• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 取り消して特許、登録 G06F
管理番号 1388055
総通号数
発行国 JP 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2022-09-30 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2021-08-12 
確定日 2022-08-29 
事件の表示 特願2019−150880「デジタルアシスタントとのアプリケーション統合」拒絶査定不服審判事件〔令和 2年 5月21日出願公開、特開2020− 77364、請求項の数(23)〕について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願の発明は、特許すべきものとする。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、平成30年1月9日(パリ条約による優先権主張2017年1月9日、米国)に出願された特願2018−1371号の一部を令和元年8月21日に新たな特許出願としたものであって、その手続の経緯は以下のとおりである。
令和 元年 8月30日 :手続補正書の提出
令和 2年 9月17日付け:拒絶理由通知書
令和 3年 2月22日 :意見書、手続補正書の提出
令和 3年 4月 2日付け:拒絶査定
令和 3年 8月12日 :拒絶査定不服審判の請求、手続補正書の提

令和 4年 3月23日付け:拒絶理由(当審拒絶理由)通知書
令和 4年 6月22日 :意見書、手続補正書の提出

第2 原査定の概要
原査定(令和3年4月2日付け拒絶査定)の概要は、次のとおりである。
この出願の請求項1,2,21〜23(当審注:その他の請求項については省略。)に係る発明は、以下の引用文献A,B,Hに記載された発明に基づいて、その発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下、「当業者」という。)が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
引用文献A:米国特許出願公開第2016/0203002号明細書
引用文献B:特開2014−191272号公報
引用文献C:特表2015−528140号公報
引用文献D:特開2016−151928号公報
引用文献E:米国特許出願公開第2015/0382079号明細書
引用文献F:米国特許出願公開第2016/0179464号明細書
引用文献G:特開2001−216130号公報
引用文献H:Androidの重要な機能、インテント,2009年 4月22日,URL,https://thinkit.co.jp/article/921/1

第3 当審拒絶理由の概要
当審が令和4年3月23日付けで通知した拒絶理由(以下、「当審拒絶理由」という。)の概要は次のとおりである。
この出願の請求項1〜7,9,10,14〜17,21〜23に係る発明は、以下の引用文献1に記載された発明に基づいて、請求項8,11〜13に係る発明は、以下の引用文献1,2に記載された発明に基づいて、請求項18〜20に係る発明は、以下の引用文献1,3に記載された発明に基づいて(当審注:請求項14〜23の引用文献は、当該請求項が引用する請求項のうちの一部についてのものである。その他の請求項を引用する場合については省略。なお、当審拒絶理由において、請求項21〜23に対して引用文献1のみを引用する場合が排除されているのは誤記である。)、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。
引用文献1:米国特許出願公開第2014/0379338号明細書
引用文献2:特開2016−151928号公報(拒絶査定時の引用文献D)
引用文献3:特開2001−216130号公報(拒絶査定時の引用文献G)

第4 本願発明
本願請求項1〜23に係る発明(以下、それぞれ「本願発明1」〜「本願発明23」という。)は、令和4年6月22日に提出された手続補正書により補正された特許請求の範囲の請求項1〜23に記載された事項により特定されるものであり、本願発明1は次のとおりの発明である。

「【請求項1】
1つ以上のプロセッサ及びタッチ感知ディスプレイを有する電子デバイスにおいて、
自然言語ユーザ入力を含むオーディオ入力を受信することと、
前記自然言語ユーザ入力に基づいてユーザの意図を決定することと、
前記決定されたユーザの意図に基づいて、インテントオブジェクトセットのうちのインテントオブジェクトを特定することであって、前記インテントオブジェクトが、前記決定されたユーザの意図に対応し、前記決定されたユーザの意図に関連付けられた1以上のパラメータの1以上のデータフィールドを含むデータ構造である、ことと、
前記インテントオブジェクトに基づいて、前記インテントオブジェクトのセットのうちの前記インテントオブジェクトと関連付けられたソフトウェアアプリケーションを特定することと、
前記インテントオブジェクトを前記ソフトウェアアプリケーションに提供することと、
前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認することであって、前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認することは、前記ソフトウェアアプリケーションが前記インテントオブジェクトに対応するタスクを正常に実行することができるという通知を要求することを含む、確認することと、
前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認した後、前記ソフトウェアアプリケーションに、前記決定されたユーザの意図に対応する前記タスクを実行させることと、
前記ソフトウェアアプリケーションから、前記タスクの実行が成功したか否かを示す結果応答を受信することと、
前記タスクが実行されたか否かを示す出力を提供することと、
を含む方法。」

