses with refracted wavefront profiles that depart from a section of a perfect sphere or toric surface also produce various high- order wavefront aberrations. High-order aberrations may be produced under certain circumstances by the refraction of light through certain regions of lenses with spherical or toric surfaces, including symmetrical optical systems that suffer from classic Seidel spherical aberration or coma. Moreover, high-order aberrations may be routinely produced by the lens when at least one surface of the lens has non-zero third partial derivatives. This includes any lens with a surface that varies smoothly in curvature, including but not limited to single vision lenses, spherical lenses and progressive additional lenses. In particular, progressive additional lenses produce significant coma and trefoil within the progressive corridor and at the boundaries between the central viewing zones of the lens and the peripheral regions. Both low- and high-order aberrations are unavoidable in certain areas of progressive additional lenses due to the use of blending regions that provide a smooth change in addition power without visible lines of demarcation.

[0008] The wavefront aberrations produced by an ophthalmic lens interact with the wavefront aberrations of the eye. Aberration coupling occurs that can either improve or degrade vision quality through different regions of the lens, depending upon the low- and high-order aberrations present in the eye and through the ophthalmic lens. Traditionally, however, ophthalmic lenses have been designed to minimize only the magnitude of the low-order aberrations produced by both the eye and the ophthalmic lens. This is due to the inability heretofore of measuring the high-order wavefront aberrations of the eye, prior to the advent of commercially available wavefront sensors; the inability of correcting the high-order aberrations of the eye with an ophthalmic lens without introducing more significant low-order wavefront aberrations; and to the inability heretofore of machining ophthalmic lens surfaces of suitable complexity, prior to the advent of modern free-form surfacing techniques.

[0009] Although ophthalmic lenses cannot eliminate high-order wavefront aberrations without introducing additional aberrations, it is nevertheless possible to improve vision quality with ophthalmic lenses by minimizing the net effect upon vision of the combined optical interaction between the low- and high-order wave- front aberrations of the eye when determining the low-order eyeglass correction. Ophthalmic lenses are presently available with low-order eye glass corrections that have been manipulated to account for the effects of the high-order aberrations of the eye. For example, similar methods are disclosed in US patent application 2007/0279586 Al and US patent application 2009/0015787 Al. These ophthalmic lenses provide the wearer with a "wavefront-optimized" vision correction that has had the spherical power component, cylindrical power component and cylindrical axis manipulated in order to improve vision quality based upon wavefront aberration measurements from a wavefront sensor.

[0010] Recently, ophthalmic lenses have also been introduced that seek to minimize the high-order aberrations produced by only the lens at least within the mathematical constraints of progressive addition surfaces, although this will not improve the maximum potential vision quality of the wearer. A similar method is, for example, disclosed in US patent No. 7 063 421.

(中略)

[0014] In ophthalmic lens design, the intended or "target" distribution of low-order wavefront aberrations is typically specified. This distribution generally represents the ideal optical performance of the lens design for a particular combination of eyeglass prescription powers and fitting parameters. A typical optimization process seeks to achieve the desired distribution of optical powers as closely as possible by manipulating one or more continuously smooth surfaces of an ophthalmic lens element. At multiple points across the lens aperture, differences in optical performance between the modeled ophthalmic lens element and the target distribution are assessed using computer ray tracing for an assumed position of wear, which represents the position of the fitted lens on the wearer. During a typical ray tracing procedure, the refraction through the lens element of a quantity of rays from a specified object point, sufficient to characterize the wavefront aberrations of the lens up to the chosen order, are calculated. Ideally, these rays should all converge at the ideal focal plane of the eye associated with the object distance, although this is frequently not mathematically possible at all points across the lens aperture.

[0015] Typically, "merit functions" or least-square solutions representing the total magnitude of optical aberrations at these points are minimized at each of the specified points across the lens aperture using mathematical optimization and modeling techniques, such as finite element analysis. Further, these merit functions or the individual terms of these merit functions may also be weighted differently over the lens aperture in order to maximize visual performance in certain regions of the lens, wherein vision quality is most critical, or to minimize optimization in regions of the lens wherein certain optical aberrations are unavoidable due to the nature of the lens design. Common optimization techniques can also be derived from Gross et al. cited above.

[0016] In the current state of the art, these merit functions seek only to improve the performance of the ophthalmic lens element using a single, low-order (second-order) vision correction, or eyeglass prescription, originally specified by the eye care professional. Differences from this low-order single vision correction are therefore minimized over critical regions of the lens. Additional optimization terms may be incorporated in the merit function to minimize gradients of power (or astigmatism) or other optical attributes in order to reduce image swim or otherwise improve visual performance. Although it has been proven that the high-order aberrations of the eye cannot be corrected without introducing significant low-order aberrations of greater magnitude, visual performance can be improved by accounting for these aberrations when determining the traditional low-order vision correction or eyeglass prescription. Further, when an ophthalmic lens element introduces high- order aberrations that vary across the lens aperture, the ideal low-order vision correction also varies as a function of position over the lens. 」
日本語訳
「[0001] 本発明は、眼科用レンズ素子の設計方法であって、眼の波面収差が基準面において最小限に抑えられる眼の波面収差を決定し、前記眼の波面収差が第1の特定次数までの昇順多項式の1次シリーズおよび対応する1次係数によって記載することのできる段階と、適合された眼科用レンズ素子を得るための第2の特定次数の第1の視力補正を決定する段階とを含む方法に関係する。

