• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 取り消して特許、登録 G06F
審判 査定不服 5項独立特許用件 取り消して特許、登録 G06F
審判 査定不服 発明同一 取り消して特許、登録 G06F
管理番号 1338705
審判番号 不服2017-6544  
総通号数 221 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2018-05-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2017-05-08 
確定日 2018-04-10 
事件の表示 特願2015-216863「端末用プログラム、端末装置及び端末制御方法」拒絶査定不服審判事件〔平成28年 3月31日出願公開、特開2016- 42372、請求項の数(5)〕について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願の発明は、特許すべきものとする。 
理由 第1 手続の経緯
本願は、平成21年12月15日に出願した特願2009-283908号の一部を、平成25年7月18日に新たな特許出願とした特願2013-149626号の一部を、平成26年3月20日に新たな特許出願とした特願2014-59218号の一部を、平成27年11月4日に新たな特許出願としたものであって、平成28年10月3日付けで拒絶理由が通知され、平成28年12月12日付けで手続補正がなされたが、平成29年1月31日付けで拒絶査定がなされ、これに対し、平成29年5月8日に拒絶査定不服審判の請求がなされると同時に手続補正がなされたものである。


第2 原査定の理由の概要
原査定(平成29年1月31日付け拒絶査定)の概要は次のとおりである。

1.本願請求項1-5に係る発明は、その出願の日前の外国語特許出願(特許法第184条の4第3項の規定により取り下げられたものとみなされたものを除く。)であって、その出願後に国際公開がされた下記の外国語特許出願(以下、「先願1」という。)の国際出願日における国際出願の明細書、請求の範囲又は図面に記載された発明と同一であり、しかも、この出願の発明者がその出願前の外国語特許出願に係る上記の発明をした者と同一ではなく、またこの出願の時において、その出願人が上記外国語特許出願の出願人と同一でもないので、特許法第29条の2の規定により、特許を受けることができない。
2.本願請求項1-5に係る発明は、以下の引用文献2-4に基いて、その発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者(以下、「当業者」という。)が容易に発明をすることができたものであり、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。

<引 用 文 献 等 一 覧>
先願1.PCT/US2009/005733号(拒絶理由、拒絶査定では「PCT/US2009/032613号」と記載されているが、拒絶理由、拒絶査定に同時に記載される「国際公開第2010/071666号、特願2011-542102号、特表2012-512483号」に対応する国際出願番号は「PCT/US2009/005733号」であって誤記と認められる。)
引用文献2.特開2006-11358号公報
引用文献3.特開2003-141328号公報
引用文献4.特開平10-49337号公報


第3 本願発明
本願請求項1-5に係る発明(以下、それぞれ「本願発明1」-「本願発明5」という。)は、平成29年5月8日付けの手続補正で補正された特許請求の範囲の請求項1-5に記載された事項により特定される発明であり、以下のとおりの発明である。

「【請求項1】
端末用プログラムであって、端末装置を、
2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段、
コンテンツ上における広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告又はその付近に定める基準位置の座標を取得する基準位置取得手段、
取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段、及び、
取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御手段、
として機能させることを特徴とする端末用プログラム。
【請求項2】
端末装置を、
前記コンテンツのスクロール方向を検出する方向検出手段、及び、
検出された前記スクロール方向に応じて前記基準位置を選択する基準位置選択手段、として機能させることを特徴とする請求項1記載の端末用プログラム。
【請求項3】
端末装置を、
前記コンテンツのスクロール方向を検出する方向検出手段として機能させ、
前記制御手段は、
検出された前記スクロール方向に応じて動きの内容が異なる広告を選択し、前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断されたとき、選択した広告の表示を開始することを特徴とする請求項1記載の端末用プログラム。
【請求項4】
端末装置であって、
2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段と、
コンテンツ上における広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告又はその付近に定める基準位置の座標を取得する基準位置取得手段と、
取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段と、
取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御手段と、
を備えたことを特徴とする端末装置。
【請求項5】
端末装置が実行する端末制御方法であって、
2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得工程と、
コンテンツ上における広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告又はその付近に定める基準位置の座標を取得する基準位置取得工程と、
取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断工程と、
取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御工程と、
を含むことを特徴とする端末制御方法。」


第4 引用文献、引用発明等
1.先願1について
原査定の拒絶の理由に引用された先願1には、図面とともに次の事項が記載されている。(当審仮訳は、引用文献1の公表公報である特表2012-512483号公報の記載に基づく。また、下線は、当審において付加した。以下、同じ。)

ア.「[0077] The system is preferably made available to website operators via a system website for use by them after registering as a website content administrator. Referring to FIG.s 4-A, 4-B and 4-C, which shows the process flow of the method implemented with the system of the present invention, as shown in FIG. 4-A, a content page administrator accesses the system, which is preferably accessible via the Internet as a website, and is presented with the system graphical user interface screens, beginning with a registration screen. FIG. 6 depicts a sample system content site administrator user registration screen whereby a content page administrator can register with the system. FIG. 7 depicts a sample system login screen. As shown in FIG. 4-A, content page administrators first register with the system 100 as a content display site administrator and enter data pertaining to the content page, the content page triggering area that will trigger content rendering when it is within, or within a pre-defined distance outside of, the viewer's browser window dimensions and scrolling position, the area of the content page where the designated content will be rendered (which may be the same area as the area of the content page that will trigger rendering of such content when such area is within, or within a pre-defined distance outside of, the viewer's browser window dimensions and scrolling position), as well as designating the content to be rendered in a particular area of the content page, content page demographics and other pertinent information 200. The system user interface screens provide means for receiving from content page administrators the content page address, content file information (which may be in the form of instructions to retrieve one or more content files stored in a content server or storage device), content display area parameters and other content page data from content page administrators and system server with a database for storing one or more records containing such data, each record being given an identification code. FIG. 8 depicts a sample system user registration screen showing data entry relating to content page title, uniform resource locator address and optional logo image. FIG. 9 depicts a sample user registration screen whereby content page administrators enter their content page's primary audience geographic location. Content page administrators can select the geographic region that represents the location of the content page's primary audience, if any. FIG. 10 depicts a sample user registration screen whereby content page administrators enter their content page's content type. FIG. 1 1 depicts a sample user registration screen whereby content page administrators enter their content page audience demographic data. FIG. 12 depicts a sample content page registration confirmation screen. FIG. 13 depicts a sample content page rendering area creation screen. Content page administrators can designate a content page rendering area for a content page by entering a name for the content page rendering area, selecting a previously registered content page, and designating content distribution parameters. FIG. 14 depicts a sample content page rendering area dimension selection screen, whereby content page administrators can select one or more pre-set content page rendering area dimensions. FIG. 15 depicts a sample content page rendering area dimension specification screen where content page administrators can enter customized content page rendering area dimensions and position parameters.
[0078] Referring to FIG. 4-A, the above-referenced data is then saved by the system as a data record in the system database and an identification code is assigned to the data record 300, as shown in FIG. 15. The system software applications then generate a JavaScript tag with the link to the system server-side application including the ID of the record stored in the system database pertaining to the particular content page, content rendering area and content 400, and the content page administrator places the JavaScript tag and link on the content page 500. The tag includes the identification code for the corresponding record stored in the system database and a link to a system server-side application. FIG. 16 depicts a sample screen wherein a JavaScript tag with link to the system server-side application is generated for content page administrators to copy and paste into the page code of the content page in which the designated content page rendering area resides.
[0079] As shown in FIG. 4-B, when a content page viewer requests the content page that has such JavaScript tag and link 600, the request activates the link to the system server-side application and the system application collects a variety of information from the viewer's HTTP request, including, but not limited to, the address of the content page and the viewer's network address (for example, the Internet Protocol address associated with the viewer when the network is the Internet) 700, and retrieves the corresponding data record stored in the system server database, and generates code, preferably JavaScript code, referred to as a "correlator code," which is written to or otherwise embedded on the content page. This correlator code then dynamically generates HTML code on the content page for a layer to be used as a marker for the content page area where the content will be rendered 800. The correlator code can be positioned anywhere on the content page, not necessarily the location on the content page where the particular content will be rendered. A unique identification code is then assigned to the particular viewer/browser which can be created by the correlator code itself, or can be created by the system server-side software application and be retrieved from cookies or from the system database. The correlator code collects additional information from the viewer's browser, including, without limitation, the viewer's operating system and browser type/version, the most frequently occurring words in the web page text, and a list of other content that was already rendered on the page to prevent duplication of the same content on the content page, among other data 900. The correlator code application then generates a query string link including the data collected via the correlator code and the query string link is stored as a variable on the content page 1000. The correlator code periodically checks viewer browser screen coordinate data from the viewer's browser application with content page coordinates for the content page triggering area. FIG. 3 provides a diagrammatical representation of the communication flow between system components, content page administrators and content page viewers, and FIG. 5 provides a diagrammatical representation of the communication flow between system components, content page administrators and content page viewers in an embodiment that includes a content rendering module. The various arrows indicate the flow of communication between system components as the system operates, as explained below. As a viewer scrolls through a content page (whether up and down or left and right) or the viewer's browser window dimensions change, the correlator code periodically checks the viewer's browser window, scrolling position and dimensional coordinates and when there is correspondence (either partial or full, as has been designated or programmed into the system) between the browser window coordinates and the coordinates for the pre-defined content page triggering area (or between coordinates that are a pre-defined distance outside of the viewer's browser window dimensional and scrolling position coordinates) 1100, the query string link is activated, the correlator code dynamically generates HTML code and tags inside the previously generated HTML marker where the content will be rendered 1200 and the content is rendered in the designated content page rendering area 1300. The correlator code also records at the content page data retrieved from the viewer's browser regarding the rendering of the content, including, but not limited to the IP address associated with the viewer, browser and operating system version, unique identifier assigned by the server side application and information related to the text on the web page. The communication flow between system components is indicated in FIG. 3 by the arrows: Content page administrator 10 registers content page data with the system server 51 and the information is stored as a data record in the system database which resides in the system server, with a tag/link sent back from the system to the content page administrator 10 (as indicated by the arrows between content page administrator 10 and system database), who then places such tag/link on the content page (as indicated by the arrow from content page administrator 10 to the content page 2 at "tag"). When a viewer requests the content page 2, the tag links to the custom application (as indicated by the arrow from tag to custom application), the custom application retrieves data from the database (as indicated by the arrows between custom application and system database). The custom application then generates the correlator code and it is written to or otherwise embedded on the content page (as indicated by the arrow from the custom application to the correlator code box in the content page 2). The correlator code communicates with the content page 2 and with browser 1 as indicated by the arrows between said elements and also dynamically generates the HTML layer that serves as a marker for the content page rendering area (as indicated by the arrow between the correlator code and the content page rendering area boxes). When the correlator code determines that the content page triggering area, which, in the case of FIG. 3, is the content page rendering area, the query string link that is stored as a variable on the content page is activated and the correlator code dynamically generates HTML code and tags inside the HTML marker and the content is retrieved from content server 53 and the content is rendered in the content page rendering area (as indicated by the arrows between the content page rendering area and the content server). The correlator code communicates directly back to the system database with data retrieved from the browser and content page (as indicated by the arrow from the correlator code back to the system database).」

