• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て ただし書き3号明りょうでない記載の釈明  A47B
審判 全部申し立て 1項3号刊行物記載  A47B
審判 全部申し立て ただし書き1号特許請求の範囲の減縮  A47B
審判 全部申し立て (特120条の4,3項)(平成8年1月1日以降)  A47B
審判 全部申し立て 2項進歩性  A47B
審判 全部申し立て 判示事項別分類コード:857  A47B
管理番号 1369999
異議申立番号 異議2020-700467  
総通号数 254 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2021-02-26 
種別 異議の決定 
異議申立日 2020-07-08 
確定日 2020-11-17 
異議申立件数
訂正明細書 有 
事件の表示 特許第6627140号発明「天板昇降式デスク」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6627140号の明細書、特許請求の範囲を、訂正請求書に添付された訂正明細書、特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項〔1-4〕、5について訂正することを認める。 特許第6627140号の請求項1及び5に係る特許を維持する。 特許第6627140号の請求項2ないし4に係る特許についての特許異議の申立てを却下する。 
理由 第1 手続の経緯
特許第6627140号に係る出願は、平成26年10月30日に出願された特願2014-221893号の一部を、平成30年12月12日に新たな特許出願としたものであって、令和1年12月13日にその特許権の設定登録がされ、令和2年1月8日に特許掲載公報が発行されたものである。
その後、その特許について、令和2年7月8日に特許異議申立人 垣木 晴彦(以下、「申立人」という。)より、特許異議申立書(以下、「申立書」という。)が提出され、請求項1ないし5に対して特許異議の申立てがされた。

その後の経緯は、以下のとおりである。
令和 2年 8月31日付け: 取消理由通知
令和 2年10月13日: 意見書の提出及び訂正の請求

なお、令和2年10月13日に提出された訂正請求(以下、「本件訂正請求」という。)の内容は、後記第2に示すとおり、実質的に、訂正前の請求項1、2及び4を削除したものであり、本件訂正請求による訂正(以下、「本件訂正」という。)後の特許請求の範囲に係る発明についても、申立人は申立書において実質的に意見を述べているということができるから、本件訂正については特許法第120条の5第5項ただし書に規定される特別の事情があるときに該当し、申立人に対して意見書を提出する機会を与える必要はないものである。


第2 訂正の適否についての判断
1 訂正の内容
本件訂正の内容は、以下のとおりである(下線は訂正箇所を示す)。

(1)訂正事項1
特許請求の範囲の請求項1を、
「床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、
前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、
前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、
前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、
前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、
前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、
前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、
前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれていることを特徴とする天板昇降式デスク。」に訂正する。

(2)訂正事項2
特許請求の範囲の請求項2を削除する。

(3)訂正事項3
特許請求の範囲の請求項3を削除する。

(4)訂正事項4
特許請求の範囲の請求項4を削除する。

(5)訂正事項5
特許請求の範囲の請求項5に、「前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えていることを特徴とする請求項1から請求項4の何れか1項に記載の天板昇降式デスク。」とあるのを、
「床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、
前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、
前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、
前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、
前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、
前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、
前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えていることを特徴とする天板昇降式デスク。」に訂正する。

(6)訂正事項6
明細書の段落【0010】を、
「【0010】
本発明の天板昇降式デスクは、床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれていることを特徴とする。」に訂正する。

(7)訂正事項7
明細書の段落【0011】の記載を削除する。

(8)訂正事項8
明細書の段落【0012】の記載を削除する。

(9)訂正事項9
明細書の段落【0013】を、
「【0013】
また、前記天板昇降式デスクにおいては、床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えていることを特徴とする。」に訂正する。

2 訂正の目的の適否、特許請求の範囲の拡張・変更の存否、新規事項の有無、及び一群の請求項について
(1)訂正事項1
ア 訂正目的、及び特許請求の範囲の拡張・変更の存否
訂正事項1は、訂正前の請求項1における「上部支持体」について、「前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれている」との限定を付加し、実質的に訂正前の請求項3と同じ内容とするものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであって、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではない。
したがって、訂正事項1は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、また、同法第120条の5第9項で準用する第126条第6項の規定にも適合するものである。

イ 新規事項の有無
訂正事項1による限定事項は、訂正前の請求項2及び3に記載されていた事項であるから、訂正事項1は、願書に添付した特許請求の範囲、明細書及び図面に記載された事項の範囲内で行う訂正事項であり、特許法第120条の5第9項で準用する第126条第5項の規定に適合するものである。

(2)訂正事項2ないし4
ア 訂正目的、及び特許請求の範囲の拡張・変更の存否
訂正事項2ないし4は、訂正前の請求項2ないし4を削除するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであって、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものではない。
したがって、訂正事項2ないし4は、いずれも特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、また、同法第120条の5第9項で準用する第126条第6項の規定にも適合するものである。

イ 新規事項の有無
訂正事項2ないし4は、訂正前の請求項2ないし4を削除するものであるであるから、いずれも願書に添付した特許請求の範囲、明細書及び図面に記載された事項の範囲内で行う訂正事項であり、特許法第120条の5第9項で準用する第126条第5項の規定に適合するものである。

(3)訂正事項5
ア 訂正目的、及び特許請求の範囲の拡張・変更の存否
訂正事項5は、訂正前の請求項5について、訂正前の請求項1ないし4のいずれかを引用していたところ、訂正前の請求項1を引用する請求項5を独立化するとともに、訂正前の請求項2ないし4を引用する選択肢を削除したものである。そのため、訂正事項5は、特許法第120条の5第2項ただし書第1号に掲げる特許請求の範囲の減縮、及び、同項ただし書第4号に掲げる、他の請求項の記載を引用する請求項の記載を当該他の請求項の記載を引用しないものとすることを、目的とするものであり、また、同法第120条の5第9項で準用する第126条第6項の規定にも適合するものである。

イ 新規事項の有無
訂正事項5は、訂正前の請求項1を引用する請求項5を独立化するとともに、訂正前の請求項2ないし4を引用する請求項5を削除するものであるであるから、願書に添付した特許請求の範囲、明細書及び図面に記載された事項の範囲内で行う訂正事項であり、特許法第120条の5第9項で準用する第126条第5項の規定に適合するものである。

(6)訂正事項6ないし9
ア 訂正目的、及び特許請求の範囲の拡張・変更の存否
訂正事項6ないし9は、訂正事項1ないし5により訂正された請求項1ないし5の記載に、発明の詳細な説明の記載を整合させるものであるから、特許法第120条の5第2項ただし書第3号に規定する、明瞭でない記載の釈明を目的としたものである。また、訂正事項6ないし9は、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものにも該当せず、同法第120条の5第9項で準用する第126条第6項の規定にも適合するものである。

