• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 2項進歩性  G02B
管理番号 1384154
総通号数
発行国 JP 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2022-05-27 
種別 異議の決定 
異議申立日 2021-07-27 
確定日 2022-03-16 
異議申立件数
事件の表示 特許第6821098号発明「放射冷却装置」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6821098号の請求項1ないし11に係る特許を維持する。 
理由 第1 手続等の経緯
特許第6821098号の請求項1〜11に係る特許(以下「本件特許」という。)についての出願(特願2020−532321号)は、2019年(令和元年)7月17日(先の出願に基づく優先権主張 2018年(平成30年)7月23日)を国際出願日とする出願であって、令和3年1月7日にその特許権の設定の登録がされ、令和3年1月27日に特許掲載公報が発行された。その特許についての本件特許異議申立ての経緯は、以下のとおりである。
令和3年 7月27日 :特許異議申立人 平山 一幸による請求項1〜11に係る特許に対する特許異議の申立て
令和3年10月 4日付け:取消理由通知書
令和3年12月 2日付け:意見書(特許権者)

第2 本件特許発明
本件特許の請求項1〜請求項11に係る発明(以下、それぞれ「本件特許発明1」〜「本件特許発明11」といい、総称して「本件特許発明」という。)は、本件特許の特許請求の範囲の請求項1〜請求項11に記載された事項によって特定されるとおりの、以下のものである。
「【請求項1】
放射面から赤外光を放射する赤外放射層と、当該赤外放射層における前記放射面の存在側とは反対側に位置させる光反射層とが積層状態で設けられた放射冷却装置であって、
前記光反射層が、厚さが10nm以上100nm以下の範囲の銀あるいは銀合金からなる第1金属層、透明誘電体層、及び、前記第1金属層及び前記透明誘電体層を透過した光を反射する第2金属層の順に前記赤外放射層に近い側に位置させる形態で、前記第1金属層、前記透明誘電体層及び前記第2金属層を積層した状態に構成され、
前記透明誘電体層の厚さが、前記光反射層の共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さに設定され、
前記光反射層が、前記第1金属層を透過して前記透明誘電体層に到達した可視光のうちの前記共鳴波長を中心とする狭帯域の光を、前記第1金属層と前記第2金属層との間で繰り返し反射しながら、前記第1金属層及び前記第2金属層に吸収させるように構成されている放射冷却装置。
【請求項2】
前記第2金属層が、厚さが100nm以上の銀あるいは銀合金である請求項1に記載の放射冷却装置。
【請求項3】
前記第2金属層が、厚さが30nm以上のアルミニウムあるいはアルミニウム合金である請求項1に記載の放射冷却装置。
【請求項4】
前記第2金属層が、銀あるいは銀合金である第1層及びアルミニウムあるいはアルミニウム合金である第2層の順に前記透明誘電体層に近い側に位置させる形態で、前記第1層と前記第2層とを積層した状態に構成されている請求項1に記載の放射冷却装置。
【請求項5】
前記透明誘電体層が、透明窒化膜である請求項1〜4のいずれか1項に記載の放射冷却装置。
【請求項6】
前記透明誘電体層が、透明酸化膜である請求項1〜4のいずれか1項に記載の放射冷却装置。
【請求項7】
前記赤外放射層が、無アルカリガラス、クラウンガラス、ホウケイ酸ガラスのうちのいずれかのガラスにて構成されている請求項1〜6のいずれか1項に記載の放射冷却装置。
【請求項8】
前記赤外放射層を基板として、前記第1金属層、前記透明誘電体層及び前記第2金属層が積層されている請求項1〜7のいずれか1項に記載の放射冷却装置。
【請求項9】
前記赤外放射層と前記第1金属層との間に、密着層が積層されている請求項8に記載の放射冷却装置。
【請求項10】
前記第2金属層における前記透明誘電体層の存在側とは反対側に、酸化防止層が積層されている請求項8又は9に記載の放射冷却装置。
【請求項11】
前記赤外放射層の前記放射面が、光散乱用の凹凸を備える状態に形成されている請求項1〜10のいずれか1項に記載の放射冷却装置。」

第3 取消しの理由の概要
本件特許の請求項1〜請求項11に係る特許に対して、当合議体が令和3年10月4日付けで特許権者に通知した取消しの理由の要旨は、次のとおりである。

●理由1(進歩性
本件特許の請求項1〜11に係る発明は、先の出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明に基づいて、先の出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下「当業者」という。)が容易に発明をすることができたものであるから、請求項1〜11に係る特許は、特許法第29条の規定に違反してされたものである。
(引用例)
引用例1:国際公開第2016/205717号(甲第1号証)
引用例2:米国特許第9134467号明細書(甲第2号証)
引用例3:特開2017−122779号公報(甲第3号証)
引用例4:米国特許出願公開第2015/0338175号明細書(甲第4号証)

第4 理由1(進歩性)についての当合議体の判断
1 引用例1の記載
令和3年10月4日付けで特許権者に通知した取消しの理由で引用された引用例1(国際公開第2016/205717号)は、先の出願前に日本国内又は外国において電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明が記載されたものであるところ、そこには、以下の記載がある。なお、下線は当合議体が付したものであり、引用発明の認定や判断等に活用した箇所を示す。以下、同じ。

(1) 1頁15行〜2頁14行
「 BACKGROUND
The disclosed subject matter relates to systems and methods for radiative cooling and heating.
Surfaces can absorb and emit heat energy via electromagnetic radiation. The optical properties of a surface can depend in part on the geometry and materials of the surface. During radiative heat transfer, the temperature of a body can increase or decrease depending on the net electromagnetic radiation absorbed by the surface. For example, if the surface absorbs more radiation than is emitted, the temperature of the body can increase. On the other hand, if the surface emits more radiation, the temperature of the body can decrease.
Thermal radiation can be used in passive radiative cooling and heating, i.e., radiative cooling and heating that does not require energy input. Accordingly, passive radiative cooling and heating can be used to reduce the amount of energy required to cool or heat a body. Radiative cooling and heating can be used to reduce the energy cost associated with, for example, commercial and residential buildings, as well as vehicles.
Certain methods of passive radiative cooling use a surface coating that can be applied to buildings with increased reflectivity of incident solar radiation and increased emissivity in a limited spectral range corresponding to the infrared transmission window of the atmosphere. Other techniques can utilize complex multilayer structures that reflect solar radiation and emit thermal radiation for daytime radiative cooling.
However, there remains a need for improved techniques for radiative cooling and heating. 」
(日本語訳)
「 背景技術
本発明は、放射冷却及び加熱用のシステム並びに方法が関連する。
表面は、電磁放射線を介して熱エネルギーを吸収し、放射することができる。表面の光学特性は、ある程度、表面の形状及び材料に依存し得る。放射熱伝達の間、本体の温度は、表面に吸収された正味の電磁放射線に応じて上昇し、又は下降する。例えば、表面が放射する以上の放射線を吸収すると、本体の温度は上昇する。一方、表面がより多くの放射線を放射すると、本体の温度は低下する。
熱放射線は、受動放射及び加熱、すなわちエネルギーの入力を必要としない放射冷却及び加熱に使用することができる。従って、受動放射冷却及び加熱を使用して、本体の冷却又は加熱に必要なエネルギー量を抑制することができる。放射冷却及び加熱を用いて、例えば、商業ビル、居住ビル及び車両に関するエネルギーコストを抑制することができる。
受動放射冷却のある方法は、表面コーティングを使用する。この表面コーティングをビルに適用して、入射太陽放射線の反射率を高めたり、環境の赤外透過窓に対応する限られた空間範囲において、輻射率を高めたりすることができる。他の技術では、複雑な多層化構造が利用され、これにより、昼間放射冷却のため、太陽放射線が反射され、熱放射線が放射される。
しかしながら、放射冷却及び加熱の技術向上がいまだ要望されている。」

(2) 2頁16行〜3頁12行
「 SUMMARY OF THE DISCLOSED SUBJECT MATTER
The disclosed subject matter provides systems and methods for radiative cooling and heating. As embodied herein, an example system for radiative cooling can include a top layer including one or more polymers, where the top layer has high emissivity in at least a portion of the thermal spectrum and an electromagnetic extinction coefficient of approximately zero, absorptivity of approximately zero, and high transmittance in at least a portion of the solar spectrum, and a reflective layer, disposed below the top layer, including one or more metals, where the reflective layer has high reflectivity in at least a portion of the solar spectrum, and.(当合議体注:直前の「〜a portion of the solar spectrum, and.」は、「〜a portion of the solar spectrum.」の誤記と認められる。)
・・・略・・・
In certain embodiments, the top layer can be used for passive radiative cooling in the absence of the reflective layer. In certain embodiments, the system can be used for daytime passive radiative cooling. 」
(日本語訳)
「 発明の概要
本発明では、放射冷却及び加熱用のシステム並びに方法が提供される。
一実施形態では、放射冷却用のシステムは、1又は2以上のポリマーを有するトップ層であって、該トップ層は、熱スペクトルの少なくとも一部において、高い輻射率を有し、電磁減衰係数が近似的にゼロであり、吸収率が近似的にゼロであり、太陽スペクトルの少なくとも一部において高い透過率を有する、トップ層と、前記トップ層の下側に配置された反射層であって、1又は2以上の金属を有し、前記太陽スペクトルの少なくとも一部において、高い反射率を有する、反射層と、を有する。
・・・略・・・
ある実施形態では、前記トップ層は、前記反射層が存在しない場合、受動放射冷却に使用し得る。ある実施形態では、当該システムは、昼間受動放射冷却に使用し得る。」