[0002] さらに、本発明は、眼科用レンズ素子を設計する方法の段階を含む眼科用レンズ素子の製造方法に関係する。

[0003] さらに、本発明は、前述の方法の段階を実行するためのコンピューター・プログラム製品に関係する。

[0004] 視力補正のための眼科用レンズは、何百年もの間、技術水準において広く知られている。これらは、多焦点レンズを用いる老眼の補正ばかりでなく、それぞれ凹レンズと凸レンズを用いることによって、近視と遠視を補正するために、光学技術者、検眼医および眼科医によって使用されてきた。

[0005] 波面収差は、光学系、すなわち眼鏡レンズと眼を介する完全な焦点をもたらすことになる理想的な波面と実際の光学系によって生ずる収差を含む波面との間の光路長における相違の結果である。波面収差は、瞳孔の大きさへのその収差の依存性を示すそれらの半径次数によって分類されることが多い。人の眼の光学要素は、「低次」および「高次」波面収差の両方を被る。視力補正において興味を引く低次収差は、実質的には「2次」波面収差と呼ばれる低次収差のサブセットである。2次収差は、瞳孔または開口部の中心からの距離の2乗の関数として変化する。このような波面収差は、通常、球面屈折力要素、円柱屈折力要素および円柱屈折力の方向を特徴付ける光軸要素を含む眼鏡レンズ処方によって補正される。

[0006] 高次収差は、波面収差を表すが、瞳孔または開口部の中心からの距離の3乗またはそれ以上の関数として変化する。眼の高次収差は、例えばコマ収差、トレフォイル収差および球面収差などの収差を含む。これらの収差は、大きさにおいて低次収差より小さい場合が多いが、眼の高次収差も視覚の質を低下させ、視機能を制限し得る。低次収差に加えて眼の高次収差を補正することによって、視覚の質を改善することが可能である。しかし、従来の眼鏡レンズ処方のための眼の検査方法は、眼の低次収差を最小限に抑える補正をもたらすのみである。眼がレンズの後ろで回転する際、より大きな低次収差がもたらされるため、眼の高次収差の補正は、眼科用レンズでは実用的ではない。

[0007] さらに、完全な球形の面または円環状面から逸れる屈折波面特性を有する眼科用レンズも、様々な高次波面収差を生ずる。高次収差は、典型的なサイデル球面収差またはコア収差を被る対称光学系を含め、球面または円環状面を有するレンズの特定の領域を通過する光の屈折によって特定の状況下において生じ得る。さらに、高次収差は、レンズの少なくとも1つの表面が非ゼロ3次偏導関数を持つ場合、そのレンズによって日常的に生じ得る。これには、以下のものに限定はされないが、単焦点レンズ、球面レンズおよび累進加入屈折力レンズを含む曲率が滑らかに変化する表面を有するあらゆるレンズが含まれる。特に、累進加入屈折力レンズは、累進コリドー内およびレンズの中央視野領域と周辺領域との間の境界に、顕著なコマ収差およびトレフォイル収差を生ずる。累進加入屈折力レンズの特定の領域では、明確な境界線を持たず加入屈折力の滑らかな変化をもたらす融合領域を使用しているため、低次収差および高次収差のいずれも避けられない。

[0008] 眼科用レンズによって生ずる波面収差は、眼の波面収差と相互作用する。眼に存在する低次収差と高次収差および眼科用レンズによるそれらの収差に依存して、レンズの様々な領域を通した視覚の質を改善あるいは低下させ得る収差結合が発生する。しかし、従来、眼科用レンズは、眼と眼科用レンズの両方によって生ずる低次収差の大きさのみを最小限に抑えるように設計されてきた。これは、市販の波面センサーが出現する前にはこれまで眼の高次波面収差測定ができなかったこと、より顕著な低次波面収差がもたらされることなく、眼科用レンズによる眼の高次収差補正ができないこと、および現代的な自由造形表面加工技術が出現する前にはこれまで適切な複雑さを持つ眼科用レンズ表面の機械加工ができなかったことによる。

[0009] 眼科用レンズは、付加的な収差がもたらされることなく、高次波面収差を取り除くことはできないとは言え、低次眼鏡レンズ補正を決定する際、眼の低次波面収差と高次波面収差との間の複合光学的相互作用による視覚に及ぼす正味の影響を最小限に抑えることによって、眼科用レンズによる視覚の質の改善が可能である。現在、眼の高次収差の影響を処理するために操作された低次眼鏡補正のある眼科用レンズが入手可能である。例えば、類似した方法が米国出願公開特許第2007/0279586 A1号および米国出願公開特許第2009/0015787 A1号に開示されている。このような眼科用レンズは、波面センサーによる波面収差測定に基づき視覚の質を改善するために、操作された球面屈折力要素、円柱屈折力要素および円柱軸を備えた「波面最適化」視力補正を着用者に提供する。

