• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 一部申し立て 1項3号刊行物記載  G06Q
審判 一部申し立て 2項進歩性  G06Q
管理番号 1404849
総通号数 24 
発行国 JP 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2023-12-28 
種別 異議の決定 
異議申立日 2023-08-24 
確定日 2023-11-29 
異議申立件数
事件の表示 特許第7228644号発明「犬小屋レンタルシステム及び犬小屋レンタル方法」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第7228644号の請求項1〜8,10〜13,15,17,21〜23に係る特許を維持する。 
理由 第1 手続の経緯
特許第7228644号(以下「本件特許」という。)の請求項1〜23に係る特許についての出願は、令和3年8月31日に出願され、令和5年2月15日にその特許権の設定登録がされ、同年2月24日に特許掲載公報が発行された。その後、その特許に対し、特許異議申立人 水野英利(以下「申立人」という。)は、同年8月24日に特許異議の申立てを行った。

第2 本件特許発明
本件特許の請求項1〜23に係る発明(以下、それぞれ「本件特許発明1」〜「本件特許発明23」という。)は、その特許請求の範囲の請求項1〜23に記載された事項により特定されるものであり、本件特許発明1,23は次のとおりのものである。
「【請求項1】
犬の一時待機用の犬小屋を貸し出す犬小屋レンタルシステムであって、
ユーザーの会員登録情報に基づいて会員登録を行い、前記ユーザーを識別する顧客識別情報を発行する処理部と、
犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成する施解錠部と
を備える、犬小屋レンタルシステム。」

「【請求項23】
犬の一時待機用の犬小屋を貸し出す犬小屋レンタルシステムが実行する犬小屋レンタル方法であって、
ユーザーの会員登録情報に基づいて会員登録を行い、前記ユーザーを識別する顧客識別情報を発行するステップと、
犬小屋の使用開始要求であって、発行された前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成するステップと
を有する、犬小屋レンタル方法。」

なお、本件特許発明2〜22は、本件特許発明1を減縮した発明である。

第3 申立理由の概要
新規性欠如
申立人は、以下の甲第1号証及び甲第2号証を提出し、本件特許発明1,4〜8,10,12,13,15,17,21,23は、甲第1号証に記載された発明であり、また、本件特許発明1,4〜8,10,12,13,17,23は、甲第2号証に記載された発明であって(新規性欠如)、請求項1,4〜8,10,12,13,15,17,21,23に係る特許は、特許法第29条第1項第3号の規定に違反してされたものであるから、取り消されるべきものである旨主張している(この取消理由のうち、甲第1号証に基づくものを、以下「取消理由1−1」といい、甲第2号証に基づくものを、以下「取消理由1−2」という。)。

進歩性欠如
申立人は、主たる証拠である甲第1号証及び甲第2号証に加えて、従たる証拠として以下の甲第3号証及び甲第4号証を提出し、本件特許発明1〜8,10〜13,15,17,21〜23のいずれかは、甲第1号証ないし甲第4号証のいずれかに記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものであって(進歩性欠如)、請求項1〜8,10〜13,15,17,21〜23に係る特許は、特許法第29条第2項の規定に違反してされたものであるから、取り消されるべきものである旨主張している(この取消理由のうち、甲第1号証に基づくものを、以下「取消理由2−1」といい、甲第2号証に基づくものを、以下「取消理由2−2」という。)。
具体的には次のとおりである。
本件特許発明1,4〜8,10〜13,15,17,21,23は、甲第1号証に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。
本件特許発明1,4〜8,10〜13,15,17,23は、甲第2号証に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。
本件特許発明22は、甲第1号証に記載された発明及び甲第2号証に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。
本件特許発明2,3は、甲第1号証に記載された発明、甲第3号証に記載された発明及び甲第4号証に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。
本件特許発明2,3は、甲第2号証に記載された発明、甲第3号証に記載された発明及び甲第4号証に記載された発明に基づいて、当業者が容易に発明をすることができたものである。

甲第1号証: 米国特許出願公開第2017/0027131号明細書
甲第2号証: 国際公開第2018/052312号
甲第3号証: "PetParker"ウェブサイトの平成31年1月15日に取得されたインターネットアーカイブ,<URL:http://web.archive.org/web/20190115075340/https://www.petparker.com.br/>
甲第4号証: "PETPARKER - Video Animado Videostech"(当審注:"Video"及び"Videostech"の"i"にはアキュートアクセント記号が付されている。)と題する2019年に動画投稿サイト(YouTube)に投稿された動画(<URL:https://www.youtube.com/watch?v=COHIVwVL0eY>)のキャプチャ画像

第4 甲号証の記載、甲号証に記載された発明
1 甲第1号証
(1)甲第1号証には、以下の記載がある(下線は当審による。以下同様。)。

「[0003]The present invention relates to an animal storage system, and more particularly, a DOG LOCKER/PET LOCKER.」
(当審訳: [0003]本発明は、動物保管システムに関し、より詳細には、犬用ロッカー/ペットロッカーに関する。)

「[0010]A FIFTH EXAMPLE, Norwegian company Den4Dogs whose website was retrieved Mar. 7, 2016 discloses their main product is the “Den4Dogs Shopper”. This is a high quality product that is placed outside shoppingmalls, grocery stores, supermarkets, convenient stores−generally places where it is practical to drop by for some shopping while you're out walking your dog. You can safely place your dog in the Den4Dogs Shopper, so it can relax there while you are inside doing errands.」
(当審訳: [0010]5番目の例として、2016年3月7日にWebサイトが検索されたノルウェーの企業Den4Dogsは、自社の主力製品が「Den4Dogs Shopper」であることを開示している。これは、屋外ショッピングモール、食料品店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア等、一般的に犬の散歩中に買い物のために気軽に立ち寄れる場所に設置されている、高品質の製品である。Den4Dogs Shopperに愛犬を安全に預けることができるので、室内で用事をしている間も愛犬がそこでリラックスできる。)

「SUMMARY OF THE INVENTION
[0012]AN OBJECT of the present invention is to provide a DOG LOCKER/PET LOCKER that avoids the disadvantages of the prior art.
[0013]ANOTHER OBJECT of the present invention is to provide a DOG LOCKER/PET LOCKER that is simple and inexpensive to manufacture.

[0014]STILL ANOTHER OBJECT of the present invention is to provide a DOG LOCKER/PET LOCKER that is simple to use.
[0015]BRIEFLY STATED, STILL YET ANOTHER OBJECT of the present invention is to provide a DOG LOCKER/PET LOCKER that is available in convenient locations so that persons may keep their pets safely outside of establishments which prohibit animals therein.」
(当審訳: 発明の概要
[0012]本発明の目的は、従来技術の欠点を回避する犬用ロッカー/ペットロッカーを提供することである。
[0013]本発明の別の目的は、製造が簡単で安価な犬用ロッカー/ペット用ロッカーを提供することである。
[0014]本発明のさらに別の目的は、使いやすい犬用ロッカー/ペット用ロッカーを提供することである。
[0015]簡単に言えば、本発明のさらに別の目的は、動物の立ち入りが禁止されている施設の外で人がペットを安全に保管できるように、便利な場所で利用できる犬用ロッカー/ペットロッカーを提供することである。」

「[0020]FIG. 3 is a diagrammatic image of a first screen of mobile application for use with the present invention, for setting up an account;」
(当審訳: [0020]図3は、本発明で使用する、アカウントを設定するためのモバイルアプリケーションの最初の画面の概略画像である。)

「DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENT
[0100]Referring now to the figures, in which like numerals indicate like parts, and particularly to FIGS. 1 and 2, disclosed is a locker system for pets 10 which constitutes a locker 12 and a software system 14. The locker 12 in turn constitutes:
[0101]a) at least one chamber 16;
[0102]b) a locking mechanism 18;
[0103]c) a user interface 20; and
[0104]d) a communication system 22.
[0105]The at least one chamber 16 is lockable by the locking mechanism 18. In turn, the locking mechanism 18 is controlled by the software system 14. To operate the locker system 10 a user 24 may interface with the software system 14 via the user interface 20. The communication system 22 is for communication between the locker 12 and the outside world via the software system 14 which is capable of communication with the outside world. As is illustrated in FIGS. 1 and 2, there may be more than one locker 12 which share certain elements such as the user interface 20 in common.
Detailed Description of the Locker 10 and Software System 14.
[0106]As described and shown in FIGS. 12 and 13, the locker further constitutes a computer 28. The software system 14 controls the computer 28. The computer 28 is electronically connected to and controls the locking mechanism 18. The locking mechanism 18 is also capable of manual override. The computer 28 is capable of being controlled remotely from the outside world via the communication system 22, while concurrently the computer is also capable of being controlled locally via a user 24 interfacing with the user interface 20.」
(当審訳: 好ましい実施形態の詳細な説明
[0100]ここで、同様の数字が同様の部分を示す、図面、特に図1及び図2を参照すると、ロッカー12及びソフトウェアシステム14から構成されるペット用ロッカーシステム10が開示されている。次に、ロッカー12は以下から構成される:
[0101]a)少なくとも1つの室16;
[0102]b)ロック機構18;
[0103]c)ユーザインターフェース20;及び
[0104]d)通信システム22。
[0105]少なくとも1つの室16は、ロック機構18によってロック可能である。次に、ロック機構18は、ソフトウェアシステム14によって制御される。ロッカーシステム10を操作するために、ユーザ24は、ユーザインターフェース20を介してソフトウェアシステム14とインターフェースすることができる。通信システム22は、外界と通信可能なソフトウェアシステム14を介してロッカー12と外界との間の通信を行うためのものである。図1及び図2に示すように、ユーザインターフェース20等の特定の要素を共通に共有する複数のロッカー12が存在してもよい。
ロッカー10及びソフトウェアシステム14の詳細な説明
[0106]図12及び図13に示されているように、ロッカーはさらにコンピュータ28から構成される。ソフトウェアシステム14はコンピュータ28を制御する。コンピュータ28はロック機構18に電子的に接続され、ロック機構18を制御する。ロック機構18は手動による解除も可能である。コンピュータ28は、通信システム22を介して外界から遠隔制御され得るものである一方、同時に、コンピュータは、ユーザインターフェース20とインターフェースするユーザ24を介してローカルに制御され得るものでもある。)

「[0130]The locker system 10 further constitutes a server 78. The aforementioned communication between the locker 12 and the outside world constitutes communication between the locker 12 and the server 78. The server 78 is capable of issuing commands to be executed by the locker 12.
[0131]As illustrated in FIGS. 3-10, the server is in communication with a mobile application 80. The mobile application 80 is software installed on a mobile communications device 84 of a user. It is to be understood that in the most common expected use case, the mobile communication device 84 is a cell phone, especially a smartphone. However other devices such as tablet computers, or computer enabled wristwatches might also be utilized. The server relays the outputs 34 of the monitoring elements 30 of the locker 12 to the mobile application 80. As particularly illustrated in FIG. 7, the mobile application 80 is capable of receiving and displaying the outputs 34 of the monitoring elements 30 to a user 24.
[0132]In addition the mobile application 80 is capable of communicating to the locker 12 via the server 78. As specifically illustrated in FIG. 6, that communication may include commands to engage or disengage said locking mechanism 18.
[0133]Further, the software system 14 is capable of taking a reservation 86. The reservation 86 prevents all but one user from utilizing the locker 12 in a specified timeframe. As illustrated in FIGS. 4 and 5, the mobile application 80 may be utilized to make such a reservation 86.
[0134]In the preferred embodiment, the mobile application includes a verification system 88, which verification system 88 is for confirming the identity of the user 24 in interaction with the user interface 20 of the locker 12. The verification system 88 is capable of utilizing a reservation 86 to access a locker 12 that is otherwise prevented from being accessed.
[0135]There are multiple possible verification systems 88, which may be available simultaneously for redundancy sake. A first example is where the verification system 88 constitutes a code 90 to be entered manually on the input 74 of the user control panel 72. In a second example of a verification system 88, the user interface 20 further contains a short range communications device 92, and the verification system 88 may alternately utilize the short range communications device 92 to access a locker 12 that is otherwise prevented from being accessed. This is illustrated in FIG. 12. In a preferred embodiment, this would constitute a near field communications system or a bluetooth system, but many possible implementations exist. Thus, the short range communications device 92 cooperates with the mobile application 80 to communicate with said mobile application 80.」
(当審訳: [0130]ロッカーシステム10は、さらにサーバ78から構成される。ロッカー12と外部世界との間の上述の通信は、ロッカー12とサーバ78との間の通信から構成される。サーバ78は、ロッカー12によって実行されるコマンドを発行することができる。
[0131]図3ないし図10に示すように、サーバはモバイルアプリケーション80と通信している。モバイルアプリケーション80は、ユーザのモバイル通信デバイス84にインストールされるソフトウェアである。最も一般的に予想される使用例では、移動通信装置84は携帯電話、特にスマートフォンであることを理解されたい。しかし、タブレットコンピュータやコンピュータ対応腕時計等の他のデバイスも利用され得る。サーバは、ロッカー12の監視要素30の出力34をモバイルアプリケーション80に中継する。特に図7に示されるように、モバイルアプリケーション80は、監視要素30のユーザ24への出力34を受信し、表示することができる。
[0132]加えて、モバイルアプリケーション80は、サーバ78を介してロッカー12と通信することができる。特に図6に示すように、その通信には、前記ロック機構18を係合又は係合解除するためのコマンドが含まれてもよい。
[0133]さらに、ソフトウェアシステム14は、予約86を行うことができる。予約86は、指定された時間枠内で1人を除くすべてのユーザがロッカー12を利用することを防止する。図4及び図5に示されるように、モバイルアプリケーション80は、そのような予約86を行うために利用され得る。
[0134]好ましい実施形態では、モバイルアプリケーションは検証システム88を含み、この検証システム88は、ロッカー12のユーザインターフェース20との対話においてユーザ24の身元を確認するためのものである。検証システム88は、他の方法ではアクセスできないロッカー12にアクセスするため、予約86を利用することができる。
[0135]可能な検証システム88は複数あるが、冗長性のために同時に利用可能であってもよい。第1の例は、検証システム88が、ユーザコントロールパネル72の入力74に手動で入力されるコード90から構成される場合である。検証システム88の第2の例では、ユーザインターフェース20がさらに近距離通信装置92を含む。認証システム88は、代わりに近距離通信装置92を利用して、他の方法ではアクセスできないロッカー12にアクセスすることができる。これは図2に示されている。好ましい実施形態では、これは近距離無線通信システム又はブルートゥースシステムから構成されるであろうが、多くの可能な実装が存在する。このようにして、近距離通信デバイス92は、モバイルアプリケーション80と協働して、前記モバイルアプリケーション80と通信する。)

