• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 H02J
管理番号 1359068
審判番号 不服2018-10928  
総通号数 243 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2020-03-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2018-08-08 
確定日 2020-01-16 
事件の表示 特願2014-136099「電動工具用充電装置及び電動工具用充電システム」拒絶査定不服審判事件〔平成28年 1月28日出願公開、特開2016- 15813〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯・本願発明
本願は、平成26年7月1日の出願であって、平成30年2月2日付けで拒絶理由が通知され、同年4月16日に手続補正がなされ、同年5月7日付けで拒絶査定がなされ、これに対して、同年8月8日に拒絶査定不服の審判が請求されると同時に手続補正がなされ、当審において、令和1年7月10日付けで拒絶理由が通知され、同年9月17日に手続補正がなされたものである。
そして、その請求項1に係る発明(以下、「本願発明」という。)は、令和1年9月17日の手続補正により補正された特許請求の範囲の請求項1に記載された次のとおりのものと認める。
「【請求項1】
電動工具の二次電池を充電する充電部と、
前記二次電池の電圧を測定する電圧測定部と、
前記電圧測定部により測定された電圧に基づく前記二次電池の残存容量の検出、および、充電中の前記二次電池の充電が完了するまでに要する時間の検出を実行し、前記二次電池の残存容量および前記時間を含む前記二次電池の状態情報を外部と近距離通信可能な通信部に出力する制御部とを備える
電動工具用充電装置。」

第2 引用文献、引用発明等
1 引用文献1
当審の拒絶の理由で引用された、本願の出願日前に頒布された、国際公開第2013/099229号(以下「引用文献1」という。)には、図面と共に次の記載がある。(当審訳を付記した。)(下線は、当審で付与した。以下、同様。)

(1)「[0059] A battery system 10 of a first embodiment will now be explained. The battery system 10 is designed to supply electric current (power) to a power tool. As shown in FIG. 1 and FIG. 2, the battery system 10 preferably comprises a plurality of battery packs 12, a plurality of battery holders 14, and a charger 16.」(当審訳:[0059] 第1の実施形態の電池システム10について説明する。電池システム10は、動力工具に電流(電力)を供給するように設計されている。図1と図2に示されるように、電池システム10は、好ましくは、複数の電池パック12、複数の電池ホルダー14および充電器16を含む。)

(2)「[0064] The battery system 10 will now be explained in further detail below. As shown in FIG. 1 and FIG. 2, the charger 16 comprises a master charger 18 and one or more slave chargers 20 (e.g., two in the present embodiment). The master charger 18 and the slave charger(s) 20 are connected in series. The charger 16 can charge an even greater number of the battery packs 12 by providing (i.e. connecting in series) a greater number of the slave chargers 20.」([0064] 電池システム10は、以下でさらに詳細に説明される。図1と図2に示すように、充電器16は、主充電器18と1以上の従充電器20(例えば、本実施例では2つ)を含む。主充電器18と従充電器20は、直列に接続される。充電器16は、より多数の従充電器20を提供(すなわち、直列接続)することにより、より多数の電池パック12を充電できる。)

(3)「[0079] Next, a representative electric circuit configured to perform various functions of the battery system 10 will be explained. As shown in FIG. 14A, each battery pack 12 comprises a plurality of battery cells 120, at least one battery controller 122, at least one temperature sensor 124, and at least one battery memory 126. The battery cells 120 of the present embodiment are preferably lithium-ion cells, although a variety of battery chemistries may be advantageously utilized with the present teachings. The plurality of battery cells 120 is connected to the battery positive terminal 94 and the battery negative terminal 96. The battery controller 122 is connected to the battery cells 120 and can detect the voltage of the plurality of battery cells 120. In addition, the battery controller 122 can estimate the charge level and the internal resistance of the battery cells 120 based on the detected voltage of the battery cells 120. The temperature sensor 124 is disposed in the vicinity of the plurality of battery cells 120 and detects the temperature of the plurality of battery cells 120. The temperature sensor 124 is connected to the battery controller 122, and the battery controller 122 inputs the detected temperature of the battery cells 120. The battery controller 122 is connected to the battery communication terminals 98.

[0080] The battery memory 126 stores battery information. This battery information preferably includes at least one, or any arbitrary combination of two or more, of the following: an individual identification code (ID) of the battery pack 12; the model code of the battery pack 12; the rated voltage of the battery pack 12; the rated current of the battery pack 12; the maximum permissible temperature of the battery pack 12; the maximum current experienced by the battery pack 12; the maximum temperature experienced by the battery pack 12; the usage start date of the battery pack 12; the total charges count of the battery pack 12; the total discharges count of the battery pack 12; the total discharge time of the battery pack 12; and the administrator of the battery pack 12. The battery memory 126 is connected to the battery controller 122. The battery controller 122 can read, update (overwrite), and delete the battery information stored in the battery memory 126.