[0010] 近年、眼科用レンズは、着用者の潜在的な視覚の質を最大限に改善するわけではないものの、累進加入屈折力レンズ面の少なくとも数学的制約の中でレンズのみによってもたらされる高次収差を最小限に抑える努力がなされてきてもいる。例えば、同様の方法が米国特許第7 063 421号に開示されている。

(中略)

[0014] 眼科用レンズ設計において、通常、意図されたまたは「目標」とする低次波面収差の分散が特定される。この分散は、通常、眼鏡の処方屈折力と適合パラメーターの特定の組み合わせに関し、レンズ設計の理想的な光学性能を表す。通常の最適化過程では、眼科用レンズ素子の1つ以上の連続的に滑らかな表面を操作することによって、可能な限り厳密に望ましい屈折力の分散を達成することを目指す。レンズ口径を通過する複数の点において、モデル化された眼科用レンズ素子と目標とする分散との間の光学性能における相違が、着用者の適合レンズの位置を表す着用想定位置に関するコンピューター光線追跡を用いて評価される。通常の光線追跡過程において、選択次数までのレンズの波面収差を特徴付けるために十分な特定物体の点からの光線量のレンズ素子を通過する屈折が計算される。レンズ口径を通過するすべての点においては数学的に不可能であることが多いが、理想的には、これらの光線は、物体の距離と関連する眼の理想焦点面ですべて収束すべきである。

[0015] 通常、これらの点における光学収差の全体の大きさを表す「メリット関数」または最小二乗解は、有限要素解析などの数学的最適化およびモデル化技術を用いて、レンズ口径を通過する各規定点において最小化される。さらに、これらのメリット関数またはそれらの関数の個々の項は、視覚の質が最も重要となるレンズの特定の領域における視機能を最大化するため、あるいはレンズ設計の特質のために特定の光学収差が避けられないレンズの領域における最適化を最小限に抑えるために、レンズ口径にわたり個別に重み付けもされ得る。一般的な最適化技術は、上記のGrossらからも得られ得る。

[0016] 技術の最先端において、これらのメリット関数は、眼治療専門家によって最初に特定された単独の低次(2次)視力補正または眼鏡処方を用いる眼科用レンズ素子の機能改善のみを目指している。従って、この低次の単独視力補正からの相違は、レンズの重要な領域上では最小限に抑えられる。像の揺らぎを減少またはその他の点で視機能を改善させるために、屈折力の勾配(または非点収差)またはその他の光学特性を最小限に抑えるように付加的な最適化の項をメリット関数に組み入れ得る。眼の高次収差は著しく大きな量の低次収差の導入無しに補正できないことは証明されているが、視機能は、従来の低次視力補正または眼鏡処方を決定する際に、これらの収差を処理することによって改善し得る。さらに、眼科用レンズ素子がレンズ口径を通過して変化する高次収差をもたらす場合、理想的な低次収差視力補正もレンズ上の位置の関数として変化する。」

(イ)「[0017] Therefore, it is an object of the present invention to minimize the impact of the combined high-order aberrations produced by both the eye and the ophthalmic lens element over the lens aperture by accounting for the interaction between the high-order aberrations of the eye, as derived from measurements by an aberrometer or wavefront sensor, and the high-order aberrations of the ophthalmic lens element over the lens aperture.

[0018] It is a further object of the present invention to minimize the low- order wavefront aberrations of the ophthalmic lens element over specified regions of the lens aperture in addition to the low-order aberrations of the eye, traditionally eliminated by ophthalmic lens elements providing the desired spherical or spherocylindrical vision corrections.

[0019] Additionally, it is an object of the present invention to maximize vision quality over a range of viewing conditions, including ambient light levels or vary pupil sizes, by modifying the low-order vision correction to further improve vision quality in the presence of high-order wavefront aberrations within the eye and, more specifically, to improve the net vision quality obtained by the entire lens- eye optical system by accounting for the optical interaction between the high-order wavefront aberrations of the eye and the high-order aberrations produced by the ophthalmic lens element over the lens aperture.

[0020] To solve the above objectives, according to a first aspect of the invention, there is provided the initially identified method for designing an ophthalmic lens element further comprising the steps of determining at least one specified point over an aperture of the adapted ophthalmic lens element, determining a higher-order wavefront aberration in the reference plane for each specified point of the adapted ophthalmic lens element, wherein the high-order wavefront aberration can be described by a third series of polynomials of ascending order above the second specific order up to and including the first specific order and corresponding third coefficients, determining a second vision correction of the second specific order for each of the specified points to obtain an optimized ophthalmic lens element based on the first vision correction up to and including the second specific order and based on combined first and third coefficients above the second specific order and up to and including the first specific order.

