現在、審決メルマガは配信を一時停止させていただいております。再開まで今暫くお待ち下さい。

  • ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備 取り消して特許、登録 H03F
審判 査定不服 2項進歩性 取り消して特許、登録 H03F
管理番号 1378475
審判番号 不服2020-15210  
総通号数 263 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2021-11-26 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2020-11-02 
確定日 2021-10-19 
事件の表示 特願2019-511606「電磁調理器用の高電力増幅器のためのコスト効果の優れたハイブリッド保護」拒絶査定不服審判事件〔平成30年 7月 5日国際公開,WO2018/125182,令和 1年12月19日国内公表,特表2019-537290,請求項の数(11)〕について,次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願の発明は,特許すべきものとする。 
理由
第1 手続の経緯

本願は,2016年(平成28年)12月30日を国際出願日とする出願であって,令和2年5月19日付けで拒絶理由が通知され,令和2年7月8日に手続補正がされ,令和2年7月28日付けで拒絶査定(原査定)がされ,これに対し,令和2年11月2日に拒絶査定不服審判の請求がされると同時に手続補正がされ,令和3年7月1日付けで当審で拒絶理由が通知され,令和3年7月30日に手続補正がされたものである。


第2 原査定の概要

原査定(令和2年7月28日付け拒絶査定)の概要は次のとおりである。

1.(進歩性)この出願の請求項1-17に係る発明は,その出願前に日本国内又は外国において,頒布された下記の刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明に基いて,その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。


<引用文献等一覧>
1.国際公開第2016/196939号
2.特開2003-347875号公報
3.国際公開第2015/099649号
4.特開平5-327363号公報(周知技術を示す文献;新たに引用された文献)
5.特開昭64-54913号公報(周知技術を示す文献;新たに引用された文献)


第3 本願発明

本願請求項1-11に係る発明(以下,それぞれ「本願発明1」-「本願発明11」という。)は,令和3年7月30日の手続補正で補正された特許請求の範囲の請求項1-11に記載された事項により特定される次の発明である。

「【請求項1】
食品負荷が配置される閉じられたキャビティを有する電磁調理器用のソリッドステート無線周波数発生システムであって,
入力RF信号を発生させる小信号発生器,
前記食品負荷を加熱し,準備するために,前記閉じられたキャビティ内に電磁放射を導入するように構成される複数のRFフィード,ここで前記複数のRFフィードのそれぞれは,前記閉じられたキャビティから反射された電磁放射を受信するように構成される,
前記複数のRFフィードに接続される高電力RF増幅器のセット,ここで高電力RF増幅器のそれぞれは,
前記入力RF信号に対して電力を増幅した信号を出力するように構成される少なくとも1つの増幅段,
増幅した出力信号を前記RFフィードに向けると共に,前記RFフィードから受信する反射波及びそれらの関連する電力をダミー負荷に向け直すサーキュレータ,
を有する,
前記複数のRFフィードによって受信された反射電磁放射における逆方向電力をカプラを使用して検出する一方,前記サーキュレータへの電気的ストレス又はダメージを抑制するタイムスケール内の電力閾値を,前記逆方向電力が超える場合に,前記少なくとも1つの増幅段に供給される電力を低減するハードウェア保護コンポーネント,
を備え,
前記サーキュレータの電力定格は,前記少なくとも1つの増幅段から前記サーキュレータを通って前記複数のRFフィードのそれぞれに向かう順方向電力に基づいて決定され,
前記タイムスケールは,その最大定格を超える電力状態を持続するための前記サーキュレータの最大能力よりも短い,ソリッドステート無線周波数発生システム。
【請求項2】
前記複数の高電力RF増幅器のそれぞれの前記サーキュレータは,前記サーキュレータが曝される最大逆方向電力よりも小さい最大電力定格を有する,請求項1に記載のソリッドステート無線周波数発生システム。
【請求項3】
前記タイムスケールは,約10ナノ秒未満である,請求項1または2に記載のソリッドステート無線周波数発生システム。
【請求項4】
前記ハードウェア保護コンポーネントは,前記逆方向電力を前記電力閾値と比較する比較器を含み,前記電力閾値は調整可能である,請求項1?3のいずれか一項に記載のソリッドステート無線周波数発生システム。
【請求項5】
前記ハードウェア保護コンポーネントは,前記比較器の出力に接続される電力制御部をさらに含み,前記電力制御部は,前記逆方向電力が前記電力閾値を超えていることを前記比較器の出力が表す場合に,前記少なくとも1つの増幅段に供給される電力を低減する,請求項4に記載のソリッドステート無線周波数発生システム。
【請求項6】
前記電力制御部は,前記複数の高電力RF増幅器のそれぞれへの電力の供給を遮断することによって,前記複数の高電力RF増幅器のそれぞれに供給される電力を低減する,請求項5に記載のソリッドステート無線周波数発生システム。
【請求項7】
食品負荷が配置される閉じられたキャビティ,
入力RF信号を発生させる小信号発生器,
前記食品負荷を加熱し,準備するために,前記閉じられたキャビティ内に電磁放射を導入するように構成される複数のRFフィード,ここで前記複数のRFフィードは,前記閉じられたキャビティから反射された電磁放射を受信するように構成される,
前記小信号発生器と前記複数のRFフィードとの間を接続する複数の高電力RF増幅器,ここで前記複数の高電力RF増幅器のそれぞれは,
前記入力RF信号に対して電力を増幅した信号を出力するように構成される少なくとも1つの増幅段,
増幅した出力信号を前記RFフィードに向けると共に,前記RFフィードから受信する反射波及びそれらの関連する電力をダミー負荷に向け直すサーキュレータ,
を有する,
前記複数のRFフィードによって受信された反射電磁放射における逆方向電力をカプラを使用して検出する一方,前記サーキュレータへの電気的ストレス又はダメージを抑制するタイムスケール内の電力閾値を,前記逆方向電力が超える場合に,前記少なくとも1つの増幅段に供給される電力を低減するハードウェア保護コンポーネント,
を備え,
前記サーキュレータの電力定格は,前記少なくとも1つの増幅段から前記サーキュレータを通って前記複数のRFフィードのそれぞれに向かう順方向電力に基づいて決定され,
前記タイムスケールは,その最大定格を超える電力状態を持続するための前記サーキュレータの最大能力よりも短い,電磁調理器。
【請求項8】
前記サーキュレータは,前記サーキュレータが曝される可能性がある最大逆方向電力よりも小さい最大電力定格を有する,請求項7に記載の電磁調理器。
【請求項9】
前記タイムスケールは,約10ナノ秒未満である,請求項7または8に記載の電磁調理器。
【請求項10】
前記ハードウェア保護コンポーネントは,前記逆方向電力を前記電力閾値と比較する比較器を含み,前記電力閾値は調整可能である,請求項7?9のいずれか一項に記載の電磁調理器。
【請求項11】
前記ハードウェア保護コンポーネントは,前記比較器の出力に接続される電力制御部をさらに含み,前記電力制御部は,前記逆方向電力が前記電力閾値を超えていることを前記比較器の出力が示す場合に,前記少なくとも1つの増幅段に供給される電力を低減する,請求項10に記載の電磁調理器。」