「Detailed Description of the Method of Using 210 a Locker System 10 for Pets 32.
[0140]Further to the above description of the locker system 10, disclosed is a corresponding method of using same. This method is disclosed in FIGS. 14-16. For this method 210, the locker system 10 at minimum constitutes:
[0141]a) a locker 12;
[0142]b) a user interface 20;
[0143]c) a plurality of monitoring elements 30; and
[0144]d) a software system 14.
The method 210 constitutes the steps of:
[0145]1) a user 24 reserving 212 a time period of use of the locker 12;
[0146]2) the user 24 identifying themselves 214 via the user interface 20;
[0147]3) the user 24 opening 216 the locker 12 and inserting a pet 32 therein;
[0148]4) the user 24 closing 218 the locker 12;
[0149]5) the user 24 returning 220 at a later time to the locker 12;
[0150]6) the user 24 verifying their identity again 222; and
[0151]7) the user 24 retrieving 224 their pet 32.
[0152]In one version of the method, the user 24 identifying themselves via the user interface 20 constitutes the user 24 verifying their identity 214, 222 as a previously known member 226. In doing this, the step of the user 24 verifying their identity 214 via the user interface 20 is accomplished by means of entering a password 228 or other secret information 90 into said user interface.」
(当審訳: ペット32のためのロッカーシステム10を使用する方法210の詳細な説明
[0140]ロッカーシステム10の上記説明に加えて、これを使用する方法が開示される。この方法は図14ないし図16に開示される。この方法210のため、ロッカーシステム10は少なくとも以下から構成される:
[0141]a)ロッカー12;
[0142]b)ユーザインターフェース20;
[0143]c)複数の監視要素30;及び
[0144]d)ソフトウェアシステム14。
方法210は以下のステップから構成される:
[0145]1)ユーザ24がロッカー12の使用期間を予約212する;
[0146]2)ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身を認証214する;
[0147]3)ユーザ24がロッカー12を開け216、その中にペット32を入れる;
[0148]4)ユーザ24がロッカー12を閉める218;
[0149]5)ユーザ24は後でロッカー12に戻る220;
[0150]6)ユーザ24が自分の身元を再度認証する222;そして
[0151]7)ユーザ24が自分のペット32を取り出す224。
[0152]方法の1つのバージョンでは、ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身を認証することは、ユーザ24が自分の身元を既知の会員226として検証214、222することから構成される。これを行う際、ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身の身元を検証214するステップは、パスワード228又は他の秘密情報90を前記ユーザインターフェースに入力することによって遂行される。)

「[0157]Now disclosed are payment options for member 226 and non-member 240 users. When used by a known member 226, the member 226 has payment information on file, and the member 226 is automatically billed for the time they have utilized after the locker is vacated 224. When the user 24 identifying themselves via the user interface 20 is a non-member 240, the non-member 240 provides contact and payment information via the user interface 20 to verify their identity 214 as a new user.」
(当審訳: [0157]ここで、会員226及び非会員240ユーザのための支払いオプションが開示される。既知の会員226によって使用される場合、会員226は支払い情報をファイルに有しており、会員226は、ロッカーが空きにされた224後、利用した時間に対して自動的に請求される。ユーザインターフェース20を介して自分自身を認証するユーザ24が非会員240である場合、非会員240は、新規ユーザとして身元214を検証するため、ユーザインターフェース20を介して連絡先及び支払い情報を提供する。)

「[0159]Finally, disclosed is a pair of reservation systems, either a pre-arranged reservation 244 system or impromptu reservation 246 system. For this, the step of reserving a time period of use of the locker 12 constitutes either:
[0160]a) making a pre-arranged reservation 244 in advance of use of said locker; or
[0161]b) making an impromptu reservation 246 of time for immediate use of said locker.
[0162]In this method, making a pre-arranged reservation 244 in advance of use of the locker 12 has priority over said making an impromptu reservation 246 of time for immediate use of the locker 12. It is also understood that a reservation 244, 246 may cover multiple lockers 12. For instance a reservation at a location with two lockers 12 connected to one another would assure that one of those lockers 12 is available, but not necessarily assure which one. Making a pre-arranged reservation 246 in advance of arrival or use of the locker 12 may only be performed by a previously known member 226. Making an impromptu reservation 246 of time for immediate use of the locker 12 may be accomplished remotely by a previously known member 226 or customer via the use of the mobile application 80.」
(当審訳: [0159]最後に、事前に手配された予約244システム又は随時の予約246システムのいずれかの、一対の予約システムが開示される。これのため、ロッカー12の使用期間を予約するステップは、次のいずれかから構成される:
[0160]a)前記ロッカーの使用に先立って、事前に手配された予約244を行うこと;又は、
[0161]b)前記ロッカーをすぐに使用するために時間の随時予約246を行うこと。
[0162]この方法では、ロッカー12の使用に先立って事前に手配された予約244を行うことは、ロッカー12をすぐに使用するために時間の随時予約246を行うことよりも優先される。予約244、246が複数のロッカーをカバーしてよいことも理解される。例えば、2つのロッカー12が互いに接続されている場所を予約すると、それらのロッカー12のうちの1つが利用可能であることが保証されるであろうが、どちらが利用可能であるかは必ずしも保証されない。到着又はロッカー12の使用に先立って、事前に手配された予約246を行うことは、以前から知られている会員226によってのみ実行され得る。ロッカー12をすぐに使用するための時間の随時予約246は、モバイルアプリケーション80の使用を介して、以前から知られている会員226又は顧客によって、遠隔的に遂行され得る。)

(図1)


(図3)


(図6)


(2)上記(1)の記載中、段落[0020]、[0131]の記載によれば、「モバイルアプリケーション80」は、「アカウントを設定するため」のものであるといえる。

(3)上記(1)、(2)から、甲第1号証には、次の発明(以下「甲1発明」という。)が記載されていると認められる。

「ロッカー12及びソフトウェアシステム14から構成されるペット用ロッカーシステム10であって、
ロッカー12は、少なくとも1つの室16、ロック機構18、ユーザインターフェース20及び通信システム22から構成され、
少なくとも1つの室16は、ロック機構18によってロック可能であり、ロック機構18は、ソフトウェアシステム14によって制御され、ロッカーシステム10を操作するために、ユーザ24は、ユーザインターフェース20を介してソフトウェアシステム14とインターフェースすることができ、
ユーザインターフェース20等の特定の要素を共通に共有する複数のロッカー12が存在してもよく、
ロッカーはさらにコンピュータ28から構成され、ソフトウェアシステム14はコンピュータ28を制御し、コンピュータ28はロック機構18に電子的に接続され、ロック機構18を制御し、ロック機構18は手動による解除も可能であり、コンピュータ28は、通信システム22を介して外界から遠隔制御される得るものである一方、同時に、コンピュータは、ユーザインターフェース20とインターフェースするユーザ24を介してローカルに制御され得るものでもあり、
ロッカーシステム10は、さらにサーバ78から構成され、サーバ78は、ロッカー12によって実行されるコマンドを発行することができ、
サーバはモバイルアプリケーション80と通信し、モバイルアプリケーション80が、ユーザのモバイル通信デバイス84にインストールされるソフトウェアであり、
モバイルアプリケーション80は、アカウントを設定するためのものであり、
モバイルアプリケーション80は、サーバ78を介してロッカー12と通信することができ、その通信には、前記ロック機構18を係合又は係合解除するためのコマンドが含まれ、
モバイルアプリケーションは検証システム88を含み、この検証システム88は、ロッカー12のユーザインターフェース20との対話においてユーザ24の身元を確認するためのものであり、
検証システム88が、ユーザコントロールパネル72の入力74に手動で入力されるコード90から構成され、
ロッカーシステム10を使用する方法210において、ユーザ24がロッカー12の使用期間を予約し、ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身を認証し、ユーザ24がロッカー12を開け、その中にペット32を入れ、
ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身を認証することは、ユーザ24が自分の身元を既知の会員226として検証することから構成され、ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身の身元を検証するステップは、パスワード228又は他の秘密情報90を前記ユーザインターフェースに入力することによって遂行される、ペット用ロッカーシステム10。」