イ 新規事項の有無
訂正事項6ないし9は、訂正事項1ないし5により訂正された請求項1ないし5の記載に、発明の詳細な説明の記載を整合させるものであるから、訂正事項1ないし5について上記(1)ないし(5)のイにおいて指摘したと同様に、願書に添付した特許請求の範囲、明細書及び図面に記載された事項の範囲内で行う訂正事項である。そのため、訂正事項6ないし9は、特許法第120条の5第9項で準用する第126条第5項の規定に適合するものである。

(7)一群の請求項、及び独立特許要件について
訂正前の請求項1ないし5について、請求項2ないし5はそれぞれ請求項1を直接的又は間接的に引用しているから、訂正事項1によって記載が訂正される請求項1に連動して訂正がされるものである。そのため、請求項1ないし5は、特許法第120条の5第4項に規定する一群の請求項に該当する。
本件訂正の訂正事項1ないし9は、一群の請求項である訂正前の請求項1ないし5について、特許請求の範囲を減縮、他の請求項の記載を引用する請求項の記載を当該他の請求項の記載を引用しないものとすること、及び、発明の詳細な説明における明瞭でない記載の釈明を行うものであるから、訂正事項1ないし9は、一群の請求項[1-5]に対して請求されたものである。
そして、本件においては、訂正前の請求項1ないし5について特許異議の申立てがされているから、訂正事項1ないし5により特許請求の範囲の減縮が行われていても、訂正後の請求項1ないし5に係る発明について、特許法第120条の5第9項で読み替えて準用する同法第126条第7項の独立特許要件は課されない。

3 まとめ
以上のとおり、本件訂正請求による訂正は、特許法第120条の5ただし書第2項第1号、第3号及び第4号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項において準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合するので、本件訂正は認められるべきものである。
また、本件訂正後の請求項5について、特許権者は、請求項5についての訂正が認められる場合には、一群の請求項の他の請求項とは別途訂正することを求めているところ、上記のとおり本件訂正は認められるべきものであるから、本件訂正後の請求項5を本件訂正後の請求項1ないし4とは別途の訂正単位とする求めも、認められるべきものである。
よって、訂正後の請求項[1-4]、5について、本件訂正を認める。


第3 本件訂正発明
本件訂正請求により訂正された請求項1ないし5に係る発明(以下、各々を「本件訂正発明1」等といい、請求項1ないし5に係る発明をまとめて「本件訂正発明」という。)は、その特許請求の範囲の請求項1ないし5に記載された次の事項により特定されるとおりのものである。

「【請求項1】
床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、
前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、
前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、
前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、
前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、
前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、
前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、
前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれていることを特徴とする天板昇降式デスク。

【請求項2】
(削除)

【請求項3】
(削除)

【請求項4】
(削除)

【請求項5】
床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、
前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、
前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、
前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、
前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、
前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、
前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えていることを特徴とする天板昇降式デスク。」


第4 証拠一覧、異議申立理由及び取消理由の概要、並びに証拠の記載
1 証拠一覧
申立人により、申立書とともに提出された証拠は、以下のとおりである。

甲第1号証; 中国実用新案登録第201920037号公報
(CN201920037U、
2011年8月10日公告)
甲第2号証; 米国特許第6360675号公報
(US6360675B1、
2002年3月26日発行)
甲第3号証; 特開2007-130320号公報
(2007年5月31日公開)
甲第4号証; 特開平11-123108号公報
(1999年5月11日公開)
甲第5号証; 米国特許出願公開第2014/0096706号公報
(US2014/0096706A1、
2014年4月10日公開)
甲第6号証; 米国特許第6435112号公報
(US6435112B1、
2002年8月20日発行)
甲第7号証; 実願昭58-16969号(実開昭59-12343
9号)のマイクロフィルム
(1984年8月20日公開)
甲第8号証; 特開平11-113641号公報
(1999年4月27日公開)
甲第9号証; 特開平5-228024号公報
(1993年9月7日公開)
甲第10号証; 実願昭60-55401号(実開昭61-17033
1号)のマイクロフィルム
(1986年10月22日公開)
甲第11号証; 特開2003-275032号公報
(2003年9月30日公開)
甲第12号証; 実願昭63-49717号(実開平1-152533
号)のマイクロフィルム
(1989年10月20日公開)
甲第13号証; 実願平3-68993号(実開平5-18338号)
のCD-ROM
(1993年3月9日公開)
甲第14号証; 実願平3-105260号(実開平5-43928号
)のCD-ROM
(1993年6月15日公開)
甲第15号証; 特開平10-323232号公報
(1998年12月8日公開)
甲第16号証; 特開2005-102912号公報
(2005年4月21日公開)
甲第17号証; 特開2009-14186号公報
(2009年1月22日公開)
甲第18号証; 特開2003-310360号公報
(2003年11月5日公開)
甲第19号証; 国際公開第2010/054656号
(WO2010/054656A1、
2010年5月20日国際公開)
甲第20号証; 米国特許第8752488号公報
(US8752488B2、
2014年6月17日発行)
甲第21号証; 国際公開第2011/063812号
(WO2011/063812A2、
2011年6月3日国際公開)
甲第22号証; 国際公開第2013/159775号
(WO2013/159775A1、
2013年10月31日国際公開)
甲第23号証; 欧州特許第2452589号公報
(EP2452589B1、
2014年6月18日公開)

2 異議申立理由、及び取消理由の要旨
(1)申立人による異議申立理由
申立人による異議申立理由の要旨は、次のとおりである。

ア(甲第1号証を主たる引用例とした新規性)
本件特許の請求項1ないし2及び4ないし5に係る発明は、本件特許の出願前に頒布された甲第1号証に記載された発明と、甲第2号証ないし甲第11号証、及び、甲第19号証ないし甲第23号証に記載される周知技術を考慮すれば、同一である(申立書第12頁下から4行-第16頁第12行、第17頁第13行-第18頁第12行)。
したがって、本件特許の請求項1ないし2及び4ないし5に係る発明は、特許法第29条第1項第3号の規定に該当するから、その発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消されるべきものである。

イ(甲第1号証を主たる引用例とした進歩性)
本件特許の請求項3に係る発明は、本件特許の出願前に頒布された甲第1号証に記載された発明及び甲第9号証並びに甲第12号証ないし甲第23号証に記載される周知技術に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものである(申立書第16頁第13行-第17頁第12行、第18頁第13行-第16行)。
したがって、本件特許の請求項3に係る発明は、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないものであるから、その発明に係る特許は、同法第113条第2号に該当し、取り消されるべきものである。

(2)令和2年8月31日付けの取消理由
当審が令和2年8月31日付けで特許権者に通知した取消理由の要旨は、次のとおりである。

本件特許の請求項1ないし2及び4に係る発明は、甲第1号証に記載された発明、及び、甲第2号証に示される周知技術に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものであるから、特許法第29条第2項の規定により、特許を受けることができない。。

