現在、審決メルマガは配信を一時停止させていただいております。再開まで今暫くお待ち下さい。

  • ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備 取り消して特許、登録 G06F
審判 査定不服 2項進歩性 取り消して特許、登録 G06F
管理番号 1375528
審判番号 不服2020-1456  
総通号数 260 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2021-08-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2020-02-03 
確定日 2021-07-19 
事件の表示 特願2018-513823「機能インターフェースを表示する方法及び装置」拒絶査定不服審判事件〔平成29年 3月23日国際公開、WO2017/045548、平成30年11月 8日国内公表、特表2018-533129、請求項の数(8)〕について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願の発明は、特許すべきものとする。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、2016年(平成28年)9月6日(パリ条約による優先権主張外国庁受理 2015年9月15日 中国)を国際出願日とする出願であって、その手続の経緯は以下のとおりである。

平成30年 5月15日 :手続補正書の提出
平成31年 2月20日付け:拒絶理由通知
令和 元年 8月22日 :意見書、手続補正書の提出
令和 元年 9月24日付け:拒絶査定(原査定)
令和 2年 2月 3日 :審判請求書、手続補正書の提出
令和 3年 3月 2日 :拒絶理由(当審拒絶理由)通知
令和 3年 5月27日 :意見書、手続補正書の提出

第2 本願発明
本願請求項1ないし8に係る発明(以下、それぞれ「本願発明1」ないし「本願発明8」という。)は、令和3年5月27日に提出された手続補正書の手続補正(以下、「本件補正」という。)により補正された特許請求の範囲の請求項1ないし8に記載された事項により特定される発明であり、このうち本願発明1は以下のとおりの発明である。なお、下線は、補正された箇所を示す。

「 ユーザにより入力された情報をコンピューティングデバイスで受信するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、予め定義されたキーワードのセットから前記情報の中のキーワードを判定するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、予め定義された機能インターフェースのセットから1つの機能インターフェースを判定するステップであって、前記予め定義された機能インターフェースのセット内の各機能インターフェースは、前記予め定義されたキーワードのセット内の1つ又は複数のそれぞれのキーワードに対応し、前記1つの機能インターフェースは、前記情報の中の前記判定されたキーワードに対応し、かつ、指定された領域を含む、前記判定するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、前記情報内の複数の数字を判定するステップであって、前記複数の数字の各々は、対応する金額を指定する、前記判定するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、前記複数の数字の1つを、前記キーワードに対応する機能インターフェースの前記指定された領域に追加し、残りの数字を前記指定された領域に対応するプルダウンメニューに追加するとともに、前記キーワードに対応する機能インターフェースを表示するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、前記指定された領域に追加された数字が正しいことが確認されたこと、または前記プルダウンメニューから前記残りの数字のうちの1つが選択されたことに応じて、前記キーワードに対応する機能インターフェースに追加された数字に応じて決済サービスデータを処理するステップであって、
前記キーワードに対応する機能インターフェースに追加された数字が指定する金額が、前記キーワードに対応する機能インターフェースに関連付けられた予め設定された閾値の金額を超えているかどうかを判断するステップと、
前記金額が前記予め設定された閾値の金額を超えるとの判断に応じて、前記コンピューティングデバイスによって、パスワード入力機能インターフェースを表示するステップと
を備える、処理するステップと、
を備え、
前記情報は、前記ユーザからの、チャットサービスを含むインスタントメッセージングのメッセージであり、
前記キーワードに対応する機能インターフェースは、前記メッセージが送信される他のユーザへの決済サービスを実施するインターフェースである、
コンピュータ実装方法。」

なお、本願発明2ないし7は、本願発明1を減縮した発明であり、本願発明8は、本願発明1ないし7の方法を実施する「装置」の発明であり、本願発明2ないし8は、本願発明1と同一の構成を備える。
また、本件補正は、本件補正前の請求項5に記載されていた事項を本件補正前の請求項1に組み入れるとともに、本件補正前の請求項5を削除する補正を含むものである。

第3 引用文献、引用発明等
1 引用文献1について
(1)引用文献1記載事項
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献1(米国特許出願公開第2015/0161246号明細書)には、図面とともに次の事項が記載されている。(なお、[日本語訳]は当該国際出願について日本語公表した特表2015-532753号公報における対応段落を摘記した。下線は、強調のために当審が付与した。以下においても同様。)

「[0002] The present invention relates to the technical field of text input on a terminal, in particular, a text input method, system and device.」
[日本語訳]
「[0002]
本発明は、端末において文字入力を実行する技術分野に関し、特に、文字入力方法、システム及び装置に関する。」

「[0036] At step Sl0l, text message input by a user is received.
[0037] The text message may be one or more word(s) or a sentence or a paragraph. In addition to Chinese character input, the method also supports input of many other languages. For example,

('I like Baidu input method editor' [in Chinese]), 'weather report', and

('the weather today is good' [in Chinese]).
[0038] At step S102, keywords are extracted from the text message and displayed in a special manner. Keywords may be those defined by users in advance. For example, words/phases such as weather, time and/or name of places may be defined as keywords. For example, when the text message received at step Sl0l reads 'The weather is good, let's to shopping this afternoon', the word 'weather' will be extracted as a keyword from the text message for the reason that the word 'weather' is one of the keywords that have been defined in advance. For the purpose of distinction, keywords are usually displayed in a special manner, wherein displaying in a special manner includes but is not limited to displaying in highlight, reverse type, different colour and/or displaying differently from other words than the keywords.
[0039] Preferably, the text message is retrieved and matched against the keywords in a keyword corpus. As compared to the practice of users themselves defining words relevant to themselves or words they frequently use as keywords, the use of the keyword corpus as a reference at the time of extracting keywords is more comprehensive, convenient and accurate. Keywords in the keyword corpus come from various sources, which may be a glossary of keywords frequently used by users, extract of new words on the Internet, and/or definitions made by users themselves. Accordingly, the use of the keyword corpus can collect keywords that a majority of users use and is also capable of accommodating retrieval of personalized keywords at the meantime.
[0040] For example: when the text message received at step SlOl reads:

