• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 G06F
管理番号 1347998
審判番号 不服2017-15252  
総通号数 231 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2019-03-29 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-10-12 
確定日 2019-01-09 
事件の表示 特願2015-516175「データセンタを冷却し水を脱塩するシステムおよび方法」拒絶査定不服審判事件〔平成25年12月12日国際公開、WO2013/184820、平成27年 7月16日国内公表、特表2015-520463〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯

本願は,平成25年6月5日(パリ条約による優先権主張外国庁受理 平成24年6月7日,米国 平成25年1月29日,米国)を国際出願日とする出願であって,平成29年1月26日付けの拒絶理由の通知に対し,平成29年4月13日に意見書が提出されるとともに手続補正がなされたが,平成29年5月18日付けで拒絶査定がなされ,これに対して平成29年10月12日に拒絶査定不服審判の請求がなされたものである。


第2 本願発明

本願の請求項に係る発明は,平成29年4月13日になされた手続補正により補正された特許請求の範囲の請求項1ないし31に記載された事項により特定されるものと認められるところ,その請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は,以下のとおりのものである。

「【請求項1】
(a)冷水を受け入れて温水を排出するように構成された水冷サブシステムを備えるデータセンタと,
(b)該データセンタと同一場所に配置され,前記データセンタからの排出された温水を受け入れかつ前記データセンタから受け入れられた排出された温水を脱塩するように構成された水脱塩プラントと
を備えることを特徴とするシステム。」


第3 原査定の拒絶の理由

原査定の拒絶の理由は,この出願の請求項1ないし31に係る発明は,本願の優先権主張の日前に頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった下記の引用文献1に記載された発明,引用文献2-4に記載された事項及び周知技術に基づいて,その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない,というものである。

引用文献1:米国特許出願公開第2003/0121856号明細書
引用文献2:米国特許出願公開第2010/0072136号明細書
引用文献3:Rich Millter,Google Using Sea Water to Cool Finland Project,Data Center Knowleadge,p.1,[online], 2010年 9月15日,検索日:2017年5月17日,
引用文献4:米国特許出願公開第2010/0191998号明細書


第4 引用文献の記載及び引用発明

1 引用文献1の記載
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献1には,以下の事項が記載されている(下線は,当審で付した。以下同様。)。

(1)段落[0002]
「[0002] The present invention relates generally to desalination of seawater and, more particularly, to methods and an apparatus for desalination of seawater using reverse osmosis membranes.」
(当審仮訳:[0002]本発明は,一般に,海水の脱塩に関するものであり,より詳細には,逆浸透膜を用いた海水の脱塩のための方法及び装置に関するものである。)

(2)段落[0006]-[0007]
「[0006] The present invention provides a purification system for desalinating water having two-water supply sources: an ambient feed water source for inputting ambient feed water; and a high temperature feed water source for inputting high temperature feed water, where the high temperature is a temperature higher than the ambient temperature. A blender mixes together the ambient and high temperature feed water to achieve a blended feed water temperature in a desirable range. The blended feed water is then desalinated in a reverse osmosis process.
[0007] In one aspect, the second source of water is derived from a power plant that uses seawater as a coolant and outputs heated seawater through a high temperature feed water line. The water supply for seawater coolant for the power plant may be the same water supply used for the ambient water line.」
(当審仮訳:[0006]本発明は,周辺の給水を入力するための周辺の給水源と高温の給水を入力するための高温の給水源の二つの給水源を持ち,ここで,高温は周辺の温度よりも高い,水を脱塩するための浄化システムを提供する。ブレンダーは,混合された給水の温度が望ましい範囲に達するように,周辺及び高温の給水を共に混合する。混合された給水は,逆浸透法で脱塩される。
[0007]1つの態様では,第2の水源は,海水を冷却剤として使い,高温の給水ラインを通って加熱された海水を出力する発電所に由来するものである。発電所の海水冷却剤のための給水設備は,周囲の水ラインに使用されるのと同じ給水設備であり得る。)

(3)段落[0015]
[0015] Referring to the FIGURE, there being shown a desalination system, generally designated by reference numeral 110, according to a preferred embodiment of the present invention. Desalination processes for producing purified water from seawater or some other salty or brackish water source, generally work more efficiently at particular ranges of temperature, depending on the nature, geometry, pressure and other parameters of the given desalination process. The embodiment illustrated in the FIGURE uses first and second pass reverse osmosis filter processes 70 and 90 for desalination.」
(当審仮訳:[0015]図を参照すると,本発明の好ましい実施形態によれば,概して符号110によって示された,脱塩システムを示している。海水または他の塩水または半塩水の水源から浄化水を製造するための脱塩プロセスは,一般に,特定の温度範囲でより効率的に,脱塩プロセスの性質,配置,圧力及び他のパラメータに応じて動作する。図に示した実施例は脱塩のために第1段及び第2段の逆浸透膜フィルタプロセス70及び90を使用する。)

