• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 2項進歩性  G06Q
審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  G06Q
審判 全部申し立て 特29条特許要件(新規)  G06Q
管理番号 1359545
異議申立番号 異議2018-701016  
総通号数 243 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2020-03-27 
種別 異議の決定 
異議申立日 2018-12-13 
確定日 2019-12-26 
異議申立件数
訂正明細書 有 
事件の表示 特許第6343370号発明「広告スペース販売装置」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6343370号の特許請求の範囲を訂正請求書に添付された訂正特許請求の範囲のとおり,訂正後の請求項〔1?9〕,〔10?11〕,〔12?13〕について訂正することを認める。 特許第6343370号の請求項1ないし13に係る特許を維持する。 
理由 第1 手続の経緯
特許第6343370号の請求項1?13に係る特許についての出願は,2016年(平成28年)8月31日(優先権主張 平成28年4月12日)を国際出願日とする特願2016-567700号の一部を平成29年6月2日に新たな特許出願として出願され,平成30年5月25日にその特許権の設定登録がされ,平成30年6月13日に特許掲載公報が発行された。その特許についての本件特許異議申立ての経緯は,次のとおりである。
平成30年12月13日 :特許異議申立人奥野宏美による特許異議の申立て
平成31年 2月25日付け:取消理由通知
令和 元年 5月28日 :特許権者による意見書・訂正請求書の提出
令和 元年 7月12日 :特許異議申立人による意見書の提出
令和 元年 8月15日付け:取消理由通知
令和 元年10月10日 :特許権者による意見書・訂正請求書の提出
令和 元年11月27日 :特許異議申立人による意見書の提出


第2 訂正の適否についての判断
1 訂正の内容
令和元年10月10日付け本件訂正請求による訂正の内容は,以下の(1)?(12)のとおりである。

(1)請求項1について
ア 請求項1の冒頭に,「電子計算機とソフトウエアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置であって,」を追加する訂正をする。

イ 請求項1の「広告スペース情報取得部」について,「メディア側企業から所定のメディアにて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報を」とあるのを,「メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報を」と訂正し,「そのメディアと関連付けて取得する広告スペース情報取得部と,」とあるのを,「そのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得部と,」と訂正する。

ウ 請求項1の「広告スペース情報公開部」について,「取得した広告スペース情報をインターネット等経由にて公開する広告スペース情報公開部と,」とあるのを,「取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開部と,」と訂正する。

エ 請求項1の「購入申込受付部」について,「公開された広告スペース情報に基づいて」の前に,「メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって」を追加する訂正をし,「広告主側企業から広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける」とあるのを,「広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける」と訂正する。

オ 請求項1の「在庫等確認要求出力部」について,冒頭に「メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって」を追加する訂正をし,「広告スペースの購入を認めるか判断させるための在庫等確認要求を出力する在庫等確認要求出力部と,」とあるのを,「広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力部と,」と訂正する。

カ 請求項1の「在庫等確認回答取得部」について,冒頭に「メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって」を追加する訂正をする。

キ 請求項1の「広告スペース購入決定通知出力部」について,「在庫等確認回答が問題なしとの回答である場合に広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である」とあるのを,「メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得部で取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である」と訂正する。

(2)請求項2について
請求項2について,冒頭に「メモリに展開されたコンテンツ電子データ取得プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をし,「さらに有する広告スペース販売装置。」とあるのを,「さらに有する請求項1に記載の広告スペース販売装置。」と訂正する。

(3)請求項3について
請求項3の冒頭に,「メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

(4)請求項4について
請求項4の冒頭に,「メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムの属性情報取得サブプログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

(5)請求項5について
ア 請求項5の「広告主側企業登録保持部」について,冒頭に「メモリに展開された広告主側企業登録保持プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

イ 請求項5の「メディア側企業登録保持部」について,冒頭に「メモリに展開されたメディア側企業登録保持プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

ウ 請求項5の「メディア広告主取引実績関係情報保持部」について,冒頭に「メモリに展開されたメディア広告主取引実績関係情報保持プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

エ 請求項5の「所定広告主側企業取得部」について,冒頭に「メモリに展開された所定広告主側企業取得プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

オ 請求項5の「所定広告主向告知部」について,冒頭に「メモリに展開された所定広告主向告知プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

(6)請求項6について
ア 請求項6の「メディア側企業対価処理部」について,冒頭に「メモリに展開されたメディア側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

イ 請求項6の「広告主側企業対価処理部」について,冒頭に「メモリに展開された広告主側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

(7)請求項7について
請求項7について,「広告主側対価処理部」とあるのを,「広告主側企業対価処理部」と訂正し,訂正前「広告主側対価処理部は,」との後に,「メモリに展開された広告主側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

(8)請求項8について
ア 請求項8の「イメージ画像公開手段」について,「広告スペース情報公開部は,」との後に,「メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

イ 請求項8の「選択受付手段」について,「広告スペース購入申込受付部は,」の後に,「メモリに展開された広告スペース購入申込プログラムのCPUによる実行によって,」を追加する訂正をする。

(9)請求項10について
ア 請求項10の冒頭に,「電子計算機とソフトウエアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置の動作方法であって,」を追加する訂正をする。

イ 請求項10の「広告スペース情報取得ステップ」について,「メディア側企業から所定のメディアにて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報を」とあるのを,「メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報を」とあるのを,「メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報を」と訂正し,「そのメディアと関連付けて取得する」とあるのを,「そのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する」と訂正する。

ウ 請求項10の「広告スペース情報公開ステップ」について,「取得した広告スペース情報をインターネット等経由にて公開する広告スペース情報公開ステップ」とあるのを,「取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開ステップ」と訂正する。

エ 請求項10の「広告スペース購入申込受付ステップ」について,「公開された広告スペース情報に基づいて」との前に,「メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって広告スペース情報公開ステップにて」を追加する訂正をし,「広告主側企業から広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける」とあるのを,「広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける」と訂正する。

オ 請求項10の「在庫等確認要求出力ステップ」について,冒頭に「メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって広告スペース購入申込受付ステップにて」を追加する訂正をし,「広告スペースの購入を認めるか判断させるための在庫等確認要求を出力する在庫等確認要求出力ステップと,」とあるのを,「広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付ステップで受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力ステップと,」と訂正する。

カ 請求項10の「在庫等確認回答取得ステップ」について,冒頭に「メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認要求出力ステップにて」を追加する訂正をする。

キ 請求項10の「広告スペース購入決定通知出力ステップ」について,「在庫等確認回答が問題なしとの回答である場合に広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である」とあるのを,「メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得ステップで取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である」と訂正する。

ク 請求項10の「を電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法。」とあるのを,「を有する電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法。」と訂正する。

(10)請求項11について
請求項11の冒頭に,「メモリに展開されたコンテンツ電子データ取得プログラムのCPUによる実行によって」を追加する訂正をし,「請求項10に記載の広告スペース販売装置の動作方法。」とあるのを「請求項10に記載の電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法。」と訂正する。

(11)請求項12について
ア 請求項12の「広告スペース情報取得ステップ」について,「メディア側企業から所定のメディアにて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報を」とあるのを,「メモリに展開することでCPUによって実行されるメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報を」と訂正し,「そのメディアと関連付けて取得する」とあるのを,「そのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する」と訂正する。

イ 請求項12の「広告スペース情報公開ステップ」について,「取得した広告スペース情報をインターネット等経由にて公開する広告スペース情報公開ステップ」とあるのを,「メモリに展開することでCPUによって実行される取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開ステップ」と訂正する。

ウ 請求項12の「広告スペース購入申込受付ステップ」について,「公開された広告スペース情報に基づいて」との前に,「メモリに展開することでCPUによって実行される」を追加する訂正をし,「広告主側企業から広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける」とあるのを,「広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける」と訂正する。

エ 請求項12の「在庫等確認要求出力ステップ」について,冒頭に「メモリに展開することでCPUによって実行される」を追加し,「広告スペースの購入を認めるか判断させるための在庫等確認要求を出力する在庫等確認要求出力ステップと,」とあるのを,「広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付ステップで受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力ステップと,」に訂正する。

オ 請求項12の「在庫等確認回答取得ステップ」について,冒頭に「メモリに展開することでCPUによって実行される」を追加する訂正をする。

カ 請求項12の「広告スペース購入決定通知出力ステップ」について,冒頭に「メモリに展開することでCPUによって実行される」を追加し,「在庫等確認回答が問題なしとの回答である場合に広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である」とあるのを,「在庫等確認回答取得ステップにて取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である」と訂正する。

キ 請求項12の「を電子計算機に読取り実行可能に記述した広告スペース販売動作プログラム。」とあるのを「を有する電子計算機である広告スペース販売装置に読取り実行可能に記述した広告スペース販売装置動作プログラム。」と訂正する。

(12) 請求項13について
請求項13の冒頭に「さらに,メモリに展開することでCPUによって実行される」を追加し,「を,電子計算機に読取り実行可能に記述した請求項12に記載の広告スペース販売動作プログラム。」とあるのを,「を有する,電子計算機である広告スペース販売装置に読取り実行可能に記述した請求項12に記載の広告スペース販売装置動作プログラム。」と訂正する。

本件訂正請求のうち,上記(1)?(8)は,一群の請求項〔1?9〕に対して請求されたものであり,上記(9)?(10)は,一群の請求項〔10,11〕に対して請求されたものであり,上記(11)?(12)は,一群の請求項〔12,13〕に対して請求されたものである。

2 訂正の目的の適否,新規事項の有無,及び,特許請求の範囲の拡張・変更の存否
(1)請求項1
上記1(1)アについて,末尾の「広告スペース販売装置」の構成を,コンピュータである電子計算機がCPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスを備えるとの技術常識を考慮して,明確化し,冒頭に追加するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(1)イについて,「広告スペース情報取得部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確にし,さらに,「広告スペース情報取得部」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(1)ウについて,「広告スペース情報公開部」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(1)エについて,「購入申込受付部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確にし,さらに,「購入申込受付部」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(1)オについて,「在庫等確認要求出力部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確にし,さらに,「在庫等確認要求出力部」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(1)カについて,「在庫等確認回答取得部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確にし,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(1)キについて,「広告スペース購入決定通知出力部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確にし,さらに,「広告スペース購入決定通知出力部」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
また,上記1(1)ア?キは,本件特許明細書等のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(2)請求項2
構成を上記1(1)アに対応させるために明確にし,さらに,誤記の訂正をするものであるから,明瞭でない記載の釈明及び誤記の訂正を目的とするものである。また,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(3)請求項3
構成を上記1(1)アに対応させるために明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。また,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(4)請求項4
構成を上記1(1)アに対応させるために明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。また,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(5)請求項5
上記1(5)ア?オについて,「広告主側企業登録保持部」,「メディア側企業登録保持部」,「メディア広告主取引実績関係情報保持部」,「所定広告主側企業取得部」及び「所定広告主向告知部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
また,上記1(5)ア?オは,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(6)請求項6
上記1(6)ア及びイについて,「メディア側企業対価処理部」及び「広告主側企業対価処理部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
また,上記1(6)ア及びイは,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(7)請求項7
誤記を訂正するとともに,誤記の訂正後の「広告主側企業対価処理部」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確化するものであるから,誤記の訂正,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
また,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(8)請求項8
上記1(8)ア及びイについて,「イメージ画像公開手段」及び「選択受付手段」の構成を上記1(1)アに対応させるために明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
また,上記1(8)ア及びイは,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(9)請求項10
上記1(9)アについて,末尾の「広告スペース販売装置の動作方法」の「広告スペース販売装置」の構成を,上記(1)と同様に,技術常識を考慮して,明確化して,冒頭に追加するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(9)イについて,「広告スペース情報取得ステップ」の動作主体の構成を上記1(9)アに対応させるために明確化するとともに,「広告スペース情報取得ステップ」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(9)ウについて,「広告スペース情報公開ステップ」の動作主体の構成を上記1(9)アに対応させるために明確化するとともに,「広告スペース情報公開ステップ」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(9)エについて,「広告スペース購入申込受付ステップ」の動作主体の構成を上記1(9)アに対応させるために明確化するとともに,「広告スペース購入申込受付ステップ」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(9)オについて,「在庫等確認要求出力ステップ」の動作主体の構成を上記1(9)アに対応させるために明確化するとともに,「在庫等確認要求出力ステップ」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(9)カについて,「在庫等確認回答取得ステップ」の動作主体の構成を上記1(9)アに対応させるために明確化にするものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(9)キについて,「広告スペース購入決定通知出力ステップ」の動作主体の構成を上記1(9)アに対応させるために明確化するとともに,「広告スペース購入決定通知出力ステップ」の機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(9)クについて,誤記の訂正を目的とするものである。
また,上記1(9)ア?クは,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(10)請求項11
動作主体の構成を上記1(9)アに対応させるために明確化するとともに,機能を明確化し,さらに,誤記の訂正をするものであるから,明瞭でない記載の釈明及び誤記の訂正を目的とするものである。また,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(11)請求項12
上記1(11)ア?エ及びカについて,「広告スペース情報取得ステップ」「広告スペース情報公開ステップ」「広告スペース購入申込受付ステップ」「在庫等確認要求出力ステップ」及び「広告スペース購入決定通知出力ステップ」の動作の主体の構成を,上記(1)と同様に,明確化するとともに,各ステップの機能を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(11)オについて,「在庫等確認回答取得ステップ」の動作の主体の構成を明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
上記1(11)キについて,広告スペース販売動作プログラムの動作の主体が,「電子計算機である広告スペース販売装置」であることを明確化するものであるから,明瞭でない記載の釈明を目的とするものである。
また,上記1(11)ア?キは,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

(12)請求項13
上記1(12)について,動作主体の構成を明確化するとともに,機能を明確化し,さらに誤記の訂正をするものであるから,明瞭でない記載の釈明及び誤記の訂正を目的とするものである。また,本件特許明細書のすべての記載を総合することにより導かれる技術的事項との関係において,新たな技術的事項を導入するものでなく,実質上特許請求の範囲を拡張し又は変更するものではないと認められる。

3 小括
以上のとおりであるから,本件訂正請求による訂正は,特許法第120条の5第2項ただし書第2号及び第3号に掲げる事項を目的とするものであり,かつ,同条第9項において準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。
したがって,特許請求の範囲を,訂正請求書に添付された訂正特許請求の範囲のとおり,訂正後の請求項〔1?9〕,〔10?11〕,〔12?13〕について訂正することを認める。


第3 訂正後の本件発明1?13
本件訂正請求により訂正された請求項1?13に係る発明(以下,それぞれ,「本件発明1」?「本件発明13」という。)は,訂正特許請求の範囲の請求項1?13に記載された次の事項により特定されるとおりのものである(下線は,特許権者が付与した訂正箇所。)。

