• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由) H04L
管理番号 1376385
審判番号 不服2019-1222  
総通号数 261 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2021-09-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2019-01-30 
確定日 2021-07-29 
事件の表示 特願2016-532093「イーサネットバスシステムを有する車両及び車両中におけるイーサネットバスシステムの作動方法」拒絶査定不服審判事件〔平成27年 5月28日国際公開、WO2015/074938、平成29年 1月26日国内公表、特表2017-503378〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、2014年(平成26年)11月13日を国際出願日(パリ条約による優先権主張外国庁受理2013年11月20日、ドイツ)とする出願であって、その手続の経緯は以下のとおりである。
平成30年 3月23日付け :拒絶理由通知
平成30年 9月 4日 : 意見書、手続補正書の提出
平成30年10月11日付け :拒絶査定(以下、「原査定」という。)
平成31年 1月30日 :審判請求書、手続き補正書の提出
令和 2年 6月 9日付け :拒絶理由通知(以下、「当審拒絶理由」
という。)
令和 2年 9月 7日 :意見書、手続補正書の提出

第2 本願発明
本願の請求項に係る発明は、令和2年9月7日になされた手続補正により補正された特許請求の範囲の請求項1ないし11に記載された事項により特定されるものと認められるところ、その請求項1に係る発明(以下、請求項1に係る発明を「本願発明」という。)は、以下のとおりのものである(補正箇所に下線を付した。)。
「 【請求項1】
バスシステム(2)を有する車両(1)であって、バスシステムがイーサネットバスシステムとして形成されており、そして複数のポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)を有する少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)を有し、前記複数のポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)に各一つのバスノード(10,11,12,22,29,33,36)が接続されており、当該バスノード(10,11,12,22,29,33,36)が、割り当てられたポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)を介してバスシステム(2)の作動中、データを分配装置(3,10,11,12)へと伝え、及び/又は分配装置(3,10,11,12)から受信する車両において、
バスシステム(2)が、中央のゲートウェイ(3)を分配装置(3,10,11,12)として含み、そのポート接続部(4から7)に車両(1)の制御装置(10,11,12)がバスノード(10,11,12,22,29,33,36)として接続されており、中央のゲートウェイ(3)が、車両の通常の、又は正規の作動中、ポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)の少なくとも一つに関する診断を実施し、そしてここで少なくとも一つのポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)に関する診断データを提供するよう形成されていて、
前記中央のゲートウェイ(3)が、診断データの評価及び保存の為の中央の評価装置(9)を有し、そして少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)が、提供された診断データを中央の評価装置(9)へと伝えるよう形成されていることを特徴とする車両(1)。」

第3 当審拒絶理由の概要
令和2年6月9日付けの当審が通知した拒絶理由の理由2は、概略、次のとおりのものである。
本願請求項1ないし14に係る発明は、以下の引用文献1-3に基づいて、当業者が容易に発明できたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

引用文献等一覧
1.米国特許出願公開第2012/0218896号明細書
2.特開2008-306592号公報
3.特開2013-28238号公報

第4 引用文献、引用発明等
1 引用発明1について
(1)引用文献1記載事項
引用文献1には、次の事項が記載されている(下線は、特に着目した箇所を示す。以下同様。)。

ア.「[0002] The data communication network is nowadays a key component in electronic systems implemented in vehicles ranging from submersibles to aircrafts. Many of these vehicles are depending on fault tolerant and secure communication networks to be able to operate in a reliable and safe manner. However, modern communication networks are highly vulnerable to faulty network traffic, which for example may arise from everything from failing network equipment to an attack on the network by a hostile party. If a communication network is subjected to faulty network traffic it may be severely impaired or even break down, resulting in denial of service which in most cases will cripple the vehicle. Thus finding a way to manage faulty network traffic in a communication network is therefore highly sought for.」
(当審訳:[0002] データ通信ネットワークは、現在、潜水艦から航空機に至るまでの乗り物に搭載されている電子システムの重要な構成要素である。これらの乗り物の多くは、信頼性と安全性の高い方法で動作するために、耐障害性と安全性に優れた通信ネットワークに依存している。しかし、現代の通信ネットワークは、ネットワークトラフィックの障害に対して非常に脆弱であり、ネットワークトラフィックの障害は、例えば、ネットワーク機器の故障から敵対者によるネットワークへの攻撃まで、あらゆる原因で発生する可能性がある。通信ネットワークがネットワークトラフィックの障害にさらされると、深刻な障害が発生したり、故障したりして、サービス拒否が発生し、ほとんどの場合、乗り物に障害が発生することになる。そのため、通信ネットワークにおける障害ネットワークトラフィックを管理する方法が非常に求められている。)