(3) 12頁下から8行〜17頁12行
「 DETAILED DESCRIPTION
The presently disclosed subject matter provides systems and methods for radiative cooling and heating.
In certain embodiments, the system has low absorptivity in the solar spectrum and high emissivity in the thermal spectrum. Alternatively, the system can have high absorptivity in the solar spectrum, with lower absorptivity in longer wavelengths (e.g., the thermal spectrum). In other embodiments, the system can have high reflectivity over a broad range of wavelengths, including the solar and thermal spectra.
Accordingly, the presently disclosed systems can be used in a variety of applications, for both radiative cooling and heating. The radiation properties (e.g., absorptivity, emissivity, reflectivity, and transmittance) of the systems will depend, in part, on the materials and geometry of the system. Accordingly, the materials and geometries can be selected based on a desired radiation profile for an intended application.
As used herein, the “solar spectrum” refers to the range of electromagnetic radiation wavelengths spanning the ultraviolet, visible, and near-infrared spectra, in which the sun’s electromagnetic radiation reaches the Earth’s surface after passing through the atmosphere. The solar spectrum thus includes electromagnetic radiation having wavelengths of from about 350 nm to about 2.5 μm. The phrases “solar radiation,” “solar wavelengths” and “sunlight” can be used interchangeably with “solar spectrum.”
The “thermal spectrum” refers to the range of electromagnetic radiation wavelengths spanning the mid-infrared spectrum. Objects at or within a few hundred degrees Celsius above the Earth's surface temperature emit radiation in the thermal spectrum. The thermal spectrum thus includes electromagnetic radiation having wavelengths of from about 2.5 μm to about 30 μm. The phrase “thermal radiation” can be used interchangeably with “thermal spectrum.”
As used herein, the term “about” or “approximately” means within an acceptable error range for the particular value as determined by one of ordinary skill in the art, which will depend in part on how the value is measured or determined, i.e., the limitations of the measurement system. For example, “about” can mean a range of up to 20%, up to 10%, up to 5%, and or up to 1% of a given value.
“Absorptivity” or “absorbance,” as used herein with respect to a material or a structure, is its effectiveness in absorbing energy in the form of electromagnetic radiation. A perfect blackbody absorber is defined to have an absorptivity of one. Absorptivity is a function of wavelength. As used herein, the phrase “high absorptivity,” when used to describe the properties of a material or structure within a certain wavelength range, means that the material or structure has an absorptivity of greater than about 0.9 in that range.
“Emissivity” or “emittance,” as used herein with respect to a material or a structure, is its effectiveness in emitting energy in the form of electromagnetic radiation. A perfect blackbody emitter is defined to have an emissivity of 1 and a perfect non-emitter is defined to have an emissivity of zero. Emissivity is a function of wavelength. As used herein, the phrase “high emissivity,” when used to describe the properties of a material or structure within a certain wavelength range, means that the material or structure has an emissivity of greater than about 0.9 in that range. As used herein, the phrase “uniform emissivity,” when used to describe the properties of a material or structure within a certain wavelength range, means that emissivity of the material or structure within that range varies by at most 10% of the highest emissivity in that range.
“Reflectivity” or “reflectance,”as used herein with respect to a material or a structure, is the fraction of any incident electromagnetic radiation reflected off of the surface. A perfect reflector is defined to have a reflectivity of 1(and an emissivity of zero), and a perfect absorber is defined to have a reflectivity of zero (and an emissivity of one). Reflectivity is a function of wavelength, as well as the angle of reflection with respect to the surface. As used herein, the phrase “high reflectivity,” when used to describe the properties of a material or structure within a certain wavelength range, means that the material or structure has a reflectivity of greater than about 0.9 in that range. As used herein, the phrase “uniform reflectivity,” when used to describe the properties of a material or structure within a certain wavelength range, means that reflectivity of the material or structure within that range varies by at most 10% of the highest reflectivity in that range.
“Transmittance,” as used herein with respect to a material or a structure, is the fraction of any incident electromagnetic radiation transmitted through the material or the structure. An opaque material or structure is defined to have a transmittance of zero. As used herein, the phrase “high transmittance,” when used to describe the properties of a material or structure within a certain wavelength range, means that the material or structure has a transmittance of greater than about 0.9 in that range.
According to Kirchhoff’s law of thermal radiation, absorptivity equals emissivity. Moreover, for any given material or structure, the emissivity (ε), transmittance (τ), and reflectivity (R) are related by the equation: ε+τ+R=1. Thus, when the material is sufficiently opaque, a negligible amount of light is transmitted through it (i.e., τ is approximately zero), and the equation simplifies to ε+R=1.
The infrared transmission window of the atmosphere, which is alternatively termed herein as the “atmospheric transmission window,” is the range of wavelengths within the electromagnetic spectrum over which the atmosphere transmits more than 80% of the radiation travelling through its thickness from the surface of the Earth to outer space. The atmospheric transmission window thus includes electromagnetic radiation having wavelengths of from about 8 μm to about 13.5 μm.
As used herein, the phrase "passive radiative cooling,” when used in connection with an object or structure refers to its loss of heat by an intrinsic emission of electromagnetic radiation, a process which itself requires no additional energy. For example, the heat loss can take place in the form of thermal radiation. “Daytime passive radiative cooling” refers to a net passive cooling of an object under the sun by a net loss of radiation. Daytime passive radiative cooling can result when the object has a high solar radiation reflectivity and a high thermal radiation emissivity.
Spectral complex refractive indices are based on the refractive index, n(λ), and the extinction coefficient, κ(λ), i.e., the spectral complex refractive index is n(λ) +iκ(λ). The refractive index determines how much light of the wavelength (λ) is reflected off the interface between that material and another material, while the extinction coefficient determines how strongly the material absorbs or emits light at that wavelength.
・・・略・・・
“Electromagnetic penetration depth,” or “penetration depth,” of a material is the distance electromagnetic radiation can travel within the material before its intensity is reduced by a factor of e. The penetration depth is a function of the wavelength and the properties of the material.
As embodied herein, a system for passive radiative cooling can have low absorptivity in the solar spectrum and high emissivity in the thermal spectrum. For example, the system can have high emissivity in at least a portion of the infrared transmission window of the atmosphere, allowing outer space to act as a heat sink for emitted radiation, which can bypass the relatively warm atmosphere of the Earth. For the purpose of illustration, FIG.1 provides an example absorption spectrum for such a system. As shown in FIG.1, the system has low absorptivity in the solar spectrum, i.e., from about 350 nm to about 2.5 μm.
In addition to the low absorptivity in the solar spectrum and high emissivity in the thermal spectrum, the system can have a high reflectivity in the solar spectrum. For example, such high reflectivity can result from the top layer and/or an underlying reflective layer of the system. Therefore, the system can efficiently dissipate heat as thermal radiation as well as reflect back any incident sunlight. Such systems can be used, e.g., for passive radiative cooling. For the purpose of illustration, FIG. 2 provides example reflectivity and emissivity spectra for three such systems. As shown in FIG. 2, the systems have relatively high reflectivity in the solar spectrum and lower reflectivity (i.e., relatively high emissivity) in the thermal spectrum, and particularly in the atmospheric transmission window. 」
(日本語訳)
「 詳細な説明
本発明では、放射冷却及び加熱用のシステムならびに方法が提供される。
ある実施形態では、システムは、太陽スペクトルにおいて低い吸収率を有し、熱スペクトルにおいて高い輻射率を有する。あるいは、システムは、太陽スペクトルにおいて高い吸収率を示し、より長い波長(例えば熱スペクトル)において、低い吸収率を示しても良い。別の実施形態では、システムは、太陽スペクトル及び熱スペクトルを含む広い波長範囲にわたって、高い反射率を示しても良い。
従って、本発明によるシステムは、放射冷却及び放射加熱の双方における、広い用途に使用することができる。システムの放射特性(例えば吸収率、輻射率、反射率、及び透過率)は、ある程度、システムの材料及び形状に依存する。従って、材料及び形状は、意図した用途における所望の放射プロファイルに基づいて選択され得る。
本願において使用される、「太陽スペクトル」という用語は、紫外、可視及び近赤外のスペクトルを網羅する電磁放射線波長を表し、太陽の電磁放射線は、大気を通過して、地上表面に到達する。従って、太陽スペクトルは、約350nmから約2.5μmまでの波長を有する電磁放射線を含む。「太陽放射線」、「太陽波長」及び「太陽光」という用語は、「太陽スペクトル」と相互互換可能に使用され得る。
「熱スペクトル」という用語は、中間赤外スペクトルを網羅する電磁放射線波長の範囲を表す。地上表面温度に対して数百℃又はそれ以下の対象物は、熱スペクトルにおける放射線を放射する。従って、熱スペクトルは、約2.5μmから約30μmまでの波長を有する電磁放射線を含む。「熱放射線」という用語は、「熱スペクトル」と相互互換可能に使用され得る。
本願に使用される「約」又は「近似的に」という用語は、当業者によって定められる特定の値が、許容可能な誤差範囲内にあることを意味する。これは、部分的に、値の測定方法又は算定方法に依存し、すなわち測定系の限界に依存する。例えば、「約」は、所与の値の最大20%、最大10%、最大5%、又は最大1%の範囲を意味し得る。
本願において、材料又は構造に関して使用される「吸収率」又は「吸収」という用語は、電磁放射線の形態におけるエネルギー吸収の効率である。完全な黒体の吸収体は、吸収率が1と定められる。吸収率は、波長の関数である。本願において、ある波長範囲内の材料又は構造の特性を表す際に使用される「高吸収(率)」という用語は、材料又は構造が、前記波長範囲において、約0.9よりも大きな吸収率を有することを意味する。
本願において、材料又は構造に関して使用される「輻射率」又は「輻射(性)」という用語は、電磁放射線の形態におけるエネルギー放射の効率である。完全な黒体の輻射体(エミッタ)は、輻射率が1と定められ、完全な非放出体は、輻射率がゼロと定められる。輻射率は、波長の関数である。本願において、ある波長範囲内の材料又は構造の特性を表す際に使用される「高輻射(率)」という用語は、材料又は構造が、前記波長範囲において、約0.9よりも大きな輻射率を有することを意味する。本願において、ある波長範囲内の材料又は構造の特性を表す際に使用される「均一輻射」という用語は、前記波長範囲内の材料又は構造の輻射率が、最大でも前記範囲内の最大輻射率の10%しか変化しないことを意味する。
本願において、材料又は構造に関して使用される「反射率」又は「反射(性)」とい言う用語は、表面で反射される任意の入射電磁放射線の割合である。完全な反射体は、反射率が1(及び輻射率はゼロ)と定められ、完全な吸収体は、反射率がゼロ(及び輻射率が1)と定められる。反射率は、波長の関数であるとともに、表面に対する反射角度の関数である。本願において、ある波長範囲内の材料又は構造の特性を表す際に使用される「高反射(率)」という用語は、前記範囲において、材料又は構造の反射率が約0.9よりも大きいことを意味する。本願において、ある波長範囲内での材料又は構造の特性を表す際に使用される「均一反射」という用語は、前記範囲内での材料又は構造の反射率が、前記範囲における最大反射率の最大10%しか変化しないことを意味する。
本願において、材料又は構造に関して使用される「透過(率)」という用語は、材料又は構造を透過する任意の入射電磁放射線の割合である。不透明な材料又は構造は、透過率がゼロと定められる。本願において、ある波長範囲内の材料又は構造の特性を表す際に使用される「高透過(率)」という用語は、材料又は構造が、前記波長範囲において、約0.9よりも大きな透過率を有することを意味する。
熱放射線のキルヒホッフの法則により、吸収率は、輻射率と等しい。また、任意の材料又は構造において、輻射率(ε)、透過率(τ)、及び反射率(R)は、ε+τ+R=1の式で相関する。従って、材料が十分に不透明な場合、光は、無視できる量しかそこを透過せず(すなわちτは近似的にゼロ)、式は、ε+R=1と簡略化できる。
本願において「大気透過窓」とも称される、大気の赤外透過性窓は、電磁スペクトル内の波長範囲であり、この範囲を超えて、大気は、地表からその厚さを介して外側空間まで移動する、80%以上の放射線を透過する。従って、大気透過窓は、約8μmから約13.5μmの波長を有する電磁放射線を含む。
本願において、対象物又は構造に関して使用される「受動放射冷却」という用語は、電磁放射線の固有輻射による熱の損失を表す。この過程自身には、追加のエネルギーが必要となる。例えば、熱損失は、熱放射線の形態で生じ得る。「昼間受動放射冷却」という用語は、放射線の正味の損失による、太陽の下での対象物の正味の受動冷却を表す。昼間受動放射線冷却は、対象物が、高い太陽放射線反射及び高い熱放射線輻射を示す際に生じ得る。
スペクトルの複素屈折率は、屈折率n(λ)及び減衰係数κ(λ)に基づき、すなわちスペクトルの複素屈折率は、n(λ)+iκ(λ)である。屈折率は、波長(λ)のどれだけの光が、ある材料と別の材料の間の界面で反射されたかを定め、減衰係数は、どの程度強く、材料がその波長の光を吸収し又は放射したかを定める。
・・・略・・・
材料の「電磁浸透深さ」又は「浸透深さ」は、電磁放射線の強度がeだけ低下する前に、電磁放射線が材料内を移動した距離である。浸透深さは、波長及び材料特性の関数である。
本願の一実施形態では、受動放射冷却用のシステムは、太陽スペクトルにおいて低い吸収率を有し、熱スペクトルにおいて高い輻射率を有する。例えば、システムは、大気の赤外透過窓の少なくとも一部において高い輻射率を有し、外側空間は、放射される放射線の熱シンクとして機能できる。これにより、地球の比較的温かい大気がバイパスできる。一例として、図1には、そのようなシステムの吸収スペクトルの例を示す。図1に示すように、システムは、太陽スペクトル、すなわち約350nmから約2.5μmにおいて、低い吸収を示す。
システムは、太陽スペクトルにおける低い吸収と、熱スペクトルにおける高い輻射に加えて、太陽スペクトルにおいて、高い反射を示しても良い。例えば、そのような高反射率は、システムのトップ層、及び/又は下地の反射層から得られる。従って、システムは、熱放射線として、熱を効率的に逸散することができるとともに、任意の入射太陽光を反射することができる。そのようなシステムは、例えば、受動放射冷却に使用することができる。一例として、図2には、3つのそのようなシステムの反射スペクトル及び輻射スペクトルを示す。図2に示すように、システムは、太陽スペクトルにおいて比較的大きな反射率を有し、熱スペクトルにおいて、特に大気透過窓において、低い反射率(すなわち比較的高い輻射率)を有する。」

