• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 1項3号刊行物記載  G01C
審判 全部申し立て 2項進歩性  G01C
管理番号 1360480
異議申立番号 異議2018-700890  
総通号数 244 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2020-04-24 
種別 異議の決定 
異議申立日 2018-11-07 
確定日 2020-02-12 
異議申立件数
訂正明細書 有 
事件の表示 特許第6321597号発明「情報処理装置、情報処理方法及びプログラム」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6321597号の明細書、特許請求の範囲を訂正請求書に添付された訂正明細書、特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項〔1ないし13〕、14、15、16、17について訂正することを認める。 特許第6321597号の請求項1ないし3、7ないし14、16に係る特許を維持する。 特許第6321597号の請求項4ないし6、15、17に係る特許についての特許異議の申立てを却下する。 
理由 1 手続の経緯
特許第6321597号の請求項1ないし17に係る特許についての出願は、平成27年9月18日に出願され、平成30年4月13日にその特許権の設定登録がされ、平成30年5月9日に特許掲載公報が発行された。本件特許異議の申立ての経緯は、次のとおりである。
平成30年11月 7日 : 特許異議申立人による請求項1?17に係
る特許に対する特許異議の申立て
平成31年 2月26日付け: 取消理由通知書
令和 元年 5月 7日 : 特許権者による意見書及び訂正請求書の提

令和 元年 7月 4日 : 特許異議申立人による意見書の提出
令和 元年 9月26日付け: 取消理由通知書(決定の予告)
令和 元年12月 3日 : 特許権者による意見書及び訂正請求書の提


2 訂正の適否
(1)訂正の内容
令和元年12月3日付け訂正請求は、特許第6321597号の明細書、特許請求の範囲を訂正請求書に添付した訂正明細書及び特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項1ないし17について訂正することを求めるものであって、その訂正(以下、「本件訂正」という。)の内容は以下のとおりである。
なお、下線は訂正箇所を示す。

ア 訂正事項1
特許請求の範囲の請求項1に「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、を備えることを特徴とする情報処理装置。」と記載されているのを、「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、を備え、前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定することを特徴とする情報処理装置。」と訂正する。

イ 訂正事項2
特許請求の範囲の請求項4を削除する。

ウ 訂正事項3
特許請求の範囲の請求項5を削除する。

エ 訂正事項4
特許請求の範囲の請求項6を削除する。

オ 訂正事項5
特許請求の範囲の請求項7に「前記対話用情報は、前記ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含むことを特徴とする請求項2?5、請求項2、3、5のいずれか一項を引用する請求項6のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と記載されているのを、「前記対話用情報は、前記ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含むことを特徴とする請求項2又は3に記載の情報処理装置。」と訂正する。

カ 訂正事項6
特許請求の範囲の請求項8に「前記発話は、前記アンケートを含み、前記ユーザの応答は、前記アンケートへの回答を含み、前記処理は、特典情報の出力処理を含むことを特徴とする請求項2?5、7、請求項2、3、5のいずれか一項を引用する請求項6のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と記載されているのを、「前記発話は、前記アンケートを含み、前記ユーザの応答は、前記アンケートへの回答を含み、前記処理は、特典情報の出力処理を含むことを特徴とする請求項2、3、7のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と訂正する。

キ 訂正事項7
特許請求の範囲の請求項9に「前記発話は、前記音声広告を含み、前記ユーザの応答は、前記音声広告の効果を示す情報を含み、前記処理は、前記音声広告の効果を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする請求項2?5、7、8、請求項2、3、5のいずれか一項を引用する請求項6のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と記載されているのを「前記発話は、前記音声広告を含み、前記ユーザの応答は、前記音声広告の効果を示す情報を含み、前記処理は、前記音声広告の効果を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする請求項2、3、7、8のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と訂正する。

ク 訂正事項8
特許請求の範囲の請求項11に「前記出力制御手段は、前記音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を前記音声出力手段により音声出力させることを特徴とする請求項1?10のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と記載されているのを、「前記出力制御手段は、前記音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を前記音声出力手段により音声出力させることを特徴とする請求項1、2、3、7、8、9、10のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と訂正する。

ケ 訂正事項9
特許請求の範囲の請求項12に「前記出力制御手段は、前記音声広告を音声出力させるための条件を前記ユーザに確認するための質問を前記音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段を介して取得された前記質問に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の音声出力を制御することを特徴とする請求項1?11のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と記載されているのを、「前記出力制御手段は、前記音声広告を音声出力させるための条件を前記ユーザに確認するための質問を前記音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段を介して取得された前記質問に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の音声出力を制御することを特徴とする請求項1、2、3、7、8、9、10、11のいずれか一項に記載の情報処理装置。」と訂正する。

コ 訂正事項10
明細書の段落【0007】に「請求項1に記載の発明は、上記目的を達成するためになされたものであり、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、を備えることを特徴とする。
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の情報処理装置において、前記出力制御手段は、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信することを特徴とする。
請求項3に記載の発明は、請求項2に記載の情報処理装置において、前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する処理を含むことを特徴とする。
請求項4に記載の発明は、上記目的を達成するためになされたものであり、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段を備え、前記出力制御手段は、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信し、前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する処理を含むことを特徴とする。
請求項5に記載の発明は、請求項4に記載の情報処理装置において、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段を備えることを特徴とする。」と記載されているのを、「請求項1に記載の発明は、上記目的を達成するためになされたものであり、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、を備え、前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定することを特徴とする。
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の情報処理装置において、前記出力制御手段は、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信することを特徴とする。
請求項3に記載の発明は、請求項2に記載の情報処理装置において、前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する処理を含むことを特徴とする。」と訂正する。

サ 訂正事項11
明細書の段落【0012】を削除する。

シ 訂正事項12
明細書の段落【0014】に「請求項7に記載の発明は、請求項2?5、請求項2、3、5のいずれか一項を引用する請求項6のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記対話用情報は、前記ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含むことを特徴とする。」と記載されているのを、「請求項7に記載の発明は、請求項2又は3に記載の情報処理装置において、前記対話用情報は、前記ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含むことを特徴とする。」と訂正する。

ス 訂正事項13
明細書の段落【0015】に「請求項8に記載の発明は、請求項2?5、7、請求項2、3、5のいずれか一項を引用する請求項6のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記発話は、前記アンケートを含み、前記ユーザの応答は、前記アンケートへの回答を含み、前記処理は、特典情報の出力処理を含むことを特徴とする。」と記載されているのを、「請求項8に記載の発明は、請求項2、3、7のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記発話は、前記アンケートを含み、前記ユーザの応答は、前記アンケートへの回答を含み、前記処理は、特典情報の出力処理を含むことを特徴とする。」と訂正する。

セ 訂正事項14
明細書の段落【0016】に「請求項9に記載の発明は、請求項2?5、7、8、請求項2、3、5のいずれか一項を引用する請求項6のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記発話は、前記音声広告を含み、前記ユーザの応答は、前記音声広告の効果を示す情報を含み、前記処理は、前記音声広告の効果を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする。」と記載されているのを、「請求項9に記載の発明は、請求項2、3、7、8のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記発話は、前記音声広告を含み、前記ユーザの応答は、前記音声広告の効果を示す情報を含み、前記処理は、前記音声広告の効果を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする。」と訂正する。

ソ 訂正事項15
明細書の段落【0017】に「請求項10に記載の発明は、請求項9に記載の情報処理装置において、前記ユーザの応答は、前記音声広告に基づく行動を示す情報を含み、前記処理は、前記行動を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする。
請求項11に記載の発明は、請求項1?10のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記出力制御手段は、前記音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を前記音声出力手段により音声出力させることを特徴とする。
請求項12に記載の発明は、請求項1?11のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記出力制御手段は、前記音声広告を音声出力させるための条件を前記ユーザに確認するための質問を前記音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段を介して取得された前記質問に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の音声出力を制御することを特徴とする。
請求項13に記載の発明は、請求項12に記載の情報処理装置において、前記条件は、前記ユーザが乗車中の車両の走行状況に関する条件を含むことを特徴とする。」と記載されているのを、「請求項10に記載の発明は、請求項9に記載の情報処理装置において、前記ユーザの応答は、前記音声広告に基づく行動を示す情報を含み、前記処理は、前記行動を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする。
請求項11に記載の発明は、請求項1、2、3、7、8、9、10のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記出力制御手段は、前記音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を前記音声出力手段により音声出力させることを特徴とする。
請求項12に記載の発明は、請求項1、2、3、7、8、9、10、11のいずれか一項に記載の情報処理装置において、前記出力制御手段は、前記音声広告を音声出力させるための条件を前記ユーザに確認するための質問を前記音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段を介して取得された前記質問に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の音声出力を制御することを特徴とする。
請求項13に記載の発明は、請求項12に記載の情報処理装置において、前記条件は、前記ユーザが乗車中の車両の走行状況に関する条件を含むことを特徴とする。」と訂正する。

タ 訂正事項16
特許請求の範囲の請求項14に「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップと、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定ステップと、を含む情報処理方法。」と記載されているのを、「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップと、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定ステップと、を含み、前記効果測定ステップは、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する情報処理方法。」と訂正する。

チ 訂正事項17
明細書の段落【0019】に「請求項14に記載の発明は、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップと、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定ステップと、を含む。
請求項15に記載の発明は、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップを含み、前記出力制御ステップは、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信し、前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する処理を含むことを特徴とする。」と記載されているのを、「請求項14に記載の発明は、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップと、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定ステップと、を含み、前記効果測定ステップは、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する。」と訂正する。

ツ 訂正事項18
特許請求の範囲の請求項15を削除する。

テ 訂正事項19(当審注:訂正請求書34ページ9行(空白行を含まない。以下、同様とする。)に記載された「訂正事項18」は、「訂正事項19」の誤記と認められる。)
特許請求の範囲の請求項16に「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段、として機能させるためのプログラム。」と記載されているのを、「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段、として機能させるためのプログラムであって、前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定するプログラム。」と訂正する。

ト 訂正事項20(当審注:訂正請求書35ページ3行に記載された「訂正事項19」は、「訂正事項20」の誤記と認められる。)
明細書の段落【0020】に「請求項16に記載の発明は、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段、
として機能させるためのプログラムである。(当審注:訂正請求書35ページ12行の「プログラム。」は、「プログラムである。」の誤記と認められる。)
請求項17に記載の発明は、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、として機能させ、前記出力制御手段は、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信し、前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する処理を含むことを特徴とするプログラムである。」と記載されているのを、「請求項16に記載の発明は、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段、として機能させるためのプログラムであって、前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定するプログラムである。」と訂正する。

ナ 訂正事項21(当審注:訂正請求書40ページ3行に記載された「訂正事項20」は、「訂正事項21」の誤記と認められる。)
特許請求の範囲の請求項17を削除する。

(2)訂正の目的の適否、新規事項の有無、特許請求の範囲の拡張・変更の存否について
ア 訂正事項1
訂正事項1に係る請求項1についての訂正は、願書に添付した特許請求の範囲の【請求項6】に「前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価を取得して、当該音声広告の効果を測定することを特徴とする請求項1?3、5のいずれか一項に記載の情報処理装置。」(下線は、当審で追加した。以下同様。)と記載され、また、願書に添付した明細書の段落【0057】に「なお、広告配信サーバ20の制御部21は、音声認識の際、ユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、応答に先立って出力された音声広告に対するユーザの評価(肯定、否定の程度)を応答の要素として取得し、当該音声広告の効果に反映する。ここで、発話上の特徴とは、例えば、発話速度、発話開始までの待ち時間などである。」と記載されていることに基づいて、請求項1に係る発明を「効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」点で減縮するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項1に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

イ 訂正事項2ないし4
訂正事項2ないし4は、特許請求の範囲の請求項4ないし6を削除するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項2ないし4に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

ウ 訂正事項5ないし9
訂正事項5ないし9により記載が訂正される請求項7ないし9、11は、請求項4ないし6を含む他の請求項を引用する形式で記載されていたところ、これら請求項4ないし6は、上記訂正事項2ないし4により、削除された。訂正事項5ないし9は、訂正事項2ないし4により請求項4ないし6が削除されたことに伴い、請求項7ないし9、11の記載から、請求項4ないし6を引用しない請求項の記載に訂正するものであり、引用する請求項を減少させるものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項5ないし9に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

エ 訂正事項10ないし15
訂正事項10ないし15による明細書の訂正は、訂正事項1により、本件訂正前の請求項1の記載を本件訂正後の請求項1に訂正し、また、訂正事項2ないし4により請求項4ないし6を削除し、さらに、訂正事項5ないし9により、本件訂正前の請求項7ないし9、11の記載を本件訂正後の請求項7ないし9、11に訂正したことに伴って、本件明細書の対応する記載を訂正するものであって、明瞭でない記載の釈明を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項10ないし15に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

オ 訂正事項16
訂正事項16に係る請求項14についての訂正は、願書に添付した明細書の段落【0056】に「また、広告配信サーバ20の制御部21は、取得したユーザの応答が音声広告の効果を示す情報又は音声広告に基づく行動を示す情報であった場合、その応答に基づく処理として、これらの情報を解析し、音声広告の効果を測定する。即ち、制御部21は、本発明の効果測定手段として機能する。例えば、音声広告の効果を示す情報であった場合は、回答内容(肯定、否定の程度)を解析して効果を測定する。また、音声広告に基づく行動を示す情報であった場合は、肯定的反応であると見做して効果を測定する。また、無回答であった場合は、否定的反応であると見做して効果を測定する。」と記載され、さらに段落【0057】に「なお、広告配信サーバ20の制御部21は、音声認識の際、ユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、応答に先立って出力された音声広告に対するユーザの評価(肯定、否定の程度)を応答の要素として取得し、当該音声広告の効果に反映する。ここで、発話上の特徴とは、例えば、発話速度、発話開始までの待ち時間などである。」と記載されていることに基づいて、請求項14に係る発明を「効果測定ステップは、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」点で減縮するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項16に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

カ 訂正事項17
訂正事項17による明細書の訂正は、訂正事項16により、本件訂正前の請求項14の記載を本件訂正後の請求項14に訂正し、訂正事項18により、特許請求の範囲の請求項15を削除したことに伴って、本件明細書の対応する記載を訂正するものであって、明瞭でない記載の釈明を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項17に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

キ 訂正事項18
訂正事項18は、特許請求の範囲の請求項15を削除するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項18に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