[本件発明1]
電子計算機とソフトウェアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置であって,
メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得部と,
取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開部と,
メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付部と,
メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して,受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか,すなわち契約をしてもよいか,の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく,申込者に関する情報,申込量に関する情報,広告対象に関する情報,広告に関して採用するタレントに関する情報,広告に関して採用するデザイナーに関する情報,広告に関して採用するデザイン会社の情報,広告に関して採用するPR会社の情報,商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報,出稿納期に関する情報,広告に関するデータサイズの情報,広告に関するコンテンツ著作権の情報,広告に関して利用する著作物の著作権の情報,広告に関する商品の価格帯の情報,広告に関する商品の販売開始時期の情報,広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報,広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力部と,
メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する在庫等確認回答取得部と,
メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得部で取得した在庫等確認回答が間題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力部と,
を有する広告スペース販売装置。

[本件発明2]
メモリに展開されたコンテンツ電子データ取得プログラムのCPUによる実行によって,
問題なしとの在庫等確認回答に応じて購入する広告スペースを利用するコンテンツの電子データであるコンテンツ電子データを広告主側企業から取得するコンテンツ電子データ取得部をさらに有する請求項1に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明3]
メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によって,
広告スペース情報公開部は,取得した広告スペース情報のインターネット等経由での公開として,インターネット等上のサイトでの公開をするサイト公開手段を有する請求項1又は請求項2に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明4]
メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムの属性情報取得サブプログラムのCPUによる実行によって,
広告スペース情報取得部は,広告スペース情報として所定のフォーマットにより広告スペース情報と関連付けられたメディア又は/及び当該メディア中の広告スペースの属性情報を取得する属性情報取得手段を有する請求項1から請求項3のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明5]
メモリに展開された広告主側企業登録保持プログラムのCPUによる実行によって,
広告主側企業を少なくともインターネット等通信のためのアドレスと関連付けて登録して保持する広告主側企業登録保持部と
メモリに展開されたメディア側企業登録保持プログラムのCPUによる実行によって,メディア側企業を少なくともインターネット等通信のためのアドレスと関連付けて登録して保持するメディア側企業登録保持部と,
メモリに展開されたメディア広告主取引実績関係情報保持プログラムのCPUによる実行によって,
メディア又は/及びメディア側企業と,広告主側企業と,両者の過去の取引実績関係を示す情報であるメディア広告主取引実績関係情報と,の三者を関連付けて保持するメディア広告主取引実績関係情報保持部と,
メモリに展開された所定広告主側企業取得プログラムのCPUによる実行によって,
広告スペース情報取得部にて取得した広告スペース情報を提供したメディア側企業に関連付けられたメディア広告主取引実績関係情報に基づいて所定の広告主側企業を取得する所定広告主側企業取得部と,
メモリに展開された所定広告主向告知プログラムのCPUによる実行によって,
取得した所定広告主側企業について関連付けられているアドレスに基づいて,当該メディア側企業が販売可能な広告スペース情報を告知する所定広告主向告知部と,
を有する請求項1から請求項4のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明6]
メモリに展開されたメディア側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって,
メディア側企業との対価の処理をするためのメディア側企業対価処理部と,
メモリに展開された広告主側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって,
広告主側企業との対価の処理をするための広告主側企業対価処理部と,
を有する請求項1から請求項5のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明7]
広告主側企業対価処理部は,
メモリに展開された広告主側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって,
広告スペース購入申込受付に関連付けて対価支払の決済を可能とするための情報である支払決済可能情報を広告主側企業から取得する支払い決済可能情報取得手段と,
在庫等確認回答取得部で問題なしとの回答を取得した場合に取得した支払決済可能情報に基づいて支払決済実行のための処理をする支払決済実行処理手段と,を有する
請求項6に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明8]
広告スペース情報公開部は,
メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によって,
広告スペース情報をイメージ画像データを用いて複数並べて公開するイメージ画像公開手段を有し,
広告スペース購入申込受付部は,
メモリに展開された広告スペース購入申込プログラムのCPUによる実行によって,イメージ画像公開手段にて並べて公開されている広告スペース情報を選択することで広告スペース購入申込を受け付ける選択受付手段を有する請求項1から請求項7のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明9]
メディアは,新聞,雑誌,書籍,印刷物,TV番組,ラジオ番組,インターネット等情報サービスサイト,各種インターネット等ソーシャルメディア,電子新聞,電子雑誌,電子書籍,インターネット等TV番組,公共交通機関関連スペース(施設,設備,車内ディスプレイ,車内広告スペース等),公共スポーツ施設関連スペース(施設,
休憩時アトラクションタイム,パブリックビジョン等),公共娯楽施設関連スペース(遊 園地,動物園,アトラクション,映画館,ボーリング場,ビリヤード場等),百貨店・スーパーマーケット等公共物販施設関連スペース,劇場関連スペース,イベント会場関連スペース,ネットゲームのバーチャルスペース,移動体のボディ(例えばF1カーのボディ),競技者用ゼッケン,走者用ゼッケン,プロスポーツ選手のユニフォームのいずれか一を含む請求項1から8のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。

[本件発明10]
電子計算機とソフトウェアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置の動作方法であって
メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得ステップと,
取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開ステップと,
メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって広告スペース情報公開ステップにて公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付ステップと,
メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって広告スペース購入申込受付ステップにて受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して,受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか,すなわち契約をしてもよいか,の在庫等の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく,申込者に関する情報,申込量に関する情報,広告対象に関する情報,広告に関して採用するタレントに関する情報,広告に関して採用するデザイナーに関する情報,広告に関して採用するデザイン会社の情報,広告に関して採用するPR会社の情報,商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報,出稿納期に関する情報,広告に関するデータサイズの情報,広告に関するコンテンツ著作権の情報,広告に関して利用する著作物の著作権の情報,広告に関する商品の価格帯の情報,広告に関する商品の販売開始時期の情報,広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報,広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付ステップで受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力ステップと,
メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認要求出力ステップにて出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する在庫等確認回答取得ステップと,
メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得ステップで取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力ステップと,
を有する電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法。

[本件発明11]
メモリに展開されたコンテンツ電子データ取得プログラムのCPUによる実行によって
広告スペース購入決定通知に応じて購入する広告スペースを利用するコンテンツの電子データであるコンテンツ電子データを広告主側企業から取得するコンテンツ電子データ取得ステップをさらに有する請求項11に記載の電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法。

[本件発明12]
メモリに展開することでCPUによって実行される
メディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得ステップと,
メモリに展開することでCPUによって実行される
取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開ステップと,
メモリに展開することでCPUによって実行される
公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付ステップと,
メモリに展開することでCPUによって実行される
受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して,受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか,すなわち契約をしてもよいか,の在庫等の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく,申込者に関する情報,申込量に関する情報,広告対象に関する情報,広告に関して採用するタレントに関する情報,広告に関して採用するデザイナーに関する情報,広告に関して採用するデザイン会社の情報,広告に関して採用するPR会社の情報,商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報,出稿納期に関する情報,広告に関するデータサイズの情報,広告に関するコンテンツ著作権の情報,広告に関して利用する著作物の著作権の情報,広告に関する商品の価格帯の情報,広告に関する商品の販売開始時期の情報,広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報,広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付ステップで受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力ステップと,
メモリに展開することでCPUによって実行される
出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する在庫等確認回答取得ステップと,
メモリに展開することでCPUによって実行される
在庫等確認回答取得ステップにて取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力ステップと,
を有する電子計算機である広告スペース販売装置に読取り実行可能に記述した広告スペース販売装置動作プログラム。

[本件発明13]
さらに,
メモリに展開することでCPUによって実行される
広告スペース購入決定通知に応じて購入する広告スペースを利用するコンテンツの電子データであるコンテンツ電子データを広告主側企業から取得するコンテンツ電子データ取得ステップを有する,
電子計算機である広告スペース販売装置に読取り実行可能に記述した請求項12に記載の広告スペース販売装置動作プログラム。


第4 取消理由通知に記載した取消理由について

1 平成31年2月25日付け取消理由通知の概要
訂正前の請求項1?13に係る特許に対して,当審が平成31年2月25日付けで特許権者に通知した取消理由通知の要旨は,次のとおりである。
(1)請求項1?13に係る特許は,特許法第29条第1項柱書に規定に違反してされたものであり,取り消されるべきものである(以下,「取消理由1」という。)。

(2)訂正前の請求項1?13に係る発明は,甲第4号証に記載された発明並びに甲第6号証及び甲第7号証に記載された技術事項に基づいて,当業者が容易に発明をすることができたものである。よって,請求項1?13に係る特許は,特許法第29条第2項の規定に違反してされたものであり,取り消されるべきものである(以下,「取消理由2」という。)。

2 令和元年8月15日付け取消理由通知の概要
令和元年5月8日付け訂正請求書で訂正された請求項1,10,12に係る特許に対して,当審が令和元年8月15日付けで特許権者に通知した取消理由の要旨は,次のとおりである。
請求項1,10,12に対して,本件特許は,特許請求の範囲の記載が不備のため,特許法第36条第2号に規定する要件を満たしていないため,取り消されるべきものである(以下,「取消理由3」という。)。


第5 当審の判断

1 取消理由3(特許法第36条第6項第2号)について
令和元年10月10日付けの訂正請求により,「広告スペース購入申込受付部」について「メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付部」と訂正され,「広告スペース購入決定通知出力部」について「取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,」と訂正された。これにより,係り受けの関係及び用語不統一の記載不備は解消されたことから,請求項1に係る発明は明確である。
請求項10及び12に係る発明についても,同様の訂正により,明確である。

2 取消理由1(特許法第29条第1項柱書)について
(1)本件発明の特徴
本件発明1?13の「広告スペース販売装置」「電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法」又は「広告スペース販売装置動作プログラム」は,各種媒体中における広告用のスペースをインターネット等で売買することに関する発明である。
これらの発明は,広告主側企業にとって,広告スペースを提供してくれる媒体の性質が自社の広告対象製品と相性が良いと判断されなければならず,逆もしかりであり,公開されたインターネット等上での売買で効率を上げながらも売り手買い手が納得するだけの情報の交換ができ,それに応じて柔軟に取引できる情報の提供の仕組みや,そのための段取りの仕組みが求められるという課題を解決するために,売り主(メディア側企業)からの売物(広告スペース)の公開(買い募集)と,買主(広告主側企業)からの購入申込という一往復に加えて,購入申込に応じた売物(広告スペース)の在庫等確認要求と,この在庫等確認要求に対する在庫等確認回答という更なる一往復,計2往復で取引を成立させるようにし,在庫等確認には,実際に在庫があるにもかかわらず,在庫なし,とする回答も可能にするものである。これにより,在庫の有無というあやふやな事柄について事実を突き詰めて平等かつ客観的な処理をするという構成を採用することなく,広告主側企業が反社会勢力でないがそれに近いような場合であっても,在庫がないことを理由に断ることができるものであり,従来の人脈を介して行っていた微妙な要素の判断結果をインターネット等売買の処理に反映させられる点に特徴があるといえる。(特許明細書【0001】【0005】?【0034】【0037】?【0096】参照。)。

(2)自然法則の利用可能性について
ア 特許法2条1項は,発明について,「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」をいうと規定するところ,人は,自由に行動し,自己決定することができる存在である以上,人の特定の精神活動,意思決定,行動態様等に有益かつ有用な効果が認められる場合があったとしても,人の特定の精神活動,意思決定や行動態様等自体は,直ちには自然法則の利用とはいえない。
したがって,ある課題解決を目的とした技術的思想の創作が,いかに,具体的であり有益かつ有用なものであったとしても,その課題解決に当たって,専ら,人間の精神的活動を介在させた原理や法則,社会科学上の原理や法則,人為的な取決めや,数学上の公式等を利用したものであり,自然法則を利用した部分が全く含まれない場合には,そのような技術的思想の創作は,同項所定の「発明」には該当しない。
そうすると,特許出願に係る発明が「自然法則を利用した技術的思想の創作」でないときは,その発明は特許法第29条第1項柱書に規定する要件を満たしておらず,特許を受けることができない。
そこで,請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)が全体として「自然法則を利用した」技術的思想の創作に該当するか否かについて以下検討する。

イ 本件発明1の構成について
本件発明1の「メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得部」,「取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し,かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開部」,「メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付部」,「メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して,受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか,すなわち契約をしてもよいか,の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく,申込者に関する情報,申込量に関する情報,広告対象に関する情報,広告に関して採用するタレントに関する情報,広告に関して採用するデザイナーに関する情報,広告に関して採用するデザイン会社の情報,広告に関して採用するPR会社の情報,商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報,出稿納期に関する情報,広告に関するデータサイズの情報,広告に関するコンテンツ著作権の情報,広告に関して利用する著作物の著作権の情報,広告に関する商品の価格帯の情報,広告に関する商品の販売開始時期の情報,広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報,広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力部」,「メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する在庫等確認回答取得部」,「メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得部で取得した在庫等確認回答が間題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力部」を含む構成は,「広告スペース販売装置」が,メディア側企業から広告スペース情報を取得し,取得した広告スペース情報をインターネット経由で公開し,公開された広告スペース情報に基づいて,広告主側企業から広告スペース購入申込を受け付け,受け付けた広告スペース購入申込に基づいて,メディア側企業に対して,申込者に関する情報等を用いて広告スペースの購入を認めるかを,実際の在庫の有無にかかわらず判断させるために在庫等確認要求を出力し,メディア企業側から在庫等確認回答を取得し,在庫等確認回答が問題なしと判断した場合に,広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知をすることを実行するための手段を備えることに特徴を有するものである。
そして,本件発明1では,広告主側企業から広告スペース購入申込を受け付け,受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して,申込者に関する情報等を用いて広告スペースの購入を認めるかを,実際の在庫の有無にかかわらず判断させるために在庫等確認要求を出力し,メディア企業側から在庫等確認回答を取得する構成を採用することで,広告主側企業が反社会勢力でないがそれに近いような場合であっても,在庫がないことを理由に断ることができるものであり,従来の人脈を介して行っていた微妙な要素の判断結果をインターネット等売買の処理に反映させることできるものであるというものであるから,コンピュータに基づいて機能する,広告スペース売買を支援するための技術的手段を提供するものと理解することができる。
したがって,本件発明1は,「自然法則を利用した技術的思想の創作」に当たるものと理解することができる。

ウ 本件発明1を引用する本件発明2?9も同様の理由により,「自然法則を利用した技術的思想の創作」に当たるものと理解することができる。

エ 本件発明1?9と単にカテゴリーの異なる方法の発明である本件発明10?11及びプログラムの発明である本件発明12?13についても,同様の理由で「自然法則を利用した技術的思想の創作」に当たるものと理解することができる。