[0081] The master charger 18 and the slave charger(s) 20 each comprise a plurality of charging circuits 142 and at least one charger controller 144. In addition, the master charger 18 comprises an AC/DC converter 148. The AC/DC converter 148 is connectable to an external AC power supply via a power cord 150. The AC/DC converter 148 transforms or converts the AC power from the external AC power supply into DC power. The DC power output from the AC/DC converter 148 is supplied to each of the charging circuits 142 of the master charger 18 and the slave chargers 20. Each of the charging circuits 142 is connected to one corresponding battery interface 30 and controls the charging current (power) supplied from that battery interface 30 to the corresponding battery pack 12. A cutoff switch 146 is provided between the AC/DC converter 148 and each of the charging circuits 142. Each of the cutoff switches 146 is controlled by the corresponding charger controller 144. When one of the battery packs 12 is attached to the corresponding battery interface 30, the corresponding charger controller 144 closes the corresponding cutoff switch 146 so that it conducts current. When that battery pack 12 is detached from the battery interface 30 or when the charging of that battery pack 12 is complete, the charger controller 144 opens the cutoff switch 146 so that it becomes non-conductive.

[0082] The master charger 18 and the slave charger(s) 20 each further comprises at least one charger memory 154 connected to the at least one charger controller 144. The charger memory 154 stores the interface identification information assigned to each of the battery interfaces 30. The interface identification information may be a serial number or a series of integers, for example, "1," "2", "3". The interface identification information is assigned by the charger controller 144 of the master charger 18. The charger controller 144 of the master charger 18 specifies, for the entire charger 16 - including the master charger 18 and the one or more slave chargers 20 - how many of the battery interfaces 30 are present by communicating with the charger controller 144 of each of the slave chargers 20. Furthermore, the interface identification information is assigned to each of the battery interfaces 30. The assigned interface identification information is stored in the charger memories 154 of the master charger 18 and the slave chargers 20.

[0083] In the master charger 18 and the slave chargers 20, when the battery pack(s) 12 is (are) attached to the battery interface(s) 30, the charger controller 144 is connected to the (respective) battery controller(s) 122 so as to enable communication therebetween. Subsequently, the charger controller 144 acquires, from each battery controller 122, the battery information stored in the corresponding battery memory 126. In addition, the charger controller 144 can acquire, from each battery controller 122, a state indication of the corresponding battery pack(s) 12. The state indication of each of the battery packs 12 includes, for example, at least one, or any arbitrary combination of two or more, of the following: the charge level of the battery pack 12; the output voltage of the battery pack 12; the internal resistance of the battery pack 12; the temperature of the battery pack 12, and the charging elapsed time of the battery pack 12. The charger controller 144 stores the acquired battery information and state indication of each of the battery packs 12 in the charger memory 154. The battery information and the state indication of each of the battery packs 12 are stored in the corresponding charger memory 154 together with the interface identification information of the battery interface 30 whereto that battery pack 12 is attached.

[0084] The master charger 18 further comprises a communication circuit 152. The communication circuit 152 is connected to the charger controller 144. The communication circuit 152 can connect, either wirelessly or via a wired connection, to the external device so as to enable communication therebetween. The charger controller 144 can send and receive information or a signal to and from the external device via the communication circuit 152. The external device referred to herein may be any of the above-described external devices, such as, without limitation, a mobile phone, a smart phone, a tablet computer, or some other (e.g., portable) computer apparatus. The wireless communication method or protocol is not particularly limited, as was further discussed above. While the communication circuit 152 preferably communicates with the external device wirelessly, it may also or instead communicate via a wired line, such as e.g., a USB connection.

[0085] FIG. 15 shows one example of information that the charger 16 may be configured to transmit to an external device 200 (e.g., a smart phone). In this example, the battery information and the state indication of the battery pack 12 are transmitted, together with the interface identification information of the battery interface 30 whereto that battery pack 12 is attached, from the charger 16 to the external device 200. As a result of these communications, a display 202 (e.g., a touch panel or touch screen) of the external device 200 can collectively display interface identification information 204 of the battery interface 30, and an individual identification code 206 of the battery pack 12 attached to that battery interface 30. Based on this display, the user is informed as to what type of battery pack 12 is attached to each of the battery interfaces 30 of the charger 16. The display 202 of the external device 200 may further display other battery information, state information, etc. of the battery pack 12. For example, if the charge level is further displayed on the display 202, then it is possible to easily specify or identify which battery pack 12 of the plurality of battery packs 12 attached to the charger 16 has completed charging. In addition, the display 202 can be configured to display information concerning the state of deterioration of the battery pack 12 attached thereto, e.g. whether the battery pack 12 is still in a new or pristine condition or, at the opposite extreme, whether the battery pack 12 is nearing the end of its useful service life, such that it should be used less frequently (as was discussed above) or not at all.