(4) 17頁13〜23行
「 For the purpose of illustration and not limitation, FIG. 3 is a schematic representation of a system according to a non-limiting embodiment of the disclosed subject matter. As shown in FIG. 3, the system 300 can include multiple layers in a stacked configuration.
As embodied herein, the system 300 can include a substrate 10. When present, the substrate 10 forms the base of the system, and can provide a platform for the other layers. The other layers of the system, not including the substrate, can collectively be called a “coating.” The substrate can be an inert material.
In certain embodiments, the substrate can be the object or structure itself, that is, the additional layers of the system can be coated directly onto the object or structure to provide radiative cooling.」
(日本語訳)
「 限定の目的ではなく図示の目的で、図3は、本発明の非限定的な実施形態によるシステムの概略図である。図3に示すように、システム300は、積層構造の複数の層を含むことができる。
一実施形態では、システム300は、基板10を有しても良い。基板10が存在する場合、該基板10は、システムの基部を形成し、他の層のプラットフォームを提供する。システムの基板を除く他の層は、合わせて「コーティング」と称される。基板は、不活性材料であっても良い。
ある実施形態では、基板は、対象物又は構造そのものであっても良く、すなわちシステムの追加の層が、対象物又は構造に、直接コーティングされ、放射冷却が提供されても良い。」