イ.「[0031] A network node, or just node, may either be a connection point, a redistribution point, or an end point in a communication network. A physical network node is an active electronic device belonging either to the group of data circuit-terminating equipment (i.e. a modem, hub, bridge, switch, etc.) or to the group data terminal equipment (such as a modem, hub, bridge, switch, router, printer, host computer, server, a network storage unit, etc.).
[0032] FIG. 1 illustrates a typical data communication network 100 comprising an Ethernet switch 102 connected to a collection of network nodes denoted ‘Network node A’ 104 to ‘Network node F’ 114. In this example all network nodes 104-114 are capable of communicating with each other via the Ethernet switch 102. In an example, some nodes in the network might communicate in strict pairs as is illustrated by the dotted line between nodes C 108 and E 112, while other nodes might communicate with each other sharing the same destination node, as illustrated by the dashed lines in the figure where node A 104 is shared as the destination node by both node B 106 and node F 114. In this example shown in FIG. 1 the traffic between the nodes might be served in a First-In-First-Out manner, for instance packets coming from node B 106 destined to node A 104 might become queued in the Ethernet switch 102 if a packet from node F 114 already is in transit to node A 104. When such queuing occurs, a latency is added to the total transfer time of the packets between the nodes, which in some cases may lead to problems such as less accuracy in a time critical application. However, if all nodes in the network would comply with a predefined traffic pattern it would become possible to ensure that no queuing would occur in the Ethernet switch 102, and thus no additional latencies would be induced in the network.
[0033] In the same manner, if one of the network nodes 104-114 in FIG. 1 would fail, due to malfunction or due to an attack by a hostile party, it may literally flood the network with faulty traffic. The faulty traffic may then generate long queues in the switch 102, which will have a negative effect on the transfer time in the network. In worst case scenario the congestion of the switch 102 might lead to an overload resulting in packet loss or even a complete breakdown of the communication in the network (denial of service).」
(当審訳:[0031] ネットワークノード、又は、単にノードは、接続ポイント、再分配ポイント、または通信ネットワーク内のエンドポイントであってもよい。物理的なネットワークノードは、データ回線終端装置(すなわち、モデム、ハブ、ブリッジ、スイッチ等)のグループ、または、データ端末装置(例えば、モデム、ハブ、ブリッジ、スイッチ、ルータ、プリンタ、ホストコンピュータ、サーバ、ネットワーク記憶装置等)のグループのいずれかに属する、アクティブな電子装置である。
[0032] 図1は、‘ネットワークノードA’104から‘ネットワークノードF’114と称されるネットワークノードの集合に接続されたイーサネットスイッチ102からなる典型的なデータ通信ネットワーク100を示している。この例では、すべてのネットワークノード104?114は、イーサネットスイッチ102を介して互いに通信可能である。一例では、ネットワーク内のいくつかのノードは、ノードC108とノードE112の間の点線で示されるように厳密にペアで通信するかもしれないが、他のノードは、ノードA104がノードB106とノードF114の両方によって宛先ノードとして共有されている図中の破線で示されるように、同じ宛先ノードを共有して通信するかもしれない。図1に示されたこの例では、ノード間のトラフィックは、FIFO方式でサービスされるかもしれない。例えば、ノードF114からのパケットが既にノードA104に転送中である場合、ノードA104を宛先とするノードB106から来るパケットは、イーサネットスイッチ102内でキューイングされるかもしれない。このようなキューイングが発生すると、ノード間のパケットの総転送時間に遅延が加わり、場合によっては、時間的に重要なアプリケーションにおいて精度が低下するなどの問題が生じることがある。しかし、ネットワーク内の全てのノードが予め定義されたトラフィックパターンに従うならば、イーサネットスイッチ102においてキューイングが発生しないことを保証することが可能となり、従って、ネットワーク内に追加のレイテンシが誘発されることはない。
[0033] 同様に、図1のネットワークノード104-114のうち1つが、誤作動または悪意の第三者の攻撃によって故障した場合、異常トラヒックでネットワークが文字どおり溢れる可能性がある。異常トラフィックは、スイッチ102に長い待ち行列を生成するかもしれず、これはネットワークの転送時間に対してマイナスの効果をもたらし、最悪のケースのシナリオでは、スイッチ102の輻輳による過負荷のために、パケット損失や、ネットワーク内の通信の完全な破壊(サービスの拒否)につながる可能性さえある。)