[0021] The present invention describes a method of optical optimization that seeks to further improve visual performance by minimizing the effect of the convolution of the various high-order wavefront aberrations of the eye and the comparable high-order aberrations of the lens element in addition to the low-order aberrations currently corrected by the ophthalmic lens element. Moreover, because the high-order aberrations of an ophthalmic lens element will typically vary significantly over the lens aperture, the high-order aberrations of the ophthalmic lens element are calculated at one or more points over the lens aperture in the present invention in order to provide an improved visual performance for different angles of view. When utilized in conjunction with the coefficients of the low-order aberration polynomials derived from the first low-order vision correction, the combined high- order coefficients of the lens and eye now afford a sufficiently complete description of the total wavefront aberrations of the lens-eye system at each point over the lens aperture, up to the desired total number of aberration polynomials or the first specific order. Using metrics methods of vision quality, for example as described in Gross et al. as cited above, that can be employed to predict visual performance based upon wavefront aberrations, an optimized low-order vision correction is then determined at each specified point using the newly combined high-order coefficients and the original low-order coefficients of the first vision correction.

[0022] This new wavefront-optimized low-order vision correction comprises a spherical power component, a cylindrical power component and a cylindrical axis that have calculated to maximize vision quality by minimizing the net effect of the combined wavefront aberrations of the lens-eye system at each of the specified points over the lens aperture. A new distribution of desired optical powers is therefore determined, which represents the ideal distribution of wavefront-optimized low- order vision corrections of the lens aperture. This distribution serves as the target distribution for use within the optical optimization process of the actual ophthalmic lens element.」
日本語訳
「[0017] 従って、収差計または波面センサーによる測定から得られる眼の高次収差とレンズ口径上の眼科用レンズ素子の高次収差との間の相互作用を処理することによって、眼およびレンズ口径上の眼科用レンズ素子の両方によって生ずる複合高次収差の影響を最小限に抑えることが本発明の目的である。

[0018] 眼の低次収差に加え、望ましい球面または球面円柱視力補正をもたらす眼科用レンズ素子によって従来は除外されたレンズ口径の特定領域上の眼科用レンズ素子の低次波面収差を最小限に抑えることが本発明のさらなる目的である。

[0019] 加えて、眼内の高次波面収差の存在下で視覚の質をさらに改善させるため、およびより具体的には、眼の高次波面収差とレンズ口径上の眼科用レンズ素子によって生み出される高次収差との間の光学的相互作用を処理することによって、レンズ-眼の光学システム全体によって得られる正味の視覚の質を改善するために、低次視力補正を修正することによって、環境光レベルまたは瞳孔の大きさの変化を含む様々な視覚条件にわたり視覚の質を最大化することが本発明の目的である。

[0020] 上記の問題を解決するために、本発明の第1の態様に従い、適合された眼科用レンズ素子のレンズ口径上の少なくとも1つの規定点を決定する段階、高次波面収差が第1の特定次数を含むそれ以下の第2の特定次数より上の昇順多項式の3次シリーズおよび対応する3次係数によって表され得る適合された眼科用レンズ素子の各規定点に対する基準面における高次波面収差を決定する段階、第2の特定次数を含むそれ以下の第1の視力補正および第2の特定次数より上および第1の特定次数を含むそれ以下の1次と3次の複合係数に基づき最適化された眼科用レンズ素子を得るための各規定点に対する第2の特定次数の第2の視力補正を決定する段階をさらに含む眼科用レンズ素子を設計するための最初に特定された方法が提供される。

[0021] 本発明は、現在のところ眼科用レンズ素子によって補正されている低次収差に加え、眼の様々な高次波面収差とレンズ素子の同程度の高次収差との畳み込みの影響を最小限に抑えることによって、視機能のさらなる改善を目指す光学的最適化の方法を記述する。さらに、眼科用レンズ素子の高次収差は、通常、レンズ口径上で著しく変化するため、本発明では、様々な視野角に対し視機能の改善をもたらすために、レンズ口径上の1つ以上の点において、眼科用レンズ素子の高次収差が計算される。第1の低次視力補正に由来する低次収差多項式の係数との連結に使用される際、レンズと眼の複合高次係数は、ここで、収差多項式の望ましい総数まで、または第1の特定次数までのレンズ口径上の各点におけるレンズ-眼システムの総波面収差を十分完全に表すことを可能とする。上記のGrossらによる記述の通り、例えば、波面収差に基づき視機能を予測するために使用され得る視覚の質の測量的方法を使用することによって、新たに複合された高次係数と第1の視力補正での元の低次係数を用い、最適化された低次視力補正が、その後各規定点で決定される。

[0022] この新しい波面最適化低次視力補正は、レンズ口径上の各規定点におけるレンズ-眼システムの複合波面収差の正味の影響を最小限に抑えることによって視覚の質を最大限にするために計算された球面屈折力要素、円柱屈折力要素および円柱軸から成る。従って、望ましい光学屈折力の分散が新たに決定され、それはレンズ口径の波面最適化低次視力補正の理想的な分散を表す。この分散は、実際の眼科用レンズ素子の光学的な最適化の過程において使用するための目標分散となる。」

(ウ) 「[0060] Referring to Fig. 1, a system 10 for carrying out the methods according to the current invention is shown. The system 10 may be used for designing an ophthalmic lens element or for designing and producing an ophthalmic lens element.

