• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由)(定型) A61K
審判 査定不服 1項3号刊行物記載 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由)(定型) A61K
審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由)(定型) A61K
審判 査定不服 特36条4項詳細な説明の記載不備 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由)(定型) A61K
管理番号 1362611
審判番号 不服2018-9307  
総通号数 247 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2020-07-31 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2018-07-05 
確定日 2020-05-18 
事件の表示 特願2016-138210「アポリポタンパク質CIII(APOCIII)発現の調節」拒絶査定不服審判事件〔平成29年 1月12日出願公開、特開2017- 8059〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 本願は、平成24年 4月27日(パリ条約による優先権主張 2011年 4月27日 (US)アメリカ合衆国 2012年 2月 3日 (US)アメリカ合衆国)を国際出願日とする特願2014-508166号の一部を、平成28年 7月13日に新たな特許出願としたものであって、その請求項1?36に係る発明は、平成30年 7月 5日付け手続補正書の特許請求の範囲の請求項1?36に記載された事項により特定されるとおりのものであると認める。
これに対して、令和 1年 5月22日付けで拒絶理由を通知し、期間を指定して意見書を提出する機会を与えたが、請求人からは何らの応答もない。
そして、上記の拒絶理由は妥当なものと認められるので、本願は、この拒絶理由によって拒絶すべきものである。
よって、結論のとおり審決する。

 
別掲
 
審理終結日 2019-12-25 
結審通知日 2019-12-26 
審決日 2020-01-07 
出願番号 特願2016-138210(P2016-138210)
審決分類 P 1 8・ 121- WZF (A61K)
P 1 8・ 536- WZF (A61K)
P 1 8・ 113- WZF (A61K)
P 1 8・ 537- WZF (A61K)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 高橋 樹理  
特許庁審判長 田村 聖子
特許庁審判官 吉田 知美
大久保 元浩
発明の名称 アポリポタンパク質CIII(APOCIII)発現の調節  
代理人 中西 基晴  
代理人 小野 新次郎  
代理人 江尻 ひろ子  
代理人 山本 修  
代理人 宮前 徹  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