• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 A24F
管理番号 1383690
総通号数
発行国 JP 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2022-05-27 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2021-01-13 
確定日 2022-03-30 
事件の表示 特願2017−540070号「エアロゾル送達デバイスのための近接検知」拒絶査定不服審判事件〔2016年 8月 4日国際公開、WO2016/123307、平成30年 4月 5日国内公表、特表2018−509139号〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 1 手続の経緯
本願は、2016年1月28日(パリ条約による優先権主張外国庁受理2015年1月29日 (US)アメリカ合衆国)を国際出願日とする出願であって、その手続の経緯は以下のとおりである。
令和2年2月14日付けで拒絶理由通知
令和2年5月15日に意見書及び手続補正書の提出
令和2年9月2日付けで拒絶査定(以下「原査定」という。)
令和3年1月13日に拒絶査定不服審判の請求

2 本願発明
本願の請求項1〜12に係る発明は、令和2年5月15日に提出された手続補正書により補正された特許請求の範囲の記載によれば、特許請求の範囲の請求項1〜12に記載された事項により特定されるものと認められるところ、本願の請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は、以下のとおりのものである。

「 【請求項1】
エアロゾル送達デバイスであって、
ハウジングと、
前記ハウジングの少なくとも一部を通る空気の流れに応答して作動し、エアロゾル前駆体組成物の構成要素を気化させるように構成された加熱要素であって、前記空気は前記気化によって形成された蒸気と結合可能でありエアロゾルを形成する、加熱要素と、
コンピューティングデバイスとの無線の近接度に基づいた通信リンクを有効にするように構成された通信インターフェースと、
前記通信インターフェースに連結され、前記近接度に基づいた通信リンクが切れているか、またはその信号強度が閾値レベル未満まで低下している場合に、前記エアロゾル送達デバイスの感覚フィードバック部材を制御して視覚、聴覚または触覚フィードバックを提供するように構成されたマイクロプロセッサと、を備える、エアロゾル送達デバイス。」

3 原査定の拒絶の理由
本願発明に対する原査定の拒絶の理由は、概略、以下のとおりである。
<理由2.(進歩性)について>
この出願の請求項1〜12に係る発明は、その出願前(優先日前)に日本国内又は外国において、頒布された下記の引用文献1に記載された発明及びその出願前(優先日前)に周知の事項(引用文献3、4を参考)に基いて、その出願前(優先日前)にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下「当業者」という。)が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

1.米国特許出願公開第2013/0284192号明細書
3.米国特許出願公開第2002/0094778号明細書(周知技術を示す文献)
4.米国特許出願公開第2014/0189584号明細書(周知技術を示す文献)