(5) 18頁11行〜21頁17行
「 As embodied herein, and with continued reference to FIG. 3, the system 300 can include a reflective layer 20 adjacent to the substrate 10, if present. The reflective layer can reflect incident electromagnetic radiation. For example, a reflective layer can make the system more suitable for daytime passive radiative cooling. The reflective layer can also facilitate heat transfer from substrate. In certain embodiments, the reflective layer reflects radiation in at least a portion of the solar spectrum. Thus, as embodied herein, the reflective layer can have high reflectivity in at least a portion of the solar spectrum.
For example, and not limitation, the reflective layer can include a single layer of a metal, such as silver or aluminum. As embodied herein, the reflective layer can also include two or more layers, each including one or more metals. For example, a smooth metal layer having low reflectivity at certain wavelengths can have its reflectivity enhanced by layering a thin film of a different metal, having a higher reflectivity and small electromagnetic penetration depth in those wavelengths, on top. As embodied herein, the thickness of the thin film can be comparable to, or greater than, its electromagnetic penetration depth at those wavelengths, such that minimal incident radiation in those wavelengths reaches the underlying metal layer.
Therefore, for example, the reflective layer can include an upper layer and a lower layer. The upper layer can have a reflectivity of greater than about 0.8 and a first electromagnetic penetration depth within a first wavelength range in at least a portion of the solar spectrum. For example, the first electromagnetic penetration depth of the upper layer can be approximately 10 nm. In a second wavelength range in at least a portion of the solar spectrum, the upper layer can have a second electromagnetic penetration depth that is greater than the first electromagnetic penetration depth. For example, the second electromagnetic penetration depth of the upper layer can be approximately 20 nm. A lower layer can have a lower reflectivity than the upper layer in the first wavelength range and a higher reflectivity than the upper layer in the second wavelength range.
The thickness of the upper layer can be approximately greater than or equal to the first electromagnetic penetration depth within the first wavelength range and approximately less than the second electromagnetic penetration depth within the second wavelength range. As such, radiation in the first wavelength range will generally interact only with the upper layer. Additionally, the reflectivity of the reflective layer as a whole can be greater than the reflectivity of the lower layer in the first wavelength range but greater than the reflectivity of the upper layer in the second wavelength range. In this manner, the overall reflectivity of the reflective layer in the first wavelength range will be approximately the same as the reflectivity of the upper layer in that range. Moreover, radiation in the second wavelength range will generally be reflected by both the upper layer and the lower layer and thus the overall reflectivity of the reflective layer in the second wavelength range will approach the reflectivity of the lower layer in that range.
In this manner, a two-layer reflective layer can have increased reflectivity across the combined first and second wavelength ranges as compared to either of the constituents of the upper layer or the lower layer independently. A person of ordinary skill in the art will appreciate that this concept can be extended to a reflective layer having three or more layers, and to wavelength ranges that he outside the solar spectrum.
In particular embodiments, a two-layer reflective layer can have an upper layer including silver and a lower layer including aluminum. The upper layer, i.e., the silver, can have a thickness of from about 5 nm to about 50 nm. The lower layer can have a greater thickness than the upper layer, e.g., greater than about 200 nm. As illustrated in FIG. 4, this configuration was observed to have a reflectivity in the solar spectrum that is 2-3% greater (depending on the thickness of the upper layer) than the reflectivity of silver and aluminum taken independently.
In certain embodiments, the reflective layer can have an overall thickness of from about 50 nm to about 800 nm. The reflective layer can be formed separately and layered onto the substrate, or can be coated directly onto the substrate. For example, the reflective layer can be formed by electroplating, thermal vapor deposition, electron-beam deposition, a sputtering technique, or any other suitable technique, as known in the art. A person of ordinary skill will appreciate that the reflective layer can alternatively be formed and used as a standalone reflector.
As embodied herein, the system 300 can optionally further include a protective layer, which, if present, can be disposed between the reflective layer 20 and a top layer 40.
・・・略・・・
As embodied herein, a top layer 40 can be disposed adjacent to the protective layer, or as shown in FIG. 3, adjacent to the reflective layer 20. The top layer 40 can have high emissivity in the thermal spectrum. Additionally or alternatively, the top layer 40 can have high transmittance and negligible absorptivity in the solar spectrum. The top layer 40 can have a thickness of from about 5 μm to about 500 μm.
The material of the top layer 40 can be chosen based on the desired radiation properties of the system 300, as well as the operating temperature and radiation source. Thus, the materials of the top layer 40 can depend on the intended use of the system 300. In certain embodiments, the top layer 40 can include one or more of poly (dimethyl siloxane), poly (vinylidene fluoride), poly (methyl methacrylate), poly (acrylic acid), and poly(vinyl acetate). 」
(日本語訳)
「 一実施形態として、さらに図3を参照すると、システム300は、基板10が存在する場合、該基板10に隣接する反射層20を有する。反射層は、入射電磁放射線を反射することができる。例えば、反射層は、システムを昼間受動放射冷却により適したものにできる。また、反射層は、基板からの熱伝達を容易にできる。ある実施形態では、反射層は、太陽スペクトルの少なくとも一部において、放射線を反射する。従って、一実施形態では、反射層は、太陽スペクトルの少なくとも一部において、高い輻射率を有する。
例えば、これに限られるものではないが、反射層は、銀又はアルミニウムのような金属の、単一層を含んでも良い。ある実施形態では、反射層は、2又は3以上の層を含み、各層は、1又は2以上の金属を含んでも良い。例えば、ある波長で低い反射率を有する平滑な金属層は、異なる金属の薄膜を上部に層化することにより反射率が強化され、これらの波長において大きな反射率及び小さな電磁浸透深さを有するようにできる。一実施形態では、薄膜の厚さは、その波長での電磁浸透深さと同等、又はより大きくなるようにでき、その波長において最小の入射放射線が、下地の金属層に到達する。
従って、例えば、反射層は、上部層及び下部層を含んでも良い。上部層は、太陽スペクトルの少なくとも一部における第1の波長範囲内で、約0.8よりも大きな反射率を有し、第1の電磁浸透深さを有する。例えば、上部層の第1の電磁浸透深さは、約10nmであっても良い。太陽スペクトルの少なくとも一部の第2の波長範囲では、上部層は、第2の電磁浸透深さを有し、これは、第1の電磁浸透深さよりも大きい。例えば、上部層の第2の電磁浸透深さは、約20nmであっても良い。下部層は、第1の波長範囲において、上部層よりも低い反射率を有し、第2の波長範囲において、上部層よりも高い反射率を有する。
上部層の厚さは、近似的に、第1の波長範囲内での第1の電磁浸透深さよりも大きく、又はほぼ同等であり、近似的に、第2の波長範囲の第2の電磁浸透深さよりも小さい。従って、通常、第1の波長範囲における放射は、上部層とのみ相互作用する。また、概して、第1の波長範囲における反射層の反射率は、下部層の反射率よりも大きいが、第2の波長範囲における上部層の反射率よりも大きい。このように、第1の波長範囲における反射層の全体の反射率は、近似的に、その波長範囲における上部層の反射率と同じである。また、通常、第2の波長範囲における放射線は、上部層及び下部層の両方により反射され、従って、第2の波長範囲における反射層の全体の反射率は、その範囲における下部層の反射率に近づく。
このように、2層の反射層は、第1及び第2の組み合わされた波長範囲にわたって、上部層又は下部層のいずれか一方を独立で構成した場合に比べて、反射率を高めることができる。当業者には、この概念を、3層以上の反射層、及び太陽スペクトルの外側に位置する波長範囲に拡張できることは明らかである。
特定の実施形態では、2層の反射層は、銀を含む上部層とアルミニウムを含む下部層とを持つことができる。上部層、即ち銀は、約5nmから約50nmの厚さを持つことができる。下部層は、上部層よりも大きな厚さ、例えば約200nmよりも大きな厚さを持つことができる。図4に示すように、この構成では、太陽スペクトルにおいて、銀及びアルミニウムを独立に使用した反射率よりも、2〜3%(上部層の厚さに依存する)大きな反射率が観測されている。
ある実施形態においては、反射層は、約50nmから約800nmの全体厚さを持つことができる。反射層は、別個に形成され基板に層状化されても、基板上に直接コーティングされても良い。例えば、反射層は、電気めっき法、熱気相成膜法、電子ビーム成膜法、スパッタリング法、又は従来の他の好適な技術により形成され得る。反射層を交互に形成して、自立式の反射器として使用できることは、当業者には明らかである。
ある実施形態では、システム300は、任意で、さらに保護層を有しても良く、存在する場合、保護層は、反射層20とトップ層40との間に設置され得る。
・・・略・・・
ある実施形態では、トップ層40は、保護層と隣接して設置され、あるいは図3に示すように、反射層20に隣接して設置される。トップ層40は、熱スペクトルにおいて、高い輻射率を有することができる。これに加えて又はこれとは別に、トップ層40は、太陽スペクトルにおいて、高い透過率を有し、吸収が無視できる。トップ層40は、約5μmから約500μmの厚さを持つことができる。
トップ層40の材料は、作動温度及び放射線源と同様、システム300の望まれる放射特性に基づき選定される。従って、トップ層40の材料は、システム300の使用目的に依存する。ある実施形態では、トップ層40は、ポリ(ジメチルシロキサン)、ポリ(フッ化ビニリデン)、ポリ(メチルメタクリレート)、ポリ(アクリル酸)、及びポリ(酢酸ビニル)の1又は2以上を有しても良い。」

(6) 45頁1〜9行
「WHAT IS CLAIMED IS:
1. A system for radiative cooling, comprising:
a top layer comprising one or more polymers, wherein the top layer has high emissivity in at least a portion of the thermal spectrum, and an electromagnetic extinction coefficient of approximately zero, absorptivity of approximately zero, and high transmittance in at least a portion of the solar spectrum; and
a reflective layer, disposed below the top layer, comprising one or more metals, wherein the reflective layer has high reflectivity in at least a portion of the solar spectrum.」
(日本語訳)
「特許請求の範囲:
1. 放射冷却用のシステムであって、
1又は2以上のポリマーを有するトップ層であって、熱スペクトルの少なくとも一部において、高い輻射率を有し、電磁減衰係数が近似的にゼロであり、吸収率が近似的にゼロであり、太陽スペクトルの少なくとも一部において高い透過率を有する、トップ層と、
前記トップ層の下側に配置された反射層であって、1又は2以上の金属を有し、前記太陽スペクトルの少なくとも一部において、高い反射率を有する、反射層と、
を有する、システム。」

(7) 図1(図面1/29頁)



(日本語訳)




(8) 図2(図面2/29頁)



(日本語訳)




(9) 図3(図面3/29頁)



(日本語訳)




(10) 図4(図面4/29頁)



(日本語訳)



(当合議体注:上記(7)〜(10)においては、便宜上、図面をいずれも90度回転している。)

2 引用発明
上記1(2)の「発明の概要」の記載によれば、引用例1でいう「発明」の課題は、「放射冷却及び加熱用のシステム並びに方法」を提供することであるところ、上記1(5)の「放射冷却用」の「システム300」の実施形態の記載、上記1(3)の「太陽スペクトル」及び「熱スペクトル」の定義及び図3(上記1(9))からみて、引用例1には、「放射冷却」「用」の「システム300」の発明(以下「引用発明」という。)として、以下の発明が記載されているものと認められる。
「 基板10に隣接する反射層20を有し、トップ層40が、反射層20に隣接して設置される、放射冷却用のシステム300であって、
反射層20は、放射冷却用のシステム300を昼間受動放射冷却により適したものにでき、太陽スペクトルの少なくとも一部において、高い反射率を有し、
反射層20は、銀を含む上部層とアルミニウムを含む下部層とを持ち、
トップ層40は、反射層20に隣接して設置され、熱スペクトルにおいて、高い輻射率を有し、これに加えて、太陽スペクトルにおいて、高い透過率を有し、吸収が無視できるものであり、
ここで、太陽スペクトルは、紫外、可視及び近赤外のスペクトルを網羅する電磁放射線波長を表し、約350nmから約2.5μmまでの波長を有する電磁放射線を含み、熱スペクトルは、中間赤外スペクトルを網羅する電磁放射線波長の範囲を表し、約2.5μmから約30μmまでの波長を有する電磁放射線を含む、
放射冷却用のシステム300。」
(当合議体注:引用発明において、「反射層20」及び「反射層」との記載を、「反射層20」に統一して記載し、「放射冷却用のシステム300」及び「システム300」との記載を、「放射冷却用のシステム300」に統一して記載した。)

3 引用例2の記載
令和3年10月4日付けで特許権者に通知した取消しの理由で引用された引用例2(米国特許第9134467号明細書)は、先の出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物であるか、又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明が記載されたものであるところ、そこには、以下の記載がある。

(1) 第1欄1〜18行
「 MIRROR
FIELD OF INVENTION
Certain example embodiments of this invention relate to mirrors and/or methods of making the same. More particularly, certain example embodiments relate to mirrors having at least one of: (a) a reflective film including a first layer of or including aluminum and a second layer of or including silver or the like, and/or (b) a color tuning layer between first and second layers. The mirrors may be second surface mirrors in certain example embodiments. ・・・略・・・In certain example instances, such mirrors may be used in interior residential, commercial, furniture, appliance, and/or other applications. 」
(日本語訳)
「 ミラー
発明の技術分野
この発明の特定の実施形態は、ミラー及びその製造方法に関連する。さらに特に、特定の実施形態は、少なくとも、(a)アルミニウムからなるか、アルミニウムを含む第1の層と、銀あるいは同様のものからなるか、銀あるいは同様のものを含む第2の層とを含む反射性のフィルム、及び/あるいは、(b)第1及び第2の層の間の色調整層を、持つミラーに関連する。特定の実施形態においてミラーは、第2表面ミラーであってもよい。・・・略・・・特定の実施形態の例において、そのようなミラーは、住居の内装、商業、家具、設備、及び又は他の応用に用いられてもよい。」