[0061] The system 10 comprises a measuring device 11 used for determining a wavefront aberration of an eye of a person for whom an eyeglass is to be produced. The measuring device may be a commonly known wavefront sensor or aberrometer, such as a wavefront sensor according to Shack-Hartmann.

[0062] Data obtained by the measuring device is then transferred into a data processing unit 13 which is adapted to conduct a method for a designing an ophthalmic lens element according to the current invention, for example by applying a computer program product according to the current invention. Generally, the data processing unit 13 may be a commonly known computer system.

[0063] The measuring device 11 and the data processing unit 13 may be directly connected via a cable connection but also a wireless connection may be applied. The data obtained by the measuring device 11 may be transferred to the data processing unit 13 via the network connection, for example via the Internet or may be transferred from the measuring device to the data processing unit via a computer- readable medium, so that in this case no physical connection between the measuring device 11 and the data processing unit 13 has to be established.

[0064] Further, a production line 15 is provided to produce the once designed ophthalmic lens element. The data processing unit 13 may be directly connected to the production line 15 to control the production line 15 to produce the ophthalmic lens element according to the designing process conducted by the data processing unit 13. Of course, the data processing unit 13 and the production line 15 may also be connected wirelessly and the data of the designed ophthalmic lens element may also be transferred to the production line, for example, stored on a computer-readable medium.

[0065] Referring now to Fig. 2, there is shown a manufacturing method 16 according to the prior art.

[0066] The manufacturing method 16 comprises a designing method 18 according to the prior art. The designing method 18 comprises three steps conducted in the following chronological order.

[0067] First, in a step 19 of measuring the wavefront aberration of an eye to be corrected is determined. In the prior art, only wavefront aberrations up to the second order, that is distortion and astigmatism, are measured. Expanding the wavefront aberration into a Zernike polynomial series, only the first six Zernike coefficients for the image aberrations constant phase, distortion, defocus and astigmatism are determined.

[0068] Then a first vision correction 20 is conducted, in which a single vision correction of second order, the so-called eyeglass prescription, is determined for the whole lens aperture. This eyeglass prescription comprises a spherical power component, a cylindrical power component and a cylindrical axis.

[0069] This eyeglass prescription serves as a target distribution to be applied over the whole lens aperture. In a step 21 of optimization the shape of the actual ophthalmic lens element or of at least one surface of the ophthalmic lens element is determined to match the target distribution as closely as possible. However, in particular in the peripheral regions of the lens, depending upon the actual form of the ophthalmic lens element, it will not be possible to match the target distribution exactly over the whole lens aperture. Therefore, merit functions or least-square functions will be applied to minimize the deviation from the target distribution. Further, certain terms of the respective functions might be weighted according to vision characteristics.

[0070] After the actual shape of the ophthalmic lens element is determined in step 21, a step 24 of producing the ophthalmic lens element is conducted in which the final actual ophthalmic lens element is manufactured.

[0071] The steps 19, 20 and 21 form the designing method 18. Steps 19, 20 and 21 together with step 22 form the manufacturing method 16 according to the prior art.」
(合議体注:Fig.1 及び Fig.2 は以下のとおりのものである。)

日本語訳
「[0060] 図1を参照すると、本発明に従った方法を実行するためのシステム10が示されている。システム10は、眼科用レンズ素子を設計するため、または眼科用レンズ素子を設計し製造するために使用され得る。

[0061] システム10は、眼鏡レンズの着用者の眼の波面収差の決定に使用される測定装置11から成る。本測定装置は、シャックハルトマンに従った波面センサーなどの一般に知られている波面センサーまたは収差計であり得る。

[0062] 測定装置によって得られたデータは、その後、例えば、本発明に従ったコンピューター・プログラム製品の適用などにより本発明に従った眼科用レンズ素子を設計するための方法を実行するように適合されたデータ処理ユニット13に移される。通常、データ処理ユニット13は、一般に知られているコンピューター・システムであり得る。

[0063] 測定装置11およびデータ処理ユニット13は、ケーブル接続を介して直接接続され得るばかりでなく、無線接続も適用され得る。測定装置11によって得られたデータは、例えば、インターネットを介するなど、ネットワーク接続を介してデータ処理ユニット13に移され得るか、または測定装置11とデータ処理ユニット13との間の物理的接続の設置を必要としないように、コンピューター可読の媒体を介して測定装置からデータ処理ユニットに移され得る。

[0064] さらに、製造ライン15は、一旦設計された眼科用レンズ素子を製造するために提供される。データ処理ユニット13は、これによって実行される設計過程に従って眼科用レンズ素子を製造するために製造ライン15を制御するように、本製造ライン15に直接接続され得る。もちろん、本データ処理ユニット13と本製造ライン15は、無線でも接続し得、設計された眼科用レンズ素子のデータは、例えば、コンピューター可読の媒体に保存されるなどして、本製造ラインに移されることもあり得る。