ウ.「[0037] One way of implementing a safety critical network switch is to utilize some limited actions that can be applied within the common Ethernet network switch, namely bandwidth shaping and statistics supervision. FIG. 2 illustrates an embodiment of such a basic approach to safety critical network switching 200 using bandwidth shaping and statistical supervision. The packets are received on the input port 204 of the switch 202, which in this example is an Ethernet network switch. Input statistic 216 are collected and updated for each packet received on the input port 204 of the network switch 202. The statistics 216 may include parameters such as the number of received packets, total number bytes received, as well as a breakdown of how many packets has been received within certain packet size intervals. The statistic parameters may also include the number of erroneously received packets such as CRC-faulty and runt packets. In one variant of the invention the input statistics 216 may be used to monitor the traffic pattern for each input port 204, and compare the collected statistics with what would be expected based on a predefined bandwidth and traffic pattern port usage.」
(当審訳:[0037] 安全性の重要なネットワークスイッチを実装する一つの方法は、一般的なイーサネットネットワークスイッチ内で適用可能ないくつかの限定的なアクション、すなわち帯域幅シェーピングと統計監視を利用することである。図2は、帯域幅シェーピングおよび統計的監視を利用した安全性の重要なネットワークスイッチ200のそのような基本的なアプローチの一実施形態を示す。パケットは、この例ではイーサネットネットワークスイッチである、スイッチ202の入力ポート204で受信される。入力統計216は、ネットワークスイッチ202の入力ポート204上で受信された各パケットについて収集され、更新される。統計216は、受信したパケット数、受信した総バイト数、および特定のパケットサイズ範囲ごとの受信したパケット数の内訳などのパラメータを含んでもよい。統計パラメータはまた、CRCエラーパケットおよびrunt(規定サイズ以下の小さい)パケットのような誤って受信されたパケットの数を含んでもよい。本発明の一変形例では、入力統計216は、各入力ポート204のトラフィックパターンを監視するために使用されてもよく、収集された統計を、予め定義された帯域幅およびトラフィックパターンのポート使用率に基づいて予想されるものと比較してもよい。)

エ.「[0043] In the same manner as the input port 204, output statistics 216 may be collected on the output port 212. Output statistic 216 may be collected and updated for each packet sent out from the network switch 202, and the statistics 216 may include parameters such as how many packets of certain sizes has been sent, what the total number bytes transmitted is, how many transmission errors has occurred, and so on. The output statistics may be used to monitor the traffic flowing out of each output port 212 and in this way enable detection of misbehaving traffic patterns. The statistics may be collected and treated in several different ways. One way is to continuously make use of all collected data while another way is to average the collected data over a period of time. The statistics produced in these two different ways disclose different information regarding the traffic condition in the network. In one variant of the invention the statistics may be based on both continuous and averaged data, while in another variant of the invention the statistics may be based on either continuous data or averaged data.
[0044] The statistics collector 216 and supervisor 218 units may, as shown in FIG. 2 , be implemented separate 214, in a centralized manner, from the network switch 202. The supervisor 218 continuously and/or at given time instants receives statistical traffic information, collected from the input and output ports 204,212 by the statistics collector 216. The supervisor 218 decides, based on the collected statistics, if the input port and/or the output port should be closed, stopping all incoming and/or outgoing traffic from reaching and/or leaving the network switch. Faulty traffic may initially pass through the switch due to the fact that the supervisor needs sufficient statistics from the statistics collector to make a correct decision regarding shutting down the input/output ports or both.」
(当審訳:[0043] 入力ポート204と同様に、出力ポート212上で出力統計216が収集されてもよい。出力統計216は、ネットワークスイッチ202から送出される各パケットについて収集され、更新されてもよく、出力統計216は、特定のサイズのパケットが何個送出されたか、総送信バイト数は何か、送信エラーが何個発生したかなどのパラメータを含んでもよい。出力統計は、各出力ポート212からトラフィックフローを監視するために使用され、このようにして、トラフィックパターンの不正な動作の検出を可能にする。統計情報は、いくつかの異なる方法で収集され、処理されてもよい。一つの方法は、収集されたすべてのデータを継続的に利用する方法であり、もう一つの方法は、収集されたデータを一定期間にわたって平均化する方法である。これらの2つの異なる方法で生成された統計は、ネットワーク内のトラフィック状態に関する異なる情報を開示する。本発明の一変形例では、統計は連続データと平均化されたデータの両方に基づいていてもよく、本発明の別の変形例では、統計は連続データまたは平均化されたデータのいずれか一方に基づいていてもよい。
[0044]統計収集器216および管理部(スーパーバイザ)218のユニットは、図2に示すように、ネットワークスイッチ202とは別個に、集中的に実装されてもよい。管理部218は、継続的に、および/または所定の時間に、統計収集器216によって入力ポート204,212および出力ポート204,212から収集された統計トラフィック情報を受信する。管理部218は、収集された統計情報に基づいて、入力ポートおよび/または出力ポートを閉じるべきかどうかを決定し、ネットワークスイッチに到達および/または出て行くすべての着信および/または出て行くトラフィックを停止する。障害のあるトラフィックは、管理部が、入力/出力ポートまたはその両方をシャットダウンすることに関して正しい決定を下すために統計収集器からの十分な量の統計を必要とするという事実のために、最初はスイッチを通過してもよい。)