[0086] In addition, the charger 16 can be configured to receive charger update information and/or operation instruction signals from the external device 200. The charger update information may be utilized to change the operation condition, operating parameters and/or the operating (e.g., charging) program stored in the charger 16. Upon receiving the charger update information, the charger 16 can update the stored operation condition, operating parameter and/or operating program. The operation instruction signal may be, e.g., a charging started signal or a charging stopped signal, for instructing the charger 16 to perform various operations. In this case, the operation instruction signal is preferably received together with the interface identification information of the battery interface 30 that is the target of that operation instruction signal. According to such a configuration, the user can specify (select) a specific battery interface 30 and start or stop the charging of that battery interface 30. 」([0079] 次に、電気システム10の様々な機能を実行するように構成された代表的な電気回路について説明する。図14Aに示すように、各電池パック12は、複数の電池セル120、少なくとも1つの電池コントローラ122、少なくとも1つの温度センサ124、そして少なくとも1つの電池メモリ126を含む。本実施例の電気セル120は、リチウムイオンセルであるのが好ましいが、種々の電池の化学現象が本教示に有利に利用することができる。複数の電池セル120は、電池正極側端子94及び電池負極側端子96に接続されている。電池コントローラ122は電池セル120に接続され、複数の電気セル120の電圧を検出することができる。加えて、電池コントローラ122は、検出電圧に基づいて、電池セル120の充電レベルおよび電池セル120の内部抵抗を推定することができる。温度センサ124は、複数の電池セル120の近傍に配置され、複数の電池セル120の温度を検出する。温度センサー124は、電池コントローラ122に接続され、そして、電池コントローラ122は、電池セル120の検出された温度を入力する。電池コントローラ122は、電池通信端子98に接続されている。

[0080] 電池メモリ126は、電池情報を格納する。この電池情報は、以下の少なくとも1つ、又は2以上の任意の組合せを含むことが好ましい:電池パック12の個々の識別コード(ID)、電池パック12の機種コード、電池パック12の定格電圧、電池パック12の定格電流、電池パック12の最高許容温度、電池パック12が受けた最大電流、電池パック12が受けた最高温度、電池パック12の使用開始日、電池パック12の総充電回数、電池パック12の総放電回数、電池パック12の総放電時間、そして電池パック12の管理者。電池メモリ126は、電池コントローラ122に接続される。電池コントローラ122は、電池メモリ126に格納された情報の、読み取り、更新(上書)、そして削除ができる。

[0081] 主充電器18と従充電器20はそれぞれ、複数の充電回路142と少なくとも1つの充電器コントローラ144を含む。加えて、主充電器18は、AC/DCコンバーター148を含む。AC/DCコンバーター148は、電源コード150を介して外部AC電源に接続可能である。AC/DCコンバーター148は、外部AC電源からのAC電力をDC電力に変換又は転換する。AC/DCコンバーター148からの出力のDC電力は、主充電器18と従充電器20の充電回路142のそれぞれに供給される。それぞれの充電回路142は、対応する1つの電池インターフェース30に接続され、そして、電池インターフェース30から対応する電池パック12へ供給される充電電流(電力)を制御する。遮断スイッチ146は、AC/DCコンバーター148と各充電回路142との間に設けられる。各々の遮断スイッチ146は、対応する充電器コントローラ144により制御される。1つの電池パック12が対応する電池インターフェース30に取り付けられたとき、対応する充電器コントローラ144は、電流が導通するように対応する遮断スイッチ146を閉じる。電池パック12が電池インターフェース30から取り外されたとき、あるいは、電池パック12の充電が完了したとき、充電器コントローラ144は、非導通となるように遮断スイッチ146を開く。

[0082] 主充電器18と従充電器20はそれぞれ、少なくとも1つの充電器コントローラ144に接続された少なくとも1つの充電器メモリ154を含む。充電器メモリ154は、電池インターフェース30それぞれに割り当てられたインターフェース識別情報を格納する。インターフェース識別情報は、シリアル番号、又は、例えば”1”、”2”、”3”などの整数の系列であってよい。インターフェース識別情報は、主充電器18の充電器コントローラ144に割り当てられる。主充電器18の充電器コントローラ144は、それぞれの従充電器20の充電器コントローラ144と通信することによって、全充電器16-主充電器18と1以上の従充電器20を含む-に対して、いくつの電池インターフェース30が存在するか規定する。さらに、インターフェース識別情報は、電池インターフェース30のそれぞれに割り当てられる。割り当てられたインターフェース識別情報は、主充電器18及び従充電器20の充電器メモリ154に格納される。