[0065] ここで、図2を参照すると、従来技術に従った製造方法16が示されている。

[0066] 製造方法16は、従来技術に従った設計方法18を含む。本設計方法18は、次の経時順に実施される3つの段階から成る。

[0067] 最初は、測定段階19において、補正される眼の波面収差が決定される。従来技術では、2次までの波面収差、すなわち歪みと非点収差のみが測定される。本波面収差のゼルニケ多項式シリーズへの展開において、像収差定位相、歪み、焦点ぼけおよび非点収差に対する最初の6個のゼルニケ係数のみが決定される。

[0068] その後、レンズ口径全体に対し、2次の単独視力補正、いわゆる眼鏡処方が決定される第1の視力補正20が実施される。この眼鏡処方は、球面屈折力要素、円柱屈折力要素および円柱軸から成る。

[0069] この眼鏡処方は、レンズ口径全体に適用される目標分散となる。最適化の段階21において、実際の眼科用レンズ素子の形状または眼科用レンズ素子の少なくとも1つの表面の形状は、目標分散に可能な限り厳密に一致させるように決定される。しかし、特にレンズの周辺領域では、眼科用レンズ素子の実際の形状に依存して、レンズ口径の全体にわたって正確に目標分散に一致させることは不可能である。従って、目標分散からの偏差を最小限に抑えるために、メリット関数または最小二乗関数が適用される。さらに、視覚特定に従って、それぞれの関数の特定項には、重み付けがなされ得る。

[0070] 段階21において眼科用レンズ素子の実際の形状が決定された後、眼科用レンズ素子を製造する段階24が実施され、最終的な実際の眼科用レンズ素子が製造される。

[0071] 段階19、20および21は、設計方法18を形成する。段階19、20および21は、段階22と併せて従来技術に従った製造方法16を形成する。」

イ 記載事項(ウ)に基づけば、引用文献1には、以下の発明が記載されていると認められる。
「コンピューター・プログラム製品の適用により眼科用レンズ素子を設計するための方法を実行するように適合され、眼鏡レンズの装用者の眼の波面収差の決定に使用される測定装置11によって、得られたデータが移される、データ処理ユニット13により実行される、次の経時順に実施される3つの段階から成る設計方法18であって、
最初は、測定段階19において、補正される眼の波面収差が決定され、
その後、段階20において、レンズ口径全体に対し、2次の単独視力補正、いわゆる眼鏡処方が決定される第1の視力補正20が実施され、この眼鏡処方は、球面屈折力要素、円柱屈折力要素および円柱軸から成り、
この眼鏡処方は、レンズ口径全体に適用される目標分散となり、最適化の段階21において、実際の眼科用レンズ素子の形状または眼科用レンズ素子の少なくとも1つの表面の形状は、目標分散に可能な限り厳密に一致させるように決定されるものであって、目標分散からの偏差を最小限に抑えるために、メリット関数が適用され、さらに、視覚特定に従って、それぞれの関数の特定項には、重み付けがなされ、眼科用レンズ素子の実際の形状が決定される、
段階19、20および21により形成される設計方法18。」(以下、「引用発明」という。)

2 引用文献2
原査定の拒絶の理由に引用され、本願出願前に頒布された刊行物である特表2012-510642号公報(以下、「引用文献2」という。)には、以下の記載事項がある。

「【0019】
眼の屈折矯正を決定するための改良された方法
図1は、本発明による眼の波面収差の他覚的測定、及び眼の焦点誤差の自覚的測定に基づく、眼の屈折矯正を決定するための改良された方法のフローチャートを示す。この改良された方法は、乱視のない最適な屈折矯正の製造を可能にし、正常なヒトの眼の大部分は、標準的な20/20の代わりに20/10の視力を達成することができる。
【0020】
第一に工程10において、波面収差W(x、y)として表される眼の全収差を他覚的に測定する。第二に工程11において、測定した焦点誤差及び円柱誤差を除去する過程を介して視覚を最適化することにより、得られた波面収差から他覚的球面-円柱矯正を決定する。この他覚的球面-円柱矯正は焦点誤差、屈折力、及び円柱軸を含む。第三に工程12において、複数の屈折矯正への自覚的な反応に基づいて眼の視覚性能を測定することを含む自覚的屈折を介して、眼の焦点誤差を得る。最後に工程13において、他覚的に決定した屈折力、他覚的に決定した円柱軸、及び自覚的に決定した焦点誤差を組み合わせることによって、眼科用レンズ又は屈折矯正手術用の屈折処方を生成する。」


第4 対比・判断
1 本件発明1
ア 対比
本件発明1と引用発明とを対比する。

(ア)引用発明の「コンピューター・プログラム製品の適用により眼科用レンズ素子を設計するための方法を実行するように適合され」た「データ処理ユニット13により実行される、次の経時順に実施される3つの段階から成る設計方法18」は、「いわゆる眼鏡処方が決定される」ものであるから、コンピューター可読媒体を用いて眼用の眼鏡処方を決定する方法であるといえる。したがって、引用発明の「コンピューター・プログラム製品の適用により眼科用レンズ素子を設計するための方法を実行するように適合され」た「データ処理ユニット13により実行される、次の経時順に実施される3つの段階から成る設計方法18」と本件発明1の「特に非一時的なコンピューター可読媒体を用いて眼用の眼鏡処方を決定する方法(100)」とは、「コンピューター可読媒体を用いて眼用の眼鏡処方を決定する方法(100)」である点で共通する。