オ.「[0056] FIG. 5 shows a schematic view, in the form of a block diagram, of the present invention as described in conjunction with FIGS. 3 and 4 above. The figure shows a device 500, typically a computer network node, for supervising a computer network comprising a reception unit 502 for receiving a network packet on a device input port, a filter unit 504 comprising, a filter 508, an analyzing unit 506 for analyzing said received network packet, a supervisor unit 510 capable of configuring the filter 508 for filtering received network packet based on said analysis in said analyzing unit 506, and a sending unit 512 for sending the output from said filter unit on the device output port. The device 500 may also include a classification unit 514 for classifying said received network packet received on the device input port. Also the filter unit 504 may include a statistics collector unit 516 capable of extracting statistical data (as discussed in conjunction with FIGS. 2-4 above) from for instance the reception unit 502 and the analyzing unit 506, and capable of providing the supervisor with statistical data. The filter unit 504 may either be integrated into the device 500 or be implemented as an external unit
connected to the device 500 via an interface.」
(当審訳:[0056] 図5は、上記の図3および図4に関連して説明した本発明のブロック図形式の概略図である。同図は、デバイス入力ポート上でネットワークパケットを受信するための受信ユニット502と、フィルタ508と、前記受信されたネットワークパケットを分析するための分析ユニット506と、前記分析ユニット506における前記分析に基づいて前記受信されたネットワークパケットをフィルタリングするためのフィルタ508を構成することができる管理部ユニット510と、前記フィルタユニットからの出力をデバイス出力ポート上に送信するための送信ユニット512とを含む、コンピュータネットワークを監視するためのデバイス500、典型的にはコンピュータネットワークノードを示している。また、デバイス500は、装置入力ポート上で受信した前記受信ネットワークパケットを分類するための分類ユニット514を含んでもよい。また、フィルタユニット504は、例えば受信ユニット502および分析ユニット506から統計データ(上述の図2-4と関連して議論されている)を抽出し、統計データを管理部に提供することができる統計収集ユニット516を含んでもよい。フィルタユニット504は、デバイス500に内蔵されていてもよいし、インターフェースを介してデバイス500に接続された外部ユニットとして実装されていてもよい。)

(2) 引用発明
したがって、引用文献1には、次の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されている。

