• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 F25D
審判 査定不服 4項4号特許請求の範囲における明りょうでない記載の釈明 特許、登録しない。 F25D
管理番号 1371089
審判番号 不服2020-2495  
総通号数 256 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2021-04-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2020-02-25 
確定日 2021-02-12 
事件の表示 特願2018- 49246「冷蔵庫」拒絶査定不服審判事件〔平成30年 6月14日出願公開、特開2018- 91624〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、平成23年9月27日に出願した特願2011-211138号の一部を、平成28年8月24日に新たな特許出願とした特願2016-163340号について、さらにその一部を平成30年3月16日に新たな特許出願としたものであって、その手続の経緯は以下のとおりである。
平成31年2月19日付けで拒絶理由通知
平成31年4月5日に意見書及び手続補正書の提出
令和元年7月25日付けで拒絶理由通知
令和元年9月26日に意見書及び手続補正書の提出
令和元年11月21日付けで拒絶査定(以下「原査定」という。)
令和2年2月25日に審判請求書及び同時に手続補正書の提出

第2 令和2年2月25日にされた手続補正についての補正の却下の決定
[補正の却下の決定の結論]
令和2年2月25日にされた手続補正(以下「本件補正」という。)を却下する。

[理由]
1 本件補正の内容
本件補正は、下記(2)のとおりの令和元年9月26日に提出された手続補正書により補正された特許請求の範囲の請求項1の記載を、下記(1)のとおりの特許請求の範囲の請求項1の記載に補正するものである(下線部は、補正箇所である。)。また、本件補正は、請求項1を引用する請求項2ないし5についても、同様に補正するものである。
(1)本件補正後の特許請求の範囲の請求項1の記載
「 【請求項1】
冷蔵庫本体が有する扉と、
前記扉の前面に設けられ前面板と、
前記前面板に設けられた操作領域と表示領域と、
前記前面板の裏側に設けられ、前記操作領域の後方に対応する部位にタッチスイッチを構成する電極を有する操作基板と、
前記前面板の裏側に設けられ、前記表示領域の後方に対応する部位に発光素子を有する表示基板と、
前記表示基板と前記前面板との間に設けられた中間支持部材と、
を備え、
前記前面板の前記表示領域における前記中間支持部材の裏側であって、前記発光素子に対応する位置に照射筒部が設けられ、前記照射筒部は前記前面板に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記前面板へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記照射筒部の裏側に前記表示基板が設けられ、
前記操作基板が、前記前面板の前記操作領域に対応する前記中間支持部材に固定されている、
冷蔵庫。」

(2)本件補正前の特許請求の範囲の請求項1の記載
「 【請求項1】
冷蔵庫本体が有する扉と、
前記扉の前面に設けられ前面板と、
前記前面板に設けられた操作領域と表示領域と、
前記前面板の裏側に設けられ、前記操作領域の後方に対応する部位にタッチスイッチを構成する電極を有する操作基板と、
前記前面板の裏側に設けられ、前記表示領域の後方に対応する部位に発光素子を有する表示基板と、
前記表示基板と前記前面板との間に設けられた中間支持部材と、
を備え、
前記前面板の前記表示領域における前記中間支持部材の裏側であって、前記発光素子に対応する位置に照射筒部が設けられ、前記照射筒部は前記前面板に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記前面板へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記照射筒部の裏側に前記表示基板が設けられ、
前記前面板の前記操作領域に対応する前記中間支持部材に前記操作基板が固定されている、
冷蔵庫。」

2 補正の適否
本件補正により、補正前の請求項1における「前記前面板の前記操作領域に対応する前記中間支持部材に前記操作基板が固定されている、」との記載を、補正後の請求項1において、「前記操作基板が、前記前面板の前記操作領域に対応する前記中間支持部材に固定されている、」とするところ(請求項1を引用する請求項2ないし5についても同様。)、補正前の記載は不明確な記載であるとはいえず、また、補正の前後で文章中の「前記操作基板が」という語句と「前記前面板の前記操作領域に対応する前記中間支持部材に」という語句の順序が入れ替わっているが、その意味内容は変わらないから、請求人が審判請求書の【請求の理由】3.(2)で説明するような「不明確な記載を明確にするための補正」(5頁22行)とは認められず、特許法第17条の2第5項第4号に掲げる「明りようでない記載の釈明」を目的とするものに該当しない。
また、本件補正は、特許法第17条の2第5項第1号ないし第3号に掲げる事項を目的とするものにも該当しない。

3 本件補正についてのむすび
したがって、本件補正は、特許法第17条の2第5項の規定に違反するので、同法第159条第1項の規定において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものである。
よって、上記補正の却下の決定の結論のとおり決定する。

第3 本願発明について
1 本願発明
本件補正は、上記のとおり却下されたので、本願の請求項1ないし5に係る発明は、令和元年9月26日に提出された手続補正書により補正された特許請求の範囲の請求項1ないし5に記載された事項により特定されるものであるところ、その請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は、上記第2[理由]1(2)に記載された事項により特定されるとおりのものである。

2 原査定の拒絶の理由
原査定の拒絶の理由の一部は、以下のとおりである。
(1)理由1(進歩性)
本願発明は、その出願前に日本国内又は外国において、頒布された引用文献2に記載された発明、引用文献1に記載された事項及び引用文献3ないし5に例証される周知技術に基いて、その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下「当業者」という。)が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

引用文献1ないし5については、以下のとおりである。
引用文献1:特開2007-298242号公報
引用文献2:米国特許出願公開第2008/0225016号明細書
引用文献3:特開2002-304131号公報(周知技術を示す文献)
引用文献4:特開2006-276728号公報(周知技術を示す文献)
引用文献5:国際公開第2007/037035号(周知技術を示す文献)