(3)特許異議申立人の意見について
特許異議申立人(以下,単に「申立人」という。)は,特許異議申立書(以下,単に「申立書」という。)において,甲第1号証を周知技術として提示し,「「以上から再度本願発明の特徴点を簡単に説明しますと,通常のネット商取引ではありえない,「オファー」(メディア側企業)→「オファー受諾」(広告主側企業)→「オファーは有効?」(システムからメディア側企業へ)→「オファーの有効性に対して回答」(メディア側企業)という手順にあります。このような特殊な手順を採用するのは広告スペースという本願発明の取引対象の特殊性に鑑みたためであり,この特殊性に従来の発明者は気づいていいなかったものと考えます。」(平成30年4月4日付け意見書3.本願発明が特許されるべき理由(1)理由1について)…(途中省略)…すなわち,特許権者が主張するような「本願発明の特徴点」である「手順」は広告の分野における周知の手順である。」(29?31頁)として,本件発明1?13が発明に該当しない旨主張する。
しかしながら,本願発明の特徴点が周知技術であるか否かは,新規性進歩性の要件であるから,申立人の主張は採用できない。
また,申立人は,令和元年7月12日付け意見書で,「本件特許の特徴は「売手側」すなわちメディア側企業の「ヒト」が「判断」するという,従来から行われてきたビジネス慣習である。…このような「ヒト」が電子メールを用いて,従来から行われてきたビジネス慣習を実行するものが「発明」に該当する余地はないことは,明らかである。」(5?6頁)旨主張するものの,本件発明1?13は,電子メールを用いて,従来から行われてきたビジネス慣習を実行するものではなく,上述したとおりであり,従来の人脈を介して行っていた微妙な要素の判断結果をインターネット等売買の処理に反映させることできるものであるというもので,コンピュータに基づいて機能する,広告スペース売買を支援するための技術的手段を提供するものであるから,申立人の当該主張は採用できない。

3 取消理由2(特許法第29条第2項)について
(1)甲第4号証(国際公開第01/07985号)の記載事項
上記甲第4号証には,以下の事項が記載されている。(下線は,当審にて付与したものである。)
ア 「The present invention relates generally to methods and systems for conducting commercial transactions over a distributed communication network, such as the Internet (or similar network), and more specifically, the World Wide Web. More particularly, the present invention relates to a method and system wherein media companies and media advertising purchasers are able to sell and buy media advertising time or media advertising space, or a combination of advertising time and space, on a local, nationwide, or worldwide basis from a single site on a distributed communication network.」(2頁3?9行)
(当審訳:本発明は,インターネット(または同様のネットワーク),より具体的にはワールドワイドウェブ,などの分散型通信ネットワークを介して商取引を行うための方法およびシステムに関する。より詳細には,本発明は,メディア企業およびメディア広告購入者が,地方,全国,もしくは世界のメディア広告時間もしくはメディア広告スペース,またはそれらの組み合わせを分散通信ネットワーク上の1つのサイトから販売および購入することができる方法およびシステムに関する。)

イ 「The present invention provides a solution to the problems and shortcomings in the art as described above, by providing a method and system for bringing media sellers and media buyers together at a central location over a distributed communication network, such as a server or whereby media advertising sellers are able to list their available advertising inventory (known as "avails" in the industry), media advertising buyers are able to input desired parameters of an advertising purchase, such as total budget, percentage of the budget to be spent by media type, desired demographics, cost per viewer (CPP), cost per thousand viewers (CPM), geographic region, and time period, and automatically retrieve matching avail results. Buyers are able to view demographic information for the available media (as compiled by demographic research entities), schedule purchases according to the budget, media split and desired demographics, and vary parameters within the search results to obtain a number of different scenarios. Buyers also are able to view previous bookings by quarter (or other time period) for particular avails, and previous offers for similar avails.
The present invention further provides a method and system wherein the central server enables buyers to make offers to media sellers on particular avails or groups of avails on-line, allows media sellers to receive all offers on-line and accept specific offers, modify specific offers, and enables the buyers to execute media purchase contracts and submit payment on-line. The system may interface directly with the accounting/ledger systems of sellers and buyers, whereby payment may be passed through the server directly to the seller from the buyer, and automatically update the parties' financial and accounting records.」(4頁4?25行)
(当審訳:本発明は,メディア販売者とメディア購入者とを分散型通信ネットワークを介して中央ロケーションに集める方法およびシステムを提供することによって,上述の技術における問題および欠点の解決策を提供する。中央ロケーションとは,サーバ又は,そこでメディア広告販売者が利用可能な空き広告枠(業界では“avails”として知られている)をリストアップでき,メディア広告購入者が,総予算,メディアタイプにより費やされる予算の割合,所望の購買層,視聴者毎の費用(CPP),1000視聴者毎の費用(CPM),地域,及び期間などの広告購入の所望のパラメータを入力して,空き広告枠のマッチングを自動的に検索できる場所である。購入者は,(購買層調査機関によって集計された)利用可能なメディアの購買層情報を見ることができ,予算,メディア分割及び所望の購買層に応じて購入をスケジュールし,検索結果内のパラメータを変更して様々なシナリオを取得できる。購入者はまた,特定の空き広告枠について以前の予約を四半期ごと(または他の期間)で見ることができ,同様の空き広告枠の以前のオファーを見ることができる。
本発明はさらに,中央サーバによって,購入者がメディア販売者に特定の空き広告枠またはそのグループをオンラインでオファーすることができ,メディア販売者がオンラインで全てのオファーを受信し,特定のオファーを受け入れ,特定のオファーを修正でき,購入者がオンラインでメディア購入契約を実行しそして支払を行うことができる方法及びシステムを提供する。このシステムは,販売者と購入者の会計/元帳システムと直接インターフェースすることができ,そのことにより,サーバを介して購入者から販売者への直接支払いがなされ,当事者の財務および会計記録を自動的に更新することができる。)

ウ 「According to another aspect of the invention, buyers are able to upload to the server the actual commercial or advertisement in digital form, such as MPEG, AVI, JPEG, TIF, GIF, BMP, Targa, etc. The seller then downloads the content in conjunction with the executed contract, and runs or plays the content during the specified time(s).
More particularly, the present invention provides a method for buying and selling media advertising opportunities over a distributed communication network, including the steps of providing a server on the network, the server including a database containing information pertaining to available advertising opportunities in conjunction with specific media content provided by media content providers, providing buyers of the advertising opportunities access to the database over the network, whereby the buyers may enter desired search criteria into a search engine and receive search results indicating particular advertising opportunities meeting the search criteria, the server further receiving bids on advertising opportunities selected by buyers from the search, and communicating the bids to sellers of the advertising opportunities, and providing sellers of the advertising opportunities access to the database over the network, whereby the sellers may enter the information, receive bids entered by the buyers, accept the bids, modify the bids, and enter contracts into the server for communication to the buyers. According to another aspect of the invention, a system is provided to carry out the above described method.」(4頁29行?5頁16行)
(当審訳:本発明の他の態様によれば,購入者は,MPEG,AVI,JPEG,TIF,GIF,BMP,Targa等のデジタル形式で,実際のコマーシャルまたは広告をサーバにアップロードすることができる。次に,販売者は,締結された契約に係るコンテンツをダウンロードし,指定された時間内にコンテンツを実行または再生する。
より詳細には,本発明は,分散型通信ネットワークを介してメディア広告の機会を売買する方法であって,ネットワーク上にサーバを提供する工程と,このサーバは,メディアコンテンツプロバイダによって提供される特定のメディアコンテンツにおける利用可能な広告機会に関する情報を含むデータベースを含み,広告機会の購入者がネットワークを介してデータベースにアクセスする工程と,それによって,購入者が検索エンジンに所望の検索条件を入力でき,その検索条件に合う特定の広告機会を示す検索結果を受信できる工程と,サーバが,購入者が検索によって選択した広告機会の入札を受信して,その広告機会の販売者にその入札を伝達する(communicating)工程と,そして,広告機会の販売者がネットワークを介してデータベースにアクセスできるようにする工程と,それによって,販売者が,情報を入力し,購入者によって入力された入札を受信し,入札を受け入れ,入札を修正し,購入者に伝達するために契約をサーバに入力できる,ステップを含む。本発明の他の態様によれば,上記の方法を実行するためのシステムが提供される。)

エ 「For purposes of disclosure, the present invention will be described in the context of television advertising. However, the applicability of the present invention is not limited to television and in fact contemplates radio and Internet content providers, as well as publications such as magazines, newspapers, and periodicals, and can be extended to other spatial media providers such as billboard owners, transit companies, retailers, universities, or any other entity having the capacity to present advertising targeted to a specific demographic. For example, in the case of print media, advertising availabilities would be classified in terms of type of publication, section of newspaper, day of week of publication (newspaper), location within publication (magazine), month of publication, etc. For spatial advertisers, availabilities would be classified by such parameters as demographics, location, and exposure (number of viewers per period of time). Hereinafter, advertising time or advertising space will be referred to generically as an advertising unit.」(12頁5?16行)
(当審訳:開示の目的のために,本発明はテレビ広告に関連して説明する。しかし,本発明の適用可能性は,テレビに限定されず,実際には,ラジオ及びインターネットプロバイダ,並びに雑誌,新聞及び定期刊行物のような出版物への適用も意図し,さらには立看板の所有者,運送会社,小売業者,大学,その他特定の購買層を対象とした広告を設置できるエンティティ等の空間メディア提供者にまで広げることができる。例えば,印刷媒体の場合,広告の有効性は,出版物の種類,新聞の欄,出版の曜日(新聞),出版物(雑誌)内の場所,出版月などによって分類される。空間の広告者の場合,有効性は,購買層,位置,露出(一定時間あたりの視聴者数)などのパラメータによって分類される。以下,広告時間または広告スペースを総称して広告ユニットと呼ぶ。)

オ 「Avail: Space for an advertisement. For example, a thirty second spot in a television show, a thirty minute spot during evening hours for an infomercial, a slot on a page on the Internet, a full page ad in a magazine, a billboard, or a bus bench.」(9頁11?14行)
(当審訳:空き広告枠(Avail):広告のためのスペース。例えば,テレビ番組における30秒スポット,夕方のインフォマーシャルの時間の30分間のスポット,インターネットのウェブページ上のスロット,雑誌の全面広告,立看板,またはバスのベンチ。)

カ 「Inventory: All the "avails" that a television station, radio station, magazine, or other producer of "avails" has available to sell.」(10頁24?25行)
(当審訳:在庫:空き広告枠のテレビ局,ラジオ局雑誌又は他のプロデューサーが販売可能な空き広告枠。)

キ 「Rate Card 307 is a seller-developed cost per point for programs and times. The rate card may be divided into available category (such as preemptable, preemptable with notice, non-preemptable, etc.), and is usually developed by quarter (i.e.. three month period) but may be changed weekly or more frequently. Make Good Offer 308 represents an offer from either the buyer or seller using make-good demographic points as currency for the purchase or buy.」(13頁23?28行)
(当審訳:レートカード307は,番組及び時間の1つ当たりの販売者によって作られた費用である。レートカードは利用可能な(先取可能(preemptable),通知月の先取可能,先取不可能等のような)カテゴリーに分けられてもよく,そして,通常四半期ごと(例えば3ヶ月の期間)に作られ,しかし,毎週又はより頻繁に変更されてもよい。Make Good Offer308は,good-make購買層のポイントを使って,購入者又は販売者のどちらか一方からのオファーを表す。)

ク 「For purposes of disclosure, the present invention will be described in the context of television advertising. However, the applicability of the present invention is not limited to television and in fact contemplates radio and Internet content providers, as well as publications such as magazines, newspapers, and periodicals, and can be extended to other spatial media providers such as billboard owners, transit companies, retailers, universities, or any other entity having the capacity to present advertising targeted to a specific demographic. For example, in the case of print media, advertising availabilities would be classified in terms of type of publication, section of newspaper, day of week of publication (newspaper), location within publication (magazine), month of publication, etc. For spatial advertisers, availabilities would be classified by such parameters as demographics, location, and exposure (number of viewers per period of time). Hereinafter, advertising time or advertising space will be referred to generically as an advertising unit.」(12頁5?16行)
(当審訳:開示の目的のために,本発明はテレビ広告に関連して説明する。しかし,本発明の適用可能性は,テレビに限定されず,実際には,ラジオのインターネットコンテンツプロバイダ,並びに雑誌,新聞及び定期刊行物のような出版物への適用も意図し,さらには立看板の所有者,運送会社,小売業者,大学,その他特定の購買層を対象とした広告を設置できるエンティティ等の空間メディア提供者にまで広げることができる。例えば,印刷媒体の場合,広告の有効性は,出版物の種類,新聞の欄,出版の曜日(新聞),出版物(雑誌)内の場所,出版月などのよって分類される。空間の広告者の場合,有効性は,購買層,位置,露出(一定期間あたりの視聴者数)などのパラメータによって分類される。以下,広告時間または広告スペースを総称して広告ユニットと呼ぶ。」

ケ 「Avail 319 indicates a piece of time available for a commercial to be shown during a program.」(14頁8?9行)
(当審訳:空き広告枠319は,番組の間に示されるコマーシャルのために利用可能な1つの時間(a piece of time)を示します。)

コ 「Figs. 4A-4U illustrate the interactive operations of a buyer on the system, in the form of screen displays that a buyer sees on her computer display monitor, and interacts with to carry out desired functions. At Fig. 4A, the buyer inputs his or her user name and password (which have been previously set up with the system in establishing a buyer account) in order to log on to the system.」(15頁13?17行)
(当審訳:図4A-4Uは,システムにおける購入者の対話オペレーションを示し,スクリーンのフォームにおいて,購入者が彼女のコンピュータディスプレイモニタで見るものを表示し,そして,望ましい機能を実行するために相互に作用する。図4Aで,購入者は,システムにログインをするために,(購入者アカウントを開設するために,予めシステムに設定された)彼又は彼女のユーザ名とパスワードを入力する。)