('Xiaoming, the weather today is good; let's go swimming at the Beijing Sport University at 3 o'clock this afternoon' [in Chinese]), then the message is first processed through word segmentation, which may be any word segmentation process that is currently available in the prior art; the process of word segmentation results in such a text message as 'Xiaomingl the weather| today| is good| let's| go| swimming| at Beijing| Sport| University| at 3 o'clock| this afternoon|', or such a text message as |Xiaoming| the weather| today| is good| let's| go| swimming| at Beijing| Sport University| at 3 o'clock this afternoon|', or alternatively, 'Xiaoming| the weather| today| is good| let's| go| swimming| at Beijing Sport University| at 3 o'clock| this afternoon|'. Preferably, words and phrases resulted from various word segmentation processes are all to be retrieved and matched with words in the keyword corpus.
[0041] If the keyword corpus contains a word that matches with a word in the text message, then the word is extracted as a keyword. The retrieving and matching process results in such five keywords as 'Xiaoming', 'weather', '3 o'clock this afternoon', 'Beijing Sport University' and 'swimming'.」
[日本語訳]
「[0036] ステップS101は、ユーザが入力したテキスト情報を取得する。
[0037] 当該テキスト情報は、1つ若しくは複数の語群、1つの文、又は1つの段落のいずれでもよく、また言語は中国語だけではなく、その他の多種言語もサポートし得る。例えば、

「私はバイドゥの入力方法が好き」、「weatherreport(天気予報)」、

「今日は天気がなかなか良い」である。
[0038] ステップS102は、当該テキスト情報内からキーワードを抽出し、かつ、当該キーワードに対して特別な表示を施す。キーワードは、ユーザが事前に設定(定義)済みのものであり得、例えば、天気、時間、及び/又は地名などの関連語句であるとき、これらの語句をキーワードとして設定する。例えば、ステップS101において取得した文字情報が「(今日は天気がとても良い、午後は2人で街に遊びに出掛けようよ!)」であるとき、「天气(天気)」という2文字が事前に設定されたキーワードのうちの1つであることから、この節のテキスト情報内において抽出した「天气(天気)」をキーワードとする。その抽出したキーワードを区別するために、通常、キーワードには特別な表示を施す。当該特別な表示は、ハイライト、反転、識別色及び/又はその他のキーワード以外の文字とは異なる表示形式を含むが、これらの表示形式は特に限定されることはない。
[0039] 好ましくは、当該テキスト情報に対し、キーワードコーパス内においてマッチング検索を実行する。各ユーザが、自分に関連する又は常用する語彙をキーワードとして自分自身で定義することとは対照的に、キーワードコーパスを使用してキーワード抽出の実行時の参考にすることは、より一層包括的であって簡便であり、正確度がさらに高まる。キーワードコーパス内のキーワードのソース(出所)は広範であり、多くのユーザの常用するキーワードに対する集合、ネットワーク新語の抽出及び/又はユーザ自身の定義であり得る。したがって、キーワードコーパスの使用は、大多数のユーザのキーワードを収集して使用する情況であるのと同時に、個人専用のキーワード検索も考慮することができる。
[0040] 例えば、ステップS101において取得したテキスト情報が、

「明ちゃん、今日は天気がなかなか良いね、午後3時に一緒に北京体育大学に行って泳ごうよ?!」であれば、まず、該情報に対して単語に分断する分断処理を実行し、既存の技術における、単語の分断には各種分断方法が使用されてよく、単語に分断した後に得られるテキスト情報は、

「(明ちゃん|今日は|天気が|なかなか良い|午後|3時に|一緒に|北京|体育|大学に|行って|泳ごう|よ)」、


「(明ちゃん|今日は|天気が|なかなか良い|午後3時に|一緒に|北京|体育大学に|行って|泳ごう|よ)」、又は

「(明ちゃん|今日は|天気が|なかなか良い|午後|3時に|一緒に|北京体育大学に|行って|泳ごう|よ)」となり、好ましくは、異なる分断方法で分断された語彙の全てに対し、キーワードコーパス内の文字符号とマッチング検索を実行しなければならない。
[0041] 当該キーワードコーパス内において、当該テキスト情報内の文字符号と互いにマッチする単語があるとき、当該文字符号がキーワードとして抽出される。マッチング検索を実行することで、キーワード「小明(明ちゃん)」、「天气(天気)」、「下午3点(午後3時)」、「北京体育大学」、「游泳(泳ぐ)」などの5つのキーワードを取得することができる。」

「[0045] Next, in response to a user's selection of the keyword, step S103 is implemented to enter into a function module in relation to the keyword. Turn to FIG. 3, a function module 42 is displayed underneath the message display area 41, wherein the function module 42 is the contact information of

("Xiaoming" [in Chinese]) saved in the contact list. When a user selects the keyword 'Xiaoming', the nature of which is a person's name, then the function module 42 area presents the contact list icon, searches for relevant information in the database of the contact list on the basis of the keyword 'Xiaoming' via the contact list interface, and returns the search result to the function module 42 area for display. The contact list database connected to the contact list interface may be a contact list database located on a mobile terminal or may be a contact list database located on an Internet server. The function module 42 includes but is not limited to: contact list, weather forecast, time, memo, map and/or Internet explorer. Turn to FIG. 4, which illustrates diagrams of five possible function modules 42. When a user touches on a different keyword, a corresponding function module 42 appears underneath the message display area 41. It is understandable that, as shown in FIG. 3, it is merely an example that the function module 42 is located underneath the message display area 42; rather, the function module 42 may be located at any area on the screen of a mobile phone as long as that does not affect other functions of the mobile phone.
[0046] In addition to conducting a search on the basis of the keyword selected by a user at the time of making a search in a database via an interface of the function module 42, the search results are sorted in a sequence in conjunction with the context of the content input by the user, and the most relevant search results are displayed in the function module 42 area.
[0047] At the time when a user makes input via the keyboard panel 40 but has yet not selected any keyword, the message display area 41 presents content that has been input and keywords that have been matched, and the function module 42 area automatically presents a function module in relation to a keyword that is last matched, and presents information that has been retrieved via an interface of the function modules on the basis of the keyword that is last matched. For example, when a user inputs 'Xiaoming, the weather today is good, at 3 o'clock this afternoon', wherein the keyword that is last matched is '3 o'clock this afternoon', then the function module 42 area presents such a schedule as