3 証拠の記載
(1)甲第1号証
ア 記載事項
甲第1号証(以下、「甲1」という。)には、図面と共に次の事項が記載されている(中文イメージの後に、申立人提出の抄訳をもとに当審で作成した仮訳を括弧書きで付した。仮訳の下線は、当審で付加した。)。

(ア)段落[0024]

([0024] 図1及び図4に示すように、本実施例は事務電動昇降テーブルを提供し、ワークトップ23とテーブルフレームを含んで、前記テーブルフレームはテーブル脚3、中間固定板9、ワークトップ23を支持する台底11及び横梁12より組成する;前記中間固定板9はテーブル脚3に連結して架け、テーブルフレーム全体の強健性を補強し、前記横梁12は台底11に連結して架け、更に横梁12と台底11をワークトップ23の下側に固定してワークトップ23を支持し、またテーブルフレーム片側の台底11にメインスイッチ2と昇降スイッチ1を設ける;台底11に固定的に連結するそれぞれのテーブル脚3には、ワークトップ23の同時上下昇降を支持する螺旋副昇降機構を内設する;前記横梁12中部にはタービン変速動力機構を設ける;前記タービン変速動力機構とそれぞれのテーブル脚3内のねじ対昇降機構の間をL型タイミングベルト6によって連動し、L型タイミングベルト6によって、タービン変速動力機構駆動はそれぞれのテーブル脚3内のねじ対昇降機構を同時に上下昇降駆動し、テーブルフレーム上のワークトップ23の高さを均一としつつ上昇下降させる。)

(イ)段落[0025]

([0025] 図3及び6では、主にタービン変速動力機構の構造図であり、タービン変速動力機構のモータ固定座27は横梁12の下方に取り付ける、タービン変速動力機構のタンクカバー7の内部に専用のスクロールバーのヘッドモータ13とプラスチックタービン14のモジュール機構を設ける、プラスチックタービンは14のモジュールは主軸16によってころがり軸受17とプラスチックタービン12を合致して、ロックナット26と併用して主軸を錠止する16の下端はなって、再びモータ固定座27内とスクロールバーのヘッドモータ13に入れて捩りの動力を出力することを嵌合する;同時主軸は16の上端用ロックスクリュー15は大同期車輪8を同時回転を錠止する。)

(ウ)段落[0028]

([0028] 外部電源が変圧器10の変圧後に、回線によりヘッドモータ13に供給され、メインスイッチ2を開け、昇降スイッチ1によって、ヘッドモータ13の運転を制御し、プラスチックタービン20を率いて回転して、同時に大同期の回を8の回転出力は動力をねじらせて、L型タイミングベルト6によって捩りの動力を変速しそれぞれのテーブル脚3に伝達するタイミングホイール4は、タイミングホイール4からそれぞれのテーブル脚3内のT型スクリュ21を率いてプラスチックナット20内で回転して、接続を上に台底が11を支えて分岐管22はスライドバー18の作用でテーブル脚3に往復するの内腔は昇降させて、且つリードスイッチ28の感応制御で、テーブルフレーム上のワークトップ23の高さを均一としつつ上下昇降させる。)

(エ)図1には、次の図示がある。

(オ)図2には、次の図示がある。



(カ)図3には、次の図示がある。

(キ)図4には、次の図示がある。

(ク)図より読み取れる事項
上記(ア)の段落[0024]の記載を勘案すると、上記(オ)の図2より、横梁12は一対の台底11に連結して架けることが、看て取れる。
上記(ア)の段落[0024]の記載を勘案すると、上記(エ)の図1及び上記(オ)の図2より、一対の台底11は、横梁12の延在方向の各端部に連結され、各台底11は横梁12の延在方向及び上下方向と略直交する方向に延在することが、看て取れる。
上記(キ)の図4より、ワークトップ23は平板状であることが、看て取れる。
上記(エ)の図1及び上記(キ)の図4より、各テーブル脚3の下端には台底11と略平行に延在する部材を設けることが、看て取れる。
上記(イ)の段落[0025]の記載を勘案すると、上記(カ)の図3より、タービン変速動力機構のタンクカバー7内にはヘッドモータ13を備えることが、看て取れる。
上記(ア)の段落[0024]の記載を勘案すると、上記(エ)の図1及び上記(オ)の図2より、メインスイッチ2は、メインスイッチ2の操作部が台底11の手前部側面から突出するように、メインスイッチ2の一部が台底11内に埋設されるように配置され、昇降スイッチ1は、メインスイッチ2とは別に、台底11の外側、かつ台底11の前端部近傍に配置されることが、看て取れる。
また、上記(エ)の図1には、メインスイッチ2より手前の台底11側面に、小さな切り欠き様の印が図示されている。

イ 記載された発明
上記アより、甲1には、次の発明(以下、「甲1発明」という。)が記載されている。
「ワークトップ23とテーブルフレームとを含む、事務電動昇降テーブルであって、
テーブルフレームはテーブル脚3、中間固定板9、ワークトップ23を支持する台底11及び横梁12より組成し、
横梁12は一対の台底11に連結して架け、
一対の台底11は、横梁12の延在方向の各端部に連結され、各台底11は横梁12の延在方向及び上下方向と略直交する方向に延在し、
横梁12と台底11をワークトップ23の下側に固定してワークトップ23を支持し、ワークトップ23は平板状であり、
台底11に固定的に連結するそれぞれのテーブル脚3には、ワークトップ23の同時上下昇降を支持する螺旋副昇降機構を内設し、各テーブル脚3の下端には台底11と略平行に延在する部材を設け、
横梁12中部にはタービン変速動力機構を設け、タービン変速動力機構のタンクカバー7内にはヘッドモータ13を備え、
テーブルフレーム片側の台底11にメインスイッチ2と昇降スイッチ1を設け、メインスイッチ2は、メインスイッチ2の操作部が台底11の手前部側面から突出するように、メインスイッチ2の一部が台底11内に埋設されるように配置され、昇降スイッチ1は、メインスイッチ2とは別に、台底11の外側、かつ台底11の前端部近傍に配置され、
メインスイッチ2を開け、昇降スイッチ1によってヘッドモータ13の運転を制御し、動力をそれぞれのテーブル脚3に伝達して、ワークトップ23を上下昇降させる、
事務電動昇降テーブル。」

(2)甲第2号証
甲第2号証(以下、「甲2」という。)には、次の記載がある(英文の後に、申立人提出の抄訳をもとに当審で作成した仮訳を括弧書きで付した。英文及び仮訳の下線は、当審で付加した。)。