第3 引用文献,引用発明等

1.引用文献1について

原査定の拒絶の理由に引用された国際公開第2016/196939号(以下,「引用文献1」という。当審訳として特表2018-522372号公報を参照。下線は当審が付与。)には,

「[0022] A solid-state radio frequency (RF) cooking appliance heats up and prepares food by introducing electromagnetic radiation into an enclosed cavity. Multiple RF feeds at different locations in the enclosed cavity produce dynamic electromagnetic wave patterns as they radiate. To control and shape of the wave patterns in the enclosed cavity, the multiple RF feeds can radiate waves with separately controlled electromagnetic characteristics to maintain coherence (that is, a stationary interference pattern) within the enclosed cavity. For example, each RF feed can transmit a different frequency, phase and/or amplitude with respect to the other feeds. Other electromagnetic characteristics can be common among the RF feeds. For example, each RF feed can transmit at a common but variable frequency. Although the following embodiments are directed to a cooking appliance where RF feeds direct electromagnetic radiation to heat an object in an enclosed cavity, it will be understood that the methods described herein and the inventive concepts derived here from are not so limited. The covered concepts and methods are applicable to any RF device where electromagnetic radiation is directed to an enclosed cavity to act on an object inside the cavity. Exemplary devices include ovens, dryers, steamers, and the like.
[0023] FIG.1 shows a block diagram of an electromagnetic cooking device 10 with multiple coherent RF feeds 26A-D according to one embodiment. As shown in FIG.1, the electromagnetic cooking device 10 includes a power supply 12, a controller 14, an RF signal generator 16, a human-machine interface 28 and multiple high-power RF amplifiers 18A-D coupled to the multiple RF feeds 26A-D. The multiple RF feeds 26A-D each couple RF power from one of the multiple high-power RF amplifiers 18A-D into an enclosed cavity 20.
[0024] The power supply 12 provides electrical power derived from mains electricity to the controller 14, the RF signal generator 16, the human-machine interface 28 and the multiple high-power RF amplifiers 18A-D. The power supply 12 converts the mains electricity to the required power level of each of the devices it powers. The power supply 12 can deliver a variable output voltage level. For example, the power supply 12 can output a voltage level selectively controlled in 0.5-Volt steps. In this way, the power supply 12 can be configured to typically supply 28 Volts direct current to each of the high-power RF amplifiers 18A-D, but can supply a lower voltage, such as 15 Volts direct current, to decrease an RF output power level by a desired level.
[0025] A controller 14 can be included in the electromagnetic cooking device 10, which can be operably coupled with various components of the electromagnetic cooking device 10 to implement a cooking cycle. The controller 14 can also be operably coupled with a control panel or human-machine interface 28 for receiving user-selected inputs and communicating information to a user. The human-machine interface 28 can include operational controls such as dials, lights, switches, touch screen elements, and displays enabling a user to input commands, such as a cooking cycle, to the controller 14 and receive information. The user interface 28 can include one or more elements, which can be centralized or dispersed relative to each other. The controller 14 may also select the voltage level supplied by power supply 12.
[0026] The controller 14 can be provided with a memory and a central processing unit (CPU), and can be preferably embodied in a microcontroller. The memory can be used for storing control software that can be executed by the CPU in completing a cooking cycle. For example, the memory can store one or more pre-programmed cooking cycles that can be selected by a user and completed by the electromagnetic cooking device 10. The controller 14 can also receive input from one or more sensors. Non-limiting examples of sensors that can be communicably coupled with the controller 14 include peak level detectors known in the art of RF engineering for measuring RF power levels and temperature sensors for measuring the temperature of the enclosed cavity or one or more of the high-power amplifiers 18A-D.
[0027] Based on the user input provided by the human-machine interface 28 and data including the forward and backward (or reflected) power magnitudes coming from the multiple high-power amplifiers 18A-D (represented in FIG. 1 by the path from each of the high-power amplifiers 18A-D through the RF signal generator 16 to the controller 14), the controller 14 can determine the cooking strategy and calculate the settings for the RF signal generator 16. In this way, one of the main functions of the controller 14 is to actuate the electromagnetic cooking device 10 to instantiate the cooking cycle as initiated by the user. The RF signal generator 16 as described below then can generate multiple RF waveforms, that is, one for each high-power amplifier 18A-D based on the settings indicated by the controller 14.
[0028] The high-power amplifiers 18A-D, each coupled to one of the RF feeds 26A-D, each output a high power RF signal based on a low power RF signal provided by the RF signal generator 16. The low power RF signal input to each of the high-power amplifiers 18A-D can be amplified by transforming the direct current electrical power provided by the power supply 12 into a high power radio frequency signal. In one non-limiting example, each high-power amplifier 18A-D can be configured to output an RF signal ranging from 50 to 250 Watts. The maximum output wattage for each high-power amplifier can be more or less than 250 Watts depending upon the implementation. Each high-power amplifier 18A-D can include a dummy load to absorb excessive RF reflections.