3 引用文献
(1)引用文献2
ア 引用文献2の記載
原査定の拒絶の理由で引用された引用文献2であって、本願の出願前に頒布された米国特許出願公開第2008/0225016号明細書には、「Control panel and washing machine having the same(制御パネル及び洗濯機)」に関し、次の記載がある。なお、翻訳文は当審によるものである。また、「・・・」は記載の省略を示し、下線部は当審で付したものである(以下同様。)。
「[0002] 1. Field
[0003] The present invention relates to a control panel and a washing machine having the same. More particularly, the present invention relates to a control panel and a washing machine having the same capable of providing an aesthetic external appearance and of preventing characters and symbols from being erased.」
<翻訳文>
「[0002] 1. 発明の分野
[0003] 本発明は制御パネル及びこれを備えた洗濯機に関するものである。より詳細には、本発明は制御パネル、及び美的外観を提供すること及び文字や記号が削除されるのを防止することが可能なそれを備えた洗濯機に関する。」

「[0028] FIG. 1 represents a drum-type washing machine, for example, employing a control panel according to the present embodiment. ・・・A detergent supply device 13 that dispenses detergents into the body 10 and a control panel 20 that displays a control state and an operational state of the washing machine are provided on an upper portion of the front surface of the body 10.
・・・
[0030] As shown in FIGS. 2 and 3, the control panel 20 installed on the upper portion of the front surface of the body 10 comprises a semi-transparent cover 21, a film 30 printed with characters or symbols 31 and 32, a detecting panel 40 having a plurality of detecting members 41, a circuit board 22 having a plurality of LEDs (light emitting diodes) 25 and a guide member 23 having a plurality of optical paths 23a to guide light.

[0031] The semi-transparent cover 21 may include semi-transparent resin or tempered glass. The characters or the symbols 31 and 32 are not printed on a front surface and a rear surface of the semi-transparent cover 21 to provide a simple external appearance.

[0032] The film 30 installed behind the semi-transparent cover 21 includes a transparent material that allows light to pass therethrough. The plural characters or symbols 31 and 32 indicating the operational state of the washing machine are printed on the film 30. In addition, the characters or the symbols 31 and 32 indicating the positions of the detecting members 41 of the detecting panel 40 installed behind the film 30 are printed on the film 30.

[0033] The detecting panel 40 includes non-contact type detecting members 41 capable of detecting a variable capacitance of a human body. The detecting members 41 are equipped with detecting ICs that detect the capacitance. Thus, when the user touches an outer surface of the semi-transparent cover 21, the detecting members 41 can detect the touch of the user. Such a detecting panel 40 has a structure simpler than that of the conventional control buttons, and a physical force is not applied to the detecting members 41, so a malfunction of the detecting panel 40 rarely occurs as compared with the conventional press-type control buttons.

[0034] The detecting panel 40 includes openings 42 allowing light irradiated from the LEDs 25 of the circuit board 22 to pass therethrough, and the openings 42 correspond to the characters or the symbols 31 and 32 of the film 30 installed in front of detecting panel 40. The light irradiated from the LEDs 25 is introduced to the characters or the symbols 31, particularly to the characters or the symbols 31 indicating the operation state.

[0035] In addition, the detecting members 41 of the detecting panel 40 correspond to the characters and the symbols 32 indicating the positions of the detecting members 41 among the characters or the symbols on the film 30 provided in front of the detecting panel 40. Openings 42 can be formed in the vicinity of the detecting members 41 or the detecting panel 40 may include a transparent material to allow light to be irradiated to the characters or the symbols 31 and 32 of the film 30 through a region in which the detecting members 41 are positioned.

[0036] Each of the LEDs 25 provided on the circuit board 22 individually emit light to irradiate light onto the characters or the symbols 31 and 32 printed on the film 30. To this end, the guide member 23 having the optical paths 23a accommodating the LEDs 25, respectively, is coupled to a front surface of the circuit board 22. That is, the LEDs 25 of the circuit board 22 enter the optical paths 23a of the guide member 23. The optical paths 23a of the guide member 23 correspond to the characters or the symbols 31 and 32 printed on the film 30, respectively. The light of the LEDs 25 is guided through the optical paths 23a to be irradiated to the characters or the symbols 31 and 32, such that the characters and symbols 31 or 32 are projected onto the rear surface of the semi-transparent cover 21. In this manner, as the characters and the symbols 31 or 32 are projected onto the rear surface of the semi-transparent cover 21, the user can check the characters or the symbols 31 and 32 at the front of the semi-transparent cover 21.

[0037] When assembling the control panel 20, the film 30 is attached to a front surface of the detecting panel 40 by using double-sided tape (not shown), and the detecting panel 40 is attached to the rear surface of the semi-transparent cover 21 by using the double sided tape. Then, the guide member 23 having the circuit board 22 is coupled to a rear side of the semi-transparent cover 21, and the guide member 23 is fixedly screw-coupled to an inside of the semi-transparent cover 21 by using a plurality of screws 26.
・・・
[0039] When power is applied to the washing machine, the LEDs 25 emit light such that the characters or the symbols 31 and 32, which indicate the positions of the detecting members 41, are projected onto the rear surface of the semi-transparent cover 21. Accordingly, the user can set operational conditions or functions of the washing machine, while checking the control positions displayed on the front surface of the semi-transparent cover 21. When the user touches the front surface of the semi-transparent cover 21, the detecting member 41 of the detecting panel 40 detects a capacitance of the human body, thereby detecting the user's control. Further, if a function is selected in this manner, the LED 25 corresponding to the characters or symbols 31 and 32 emits the light, so the corresponding characters or symbols 31 and 32 are displayed on the semi-transparent cover 21. Since the characters or the symbols 31 and 32 indicating other functions or operation states are not displayed, the user may precisely know the operational state. Accordingly, the control error can be reduced.

[0040] As described above, according to the present embodiment, since the function of the control panel is controlled by touching the outer surface of the semi-transparent cover, the control panel represents a simple structure having an aesthetic external appearance as compared with the conventional control panel. In particular, when the operation of the apparatus stops or the control function is not used, since the characters or the symbols are not displayed on the semi-transparent cover, the aesthetic appearance is improved and the control error is reduced.