サ 「The buyer is then presented with a display as shown in Fig. 4D. The system will display a list of avail sets by station in the selected market (e.g., county) and will indicate the day and time, show category, daypart, demographic information, number of avails (i.e., the number of available advertising slots for that show), the number of avails already selected by other bidders, the last rate offered by the seller, the last price offered by a buyer, and the status of the avail set. Instead of indicating the number of avails for each show, an avail status indicator could be displayed, such as "open," "tight" or "closed."
The buyer may then edit and run a search for the shopping list market number, as shown in Fig. 4E. If the buyer wishes to edit the search criteria, he or she clicks on the indicated icons to modify those entries. Once the buyer wishes to run the search, he or she clicks on the "run search" icon. Fig. 4F shows an example of a screen display of the search results. The search results indicate station, county, daypart, show category, program (or bundle name), calculation results, cost, number of avails, and late avail status, and may be listed in sequence according to any of those parameters. The search may be edited and run again by clicking on the "edit this search now" icon, which will return the buyer to the screen of Fig. 4E.」(16頁10?25行)
(当審訳:購入者には,図4Dに示すようなディスプレイが提示される。システムは,選択された市場(例えば,郡)内の特定の放送局によって空き広告枠セットのリストを表示し,曜日および時間,ショーの分類,時間帯,購買層情報,空き広告枠数(即ち,そのショーの利用可能な広告スロットの数),他の入札者によって既に選択された空き広告枠の数,販売者によって最後に提示されたレート,購入者から最後に提示された価格,並びに空き広告枠の状態を示す。各ショーの利用可能な広告の数を示す代わりに,「オープン」,「タイト」または「クローズ」などの利用可能な状態インジケータを表示してもよい。
次に,購入者は,図4Eに示すように,買い物リストマーケット番号の検索を編集して実行することができる。購入者が検索条件を編集したい場合は,指定されたアイコンをクリックしてそのエントリを変更することができる。購入者が検索を実行する場合,「検索実行(run search)」アイコンをクリックする。図4Fは,検索結果の画面表示の一例を示す。検索結果は,放送局,郡,時間帯,ショーの分類,番組(またはバンドル名),計算結果,費用,空き広告枠数,および最新の(late)空き広告枠の状態を示し,これらのパラメータのいずれかに従って順番に表示されてもよい。検索は,「検索編集(edit this search now)」アイコンをクリックすることによって,編集され,再度実行されなくてもよく,これにより購入者は図4Eの画面に戻る。)

シ 「The buyer then has the option of saving the edits and holding the defined search, sending the bid to the seller, viewing the contract for the bid (if it has been accepted by the seller), viewing past contracts with the seller, or deleting the bid.」(17頁7?10行)
(当審訳:購入者には,編集内容を保存して定義された検索を保持する,販売者に入札を返信する,(販売者によって受け入れられた場合)入札の契約をみる,販売者との過去の契約を見る,または入札を削除する,という選択肢がある。)

ス 「If the buyer wishes to view contracts and the status of the make-good account (see Fig. 4C), the buyer clicks on the corresponding icon and is brought to a display as shown in Fig. 4K. The buyer may view contracts by client or by product (Fig. 4L), or may view make-good bids awaiting either buyer attention or seller attention (Fig. 4Q). Fig. 4L shows an example of contracts listed by contract number and identifying flight dates, market codes, stations, and whether the contract represents points, credit, or share. The station inventory may be searched and applied to a make-good bid, as shown in Fig. 4M. The buyer inputs search parameter to search the station's inventory, and clicks on the "search" icon. Fig. 4Q shows make-good bids awaiting buyer attention. Fig. 4N shows the results from searching the station's inventory. The buyer then may choose a particular avail set to apply to either a new make-good bid, an existing make-good bid, or to an existing shopping list. Fig. 40 displays an interactive screen for preparing a make-good bid. The buyer views the seller's starting price and enters into the appropriate field the buyer's counteroffer. The buyer also may view the contract pertaining to the make-good credit. If the "late status" box is checked (Figs. 4F, 41), the buyer may view a late avail set for a bid to a seller, as shown in Fig. 4P. Late avail sets represent avails in the near future which have not been sold, and thus the seller has entered final prices for them (presumably significantly reduced from the seller's starting price). The buyer may send the bid on the late avail to the seller, or may delete the set and change the demographic code to search for other avails to bid on.
Fig. 4R illustrates the details of a contract for which make-good credits are owed by a seller. Fig. 4S shows the details of a contract as sent to the buyer from the seller. The buyer may view the frequency details of the contract (as shown for example in Fig. 4T) by clicking on the corresponding icon. If the buyer agrees to the contract, the buyer indicates agreement and sends the contract to the seller by clicking on the "buyer agrees" and "send to seller" icons. Fig. 4U shows a display for the buyer to enter a program name and date to view Nielsen rating data for that program, when the buyer has selected the "view Nielsen" icon from a display screen.」(17頁22行?18頁17行)
(当審訳:もし購入者が,make-goodアカウントの契約及びステータスを見ることを望むなら(図4Cを見よ),購入者は,対応するアイコンをクリックすると,そして,図4Kに連れて行かれる。購入者は,購入者の注目又は販売者の注意のどちらかを待ち受けてmake-good入札を見てもよい。図4Lは,契約番号,フライト期日,マーケットコード,放送局(station)によりリスト化された契約の例を示し,そして,契約が,ポイント,クレジット又はシェアであるかどうかを示す。放送局の在庫は,図4に示されるように,検索され,make-good入札が適用されてもよい。購入者は,放送局の在庫を検索するための検索パラメータを入力し,「検索」アイコンをクリックする。図4Qは,購入の注目を待ち受けるmake-good入札を示す。図4Nは,放送局在庫のサーチを行った結果を示す。購入者はこのとき,新しいgood-make入札,既存のgood-make入札又は既存のショップリストのいずれかを適用する特定の空き広告枠のセットを選択してもよい。図4Oは,make-good入札を準備するための対話型のスクリーンを表示する。購入者は,販売者の開始価格を見て,適切なフィールドに購入者の逆申込み(counteroffer)を入力する。購入者はまた,make-goodクレジットに関する契約を見てもよい。もし「最新のステータス(late status)」ボックスがチェックされるなら(図4F,4I),購入者は,図4Pに示される,販売者に対する入札のために最新の空き広告枠のセット(late avail set)を見てもよい。最新の(late)空き広告枠のセットは,近い将来販売されない空き広告枠を表し,そしてこのように,販売者はそれらに対して最終価格を入力している(おそらくはっきりと販売者の開始価格から減少している)。購入者は,販売者に対して,最近の空き広告枠に対して入札を送ってもよい,又は,そのセットを削除し,そして,入札するために他の空き広告枠を検索するために,購買層コードを変更してもよい。
図4Rは,make-goodクレジットが販売者によって負わされている契約の詳細を示す。図4Sは,販売者から購入者に送られた契約の詳細を示す。購入者は,契約の詳細を(図4Tの例で示されるように)対応するアイコンをクリックすることで,たびたび見てもよい。もし購入者が契約に同意するなら,購入者は同意を示し,「購入者同意」及び「販売者に送信」アイコンをクリックすることで,販売者に契約を送る。図4Uは,購入者が,ディスプレイ画面から「ニールセンを見る」アイコンを選択しているとき,購入者のために,番組の,ニールセンのレーティングデータ(rating data,視聴者数のデータ)を見るために,その番組名と日付を入力する。)

セ 「Figs. 5A-5R illustrate interactive actions to be taken by a seller. After inputting the seller's user name and password in Fig. 5A, the seller is presented with the choices shown in Fig. 5B. The seller may view and update his or her avail inventory (Fig. 5D), may view contracts and make-goods owed to buyers (Fig. 51), may create and edit rate cards (Fig. 5C), and may process incoming bids (Fig. 5G). The seller also may carry out account administration functions, and change his or her password from this screen.
Fig. 5C illustrates a screen for the seller to create and edit rate cards. Each program indicates the day and time of its broadcast, the avail category (preemptable, preemptable with notification, or non-preemptable) and the price in the case of a late avail. As shown in Fig. 5D, the seller can view and update the seller's inventory by day and time span, or by program/bundle or daypart.」(第18頁第19?29行)
(当審訳:図5A-5Rは,販売者によってとられた相互の動作を示す。図5Aで販売者のユーザ名とパスワードを入力後,販売者には,図5Bで示される選択が示される。販売者は,彼又は彼女の在庫(図5D)を見て,そして,アップデートしてもよく,購入者によって負わされた契約とmake-goodを見てもよく(図5I),レートカードを作成および編集してもよく(図5C),そして,入ってくる入札を処理してもよい(図5G)。販売者もまた,アカウント管理機能を実行し,彼又は彼女のパスワードをスクリーンから変更してもよい。
図5Cは,販売者がレートカードを作成および編集するための画面を示す。各番組は,その放送の日時,空き広告枠のカテゴリ(先買可能,通知付き先買可能,または先買不可),および最新の(late)空き広告枠の場合の価格を示す。図5Dに示すように,販売者は,日および時間の範囲によって,または番組/バンドルもしくは時間帯によって,販売者の目録を閲覧及び更新することができる。)

ソ 「Specific avail sets may be edited as shown in Fig. 5F. This screen displays the prices for each avail category, the number of starting avails, the number of avails sold through the marketplace server (DR), the number of avails sold through other channels, and total avails remaining, in addition to number of bids pending. The seller may decide to show the number of avails or an avail status to buyers, and may select particular numbers of avails for the system to release either immediately or on selected dates. The seller may choose to show rates to the buyers or not, and may override a preset default rate.
Fig. 5G illustrates incoming bids sent to the seller. A particular bid may be viewed by checking the appropriate field and clicking on the "view" icon, which takes the seller to Fig. 5H. Fig. 5H displays the bid information entered by the buyer as previously described (Fig. 4G). The seller may view the contract for the bid (Fig. 5P), view previous contracts (Fig. 5J), reject the bid, or accept the bid and return it to the buyer.
If the seller wishes to view contracts (Fig. 5I), the seller enters desired dates, and the resulting contracts will be shown as in Fig. 5J. The seller may select a contract to view its details, as shown in Fig. 5K. The contract may be selected according to various parameters such as buyer, product, campaign, etc.」(19頁6?21行)
(当審訳:特定の空き広告枠のセットが図5Fに示されるように編集されてもよい。このスクリーンは各々の空き広告枠のカテゴリーの価格,開始時の空き広告枠の数,マーケットプレイスサーバー(DR)を通して販売された空き広告枠の数,他のチャネルを通して販売された空き広告枠の数,そして全ての空き広告枠の在庫,加えて,入札をペンディングしている数を表示する。販売者は空き広告枠の数,又は,販売者に対する空き広告枠のステータスを示すことを決定し,即時又は指定された期日のどちらかにリリースするために,特定の数の空き広告枠を選択してもよい。販売者は,購入者に対してレートを示すことを選択する又はしなくてもよく,そして,プリセットされたデフォルトレートを優先してもよい。
図5Gは,販売者に送られた複数の入札(bids)を示す。ある特定の入札は,販売者が適切なフィールドをチェックし,「ビュー(view)」アイコンをクリックすることによって,図5Hの画面に移動して見ることができる。図5Hは,前述(図4G)したように購入者が入力した入札情報を表示する。販売者は,入札の契約を見ること(図5P),以前の契約を見ること(図5J),入札を拒否すること,又は入札を受け入れて購入者にその旨返信することができる。
販売者が契約を見たい場合(図5I),販売者が所望の日付を入力すると,その契約が図5Jのように表示される。販売者は,図5Kに示すように,契約の詳細を見るように選択することができる。契約は,購入者,商品,キャンペーンなどの様々なパラメータに従って選択することができる。)

タ 「Fig. 6 illustrates a process for automatically providing the seller with the buyer's commercial or advertising content once the buyer has accepted the seller's contract for an avail or avail set. At step 601, the buyer accepts the contract by selecting the appropriate screen display icon. At this point, the accounting system interface of the media marketplace server may interact on-line with the accounting systems of the buyer and seller to effect payment for the contract. At step 602, the buyer uploads the advertising or commercial content to the server 101. At step 603, when the seller views the accepted contract, the seller is able to download the buyer's content from the server 101, and integrate it into the seller's programming system for airing at the agreed upon time(s).」(第20頁第1?9行)
(当審訳:図6は,購入者が空き広告又はそのセットに対する販売者の契約を受け入れた場合に,購入者のコマーシャルまたは広告コンテンツを販売者に自動的に提供するプロセスを示す。ステップ601において,購入者が適切な画面表示アイコンを選択することによって契約を受け入れる。この時点で,メディアマーケットプレイスサーバの会計システムインターフェースが,購入者および販売者の会計システムとオンラインで通信して,契約の支払いを行うことができる。ステップ602において,購入者は,広告またはコマーシャルコンテンツをサーバ101にアップロードする。ステップ603において,販売者が受け入れられた契約を見ると,販売者はサーバ101から購入者のコンテンツをダウンロードでき,同意した時間に放映するために販売者の番組システムにそれを組み込むことができる。)

チ 図4Eには,検索画面において,「THE FOLLOWING SEARCH YOU PREVIOUSLY DEFINED FOR THIS CAMPAIGN WILL NOW BE RUN FOR MARKET(#). YOU MAY REFINE SEARCH PARAMETERS NOW IF YOU WISH.」(当審訳:あなたがこのキャンペーンのために前もって定義した次のサーチは,今マーケット番号で実行されるでしょう。もし,あなたが望むなら,あなたは,今サーチパラメータを洗練してもよい。)とあり,「PROGRAM」(番組名)を入力する欄がある。


ツ 図5Bは,メディア広告販売者がサーバにログインしたときの画面であって,「VIEW/UPDATE AVAIL INVENTORY」(空き広告の在庫を見る/更新する),「VIEW CONTRACTS AND MAKE-GOOD」(契約とMAKE-GOODを見る),「CREATE/EDIT RATE CARD」(レートカードを作成する/編集する),「PROCESS INCOMING BIDS」(送られた入札を処理する)等がメニュー表示されており,メディア広告販売者は,これらを選択することができる。そして,図5Bには,メディア広告販売者が「VIEW/UPDATE AVAIL INVENTORY」を選択すると図5Dの画面に移行し,「VIEW CONTRACTS AND MAKE-GOOD」を選択すると図5Iの画面に移行し,「CREATE/EDIT RATE CARD」を選択すると図5Cの画面に移行し,「PROCESS INCOMING BIDS」を選択すると図5Gの画面に移行することが示されている。


テ 図5Cは,レートカードを作成および編集する画面であるが,「program」として番組名を,「LATE($)」として,最新の価格を入力することのできる欄がある。



ト 図5Hは,ある特定の入札の表示画面であり,この画面において,「VIEW THIS CONTRACT」(この契約を見る)をクリックすると図5Pの画面に移行し,「VIEW PAST CONTRACTS」(過去の契約を見る)をクリックすると「SIMILAR TO FIG.5J」として,図5Jに類似した画面に移行することが記載されている。図5Hの画面には,「RETURN BID TO BUYER」(購入者に入札を返信する),「REJECT ENTIRE BID」(全部の入札を拒絶する)ボタンがある。