なお、本願発明2〜20は、本願発明1を減縮した発明であり、本願発明21は、請求項1〜20のいずれかを引用する形式で記載された「コンピュータプログラム」の発明であり、本願発明22,23はそれぞれ、請求項21を引用する形式で記載された「電子デバイス」の発明である。

第5 引用文献の記載、引用発明等
1 引用文献1、引用発明
(1)当審拒絶理由にて引用された引用文献1には、図面とともに次の事項が記載されている(下線は当審による。)。

「[0020]Now turning to the figures, FIG. 1 is a block diagram of a conditional multipass automatic speech recognition (ASR) system 100. The conditional multipass ASR system 100 may comprise a number of elements including a voice converter 120, an audio frames storage 102, automatic speech recognition (ASR) modules 104, 110 and 112, a collector 126 and a data storage 122. The speech enabled system elements may also include an intent processing module 106, an intent matching module 108, an intent templates storage 130 and any suitable number of applications, for example, applications 114, 116 and 118. The ASR modules may be referred to as ASR engines or speech engines, for example.
[0021]The elements of the conditional multipass ASR system 100 shown in FIG. 1 may all reside on a single device or in some systems, one or more of the elements may reside on remote or distributed devices. In one example, all of the conditional multipass ASR system 100 elements except for the ASRs 110 and 112, may reside on a single device, for example, a smart phone or hands-free vehicle system, while the ASR 110 and the ASR 112 may be distributed in a cloud system and/or accessible via a network. In another exemplary system, one or more of the applications 114, 116 and 118 may reside in a remote or distributed system and may be controlled by a device comprising one or more of the remaining conditional multipass ASR system 100 elements. However, the conditional multipass ASR system 100 is not limited with regard to how the constituent elements are distributed or integrated.」
(当審訳: [0020]ここで図面に移ると、図1は、条件付きマルチパス自動音声認識(ASR)システム100のブロック図である。条件付きマルチパスASRシステム100は、音声変換部120、オーディオフレーム記憶部102、自動音声認識(ASR)モジュール104、110及び112、収集部126、並びにデータ記憶部122を含む、多数の要素からなるものであり得る。この音声機能可能化システム要素はまた、インテント処理部106、インテントマッチング部108、インテントテンプレート記憶部130、並びに任意の適切な数のアプリケーション、例えば、アプリケーション114、116及び118を含み得る。ASRモジュールは、例えば、ASRエンジン又は音声認識エンジンと称され得る。
[0021]図1に示す条件付きマルチパスASRシステム100の要素が、全て、単一の装置又はいくつかのシステムに存在してもよく、1つ又はそれ以上の要素が、遠隔又は分散された装置に存在してもよい。一例では、ASR110、112以外の、条件付きマルチパスASRシステム100の要素の全てが、単一の装置、例えば、スマートフォン又はハンズフリー車両システムに存在してもよく、一方、ASR110及びASR112はクラウドシステム内に分散及び/又はネットワークを介してアクセス可能であってもよい。別の例示的なシステムでは、1つ又はそれ以上のアプリケーション114、116及び118は、遠隔又は分布型システム内に存在してもよく、1つ又はそれ以上の残りの条件付きマルチパスASRシステム100の要素からなる装置により制御されてもよい。しかしながら、条件付きマルチパスASRシステム100は、構成要素がどのように分散又は統合されるかに関して限定されない。」