「 データ通信ネットワークは、現在、潜水艦から航空機に至るまでの乗り物に搭載されている電子システムの重要な構成要素であり、
ネットワークノードは、接続ポイント、再分配ポイント、または通信ネットワーク内のエンドポイントであってもよく、物理的なネットワークノードは、データ回線終端装置(すなわち、モデム、ハブ、ブリッジ、スイッチ等)のグループ、または、データ端末装置(例えば、プリンタ、ホストコンピュータ、サーバ、ネットワーク記憶装置等)のグループのいずれかに属する、アクティブな電子装置であり、
‘ネットワークノードA’104から‘ネットワークノードF’114と称されるネットワークノードの集合に接続されたイーサネットスイッチ102からなる典型的なデータ通信ネットワーク100を示し、
すべてのネットワークノード104?114は、イーサネットスイッチ102を介して互いに通信可能であり、
ネットワークノード104-114のうち1つが、誤作動または悪意の第三者の攻撃によって故障した場合、異常トラヒックでネットワークが文字どおり溢れる可能性があり、異常トラフィックは、スイッチ102に長い待ち行列を生成するかもしれず、これはネットワークの転送時間に対してマイナスの効果をもたらし、最悪のケースのシナリオでは、スイッチ102の輻輳による過負荷のために、パケット損失や、ネットワーク内の通信の完全な破壊(サービスの拒否)につながる可能性さえある、
安全性の重要なネットワークスイッチを実装する一つの方法は、一般的なイーサネットネットワークスイッチ内で適用可能ないくつかの限定的なアクション、すなわち帯域幅シェーピングと統計監視を利用することであり、
パケットは、イーサネットネットワークスイッチである、スイッチ202の入力ポート204で受信され、
入力統計216は、ネットワークスイッチ202の入力ポート204上で受信された各パケットについて収集され、更新され、
統計パラメータはまた、CRCエラーパケットおよびrunt(規定サイズ以下の小さい)パケットのような誤って受信されたパケットの数を含み、
入力統計216は、各入力ポート204のトラフィックパターンを監視するために使用され、
入力ポート204と同様に、出力ポート212上で出力統計216が収集され、
出力統計216は、ネットワークスイッチ202から送出される各パケットについて収集され、更新され、出力統計216は、特定のサイズのパケットが何個送出されたか、総送信バイト数は何か、送信エラーが何個発生したかなどのパラメータを含み、
出力統計は、各出力ポート212からトラフィックフローを監視するために使用され、このようにして、トラフィックパターンの不正な動作の検出を可能にし、
統計情報は、いくつかの異なる方法で収集され、処理され、一つの方法は、収集されたデータを一定期間にわたって平均化する方法であり、
管理部218は、継続的に、および/または所定の時間に、統計収集器216によって入力ポート204,212および出力ポート204,212から収集された統計トラフィック情報を受信し、管理部218は、収集された統計情報に基づいて、入力ポートおよび/または出力ポートを閉じるべきかどうかを決定し、管理部が、入力/出力ポートまたはその両方をシャットダウンすることに関して正しい決定を下すために統計収集器からの十分な量の統計を必要とする、
乗り物。」

2 引用文献2について
引用文献2には、次の事項が記載されている。
(1)「【0026】
図示の車載通信システムは、車輌に搭載された7つのECU3と2つのゲートウェイ1とにより構成されている。第1のゲートウェイ1には4つのECU3が接続され、第2のゲートウェイ1には3つのECU3が接続されると共に、2つのゲートウェイ1が接続されており、一のECU3から他のECU3へ1つ又は2つのゲートウェイ1を介してデータの送受信を行うことができるようにしてある。また、各ECU3とゲートウェイ1とは、それぞれ個別の通信線で接続してある。この通信線は、CANのバスと同様の構成であり、2つの線で構成されて差動信号を伝達する構成である。なお、本発明に係る車載通信システムにおいては、ECU3及びゲートウェイ1の間で送受信されるデータの値は、論理ビットの”0”に対応する”ドミナント”、及び論理ビットの”1”に対応する”レセシブ”とする。」

第5 対比・判断
1 対比
本願発明と引用発明とを対比すると、以下のことがいえる。
(1) 引用発明の「潜水艦から航空機に至るまでの乗り物」に、陸上用の「乗り物」である「車両」が含まれていることは自明である。
また、引用発明の「イーサネット」が「バスシステム」であることは自明である。
したがって、引用発明の「データ通信ネットワーク」を「重要な構成要素」として「搭載」している「乗り物」は、本願発明の「バスシステム(2)を有する車両(1)」に対応する。

(2)引用発明の「‘ネットワークノードA’104から‘ネットワークノードF’114と称されるネットワークノードの集合に接続されたイーサネットスイッチ102からなる典型的なデータ通信ネットワーク100」は、本願発明の「イーサネットバスシステムとして形成されて」いる「バスシステム」に相当する。

(3)引用発明の「ネットワークスイッチ202」(これは「イーサネットスイッチ102」を「実装」したものである。)は、「入力ポート204」及び「出力ポート212」を備えており、データの「再分配ポイント」であってもよいから、本願発明の「複数のポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)を有する少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)」に相当するといえる。

(4)引用発明の、各「ネットワークノード」は、「イーサネットスイッチ102を介して互いに通信」を行っていることから、本願発明の「複数のポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)」に接続された「各一つのバスノード(10,11,12,22,29,33,36)」に相当する。