4 引用文献
(1) 引用文献1
ア 引用文献1の記載事項
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献であって、本願の出願前(優先日前)に頒布された引用文献1には、「ELECTRONIC CIGARETTE WITH COMMUNICATION ENHANCEMENTS(通信が強化された電子タバコ)」に関し、次の記載がある。
(ア) 「1. An electronic cigarette comprising:
a controller configured to monitor or control operations of the electronic cigarette; and
a communications interface coupled with the controller and configured to allow communication with a computing device.
2. The electronic cigarette of claim 1 further comprising:an atomizer for generating a vapor; and
a liquid container for providing a liquid that is used for flavoring the vapor.
3. The electronic cigarette of claim 2 further comprising:a heating element that heats the liquid as part of a vaporization process where the vapor is generated by the atomizer.
4. The electronic cigarette of claim 3 wherein the operations that are monitored or controlled comprise the generation of the vapor, the heat of the liquid, and/or an amount of the liquid.
5. The electronic cigarette of claim 2 wherein a portion of the electronic including the liquid container includes an identifier code that can be identified with the computing device.
6. The electronic cigarette of claim 1 wherein the computing device comprises a portable telephone that communicates with the electronic cigarette.
7. The electronic cigarette of claim 6 wherein the communication between the electronic cigarette and the portable telephone is a direction communication.
8. The electronic cigarette of claim 7 wherein the electronic cigarette is further configured to communicate through a wide area network.
9. The electronic cigarette of claim 8 wherein the wide area network is the Internet.
10. The electronic cigarette of claim 8 wherein a social network of contacts are communicated through the wide area network.
11. The electronic cigarette of claim 10 wherein the operations that are monitored are communicated between contacts within the social network.
12. The electronic cigarette of claim 1 wherein the communications interface comprises a communications chip that is configured to communicate with the computing device.
「【0004】 FIG. 1 is a diagram of an electronic cigarette;」
(括弧内は、翻訳文を示す。下線は当審で参考のために付したものである。「・・・」は、文の省略を意味する。以下同様である。
1.電子タバコのモニタ又は制御動作に構成されたコントローラと、前記コントローラに結合され、コンピューティング装置との通信を可能にするように構成された通信インタフェースとを備えることを特徴とする、電子タバコ。
2.蒸気を発生させるための噴霧器と、蒸気を風味付けするのに使用される液体を供給するための液体容器とを備えることを特徴とする、請求項1に記載の電子タバコ。
3. 蒸気は噴霧器によって生成される、気化プロセスの一部としての液体を加熱する加熱素子を備えることを特徴とする、請求項2に記載の電子タバコ。
4. 監視又は制御される動作は、蒸気の発生、液体の熱、および/または液体の量からなることを特徴とする、請求項3に記載の電子タバコ。
5. 液体容器を有する電子の一部は、コンピューティング装置を識別することができる識別コードを備えていることを特徴とする、請求項2に記載の電子タバコ。
6. コンピューティング装置は、電子たばこと通信する携帯電話を含むことを特徴とする、請求項1に記載の電子タバコ。
7. 電子タバコと携帯電話との間の通信は、一方向通信であることを特徴とする、請求項6に記載の電子タバコ。
8. 電子タバコは、さらに、広域ネットワークを介して通信するように構成されることを特徴とする、請求項7に記載の電子タバコ。
9. 広域ネットワークは、インターネットであることを特徴とする、請求項8に記載の電子タバコ。
10. 知り合いのソーシャル・ネットワークは、ワイドエリアネットワークを介して通信されることを特徴とする、請求項8に記載の電子タバコ。
11. 監視されるオペレーションは、ソーシャルネットワーク内の連絡先との間で通信されることを特徴とする、請求項10に記載の電子タバコ。
12. 通信インタフェースは、コンピューティングデバイスと通信するように構成された通信チップを含むことを特徴とする、請求項1に記載の電子タバコ。)
(イ) 「【0004】 FIG. 1 is a diagram of an electronic cigarette;
・・・
【0011】 FIG. 8 is another network diagram with an electronic cigarette illustrating local and network communications;
【0012】 FIG. 9 is a diagram illustrating local communication examples;」
(【0004】 図1は、電子タバコの図である。
・・・
【0011】 図8は、ローカルおよびネットワークの通信を示す電子タバコを有する別のネットワーク図である。
【0012】 図9は、ローカル通信の例を示す図である。)
(ウ) 「【0027】 FIG. 1 is a diagram of an electronic cigarette. The “smoke” produced by an e-Cig is a created by turning a liquid (e-Liquid 110) into mist and some vapor with an atomizer 112. The e-liquid 110 may have a high viscosity at room temperature to enable longer shelf life and reduce leakages; however, this high viscosity may reduce the atomization rate. The atomizer 112 is further described below with respect to FIG. 2. The e-Liquid 110 is atomized via air flow 108, generated by the inhalation of the user (i.e. the smoker or consumer or vapor), which produces a pressure difference that removes e-Liquid droplets from the e-Liquid 110. In one embodiment, the e-Liquid 110 may be soaked in a wick. In order to reduce the e-Liquid viscosity, to a level enabling atomization, external heat may be applied through a heating element 111 as further described below. In this embodiment, local viscosity reduction via heating, while inhalation occurs, enables e-Liquid atomization in the inhalation-generated flow of air 108. The e-Liquid 110 may be heated via an electric current flowing through the heating element 111 and may then be atomized and evaporated through the e-Cig and may contain tastes and aromas that create a smoking sensation.
【0028】 The controller 102 may be activated due to air flow 108 (from the inhaled air) passing a flow sensor 104. The sensor 104 may be activated by the pressure drop across the sensor and may directly switch the battery 106 power on, or be used as an input for the controller 102 that then switches the battery 106 current on. Although illustrated as separate from the e-Cig, the controller 102 may be a part of the e-Cig (e.g. along with the battery 106). The enhancements to the controller 102 are further described below with respect to FIGS. 7-13, and include external communications from a communications chip. The communications described below may allow for increased control of properties of the sensor 104, battery 106, air flow 108, e-Liquid 110 or atomizer 112. In particular, the controller 102 may be configured for external communication to other computing devices and/or networks.」