(4)段落[0024]-[0035]
「[0024] The desalination system of the illustrated embodiment reduces desalination facility water production costs by automatically adjusting the membrane feed water temperature to its optimum temperature point to accommodate changing feed intake water temperature and quality at the same time maintaining consistent product water quality at a target level. The system includes the following elements: Source and intake of seawater of ambient temperature; Source and intake of seawater of elevated temperature; Feed pumps and pipelines conveying seawater from the high- and low-temperature water sources to the desalination facility; Blending device for the high-temperature and low-temperature feed water stream; Variable frequency drives (“VFD”) installed on the low-temperature feed water pumps; Water conductivity/salinity meters installed on the high-temperature and/or low-temperature feed lines; Water temperature sensors and signal transmitters installed on the high-temperature, low temperature and blended feed water lines; Membrane system differential pressure sensors, transmitters and controls; and Monitoring and control instrumentation allowing adjustment of blended feed water temperature as a function of the membrane system differential pressure readings/signal and product water salinity.

・・・(中略)・・・

[0026] Thus, to enhance the efficiency of the desalination process, it is desirable to maintain the temperature of the water at the membrane within a predetermined range of temperature.
[0027] In the illustrated embodiment, two supplies of seawater are provided. The first supply 600, referred to as the ambient water, is seawater taken from the sea, bay or other source and is at a relatively low temperature. The temperature of the ambient water may be different from the original source, because of heating or cooling caused by, for example, handling, pumping, exposure to solar heating or heating or cooling by the atmosphere. The second supply 400, referred to as the high temperature water is seawater that has been delivered through the cooling system of a power plant 500. The high temperature water should normally be substantially hotter than the ambient water.
[0028] The high temperature seawater is mixed as necessary with the ambient temperature seawater to achieve a temperature of the seawater at the membranes in the range of desired temperatures to thus enhance the efficiency of the reverse osmosis process. Additional efficiency results from the location of the desalination process near a power plant or other thermal generating source, so that waste heat may be used to heat the high temperature water. This reduces or eliminates the need to provide supplemental heating for the seawater in the desalination process. Also, the efficiency of the reverse osmosis system can be enhanced by monitoring conditions such as pressure, temperature and salinity and adjusting the temperature, salinity and pressure of the feed water in response to those conditions. In addition, the use of energy recovery systems, such as heat recovery turbines, may also increase efficiency of the desalination process.
[0029] As shown in the FIGURE, water is drawn from sea water supply 18, such as an intake canal off an ocean, salt water lake, bay, or other water source, into a first intake 33 and a second intake process 35 by pumps (not shown) through a first and second sea water input line 13 and 15. Sea water input lines 13 and 15 include a course or rough filter to remove large sediment, debris and fish from the seawater. The water is then delivered from the intake processes 33, 35 to the power plant 500 through power plant input lines 45, 46, 47, and 48. Water is also delivered from the intake process 35 to a first variable speed pump 32, and then delivered through an ambient feed water line 42. The water supplied through ambient feed water line 42 may also be referred to as the ambient water. The variable speed pump 32 is electronically controlled by input from controller 10. The variable speed pump 32 is connected to the controller 10 through appropriate and necessary electrical connections. Connections for the first variable speed pump 32 and other components to the controller 10 are not shown in the FIGURE. Controller 10 may provide for both manual and automatic control of the system. Although this embodiment provides for a plurality of intake systems and intake lines, a plurality is not required.
[0030] A power plant 500, as part of its normal operation, will utilize a local water source to input a stream of water to absorb heat that results from the power generation process and output the water at a relatively higher temperature than when it was first drawn from the water supply. In the FIGURE, water will be output through power plant output lines 20, 22, 24 and 26. One of the sources of increased efficiency in the present invention is the use of heated supply water which is a byproduct of the power plant. Other embodiments may utilize other heat generating sources that generate heated water as a by product(当審注:「by product」は「byproduct」の誤記と認められる。) of the system; therefore supplying heated water without significantly increasing the cost of the desalination system.
[0031] Heated water leaves power plant 500 through power plant output lines 20, 22, 24, 26 and is directed to discharge 14. Diverters 11, 12 located in power plant output lines 24 and 26 direct water through lines 17 and 19, respectively, to a high temperature water pump station 400 and the second variable speed pump 36 contained within. Controller 10 monitors the water temperature in lines 17 and 19 through temperature sensors 21 and 23, located respectively with those lines. Controller 10 controls the flow of water from line 17 and 19 into high temperature pump station 400 by adjusting gates 25 and 27, which are located in between temperature sensors 21 and 23 and high temperature water pump station 400. The controller 10 may select water from a combination of lines 24 and 26 dependant on the temperature of the water in lines 17 and 19 and the desired water temperature desired by blending process 300, discussed below. The resulting water is output from the high temperature water pump station 400 by variable speed pump 36 through a high temperature feed water line 44.
[0032] In the blending process, the ambient and high temperature water are mixed. Ambient temperature feed water, flowing through line 42, and high temperature water feed water, where the high temperature water is water that has a relatively higher temperature than the ambient water, flowing through line 44 merge in blending process 300. Controller 10, using input from temperature sensors 34, 38, and 40, and possibly input from salinity sensors 37 and 39, which are located in lines 42 and 44, respectively, just prior to blending process 300, adjusts variable speed pump 36 and 32 and blender 41 to attain the preferred temperature range of feed water. The resulting water is output through a blended feed water line, line 52. The determination of the preferred temperatures is known to those skilled in the art. In another embodiment, it might be desirable to adjust the blending process to reach a preferred water salinity level, or, possibly, a combination of both factors.
[0033] In a preferred embodiment of the invention, water goes through an initial pretreatment filtering process. After blending, the feed water enters the pretreatment process 200 through line 52 wherein the feed water undergoes an initial filtering process. In this step, the incoming water is separated into solids, usable water, and undesirable water. Unusable water leaves pretreatment process 200 proceeds to discharge 14 through a pretreatment unusable water line, line 56. Solids that result from pretreatment process 200 are delivered to landfill 16 through a pretreatment solid waste line, line 58. The remaining, usable, water leaves through a filtered feed water line, line 54.