[0029] The multiple RF feeds 26A-D couple power from the multiple high-power RF amplifiers 18A-D to the enclosed cavity 20. The multiple RF feeds 26A-D can be coupled to the enclosed cavity 20 in spatially separated but fixed physical locations. The multiple RF feeds 26A-D can be implemented via waveguide structures designed for low power loss propagation of RF signals. In one non-limiting example, metallic, rectangular waveguides known in microwave engineering are capable of guiding RF power from a high-power amplifier 18A-D to the enclosed cavity 20 with a power attenuation of approximately 0.03 decibels per meter.
[0030] Additionally, each of the RF feeds 26A-D can include a sensing capability to measure the magnitude of the forward and the backward power levels or phase at the amplifier output. The measured backward power indicates a power level returned to the high-power amplifier 18A-D as a result of an impedance mismatch between the high- power amplifier 18A-D and the enclosed cavity 20. Besides providing feedback to the controller 14 and the RF signal generator 16 to implement, in part, a cooking strategy, the backward power level can indicate excess reflected power that can damage the high- power amplifier 18A-D.
[0031] Along with the determination of the backward power level at each of the high- power amplifiers 18A-D, temperature sensing at the high-power amplifier 18A-D, including at the dummy load, can provide the data necessary to determine if the backward power level has exceeded a predetermined threshold. If the threshold is exceeded, any of the controlling elements in the RF transmission chain including the power supply 12, controller 14, the RF signal generator 16, or the high-power amplifier 18A-D can determine that the high-power amplifier 18A-D can be switched to a lower power level or com pletely turned off. For example, each high-power amplifier 18A-D can switch itself off automatically if the backward power level or sensed temperature is too high for several milliseconds. Alternatively, the power supply 12 can cut the direct current power supplied to the high-power amplifier 18A-D.」
(当審訳:
[0022] ソリッドステート無線周波数(RF)調理機器は,密閉されたキャビティに電磁放射線を導入することによって食品を加熱し,調理する。密閉されたキャビティ内の異なる位置での複数のRFフィード(給電)は,それらが放射する際に動的電磁波パターンを作り出す。密閉されたキャビティ内で波パターンを制御し,形成するために,複数のRFフィードは,密閉されたキャビティ内のコヒーレンス(すなわち,静止した干渉パターン)を維持するように,別々に制御される電磁特性を有する波を放射することができる。例えば,各RFフィードは,他のフィードに対して異なる周波数,位相および/または振幅を伝送することができる。他の電磁特性は,RFフィード間で共通であり得る。例えば,各RFフィードは,共通であるが可変の周波数で伝送することができる。以下の実施形態は,RFフィードが密閉されたキャビティ内の物体を加熱するように電磁放射線を方向付ける調理器具を目的としているが,本明細書において説明される方法およびここから得られる発明概念はこれに限定されるものではないことが理解されよう。包含される概念および方法は,電磁放射線がキャビティ内の物体に作用するように密閉されたキャビティに方向付けられる任意のRF装置に適用可能である。例示的な装置には,オーブン,ドライヤー,蒸し器等がある。
[0023] 図1は,一実施形態による複数のコヒーレントRFフィード26A-Dを有する電磁調理器10のブロック図を示している。図1に示されるように,電磁調理器10は,電源12,コントローラ14,RF信号発生器16,ヒューマンマシンインターフェース28,および,複数のRFフィード26A-Dに結合される複数の高出力RF増幅器18A-Dを含む。複数のRFフィード26A-Dはそれぞれ,複数の高出力RF増幅器18A-Dのうちの1つから密閉されたキャビティ20にRF電力を結合する。
[0024] 電源12は,商用電源から得られた電力をコントローラ14,RF信号発生器16,ヒューマンマシンインターフェース28,および複数の高出力RF増幅器18A-18Dに供給する。電源12は,これが電力を供給する装置の各々の必要な電力レベルに商用電源を変換する。電源12は,可変の出力電圧レベルを供給することができる。例えば,電源12は,0.5ボルトステップで選択的に制御される電圧レベルを出力することができる。このように,電源12は,典型的には,高出力RF増幅器18A-Dの各々に28ボルトの直流を供給するように構成されることができるが,所望のレベルだけRF出力電力レベルを減少させるように,15ボルトの直流などのより低い電圧を供給することができる。
[0025] コントローラ14は,電磁調理器10に含むことができるが,これは,調理サイクルを実施するように電磁調理器10のさまざまな構成要素と動作可能に結合され得る。コントローラ14はまた,ユーザ選択入力を受信し,ユーザに情報を伝達するために,制御パネルまたはヒューマンマシンインターフェース28と動作可能に結合され得る。ヒューマンマシンインターフェース28は,ユーザが調理サイクルなどのコマンドをコントローラ14に入力し,情報を受け取ることができるようにするダイヤル,ライト,スイッチ,タッチスクリーン要素,およびディスプレイなどの動作制御装置を含むことができる。ユーザインターフェース28は,互いに集中し,または分散することもできる1つまたは複数の要素を含むことができる。コントローラ14は,また,電源12によって供給される電圧レベルを選択することもできる。
[0026] コントローラ14は,メモリおよび中央処理装置(CPU)を備えることができ,好ましくはマイクロコントローラ内に具体化され得る。メモリは,調理サイクルを完了する際にCPUによって実行され得る制御ソフトウェアを格納するために使用され得る。例えば,メモリは,ユーザによって選択され,電磁調理器10によって完了され得る1つまたは複数の予めプログラムされた調理サイクルを格納することができる。コントローラ14はまた,1つまたは複数のセンサから入力を受信することもできる。コントローラ14と通信可能なように結合され得るセンサの非限定的な実施例としては,RF電力レベルを測定するためのRF電波光学の当業界で知られているピークレベル検出器と,密閉されたキャビティあるいは1つまたは複数の高出力増幅器18A-Dの温度を測定するための温度センサとがある。
[0027] ヒューマンマシンインターフェース28によって提供されるユーザ入力,ならびに(図1においてRF信号発生器16を通して高出力増幅器18A-Dの各々からコントローラ14までの経路によって表されている)複数の高出力増幅器18A-Dから生じる順方向および逆方向(または反射)の電力の大きさを含むデータに基づいて,コントローラ14は,調理方針を決定し,RF信号発生器16の設定値を計算することができる。このように,コントローラ14の主な機能のうちの1つは,ユーザによって開始される調理サイクルを例示化するように,電磁調理器10を作動させることである。次いで,下記に説明されるRF信号発生器16は,複数のRF波形,すなわち,コントローラ14によって示される設定値に基づく各高出力増幅器18A-Dに対するものを生成することができる。
[0028] RFフィード26A-Dのうちの1つにそれぞれ結合される高出力増幅器18A-Dは,RF信号発生器16によって供給される低電力RF信号に基づいて高電力RF信号をそれぞれ出力する。高出力増幅器18A-Dの各々への低電力RF信号入力は,電源12によって供給される直流電力を高電力無線周波信号に変換することによって増幅され得る。1つの非限定的な実施例においては,各高出力増幅器18A-Dは,50から250ワットに及ぶRF信号を出力するように構成され得る。各高出力増幅器の最大出力ワット数は,実装に応じて250ワットより大きくても小さくてもよい。各高出力増幅器18A-Dは,過度のRF反射を吸収するようにダミーロードを含むことができる。
[0029] 複数のRFフィード26A-Dは,複数の高出力RF増幅器18A-Dから密閉されたキャビティ20に電力を供給する。複数のRFフィード26A-Dは,空間的に分離されるが固定された物理的位置で密閉されたキャビティ20に結合され得る。複数のRFフィード26A-Dは,RF信号の低電力損失伝播のために設計された導波管構造を介して実施され得る。1つの非限定的な実施例においては,マイクロ波工学で知られている金属の矩形導波管は,RF電力を,高出力増幅器18A-Dから密閉されたキャビティ20までおよそ0.03デシベル/メートルの電力減衰で導くことができる。
[0030] そのうえ,RFフィード26A-Dの各々は,増幅器出力において順方向および逆方向の電力レベルまたは位相の大きさを測定する感知能力を含むことができる。測定された逆方向電力は,高出力増幅器18A-Dと密閉されたキャビティ20との間のインピーダンス不整合の結果として高出力増幅器18A-Dに戻された電力レベルを示す。コントローラ14およびRF信号発生器16にフィードバックして調理戦を部分的に実施することに加えて,逆方向の電力レベルは,高出力増幅器18A-Dに損傷を与え得る過度の反射電力を示すことができる。
[0031] 高出力増幅器18A-Dの各々における逆方向の電力レベルの決定に加えて,ダミー負荷を含む高出力増幅器18A-Dにおける温度感知は,逆方向の電力レベルが所定の閾値を超えたかどうかを決定するのに必要なデータを提供することができる。閾値を超える場合は,電源12,コントローラ14,RF信号発生器16,または高出力増幅器18A-Dを含むRF伝送チェーン内の制御要素のいずれかは,高出力増幅器18A-Dがより低い電力レベルに切り換えられるかまたは完全にオフにされ得ることを決定することができる。例えば,各高出力増幅器18A-Dは,逆方向の電力レベルまたは感知された温度が数ミリ秒の間に高すぎる場合は,自動的にそれ自体を切ることができる。あるいは,電源12は,高出力増幅器18A-Dに供給される直流電力を遮断することができる。)