(2) 第1欄20行〜第2欄32行
「 BACKGROUND AND SUMMARY OF EXAMPLE EMBODIMENTS OF THE INVENTION
・・・略・・・Mirrors generally are either first surface mirrors where the mirror coating is provided between the viewer and the supporting glass substrate, or second surface mirrors, where the supporting glass substrate is interposed between the viewer and the mirror coating.
・・・略・・・
FIG. 1 is a cross sectional view of a conventional second surface mirror. The mirror in FIG. 1 includes a mirror coating on glass substrate 100, the mirror coating being composed of silicon nitride layer 101, sputter-deposited aluminum reflective layer 102, silicon nitride layer 103, and optional PPF (permanent protective film) or paint layer 108. Despite the fact that aluminum is highly reactive, it possesses defense against corrosion and tarnishing, namely by way of forming a very thin stable aluminum oxide layer at a surface thereof which prevents/reduces the rest of the aluminum in the aluminum reflective layer from further oxidation. Aluminum is also cheaper than silver. However, the mirror of FIG. 1 suffers from the following problems. First, its visible reflectance is not as good as a high priced silver mirror. Aluminum mirrors are cheaper than silver mirrors, but provide for a lower amount of visible light reflectance. This problem affects the general quality of reflected images and often limits the use of such mirrors to clean-cut application using thinner glass such as glass less than 4 mm thick. Thicker glass, used for example in beveled mirrors, absorbs a greater portion of light and often requires the use of reflective material which reflectance higher than that of aluminum. Second, its glass side reflective color tends to shift toward the blue color range (compared to a silver mirror), i.e., a blue color shift, which some consider to be aesthetically undesirable. ln home/residential mirrors, especially under fluorescent light, the blue shift of the spectrum adds "cool cast" to the reflected image which some believe to be aesthetically undesirable. Given that fluorescent lights are becoming more popular in home/residential and certain commercial/office applications, there is a need in the art to add a "warm cast" to aluminum mirrors in order to make reflected images appear more natural.
・・・略・・・
Certain example embodiments of this invention relate to providing a thin reflective layer of low refractive index material (e.g., silver or copper) that is sputter deposited on the glass substrate (directly or indirectly) so as to be located between the glass substrate and an aluminum inclusive reflective layer. This provides adds a "warm cast" to reflected images. In other words, compared to reflected images from the conventional mirror discussed above, this shifts the reflection spectrum to longer wavelengths as well in order to increase the intensity of reflected visible light. This allows the images from the mirror to appear more pleasant, and permits better image quality compared to the use of only an aluminum reflective layer as in the conventional mirror discussed above.
Certain example embodiments of this invention relate to mirrors including a color tuning layer, typically of a transparent dielectric material, provided between first and second reflective layers. The reflective layers may be of or include aluminum and/or silver. The color tuning layer embodiment may or may not be, used in combination with the embodiment where both aluminum and silver reflective layers are provided. 」
(日本語訳)
「 背景及び発明の実施形態の要約
・・・略・・・一般的に、ミラーは、観察者と支持ガラス基板との間にミラーコーティングが設けられる第1表面ミラーか、観察者とミラーコーティングの間に支持ガラス基板が設けられた第2表面ミラーのいずれかである。
・・・略・・・
図1は、従来の第2表面ミラーの断面図である。図1のミラーは、ガラス基板100上のミラーコーティングを含み、そのミラーコーティングは、窒化珪素層101、スパッタにより蒸着されたアルミニウムの反射性層102、窒化珪素層103と任意のPPF(耐久保護フィルム)あるいはペイント層108から構成される。アルミニウムは、高度に反応性であるとの事実にかかわらず、アルミニウムは、すなわち、アルミニウムの反射性層中の残りのアルミニウムを更なる酸化から守る/減少させるとても薄い安定なアルミニウム酸化物をその表面に形成することにより、腐食や変色に対する防御を有する。アルミニウムは、銀よりも安いものでもある。しかしながら、図1のミラーは、次の問題に苦しむ。第1に、その可視の反射率が高価な銀ミラーほど良くない。アルミニウムミラーは、銀ミラーよりも安価であるが、より低い可視光の反射量を与える。この問題は、反射像の一般的な品質に影響を与え、4mm厚よりも薄いガラスのようなより薄いガラスを使用するクリーンカット応用へのミラーの使用をしばしば制限する。面取りミラーの例に用いられる、より厚いガラスは、より大きな量の光を吸収し、アルミニウムの反射率よりも高い反射率の反射性材料をしばしば要求する。第2に、そのガラス側の反射色が、(銀ミラーと比較して)に青色領域にシフトする傾向にある、すなわち、美学的に好ましくないと見なされる青色シフトの傾向にある。家庭/住居のミラーにおいて、特に蛍光ライト下において、スペクトルの青色シフトは、反射像に対して、美学的に望ましくないと信じられている「冷たさ」を加える。家庭/住居や特定の商業/オフィス応用において蛍光ライトがより普通になりつつあると仮定すると、反射像をより自然に見せるために、アルミニウムミラーに「暖かみ」を加える技術が必要になる。
・・・略・・・
この発明の特定の実施形態は、ガラス基板とアルミニウムを含む反射層との間に位置するように(直接あるいは間接的に)ガラス基板上にスパッタにより蒸着された低屈折率材料(例えば、銀あるいは銅)の薄い反射層を提供することに関連する。これは、反射像に「暖かみ」を加える。言い換えると、先に議論した従来のミラーからの反射像と比較して、これは、反射された可視光を増やすためと同様、反射スペクトルをより長い波長へシフトさせる。これは、ミラーからの像をより好ましく見せ、先に議論した従来のミラーのようにアルミニウムの反射層のみの使用に比較して、より良い像品質を可能にする。
この発明の特定の実施形態は、第1と第2の反射層の間に設けられる、典型的には透明誘電体層からなる色調整層を含むミラーに関連する。反射層は、アルミニウム及び/あるいは銀からなるか、あるいは含んでもよい。色調整層の実施形態は、アルミニウム及び銀の反射層の両方が設けられる実施形態と組み合わせて使用されても、あるいは使用されなくてもよい。」

(3) 第3欄第21〜29行
「 Referring to FIGS. 2-3, example embodiments of this invention relate to mirrors 1, 2 including at least one of: (a) a reflective film including a layer of or including aluminum 102 and a layer of or including silver 110 (e.g., see FIGS. 2-3), and/or(b) a color tuning layer 112 between layers 102,110 of a reflective film wherein the layers 102, 110 may be of or include Ag, Al or the like (e.g., see FIG.3). The reflective film is made up of layers 102 and 110. The mirror may be second surface mirrors in certain example embodiments.」
(日本語訳)
「 図2−3に参照されるように、この発明の実施形態は、少なくとも、(a)アルミニウムからなる、あるいは含む層102と、銀からなる、あるいは含む層110(例えば、図2−3参照)とを含む反射性フィルム、及び/又は(b)銀、アルミニウムあるいは同様のもの(例えば、図3参照)からなる、あるいは含んでよい反射性フィルムの層102,110の間の色調整層、の少なくとも一つを含むミラー1、2に関する。反射性フィルムは、層102、110とから構成される。特定の実施形態においては、ミラーは第2表面ミラーであってもよい。」

(4) 第3欄第35〜53行
「 Certain example embodiments of this invention relate to providing a thin reflective layer 110 of low refractive index material (e.g., silver) that is sputter deposited on the glass substrate(directly or indirectly) 100 so as to be located between the glass substrate 100 and an aluminum inclusive reflective layer 102, as shown in FIGS. 2-3. This provides adds a "warm east"(当合議体注:直前の「warm east」は「warm cast」の誤記である。) to reflected images. In other words, compared to reflected images from the conventional mirror in FlG.1, this shifts the reflection spectrum to longer wavelengths (e.g., toward yellow) as well in order to increase the intensity of reflected visible light. This allows the images from the mirror 1,2 to appear more pleasant, and permits better image quality compared to the use of only an Al reflective layer as in the conventional mirror of FIG.1. This effect is achieved due to at least the use of an optical interference effect and is similar to the "warm" and pleasant appearance of images reflected by silver mirrors, but at a lower cost than conventional silver mirrors. This also allows aluminum reflective layers 102 to be used in mirrors with thicker glass if desired. 」
(日本語訳)
「 この発明の特定の例示的な実施形態は、図2〜3に示すように、ガラス基板100とアルミニウム包括的反射層102との間に位置するように、ガラス基板100上に(直接または間接的に)スパッタリング成膜される低屈折率材料(例えば、銀)の薄い反射層110を提供することに関する。これにより、反射画像に「暖かみ」が加わる。つまり、図1の従来のミラーからの反射画像と比較して、反射される可視光の強度を高めるためと同様に、反射スペクトルを長波長側(例えば、黄色側に)にシフトさせる。これにより、図1の従来のミラーのようにアルミニウムの反射層のみを使用した場合に比べて、ミラー1,2からの画像をより美しく見せることができ、良好な画質を得ることができる。この効果は、少なくとも光干渉効果の使用により達成され、銀鏡で反射される画像の「暖かみ」ある心地よい外観に似ているが、従来の銀鏡よりも低コストである。また、これにより、所望であれば、アルミニウム反射層102を、より厚いガラスを有するミラーに使用することができる。」