・・・(中略)・・・

[0035] A preferred embodiment of the invention employs a two (2) stage, or two (2) pass, reverse osmosis filter process as the desalination method. Feed water enters the desalination process 100 though line 54 where it is directed to a first membrane filter, a first feed pump 80, then proceeds into a first membrane filter, first pass filter process 70, through a first purification pump line, line 85. First pass filter 70 has a membrane 102 which separates relatively salty water 101 from relatively less salty water 103. Controller 10 adjusts the pressure of the water delivered to membrane filter by input from pressure sensor 86, which is located in line 85, and controlling pump 80. Controller 10 may also utilize temperature, as determined from temperature sensor 61 located in feed line 85, and salinity, as determined from salinity sensor 63 located in feed line 85, to adjust the pressure. The controller 10 may also adjust the water pressure delivered by the pump 80 by measuring the differential pressure in the first stage filter 70.
[0036] Saltier water, unusable for purification, leaves first pass filter process 70 through a first membrane unusable line, line 78; and the remaining water leaves first pass filter process 70 through a first membrane output line, line 75, where it is delivered to separator 76. Separator 76 separates some of the water, preferably less than about half and more preferably about 5% to about 15%, and delivers that water through a first membrane potentially usable line, line 74, into a second membrane feed pump, second feed pump 84, which is then delivered to a second membrane filter, second pass filter process 90, through a second purification feed pump line, line 87; the remaining water proceeds through a first membrane usable line, line 72.」
(当審仮訳:[0024]図示された実施形態の脱塩システムは,浄化水の品質を目標レベルに維持するのと同時に,給水温度及び品質の変化に適合するために,膜給水温度を最適な温度点に自動的に調節することによって,脱塩設備の製造コストを低減する。このシステムは,以下の要素,すなわち,周辺温度の海水の水源と取水口,上昇した温度の海水の水源と取水口,高温及び低温の水源から脱塩設備へ海水を運ぶ給水ポンプとパイプライン,高温及び低温の給水流の混合設備,低温給水ポンプに導入された可変周波数駆動部(“VFD”),高温及び/又は低温給水ラインに導入された水導電率/塩分濃度計,高温,低温及び混合給水ラインに導入された水温計及び信号送信機,膜システムの差圧センサ,送信機及び制御装置,監視及び制御膜システム差圧読取り値/信号及び浄化水塩分濃度の関数として混合された給水温度を調節できる監視及び制御器具を含む。