[0083] 主充電器18と従充電器20において、電池パック12が電池インターフェース30に取り付けられているとき、充電器コントローラ144は、それらの間の通信を可能にするために、(それぞれの)電池コントローラ122に接続されている。続いて、充電器コントローラ144は、それぞれの電池コントローラ122から、対応する電池メモリ126に格納された電池情報を取得する。加えて、充電器コントローラ144は、それぞれの電池コントローラ122から、対応する電池パック12の状態指標を取得できる。それぞれの電池パック12の状態指標は、例えば、以下の少なくとも1つの、または、2以上の任意の組合せを含む:電池パック12の充電レベル;電池パック12の出力電圧;電池パック12の内部抵抗;電池パック12の温度、そして、電池パック12の充電経過時間。充電器コントローラ144は、それぞれの電池パック12の獲得した電池情報と状態指標を、充電器メモリ154内に格納する。それぞれの電池パック12の電池情報と状態指標は、電池パック12が接続された電池インターフェース30のインターフェース識別情報と共に、対応する充電器メモリ154に格納される。

[0084] 主充電器18は、さらに、通信回路152を有する。通信回路152は、充電器コントローラ144に接続される。通信回路152は、それらの間の通信を可能にするために、無線又は有線を介した接続いずれかにより、外部機器に接続することができる。充電器コントローラ144は、通信回路152を介して、外部機器と情報や信号を送受信することができる。ここでいう外部機器は、上述した外部機器いずれか、例えば、制限されないが、携帯電話、スマートフォン、タブレットコンピュータ、またはその他の(例えば、ポータブル)コンピュータ装置であってよい。無線通信方法またはプロトコルは、前に論じたように、特に限定されない。通信回路152は、外部機器と無線で通信することが好ましいが、それは、また、若しくは、代わりに、例えば、USB接続のような、有線を介して通信してもよい。

[0085] 図15は、充電器16が外部機器200(例えば、スマートフォン)へ送信するように構成された情報の一例を表す。この例では、電池パック12が接続された電池インターフェース30のインターフェース識別情報と共に、電池パック12の電池情報と状態指標が、充電器16から外部機器200へ送信される。これらの通信の結果、外部機器200の表示器202(例えば、タッチパネルやタッチスクリーン)は、電池インターフェース30のインターフェース識別情報204と、電池インターフェース30に接続された電池パック12の個別識別コード206をまとめて表示できる。この表示に基づいて、ユーザは、充電器16のそれぞれの電池インターフェース30にどのような型の電池パック12が接続されているか、通知される。外部機器200の表示器202は、さらに、電池パック12のその他の電池情報、状態情報等を表示してもよい。例えば、充電レベルが更に表示器202に表示される場合、充電器16に接続された複数の電気パック12のうちのいずれの電池パック12が充電完了したかを、容易に特定、識別することができる。加えて、表示器202は、それに接続された電池パック12の劣化の状態に関する情報、例えば、電池パック12はまだ新しい、または、手つかずの状態、または、その正反対であるか、電池パック12は、(前に論じたように)頻繁に利用してはいけないようなその耐用寿命の終わりに近づいているか、または、全くそうではないか、を表示するように構成することができる。

[0086] 加えて、充電器16は、充電器更新情報および/または操作指示信号を外部機器200から受信するように構成することができる。充電器更新情報は、動作条件、動作パラメータ、および/または充電器16に格納された動作(例えば、充電)プログラムを変更するために用いられる。充電器更新情報を受信すると、充電器16は、格納された動作条件、動作パラメータ、および/または動作ブログラムを更新することができる。操作指示信号は、充電器16を様々な動作で実行するように指示する、例えば、充電開始信号や充電停止信号である。この場合、操作指示信号は、その操作指示信号の対象である電池インターフェース30のインターフェース識別情報と共に受信するのが望ましい。このような構成によれば、ユーザは、特定の電池インターフェース30を指定し(選択し)、その電池インターフェース30の充電を開始または停止できる。)

上記下線部及び関連箇所の記載によれば、引用文献1には、充電器として、以下の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されている。