「FIG.1



「[0042] Referring now to FIG.3, a schematic diagram illustrating a high-power amplifier 18 coupled to a waveguide 110 in accordance with various aspects described herein is shown. The high-power amplifier 18 includes one or more amplification stages 100 coupled via a guiding structure 102 to a circulator 104. The circulator 104 is coupled by a guiding structure 106 to a waveguide exciter 108. The high-power amplifier 18 is electrically coupled to the waveguide 110 by the waveguide exciter 108 and mechanically coupled by an electromagnetic gasket 112.
[0043] The high-power amplifier 18 is configured such that a number of amplification stages 100 are interconnected to amplify a radio frequency signal from the amplifier input to the amplifier output. The amplification stages 100 include one or more transistors configured to convert a small change in input voltage to produce a large change in output voltage. Depending upon the configuration of the circuit, the amplification stages 100 can produce a current gain, a voltage gain or both.
[0044] The output of the amplification stages 100 is coupled to the circulator 104 via a guiding structure 102. The guiding structure 102 can be any electrical connector capable of carrying high-power radio frequency signal including but not limited to a microstrip printed on a dielectric substrate of a printed circuit board. The circulator 104 is a passive multi-port component that transmits radio frequency signals from one port to the next where a port is a point on the circulator 104 for coupling a radio frequency signal from one component to another. In the high-power amplifier 18, the circulator 104 acts as a protective device to isolate the amplification stages 100 from deleterious effects that can occur when a mismatched load reflects power.」
(当審訳:
[0042] 次に図3を参照すると,本明細書において説明されるさまざまな態様による,導波管110に結合される高出力増幅器18を示す概略図が示されている。高出力増幅器18は,ガイド構造102を介してサーキュレータ104に結合される1つまたは複数の増幅段100を含む。サーキュレータ104は,ガイド構造106によって導波管励振器108に結合される。高出力増幅器18は,導波管励振器108によって導波管110に電気的に結合され,電磁ガスケット112によって機械的に結合される。
[0043] 高出力増幅器18は,いくつかの増幅段100が相互連結されて,増幅器入力から増幅器出力への無線周波数信号を増幅するように構成される。増幅段100は,入力電圧の小さな変化を変換して出力電圧の大きな変化を生成するように構成される1つまたは複数のトランジスタを含む。回路の構成に応じて,増幅段100は,電流利得,電圧利得,またはその両方を生成することができる。
[0044] 増幅段100の出力は,ガイド構造102を介してサーキュレータ104に結合される。ガイド構造102は,印刷回路基板の誘電体基板上に印刷されるマイクロストリップを含むがこれに限定されない高出力無線周波数信号を搬送することができる任意の電気コネクタであることができる。サーキュレータ104は,無線周波数信号を1つの構成要素からもう1つの構成要素に結合するために,ポートがサーキュレータ104上のポイントである,あるポートから次の構成要素に無線周波数信号を伝送するパッシブマルチポート構成要素である。高出力増幅器18において,サーキュレータ104は,不整合負荷が電力を反射する時に起こり得る有害な影響から増幅段100を隔離するように保護装置として働く。)