('3:00 PM: go shopping in supermarket' [in Chinese]), and then the user may immediately notice there is a clash of time for an activity arranged previously, and may instantly change the time proposed in the text message.
[0048] Preferably, in response to a user's selection of the keyword, an application interface comprising a function module in relation to the keyword is provided for the user. For example, if the text message received contains words and phrases associated with economic financial figures such as interest, earning and the like, the application interface of a calculator is provided for the user.」
[日本語訳]
「[0045] 次に、ステップS103が実行され、ユーザの、当該キーワードに対する選択に応じて、当該キーワードに関連する機能モジュールにアクセスする。図3を参照すると、情報表示区41の下方に機能モジュール42が表示され、当該機能モジュール42は、ディレクトリ内において、明ちゃんに関する通信情報を表示する。ユーザがキーワード

「小明(明ちゃん)」を選択すると、キーワード「小明(明ちゃん)」の属性は姓名であることから、機能モジュール42の領域にアドレス帳のアイコンを呈示し、かつ、アドレス帳インターフェイスを通じて「小明(明ちゃん)」をキーワードとし、アドレス帳のデータベース内において関連する情報を検索し、かつ、検索結果を機能モジュール42の領域に戻して表示する。当該アドレス帳インターフェイスが接続するアドレス帳データベースは、携帯端末(携帯電話)上のアドレス帳データベースに格納されていてもよく、またインターネットサーバ上のアドレス帳データベースに格納されていてもよい。当該機能モジュール42は、アドレス帳、天気予報、時間、メモ、地図、及び/又はブラウザなどを有するが、これらに限定されない。図4を参照すると、図4は、5つの想定される機能モジュール42の概略図を示しており、ユーザが異なるキーワードをクリックすると、対応する機能モジュール42が情報表示区41の下方に表示される。図3において、機能モジュール42が情報表示区42の下方に配置されているのは一例に過ぎず、その位置が、画面の任意の領域に存在してよく、携帯電話のその他の機能に影響を及ぼしさえしなければよいことを理解されたい。
[0046] 機能モジュール42のインターフェイスを通じて、データベースにおいて検索を実行しているときに、ユーザが選択したキーワードに基づいて検索を実行するだけではなく、ユーザが入力した内容の前後の文章を、検索した結果に組み合わせて相関性のランク付けも実行して、かつ、最も関連性の高い検索結果を機能モジュール42の領域に表示する。
[0047] ユーザが、キーボードパネル40により入力を実行しても、キーワードをまだ選択していないときには、情報表示区41において、入力した内容と、マッチしたキーワードとを呈示し、かつ、機能モジュール42の領域において、最後にマッチしたキーワードに関連する機能モジュールと、機能モジュールの結果を通じて最後にマッチしたキーワードに基づいて検索した情報とを自動的に呈示し得る。例えば、ユーザが

「明ちゃん、今日は天気がなかなか良い、午後3時に」まで入力したとき、最後にマッチしたキーワードは「下午3点(午後3時)」であり、そのため、機能モジュール42の領域は、予定していた日程の設定が「3:00PM:スーパーに買い物に行く」であることを呈示し、そのため、ユーザは、先の設定と時間が重なっていることを直ちに認識し、したがって、入力している情報内の時間設定を直ちに変更することができる。
[0048] 好ましくは、ユーザの、当該キーワードに対する選択に応じて、当該キーワードに関連する機能モジュールを包含するアプリケーションインターフェイスをユーザに提供する。例えば、取得したテキスト情報内に、利息、受益などの、経済及び金融の数字と関係性を有する語彙があるときには、コンピュータのアプリケーションインターフェイスをユーザに提供する。」

「Fig.2


[日本語訳]省略

「Fig.3


[日本語訳](省略)

「Fig.4


[日本語訳](省略)

(2)引用発明
前記(1)より、上記引用文献1には次の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されていると認められる。

「 端末において文字入力を実行する文字入力方法であって、
ユーザが入力したテキスト情報を取得し、
当該テキスト情報内からキーワードを抽出し、かつ、当該キーワードに対して特別な表示を施し、
キーワードは、ユーザが事前に設定(定義)済みのものであり得、例えば、天気、時間、及び/又は地名などの関連語句であるとき、これらの語句をキーワードとして設定し、
当該特別な表示は、ハイライト、反転、識別色及び/又はその他のキーワード以外の文字とは異なる表示形式を含み、
例えば、取得したテキスト情報が、「明ちゃん、今日は天気がなかなか良いね、午後3時に一緒に北京体育大学に行って泳ごうよ?!」であれば、キーワード「小明(明ちゃん)」、「天气(天気)」、「下午3点(午後3時)」、「北京体育大学」、「游泳(泳ぐ)」などの5つのキーワードを取得することができ、
次に、ユーザの、当該キーワードに対する選択に応じて、当該キーワードに関連する機能モジュールにアクセスし、キーワードに対応する機能モジュール42が情報表示区41の下方に表示され、ユーザが選択したキーワードに基づいて検索を実行し、ユーザが入力した内容の前後の文章を、検索した結果に組み合わせて相関性のランク付けも実行して、かつ、最も関連性の高い検索結果を機能モジュール42の領域に表示し、
ユーザが、キーボードパネル40により入力を実行しても、キーワードをまだ選択していないときには、機能モジュール42の領域において、最後にマッチしたキーワードに関連する機能モジュールと、機能モジュールの結果を通じて最後にマッチしたキーワードに基づいて検索した情報とを自動的に呈示し得、
好ましくは、ユーザの、当該キーワードに対する選択に応じて、当該キーワードに関連する機能モジュールを包含するアプリケーションインターフェイスをユーザに提供し、例えば、取得したテキスト情報内に、利息、受益などの、経済及び金融の数字と関係性を有する語彙があるときには、コンピュータのアプリケーションインターフェイスをユーザに提供する、
文字入力方法。」