[引用発明]
「動力工具に電流(電力)を供給するように設計され、複数の電池パック12、複数の電池ホルダー14および充電器16を含む電池システム10の充電器16において、
充電器16は、主充電器18と1以上の従充電器20を含み、
各電池パック12は、複数の電池セル120、少なくとも1つの電池コントローラ122、そして少なくとも1つの電池メモリ126を含み、
主充電器18と従充電器20はそれぞれ、複数の充電回路142と少なくとも1つの充電器コントローラ144を含み、
それぞれの充電回路142は、対応する1つの電池インターフェース30に接続され、そして、電池インターフェース30から対応する電池パック12へ供給される充電電流(電力)を制御し、
充電器コントローラ144は、それぞれの電池コントローラ122から、対応する電池パック12の状態指標を取得でき、電池パック12の状態指標は、電池パック12の充電レベル、電池パック12の出力電圧を含み、
充電器コントローラ144は、それぞれの電池パック12の獲得した電池情報と状態指標を、充電器メモリ154内に格納し、
主充電器18は、さらに、通信回路152を有し、
通信回路152は、充電器コントローラ144に接続され、
通信回路152は、それらの間の通信を可能にするために、無線又は有線を介した接続いずれかにより、外部機器に接続することができ、
充電器コントローラ144は、通信回路152を介して、外部機器と情報や信号を送受信することができ、
充電器16が外部機器200へ送信するように構成された場合では、電池パック12が接続された電池インターフェース30のインターフェース識別情報と共に、電池パック12の電池情報と状態指標が、充電器16から外部機器200へ送信され、
外部機器200の表示器202は、電池パック12のその他の電池情報、状態情報等を表示し、充電レベルが更に表示器202に表示される
充電器16。」

2 引用文献2
当審の拒絶の理由で引用された、本願の出願日前に頒布された特開平9-70146号公報(以下「引用文献2」という。)には、図面と共に次の記載がある。

(1)「【0029】次に、このバッテリパックにおいては、2次電池E1乃至E4の残存容量が常時表示されるようになされている。即ち、バッテリパックが使用されていない状態にある場合、CPU4は、電圧検出部2から供給される電池電圧を、容量記憶部6に記憶されている残存容量対応表を参照して、残存容量に変換する。即ち、この場合、電圧検出部2から供給される電池電圧は、オープン電圧であるから、残存容量対応表を参照するだけで、正確な残存容量を得ることができる。」

(2)「【0042】次に、図4は、本発明を適用した負荷/充電器の一実施例の構成を示している。この負荷/充電器は、一般的な負荷または充電器としての機能を有する負荷/充電器ブロック20に加え、図1の電流検出部1、電圧検出部2、温度センサ3、CPU4、表示部5、または容量記憶部6それぞれと同様に構成される電流検出部11、電圧検出部12、温度センサ13、CPU14、表示部15、または容量記憶部16が設けられて構成されている。
【0043】従って、この負荷/充電器に、例えば2次電池E1乃至E4を内蔵するバッテリパックを接続した場合、図1における場合と同様にして、バッテリパックの、正確な残存容量を求めることができる。
【0044】なお、本実施例においては、残存容量を常時表示させるために、電流検出部1、電圧検出部2、および温度センサ3を、常時動作させるようにしたが、残存容量は、必要なとき(例えば、所定のボタンが操作されたときなど)だけ表示させるようにし、電流検出部1、電圧検出部2、および温度センサ3についても、そのときだけ動作させるようにすることも可能である(但し、電圧検出部2については、残存容量を表示するためにだけでなく、過充電および過放電を検出するために動作させておく必要がある)。」

上記下線部及び関連箇所の記載によれば、引用文献2には、以下の技術が記載されている。

「充電器は、電圧検出部が設けられ、電圧検出部から供給される電池電圧を、容量記憶部に記憶されている残存容量対応表を参照して、残存容量に変換し、バッテリパックの、正確な残存容量を求める技術」

3 引用文献3
当審の拒絶の理由で引用された、本願の出願日前に頒布された特開平10-174307号公報(以下「引用文献3」という。)には、図面と共に次の記載がある。

(1)「【0013】図1は、本発明の充電制御機能付き充電回路の第1の実施例を示すブロック図である。
【0014】充電制御機能付き充電回路(以下、充電回路と称する)10は、充電開始を許可するか否かの分岐値をメモリー値として記憶するメモリー部1と、バッテリー6のバッテリ残存容量を測定するバッテリー電圧測定部2と、ACアダプター7と充電回路10との接続のオン/オフ切り替えを行うスイッチ部3と、バッテリー電圧測定部2によける測定値がメモリー部1に記憶されているメモリー値より大きいか否か判断し、大きい場合はスイッチ部3をオフに、小さい場合はスイッチ部3をオンに切り替えるよう制御する制御部4と、制御部4に対してユーザーによりメモリー値を指定するための入力5とよりなる。ACアダプター7は外部電源に接続して、充電回路10の充電電源を供給する。」