(当審仮訳
[0077] システムは、システムウェブサイトを介して、ウェブサイトのコンテンツ管理者として登録された後に、ウェブサイト管理者にとって利用可能であることが好ましい。図4-A、図4-B,及び図4-Cは、本発明のシステムで実現される方法の処理フローを示す。図4-Aに示すように、コンテンツページ管理者は、システムにアクセスできる。好ましくは、ウェブサイトへはインターネットを介してアクセス可能であり、登録画面から始まるグラフィカル・ユーザ・インターフェース(GUI)を提示されることが好ましい。図6は、コンテンツページ管理者がシステムに各種情報を登録できる、システムコンテンツサイトの管理者用の登録画面例を示す。図7は、システムログイン画面例を示す。図4-Aに示すように、はじめに、コンテンツページ管理者は、システム100に、コンテンツ表示サイトの管理者として登録し、コンテンツページに関係するデータ、すなわち、コンテンツが閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール領域の範囲内、又は所定距離だけ外側の範囲内にある場合に、コンテンツのレンダリングのトリガーを与えるコンテンツページトリガー領域と、指定されたコンテンツがレンダリングされるコンテンツページの領域(これは閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール領域の範囲内、又は所定距離だけ外側の範囲内にある場合に、レンダリングのトリガーを与えるコンテンツページの領域と、同一の領域であってよい)と、コンテンツページの所定の領域にレンダリングされるコンテンツの指定と、コンテンツページのターゲット層又は関連情報200を入力する。システムユーザ用のインタフェース画面は、コンテンツページ管理者からコンテンツページのアドレスと、コンテンツファイル情報(これは、コンテンツサーバ又は記憶装置に格納される1つ以上のコンテンツファイルを取り出す命令の形式でもよい)と、コンテンツの表示領域パラメータ及びその他のコンテンツページ管理者及び、これらのデータを含む1つ以上の記録(それぞれの記録は識別コードが割り当てられている)を格納したデータベースを備えるシステムサーバからのコンテンツページに係るデータを受け取る手段を提供する。図8は、コンテンツページにタイトル、URL、任意のロゴイメージのデータ入力例を表示しているシステムユーザ登録画面例を示す。図9は、コンテンツページ管理者がコンテンツページの主要な閲覧者の地理的な地域を入力するユーザ登録画面例を示す。コンテンツページ管理者は、コンテンツページの主要な閲覧者の地理的な地域があれば、それを選択できる。図10は、コンテンツページ管理者がコンテンツページの種別を入力するためのユーザ登録画面例を示す。図11は、コンテンツページ管理者がコンテンツページのコンテンツ種類を入力するためのユーザ登録画面例を示す。図12は、コンテンツページ登録確認画面例を示す。図13は、コンテンツページレンダリング領域の作成画面例を示す。コンテンツページ管理者は、コンテンツページにおけるコンテンツページレンダリング領域を、コンテンツページレンダリング領域の名称を入力し、事前に登録したコンテンツページを選択し、コンテンツ配信のためのパラメータを指定することにより指定できる。図14は、コンテンツページ管理者が1つ以上の事前設定したコンテンツ領域の寸法の中から、コンテンツページレンダリング領域の寸法を選択する画面例を示す。図15は、コンテンツページ管理者が、カスタムのコンテンツページレンダリング領域の寸法及び位置座標を入力できるコンテンツページレンダリング領域の寸法を特定する画面例を示す。
[0078] 図4-Aを参照すると、上述のデータは、データ記録としてシステムにより、システムのデータベースに保存され、図15に示すように、識別コードがデータ記録に割り当てられる(ステップ300)。そしてシステムのソフトウェアアプリケーションは、コンテンツページ、コンテンツレンダリング領域及びコンテンツに係るシステムデータベース内に格納された記録のIDを含むシステムサーバ側のアプリケーションにリンクするJavaScript(登録商標)タグを生成し(ステップ400)、コンテンツページ管理者はJavaScript(登録商標)タグ及びリンクをコンテンツページに配置する(ステップ500)。タグは、システムデータベースに格納された、対応する記録の識別コード及びシステムサーバ側のアプリケーションへのリンクを含む。図16は、コンテンツページ管理者が、指定されたコンテンツページレンダリング領域が存在するコンテンツページのページコードの中にコピー及びペーストできるように、システムサーバ側アプリケーションへのリンクを備えるJavaScript(登録商標)タグが生成される表示画面例を示す。
[0079] 図4-Bに示すように、コンテンツページ閲覧者が、このようなJavaScript(登録商標)タグ及びリンクを備えるコンテンツページを要求した場合(ステップ600)、要求がシステムサーバ側へのリンクをアクティブ状態にし、システムアプリケーションは、閲覧者のHTTP要求に基づき各種の情報、例えば、コンテンツページのアドレス及び閲覧者のネットワークアドレス(例えば、ネットワークがインターネットの場合、閲覧者に係るIPアドレス)を収集し(ステップ700)、続いて、関連するシステムサーバのデータベースに格納されるデータ記録を取得し、コンテンツページに記述又は埋め込まれるコード、好ましくはJavaScript(登録商標)のコード(以下では"相関コード"という。)を生成する。そして、この相関コードは、コンテンツがレンダリングされるコンテンツページの領域のマーカ用の層におけるコンテンツページ上に、動的にHTMLコードを生成する(ステップ800)。相関コードは、コンテンツページのどの場所にでも配置することができ、特定のコンテンツがレンダリングされるコンテンツページ上に配置される必要は無い。そして固有の識別コードは、特定のビューワー/ブラウザに割り当てられる。当該識別コードは相関コード自身により作成することができ、あるいは、システムサーバ側のソフトウェアアプリケーションにより作成することができ、クッキー又はシステムデータベースから取得できる。相関コードは、閲覧者のブラウザから追加情報を収集する(ステップ900)。追加情報は、例えば、閲覧者のオペレーティングシステム(OS)や、ブラウザ種類/バージョン、ウェブページ文書中の最頻出の言葉、同一のコンテンツがコンテンツページ上に重複しないように既にページ上にレンダリングされたコンテンツ、その他データ等である。そして相関コードのアプリケーションは、相関コードにより収集されたデータを含むクエリストリングのリンクを生成し、当該クエリストリングのリンクはコンテンツページの変数として格納される(ステップ1000)。相関コードは、周期的に、閲覧者のブラウザアプリケーションから、コンテンツページトリガー領域におけるコンテンツページの座標と共に、閲覧者のブラウザ画面座標データを確認する。図3は、システム要素と、コンテンツページ管理者と、コンテンツページ閲覧者との間の交信フローの図式的説明を提供し、図5は、コンテンツレンダリングモジュールを含む実施形態における、システム要素と、コンテンツページ管理者と、コンテンツページ閲覧者との間の、交信フローの図式的説明を提供している。各矢印は、以下説明するように、システムが動作する場合における、システム要素間における交信のフローを示す。閲覧者がコンテンツページ上でスクロールした場合(上下左右いずれでも)、又は閲覧者のブラウザウィンドウの寸法が変化した場合、相関コードは周期的に閲覧者のブラウザウィンドウと、スクロール位置と、寸法に係る座標とを確認し、ブラウザウィンドウの座標(あるいは閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置に係る座標から所定距離だけ外側にある座標)と、所定のコンテンツページトリガー領域の座標が一致した場合(部分一致又は完全一致。指定又はシステム内でプログラムされる。)(ステップ1100)、クエリストリングのリンクはアクティブ状態になり、相関コードは動的にHTMLコード及びタグを、事前に生成された、コンテンツがレンダリングされるHTMLマーカの中に生成し(1200)、コンテンツは、コンテンツページレンダリング領域にレンダリングされる(1300)。また、相関コードは、コンテンツのレンダリングに関して閲覧者のブラウザから取得したコンテンツページにおけるデータ、例えば、閲覧者に係るIPアドレス、ブラウザ及びOSのバージョン、サーバ側アプリケーションにより割り当てられた固有のID、ウェブページのテキストに関係する情報等を記録する。システム要素間の交信フローは図3において矢印により示されている。コンテンツページ管理者10は、コンテンツページデータをシステムサーバ51に登録し、情報は、システムサーバ内のシステムデータベースに、システムからコンテンツページ管理者10に返信されるタグ/リンクと共にデータ記録として、(コンテンツページ管理者10とシステムデータベースの間の矢印により示されるように)格納される。そしてコンテンツページ管理者10は、(コンテンツページ管理者10からコンテンツページ2における"タグ"への矢印で示されるように、)前記タグ/リンクをコンテンツページ上に配置する。閲覧者がコンテンツページ2を要求した場合、タグは、(タグからカスタムアプリケーション間の矢印により示されるように、)カスタムアプリケーションとリンクし、カスタムアプリケーションは、(カスタムアプリケーションとシステムデータベース間の矢印で示されるように、)データベースからデータを取得する。そして、カスタムアプリケーションは相関コードを生成し、相関コードは、(カスタムアプリケーションからコンテンツページ2の相関コードのボックスへの矢印で示されるように、)コンテンツページ上に記述又は埋め込まれる。相関コードは、コンテンツページ2及びブラウザ1と、当該要素間の矢印で示されるように交信し、(相関コード及びコンテンツページレンダリング領域のボックス間の矢印で示されるように)コンテンツページレンダリング領域のマーカとして機能するHTML層を動的に生成する。相関コードが、コンテンツページトリガー領域がコンテンツページレンダリング領域であること(図3の場合はそうである)を判定した場合、コンテンツページ上の変数として格納されているクエリストリングのリンクがアクティブ状態になり、相関コードが動的にHTMLコード及びタグをHTMLマーカ内に生成し、コンテンツがコンテンツサーバ53から取得され、コンテンツが、(コンテンツページレンダリング領域及びコンテンツサーバ間の矢印で示されるように)コンテンツページレンダリング領域にレンダリングされる。相関コードは、(相関コードからシステムデータベースへ戻る矢印で示されるように)システムデータベースに、ブラウザ及びコンテンツページから取得したデータを直接伝達する。)