ハ 上記ア?トから,甲第4号証には,以下の発明が開示されている(以下,「甲4発明」という。)。
「メディア広告販売者およびメディア広告購入者が,メディア広告スペースを分散通信ネットワーク上の1つのサイトから販売および購入することができる方法であって,ネットワーク上にサーバを提供する工程と,このサーバは,メディアコンテンツプロバイダによって提供される特定のメディアコンテンツにおける利用可能な広告機会に関する情報を含むデータベースを含み,広告機会のメディア広告購入者がネットワークを介してデータベースにアクセスする工程と,それによって,メディア広告購入者が検索エンジンに所望の検索条件を入力でき,その検索条件に合う特定の広告機会を示す検索結果を受信できる工程と,サーバが,メディア広告購入者が検索によって選択した広告機会の入札を受信して,その広告機会のメディア広告販売者にその入札を伝達する(communicating)工程と,そして,広告機会のメディア広告販売者がネットワークを介してデータベースにアクセスできるようにする工程と,それによって,メディア広告販売者が,情報を入力し,購入者によって入力された入札を受信し,入札を受け入れ,入札を修正し,購入者に伝達するために契約をサーバに入力できる,ステップを実行するシステムが備えるサーバであって(摘記事項ア?ウ),
サーバは,メディア広告販売者が利用可能な空き広告枠(業界では“avails”として知られている)をリストアップでき,メディア広告購入者が,広告購入の所望のパラメータを入力して,空き広告枠のマッチングを自動的に検索できる場所であり(摘記事項イ),
サーバによって,メディア広告購入者がメディア広告販売者に特定の空き広告枠またはそのグループをオンラインでオファーすることができ,メディア広告販売者がオンラインで全てのオファーを受信し,特定のオファーを受け入れ,特定のオファーを修正でき,メディア広告購入者がオンラインでメディア購入契約を実行しそして支払を行うことができるものであって(摘記事項イ),
メディア広告購入者は,ユーザ名とパスワードを入力してシステムにログインし(摘記事項コ),
メディア広告購入者には,ディスプレイに,選択された市場(例えば,郡)内の特定の放送局によって空き広告枠セットのリストを表示し,曜日および時間,ショーの分類,時間帯,購買層情報,空き広告枠数(即ち,そのショーの利用可能な広告スロットの数),他の入札者によって既に選択された空き広告枠の数,メディア広告販売者によって最後に提示されたレート,メディア広告購入者から最後に提示された価格,並びに空き広告枠の状態が示され(摘記事項サ),
メディア広告購入者は,放送局の在庫を検索するための検索パラメータを入力し,「検索」アイコンをクリックし,検索は「番組名」で行うこともでき(摘記事項サ,チ),
メディア広告購入者は,メディア広告販売者の開始価格を見て,適切なフィールドに購入者の逆申込み(counteroffer)を入力し(摘記事項ス),
メディア広告販売者は,ユーザ名とパスワードを入力すると,「空き広告の在庫を見る/更新する」,「契約とMAKE-GOODを見る」,「レートカードを作成する/編集する」,「入ってきた入札を処理する」等を含むメニュー画面が表示され(摘記事項セ,ツ),レートカードは,各番組の放送の日時,空き広告枠のカテゴリおよび最新の(late)空き広告枠の場合の価格を示し(摘記事項キ,セ),メディア広告販売者が「レートカードを作成する/編集する」を選択すると,メディア広告販売者は,ネットワークを介してサーバにアクセスして,目録を閲覧及び更新するためにレートカードを作成および編集することができ,レートカードには,番組名,最新価格を入力する欄があり(摘記事項セ,テ),メディア広告販売者が「契約とMAKE-GOODを見る」を選択して,所望の日付,購入者,商品,キャンペーンなどの様々なパラメータを入力すると,契約が表示され,メディア広告販売者が「送られた入札を処理する」を選択すると,メディア広告購入者が入力した入札情報を見ることができ,メディア広告販売者は,ある特定の入札は,チェックをされ,「ビュー(view)」アイコンがクリックされることによって,その入札情報が表示され(摘記事項ソ,ツ),このとき,メディア広告販売者は,この入札の契約を見ること,この入札の過去の契約を見ること,入札を拒否すること,又は入札を受け入れてメディア広告購入者にその旨返信するために,「RETURN BID TO BUYER」,「REJECT ENTIRE BID」等のボタンを選択することができ(摘記事項ソ,ト),

メディア広告購入者は,空き広告又はそのセットに対するメディア広告販売者の契約を,適切な画面表示アイコンを選択することによって契約を受け入れる(摘記事項タ),
サーバ。」

(2)甲第6号証(国際公開第2008/002553号)の記載事項
上記甲第6号証には,以下の事項が記載されている。
ア 「However, conventional online advertising mechanisms lack the capability of dealing with the large numbers of advertising portals (e.g., websites, user devices,...) forcing businesses to continue to search for new and more effective mechanisms for obtaining return on advertising dollars.」([0005])
(当審訳:しかし,従来のオンライン広告機構は,多数の広告ポータル(例えば,ウェブサイト,ユーザ装置など)を扱う機能が掛けており,企業は広告費からの収益を得るための新しい,より効率的な気候を探し続けざるを得ない。」

イ 「Referring initially to the drawings, FIG. 1 illustrates a computer-implemented system 100 that facilitates sale of online advertising space. The system 100 includes an aggregation component 102 that receives and aggregates advertisement space information related to ad space 104 (denoted AD SPACE_(1), ...,AD SPACE_(z), where Z is an integer) associated with online advertisements from multiple sources (e.g., websites) that post or present such advertising information. An ad space database 106 associated with the aggregation component 102 serves to store the ad space information and other related data, and to provide access to the ad space information and related data for analysis and processing.」([0028])
(当審訳:最初に図面を参照すると,図1は,オンライン広告スペースの販売を容易にするコンピュータ実施システム100を示している。システム100は,こうした広告情報を掲示しまたは提示する複数のソース(例えばウェブサイト)からのオンライン広告に関連する広告スペース104(Zを整数として,広告スペース_(1),…,広告スペース_(z)と示される)に関する広告スペース情報を受信し集約する集約コンポーネント102を含む。集約コンポーネント102に関連する広告スペースデータベース106は,広告スペース情報および他の関連データを格納し,解析および処理のために広告スペース情報および関連データへのアクセスを提供する働きをする。)

ウ 「A transaction component 108 interfaces to the aggregation component 102 to facilitate transacting subsets of the advertisement space 104 (that has been aggregated) to bidders 110 (denoted BIDDER_(1),... BIDDER_(N) , where N is an integer) as a function of supply and demand. The transaction can include offer and acceptance of bids placed on ad space by the bidders 110. The data communications between the aggregation component 102 and the transaction component 108 can include at least price and sale information.」([0029])
(当審訳:取引コンポーネント108は,需給に応じた入札者110(Nを整数として,入札者_(1),・・・,入札者_(N)と示される)への(集約されている)広告スペース104のサブセットの取引を容易にするために,集約コンポーネント102と接続する。この取引は,入札者110により広告スペースに対して行われる入札の申込みおよび受入れを含むことができる。集約コンポーネント102と取引コンポーネント108の間のデータの通信は,少なくとも価格および販売情報を含むことができる。)

エ 「The aggregation component 102 receives the ad space information about online advertising space 104 that is now available, that will become available in the future, and that is predicted by prediction analysis to become available in the future. The subsets of the advertisement space information that is aggregated can be valuated based on supply and demand, for example. Additionally, the transaction component 108 facilitates a purchase of options to buy online advertising space.」([0030])
(当審訳:集約コンポーネント102は,現在使用可能であり,将来使用可能になり,また予測解析によって将来使用可能になると予測されるオンライン広告スペース104に関する広告スペース情報を受信する。集約される集約広告スペース情報のサブセットは,例えば需給に基づいて評価することができる。さらに,取引コンポーネント108は,オンライン広告スペースで買うオプションの購入を容易にする。)

オ 「At 200, information is received about online advertising space. The information can be pushed to the aggregation component from remote systems on regular basis. For example, once a week, this ad space information can be communicated to the aggregation component. In an alternative implementation, the ad space information is pushed to the aggregation component asynchronously, that is, anytime it becomes available, will become available, and/or is predicted to come available in the future. In yet another implementation, operating separately or in combination with the aforementioned processes, the aggregation component pulls the ad space information from predetermined (or subscribing) sites or sources, on a regular basis, for example.」([0033])
(当審訳:200において,オンライン広告スペースに関し,情報が受信される。この情報は,集約コンポーネントに,リモートシステムから定期的にプッシュすることができる。例えば,この広告スペース情報は,週に一度,集約コンポーネントに伝えることができる。代替実装形態では,広告スペース情報は,集約コンポーネントに非同期に,すなわちそれが使用可能になり,これから使用可能になり,かつ/または将来使用可能になると予測されるときにいつでもプッシュされる。別の実装形態では,集約コンポーネントは,上記プロセスと別個に,またはそれと組み合わせて動作して,例えば定期的に,所定の(または契約している)サイトまたはソースから広告スペース情報をプルする。)

カ 「At 204, once the ad space information is aggregated, it can be organized and presented for pricing (e.g., initial pricing) and offers made for purchase. The offers can be determined based on supply and demand, that is, the prevailing market prices. This can be determined by an auction format where the highest bid wins the ad space. Moreover, this can be for a single ad space, for multiple ad spaces, and/or for block or groups of ad space, for example. At 206, offers are received and processed for some or all related ad space. At 208, once the offers are accepted, the transaction is complete. In another implementation, the offer can be withdrawn after the bid has been received and the bid process has closed. [0038] Referring now to FIG. 3, there is illustrated a detailed block diagram of an alternative system 300 that facilitates the transacting of online advertising space in accordance with another aspect. The system 300 includes the aggregation component 102 and the transaction component 108 of FIG. 1. Additionally, the aggregation component 102 can include other components that facilitate aggregation, such as, for example, a category component 302 is provided that categorizes the incoming ad space information. The categories can include groupings or collections related to automobiles, travel, clothes, movies, and news channels, to name just a few categories.」([0037])
(当審訳:204において,広告スペース情報は集約されてから,価格設定(例えば初期の値付け)および購入者に対するオファーのために,編集されて提示されうる。申込みは,需給,すなわち普及している市場価格に基づいて決定することができる。これは,最高入札が広告スペースをオークション形式で決定することができる。さらに,例えば単一の広告スペース,複数の広告スペースおよび/または広告スペースのブロックまたはグループについて行われ得る。206において,一部または全ての関連広告スペースについて,オファーが受信され処理される。208において,申込みは,入札が受け取られ,入札プロセスが終わった後に撤回することができる。)

キ「The aggregation component 102 can further include an ad properties component 306 that stores ad information related to page real estate parameters. For example, the ad properties information can include file size, playing time (e.g., for a video or audio file), dimensions of the ad space on the page or document, position of the ad in the page or document (e.g., at center, toward the center, near corners, in scrolling sub-windows,...), a combination of ad types utilized in the same ad space (e.g., animated text with one or more images, audio with a video presentation,...), rotation parameters associated with rotating multiple ads through the same page space (e.g., how often to rotate between multiple ads), temporal information related to the duration that the ad will be presented (e.g., one week, one month, ...), such contextual cues as, for example, displaying advertisements only when users stop walking, driving (e.g., stop their car for at least some specified period of time), or talking, and so on.」([0040])
(当審訳:集約コンポーネント102は,ページスペースのパラメータに関する広告情報を格納する広告プロパティコンポーネント306をさらに含むことができる。例えば,広告プロパティ情報は,(例えばビデオまたはオーディオファイルの)ファイルサイズ,再生時間,ページまたは文書上の広告スペースの寸法,ページまたは文書内の広告の位置(例えば中央,中央近く,隅の近く,スクロールするサブウィンドウ内など),同じ広告スペースで使用される広告タイプの組合せ(例えば動画付きテキストと1つまたは複数の画像,オーディオとビデオのプレゼンテーションなど),同じページスペースで複数の広告を交替させることに関連するローテーションパラメータ(例えば複数の広告間で何回交代させるか,)広告が提示される継続時間に関する時間情報(例えば1週間,1か月など),例えばユーザが歩行,運転の停止,(例えば少なくとも一部の指定期間の間,車を止めるなど),または会話の停止時だけに広告を表示するなどのコンテキスト手掛かりなどを含んでもよい。)

ク 「A vendor component 312 stores and facilitates the processing of vendor information received and related to entities that are bidding as well as selling ad space. A class component 314 facilitates processing the ad space information in classes (e.g., Class A, Class B,...) according to value and features. For example, Class A ad space can be associated with ad space located on the top five corporate websites and having prime display space positioning.」([0043])
(当審訳:ベンダーコンポーネント312は,受信された,広告スペースへの入札ならびに販売を行っているエンティティに関するベンダー情報を格納し,その処理を容易にする。クラスコンポーネント314は,クラス(例えばクラスA,クラスBなど)内の広告スペース情報を価値及び特徴に従って処理することを容易にする。例えば,クラスA広告スペースは,上位5つの企業ウェブサイトに位置し,主要表示スペース配置を有する広告スペースに関連付けることができる。)

ケ 「In another implementation, class ad space may have restrictions related to minimum number of ad spaces that should be purchased (e.g., no less than 2,500) and based on an specific type of entity (e.g., institution versus individual vendor) that can purchase the ad space, while Class C ad space can be purchased with no minimum quantity and with no restrictions on who can make the purchase (e.g. , institution and individual purchasers).」([0044])
(当審訳:別の実施形態では,クラス広告スペースは,購入されるべき広告スペースの最小数(例えば2,500以上)に関し,また広告スペースを購入することができる特定のタイプのエンティティ(例えば機関および個人購入者など)に関する規制なしに購入することができる。)

コ 「A communications component 316 facilitates transmitting offers to sell ad space to vendors and receiving offers to buy the ad space from the vendors. As indicated herein, the transaction information can be also pushed from the communications component 316 to existing subscribers and/or to prospective subscribers.」([0045])
(当審訳:通信コンポーネント316は,ベンダーに広告スペースの売り申込みを送信し,ベンダーから広告スペースの買い申込みを受信することを容易にする。本明細書に示されたように,取引情報は,通信コンポーネント316から既存の加入者および/または見込み加入者にプッシュすることもできる。)

サ 「In one example, based on historical information of bids, offers, sales and buys, and even market dynamics, the MLR component 318 can learn and reason when to prompt an entity for bids on ad space. Moreover, the MLR component 318 can reason based on rising or falling market information as received from major stock market exchange systems such as the New York Stock Exchange # , NASDAQ # , and the like, that it will be beneficial to lock in transactions (or contracts) now, rather than later. This information can be conveyed to a vendor or purchaser, for example, as a service for subscribing to the virtual ad market architecture of the subject invention.」([0051])
(当審訳:一実施例では,MLRコンポーネント318は,入札,申込み,売り買い,さらには市場力学の履歴情報に基づいて,いつエンティティに広告スペースの入札を促すか学習し推論することができる。さらに,MLRコンポーネント318は,ニューヨーク証券取引所(登録商標),NASDAQ(登録商標)などの主要株式市場取引システムから受信される上昇または下落市場情報に基づいて,取引(または契約)を後にではなく,今確定することが有益であると推論することができる。この情報は,本発明の仮想広告市場アーキテクチュアに加入登録するためのサービスとして,ベンダーまたは購入者に伝えることができる。)