の記載があるから,上記引用文献1には,

「電源12,コントローラ14,RF信号発生器16,ヒューマンマシンインターフェース28,および,複数のRFフィード26A-Dに結合される複数の高出力RF増幅器18A-Dを含み,複数のRFフィード26A-Dはそれぞれ,複数の高出力RF増幅器18A-Dのうちの1つから密閉されたキャビティ20にRF電力を結合し,
ヒューマンマシンインターフェース28によって提供されるユーザ入力,ならびに複数の高出力増幅器18A-Dから生じる順方向および逆方向(または反射)の電力の大きさを含むデータに基づいて,コントローラ14は,調理方針を決定し,RF信号発生器16の設定値を計算することができ,
RF信号発生器16は,複数のRF波形,すなわち,コントローラ14によって示される設定値に基づく各高出力増幅器18A-Dに対するものを生成することができ,
各高出力増幅器18A-Dは,過度のRF反射を吸収するようにダミーロードを含むことができ,
複数のRFフィード26A-Dは,複数の高出力RF増幅器18A-Dから密閉されたキャビティ20に電力を供給し,
測定された逆方向電力は,高出力増幅器18A-Dと密閉されたキャビティ20との間のインピーダンス不整合の結果として高出力増幅器18A-Dに戻された電力レベルを示し,高出力増幅器18A-Dに損傷を与え得る過度の反射電力を示すことができ,
高出力増幅器18A-Dの各々における逆方向の電力レベルの決定に加えて,ダミー負荷を含む高出力増幅器18A-Dにおける温度感知は,逆方向の電力レベルが所定の閾値を超えたかどうかを決定するのに必要なデータを提供することができ,
閾値を超える場合は,電源12,コントローラ14,RF信号発生器16,または高出力増幅器18A-Dを含むRF伝送チェーン内の制御要素のいずれかは,高出力増幅器18A-Dがより低い電力レベルに切り換えられるかまたは完全にオフにされ得ることを決定することができ,各高出力増幅器18A-Dは,逆方向の電力レベルまたは感知された温度が数ミリ秒の間に高すぎる場合は,自動的にそれ自体を切ることができ,あるいは,電源12は,高出力増幅器18A-Dに供給される直流電力を遮断することができ,
高出力増幅器18は,ガイド構造102を介してサーキュレータ104に結合される1つまたは複数の増幅段100を含み,サーキュレータ104は,ガイド構造106によって導波管励振器108に結合され,高出力増幅器18は,導波管励振器108によって導波管110に電気的に結合され,電磁ガスケット112によって機械的に結合され,
増幅段100の出力は,ガイド構造102を介してサーキュレータ104に結合され,高出力増幅器18において,サーキュレータ104は,不整合負荷が電力を反射する時に起こり得る有害な影響から増幅段100を隔離するように保護装置として働く
密閉されたキャビティに電磁放射線を導入することによって食品を加熱し,調理するソリッドステート無線周波数(RF)調理機器である電磁調理器10。」(以下,「引用発明1」という。)

が記載されていると認められる。

2.引用文献2について

また,原査定の拒絶の理由に引用された特開2003-347875号公報(以下,「引用文献2」という。下線は当審が付与。)には,

「【0002】
【従来の技術】移動無線通信システムの基地局等では,増幅器からアンテナに出力される送信信号の反射波(反射信号)が,アンテナの入力端から増幅器側に入力されることがある。このような反射信号は,一般に,アンテナの入力インピーダンスの変動やアンテナ入力端とアンテナの同軸ケーブルとの接続部における接続不良等のインピーダンス不整合により生じる。この反射信号が,増幅器の出力端子に入力されると,増幅器の性能劣化を招く。
【0003】また,アンテナの故障,あるいは,アンテナの同軸ケーブルがアンテナ入力端に接続されていないという異常状態では,増幅器の出力端でのインピーダンス整合が著しく劣化し,反射信号の電力は非常に大きな値となる。このような大きな電力を有する反射信号が増幅器の出力端子に入力されると,最悪の場合,増幅器の破壊を招く。
【0004】この問題を解決するために,増幅器の出力端とアンテナ(アンテナの同軸ケーブル)との間には,一般にアイソレータ等が挿入され,反射信号の増幅器への入力が防止されている。
【0005】しかし,アイソレータ等の許容範囲を超える電力を有する反射信号が,アイソレータ等に入力されると,アイソレータ等の破壊(たとえば半田溶解による破壊等)を招くおそれがある。このため,アイソレータ等とともに,反射信号の電力を検出する反射電力検出回路が配置され,反射信号の電力が異常に大きくなると,増幅器の出力信号の電力を下げる等の措置が講じられている。図4は,このような反射電力検出回路60を有する電力増幅装置50の従来図である。
【0006】送信信号は,増幅器(電力増幅器)51によって増幅された後,反射電力検出回路60のアイソレータ61および方向性結合器62を介して,アンテナ70の入力端(増幅装置50の出力端)71からアンテナ70に送られ,アンテナ70から無線信号として送信される。
【0007】この送信信号に対する入力端71からの反射信号は,反射電力検出回路60の方向性結合器62に入力される。方向性結合器62に入力された反射信号の大部分は,アイソレータ61に入力され,アイソレータ61に設けられたダミー抵抗に吸収されて熱に変換される。これにより,増幅器51への反射信号の入力が防止され,増幅器51の性能劣化や破壊が防止される。
【0008】一方,方向性結合器62に入力された反射信号の一部は,検出回路63に与えられる。検出回路63は,たとえばダイオード検波回路により構成され,反射信号の電圧Vを検出する。検出された電圧(検出電圧)Vは,判定回路52に与えられる。
【0009】ここで,検出回路63の抵抗値Rは所定の値(たとえばR=50Ω)であり,あらかじめ判明しているので,検出電圧Vが判明することにより,検出回路63に入力された反射信号の電力P(=V^(2)/R)が求まる。また,方向性結合器62に入力される反射信号の全電力Paに対する,検出回路63側に取り出される反射信号の電力の比率もあらかじめ判明している。したがって,検出電圧Vが計測されることにより,入力端71から方向性結合器62に入力される反射信号の全電力Paを知ることができる。
【0010】判定回路52は,検出電圧Vと所定の閾値電圧Vtとを比較し,検出電圧Vが閾値電圧Vtよりも大きい場合には,警報信号を制御回路52に出力する。所定の閾値電圧Vtは,反射信号の電力が異常な値であることを判断するための値に設定されている。たとえば,送信信号の送信電力およびアンテナの入力端での電圧定在波比(VSWR)があらかじめ規定されるため,このそれぞれの最大条件から計算される反射信号の電力に対応する電圧が閾値電圧Vtとして設定される。
【0011】制御回路52は,判定回路53から警報信号を受け取ると,増幅器51の増幅率(利得)を下げ,あるいは,増幅器51の出力を停止(増幅器51の作動を停止)して,増幅器51の出力電力を下げる。これにより,アイソレータ61の破壊が防止される。
【0012】図5は,反射電力検出回路の他の形態を示している。この反射電力検出回路80では,図4の反射電力検出回路60における方向性結合器62およびアイソレータ61の代わりにサーキュレータ81および減衰器82が用いられている。なお,図4と同じ構成要素には同じ符号を付している。
【0013】サーキュレータ81は,増幅器51の出力信号をほとんど減衰させることなく,入力端71に出力する一方,入力端71からの反射信号をほとんど減衰させることなく,検出回路63側に出力する。これにより,反射信号の増幅器51への入力が防止され,増幅器51の性能劣化,破壊等が防止される。
【0014】一方,サーキュレータ81は,方向性結合器62と異なり,反射信号のほぼすべてを検出回路63側に出力するので,検出回路63の前段には,この反射信号の電力を減衰させるための減衰器82が設けられ,減衰器82により減衰された反射信号が検出回路63に入力される。これにより,検出回路63の破壊が防止されている。
【0015】この反射電力検出回路80によっても,反射信号の電力(電圧)が検出され,この電力が所定の値より大きくなると,制御回路52によって,増幅器51の出力電力が下げられ,減衰器82等の破壊が防止されている。」