[0041] In addition, according to the present embodiment, since the control panel displays the characters or the symbols in such a manner that the characters or the symbols printed on the film are projected onto the rear surface of the semi-transparent cover by means of the emission of the LED, the characters or the symbols are prevented from being erased even if the washing machine is used for a long period of time.」
<翻訳文>
「[0028] 図1は、本実施の形態の制御パネルを用いたドラム型洗濯機を示している。・・・本体10の前面上部には、本体10に洗剤を分配する洗剤供給装置13と、洗濯機の制御状態および動作状態を表示する制御パネル20が設けられている。
・・・
[0030] 図2及び図3に示すように、本体10の前面上部に設置された制御パネル20は、半透明カバー21、文字又は記号31と32が印刷されたフィルム30、複数の検出部材41を有する検出パネル40、複数のLED(発光ダイオード)25を有する回路基板22、及び光を案内するための複数の光路23aを有する案内部材23を備えている。

[0031] 半透明カバー21は半透明の樹脂や強化ガラスなどが挙げられる。文字又は記号31と32は、半透明カバー21の前面及び後面に印刷されておらず、単純な外観を提供している。

[0032] 半透明カバー21の裏側に設置されたフィルム30は、光を透過する透明な材料を含む。洗濯機の動作状態を示す複数の文字又は記号31と32は、フィルム30上に印刷されている。また、フィルム30の背後に設置された検出パネル40の検出部材41の位置を示す文字又は記号31と32は、フィルム30上に印刷されている。

[0033] 検出パネル40は、人体の静電容量を検出することが可能な非接触型の検知部材41を備えている。検出部材41は、静電容量を検出するためのICを備えている。これにより、ユーザは、半透明のカバー21の外側の表面に触れると、検出部材41は、ユーザのタッチを検出することができる。このような検出パネル40は、従来の制御ボタンよりも簡単な構造であり、検出部材41には物理的な力が加わらないため、従来のプレス型の制御ボタンと比較して、検出パネル40の誤動作は稀にしか発生しない。

[0034] 検出パネル40は、回路基板22の発光ダイオード25から照射された光を通過させる開口部42を含み、開口部42は、検出パネル40の前方に設置されたフィルム30の文字又は記号31と32に対応する。発光ダイオード25から照射された光は、文字又は記号31、特に動作状態を示す文字又は記号31に導入される。

[0035] また、検出パネル40の検出部材41は、検出パネル40の前方に設けられたフィルム30上の文字又は記号のうち、検出部材41の位置を示す文字及び記号32に対応する。開口部42は、検知部材41の近傍に形成することができ、又は、検出パネル40は、検出部材41が配置される領域を介してフィルム30の文字又は記号31と32に光を照射することができるように、透明材料を含むことができる。

[0036] 回路基板22上に設けられた発光ダイオード25のそれぞれは、フィルム30上に印刷された文字又は記号31と32に光を照射するための光を個別に発光する。この目的のために、発光ダイオード25を収容した光路23aを有する案内部材23は、それぞれ、回路基板22の前面に結合されている。すなわち、回路基板22の発光ダイオード25は、案内部材23の光路23aに入る。案内部材23の光路23aは、フィルム30上に印刷された文字又は記号31と32にそれぞれ対応する。発光ダイオード25の光は、光路23aを通して案内され、文字又は記号31と32に照射されることになり、文字及び記号31又は32は、半透明カバー21の後面に投影される。このようにして、文字及び記号31又は32は、半透明カバー21の後面に投影されるので、ユーザは、半透明カバー21の前面において文字又は記号31と32を確認することができる。

[0037] 制御パネル20を組立てる際、フィルム30は、両面テープ(図示せず)を用いて、検出パネル40の前面に取り付けられ、検出パネル40は、両面テープを用いて、半透明カバー21の後面に取り付けられている。そして、回路基板22を有する案内部材23は半透明カバー21の後ろ側に連結されており、案内部材23は複数のボルト26を用いて半透明カバー21の内側にねじ固定されている。
・・・
[0039] 洗濯機に電力が供給されると、発光ダイオード25は、検出部材41の位置を示す文字又は記号31と32が半透明カバー21の後面に投影されるように光を放出する。したがって、ユーザは、半透明カバー21の前面に表示された制御位置を確認しながら、洗濯機の動作条件又は機能を設定することができる。ユーザが半透明カバー21の前面に触れると、検出パネル40の検出部材41は、人体の静電容量を検出し、それによりユーザの制御を検出することができる。また、このように機能を選択すると、文字又は記号31と32に対応する発光ダイオード25が発光するため、対応する文字又は記号31と32が半透明カバー21に表示される。他の機能又は動作状態を示す記号31と32は表示されないので、ユーザは動作状態を正確に知ることができる。したがって、制御誤差を低減することができる。

[0040] 以上のように、本実施形態によれば、制御パネルの機能は、半透明カバーの外表面に触れることにより制御されるので、制御パネルは、従来のパネルに比べて美的外観を有する単純な構造を示している。具体的には、装置の動作停止、または、制御機能を使用しない場合には、半透明カバーに文字や記号は表示されないので、美観が向上し、制御誤差が低減される。

[0041] また、本実施の形態によれば、前記制御パネルは、フィルム上に印刷された文字又は記号が発光ダイオードの発光により半透明カバーの後面に投影されるように、文字又は記号を表示するので、洗濯機を長期間使用した場合であっても、文字やシンボルが消去されることが防止される。」