(【0027】 図1は、電子タバコのブロック図である。e-Cigによって生成されるスモークは、噴霧器112で、液体(液体110)を、霧状と一定の蒸気としたものである。e-liquid110は、より長い貯蔵寿命を可能にし、漏洩を減少させるために、室温で高粘度を有するが、しかし、この高い粘度は、噴霧速度を減少させることができる。噴霧器112は、図2を参照して以下でさらに説明する。e-Liquid110は、e-Liquid110からの液滴を除去する、圧力差を生成し、それは使用者の吸入(すなわち、喫煙者または消費者または蒸気)によって生成された空気流108を介して霧化される。一実施形態において、e-Liquid110は、ウィックに浸漬してもよい。液体の粘度を低下させるために、噴霧化を可能にするレベルに、以下にさらに記載されるように加熱素子111に加えて外部加熱でもよい。この実施形態では、加熱を介して局所的な粘度の低下は、吸入が行われている間、空気108の吸入によって生成された流量の液体霧化を可能にする。e-Liquid110は、加熱要素111を流れる電流を介して加熱してもよいし、e-Cigを通じて噴霧して蒸発させてもよく、喫煙感覚を生成する風味及び芳香を含有してもよい。
【0028】 コントローラ102は、流量センサ104を通過する空気流108(吸入された空気からの)により活性化されてもよい。センサ104は、センサを横切る圧力降下によって活性化することができ、直接に電池106の電源を切り換えるか、または、バッテリ106上の電流を制御するコントローラ102のための入力として使用することができる。e-Cigとは別個のものとして示されているが、制御部102eは、e-Cig (例えばバッテリ106)の一部であってもよい。コントローラ102への強化は、図7-13に関して以下にさらに記載されており、通信チップから外部の通信を含む。以下に説明される通信は、センサ104、106は、空気流れ108eの液体110側または噴霧器112の特性をより制御可能にすることができる。具体的には、コントローラ102は、他のコンピューティングデバイスおよび/またはネットワークの外部に通信するように構成されてもよい。)
(エ) 「【0030】 FIG. 2 is a diagram of the atomizer 112. The inhaled air 202 is passed through the atomizer 112. A heating element 206 (which may be separate from the atomizer 112 in alternate embodiments) supplies heat to the E-liquid 110, which reduces viscosity 208. Due to the heating element 206, the e-Liquid 110 viscosity over temperature profile may be designed in a way such that when heated its viscosity will be reduced to a level where atomization may be effective (with the pressure shear forces and velocities that can be created with inhalation activity). The heating element 206 may be powered through a power supply 204. The low viscosity e-liquid and the inhaled air 202 result in the smoke 210. The smoke 210 is not a traditional smoke, but is instead a combination of aerosol, warmed air and vapors, and may be referred to as a vapor.」
(【0030】 図2は、噴霧器112の図である。吸入された空気202は、噴霧器112を通過する。加熱要素206(代替の実施形態では、噴霧器112から分離してもよい)は、e-Liquid 110に熱を供給し、これは粘度208を減少させる。加熱要素206に起因して、温度プロファイル上でe-Liquid110の粘度は、加熱されたときにその粘度は噴霧化することは効果的であるレベルまで減少する(吸入活動によって発生される圧力、剪断力および速度を有する)ように設計することができる。加熱素子206は、電源204によって電力を供給されてもよい。低粘度の液体であり、吸入空気202は煙210をもたらす。煙210は、従来の煙、エアロゾル、暖められた空気と蒸気の組合せであり、蒸気と呼ばれてもよい。)
(オ) 「【0032】 FIG. 3 is a flow diagram of the electronic cigarette smoking process. The inhaled air 302 passes through a flow sensor 304. The e-Cig power source is a battery (or other power source, e.g. other electrical sources) which may be a part of the e-Cig that provides a current supply 306. The current supply 306 may be triggered by the controller which may be activated due to air flow 302 passing a flow sensitive switch or flow sensor 304. This sensor can switch the battery power or may be an input for the controller. When controller is activated it enables power to a heating resistance element (e.g. heating element 206). In one embodiment, the heating element 206 may be a heating coil. The power may be controlled using Pulse Width Modulation (“PWM”) signaling. E-Liquid may be located in a container where a capillary device such as wick leads it to a place where inhaled air 302 have flow conditions that enable creation of pressure drop and/or shear forces that will enable aerosol creation. Heating of the e-Liquid in the wick by a coil or heating element may reduce viscosity 310 of the e-Liquid and enable aerosol creation through evaporation 312. The aerosol creation may result in a smoke feeling for a user. The resultant smoke/vapor 210 may include warm air, aerosol, and vapors 314. In one embodiment, the e-Liquid may flow through the coil, which may be wrapped around a wick in the e-Cig. The inhaled air flows across the wick such that the inhaled air flow may induce turbulent flow. A local air vortex may enable high pressure drops and shear forces that create aerosol from at least part of the e-Liquid soaked in the wick.」
(【0032】 図3は、紙巻きタバコの喫煙プロセスのフロー図である。吸入された空気302は、流量センサ304を通過する。e-Cig 電源は、電流供給306を提供するe-Cig の一部であってもよいバッテリ(または他の電源などの他の電源)である。電流供給源306は、流量スイッチや流量センサ304を通過する空気流302によって活性化されることができるコントローラによってトリガされてもよい。このセンサは、バッテリ電力を切り換えることができる又は制御装置のための入力であってもよい。コントローラは、活性化された場合には、発熱抵抗素子(例えば加熱素子206)への電力供給を可能にする。一実施形態では、加熱要素206は加熱コイルであってもよい。電力は、パルス幅変調(Pulse Width Modulation(“PWM”)シグナリングを使用して制御することができる。液体は、容器内に配置されてもよいウィックのような毛細管装置は、吸入された空気302は、エアゾル生成を可能にする圧力低下及び/又は剪断力の生成を可能にする条件を有する場所に導く。コイルまたは加熱素子によってウィックに液体の加熱は、液体の粘度の310を減少し、蒸発312を通ってエアロゾル生成を可能にすることができる。エアロゾル生成は、ユーザのために煙を感じることになる。得られた煙/蒸気210は、温風、エアロゾル、及び蒸気314を含んでいてもよい。一実施形態では、液体は、e-Cigの芯の周りに巻き付けられているコイルを通って流れることができる。吸入された空気は、吸入された空気流は、乱流を誘導することができるようにウィックを横切って流れる。局所的な空気渦は、液体芯に浸漬の少なくとも一部からエアロゾルを生成する高圧力降下及び剪断力を可能にすることができる。)
(カ) 「【0036】 FIG. 6 is an alternative diagram of components in an e-Cig. The e-Cig may be the e-Cig illustrated in FIG. 1 or 5. FIG. 7 below includes a further description of additional components of an e-Cig. FIG. 6 illustrates the flow of different functions of the e-Cig. In this embodiment, the e-Cig power source is a battery 606 which is part of the e-Cig. The battery 606 may be lithium-ion in one example. The controller 602 may be activated due to air flow (from the inhaled air) passing a flow-sensitive switch or flow sensor 604. The sensor 604 may be activated by a pressure drop across the sensor. This sensor 604 may directly switch the battery 606 power on, or be used as an input for the controller 602, that then switches the battery 606 current on. This process is further described above with respect to FIGS. 1-3. The controller 602, when activated, enables, in a specific embodiment, a Pulse Width Modulation (“PWM”) control over the heating coil 608 power. Heating of the liquid by the heating coil 608 reduces viscosity of the e-Liquid which may enable atomization 610.