上記下線部及び関連箇所の記載によれば、引用文献3には、以下の技術が記載されている。

「充電制御機能付き充電回路は、バッテリーのバッテリ残存容量を測定するバッテリー電圧測定部よりなる技術」

4 引用文献4
本願の出願日前に頒布された特開2004-48900号公報(以下「引用文献4」という。)には、図面と共に次の記載がある。

(1)「【0021】
そして、制御装置2は、制御プログラム(本発明でいうコンピュータプログラム)を実行することにより、以下の処理を行う。
【0022】
次に、上記した構成の作用について、図2および図3に示すフローチャートを参照して説明する。
まず、制御装置2は、バッテリ17が充電設備20に接続されたことにより、バッテリ17が充電を開始した旨を検出すると(ステップS1にて「YES」)、走行開始スイッチ3がオフであるか否かを判定する(ステップS2)。

・・・中略・・・

【0027】
さて、制御装置2は、バッテリ17が充電を開始し、走行開始スイッチ3がオフであるときに、ステップS4にて示す常時待受処理に移行すると、外部から充電情報要求信号が電話装置19により受信されたか否かを監視し(ステップS7)、外部から充電中止指示信号が電話装置19により受信されたか否かを監視し(ステップS8)、充電が完了したか否かを監視する(ステップS9)。
【0028】
ここで、制御装置2は、外部から充電情報要求信号が電話装置19により受信された旨を検出すると(ステップS7にて「YES」)、充電情報要求信号を発信した発信元を識別し(ステップS10)、充電情報要求信号を発信した発信元が予め登録されている特定の発信元であるか否かを判定する(ステップS11)。
【0029】
そして、制御装置2は、充電情報要求信号を発信した発信元が予め登録されている特定の発信元である旨を検出すると(ステップS11にて「YES」)、その時点での満充電状態に対する充電状態の割合(例えば「充電度○○%」)や、その時点から充電完了までに要する時間(例えば「充電完了まで残り○○時間」)などを表す充電情報を計算して取得し(ステップS12)、取得された充電情報を電話装置19から特定の発信元に送信させる(ステップS13)。」

上記下線部及び関連箇所の記載によれば、引用文献4には、以下の技術が記載されている。

「制御装置2は、バッテリ17が充電を開始し、外部から充電情報要求信号が受信された旨を検出すると、
その時点での満充電状態に対する充電状態の割合(例えば「充電度○○%」)や、その時点から充電完了までに要する時間(例えば「充電完了まで残り○○時間」)などを表す充電情報を計算して取得し、取得された充電情報を発信元に送信させる技術」

5 引用文献5
本願の出願日前に頒布された特開2003-333765号公報(以下「引用文献5」という。)には、図面と共に次の記載がある。

(1)「【0030】次に、上記第1実施形態における二次電池1の充電方法についての制御フローチャートを図4に示す。まず上記ステップS1において、ユーザが充電する二次電池1の種類を操作部7から入力すると、プログラム・演算制御部4中に予め記憶設定されたテーブルの中から、上記二次電池1の種類に相当する所定の充電印加電圧Esと、満充電平衡電圧Eeqとがそれぞれ選択される。ここで、上記充電印加電圧Es、及び満充電平衡電圧Eeqは、ニッケルカドミウム、ニッケル水素、リチウムイオン二次電池等の種類と型番によって予め設定される値であり、例えば、上記ニッケルカドミウム二次電池の場合、上記満充電平衡電圧Eeqは約1.4Vであり、また上記充電印加電圧Esはそれよりも高い電圧として約1.65Vが選択される。次に、ステップS2において、ユーザが充電開始操作を行うと、上記二次電池1に所定の充電印加電圧EsがT_(1)時間継続して印加される(ステップS3)。ここで、上記印加時間T_(1)の設定に関しては、上記充電印加電圧Esを印加した場合における充電電流の時間変化から割出される。そして上記T_(1)時間経過後、ステップS4において上記二次電池1を極小時間T_(2)短絡させ、電界面の電荷を除去した上で、今度は上記充電電圧を満充電平衡電圧Eeqに切り換える(ステップS5)。そして、上記満充電平衡電圧EeqをT_(3)時間印加している間に、上記満充電平衡電圧Eeqにおける電流値iを電流検出部3で検出する(ステップS6)。次にステップS7において、上記で検出された電流値iから満充電までに要する時間、すなわち上記電流値iが充電完了基準値J(満充電時に検出されると推測される電流値)に達するまでの所要充電時間tを求め、この所要充電時間tを二次電池1の表示部7に表示する。またこれと同時に、上記充電完了基準値Jと検出された電流値iとを比較して(ステップS8)、上記検出された電流値iが充電完了基準値Jよりも大きければ、ステップS3に戻って、上記充電印加電圧Esを二次電池1に印加する上記充電制御を繰り返し行う一方、上記電流値iが充電完了基準値J以下であれば、二次電池1が満充電状態に達しているとして、ここで充電を停止する。」