ク 訂正事項19
訂正事項19に係る請求項16についての訂正は、願書に添付した明細書の段落【0056】に「また、広告配信サーバ20の制御部21は、取得したユーザの応答が音声広告の効果を示す情報又は音声広告に基づく行動を示す情報であった場合、その応答に基づく処理として、これらの情報を解析し、音声広告の効果を測定する。即ち、制御部21は、本発明の効果測定手段として機能する。例えば、音声広告の効果を示す情報であった場合は、回答内容(肯定、否定の程度)を解析して効果を測定する。また、音声広告に基づく行動を示す情報であった場合は、肯定的反応であると見做して効果を測定する。また、無回答であった場合は、否定的反応であると見做して効果を測定する。」と記載され、さらに段落【0057】に「なお、広告配信サーバ20の制御部21は、音声認識の際、ユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、応答に先立って出力された音声広告に対するユーザの評価(肯定、否定の程度)を応答の要素として取得し、当該音声広告の効果に反映する。ここで、発話上の特徴とは、例えば、発話速度、発話開始までの待ち時間などである。」と記載されていることに基づいて、請求項16に係る発明を「効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」点で減縮するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項19に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

ケ 訂正事項20
訂正事項20による明細書の訂正は、訂正事項19により、本件訂正前の請求項16の記載を本件訂正後の請求項16に訂正し、訂正事項21により、特許請求の範囲の請求項17を削除したことに伴って、本件明細書の対応する記載を訂正するものであって、明瞭でない記載の釈明を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項20に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

コ 訂正事項21
訂正事項21は、特許請求の範囲の請求項17を削除するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
したがって、訂正事項21に係る訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合する。

(3)一群の請求項について
本件訂正前の請求項2、3、6ないし13は請求項1の記載を直接または間接に引用する関係にあり、請求項1ないし3、6ないし13は、一群の請求項である。また、本件訂正前の請求項5ないし13は、請求項4の記載を直接または間接に引用する関係にあり、請求項4ないし13は、一群の請求項である。さらに、請求項6ないし13が請求項1及び請求項4の記載を直接または間接に引用する関係にあることから、請求項1ないし13は、特許法第120条の5第4項に規定する一群の請求項である。
そして、上記訂正事項1ないし15に係る本件訂正は、一群の請求項である請求項1ないし13に対して明細書、特許請求の範囲の訂正を請求するものであって、特許法第120条の5第4項の規定に適合する。
また、訂正事項16ないし21に係る本件訂正前の請求項14ないし17は、いずれも他の請求項の記載を引用する請求項でなく、また、当該請求項の記載を他の請求項が引用するものでもないから、請求項ごとに訂正することができるものである。
そして、本件訂正は、本件訂正後の請求項1ないし17について訂正をすることを求めるものであり、一群の請求項ごとに請求されたものである。

(4)小括
上記のとおり、本件訂正は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号又は第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第4項、同条第9項で準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合するので、本件特許の願書に添付した明細書及び特許請求の範囲を訂正請求書に添付した訂正明細書及び訂正特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項[1ないし13]、14、15、16、17について訂正することを認める。

3 本件発明について
上記のように本件訂正は認められるから、本件訂正後の請求項1ないし17(本件訂正により削除された請求項4ないし6、15及び17を除く)に係る発明(以下、請求項1に係る発明を「本件発明1」といい、他の請求項についても同様に「本件発明2」等という。)は、次のとおりである。

【請求項1】
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、
を備え、
前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定することを特徴とする情報処理装置。

【請求項2】
前記出力制御手段は、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信することを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。

【請求項3】
前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、
前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、
前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する
処理を含むことを特徴とする請求項2に記載の情報処理装置。

【請求項7】
前記対話用情報は、前記ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含むことを特徴とする請求項2又は3いずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項8】
前記発話は、前記アンケートを含み、
前記ユーザの応答は、前記アンケートへの回答を含み、
前記処理は、特典情報の出力処理を含むことを特徴とする請求項2、3、7のいずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項9】
前記発話は、前記音声広告を含み、
前記ユーザの応答は、前記音声広告の効果を示す情報を含み、
前記処理は、前記音声広告の効果を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする請求項2、3、7、8のいずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項10】
前記ユーザの応答は、前記音声広告に基づく行動を示す情報を含み、
前記処理は、前記行動を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする請求項9に記載の情報処理装置。

【請求項11】
前記出力制御手段は、前記音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を前記音声出力手段により音声出力させることを特徴とする請求項1、2、3、7、8、9、10のいずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項12】
前記出力制御手段は、前記音声広告を音声出力させるための条件を前記ユーザに確認するための質問を前記音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段を介して取得された前記質問に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の音声出力を制御することを特徴とする請求項1、2、3、7、8、9、10、11のいずれか一項に記載の情報処理装置。

【請求項13】
前記条件は、前記ユーザが乗車中の車両の走行状況に関する条件を含むことを特徴とする請求項12に記載の情報処理装置。

【請求項14】
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップと、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定ステップと、
を含み、
前記効果測定ステップは、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する情報処理方法。

【請求項16】
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段、
として機能させるプログラムであって、
前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定するプログラム。

4 取消理由の概要
当審が令和元年9月26日付けの取消理由通知(決定の予告)において特許権者に通知した取消理由の要旨は、次のとおりである(ただし、本件訂正により削除された請求項4ないし6、15及び17に対するものは、省略した。)。

本件発明1、14及び16は、甲第1号証(以下、「甲1」といい、他の甲号証についても同様とする。)に記載された発明及び甲3に記載された事項に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、本件発明1、14及び16に係る特許は、特許法第29条第2項の規定に違反してされたものであり、特許法第113条第2号に該当し、取り消されるべきものである。

本件発明2、3及び7は、甲1に記載された発明及び甲2、甲3に記載された事項に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、本件発明2に係る特許は、特許法第29条第2項の規定に違反してされたものであり、特許法第113条第2項に該当し、取り消されるべきものである。

本件発明8ないし13は、甲1に記載された発明及び甲2ないし4に記載された事項に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、本件発明8ないし13に係る特許は、特許法第29条第2項の規定に違反してされたものであり、特許法第113条第2項に該当し、取り消されるべきものである。

甲1:特開2004-286872号公報
甲2:特開2002-297626号公報
甲3:特開2006-171709号公報
甲4:特開2009-237828号公報

5 甲1及び甲3の記載
(1)甲1の記載及び甲1に記載された発明について
取消理由通知(決定の予告)において引用した甲1には、以下の事項が記載されている。

ア.甲1に記載された広告システムは、広告スポンサ21により準備された広告内容情報を、自動車等の車両23に乗車して移動する広告利用者に提供するシステムである(【0036】)。
広告スポンサ21には、広告内容情報データベース25が接続された広告スポンサクライアント24が設けられている。この広告内容情報データベース25には、音声コンテンツ情報と広告スポンサ21の名称、住所、位置等の広告内容テキスト情報等から構成される広告内容情報が保存されている(【0037】、【0038】)。

イ.広告スポンサクライアント24にセンタサーバ26が接続され、このセンタサーバ26には、広告利用者データベース29、広告スポンサデータベース30、広告インデックスデータベース31、マスターキーワード情報データベース32、画像コンテンツデータベース33および広告利用履歴集計データベース34が接続される(【0039】、【0040】)。

ウ.広告利用者が乗車する車両23には、カーナビゲーションシステム35が搭載される。カーナビゲーションシステム35は、GPS受信器36、地図情報データベース37、地図表示手段38およびモニタ39を有する。カーナビゲーションシステム35の地図表示手段38は、GPS受信器36により得られた車両23の位置情報に基づいて適切な地図情報を地図情報データベース37から抽出してモニタ39に表示する機能を有する(【0042】)。また、この車両23には、車載端末40、マイクロホン等の音声入力装置41、スピーカ等の音声出力装置42および無線器28も設けられ(【0043】)、広告利用者側の車載端末40、カーナビゲーションシステム35、無線器28、音声入力装置41、音声出力装置42、車載インデックスデータベース43、車載キーワードデータベース44、広告パターンデータベース45、広告利用者属性データベース48、エージェント条件データベース46、広告利用履歴データベース47、広告利用者属性データベース48および車両通過履歴データベース49等の機器により移動可能な広告利用者機器が形成される(【0045】)。車載端末40は、スイッチ手段50、車両ルート設定手段51、インデックス受信手段52、車載キーワード情報作成手段53、車載キーワード認識手段54、エリア確定手段55、再音声入力要求手段56、インデックス抽出手段57、広告スポンサ位置表示手段58、広告スポンサ選択要求手段59、音声コンテンツ出力手段60、距離計算手段61、広告パターン選定手段62、画像コンテンツ要求手段63、走行状態判定手段64、画像コンテンツ表示手段65、目的地設定手段66、広告利用履歴記録手段67、エージェント手段68、広告利用履歴情報送信手段69および車両通過履歴記録手段70を有する(【0046】)。

エ.広告利用者の車両23に設けられた車載端末40の車両ルート設定手段51は、車載端末40の入力装置から車両23の目的地の位置情報を受ける一方、カーナビゲーションシステム35のGPS受信器36から車両23の現在の位置情報を受けて、現在の位置から目的地まで車両23が移動すべき車両ルート情報を作成する機能と、作成した車両ルート情報を車両23の識別情報とともに無線器28を介して送信することによりセンタサーバ26のエリア入力手段74に与える機能を有する(【0056】)。センタサーバ26のエリア入力手段74は、車両23に設けられた車両ルート設定手段51から各無線器28を介して送信された車両ルート情報および車両23の識別情報を入力して、インデックス送信手段75に与える機能を有する(【0059】)。インデックス送信手段75は、エリア入力手段74から受けた車両ルート情報に基づいて、車両ルート位置から所定の範囲にある広告スポンサ21の広告インデックス情報を広告インデックスデータベース31から抽出する機能と、抽出して得られた広告インデックス情報を、車両23の識別情報に基づいて広告利用者の車両23に設けられた車載端末40のインデックス受信手段52に各無線器28を介して送信する機能とを有する(【0060】)。一方、広告利用者の車両23に設けられた車載端末40のインデックス受信手段52は、広告事業者22側のセンタサーバ26のインデックス送信手段75から広告インデックス情報を各無線器28を介して受信する機能と、受信した広告インデックス情報を車載インデックスデータベース43に入力する機能とを有する(【0061】)。車載端末40の車載キーワード情報作成手段53は、車載インデックスデータベース43に保存された広告インデックス情報に含まれる広告内容テキスト情報を入力して広告内容テキスト情報を単語に分割する機能と、分割して得られた単語から接続詞、助動詞、助詞等の補助的な単語を除いた名詞、動詞等の主要な単語のキーワードテキスト情報とその音声情報であるキーワード音声情報で構成される音声テキスト変換情報を作成する機能を有する(【0062】)。車載キーワード情報作成手段53は、作成した音声テキスト変換情報を車載キーワードデータベース44に入力する機能を有する(【0065】)。車載端末40のスイッチ手段50は、車両23に設けられた音声入力装置41に入力された広告利用者の音声を音声情報として入力する機能と、入力された広告利用者の音声情報に広告情報の提供を要求する旨の単語が含まれている場合には、広告情報の利用に必要な情報の入力を音声出力装置42から音声により要求する機能とを有する(【0067】)。例えば、音声入力装置41に「検索」という単語が入力された場合には、「何を検索しますか?」という音声を出力する(【0068】)。車載端末40の広告スポンサ選択要求手段59は、広告スポンサ位置表示手段58から各広告インデックス情報を受けると、受けた各広告インデックス情報の個数とともに広告利用者が提供を希望する広告インデックス情報の選択を音声出力装置42を介して音声により要求する機能と、広告利用者の音声により音声入力装置41に入力された広告インデックス情報の選択要求に対応する単一あるいは複数の広告インデックス情報を距離計算手段61に与える機能とを有する(【0091】)。

オ.車載端末40の車両ルート設定手段51は、現在の車両23の位置から目的地までの距離が最短となるような経路を設定し、現在の車両23の緯度および経度等の位置情報、車両23が通過する各地点の位置情報および車両23の目的地における位置情報で構成される車両ルート情報を作成する(【0134】)。また、モニタ39には地図情報とともに現在の車両23の位置が表示される(【0175】)。

カ.甲1に記載された車載端末40は、甲1の【図7】等の記載をあわせて参照すると、次の(ア)ないし(ク)にような処理を順次、行うものである。
(ア)車載端末40のスイッチ手段50が、音声入力装置41に入力された広告利用者の音声を音声情報として入力するとともに、「検索」という単語を認識し、広告情報の利用に必要な情報の入力を音声出力装置42を介して音声により広告利用者に要求する(【0174】)。車載端末40のスイッチ手段50は、例えば「検索ですね。何を検索しますか?」という内容の音声により広告情報の利用に必要な情報の入力を広告利用者に要求する(【0176】)。
(イ)広告利用者がスイッチ手段50の要求に従って音声入力装置41を介して音声により「ラーメン」と入力する(【0177】)と、車載端末40の広告スポンサ選択要求手段59は、例えば「ラーメンですね。3軒あります。どれを案内しますか?番号でお答え下さい。」と音声により広告インデックス情報の件数を案内するとともに、広告利用者が提供を希望する広告インデックス情報の選択を要求する(【0215】)。
(ウ)広告利用者が「全部」と音声入力装置41を介して音声入力する(【0216】)と、車載端末40の広告スポンサ選択要求手段59は、広告利用者により入力された音声を認識し、「全部ですね。近い順番からご案内します。」と音声により案内する(【0217】)。
(エ)車両23の走行状態が走行中である場合には車載端末40の音声コンテンツ出力手段60は、広告インデックス情報に含まれる音声コンテンツ情報をそれぞれ音声出力装置42に与えることにより、音声のみにより広告内容を広告利用者に知らせる(【0237】)。これにより、音声コンテンツ情報が音声出力装置42から例えば「1番、××ラーメン。こってりとした醤油味、スープと大きな焼豚が3枚入って600円から」と音声により出力される(【0238】)。
(オ)音声コンテンツ出力手段60から各広告インデックス情報を受けて各広告スポンサ21の広告内容情報の広告利用者への提供が完了すると、車載端末40の目的地設定手段66が、例えば「ご案内は以上です。いずれかを目的地に設定しますか?番号でお答え下さい。」と音声出力装置42を介して音声により車両23の目的地を設定すべきか否かを広告利用者に対して確認する(【0243】)。
(カ)広告利用者が音声により「3番」と音声入力装置41(注:甲1の段落【0244】にある「音声出力装置42」は「音声入力装置41の誤り。)を介して車載端末40の目的地設定手段66に入力する(【0244】)と、目的地設定手段66は、車両23の目的地を指定された広告スポンサ21の位置に設定するとともに「3番の九州ラーメンですね。目的地に設定します。」と音声出力装置42を介して音声により広告利用者に対して案内する(【0245】)。
(キ)目的地設定手段66は、広告スポンサ21の位置を車両23の目的地に設定した旨の広告利用状況情報を広告利用履歴記録手段67に与える(【0246】)。
(ク)広告利用履歴記録手段67は、音声コンテンツ出力手段60、画像コンテンツ表示手段65および目的地設定手段66から受けた広告利用状況情報を編集して広告利用履歴情報を作成する。広告利用履歴記録手段67は、広告利用履歴情報を広告利用履歴データベース47に入力する(【0248】)。この結果、広告利用者に検索された広告スポンサ21の広告利用状況情報が一覧となって広告利用履歴情報が保存される。広告利用履歴情報は例えば、表形式であり、広告内容情報を提供した検索日、時間、広告利用者が音声入力したキーワード、広告利用者が選択した広告インデックスの広告ID、提供した広告内容情報の広告パターン、目的地に設定されたか否か等の項目が設けられる(【0249】)。広告利用履歴情報により広告利用者により利用された広告内容情報の履歴を確認することができる(【0251】)。