2 甲第2号証
(1)甲第2号証には、以下の記載がある。

ア 「It is a goal of the invention to provide a safe cage for rental use, that enable the pet owner to safely leave the pet for a limited time period in a cage whilst being busy with other activities, and thereby providing a solution to one or more of the problems stated above.」(2頁1〜3行)
(当審訳: 本発明の目的は、ペットの飼い主が他の活動で忙しい間、限られた時間だけ安全にペットをケージ内に残すことができる、レンタル用の安全なケージを提供し、上記の問題のうち、それによって1つ以上の解決策を提供することである。)

イ 「The invention is now described in the embodiment of a pet cage, for temporarily storage of a pet, for example located outside a shop/shopping mall. 」(3頁13〜14行)
(当審訳: 次に、本発明が、例えば店舗/ショッピングモールの屋外に位置する、ペットを一時的に保管するためのペットケージの実施形態において記述される。)

ウ 「Figure 1A, IB, 2 and 4 describes the cage 10, and the cage 10 is provided with a door with a lock 11. The cage 10, further comprise at least a controller 40, wherein the controller 40 is able to communicate with a user operating device 50 and the lock 11. The lock 11 is further comprising an electronic interface for operation, such that the controller 40 can control the operation of the lock. The controller 40 may further be provided with one or more timers for use in combination with operation of the lock or other features/device comprised in the cage.

The user operating device 50 is preferably a Smartphone running a software application, APP, provided to support the features of the invention. The Smartphone APP provides, when activated, an online connection to the online cage service provider 1, and will when communicating with a selected cage lock 11 communicate with the lock 11 over a short range, such as Wifi/Bluetooth/NFC, communication protocol. Other standard or short range communication protocols may be used, also proprietary protocols.」(3頁16〜27行)
(当審訳: 図1A、1B、2及び4はケージ10を示しており、ケージ10にはロック付きドア11が設けられている。ケージ10はさらに少なくともコントローラ40を備え、コントローラ40はユーザと操作装置50及びロック11と通信することができる。ロック11はさらに、コントローラ40がロックの動作を制御できるように、動作のための電子インターフェースを備える。コントローラ40には、ロック又はケージに含まれる他の機能/装置の動作と組み合わせて使用するための1つ又は複数のタイマーがさらに設けられてもよい。
ユーザ操作装置50は、好ましくは、本発明の機能をサポートするために提供されるソフトウェアアプリケーションAPPを実行するスマートフォンである。スマートフォンアプリは、起動されると、オンラインケージサービスプロバイダ1へのオンライン接続を提供し、選択されたケージロック11と通信するときに、Wifi/Bluetooth/NFC等の近距離通信プロトコル上でそのロック11と通信するだろう。他の標準又は近距離通信プロトコル、また独自のプロトコルも使用され得る。)

エ 「The payment system may be any type of system granting a user one or more use credits. Credits may be granted a user as a result of money transfer, receiving and/or observing advertisement messages, become/staying a member of a membership entity, being a visitor and/or customer, or other. Credits may be stored in one or more of centrally by the service provider 1, in a "wallet" on the user device, or locally on premises associated with the cage 10 localization, or other.」(5頁9〜13行)
(当審訳: 支払いシステムは、ユーザに1つ以上の使用クレジットを付与する任意のタイプのシステムであってもよい。クレジットは、送金、広告メッセージの受信及び/又は観察、メンバーシップエンティティの会員になる/会員を継続すること、ビジター及び/又は顧客になること、又はその他の結果としてユーザに付与されてもよい。クレジットは、中央に、サービスプロバイダ1によってユーザデバイス上の「ウォレット」の1つ又は複数に、又はローカルに、ケージ10の局在に関連する店舗に保存され得る。)

オ 「The lock 11, which may be electronically controlled, is the locking system of the cage/lock, and comprises a controller 40 able to communicate with the Handheld device/Phone/Tablet 50 over a close range communication channel 3. The lock 11 will operate and close a door, or lock a barrier, enclosure or locking device or similar. Examples can be a cage (for animal) 10, storage container/locker/room, bike/ski/toddler parking stand/rack/rail, living area (for example hotel/motel rooms).

The Smartphone app 50 which is downloaded and running on the users Smartphone 50 has been verified by the cage service provider 1, and the user has been authorised as a user by being granted a number of tokens. The tokens are here used as a currency enabling the user to be allowed to use the cages 10 offered by the service provider 1. The tokens may be given the user according to a service provider 1 managed scheme or purchased via traditional online shopping and money transfer services. It is within the scope of the invention to use money transfer per usage as usage tokens.

When running the Smartphone app 50, the Smartphone app 50 may provide the user with a real time status of available cages 10 in selected region/location. The Smartphone app 50 may accept geographic data from the smartphone to filter only cage status of cages 10 located in the vicinity of the user, for example within a 500 meter range, or within a user or service provider 1 defined range, from current user position.

The user may select a cage 10 having a "free"/"available for use" status. The service provider 1 checks whether the user has the required amount of credits available for using the selected cage 10, and if so transmits an access code/key to the Smartphone app. If the user does not have enough credits available, the service provider 1 may offer various schemes for providing more credits, such as money transfer services, advertising views, purchase of goods or other. The user chooses to connect to the selected cage 10 when within range of communicating over a close range communication protocol 3 with the selected cage 10. The cage 10 verifies that the user is entitled to use the cage 10, and checks its own status to verify that it is "free" to be used. There may be situations where the cage 10 is "not ready" for use, even if the service provider 1 has indicated the cage 10 as available. Such situations are discussed later.