・・・(中略)・・・

[0026]このように,脱塩プロセスの効率を高めるためには,膜における水の温度を所定の温度範囲内に維持することが望ましい。
[0027]図示の実施形態では,2つの海水供給源が設けられている。周辺の水と称される第1の供給源600は,海,湾又は他の水源から取水された海水であり,比較的低温である。周囲の水の温度は,元の水源から,例えば,輸送,ポンピング,太陽熱にさらされること,または,雰囲気による加熱または冷却によって引き起こされた加熱または冷却のために異なっていてもよい。高温の水と称される第2の供給源400は,発電所500の冷却システムを介して送出された海水である。高温の水は,通常,周辺の水よりも実質的に高温のはずである。
[0028]膜での海水の温度を所望の温度範囲とし,それによって逆浸透プロセスの効率を向上させるために,高温の海水が,周辺温度の海水と必要に応じて混合される。付加的な効率は,発電所又は他の発熱源に近接した脱塩プロセスの位置に起因するので,廃熱は高温の水を加熱するために使用することができる。これは,脱塩プロセスでの海水の補助的な過熱を与える必要を減少又は撤廃させる。また,圧力,温度及び塩分濃度等の状態を監視し,これらの状態に応じて,給水の温度,塩分濃度及び圧力を調整することによって,逆浸透システムの効率は向上される。さらに,熱回収タービンのようなエネルギー回収システムの使用も,脱塩プロセスの効率を高めることができる。
[0029]図に示すように,水は,海,塩湖,湾,又は他の水源の沖の取水管のような海水供給18から,第1及び第2の海水入力ライン13及び15を介して,(図示しない)ポンプによって第1の取水プロセス33と第2の取水プロセス35へ汲み上げられる。水は,取水プロセス33,35から,発電所入力ライン45,46,47及び48を介して,発電所500へ送られる。海水入力ライン13及び15は,海水から大きな沈殿物,デブリ及び魚を取り除くための流路又は経路フィルタを含む。水は,取水プロセス35から第1の可変速度ポンプ32へも送られ,それから周辺給水ライン42を介して送られる。周辺給水ライン42を介して供給された水は,周辺の水とも称される。可変速度ポンプ32は,コントローラ10からの入力によって,電子的に制御される。可変速度ポンプ32は,適切かつ必要な電気的接続を介してコントローラ10に接続される。可変速度ポンプ32と他の要素のコントローラ10への接続は図に示されていない。
[0030]発電所500は,通常動作の一部として,発電プロセスに起因する熱を吸収するための水の流れを入力するために,ローカルの水源を使用でき,水源から最初に汲み上げられたときよりも比較的高温の水を出力するだろう。図では,水は,発電所の出力ライン20,22,24及び26を介して出力されることになる。本発明における効率の増加の原因の1つは,発電所の副産物である加熱された供給水の使用である。他の実施形態は,システムの副産物として加熱された水を生成する他の発熱源を利用することができ,したがって,脱塩システムのコストを著しく増大させることなく,加熱された水を供給する。
[0031]加熱された水は,発電所の出力ライン20,22,24,26を通って発電所500を離れ,排出部14へ向かう。発電所の出力ライン24及び26に配置された分流器11,12は,それぞれ,ライン17及び19を介して,水を高温水ポンプステーション400とこれに含まれる第2の可変速度ポンプ36に向ける。コントローラ10は,ライン17及び19にそれぞれ配置された温度センサ21,23を介してライン17及び19内の水の温度を監視する。コントローラ10は,温度センサー21,23と高温水ポンプステーション400との間に配置されたゲート25及び27を調整することで,ライン17及び19から高温ポンプステーション400内に流入する水の流れを制御する。コントローラ10は,ライン17及び19の水温及び混合プロセス300で所望される水温に依存して,ライン24及び26の組合せから,後述するように水を選択することができる。得られた水は,高温の給水ライン44を介して可変速度ポンプ36によって高温水ポンプステーション400から出力される。
[0032]混合プロセスでは,周辺温度及び高温の水が混合される。ライン42を介して流れる周辺温度の給水と,ライン44を介して流れ,周辺の水よりも比較的高い温度の水である高温の給水は,混合プロセス300で混合される。混合プロセス300の直前の,温度計34,38及び40からの入力と,場合によりライン42及び44にそれぞれ配置された塩分濃度計37及び39からの入力を用いるコントローラ10は,給水の所望の温度範囲を達成するために,可変速度ポンプ36及び32とブレンダー41を調節する。得られた水は,混合された供給水ラインであるライン52を介して出力される。好適な温度の決定は,当業者に知られている。別の実施形態では,好ましい塩分濃度レベル,あるいは,可能であれば,両方の要素の組み合わせに到達するように混合プロセスを調整することが望ましい。
[0033]本発明の好ましい実施形態において,水は,初期前処理濾過プロセスを通過する。混合した後,給水は,ライン52を介して前処理プロセス200に入り,ここで給水は初期濾過プロセスを受ける。このステップでは,入ってくる水は,固形分,利用可能な水,及び望ましくない水に分離される。利用できない水は,前処理プロセス200を出て,前処理不可能な水のラインであるライン56を介して排出部14へ向かう。前処理プロセス200から生じる固形物は前処理固形廃棄物ラインであるライン58を介して埋立地16に送達される。残りの利用可能な水は,濾過された給水ラインであるライン54を介して出る。)