イ 引用文献2の記載から認められること
(ア)上記ア(特に、段落0003、0028及び0030、図1ないし3)によれば、引用文献2には、制御パネル20が本体10の前面上部に設けられた洗濯機が記載されている。
(イ)上記ア(特に、段落0030及び0031、図1ないし3)によれば、上記制御パネル20は、半透明カバー21と、検出パネル40、複数の文字又は記号31と文字又は記号32が印刷されたフィルム30、複数の検出部材41を有する検出パネル40、複数の発光ダイオード25を有する回路基板22、及び光を案内するための複数の光路23aを有する案内部材23を備えている。
(ウ)上記ア(特に、段落0032、0037、図1ないし3)及び上記(イ)によれば、半透明カバー21には、文字又は記号31及び文字又は記号32が印刷されたフィルム30が裏側に設置されており、それによって文字又は記号31に対応する領域と文字又は記号32に対応する領域が設けられたものとなっている。
(エ)上記ア(特に、段落0032、0035、0037、図1ないし3)によれば、検出パネル40は、半透明カバー21の裏側に設けられている。
(オ)上記ア(特に、段落0032、0035、0037、図1ないし3)によれば、検出パネル40は、文字又は記号32に対応する領域の後方に対応する部位に人体の静電容量を検出することが可能な非接触型の検知部材41を有している。
(カ)上記ア(特に、段落0037、図1ないし3)によれば、回路基板22は、検出パネル40の裏側に設けられている。
(キ)上記ア(特に、段落0036、図1ないし3)によれば、回路基板22は、文字又は記号31に対応する領域の後方に対応する部位に発光ダイオード25を有している。
(ク)上記ア(特に、段落0036、0037、図2及び3)によれば、案内部材23は、回路基板22と半透明カバー21との間に設けられており、前記案内部材23の裏側に前記回路基板22が設けられている。
(ケ)上記ア(特に、段落0030、0036、図2及び3)によれば、半透明カバー21の文字又は記号31に対応する領域における案内部材23には、発光ダイオード25を収容する光路23aが設けられ、前記光路23aは前記半透明カバー21に向かう方向へ延びているように形成されている。
(コ)上記ア(特に、段落0035ないし0037、図2)によれば、文字又は記号32に対応する領域に検知部材41が対応するように、フィルム30が両面テープを用いて検出パネル40の前面に取り付けられ、前記検出パネル40が両面テープを用いて半透明カバー21の後面に取り付けられ、回路基板22の前面に結合された案内部材23が前記半透明カバー21の後ろ側に連結されて複数のボルト26を用いて前記半透明カバー21の内側にねじ固定されている。

ウ 引用発明
上記ア及びイから、引用文献2には、次の発明(以下「引用発明」という。)が記載されていると認める。
「本体10の前面上部に設けられた制御パネル20が、
文字又は記号31及び文字又は記号32が印刷されたフィルム30が裏側に設置された半透明カバー21と、
前記半透明カバー21に設けられた前記文字又は記号32に対応する領域と前記文字又は記号31に対応する領域と、
前記半透明カバー21の裏側に設けられ、前記文字又は記号32に対応する領域の後方に対応する部位に人体の静電容量を検出することが可能な非接触型の検知部材41を有する検出パネル40と、
前記検出パネル40の裏側に設けられ、前記文字又は記号31に対応する領域の後方に対応する部位に発光ダイオード25を有する回路基板22と、
前記回路基板22と前記半透明カバー21との間に設けられた案内部材23と、
を備え、
前記半透明カバー21の前記文字又は記号31に対応する領域における前記案内部材23には、前記発光ダイオード25を収容する光路23aが設けられ、前記光路23aは前記半透明カバー21に向かう方向へ延びているように形成され、前記案内部材23の裏側に前記回路基板22が設けられ、
前記文字又は記号32に対応する領域に前記検知部材41が対応するように、前記フィルム30が両面テープを用いて前記検出パネル40の前面に取り付けられ、前記検出パネル40が両面テープを用いて前記半透明カバー21の後面に取り付けられ、前記回路基板22の前面に結合された前記案内部材23が前記半透明カバー21の後ろ側に連結されて複数のボルト26を用いて前記半透明カバー21の内側にねじ固定されている、
洗濯機。」