上記下線部及び関連箇所の記載によれば、引用文献5には、以下の技術が記載されている。

「ユーザが充電開始操作を行うと、充電電圧を満充電平衡電圧Eeqに切り換え、上記満充電平衡電圧EeqをT_(3)時間印加している間に、上記満充電平衡電圧Eeqにおける電流値iを電流検出部3で検出し、検出された電流値iから満充電までに要する時間、すなわち上記電流値iが充電完了基準値J(満充電時に検出されると推測される電流値)に達するまでの所要充電時間tを求め、この所要充電時間tを二次電池1の表示部7に表示する技術」

6 引用文献6
本願の出願日前に頒布された特開2012-151934号公報(以下「引用文献6」という。)には、図面と共に次の記載がある。

(1)「【0040】
第1の表示領域X1には、充電状況に関する情報が表示される。この充電状況に関する情報は、例えば図15に示すように、1)「充電中です。お待ち下さい。残り時間:約17分」のような文字情報、2)文字情報の右側に表示されるバッテリの充電量を示す図、3)及び上部に表示される充電動作の進捗(「準備中」、「試験中」、「充電中」及び「終了」)を表すステータスである。また、第1の表示領域X1には、充電装置10のステータスに応じて、例えば図16に示す「充電の準備をしています。充電完了までは、約20分必要です。」のような文字情報が図(グラフ)と共に、充電状況に関する情報として表示される。図15及び図16に示すように、第1の表示領域X1の背景色は、例えば白である。」

上記下線部及び関連箇所の記載によれば、引用文献6には、以下の技術が記載されている。

「第1の表示領域X1には、充電状況に関する情報が表示され、この充電状況に関する情報は、『充電中です。お待ち下さい。残り時間:約17分』のような文字情報とする技術」

第3 対比・判断
1 対比
本願発明と引用発明とを対比する。

(1)引用発明の「充電回路142」は、「動力工具に電流(電力)を供給するように設計」された「電池システム10」の「充電器16」に含まれ、「対応する1つの電池インターフェース30に接続され、そして、電池インターフェース30から対応する電池パック12へ供給される充電電流(電力)を制御」するものであるから、本願発明の「電動工具の二次電池に対して充電を行う充電部」に相当する。

(2)引用発明の「電池パック12の状態指標」は、「電池パック12の充電レベル」を含むものであるから、本願発明の「二次電池の状態情報」と、「二次電池の残存容量」を含む「二次電池の状態情報」である点で共通する。
また、引用発明の「通信回路152」は、「無線又は有線を介した接続いずれかにより、外部機器に接続することができ」るものであり、近距離通信が可能であることは明らかであるから、本願発明の「外部と近距離通信可能な通信部」に相当する。
そして、引用発明の「充電器コントローラ144」は、「通信回路152を介して、外部機器と情報や信号を送受信することができ」、「電池パック12が接続された電池インターフェース30のインターフェース識別情報と共に、電池パック12の電池情報と状態指標が、充電器16から外部機器200へ送信され」るものであるから、「充電器コントローラ144」が「電池パック12の状態指標」を「通信回路152」に出力していることは明らかである。
よって、引用発明の「充電器コントローラ144」は、本願発明の「二次電池の状態情報を外部と近距離通信可能な通信部に出力する制御部」である点で共通する。
ただし、本願発明は、「二次電池の電圧を測定する電圧測定部」を備え、「制御部」は「前記電圧測定部により測定された電圧に基づく前記二次電池の残存容量の検出、および、充電中の前記二次電池の充電が完了するまでに要する時間の検出を実行し、前記二次電池の残存容量および前記時間を含む前記二次電池の状態情報」を「通信部に出力する」ものであるのに対し、引用発明の「充電器コントローラ144」は、「電池コントローラ122から、対応する電池パック12の状態指標を取得」するものである点では相違する。

(3)引用発明の「充電器16」は、「動力工具に電流(電力)を供給するように設計」された「電池システム10」に含まれるものであるから、本願発明1の「電動工具用充電装置」に相当する。