2 引用文献2について
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献2(米国特許出願公開第2014/0372403号明細書)には、図面とともに次の事項が記載されている。

「[0007] One aspect of the present disclosure provides a method for information matching in an instant messaging user interface. The method includes monitoring, in real time, chat records in an instant messaging interface to identify a keyword and starting a search application interface if the keyword is identified. The method further includes obtaining key information associated with the keyword through the search application interface, and presenting the key information in the instant messaging interface.」
[日本語訳]
「[0007]本開示の一態様は、インスタント・メッセージング・ユーザ・インタフェース情報のマッチングのための方法を提供する。キーワードが識別される場合、方法は、リアルタイムでモニタするインスタント・メッセージング・インターフェース、チャット・レコードのキーワードを識別し、検索アプリケーションインターフェースを開始することを含む。この方法はさらに、検索アプリケーションインターフェースを介してキーワードと関連したキー情報を取得し、インスタント・メッセージング・インタフェースでキー情報を提示することを含む。」

「[0039] Embodiments consistent with the present disclosure provide a method for information matching. An information matching system consistent with the present disclosure may monitor an instant messaging session in real time. If the system determines that the instant messaging session includes one or more keywords, it may start a search application interface and obtain key information from the interface. The system may further load the key information into the instant messaging user interface to present to the user. An information matching system consistent with the present disclosure may engage a search engine to search the keyword automatically. The system may further load the information relevant to the keyword into the instant messaging user interface to present to the user. Embodiments consistent with the present disclosure may thus reduce the manual exchanges between the instant messaging application and the search application and reduce other user manual operations without affecting the instant messaging session.」
[日本語訳]
「[0039]本開示と一致する実施形態は、情報マッチングのための方法を提供する。本開示と一致する情報マッチングシステムは、リアルタイムのインスタント・メッセージング・セッションを監視することができる。該システムは、インスタント・メッセージング・セッションは、1つまたは複数のキーワードを含むと判断した場合には、サーチアプリケーションインターフェースを起動し、インタフェースからキー情報を取得することができる。システムは、さらに、ユーザに提示するためのキー情報をインスタント・メッセージング・ユーザ・インタフェースにロードすることができる。本開示と一致する情報マッチングシステムは、検索エンジンと係合するキーワードを自動的に検索することができる。システムは、さらに、ユーザに提示するキーワード・インスタント・メッセージング・ユーザ・インターフェースに関連する情報をロードすることができる。本開示と一致する実施形態は、インスタント・メッセージング・アプリケーション、検索アプリケーションとの間の手動交換を低減し、インスタント・メッセージング・セッションに影響を及ぼすことなく、他のユーザの手動操作を減らすことができる。」
したがって、上記引用文献2には、次の技術的事項が記載されていると認められる。

「 インスタント・メッセージング・ユーザ・インタフェース情報のマッチングのための方法において、
リアルタイムのインスタント・メッセージング・セッションを監視し、1つまたは複数のキーワードを含むと判断した場合には、サーチアプリケーションインターフェースを起動し、インタフェースからキー情報を取得すること。」

3 引用文献3について
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献3(米国特許出願公開第2015/0163186号明細書)には、図面とともに次の事項が記載されている。(なお、[日本語訳]は当該国際出願について日本語公表した特表2017-502379号公報における対応段落を摘記した。)

「[0022] FIG. 2 is a flow diagram showing an embodiment of a process of launching a client application based on a received message. In some embodiments, process 200 is implemented at system 100 of FIG. 1.
[0023] At 202, a message is received at a client device.
[0024] A message is received at the client device via a messaging application executing at the client device. For example, the message may comprise an SMS message that is received at an SMS application executing at the client device. Or, for example, the message may comprise an instant message that is received at an instant messaging application executing at the client device. The message may include one or more of text, images, uniform resource locators (URLS), a sender identification code, and/or other media. The sender of the message may comprise a phone number, a sender identification code, or some other type of identifying information. Specifically, for example, the message may include an identification code ( e.g., a phone number or other form of identifying code) associated with the sender, text content, and/or geographic location information associated with the sender. The types of information included in the message as described herein are merely examples and other types of information may be included in the message as well.
[0025] In some embodiments, the user associated with the client device may be a subscriber to messages from various vendors, services, and/or utility companies. For example, the user may subscribe to receive alert messages from the user's bank that indicate when the user's outstanding balance on a credit card is due.
[0026] At 204, information included in the message is used to identify a client application that corresponds to the message.
[0027] The information included in the message may be parsed and used to identify a corresponding client application that has been installed at the client device. In various embodiments, a "client application" refers to an application installed at the client device. A client application is configured to communicate with a server and/or cloud service and provide one or more services associated with the server and/or cloud service. For example, the client application may provide a payment service in which a user can input information regarding making a payment to a payee and the server associated with the payment service will complete the payment from an account associated with the user of the client device to an account of the specified payee. In some other embodiments, a client application comprises an application installed at a server.」
[日本語訳]
「[0022] 図2は、受信したメッセージに基づいてクライアントアプリケーションを起動する処理の一実施形態を示すフローチャートである。いくつかの実施形態において、処理200は、図1のシステム100で実施される。
[0023] 工程202で、メッセージが、クライアントデバイスで受信される。
[0024] メッセージは、クライアントデバイスで実行中のメッセージングアプリケーションを介してクライアントデバイスで受信される。例えば、メッセージは、クライアントデバイスで実行中のSMSアプリケーションで受信されるSMSメッセージを含んでよい。また、例えば、メッセージは、クライアントデバイスで実行中のインスタントメッセージングアプリケーションで受信されるインスタントメッセージを含んでもよい。メッセージは、テキスト、画像、ユニフォームリソースロケータ(URL)、送信者識別コード、および/または、その他の媒体の内の1以上を含みうる。メッセージの送信者は、電話番号、送信者識別コード、または、何らかの他のタイプの識別情報を含みうる。具体的には、例えば、メッセージは、送信者に関連づけられた識別コード(例えば、電話番号またはその他の形態の識別コード)、テキスト内容、および/または、送信者に関連する地理的位置情報を含みうる。本明細書に記載したメッセージに含まれる情報のタイプは、単に例示であり、その他のタイプの情報がメッセージに含まれてもよい。
[0025] いくつかの実施形態において、クライアントデバイスに関連するユーザは、様々な販売業者、サービス、および/または、公益事業会社からのメッセージの購読者であってよい。例えば、ユーザは、ユーザのクレジットカードの未払残高の期限が来た時を示す警告メッセージをユーザの銀行から受信することに同意しうる。
[0026] 工程204で、メッセージに含まれる情報が、メッセージに対応するクライアントアプリケーションを特定するために用いられる。
[0027] メッセージに含まれる情報は、クライアントデバイスにインストールされた対応するクライアントアプリケーションを特定するために、構文解析されて用いられてよい。様々な実施形態において、「クライアントアプリケーション」とは、クライアントデバイスにインストールされたアプリケーションのことである。クライアントアプリケーションは、サーバおよび/またはクラウドサービスと通信し、サーバおよび/またはクラウドサービスに関連する1または複数のサービスを提供するよう構成されている。例えば、クライアントアプリケーションは、受取人に支払いを行うことに関連する情報をユーザが入力できる支払いサービスを提供してよく、支払いサービスに関連するサーバは、クライアントデバイスのユーザに関連する口座から指定された受取人の口座への支払いを完了させる。いくつかの別の実施形態において、クライアントアプリケーションは、サーバにインストールされたアプリケーションを含む。」