イ.「[0081] FIG. 17 depicts a sample content page as presented to a content page viewer, with the content rendering area of the content page located below the viewer's browser window dimensions and scrolling position, noted by an oval indicator. Content rendering is not yet triggered because the designated area of the content page that must be within the viewer's browser window dimensions and scrolling position is not yet within such dimensions and scrolling position. FIG. 18 depicts a sample content page with the content rendering area entering the viewer's browser window dimensions and scrolling position. At this point, if content rendering is set to trigger when the designated area of the content page is partially within the viewer's browser window dimensions and scrolling position, the correlator code would proceed to activate content rendering. FIG. 19 depicts a sample content page with the content rendering area fully within the viewer's browser window dimensions and scrolling position. As this point, if content rendering is set to trigger when the designated area of the content page is wholly within the viewer's browser window dimensions and scrolling position, the correlator code would proceed to activate content rendering. FIG. 20 depicts a sample content page with the content rendered and an indicator showing the time that the content has been rendered. FIG. 21 depicts a sample content page with the content rendering area partially outside of the viewer's browser window dimensions and scrolling position. As the designated content page area that has to be either partially or wholly within the viewer's browser window dimensions and scrolling position is no longer within such dimensions and scrolling position, the previously rendered content can be removed from the page and/or be replaced with new content and content related to the content page area that is then within the viewer's browser screen dimensions and scrolling position would be triggered for rendering. The system rendering counter stops counting when the predefined page area is no longer within the viewer's browser window dimensions and scrolling position, and can resume counting if the area returns within the viewer's browser window dimensions and scrolling position.」
(当審仮訳
[0081] 図17は、コンテンツページの閲覧者に提示されるコンテンツページ例を示す。コンテンツページのコンテンツレンダリング領域は、楕円で示すように、閲覧者のブラウザのウィンドウの寸法及びスクロール位置の下に位置している。コンテンツページの指定領域が、閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置の範囲内になければならず、まだそのような寸法及びスクロール位置でないため、コンテンツのレンダリングは開始されない。図18は、コンテンツレンダリング領域が閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置に入ってきた場合のコンテンツページ例を示す。この場合に関しては、コンテンツページの指定領域が部分的に閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置の範囲内である際に、コンテンツのレンダリングが開始されることになった場合、相関コードはコンテンツのレンダリングをアクティブ状態にする。図19は、コンテンツレンダリング領域が完全に閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置の範囲内に存在する場合のコンテンツページ例を示す。この場合に関しては、コンテンツページの指定領域が完全に閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置の範囲内である際に、コンテンツのレンダリングが開始されることになった場合、相関コードはコンテンツのレンダリングをアクティブ状態にする。図20は、コンテンツがレンダリングされ、レンダリングされたコンテンツ及びコンテンツが表示された時間を示すインジケータが表示されるコンテンツページ例を示す。図21は、コンテンツレンダリング領域が部分的に閲覧者のブラウザのウィンドウの寸法及びスクロール位置から外れている場合のコンテンツページ例を示す。部分的又は完全に閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置になければならない指定されたコンテンツページ領域が、もはやそのような寸法及びスクロール位置には存在しないため、以前にレンダリングされたコンテンツはページから削除され、及び/又は、新たなコンテンツと入れ替えられ、閲覧者のブラウザウィンドウ及びスクロール位置がコンテンツ表示領域の範囲内となったコンテンツ表示領域に係るコンテンツのレンダリングが開始される。システムのレンダリング計数器は、所定のページ領域がもはや閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール領域の範囲でなくなった場合、カウントを停止し、また、当該領域が閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール領域の範囲に再びなった場合に、カウントを再開することができる。)