シ 「FIG. 4 illustrates a methodology of processing received ad space information into categories or classes in accordance with another aspect of the innovation. At 400, information is received about online advertising space. At 402, related advertising space can be grouped according to categories of ad space information for transaction processing. At 404, the advertising information is presented or made available for offers of purchase based on the categories. This can be accomplished by e-mailing the ad information to selected subscribers, for example, posting this information on a secure website whereby only authorized entities can interact with the offer, or making a general public offering on an open web page. At 406, the system receives offers for one or more categories of ad space. At 408, the offers (or bids) received are transacted. The transaction process can include rejecting the offer, accepting the offer with restrictions or limitations {e.g., a partial purchase of the whole amount), and accepting the offer with no restrictions or limitations, for example. These are examples of only a few implementations whereby an offer can be processed, and thus, should not be construed as limiting in any way.」([0054])
(当審訳:図4は,本発明の別の態様による,受信された広告スペース情報をカテゴリまたはクラスへと処理する方法を示している。400において,オンライン広告スペースに関し,情報が受信される。402において,関連する広告スペースが,取引処理のために広告スペース情報のカテゴリに従ってグループ化され得る。404において,広告情報は,カテゴリに基づく購入申込みのために,提示され,あるいは,利用可能となる。これは,例えば,選ばれた利用者に広告情報を電子メールで送信したり,この情報をセキュアウェブサイトに掲示して許可のある企業のみが申込みを操作できるようにしたり,または,公開されたウェブページ上で一般的な公募を行うことによってなされる。406で,このシステムは,広告スペースの1つまたは複数のカテゴリについての申込みを受信する。408で,受信された申込み(または入札)が取引される。取引プロセスには,例えば,申込みを拒否すること,制約または制限付き(例えば全体量のうちの部分的購入)で申込みを受け入れること,および制約または制限なしで申込みを受け入れることを含むことができる。これらは,申込みを処理するためのいくつかの実装形態にすぎず,したがって,どんなやり方でも限定的であると見なすべきでない。)

ス 「FIG. 5 illustrates a methodology of processing received advertisement space information in accordance with an innovative aspect. At 500, information about online advertising space is received for aggregation processing. At 502, the ad space information is aggregated according to categories of availability, and in preparation for transaction processing. At 504, the ad space information is sorted according to the type of ads {e.g., text, image, video, and combinations thereof) to be presented in the ad space. At 506, the ad space information can also be sorted according to size, dimensions, and area. At 508, the ad space information is then placed out for bid according to any of the above information {e.g., type, properties,...). At 510, bids are received from one or more potential purchasers, and processed to transact (e.g., for a contract) the ad space.」([0055])
(当審訳:図5は,発明の一態様による,受信された広告スペース情報を処理する一方法論を示している。500で,オンライン広告スペースに関する情報が,集約処理のために受信される。502で,広告スペース情報が,使用可能性のカテゴリに従って,また取引処理に備えて集約される。504で,広告スペース情報が,広告スペースに提示される広告のタイプ(例えばテキスト,画像,ビデオおよびその組合せ)によってソートされる。506で,広告スペース情報はまた,サイズ,寸法および領域に従ってソートすることができる。508で,次いで広告スペース情報は,入札のために,上記情報(例えばタイプ,プロパティなど)のうちのいずれかに従って置かれる。510で,入札が,1以上の潜在的な購入者から受信され,広告スペースの取引(例えば契約)のために処理される。)

セ 「The history component 604 facilitates storing and processing data related to past events and processes. Historical data can be utilized to develop models and/or profiles on usage related to many aspects of the subject architecture. For example, vendor (or bidder) profiles can be developed and stored for entities subscribing to the subject architecture. The MLR component 318 can be used to update profiles as needed. Models can be developed and continually evolved as processes change over time. For example, models related to the ad space content can be generated, as well as models for trends in access to specific web pages and/or websites. The amount and quality of information received and available for analysis and processing has great value in determining purchasing habits of users and businesses, and demographical information obtained, for example, any or all of which can be a factor in the pricing and sale of the ad space.」([0060])
(当審訳:履歴コンポーネント604は,過去のイベントおよびプロセスに関するデータの格納及び処理を促進する。履歴データは,このアーキテクチャーの多方面で利用するモデルおよび/またはプロファイルの策定に使用できる。例えば,このアーキテクチャーに登録する企業について,ベンダー(または入札者)プロファイルが策定されて格納されうる。MLRコンポーネント318は,必要に応じてプロファイルを更新するために使用することができる。プロセスが時間と共に変化するにつれて,モデルが策定され,継続的に進化され得る。例えば,広告スペースのコンテンツに関するモデルが,特定のウェブページおよび/またはウェブサイトへのアクセスの傾向のモデルと同様に生成され得る。受信され,解析および処理に使用可能な情報の量および品質は,例えばユーザおよび企業の購買の傾向,取得される人口統計的情報を決定する際に非常に有用であり,そのいずれかまたは全ては,広告スペースの価格設定および販売の要因になり得る。)

ソ 「The quality component 610 can also serve to monitor and filter content quality related to spam. In other words, many online merchants (e.g., computer sales) are so automated that the sale of a miss-priced product can go un-noticed, if alerts are not installed to catch such problems. Similarly, it is appreciated that the subject architecture can be so automated that large blocks of ad space can be sold and content inserted thereinto for presentation so quickly that certain controls should be implemented to prevent unacceptable content from being presented on such a large scale. This can be controlled by the quality component 610, or facilitated by the quality component 610 in combination with other systems to ensure that only the desired content is allowed to be presented.」([0065])
(当審訳:品質コンポーネント610は,スパムに関してコンテンツ品質を監視しフィルタリングする働きをすることもできる。換言すると,多くのオンライン販売者(例えばコンピュータ販売)は極めて自動化されているので,間違った価格設定のような問題の把握のための警告が導入されていないと,間違った価格が設定された製品の販売が何の通知もなく進行することがある。同様に,このアーキテクチャーは,非常に自動化されているので,広告スペースの大きいブロックを販売することができ,提示するために,その中にコンテンツが非常に迅速に挿入されるので,許容不可能なコンテンツがこうした大きい規模で提示されないようにするために特定のコントロールを実装すべきであることが理解されよう。これは,所望のコンテンツだけの提示が許容されることを保証するために,品質コンポーネント610によって制御されてもよく,また他のシステムと組み合わせて品質コンポーネント610によって容易にされてもよい。)

タ 上記ア?ソの記載事項から,甲第6号証には,以下の技術事項が開示されている。
「オンライン広告スペースの販売を容易にするコンピュータ実施システム100において(摘記事項イ),
当該システム100は,広告情報を掲示しまたは提示する複数のソースからのオンライン広告に関連する広告スペース104に関する広告スペース情報を受信し集約する集約コンポーネント102,広告スペース情報および他の関連データを格納し,解析および処理のために広告スペース情報および関連データへのアクセスを提供する働きをする広告スペースデータベース106,及び,需給に応じた入札者110への広告スペース104のサブセットの取引を容易にするために,集約コンポーネント102と接続された取引コンポーネント108を備え(摘記事項イ,ウ),
オンライン広告スペースに関し,情報が受信され,関連する広告スペースが,取引処理のために広告スペース情報のカテゴリに従ってグループ化され,広告情報は,カテゴリに基づく購入申込みのために,提示され,あるいは,利用可能となり,これは,例えば,選ばれた利用者に広告情報を電子メールで送信したり,この情報をセキュアウェブサイトに掲示して許可のある企業のみが申込みを操作できるようにしたり,または,公開されたウェブページ上で一般的な公募を行うことによってなされる(摘記事項シ)」
及び
「販売情報を蓄積して,購入者の購入傾向などを広告スペースの販売に利用し,広告スペース情報を購入者に送るに当たって,取引に参加する者の情報に基づいて購入の制限に該当しないかどうかを判断し,広告スペース情報を特定のシステム利用者に対する電子メール,または,ウェブサイトなどで提供する(摘記事項シ)」
との技術事項。

(3)甲第7号証(“広告マーケットプレイス利用ガイド(後編)-今すぐ日本で利用できる4つのサービス”,平成20年4月24日,インターネット<http://webtan.impress.co.jp/e/2008/04/24/2924>)の記載事項
甲第7号証の図2や図6を参酌するに,甲第7号証には,「インターネットを介した広告枠の取引において,取引の対象の情報を文字のリストのみならず画像により表示し,購入者が画像を選択することで購入の申込みを受け付けることができる」との技術事項が開示されている。

(4)対比
ア 甲4発明の「メディア広告販売者」,「メディア広告購入者」,「空き広告枠」は,それぞれ,本件発明1の「メディア側企業」,「広告主側企業」,「広告スペース」に相当する。

イ 甲4発明の「サーバ」は,メディア広告販売者およびメディア広告購入者が,メディア広告スペースを分散通信ネットワーク上の1つのサイトから販売および購入することができる方法およびシステムが備えるコンピュータであって,コンピュータは電子計算機とソフトウェアとが協働して動作するものであるとともに,その基本的構成として,CPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスを具備することは明らかであるから,後述する相違点は別にして,本件発明1の「電子計算機とソフトウェアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置」に対応する。

ウ 甲4発明は,サーバにおいて,メディア広告販売者により,ネットワークを介してサーバにアクセスして,目録を閲覧及び更新するために,番組名,最新価格の入力が可能なレートカードを作成および編集することができる機能,作成又は編集されたレートカードはメディア購入者に提示される機能,レートカードをサーバが取得する機能を含み,レートカードは,各番組の放送の日時,空き広告枠のカテゴリおよび最新の(late)空き広告枠の場合の価格を入力するため欄を有する入力フォームであり,これらの機能は,サーバが備えるCPUにより実現される点で,本件発明1の「メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得部」に相当する。

エ 甲4発明は,サーバにおいて,メディア広告購入者のディスプレイに,メディア広告購入者により選択された市場(例えば,郡)内の特定の放送局によって空き広告枠セットのリストを表示し,曜日および時間,ショーの分類,時間帯,購買層情報,空き広告枠数(即ち,そのショーの利用可能な広告スロットの数),他の入札者によって既に選択された空き広告枠の数,メディア広告販売者によって最後に提示されたレート,メディア広告購入者から最後に提示された価格,並びに空き広告枠の状態が示される機能を有し,サーバが備えるCPUにより実現され,空き広告枠の情報は,メディア広告販売者が入力し,分散通信ネットワークを介してサーバが取得する点で,本件発明1の「メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開する広告スペース情報公開部」に対応する。

オ 甲4発明は,サーバが,メディア広告購入者が検索によって選択した広告機会の入札を受信することから,甲4発明の「入札」は,本件発明1の「広告スペース購入申込」に相当する。

カ 甲4発明は,サーバにおいて,メディア広告購入者はユーザ名を用いてログインし,放送局の在庫を検索するための検索パラメータを入力し,「検索」アイコンをクリックし,メディア広告購入者により,メディア広告販売者の開始価格が見られ,適切なフィールドに購入者による逆申込み(counteroffer)が入力される機能を有し,逆申込みは広告機会の入札の一形態であり,メディア広告販売者は,逆申込みである入札を見て,メディア広告購入者に返信することが可能であることから,入札の対象となっている空き広告枠は,メディア広告購入者と関連付けられていることは明らかであり,これらの機能は,サーバ備えるCPUにより実現されるものである点で,本件発明1の「メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付部」に対応する。

キ 甲第4号証の上記摘記事項(1)ウの「その広告機会の販売者にその入札を伝達する(communicating)工程」について,この記載のみでは,communicatingがどのような伝達を行うかを特定することができない。そこで,上記摘記事項(1)セ?ソ,ツ?トを参酌すると,甲第4号証には,メディア広告販売者は,サーバにログインをすることで,入札情報をみることが記載されている。しかしながら,上記摘記事項(1)コ?スを参酌しても,メディア広告購入者が入札をし,サーバがこの入札を受信し,サーバがメディア広告販売者に対し,入札があったことを知らせる構成は開示されていない。また,甲第4号証の全体を見ても,サーバがメディア広告販売者に対し,入札があったことを知らせる構成は開示されていない。そうすると,上記communicatingは,サーバに,単に入札情報を販売者に対して伝達する機能がある程度の意味にすぎない。
そうすると,甲4発明のサーバは,本件発明1のメディア側企業に「在庫等確認要求を出力する」構成を含むものではない点で,相違するものである。

ク 甲4発明は,メディア広告販売者は,この入札の契約を見ること,この入札の過去の契約を見ること,入札を拒否すること,又は入札を受け入れてメディア広告購入者にその旨返信することは,メディア広告販売者が,サーバが提供する,ある特定の入札の表示画面における「RETURN BID TO BUYER」「REJECT ENTIRE BID」等をクリックすることで実行されるものであって,サーバは,メディア広告購入者の空き広告枠の購入申込を受け入れるか等の何らかの回答をメディア広告販売者から取得することから,甲4発明と本件発明1とは,「回答をメディア側企業から取得する回答取得部」を有している点で共通する。

ケ 甲4発明は,メディア購入者が,メディア広告販売者の開始価格を見て,適切なフィールドに購入者の逆申込みができ,また,適切な画面表示アイコンを選択することによってメディア広告販売者の契約を受け入れることができることから,甲4発明のサーバには,本件発明1の「広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定したこと旨の通知である広告スペース購入決定通知」する機能に対応する機能はない点で,相違するものである。

コ そうすると,本件発明1と,甲4発明とは,次の点で一致又は相違する。

<一致点>
「電子計算機とソフトウェアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU,メモリ,バス,ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置であって,
メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお,ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって,少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得部と,
メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開部と,
メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付部と,
回答をメディア側企業から取得する回答取得部と,
を有する広告スペース販売装置。」

<相違点>
(相違点1)
本件発明1では,「取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け,各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成」されているのに対し,甲4発明には,そのような構成が特定されていない点。

(相違点2)
本件発明1は,「メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して,受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか,すなわち契約をしてもよいか,の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく,申込者に関する情報,申込量に関する情報,広告対象に関する情報,広告に関して採用するタレントに関する情報,広告に関して採用するデザイナーに関する情報,広告に関して採用するデザイン会社の情報,広告に関して採用するPR会社の情報,商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報,出稿納期に関する情報,広告に関するデータサイズの情報,広告に関するコンテンツ著作権の情報,広告に関して利用する著作物の著作権の情報,広告に関する商品の価格帯の情報,広告に関する商品の販売開始時期の情報,広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報,広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力部」を備える構成であるのに対し,甲4発明は,そのような構成を備えていない点。