(2)引用文献1
ア 引用文献1の記載
原査定の拒絶の理由で引用された引用文献1であって、本願の出願前に頒布された特開2007-298242号公報には、「冷蔵庫」に関し、次の記載がある。
「【0007】
以下、図面に基づき本発明の1実施形態について説明する。図1にその外観正面図を示す冷蔵庫本体(1)は、最上部に冷蔵食品を収納貯蔵する冷蔵室(2)を設け、その下部に製氷室(3)や温度切替室(4)などの小容量の室を併置し、さらにその下部に、野菜室(5)や冷凍室(6)など所定貯蔵温度に沿った貯蔵室を配置しており、それぞれの貯蔵室の前面開口には扉を配設するとともに、前記冷蔵室(2)の前面開口には、ヒンジにより外方の一側を冷蔵庫本体側に枢支した回動式の冷蔵室扉(7)を取り付けている。
【0008】
冷蔵室扉(7)は、扉全体の分解斜視図である図2、および要部の縦断面図である図3に示すように、本体外表面を薄鋼板からなり左右両側縁を後方へほぼコ字状に折曲した前面板(8)で形成しており、この前面板(8)の下端に下端開口を閉塞する扉キャップ(9)を設けるとともに、冷蔵室内側には、貯蔵品を収納するポケット部を形成する扉内板(10)を配置し、これら各部材間に形成される空間部にウレタンフォームからなる断熱材(11)を発泡充填することで一体に構成されている。
【0009】
前記前面板(8)の下方は、扉(7)のほぼ全幅に亙って所定の高さ寸法の方形に切り欠き、この切欠部(8a)の端面に、扉キャップ(9)や表示パネル(12)の上端縁に形成した係合溝を嵌入して係止している。
【0010】
前記扉キャップ(9)は、合成樹脂製の成形体からなり、前面板(8)の下方切欠部(8a)に合致させた上部前面位置に対して、その上端から後方へ凹陥部(13)を設けるとともに、下端を後方へ折曲して前記扉内板(10)の下端と係合させることで断熱扉体の外郭を形成しており、前記凹陥部(13)を扉の下方における断熱層(11)と分離させてパネル部品および制御基板(15)の収納部としている。
【0011】
表示パネル(12)は、透明の合成樹脂板で形成されており、前記前面板(8)の切欠部(8a)に沿った外周縁部を形成するもので、後述するLCD表示部(16)の外面周囲を覆う意匠部材であり、この表示パネル(12)の下縁は扉キャップ(9)の端縁と係合させるようにしている。
【0012】
前記LCD表示部(16)は、冷蔵庫の各種機能の設定状態を表示するように形成されており、その前面側に表示パネル(12)が配置される構成であって、表示パネル(12)の裏面側には、図4のように、LCD表示部(16)の表示内容に合わせた形のフィルム型の静電容量形近接スイッチ(以下、「静電スイッチ」という。)(17)を貼り付けている。
【0013】
この静電スイッチ(17)は、検出電極に物体が接近したときの電極の静電容量の変化を検出して動作するスイッチである。すなわち、絶縁された導体である手指などの物体が検出電極に接近することにより直接検出される静電容量が増加し、さらに物体の対地間容量、センサの回路や配線あるいは電源の対地間容量が前記直接検出容量に対して直列の容量として入ることで検出容量が増加して、検出される静電容量が変化することになり、この変化を検出して動作するものである。
【0014】
この静電スイッチ(17)は、例えば、冷蔵室(2)の設定温度表示部(16a)や冷凍室(6)の設定温度表示部(16b)に対応する位置に検知電極(17a)(17b)を配置し、また、温度切替室(4)の設定温度雰囲気を切り替える温度切替部(16c)や急速冷凍や急速製氷などの急速運転をおこなう急速制御部(16d)にも対応して検知電極(17c)(17d)を設置するようにし、設置した検知電極(17a)?(17d)に手指が触れることで、冷蔵室(2)や温度切替室(4)などの設定温度を変更したり、急速運転をおこなうように制御する。
【0015】
前記静電スイッチ(17)は、後方にあるLCDの該当表示部(16a)?(16d)が隠れて視認できなくなることを防ぐために、スイッチ検知電極(17a)?(17d)としては透明電極を蒸着若しくは印刷させる方式とし、表示パネル(12)裏面への接着も透明な接着剤を用いるものとしており、図5のブロック図に示すような電気回路を形成するものであって、前記表示パネル(12)とLCD表示部(16)との間に配置された静電スイッチ(17)からの配線は、接続コネクタ(18)によって制御回路基板(15)に接続され、冷蔵庫としての制御回路(19)に接続されている。
【0016】
また、静電スイッチ(17)を用いることによって、通常時にはあまり利用することのない機能に関しては、スイッチを数秒間に亙って押し続ける長押しや、複数スイッチを同時に押圧する同時押しによって入力することも可能である。
【0017】
そしてまた、本実施例においては、表示パネル(12)の表面をハーフミラーにしており、使用者が静電スイッチ(17)の操作をおこなわないときには、表示パネル(12)面を鏡面にして内部のスイッチ部分が見えなくなるようにしており、これによって、扉(7)としてのデザイン性をより向上させることができる。静電スイッチ(17)が操作された場合は、スイッチ部に対応して設置された制御基板(15)の両側に設けられている発光ダイオードがバックライトとして点灯するため、表示パネル(12)における設定温度の変更状態を扉(7)の外表面から視認することができるように構成している。
【0018】
このとき、静電スイッチ(17)は、LCD表示部(16)の前面側に貼り付けられているが、前記したように、表示パネル(12)が透明体であり、電極(17a)?(17d)も透明電極であって表示パネル(12)への接着も透明な接着剤であることから、使用者は扉(7)の前面側から静電スイッチ(17)などで遮られることなくLCD表示部(16)で変更された新たな設定状況を確認することができる。」





イ 引用文献1に記載された事項
上記アによれば、引用文献1には次の事項(以下「引用文献1に記載された事項」という。)が記載されていると認める。
「冷蔵庫本体1が有する冷蔵室扉7を備えた冷蔵庫において、前記冷蔵室扉7の前面にLCD表示部16と、前記LCD表示部16の前面側に貼り付けられた静電スイッチ17と、前記静電スイッチ17からの配線が接続された制御回路基板15と、裏面側に前記静電スイッチ17を貼り付け、前記LCD表示部16の外面周囲を覆う表示パネル12とからなるユニットを設けること。」

(3)引用文献3
ア 引用文献3の記載
原査定の拒絶の理由で引用された引用文献3であって、本願の出願前に頒布された特開2002-304131号公報には、「表示装置」に関し、次の記載がある。
「【0023】図1?図4において表示装置は、表示素子1と、この表示素子1を背後から照明する光源2と、この光源2を保持すると共に表示素子1と導通接続される回路基板3と、この回路基板3上に表示素子1を支持するケース4と、表示素子1と回路基板3とを導通接続する可撓性回路基板5とで構成されている。
【0024】表示素子1は、例えば一対のガラス基板間に液晶分子を封入した液晶パネルからなり、その端部には可撓性回路基板5と導通接続される複数の電極端子11(特に図1参照)を備えている。
【0025】光源2は複数個の発光ダイオードからなり、ケース4の内部で表示素子1の長手方向に沿うように略等間隔で一列に配置されている(図4参照)。
【0026】回路基板3は、ガラスエポキシ系材料からなる硬質の回路基板で、その所定箇所には可撓性回路基板5を介して各電極端子11に導通接続され、表示素子1に駆動信号を供給する複数の回路パターン31(図5参照)を有している。
【0027】ケース4は、例えば白色系の合成樹脂にて略箱形に形成され、表示素子1を取り巻く周壁40と、表示素子1を支持する受壁41と、光源に対応する第1の開口部42と、表示素子1に対応する第2の開口部43と、これら開口部42,43間に位置する反射壁44とを有している。
・・・
【0030】反射壁44は、第1の開口部42の周囲から第2の開口部43に向けて次第に末広がり状に傾斜して延び、受壁41に連続している。そして、その内壁面により光源からの光を表示素子1に反射する照明室を形成しており、一方、反射壁44の外壁面は、これに対応する回路基板3の基板面との間で、照明には関与しない余剰部(余剰スペース)Sを形成している。」