したがって、上記先願1には次の発明(以下、「先願発明」という。)が記載されていると認められる。

(先願発明)
「コンテンツページ管理者が、システム100に、コンテンツページに関係するデータ、コンテンツのレンダリングのトリガーを与えるコンテンツページトリガー領域と、指定されたコンテンツがレンダリングされるコンテンツページの領域(これは閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール領域の範囲内、又は所定距離だけ外側の範囲内にある場合に、レンダリングのトリガーを与えるコンテンツページの領域と、同一の領域であってよい)と、コンテンツページの所定の領域にレンダリングされるコンテンツの指定と、コンテンツページのターゲット層又は関連情報200を入力し、これらのデータを、データ記録としてシステムによって、システムのデータベースに保存し、識別コードがデータ記録に割り当てられ、システムのソフトウェアアプリケーションは、コンテンツページ、コンテンツレンダリング領域及びコンテンツに係るシステムデータベース内に格納された記録のIDを含むシステムサーバ側のアプリケーションにリンクするJavaScriptタグを生成し、コンテンツページ管理者がJavaScriptタグ及びリンクをコンテンツページに配置されるものにおいて、
コンテンツページ閲覧者が、上記JavaScriptタグ及びリンクを備えるコンテンツページを要求した場合に、要求がシステムサーバ側へのリンクをアクティブ状態にし、システムアプリケーションが、閲覧者のHTTP要求に基づき各種の情報、例えば、コンテンツページのアドレス及び閲覧者のネットワークアドレス(例えば、ネットワークがインターネットの場合、閲覧者に係るIPアドレス)を収集し、続いて、関連するシステムサーバのデータベースに格納される上記データ記録を取得し、システムアプリケーションによって生成されるコンテンツページに記述又は埋め込まれるJavaScriptの相関コードであって、
該相関コードは、レンダリングのトリガーを与えるコンテンツページの領域と、同一の領域である、コンテンツがレンダリングされるコンテンツページの領域のマーカ用の層におけるコンテンツページ上に、動的にHTMLコードを生成し、
該相関コードは、コンテンツページのどの場所にでも配置することができ、特定のコンテンツがレンダリングされるコンテンツページ上に配置される必要は無く、
該相関コード自身により作成される固有の識別コードは、特定のビューワー/ブラウザに割り当てられ、クッキー又はシステムデータベースから取得でき、
該相関コードは、閲覧者のブラウザから、閲覧者のオペレーティングシステム(OS)や、ブラウザ種類/バージョン、ウェブページ文書中の最頻出の言葉、同一のコンテンツがコンテンツページ上に重複しないように既にページ上にレンダリングされたコンテンツ、その他データ等である追加情報を収集し、
該相関コードのアプリケーションは、相関コードにより収集されたデータを含むクエリストリングのリンクを生成し、当該クエリストリングのリンクはコンテンツページの変数として格納し、
該相関コードは、周期的に、閲覧者のブラウザアプリケーションから、コンテンツページトリガー領域におけるコンテンツページの座標と共に、閲覧者のブラウザ画面座標データを確認し、閲覧者がコンテンツページ上でスクロールした場合(上下左右いずれでも)、又は閲覧者のブラウザウィンドウの寸法が変化した場合、周期的に閲覧者のブラウザウィンドウと、スクロール位置と、寸法に係る座標とを確認し、ブラウザウィンドウの座標(あるいは閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置に係る座標から所定距離だけ外側にある座標)と、所定のコンテンツページトリガー領域の座標が部分一致又は完全一致した場合に、クエリストリングのリンクはアクティブ状態にし、相関コードは動的にHTMLコード及びタグを、事前に生成された、コンテンツがレンダリングされるHTMLマーカの中に生成し、
コンテンツは、コンテンツページレンダリング領域にレンダリングされる、
相関コード。」

2.引用文献2について
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献2には、図面とともに次の事項が記載されている。
ア.「【技術分野】
【0001】
本発明は情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラム、および当該プログラムが記録された記録媒体に関するものであり、特に、スクロールさせながら、情報を表示する情報表示装置、情報表示方法、情報表示プログラム、および該プログラムが記録されたコンピュータ読み取り可能な記録媒体に関するものである。」

イ.「【発明を実施するための最良の形態】
【0066】
以下に、図面を参照しつつ、本発明の実施の形態について説明する。以下の説明では、同一の部品および構成要素には同一の符号を付してある。はじめに、本発明の実施の形態における、用語の定義についてまとめる。
【0067】
本実施の形態において「要素データ」とは、テキストデータ、静止画データ、動画データ、音声データ、音楽データのいずれかであり、電子的なファイルやストリーミングデータの形態で存在するものである。
【0068】
本実施の形態において「コンテンツデータ」とは、前記要素データの集合体であり、複数の要素データが配置されたデータを示している。具体的なコンテンツデータとしては、1つの座標軸(時系列)に沿って配置された複数の要素データを上記座標軸に沿って再生する際の情報表示方法、再生方法を規定する記述を含めたひとまとまりのテキスト形式またはバイナリ形式のデータとして定義されるものであってもよいし、単に、ファイルを格
納するディレクトリのようなものであってもよい。なお、上記コンテンツデータが要素データを格納するディレクトリである場合には、当該ディレクトリに含まれる要素データは、上記コンテンツデータの上記座標軸に対する配置位置が記憶されていればよく、また、ファイルの名前順、作成時刻順など、ファイルの属性をもとに順序を定めてもよい。
【0069】
本実施の形態において「スクロールバー」とはコンテンツデータを再生する際の進捗状況を示すものであり、スクロールバー・スライダの位置をもって、コンテンツデータ総再生時間のうちで現在どの位置にあるかを示すものである。そして、スクロールバーは、コンテンツデータの表示領域と隣接するように表示される。なお、上記総再生時間とは、コンテンツデータの全長を予め設定されている速度でスクロールさせた場合に要する時間と、動画データの再生などのためにスクロールを停止させる時間とを併せた時間である。上記の場合、例えば、コンテンツデータに音楽ファイルが含まれており、当該音楽ファイルを再生するときに、コンテンツデータのスクロールを停止する場合には、当該音楽ファイルの再生時間が総再生時間に含まれることとなる。
【0070】
本実施の形態において「再生」とは、各要素データを、コンピュータ読取り可能なデジタルデータの形態から、人間が視聴覚可能な形態に変換する処理のことを指し、コンテンツデータに含まれる各要素データを、時系列に沿って順々に表示または再生していくことである。つまり、上記再生とは、コンテンツデータに含まれる全ての要素データを表示画面に表示または再生することである。なお、コンテンツデータに要素データとして音楽ファイルが含まれる場合には、スピーカ等の出力装置から音声データや音楽データを出力することはいうまでもない。
【0071】
[第1の実施の形態]
図2は、第1の実施の形態にかかる情報表示装置100のハードウェア構成の具体例を示すブロック図である。本実施の形態にかかる情報表示装置100は、図2に示すように、通信部11、制御部12、記憶部13、および、入出力部14を備えている。
【0072】
上記制御部12は、情報表示装置100全体を制御するものである。また、通信部11は、他の装置と通信するためのものである。これら通信部11および制御部12は、CPU(Central Processing Unit)などから構成されている。
【0073】
上記記憶部13は、制御部12において実行されるプログラムや、そのプログラムの中間データおよび他のコンピュータから受信したデータなどを記憶するものである。
【0074】
上記入出力部14は、ユーザインタフェースである。これら、記憶部13および入出力部14は、ROM(Read Only Memory)やRAM(Random Access Memory)などから構成されている。
【0075】
さらに上記入出力部14は、ボタンやダイヤルやレバーなどの制御部12に対してデータや命令を入力する操作部141と、ユーザに情報を表示するLCD(Liquid Crystal Display)などの表示部142と、音声を出力するスピーカなどの音声出力部143とを含んで構成される。
【0076】
図3は、上記情報表示装置100の、再生するコンテンツデータを読み込む機能、および、あらかじめ定められた設定またはユーザの操作に従って該コンテンツデータを再生する機能にかかる構成を説明するブロック図である。
【0077】
本実施の形態にかかる情報表示装置100は、図3に示すように、操作受付部101、移動速度指示部102、出力部分指示部103、出力データ指示部104、出力制御部105、出力データ読込部106、出力設定情報記憶部107、出力部108、データ一時記憶部109、データ記憶部110、および通信部11を含んで構成される。なお、操作部141は、操作受付部101、移動速度指示部102、出力部分指示部103および出力データ指示部104を備えている。また、制御部12は、出力制御部105および出力データ読込部106を備えている。また、記憶部13は、出力設定情報記憶部107、データ一時記憶部109、および、データ記憶部110を備えている。そして、データ一時記憶部109、および、データ記憶部110でデータ保持部136を構成している。また、出力部108は、表示部142と音声出力部143とを備えている。そして、コンテンツデータを読み込む機能および該コンテンツデータを再生する機能、制御部12が、記憶部13に記憶されるプログラムを読み出し、そのプログラムを実行して図2に示されるハードウェア構成の各部を制御することによって実現される。」

ウ.「【0088】
ここで、上記出力部105について説明する。図1は、出力制御部105の機能構成をより詳しく説明するブロック図である。出力制御部105は、図1に示すように、再生制御データ構造管理部152と、コンテンツデータ解析部154と、データ取得部130と、要素データ変倍決定部131と、スクロールバー制御部151と、スクロール動作制御部133と、出力要素データ判定部153と、変倍処理部132と、コンテンツデータ再生制御部155とを備えている。