「[0031] As will be described in further detail below, once the client application corresponding to the message is identified, the client application is automatically launched at the client device. In various embodiments, "launching" a client application refers to opening/executing an unopened client application at the client device or continuing to execute a client application that was already opened/executed (but was not currently in use). In various embodiments in which the client application is configured to perform a data exchange with a server to perform a service, the launched client application is caused to display a form at a page, in which relevant information to send to the server is to be received. At least a portion of the information included in the message and/or other contextual information associated with the client device and/or the user of the client device may be determined and used to prepopulate at least a portion of the input fields of the form. For example, returning to the example in which the client device receives an alert message that indicates a low balance in the user's phone account balance, a corresponding client application installed on the client device that can be used to perform a phone account balance recharging service can be launched, and a form at a page associated with the client application for sending data to the server to perform the phone account balance recharging service can be at least partially prepopulated with at least some information that was extracted from the alert message and/or stored by the client」
[日本語訳]
「[0031] 後に詳述するように、メッセージに対応するクライアントアプリケーションが特定されると、そのクライアントアプリケーションは、クライアントデバイスで自動的に起動される。様々な実施形態において、クライアントアプリケーションを「起動する」ことは、クライアントデバイスで開かれていないクライアントアプリケーションを開く/実行すること、または、すでに開かれている/実行されている(しかし、現在使用されていない)クライアントアプリケーションを実行し続けること、を指す。クライアントアプリケーションがサービスを実行するためにサーバとデータ交換するよう構成されている様々な実施形態において、起動されたクライアントアプリケーションは、ページにフォームを表示し、サーバへ送信すべき関連情報がそのフォームで受信される。メッセージに含まれる情報、ならびに/もしくは、クライアントデバイスおよび/またはクライアントデバイスのユーザに関連するその他の文脈情報、の少なくとも一部が決定され、フォームの入力フィールドの少なくとも一部に事前入力するために用いられてよい。例えば、クライアントデバイスがユーザの電話用口座の残高が少ないことを示す警告メッセージを受信する例に戻ると、電話用口座入金サービスを実行するために利用できるクライアントデバイスにインストールされた対応するクライアントアプリケーションが起動され、電話用口座入金サービスを実行する際にデータをサーバに送信するためのクライアントアプリケーションに関連するページのフォームには、警告メッセージから抽出された、および/または、クライアントデバイスによって格納された、少なくとも一部の情報が少なくとも部分的に事前入力されうる。例えば、クライアントアプリケーションの事前入力されたフォームは、クライアントデバイスでユーザに提示されてよく、ユーザは、サーバに入力データを送信するためにフォームを提出することを選択できる。このように、警告メッセージを受信した後、ユーザは、警告メッセージに関連するタスクを実行するのに用いるためにクライアントデバイスにインストールされた関連クライアントアプリケーションを手動で特定する必要も、関連クライアントアプリケーションに入力すべきデータを手動で決定する必要もない。その代わり、正しいクライアントアプリケーションが自動的に特定および起動され、クライアントデバイスのユーザの代わりにクライアントデバイスで受信されたメッセージから情報を自動的に事前入力される。」

「[0081] In various embodiments, the data exchange request may include parameter information associated with the determined data exchange. In some embodiments, the parameter information can be placed in uniform resource locator (URL) form. In some embodiments, the parameter information included in a data exchange request may be determined from the information included in the message. As will be described below, the parameter information that is included in the data exchange request may be passed to the client application to complete at least some input fields. In some embodiments, the URL can be generated by the operating system of the client device. Once the data exchange request comprising the URL has been generated, the data exchange request can be used to launch the client application that corresponds to the message. For example, the URL of the data exchange request may include an identifier corresponding to the identified client application that corresponds to the message or the identifier corresponding to the identified particular sub-application of a client application that corresponds to the message.
[0082] In some embodiments, the parameter information is determined based on information that was extracted from the message. In some embodiments, the parameter information is extracted from the message by analyzing predetermined terms in the text content of the message. For example, phrases that indicate a particular meaning are identified in the message text content and then other terms in the message may be extracted relative to these phrases to use as parameter information. For example, the text content of a credit card payment alert message may include words such as "bill balance", "due and payable," and "minimum repayment". These words are generally followed by the amount due on the credit card bill. Therefore, a numeric value, which comprises the amount due information, following these words may be extracted and used as parameter information.」
[日本語訳]
「[0081] 様々な実施形態において、データ交換要求は、決定されたデータ交換に関連するパラメータ情報を含んでよい。いくつかの実施形態において、パラメータ情報は、ユニフォームリソースロケータ(URL)の形態であってよい。いくつかの実施形態において、データ交換要求に含まれるパラメータ情報は、メッセージに含まれる情報から決定されてよい。以下に述べるように、データ交換要求に含まれるパラメータ情報は、少なくとも一部の入力フィールドを埋めるためにクライアントアプリケーションに送られてよい。いくつかの実施形態において、URLは、クライアントデバイスのオペレーティングシステムによって生成されうる。URLを含むデータ交換要求が生成されると、そのデータ交換要求は、メッセージに対応するクライアントアプリケーションを起動するために利用できる。例えば、データ交換要求のURLは、メッセージに対応する特定済みのクライアントアプリケーションに対応する識別子、または、メッセージに対応するクライアントアプリケーションの特定済みの特定のサブアプリケーションに対応する識別子を含んでよい。
[0082] いくつかの実施形態において、パラメータ情報は、メッセージから抽出された情報に基づいて決定される。いくつかの実施形態において、パラメータ情報は、メッセージのテキスト内容の中の所定の用語を分析することによって、メッセージから抽出される。例えば、特定の意味を示す語句が、メッセージテキスト内容の中で特定され、次いで、メッセージ内の他の用語が、パラメータ情報として用いるために、これらの語句に関連して抽出されてもよい。例えば、クレジットカード支払い警告メッセージのテキスト内容は、「請求書残高」、「支払い期日到来」、および、「最低返済額」などの語句を含みうる。これらの語句の後には、一般に、クレジットカード請求書の未払額が続く。したがって、これらの語句の後の未払額情報を含む数値が抽出され、パラメータ情報として用いられてよい。」