イ 引用文献3に記載された事項
上記アによれば、引用文献3には次の事項(以下「引用文献3に記載された事項」という。)が記載されていると認める。
「発光ダイオードからなる光源2を有する回路基板3と液晶パネルからなる表示素子1との間に設けられたケース4において、裏側に前記光源2に対応する位置に反射壁44が設けられ、前記反射壁44は前記表示素子1に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記表示素子1へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記反射壁44の裏側に前記回路基板3が設けられること。」

(4)引用文献4
ア 引用文献4の記載
原査定の拒絶の理由で引用された引用文献4であって、本願の出願前に頒布された特開2006-276728号公報には、「液晶表示装置」に関し、次の記載がある。
「【0009】
以下に、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1乃至図3に示す液晶表示装置1は、外装たるフロントケース2及びリアケース3の内部に配置されている。この液晶表示装置1は、基板10と、基板10に対して設けられた液晶表示部20と、基板10と液晶表示部20との間に設けられたLED30と、LED30を囲むように基板10と液晶表示部20との間に設けられたガイド体40とを備えている。また、液晶表示部20の背面には、LED30の光を乱反射する乱反射板50が設けられている。ガイド体40は、液晶表示部20及び乱反射板50を重ねて保持するとともに、基板10に係止されている。ガイド体40の要所には、液晶表示部20及び乱反射板50を保持する保持片41が適宜間隔で設けられている。液晶表示部20及び乱反射板50は、保持片41を弾性変形しつつガイド体40に装着される。また、ガイド体40の要所にはフック42が設けられており、基板10の要所にはフック42を係止する係止部11が設けられている。ガイド体40は、フック42を弾性変形しつつ係止部11に係止することにより、基板10に装着される。フロントケース2には、液晶表示部20を露呈する開口部4が設けられている。開口部4には、液晶表示部を保護する透明板5が配置されている。尚、図中の6は、フロントケースに装着された操作ボタンである。この操作ボタン6は、その接点を基板に対して離合する構成のものである。また、図中の7は、基板10に設けられた外部接続用端子である。この外部接続用端子7は、リアケース3に設けられたジャック部8から外部に露呈されている。
【0010】
基板10は、ガラス粒子を混入したエポキシ樹脂等の絶縁材料からなる板材に所定の回路パターンを設けてなるものである。回路パターンは、板材の両面に導体箔を形成し、その導体箔にエッチング加工を施して設けられている。LED30及びその他の電子素子(図示はせず)は、回路パターンに設けられたランドに対し搭載されている。
【0011】
液晶表示部20は、液晶体及び透明電極からなる液晶表示素子を透明板の間に設け、透明電極と電気的に接続されたピン状の端子21から電気信号を入力することにより、所定の画素又はセグメント毎に透明・非透明状態が切換えられる構成となっている。端子21の先端は、基板10に設けられた電極ソケット60に接続されている。
【0012】
LED30は、所定の光学部材を一体に設けた発光素子であり、液晶表示部20の形状に応じて適宜ピッチで基板上10に配置されている。
【0013】
乱反射板50は、外部から見た液晶表示部20の明るさ、つまり開口部4から露呈した部位の明るさを均等化するためのものである。本例では、光を拡散する粒子を混入した透明樹脂製の板部材を採用している。
【0014】
ガイド体40は、基板10に固定されるとともに液晶表示部20を保持する樹脂製の枠体である。図4に示すように、ガイド体40の内部には、LED30の光を反射するテーパー状の反射面40aが設けられている。本例の場合、反射面40aの角度は、LEDの指向特性に基づいて、液晶表示部の光度が均一化するように設定している。」





イ 引用文献4に記載された事項
上記アによれば、引用文献4には次の事項(以下「引用文献4に記載された事項」という。)が記載されていると認める。
「LED30を有する基板10と液晶表示部20との間に設けられたガイド体40において、裏側に前記LED30に対応する位置に反射面40aが設けられ、前記反射面40aは前記液晶表示部20に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記液晶表示部20へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記反射面40aの裏側に前記基板10が設けられること。」

(5)引用文献5
ア 引用文献5の記載
原査定の拒絶の理由で引用された引用文献5であって、本願の出願前に頒布された国際公開第2007/037035号には、「ライトボックスおよびその光反射板ならび光反射板の製造方法」に関し、次の記載がある。
「[0023] 図1および図2に示すように、本実施形態のライトボックス10は、上部が開口とされた四角形の箱体12を有している。この箱体12の内部の底部には、平板状の配線板14が配設されている。そして、配線板14の上面には複数のランプタイプのLED(点状光源)16が取り付けられている。これらのLED16は、配線板14上にマトリックス状に配列されている。また、配線板14上には、LED16からの光、あるいは光拡散表面板26や光拡散反射板34で反射された光を反射するための光反射板18が配置されている。
[0024] 光反射板18は、複数のLED16のそれぞれの周囲を取り囲む逆多角錐形状、本実施形態においては逆四角錐状に形成された複数の収納凹部20と、この収納凹部20の底部の中心に形成されたLED16を挿通自在な挿通孔22とを有している。そして、各収納凹部20のそれぞれの頂部24は、同一平面内に位置するように配設されており、かつ、各収納凹部20の頂部24が、隣接する収納凹部20の頂部24と接続されて一体に形成されている。なお、収納凹部は逆四角錐状には限定されず、その他の逆多角錐形状、例えば逆六角錐状などでもよい。」