【0037】 In parallel the controller 602 may power up a light emitting diode (“LED”) 612 light source at the e-Cig tip. The LED 602 light may imitate the cigarette light. In one embodiment, the light color may be changed to distinguish it from regular (non-electronic) cigarettes. For example, the LED may be green. The light may mimic the brightness of the fire/burn of a non-electronic cigarette. In other words, the lighting is different, for example turned on, for while receiving inhaled air. Accordingly, there may be an analog or digital electrical circuit that enables the light to increase and/or cease gradually. This setup may be translated to electrical circuits in more than a single way (for example the pressure switch can switch the power to the controller or only enable a signal to be transmitted to the controller). The e-Cig LED or light at its tip may be changed according to ambient illumination. For example, the light power may be reduced when driving at night or may be modified based on location. For example, the color may change when smoking indoors or in a restaurant. The change may be controlled by the smartphone, utilizing its various sensors. 」
(【0036】 図6は、e-Cig での別々の部品の図である。e-Cig は、図1または図5に示すe-Cig であってもよい。図7はe-Cigの追加構成要素を更に説明している。図6は、e-Cig のいろいろな機能のフローを示す図である。この実施形態では、e-Cig 電源は、e-Cig の一部である電池606である。電池606は、一例ではリチウムイオンであってもよい。コントローラ602は、流量スイッチや流量センサ604を通過する空気流(吸入された空気からの)に起因して活性化されてもよい。センサ604は、センサの両端間の圧力降下によって起動されてもよい。このセンサ604は、直接電池606の電源を制御し、電池606の電流を制御するためのコントローラ602の入力として使用することができる。このプロセスは図1-3に関して上記にさらに記載されている。コントローラ602では、起動時に、特定の実施形態では、加熱コイル608の電力をパルス幅変調(Pulse Width Modulation(“PWM”)によって制御する。加熱コイル608による液体の加熱は、噴霧610を可能にすることができるe-liquid の粘度を低下させる。
【0037】 これと並行して、制御部602eは、e-Cig の先端に発光ダイオード(“LED”)612の光源の電源を入れることができる。発光ダイオード602の光は、シガレットの光をまねることができる。一実施形態においては、光色は、規則的な(非電子的な)シガレットと区別するために、変更することができる。例えば、LEDは緑であってもよい。光は、非電子タバコの火炎/燃焼の明るさを模倣することができる。換言すれば、照明が異なり、例えば、吸入された空気を受ける。従って、光は徐々に増加させ、及び/又は停止することを可能にするアナログ又はデジタルの電子回路であってもよい。このセットアップは単一の方法以上に電気回路に変換されてもよい(例えば、圧力スイッチから制御装置への電力を切り替える、または信号がコントローラに送信されることを可能にすることができる)。先端にe-Cig LEDまたは光は、周囲照度に応じて変更することができる。例えば、光電力は、夜間走行時の低減であってもよいし、場所に基づいて変更することができる。例えば、屋内またはレストランでは喫煙の際に色が変化することがある。この変化は、スマートフォンによって制御され、その様々なセンサを利用することができる。)
(キ) 「【0043】 The communications interface 714 may communicate with the smartphone 702. In one embodiment, the communications interface 714 includes a communication chip as illustrated in FIGS. 8 and 11. The communications interface 714 may include local/direct communication with the smartphone 702 using any of the interface mechanisms illustrated in FIG. 12.」
(【0043】 通信インターフェース714は、スマートフォン702と通信してもよい。一実施形態において、通信インターフェース714は、図8及び図11に示すように、通信チップを含む。通信インターフェース714は、図12に示すインターフェース機構のいずれかを用いて、スマートフォン702とローカル・直接通信を含むことができる。)
(ク) 「【0057】 FIG. 8 is another network diagram with an electronic cigarette illustrating local communication 804. The communications interface 714 in FIG. 7 may be used to provide instructions via a communication chip 802 or communications port (e.g. from the smartphone 702 or the user device 703) that is part of the controller or the e-Cig 801. The communication chip or port may be created in software or may be a physical connection in hardware and may be configured to connect with the smartphone 702 and/or the network 704. The connection with the smartphone 702 may be considered a local or direct communication 804 because the smartphone may need to be in proximity of the e-Cig 801 for the connection. The connection may be wired (e.g. USB cable) or wireless using a variety of wireless connection mechanisms as illustrated in FIG. 12. In alternative embodiments, the connection between the communication chip 802 and the smartphone 702 may be through other mechanisms such as those discussed above with respect to the network 704.
【0058】 The local communication 804 may be two-way communication between the smartphone 702 and the communication chip 802. The information that is transmitted is further described with respect to FIG. 9. FIG. 9 is a diagram illustrating local communication 804 examples. The local communications 804 may include security information 902. There may be a passcode, password, facial recognition, or other identifier that is required to establish a connection between the e-Cig 801 and the smartphone 702. RFID or other communication mechanisms may also be used for the security information 902. Alternatively, the e-Cig may detect a presence of the previously connected smartphone (or vice-versa) for re-establishing communications. In particular, the e-Cig 801 may be configured to only communicate with authorized smartphones. Each e-Cig may have its own password or security key that are required at the smartphone for establishing communication. The e-Cig may be locked to a specific user, thus helping to prevent misuse by unauthorized users such as minors. This locking may be through a connection with a particular smartphone. In other words, if the e-Cig is not near the smartphone, then it is disabled, inoperable or limited to a certain number or rate of puffs.」