・・・(中略)・・・

[0035]本発明の好ましい実施形態は,脱塩方法として,2段階の逆浸透膜フィルタプロセスを採用している。給水は,第1の逆浸透膜フィルタ,第1の給水ポンプ80へ向けられたライン54を介して脱塩プロセス100に入り,それから第1の浄化ポンプラインであるライン85を介して,第1の逆浸透膜フィルタ(第1段の逆浸透膜フィルタプロセス)70へ進む。第1段の逆浸透膜フィルタ70は,比較的塩分濃度の高い水101を比較的塩分濃度の低い水103から分離する膜102を有する。コントローラ10は,ライン85に配置された圧力センサ86からの入力によって逆浸透膜フィルタに送られた水圧を調整し,ポンプ80を制御する。コントローラ10は,圧力を調整するために,給水ライン85に配置された温度計61から決定される温度と給水ライン85に配置された塩分濃度センサ63から決定される塩分濃度を利用することもできる。コントローラ10は,第1段の逆浸透膜フィルタ70内の差圧を測定することによって,ポンプ80によって送られる水圧を調整することもできる。
[0036]浄化に使用できない塩分濃度の高い水は,第1の膜使用不能ラインであるライン78を介して第1段の逆浸透膜フィルタプロセス70から出て,残りの水は,第1の膜出力ラインであるライン75を介して第1段の逆浸透膜フィルタプロセス70から出て,セパレータ76へ送られる。セパレータ76は,好ましくはその半分未満であり,より好ましくは約5%?約15%,水の一部を分離し,その水を,第1の膜に潜在的に使用可能なラインであるライン74を介して,第2の膜給水ポンプである第2の給水ポンプ84へ送り,それから,その水は,第2の浄化給水ポンプラインであるライン87を介して第2段の逆浸透膜フィルタ(第2段の逆浸透膜フィルタプロセス)90へ送られ,残りの水は第1の膜使用可能ラインであるライン72を介して進む。)

(なお,引用文献1では,「reverse osmosis filter」,「membrane filter」,「filter」,という用語が併用されているが,同じものを意味すると認められるため,当審仮訳では,「逆浸透膜フィルタ」という用語に統一した。)

2 引用発明
したがって,上記引用文献1には,以下の発明(以下,「引用発明」という。)が記載されていると認められる。

「脱塩のために第1段及び第2段の逆浸透膜フィルタプロセス70及び90を使用する脱塩システムであって,
浄化水の品質を目標レベルに維持するのと同時に,給水温度及び品質の変化に適合するために,膜給水温度を最適な温度点に自動的に調節することによって,脱塩設備の製造コストを低減し,
脱塩プロセスの効率を高めるためには,膜における水の温度を所定の温度範囲内に維持することが望ましく,
2つの海水供給源が設けられており,周辺の水と称される第1の供給源600は,海,湾又は他の水源から取水された海水であり,比較的低温であり,
高温の水と称される第2の供給源400は,発電所500の冷却システムを介して送出された海水であり,
膜での海水の温度を所望の温度範囲とし,それによって逆浸透プロセスの効率を向上させるために,高温の海水が,周辺温度の海水と必要に応じて混合され,付加的な効率は,発電所又は他の発熱源に近接した脱塩プロセスの位置に起因するので,廃熱は高温の水を加熱するために使用することができ,これは,脱塩プロセスでの海水の補助的な過熱を与える必要を減少又は撤廃させ,
水は,海,塩湖,湾,又は他の水源の沖の取水管のような海水供給18から,第1及び第2の海水入力ライン13及び15を介して,ポンプによって第1の取水プロセス33と第2の取水プロセス35へ汲み上げられ,取水プロセス33,35から,発電所入力ライン45,46,47及び48を介して,発電所500へ送られ,取水プロセス35から第1の可変速度ポンプ32へも送られ,それから周辺給水ライン42を介して送られ,
発電所500は,通常動作の一部として,発電プロセスに起因する熱を吸収するための水の流れを入力するために,ローカルの水源を使用でき,水源から最初に汲み上げられたときよりも比較的高温の水を出力し,水は,発電所の出力ライン20,22,24及び26を介して出力され,
効率の増加の原因の1つは,発電所の副産物である加熱された供給水の使用であり,システムの副産物として加熱された水を生成する他の発熱源を利用することもでき,したがって,脱塩システムのコストを著しく増大させることなく,加熱された水を供給し,
加熱された水は,発電所の出力ライン20,22,24,26を通って発電所500を離れ,排出部14へ向かい,発電所の出力ライン24及び26に配置された分流器11,12は,それぞれ,ライン17及び19を介して,水を高温水ポンプステーション400とこれに含まれる第2の可変速度ポンプ36に向け,高温の給水ライン44を介して可変速度ポンプ36によって高温水ポンプステーション400から出力され,
ライン42を介して流れる周辺温度の給水と,ライン44を介して流れ,周辺の水よりも比較的高い温度の水である高温の給水は,混合プロセス300で混合され,混合された給水ラインであるライン52を介して出力され,
混合した後,給水は,ライン52を介して前処理プロセス200に入り,ここで給水は初期濾過プロセスを受け,固形分,利用可能な水,及び望ましくない水に分離され,利用可能な水は,濾過された給水ラインであるライン54を介して出て,
給水は,第1段の逆浸透膜フィルタ,第1の給水ポンプ80へ向けられたライン54を介して脱塩プロセス100に入り,それから第1の浄化ポンプラインであるライン85を介して,第1段の逆浸透膜フィルタ(第1段の逆浸透膜フィルタプロセス)70へ進み,
浄化に使用できない塩分濃度の高い水は,第1の膜使用不能ラインであるライン78を介して第1の通過フィルタプロセス70から出て,残りの水は,第1の膜出力ラインであるライン75を介して第1の通過フィルタプロセス70から出て,セパレータ76へ送られ,セパレータ76は,水の一部を分離し,その水を,第1段の逆浸透膜フィルタの潜在的に使用可能なラインであるライン74を介して,第2の膜給水ポンプである第2の給水ポンプ84へ送り,それから,その水は,第2の浄化給水ポンプラインであるライン87を介して第2段の逆浸透膜フィルタ(第2段の逆浸透膜フィルタプロセス)90へ送られる,
脱塩システム。」