「[0033] 本実施形態の光反射板18は、光源より発して光拡散表面板26へ達した光は50%以上が再び内部側へ反射され、光源間のスペースに設置された光反射板18で反射され戻された光の90%以上が拡散反射され再び光拡散表面板26へ到達する。また、本実施形態の光反射板18は、光源が配置されていないスペースで光反射板18が 高ぐ光源の近くで低くすり鉢状になっている。そのため、光拡散表面板26で反射された光は、光反射板18の高い部分で効率的に反射し、到達する光の本来少ない光源間のスペース上の光拡散表面板26へも多く到達するようになり、光ムラの少ないものとなる。
[0034] 一般に、ライトボックス10を薄型化すると、発光部28から光拡散表面板26までの距離が短くなるため、光ムラが問題になりやすい。そこで、本発明においては、光反射板18の頂部24と光拡散表面板26との間に、複数の貫通孔を有し、かつ、両面が反射する光拡散反射板34を設置することにより、さらなる薄型化が可能となる。」





イ 引用文献5に記載された事項
上記アによれば、引用文献5には次の事項(以下「引用文献5に記載された事項」という。)が記載されていると認める。
「LED16を有する配線板14と光拡散表面板26との間に設けられた光反射板18において、裏側に前記LED16に対応する位置に逆四角錐状に形成された収納凹部20が設けられ、前記収納凹部20は前記光拡散表面版26に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記光拡散表面板26へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記収納凹部20の裏側に前記配線板14が設けられること。」

4 対比
本願発明と引用発明とを、その機能、構造又は技術的意義を考慮して対比する。
(1)後者の「文字又は記号31及び文字又は記号32が印刷されたフィルム30が裏側に設置された半透明カバー21」は、前者の「前面板」に相当する。

(2)後者の「半透明カバー21」に設けられた「文字又は記号32に対応する領域」は、その後方に対応する部位に人体の静電容量を検出することが可能な非接触型の検知部材41が位置することから、前者の「操作領域」に相当する。
また、後者の「半透明カバー21」に設けられた「文字又は記号31に対応する領域」は、その後方の対応する部位に発光ダイオード25が位置し、上記非接触型の検知部材41は配置されず、専ら表示の機能を有することから、前者の「表示領域」に相当する。

(3)後者の「人体の静電容量を検出することが可能な非接触型の検知部材41」は、前者の「タッチスイッチを構成する電極」に相当し、後者の「検出パネル40」は、前者の「操作基板」に相当する。

(4)後者の「発光ダイオード25」は、前者の「発光素子」に相当し、後者の「回路基板22」は、前者の「表示基板」に相当する。

(5)後者の「案内部材23」は、前者の「中間支持部材」に相当する。

(6)後者の「光路23a」は、前者の「照射筒部」に、「照射光の案内部」という限りにおいて一致する。
そして、後者の「前記半透明カバー21の前記文字又は記号31に対応する領域における前記案内部材23には、前記発光ダイオード25を収容する光路23aが設けられ、前記光路23aは前記半透明カバー21に向かう方向へ延びているように形成され、前記案内部材23の裏側に前記回路基板22が設けられ」る態様は、前者の「前記前面板の前記表示領域における前記中間支持部材の裏側であって、前記発光素子に対応する位置に照射筒部が設けられ、前記照射筒部は前記前面板に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記前面板へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記照射筒部の裏側に前記表示基板が設けられ」る態様に、「前記前面板の前記表示領域における前記中間支持部材であって、前記発光素子に対応する位置に照射光の案内部が設けられ、前記照射光の案内部は前記前面板に向かう方向へ延びているように形成され、前記中間支持部材の裏側に前記表示基板が設けられ」るという限りにおいて一致する。

(6)後者の「洗濯機」は、前者の「冷蔵庫」に、「家庭用電気器具」という限りにおいて一致する。

以上のことから、本願発明と引用発明との一致点及び相違点は、次のとおりである。
[一致点]
「前面板と、
前記前面板に設けられた操作領域と表示領域と、
前記前面板の裏側に設けられ、前記操作領域の後方に対応する部位にタッチスイッチを構成する電極を有する操作基板と、
前記前面板の裏側に設けられ、前記表示領域の後方に対応する部位に発光素子を有する表示基板と、
前記表示基板と前記前面板との間に設けられた中間支持部材と、
を備え、
前記前面板の前記表示領域における前記中間支持部材であって、前記発光素子に対応する位置に照射光の案内部が設けられ、前記照射光の案内部は前記前面板に向かう方向へ延びているように形成され、前記中間支持部材の裏側に前記表示基板が設けられている、
家庭用電気器具。」

[相違点1]
本願発明では、「冷蔵庫本体が有する扉」を備えた「冷蔵庫」であって、「前面板」が「前記扉の前面に設けられ」ているのに対して、引用発明では、「洗濯機」であって、「本体10の前面上部に設けられた制御パネル20」が備える「半透明カバー21」が冷蔵庫の扉の前面に設けられるものではない点(以下「相違点1」という。)。

[相違点2]
「前記前面板の前記表示領域における前記中間支持部材であって、前記発光素子に対応する位置に照射光の案内部が設けられ、前記照射光の案内部は前記前面板に向かう方向へ延びているように形成され、前記中間支持部材の裏側に前記表示基板が設けられている」ことに関し、本願発明では、「前記前面板の前記表示領域における前記中間支持部材の裏側であって、前記発光素子に対応する位置に照射筒部が設けられ、前記照射筒部は前記前面板に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記前面板へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記照射筒部の裏側に前記表示基板が設けられ」ているのに対して、引用発明では、「前記半透明カバー21の前記文字又は記号31に対応する領域における前記案内部材23には、前記発光ダイオード25を収容する光路23aが設けられ、前記光路23aは前記半透明カバー21に向かう方向へ延びているように形成され、前記案内部材23の裏側に前記回路基板22が設けられ」ており、「光路23a」が、案内部材23の裏側に設けられ、半透明カバー21へ向かうにしたがって広がるように形成された「照射筒部」ではなく、前記照射筒部の裏側に回路基板22が設けられるものではない点(以下「相違点2」という。)。