(5)引用発明の「潜水艦から航空機に至るまでの乗り物」において、「すべてのネットワークノード104?114」が、「イーサネットスイッチ102を介して互いに通信」を行っていることは、本願発明の「車両」において、「当該バスノード(10,11,12,22,29,33,36)が、割り当てられたポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)を介してバスシステム(2)の作動中、データを分配装置(3,10,11,12)へと伝え、及び/又は分配装置(3,10,11,12)から受信する」ことに相当する。

(6)引用発明の「データ通信ネットワーク」が、データの「再分配ポイント」であってもよい「ネットワークスイッチ202」を「ネットワーク」内に備えていることは、本願発明の「バスシステム(2)が、中央のゲートウェイ(3)を分配装置(3,10,11,12)として含」むことと、「バスシステム(2)が、分配装置(3,10,11,12)として含」む点で共通するといえる。

(7)引用発明の「すべてのネットワークノード104?114」が、「イーサネットスイッチ102を介して互いに通信」を行っていることは、本願発明の「そのポート接続部(4から7)に車両(1)の制御装置(10,11,12)がバスノード(10,11,12,22,29,33,36)として接続されて」いることと、「そのポート接続部(4?7)にバスノード(10,11,12,22,29,33,36)として接続されて」いる点で共通するといえる。

(8)引用発明の「統計収集器216」は、「入力ポート204,212および出力ポート204,212から収集された」「特定のサイズのパケットが何個送出されたか、総送信バイト数は何か、送信エラーが何個発生したかなどのパラメータを含」む「統計トラフィック情報」を「管理部218」へ送っている。
「送信エラーが何個発生したか」は「入力ポート204,212および出力ポート204,212」の「診断」に対応するといえる。
したがって、引用発明の「統計収集器216」は、本願発明の「中央のゲートウェイ(3)が、車両の通常の、又は正規の作動中、ポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)の少なくとも一つに関する診断を実施し、そしてここで少なくとも一つのポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)に関する診断データを提供するよう形成されていること」と、「ポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)の少なくとも一つに関する診断を実施し、そしてここで少なくとも一つのポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)に関する診断データを提供するよう形成されてい」る点で共通するといえる。

(9)上記(8)を参照すると、引用発明の(図2に関連する)「統計収集器216」により収集された「統計トラフィック情報」(統計データ)は、「入力ポート204,212および出力ポート204,212から収集された」「送信エラーが何個発生したかなどのパラメータを含」む「統計トラフィック情報」であるから、「少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)が、提供された診断データ」といえる。
そして、引用発明が、「管理部」を有していることは、「統計情報は、いくつかの異なる方法で収集され、処理され、一つの方法は、収集されたデータを一定期間にわたって平均化する方法であり」、「管理部が、入力/出力ポートまたはその両方をシャットダウンすることに関して正しい決定を下すために統計収集器からの十分な量の統計を必要とする」ものであって、例えば、平均化といった統計処理をするためには、当該データを保存する必要があることは技術常識であるから、「診断データの評価及び保存の為の中央の評価装置を有し」ているといえる。
また、引用発明の「統計収集器216」が、「統計データ」を「管理部」に提供することは、「少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)が、提供された診断データを中央の評価装置(9)へと伝える」ことといえる。
よって、引用発明の「安全性の重要なネットワークスイッチを実装する一つの方法は、一般的なイーサネットネットワークスイッチ内で適用可能ないくつかの限定的なアクション、すなわち帯域幅シェーピングと統計監視を利用することであり」、「統計収集器216」が、「統計データ」を「管理部」に提供していることは、本願発明の「前記中央のゲートウェイ(3)が、診断データの評価及び保存の為の中央の評価装置(9)を有し、そして少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)が、提供された診断データを中央の評価装置(9)へと伝えるよう形成されている」ことと、「診断データの評価及び保存の為の中央の評価装置(9)を有し、そして少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)が、提供された診断データを中央の評価装置(9)へと伝えるように形成されているよう形成されてい」る点で共通するといえる。