3 周知技術を示す文献
(1)引用文献3の記載
原査定において周知技術を示す文献として引用された引用文献3の第1ページには,以下の事項が記載されている。

「Google will use cool sea water in the cooling system for its new data center in Hamina, Finland, which is under construction and scheduled to go live early next year.」
(当審仮訳:グーグルは,フィンランドのハナミで建設中で,来年の早い時期に稼動が予定されている,新しいデータセンターの冷却システムに,冷たい海水を使うつもりである。)

したがって,引用文献3には,「データセンターの冷却システムに,冷たい海水を使う」という技術的事項が記載されていると認められる。

(2)引用文献4の記載
原査定において周知技術を示す文献として引用された引用文献4の段落[0034]には,以下の事項が記載されている。

「[0034] Another result of running applications 220, 222, 224, and 226 on computing resources 240 is the need to consume large amounts of water 280. During the operation of a data center, water 280 is used in a variety of ways, including as a cooling fluid for heat dissipation. In FIG.2, water 280 is supplied from a water source 285. Water source 285 can include, by way of example, any fresh water source (e.g., a river, a lake, etc.), any salt-water source (e.g., an ocean), or any upstream user or seller. The amount of water 280 needed for cooling varies with the amount of electricity 250 required to operate data center 230 (because water is primarily used to dissipate heat, which is a result of electricity consumption). For example, a data center in Eastern Oregon may draw fresh cooling water directly from a local river, such as the Columbia River. Using this fresh cooling water will result in the data center generating at least some waste water as effluent from the data center. Depending on the regulatory and legal framework of the jurisdiction where the data center operates, this waste water may be considered “industrial waste” rendering it unfit for any number of downstream uses (e.g., waste water cannot be used for crop irrigation or other secondary uses without clean-up and treatment). A different data center, operating in New Mexico, may use so-called “graywater” (water that had previously been used for other purposes at an upstream industrial plant). As a result of using “graywater.”the environmental impact of the hypothetical New Mexico data center, specifically the impact on fresh water supply, may be significantly different than the environmental impact of the hypothetical Oregon data center.」
(当審仮訳:[0034]コンピューティングリソース240上でアプリケーション220,222,224,および226を実行することの別の結果が,大量の水280を消費する必要性である。データセンターの運用中,水280は,熱放散のための冷却液として使用されることを含め,様々な仕方で使用される。図2で,水280は,水源285から供給される。水源285には,例として,任意の淡水の源(例えば,河川,湖など),任意の塩水の源(例えば,海),または任意の上流のユーザーまたは売り手が含まれることが可能である。冷却のために必要とされる水280の量は,データセンター230を運用するのに要求される電力250の量とともに変化する(水は,電力消費の結果である熱を放散させるのに主に使用されるため)。例えば,オレゴン州東部のデータセンターが,コロンビア川などの地域の河川から直接に淡水の冷却水を汲むことが可能である。この淡水の冷却水を使用することは,データセンターがデータセンターからの排水として少なくともいくらかの廃水を生じることになる。データセンターが運用される管轄区域の規制および法律の枠組みに依存して,この廃水は,「産業廃棄物」と考えられて,数々の下流の用途に適さないものとなる可能性がある(例えば,廃水は,浄化および処理なしに作物灌漑または他の二次的用途のために使用され得ない)。ニューメキシコ州で運用される異なるデータセンターが,いわゆる「中水」(上流の工場において他の目的でそれまでに使用されている水)を使用することが可能である。「中水」を使用することの結果として,仮想のニューメキシコ州データセンターの環境影響,特に淡水供給に対する影響は,仮想のオレゴン州データセンターの環境影響とは大きく異なる可能性がある。)