したがって、両者は、以下の一致点および相違点を有する。

〈一致点〉
「電動工具の二次電池に対して充電を行う充電部を有し、
二次電池の状態情報を外部と近距離通信可能な通信部に出力する制御部を備える
電動工具用充電装置。」

〈相違点1〉
本願発明は、「二次電池の電圧を測定する電圧測定部」を備えるのに対し、引用発明は、「電池パック12の出力電圧」を含む「電池パック12の状態指標」を「電池コントローラ122」から取得するものである点。

〈相違点2〉
「制御部」について、本願発明は、「前記電圧測定部により測定された電圧に基づく前記二次電池の残存容量の検出」を実行するものであるのに対し、引用発明は、「電池コントローラ122」から、「電池パック12の充電レベル、電池パック12の出力電圧」を取得するものである点。

〈相違点3〉
本願発明の「制御部」は、「充電中の前記二次電池の充電が完了するまでに要する時間の検出」を実行し、「前記時間」を含む「前記二次電池の状態情報」を「通信部に出力する」ものであるのに対し、引用発明の「充電器コントローラ144」は、「電池パック12の状態指標」を取得し「通信回路152」に出力するものではあるものの、そのような時間を含む二次電池の状態情報を通信部へ出力するものとはされていない点。

2 判断
(1)〈相違点1〉および〈相違点2〉について
引用文献2には、「充電器は、電圧検出部が設けられ、電圧検出部から供給される電池電圧を、容量記憶部に記憶されている残存容量対応表を参照して、残存容量に変換し、バッテリパックの、正確な残存容量を求める技術」が、引用文献3には、「充電制御機能付き充電回路は、バッテリーのバッテリ残存容量を測定するバッテリー電圧測定部よりなる技術」が各々記載されるように、バッテリの残存容量を測定するための電圧測定部を充電器側に設けることは、本願出願日前において周知の技術である。
したがって、引用発明に上記周知の技術を適用し、「充電器16」が「電池コントローラ122」より「電池パック12の出力電圧」を含む「電池パック12の状態指標」を取得することに代え、「充電器16」に電圧測定部を設け、当該電圧測定部の出力よりバッテリの残存容量を得る構成とすることで、上記相違点1及び2に係る本願発明の構成とすることは、当業者が容易になし得たことである。

(2)〈相違点3〉について
引用文献4に、「制御装置2は、バッテリ17が充電を開始し、外部から充電情報要求信号が受信された旨を検出すると、その時点での満充電状態に対する充電状態の割合(例えば「充電度○○%」)や、その時点から充電完了までに要する時間(例えば「充電完了まで残り○○時間」)などを表す充電情報を計算して取得し、取得された充電情報を発信元に送信させる技術」が、引用文献5に、「ユーザが充電開始操作を行うと、充電電圧を満充電平衡電圧Eeqに切り換え、上記満充電平衡電圧EeqをT_(3)時間印加している間に、上記満充電平衡電圧Eeqにおける電流値iを電流検出部3で検出し、検出された電流値iから満充電までに要する時間、すなわち上記電流値iが充電完了基準値J(満充電時に検出されると推測される電流値)に達するまでの所要充電時間tを求め、この所要充電時間tを二次電池1の表示部7に表示する技術」が、引用文献6に、「第1の表示領域X1には、充電状況に関する情報が表示され、この充電状況に関する情報は、『充電中です。お待ち下さい。残り時間:約17分』のような文字情報とする技術」が記載されるように、充電中の二次電池充電が完了するまでに要する時間を検出し、ユーザに知らせることも、本願出願日前において周知の技術であり、引用発明に上記周知の技術を適用し、「充電器16」が外部機器へ送信する「電池パック12の状態指標」として、「充電中の二次電池充電が完了するまでに要する時間」を含ませ、上記相違点3に係る本願発明の構成とすることは、当業者が容易になし得たことである。

そして、本願発明のように構成することによる作用効果も、引用発明及び周知の技術に基づいて、当業者が予測し得る範囲内のものである。

第4 むすび
以上のとおり、本願発明は、引用発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は、その他の請求項について検討するまでもなく、拒絶されるべきものである。
よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2019-10-15 
結審通知日 2019-10-23 
審決日 2019-12-02 
出願番号 特願2014-136099(P2014-136099)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (H02J)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 古河 雅輝  
特許庁審判長 酒井 朋広
特許庁審判官 五十嵐 努
山田 正文
発明の名称 電動工具用充電装置及び電動工具用充電システム  
代理人 恩田 誠  
代理人 恩田 博宣  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