キ.甲1には、上記広告利用履歴情報を用いて広告展開効果を把握するために以下の(ア)及び(イ)の処理を行うことが図14等に記載され、得られた広告利用履歴集計情報は、(ウ)に示すように広告展開効果を適切に把握できることが記載されている。
(ア)車載端末40の広告利用履歴情報送信手段69は、広告利用履歴データベース47に保存された過去の広告利用履歴情報の一部あるいは全部を定期的にセンタサーバ26の広告利用履歴情報受信手段78に送信する(【0284】)。
(イ)広告利用履歴情報受信手段78は、広告利用履歴情報送信手段69から広告利用履歴情報を受けて、一定の条件に従って編集あるいは集計することにより広告利用履歴集計情報を作成するとともに広告利用履歴集計データベース34に入力する(【0287】)。
(ウ)予め広告利用者に対し、広告利用者の属性情報の利用並びに広告スポンサ21への提供についての承諾を得ることにより、広告利用履歴情報受信手段78は、広告スポンサ21により広告展開効果を適切に把握することができる広告利用履歴集計情報を作成することができる(【0288】)。

ク.上記ウ及びエより、甲1に記載された車載端末40の車両ルート設定手段51は、車載端末40の入力装置から車両23の目的地の位置情報を受ける一方、カーナビゲーションシステム35のGPS受信器36から車両23の現在の位置情報を受けて、現在の位置から目的地まで車両23が移動すべき車両ルート情報を作成(【0056】)していることがわかる。また、上記ウより、甲1に記載されたカーナビゲーションシステム35は、GPS受信器36、地図情報データベース37、地図表示手段38およびモニタ39を有し、地図表示手段38は、GPS受信器36により得られた車両23の位置情報に基づいて適切な地図情報を地図情報データベース37から抽出してモニタ39に表示する機能を有する(【0042】)ことがわかるから、甲1に記載されたカーナビゲーションシステム35は、適切な地図情報をモニタ39に表示するナビゲーション処理を行うものであり、この適切な地図情報には、車両ルート設定手段51で作成した、車両が目的地まで移動すべきルートに関する情報が含まれていると解される。したがって、甲1には、目的地までの車両ルート情報を作成する車載端末40と作成した車両ルート情報をモニタに表示するナビゲーション処理を行うカーナビゲーションシステム35が記載されている。

ケ.上記カ(エ)の記載より、車両23の走行状態が走行中である場合には、車載端末40の音声コンテンツ出力手段60は、広告利用者に広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報を、音声出力装置42に与え、音声により出力している。
そして、この音声出力を行うのは、上記エの記載より、車載端末40の車両ルート設定手段51が現在の位置から目的地まで車両23が移動すべき車両ルート情報を作成し、作成した車両ルート情報をセンタサーバ26に与え、センタサーバ26で車両ルート情報に基づいて、広告インデックス情報を広告インデックスデータベース31から抽出し、抽出して得られた広告インデックス情報を、車載端末40に送信し、車載端末40で受信した広告インデックス情報を車載インデックスデータベース43に入力する機能と共に、広告インデックス情報から音声テキスト変換情報を作成し、車載キーワードデータベース44に入力した後であり、上記クに記載したように、甲1に記載されたカーナビゲーションシステム35は、適切な地図情報をモニタ39に表示するナビゲーション処理を行うものであるから、ナビゲーション処理中であるといえる。
さらに、上記のように、車載端末40の音声コンテンツ出力手段60が広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報を音声出力装置42により音声出力させるのは、上記カ(ア)ないし(ウ)より、広告利用者と車載端末40のスイッチ手段50との間で、広告利用者からの「検索」という音声入力に対し、車載端末40のスイッチ手段50が「検索ですね。何を検索しますか?」という内容の音声により、必要な情報の入力を広告利用者に要求し、これに続いて、広告利用者と車載端末40のスイッチ手段50及び広告スポンサ選択要求手段59との間で、「ラーメン」、「ラーメンですね。3軒あります。どれを案内しますか?番号でお答え下さい。」、「全部」、「全部ですね。近い順番からご案内します。」という対話がなされたことに基づいてなされているものであり、これは、スイッチ手段50及び広告スポンサ選択要求手段59と広告利用者との対話における広告利用者の回答に基づいて、上記のような広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報が音声コンテンツ出力手段60及び音声出力装置42により音声出力されているといえる。
そして、スイッチ手段50、広告スポンサ選択要求手段59は、いずれも車載端末40が有する手段である。
したがって、甲1に記載された車載端末40は、ナビゲーション処理中に、広告利用者との対話時における広告利用者の回答に基づいて、広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報を音声コンテンツ出力手段60及び音声出力装置42により音声出力させるスイッチ手段50と広告スポンサ選択要求手段59を有している。

コ.上記カ(エ)ないし(ク)より、甲1には、広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報が音声出力され、広告内容情報の広告利用者への提供が完了すると、車載端末40の目的地設定手段66が、音声出力装置42を介して音声により車両23の目的地を設定すべきか否かを広告利用者に対して確認し、広告利用者が音声により「3番」と音声出力装置42を介して車載端末40の目的地設定手段66に入力すると、目的地設定手段66は、車両23の目的地を指定された広告スポンサ21の位置に設定することが記載されている。さらに甲1には、広告利用履歴記録手段67は、音声コンテンツ出力手段60、画像コンテンツ表示手段65および目的地設定手段66から受けた広告利用状況情報を編集して広告利用履歴情報を作成し、広告利用履歴記録手段67は、広告利用履歴情報を広告利用履歴データベース47に入力することで、広告利用者に検索された広告スポンサ21の広告利用状況情報が一覧となって広告利用履歴情報が保存されることも記載されている。
上記記載から、甲1には、上記広告利用者が音声により「3番」と音声入力装置41を介して車載端末40の目的地設定手段66に入力するのは、広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報に対して、広告利用者が応答したものであり、この応答した結果を目的地設定手段66から広告利用履歴記録手段67は受けて、広告利用履歴情報を作成し、広告利用履歴データベース47に入力することが記載されているといえる。
そして、目的地設定手段66と広告利用履歴記録手段67は、共に車載装置40が有する手段であるから、結局、車載装置40は、音声入力装置41を介して入力された広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報に対して、広告利用者が応答した場合に、この応答した結果を目的地設定手段66から受けて、広告利用履歴情報を作成し、広告利用履歴データベース47に入力する広告利用履歴記録手段67を有することが記載されている。

上記アないしコより、甲1には、次の発明(以下、「甲1発明1」という。)が記載されている。

「目的地までの車両ルート情報を作成する車載端末40と作成した車両ルート情報をモニタに表示するナビゲーション処理を行うカーナビゲーションシステム35において、
前記ナビゲーション処理中に、広告利用者との対話時における広告利用者の回答に基づいて、広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報を、音声コンテンツ出力手段60及び音声出力装置42より音声出力させるスイッチ手段50と広告スポンサ選択要求手段59と、
音声入力装置41を介して入力された前記広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報に対して広告利用者が応答した場合に、この応答した結果を目的地設定手段66から受けて、広告利用履歴情報を作成し、広告利用履歴データベース47に入力する広告利用履歴記録手段67と、
を有する車載端末40とカーナビゲーションシステム35。」

(2)甲3の記載
取消理由通知(決定の予告)において引用した甲3には、以下の事項が記載されている。

ア.「【請求項1】
プッシュを開始するための対話開始条件が設定された情報を保持し、前記対話開始条件を満たす場合に、該対話開始条件に対応する情報をユーザにプッシュして、その情報に関する音声対話を行う音声対話装置であって、
ユーザの意図するドライブ行程と所定の対話規則を考慮して、前記対話開始条件を満たす情報を前記ドライブ行程上に配置する情報配置手段と、
ユーザが前記情報を配置した地点に到達した時点で前記情報をプッシュして、その情報に関する音声対話を行う音声対話手段と、を備えることを特徴とする音声対話装置。」

イ.「【技術分野】
【0001】
本発明は、音声対話装置、音声対話方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、ユーザに対して対話型の情報提供を行う装置が提案されている。(例えば、特許文献1、特許文献2参照)。特許文献1に開示されている、状況に応じてナビゲーション装置側から積極的に音声対話による情報提供を行うナビゲーション装置では、移動体の移動に関連するナビゲーション情報や、移動体の使用履歴に関連するユーザ固有情報等に基づいて、対話型の情報提供を開始するための対話開始条件が満たされたか否かを判定し、この対話開始条件が満たされた場合にユーザに対して発話を行う。」

ウ.「【0004】
上記特許文献1のナビゲーション装置は、ユーザがルート設定した場合等のドライブ行程を考慮した音声対話の条件設定がなされていない。そのため、特に、このナビゲーション装置を観光案内等に用いた場合、ユーザに対して唐突に音声対話が開始される印象を与えることがある。また、ドライブ行程の帰路など、ユーザが疲労していて対話したくないような場合でも対話が開始されてしまうという問題があった。」

エ.「【0061】
以下、本発明の音声対話装置、音声対話方法に関して、図面に基づいて説明する。なお、本実施形態では、自動車等の車両に搭載されるナビゲーション装置の機能として、本発明の音声対話装置、音声対話方法を採用した場合の例について説明する。
【0062】
なお、本実施形態では、特に断らない限り、情報とは、ユーザに対して提示される運転中に有用な情報を指すものとする。それらは、例えば、観光情報、交通情報、天気予報などの他、ニュース、音楽などの選曲・推薦・新譜情報等も含む。また、後述するように、これらの情報には、運転中の重要度を考慮し、対話開始条件として優先度を設定することが可能である。
【0063】
図1は、ナビゲーション装置の全体構成を示すブロック図である。同図に示すように、ナビゲーション装置は、位置検出器1、地図データ入力器6、操作スイッチ群7、制御回路8、案内地点データベース(以下、案内地点DB)9、表示装置10、送受信機11、音声入力マイク12、スピーカ13、及び、図示しないリモコンセンサ、リモートコントローラ(以下、リモコン)によって構成される。」

オ.「【0080】
図2に、制御回路8の機能ブロック図を示す。同図に示すように、制御回路8は、経路設定部100、経路計算部101、GPS受信部102、道路交通情報取得部103、音声認識部104、音声合成部105、対話管理部106、対話シナリオ生成部107、及び保留対話記憶部108等で構成される。」

カ.「【0085】
音声認識部104は、何れも図示しない、AD変換回路、認識プログラム処理部、音響モデル記憶部、及び認識辞書記憶部等によって構成される。AD変換回路は、音声入力マイク12を介して入力される音声信号を受信し、この信号をデジタル化した信号に変換する。変換されたデジタル音声信号は、認識プログラム処理部に送信される。
【0086】
認識プログラム処理部は、音響モデル記憶部、及び認識辞書記憶部を用いて、デジタル音声信号を認識語に変換するものである。認識プログラム処理部は、音響モデル記憶部に記憶される、例えば、周知の隠れマルコフモデル(Hidden Markov Model)等の手法を用いて、デジタル音声信号に対応する発話の内容(認識語読み)を解析する。この解析された認識語読みは、認識辞書記憶部に記憶される認識語と照合され、最も確からしい認識語が抽出される。この抽出された認識語が音声認識結果として対話管理部106へ出力される。
【0087】
音声合成部105は、スピーカ13を介して出力するメッセージの内容(出力メッセージ)を対話管理部106から入力し、そのメッセージの内容に対応する合成音声を生成する。
【0088】
対話管理部106は、ユーザとの間で対話を行うための制御部である。対話管理部106は、音声認識部104からの音声認識結果から、その音声認識結果に相応しい返答内容の対話シナリオを対話シナリオ生成部107から取得する。この取得した対話シナリオに基づく出力メッセージを音声音声部105へ出力する。
【0089】
また、対話管理部106は、音声認識部104から音声認識結果が出力されない場合でも、対話シナリオ生成部107が保持(記憶)する対話規則に従って、その対話規則に応じた対話シナリオを対話シナリオ生成部107から取得し、この対話シナリオに基づく出力メッセージを音声音声部105へ出力する。
【0090】
対話シナリオ生成部107は、ユーザに対して積極的に情報を提供し(以下、情報プッシュ)、その情報に関する音声対話を行うための対話シナリオを生成するとともに、後述する情報の配置を行うものである。この対話に必要な情報である案内情報は、案内地点DB9から取得する。また、対話シナリオ生成部107に接続された保留対話記憶部108は、後述するように、ユーザが保留した対話の保持・再開に必要な情報を保持(記憶)するものである。
【0091】
上記の構成を備える本実施形態のナビゲーション装置は、ユーザに対して情報をプッシュし、その情報に関する音声対話を行う音声対話処理を実行するものであるが、単に、上述した対話開始条件を満たしたときに情報をプッシュするのではなく、ユーザの意図するドライブ行程と対話規則を考慮して対話開始条件を満たした情報をドライブ行程上に配置する。
【0092】
そして、この配置に従って、対話開始条件を満たした情報をプッシュして、その情報に関する音声対話を行うことによって、使い勝手の良さと安全性を実現するものである。
【0093】
次に、本実施形態のナビゲーション装置の特徴部分について説明する。本実施形態のナビゲーション装置は、所定の対話規則(以下、単に「規則」と記す)に従って情報をドライブ行程上に配置する。この規則は、規則1?9まで設定されており、各規則は、ドライブ行程に応じた規則(規則1?4)、ユーザの都合に応じた規則(規則5)、プッシュする情報が多い場合の規則(規則6)、利便性を考慮した規則(規則7)、ユーザ毎の使用
履歴に関する規則(規則8)、ユーザが沈黙した場合の規則(規則9)となっている。以下、各規則について、詳細に説明する。」