(【0057】 図8は、ローカル通信804を示す電子タバコで別のネットワーク図である。図7において、通信インタフェース714は、 コントローラまたはe-Cig 801の一部である通信チップ802か通信ポートを介して(たとえば、スマートフォン702、またはユーザ装置703からの)命令を提供するために使用することができる。通信チップまたはポートは、ソフトウェアにおいて作成されてもよく、またはハードウェアにおける物理的接続であってもよく、スマートフォン702および/またはネットワーク704と接続するように構成されてもよい。スマートフォン702は、スマートフォンが接続のためにe-Cig 801に近接する必要があるため、局所的または直接的な通信804と見なすことができる。図12に示すように、その接続は、有線(例えばUSBケーブル)または無線を使用して無線であってもよい代替的な実施形態では、通信チップ802およびスマートフォン702との間の接続は、ネットワーク704に関連して上記で議論したような他の機構を介してもよい。
【0058】 ローカル通信804は、スマートフォン702と通信チップ802との間に2方向通信であってもよい。送信される情報は、図9に関してさらに説明される図9は、ローカル通信804の一例を示す図である。ローカル通信部804は、セキュリティ情報902を含むことができる。e-Cig 801とスマートフォン702との接続を確立するのに必要なパスコード、パスワード、顔認識、又は他の識別子とすることができる。RFIDまたは他の通信メカニズムも、セキュリティ情報902を使用することができる。あるいは、e Cigは、通信確立のために以前に接続されたスマートフォン(またはその逆)の存在を検出することができる。特に、e-Cig 801は、許可されたスマートフォンのみと通信するように構成することができる。各e-Cig は通信を確立するためにスマートフォンで必要とされるそれ自身のパスワード又はセキュリティ・キーを有していてもよい。e-Cig は、特定のユーザにロックされ、したがって、未成年者などの不正ユーザによる不正な使用を防止することを補助することができる。このロックは、特定のスマートフォンに接続されてもよい。即ち、e-Cig は、スマートフォンの近くにない場合、それがディセーブルされ、動作不能またはパフの一定数または一定の割合に制限される。)
(ケ) 「【0071】 FIG. 11 is another exemplary e-Cig 1101. The e-Cig 1101 illustrates an organization of the components that were previously discussed. The e-Cig 1101 may include a controller 1102, a communications interface 1104, a heating element 1106, and an LED 1108. Functionality provided by the controller 1102 is discussed with respect to FIG. 13. Exemplary communication mechanisms used by the communications interface 1104 are discussed with respect to FIG. 12. In one embodiment, the e-Liquid container (not shown) may include the heating element and an atomizer and may be referred to as a cartomizer. The cartomizer may be replaceable and removal of the cartomizer may be detected by the e-Cig. The LED 1108 may be ignited with inhaling and may be dimmed slowly after inhaling is finished to imitate the cooling tip of a non-electric cigarette when inhaling is ceased. The LED may further be modulated to send specific indications to the user, such as a blinking pattern to indicate low power or dwindling cartomizer e-Liquid.
【0072】 FIG. 12 is a diagram illustrating communications interface 1104 examples. The e-Cig 1101 may communicate through a communications interface 1104 using near field communication (“NFC”) 1202, radio frequency identification (“RFID”) 1204, Wi-Fi 1206 (e.g. Wi-Fi Direct), Bluetooth 1208, and/or ZigBee. The communications interface 1104 may be implemented through a small-size communication chip embedded on the e-Cig. Exemplary chips may include but are not limited to a Bluetooth chip, such as Parani BCD 210 or Texas Instruments (TI) CC2650 Bluetooth Single-Chip Solution. These Bluetooth chips can be activated as slaves to a server, with the Bluetooth chip in the smartphone acting as the master. Another exemplary chip is an NFC-enabled chip (such as Qualcomm's QCA1990), that allows for NFC communication, or even enhanced Wi-Fi or Bluetooth communication where NFC is used for link setup. NFC may also be used to read an e-Cig or cartomizer identifier (as RFID device). Another exemplary communication chip may include a Wi-Fi-enabled chip, such as TI's SimpleLink family's CC3000, that can hook the e-Cig to Wi-Fi networks with full capability. An additional possibility may be a SIM card on board of the e-Cig, following the growing trend of cellular-enabled M2M (Machine to Machine) nano-SIM card, creating a cellular e-Cig that communicates directly to a network over 3G/4G cellular networks. Alternatively, there may be a wired connection (e.g. universal serial bus (“USB”)) rather than a wireless connection. Alternative forms of communication may be used to establish two-way communication between an e-Cig and a smartphone.」
(【0071】 図11は、別の例示的なe-Cig1101である。e-Cig 1101は、前述した構成要素の編成を示す図である。e-Cig 1101は、コントローラ1102、通信インターフェース1104、加熱素子1106、及びダイオード1108を含むことができる。コントローラ1102によって提供される機能は、図13で説明されている通信インターフェース1104によって使用される例示的な通信機構は、図12に関連して、1つの実施形態では、液体容器(図示せず)は、加熱素子と、前記霧化器を含んでもよく、cartomizerと呼ばれてもよい。cartomizerは交換可能であってもよいしcartomizerの除去は、e-Cig によって検出することができる。吸入が終わったら吸入は、非電気式タバコの冷却チップを模倣するために完成された後に発光ダイオード(1108)は吸入で点火することができ、そしてゆっくりと調光されてもよい。LEDは、さらに、ユーザに特有の指示を送信するために変調することができる、低電力または次第に減少するcartomizer e-Liquid を示すために点滅パターンである。
【0072】 図12は、通信インタフェース1104の例を示す図である。e-Cig 1101は、フィールド通信(“NFC”)1202、無線周波数識別(“RFID”)1204、Wi-Fi 1206(例えば、Wi-Fiダイレクト)、Bluetooth(登録商標)1208、および/またはZigBeeを利用した通信インターフェイス1104を介して通信することができる。通信インタフェース1104eは、C16上に埋め込まれた小型の通信チップを介して実行されてもよい。典型的なチップは、限定されないがブルートゥースチップに限定されるものではないが、Parani BCD210またはTexas Instruments(TI)CC2650ブルートゥースSingle Chip Solutionなど。これらのブルートゥースチップはスレーブとして、マスタであるスマートフォンにおけるBluetooth(登録商標)チップとすることができる。NFCは、リンクセットアップのために使用される別の例示的なチップは、NFC機能を有するチップ(カルコム社QCA1990など)、NFC通信、あるいは増強されたWi-Fiまたはブルートゥース通信を可能にすることである。NFCはまた、e-Cig またはcartomizer識別子(RFIDデバイス)を読み取るために使用することができる。別の例示的な通信チップは、全能力でWi-Fiネットワークにe-Cig を引っ掛けることが出来る、TI SimpleLinkファミリーのCC3000、Wi-Fiチップを含むことができる。e-Cig の上、SIMカード、移動通信可能にM2M(Machine to Machine)ナノSIMカードの高まる傾向に従って得ることができる付加的な可能性は、3G/4Gセルラネットワークを介してネットワークに直接通信する、携帯e-Cig を作成する。これに代えて、無線接続ではなく有線接続(例えばユニバーサル・シリアル・バス(“USB”))であってもよい。別の形態の通信はe-Cig とスマートフォンの間の2方向通信を確立するために使用することができる。)
(コ) 「