(5) 第3欄第54〜67行
「 Certain example embodiments of this invention relate to mirrors including a color tuning layer 112, typically of a transparent dielectric material, provided between layers 102, 110 of reflective film (e.g., see FIG.3). Each layer 102 and 11O of the reflective film may be of or include aluminum and/or silver. The color tuning layer embodiment (e.g., see FIG.3) may or may not be used in combination with the embodiment where both aluminum and silver reflective layers are provided. Thus, while reflective layer 102 is of or includes aluminum and the other layer 110 of the reflective film may be of or include silver as shown in FIG. 3, the color tuning layer 112 may also be used in embodiments, where both reflective layers 102 and 110 are of or include aluminum as indicated in FIG.3. 」
(日本語訳)
「 本発明の特定の実施形態は、色調整層112を含む鏡に関し、典型的には透明誘電体材料の、反射フィルムの層102、110の間に設けられる(例えば、図3参照)。反射フィルムの各層102及び110は、アルミニウム及び/又は銀からなるか、あるいは含んでいてもよい。また、色調整層の実施形態(例えば、図3参照)は、アルミニウムと銀の両方の反射層が設けられている実施形態と組み合わせて使用してもよいし、又は使用しない。したがって、反射層102は、図3に示すようにアルミニウムからなるか、あるいは含み、そして他の反射層である層110は銀からなるか、あるいは含んでいてもよいが、色調整層112は、反射層102及び110の両方が図3に示すようにアルミニウムからなるか、あるいは含む実施形態においても使用され得る。」

(6) 第6欄64行〜第7欄21行
「 FIG. 3 is a cross sectional view of an example second surface mirror according to another example embodiment of this invention. It will be appreciated that the mirror coating in FIG. 3 may be the same as shown and described with respect to FIG. 2, except that: (a) color tuning layer 112 is present in the FIG. 3 embodiment between layers 102 and 110, and (b) the layer 110 may be of or include aluminum in the FIG. 3 embodiment (instead of Ag or Cu). Color tuning layer 112 may be from about 30-300 Å thick, more preferably from about 40-100 Å thick, in example embodiments of this invention. The color tuning layer 112 may be of or include a material such as silicon nitride and/or silicon oxynitride (possibly doped with 1-10% Al) in example embodiments of this invention, although other material(s) may instead be used. The reflective film (layer 102 + layer 110) in the FIG. 3 embodiments provides for two reflected waves, one reflected by layer 102 and the other reflected by layer 110. The mirror structure of FIG. 3 allows for increased visible reflectance compared to the conventional mirror of FIG. 1, and does not necessarily need Ag or Cu in layer 110. The mirror 2 in FIG.3, like the mirror in FIG. 2, is a second surface mirror because the incident light first passes through glass substrate 100 before it is reflected by reflective made up of layers 102 and 110. 」
(日本語訳)
「 図3は、本発明の別の実施例による第2の表面ミラー例の断面図である。図3のミラーコーティングは、(a)色調整層112が図3の実施形態では、層102と110の間に存在する点、及び(b)層110が図3の実施形態では、(Ag又はCuの代わりに)アルミニウムからなるか、あるいは含んでいてもよい点を除いて、図2に関して示し記載したものと同じであってもよい。本発明の実施形態においては、色調整層112は、約30〜300Å厚、より好ましくは約40〜100Å厚であってよい。色調整層112は、本発明の実施例において窒化珪素及び/又は酸窒化珪素(1〜10%Alがドープ可能)などの材料を含んでいてもよいが、他の材料(複数可)を代わりに使用してもよい。図3の実施形態における反射フィルム(層102+層110)は、層102によって反射された1つ、及び他方の層110によって反射される2つの反射波を提供する。図3のミラー構造は、図1の従来のミラーに比べて可視反射率の増加を可能にし、また、層110ではAg又はCuを必ずしも必要としない。図3の鏡2は、図2の鏡と同様に、入射光が最初にガラス基板100を通過してから、層102と110からなる反射膜によって反射されるため、第2表面ミラーである。」

(7) 図1




(8) 図2




(9) 図3




4 本件特許発明1について
(1) 対比
ア 「赤外放射層」
(ア) 上記2の引用発明の構造及び図3と、「基板10」及び「トップ層40」との記載から理解される上下関係からみて、引用発明は、「基板10」の上に、「アルミニウムを含む下部層」、「銀を含む上部層」(「銀を含む上部層とアルミニウムを含む下部層とを持」つ「反射層20」)及び「トップ層40」がこの順序で積み重なった積層状態で設けられていると理解できる(当合議体注:上記1(4)の「図3に示すように、システム300は、積層構造の複数の層を含むことができる。」との記載からも理解できる。)。

(イ) 引用発明の「トップ層40」は、「中間赤外スペクトルを網羅する電磁放射線波長の範囲を表し、約2.5μmから約30μmまでの波長を有する電磁放射線を含む」「熱スペクトルにおいて、高い輻射率を有」する。

(ウ) 上記(イ)の「トップ層40」の特性から、「トップ層40」は、「約2.5μmから約30μmまでの波長を有する電磁放射線を含む」「中間赤外」光を「高い輻射率」で放射すると理解できる。
また、上記(ア)より、引用発明の「トップ層40」の「反射層20」が設けられた下側の面とは反対側の上側の面を、「約2.5μmから約30μmまでの波長を有する電磁放射線を含む」「中間赤外」光を放射(輻射)する、放射面ということができる。

(エ) 引用発明の「約2.5μmから約30μmまでの波長を有する電磁放射線を含む」「中間赤外」光は、本件特許発明1の「赤外光」に対応する。
また、上記(ウ)の、引用発明の(上記「トップ層40」の、「反射層20」が設けられた下側の面とは反対側の上側の、「約2.5μmから約30μmまでの波長を有する電磁放射線を含む」「中間赤外」光を放射する、)放射面は、本件特許発明1の「放射面」に対応する。
そうすると、引用発明の「トップ層40」は、本件特許発明1の、「放射面から赤外光を放射する」とされる、「赤外放射層」に相当する。

イ 「光反射層」
(ア) 上記ア(ア)より、上記ア(ウ)で述べた引用発明の「トップ層40」における放射面を用いて、引用発明の「反射層20」は、「トップ層40」における放射面が存在する側とは反対側に位置しているということができる。

(イ) 引用発明の「反射層20」が持つ「銀を含む上部層」及び「アルミニウムを含む下部層」は、それぞれ「銀」からなる金属の「層」、及び、「アルミニウム」からなる金属の「層」ということができる。
また、上記ア(ア)の引用発明の積層構造より、「反射層20」が「持」つ「アルミニウムを含む下部層」は、「銀を含む上部層」を透過する光を反射する機能を有することは明らかなことである(当合議体注:引用例1の「下部層は、第1の波長範囲において、上部層よりも低い反射率を有し、第2の波長範囲において、上部層よりも高い反射率を有する」及び「第2の波長範囲における放射線は、上部層及び下部層の両方により反射され」との記載(上記1(5))からも理解できることである。)
また、上記ア(ア)より、引用発明の「反射層20」は、「銀を含む上部層」及び「アルミニウムを含む下部層」の順に、「トップ層40」に近い側に位置させる状態で、「銀を含む上部層」及び「アルミニウムを含む下部層」を積層した状態に構成されているということができる。

(ウ) 上記ア及び上記(ア)より、引用発明の「反射層20」は、本件特許発明1の、「当該赤外放射層における前記放射面の存在側とは反対側に位置させる」とされる、「光反射層」に相当する。

(エ) 上記ア及び上記(イ)より、引用発明の「銀を含む上部層」及び「アルミニウムを含む下部層」は、それぞれ本件特許発明1における、「銀あるいは銀合金からなる」とされる、「第1金属層」、及び、「第2金属層」に相当する。
また、上記(イ)より、引用発明の「アルミニウムを含む下部層」と、本件特許発明1における「第2層」は、「前記第1金属層を透過した光を反射する」点で共通する。
また、上記(イ)より、引用発明の「反射層20」と、本件特許発明1の「光反射層」とは、「第1金属層」、「及び」、「第2金属層の順に前記赤外放射層に近い側に位置させる形態で、前記第1金属層」「及び前記第2金属層を積層した状態に構成され」ている点で共通する。

ウ 「放射冷却装置」
(ア) 上記アとイより、引用発明の「放射冷却用のシステム300」は、本件特許発明1の「放射冷却装置」に相当する。
また、引用発明の「放射冷却用のシステム300」は、本件特許発明1の「放射冷却装置」の、「放射面から赤外光を放射する赤外放射層と、当該赤外放射層における前記放射面の存在側とは反対側に位置させる光反射層とが積層状態で設けられ」との要件を具備する。

(2) 一致点及び相違点
ア 一致点
本件特許発明1と引用発明は、次の構成で一致する。
「 放射面から赤外光を放射する赤外放射層と、当該赤外放射層における前記放射面の存在側とは反対側に位置させる光反射層とが積層状態で設けられた放射冷却装置であって、
前記光反射層が、銀あるいは銀合金からなる第1金属層、及び、前記第1金属層を透過した光を反射する第2金属層の順に前記赤外放射層に近い側に位置させる形態で、前記第1金属層及び前記第2金属層を積層した状態に構成された、
放射冷却装置。」

イ 相違点
本件特許発明1と引用発明は、以下の点で相違する。
(相違点1−1)
「第1金属層」が、本件特許発明1は、「厚さが10nm以上100nm以下の範囲」であるのに対して、引用発明は、そのようなものであるかどうか分からない点。

(相違点1−2)
「光反射層」が、本件特許発明1は、「第1金属層、透明誘電体層、及び、前記第1金属層及び前記透明誘電体層を透過した光を反射する第2金属層の順に前記赤外放射層に近い側に位置させる形態で、前記第1金属層、前記透明誘電体層及び前記第2金属層を積層した状態に構成され」、「前記透明誘電体層の厚さが、前記光反射層の共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さに設定され」、「前記第1金属層を透過して前記透明誘電体層に到達した可視光のうちの前記共鳴波長を中心とする狭帯域の光を、前記第1金属層と前記第2金属層との間で繰り返し反射しながら、前記第1金属層及び前記第2金属層に吸収させるように構成されている」のに対して、引用発明は、そのような「透明誘電体層」を有していない点。