ア 第2欄第44行?第59行
Referring initially to FIG. 1, there is shown an adjustable table assembly 10 of the present invention, which includes a generally rectangular, horizontally extending work surface coupled to a base 30 including a pair of horizontally extending feet 32 and 34 to which there is mounted vertically extending base legs 40 and 50 in spaced relationship to one another and coupled by a cross member 45. The work surface may be of any conventional material, such as a laminated composite board, solid wood, polymeric material, glass, or the like. Mounted to the underside 22 of work surface 20 are a pair of motor actuating assemblies 60 and 70, each of which are substantially identical. Assemblies 60 and 70 each include a low profile housing enclosing an electrical drive motor and right angle drive which is coupled to a screw jack, which couples to a thrust nut mounted in each of the legs 40 and 50, respectively.
(最初に参照する図1には、本発明の調節可能なテーブル組立体10が示されており、これは、互いに対して間隔をあけた関係に延在するベース脚40および50が垂直に取り付けられて水平に延びる脚部32及び34の対を有するベース30に結合されて、横断部材45によって結合されたほぼ長方形の、水平方向に延びている作業面を含んでいる。作業面は、任意の従来の材料、例えば、積層複合板、木材、ポリマー材料、ガラスなどであってもよい。作業面20の下面22に取り付けられたモータ駆動アセンブリ60、70の各々は、実質的に同一である。アセンブリ60および70はそれぞれ、ねじジャッキ、脚部40および50の各々に取り付けられているスラストナットに連結され、電気駆動モータおよび直角駆動装置を囲むハウジングを含む。)

イ 第2欄第60行?第3欄第2行
Telescopic leg assemblies 80 and 90 couple the motor actuating assemblies 60 and 70 to base legs 40 and 50, respectively, and extend within the base legs when retracted and out of the legs when extended as the work surface height is adjusted in a vertical direction as indicated by arrow A in FIG. 1. Each of the motor actuating assemblies 60 and 70 is coupled to a motor control 95 also mounted to the underside 22 of work surface 20 by means of a conductor or cord 62 for actuator 60 and 72 for actuator 70. Conductors 62, 72 are signal and power control conductors, respectively.
(図1に矢印Aで示すように、作業面の高さは、垂直方向に調整されるように、伸縮する脚組立体80、90は、モータ駆動アセンブリ60、70を脚部40及び50にそれぞれ結合されており、後退するときは、ベース脚の内部および拡張したときに、脚部の外に伸びている。モータ駆動アセンブリ60および70はそれぞれ、アクチュエータ70用のアクチュエータ60及び72に対する伝導体またはコード62により、作業面20の下側22に取り付けられたモータ制御装置95に接続されている。導体62、72は、信号及び電力制御、である。)

ウ 第3欄第3行?第27行
The motor control 95 is coupled to an operator control 100 by means of a conductor or cord 102. Operator control 100 is mounted to the front underside edge of surface 22 such that the operator control switches are conveniently accessible. Operator control 100 includes a plurality of switches such as a down control touch switch 101, an up control touch switch 102, a digital display 104 displaying a digital number representing the height level of work surface and memory position switches 105 through 109. An AC power cord 93 having a conventional electrical plug (not shown) is coupled to a wall outlet for supplying operating power to the motor control 95 which, in turn, converts the input power to the desired operating voltages for motors contained within actuators 60 and 70 in response to commands from operator control 100 through motor control 95. Motor control 95 includes a microprocessor programmed to receive signals representing the position of the telescopic leg assemblies 80 and 90 such that certain frequently used or desired positions can be stored in memory and, by actuating one of the preset switches 105-109, the table surface can be moved to the desired position in response to an input command signal. Although the table shown in FIG. 1 is a two-pedestal table, it can be appreciated that the present invention can be employed with single pedestal tables, tables having three or more legs or dual section tables with front and rear work surfaces.
(モータ制御装置95は、導電体またはケーブル102によってオペレータ制御装置100に結合されている。オペレータ制御装置100は、オペレータ制御スイッチが都合よくアクセスされるように、作業面の下側22の前方縁部に取り付けられている。オペレータ制御部100は、降圧制御スイッチ101、制御スイッチ102と、作業面の高さレベルを表すデジタル数を表示するデジタルディスプレイ104およびメモリ位置スイッチ105-109のような、複数のスイッチを含む。従来の電気プラグ(図示せず)を有する、言い換えると、モータ制御装置95を介してオペレータ制御装置100からのコマンドに応答して、アクチュエータ60及び70内のモータの入力電力を所望の動作電圧に変換してモータ制御部95に動作電源を供給する壁コンセントに結合されるAC電源コード93のモータ制御部95は、ある頻度で使用されるか、所望の位置はメモリに記憶することができるように、伸縮可能な脚部アセンブリ80、90の位置を表す信号を受け取るようにプログラムされたマイクロプロセッサを含み、このプリセットスイッチ105-109の1つを作動することにより、テーブル面は、入力されたコマンド信号に応答して所望の位置に移動させることができる。図1に示すテーブルは2脚のテーブルであるが、本発明は、単一の脚、あるいは3個又はそれ以上の脚を有するテーブル、または前面及び後面に作業面を備えた2部分から成るテーブルにも採用できることが、理解されよう。)

エ 第1図
また甲2には、次の第1図が示されている。


(3)甲第3号証
甲第3号証には、次の図示がある。


(4)甲第4号証
甲第4号証には、次の図示がある。


(5)甲第5号証
甲第5号証には、次の図示がある。


(6)甲第6号証
甲第6号証には、次の図示がある。


(7)甲第7号証
甲第7号証には、次の図示がある。

(8)甲第8号証
甲第8号証には、次の図示がある。

(9)甲第9号証
甲第9号証には、次の記載がされている。
ア 段落【0032】-【0034】
「【0032】次に、本実施例の机15を、複数連設していく構造について、図1、図3、図4及び図5を参照して説明する。まず、床面27に設置された第1の机15Aの側部に、第2の机15Bを配設する。そして、相互に隣接する第2フレーム29、29間に、チャンネル材38を開口側を上方に向けてビス止め固定する。さらに、第2フレーム29、29の先端側にコンセントボックス39を設ける。また、コンセントボックス39に、床開口部35から引き込まれてきた電気、電話コード6をチャンネル材38内を這わしながら接続する。最後に、天板受部20上に天板パネル17を配設する。
【0033】これにより、複数の机15A、15B…を連設する際に、隣接する第2フレーム29、29間にチャンネル材38による配線ダクトが設けられる構造とされので、図3に示すように、コンピューターの端末4や電話5をサイドキャビネット9上に設置し、かつそれら端末4や電話5のコードをコンセントボックス39に接続して机15a、15aの手元で使用すると、コード6が床面27を走り回ることがなく、しかも机上にもコード6などが走り回らないので、机上を常に広いスペースで使用することができる。
【0034】以上、述べたことから容易に理解できるように、本実施例は、架台ユニット16、16が一体化されることにより、対向配置されて形成された机15a、15aの腰板パネル18、18間に空間部36が設けられるので、その、空間部36を、電気、電話コード6等を自由に配線することができる配線スペースとして利用することができる。」

