現在、審決メルマガは配信を一時停止させていただいております。再開まで今暫くお待ち下さい。

  • ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由)(定型) B29C
審判 査定不服 1項3号刊行物記載 特許、登録しない(前置又は当審拒絶理由)(定型) B29C
管理番号 1354815
審判番号 不服2018-13522  
総通号数 238 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2019-10-25 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2018-10-10 
確定日 2019-08-29 
事件の表示 特願2014-223953「繊維強化プラスチックの製造方法」拒絶査定不服審判事件〔平成28年5月23日出願公開、特開2016- 87907〕について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 
理由 第1 主な手続の経緯
本願は、平成26年11月4日の出願であって、平成30年7月6日付けで拒絶査定がなされたのに対し、同年10月10日に拒絶査定不服審判の請求がなされたものであり、平成31年3月26日付けで拒絶理由(以下、「本件拒絶理由」という。)が通知されたものである。

第2 本願発明
本願の請求項1ないし4に係る発明は、平成30年5月16日提出の手続補正書により補正された特許請求の範囲の請求項1ないし4に記載の事項により特定されるとおりのものと認める。

第3 むすび
請求人は、本件拒絶理由に対して、指定期間内に特許法第159条第2項で準用する同法第50条所定の意見書を提出するなどの反論を何らしていない。そして、本件拒絶理由を覆すに足りる根拠は見いだせず、本願は本件拒絶理由によって拒絶すべきものである。
よって、結論の通り審決する。
 
審理終結日 2019-06-27 
結審通知日 2019-07-02 
審決日 2019-07-17 
出願番号 特願2014-223953(P2014-223953)
審決分類 P 1 8・ 121- WZF (B29C)
P 1 8・ 113- WZF (B29C)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 田代 吉成  
特許庁審判長 大島 祥吾
特許庁審判官 加藤 友也
植前 充司
発明の名称 繊維強化プラスチックの製造方法  
代理人 大浪 一徳  
代理人 田▲崎▼ 聡  
代理人 伏見 俊介  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