(サ) 「


(シ) 「


(ス) 「


イ 引用発明
上記アの記載事項を総合すると、引用文献1には、次の事項からなる発明(以下「引用発明」という。)が記載されていると認める。
「電子タバコのモニタ又は動作の制御のために構成されたコントローラと、
前記コントローラに結合され、コンピューティング装置との通信を可能にするように構成された通信インタフェースと、
蒸気を発生させるための噴霧器と、
蒸気が前記噴霧器によって生成される、気化プロセスの一部としての液体を加熱する加熱素子とを備え、
前記コントローラは、流量スイッチや流量センサを通過する空気流(吸入された空気からの)に起因して活性化され、
前記コントローラは、前記加熱素子の電力をパルス幅変調(Pulse Width Modulation(“PWM”))によって制御し、前記加熱素子による液体の加熱は、噴霧を可能にすることができる液体の粘度を低下させ、蒸発を通してエアロゾル生成を可能にし、
前記通信インタフェースを介した通信は、フィールド通信(“NFC”)、無線周波数識別(“RFID”) 、Bluetooth(登録商標)等を利用したものであって、スマートフォンが接続のために近接する必要があり、
前記通信インタフェースは、コントローラまたは電子タバコの一部である通信チップか通信ポートを介して(たとえば、スマートフォン、またはユーザ装置からの)命令を提供するために使用することができる、
電子タバコ。」
(2) 引用文献3の記載
ア 原査定の拒絶の理由に引用された引用文献であって、本願の出願前(優先日前)に頒布された引用文献3には、「Bluetooth connection quality indicator」(ブルートゥース接続品質インジケータ」に関し、次の記載がある。
「【0027】 FIG. 1 shows an exemplary piconet device, e.g., a BLUETOOTH conforming device 110, including a piconet connection quality determiner 102 and user link quality indicator 100, in accordance with the principles of the present invention.
【0028】 In particular, as shown in FIG. 1, the exemplary piconet device 110 includes a suitable wireless piconet front end and antenna 130 (e.g., BLUETOOTH conforming), and a suitable processor 120 including the functionality of the relevant device 110. The processor 120 may be based on any suitable logic device, e.g., a microprocessor, a microcontroller, or a digital signal processor (DSP).
【0029】 Importantly, in accordance with the principles of the present invention, the wireless piconet device 110 further includes a piconet connection quality determiner 102, and a suitable audible or visible user link quality indicator 100.
【0030】 The piconet connection quality determiner 102 determines one or more aspects of the quality of the wireless communications between one or more wireless piconet devices within a relevant piconet and/or scatternet network.
【0031】 The user link quality indicator 100 may provide an audible and/or visual indication to the user as to a quality of the wireless communications with one or more other wireless piconet devices in a relevant piconet network. For instance, an LED may be lit, an audible sound such as a beep may be output by a speaker or buzzer device when the wireless piconet device 110 is above (or below) an acceptable connection quality threshold, and/or suitable connection quality information may be displayed to the user on a graphical display, e.g., LCD display.
【0032】 The aspects of the quality of wireless communications are preferably determined substantially in real time, although a delay between the measurement of a particular aspect and ultimate presentation to the user via the user link quality indicator 100 is within the scope of the present invention.
【0033】 The aspects of the quality of wireless communications with the relevant wireless piconet device 110 are preferably based on a received signal strength indicator (RSSI) or on link quality.」
(【0027】 図1本発明の原理によれば、例えば、BLUETOOTH(登録商標)対応のデバイス110は、ピコネットの接続品質決定部102およびユーザリンク品質インジケータ100を含む、例示的なピコネットデバイスを示す図である。
【0028】 特に、図1に示されている典型的なピコネットのデバイス110は、適切な無線ピコネットフロントエンドおよびアンテナ130、例えば、BLUETOOTH(登録商標)、および関連した装置110の機能性を含む適切なプロセッサ120を備えている。プロセッサ120は、任意の適切な論理デバイス、例えば、マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、デジタル信号プロセッサ(DSP)に基づくことができる。
【0029】 重要なことは、本発明の原理によると、無線ピコネット110は、ピコネットの接続品質決定器102と、適当な可聴の又は可視のユーザリンク品質インジケータ100を含む。
【0030】 ピコネット接続品質決定部102は、この関連ピコネットおよび/あるいはスキャッタネットネットワーク内の1つまたは複数の無線ピコネットのデバイス間の無線通信の品質の1つまたは複数の態様を決定する。
【0031】 リンク品質インディケータ100は、この関連ピコネットネットワークにおける1つ以上の他の無線ピコネット装置との無線通信の品質をユーザに可聴および/または視覚的な指示を提供することができる。例えば、LEDが点灯されてもよく、無線ピコネット装置110は、許容される接続品質閾値を上回る(又は下回る)あるときにビープ音のような可聴音はスピーカやブザー装置によって出力されてもよい、および/または適切な接続品質情報は、グラフィックディスプレイ、例えば、LCDディスプレイ上でユーザに表示することができる。
【0032】 無線通信の品質は、実質的にリアルタイムで決定されるのが好ましく、特定の態様の測定及びリンク品質インジケータ100を介して、ユーザに最終的な表示との間の遅延は、本発明の範囲内である。
【0033】 なお、この無線ピコネット装置110との無線通信の品質は、受信信号強度インジケータ(RSSI)、リンク品質に基づいていることが好ましい。)
イ 上記アの記載事項からわかること
上記アの記載事項を踏まえると、引用文献3には、以下の事項が記載されていると認められる。
「BLUETOOTH(登録商標)対応のデバイス間の無線通信の品質は、受信信号強度インジケータ(RSSI)、リンク品質に基づいてなされ、許容される接続品質閾値を上回る(又は下回る)ときに、ビープ音のような可聴音をスピーカやブザー装置によって出力したり、グラフィックディスプレイ、例えば、LCDディスプレイ上でユーザに表示したりすること。」(以下「引3記載事項」という。)
(3) 引用文献4の記載
ア 原査定の拒絶の理由に引用された引用文献であって、本願の出願前(優先日前)に頒布された引用文献4には、「METHOD FOR SWITCHING APPLICATIONS IN USER INTERFACE AND ELECTRONIC APPARATUS USING THE SAME」(ユーザー・インターフェース、及び電子装置におけるアプリケーション切り替えのための方法」に関し、次の記載がある。
「【0005】 For conveniences of users, lots of periphery devices have been developed. Recently, the designers of the electronic devices further link electronic watches and the electronic devices, such that the users may operate or manage the functions of the electronic devices through the electronic watches. However, since the user interface of the electronic watches are basically designed in a simplified manner, such that the user may feel inconvenient while switching the applications in the user interface of the electronic watches.」
(【0005】ユーザの利便性のために、周辺装置が数多く開発されてきた。近年、電子機器の設計者は、電子時計および電子機器をさらにリンクし、ユーザは、電子時計を介しての電子機器の機能を管理できるようになっている。しかしながら、電子時計のユーザインタフェースは、基本的には、単純化された方法で設計されているので、電子時計のユーザインターフェイスにアプリケーションを切り替えながら、ユーザは不便を感じるようにすることができる。)
「【0022】 In an embodiment of the present invention, the electronic apparatus further includes a communication unit, configured for establishing a wireless connection with a mobile phone.
【0023】 In an embodiment of the present invention, the touch display displays at least one pop-up notification related to the mobile phone, wherein the at least one pop-up notification includes a calendar event, a message, a missed call, a battery condition of the mobile phone and a disconnection of the wireless connection.」
(【0022】 本発明の実施形態では、電子装置は、さらに、通信ユニット、移動電話との無線接続を確立するための構成を備えている。
【0023】 本発明の一実施形態において、タッチディスプレイは、携帯電話に関連する少なくとも1つのポップアップ通知を表示する、少なくとも1つのポップアップ通知はカレンダ・イベント、メッセージ、不在着信、携帯電話の電池の状況、及び無線接続の切断を含むことを特徴とする。)
「【0030】 FIG. 1 is a schematic diagram illustrating an electronic apparatus according to an exemplary embodiment of the present invention.」
(【0030】 図1は、本発明の一実施形態に係る電子装置を示す概略図である。)
「【0051】 The electronic apparatus 100 may be, for example, an electronic watch, which may be configured for communicating with the mobile phone through the wireless connection. Through the wireless connection, the electronic apparatus 100 may access the data and information stored in the mobile phone, such as missed calls, time, messages, calendar events, but the invention is not limited thereto. The wireless connection may be, for example, a Bluetooth connection or the like.」
(【0051】 電子装置100は、例えば、電子時計、無線接続を介して移動電話と通信する構成であってもよい。無線接続を介して、電子装置100は、携帯電話に記憶されたデータ及び情報、逸したコール、メッセージ、カレンダーイベント)にアクセスすることができるが、本発明はこれに限定されるものではない。無線接続は、例えば、Bluetooth(登録商標)接続などであってもよい。)
「【0091】 FIG. 8D is a schematic diagram illustrating the pop-up notification of disconnection of the wireless connection according to an exemplary embodiment of the present invention. In the present embodiment, when the wireless connection between the communication unit and the mobile phone disappears, the touch display 110 may correspondingly show a pop-up notification 840, which includes a representative icon field 842 and a notification content field 844. The representative icon field 842 may show a disconnection sign, and the notification content field 844 may indicate that the wireless connection has disappeared, but the invention is not limited thereto.」
(【0091】 図8Dは、本発明の例示的な実施形態によれば、無線接続された時のポップアップ通知を示す図である。本実施形態では、通信装置と携帯端末との間の無線接続が消失した時、タッチディスプレイ110は、それに対応してポップアップ通知840、代表アイコン842および通知内容欄844を有している。代表的なアイコンフィールド842は断線徴候を示してもよいし、通知内容フィールド844は、無線接続が消滅したことを示すことができるが、本発明はこれに限定されるものではない。)
「【0092】 In some embodiments, the touch display 110 may display the pop-up notification 840 according to the communication distance of the wireless connection. For example, assuming that the wireless connection is established according to the Bluetooth communication standard, when the processing unit 120 determines that the distance between the electronic apparatus and the mobile phone is over the standardized communication distance (e.g., 10 meters) of the Bluetooth communication standard, the touch display 110 may automatically pops out the pop-up notification 840 for indicating the disconnection of the wireless connection.」
(いくつかの実施形態において、タッチディスプレイ110は、無線接続の通信距離に応じて、ポップアップ通知840を表示することができる。例えば、ブルートゥース通信規格に従った無線接続が確立されると仮定すると、処理部120は、電子装置と携帯電話機との間の距離がブルートゥース通信規格の標準化された通信距離(例えば、10メートル)以上であると判定された場合に、タッチ表示装置110は、無線接続の切断を示すポップアップ通知840を飛び出す。)