キ.「【0128】
(規則9:ユーザが沈黙した場合の規則)
規則9は、『ユーザに対して提案を行ったとき、ユーザが沈黙した(未回答)ならば、提案内容の追加説明を行う(もしくは別の提案を行う)』というものである。すなわち、提案情報に対する返答の発話が無い場合、ユーザは、与えられた情報が不十分で判断が付けられない、若しくは、提案内容が適切でないため別の提案を望んでいる、ものと想定できる。
【0129】
従って、このような場合には、提案内容の追加説明や別の提案情報の音声対話を行うようにすることで、判断を付けやすくしたり、若しくは、ユーザの望む別の提案をしたりすることができる。
【0130】
例えば、図10の例1に示す対話内容のように、ユーザが沈黙した場合には、その沈黙する前の情報の追加説明を行う。この追加説明により、ユーザが音声対話を再開することが期待できる。また、図10の例2に示す対話内容のように、ユーザが沈黙した場合には、その沈黙する前の情報と異なる別の提案をする。この別の提案により、ユーザが音声対話を再開することが期待できる。」

6 当審の判断
(1)対比及び一致点と相違点について
本件発明1と甲1発明1とを対比すると、甲1発明1の「目的地までの車両ルート情報を作成」することは、本件発明1の「目的地までの経路探索を行」うことに相当する。また、甲1発明1の「作成した車両ルート情報をモニタに表示するナビゲーション処理を行う」ことは、本件発明1の「探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する」ことに相当する。さらに、甲1発明1の「車載端末40」と「カーナビゲーションシステム35」は、これらをあわせて本件発明1の「情報処理装置」に相当するから、甲1発明1の「目的地までの車両ルート情報を作成する車載端末40と、作成した車両ルート情報をモニタに表示するナビゲーション処理を行うカーナビゲーションシステム35」は、本件発明1の「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置」に相当する。
甲1発明1の「広告利用者」は、本件発明1の「ユーザ」に相当し、甲1発明1の「広告利用者の回答に基づいて」は、本件発明1の「ユーザの応答に基づいて」に相当する。また、甲1発明1の「広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報」は、本件発明1の「音声広告」に相当する。そして、本件発明1の「音声広告又は音声広告に係るアンケートを」音声出力させることには、音声広告を音声出力させることが含まれるから、甲1発明1の「広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報を、音声コンテンツ出力手段60及び音声出力装置42より音声出力させる」ことは、本件発明1の「音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる」ことに相当し、甲1発明1の「スイッチ手段50と広告スポンサ選択要求手段59」は、本件発明1の「出力制御手段」に相当する。
甲1発明1の「音声入力装置41を介して入力された前記広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報に対して広告利用者が応答した場合に」は、本件発明1の「音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に」に相当する。そして、広告利用履歴データベース47に入力された内容は、上記5(1)キに記載されているように、センタサーバ26に送信し、広告展開効果を把握することができる(上記5(1)キ(ウ)参照。)ものであるから、甲1発明1において広告利用履歴記録手段67が、広告利用履歴情報を作成し、広告利用履歴データベース47に入力することは、実質的に、広告内容を知らせるための音声コンテンツ情報の効果を測定していると解される。したがって、甲1発明1の「この応答した結果を目的地設定手段66から受けて、広告利用履歴情報を作成し、広告利用履歴データベース47に入力する広告利用履歴記録手段67」は本件発明1の「当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段」に相当する。
さらに、甲1発明1の「有する車載端末40とカーナビゲーションシステム35」は、本件発明1の「備え」る「情報処理装置」に相当する。

以上のことから、本件発明1と甲1発明1とは、次の[一致点1]において一致し、[相違点1]において、相違する。

[一致点1]
「目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、
を備える情報処理装置。」

[相違点1]
本件発明1の効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定するのに対し、甲1発明1の広告利用履歴記録手段67は、このような音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定するものではない点。

(2)相違点についての判断
上記[相違点1]について検討する。
甲3には、上記5(2)に示した事項が記載されているところ、ユーザの発話速度や発話開始までの待ち時間を検出することは、記載されておらず、ましてや、発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、ユーザの評価である否定の程度を取得し、音声広告の効果を測定することは記載も示唆もされていない。
そうすると、甲1発明1に甲3に記載された事項を適用し、甲1発明1を相違点1に係る本件発明1の発明特定事項である「音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ようにすることが当業者にとって容易になし得たこととはいえない。
したがって、本件発明1は、甲1発明1及び甲3に記載された事項に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものとはいえない。

7 甲2、甲4、甲5の記載及び異議申立人の主張について
まず、本件異議申立てにおいて、請求項1ないし17に係る発明が当業者が容易に発明をすることができたものであることの証拠として、上記甲1及び甲3と共に提出された甲2、4及び特開2012-168021号公報(甲第5号証。以下、「甲5」という。)について、検討する。

(1)甲2について
甲2には、「ユーザとの対話形式により広告を提示することに関する」(【0001】)発明が記載されており、特に【0017】ないし【0025】、【0032】ないし【0039】、【0048】ないし【0060】の記載より、情報提示装置100がネットワークを介してクライアント装置40a、40bと接続され、情報提示装置100が備えるアクション決定手段3は、文節情報に基づいて決定したユーザの問い合わせに対する適切な応答、ユーザへの問い返し及び提示する広告をネットワークに接続されたクライアント装置40a、40bに配信することが記載されているが、「音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことは、記載も示唆もされていない。

(2)甲4について
甲4には、「従来、ナビゲーション装置のような車載器では、DSRC(…狭域通信)を利用して路上や駐車場等に設置された路側無線装置と無線通信を行い、当該路側無線装置を介してセンター装置から自車の周辺にある施設(例えば、店舗や医療機関等)に関するコンテンツ情報の提供を受けることが可能となっている」(【0002】)が、「コンテンツ情報の配信サービスを行う配信事業者は、情報配信したコンテンツ情報やコンテンツ情報により案内された施設についてユーザにアンケートを実施して回答を取得することができなかった」(【0004】)という課題を解決するために、「センター装置30は、アンケートの質問及び回答選択岐が表示されたアンケート質問画面を表示するためのコンテンツ情報と、アンケート質問画面における回答選択岐の各回答の選択に応じて表示されるアンケート回答画面を表示するためのコンテンツ情報を含む複数のコンテンツ情報を車載器10に配信」(【0096】)し、「車載器は、センター装置30から受信したコンテンツ情報についての受信/再生履歴情報を記憶部1fに記憶し、アップリンク情報に含めてセンター装置30に送信する」(【0096】)ことが記載され、さらに、「センター装置30は、車載器10から受信した受信/再生履歴情報に、アンケート回答画面を再生したことを示す情報が含まれているか否かを判断し、アンケート回答画面を再生したことを示す情報が含まれている場合に、アンケートDB342における当該車載器10のユーザに対する特典ポイント情報を加算する特典加算処理を行う」(【0098】)ことで、「アンケートに回答したユーザに特典ポイントを付与すること」(【0098】)が記載されているが、「音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことは、記載も示唆もされていない。

(3)甲5について
甲5には、「看板とナビゲーション技術の連携に関」(【0001】)し、「周辺地図や進行方向などを表示する経路案内画面(…)に広告を表示し、広告した店舗などの施設にナビ端末が到達すると広告主に広告料を課金する提案が知られている」(【0003】)が、「運転者や歩行者は安全上からも、道路地図や経路などの必要な確認以外、地図画面を注視するわけではないので、広告を地図画面に表示しても十分な効果が見込めないという問題があった」(【0005】)ことから、「情報処理装置と、地図画面を表示するナビ端末と、を有する広告処理装置において、前記情報処理装置から前記ナビ端末へ、対象とする所定の看板に対応して表示すべきアイコンのデータを送信する情報送信手段と、前記看板から所定距離内に前記ナビ端末が接近したことを検出する接近検出手段と、前記接近が検出された場合に、前記アイコンのデータに基づいて、前記看板に対応するアイコンを前記ナビ端末の前記地図画面に表示するアイコン表示手段と、表示された前記アイコンに対しナビ端末において所定の操作が行われた場合に、前記看板に予め対応付けられた目的地への経路設定を行う経路設定手段と、を有」(【0008】)する発明が記載されている。しかし、甲5には、「音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことは、記載も示唆もされていない。

(4)本件発明1と甲2ないし5について
上記(1)ないし(3)に示すように、甲2、4、5には、「音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことは、記載されていない。
また、甲3にも、上記6(3)に示すように「音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことは、記載されていない。
したがって、甲1発明1に甲2ないし5に記載された事項を適用したとしても、本件発明1と甲1発明1との相違点に係る本件発明1の発明特定事項である「効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことは得られないから、本件発明1は、甲1発明1及び甲2ないし5に記載された事項に基づいて容易に発明をすることができたものとはいえない。

(5)取消理由通知(決定の予告)において採用しなかった特許異議申立理由について
本件異議申立人は、異議申立書において、本件発明1は、甲1に記載された発明と同一であり、新規性を有せず、仮に本件発明1と甲1に記載された発明との間でわずかな相違点があるとしても本件発明1は、甲1の記載に基づいて当業者が容易に想到し得たものであることは明らかである旨を主張している(特許異議申立書28ページ下から12行ないし29ページ31行)。
また、本件発明1の発明特定事項の一部である「効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことが特定されている本件訂正前の請求項6に係る発明に対し、本件異議申立人は、本件訂正前の請求項6により特定される事項は、甲2及び3に記載されている事項から、周知の技術事項である(特許異議申立書32ページ6行ないし18行)旨主張し、また甲1に記載された発明と甲2及び甲3に記載された事項に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである旨主張している(特許異議申立書37ページ6行ないし10行)。
しかしながら、上記6(1)に示すように、本件発明1と甲1発明1とは、[相違点1]の点で相違するから、本件発明1は、甲1に記載されたものではない。また、異議申立人の主張するように、「効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことが周知の技術事項であったとしても、上記(1)及び6(2)に示すように、「効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことまでは甲2及び甲3に記載されておらず、また、このような事項が周知であることを示す証拠もほかにないことから、上記(4)に示すように、本件発明1は、甲1発明1及び甲2ないし5に記載された事項に基づいて容易に発明をすることができたものとはいえない。

8 本件発明2ないし17について
本件の請求項2ないし13(請求項4ないし6を除く)の記載は、請求項1の記載を引用するものであり、本件発明2ないし13(本件発明4ないし6を除く)は、本件発明1の発明特定事項を全て含み、さらに限定された発明であるから、本件発明2ないし13(本件発明4ないし6を除く)は、甲1発明1と少なくとも上記[相違点1]の点で相違する。そして、甲1発明1に甲2ないし5に記載された事項を適用したとしても、[相違点1]に係る本件発明1の発明特定事項である「効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する」ことが得られないのは、上記6(2)及び7に示した通りであるから、本件発明2ないし13(本件発明4ないし6を除く)も、本件発明1と同様に甲1発明1及び甲2ないし5に記載された事項に基づいて容易に発明をすることができたものとはいえない。
また、本件の請求項4ないし6、15、17は、上記2に示すように、本件訂正により削除されたから、異議申立ての対象が存在しないものである。
さらに、本件発明14と本件発明16は、本件発明1の「情報処理装置」と、カテゴリーが相違するのみであって、実質的に本件発明1における相違点1に係る発明特定事項と同様の事項を備えるものであるから、本件発明14及び本件発明16は、本件発明1と同様の理由により、甲1に記載された発明であるとはいえない。また、本件発明1と同様の理由により、甲1発明1及び甲2ないし5に記載された事項に基づいて容易に発明をすることができたものではない。

9 むすび
以上のことから、取消理由通知に記載した取消理由及び特許異議申立書に記載された特許異議申立理由によっては請求項1ないし3、7ないし14、16に係る特許を取り消すことはできない。また、ほかに請求項1ないし3、7ないし14、16に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
また、請求項4ないし6、15、17に係る特許に対する異議申立ては、申立ての対象が存在しないから、特許法第120条の8第1項で準用する同法第135条の規定により却下する。