[相違点3]
本願発明では、「前記前面板の前記操作領域に対応する前記中間支持部材に前記操作基板が固定されている」のに対して、引用発明では、「前記文字又は記号32に対応する領域に前記検知部材41が対応するように、前記フィルム30が両面テープを用いて前記検出パネル40の前面に取り付けられ、前記検出パネル40が両面テープを用いて前記半透明カバー21の後面に取り付けられ、前記回路基板22の前面に結合された前記案内部材23が前記半透明カバー21の後ろ側に連結されて複数のボルト26を用いて前記半透明カバー21の内側にねじ固定されている」点(以下「相違点3」という。)。

5 判断
(1)相違点1について
引用文献1に記載された事項は、冷蔵庫本体1(本願発明の「冷蔵庫本体」に相当。なお、以下同様に括弧内に本願発明の対応する用語を示す。)が有する冷蔵室扉7(扉)を備えた冷蔵庫(冷蔵庫)において、LCD表示部16と、静電スイッチ17と、制御回路基板15と、表示パネル12(前面版)とからなるユニットが設けられたことにより、前記表示パネル12が前記冷蔵室扉7の前面に設けられたものとなっており、相違点1に係る本願発明の構成を備えるものである。
そして、引用発明と引用文献1に記載された事項は、家庭用電気器具の操作パネルユニットという技術分野において共通し、操作パネルユニットは、多種多様な家庭用電気器具に用いられており、汎用性のあるものであるから、引用発明に引用文献1に記載された事項を適用して、冷蔵庫本体1(冷蔵庫本体)が有する冷蔵室扉7(扉)を備えた冷蔵庫であって、半透明カバー21(前面板)が前記冷蔵室扉7の前面に設けられた冷蔵庫とし、相違点1に係る本願発明の構成とすることは、当業者にとって格別困難ではない。

(2)相違点2について
発光素子を有する表示基板と前面板との間に設けられた中間支持部材において、裏側に前記発光素子に対応する位置に照射筒部が設けられ、前記照射筒部は前記前面板に向かう方向へ筒状に延びていると共に、前記前面板へ向かうにしたがって広がるように形成され、前記照射筒部の裏側に前記表示基板が設けられることは、引用文献3ないし5に記載された事項にみられるように、本願の出願前に周知の技術(以下「周知技術」という。)である。
そして、周知技術は、発光素子から照射した光を、前面板にムラがなく均一に案内することが可能であるから(引用文献3の段落0030、引用文献4の段落0014及び引用文献5の段落0033)、引用発明において、周知技術を適用し、相違点2に係る本願発明の構成とすることは、当業者にとって格別困難ではない。

(3)相違点3について
引用発明において、検出パネル40(操作基板)は、半透明カバー21(前面板)を介して案内部材23(中間支持部材)に固定されているから、相違点3は実質的な相違点ではない。
仮に相違点3に係る本願発明の構成が、中間支持部材に操作基板が直接固定されているものと限定的に解するとしても、引用発明において、検出パネル40を固定することが可能な対象は半透明カバー21又は案内部材23であり、検出パネル40を固定する対象を案内部材23とすることは当業者が適宜選択し得ることといえ、また、検出パネル40及び案内部材23を予め一体にすることにより、案内部材23の光路23aと、検出パネル40の検知部材41及び開口部42との位置合わせが容易となることは、当業者にとって明らかであるから、検出パネル40を案内部材23に直接固定し、相違点3に係る本願発明の構成とすることは、当業者が適宜なし得たことである。

(4)効果について
そして、本願発明は、全体としてみても、引用発明、引用文献1に記載された事項及び周知技術から予測される以上の格別な効果を奏するものではない。

(5)請求人の主張について
請求人は、審判請求書の6頁12行ないし7頁5行において、以下の主張をする。
「ii)・・・すなわち、我々の反論のポイントは、操作基板が固定されているのが、中間支持部材であるということです。
一方、引用文献2においては検出パネル40が固定されているのは、審査官殿が認めてられているように、案内部材23(中間支持部材)でなく半透明カバー21であるということです。この構造については、引用文献2の段落0037に、検出パネル40は、半透明カバー21の後面に両面テープで接着されている。そして、案内部材23と半透明カバー21の間に他の部材をネジ止めする、と詳しく記載されています。しかし、この構造であると、検出パネル40が半透明カバー21に貼り付けられ、案内部材とは固定されていないため、案内部材と半透明カバー21で他の部材を挟むときに組み立てがしにくく、作業効率が下がります。
これに対し、本願発明は、操作基板と中間支持部材とが固定されていることで、全体が組み立てやすく、組み立ての作業効率が上がります。引用文献2には、検出パネルと半透明カバーとが両面テープで接着されているという極めて具体的な構成を明らかにしているにも関わらず、本願発明における操作基板が中間指示部材側に固定されているという構成については開示されていません。これは本願の出願時において上記本願の構成に至ることが必ずしも容易想到でないことを示します。そして、本願発明の構成は、引用文献2に記載の技術には無い、組み立て時の作業効率が向上するという効果を有します。この点は、他の引用文献に記載も示唆もありません。」
しかしながら、上記(3)の相違点3の検討で述べたとおりであるから、上記請求人の主張は採用することができない。

(6)まとめ
したがって、本願発明は、引用発明、引用文献1に記載された事項及び周知技術に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものである。

第4 むすび
以上のとおり、本願発明は、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、他の請求項に係る発明について検討するまでもなく、本願は拒絶されるべきものである。

よって、結論のとおり審決する。
 
審理終結日 2020-11-30 
結審通知日 2020-12-01 
審決日 2020-12-17 
出願番号 特願2018-49246(P2018-49246)
審決分類 P 1 8・ 121- Z (F25D)
P 1 8・ 574- Z (F25D)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 笹木 俊男  
特許庁審判長 松下 聡
特許庁審判官 平城 俊雅
槙原 進
発明の名称 冷蔵庫  
代理人 有近 康臣  
代理人 蔦田 正人  
代理人 富田 克幸  
代理人 水鳥 正裕  
代理人 前澤 龍  
代理人 中村 哲士  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