2 一致点・相違点
したがって、本願発明と引用発明の一致点及び相違点は、次のとおりである。

[一致点]
「バスシステム(2)を有する車両(1)であって、バスシステムがイーサネットバスシステムとして形成されており、そして複数のポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)を有する少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)を有し、前記複数のポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)に各一つのバスノード(10,11,12,22,29,33,36)が接続されており、当該バスノード(10,11,12,22,29,33,36)が、割り当てられたポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)を介してバスシステム(2)の作動中、データを分配装置(3,10,11,12)へと伝え、及び/又は分配装置(3,10,11,12)から受信する車両において、
バスシステム(2)が、分配装置(3,10,11,12)として含み、そのポート接続部(4?7)に バスノード(10,11,12,22,29,33,36)として接続されており、ポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)の少なくとも一つに関する診断を実施し、そしてここで少なくとも一つのポート接続部(4?7、19?21、25?28、32)に関する診断データを提供するよう形成されていて、
診断データの評価及び保存の為の中央の評価装置(9)を有し、そして少なくとも一つの分配装置(3,10,11,12)が、提供された診断データを中央の評価装置(9)へと伝えるように形成されていることを特徴とする車両(1)。」

[相違点1]
本願発明は、「中央のゲートウェイ(3)」を「分配装置(3,10,11,12)として含」むのに対し、引用発明では、「ネットワークスイッチ202」がゲートウェイを含むことについて特定されていない点。

[相違点2]
本願発明は、「車両(1)の制御装置(10,11,12)」がバスノード(10,11,12,22,29,33,36)として接続しているのに対し、引用発明では、「ネットワークノード」が「車両(1)の制御装置(10,11,12)」であることが特定されていない点。

[相違点3]
本願発明は、「診断」を「中央のゲートウェイ(3)が、車両の通常の、又は正規の作動中」に「実施」するのに対し、引用発明では、「中央のゲートウェイ(3)が、車両の通常の、又は正規の作動中」診断を実施することが、特定されていない点。

[相違点4]
本願発明は、「中央のゲートウェイ(3)」が、「診断データの評価及び保存の為の中央の評価装置(9)」を有しているのに対し、引用発明では、そのようなことが特定されていない点。

3 判断
(1) 相違点1及び2について
一般に、通信ネットワークにおいて、通信プロトコルや伝送媒体などが相違する異種ネットワーク間を相互接続するために、通信ネットワークに「ゲートウエイ」機能を設ける点は、引用文献を挙げるまでもない周知技術である。
また、引用文献2(段落【0026】)には、車載通信ネットワークにおいて、「ゲートウェイ」によって、複数の「ECU」(本願発明の「車両の制御装置」に対応する。)を相互接続して、「ゲートウェイ」を介してECU間でデータの送受信を行う周知技術が記載されている。
一方、引用発明において「ネットワークスイッチ」により相互接続される「ネットワークノード」としては、「データ回線終端装置(すなわち、モデム、ハブ、ブリッジ、スイッチ等)のグループ」、または、「データ端末装置(例えば、プリンタ、ホストコンピュータ、サーバ、ネットワーク記憶装置等)のグループ」の各種の多様な機器が想定されているといえる。
よって、引用発明に引用文献2記載の周知技術を適用することによって、「ネットワークスイッチ202」を異種ネットワーク間を相互接続するための周知の「ゲートウェイ」機能を備えるものとするとともに、「ネットワークノード」を、車両の「制御装置」である「ECU」にそれぞれ代えることで、上記相違点1及び2に係る構成とすることは、当業者であれば容易になし得るものである。

(2) 相違点3について
上記(1)のとおり、引用発明に引用文献2記載の周知技術を適用し、「ネットワークスイッチ202」を異種ネットワーク間を相互接続するための周知の「ゲートウェイ」機能を備えるものとして構成する点は、当業者であれば容易になし得るものである。
そして、引用発明は、「ネットワークノード104?114」が、「イーサネットスイッチ102を介して互いに通信」したパケットを「収集」した「統計トラフィック情報」を収集し、送っているものであるから、特定の診断のためのモードではなく、通常のパケットの伝送を行う際に診断が実施されていること、すなわち、「通常の、又は正規の作動中」に診断が実施されているのは自明のことである。
よって、引用発明において、「診断」を「中央のゲートウェイ(3)が、車両の通常の、又は正規の作動中」に「実施」するように構成することで、上記相違点3に係る構成とすることは、当業者であれば容易になし得るものである。

(3) 相違点4について
上記(1)のとおり、引用発明に引用文献2記載の周知技術を適用し、「ネットワークスイッチ202」を異種ネットワーク間を相互接続するための周知の「ゲートウェイ」機能を備えるものとすることによって、「中央のゲートウェイ(3)」が「診断データの評価及び保存の為の中央の評価装置(9)」を有している、上記相違点4に係る構成とすることは、当業者であれば容易になし得るものである。