(相違点3)
回答取得部について,本件発明1では,「メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する」のに対し,甲4発明は,メディア広告販売者が,サーバが提供する,ある特定の入札の表示画面における「RETURN BID TO BUYER」「REJECT ENTIRE BID」等をクリックすることで実行されるものであって,サーバは,メディア広告購入者の空き広告枠の購入申込を受け入れるか等の何らかの回答をメディア広告販売者から取得する点。

(相違点4)
本件発明1は,「メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得部で取得した在庫等確認回答が間題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力部」を備える構成であるのに対し,甲4発明は,そのような構成を備えていない点。

(5)相違点の判断
事案に鑑みて,相違点2?4について検討をする。
相違点2?4の相違点は,要するに,本件発明1では,広告スペース販売装置が,メディア側企業に対し,広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力し,この在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得し,この取得した在庫等確認回答が間題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合に広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知するための機能を有し,この機能を実現するための構成を備えている,いわゆる「プッシュ型」の形態のシステムを採用しているのに対し,甲4発明では,メディア広告購入者が空き広告枠に対して入札を入力することで申し込みをし,メディア広告販売者がサーバにログインをしてデータベースにアクセスすることで,申し込みである入札の情報を確認し,メディア広告販売者が,入札を拒否又は受け入れた旨を返信し,メディア広告購入者が,適切な画面表示アイコンを選択することで契約を受け入れる機能を有し,機能を実現するための構成を備える,いわゆる「プル型」の形態のシステムを採用している点といえる。

上記相違点2?4について,甲第6号証の記載事項は,上記(2)タのとおりであり,コンピュータ実施システム100が,オンライン広告スペースに関する広告情報を,購入申込みのために,提示され,あるいは,利用可能とすること,及び,取引に参加する者が購入制限に該当するかどうかを判断するものであるから,本件発明1の,広告スペース販売装置が,メディア側企業に対し,広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力し,この在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得し,この取得した在庫等確認回答が間題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知するための機能を有し,機能を実現するための構成に対応するものではない。
また,甲第7号証の記載事項も,本件発明1の当該構成に対応するものではない。
このため,広告スペースの売買のためにいわゆるプル型の形態のシステムを採用している甲4発明に,甲第6号証の記載事項及び甲第7号証の記載事項を適用したとしても,いわゆるプッシュ型の形態のシステムを採用している本件発明1の上記相違点2?4の構成には至らない。
そして,本件発明1は,当該構成を採用することで,広告主側が反社会勢力でないがそれに近いような場合であっても,在庫がないことを理由に断ることができるものであり,従来の人脈を介して行っていた微妙な要素の判断結果をインターネット等売買の処理に反映させることできるという効果を奏するものである。
そうすると,甲4発明の,メディア広告購入者が空き広告枠に対して入札を入力することで申し込みをし,メディア広告販売者がサーバにログインをしてデータベースにアクセスすることで,申し込みである入札の情報を確認し,メディア広告販売者が,入札を拒否又は受け入れた旨を返信し,メディア広告購入者が,適切な画面表示アイコンを選択することで契約を受け入れる機能を実現するための構成に代えて,広告スペース販売装置が,メディア側企業に対し,広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力し,この在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得し,この取得した在庫等確認回答が間題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合に広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知するとの機能を実現するための構成にすることは,当業者にとって容易とはいえない。
よって,相違点1について検討をするまでもなく,本件発明1は,甲4発明及び甲第6号証及び甲第7号証の記載事項から,当業者が容易に発明をすることができるものではない。

(6)本件発明2?13について
本件発明2?9は,本件発明1の従属請求項に係る発明であり,また,本件発明10?13は,それぞれ,広告スペース販売装置である本件発明1に対応する方法発明,プログラム発明及びそれらの従属項に係る発明である。これらについても,上記相違点に対応する構成を有し,この相違点について容易想到ということはできない。

(7)特許異議申立人の意見について
ア 申立人は,訂正発明1の「在庫等確認要求」について,令和元年7月12日付け意見書において,甲第4号証には,販売者が公開した空き広告枠のオファーについて,購入者が販売の条件を受け入れて購入の申し込み(counteroffer)をしたときに,販売者が拒絶できることが記載されていること,甲第4号証は,「「販売価格を含む売手側の販売条件を受け入れるとの意思表示」を拒否するように構成されていない」ということは含まれていないことから,甲4発明が,上記の「「販売価格を含む売手側の販売条件を受け入れるとの意思表示」を拒否する」ことができるものであることは明らかである旨主張する(20?25頁)
しかしながら,申立人が引用する甲第4号証45頁30?31行には,オファーを受けた他方の当事者がそのオファーを拒絶することは記載されているものの,オファーをした者が,他方の当事者からのオファーに対する申込みを拒絶することは記載されていない。また,counterofferについても,これを行うのはメディア広告購入者であるところ,counterofferとは,メディア広告販売者が提示したオファーに対して,メディア広告購入者が,内容を修正した新たなオファーとして,メディア広告販売者に提示するものであるから,counterofferをした者もまたオファーをした者に該当する。そして,甲第4号証には,counterofferに対する広告メディア販売者からの回答である申込みに対して,counterofferをした者が拒絶をすることは記載されていないことから,甲第4号証には,オファーをした者が,他方の当事者からのオファーに対する申込みを拒絶することは記載されてない。
このため,甲第4号証には,本件発明1の「在庫等確認要求」を行うことは記載されていない。
よって,申立人の主張は採用できない。


第6 取消理由通知において採用しなかった特許異議申立理由について

1 特許異議申立理由は,訂正前の請求項1?13に係る特許が特許法第29条第2項の規定に違反してされたものであるというものであり,その主たる証拠として,甲第4号証が提出されている。(なお,従たる証拠として,上記した甲第5号証(特買い2006-127285号公報)の他,甲第6号証,甲第7号証が提出されている。)
また,令和元年11月27日付け意見書において,訂正後の請求項1?13についても,同様の主張をしている。

2 甲第5号証の記載事項
上記甲第5号証には,以下の事項が記載されている。
(1)「そこで本発明の課題は,広告主が希望する空き看板を容易に探せる空き広告看板情報提供システム,また看板所有者が,広告主を容易に探せる空き広告看板情報提供システムを提供することにある。」(【0006】)

(2)「上記課題を解決するための本発明は,
空き広告看板への広告掲載者を求める広告看板供給者側の端末と,空き広告看板への広告の掲載を希望する広告看板需要者側の端末と,インターネット等の通信ネットワークとを利用する空き広告看板情報提供システムであって,
通信ネットワークに接続され,広告看板供給者側の端末から送信される,空き広告看板の空き広告看板供給情報を蓄積し格納する空き広告看板供給情報記憶手段と,
広告看板需要者側の端末から通信ネットワークを介して空き広告看板供給情報記憶手段にアクセスされることにより,空き広告看板供給情報を閲覧させる空き広告看板供給情報閲覧手段と,
広告看板需要者側の端末から通信ネットワークを介して送信される,希望する空き広告看板の空き広告看板需要情報に対応する空き広告看板供給情報が空き広告看板供給情報記憶手段に存在するかどうかを検索する検索手段と,
その検索結果を広告看板需要者側の端末で閲覧可能なように出力させる検索出力手段と,を含む。」(【0007】)

(3)「上記構成によれば,看板の賃貸人となる広告看板供給者は,所有する看板の,設置場所,大きさ,広告料,設置状況等の空き広告看板情報を,通信ネットワークを介して,空き広告看板供給情報記憶手段に登録することができる。そして,広告を出すために,空き看板を探す広告看板需要者は,通信ネットワークを介して,空き看板を検索することができ,その検索結果は,検索出力手段によって,広告看板需要者の端末に表示される。このようにして,本システムは看板情報を提供することができ,看板の所有者である広告看板供給者(貸し手)と,看板を探している広告看板需要者(借り手)とを仲介して,看板の賃貸借を斡旋することができる。なお広告看板供給者と広告看板需要者は,看板の売り手と買い手であってもよい。」(【0008】)

(4)「さらに空き広告看板情報提供システムは,
広告看板需要者が,所定の条件で検索された看板の中から希望の看板の賃貸を,通信ネットワークを介して申し込む申込手段と,
その申込手段によって申し込まれた看板の賃貸人である広告看板供給者に,通信ネットワークを介して申込みを通知する通知手段と,
その通知手段によって申込みを受けた看板の賃貸人である広告看板供給者が申込みを,通信ネットワークを介して応諾するための応諾手段と,を含む構成とできる。」(【0013】)

(5)「以上の構成により,広告看板需要者は,通信ネットワークを介して検索した看板の中に所望の看板があれば,通信ネットワークを介して申込手段によって,その看板の申込みをすることができる。広告看板需要者からの申込みは,本システムのサーバによって受け付けられて,通知手段によって,賃貸人である広告看板供給者へ通信ネットワークを介して通知される。この通知は,例えば,電子メールを介して行われる。或いは,前述の広告看板供給者用データ管理手段によって広告看板供給者の端末上に表示されるユーザ画面において,申込み状況するようにしてもよい。さらに広告看板供給者は,応諾手段によって通信ネットワークを介して,この申込みに対して応諾することができる。」(【0014】)

(6)「図2にサーバ1の構成例を示す。サーバ1はコンピュータとして構成され,I/Oインターフェース7に,バスライン6を介してCPU2,ROM3,RAM4が接続されている。また記録媒体としてのハードディスクドライブ5,及びその他の記憶装置(CD-ROMドライブ,DVDドライブ等)等が接続されている。さらに表示装置9であるモニタやプリンタ等の出力装置11,キーボードやマウス等の入力装置8等が接続されている。」(【0030】)

(7)「図10のS16で広告主が看板の利用の申込みを行った場合のサーバ側の処理について図16を用いて説明する。サーバ1は,S21で広告主からの申込みを受け付けると,その申込み内容から,所有者へメールを自動的に送信する(S22)。このメール141には,図17に示すように,所有者の登録した看板の賃借の申込みがあったことが記されており,所定のサイト142へ進んで,申し込みを確認の上,応諾することができる。S23で所有者が申込みを応諾すると,S24へ進み,サーバ1は,広告主へ,応諾がなされたことをメールにて連絡する。そしてサーバ1は,広告主または看板所有者から仲介の手数料を徴収する(S25)。またサーバ1は,毎月の看板の利用料金を,広告主のクレジットカードまたは口座から自動的に徴収を行う。一方,所有者から応諾がなされなければ(S23:NO),契約は成立しない。」(【0048】)

(8)「図10のS18で広告主による希望看板の登録がなされた場合のサーバ側の処理について図19を用いて説明する。S31で看板主による新規の看板の登録がなされると,S32で,サーバは,検索手段によって広告主により登録された希望看板情報データベース5eの中から合致する希望条件を検索する。広告主の希望条件に合致するものが見つかれば,S33へ進み,サーバは,図20に示すように,その広告主に希望に合致する看板が登録されたことをメール151にて知らせる。」(【0051】)

(9)「メール151を受信した広告主が,メール内に記載された所定のサイト152へ進んで登録された看板の情報を確認し,その広告主から申込みがなされれば(S34:YES),看板の申込みがあったことをサーバ1は,看板主へメールにて通知する(S35:図17参照)。メールを受信した看板主が,所定のサイトへ進み,看板主によって応諾がなされれば(S36),サーバ1は,広告主へメールにて通知する(S37)。そして広告主または看板所有者から仲介の手数料を徴収する(S38)。またサーバ1は,毎月の看板の利用料金を,広告主のクレジットカードまたは口座から自動的に徴収を行う。」(【0052】)

(10)「看板所有者は,ユーザIDとパスワードにより認証を受けると,図25に示すような所有者個別の画面に進む。この所有者個別画面170は,広告看板供給者用データ管理プログラム15gによって表示される。ここで,登録看板情報やその看板に対する検索状況,申込状況を確認することができる。検索状況とは,例えば,検索回数176を指し,広告主の検索条件に合致して広告主に検索結果として示された回数である。すなわち,検索回数が多ければ,多くの広告主の希望に合致していることが分かるし,検索回数が少なければ,利用料金を下げるなどして,検索される回数を増やすようにすることもできる。」(【0058】)

(11)「またユーザ固有の画面170において,図25に示すように,登録した看板の申込状況として,申込がされていれば,申し込み欄177に,申込み「あり」,されていなければ,「なし」などと表示される。申込「あり」の場合は,その部分をマウスでクリックすることにより,申込者の情報を確認することができる。そしてその申込者の情報を確認して承諾することもできる。オークションが行われている場合には,オークション情報が表示されるようにしてもよい。」(【0060】)

(12)上記(1)?(11)から,甲第5号証には,以下の技術事項が記載されている。
「サーバが,広告看板供給者側端末から送信された,空き広告看板の設置場所,大きさ,広告料,期間,設置状況等を含む空き広告看板供給情報を受信し,空き広告看板に関連付けた看板番号,及び,広告看板供給者側の端末から受信した空き広告看板供給情報とを広告主の端末に表示して,空き広告看板供給情報の検索回数を含む検索状況を記録し,広告主の端末から申込みを受信し,申込みがあったことを示すメールを広告看板供給者側の端末に送信し,申込みの内容を広告看板供給者側の端末に表示させ,広告看板供給者側の端末から,広告看板供給者が応諾したことを示す回答を受信したとき広告主の端末に応諾がなされたことを示すメールで送信する」との技術事項。