The cage 10 may respond with an acknowledge message to the user, which the Smartphone app 50 forwards to the service provider 1 over the internet protocol 4. The service provider 1 sends an open lock authorisation, a unique key, to the Smartphone app which when forwarded to the cage 10 instructs the controller to unlock the door lock of the cage. The service provider 1 may register the new status of the cage as "in use".」(5頁25行〜6頁26行)
(当審訳: 電子的に制御され得るロック11は、ケージ/ロックのロックシステムであり、クロースレンジ通信チャネル3上で携帯端末/電話/タブレット50と通信できるコントローラ40を備える。ロック11は作動して、ドアを閉める、若しくは柵、囲い、施錠装置又は類似のものを施錠するだろう。例としては、ケージ(動物用)10、保管容器/ロッカー/部屋、自転車/スキー/幼児用駐車スタンド/ラック/レール、リビングエリア(たとえば、ホテル/モーテルの部屋)が挙げられる。
ユーザのスマートフォン50にダウンロードされて実行されるスマートフォンアプリ50は、ケージサービスプロバイダ1によって認証されており、ユーザは、いくつかのトークンが付与されていることによってユーザとして認定されている。ここでは、トークンは、サービスプロバイダ1によって提供されるケージ10をユーザが使用できるようにする通貨として使用される。トークンは、サービスプロバイダ1が管理するスキームに従ってユーザに与えられるか、又は従来のオンラインショッピング及び送金サービスを介して購入され得る。使用トークンとして使用ごとの送金を使用することは本発明の範囲内である。
スマートフォンアプリ50を実行するとき、スマートフォンアプリ50は、選択された地域/場所で利用可能なケージ10のリアルタイムのステータスをユーザに提供してもよい。スマートフォンアプリ50は、スマートフォンから地理データを受け入れて、ユーザの近く、例えば現在のユーザ位置から500メートルの範囲内、もしくは、ユーザ又はサービスプロバイダ1が定義した範囲内に位置するケージ10のケージステータスのみに絞り込むことができる。
ユーザは、「空き」/「使用可能」ステータスを有するケージ10を選択し得る。サービスプロバイダ1は、ユーザが選択されたケージ10を使用するために利用可能な必要量のクレジットを持っているかどうかをチェックし、持っている場合には、アクセスコード/キーをスマートフォンアプリに送信する。ユーザが利用可能な十分なクレジットを持っていない場合、サービスプロバイダ1は、送金サービス、広告の閲覧、商品の購入又はその他の、より多くのクレジットを提供するための様々なスキームを提供してもよい。ユーザは、選択されたケージ10とクロースレンジ通信プロトコル3上で通信できる範囲内にあるとき、選択されたケージ10に接続することを選択する。ケージ10は、ユーザがケージ10を使用する資格があることを検証し、利用するために「空き」であることを検証するため、それ自身のステータスをチェックする。サービスプロバイダ1がケージ10が利用可能であることを示したとしても、ケージ10が使用のために「準備ができていない」状況があり得る。このような状況については後で説明する。
ケージ10は、ユーザへの確認メッセージで応答してもよく、スマートフォンアプリ50は、それをインターネットプロトコル4上でサービスプロバイダ1に転送する。サービスプロバイダ1は、開錠許可、固有キーをスマートフォンアプリに送信し、それは、ケージ10に転送されたとき、コントローラにケージのドアロックを解除するように指示する。サービスプロバイダ1は、そのケージの新たなステータスを「使用中」として登録してもよい。)

カ 「The following discussion of the main parts of a system according to the invention relates to a lock 11 and controller 40 arranged in an animal cage, typically a cage 10 for placing and temporarily caretaking of dogs.」(10頁1〜2行)
(当審訳: 本発明によるシステムの主要部分についての以下の議論は、動物ケージ、典型的には、犬を置き、一時的に世話するためのケージ10内に配置されたロック11及びコントローラ40に関する。

キ 「In figure 5C the power supply 43 is outlined. The power supply 43 may be provided with a power loss or drop detector, which may be additionally comprise a power backup system such as a battery pack. The battery pack may again be connected to an emergency charging unit connected for example to a system of solar panels or other.

If the power detector detects lack of power or poor power source an alarm status may be triggered, and a message may be communicated to the user trying to make use of the cage 10 associated with the lock 11, 42 and controller 40. Such a message may for example be a dialog box in the Smartphone app displaying "lack of power, please contact shop owner". Alarm status may also be communicated by voice message over a loudspeaker in the cage 10, or a message displayed on a display screen comprised in the cage.

When power is restored to acceptable levels, the lock 11, 42 will return to normal operating mode and alarm messages will be reversed to normal operation status if appropriate.

In figure 5D an example of a user session setup process is shown, wherein the Smartphone app 50 is identified as the starting point for the user who intends to use a cage 10. The Smartphone app 50 may comprise an area identifier, for example provided by output from a navigation tool such as google map or similar, and when connected to the service provider 1, the service provider 1 may provide cage status for cages 10 within a defined range, such as for example 500 meter radius of the current location of the user. If the user identifies the intention to use a cage 10 that is identified as free for use, the service provider 1 will check the user status, and verify that the user have sufficient credits available for use. The credits status of a user may be maintained in a database maintained by the service provider 1, or alternatively in a "wallet" maintained by the Smartphone app 50 on the users Smartphone 50. Smartphone 50 may be replaced by Handheld device / Phone / Tablet 50 able to communicate with the cage 10 over a short range communication protocol/network 3 and the service provider over an internet/WAN communication protocol /network 4.

When the user credentials are approved the user is accepted to initiate usage of the selected cage 10. The Service provider 1 provides the Smartphone app 50 with a key for enabling a use session of the selected cage 10, or a cage 10 of a selected group of cages 10. When Smartphone app 50 connects to the selected cage 10 it will transfer the key which identifies for the cage 10 that the user is accepted for using the cage 10. The cage controller 11, checks all internal sensors and status for verification that the cage 10 is ready for a new use session. If approved, door is opened to let the animal in.
Examples of sensor values that will prohibit use can be: temperature is above 30°Celsius, the bacterial level is too high, the water supply is not working,」(10頁4行〜11頁6行)
(当審訳: 図5Cでは、電源43の概要が示されている。電源43には、電力の損失又は低下の検出器が設けられてもよく、それは、バッテリパック等の電力バックアップシステムをさらに備えていてもよい。バッテリパックは、例えばソーラーパネル又はその他のシステムに接続された緊急充電ユニットに再び接続されてもよい。
電力検出器が電力喪失又は電源の不足を検出した場合、警報ステータスがトリガーされ、ロック11、42及びコントローラ40に関連付けられたケージ10を使用しようとしているユーザにメッセージが伝えられる。そのようなメッセージは、例えば、スマートフォンアプリのダイアログボックスに「電力がありません。店主に連絡してください」と表示するものであってもよい。警報ステータスは、ケージ10内の拡声器を介した音声メッセージによって、又はケージ内に含まれる表示画面に表示されるメッセージによって伝達されてもよい。
電力が許容可能なレベルに回復すると、ロック11、42は通常の動作モードに戻るだろう、そして、適切であればアラームメッセージが通常の動作状態に戻されるだろう。
図5Dには、ユーザセッションのセットアッププロセスの一例が示されており、ここにおいて、スマートフォンアプリ50が、ケージ10を使用しようとするユーザのための開始点として識別される。スマートフォンアプリ50は、例えばグーグルマップ又はその類似のもののようなナビゲーションツールからの出力によって提供されるエリア識別子を備えてもよく、サービスプロバイダ1に接続されると、サービスプロバイダ1は、定義された範囲内、たとえば、ユーザの現在位置から半径500メートルのケージ10のケージステータスを提供してもよい。使用のために空きであると識別されたケージ10を使用する意図をユーザが識別した場合、サービスプロバイダ1はユーザのステータスをチェックし、ユーザが使用のために利用可能な十分なクレジットを持っているかどうかを検証するだろう。ユーザのクレジットステータスは、サービスプロバイダ1によって維持されるデータベースにおいて、又は、ユーザのスマートフォン50上のスマートフォンアプリ50によって維持される「ウォレット」において、維持されてもよい。スマートフォン50は、近距離通信プロトコル/ネットワーク3上でケージ10と通信でき、インターネット/WAN通信プロトコル/ネットワーク4上でサービスプロバイダと通信できる携帯端末/電話/タブレット50によって置換されてもよい。
ユーザ資格情報が承認されると、ユーザは、選択されたケージ10の使用を開始することが容認される。サービスプロバイダ1は、スマートフォンアプリ50に、選択されたケージ10、又はケージ10グループのケージ10の使用セッションを可能にするためのキーを提供する。スマートフォンアプリ50が選択されたケージ10に接続すると、ユーザがケージ10を使用することが容認されたことをケージ10において識別するキーを転送するだろう。ケージコントローラ11は、すべての内部センサ及びケージ10は新たな使用セッションの準備ができていることの検証のためのステータスをチェックする。承認された場合、ドアが開いて動物が中に入れられる。
使用を禁止するであろうセンサ値の例としては、温度が30℃を超えていること、細菌のレベルが高すぎること、給水が機能していないことであり得る。)