(2) 判断
ア 相違点1−2について
事案に鑑み、相違点1−2についてまず検討する。
(ア) 引用発明の「放射冷却用のシステム300」の「トップ層40は、反射層20に隣接して設置され、熱スペクトルにおいて、高い輻射率を有し、これに加えて、太陽スペクトルにおいて、高い透過率を有し、吸収が無視できるものであ」り、「反射層20は、放射冷却用のシステム300を昼間受動放射冷却により適したものにでき、太陽スペクトルの少なくとも一部において、高い反射率を有し」、「銀を含む上部層とアルミニウムを含む下部層とを持」つものである。
そして、「放射線の正味の損失による、太陽の下での対象物の正味の受動冷却を表」す「昼間受動放射冷却」のためには、引用発明(「対象物」)「が、高い太陽放射線反射及び高い熱放射線輻射を示す」必要がある(上記1(3))ところ、引用発明は、「反射層20は、銀を含む上部層とアルミニウムを含む下部層とを持」つ構成としたことにより、「図4に示すように」、「太陽スペクトルにおいて、銀及びアルミニウムを独立に使用した反射率よりも、2〜3%(上部層の厚さに依存する)大きな反射率が観測され」るもの(上記1(5))と理解される。

(イ) 引用例2の上記3(2)、(3)及び(7)〜(9)等の記載からみて、引用例2には、第2表面ミラーの実施形態として、[A]ガラス基板とAlを含む反射層との間に、Ag又はCuからなる低屈折率材料の薄い反射層110を提供(図2,3参照)し、光干渉効果により、Alを含む反射層のみからなる従来技術のミラーからの反射画像と比較して、反射される可視光の強度を高めるとともに、反射スペクトルを長波長側(例えば、黄色方向)にシフトさせて、従来のAlミラーあるいは蛍光ライト下における「冷たさ」が加えられた反射画像に「暖かみ」を加えて好ましい外観とすること(加えて、低コストとすること)が記載されている。
また、引用例2の上記3(2)、(5)、(6)及び(9)等の記載からみて、引用例2には、第2表面ミラーの他の実施形態として、[B]Alを含む反射層102とAg又はAlを含む反射層110間に、例えば窒化珪素又は酸窒化珪素(1〜10%Alがドープ可能)などの透明誘電体材料からなる約30〜300Å厚、より好ましくは約40〜100Å厚の色調整層112を設け(図3参照)、Alを含む反射層102によって反射された1つの反射波と、Ag又はAlを含む反射層110によって反射された1つの反射波との2つの反射波を提供することにより、(Ag又はCuを必ずしも必要とせずに)従来のAlミラーに比べて可視反射率の増加を可能にするとともに、反射スペクトルを長波長側(例えば、黄色方向)にシフトさせて、反射画像に「暖かみ」を加える色調整を行うことが記載されている。

また、令和3年10月4日付けで特許権者に通知した取消しの理由で引用された引用例3(特開2017−122779号公報)の【0001】、【0003】、【0015】、【0019】、【0030】及び図1等には、可視光を選択的に透過し、近赤外線を選択的に反射可能であり、近赤外線の反射率と可視光の透過率との波長選択性に優れる半透過半反射フィルターとして、ファブリペロー共振器が知られていること、ファブリペロー共振器は、一対の金属薄膜間にスペーサを備え、特定の波長の光を選択的に透過し、他の波長の光を反射あるいは干渉減衰させることにより遮蔽すること、ファブリペロー共振器は、スペーサ層の光学膜厚(屈折率と物理的な膜厚の積)を変化させることにより、透過光波長を調整できること、[C]ファブリペロー共振器においてスペ−サ層の光学膜厚を100nm〜200nm程度とすれば、可視光の波長領域に透過光波長のピークを有するものとできること(特に【0003】)が記載されている。

(ウ) ここで、引用例1には、放射冷却装置の放射面を着色することに関して記載も示唆もないが、仮に、太陽光スペクトルの一部である可視光の反射率を高いものできるとの観点から、引用発明の「銀を含む上部層とアルミニウムを含む下部層とを持」つ「反射層20」に、引用例2に記載の上記[B]の技術を採用することができたとしても、上記相違点1−2に係る本件特許発明1の「前記透明誘電体層の厚さが、前記光反射層の共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さに設定され」、「前記第1金属層を透過して前記透明誘電体層に到達した可視光のうちの前記共鳴波長を中心とする狭帯域の光を、前記第1金属層と前記第2金属層との間で繰り返し反射しながら、前記第1金属層及び前記第2金属層に吸収させるように構成されている」との構成には至らない。
具体的に言うと、上記[B]の可視反射率の増加及び色調整を行う作用・機序が、上記[A]と同じく光干渉効果によるものとして考えると、厚みd(nm)、屈折率nの透明誘電体層を共振器とする共鳴波長は、その屈折率をnとするとき、概ねλ=d×4×nで表されることは技術常識である。また、色調整層の材料として例示される酸窒化珪素(SiON)又は窒化珪素(Si3N4)の可視光領域の屈折率は1.5〜2程度である(例えば、特開平5−21766号公報の【0021】には、Si3N4の屈折率が、0.3〜1μmの波長領域で2.00〜2.03とほぼ一定であることが記載され、特開2002−62406号公報の【0035】や特表平11−500826号公報の下から6〜3行には、可視光領域においてSiONの屈折率が1.5〜2.0であることが記載されている。1〜10%Alがドープ可能であることを考慮に入れたとしても、酸窒化珪素及び窒化珪素の可視光領域の屈折率は、上記の範囲から大きく外れることはない。)。
そして、引用例2には、色調整層を酸窒化珪素又は窒化珪素から構成すること、その厚みを約3nm〜30nm(より好ましくは約4nm〜10nm)とすることが記載・示唆されているところ、当該厚み範囲においては、「400nm以上800nm以下の波長」は共鳴波長とならない。例えば、酸窒化珪素又は窒化珪素からなる色調整層において、「400nm以上800nm以下の波長」を共鳴波長とする厚みdとして、50nm〜133nm程度の厚みが必要となる(λを400〜800nm、nを1.5〜2とすると、厚みdを、d=λ/4nより、50nm(400(nm)/(4×2))〜133nm(800(nm)/(4×1.5))程度と見積もることができる。)。特に、色調整層を「より好まし」いとされる範囲の上限の「10nm」の厚みとすることを考えた場合、400nm以上800nm以下の波長を共鳴波長とするためには、可視光領域での屈折率(n=λ/4d)が10〜20程度の材料で色調整層を構成することなる。
してみると、引用例2に記載の上記[B]の技術においては、色調整層の厚みを、その共鳴波長が400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さに設定し、共鳴波長を中心とする可視光の狭帯域の光を、Alを含む反射層102とAg又はAlを含む反射層110間との間で繰り返し反射しながら反射層102及び反射層110に吸収させるとの技術思想に基づくものではないことは明らかである。
以上のとおりであるから、引用発明に、引用例2に記載の上記[B]の技術を採用したとしても、上記相違点1−2に係る本件特許発明1の構成には至らない。

(エ) また、上記(イ)で述べた引用例3のファブリペロー共振についての記載事項に関し、引用例2の上記[B]の技術に着目した当業者が、共振器の光学膜厚(あるいは物理的膜厚×屈折率)、共振波長の前提条件や、目的とする反射/透過スペクトルの設計が異なると理解される、上記[C]のファブリペロー共振器において、スペ−サ層の光学膜厚(屈折率と物理的な膜厚の積)を100nm〜200nm程度として、可視光の波長領域に透過光波長のピークを有するものとする技術を参考にしようとは考えない。

(オ) さらに、令和3年10月4日付けで特許権者に通知した取消しの理由で引用された引用例4(米国特許出願公開第2015/0338175号明細書)にも、反射層を構成する第1金属層及び第2金属層間に、共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さの透明誘電体層を設け、共鳴波長を中心とする狭帯域の光を、第1金属層と第2金属層との間で繰り返し反射しながら、第1金属層及び第2金属層に吸収させるように構成することは記載も示唆もされていない。
そして、放射冷却用装置において、太陽スペクトルの光を反射する反射層を構成する第1金属層及び第2金属層間に、共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さの透明誘電体層を設け、共鳴波長を中心とする狭帯域の光を、第1金属層と第2金属層との間で繰り返し反射しながら、第1金属層及び第2金属層に吸収させるように構成することが、先の出願前に周知の技術であるとも、技術常識であるとも認められない。むしろ、第1金属層及び第2金属層間に、共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さの透明誘電体層を設けて、可視光の共鳴波長を中心とする狭帯域の光を、第1金属層と第2金属層との間で繰り返し反射しながら、第1金属層及び第2金属層に吸収させるような構成は、太陽光スペクトル領域における反射率が低くなり、しかも、反射層20が吸収により発熱し、「昼間受動放射冷却」を達成するための条件が厳しくなる点において、引用発明の「放射冷却用のシステム300」にとって好ましい構成ではないと当業者は考える。
さらに、引用発明の「放射冷却用のシステム300」の放射面の着色状態(意匠性)を向上させるという動機付けもない。