したがって,引用文献4には,「データセンターの運用中,水280は,熱放散のための冷却液として使用され,水280は,水源285から供給され,水源285には,任意の塩水の源(例えば,海)が含まれることが可能である」という技術的事項が記載されていると認められる。

(3)当審が新たに引用する文献の記載
当審が新たに引用する文献である「佐藤 由紀子,Google,”100%海水冷却”のグリーンデータセンターを動画で紹介,ITmedia NEWS[オンライン],日本,2011.05.25発行,[検索日 2018.07.30],インターネット:<URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1105/25/news048.html>」(以下,「引用文献5」という。)には,以下の事項が記載されている。

「米Googleは5月24日(現地時間),フィンランドのハナミに開設したデータセンターの海水による冷却システムを紹介する動画を公式YouTubeサイト『Google green』で公開した。

このデータセンターは,1950年代に建てられた製紙工場の跡地にあり,地下には海への排水に使うトンネルが掘られていた。Googleはこのトンネルを利用してバルチック海の海水を取り込み,取り込んだ海水をデータセンターにはりめぐらせたパイプ内を循環させることでデータセンター全体を冷却するシステムを構築したと動画で説明する。

冷却に利用した海水は再び海に戻しており,このデータセンターではほかの冷却システムは利用していないという。」

したがって,引用文献5には,「海水を取り込み,取り込んだ海水をデータセンターにはりめぐらせたパイプ内を循環させることでデータセンター全体を冷却し,冷却に利用した海水は再び海に戻す,データセンターの海水による冷却システム」という技術的事項が記載されていると認められる。


第5 対比・判断

1 本願発明について
(1)対比
本願発明と引用発明とを対比すると次のことがいえる。

ア 引用発明では,「発電所500」には,「海水供給18」から「ポンプによって」「汲み上げられ」た「水」が「送られ」,この「汲み上げられ」た「水」が「海水」であることは明らかであるから,「発電所500には,汲み上げられた海水が送られている」といえる。
また,引用発明では,「発電所500」は,「汲み上げられたときよりも比較的高温の水を出力」し,この「高温の水」は「発電プロセスに起因する熱」を吸収するためのものであり,且つ,「高温の水と称される第2の供給源400は,発電所500の冷却システムを介して送出された海水であ」ることから,「発電所500に送られた,汲み上げられた海水が,冷却システムにおいて発電プロセスに起因する熱を吸収し,高温の海水として送出される」といえ,「冷却システム」が「発電所500に送られた,汲み上げられた海水」を受け入れていることも明らかである。
したがって,引用発明の「汲み上げられた海水」,「高温の海水」,「冷却システム」は,それぞれ本願発明の「冷水」,「温水」,「水冷サブシステム」に相当し,引用発明の「発電所500」は,本願発明の「冷水を受け入れて温水を排出するように構成された水冷サブシステムを備えるデータセンタ」と「冷水を受け入れて温水を排出するように構成された水冷サブシステムを備える設備」である点で共通する。

イ 引用発明は,「加熱された水は,発電所の出力ライン20,22,24,26を通って発電所500を離れ,排出部14へ向かい,発電所の出力ライン24及び26に配置された分流器11,12は,それぞれ,ライン17及び19を介して,水を高温水ポンプステーション400とこれに含まれる第2の可変速度ポンプ36に向け,高温の給水ライン44を介して可変速度ポンプ36によって高温水ポンプステーション400から出力され,ライン42を介して流れる周辺温度の給水と,ライン44を介して流れ,周辺の水よりも比較的高い温度の水である高温の給水は,混合プロセス300で混合され,混合された給水ラインであるライン52を介して出力され,混合した後,給水は,ライン52を介して前処理プロセス200に入り,ここで給水は初期濾過プロセスを受け,固形分,利用可能な水,及び望ましくない水に分離され,利用可能な水は,濾過された給水ラインであるライン54を介して出て,給水は,第1段の逆浸透膜フィルタ,第1の給水ポンプ80へ向けられたライン54を介して脱塩プロセス100に入り,それから第1の浄化ポンプラインであるライン85を介して,第1段の逆浸透膜フィルタ(第1段の逆浸透膜フィルタプロセス)70へ進み,浄化に使用できない塩分濃度の高い水は,第1の膜使用不能ラインであるライン78を介して第1段の逆浸透膜フィルタプロセス70から出て,残りの水は,第1の膜出力ラインであるライン75を介して第1段の逆浸透膜フィルタプロセス70から出て,セパレータ76へ送られ,セパレータ76は,水の一部を分離し,その水を,第1段の逆浸透膜フィルタの潜在的に使用可能なラインであるライン74を介して,第2の膜給水ポンプである第2の給水ポンプ84へ送り,それから,その水は,第2の浄化給水ポンプラインであるライン87を介して第2段の逆浸透膜フィルタ(第2段の逆浸透膜フィルタプロセス)90へ送られる」ものである。
また,「加熱された水」,「高温の給水」が上記アの「高温の海水」であることは明らかである。
そして,引用発明は,「脱塩のために第1段及び第2段の逆浸透膜フィルタプロセス70及び90を使用する」ものである。
そうすると,引用発明は,「発電所の出力ライン24及び26を介して供給される高温の海水(加熱された水)が,ライン42(周辺給水ライン)を介して供給される汲み上げられた海水と必要に応じて混合された後に,脱塩プロセス100に入り,第1段の逆浸透膜フィルタ(第1段の逆浸透膜フィルタプロセス)70及び第2段の逆浸透膜フィルタ(第2段の逆浸透膜フィルタプロセス)90で脱塩される」ものといえ,この「脱塩プロセス100」を行う物理的構成(第1段の逆浸透膜フィルタ70,第2段の逆浸透膜フィルタ90等)が,本願発明の「水脱塩プラント」に相当し,両者は「該設備からの排出された温水を受け入れかつ前記設備から受け入れられた排出された温水を脱塩するように構成された」点で共通するといえる。