(4) 作用効果について
上記相違点1ないし4を総合的に勘案しても、本願発明の奏する作用効果は、引用発明、引用文献2記載の周知技術の奏する作用効果から予測される範囲内のものにすぎず、格別顕著なものということはできない。

(5) 小括
以上より、請求項1に係る本願発明は、引用発明および引用文献2記載の周知技術に基づいて、当業者であれば容易になし得たものであるから、特許法第29条第2項の規定により、特許を受けることができない。

(6) 請求人の主張について
ア 請求人は、意見書において、以下の様に述べ、本願発明は,引用文献1-3により当業者が容易に想到し得ない旨主張している。

「『中央の評価装置(9)が診断データを評価し(不揮発性に長期にわたって)保存する機能を有する』上記の構成により、診断データの監視が、車両の作動中長期間にわたって可能とされます。そのような長期の「モニタリング」によって例えば、バスシステムにおけるエラーの予測が可能です。エラーが前もって検出されると、例えば早々してエラーメッセージが既に早期に出力されることが可能であり、そしてエラーはこれによって早期に取り除かれることができます(明細書[0015])。
また、当該有利な効果は、従来の外部診断装置なしに、且つもっぱら特定の状況又は工場でのみに制限されずに奏され得ます(明細書[0004])。
一方で、引用例1に記載のメモリ機能を有しない「統計収集ユニット516」(図5)及び「バッファ(一時記憶)メモリ408」(図4))は、本願発明の不揮発性に長期にわたって診断データを保存する中央の評価装置9のメモリ機能とは相違するので、上記の本願明細書[0015]に記載の有利な効果を奏し得ません。
また、引用例2及び3も、上記の本願発明の『中央の評価装置(9)が診断データを評価し(不揮発性に長期にわたって)保存する機能を有する』構成を開示・示唆していません。」

イ しかしながら、まず、『中央の評価装置(9)が診断データを評価し(不揮発性に長期にわたって)保存する機能を有する』ことは、請求項に記載されていないから、請求項の記載に基づかない主張である。
そして、有利な効果であると主張する段落【0015】の記載を参照すると、「バスシステムが、診断データの記憶と評価の為に形成されている中央評価装置を有するとき、特に有利であると証明された。少なくとも一つの分配装置は、その際、提供される診断データを中央評価装置に送るよう構成されている。診断データは、よって中央的に評価装置内に保管され、そして評価されることが可能である。これによって診断データの監視が、車両の作動中長期間にわたって可能とされる。そのような長期の「モニタリング」によって例えば、バスシステムにおけるエラーの予測が可能である。エラーが前もって検出されると、例えば早々してエラーメッセージが既に早期に出力されることが可能であり、そしてエラーはこれによって早期に取り除かれることができる。」と記載されている。

ウ 一方、引用発明は、「統計情報は、いくつかの異なる方法で収集され、処理され、一つの方法は、収集されたデータを一定期間にわたって平均化する方法であり」、「管理部が、入力/出力ポートまたはその両方をシャットダウンすることに関して正しい決定を下すために統計収集器からの十分な量の統計を必要とする」ものであって、統計情報は、収集されたデータを一定期間にわたって平均化したものであり、管理部218は、統計処理を行うためには十分な統計(データ)が必要であることが記載されている。

エ そして、上記第5 1 (9)で述べたとおり、例えば、平均化といった統計処理をするためには、当該データを保存する必要があることは技術常識であるから、引用発明においては、評価データを評価し、保存する機能を有していると認められる。

オ また、統計処理のためのデータを十分なデータをどの程度とするかは当業者における設計的事項にすぎず、段落【0015】に記載の有利な効果は、統計処理を行う引用発明において奏する効果から予測しうる範囲内のものである。

カ したがって、請求人の上記主張は、採用できない。

第6 むすび
以上より、本願発明は、引用発明、および引用文献2に記載された技術に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
したがって、本願は、その余の請求項について論及するまでもなく拒絶すべきものである。
よって、結論のとおり審決する。

 
別掲
 
審理終結日 2021-02-22 
結審通知日 2021-02-24 
審決日 2021-03-16 
出願番号 特願2016-532093(P2016-532093)
審決分類 P 1 8・ 121- WZ (H04L)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 速水 雄太玉木 宏治  
特許庁審判長 稲葉 和生
特許庁審判官 太田 龍一
野崎 大進
発明の名称 イーサネットバスシステムを有する車両及び車両中におけるイーサネットバスシステムの作動方法  
代理人 鍛冶澤 實  
代理人 江崎 光史  
代理人 中村 真介  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