「【図4】



「【図5】



の記載があるから,上記引用文献2には,

「移動無線通信システムの基地局等において,大きな電力を有する反射信号が増幅器の出力端子に入力されると,最悪の場合,増幅器の破壊を招く問題を解決するための反射電力検出回路80であって,
増幅器の出力端とアンテナ(アンテナの同軸ケーブル)との間には,一般にアイソレータ等が挿入され,反射信号の増幅器への入力が防止されており,
アイソレータ等の許容範囲を超える電力を有する反射信号が,アイソレータ等に入力されると,アイソレータ等の破壊を招くおそれがあるため,アイソレータ等とともに,反射信号の電力を検出する反射電力検出回路が配置され,反射信号の電力が異常に大きくなると,増幅器の出力信号の電力を下げる等の措置が講じられており,
反射電力検出回路80では,方向性結合器62およびアイソレータ61の代わりにサーキュレータ81および減衰器82が用いられ,
サーキュレータ81は,反射信号のほぼすべてを検出回路63側に出力し,検出回路63の前段には,この反射信号の電力を減衰させるための減衰器82が設けられ,減衰器82により減衰された反射信号が検出回路63に入力され,
反射信号の電力(電圧)が検出され,この電力が所定の値より大きくなると,制御回路52によって,増幅器51の出力電力が下げられ,減衰器82等の破壊が防止されている,
反射電力検出回路80。」(以下,「引用発明2」という。)

が記載されていると認められる。

3.引用文献3について

原査定の拒絶の理由に引用された国際公開第2015/099649号(以下,「引用文献3」という。当審訳としてファミリ文献の特表2017-504158号公報を参照。下線は当審が付与。)には,図面とともに次の事項が記載されている。

「[0027] For example, FIG.3 illustrates an exemplary first graph 56 demonstrating, for instance, a measured amount of e-field 34 reflection in the cavity 14 as a function of time. FIG.4 illustrates a corresponding second graph 58 that shows the integral of the first graph 56, as a function of time. In the second graph 58, the dotted line represents a predetermined amount of integrated reflected e-field 60 that must be accumulated before the controller 40 determines a fault occurs. As shown in the second graph 58, the controller 40 would determine that a fault occurs at a time 62. Alternatively, embodiments of the invention are envisioned wherein the integral of the reflected e- field 34 is based on a moving predetermined time window, such that only the amount of reflected e-field 34 in, for example, the most recent one second, is summed. Thus, in this alternative example, a fault would only occur if the integrated e-field 34 reflected is greater than a predetermined amount of reflected e-field 60 for any given, consecutive, one second period. Alternative summation techniques, as well as alternative time periods, are envisioned.」
(当審訳:
[0027] 例えば,図3は,例えば,空間14内で測定されたe-フィールド34の反射量を時間の関数として表している一例の第1のグラフ56を示している。図4は,第1のグラフ56の積分を時間の関数として表す,対応する第2のグラフ58を示している。第2のグラフ58において,点線は,コントローラ40が異常の発生を判定する前に累算しなければならない積分された反射e-フィールド60の所定量を示している。第2のグラフ58に示すように,コントローラ40は時間62で異常の発生を決定する。代わりとして,本発明の実施の形態において,反射e-フィールド34の積分が,例えば最も最近の1秒間における反射e-フィールド34の量のみが合計されるように,移動する所定の時間ウィンドウに基づいて実行されることが想定される。したがって,この代わりの例においては,所定の連続した1秒の期間において,積分されたe-フィールド34の反射が反射e-フィールド60の所定量に比べて大きい場合に,異常が発生しているとされる。代わりの期間と同様に,代わりの総和法が想定される。)

の記載があるから,

「所定の連続した1秒の期間において,積分された反射が所定量に比べて大きい場合に,異常が発生している。」(以下,「引用文献3記載事項」という。)

が記載されていると認められる。

4.引用文献4について

原査定の拒絶の理由に引用された特開平5-327363号公報(以下,「引用文献4」という。下線は当審が付与。)には,図面とともに次の事項が記載されている。

「【0004】
【発明が解決しようとする課題】これらの方法による電力用トランジスタの保護回路は,最大定格ぎりぎりの出力を得ようとして,リミッタ回路やショート検出回路等の保護回路の回路定数を設定すると,電力用トランジスタやヒートシンクへの熱伝導の遅延のため保護回路の動作が遅れて,その役目を果たさないことがあり,このような場合,電力用トランジスタに過負荷が掛かり,その最大コレクタ損失Pc MAX を越えて接合が熱暴走によって破壊されることがある。又,保護回路は,出力段に設けられている為に,出力の位相に対する保護回路の動作ずれが生じて,予期しないミューティングが掛かり充分な出力が得られない場合がある。更に,保護回路が過大な安全係数で駆動するように回路定数を設定すれば,充分な出力が得られないことになる。」

の記載があるから,

「電力用トランジスタの保護回路は,最大定格ぎりぎりの出力を得ようとして,リミッタ回路やショート検出回路等の保護回路の回路定数を設定すると,電力用トランジスタやヒートシンクへの熱伝導の遅延のため保護回路の動作が遅れて,その役目を果たさないことがあり,保護回路が過大な安全係数で駆動するように回路定数を設定すれば,充分な出力が得られないことになる。」(以下,「引用文献4記載技術」という。)