よって、結論のとおり決定する。

 
発明の名称 (54)【発明の名称】
情報処理装置、情報処理方法及びプログラム
【技術分野】
【0001】
本発明は、情報処理装置、情報処理方法及びプログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション機能を、車両に搭載された端末装置と協働して実現する情報処理装置が提案されている。上記の情報処理装置は、ユーザにより端末装置上で出発地及び目的地が設定された場合に、その出発地から目的地に至る最適経路を、地図データを用いて探索し、現在地マークとともにその最適経路を端末装置の表示部に表示させる。
【0003】
ところで、上記の端末装置の表示部に、広告を表示させる技術が知られている。
例えば、ナビゲーション機能を利用開始するための条件として、ユーザによりユーザ情報を入力させ、当該ユーザ情報に基づいた広告を表示させる技術が開示されている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2011-196936号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記特許文献1記載の技術は、目的地設定前の停車中が対象であるため、広告を表示させる機会が極めて制限されるという問題があった。
また、上記特許文献1記載の技術は、端末装置の表示部に広告を表示させる技術であるため、車両の走行中に表示させた場合、ドライバがゆっくり視認することができず、広告効果を見込めないという問題があった。
【0006】
本発明は、運転に影響することなく安全、円滑に広告の効果を確保することが可能な情報処理装置、情報処理方法及びプログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1に記載の発明は、上記目的を達成するためになされたものであり、
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、
を備え、
前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定することを特徴とする。
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の情報処理装置において、
前記出力制御手段は、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信することを特徴とする。
請求項3に記載の発明は、請求項2に記載の情報処理装置において、
前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、
前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、
前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する処理を含むことを特徴とする。
【0012】
(削除)
【0014】
請求項7に記載の発明は、請求項2又は3に記載の情報処理装置において、
前記対話用情報は、前記ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含むことを特徴とする。
【0015】
請求項8に記載の発明は、請求項2、3、7のいずれか一項に記載の情報処理装置において、
前記発話は、前記アンケートを含み、
前記ユーザの応答は、前記アンケートへの回答を含み、
前記処理は、特典情報の出力処理を含むことを特徴とする。
【0016】
請求項9に記載の発明は、請求項2、3、7、8のいずれか一項に記載の情報処理装置において、
前記発話は、前記音声広告を含み、
前記ユーザの応答は、前記音声広告の効果を示す情報を含み、
前記処理は、前記音声広告の効果を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする。
【0017】
請求項10に記載の発明は、請求項9に記載の情報処理装置において、
前記ユーザの応答は、前記音声広告に基づく行動を示す情報を含み、
前記処理は、前記行動を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする。
請求項11に記載の発明は、請求項1、2、3、7、8、9、10のいずれか一項に記載の情報処理装置において、
前記出力制御手段は、前記音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を前記音声出力手段により音声出力させることを特徴とする。
請求項12に記載の発明は、請求項1、2、3、7、8、9、10、11のいずれか一項に記載の情報処理装置において、
前記出力制御手段は、前記音声広告を音声出力させるための条件を前記ユーザに確認するための質問を前記音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段を介して取得された前記質問に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の音声出力を制御することを特徴とする。
請求項13に記載の発明は、請求項12に記載の情報処理装置において、
前記条件は、前記ユーザが乗車中の車両の走行状況に関する条件を含むことを特徴とする。
【0019】
請求項14に記載の発明は、
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップと、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定ステップと、
を含み、
前記効果測定ステップは、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する。
【0020】
請求項16に記載の発明は、
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段、
として機能させるプログラムであって、
前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定するプログラムである。
【発明の効果】
【0021】
本発明によれば、運転に影響することなく安全、円滑に広告の効果を確保することができる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本実施形態に係る情報処理システムを構成する各装置の主制御構成を示すブロック図である。
【図2】本実施形態に係る情報処理システムにおける音声広告又は音声広告に係るアンケートを音声出力させる処理の一例を示すフローチャートである。
【図3】図2の処理における対話の一例を示す図である。
【図4】本実施形態に係る情報処理システムにおける走行状況に基づいてユーザとの対話時における発話上の特徴を制御する処理の一例を示すフローチャートである。
【図5】本実施形態に係る情報処理システムにおける音声出力させた広告を、所定条件を満たす場合に再出力させる処理の一例を示すフローチャートである。
【図6】図5の処理における対話の一例を示す図である。
【図7】広告に係る地点を経由地として設定する画面の一例を示す図である。
【図8】広告を優劣順に表示させた画面の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0023】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。
【0024】
[1.構成の説明]
以下、図面を参照しながら、この発明の一実施形態について詳しく説明する。
[1-1.システム構成の説明]
まず、本実施形態に係る情報処理システム1の構成について説明する。
情報処理システム1は、図1に示すように、情報処理装置としてのナビゲーションサーバ(以下ナビサーバと称する)10及び広告配信サーバ20と、車両Cに搭載された端末装置30と、を備えて構成されている。情報処理システム1を構成する各装置は、通信ネットワークNに接続される。通信ネットワークNは、具体的には、インターネットや電気通信事業者等の電話回線網や携帯電話通信網等である。
【0025】
ナビサーバ10は、例えば、PC、WS(Work Station)等の情報機器であり、端末装置30から通信ネットワークNを介して送信されてきたプローブ情報が集積されるようになっている。ナビサーバ10は、1台で構成されるものとするが、これに限定されるものではなく、複数台の装置から構成されるものとしてもよい。
【0026】
広告配信サーバ20は、例えば、PC、WS(Work Station)等の情報機器であり、端末装置30に対し、通信ネットワークNを介して音声広告等の広告に係るコンテンツやニュース等のその他のコンテンツを配信する。広告配信サーバ20は、1台で構成されるものとするが、これに限定されるものではなく、複数台の装置から構成されるものとしてもよい。
【0027】
端末装置30は、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス、携帯電話機等の各ユーザが所持して使用する携帯型端末機器である。端末装置30には、目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するカーナビの機能を実現するアプリケーション(以下、カーナビアプリと称する)がインストールされている。また、端末装置30は、通信ネットワークN(具体的には、端末装置30の通信回線や無線LAN(Local Area Network)等)を用いて、ナビサーバ10又は広告配信サーバ20との間で相互に通信を行う。
【0028】
[1-2.ナビサーバの構成の説明]
次に、ナビサーバ10の構成について説明する。
ナビサーバ10は、制御部11と、操作部12と、表示部13と、記憶部14と、通信部15と、を備えて構成されている。
【0029】
制御部11は、ナビサーバ10の動作を中央制御する。具体的には、制御部11は、CPU、ROM、RAMなどを備えて構成され、RAMの作業領域に展開されたROMや記憶部14に記憶されたプログラムデータとCPUとの協働により、ナビサーバ10の各部を統括制御する。
【0030】
操作部12は、例えば、文字入力キー、数字入力キー、その他各種機能に対応付けられたキーなどを有するキーボード、マウス等のポインティングデバイスなどを備え、ユーザからの操作入力を受け付けて、操作入力に応じた操作信号を制御部11へと出力する。
表示部13は、例えば、LCD(Liquid Crystal Display)などのディスプレイを備え、制御部11から出力された表示制御信号に基づいた画像を表示画面に表示する。
【0031】
記憶部14は、例えば、HDD(Hard Disk Drive)、半導体メモリなどにより構成され、プログラムデータや各種設定データ等のデータを制御部11から読み書き可能に記憶する。
また、記憶部14は、地図データ、音声データ等を格納している。地図データには、例えば、広域をカバーした地図情報(複数縮尺に対応)、道路情報、施設、海、川等の各種シンボル情報等が記憶されている。また、音声データには、例えば、経路案内に必要な、単語や文節等からなるメッセージのデータ等が予め記憶されている。
【0032】
通信部15は、通信用IC(Integrated Circuit)及び通信コネクタなどを有する通信インターフェイスであり、制御部11の制御の下、所定の通信プロトコルを用いて通信ネットワークNを介したデータ通信を行う。例えば、通信部15は、ドライバにより設定された目的地情報及び端末装置30の現在位置検出部37により検出された現在位置情報、並びに端末装置30の制御部31により生成されたプローブ情報等を受信する。また、通信部15は、地図データ及び音声データとともに、経路探索結果等を、端末装置30に送信する。また、通信部15は、受信した目的地情報、現在位置情報及びプローブ情報等を、広告配信サーバ20に送信する。
【0033】
[1-3.広告配信サーバの構成の説明]
次に、広告配信サーバ20の構成について説明する。
広告配信サーバ20は、制御部21と、操作部22と、表示部23と、記憶部24と、通信部25と、を備えて構成されている。
【0034】
制御部21は、広告配信サーバ20の動作を中央制御する。具体的には、制御部21は、CPU、ROM、RAMなどを備えて構成され、RAMの作業領域に展開されたROMや記憶部24に記憶されたプログラムデータとCPUとの協働により、広告配信サーバ20の各部を統括制御する。
例えば、制御部21は、ナビサーバ10から送信された目的地情報、現在位置情報及びプローブ情報、或いは端末装置30から送信されたユーザの応答等に基づいて音声広告やニュース等のコンテンツを選択し、通信部25を介して端末装置30に送信する。
また、制御部21は、端末装置30から送信されたユーザの応答を音声認識する処理を行う。なお、音声認識処理については公知の音声認識技術を用いることとし、詳細な説明を省略する。
【0035】
操作部22は、例えば、文字入力キー、数字入力キー、その他各種機能に対応付けられたキーなどを有するキーボード、マウス等のポインティングデバイスなどを備え、ユーザからの操作入力を受け付けて、操作入力に応じた操作信号を制御部21へと出力する。
表示部23は、例えば、LCDなどのディスプレイを備え、制御部21から出力された表示制御信号に基づいた画像を表示画面に表示する。
【0036】
記憶部24は、例えば、HDD、半導体メモリなどにより構成され、プログラムデータや各種設定データ等のデータを制御部21から読み書き可能に記憶する。
また、記憶部24は、端末装置30に配信する音声広告やアンケート等の広告に係る各種コンテンツ、及びその他ニュース等のコンテンツを記憶する。また、記憶部24は、端末装置30に配信した広告に対するユーザの応答(操作を含む)を、その広告と関連付けて記憶する。
【0037】
通信部25は、通信用IC及び通信コネクタなどを有する通信インターフェイスであり、制御部21の制御の下、所定の通信プロトコルを用いて通信ネットワークNを介したデータ通信を行う。例えば、通信部25は、常時、ナビサーバ10から送信された目的地情報、現在位置情報及びプローブ情報等を受信する。また、通信部25は、音声広告等の広告に係る各種コンテンツを、端末装置30に送信する。また、通信部25は、端末装置30から送信されたユーザの応答を受信する。
なお、通信部25は、ナビサーバ10から送信された各種情報を、常時ではなく、適度な間隔毎に受信するようにしてもよい。
【0038】
[1-4.端末装置の構成の説明]
次に、端末装置30の構成について説明する。
端末装置30は、制御部31と、操作部32と、表示部33と、音声出力部34と、音声入力部35と、記憶部36と、現在位置検出部37と、通信部38と、を備えて構成されている。
【0039】
制御部31は、端末装置30の動作を中央制御する。具体的には、制御部31は、CPU、ROM、RAMなどを備えて構成され、RAMの作業領域に展開されたROMや記憶部36に記憶されたプログラムデータとCPUとの協働により、端末装置30の各部を統括制御する。
また、制御部31は、記憶部36に記憶されたカーナビアプリを実行することにより、ナビサーバ10と協働して、カーナビの機能を実現する。具体的には、制御部31は、ドライバによりカーナビアプリが起動され目的地が設定されると、当該目的地情報及び現在位置検出部37により検出された現在位置情報を、通信部38を介してナビサーバ10に送信する。次に、ナビサーバ10の制御部11は、端末装置30から送信された目的地情報及び現在位置情報に基づいて経路探索処理を行い、経路探索結果を地図データ及び音声データとともに、通信部15を介して端末装置30に送信する。次に、端末装置30の制御部31は、経路探索結果を、表示部33に表示させるとともに、音声出力部34から音声出力させる。これにより、カーナビの機能が実現される。
また、制御部31は、実際に車両Cが走行した位置や車速などの走行情報に基づいてプローブ情報を随時生成する。そして、制御部31は、生成したプローブ情報を、通信部38を介して随時ナビサーバ10に送信する。
【0040】
操作部32は、例えば、ホームボタン等からなるキー入力部と、表示部33と一体的に形成されたタッチパネルと、を備え、ドライバからの操作入力を受け付けて、操作入力に応じた操作信号を制御部31へと出力する。
表示部(表示手段)33は、例えば、LCD、有機EL(Electro Luminescence)素子を用いたFPD(Flat Panel Display)などのディスプレイを備え、制御部31から出力された表示制御信号に基づいた画像を表示画面に表示する。例えば、表示部33は、制御部31から出力された表示用データ(地図データ等)に基づいて、各種情報(例えば、地図画面やアイコン、経路案内等のナビゲーション用の表示情報、自車の現在位置を示す自車マーク等)を表示する。
【0041】
音声出力部(音声出力手段)34は、D/A変換器、アンプ、スピーカ等を備えて構成され、制御部31から出力された音声データをアナログの音声信号に変換して音声出力する。
【0042】
音声入力部(音声入力手段)35は、マイク、A/D変換器等を備えて構成され、マイクを介して音声入力を受け付け、アナログの音声信号をデジタルデータに変換して音声データを取得する。音声入力部35は、ユーザが発した音声が入力される。
【0043】
記憶部36は、例えば、HDD、半導体メモリなどにより構成され、プログラムデータや各種設定データ等のデータを制御部31から読み書き可能に記憶する。
【0044】
現在位置検出部37は、GPSモジュール、自律航法ユニット等を備えて構成されている。GPSモジュールは、GPSアンテナ等を備えて構成される。このGPSアンテナは、地球低軌道に打ち上げられた複数のGPS衛星から送信されるGPS信号を受信する。GPSアンテナは、少なくとも3個のGPS衛星から送信されるGPS信号を受信し、受信したGPS信号に基づいて車両Cの絶対的な現在位置(緯度、経度)を検出して、制御部31に出力する。
自律航法ユニットは、角度センサ、距離センサ等を備える。角度センサは、車の角速度(単位時間あたりの水平方向への回転角度)を検出して、移動方位の変化量を算出する。距離センサは、車輪の回転に応じて出力されるパルス信号を検出して、車両Cの移動量を算出する。自律航法ユニットは、これら角速度信号および車速パルス信号により、車両Cの相対的な位置変化を算出して制御部31に出力する。
【0045】
通信部38は、アンテナや通信回路を備え、制御部31による制御の下で外部機器との間の無線通信を行う。具体的には、通信部38は、基地局で中継されることで、通信ネットワークNを介してデータ通信を行う。例えば、通信部38は、ドライバにより設定された目的地情報及び現在位置検出部37により検出された現在位置情報、並びに制御部31により生成されたプローブ情報等を送信する。また、通信部38は、ナビサーバ10の通信部15から送信された経路探索結果、地図データ及び音声データ等を受信する。また、通信部38は、広告配信サーバ20から送信された音声広告等の広告に係る各種コンテンツを受信する。また、通信部38は、音声出力部34により音声出力させた音声広告や音声広告に係るアンケート等に対するユーザの応答を、広告配信サーバ20に送信する。
【0046】