「[0034]In one illustrative example of a conditional multipass ASR system 100 operation, a smart phone may comprise an on-board ASR 104 which may have a vocabulary stored in the data storage 122. The voice converter 120, the audio frames storage 102, the intent processing module 106, the intent matching module 108 and the intent templates storage 130 may also reside on-board the smart phone. The ASR 110 may be an off-board system residing on a network server which is accessible by the smart phone via a network, for example, via a wireless network and the Internet. The ASR 110 may comprise or have access to a database comprising a much larger vocabulary than the vocabulary stored in the data storage 122 and may provide a transcription language service. A user may download the applications 114, 116 and 118 to conditional multipass ASR system 100 on the smart phone. One or more of the applications 114, 116 and 118 may provide intent templates including intent identifiers and intent parameters to the intent templates storage 130. For example, the application 114 may provide an email intent with six intent parameters fields. A spoken utterance 124 may be received by the voice converter 120 including “send Bob the papers we received last week including document dot doe” which may be converted into a plurality of audio frames and stored in the audio frames storage 102. The audio frames may be accessed by the on-board ASR 104. The ASR 104 may recognize a portion of the audio frames and may not recognize another portion of the audio frames. The ASR 104 may provide to the intent processing module 106, the recognized audio frames and confidence scores associated with each of the recognized audio frames. The collector 126 may reside in the ASR 104 or the intent processing module 106, for example. The collector 126 may receive the ASR 104 results and may bracket the unrecognized audio frames with the beginning and/or ending times of the unrecognized audio frames. The bracketed unrecognized audio frames may be processed by the intent processing module 106. The intent processing module 106 may use the intent matching module 108 to compare the recognized audio frames with one or more intents and/or one or more intent parameter fields from the intent templates storage module 130. The intent processing module 106 may determine that the recognized audio frames indicate the “email” intent. The intent processing module 106 may determine one or more email intent parameters and may place the email intent and any recognized email intent parameters into corresponding email intent template fields for communication to the application 114. The words placed in the fields may be different than the words of the recognized audio frames. For example, the uttered word “send” may be transposed or normalized by the intent processing module 106 to become the word “email” which may be a parameter specified by and/or understood by the application 114. The intent processing module 106 may look-up the name “Bob” in an address book residing on-board the smart phone and may transpose the name to an email address and place it in one or more of the intent template fields. In instances when one or more of the email intent parameters are not matched to the recognized audio frames, the intent matching module 106 may gather the bracketed unrecognized audio frames into the intent template fields corresponding to the unmatched parameters. The intent template including the matched and unmatched parameter fields may be provided to the application 114 which may support the determined email intent. In instances