ク 「When user returns to fetch the animal from the cage 10, the user select on the Smartphone app an "open lock" feature. The cage 10 authorizes the user comparing the stored key with the key transferred with the "open lock" message sent by the Smart phone app 50. If verified correct, the lock 11 will be unlocked, and if not, an alarm message is provided, and the user is asked to contact the service provider or shop owner if cage 10 is part of a shop offering.
The users credits may be updated as result of use in a post operation of the use session, wherein the use process will include a communication session with the service provider, or wallet of the user before a unlock operation is granted and time units lapsed will be drawn from the users available credits. Alternatively, the credit accounting is performed pre operation in the initializing phase, at which typically use is counted per time of use and not time lapsed.」(11頁28行〜12頁7行)
(当審訳: ユーザが動物をケージ10から取りに戻るとき、ユーザはスマートフォンアプリ上で「開錠」機能を選択する。ケージ10は、保存されたキーと、スマートフォンアプリ50によって送信される「オープンロック」メッセージとともに転送されたキーとを比較して、ユーザを許可する。正しいことが検証された場合、ロック11のロックが解除されるだろう、そして、そうでない場合、アラームメッセージが提供され、また、ケージ10が店舗が提供するものの一部である場合にユーザはサービスプロバイダ又は店舗の所有者に連絡するように求められる。
ユーザのクレジットは、使用セッションの事後の操作における使用の結果として更新されてもよく、ここで、使用プロセスは、ロック解除操作が許可される前のサービスプロバイダ又はユーザのウォレットとの通信セッションを含むだろう、そして、経過した時間単位がユーザの利用可能なクレジットから引き出されるだろう。あるいは、クレジットアカウンティングは、動作前の初期化フェーズで実行され、ここで、通常、使用は経過時間ではなく使用時間単位でカウントされる。)

ケ 「A further service that may be comprised in the lock service may be the option for a user to reserve the use of a cage 10, ski lock, luggage store or other in advance of coming to the location of the lock service. Thereby being able to plan the visit better and not risking turning up and there is no storage available.」(14頁11〜13行)
(当審訳: ロックサービスに含まれるさらなるサービスは、ユーザがロックサービスの場所に来る前にケージ10、スキーロック、手荷物保管所又はその他の使用を予約するオプションであってもよい。これにより、訪問の計画をより適切に立てることができ、訪問しても利用可能な保管場所がない危険がなくなる。)

コ (図1B)


(2)上記(1)ア、イ、カの記載によれば、「ペットケージ」は、「犬」を「一時的に保管するための」「レンタル用の」のものであるといえる。

(3)上記(1)、(2)から、甲第2号証には、次の発明(以下「甲2発明」という。)が記載されていると認められる。

「犬を一時的に保管するためのレンタル用のペットケージであって、
ケージ10にはロック付きドア11が設けられており、ケージ10はさらに少なくともコントローラ40を備え、コントローラ40はユーザと操作装置50及びロック11と通信することができ、
ユーザ操作装置50は、ソフトウェアアプリケーションAPPを実行するスマートフォンであり、
スマートフォンアプリは、起動されると、オンラインケージサービスプロバイダ1へのオンライン接続を提供し、選択されたケージロック11と通信し、
支払いシステムは、ユーザに1つ以上の使用クレジットを付与し、
クレジットは、メンバーシップエンティティの会員になることの結果としてユーザに付与され、
ユーザのスマートフォン50にダウンロードされて実行されるスマートフォンアプリ50は、ケージサービスプロバイダ1によって認証され、ユーザは、いくつかのトークンが付与されていることによってユーザとして認定され、
スマートフォンアプリ50を実行するとき、スマートフォンアプリ50は、選択された地域/場所で利用可能なケージ10のリアルタイムのステータスをユーザに提供し、
ユーザは、「空き」/「使用可能」ステータスを有するケージ10を選択し、サービスプロバイダ1は、ユーザが選択されたケージ10を使用するために利用可能な必要量のクレジットを持っているかどうかをチェックし、持っている場合には、アクセスコード/キーをスマートフォンアプリに送信し、
サービスプロバイダ1は、開錠許可、固有キーをスマートフォンアプリに送信し、それは、ケージ10に転送された場合にコントローラにケージのドアロックを解除するように指示し、
スマートフォンアプリ50は、サービスプロバイダ1に接続されると、サービスプロバイダ1は、ケージ10のケージステータスを提供し、使用のために空きであると識別されたケージ10を使用する意図をユーザが識別した場合、サービスプロバイダ1はユーザのステータスをチェックし、ユーザが使用のために利用可能な十分なクレジットを持っているかどうかを検証し、
ユーザ資格情報が承認されると、ユーザは、選択されたケージ10の使用を開始することが容認され、サービスプロバイダ1は、スマートフォンアプリ50に、選択されたケージ10の使用セッションを可能にするためのキーを提供し、スマートフォンアプリ50が選択されたケージ10に接続すると、ユーザがケージ10を使用することが容認されたことをケージ10において識別するキーを転送し、ケージコントローラ11は、すべての内部センサ及びケージ10は新たな使用セッションの準備ができていることの検証のためのステータスをチェックし、承認された場合、ドアが開いて動物が中に入れられる、ペットケージ。」

3 甲第3号証
(1)甲第3号証には、以下の記載がある。





(当審訳: 次の目的地を選択してください。アプリのマップで家を見付けます。)



(当審訳: QRコードをスキャンしてください アプリで「Open PetParker」をクリックしてQRコードをスキャンし、ドアを開けます。)



(当審訳: あなたの犬を収容してください あとはドアを閉めるだけで彼は安全です。自動的にロックがかかります。アプリを通じてセッションを追跡できます。)

(2)上記(1)の各記載から、甲第3号証に係るウェブサイトは、「PetParker」と称する犬を収容するための設備に関するものであり、スマートフォン等のアプリを用いて当該設備に表示されたQRコードをスキャンすることにより、当該設備のドアを開くことができることを示しているものと解される。

4 甲第4号証
(1)甲第4号証において、以下の画像が示されている。








(2)上記(1)の各画像から、甲第4号証に係る動画は、上記3(2)の設備に関する動画であるものと解される。

第5 当審の判断
1 取消理由1−1及び取消理由2−1(甲第1号証に基づく新規性欠如、進歩性欠如)について
(1)本件特許発明1
ア 対比
本件特許発明1と甲1発明とを対比すると、次のことがいえる。