(イ)眼の屈折特性は、技術的にみて、眼の波面収差により特定されるものである。したがって、引用発明の「最初は、測定段階19において、補正される眼の波面収差が決定され」るとされる工程は、本件発明1の「眼の屈折特性を示す測定値を提供するステップ(110)」に相当する。

(ウ)引用発明の眼鏡処方は「球面屈折力要素、円柱屈折力要素および円柱軸から成」るものであり、「円柱軸」は「円柱屈折力の光軸要素」であることは技術常識であるから、引用発明の「レンズ口径全体に対し、2次の単独視力補正、いわゆる眼鏡処方が決定される第1の視力補正20」を実施する工程は、球面屈折力要素、円柱屈折力要素および円柱屈折力の光軸要素を含む多次元の要素により特定される眼鏡レンズ処方を決定する工程であるといえる。そして、当該工程は、前記(イ)における測定値に基づくものであり、多次元の要素からなる眼鏡レンズ処方を決定することは、最適化を行う多次元の要素からなる空間において、眼鏡レンズ処方のそれぞれの要素(パラメータ)を決定することであるから、引用発明の「レンズ口径全体に対し、2次の単独視力補正、いわゆる眼鏡処方が決定される第1の視力補正20」を実施する工程は、本件発明1の「前記測定値に基づいて決定された眼用の複数の可能な眼鏡処方に対応する最適化空間を確定するステップ(120)であって、該最適化空間を確定するステップ(120)は、前記眼鏡処方を特徴付ける1つ又は複数のパラメーターの範囲を定義するステップを含むステップ」に相当する。

(エ)引用発明の「最適化の段階21」における「メリット関数が適用され、さらに、視覚特定に従って、それぞれの関数の特定項には、重み付けがなされ」る工程と、本件発明1の「メリット関数を決定するステップ(130、140)であり、前記メリット関数の値が、前記最適化空間内の前記複数の可能な眼鏡処方の1つを用いた矯正時の眼の視覚機能に対応し、前記メリット関数は、前記複数の可能な眼鏡処方の1つの矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど前記メリット関数のより最適ではない値を与えるように作用する、ステップ(130、140)」とは、「メリット関数を決定するステップ(130、140)であり、前記メリット関数の値が、前記最適化空間内の前記複数の可能な眼鏡処方の1つを用いた矯正時の眼の視覚機能に対応する、ステップ(130、140)」である点で共通する。

(オ)引用発明の「最適化の段階21」における、「メリット関数が適用され」ることにより「眼科用レンズ素子の実際の形状が決定される」工程は、本件発明1の「前記メリット関数の前記値の最適化(150)によって前記眼鏡処方を決定するステップ(160)」に相当する。

(カ)以上より、本件発明1と引用発明とは、
「コンピューター可読媒体を用いて眼用の眼鏡処方を決定する方法(100)であって、
眼の屈折特性を示す測定値を提供するステップ(110)と、
前記測定値に基づいて決定された眼用の複数の可能な眼鏡処方に対応する最適化空間を確定するステップ(120)であって、該最適化空間を確定するステップ(120)は、前記眼鏡処方を特徴付ける1つ又は複数のパラメーターの範囲を定義するステップを含むステップと、
メリット関数を決定するステップ(130、140)であり、前記メリット関数の値が、前記最適化空間内の前記複数の可能な眼鏡処方の1つを用いた矯正時の眼の視覚機能に対応する、ステップ(130、140)と、
前記メリット関数の前記値の最適化(150)によって前記眼鏡処方を決定するステップ(160)と
を含む方法。」である点で一致し、以下の点で相違している。
[相違点1]コンピューター可読媒体に関し、本件発明1は、特に非一時的なコンピューター可読媒体で実行されるのに対し、引用発明は、どのようなコンピューター可読媒体で実行されるのかが不明である点。
[相違点2]メリット関数に関し、本件発明1は、矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど前記メリット関数のより最適ではない値を与えるように作用するものであるのに対し、引用発明は、矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含まない点。