when the application 114 is satisfied with the information provided in the intent template, the application 114 may perform a function in accordance with the intent utilizing the recognized intent parameters. For example, the fields in the intent template may provide enough information to send an email to a specified recipient. However, in some instances, the application 114 may request additional information regarding the fields of unrecognized audio frames. In this instance, the application 114 may provide the bracketed unrecognized audio frames to the intent processing module 106 which may send the unrecognized audio frames to the ASR 110 via a network for additional speech recognition services. The ASR 110 may determine and returnnewly recognized audio frames from the bracketed unrecognized frames and may return a reduced set of bracketed unrecognized audio frames to the intent processing module 106.The intent processing module 106 may match the newly recognized audio frames to one or more of the remaining email intent template parameters and may return newly determined parameters and/or the reduced bracketed unrecognized parameter in the appropriate fields to the Application 114.」
(当審訳: [0034]条件付きマルチパスASRシステム100の動作の1つの例示的な実施例では、スマートフォンは、データ記憶部122に格納された語彙を有し得るオンボードASR104を含んでいてもよい。音声変換部120、オーディオフレーム記憶部102、インテント処理モジュール106、インテントマッチングモジュール108、及びインテントテンプレート記憶部130もまた、スマートフォンにオンボードに存在してもよい。ASR110は、ネットワークを介して、例えばワイヤレスネットワーク及びインターネットを介して、スマートフォンによってアクセス可能なネットワークサーバ上に存在するオフボードシステムであってもよい。ASR110は、データ記憶部122に格納されている語彙よりもはるかに大きな語彙を含むデータベースからなるものであり得る、又はそのデータベースへのアクセスを有し得るものであり、文字起こし言語サービスを提供するものであり得る。ユーザは、スマートフォン上の条件付きマルチパスASRシステム100にアプリケーション114、116、及び118をダウンロードし得る。アプリケーション114、116、及び118のうちの1つ又はそれ以上は、インテント識別子及びインテントパラメータを含むインテントテンプレートを、インテントテンプレート記憶部130に提供し得る。例えば、アプリケーション114は、6個のインテントパラメータフィールドを有する電子メールインテントを提供し得る。“document dot doeを含む先週受け取った論文をBobさんに送りなさい”を含め、話された発声124が音声変換器120によって受信され得、それは、複数のオーディオフレームに変換され、オーディオフレーム記憶部102に記憶され得る。オーディオフレームは、オンボードASR104によってアクセスされ得る。ASR104は、オーディオフレームのある部分を認識し得るが、オーディオフレームの他の部分を認識しないかもしれない。ASR104は、認識された音声フレーム及び認識した音声フレームの各々と関連付けられた信頼スコアを、インテント処理モジュール106に提供し得る。収集器126は、例えば、ASR104又はインテント処理モジュール106内に存在してもよい。収集器126は、ASR104の結果を受信し得、また、認識されていない音声フレームを、認識されていない音声フレームの開始及び/又は終了時間を伴って、括弧で括り得る。括弧内の認識されていない音声フレームは、処理モジュール106によって処理され得る。インテント処理モジュール106は、インテントマッチングモジュール108を使用して、認識された音声フレームを、インテントテンプレート記憶モジュール130からの、1つ又はそれ以上のインテント、及び/又は、1つ又はそれ以上のインテントパラメータフィールドと比較する。インテント処理モジュール106は、認識された音声フレームは“電子メール”のインテントであることを示すと決定し得る。インテント処理モジュール106は、1つ又はそれ以上の電子メールインテントパラメータを決定し得、電子メールインテント及び何らかの電子メールインテントパラメータを、アプリケーション114への通信のため、対応するインテントテンプレートフィールドに配置し得る。フィールド内に配置されたワードは、認識された音声のフレームワードと異なっていてもよい。例えば、発声された”送る”というワードは、インテント処理モジュール106によって置き換えられるか、又は正規化されて、アプリケーション114によって特定される又は理解されるパラメータである“電子メール”というワードになる。インテント処理モジュール106は、名前“Bob”を、スマートフォンにオンボードに存在しているアドレス帳を参照して、その名前を電子メールアドレスに置き換え、それを1つ又は複数のインテントテンプレートのフィールドに配置し得る。1つ又はそれ以上の電子メールのインテントパラメータが、認識された音声フレームに一致しない場合、インテントマッチングモジュール106は、括弧内の認識されていない音声フレームを、不一致のパラメータに対応するインテントテンプレートフィールドに集約してもよい。一致及び不一致のパラメータフィールドを含むインテントテンプレートは、決定された電子メールインテントをサポートし得るアプリケーション114に提供され得る。アプリケーション114がテンプレートにおいて提供された情報に満足した場合、アプリケーション114は、認識されたインテントパラメータに応じた機能を実行し得る。例えば、インテンテンプレート中のフィールドは、指定された受信者に電子メールを送信するのに十分な情報を提供し得る。しかしながら、ある場合では、アプリケーション114は、認識されていない音声フレームのフィールドに関する追加の情報を要求し得る。この例では、アプリケーション114は、追加の音声認識サービスのためにASR110にネットワークを介して認識されていない音声フレームを送信し得るインテント処理モジュール106に、括弧内の認識されていない音声フレームを提供し得る。ASR110は、括弧内の認識フレームから、新たに認識された音声フレームを決定して返信し得、括弧内の認識されていない音声フレームの縮小されたセットをインテント処理モジュール106に返信し得る。インテント処理モジュール106は、新たに認識された音声フレームを、残りの電子メールインテントテンプレートパラメータの一つ又はそれ以上と照合し得、アプリケーション114に対して、新たに決定されたパラメータ及び/又は減少した括弧内の認識されていないパラメータを、適切なフィールドにおいて返信し得る。)