[2.動作の説明]
次に、本実施形態に係る情報処理システム1の具体的な動作について、図2?図8を参照して説明する。
まず、広告配信サーバ20の制御部21が、ユーザとの対話に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、端末装置30の音声出力部34により音声出力させる処理について、図2のフローチャート及び図3の対話例を参照して説明する。ここで、制御部21は、本発明の出力制御手段として機能する。なお、本実施形態において、音声広告には、対象商品の値段を割引可能なクーポンが含まれるものとする。
【0047】
まず、広告配信サーバ20の制御部21は、図2に示すように、ナビサーバ10から送られてくるプローブ情報やユーザの走行ルートに係る設定情報(目的地や経由地の情報)を参照して、音声広告に係る地点と所定の位置関係にあるか否かを判定する(ステップS101)。
制御部21は、所定の位置関係にあると判定した場合(ステップS101:YES)、ステップS102へと移行する。
一方、制御部21は、所定の位置関係にあると判定した場合(ステップS101:NO)、所定の位置関係にあると判定するまで処理を繰り返す。
【0048】
ここで、所定の位置関係の一つの例は、現在地、目的地及びその二点を結ぶ経路から所定の距離内であることである。即ち、制御部21は、現在地、目的地及びその二点を結ぶ経路から所定の距離内に、音声広告に係る地点が存在する場合に、所定の位置関係にあると判定する。
また、所定の位置関係の他の例は、ユーザの普段の走行エリアから所定の距離内であることである。即ち、制御部21は、ユーザの普段の走行エリアから所定の距離内に、音声広告に係る地点が存在する場合に、所定の位置関係にあると判定する。
また、所定の位置関係の他の例は、ユーザが普段よく通る場所(地点、道等)から所定の距離内であることである。即ち、制御部21は、ユーザが普段よく通る場所から所定の距離内に、音声広告に係る地点が存在する場合に、所定の位置関係にあると判定する。
【0049】
次に、広告配信サーバ20の制御部21は、音声広告を音声出力させるための条件をユーザに確認するための質問を、通信部25を介して端末装置30に送信する(ステップS102)。条件確認のための質問は、例えば、ユーザの属性情報を確認するための質問である。例えば、ユーザが喫煙者であるか否かを確認するための「タバコ吸いますか?(図3(C)及び図3(D)のT21)」、ユーザの食の好みを判定するための「中華はお好きですか?」などの質問である。
【0050】
また、条件確認のための質問の他の例は、車両走行に関する条件(走行状況)を確認するための質問である。車両走行に関する条件とは、例えば、曜日、時間帯、天候、渋滞の有無、路面状態等の「車外の環境」、速度、走行中の道路種別、ガソリンの残量、電気自動車の動力用充電池の残量等の「車両の状況」、「目的地及び経由地」、眠いか否か、空腹、疲労、薬物の影響等の「ユーザの体調」、同乗者の有無、人数、性別、年代、体重等の「同乗者の状況」などである。車両走行に関する条件を確認するための質問としては、例えば、ユーザの体調を確認する「眠いですか?(図3(A)及び図3(B)のT11)」、車外の環境を確認する「混んでいますか?」等が挙げられる。
【0051】
端末装置30の制御部31は、広告配信サーバ20から送信された質問を、音声出力部34を介して音声出力させる(ステップS103)。
【0052】
次に、端末装置30の制御部31は、音声入力部35を介して、上記の質問に対するユーザの応答を取得し、通信部38を介して広告配信サーバ20に送信する(ステップS104)。ユーザの応答は、例えば、「うん、眠いよ(図3(A)のT12)」、「いや、眠くないよ(図3(B)のT14)」、「吸うよ(図3(C)のT22)」、「吸わないよ(図3(D)のT24)」などの応答や、無回答などの応答である。
【0053】
広告配信サーバ20の制御部21は、端末装置30から送信されたユーザの応答に基づいて、音声出力を制御する(ステップS105)。例えば、制御部21は、通信部38を介して、端末装置30に音声広告又は音声広告に係るアンケートを送信する。なお、制御部21は、ユーザの応答を音声認識した結果、音声出力しないと判定した場合には、そのまま処理を終了する。
端末装置30の制御部31は、広告配信サーバ20から送信された音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力部34を介して音声出力する(ステップS106)。例えば、ユーザが眠気を訴えた場合(図3(A)のT12)には「ミント菓子○×好評発売中!(図3(A)のT13)」、ユーザが眠気を訴えなかった場合(図3(B)のT14)には「よろしければアンケートにご協力ください(図3(B)のT15)」、ユーザが喫煙者であった場合(図3(C)のT22)には「タバコ△×本日発売開始しました!(図3(C)のT23)」、ユーザが喫煙者でなかった場合(図3(D)のT24)には「甘くて美味しいチョコレート○○△お一ついかがですか?(図3(D)のT25)」などと音声出力する。
【0054】
次に、端末装置30の制御部31は、音声入力部35を介して、上記の音声出力(音声広告又はアンケート)に対するユーザの応答を取得し、通信部38を介して広告配信サーバ20に送信する(ステップS107)。ユーザの応答は、例えば、「音声広告の効果を示す情報」、「音声広告に基づく行動を示す情報」、アンケートに対する回答、その他無回答などである。音声広告の効果を示す情報とは、例えば、音声広告に続く「ご興味ありますか?」に対する「あるよ(肯定)」、「いらない(否定)」といった回答などである。音声広告に基づく行動を示す情報とは、例えば、店舗を目的地や経由地として登録する行動、停車時に商品ページを表示させるために一時的にブックマークする行動、カーナビアプリのユーザIDと同一のIDでPCサイトにログインしたときに商品ページを自動で表示させるために所定の登録を行う行動などを示す情報である。
【0055】
次に、広告配信サーバ20の制御部21は、端末装置30から送信されたユーザの応答に基づく処理を行う(ステップS108)。
例えば、制御部21は、取得したユーザの応答がアンケートに対する回答であった場合、その応答に基づく処理として、特典(例えば、特典ポイント)を付与するための特典情報を、通信部25を介して端末装置30に送信する。
端末装置30の制御部31は、広告配信サーバから送信された情報を、音声出力部34を介して音声出力する。例えば、「アンケートの回答を受け付けました。特典ポイントが付与されました。」などと音声出力する。
【0056】
また、広告配信サーバ20の制御部21は、取得したユーザの応答が音声広告の効果を示す情報又は音声広告に基づく行動を示す情報であった場合、その応答に基づく処理として、これらの情報を解析し、音声広告の効果を測定する。即ち、制御部21は、本発明の効果測定手段として機能する。例えば、音声広告の効果を示す情報であった場合は、回答内容(肯定、否定の程度)を解析して効果を測定する。また、音声広告に基づく行動を示す情報であった場合は、肯定的反応であると見做して効果を測定する。また、無回答であった場合は、否定的反応であると見做して効果を測定する。
【0057】
なお、広告配信サーバ20の制御部21は、音声認識の際、ユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、応答に先立って出力された音声広告に対するユーザの評価(肯定、否定の程度)を応答の要素として取得し、当該音声広告の効果に反映する。ここで、発話上の特徴とは、例えば、発話速度、発話開始までの待ち時間などである。
【0058】
次に、ユーザが乗車中の車両Cの走行状況に基づいて、端末装置30の音声出力部34により出力される音声における発話上の特徴を制御する処理について、図4のフローチャートを参照して説明する。ここで、制御部21は、本発明の発話制御手段として機能する。なお、この処理は、音声広告や音声広告に係るアンケートに限らず、端末装置30が音声出力する全てのコンテンツ(ナビゲーション情報等も含む)をその対象としている。
【0059】
まず、広告配信サーバ20の制御部21は、図4に示すように、ナビサーバ10から送られてくるプローブ情報やユーザの走行ルートに係る設定情報(目的地や経由地の情報)を参照して、ユーザが乗車中の車両Cの走行状況を取得する(ステップS201)。そして、制御部21は、取得した走行状況に基づいて、発話上の特徴を制御する。
【0060】
ここで、走行状況の一つの例は、例えば、車外の環境である。車外の環境とは、例えば、曜日、時間帯、天候、渋滞の有無、路面状態等である。制御部21は、例えば、休日にはカジュアルな口調(声や語り口)で発話したり、雨天時には明るい口調で発話したり、夜間には落ち着いた口調で発話したりする制御を行う。
【0061】
また、走行状況の他の例は、車両の状況である。車両の状況とは、例えば、速度、走行中の道路種別、ガソリンの残量、電気自動車の動力用充電池の残量等である。制御部21は、例えば、ゆっくり走行している際には落ち着いた口調で発話したり、海沿いの道路を走行中は快活な口調で発話したりする制御を行う。
また、例えば、車両の状況に応じて発話の「内容」を制御するようにしてもよい。例えば、高速道路を走行中には、車間距離への注意を喚起するような発話をしたり、ガソリンの残量が少なくなってきた場合には、次のサービスエリアへの立ち寄りを薦めるような発話をしたりするようにしてもよい。或いは、ガソリンの残量が少なくなってきた場合には、ガソリンに関するニュースや豆知識等を読み上げるようにしてもよい。
【0062】
また、走行状況の他の例は、目的地、経由地である。制御部21は、例えば、目的地がディズニーランドに設定されている場合に、ミッキーマウスの声で発話する制御を行う。
【0063】
また、走行状況の他の例は、ユーザの体調である。ユーザの体調とは、例えば、眠いか否か、空腹、疲労、薬物の影響等である。制御部21は、例えば、ユーザが眠い場合や疲れている場合には、発話速度をゆっくりにしたり、眠気を覚まさせるために対話量を増加させたりする制御を行う。或いは、ユーザが眠い場合には、単なる事実確認だけでなく、少し頭を使わせるような質問を含むアンケートを音声出力するようにしてもよい。
【0064】
なお、ユーザの体調は、ユーザに直接質問する形式の他、応答の発話上の特徴から判断するようにしてもよい。発話上の特徴とは、例えば、発話速度、発話開始までの待ち時間等である。例えば、発話速度がゆっくりである場合や発話開始までの待ち時間が長い場合には、「眠い」、「疲れている」と判断する。この場合、判断時に、夜であるとか夕食後であるといった他の情報を加味するようにしてもよい。
【0065】
また、走行状況の他の例は、同乗者の状況である。同乗者の状況とは、例えば、同乗者の有無、人数、性別、年代、体重等である。制御部21は、例えば、同乗者の体重が非常に軽い場合には、同乗者が子供であると判断し、子供に人気のあるキャラクターの声で発話するなどの制御を行う。また、同乗者が子供である場合には、トイレ休憩を促す音声を出力するようにしてもよい。
【0066】
なお、同乗者の状況は、ユーザに直接質問する形式の他、同乗者の音声の特徴から判断するようにしてもよい。同乗者の音声の特徴とは、例えば、同乗者の音声の周波数帯等である。端末装置30の音声入力部35を介して同乗者の音声を取得し、同乗者の音声の周波数帯を解析することで、同乗者の有無、人数、性別、年代等を判別することができる。
【0067】
ここで、広告配信サーバ20の制御部21が、端末装置30の音声出力部34により出力される音声を、標準(初期設定)の音声とは別の音声に変更可能な制御を行うようにしてもよい。即ち、制御部21は、本発明の音声変更手段として機能する。
また、制御部21は、別の音声に変更されている場合であって、同乗者が検出された場合には、標準の音声に変更する制御を行うようにしてもよい。
【0068】
次に、広告配信サーバ20の制御部21は、ステップS201で取得した走行状況に基づいて、発話上の特徴の形式を制御する(ステップS202)。発話上の特徴の形式とは、例えば、話す速さ、声のトーン、発話表現や語彙等である。例えば、制御部21は、同乗者に子供の数が多い場合には、子供でもわかるような表現で発話するように制御する。
【0069】
次に、広告配信サーバ20の制御部21は、ステップS201で取得した走行状況に基づいて、発話の種別を制御する(ステップS203)。発話の種別とは、例えば、アンケート、音声広告、その他のコンテンツ(ニュースなど)のことである。例えば、高速道路を走行中には、周囲に飲食店等の店舗がなく、音声広告を提供する効果がさほど見込めないため、ユーザが興味を持ちそうなニュースを読み上げるようにしてもよい。また、ユーザがニュースを望まない場合には、アンケートを実施するようにしてもよい。一方で、一般道を走行中には、音声広告を提供するようにしてもよい。
【0070】
次に、広告配信サーバ20の制御部21は、ステップS201で取得した走行状況に基づいて、発話の量及び発話の頻度を制御する(ステップS204)。例えば、渋滞時は暇であり、夜は眠くなりがちであることから、ユーザにとって会話したいという需要が生まれる。従って、例えば、制御部21は、渋滞時や夜間に、発話の量や頻度を相対的に増大させる制御を行う。
上記のステップS202?ステップS204の処理は、順不同である。
【0071】
なお、走行状況に基づいて発話上の特徴を制御することに加え、質問を発話し、その質問に対するユーザの応答に基づいて発話内容を制御するようにしてもよい。
例えば、「眠いですか?」との質問に対し「眠くない」旨の応答が取得された場合、ユーザに思考力を期待できるので、アンケートを依頼するようにするとよい。一方、「眠い」旨の応答が取得された場合、眠気覚ましに効果的なミント菓子の広告やニュースを提供するようにするとよい。また、「タバコ吸いますか?」との質問に対し「吸う」旨の応答が取得された場合、タバコへの関心が認められるので、タバコの広告を提供するようにするとよい。
【0072】
また、走行状況に基づいて発話上の特徴を制御することに加え、質問を発話し、その質問に対するユーザの応答に基づいて発話の種別を制御するようにしてもよい。
例えば、「眠いですか?」との質問に対し「眠くない」旨の応答が取得された場合、ユーザに思考力を期待できるので、アンケートを依頼する。そして、アンケートを終えたら、ニュース等のコンテンツを提供する。一方、「眠い」旨の応答が取得された場合、眠気覚ましに効果的なミント菓子の広告を提供する。また、「タバコ吸いますか?」との質問に対し「吸う」旨の応答が取得された場合、タバコへの関心が認められるので、タバコの広告を提供する。
【0073】
なお、走行状況に基づいて発話上の特徴を制御するに際し、車両Cが停車中であれば、発話しながら端末装置30の表示部33上に当該発話に係る画像を表示させるようにしてもよい。ここで、発話に係る画像とは、例えば、関連ウィキページや商品の具体的な内容を説明する商品ページ等、発話内容と関連するページや画像などである。
【0074】
次に、端末装置30の音声出力部34(出力手段)により音声出力させた広告を、所定条件を満たす場合に、再出力させる処理について、図5のフローチャート、図6の対話例、並びに図7及び図8の画面例を参照して説明する。ここで、再出力とは、再度の音声出力に限定されず、音声出力された内容の画像出力等も含まれる。また、音声出力された内容と全く同一の内容を出力する場合に限定されず、類似する或いは関連する内容を出力する場合を含んでいる。即ち、再出力させる処理とは、再び音声出力及び画像出力のうち少なくとも一方を実行させる処理のことである。なお、この処理では、先に音声出力された広告として、対象商品の値段を割引可能なクーポンを例示して説明する。
【0075】
まず、広告配信サーバ20の制御部21は、図5に示すように、ナビサーバ10から送られてくるプローブ情報やユーザの走行ルートに係る設定情報(目的地や経由地の情報)を参照して、所定条件を満たすか否かを判定する(ステップS301)。
制御部21は、所定条件を満たすと判定した場合(ステップS301:YES)、広告(クーポン)の再出力を制御する(ステップS302)。
一方、制御部21は、所定条件を満たしていないと判定した場合(ステップS301:NO)、所定条件を満たすと判定するまで処理を繰り返す。
【0076】
ここで、所定条件の一つの例は、広告に係る地点と所定の位置関係にあることである。即ち、制御部21は、広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、所定条件を満たすと判定し、広告の再出力を制御する。
【0077】
所定の位置関係の一つの例は、広告に係る地点から所定の距離内であることである。例えば、制御部21は、現在地が広告に係る地点から500m以内である場合に、所定の位置関係にあると判定する。
また、所定の位置関係の他の例は、これから向かう経路上であることである。即ち、制御部21は、広告に係る地点がこれから向かう経路上に存在する場合に、所定の位置関係にあると判定する。
また、所定の位置関係の他の例は、これから向かう経路から所定の距離内であることである。例えば、制御部21は、広告に係る地点が、これから向かう経路から100m以内である場合に、所定の位置関係にあると判定する。
また、所定の位置関係の他の例は、現在地から目的地までを結ぶ紡錘形の範囲内であることである。例えば、制御部21は、広告に係る地点が、現在地から目的地までを結ぶ紡錘形(例えば、最大幅が300m以内)の範囲内である場合に、所定の位置関係にあると判定する。
【0078】
図6(A)に、広告に係る地点から所定の距離内(500m以内)である場合の対話例を示す。図6(A)は、先に牛丼のお店である「△△屋○○店」のクーポンが音声出力された場合の対話例である。
端末装置30の制御部31は、「△△屋○○店」のクーポンを音声出力する際、例えば、「△△屋○○店30%引きクーポンが発行されました(T31)」と音声出力する。
その後、制御部31は、現在地が広告に係る地点(「△△屋○○店」)から500m以内であると判定した場合に、例えば、「△△屋○○店に接近しました(T32)」「寄りますか?(T33)」と音声出力することで、「△△屋○○店」のクーポンを再出力させる。
そして、制御部31は、音声入力部35を介して、例えば、「はい(T34)」という肯定的なユーザの応答を取得した場合に、「△△屋○○店」を経由地として設定する。
【0079】
また、図6(A)に示す例において、現在地が広告に係る地点(「△△屋○○店」)から500m以内であると判定した場合に、「△△屋○○店に接近しました(T32)」と音声出力してユーザの興味を惹き付けた後、「寄りますか?(T33)」と音声出力する代わりに、図7に示すように、表示部33(出力手段)に「ココを通る」ボタンB1を一つ大きく表示するようにしてもよい。
この場合、制御部31は、ユーザにより「ココを通る」ボタンB1が押下された場合に、「△△屋○○店」を経由地として設定する。
【0080】
また、所定条件の他の例は、広告に係る地点から所定範囲内(例えば、500m以内)において、ユーザが発話した広告に係る所定のキーワード(語)を取得したことである。ここで、広告に係る所定のキーワードとは、例えば、店名、商品名等である。
【0081】