3 相違点の判断(対比については,上記第5 3(4)参照)
上記第5 3(4)コの相違点2?4について検討をする。
甲第5号証の記載事項は,上記2(12)のとおりであり,サーバが,広告主からの看板の利用申込みがあると,本件発明1のメディア広告販売者に相当する広告看板供給者に,メールを自動的に送信するものの,広告看板供給者が応諾するために参照するメールに含まれる情報の内容が特定されていない。また,甲第5号証のその他の記載を参照しても,サーバから広告看板供給者に自動送信されるメールは,メディア側企業に「実際の在庫の有無にかかわらず判断」させるためのものであることは特定されていない。さらに,甲第5号証の記載事項は,サーバは,広告看板供給者が応諾すると,応諾という確認結果を広告主に送信することは特定されているものの,サーバが,広告看板供給者の回答が問題なしであるか否かの判断を行っているか否かも定かではない。
また,甲4発明は,メディア広告販売者及びメディア広告購入者の双方が,サーバにログインをして,検索を行うことで入札情報を閲覧又は入力する,いわゆる「プル型」の形態のシステムを採用しているところ,いわゆる「プッシュ型」の形態のシステムである甲第5号証の記載事項を適用することには阻害要因がある。
ここで,阻害要因の有無について,さらに検討する。甲第4号証46頁3?4行や上記第5 3(1)の摘記事項タには,オファーを受け取った者がオファーを受け入れた,すなわち承諾をした場合には,会計処理に手続が進むことから,確定的に空き広告枠の売買が成立すること,すなわち,オファーを受け入れた者はそのオファーの拒絶をすることができないことは明らかである。そして,甲第4号証46頁3?4行や上記第5 3(1)の摘記事項タには「Fig. 6 illustrates a process for automatically providing the seller with the buyer's commercial or advertising content once the buyer has accepted the seller's contract for an avail or avail set.」(当審訳:図6は,購入者が空き広告又はそのセットに対する販売者の契約を受け入れた場合に,購入者のコマーシャルまたは広告コンテンツを販売者に自動的に提供するプロセスを示す。)とあることから,契約を受け入れた後に,オファーを拒絶しようとすることには阻害要因がある。
そうすると,甲4発明に,甲第5号証の記載事項を適用することはできない。
このため,申立人が,令和元年7月12日付け意見書25?30頁,令和元年11月27日付け意見書5?12頁の主張を採用することはできない。
また,甲4発明に,甲第5号証の記載事項を適用することができたとしても,相違点2?4の構成には至らない。
申立人は,さらに申立書において,甲4発明において,販売者による入札の承諾が購入者に通知されていることは明らかであり,甲第5号証に記載されており,商慣行上及び技術上の常識である旨の主張する(64?65頁)ものの,上述したとおりであるから,甲4発明に,甲第5号証の記載事項を適用することができたとしても,相違点2?4の構成には至らない。
そして,本件発明1は,当該構成を採用することで,広告主側が反社会勢力でないがそれに近いような場合であっても,在庫がないことを理由に断ることができるものであり,従来の人脈を介して行っていた微妙な要素の判断結果をインターネット等売買の処理に反映させることできるという効果を奏するものである。
そうすると,甲4発明の,メディア広告購入者が空き広告枠に対して入札を入力することで申し込みをし,メディア広告販売者がサーバにログインをしてデータベースにアクセスすることで,申し込みである入札の情報を確認し,メディア広告販売者が,入札を拒否又は受け入れた旨を返信し,メディア広告購入者が,適切な画面表示アイコンを選択することで契約を受け入れる機能を実現するための構成に代えて,広告スペース販売装置が,メディア側企業に対し,広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力し,この在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得し,この取得した在庫等確認回答が間題なしとの回答であるか判断し,その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合に広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知するとの機能を実現するための構成にすることは,当業者にとって容易とはいえない。
よって,相違点1について検討をするまでもなく,本件発明1は,甲4発明及び甲第5号証の記載事項から,当業者が容易に発明をすることができるものではない。

4 本件発明2?13について
本件発明2?9は,本件発明1の従属請求項に係る発明であり,また,本件発明10?13は,それぞれ,広告スペース販売装置である本件発明1に対応する方法発明,プログラム発明及びそれらの従属項に係る発明である。これらについても,上記相違点に対応する構成を有し,この相違点について容易想到ということはできない。


第7 むすび

以上のとおりであるから,取消理由通知に記載した取消理由及び特許異議申立書に記載した特許異議申立理由によっては,訂正後の本件請求項1?13に係る特許を取り消すことはできない。また,他に訂正後の本件請求項1?13に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって,結論のとおり決定する。
 
発明の名称 (57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
電子計算機とソフトウエアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU、メモリ、バス、ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置であって、
メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお、ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって、少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得部と、
取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け、各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し、かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開部と、
メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付部と、
メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して、受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか、すなわち契約をしてもよいか、の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく、申込者に関する情報、申込量に関する情報、広告対象に関する情報、広告に関して採用するタレントに関する情報、広告に関して採用するデザイナーに関する情報、広告に関して採用するデザイン会社の情報、広告に関して採用するPR会社の情報、商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報、出稿納期に関する情報、広告に関するデータサイズの情報、広告に関するコンテンツ著作権の情報、広告に関して利用する著作物の著作権の情報、広告に関する商品の価格帯の情報、広告に関する商品の販売開始時期の情報、広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報、広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付部で受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力部と、
メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する在庫等確認回答取得部と、
メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得部で取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し、その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力部と、
を有する広告スペース販売装置。
【請求項2】
メモリに展開されたコンテンツ電子データ取得プログラムのCPUによる実行によって、
問題なしとの在庫等確認回答に応じて購入する広告スペースを利用するコンテンツの電子データであるコンテンツ電子データを広告主側企業から取得するコンテンツ電子データ取得部をさらに有する請求項1に記載の広告スペース販売装置。
【請求項3】
メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によって、
広告スペース情報公開部は、取得した広告スペース情報のインターネット等経由での公開として、インターネット等上のサイトでの公開をするサイト公開手段を有する請求項1又は請求項2に記載の広告スペース販売装置。
【請求項4】
メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムの属性情報取得サブプログラムのCPUによる実行によって、
広告スペース情報取得部は、広告スペース情報として所定のフォーマットにより広告スペース情報と関連付けられたメディア又は/及び当該メディア中の広告スペースの属性情報を取得する属性情報取得手段を有する請求項1から請求項3のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。
【請求項5】
メモリに展開された広告主側企業登録保持プログラムのCPUによる実行によって、
広告主側企業を少なくともインターネット等通信のためのアドレスと関連付けて登録して保持する広告主側企業登録保持部と
メモリに展開されたメディア側企業登録保持プログラムのCPUによる実行によって、メディア側企業を少なくともインターネット等通信のためのアドレスと関連付けて登録して保持するメディア側企業登録保持部と、
メモリに展開されたメディア広告主取引実績関係情報保持プログラムのCPUによる実行によって、
メディア又は/及びメディア側企業と、広告主側企業と、両者の過去の取引実績関係を示す情報であるメディア広告主取引実績関係情報と、の三者を関連付けて保持するメディア広告主取引実績関係情報保持部と、
メモリに展開された所定広告主側企業取得プログラムのCPUによる実行によって、
広告スペース情報取得部にて取得した広告スペース情報を提供したメディア側企業に関連付けられたメディア広告主取引実績関係情報に基づいて所定の広告主側企業を取得する所定広告主側企業取得部と、
メモリに展開された所定広告主向告知プログラムのCPUによる実行によって、
取得した所定広告主側企業について関連付けられているアドレスに基づいて、当該メディア側企業が販売可能な広告スペース情報を告知する所定広告主向告知部と、
を有する請求項1から請求項4のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。
【請求項6】
メモリに展開されたメディア側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって、
メディア側企業との対価の処理をするためのメディア側企業対価処理部と、
メモリに展開された広告主側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって、
広告主側企業との対価の処理をするための広告主側企業対価処理部と、
を有する請求項1から請求項5のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。
【請求項7】
広告主側企業対価処理部は、
メモリに展開された広告主側企業対価処理プログラムのCPUによる実行によって、
広告スペース購入申込受付に関連付けて対価支払の決済を可能とするための情報である支払決済可能情報を広告主側企業から取得する支払い決済可能情報取得手段と、
在庫等確認回答取得部で問題なしとの回答を取得した場合に取得した支払決済可能情報に基づいて支払決済実行のための処理をする支払決済実行処理手段と、を有する請求項6に記載の広告スペース販売装置。
【請求項8】
広告スペース情報公開部は、
メモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によって、
広告スペース情報をイメージ画像データを用いて複数並べて公開するイメージ画像公開手段を有し、
広告スペース購入申込受付部は、
メモリに展開された広告スペース購入申込プログラムのCPUによる実行によって、イメージ画像公開手段にて並べて公開されている広告スペース情報を選択することで広告スペース購入申込を受け付ける選択受付手段を有する請求項1から請求項7のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。
【請求項9】
メディアは、新聞、雑誌、書籍、印刷物、TV番組、ラジオ番組、インターネット等情報サービスサイト、各種インターネット等ソーシャルメディア、電子新聞、電子雑誌、電子書籍、インターネット等TV番組、公共交通機関関連スペース(施設、設備、車内ディスプレイ、車内広告スペース等)、公共スポーツ施設関連スペース(施設、休憩時アトラクションタイム、パブリックビジョン等)、公共娯楽施設関連スペース(遊園地、動物園、アトラクション、映画館、ボーリング場、ビリヤード場等)、百貨店・スーパーマーケット等公共物販施設関連スペース、劇場関連スペース、イベント会場関連スペース、ネットゲームのバーチャルスペース、移動体のボディ(例えばF1カーのボディ)、競技者用ゼッケン、走者用ゼッケン、プロスポーツ選手のユニフォームのいずれか一を含む請求項1から8のいずれか一に記載の広告スペース販売装置。
【請求項10】
電子計算機とソフトウエアの協働によって実現されコンピュータの基本的構成であるCPU、メモリ、バス、ユーザーインターフェイスによって構成される広告スペース販売装置の動作方法であって
メモリに展開された広告スペース情報取得プログラムのCPUによる実行によってメディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお、ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって、少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得ステップと、
取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け、各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し、かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開ステップと、
メモリに展開された広告スペース購入申込受付プログラムのCPUによる実行によって広告スペース情報公開ステップにて公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付ステップと、
メモリに展開された在庫等確認要求出力プログラムのCPUによる実行によって広告スペース購入申込受付ステップにて受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して、受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか、すなわち契約をしてもよいか、の在庫等の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく、申込者に関する情報、申込量に関する情報、広告対象に関する情報、広告に関して採用するタレントに関する情報、広告に関して採用するデザイナーに関する情報、広告に関して採用するデザイン会社の情報、広告に関して採用するPR会社の情報、商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報、出稿納期に関する情報、広告に関するデータサイズの情報、広告に関するコンテンツ著作権の情報、広告に関して利用する著作物の著作権の情報、広告に関する商品の価格帯の情報、広告に関する商品の販売開始時期の情報、広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報、広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付ステップで受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力ステップと、
メモリに展開された在庫等確認回答取得プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認要求出力ステップにて出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する在庫等確認回答取得ステップと、
メモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって在庫等確認回答取得ステップで取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し、その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力ステップと、
を有する電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法。
【請求項11】
メモリに展開されたコンテンツ電子データ取得プログラムのCPUによる実行によって
広告スペース購入決定通知に応じて購入する広告スペースを利用するコンテンツの電子データであるコンテンツ電子データを広告主側企業から取得するコンテンツ電子データ取得ステップをさらに有する請求項10に記載の電子計算機である広告スペース販売装置の動作方法。
【請求項12】
メモリに展開することでCPUによって実行される
メディア側企業から所定のメディアにおいて販売可能な広告スペースの情報である広告スペース情報(なお、ここで言う「広告スペース情報」とは少なくともメディア名で特定されるものを言う。以下本発明において同様とする。)であって、少なくともその広告スペースの販売価格を含む広告スペース情報をそのメディアと関連付けて所定のフォーマットで取得する広告スペース情報取得ステップと、
メモリに展開することでCPUによって実行される
取得した広告スペース情報を広告スペース情報の識別情報と関連付け、各広告主側企業別にユニークに広告主側企業の少なくとも閲覧した広告スペース情報の識別情報を含む閲覧履歴を保持するように構成し、かつメモリに展開された広告スペース情報公開プログラムのCPUによる実行によってインターネット等経由にて取得した広告スペース情報を公開するための広告スペース情報公開ステップと、
メモリに展開することでCPUによって実行される
公開された広告スペース情報に基づいて広告主側企業から少なくとも申込者を特定する情報を含む広告スペース購入の申し込みである広告スペース購入申込を受け付ける広告スペース購入申込受付ステップと、
メモリに展開することでCPUによって実行される
受け付けた広告スペース購入申込に基づいてメディア側企業に対して、受け付けた購入申込について広告スペース購入の決定をしてもよいか、すなわち契約をしてもよいか、の在庫等の確認要求であり必ずしも在庫の有無を問い合わせることが必須でなく、申込者に関する情報、申込量に関する情報、広告対象に関する情報、広告に関して採用するタレントに関する情報、広告に関して採用するデザイナーに関する情報、広告に関して採用するデザイン会社の情報、広告に関して採用するPR会社の情報、商品等売り込み先(目標需要者層)に関する情報、出稿納期に関する情報、広告に関するデータサイズの情報、広告に関するコンテンツ著作権の情報、広告に関して利用する著作物の著作権の情報、広告に関する商品の価格帯の情報、広告に関する商品の販売開始時期の情報、広告に関する商品・サービスの提供ショップの所在地の情報、広告に関する商品・サービスのネット販売に関する情報のいずれか一以上を含みメディア側企業にこれらの情報のいずれか一以上の情報を用いて広告スペースの購入を認めるかを実際の在庫の有無にかかわらず判断させるための広告スペース購入申込受付ステップで受け付けた広告スペース購入申込から取り込まれた情報を含む在庫等確認要求を出力するための在庫等確認要求出力ステップと、
メモリに展開することでCPUによって実行される
出力した在庫等確認要求に応じたメディア側企業が広告主側企業の広告スペースの購入を認めるかの判断結果である在庫等確認回答をメディア側企業から取得する在庫等確認回答取得ステップと、
メモリに展開することでCPUによって実行される
在庫等確認回答取得ステップにて取得した在庫等確認回答が問題なしとの回答であるか判断し、その判断結果が問題なしとの回答であると判断された場合にメモリに展開された広告スペース購入決定通知出力プログラムのCPUによる実行によって広告主側企業に広告スペースを購入できることが決定した旨の通知である広告スペース購入決定通知を出力する広告スペース購入決定通知出力ステップと、
を有する電子計算機である広告スペース販売装置に読取り実行可能に記述した広告スペース販売装置動作プログラム。
【請求項13】
さらに、
メモリに展開することでCPUによって実行される
広告スペース購入決定通知に応じて購入する広告スペースを利用するコンテンツの電子データであるコンテンツ電子データを広告主側企業から取得するコンテンツ電子データ取得ステップを有する、
電子計算機である広告スペース販売装置に読取り実行可能に記述した請求項12に記載の広告スペース販売装置動作プログラム。
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
異議決定日 2019-12-16 
出願番号 特願2017-110482(P2017-110482)
審決分類 P 1 651・ 537- YAA (G06Q)
P 1 651・ 121- YAA (G06Q)
P 1 651・ 1- YAA (G06Q)
最終処分 維持  
前審関与審査官 塩田 徳彦  
特許庁審判長 佐藤 聡史
特許庁審判官 松田 直也
田内 幸治
登録日 2018-05-25 
登録番号 特許第6343370号(P6343370)
権利者 東 義和 高橋 邦忠
発明の名称 広告スペース販売装置  
代理人 工藤 一郎  
代理人 工藤 一郎  
代理人 工藤 一郎  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