(図1)




(2)上記(1)において、段落[0021]の記載によれば、条件付きマルチパスASRシステム100は、スマートフォンに存在し得るものであり、段落[0034]の記載は、条件付きマルチパスASRシステム100の動作の方法を記載したものであるといえる。

(3)上記(1)、(2)から、引用文献1には、次の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されていると認められる。

「スマートフォンに存在する条件付きマルチパスASRシステム100の動作の方法であって、
スマートフォンは、データ記憶部122に格納された語彙を有し得るオンボードASR104を含み、
ASR110は、ネットワークを介してスマートフォンによってアクセス可能なネットワークサーバ上に存在するオフボードシステムであり、
アプリケーション114、116、及び118は、インテント識別子及びインテントパラメータを含むインテントテンプレートを、インテントテンプレート記憶部130に提供し、例えば、アプリケーション114は、6個のインテントパラメータフィールドを有する電子メールインテントを提供し、
話された発声124が音声変換器120によって受信され、それは、複数のオーディオフレームに変換され、
オーディオフレームは、オンボードASR104によってアクセスされ、ASR104は、オーディオフレームを認識し、認識された音声フレームを、インテント処理モジュール106に提供し、
インテント処理モジュール106は、インテントマッチングモジュール108を使用して、認識された音声フレームを、インテントテンプレート記憶モジュール130からの、インテント及び/又はインテントパラメータフィールドと比較し、認識された音声フレームは“電子メール”のインテントであることを示すと決定し、
インテント処理モジュール106は、1つ又はそれ以上の電子メールインテントパラメータを決定し、電子メールインテント及び何らかの電子メールインテントパラメータを、アプリケーション114への通信のため、対応するインテントテンプレートフィールドに配置し、例えば、発声された“送る”というワードは、インテント処理モジュール106によって置き換えられるか、又は正規化されて、アプリケーション114によって特定される又は理解されるパラメータである“電子メール”というワードになり、インテント処理モジュール106は、名前“Bob”を、スマートフォンにオンボードに存在しているアドレス帳を参照して、その名前を電子メールアドレスに置き換え、それをインテントテンプレートフィールドに配置し、
パラメータフィールドを含むインテントテンプレートは、決定された電子メールインテントをサポートし得るアプリケーション114に提供され、アプリケーション114がテンプレートにおいて提供された情報に満足した場合、アプリケーション114は、認識されたインテントパラメータに応じた機能を実行し、
ある場合では、アプリケーション114は、認識されていない音声フレームのフィールドに関する追加の情報を要求し、
インテント処理モジュール106は、追加の音声認識サービスのためにASR110にネットワークを介して認識されていない音声フレームを送信し、ASR110は、新たに認識された音声フレームを決定してインテント処理モジュール106に返信し、
インテント処理モジュール106は、アプリケーション114に対して、新たに決定されたパラメータを返信する、
方法。」

第6 当審拒絶理由について(引用発明との対比・判断)
1 本願発明1について
(1)対比
ア 本願発明1と引用発明とを対比すると、次のことがいえる。

(ア)スマートフォンは、電子デバイスの一種であって、一般に、1つ以上のプロセッサを備えるものであり、ディスプレイとして、タッチパネル、すなわちタッチ感知ディスプレイが用いられるから、引用発明の「スマートフォン」は、本願発明1の
「1つ以上のプロセッサ及びタッチ感知ディスプレイを有する電子デバイス」
に含まれる。