が記載されていると認められる。

5.引用文献5について

原査定の拒絶の理由に引用された特開昭64-54913号公報(以下,「引用文献5」という。下線は当審が付与。)には,図面とともに次の事項が記載されている。

「発明が解決しようとする問題点
マイクロ波電力増幅器は,パラボラアンテナの焦点に設置されるため,小型,軽量化が要求されている。一方,一般にマイクロ波電力増幅器の消費電力は大きく,FETのジャンクション温度と寿命には密接な相関があることが知られているので,ジャンクション温度はできるだけ低くすることが望まれている。たとえば,3W出力の,電力増幅器として,FET7に,FLM1414?4C(富士通社製)を用いた場合,FET7の直流バイアスによる消費電力は11Wとなりジャンクション温度は66度C(熱抵抗6度C/W)上昇する。さらに,FET5,6や,電源回路の消費電力を熱源とする温度上昇や環境条件-周囲温度,太陽熱,風量等-による温度上昇を考慮すると,FET7のジャンクション温度は環境条件の最悪時には160度C前後となることが多い。一方,FET7のジャンクション温度の絶対最大定格は175度Cであり,一般的に,信頼性の観点から130?135度Cを越えない範囲で使用することが望まれている。」(2頁左上欄12行?右上欄12行)

の記載があるから,

「3W出力の,マイクロ波電力増幅器として,FET7に,FLM1414?4C(富士通社製)を用いた場合,FET7のジャンクション温度の絶対最大定格は175度Cであり,一般的に,信頼性の観点から130?135度Cを越えない範囲で使用することが望まれている。」(以下,「引用文献5記載技術」という。)

が記載されていると認められる。


第4 対比・判断

1.本願発明1について

(1)対比

本願発明1と引用発明1とを対比する。

(1)引用発明1は,「密閉されたキャビティに電磁放射線を導入することによって食品を加熱し,調理するソリッドステート無線周波数(RF)調理機器である電磁調理器10」であって,電磁調理器10はソリッドステート無線周波数(RF)を放射するから,「食品負荷が配置される閉じられたキャビティを有する電磁調理器用のソリッドステート無線周波数発生システム」であるといえる。

(2)引用発明1の「RF信号発生器16」は,「複数のRF波形」すなわち「各高出力増幅器18A-Dに対する」入力信号を生成しているから「入力RF信号を発生させる信号発生器」であるといえる。

(3)引用発明1の「複数のRFフィード26A-D」は,「複数の高出力RF増幅器18A-Dから密閉されたキャビティ20に電力を供給」するものであり,「密閉されたキャビティに電磁放射線を導入することによって食品を加熱し,調理するソリッドステート無線周波数(RF)調理機器である電磁調理器10」に含まれるから,「前記食品負荷を加熱し,準備するために,前記閉じられたキャビティ内に電磁放射を導入するように構成される複数のRFフィード」であるといえる。

(4)引用発明1の「高出力増幅器18A-D」は,「複数のRFフィード26A-Dに結合される」から,「前記複数のRFフィードに接続される高電力RF増幅器のセット」であるといえる。

(5)引用発明1は,「高出力増幅器18は,ガイド構造102を介してサーキュレータ104に結合される1つまたは複数の増幅段100を含」み,「各高出力増幅器18A-D」は,「RF信号発生器16」から信号を受信しているから,「前記入力RF信号に対して電力を増幅した信号を出力するように構成される少なくとも1つの増幅段」を有しているといえる。
また,引用発明1は「複数のRFフィード26A-Dは,複数の高出力RF増幅器18A-Dから密閉されたキャビティ20に電力を供給」するから,「複数の高出力RF増幅器18A-D」は「複数のRFフィード26A-D」に電力を供給,すなわち,「増幅した出力信号を前記RFフィードに向け」ているといえる。
また,引用発明1は「各高出力増幅器18A-Dは,過度のRF反射を吸収するようにダミーロードを含む」であるから,高出力RF増幅器18A-Dが「受信する反射波及びそれらの関連する電力」を受信する「ダミー負荷」を有することは明らかである。
ここで,「サーキュレータ104は,不整合負荷が電力を反射する時に起こり得る有害な影響から増幅段100を隔離する」から,「サーキュレータ104」は反射波をダミーロードに向けていることが明らかであるので,「増幅した出力信号を前記RFフィードに向けると共に,前記RFフィードから受信する反射波及びそれらの関連する電力をダミー負荷に向け直すサーキュレータ」であるといえる。

(6)引用発明1は,「逆方向の電力レベルが所定の閾値を超えたかどうかを決定」して,「閾値を超える場合」に,「高出力増幅器18A-Dがより低い電力レベルに切り換えられるかまたは完全にオフにされ得ることを決定する」から,「前記複数のRFフィードによって受信された反射電磁放射における逆方向電力を検出」して「前記逆方向電力が超える場合に,前記少なくとも1つの増幅段に供給される電力を低減する」ような制御を行っており,このような制御を行う手段は「ハードウェア保護コンポーネント」と呼べる。

したがって,本願発明1と引用発明1との間には,次の一致点,相違点があるといえる。

(一致点)
「食品負荷が配置される閉じられたキャビティを有する電磁調理器用のソリッドステート無線周波数発生システムであって,
入力RF信号を発生させる信号発生器,
前記食品負荷を加熱し,準備するために,前記閉じられたキャビティ内に電磁放射を導入するように構成される複数のRFフィード,
前記複数のRFフィードに接続される高電力RF増幅器のセット,ここで高電力RF増幅器のそれぞれは,
前記入力RF信号に対して電力を増幅した信号を出力するように構成される少なくとも1つの増幅段,
増幅した出力信号を前記RFフィードに向けると共に,前記RFフィードから受信する反射波及びそれらの関連する電力をダミー負荷に向け直すサーキュレータ,
を有する,
前記複数のRFフィードによって受信された反射電磁放射における逆方向電力を検出する一方,電力閾値を,前記逆方向電力が超える場合に,前記少なくとも1つの増幅段に供給される電力を低減するハードウェア保護コンポーネント,
を備える,
ソリッドステート無線周波数発生システム。」