イ 図4には、次の図示がある。


(10)甲第10号証
甲第10号証には、次の図示がある。


(11)甲第11号証
甲第11号証には、次の図示がある。

(12)甲第12号証
甲第12号証には、次の図示がある。

(13)甲第13号証
甲第13号証には、次の図示がある。

(14)甲第14号証
甲第14号証には、次の図示がある。

(15)甲第15号証
甲第15号証には、次の図示がある。

(16)甲第16号証
甲第16号証には、次の図示がある。

(17)甲第17号証
甲第17号証には、次の図示がある。

(18)甲第18号証
甲第18号証には、次の記載がされている。
ア 段落【0020】-【0022】
「【0020】第1実施形態では、平面視略L字状の机天板2における前側縁(作業者と対峙する側)は平面視で略円弧状の凹湾曲状の前縁部2eが形成されており、該机天板2の下面に配置された本発明に係る抽斗装置15は、前記凹湾曲状の前縁部2eに対して前後引き出し動できるように設けられている(図1(a)、図2参照)。
【0021】抽斗装置15は、平面視矩形状の上面開放箱型の抽斗本体16と、該抽斗本体16の前側の前枠部材17とからなり、第1実施形態では、図3に示すように、前枠部材17は、前鏡板18の後部に筆記具や小物を収納できる上面開放状のトレイ部19が合成樹脂材にて一体的に形成されたものを抽斗本体16の前端に係合させる等して固定(連結)した構成とする。前鏡板18の平面視形状は、前記凹湾曲状の前縁部2eと略沿うように形成されている。
【0022】前記抽斗本体16は、ノート型パソコン等の携帯型OA機器30を閉蓋した状態にて収納できる収納部となり、前枠部材17の左右略中央部には、抽斗本体16の前端部に隣接した後板21と、前鏡板18とにわたるように、上端側に、前記携帯型OA機器30に接続した電源ケーブル31を外に連通させるようした上向き開放状の通線用の切欠き凹所20を設ける。なお、携帯型OA機器30がノート型パソコン(コンピュータ)である場合には、上面にキーボード部を備えた本体部30aと、このキーボード部を覆うための開閉回動可能な蓋30bの下面側には液晶パネル型モニタが組み込まれている。また、本体部内にはバッテリ及び電圧調整器が内装されており、本体部の電源スイッチをOFF状態にすると、電源コンセントに接続した前記電源ケーブルから電圧調整器を介してバッテリに充電可能となるように構成されている。」

イ 図3には、次の図示がある。


(19)甲第19号証
甲第19号証には、次の図示がある。


(20)甲第20号証
甲第20号証には、次の図示がある。

(21)甲第21号証
甲第21号証には、次の図示がある。

(22)甲第22号証
甲第22号証には、次の図示がある。

(23)甲第23号証
甲第23号証には、次の図示がある。


第5 判断
上記第3のとおり、本件訂正請求による訂正は全て認められ、請求項2ないし4は削除されたので、本件訂正発明1及び5について、取り消されるべきか否かを判断する。

1 取消理由通知に記載した取消理由について
本件訂正発明1及び5に対応する、本件訂正前の請求項3及び5に係る発明について、先の取消理由通知においては、取消理由を通知していない。
そのため、本件訂正発明1及び5は、先の取消理由通知に記載した取消理由により、取り消されるべきものではない。

2 取消理由通知において採用しなかった特許異議申立理由について
申立人は、本件訂正発明1に対応する本件訂正前の請求項3に係る発明について、本件特許の出願前に頒布された甲第1号証に記載された発明及び甲第9号証並びに甲第12号証ないし甲第23号証に記載される周知技術に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものである旨を申立てている。
また申立人は、本件訂正発明5に対応する本件訂正前の請求項5に係る発明について、本件訂正前の請求項5に係る発明は、本件特許の出願前に頒布された甲第1号証に記載された発明と、甲第2号証ないし甲第11号証、及び、甲第19号証ないし甲第23号証に記載される周知技術を考慮すれば、同一である旨を申立てている。
そこで、本件訂正発明1及び5が、申立人が申立てる上記の特許異議申立理由により、取り消されるべきか否かを、判断する。

(1)本件訂正発明1
ア 甲1発明との対比
本件訂正発明1と甲1発明とを対比する。
甲1発明における「事務電動昇降テーブル」は、「ワークトップ23を上下昇降させる」ものであることを踏まえると、本件訂正発明1における「天板昇降式デスク」に相当する。
甲1発明における「事務電動昇降テーブル」の「テーブルフレーム」が有する「テーブル脚3」の「下端」に設けられる「台底11と略平行に延在する部材」は、「テーブル脚3」の下端に設けられるから、床面上に配置されてテーブル脚3を含む事務電動昇降テーブルを支持することが明らかであり、本件訂正発明1における「床面上に配置される下部支持体」に相当する。
甲1発明における「台底11」は、「テーブル脚3」の「下端」に設けられる「部材」と「略平行」に配置され、かつ「テーブル脚3」と「固定的に連結」されるとともに、「ワークトップ23の下側に固定してワークトップ23を支持」するものであるから、本件訂正発明1における「前記下部支持体の上方に配置される」「上部支持体」に相当する。また、甲1発明における「台底11」が、「横梁12の延在方向及び上下方向と略直交する方向に延在」する構成は、「横梁12」は「横」という語からも「事務電動昇降テーブル」の左右に延在すると解されることを勘案すると、「台底11」は左右方向及び上下方向と直交する方向である前後方向に延在することとなるから、本件訂正発明1における「上部支持体」が「前後方向に伸びる」構成に相当する。
甲1発明における「テーブル脚3」は、「ワークトップ23の下側に固定」される「台底11」に「固定的に連結」され、「ワークトップ23の同時上下昇降を支持する螺旋副昇降機構を内設」しているから、「テーブル脚3の下端」に設けられた部材と「台底11」との間を伸縮可能に連結しているということができ、本件訂正発明1における「これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニット」に相当する。
また、甲1発明における「テーブル脚3の下端」に設けられた「台底11と略平行に延在する部材」、「台底11」、及び「テーブル脚3」の組合せは、本件訂正発明1における「下部支持体」、「上部支持体」、及び「昇降機構ユニット」を有する「脚体」に相当する。
甲1発明における「ワークトップ23」は、「台底11」を「下側に固定」して「支持」される「平板状」のものであるから、本件訂正発明1における「脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板」に相当する。
甲1発明において、「横梁12中部」に設けられ、「タンクカバー7内」に「ヘッドモータ13」を備えた「タービン変速動力機構」は、「タービン変速動力機構」が有する「ヘッドモータ13の運転を制御」すると、「動力をそれぞれのテーブル脚3に伝達して、ワークトップ23を上下昇降させる」ことから、制御される「ヘッドモータ13の運転」を介して「テーブル脚3」の「上下昇降」を制御するユニットということができ、本件訂正発明1における「前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニット」に相当する。
甲1発明において、「タービン変速動力機構」が「横梁12中部」に設けられる構成は、「横梁12」が「ワークトップ23の下側に固定」されることをふまえると、「運転を制御」される「ヘッドモータ13」を含む「タービン変速動力機構」がワークトップ23の下面側に配設されているということができ、本件訂正発明1において「制御ユニットが前記天板の下面側に配設され」る構成に相当する。
甲1発明における「昇降スイッチ1」は、「昇降スイッチ1によってヘッドモータ13の運転を制御し、動力をそれぞれのテーブル脚3に伝達して、ワークトップ23を上下昇降させる」ものであるから、「ワークトップ23の同時上下昇降を支持する螺旋副昇降機構を内設」する「テーブル脚3」に関して、「ヘッドモータ13の運転」を介した昇降動作の信号を「昇降スイッチ1」により入力するものということができ、本件訂正発明1における「昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部」に相当する。