・・・中略・・・

【0093】
コンテンツデータとは、具体的には、図30に示したようなスクリプトと、該スクリプトから参照されている1つ以上の要素データ(図30の例では、text1.txt、video1.mpg、text2.txt、img1.jpg、text3.txt)のセットとして構成される。前記スクリプトには、要素データを表示するための1つ以上の領域情報を指定するための記述と、要素データを指定する記述と、前記各要素データを前記指定された領域のうちどの領域に、どの時間帯に再生表示させるかを指定する再生スケジュール情報の記述を含んでいる。

・・・中略・・・

【0097】
スクロール動作制御部133は、コンテンツデータの再生におけるスクロールの開始、スクロール速度の変更、および停止等のスクロール再生にかかる制御を行うものである。具体的には、上記スクリプトに含まれるスクロール速度に基づいて、コンテンツデータのスクロールを行うとともに、スクロール制御部151や出力要素データ判定部153から送信されてくるスクロール停止命令に基づいてスクロールの停止を行い、また、スクロール開始命令に基づいてスクロールを開始する。
【0098】
スクロールバー制御部151は、スクロール動作制御部133より出力座標範囲の通知を受けると、これに応じてスクロールバー・スライダの位置を計算し、コンテンツデータ再生制御部155に対してスクロールバーの再描画を指示する。
【0099】
また、スクロールバー制御部151は、ユーザ操作によりスクロールバー・スライダが移動された場合に、移動後のコンテンツデータの出力座標範囲を計算し、スクロール動作制御部133に通知する。」

エ.「【0110】
図5は、本実施の形態にかかるコンテンツデータの情報表示方法における処理の流れを示すフローチャートである。このフローチャートを参照して、本実施の形態にかかる情報表示方法について説明する。
【0111】
ユーザによって、表示画面の再生領域が変更された場合には、制御部12は、記憶部13の出力設定情報記憶部107に、再生領域を記憶する(S10)。この再生領域の取得および記憶は、再生領域が変更される毎に行われる。
【0112】
まず、ユーザから操作部141の出力データ指示部を介して、再生表示させるコンテンツデータが指定されると、出力データ読込部106は、通信部11を介して外部ネットワークよりコンテンツデータの取得を指示する。取得されたコンテンツデータは、データ保持部136に記憶される。
【0113】
続いて、出力制御部105において、前記取得したコンテンツデータの再生制御に必要な情報を準備する。まず、データ取得部130が、データ保持部136より前記取得したコンテンツデータを読込み、これをコンテンツデータ解析部154に受け渡す。コンテンツデータ解析部154では、取得したコンテンツデータを解析し、図29に示したようなデータ構造を作成する。作成されたデータ構造は再生制御データ構造管理部152にて管理される。
【0114】
その後、ユーザから操作部141の移動速度指示部を介して、コンテンツデータの再生指示がなされる(S11)と、出力設定情報記憶部107に記憶されているスクロール速度情報に従って、コンテンツデータのスクロール再生が開始される(S12)。
【0115】
コンテンツデータのスクロール再生制御はスクロール動作制御部133主導で行われる。スクロール動作制御部133は、スクロールバー制御部151を介して、コンテンツデータ再生制御部155に対して、スクロールバーおよびスクロールバー・スライダの描画を指示する。一方、再生開始後の経過時間を逐一カウントし、出力要素データ判定部153に通知する。再生時刻の通知を受けた出力要素データ判定部153は、前記通知された現在時刻、および、再生制御データ構造とを参照して、再生表示すべき要素データを判定する。そして、前記判定した要素データをデータ取得部130を介して取得する。
【0116】
次に、出力要素データ判定部153は、コンテンツデータのスクロール再生によって、当該コンテンツデータに含まれる動画データの表示領域が再生領域に入ったか否かを判定する(S13)。具体的には、スクロール動作制御部133から通知される現在時刻と、再生制御データ構造を参照して、スクロール再生を開始してから所定時間後に動画データが再生領域に表示されることを示す情報が記されている場合には、動画データが再生領域に入ったか否かを判定することができる。
【0117】
そして、上記ステップS13にて、動画データの表示領域が再生領域に入ったと判定すると、出力要素データ判定部153は、再生領域に入った動画データの表示領域が再生領域に収まるか否かを判定する(S14)。これは、例えば、出力要素データ判定部153は、要素データ変倍決定部131の判断結果により、判定することができる。
【0118】
ステップS14にて、動画データの表示領域が再生領域に収まらないと判定すると、出力要素データ判定部153は、変倍処理部132に上記動画データの表示領域の変倍命令を出す。変倍処理部132は、動画データの表示領域が再生領域に収まるように変倍処理を行う(S15)。そして、処理はステップS16に進む。
【0119】
次に、動画データの表示領域が再生領域に収まると判定する、または、上記表示領域が再生領域に収まるように変倍処理が行われると、次に、出力要素データ判定部153は、スクロール再生によって、動画データの表示領域が再生領域内に収まったか否かを判定する(S16)。具体的には、スクロール動作制御部133から通知される現在時刻における、コンテンツデータの再生領域に出力される座標値の範囲と、再生制御データ構造を参照して得られる動画データの表示領域の座標値の範囲とを比較することで判定する。
【0120】
そして、スクロール再生によって、動画データの表示領域が再生領域内に収まったと判定すると、出力要素データ判定部153は、スクロール動作制御部133に、スクロール再生の停止を指示する。スクロール停止命令を受信したスクロール動作制御部133は、スクロール再生を停止する(S17)。
【0121】
そして、スクロール動作制御部133は、スクロール再生を停止させた後、コンテンツデータ再生制御部155に対して動画再生命令を送信する。上記動画再生命令を受信したコンテンツデータ再生制御部155は、再生領域に表示されている動画データを再生する(S18)。
【0122】
次に、スクロール動作制御部133は、再生領域に表示されている動画データの再生が終了したか否かを判断する(S19)。具体的には、動画再生制御部171は、再生領域に表示されている動画データの再生を終了すると、スクロール動作制御部に対して動画データの再生が終了した旨の信号を送信する。つまり、上記スクロール動作制御部133は、上記動画再生制御部171から上記動画データの再生が終了した旨の信号を受け取ったか否かを判断することにより、再生領域に表示されている動画データの再生が終了したか否かを判断する。
【0123】
そして、動画再生制御部171から再生領域に表示されている動画データの再生が終了した旨の信号を受信すると、スクロール動作制御部133は、再度スクロール開始命令をスクロールバー制御部151およびコンテンツデータ再生制御部155に送信し、これによりコンテンツデータのスクロール再生が再開される(S20)。
【0124】
コンテンツデータの再生が終了したか否かは、出力要素データ判定部153が判断し、スクロール動作制御部133にスクロール停止を指示する(S21)。具体的には、再生開始からの経過時間と、再生制御データ構造管理部より取得できるコンテンツデータの総裁政治観を比較し、コンテンツデータの再生が終了したか否かを判断する。そして、まだ、コンテンツデータの再生が終了していないと判断すると、処理は、ステップS13に戻る。また、コンテンツデータの再生が終了したと判断した場合には処理を終了する。」

オ.「【0189】
また、カーソル1606をスクロールバー・スライダ330に合わせ、ボタン1603を用いて上下方向にドラッグすることで、コンテンツデータの再生点を連続的に移動させることができる。この操作は、スクロールホイール1605を前後に回転させることによっても行うことができる。」

カ.「【0194】
また、コンテンツデータが動画データなど、表示画面領域300のスクロールを一時停止した状態で再生する動画データ(要素データ)を含む場合においては、図22に示したように、現在、再生領域に表示されている要素データの再生にかかる時間が色分け表示されることが望ましい。つまり、コンテンツデータ全体における現在再生中の要素データに相当する部分のみが区分けされて表示されることがより好ましい。
【0195】
この場合、該要素データを再生中に、カーソルをスクロールバー・スライダ330に合わせ、ボタン1603を用いて上下方向にスクロールバー・スライダ330をドラッグ操作すると、当該スクロールバー・スライダ330が区間340の内側であれば、該要素データの再生点の移動として、区間340の外側に出れば、コンテンツデータのスクロール機能として働く。」