(カ) 特許異議申立書における特許異議申立人の主張について
a 特許異議申立書の「2.請求項1の各構成(A〜J)に対する引用発明の説明」「(2)甲第2号証(甲2と略す)」「・本件請求項1の構成I及びJについて」において、「甲2・・・略・・・には、「Color tuning layer 112 may be from about 30-300Å thick」と記載されている・・・略・・・。」、「上記「color tuning layer 112」の厚さ「300Å」(=30nm)は、本件請求項1に係る特許発明において、窒化珪素からなる「透明誘電体層(B2)」の共鳴波長を400nmとした場合の厚さ30nmに対応する(本件特許発明段落[0086]、図21参照)。」、「従って、本件請求項1の構成I「透明誘電体層の厚さを、光反射層の共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さに設定」することは公知である。」、「上記記載からわかるように、透明誘電体層からなる「color tuning layer 112」は、鏡で反射される反射スペクトルを長波長側(黄色方向)にシフトさせることが示されている・・・略・・・。この効果は、窒化珪素からなるcolor tuning layer 112の厚さが30nm・・・略・・・の場合には厚さと屈折率から決まる共振波長が約400nm、つまり、可視光の短波長側となるので、この約400nmの光がcolor tuning layer 112に共振状態となり閉じ込められて外部から視認されないため、黄色に視認されるということを示すものである。」、「これらの記載によれば、本件請求項1の構成・・・略・・・について、甲第2号証には以下の事項が記載されている。」、「I Si3N4からなるcolor tuning layer112の厚さ30nmが記載されているが、この厚さは、本件請求項1の・・・略・・・「光反射層の共鳴波長を400nm」とすることに対応する。」、「J color tuning layer 112を所定の厚さに調整することにより、color tuning layer 112を備えた鏡の反射スペクトルを長波長側(黄色方向)にシフトさせる」、「以上より、本件発明の請求項1の・・・略・・・の全ての構成が、甲1の発明に甲2の発明を適用することで成立することになり、よって、本件請求項1はこれらの単なる寄せ集めにすぎない。」と主張する。
また、特許異議申立書の同「(3)甲第3号証(甲3と略す)」において、「甲3・・・略・・・にも、本件請求項1の構成・・・略・・・について以下の記載があるので摘示しておく。」、「一対の金属薄膜巻(当合議体注:「金属薄膜巻」は「金属薄膜間」の誤記である。)にスペーサ層を備えたファブリペロー共振器において、透過光の波長を可視光(400nm〜800nm)の波長域とするためのスペーサ層の光学膜厚(屈折率と物理的な膜厚の積)が100nm〜200nmであると記載されている(甲3の段落【0003】)。」、「上記記載は、透明スペーサ層50の共振波長(λ)を可視光(400nm〜800nm)の波長域とするためには、透明スペーサ層50の物理的な膜厚(L)を、L=λ/4/n(nは屈折率)とすることを示しており・・・略・・・。」、「これらの記載によれば、本件請求項1の構成・・・略・・・について、甲3号証には以下の事項が記載されている。」、「I 透明スペーサ層50の厚さを共振波長が可視光(400〜800nm)となるように設定する」と主張する。
さらに、「3.本件請求項1に係る特許発明と証拠(甲1)に記載された発明との対比」において、「(3−3)本件請求項1の構成・・・略・・・と甲1発明は以下の点で相違する。」、「相違点1:本件特許発明1は、・・・略・・・「透明誘電体層」を備えているが、甲1発明は、「銀とアルミニウムとの間に挿入される透明誘電体層」を備えていない点。」、「相違点2:本件特許発明1は、・・・略・・・「及び、第1金属層及び前記透明誘電体層を透過した光を反射する第2金属層である」が、甲1発明は、上記の構成を備えていない点。」、「相違点3:本件特許発明1は、・・・略・・・「の順に前記赤外放射層に近い側に位置させる形態で、前記第1金属層、前記透明誘電体層及び前記第2金属層を積層した状態に構成され」るが、甲1発明は、上記の構成を備えていない点。」、「相違点4:本件特許発明1は、・・・略・・・「前記透明誘電体層の厚さが、前記光反射層の共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さに設定され」るが、甲1発明は、上記の構成を備えていない点。」、「相違点5:本件特許発明1は、・・・略・・・「前記光反射層が、前記第1金属層を透過して前記透明誘電体層に到達した可視光のうちの前記共鳴波長を中心とする狭帯域の光を、前記第1金属層と前記第2金属層との間で繰り返し反射しながら、前記第1金属層及び前記第2金属層に吸収させるように構成されている」が、甲1発明は、上記の構成を備えていない点。」、「4.相違点1〜3(構成F〜H)が甲1、甲2から容易想到であるとする理由」において、「本件請求項1の構成Fの「透明誘電体層」は、放射冷却装置の冷却特性そのものではなく、外部から視認される色を変える目的で挿入される層である。この「透明誘電体層」は放射冷却装置以外の、例えば、鏡からの反射光の色を変えるための公知技術であり、甲2の銀とアルミニウムとからなる反射層との間に挿入されるcolor tuning layer 112として用いられている。外部から視認される色を変えるために反射層の間に透明誘電体層を挿入するのは、当業者が必要に応じて採用している常套手段であり、甲2が開示している構成・・・略・・・からも明らかなように、当業者であれば適宜に設計し得ることである。よって、本件構成・・・略・・・は甲1に甲2を適用することによって容易になし得たことである。」、「5.相違点4(構成I)が甲1〜甲3から容易想到であるとする理由」において、「構成Iは、放射冷却特性には関係がない、つまり外部から放射冷却装屑を視認した際に色を変えることが目的の構成であり、透明誘電体層の厚さを可視光領域を共振波長とすることは、甲3発明のファブリペロー共振器の説明に記載されているように周知技術である。よって、甲1に甲2のcolor tuning layer 112を適用し、透明誘電体層の厚さをIの構成とするために、甲3を適用するのは当業者であれば容易に想到し得たことである。」、「6.相違点5(構成J)が甲2から容易想到であるとする理由」において、「構成Jは、放射冷却特性には無関係の構成である。構成Jは、透明誘電体層(構成F)を可視光領域の波長(400nm〜800nm)の範囲内で共鳴するようにその厚さを設定すること(構成H)で共鳴波長を中心とする狭帯域の光を透明誘電体層内に閉じ込めて外部に出ないようすることを記載しているが、それは構成Iから帰結する当然の作用に過ぎない。そして、この構成Iは上記したように甲3に記載されており、また、構成Jによる作用又は効果は、甲2発明に、the color tuning layer 112の厚さを例えば30nmと設定して、鏡で反射される反射スペクトルを長波長側(例えば、黄色方向)にシフトさせることを開示されている。甲2発明では、特に蛍光灯のような光を暖かい色合いとするために共鳴波長を可視光の短波長側(400nm)に設定しているが、所望の色となる光を視認するように可視光領域から不要な混色しない光を抜くことは、光の3原色の原理(1860年代のヤング、マクスウェル、ヘルムホルツによる発見)から公知であり、混色しない光を共鳴波長とすることは甲2に記載されており、甲2の記載から視認される光を変えるために共鳴波長を所望の共鳴波長に調整することは、当業者であれば容易に想到し得たことである。」、「従って、本件特許発明1は、甲1に、甲2及び甲3の何れかを適宜組み合わせることで、当業者であれば容易に想到し得たことである。」と主張する。

b しかしながら、上記(ウ)で述べたとおり、甲2に記載の「色調整層112」は、その材料(酸窒化珪素又は窒化珪素)、屈折率(1.5〜2程度)及び厚み(約30〜300Å厚、より好ましくは約40〜100Å厚)からみて、「400nm以上800nm以下の波長」を共鳴波長とするとは認められない。
特許異議申立人が挙げた、本件特許の明細書の段落【0086】には、「透明誘電体層B2の厚さ(膜厚)」について、「光反射層Bの共鳴波長を400nm以上800nm以下の波長のうちのいずれかの波長とする厚さであり、具体的には、30nm以上230nm以下の厚さである(図21参照)。」との記載があるものの、「透明誘電体層B2が銀に挟まれている場合の厚さ(膜厚)と共鳴波長との関係を示す」「図21」からは、(「Si3N4」に対応する太い実線を延長して求められる)「透明誘電体層の厚さ」「30nm」に対応する「共鳴波長」が、「400nm」となるとは理解できない(「400nm」を下回る。)。
そうすると、甲2に、Si3N4からなる「color tuning layer120」の厚さ30nmが記載されているからといって、甲2に、「光反射層の共鳴波長を400nm」とすることが記載されているとはいえないし、「甲2発明では、特に蛍光灯のような光を暖かい色合いとするために共鳴波長を可視光の短波長側(400nm)に設定している」ということもできない。
してみると、「本件発明の請求項1の」「の全ての構成が、甲1の発明に甲2の発明を適用することで成立することになり、よって、本件請求項1はこれらの単なる寄せ集めにすぎない」ということはできない。
また、上記(エ)で述べたとおり、甲2に記載の技術に着目し、これを甲1に採用しようと考える当業者が、共振器の光学膜厚(物理的膜厚×屈折率)及び共振波長の前提条件や、目的とする反射/透過スペクトルの設計が異なる、甲3に記載の技術をさらに採用することは考えない。
してみると、本件特許発明1は、甲1に、甲2及び甲3を適用することによって容易になし得たものであるとはいえない。
以上のとおりであるから、甲2に、「光反射層の共鳴波長を400nm」とすることが記載されていることを前提とする、特許異議申立書の特許異議申立人の主張には理由がなく、これを採用することはできない。

(キ) 小括
以上のとおりであるから、相違点1−1について検討するまでもなく、本件特許発明1は、引用例1〜引用例4に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるということはできない。

イ 本件特許発明2〜11について
本件特許発明2〜11は、本件特許発明1の構成を全て具備するものである。
そうすると、本件特許発明1と同じ理由により、本件特許発明2〜11は、引用例1〜引用例4に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであるということはできない。

第5 むすび
したがって、特許異議の申立ての理由及び証拠によっては、請求項1〜11に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に請求項1〜11に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
異議決定日 2022-03-02 
出願番号 P2020-532321
審決分類 P 1 651・ 121- Y (G02B)
最終処分 07   維持
特許庁審判長 榎本 吉孝
特許庁審判官 河原 正
関根 洋之
登録日 2021-01-07 
登録番号 6821098
権利者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 放射冷却装置  
代理人 特許業務法人R&C  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