以上より、甲1発明と本件訂正発明1とは、
「床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、
前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、
前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、
前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、
前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部を備える、
天板昇降式デスク。」
という点で一致し、次の点で相違する。

<相違点1>
「操作部」の配設に関し、
本件訂正発明1においては、「操作部」が「天板の前端縁部下面側に配設」されると特定されているのに対し、
甲1発明においては、「昇降スイッチ1」が「ワークトップ23」の「前端縁部下面側に配設」されるとは、特定されていない点。

<相違点2>
本件訂正発明1においては、「操作部」が「操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続される」と特定されるとともに、「操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され」ていると特定され、かつ、「前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれている」と特定されているのに対し、
甲1発明においては、「昇降スイッチ1」が「操作部用配線ケーブル」を介して、ヘッドモータ13を含むタービン変速動力機構に接続されるとは特定されておらず、また「操作部用配線ケーブル」が台底11内に配設されるとは特定されていない点。

イ 相違点についての判断
(ア)相違点2について
事案に鑑み、相違点2について判断する。
上記第4の3(2)に摘記した甲2の記載にも示されるように、作業面の高さが垂直方向に調節されるテーブル組立体において、オペレータ制御スイッチを備えるオペレータ制御装置を、作業面の下側に取り付けられたモータ制御装置に、ケーブルによって結合することは、周知技術である。
甲1発明においても、昇降スイッチ1によってヘッドモータ13の運転を制御するうえで、上記周知技術を採用し、ヘッドモータ13を備えるタービン変速動力機構内にモータ制御装置を配置するとともに、昇降スイッチ1をケーブルによってモータ制御装置に結合し、もって上記相違点2に係る本件訂正発明1の構成のうち、「操作部」が「操作部用配線ケーブルを介して制御ユニットに接続される」構成に相当する構成に至ることは、当業者であれば容易に想到できた事項である。
またその際、甲1発明では、「メインスイッチ2の一部が台底11内に埋設」されており、メインスイッチ2への配線は台底11内に配設される蓋然性が高いこと、並びに、上記第4の3(1)ア(エ)に示した甲1の図1には、同(ク)に指摘したように、メインスイッチ2より手前の台底11側面に小さな切り欠き様の印が示されていることを勘案すると、甲1発明において上記甲2にも示される周知技術を採用して、昇降スイッチ1をケーブルによってモータ制御装置と結合する際に、ケーブルの配置に関して、甲1の図1に切り欠き様の印が図示される位置に実際に切り欠きを形成し、昇降スイッチ1と結合するケーブルを当該切り欠きの部位から台底11内に入れることにより、メインスイッチ2への配線と併せて台底11内に配設することとし、もって「操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設されている」という、上記相違点2に係る本件訂正発明1の構成のうち操作部用配線ケーブルの配置に関する構成に相当する構成を採用することは、当業者が適宜になし得た設計事項程度ということができる。

しかしながら、甲1の図1に示される、メインスイッチ2より手前の台底11側面における小さな切り欠き様の印は、ケーブルを通すに足りる程度のわずかな切り欠き様の印が特段の説明もなく付されているものであるところ、甲1発明において、当該切り欠き様の印の位置にケーブルを通すに足りる大きさより大きな開口部を形成したうえで、当該開口部にケーブルを保持するキャップ部材を嵌め込むことは、甲1中に示唆されておらず、動機付けがあるということもできない。また、仮に、甲1の図1に示される、メインスイッチ2より手前の台底11側面における小さな切り欠き様の印が、実際に当該印の部分に切り欠き溝を形成することを示す趣旨であるとしても、当該印の部分に形成する切り欠き溝を、ケーブルを通すに足りる程度の小さな印に対応した切り欠き溝から、より大きな開口部に変更したうえで、当該開口部にケーブルを保持するキャップ部材を嵌め込むことは、甲1中に示唆されておらず、動機付けがあるということもできない。
この点について、申立人は、甲第9号証、及び甲第12号証ないし甲第18号証に示される周知技術に基いて、甲1発明における台底11の切り欠きを開口部とし、かつ、当該開口部に、昇降スイッチ1と結合するケーブルを保持するキャップ部材を嵌め込む構成とすることは、当業者であれば想到容易である旨を主張している(申立書第16頁第13行-第17頁第12行)。
甲第9号証には、上記第4の3(9)に摘記したように、第1の机15Aと第2の机15Bとで隣接する第2フレーム29、29間にチャンネル材38を固定し、第2フレーム29,29の先端側にコンセントボックス39を設けることで、チャンネル材38内を這わせた電気、電話コードと、コンピュータの端末4や電話5のコードとを、コンセントボックス39を介して接続可能とする技術が示されている。けれども、甲1の図1に示される台底11の側面の小さな切り欠き様の印は、その印の位置に実際に切り欠きを形成するとしても、昇降スイッチ1からのケーブルを通せば足りるものであり、切り欠き様の印が示される場所、大きさ、及び当該切り欠きを通した接続の対象は、甲第9号証に示されるコンセントボックス39とは大きく異なる。そして、たとえ甲第9号証に示されるコンセントボックス39が周知技術であるとしても、甲1発明において、甲1の図1に示される台底11側面の小さな切り欠き様の印を、甲第9号証に示されるコンセントボックスに変更する動機付けは、甲1には見いだせない。
また、甲第12号証ないし甲第18号証には、それぞれ上記第4の3(12)ないし(18)に摘記した事項が記載されているが、甲第12号証ないし甲第17号証に示されるのは、アーム状の部材の先端開放部に嵌めるキャップであり、甲第18号証に示されるのは、抽斗装置15に設ける前鏡板18であるから、いずれも甲1の図1に示される台底11側面の小さな切り欠き様の印に適用する動機付けがあるものではない。
そして、本件異議申立におけるその他の証拠について検討しても、甲1発明における台底11について、甲1の図1に示される台底11側面の小さな切り欠き様の印を、相違点2に係る本件訂正発明1の構成に相当する構成へと改変することを示唆しているということはできない。