相違点
(相異点1)
本願発明1は,「入力RF信号を発生させる信号発生器」が「小信号発生器」であるのに,引用発明1は「小」信号かどうか記載がない点。
(相異点2)
逆方向電力に関し,本願発明1は,「前記複数のRFフィードのそれぞれは,前記閉じられたキャビティから反射された電磁放射を受信するように構成される」のに対し,引用発明1は,「高出力増幅器18A-Dと密閉されたキャビティ20との間のインピーダンス不整合の結果として高出力増幅器18A-Dに戻された電力」である点。
(相異点3)
本願発明1は,逆方向電力を「カプラを使用して」検出するのに対し,引用発明1は,サーキュレータ104を含む「高出力増幅器18A-Dにおける温度感知」によって逆方向の電力レベルが所定の閾値を超えたかどうかを決定する点。
(相異点4)
本願発明1は,電力閾値が「前記サーキュレータへの電気的ストレス又はダメージを抑制するタイムスケール内の電力閾値」であるのに対し,引用発明1は,どのような閾値であるか記載が無い点。
(相異点5)
本願発明は,「前記サーキュレータの電力定格は,前記少なくとも1つの増幅段から前記サーキュレータを通って前記複数のRFフィードのそれぞれに向かう順方向電力に基づいて決定され,前記タイムスケールは,その最大定格を超える電力状態を持続するための前記サーキュレータの最大能力よりも短い」のに対し,引用発明1はタイムスケールに関する記載が無い点。

(2)相違点についての判断

事案に鑑み相違点5について検討する。
本願発明1は,「ダミー負荷に向け直すサーキュレータ」でなく,「カプラを使用」して逆方向電力を検出するため,サーキュレータの電力定格を「前記少なくとも1つの増幅段から前記サーキュレータを通って前記複数のRFフィードのそれぞれに向かう順方向電力に基づいて決定」することができ,「サーキュレータへの電気的ストレス又はダメージを抑制する」ために用いる電力閾値の「タイムスケール」を「その最大定格を超える電力状態を持続するための前記サーキュレータの最大能力よりも短」くすることができるようになったものである。
引用発明2には,反射波電力の検出をアイソレータとは異なる方向性結合器で行うことと,サーキュレータと減衰器により行うこと,が交換可能であることは記載されているが,どのような電力定格とするか,電力閾値の「タイムスケール」をどのような値とするかについては,記載されていない。
引用文献4記載事項によれば,電力トランジスタの保護回路として,安全係数をもたせた回路定数とすることが記載されているが,安全係数をもたせた回路定数をどのように決定するかについて記載されておらず,保護回路の「タイムスケール」については何も記載されていない。回路定数を変更すると時定数が変化することが技術常識であることを考慮しても,時定数を考慮した回路定数とすることは記載されていないから,「タイムスケール」をどのような値とするかは記載されていない。
引用文献3記載事項,引用文献5記載事項にも,「サーキュレータの電力定格」をどのように決定するか,及び,電力閾値の「タイムスケール」をどのような値とするか,については記載されていない。
上記のように,「サーキュレータの電力定格」をどのように決定するか,及び,電力閾値の「タイムスケール」をどのような値とするか,については引用発明2,引用文献3-5記載事項のいずれにも,記載されていない。

したがって,その他の相違点について判断するまでもなく,本願発明1は,当業者であっても引用発明1,引用発明2,引用文献3-5に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものであるとはいえない。

2.本願発明2-6について

本願発明2-6も,本願発明1と同一の構成を備えるものであるから,本願発明1と同じ理由により,当業者であっても,引用発明1,引用発明2,引用文献3-5記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。

3.本願発明7について

本願発明7は,本願発明1に対応する電磁調理器の発明であり,本願発明1に対応する構成を備えるものであるから,本願発明1と同様の理由により,当業者であっても,引用発明1,引用発明2,引用文献3-5に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。

4.本願発明8-11について

本願発明8-11も,本願発明7と同一の構成を備えるものであるから,本願発明1と同じ理由により,当業者であっても,引用発明1,引用発明2,引用文献3-5記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。


第5 原査定の概要及び原査定についての判断

上記第4に記載したとおり,本願発明1-11は,引用発明1,引用発明2,引用文献3-5に記載された技術的事項に基づいて,当業者が容易に発明できたものではない。
したがって,原査定を維持することはできない。


第6 当審拒絶理由について

1.当審で通知した拒絶理由の概要は以下のとおりである。

(サポート要件)この出願は,特許請求の範囲の記載が下記の点で,特許法第36条第6項第1号に規定する要件を満たしていない。

請求項1には,「前記複数のRFフィードによって受信された反射電磁放射における逆方向電力を検出する一方」と記載されているから,逆方向電力の検出方法については,特定されていない。
一方,逆方向電力の検出を特定しない全ての検出方法において,「前記サーキュレータの電力定格は,前記少なくとも1つの増幅段から前記サーキュレータを通って前記複数のRFフィードのそれぞれに向かう順方向電力に基づいて決定され」ても良いことは,発明の詳細な説明に記載されていない。
発明の詳細な説明【0037】の「逆方向電力の変化に対する応答がはるかに速い。さらに,より速い応答時間を有することによって,サーキュレータ104は,より低い電力定格を有することができ」の記載,及び,上申書の「本願発明では,ハードウェア保護が高速(<10ns)の電力低減/電力カットを行っているため,サーキュレータをダメージから保護する」の記載を考慮すれば,本願発明が「前記サーキュレータの電力定格は,前記少なくとも1つの増幅段から前記サーキュレータを通って前記複数のRFフィードのそれぞれに向かう順方向電力に基づいて決定され」ても良いためには,「逆方向電力の変化に対する応答」を高速に行うことが必要であり,「逆方向電力」の検出を「高速」に行うためには,逆方向電力の検出方法として,国際公開第2016/196939号(引用文献1)のようなサーキュレータを介したダミーロードの温度検知ではなく,カプラ208による検出を行うことが必要であると理解される。

2.特許法第36条第6項第1号(サポート要件)について

令和3年7月30日の手続補正により,「逆方向電力をカプラを使用して検出する」ことが明確となり,特許法第36条第6項第1号の規定を満たしている。


第7 むすび

以上のとおり,本願発明1-11は,当業者が引用発明1,引用文献2,引用文献3-5に記載された技術的事項に基づいて容易に発明をすることができたものではない。
したがって,原査定の理由によっては,本願を拒絶することはできない。
また,他に本願を拒絶すべき理由を発見しない。
よって,結論のとおり審決する。
 
審決日 2021-09-30 
出願番号 特願2019-511606(P2019-511606)
審決分類 P 1 8・ 121- WY (H03F)
P 1 8・ 537- WY (H03F)
最終処分 成立  
前審関与審査官 小林 正明  
特許庁審判長 佐藤 智康
特許庁審判官 衣鳩 文彦
吉田 隆之
発明の名称 電磁調理器用の高電力増幅器のためのコスト効果の優れたハイブリッド保護  
代理人 中谷 剣一  
代理人 松谷 道子  
代理人 岡部 博史  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