(ア)引用文献1の段落[0015]に記載されている発明の目的からすれば、甲1発明の「ロッカー12及びソフトウェアシステム14から構成されるペット用ロッカーシステム10」における「ロッカー12」は、犬の一時待機用の犬小屋である場合を含むといえる。
また、甲1発明は、「ロッカーシステム10を使用する方法210において、ユーザ24がロッカー12の使用期間を予約し、ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身を認証し、ユーザ24がロッカー12を開け、その中にペット32を入れ」るものであるから、「ロッカー12」は貸し出しの対象であり、「ロッカーシステム10」はレンタルシステムの一種であるといえる。
以上から、甲1発明の「ロッカーシステム10」は、これが備える構成に関する後述する相違点を除き、本件特許発明1の「犬の一時待機用の犬小屋を貸し出す犬小屋レンタルシステム」に相当する。

(イ)一般に、コンピュータネットワーク上のサービス等を利用するためのアカウントの設定は、顧客であるユーザーが会員登録情報を入力し、当該情報に基づいて会員登録を行うことによりなされ、これに対応して、会員登録を行った複数のユーザーを識別するための番号やID等の情報が発行されるから、甲1発明において、「ロッカーシステム10は、さらにサーバ78から構成され、サーバ78は、ロッカー12によって実行されるコマンドを発行することができ、サーバはモバイルアプリケーション80と通信し、モバイルアプリケーション80が、ユーザのモバイル通信デバイス84にインストールされるソフトウェアであり、モバイルアプリケーション80は、アカウントを設定するためのものであり」、「モバイルアプリケーションは検証システム88を含み、この検証システム88は、ロッカー12のユーザインターフェース20との対話においてユーザ24の身元を確認するためのものであ」ることは、甲1発明の「ロッカーシステム10」が、「アカウントを設定するため」の、「ユーザ24」の会員登録情報に基づいて会員登録を行い、「ユーザ24」を識別する顧客識別情報を発行する手段を備えていることを意味するといえる。
この点について、上記(ア)を踏まえると、甲1発明の上記手段は、本件特許発明1の「ユーザーの会員登録情報に基づいて会員登録を行い、前記ユーザーを識別する顧客識別情報を発行する処理部」に相当する。

(ウ)甲1発明は、「ユーザインターフェース20等の特定の要素を共通に共有する複数のロッカー12が存在してもよ」いものであるから、「ロッカー12」が複数である場合は、甲1発明の「モバイルアプリケーション80は、サーバ78を介してロッカー12と通信することができ、その通信には、前記ロック機構18を係合又は係合解除するためのコマンドが含まれ」ことにおける「ロック機構18」を「係合解除するためのコマンド」が、複数の「ロッカー12」のうちのいずれを対象として「係合解除する」ものであるかを識別する情報、すなわち「ロック機構18」の「係合解除」対象である「ロッカー12」の識別情報に基づいたものであって、当該情報に該当する「ロッカー12」の「ロック機構18」を「係合解除する」、すなわち、「ロッカー12」の出入り口に取り付けられた扉を解錠させるものであることは明らかである。
また、このことから、甲1発明の「ロッカーシステム10」は、当該「コマンド」を作成する手段を備えていることも明らかである。
そして、甲1発明の「ロック機構18」を「係合解除するためのコマンド」は、本件特許発明1の「解錠要求」に相当する。
以上の点について、上記(ア)を踏まえると、甲1発明の上記手段と、本件特許発明1における
「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成する施解錠部」
とは、
「犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成する施解錠部」
である点で共通する。

(エ)なお、甲1発明において、「ユーザ24がロッカー12の使用期間を予約し、ユーザ24がユーザインターフェース20を介して自分自身を認証し、ユーザ24がロッカー12を開け、その中にペット32を入れ」る過程で、本件特許発明1の「犬小屋の使用開始要求」に相当する信号が発せられることは明らかであるものの、当該信号に、上記(イ)の顧客識別情報及び上記(ウ)の「ロック機構18」の「係合解除」対象である「ロッカー12」の識別情報の両方が含まれていることは明らかとはいえないから、「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた犬小屋識別情報」に関して、本件特許発明1と甲1発明とが一致しているとすることはできない。

(オ)上記(ア)〜(ウ)から、本件特許発明1と甲1発明との間には、次の一致点、相違点があるといえる。
(一致点)
「犬の一時待機用の犬小屋を貸し出す犬小屋レンタルシステムであって、
ユーザーの会員登録情報に基づいて会員登録を行い、前記ユーザーを識別する顧客識別情報を発行する処理部と、
犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成する施解錠部と
を備える、犬小屋レンタルシステム。」

(相違点1)
本件特許発明1では、「犬小屋識別情報」が「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた」ものであるのに対して、甲1発明では、「ロッカー12」が複数である場合に「ロック機構18」の「係合解除」対象である「ロッカー12」の識別情報が用いられることは明らかであるものの、当該識別情報が「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた」ものであることが特定されるものでない点。

イ 判断
そこで、相違点1について検討する。
犬小屋等のレンタルシステム等において、その使用開始要求が、顧客識別情報及び犬小屋識別情報を含むものとすることは、甲第1号証ないし甲第4号証のいずれにも記載されておらず、本件特許の出願前に周知技術であったとも認められない。
よって、相違点1は実質的なものであり、本件特許発明は、甲第1号証に記載された発明であるとはいえず、また、甲第1号証に記載された発明及び甲第2号証ないし甲第4号証のいずれかに記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

(2)本件特許発明2〜23
本件特許発明2〜22は、本件特許発明1を減縮した発明であり、また、本件特許発明23は、本件特許発明1に対応する「犬小屋レンタル方法」の発明であって、いずれも、相違点1に係る(対応する)発明特定事項を含むものであるから、本件特許発明1と同様の理由により、甲第1号証に記載された発明であるとはいえず、また、甲第1号証に記載された発明及び甲第2号証ないし甲第4号証のいずれかに記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものではない。

(3)小括
したがって、取消理由1−1により、請求項1,4〜8,10,12,13,15,17,21,23に係る特許を取り消すことはできず、また、取消理由2−1により、請求項1〜8,10〜13,15,17,21〜23に係る特許を取り消すことはできない。

2 取消理由1−2及び取消理由2−2(甲第2号証に基づく新規性欠如、進歩性欠如)について
(1)本件特許発明1
ア 対比
本件特許発明1と甲2発明とを対比すると、次のことがいえる。

(ア)甲2発明の「犬を一時的に保管するためのレンタル用のペットケージ」が、具体的には「ケージ10」であること、及び、「ケージ10」が「レンタル」、すなわち貸し出しの対象であることは明らかである。
また、甲2発明において、少なくとも「ケージ10」及び「オンラインケージサービスプロバイダ1」は、「ケージ10」のレンタルシステムを構成しているといえる。
よって、甲2発明は、「犬を一時的に保管するための」、すなわち犬の一時待機用の「ケージ10」を貸し出す「ケージ10」のレンタルシステムを含むものであり、ここで、「ケージ10」は、本件特許発明1の「犬小屋」に相当する。
以上から、甲2発明の上記レンタルシステムは、これが備える構成に関する後述する相違点を除き、本件特許発明1の「犬の一時待機用の犬小屋を貸し出す犬小屋レンタルシステム」に相当する。