したがって、上記引用文献3には、次の技術的事項が記載されていると認められる。

「 受信したメッセージに基づいてクライアントアプリケーションを起動する処理において、
メッセージ(SMSメッセージを含む。)が、クライアントデバイスで受信され、
メッセージに含まれる情報が、メッセージに対応するクライアントアプリケーションを特定するために用いられ、
例えば、クライアントアプリケーションは、受取人に支払いを行うことに関連する情報をユーザが入力できる支払いサービスを提供してよく、
メッセージに対応するクライアントアプリケーションが特定されると、そのクライアントアプリケーションは、クライアントデバイスで自動的に起動され、
起動されたクライアントアプリケーションは、ページにフォームを表示し、サーバへ送信すべき関連情報がそのフォームで受信され、
メッセージに含まれる情報は、フォームの入力フィールドの少なくとも一部に事前入力するために用いられてよく、
パラメータ情報は、メッセージに含まれる情報から決定され、少なくとも一部の入力フィールドを埋めるためにクライアントアプリケーションに送られてよく、
例えば、クレジットカード支払い警告メッセージのテキスト内容は、「請求書残高」、「支払い期日到来」、および、「最低返済額」などの語句を含み、これらの語句の後の未払額情報を含む数値が抽出され、パラメータ情報として用いられてよいこと。」

4 引用文献4について
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献4(特開2002-140755号公報)には、図面とともに次の事項が記載されている。

「【0033】利用者認証手段32は、今回の支払依頼に係る振込先口座が新規である場合には、支払依頼受付手段31を介して携帯電話機20にパスワードの入力を求めるメッセージを供給する。利用者認証手段32は、今回の支払依頼に係る金額が予め設定した金額(例えば1000円)を超えている場合にも、支払依頼受付手段31を介して携帯電話機20にパスワードの入力を求めるメッセージを供給する。さらに、利用者認証手段32は、今回の購入金額を含めた所定期間の購入累計額が予め設定した許容累計額を超えた場合(例えば1日での購入累計額が1万円を超えた場合)にも、支払依頼受付手段31を介して携帯電話機20にパスワードの入力を求めるメッセージを供給する。」

したがって、上記引用文献4には、次の技術的事項が記載されていると認められる。

「 支払いに係る金額又は購入累計額が予め設定した金額を超えている場合には、パスワードの入力を求めること。」

第4 対比・判断
1 本願発明1について
(1)対比
本願発明1と引用発明とを対比する。

ア 引用発明は、「端末において文字入力を実行する文字入力方法」であるから、引用発明に特定される各処理(ステップ)は、「端末」によってなされるものである。

イ 引用発明の「端末」は、本願発明1の「コンピューティングデバイス」に相当し、また、引用発明において「ユーザが入力したテキスト情報」は、本願発明1の「ユーザにより入力された情報」に相当する。
よって、前記アを参酌すれば、引用発明において、「ユーザが入力したテキスト情報を取得」することは、本願発明1の「ユーザにより入力された情報をコンピューティングデバイスで受信するステップ」に相当する。

ウ 引用発明において、「キーワード」は、「天気、時間、及び/又は地名などの関連語句」として「ユーザが事前に設定(定義)済み」のものであり、その例として、「「小明(明ちゃん)」、「天气(天気)」、「下午3点(午後3時)」、「北京体育大学」、「游泳(泳ぐ)」などの5つのキーワード」が挙げられていることから、複数の「キーワード」が予め定義されているといえ、当該複数の「キーワード」は、本願発明1の「予め定義されたキーワードのセット」に相当する。
よって、前記アを参酌すれば、引用発明において、「当該テキスト情報内からキーワードを抽出」することは、本願発明1の「前記コンピューティングデバイスによって、予め定義されたキーワードのセットから前記情報の中のキーワードを判定するステップ」に相当する。