キ.「【0202】
本実施の形態にかかる情報表示装置は、一つの操作系でコンテンツデータのスクロールと、当該コンテンツデータが含む動画やアニメーションデータの再生制御との両方を行うことができる。例えば、スクロール再生を自動的に行う場合には、スクロール操作と、動画データの再生操作の双方が不要となる。また、例えば、手動でスクロール再生を行う場合には、スクロール操作を手動で行うことになるが、このスクロール操作に連動して、コンテンツデータに含まれる動画データを自動的に再生することができるので、ユーザは、単にスクロール再生を行うための操作を行うのみでよい。つまり、スクロール再生および動画再生を1つの操作系で実現することができる。また、例えば、リモコンを用いてコンテンツデータの閲覧を行う場合、従来のHTML文書を表示するブラウザを制御するには、スクロール操作とは別に、内包する動画データを指定するポインティング操作、該動画データを再生開始、停止などを行う操作に別々のボタンを設けるなどの工夫が必要であるが、本実施の形態にかかる情報表示装置では、単に、スクロール再生を開始する命令を与えるだけで、コンテンツデータに含まれる全ての要素データを閲覧することができる。」


したがって、上記引用文献2には次の発明(以下、「引用発明」という。)が記載されていると認められる。

(引用発明)
「通信部11、出力制御部105および出力データ読込部106を備える制御部12、記憶部13、および、入出力部14を備える情報表示装置100の前記記憶部13に記憶されるプログラムであって、
前記コンテンツデータは、スクリプトと、該スクリプトから参照されている1つ以上の要素データ(例えば、text1.txt、video1.mpg、text2.txt、img1.jpg、text3.txt)のセットとして構成され、要素データを表示するための1つ以上の領域情報を指定するための記述と、要素データを指定する記述と、前記各要素データを前記指定された領域のうちどの領域に、どの時間帯に再生表示させるかを指定する再生スケジュール情報の記述を含んでおり、
前記出力制御部105は、再生制御データ構造管理部152と、コンテンツデータ解析部154と、データ取得部130と、要素データ変倍決定部131と、スクロールバー制御部151と、スクロール動作制御部133と、出力要素データ判定部153と、変倍処理部132と、コンテンツデータ再生制御部155とを備えており、
前記スクロール動作制御部133は、コンテンツデータの再生におけるスクロールの開始、スクロール速度の変更、および停止等のスクロール再生にかかる制御を行うものであって、前記スクリプトに含まれるスクロール速度に基づいて、コンテンツデータのスクロールを行うとともに、スクロール制御部151や出力要素データ判定部153から送信されてくるスクロール停止命令に基づいてスクロールの停止を行い、また、スクロール開始命令に基づいてスクロールを開始するものであり、
前記スクロールバー制御部151は、スクロール動作制御部133より出力座標範囲の通知を受けると、これに応じてスクロールバー・スライダの位置を計算し、コンテンツデータ再生制御部155に対してスクロールバーの再描画を指示し、ユーザ操作によりスクロールバー・スライダが移動された場合に、移動後のコンテンツデータの出力座標範囲を計算し、スクロール動作制御部133に通知するものであって、
前記スクロールバーは、コンテンツデータを再生する際の進捗状況を示すものであり、スクロールバー・スライダの位置をもって、コンテンツデータ総再生時間のうちで現在どの位置にあるかを示し、スクロールバーは、コンテンツデータの表示領域と隣接するように表示され、上記総再生時間とは、コンテンツデータの全長を予め設定されている速度でスクロールさせた場合に要する時間と、動画データの再生などのためにスクロールを停止させる時間とを併せた時間であって、
前記プログラムが、制御部12にコンテンツデータを読み込む機能および該コンテンツデータを再生する機能を実行させるものであって、
ユーザによって、表示画面の再生領域が変更された場合には、制御部12は、記憶部13の出力設定情報記憶部107に、再生領域を記憶し(S10)、
ユーザから操作部141の出力データ指示部を介して、再生表示させるコンテンツデータが指定されると、出力データ読込部106は、通信部11を介して外部ネットワークよりコンテンツデータの取得を指示し、取得されたコンテンツデータは、データ保持部136に記憶し、続いて、出力制御部105において、前記取得したコンテンツデータの再生制御に必要な情報を準備し、データ取得部130が、データ保持部136より前記取得したコンテンツデータを読込み、これをコンテンツデータ解析部154に受け渡し、コンテンツデータ解析部154では、取得したコンテンツデータを解析し、データ構造を作成し、作成されたデータ構造は再生制御データ構造管理部152にて管理し、
ユーザから操作部141の移動速度指示部を介して、コンテンツデータの再生指示がなされ(S11)、
出力設定情報記憶部107に記憶されているスクロール速度情報に従って、コンテンツデータのスクロール再生が開始され(S12)、
コンテンツデータのスクロール再生制御はスクロール動作制御部133主導で行われ、スクロール動作制御部133は、スクロールバー制御部151を介して、コンテンツデータ再生制御部155に対して、スクロールバーおよびスクロールバー・スライダの描画を指示し、再生開始後の経過時間を逐一カウントし、出力要素データ判定部153に通知し、再生時刻の通知を受けた出力要素データ判定部153は、前記通知された現在時刻、および、再生制御データ構造とを参照して、再生表示すべき要素データを判定し、前記判定した要素データをデータ取得部130を介して取得し、
出力要素データ判定部153は、コンテンツデータのスクロール再生によって、当該コンテンツデータに含まれる動画データの表示領域が再生領域に入ったか否かを、スクロール動作制御部133から通知される現在時刻と、再生制御データ構造を参照して、スクロール再生を開始してから所定時間後に動画データが再生領域に表示されることを示す情報によって判定し(S13)、
上記ステップS13にて、動画データの表示領域が再生領域に入ったと判定すると、出力要素データ判定部153は、要素データ変倍決定部131の判断結果により、再生領域に入った動画データの表示領域が再生領域に収まるか否かを判定し(S14)、
ステップS14にて、動画データの表示領域が再生領域に収まらないと判定すると、出力要素データ判定部153は、変倍処理部132に上記動画データの表示領域の変倍命令を出し、変倍処理部132は、動画データの表示領域が再生領域に収まるように変倍処理を行い(S15)、
動画データの表示領域が再生領域に収まると判定する、または、上記表示領域が再生領域に収まるように変倍処理が行われると、次に、出力要素データ判定部153は、スクロール再生によって、動画データの表示領域が再生領域内に収まったか否かを、スクロール動作制御部133から通知される現在時刻における、コンテンツデータの再生領域に出力される座標値の範囲と、再生制御データ構造を参照して得られる動画データの表示領域の座標値の範囲とを比較することで判定し(S16)、
スクロール再生によって、動画データの表示領域が再生領域内に収まったと判定すると、出力要素データ判定部153は、スクロール動作制御部133に、スクロール再生の停止を指示し、スクロール停止命令を受信したスクロール動作制御部133は、スクロール再生を停止し(S17)、
スクロール動作制御部133は、スクロール再生を停止させた後、コンテンツデータ再生制御部155に対して動画再生命令を送信し、上記動画再生命令を受信したコンテンツデータ再生制御部155は、再生領域に表示されている動画データを再生し(S18)、
上記スクロール動作制御部133は、上記動画再生制御部171から上記動画データの再生が終了した旨の信号を受け取ったか否かを判断することにより、再生領域に表示されている動画データの再生が終了したか否かを判断する(S19)、
動画再生制御部171から再生領域に表示されている動画データの再生が終了した旨の信号を受信すると、スクロール動作制御部133は、再度スクロール開始命令をスクロールバー制御部151およびコンテンツデータ再生制御部155に送信し、これによりコンテンツデータのスクロール再生が再開される(S20)、
ことを行わせるプログラム。」

3.引用文献3について
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献3には、図面とともに次の事項が記載されている。

ア.「【0028】処理対象とされた素材の広告種別が「広告」である場合(S5:Yes)には、更に、この広告が表示領域に完全に含まれているか否かが、この広告の配置領域情報(x1,x2,y1,y2)が参照されることによって判定される(S6)。そして、この広告が表示領域に完全に含まれている場合(S6:Yes)には、画面表示処理部31によって、電子新聞クライアント端末4から、この広告が表示される(S7)。」

4.引用文献4について
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献4には、図面とともに次の事項が記載されている。

ア.「【0011】この発明は、基準に対する制御素子の傾斜の関数として表示すべき情報をスクロールすることにより、計算装置のディスプレイ上への情報を表示する方法に関する。好ましくは、ユーザがボタンを押したり、ハンドヘルド素子を握り締めたりして、スクロールを作動させる時に基準値が設定される。スクロールの方向は、基準に対して制御素子がどちらへ傾斜しているかによって決まる。例えば、基準に対する傾斜の方向が上または下、左または右であることにより、スクロールの方向は上下または左右に決まる。一方向への傾斜がテキストのスクロールのような第一の動作を制御し、直交方向への傾斜が、ビューウィンドウ内のテキストのページの変更のような別の動作を制御する。」