(イ)引用発明の
「アプリケーション114、116、及び118は、インテント識別子及びインテントパラメータを含むインテントテンプレートを、インテントテンプレート記憶部130に提供し、例えば、アプリケーション114は、6個のインテントパラメータフィールドを有する電子メールインテントを提供し、
話された発声124が音声変換器120によって受信され、それは、複数のオーディオフレームに変換され、
オーディオフレームは、ASR104によってアクセスされ、ASR104は、オーディオフレームを認識し、認識された音声フレームを、インテント処理モジュール106に提供し、
インテント処理モジュール106は、インテントマッチングモジュール108を使用して、認識された音声フレームを、インテントテンプレート記憶モジュール130からの、インテント及び/又はインテントパラメータフィールドと比較し、認識された音声フレームは“電子メール”のインテントであることを示すと決定し、
インテント処理モジュール106は、1つ又はそれ以上の電子メールインテントパラメータを決定し、電子メールインテント及び何らかの電子メールインテントパラメータを、アプリケーション114への通信のため、対応するインテントテンプレートフィールドに配置し、例えば、発声された“送る”というワードは、インテント処理モジュール106によって置き換えられるか、又は正規化されて、アプリケーション114によって特定される又は理解されるパラメータである“電子メール”というワードになり、インテント処理モジュール106は、名前“Bob”を、スマートフォンにオンボードに存在しているアドレス帳を参照して、その名前を電子メールアドレスに置き換え、それをインテントテンプレートフィールドに配置」する
との構成において、「話された発声124が音声変換器120によって受信され」ることは、本願発明1の
「自然言語ユーザ入力を含むオーディオ入力を受信すること」
に相当する。
また、「インテント処理モジュール106」が「認識された音声フレームは“電子メール”のインテントであることを示すと決定」することは、「発声された“送る”というワードは、インテント処理モジュール106によって置き換えられるか、又は正規化されて、アプリケーション114によって特定される又は理解されるパラメータである“電子メール”というワードにな」ることによるものであることが明らかであり、「送る」というユーザの意図を反映したものといえるから、本願発明1の
「前記自然言語ユーザ入力に基づいてユーザの意図を決定すること」
に相当する。

(ウ)上記(イ)で述べた引用発明の構成において、「アプリケーション114、116、及び118は、インテント識別子及びインテントパラメータを含むインテントテンプレートを、インテントテンプレート記憶部130に提供し、例えば、アプリケーション114は、6個のインテントパラメータフィールドを有する電子メールインテントを提供」するから、「アプリケーション114」の「電子メールインテント」に加えて、「アプリケーション」「116、及び118」のものを含む複数の「インテント」が存在し得るものである。
また、「アプリケーション114は、6個のインテントパラメータフィールドを有する電子メールインテントを提供」すること、及び「名前“Bob”を、スマートフォンにオンボードに存在しているアドレス帳を参照して、その名前を電子メールアドレスに置き換え、それをインテントテンプレートフィールドに配置」することは、「電子メールアドレス」が、「電子メールインテント」の「6個のインテントパラメータフィールド」のうちの1つに対応する「インテントパラメータ」であることを示すものである。したがって、「電子メールインテント」は、上記ユーザの意図に対応し、当該ユーザの意図に関連付けられた、6個の「インテントパラメータ」の「6個のインテントパラメータフィールド」を含むデータ構造であるといえる。
そして、上記の複数の「インテント」の一群は、本願発明1の「インテントオブジェクトセット」に相当し、それらのうちの「電子メールアドレス」等が「インテントテンプレートフィールドに配置」された「電子メールインテント」は、上記(イ)で検討した「送る」というユーザの意図に基づいて、特定されるものであって、当該ユーザの意図を反映した「物」、すなわち「オブジェクト」であるといえるから、本願発明1の「インテントオブジェクト」に相当する。
また、引用発明の「インテントパラメータ」、「インテントパラメータフィールド」は、それぞれ、本願発明1の「パラメータ」、「データフィールド」に相当し、それらが「6個」であることは、本願発明1の「1以上」に含まれる。
以上の点について、上記(イ)で更に検討した点も踏まえると、引用発明は、本願発明1の
「前記決定されたユーザの意図に基づいて、インテントオブジェクトセットのうちのインテントオブジェクトを特定することであって、前記インテントオブジェクトが、前記決定されたユーザの意図に対応し、前記決定されたユーザの意図に関連付けられた1以上のパラメータの1以上のデータフィールドを含むデータ構造である、こと」
に相当する構成を含むものである。