エ 引用発明は、
「当該キーワードに関連する機能モジュールにアクセスし、キーワードに対応する機能モジュール42が情報表示区41の下方に表示され」及び
「ユーザの、当該キーワードに対する選択に応じて、当該キーワードに関連する機能モジュールを包含するアプリケーションインターフェイスをユーザに提供し」
との構成を備えることから、複数の「機能モジュール42」の中からユーザが選択した「キーワード」に対応する1つの「機能モジュール42」を選択して表示する処理を行うものである。
ここで、引用発明の「機能モジュール42」は、本願発明1の「機能インターフェース」に相当し、引用発明において複数の「機能モジュール42」(引用文献1のFig.4)の中から1つの「機能モジュール42」を選択することは、本願発明1の「機能インターフェースのセット」から1つの「機能インターフェース」を「判定」することに対応する。
また、前記ウを参酌すれば、引用発明においては、予め定義された複数の「キーワード」に対応するように、複数の「機能モジュール42」が予め定義されているといえ、これを言い替えると、予め定義された複数の「機能モジュール42」に含まれる各「機能モジュール42」は、予め定義された複数の「キーワード」のうちの1つ又は複数のそれぞれに対応したものといえる。そして、実際に選択された1つの「機能モジュール42」は、「テキスト情報」から抽出(判定)された「キーワード」に対応したものである。
また、引用発明において、「検索結果」等が表示される「機能モジュール42の領域」は、本願発明1の「指定された領域」に相当し、よって、引用発明の「機能モジュール42」は、本願発明1の「指定された領域」を含むものといえる。
以上より、また、前記アを参酌すれば、引用発明は、本願発明1の「前記コンピューティングデバイスによって、予め定義された機能インターフェースのセットから1つの機能インターフェースを判定するステップであって、前記予め定義された機能インターフェースのセット内の各機能インターフェースは、前記予め定義されたキーワードのセット内の1つ又は複数のそれぞれのキーワードに対応し、前記1つの機能インターフェースは、前記情報の中の前記判定されたキーワードに対応し、かつ、指定された領域を含む、前記判定するステップ」との構成を備える。

オ 引用発明は、「好ましくは、ユーザの、当該キーワードに対する選択に応じて、当該キーワードに関連する機能モジュールを包含するアプリケーションインターフェイスをユーザに提供し、例えば、取得したテキスト情報内に、利息、受益などの、経済及び金融の数字と関係性を有する語彙があるときには、コンピュータのアプリケーションインターフェイスをユーザに提供する」との構成を含み、ここで、「利息、受益などの、経済及び金融の数字」は、当該「数字」に対応する「金額」を指定する「テキスト情報」であるから、引用発明は、対応する「金額」を指定する「テキスト情報」内の「数字」を判定するものといえる。
よって、前記アを参酌すれば、引用発明と本願発明1の「前記コンピューティングデバイスによって、前記情報内の複数の数字を判定するステップであって、前記複数の数字の各々は、対応する金額を指定する、前記判定するステップ」とは、「前記コンピューティングデバイスによって、前記情報内の数字を判定するステップであって、前記数字は、対応する金額を指定する、前記判定するステップ」との共通の構成を備える。

カ 引用発明は、「ユーザが選択したキーワードに基づいて検索を実行し、ユーザが入力した内容の前後の文章を、検索した結果に組み合わせて相関性のランク付けも実行して、かつ、最も関連性の高い検索結果を機能モジュール42の領域に表示し」との構成を備えることから、「機能モジュール42の領域」に「検索結果」を追加した状態で「機能モジュール42」を表示するものといえる。
そして、引用発明の「検索結果」と本願発明1の「前記複数の数字の1つ」とは、「キーワードに関連する情報」である点において共通する。
よって、前記ア、エ等を参酌すれば、引用発明と本願発明の「前記コンピューティングデバイスによって、前記複数の数字の1つを、前記キーワードに対応する機能インターフェースの前記指定された領域に追加し、残りの数字を前記指定された領域に対応するプルダウンメニューに追加するとともに、前記キーワードに対応する機能インターフェースを表示するステップ」とは、「前記コンピューティングデバイスによって、キーワードに関連する情報を、前記キーワードに対応する機能インターフェースの前記指定された領域に追加し、前記キーワードに対応する機能インターフェースを表示するステップ」との共通の構成を備える。

キ 引用発明の「端末において文字入力を実行する文字入力方法」は、本願発明1の「コンピュータ実装方法」に相当する。

(2)一致点、相違点
前記(1)より、本願発明1と引用発明は、次の点において一致ないし相違する。

[一致点]
「 ユーザにより入力された情報をコンピューティングデバイスで受信するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、予め定義されたキーワードのセットから前記情報の中のキーワードを判定するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、予め定義された機能インターフェースのセットから1つの機能インターフェースを判定するステップであって、前記予め定義された機能インターフェースのセット内の各機能インターフェースは、前記予め定義されたキーワードのセット内の1つ又は複数のそれぞれのキーワードに対応し、前記1つの機能インターフェースは、前記情報の中の前記判定されたキーワードに対応し、かつ、指定された領域を含む、前記判定するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、前記情報内の数字を判定するステップであって、前記数字は、対応する金額を指定する、前記判定するステップと、
前記コンピューティングデバイスによって、キーワードに関連する情報を、前記キーワードに対応する機能インターフェースの前記指定された領域に追加し、前記キーワードに対応する機能インターフェースを表示するステップと、
を備える、
コンピュータ実装方法。」

[相違点]
<相違点1>
本願発明1は、「前記情報内の複数の数字を判定するステップであって、前記複数の数字の各々は、対応する金額を指定する」との構成を備えるのに対し、引用発明において、「利息、受益などの、経済及び金融の数字」が「複数」であることを具体的に特定していない点。

<相違点2>
本願発明1は、「前記複数の数字の1つ」を「指定された領域」に追加するとともに、「残りの数字を前記指定された領域に対応するプルダウンメニューに追加する」構成を備えるのに対し、引用発明は、「キーワード」に基づく「検索結果」等を「機能モジュール42の領域」に追加する機能を備えることからすれば、「取得したテキスト情報内に、利息、受益などの、経済及び金融の数字と関係性を有する語彙があるとき」において、「数字」を「機能モジュール42の領域」に追加するものとはいえず、また、引用発明は、「数字」が「複数」であることを具体的に特定していない以上、「残りの数字」の処理について想定していない点。

<相違点3>
本願発明1は、
「 前記コンピューティングデバイスによって、前記指定された領域に追加された数字が正しいことが確認されたこと、または前記プルダウンメニューから前記残りの数字のうちの1つが選択されたことに応じて、前記キーワードに対応する機能インターフェースに追加された数字に応じて決済サービスデータを処理するステップであって、
前記キーワードに対応する機能インターフェースに追加された数字が指定する金額が、前記キーワードに対応する機能インターフェースに関連付けられた予め設定された閾値の金額を超えているかどうかを判断するステップと、
前記金額が前記予め設定された閾値の金額を超えるとの判断に応じて、前記コンピューティングデバイスによって、パスワード入力機能インターフェースを表示するステップと
を備える、処理するステップ」
を備えるのに対し、引用発明は、「取得したテキスト情報内に、利息、受益などの、経済及び金融の数字と関係性を有する語彙があるとき」の処理として、「コンピュータのアプリケーションインターフェイスをユーザに提供する」ことを特定するにとどまる点。