第5 対比・判断
1.本願発明1について
(1)理由1(拡大先願)について
a.対比
本願発明1と先願発明とを対比すると、次のことがいえる。

ア.先願発明の「閲覧者」の「ブラウザ」は何らかの装置に表示されており、閲覧者は該装置の「ブラウザ」で表示される「コンテンツページ」に対して「スクロール」を行うことができるものであるから、先願発明の該装置は、本願発明1の「端末装置」に相当する。
そして、先願発明の「相関コード」は、本願発明1の「プログラム」に相当する。

イ.先願発明の「コンテンツページ」は、本願発明1の「コンテンツ」に相当し、また、先願発明の「ブラウザウィンドウ」に表示されている「コンテンツページ」の領域が、本願発明1の「可視領域」に相当する。
そして、先願発明の「スクロール位置座標」は、「ブラウザウィンドウ」に表示される「コンテンツページ」の基準となる位置の座標を表していることは明らかであって、スクロールに応じて「スクロール位置座標」が移動すれば、それに応じて「ブラウザウィンドウ」に表示されている「コンテンツページ」の領域は移動し、また、「スクロール位置座標」が2次元座標系の座標であることは明らかであるから、先願発明の「スクロール」は、本願発明1の「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作」に相当する。
さらに、先願発明の「相関コード」は、「閲覧者のブラウザアプリケーションから、コンテンツページトリガー領域におけるコンテンツページの座標と共に、閲覧者のブラウザ画面座標データを確認し、閲覧者がコンテンツページ上でスクロールした場合(上下左右いずれでも)、又は閲覧者のブラウザウィンドウの寸法が変化した場合、周期的に閲覧者のブラウザウィンドウと、スクロール位置と、寸法に係る座標とを確認」するものであり、先願発明では「相関コード」が上記装置を「スクロールした場合」に「ブラウザウィンドウの寸法座標及びスクロール位置座標」を取得する手段として機能させているものと認められるから、先願発明の「閲覧者のブラウザウィンドウと、スクロール位置と、寸法に係る座標」は、本願発明1の「端末装置に画面表示されている可視領域の座標」に相当し、先願発明の該取得する手段は、本願発明1の「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段」に相当する。

ウ.先願発明の「レンダリングされる」「コンテンツ」と、本願発明1の「コンテンツ上における広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告」とは、「コンテンツ上におけるコンテンツ要素」の点では共通する。
また、先願発明の「相関コード」は、「周期的に、閲覧者のブラウザアプリケーションから、コンテンツページトリガー領域におけるコンテンツページの座標と共に、閲覧者のブラウザ画面座標データを確認し、閲覧者がコンテンツページ上でスクロールした場合(上下左右いずれでも)、又は閲覧者のブラウザウィンドウの寸法が変化した場合、周期的に閲覧者のブラウザウィンドウと、スクロール位置と、寸法に係る座標とを確認し、ブラウザウィンドウの座標(あるいは閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置に係る座標から所定距離だけ外側にある座標)と、所定のコンテンツページトリガー領域の座標が部分一致又は完全一致し」ているか判断しており、先願発明では「相関コード」が上記装置を「所定のコンテンツページトリガー領域の座標」を取得手段として機能させているものと認められ、また、先願発明では「コンテンツ」の「レンダリングのトリガーを与えるコンテンツページの領域」と、「コンテンツがレンダリングされるコンテンツページの領域」が「同一」であり、「所定のコンテンツページトリガー領域の座標」は、「コンテンツがレンダリングされるコンテンツページ」の座標といえるから、先願発明の「取得する手段」と、本願発明1の「コンテンツ上における広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告又はその付近に定める基準位置の座標を取得する基準位置取得手段」とは、「コンテンツ上におけるコンテンツ要素であって、コンテンツ要素又はその付近に定める座標を取得する位置取得手段」の点では共通する。

エ.先願発明の「相関コード」は、「周期的に、閲覧者のブラウザアプリケーションから、コンテンツページトリガー領域におけるコンテンツページの座標と共に、閲覧者のブラウザ画面座標データを確認し、閲覧者がコンテンツページ上でスクロールした場合(上下左右いずれでも)、又は閲覧者のブラウザウィンドウの寸法が変化した場合、周期的に閲覧者のブラウザウィンドウと、スクロール位置と、寸法に係る座標とを確認し、ブラウザウィンドウの座標(あるいは閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置に係る座標から所定距離だけ外側にある座標)と、所定のコンテンツページトリガー領域の座標が部分一致又は完全一致し」ているか判断しおり、先願発明では「相関コード」が上記装置を判断手段として機能させているものと認められるから、先願発明の該判断手段と、本願発明1の「取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段」とは、「取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得した前記位置が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段」の点では共通する。

よって、本願発明1と先願発明は、以下の点で一致、ないし相違している。

(一致点)
「端末用プログラムであって、端末装置を、
2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段、
コンテンツ上におけるコンテンツ要素であって、コンテンツ要素又はその付近に定める座標を取得する位置取得手段、
取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段、
として機能させることを特徴とする端末用プログラム」

(相違点1)
上記「コンテンツ要素」が、本源発明1では、「広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告」であるのに対して、先願発明では、コンテンツに関してそのような特定がされていない点

(相違点2)
上記「座標」が、本願発明1では、「基準位置の座標」であるのに対して、先願発明では、トリガ領域の座標であって、そのような基準位置ではない点。

(相違点3)
本願発明1は、「取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御手段」を有しているが、先願発明は、「ブラウザウィンドウの座標(あるいは閲覧者のブラウザウィンドウの寸法及びスクロール位置に係る座標から所定距離だけ外側にある座標)と、所定のコンテンツページトリガー領域の座標が一致し」た場合に、「コンテンツは、コンテンツページレンダリング領域にレンダリング」されるものであって、そのような制御手段を有していない点。

b.相違点についての判断

事案に鑑みて、上記相違点2について先に判断する。
先願発明では、「ブラウザウィンドウと、スクロール位置と、寸法に係る座標とを確認し、ブラウザウィンドウの座標と、所定のコンテンツページトリガー領域の座標が部分一致又は完全一致した場合」を判断するものであって、「一致」は「部分一致又は完全一致」を判断するものであるから、「トリガ領域の座標」を基準の位置とすることはできず、上記相違点2に係る構成は、課題解決のための具体化手段における微差ではなく、先願発明に記載されている事項に等しい事項でもないので、本願発明1と先願発明とが実質同一であるとは認められない。

したがって、本願発明1は、先願発明と同一ではないので、特許法第29条の2の規定により特許をすることができないものであるとすることはできない。

(2)理由2(進歩性)について
a.対比
本願発明1と引用発明とを対比すると、次のことがいえる。

ア.引用発明の「情報表示装置100」は、「ユーザから操作部141の出力データ指示部を介して、再生表示させるコンテンツデータが指定される」ものであるから「端末装置」といい得るものであり、引用発明の「情報表示装置100の前記記憶部13に記憶されるプログラム」は、本願発明1の「端末用プログラム」に相当する。

イ.引用発明の「コンテンツデータ」は、本願発明1の「コンテンツ」に相当する。
また、引用発明の「再生領域」が、本願発明1の「可視領域」に相当する。
引用発明の「スクロール再生」は、「スクロール速度に基づいて、コンテンツデータのスクロールを行う」ものであって、「スクロール再生によって、動画データの表示領域が再生領域内に収まったと判定すると」「スクロール再生を停止し」、「再生領域に表示されている動画データを再生し」「再生領域に表示されている動画データの再生が終了した旨の信号を受信すると」「コンテンツデータのスクロール再生が再開される」ものであって、「スクロール再生」中は、「スクロール速度」で「再生領域」が移動するものであり、2次元座標系における「再生領域」の座標は「スクロール速度」で変動しているものと認められ、引用発明の「スクロール再生」と、本願発明1の「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作」とは、「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール」の点では共通する。
そして、引用発明の「出力要素データ判定部153」は、スクロール再生中に「スクロール動作制御部133から通知される現在時刻における、コンテンツデータの再生領域に出力される座標値の範囲」を取得しており、引用発明の「出力要素データ判定部153」と、本願発明1の「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段」とは、「可視領域の座標を変動させるスクロールに応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段」の点では共通する。