図6(B)は、図6(A)と同様、先に牛丼のお店である「△△屋○○店」のクーポンが音声出力された場合の対話例である。
端末装置30の制御部31は、「△△屋○○店」のクーポンを音声出力する際、例えば、「△△屋○○店30%引きクーポンが発行されました(T41)」と音声出力する。
その後、制御部31は、現在地が広告に係る地点(「△△屋○○店」)から500m以内である場合において、ユーザが発話した広告に係る所定の語(例えば、△△屋)を含む発話(例えば、「最近△△屋行ってないなぁ(T42)」)を取得した場合に、「先程発行されたクーポンが使える△△屋○○店が0.4km先です(T43)」「経由地に設定しますか?(T44)」と音声出力することで、「△△屋○○店」のクーポンを再出力させる。
そして、制御部31は、音声入力部35を介して、例えば、「はい(T45)」という肯定的なユーザの応答を取得した場合に、「△△屋○○店」を経由地として設定する。
また、例えば、停車時に、上記のクーポンを自動的に端末装置30の表示部33に表示させるようにしてもよい。また、停車時に、カーナビの案内機能を中断して、メニュー操作できるようにし、メニュー画面からクーポンを表示させる機能を手動で選択可能にしてもよい。
【0082】
また、所定条件の他の例は、停車時である。即ち、制御部21は、車両Cの停車時に、所定条件を満たすと判定し、広告の再出力を制御する。
例えば、制御部21は、車両Cの停車時に、当該車両Cの走行中に発行されたクーポンを、端末装置30の表示部33に一覧表示させる。このとき、例えば、表示部33に一覧表示されたクーポンの一つをユーザがタッチした場合、このクーポンの具体的な利用条件(利用期限等)を説明する画面を表示させたり、店員に見せるためのバーコードを含む画面を表示させたりするようにしてもよい。
【0083】
また、所定条件の他の例は、車両C内に端末装置30と関連付けられた別の端末装置30が存在することである。ここで、関連付けられている端末装置30同士は、互いに遠隔でお店の検索や経由地への追加設定等の操作を行うことができる。端末装置30同士の関連付けは、例えば、ナビゲーションのサービスに各端末装置30が各々のユーザIDでログイン中の場合に一の端末装置30から他の端末装置30のユーザIDを指定することや、サーバ装置(例えば、ナビサーバ10や広告配信サーバ20、その他のサーバ装置など)経由ないし近距離無線通信を介し端末装置30間で申し合わせた所定操作を行うことなどによって行う。制御部21は、ドライバの端末装置30に、同乗する家族等が保持する別の端末装置30が関連付けられている場合に、所定条件を満たすと判定し、広告の再出力を制御する。
例えば、制御部21は、車両C内に端末装置30と関連付けられた別の端末装置30が存在する場合に、当該車両Cの走行中に発行されたクーポンを、別の端末装置30の表示部33に一覧表示させる。
従って、車両Cが走行中であっても、ドライバの端末装置30に発行されたクーポンを、同乗者の端末装置30の表示画面に一覧表示させることができる。
なお、同乗者が保持する別の端末装置30からの遠隔操作時には、ナビサーバ10や広告配信サーバ20を介して通信するようにしてもよいし、端末装置30間で直接通信するようにしてもよい。
【0084】
なお、広告配信サーバ20の制御部21が、音声出力された広告に対するユーザの応答に基づいて、広告の優劣(例えば、肯定、否定の程度)を評価するようにし、評価された優劣に基づいて、広告を優劣順に表示部33に表示させるようにしてもよい。即ち、制御部21は、本発明の優劣評価手段として機能する。例えば、優劣順が「△△屋○○店30%引きクーポンC1」、「○△ドーナツ全品100円クーポンC2」、「アイスクリーム割引クーポンC3」であった場合、図8に示すように、上から「△△屋○○店30%引きクーポンC1」、「○△ドーナツ全品100円クーポンC2」、「アイスクリーム割引クーポンC3」の順に表示させる。広告毎の優劣は、ユーザの興味の程度により判断される。ユーザの興味の程度は、ユーザの発話により判断される。例えば、ユーザの発話が「うん、いいね」「面白そう」等の肯定的な表現であった場合には、優先順位を高くして表示順を前の方に設定する。一方、ユーザの発話が「興味ないね」「いらないよ」等の否定的な表現であった場合には、優先順位を低くして表示順を後ろの方に設定する。
【0085】
また、出力(再出力を含む)した広告に対するユーザの応答(発話のみではなく操作を含む)を、その広告若しくは広告の属性又はユーザ若しくはユーザの属性の少なくとも一方に反映させるようにしてもよい。ここで、反映とは、広告、広告の属性、ユーザ及びユーザの属性の各々とユーザの応答から導出される評価とを対応付けし、今後の適切な広告配信の指針とすることである。
例えば、30代の男性ユーザAが牛丼のお店である「△△屋○○店」のクーポンに対して肯定的な反応を示したような場合、広告である「△△屋○○店のクーポン」に肯定評価を反映させてもよいし、広告の属性である「牛丼のクーポン」や「外食(飲食店)のクーポン」に肯定評価を反映させてもよい。また、ユーザである「男性ユーザA」が△△屋○○店のクーポンに肯定評価したことを反映させてもよいし、ユーザの属性である「30代男性」が△△屋○○店のクーポンに肯定評価したことを反映させてもよい。
また、牛丼のクーポンが多くのユーザに反応され、フルーツのクーポンがほとんどのユーザに反応されなかったような場合、「牛丼のクーポン」に肯定評価を反映させるようにし、「フルーツのクーポン」に否定評価を反映させるようにしてもよい。
また、ユーザの行動性向をユーザに反映させるようにしてもよい。例えば、ユーザAが、飲食店クーポンに多く反応した場合には、飲食店クーポンを好むユーザとして評価するようにし、全体的にクーポンに反応する場合には、クーポンに反応しやすいユーザとして評価するようにしてもよい。
また、ユーザの属性のうち性別毎の行動性向を当該性別毎に反映させるようにしてもよい。例えば、牛丼のクーポンが男性に多くタッチされるような場合、男性は牛丼のクーポンを肯定評価し易く、女性は牛丼のクーポンを肯定評価しにくい旨を反映させるようにしてもよい。また、男性は全体的にクーポンに応答し、女性は全体的にクーポンに応答しない場合には、男性はクーポンに反応し易く、女性はクーポンに反応しにくい旨を反映させるようにしてもよい。
【0086】
また、出力(再出力を含む)した広告に対するユーザの応答(発話のみではなく操作を含む)を、走行状況に反映させるようにしてもよい。
例えば、雨が降っているときに、クーポンAが多くのユーザに反応されたような場合、雨の日にはクーポンAがユーザに反応され易い旨を反映させるようにしてもよい。
また、車両Cの走行速度が相対的に速いときに、クーポンBが多くのユーザに反応されたような場合、走行速度が速いときにはクーポンBがユーザに反応され易い旨を反映させるようにしてもよい。
また、眠いと判定されたユーザに、クーポンCが多く反応されたような場合、眠いときにはクーポンCがユーザに反応され易い旨を反映させるようにしてもよい。
【0087】
また、出力(再出力を含む)した広告に対するユーザの応答(発話のみではなく操作を含む)を、当該ユーザの応答の発話上の特徴に反映させるようにしてもよい。
例えば、安売りで有名な店舗の割引クーポンを、まくし立てるように速く話したときにユーザの反応がよく、ゆっくり落ち着いて話したときにユーザの反応が悪かったような場合、この割引クーポンは、速く話したときにはユーザに反応され易く、ゆっくり話したときにはユーザに反応されにくい旨を反映させるようにしてもよい。
【0088】
[3.効果]
以上のように、本実施形態に係る情報処理装置(ナビサーバ10及び広告配信サーバ20)は、ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段(音声出力部34)により音声出力させる出力制御手段(制御部21)を備える。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ドライバが端末装置30の表示部33を視認することなく広告の情報を取得することができるので、運転に影響することなく安全、円滑に広告の効果を確保することができる。
【0089】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力制御手段は、音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を音声出力手段により音声出力させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザが関心を持ちやすい位置関係にある場合に音声広告を出力させるので、広告効果をより向上させることができる。
【0090】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力制御手段は、音声広告を音声出力させるための条件をユーザに確認するための質問を音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段(音声入力部35)を介して取得された質問に対するユーザの応答に基づいて、音声広告の音声出力を制御する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザとの対話によりユーザの情報を取得することができるので、効果的で無駄のない広告出力を実現することができる。
【0091】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、条件は、ユーザが乗車中の車両Cの走行状況に関する条件を含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、走行状況に応じて適切な広告を選択することができるので、より効果的な広告出力を実現することができる。
【0092】
また、本実施形態に係る情報処理装置は、音声入力手段を介して取得された音声広告に対するユーザの応答に基づいて、音声広告の効果を測定する効果測定手段(制御部21)を備える。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力した音声広告の効果を取得することができるので、広告主への情報提供や広告料の課金などに活用することができる。
【0093】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、効果測定手段は、音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価を取得して、当該音声広告の効果を測定する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力した音声広告の効果を精度よく取得することができるので、広告主に対してより正確な情報提供を行うことができる。
【0094】
また、本実施形態に係る情報処理装置は、ナビゲーション処理中に、ユーザが乗車中の車両Cの走行状況に基づいて、音声出力手段(音声出力部34)により出力される音声における発話上の特徴を制御する発話制御手段(制御部21)を備える。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車両Cの走行状況によって適切な発話上の特徴で音声が出力されるので、ユーザにとって快適な車内環境を作り出すことができる。
【0095】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、走行状況は、車外の環境を含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車外の環境に即した発話上の特徴で音声が出力されるので、ユーザにとってより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0096】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、走行状況は、車両Cの状況を含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車外の環境に即した発話上の特徴で音声が出力されるので、ユーザにとってより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0097】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、走行状況は、目的地又は経由地を含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、目的地又は経由地に即した発話上の特徴で音声が出力されるので、ユーザにとってより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0098】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、走行状況は、ユーザの体調を含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザの体調に即した発話上の特徴で音声が出力されるので、ユーザにとってより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0099】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、音声入力手段を介して取得されたユーザの応答の発話上の特徴に基づいて、ユーザの体調を判断する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザの体調を自動的に取得することができるので、ユーザに負担を与えることなくユーザの体調を判断して適切な音声出力を行うことができる。
【0100】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、走行状況は、同乗者の状況を含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、同乗者の状況に即した発話上の特徴で音声が出力されるので、ユーザにとってより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0101】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、音声入力手段を介して取得された音声の特徴に基づいて、同乗者の状況を判断する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、同乗者の状況を自動的に取得することができるので、ユーザに負担を与えることなく同乗者の状況を判断して適切な音声出力を行うことができる。
【0102】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、音声出力手段により出力される音声を、標準の音声とは別の音声に変更可能な音声変更手段(制御部21)を備える。また、発話制御手段は、音声変更手段により別の音声に変更されている場合であって、同乗者が検出された場合には、標準の音声に変更する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザの好みの音声出力が行われている状況であっても、同乗者を検出した場合に自動的に標準の音声に変更することができるので、ユーザのプライバシーを確保することができる。
【0103】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、走行状況に基づいて、発話上の特徴の形式を制御する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車両Cの走行状況によって適切な発話上の特徴の形式で音声が出力されるので、状況に適合したより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0104】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、音声出力手段により質問を発話させ、音声入力手段を介して取得された質問に対するユーザの応答に基づいて、発話内容を制御する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザとの対話によりユーザの情報を取得することができるので、ユーザにとってより適切な発話内容で発話してより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0105】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、走行状況に基づいて、発話の種別を制御する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車両Cの走行状況によって適切な発話の種別で音声が出力されるので、状況に適合したより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0106】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話の種別は、少なくともアンケート、音声広告及びその他のコンテンツを含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車両Cの走行状況によって複数のコンテンツの中から適切な発話の種別を選択することができるので、ユーザにとってより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0107】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、音声出力手段により質問を発話させ、音声入力手段を介して取得された質問に対するユーザの応答に基づいて、発話の種別を制御する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザとの対話によりユーザの情報を取得することができるので、ユーザにとってより適切な発話の種別で発話してより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0108】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、走行状況に基づいて、発話の量及び発話の頻度の少なくとも一方を制御する。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車両Cの走行状況によって適切な発話の量及び発話の頻度で音声が出力されるので、状況に適合したより快適な車内環境を作り出すことができる。
【0109】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、発話制御手段は、車両Cが停車中の場合、表示手段(表示部33)に発話に係る画像を表示させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、車両Cが停車中の場合、音声に加えて画像を出力させることができるので、ユーザが発話の内容を容易に理解することができる。