イ 上記アの記載事項からわかること
上記アの記載事項を踏まえると、引用文献4には、以下の事項が記載されていると認められる。
「電子時計および携帯電話機の無線接続において、電子時計のタッチディスプレイは、無線接続の通信距離に応じて、ポップアップ通知を表示することができ、電子時計と携帯電話機との間の距離がブルートゥース通信規格の標準化された通信距離(例えば、10メートル)以上であると判定された場合に、タッチディスプレイは、無線接続の切断を示すポップアップ通知を表示すること。」(以下「引4記載事項」という。)

5 対比
本願発明と引用発明とを、その機能、構造又は技術的意義を考慮して対比する。
後者の「電子タバコ」は「エアロゾル生成」するものなので、前者の「エアロゾル送達デバイス」に相当する。
また、前者の「加熱素子」は後者の「加熱要素」に、以下同様に、「コンピューティング装置」は「コンピューティングデバイス」に、「通信インタフェース」は「通信インターフェース」に、それぞれ相当する。
後者の「液体」は、加熱され「エアロゾル生成」されるものなので、前者の「エアロゾル前駆体組成物」に相当する。
後者の「電子タバコ」が筐体を備えることは明らかであり、筐体はハウジングといえるものであるから、後者は、前者の「ハウジング」を備えるものである。
後者の「加熱素子」は、備える「コントローラ」が「流量スイッチや流量センサを通過する空気流(吸入された空気からの)に起因して活性化され」、「前記コントローラは、前記加熱素子の電力をパルス幅変調(Pulse Width Modulation(“PWM”))によって制御し、前記加熱素子による液体の加熱は、噴霧を可能にすることができる液体の粘度を低下させ」ることから、後者は、前者の「加熱素子」が「前記ハウジングの少なくとも一部を通る空気の流れに応答して作動し、エアロゾル前駆体組成物の構成要素を気化させるように構成された」態様を備えるものである。
また、後者の「前記加熱素子」が「液体」の「蒸発を通してエアロゾル生成を可能に」することは、「空気流(吸入された空気からの)」が液体の気化により形成される蒸気と結合可能であり、エアロゾルを形成するものであるから、前者の「加熱要素」が「前記空気は前記気化によって形成された蒸気と結合可能でありエアロゾルを形成する」態様に相当する。
さらに、後者の「前記コントローラに結合され、コンピューティング装置との通信を可能にするように構成された通信インタフェース」について、「前記通信インタフェースを介した通信は、フィールド通信(“NFC”)、無線周波数識別(“RFID”)、Bluetooth(登録商標)等を利用したものであって、スマートフォンが接続のために近接する必要があ」るものであり、当該態様は、近接度に基づいて通信リンクを有効するものであるから、後者は、前者の「通信インターフェース」が「コンピューティングデバイスとの無線の近接度に基づいた通信リンクを有効にするように構成された」態様を備えるものに相当する。
さらに、後者は、上述のとおり、近接度に基づいた通信リンクを行うものであり、「電子タバコのモニタ又は動作の制御のために構成されたコントローラ」を備えるものであり、コントローラがマイクロプロセッサを備えることは明らかであるから、前者の「前記通信インターフェースに連結され、前記近接度に基づいた通信リンクが切れているか、またはその信号強度が閾値レベル未満まで低下している場合に、前記エアロゾル送達デバイスの感覚フィードバック部材を制御して視覚、聴覚または触覚フィードバックを提供するように構成されたマイクロプロセッサ」を備えることと、「前記通信インターフェースに連結され、前記近接度に基づいた通信リンクを提供するように構成されたマイクロプロセッサ」を備える限りで一致する。
したがって、両者は、
「エアロゾル送達デバイスであって、
ハウジングと、
前記ハウジングの少なくとも一部を通る空気の流れに応答して作動し、エアロゾル前駆体組成物の構成要素を気化させるように構成された加熱要素であって、前記空気は前記気化によって形成された蒸気と結合可能でありエアロゾルを形成する、加熱要素と、
コンピューティングデバイスとの無線の近接度に基づいた通信リンクを有効にするように構成された通信インターフェースと、
前記通信インターフェースに連結され、前記近接度に基づいた通信リンクを提供するように構成されたマイクロプロセッサと、を備える、エアロゾル送達デバイス。」
の点で一致し、以下の点で相違している。