ウ 引用発明では,「付加的な効率は,発電所又は他の発熱源に近接した脱塩プロセスの位置に起因するので,廃熱は高温の水を加熱するために使用することができ,これは,脱塩プロセスでの海水の補助的な過熱を与える必要を減少又は撤廃させ」る。
ここで,「脱塩プロセス」という用語自体は,処理や工程の一種であって,物理的構成を意味するものではないものの,「発電所又は他の発熱源に近接した脱塩プロセスの位置」とあるように,物理的構成である「発電所又は他の発熱源に近接」して「位置」し得るものと解釈するのが自然であるから,「脱塩プロセス」を行うための物理的構成(第1段の逆浸透膜フィルタ70,第2段の逆浸透膜フィルタ90等)を意味するものと解される。
一方,本願発明の「同一場所に配置され」とは,本願明細書の段落【0029】の「『同一場所に配置する』,『同一場所に配置された』及び『同一場所に配置』の語は,2つ以上のものを近接して(すなわち特定の距離内に)置くことをいう。」との記載を参酌すると,「近接して配置され」ることを意味すると認められる。
そうすると,引用発明の「脱塩プロセス」を行うための物理的構成(第1段の逆浸透膜フィルタ70,第2段の逆浸透膜フィルタ90等)と,本願発明の「水脱塩プラント」とは,「前記設備と同一場所に配置され」る点で共通するといえる。

エ 引用発明の「脱塩システム」は,本願発明の「システム」に相当する。

したがって,本願発明と引用発明との間には,以下の一致点及び相違点があるといえる。

【一致点】
「(a)冷水を受け入れて温水を排出するように構成された水冷サブシステムを備える設備と,
(b)該設備と同一場所に配置され,前記設備からの排出された温水を受け入れかつ前記設備から受け入れられた排出された温水を脱塩するように構成された水脱塩プラントと
を備えることを特徴とするシステム。」

【相違点】
一致点の「設備」が,本願発明では「データセンター」であるのに対して,引用発明では「発電所」である点。

(2)相違点についての判断
ア 上記相違点について検討する。
引用発明の「脱塩システム」は,発熱源として主に発電所を利用するものであるが,「システムの副産物として加熱された水を生成する他の発熱源を利用することもでき」るものである。
一方,上記第4の3の(1)-(3)によれば,「取り込んだ海水を使って冷却を行い,冷却に使用した海水を排出する冷却システムを有するデータセンター」は周知のものであり,該データセンターは,「システムの副産物として加熱された水を生成する発熱源」といえるものである。
したがって,引用発明において,「システムの副産物として加熱された水を生成する他の発熱源」として,上記周知のデータセンターを利用することは,当業者が容易に想到し得ることである。

イ そして,本願発明の奏する作用効果は,引用発明に当該周知技術を採用した構成から予測される範囲内のものにすぎず,格別顕著なものということはできない。

ウ したがって,本願発明は,引用発明及び周知技術に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものであり,特許法第29条第2項の規定により,特許を受けることができないものである。


第6 むすび
以上のとおり,本願発明は,特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから,他の請求項に係る発明について検討するまでもなく,本願は拒絶されるべきものである。
よって,結論のとおり審決する。
 
別掲
 
審理終結日 2018-08-08 
結審通知日 2018-08-14 
審決日 2018-08-28 
出願番号 特願2015-516175(P2015-516175)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (G06F)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 境 周一片岡 利延  
特許庁審判長 千葉 輝久
特許庁審判官 松田 岳士
山田 正文
発明の名称 データセンタを冷却し水を脱塩するシステムおよび方法  
代理人 河野 英仁  
代理人 河野 登夫  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