【0110】
また、本実施形態に係る情報処理装置は、ナビゲーション処理中に、出力手段(音声出力部34)により音声出力させた広告を、所定条件を満たす場合に、再び音声出力及び画像出力のうち少なくとも一方を実行させる出力制御手段(制御部21)を備える。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、音声出力された広告を必要に応じて再度出力させることができるので、音声出力された複数の広告を認識させるために印象付けることができる。
【0111】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、所定条件を満たす場合は、広告に係る地点と所定の位置関係のときを含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザが関心を持ちやすい位置関係にある場合に広告を再度出力させるので、複数の広告をより適切に認識させることができる。
【0112】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、所定条件を満たす場合は、広告に係る地点から所定範囲内において、ユーザが発話した広告に係る所定のキーワードを、音声入力手段を介して取得したときを含む。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザが広告への関心を表出した場合に広告を再度出力させるので、複数の広告をより適切に認識させることができる。
【0113】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、所定条件を満たす場合は、停車時を含み、出力制御手段は、停車時に、広告を出力手段(表示部33)に一覧表示させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、ユーザが広告を視認可能な状態のときに広告を再度出力させるので、複数の広告をより安全に比較させることができる。
【0114】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、所定条件を満たす場合は、ユーザが乗車中の車両C内に、広告を音声出力させた出力手段を備える端末装置30と関連付けられた別の端末装置30が存在するときを含み、出力制御手段は、別の端末装置30が存在する場合に、広告を別の端末装置30の出力手段に一覧表示させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、別のユーザが広告を視認可能な状態のときに広告を再度出力させるので、複数の広告をより安全に比較させることができる。
【0115】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、音声入力手段を介して取得された広告に対するユーザの応答に基づいて、広告の優劣を評価する優劣評価手段(制御部21)を備える。また、出力制御手段は、優劣評価手段により評価された優劣に基づいて、広告を優劣順に出力手段に表示させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力した広告の効果を取得して表示時に反映することができるので、複数の広告をより適切に比較させることができる。
【0116】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力制御手段は、音声入力手段を介して取得された広告に対するユーザの応答を、当該広告若しくは当該広告の属性又は当該ユーザ若しくは当該ユーザの属性の少なくとも一方に反映させ、当該反映結果に基づいて広告を出力手段により音声出力させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力した広告に対する応答を広告又はユーザに反映させることができるので、その後の広告出力をより効果的に行うことができる。
【0117】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力制御手段は、音声入力手段を介して取得された広告に対するユーザの応答を、当該ユーザが乗車中の車両Cの走行状況に反映させ、当該反映結果に基づいて広告を出力手段により音声出力させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力した広告に対する応答を車両Cの走行状況に反映させることができるので、その後の広告出力をより効果的に行うことができる。
【0118】
また、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力制御手段は、音声入力手段を介して取得された広告に対するユーザの応答を、当該ユーザの応答の発話上の特徴に反映させ、当該反映結果に基づいて広告を出力手段により音声出力させる。
従って、本実施形態に係る情報処理装置によれば、出力した広告に対する応答を当該応答の発話上の特徴に反映させることができるので、その後の広告出力をより効果的に行うことができる。
【0119】
以上、本発明に係る実施形態に基づいて具体的に説明したが、本発明は上記実施形態に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で変更可能である。
【0120】
[4.変形例]
例えば、上記実施形態では、広告配信サーバ20が、音声広告に係るコンテンツを、端末装置30を介してユーザとの対話形式で配信するようにしているが、これに限定されるものではない。例えば、広告配信サーバ20の制御部21が、ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、端末装置30の音声入力部35を介して取得されたユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、端末装置30に配信して、端末装置30とユーザのみで対話させるようにしてもよい。
この場合、端末装置30の制御部31が、ユーザの応答を音声認識する処理を行う。なお、広告配信サーバ20が配信する対話用情報には、音声認識に利用するための照合用パターンデータが含まれる。制御部31は、この照合用パターンデータを利用して、ユーザの応答を音声認識する処理を行う。
【0121】
具体的には、端末装置30の制御部31は、広告配信サーバ20から配信された対話用情報を取得する。次いで、制御部31は、取得した対話用情報に含まれる発話情報に基づいて、音声出力部34を介して発話する。次いで、制御部31は、音声入力部35を介して上記の質問に対するユーザの応答を取得し、当該ユーザの応答を、照合用パターンデータを参照して音声認識する。次いで、制御部31は、音声認識の結果と、対話用情報に含まれる処理情報と、に基づいて、ユーザの応答に基づく処理を実行する。
以上のように、出力制御手段(制御部21)が、ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得されたユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、ユーザが乗車中の車両Cに搭載された端末装置30に配信することで、ユーザとの対話時に広告配信サーバ20との通信を不要とすることができるので、対話途中でトンネル等に入り通信圏外になった場合であっても、サービスを提供することができる。
特に、対話用情報に、ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含ませることで、ユーザとの対話時に広告配信サーバ20との通信を不要とすることができるので、対話途中でトンネル等に入り通信圏外になった場合であっても、ユーザとの対話を続行してより質の高いサービスを提供することができる。
【0122】
対話用情報の一つの例は、発話情報としての「アンケートの発話を行うための情報」と、処理情報としての「特典(例えば、特典ポイントの付与)情報の出力処理を実行させるための情報」と、を対応付けたものである。
即ち、制御部31は、取得した対話用情報に基づいて、音声出力部34を介してアンケートを発話する。次いで、制御部31は、音声入力部35を介して上記のアンケートに対するユーザの回答を取得し、当該ユーザの回答を音声認識する。次いで、制御部31は、音声認識の結果と処理情報とに基づいて、特典情報の出力処理を実行する。
なお、例えば、ユーザの回答の内容を問わず、アンケートに対する回答があったことを特典ポイントの付与の条件とした場合、ユーザの回答を音声認識する必要がなくなるため、対話用情報に照合用パターンデータを含まないようにしてもよい。
以上のように、発話にアンケートを含ませ、ユーザの応答にアンケートへの回答を含ませ、処理に特典情報の出力処理を含ませることで、ナビゲーション機能の利用時以外にもアンケート回答を得ることができるので、アンケート回答の習慣化を期待することができる。
【0123】
対話用情報の他の例は、発話情報としての「音声広告の発話を行うための情報」と、処理情報としての「音声広告の効果を示す情報を広告配信サーバ20に送信させる処理を実行させるための情報」と、を対応付けたものである。
即ち、制御部31は、取得した対話用情報に基づいて、音声出力部34を介して音声広告を発話する。次いで、制御部31は、音声入力部35を介して上記の音声広告の効果を示す情報を取得し、当該音声広告の効果を示す情報を音声認識する。次いで、制御部31は、音声認識の結果と処理情報とに基づいて、音声広告の効果を示す情報を広告配信サーバ20に送信させる処理を実行する。
以上のように、発話に音声広告を含ませ、ユーザの応答に音声広告の効果を示す情報を含ませ、処理に音声広告の効果を示す情報を情報処理装置(広告配信サーバ20)に送信させる処理を含ませることで、出力した音声広告の効果を取得することができるので、広告主への情報提供や広告料の課金などに活用することができる。
【0124】
対話用情報の他の例は、発話情報としての「音声広告の発話を行うための情報」と、処理情報としての「音声広告に基づく行動を示す情報を広告配信サーバ20に送信させる処理を実行させるための情報」と、を対応付けたものである。
即ち、制御部31は、取得した対話用情報に基づいて、音声出力部34を介して音声広告を発話する。次いで、制御部31は、上記の音声広告に基づく行動を示す情報を取得し、当該音声広告に基づく行動を示す情報を解析する。次いで、制御部31は、解析の結果と処理情報とに基づいて、音声広告に基づく行動を示す情報を広告配信サーバ20に送信させる処理を実行する。
以上のように、ユーザの応答に、音声広告に基づく行動を示す情報を含ませ、処理に行動を示す情報を情報処理装置に送信させる処理を含ませることで、出力した音声広告の効果を取得することができるので、広告主への情報提供や広告料の課金などに活用することができる。
【0125】
対話用情報の他の例は、発話情報としての「質問の発話を行うための情報」と、処理情報としての「質問への回答又は無回答に基づいて、一の音声広告若しくは二以上の音声広告のいずれか一を出力する又は音声広告を出力しないことを決定する処理を実行させるための情報」と、を対応付けたものである。
即ち、制御部31は、取得した対話用情報に基づいて、音声出力部34を介して質問を発話する。次いで、制御部31は、上記の質問への回答又は無回答を取得し、音声認識する。次いで、制御部31は、音声認識の結果と処理情報とに基づいて、一の音声広告若しくは二以上の音声広告のいずれか一を出力する又は音声広告を出力しないことを決定する処理を実行する。
以上のように、発話に、音声広告に係る質問を含ませ、ユーザの応答に質問への回答又は無回答を含ませ、処理に、質問への回答又は無回答に基づいて、一の音声広告若しくは二以上の音声広告のいずれか一を出力する又は音声広告を出力しないことを決定する処理を含ませることで、ユーザの応答に基づいて広告出力を制御することができるので、効果的で無駄のない広告出力を実現することができる。
【0126】
また、上記実施形態では、ナビサーバ10及び広告配信サーバ20を別体の装置として例示して説明しているが、これに限定されるものではない。即ち、ナビサーバ10及び広告配信サーバ20を一体の装置として構成するようにしてもよい。
また、ナビサーバ10及び広告配信サーバ20の機能を、端末装置30に備えるようにすれば、端末装置30のみで本発明を実現することも可能である。
【0127】
また、本出願に示す各態様は、方法、プログラムなどとしても把握することができる。方法やプログラムのカテゴリについては、装置のカテゴリで示した「手段」を、例えば、「工程」や「ステップ」のように適宜読み替えるものとする。また、処理やステップの順序は、本出願に直接明記のものに限定されず、順序を変更したり、一部の処理をまとめて若しくは随時一部分ずつ実行するよう変更したりすることができる。
【0128】
その他、ナビサーバ、広告配信サーバ及び端末装置を構成する各装置の細部構成及び各装置の細部動作に関しても、本発明の趣旨を逸脱することのない範囲で適宜変更可能である。
【符号の説明】
【0129】
1 情報処理システム
10 ナビサーバ(情報処理装置)
11 制御部
12 操作部
13 表示部
14 記憶部
15 通信部
20 広告配信サーバ(情報処理装置)
21 制御部(出力制御手段、効果測定手段、発話制御手段、音声変更手段、優劣評価手段)
22 操作部
23 表示部
24 記憶部
25 通信部
30 端末装置
31 制御部
32 操作部
33 表示部(表示手段、出力手段)
34 音声出力部(音声出力手段、出力手段)
35 音声入力部(音声入力手段)
36 記憶部
37 現在位置検出部
38 通信部
C 車両
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置において、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段と、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段と、
を備え、
前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定することを特徴とする情報処理装置。
【請求項2】
前記出力制御手段は、前記ユーザの応答を前提とする発話を行うための発話情報と、音声入力手段を介して取得された前記ユーザの応答に基づく処理を実行させるための処理情報と、を対応付けた対話用情報を、前記ユーザが乗車中の車両に搭載された端末装置に配信することを特徴とする請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記発話は、前記音声広告に係る質問を含み、
前記ユーザの応答は、前記質問への回答又は無回答を含み、
前記処理は、前記質問への回答又は無回答に基づいて、一の前記音声広告若しくは二以上の前記音声広告のいずれか一を出力する又は前記音声広告を出力しないことを決定する処理を含むことを特徴とする請求項2に記載の情報処理装置。
【請求項4】
(削除)
【請求項5】
(削除)
【請求項6】
(削除)
【請求項7】
前記対話用情報は、前記ユーザの応答を音声認識するための照合用パターンデータを含むことを特徴とする請求項2又は3いずれか一項に記載の情報処理装置。
【請求項8】
前記発話は、前記アンケートを含み、
前記ユーザの応答は、前記アンケートへの回答を含み、
前記処理は、特典情報の出力処理を含むことを特徴とする請求項2、3、7のいずれか一項に記載の情報処理装置。
【請求項9】
前記発話は、前記音声広告を含み、
前記ユーザの応答は、前記音声広告の効果を示す情報を含み、
前記処理は、前記音声広告の効果を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする請求項2、3、7、8のいずれか一項に記載の情報処理装置。
【請求項10】
前記ユーザの応答は、前記音声広告に基づく行動を示す情報を含み、
前記処理は、前記行動を示す情報を前記情報処理装置に送信させる処理を含むことを特徴とする請求項9に記載の情報処理装置。
【請求項11】
前記出力制御手段は、前記音声広告に係る地点と所定の位置関係にある場合に、当該音声広告を前記音声出力手段により音声出力させることを特徴とする請求項1、2、3、7、8、9、10のいずれか一項に記載の情報処理装置。
【請求項12】
前記出力制御手段は、前記音声広告を音声出力させるための条件を前記ユーザに確認するための質問を前記音声出力手段により音声出力させ、音声入力手段を介して取得された前記質問に対するユーザの応答に基づいて、前記音声広告の音声出力を制御することを特徴とする請求項1、2、3、7、8、9、10、11のいずれか一項に記載の情報処理装置。
【請求項13】
前記条件は、前記ユーザが乗車中の車両の走行状況に関する条件を含むことを特徴とする請求項12に記載の情報処理装置。
【請求項14】
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置の情報処理方法において、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御ステップと、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定ステップと、
を含み、
前記効果測定ステップは、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定する情報処理方法。
【請求項15】
(削除)
【請求項16】
目的地までの経路探索を行い、探索結果に応じて誘導経路を案内するナビゲーション処理を実行する情報処理装置のコンピュータを、
前記ナビゲーション処理中に、ユーザとの対話時におけるユーザの応答に基づいて、音声広告又は音声広告に係るアンケートを、音声出力手段により音声出力させる出力制御手段、
音声入力手段を介して取得された前記音声広告に対するユーザの応答があった場合に、当該応答に基づいて、前記音声広告の効果を測定する効果測定手段、
として機能させるプログラムであって、
前記効果測定手段は、前記音声広告に対するユーザの応答の発話上の特徴である発話速度や発話開始までの待ち時間の長さに基づいて、当該音声広告に対するユーザの評価である肯定又は否定の程度を取得して、当該音声広告の効果を測定するプログラム。
【請求項17】
(削除)
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
異議決定日 2020-01-29 
出願番号 特願2015-185055(P2015-185055)
審決分類 P 1 651・ 121- YAA (G01C)
P 1 651・ 113- YAA (G01C)
最終処分 維持  
前審関与審査官 白石 剛史  
特許庁審判長 佐々木 芳枝
特許庁審判官 長馬 望
久保 竜一
登録日 2018-04-13 
登録番号 特許第6321597号(P6321597)
権利者 Zホールディングス株式会社
発明の名称 情報処理装置、情報処理方法及びプログラム  
代理人 荒船 博司  
代理人 荒船 良男  
代理人 荒船 博司  
代理人 荒船 良男  

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