イ 判断
事案に鑑みて[相違点2]について検討する。引用文献2には、「乱視のない最適な屈折矯正の製造を可能」にする方法(段落【0019】)として、「他覚的に決定した屈折力、他覚的に決定した円柱軸、及び自覚的に決定した焦点誤差を組み合わせることによって、眼科用レンズ又は屈折矯正手術用の屈折処方を生成する」こと(段落【0020】)が記載されているものの、どのようなメリット関数を用いるかについて何ら開示していない。また、特表2010-532697号公報の段落【0060】には、「また、例えば、自覚的屈折測定と他覚的屈折測定との間の差が妥当であるかどうかがチェックされてもよい。自覚的屈折測定における僅かに弱い円柱は、許容できるとみなすことができ、したがって、補正する必要がない。特に、従来、自覚的屈折測定によって決定される円柱は、しばしば、他覚的屈折測定によって決定される円柱よりも弱い。また、必ずしも、自覚的屈折測定によって決定される球面値が他覚的な値に対してプラスまたはマイナスの方へと或いは両側(すなわち、左眼および右眼に関して)へとほぼ等しい程度まで偏位するように補正を行なう必要がない。随意的には、上記のように、補正は、例えば適切なアルゴリズムによって眼鏡レンズのための目標値をこのように改善するために行なわれてもよい。」と記載されているが、乱視に関連する円柱成分が自覚的測定と他覚的測定との間に差があることを示すに留まるものであって、メリット関数に、矯正乱視の大きさに応じて変わる項であって、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほどより最適ではない値を与えるように作用する項を含ませることを開示又は示唆するものではない。また、特開2009-3464号公報の段落【0054】には、「本発明による光学レンズ要素の表面は、球状、トーリックまたは回転対称非球状面とし得る。・・・上述で説明したように、表面および/または裏面は、レンズ着用者に見える光学収差の測定値を表す、選択されたメリット関数を最小にするように、最適化の課題を解くことにより導き出し得る。」と記載されており、段落【0087】に以下のメリット関数が挙げられている。

しかしながら、これらのメリット関数も、乱視に関連する「cyl error」を項に含むものであるものの、「矯正乱視の大きさが大きく」又は「矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど」、メリット関数のより最適ではない値を与えるように作用するものではない。
以上のとおり、眼鏡処方において、メリット関数に含まれる項を「矯正乱視の大きさが大きく」又は「矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど」メリット関数のより最適ではない値を与えるように作用するものとすることは、上記何れの文献にも記載されていない。
そうすると、眼鏡処方を決定するにあたり、矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほどより最適ではない値を与えるように作用するメリット関数を採用することが、当業者にとって容易であったということはできない。

ウ むすび
以上のとおりであるから、相違点1について検討するまでもなく、本件発明1は、当業者であっても、引用発明及び引用文献2、特表2010-532697号公報、特開2009-3464号公報に記載された技術事項に基づいて、容易に発明をすることができたということはできない。

2 本件発明11
本件発明11は、眼用の眼鏡処方を決定するシステムに関する発明であるが、本件発明1と同じ「矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど」「より最適ではない値を与えるように作用する」メリット関数を構成要件とするものである。
そうすると、本件発明11も、本件発明1と同じ理由により、当業者であっても、引用発明及び引用文献2、特表2010-532697号公報、特開2009-3464号公報に記載された技術事項に基づいて、容易に発明をすることができたということはできない。

3 本件発明2?10及び12?14
本件発明2?10、14は、本件発明1を引用するものであり、本件発明12、13は、本件発明11を引用するものであるから、いずれも、本件発明1と同じ「矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど」「より最適ではない値を与えるように作用する」メリット関数を構成要件とするものである。
そうすると、本件発明2?10及び12?14も、本件発明1と同じ理由により、当業者であっても、引用発明及び引用文献2、特表2010-532697号公報、特開2009-3464号公報に記載された技術事項に基づいて、容易に発明をすることができたということはできない。

第5 原査定の概要及び原査定についての判断
原査定の拒絶の理由の概要は、本件補正前の請求項1?14に係る発明は、引用文献1及び2に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないというものである。
しかし、本件発明1?14は、上述のとおり、「矯正乱視の大きさに応じて変わる項を含み、該項は、前記矯正乱視の大きさが大きく且つ/又は前記矯正乱視と自覚的矯正乱視との間の差の大きさが大きいほど」「より最適ではない値を与えるように作用する」メリット関数を構成要件とするものである。そして、前記第4の1イに記載したとおり、そのようなメリット関数を採用することは、当業者にとって容易であったということはできない。
したがって、原査定を維持することはできない。


第6 当審拒絶理由の概要及び当審拒絶理由についての判断
当審拒絶理由の概要は、本件補正前の特許請求の範囲の記載が日本語として不明瞭な文章となっているため、特許を受けようとする発明が不明確となっており、特許法第36条第6項第2号に規定する要件を満たしていないというものである。
しかし、本件補正により特許請求の範囲の記載は明確なものとなったため、この拒絶理由は解消した。


第7 むすび
以上のとおり、本件発明1?14は、当業者が引用発明及び周知技術に基づいて容易に発明をすることができたものではないから、原査定の理由によっては、本願を拒絶することはできない。
また、他に本願を拒絶すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
 
審決日 2018-09-18 
出願番号 特願2015-556917(P2015-556917)
審決分類 P 1 8・ 537- WY (G02C)
P 1 8・ 121- WY (G02C)
最終処分 成立  
前審関与審査官 上田 美由関口 英樹早川 貴之小西 隆  
特許庁審判長 中田 誠
特許庁審判官 宮澤 浩
河原 正
発明の名称 眼鏡処方を決定する方法及びシステム  
代理人 杉村 憲司  
代理人 杉村 憲司  
代理人 下地 健一  
代理人 下地 健一  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