<相違点4>
本願発明1は、「前記情報は、前記ユーザからの、チャットサービスを含むインスタントメッセージングのメッセージであり」との構成を備えるのに対し、引用発明は、ユーザにより入力される「テキスト情報」が、「チャットサービスを含むインスタントメッセージングのメッセージ」であることを具体的に特定していない点。

<相違点5>
本願発明1は、「前記キーワードに対応する機能インターフェースは、前記メッセージが送信される他のユーザへの決済サービスを実施するインターフェースである」との構成を備えるのに対し、引用発明は、「取得したテキスト情報内に、利息、受益などの、経済及び金融の数字と関係性を有する語彙があるとき」の処理として、「コンピュータのアプリケーションインターフェイスをユーザに提供する」ことを特定するにとどまる点。

(3)相違点についての判断
事案に鑑みて、先に上記相違点2について検討するに、上記相違点2に係る本願発明1の構成、すなわち、情報内の複数の数字のうちの1つを指定された領域に追加するとともに、残りの数字を指定された領域に対応するプルダウンメニューに追加することは、上記引用文献1ないし4のいずれにも記載されておらず、本願優先日前の周知技術であるともいえない。
したがって、上記相違点1及び3について判断するまでもなく、本願発明1は、当業者であっても、引用文献1ないし4に記載された発明に基いて容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

2 本願発明2ないし7について
本願発明2ないし7は、本願発明1と同一の構成を備えるものであるから、本願発明1と同じ理由により、当業者であっても、引用文献1ないし4に記載された発明に基いて容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

3 本願発明8について
本願発明8は、本願発明1ないし7の方法を実施する「装置」の発明であり、本願発明1と同一の構成を備えるものであるから、本願発明1と同様の理由により、当業者であっても、引用文献1ないし4に記載された発明に基いて容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

第5 原査定について
1 原査定の概要
原査定は、本願の請求項1ないし4及び6ないし10に係る発明は、上記引用文献1、2及び4に記載された発明に基いて、また、本願の請求項5及び7ないし10に係る発明は、上記引用文献1ないし4に記載された発明に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない、というものである。

2 原査定についての判断
本件補正後の請求項1ないし8に係る発明(本件発明1ないし8)は、情報内の複数の数字のうちの1つを指定された領域に追加するとともに、残りの数字を指定された領域に対応するプルダウンメニューに追加するという構成を備えるものであり、上記のとおり、本願発明1ないし8は、当業者が上記引用文献1ないし4に記載された発明に基いて容易に発明をすることができたものではない。
したがって、原査定を維持することはできない。

第6 当審拒絶理由について
1 当審拒絶理由の概要
当審拒絶理由の概要は、この出願は、特許請求の範囲の記載が以下の点で、特許法第36条第6項第2号に規定する要件を満たしていない、というものである。
(1)本願の請求項1に記載の「前記予め設定された文字は、前記1つ又は複数の数字に金額を指定する」は、日本語として明確ではない。
(2)本願の請求項1の記載「予め設定された文字を判定する前記ステップに応じて、前記金額が、前記機能インターフェースに関連付けられた予め設定された閾値の金額を超えているかどうかを判断するステップ」において、「前記金額」は、「複数の数字」によって指定された「金額」のうちいずれを指すのか明確ではない。
(3)本願の請求項1の記載において、「決済サービス」は、「複数の数字」によって指定された「金額」のうちいずれを対象とするものであるのか明確ではない。
(4)本願の請求項1及び5の記載において、「前記機能インターフェース」は、前記された「機能インターフェース」のいずれを指すのか明確ではない。
(5)請求項5に記載された各ステップと、請求項1に記載された各ステップとの先後関係が明確ではない。

2 当審拒絶理由についての判断
(1)本件補正前の請求項1に記載されていた「前記予め設定された文字は、前記1つ又は複数の数字に金額を指定する」は、本件補正により「前記複数の数字の各々は、対応する金額を指定する」に補正された。
(2)本件補正前の請求項1に記載されていた「予め設定された文字を判定する前記ステップに応じて、前記金額が、前記機能インターフェースに関連付けられた予め設定された閾値の金額を超えているかどうかを判断するステップ」は、本件補正により、「前記キーワードに対応する機能インターフェースに追加された数字が指定する金額が、前記キーワードに対応する機能インターフェースに関連付けられた予め設定された閾値の金額を超えているかどうかを判断するステップ」に補正された。
(3)本件補正により、請求項1に「前記キーワードに対応する機能インターフェースに追加された数字に応じて決済サービスデータを処理する」との事項が付加された。
(4)本件補正前の請求項1に記載されていた「前記機能インターフェース」は、「前記キーワードに対応する機能インターフェース」に補正された。
(5)本件補正前の請求項1に記載されていたステップは、本件補正後の請求項1に組み入れられた。

以上のとおりであるから、本件補正後の請求項1ないし8に係る発明は明確となり、当審拒絶理由は解消した。

第7 むすび
以上のとおり、本願発明1ないし8は、当業者が引用文献1ないし4に記載された発明に基いて容易に発明をすることができたものではない。
したがって、原査定の理由によっては、本願を拒絶することはできない。
また、他に本願を拒絶すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
 
審決日 2021-06-29 
出願番号 特願2018-513823(P2018-513823)
審決分類 P 1 8・ 121- WY (G06F)
P 1 8・ 537- WY (G06F)
最終処分 成立  
前審関与審査官 萩島 豪田内 幸治  
特許庁審判長 ▲吉▼田 耕一
特許庁審判官 林 毅
富澤 哲生
発明の名称 機能インターフェースを表示する方法及び装置  
代理人 ▲高▼橋 史生  
代理人 飯田 雅人  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