(イ)甲2発明は、「支払いシステムは、ユーザに1つ以上の使用クレジットを付与し、クレジットは、メンバーシップエンティティの会員になることの結果としてユーザに付与され」るものであり、また、「スマートフォンアプリ50は、サービスプロバイダ1に接続されると、サービスプロバイダ1は、ケージ10のケージステータスを提供し、使用のために空きであると識別されたケージ10を使用する意図をユーザが識別した場合、サービスプロバイダ1はユーザのステータスをチェックし、ユーザが使用のために利用可能な十分なクレジットを持っているかどうかを検証」するものであるから、「メンバーシップエンティティの会員になる」ことにより「クレジット」が「付与」された「ユーザ」は、「ケージ10を使用」することができるものである。
ここで、一般に、ユーザーがコンピュータネットワーク上のサービス等を利用するための会員の資格を取得することは、顧客である当該ユーザーが会員登録情報を入力し、当該情報に基づいて会員登録を行うことによりなされ、これに対応して、会員登録を行った複数のユーザーを識別するための番号やID等の情報が発行されるものである。
以上から、甲2発明における上記(ア)のレンタルシステムは、「ユーザ」が「メンバーシップエンティティの会員になる」ための、「ユーザ」の会員登録情報に基づいて会員登録を行い、「ユーザ」を識別する顧客識別情報を発行する手段を備えているといえる。
そして、甲2発明の上記手段は、本件特許発明1の「ユーザーの会員登録情報に基づいて会員登録を行い、前記ユーザーを識別する顧客識別情報を発行する処理部」に相当する。

(ウ)甲2発明は、「スマートフォンアプリ50を実行するとき、スマートフォンアプリ50は、選択された地域/場所で利用可能なケージ10のリアルタイムのステータスをユーザに提供」すること及び「ユーザは、「空き」/「使用可能」ステータスを有するケージ10を選択」することがなされるものであるから、「選択」対象の「ケージ10」が複数存在するものである。
そうすると、甲2発明の「サービスプロバイダ1は、開錠許可、固有キーをスマートフォンアプリに送信し、それは、ケージ10に転送された場合にコントローラにケージのドアロックを解除するように指示」すること、及び、「ユーザ資格情報が承認されると、ユーザは、選択されたケージ10の使用を開始することが容認され、サービスプロバイダ1は、スマートフォンアプリ50に、選択されたケージ10の使用セッションを可能にするためのキーを提供し、スマートフォンアプリ50が選択されたケージ10に接続すると、ユーザがケージ10を使用することが容認されたことをケージ10において識別するキーを転送し、ケージコントローラ11は、すべての内部センサ及びケージ10は新たな使用セッションの準備ができていることの検証のためのステータスをチェックし、承認された場合、ドアが開いて動物が中に入れられる」ことにおける「選択されたケージ10の使用セッションを可能にするためのキー」が、複数の「ケージ10」のうちのいずれを対象として「ドアロックを解除する」ものであるかを識別する情報、すなわち「ドアロックを解除する」対象である「ケージ10」の識別情報に基づいたものであって、当該情報に該当する「ケージ10」の出入り口に取り付けられた「ドア」の「ドアロックを解除する」ものであることは明らかである。
また、このことから、甲2発明における上記(ア)のレンタルシステムは、当該「選択されたケージ10の使用セッションを可能にするためのキー」を作成する手段を備えていることも明らかである。
そして、甲2発明の「選択されたケージ10の使用セッションを可能にするためのキー」は、本件特許発明1の「解錠要求」に相当する。
以上の点について、上記(ア)を踏まえると、甲2発明の上記手段と、本件特許発明1における
「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成する施解錠部」
とは、
「犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成する施解錠部」
である点で共通する。

(エ)なお、甲2発明において、「スマートフォンアプリ50は、サービスプロバイダ1に接続される」ことから「ドアが開いて動物が中に入れられる」までの過程で、本件特許発明1の「犬小屋の使用開始要求」に相当する信号が発せられることは明らかであるものの、当該信号に、上記(イ)の顧客識別情報及び上記(ウ)の「ドアロックを解除する」対象である「ケージ10」の識別情報の両方が含まれていることは明らかとはいえないから、「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた犬小屋識別情報」に関して、本件特許発明1と甲2発明とが一致しているとすることはできない。

(オ)上記(ア)〜(ウ)から、本件特許発明1と甲2発明との間には、次の一致点、相違点があるといえる。
(一致点)
「犬の一時待機用の犬小屋を貸し出す犬小屋レンタルシステムであって、
ユーザーの会員登録情報に基づいて会員登録を行い、前記ユーザーを識別する顧客識別情報を発行する処理部と、
犬小屋識別情報に基づいて、前記犬小屋識別情報に該当する前記犬小屋の犬の出入り口に取り付けられた扉を解錠させる解錠要求を作成する施解錠部と
を備える、犬小屋レンタルシステム。」

(相違点2)
本件特許発明1では、「犬小屋識別情報」が「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた」ものであるのに対して、甲2発明では、「ドアロックを解除する」対象である「ケージ10」の識別情報が用いられることは明らかであるものの、当該識別情報が「犬小屋の使用開始要求であって、前記処理部が発行した前記顧客識別情報を含む使用開始要求に含まれた」ものであることが特定されるものでない点。

イ 判断
そこで、相違点2について検討する。
犬小屋等のレンタルシステムにおいて、その使用開始要求が、顧客識別情報及び犬小屋等の識別情報の両方を含むものとすることは、甲第1号証ないし甲第4号証のいずれにも記載されておらず、本件特許の出願前に周知技術であったとも認められない。
よって、相違点2は実質的なものであり、本件特許発明1は、甲第2号証に記載された発明であるとはいえず、また、甲第2号証に記載された発明及び甲第1号証、甲第3号証及び甲第4号証のいずれかに記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

(2)本件特許発明2〜23
本件特許発明2〜22は、本件特許発明1を減縮した発明であり、また、本件特許発明23は、本件特許発明1に対応する「犬小屋レンタル方法」の発明であって、いずれも、相違点2に係る(対応する)発明特定事項を含むものであるから、本件特許発明1と同様の理由により、甲第2号証に記載された発明であるとはいえず、また、甲第2号証に記載された発明及び甲第1号証、甲第3号証及び甲第4号証のいずれかに記載された発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたものであるとはいえない。

(3)小括
したがって、取消理由1−2により、請求項1,4〜8,10,12,13,17,23に係る特許を取り消すことはできず、また、取消理由2−2により、請求項1〜8,10〜13,15,17,23に係る特許を取り消すことはできない。

第6 むすび
以上のとおり、特許異議の申立ての理由及び証拠によっては、請求項1〜8,10〜13,15,17,21〜23に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に請求項1〜8,10〜13,15,17,21〜23に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
異議決定日 2023-11-17 
出願番号 P2021-141389
審決分類 P 1 652・ 113- Y (G06Q)
P 1 652・ 121- Y (G06Q)
最終処分 07   維持
特許庁審判長 山澤 宏
特許庁審判官 富澤 哲生
山内 裕史
登録日 2023-02-15 
登録番号 7228644
権利者 旭化成ホームズ株式会社
発明の名称 犬小屋レンタルシステム及び犬小屋レンタル方法  
代理人 飯田 雅人  
代理人 田▲崎▼ 聡  
代理人 宮本 龍  
代理人 松沼 泰史  

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