[相違点]
通信インターフェースに連結され、近接度に基づいた通信リンクを提供するように構成されたマイクロプロセッサについて、本願発明では、「前記近接度に基づいた通信リンクが切れているか、またはその信号強度が閾値レベル未満まで低下している場合に、前記エアロゾル送達デバイスの感覚フィードバック部材を制御して視覚、聴覚または触覚フィードバックを提供するように構成され」ているのに対して、引用発明では、「前記通信インタフェース」により、「コントローラまたは電子タバコの一部である通信チップか通信ポートを介して(たとえば、スマートフォン、またはユーザ装置からの)命令を提供するために使用することができる」ものであるものの、本願発明のようにマイクロプロセッサの構成について特定されていない点。

6 判断
(1) 相違点の検討
引3記載事項のBLUETOOTH(登録商標)対応のデバイス間の無線通信の接続品質について、受信信号強度が品質閾値を下回るとき、ビープ音のような可聴音をスピーカやブザー装置によって出力したり、グラフィックディスプレイ、例えば、LCDディスプレイ上でユーザに表示したりすること、及び引4記載事項の距離がブルートゥース通信規格の標準化された通信距離(例えば、10メートル)以上であると判定された場合に、無線接続の切断を示すポップアップ通知をタッチディスプレイに表示することを参酌し、そして、BLUETOOTH(登録商標)対応のデバイス間の無線通信が近接度に基づいた通信リンクをなしていること、並びに、ビープ音のような可聴音をスピーカやブザー装置によって出力したり、グラフィックディスプレイ、例えば、LCDディスプレイ上でユーザに表示したりすること、及び無線接続の切断を示すポップアップ通知をタッチディスプレイに表示することが、デバイスの感覚フィードバック部材を制御して視覚、聴覚または触覚フィードバックを提供することを踏まえると、「近接度に基づいた通信リンクが切れているか、またはその信号強度が閾値レベル未満まで低下している場合に、デバイスの感覚フィードバック部材を制御して視覚、聴覚または触覚フィードバックを提供するように構成」することは、本願の出願前(優先日前)に周知の事項(以下「周知の事項」という。)である。
そして、引用発明の電子タバコは、「前記通信インタフェースを介した通信は、フィールド通信(“NFC”)、無線周波数識別(“RFID”) 、Bluetooth(登録商標)等を利用したものであって、 スマートフォンが接続のために近接する必要があり」、近接度に基づいた通信リンクを行うものである点で周知の事項と同じ機能である点で共通し、さらに、通信インタフェースを介して通信を行う電子タバコについて、その通信リンクの通信品質が悪くなる場合や通信リンクが切れた場合に、電子タバコの利用者に通信リンクの通信品質が悪くなっていることや通信リンクが切れていることを通知する必要性は当然内在することである。
そうすると、引用発明において、上記周知の事項を採用する動機付けはあるといえるので、引用発明において、上記相違点に係る本願発明の構成を採用することは、当業者が容易に想到し得たことである。
(2) 効果について
そして、本願発明は、全体としてみても、引用発明及び周知の事項から予測される以上の格別な効果を奏するものではない。
(3) 請求人の主張について
ア 請求人は、審判請求書において、「引用文献のいずれかから出発するとき、当業者は、請求項1に記載のような、エアロゾル送達デバイスが近づいているときに、または近接から出るときに、コンピューティングデバイスを携行するユーザにどのように警告するか、また、ユーザが自分のエアロゾル送達デバイスの位置をどのように突き止めるという問題を解決するように意図されたマイクロプロセッサを有するエアロゾル送達デバイスについての教示または示唆を得ない。」(4ページ)と主張する。
イ しかしながら、上記(1)で検討したとおり、引用発明に周知の事項を適用したものは、「近接度に基づいた通信リンクが切れているか、またはその信号強度が閾値レベル未満まで低下している場合に、デバイスの感覚フィードバック部材を制御して視覚、聴覚または触覚フィードバックを提供するように構成」されるものであり、また、引4記載事項にあるように、携帯電話機に接続される電子時計に、ポップアップ通知を表示させていることを踏まえると、引用発明において、上記周知の事項を適用したものが、上記アの請求人の主張する効果を奏することも想定できるから、請求人の上記アの主張は採用できない。
(4) まとめ
したがって、本願発明は、引用発明及び周知の事項に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

7 むすび
以上のとおり、本願発明は、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、他の請求項に係る発明について検討するまでもなく、本願は拒絶すべきものである。

よって、結論のとおり審決する。
 
別掲 (行政事件訴訟法第46条に基づく教示) この審決に対する訴えは、この審決の謄本の送達があった日から30日(附加期間がある場合は、その日数を附加します。)以内に、特許庁長官を被告として、提起することができます。

審判長 平城 俊雅
出訴期間として在外者に対し90日を附加する。
 
審理終結日 2021-10-22 
結審通知日 2021-10-26 
審決日 2021-11-10 
出願番号 P2017-540070
審決分類 P 1 8・ 121- Z (A24F)
最終処分 02   不成立
特許庁審判長 平城 俊雅
特許庁審判官 槙原 進
山崎 勝司
発明の名称 エアロゾル送達デバイスのための近接検知  
代理人 特許業務法人川口國際特許事務所  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