(エ)引用発明は、上記(イ)で述べた構成に係る動作を経て、その上で
「パラメータフィールドを含むインテントテンプレートは、決定された電子メールインテントをサポートし得るアプリケーション114に提供され、アプリケーション114がテンプレートにおいて提供された情報に満足した場合、アプリケーション114は、認識されたインテントパラメータに応じた機能を実行し、
ある場合では、アプリケーション114は、認識されていない音声フレームのフィールドに関する追加の情報を要求する」
との動作が行われるものである。
よって、引用発明は、「電子メールインテント」の「提供」先が「アプリケーション114」であることを特定するものであり、ここで、当該特定は、上記(ウ)で述べた「電子メールインテント」の特定を前提とするものであるから、「電子メールインテント」に基づいて行うものといえる。
また、「アプリケーション114」が、「アプリケーション114、116、及び118」のそれぞれの「インテント」のうちの、「電子メールインテント」と関連付けられたものであることは当然である。
そして、引用発明の「アプリケーション114」は、本願発明1の「ソフトウェアアプリケーション」に相当し、また、当該「アプリケーション114」は、「決定された電子メールインテントをサポートし得る」ものであり、それが「実行する」、「認識されたインテントパラメータに応じた機能」は、上記(イ)の「送る」というユーザの意図に対応するものであることが明らかであるから、本願発明1の「前記決定されたユーザの意図に対応する」「タスク」に相当する。
以上の点について、上記(ウ)で検討した点も踏まえると、引用発明は、本願発明1の
「前記インテントオブジェクトに基づいて、前記インテントオブジェクトのセットのうちの前記インテントオブジェクトと関連付けられたソフトウェアアプリケーションを特定することと、
前記インテントオブジェクトを前記ソフトウェアアプリケーションに提供することと、
前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認することであって、前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認することは、前記ソフトウェアアプリケーションが前記インテントオブジェクトに対応するタスクを正常に実行することができるという通知を要求することを含む、確認することと、
前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認した後、前記ソフトウェアアプリケーションに、前記決定されたユーザの意図に対応する前記タスクを実行させること」
に関して、
「前記インテントオブジェクトに基づいて、前記インテントオブジェクトのセットのうちの前記インテントオブジェクトと関連付けられたソフトウェアアプリケーションを特定することと、
前記インテントオブジェクトを前記ソフトウェアアプリケーションに提供することと、
前記ソフトウェアアプリケーションに、前記決定されたユーザの意図に対応するタスクを実行させること」
含む点で本願発明1と共通している。

(オ)上記(エ)で述べた引用発明の動作は、「アプリケーション114がテンプレートにおいて提供された情報に満足した場合」は、「機能」の「実行」が成功した場合であり、「アプリケーション114は、認識されていない音声フレームのフィールドに関する追加の情報を要求する」ことは、同じく成功しなかった場合に、「アプリケーション114」から、その結果応答を受信することであるといえる。
この点について、上記(エ)で検討した点も踏まえると、引用発明は、本願発明1の
「前記ソフトウェアアプリケーションから、前記タスクの実行が成功したか否かを示す結果応答を受信すること」
に相当する構成を含むものである。

イ 上記アから、本願発明1と引用発明とは、以下の点で一致する。
(一致点)
「1つ以上のプロセッサ及びタッチ感知ディスプレイを有する電子デバイスにおいて、
自然言語ユーザ入力を含むオーディオ入力を受信することと、
前記自然言語ユーザ入力に基づいてユーザの意図を決定することと、
前記決定されたユーザの意図に基づいて、インテントオブジェクトセットのうちのインテントオブジェクトを特定することであって、前記インテントオブジェクトが、前記決定されたユーザの意図に対応し、前記決定されたユーザの意図に関連付けられた1以上のパラメータの1以上のデータフィールドを含むデータ構造である、ことと、
前記インテントオブジェクトに基づいて、前記インテントオブジェクトのセットのうちの前記インテントオブジェクトと関連付けられたソフトウェアアプリケーションを特定することと、
前記インテントオブジェクトを前記ソフトウェアアプリケーションに提供することと、
前記ソフトウェアアプリケーションに、前記決定されたユーザの意図に対応するタスクを実行させること、
前記ソフトウェアアプリケーションから、前記タスクの実行が成功したか否かを示す結果応答を受信することと、
を含む方法。」