ウ.引用発明の「コンテンツデータに含まれる動画データ」と、本願発明1の「コンテンツ上における広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告」とは、「コンテンツ上における動画のデータ」の点では共通する。
また、引用発明の「出力要素データ判定部153」は、「スクロール再生によって、動画データの表示領域が再生領域内に収まったか否かを、スクロール動作制御部133から通知される現在時刻における、コンテンツデータの再生領域に出力される座標値の範囲と、再生制御データ構造を参照して得られる動画データの表示領域の座標値の範囲とを比較することで判定」するものであり、「再生制御データ構造を参照して得られる動画データの表示領域の座標値の範囲」を取得しているものと認められ、引用発明の「出力要素データ判定部153」と、本願発明1の「コンテンツ上における広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告又はその付近に定める基準位置の座標を取得する基準位置取得手段」とは、「コンテンツ上における動画のデータ又はその付近の座標を取得する取得手段」の点では共通する。

エ.引用発明の「出力要素データ判定部153」は、「スクロール再生によって、動画データの表示領域が再生領域内に収まったか否かを、スクロール動作制御部133から通知される現在時刻における、コンテンツデータの再生領域に出力される座標値の範囲と、再生制御データ構造を参照して得られる動画データの表示領域の座標値の範囲とを比較することで判定」するものであるから、本願発明1の「取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段」とは、「取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得手段が取得した前記座標が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段」の点では共通する。

オ.引用発明の「スクロール動作制御部133」は、「動画データの表示領域が再生領域内に収まったと判定する」された場合に、「スクロール再生を停止させた後、コンテンツデータ再生制御部155に対して動画再生命令を送信し、上記動画再生命令を受信したコンテンツデータ再生制御部155は、再生領域に表示されている動画データを再生」するものであって、「「動画データの表示領域が再生領域内に収まったと判定」されない場合にには、「動画データ」が再生されないことは明らかであるから、引用発明の「スクロール動作制御部133」と、本願発明1の「取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御手段」とは、「取得手段が取得した前記座標が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記動画のデータを開始せず、取得手段が取得した前記座標が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記動画のデータを開始する制御手段」の点では共通する。


よって、本願発明1と引用発明は、以下の点で一致、ないし相違している。

(一致点)
「端末用プログラムであって、端末装置を、
2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロールに応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段、
コンテンツ上における動画のデータ又はその付近に座標を取得する取得手段、
取得した前記可視領域の座標に基づいて、取得手段が取得した前記座標が前記可視領域内に位置しているかを判断する判断手段、及び、
取得手段が取得した前記座標が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記動画データを開始せず、取得手段が取得した前記座標が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記動画データを開始する制御手段、
として機能させることを特徴とする端末用プログラム」

(相違点4)
上記「スクロール」が、本願発明1では、「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作」であるのに対して、引用発明では、「スクロール速度に基づいて、コンテンツデータのスクロールを行う」「スクロール再生」であ点。

(相違点5)
上記「動画のデータ」が、本願発明1では、「広告であって、アニメーション若しくは動画の動きを伴う広告」であるのに対して、引用発明では、「動画データ」にそのような特定はされていない点。

(相違点6)
上記「座標」が、本願発明1では、「広告又はその付近に定める基準位置の座標」であって、「基準位置取得手段」は該「基準位置」を取得し、「判断手段」は該「基準位置」が「前記可視領域内に位置しているかを判断」し、さらに、「制御手段」は、「取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する」のに対して、
引用発明では、「動画データの表示領域の座標値の範囲」であって、「出力要素データ判定部153」は、該「座標値の範囲」を取得し、「コンテンツデータの再生領域に出力される座標値の範囲」と比較するものであって、さらに、「スクロール動作制御部133」は、該「座標値の範囲」が「再生領域内に収まったと判定」された場合に、「スクロール再生を停止させた後、コンテンツデータ再生制御部155に対して動画再生命令を送信し、上記動画再生命令を受信したコンテンツデータ再生制御部155は、再生領域に表示されている動画データを再生」するものである点。

b.相違点についての判断
相違点4、6について判断する。
(相違点4について)
通常のスクロール操作は、スクロールバーのスクロールバー・スライダをドラッグすることと認められる。
そして、引用文献2の段落【0202】には、手動でスクロール再生が行えること、さらに、段落【0189】には、「スクロールバー」の「スクロールバー・スライダ」を「ドラッグ」すると再生点を連続的に移動させることが記載されており、引用発明において、「スクロールバー」の「スクロールバー・スライダ」を「ドラッグ」することでスクロール再生を行い、この「ドラッグ」操作をスクロール操作と呼ぶことは、当業者が容易に想到性し得たことと認めらる。
しかしながら、引用発明における「スクロールバー」は、「コンテンツデータを再生する際の進捗状況を示すものであり、スクロールバー・スライダの位置をもって、コンテンツデータ総再生時間のうちで現在どの位置にあるかを示し、スクロールバーは、コンテンツデータの表示領域と隣接するように表示され、上記総再生時間とは、コンテンツデータの全長を予め設定されている速度でスクロールさせた場合に要する時間と、動画データの再生などのためにスクロールを停止させる時間とを併せた時間であ」り、「動画データの再生などのためにスクロールを停止させる時間」を含むものであって、引用文献2の段落【0195】には、この「スクロールバー」の「動画データ」部分も「ドラッグ」が可能であり「動画データ」の再生点が移動することが記載されており、「動画データ」部分の「ドラッグ」では「スクロール」は行われないものである。
したがって、引用発明において「スクロールバー」の「スクロールバー・スライダ」を「ドラッグ」することを「スクロール操作」としても、該「スクロール操作」では「2次元座標系における可視領域の座標を変動される」ものではなく、本願発明1の上記相違点4に係る構成を導出することはできない。

(相違点6について)
ある領域が特定の領域内に収まるか判断する際に、ある領域に基準となる位置を定めて、該基準となる位置が特定の領域内に収まっているかで、判断することは常套手段と認められる。
しかしながら、引用発明では、「動画データの表示領域が再生領域内に収まったか否か」を判断する前に、ステップ14において「動画データの表示領域が再生領域に収まるか否か」の判定をし、「ステップS14にて、動画データの表示領域が再生領域に収まらないと判定すると、出力要素データ判定部153は、変倍処理部132に上記動画データの表示領域の変倍命令を出し、変倍処理部132は、動画データの表示領域が再生領域に収まるように変倍処理を行」っており、「ユーザによって」変更される「表示画面の再領域」の大きさに応じて、「動画データの表示領域」も変倍されるものであるから、このような「動画データの表示領域」に対して基準の位置を定めることはできず、引用発明の「動画データの表示領域」に対して上記常套手段を適用することはできない。

したがって、本願発明1は、当業者であっても引用発明、引用文献3-4に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものであるとはいえない。

2.本願発明2-3について
本願発明2-3は、請求項1をさらに限定するものであって、本願発明1の「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段」、及び「取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御手段」と同一の構成を備えるものであるから、本願発明1と同じ理由により、当業者であっても、引用発明、引用文献3-4に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。

3.本願発明4、5について

本願発明4は、本願発明1に対応する端末装置の発明であり、また、本願発明5は、本願発明1に対応する方法の発明であり、本願発明4、5は、本願発明1の「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段」、及び「取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御手段」に対応する構成を備えるものであるから、本願発明1と同じ理由により、当業者であっても、引用発明、引用文献3-4に記載された技術的事項に基づいて容易に発明できたものとはいえない。


第6 原査定について
審判請求時の補正により、本願発明1-5は、「2次元座標系における可視領域の座標を変動させるスクロール操作に応じてスクロール表示されるコンテンツのうち前記端末装置に画面表示されている可視領域の座標を取得する可視領域取得手段」、及び「取得した前記基準位置が前記可視領域外に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始せず、取得した前記基準位置が前記可視領域内に位置していると判断された場合には、前記アニメーション又は前記動画の前記動きを開始する制御手段」という事項を有するものとなっており、先願発明と同一ではなく、また、当業者であっても、引用発明、及び引用文献3-4に基づいて、容易に発明できたものとはいえない。したがって、原査定の理由を維持することはできない。


第7 むすび
以上のとおり、原査定の理由によっては、本願を拒絶することはできない。
また、他に本願を拒絶すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
 
審決日 2018-03-28 
出願番号 特願2015-216863(P2015-216863)
審決分類 P 1 8・ 575- WY (G06F)
P 1 8・ 161- WY (G06F)
P 1 8・ 121- WY (G06F)
最終処分 成立  
前審関与審査官 佐藤 匡  
特許庁審判長 和田 志郎
特許庁審判官 稲葉 和生
山澤 宏
発明の名称 端末用プログラム、端末装置及び端末制御方法  
代理人 特許業務法人酒井国際特許事務所  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