ウ また、本願発明1と引用発明とは、以下の点で相違する。
(相違点1)
本願発明1は、「前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認することであって、前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認することは、前記ソフトウェアアプリケーションが前記インテントオブジェクトに対応するタスクを正常に実行することができるという通知を要求することを含む、確認すること」を含むものであり、「前記ソフトウェアアプリケーションに、前記決定されたユーザの意図に対応する前記タスクを実行させること」が、「前記ソフトウェアアプリケーションで前記インテントオブジェクトを確認した後」でなされるのに対して、引用発明は、「電子メールインテント」について「確認すること」を含むものではなく、「アプリケーション114」が「認識されたインテントパラメータに応じた機能を実行する」ことが、上記「確認」を行った後でなされるものでもない点。

(相違点2)
本願発明1は、「前記タスクが実行されたか否かを示す出力を提供すること」を含むものであるのに対して、引用発明は、「アプリケーション114」が「認識されたインテントパラメータに応じた機能を実行」するか、又は、「認識されていない音声フレームのフィールドに関する追加の情報を要求する」ものの、その場合に、その旨の出力を提供すると特定されるものではない点。

(2)判断
そこで、まず相違点1について先に検討する。
ソフトウェアアプリケーションでインテントオブジェクトを確認することであって、インテントオブジェクトに対応するタスクをソフトウェアアプリケーションが正常に実行することができるという通知を、電子デバイスがソフトウェアアプリケーションに対して要求することを含む、確認を行い、確認した後、電子デバイスがソフトウェアアプリケーションに上記タスクを実行させることは、引用文献1〜3のいずれにも記載されておらず、本願の優先日前において周知技術であったともいえない。
よって、他の相違点について検討するまでもなく、本願発明1は、当業者であっても、引用文献1〜3に記載された発明に基づいて容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

2 本願発明2〜23について
本願発明2〜20は、本願発明1を減縮した発明であり、本願発明21は、請求項1〜20のいずれかを引用する形式で記載された「コンピュータプログラム」の発明であり、本願発明22,23はそれぞれ、請求項21を引用する形式で記載された「電子デバイス」の発明である。
そうすると、本願発明2〜23は、いずれも相違点1に対応する発明特定事項を含むものであるから、本願発明1と同様の理由により、当業者であっても引用文献1〜3に記載された発明に基づいて容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

3 小括
以上のとおりであるから、当審拒絶理由は解消した。

第7 原査定についての判断
令和4年6月22日に提出された手続補正書により補正された請求項1〜23は、相違点1に係る技術的事項を有するものとなった。
そして、当該技術的事項は、原査定における引用文献A〜Hには記載されておらず、本願優先日前における周知技術でもないので、本願発明1〜23は、当業者であっても、原査定における引用文献A〜Hに基づいて容易に発明をすることができたものではない。
よって、原査定を維持することはできない。

第8 むすび
以上のとおり、原査定の理由によって、本願を拒絶することはできない。
また、他に本願を拒絶すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
 
審決日 2022-08-16 
出願番号 P2019-150880
審決分類 P 1 8・ 121- WY (G06F)
最終処分 01   成立
特許庁審判長 ▲吉▼田 耕一
特許庁審判官 野崎 大進
富澤 哲生
発明の名称 デジタルアシスタントとのアプリケーション統合  
代理人 西島 孝喜  
代理人 那須 威夫  
代理人 富永 真太郎  
代理人 田中 伸一郎  
代理人 ▲吉▼田 和彦  
代理人 大塚 文昭  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