したがって、甲1発明において、上記相違点2に係る本件訂正発明1の構成に至ることは、甲2に示される周知技術、及び甲第9号証ないし甲第18号証に示される周知技術を参照しても、当業者が容易に想到できたものではない。

(イ) 進歩性まとめ
上記アのとおり、相違点2に係る本件訂正発明1の構成は、甲2に示される周知技術、及び甲第9号証ないし甲第18号証に示される周知技術を参照しても、当業者が容易に想到できたものではないから、その余の相違点について検討するまでもなく、本件訂正発明1は、申立人が申立てるように、甲1発明、及び、甲第9号証ないし甲第18号証に示される周知技術に基いて、当業者が容易に発明をすることができたものではない。
よって、本件訂正発明1は、申立人が申立てる特許異議申立理由によって、取り消されるべきものではない。

(2)本件訂正発明5
ア 甲1発明との対比
本件訂正発明5は、本件訂正発明1における「前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれている」という構成に代えて、「前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えている」という構成を有するものである。
そのため、本件訂正発明5を甲1発明と対比すると、一致点及び相違点1は、上記(1)アに対比した本件訂正発明1と甲1発明との一致点、及び相違点1と同様となる。そして、本件訂正発明5と甲1発明とは、本件訂正発明1と甲1発明との相違点2に代えて、次の相違点3を有することとなる。

<相違点3>
本件訂正発明5においては、「操作部」が「操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続される」と特定されるとともに、「操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され」ていると特定され、かつ、「前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えている」と特定されているのに対し、
甲1発明においては、「昇降スイッチ1」が「操作部用配線ケーブル」を介して、ヘッドモータ13を含むタービン変速動力機構に接続されるとは特定されておらず、また「操作部用配線ケーブル」が台底11内に配設されるとは特定されていない点。

イ 相違点についての判断
(ア)相違点3について
事案に鑑み、相違点3について判断する。
上記第4の3(2)に摘記した甲2の記載にも示されるように、作業面の高さが垂直方向に調節されるテーブル組立体において、オペレータ制御スイッチを備えるオペレータ制御装置を、作業面の下側に取り付けられたモータ制御装置に、ケーブルによって結合することは、周知技術である。
甲1発明においても、昇降スイッチ1によってヘッドモータ13の運転を制御するうえで、上記周知技術を採用し、ヘッドモータ13を備えるタービン変速動力機構内にモータ制御装置を配置するとともに、昇降スイッチ1をケーブルによってモータ制御装置に結合し、もって上記相違点2に係る本件訂正発明1の構成のうち、「操作部」が「操作部用配線ケーブルを介して制御ユニットに接続される」構成に相当する構成に至ることは、当業者であれば容易に想到できた事項である。
またその際、甲1発明では、「メインスイッチ2の一部が台底11内に埋設」されており、メインスイッチ2への配線は台底11内に配設される蓋然性が高いこと、並びに、上記第4の3(1)ア(エ)に示した甲1の図1には、同(ク)に指摘したように、メインスイッチ2より手前の台底11側面に小さな切り欠き様の印が示されていることを勘案すると、甲1発明において上記甲2にも示される周知技術を採用して、昇降スイッチ1をケーブルによってモータ制御装置と結合する際に、ケーブルの配置に関して、甲1図1に切り欠き様の印が図示される位置に実際に切り欠きを形成し、昇降スイッチ1と結合するケーブルを当該切り欠きの部位から台底11内に入れることにより、メインスイッチ2への配線と併せて台底11内に配設することとし、もって「操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設されている」という、上記相違点2に係る本件訂正発明5の構成のうち操作部用配線ケーブルの配置に関する構成に相当する構成を採用することは、当業者が適宜になし得た設計事項程度ということができる。

しかしながら、相違点3に係る本件訂正発明5の構成は、「前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えている」という構成を含むところ、甲1発明において、単に昇降スイッチ1からのケーブルが台底11内に入っているというだけでは、台底11が「上部アーム」を備えており、かつ、「上部アーム」が「操作部用配線ケーブルを下方から保持」しているということはできない。
この点について、申立人は申立書において、甲1発明における台底11は、昇降スイッチ1やマスタースイッチ2からの操作部用配線ケーブルが内部に通され、下方から保持しているから、甲1発明は、本件訂正発明5における「前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えている」という構成に相当する構成を有する旨を主張している(申立書第17頁下から4行-第18頁第5行)。
けれども、相違点3に係る本件訂正発明5の構成においては、「上部支持体」の「上部アーム」が「操作部用配線ケーブル」を「下方から保持する」のであるから、本件訂正発明5に係る「上部支持体」は、単に操作部用配線ケーブルを中に配置していれば足りるというものではなく、「操作部用配線ケーブル」を保持する部材として「上部アーム」という具体的な構造を有し、かつ、当該「上部アーム」は、「操作部用配線ケーブルを下方から保持する」という具体的な保持形態に適した構造を有するものである。
そして、当該相違点3に係る本件訂正発明5の「上部支持体」の構成は、甲1に開示されたものではなく、また「上部アーム」という具体的な構造を特定したものであるから、甲1発明との実質的な相違点である。
なお、本件異議申立におけるその他の証拠について検討しても、相違点3に係る本件訂正発明5が有する「上部支持体」の具体的構造について、甲1発明との実質的な相違点ではないことを示すような記載は、見いだすことはできない。

よって、相違点3は、形式的な相違点ではなく、実質的な相違点である。

(イ) 新規性まとめ
上記アのとおり、相違点3に係る本件訂正発明5の構成は、単なる形式的な相違点ではなく実質的な相違点であるから、その余の相違点について検討するまでもなく、本件訂正発明5は、申立人が申立てるように、甲1発明と同一ではない。
よって、本件訂正発明5は、申立人が申立てる特許異議申立理由によって、取り消されるべきものではない。


第6 むすび
以上のとおり、本件訂正は全て認められるとともに、本件訂正発明1及び5に係る特許は、取消理由通知に記載した取消理由及び特許異議申立書に記載された特許異議申立理由によっては、取り消すことができない。また、本件訂正発明1及び5に係る特許について、他に取り消すべき理由を発見しない。
本件特許の請求項2ないし4に係る発明は、本件訂正により削除された。これにより、申立人による特許異議の申立てのうち、請求項2ないし4に係る申立ては、申立ての対象が存在しないものとなったため、特許法第120条の8第1項で準用する同法第135条の規定により、却下すべきものである。

よって、結論のとおり決定する。

 
発明の名称 (54)【発明の名称】
天板昇降式デスク
【技術分野】
【0001】
本発明は、オフィスや公共施設等の執務空間において、執務者の要望に応じて天板高さを上下に変更可能とした、天板昇降式デスクに関する。
【背景技術】
【0002】
オフィスや公共施設等の執務空間においては、執務者に作業エリアを提供するためにデスクが配設されているのが一般的である。このようなデスクにおいて、作業のし易い天板高さは、執務者の体格や性別、嗜好等によって個々によって大きく異なる。しかし、天板高さが一定である一般的なデスクでは前記の実状に対応できないため、従来、天板高さを上下に変更可能とした天板昇降式デスクが提供されている。
【0003】
このような天板昇降式デスクを用いることにより、執務者の要望に応じた天板高さの作業エリアを提供することができ、作業効率を向上すると共に、執務者の体への負荷を低減することができる。天板高さを上下に変更するための手法としては、ガススプリングを用いること(例えば、特許文献1、特許文献2参照)や、ギアを用いることなどが提案されている。これらの手法によれば、比較的簡易な構造にすることができ、コストを安く抑えることができる。
【0004】
しかしながら、これらの手法では、力の弱い執務者では操作し難い場合があったり、天板の高さにおける操作姿勢の悪さの影響を受けやすいという問題を有していた。
こうした問題に鑑み、執務者の操作性を良好にする手法として、天板高さを自動的に上下変更できる電動式駆動ユニット(昇降駆動ユニット)を用いることが提案されている(例えば、特許文献3、特許文献4、特許文献5参照)。この手法によれば、執務者が簡易な操作で天板高さを変更することができる。なお、電動式駆動ユニットの駆動制御を行う駆動制御ユニットは、通常、天板の下面側に配置される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特許第3371959号公報
【特許文献2】特許第3391285号公報
【特許文献3】登録実用新案第3164739号公報
【特許文献4】特開2014-113505号公報
【特許文献5】特開2014-140753号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
ところで、電動式駆動ユニットを用いた天板昇降式デスクにおいては、電動式駆動ユニットと前記駆動制御ユニットとを連結するユニット間配線ケーブルや、電源と前記駆動制御ユニットとを連結する電源ケーブル、さらには電動式駆動ユニットの駆動動作信号を入力するための操作部と前記駆動制御ユニットとを連結する操作部用配線ケーブルなど、種々のケーブル(電気配線)が必要となっている。
【0007】
このような電気配線のうち、特に操作部用配線ケーブルについては、天板の下面側に配置された駆動制御ユニットと操作部とを接続する必要上、天板昇降式デスク内に引き入れられて配置される。
しかし、デスクの特性として天板位置が上下に変位可能(昇降可能)となっているため、駆動制御ユニットや操作部が天板などの昇降部分に設けられている場合、天板の上下動作に連れて操作部用配線ケーブルも上下に変位する。
【0008】
このため、天板高さの変更時に操作部用配線ケーブルがデスクの天板周辺や天板下方に配置された他の物品、さらには他の配線に引っ掛かる可能性がある。
また、通常の執務を行う際にも、操作部用配線ケーブルに触れる可能性があるというのは、操作部用配線ケーブルと駆動制御ユニットとの接続が不測に切断されてしまうなどの事態を招くおそれがあり、好ましくない。
【0009】
本発明は前記事情に鑑みてなされたもので、執務時および天板高さの変更時のいずれにおいても、操作部用配線ケーブルが執務者および天板周辺の物品等に接触するのを防止することができる、天板昇降式デスクを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明の天板昇降式デスクは、床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれていることを特徴とする。
【0011】
(削 除)
【0012】
(削 除)
【0013】
また、前記天板昇降式デスクにおいては、床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0014】
本発明の天板昇降式デスクによれば、執務時および天板高さの変更時のいずれにおいても、操作部用配線ケーブルが執務者および天板周辺の物品等に接触するのを防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本発明に係る天板昇降式デスクの一実施形態の概略構成を示す斜視図である。
【図2】(a)は図1に示した天板昇降式デスクの正面図、(b)は同じく背面図である。
【図3】図2(a)のA-A線矢視図である。
【図4】上部支持体の概略構成を示す横断面図である。
【図5】一対の上部支持体間に取り付けられた連結部材を示す底面図である。
【図6】図2(a)のB-B線矢視図である。
【図7】連結部材と脚体との間の接続部を示す斜視図である。
【図8】(a)はキャップ部材が設けられた上部アームの先端部を下側から見た斜視図であり、(b)キャップ部材を内側から見た斜視図である。
【図9】電子機器載置部を示す斜視図である。
【図10】天板への電子機器載置部の吊支構造を説明するための要部側面図である。
【図11】キャップ部材の変形例を示す図であって、(a)はキャップ部材が設けられた上部アームの先端部の斜視図であり、(b)キャップ部材の斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0016】
以下、本発明に係る天板昇降式デスクの実施形態を図面に基づいて詳しく説明する。なお、以下の説明においては、天板昇降式デスクにおける矩形状の天板の長辺の長さ方向を左右方向、天板の短辺の長さ方向を前後方向と記す。
【0017】
図1は、本発明に係る天板昇降式デスクの一実施形態の概略構成を示す斜視図であり、図2(a)は、図1に示した天板昇降式デスクの正面図、図2(b)は、図1に示した天板昇降式デスクの背面図である。なお、図2(a)、(b)では、図1に示す電子機器載置部31の記載を省略している。これらの図において符号1は天板昇降式デスクである。
【0018】
天板昇降式デスク1は、左右に離間して配置された一対の脚体2、2と、これら一対の脚体2、2間を連結する連結部材3と、脚体2、2上に支持されて連結部材3上に配置された平板状の天板4と、を有しており、一対の脚体2、2にそれぞれ昇降機構ユニット5を備えたことにより、天板4が上下に昇降可能に構成されている。
また、天板昇降式デスク1には、後述するように一対の昇降機構ユニット5、5を共に制御する制御ユニット6(図5参照)が設けられ、さらに、昇降機構ユニット5に昇降動作信号を入力するための操作部7が設けられている。
【0019】
脚体2は、床面上に配置される下部支持体8と、下部支持体8の上方に配置されて天板4の下面を支持する上部支持体9と、これら下部支持体8と上部支持体9との間を伸縮可能に連結する前記昇降機構ユニット5と、を有して構成されている。
下部支持体8は、前後に延在する板状のもので、前後の各端部にそれぞれアジャスター(図示せず)が設けられたことにより、床面からの高さの微調整が可能に構成されている。
【0020】
昇降機構ユニット5は、従来公知の構成からなるもので、寸法の異なる複数の角筒が互いに相対移動可能に嵌り合っていることにより、内部に収容された駆動機構の駆動によって上下方向に伸縮可能になっている。これにより、昇降機構ユニット5は下部支持体8と上部支持体9との間を伸縮可能に連結している。
【0021】
上部支持体9は、図2(a)のA-A線矢視図である図3に示すように、天板4の前後方向に延在して配置されて、天板4の左右方向における側端部の下面を支持している。この上部支持体9は、昇降機構ユニット5に対して天板4の前側となる前端側9aの方が長く、天板4の後側となる後端側9bの方が短くなるように、昇降機構ユニット5の上端部に溶接等によって一体に固定されている。上部支持体9は、図4の横断面図に示すように金属板が折り曲げられて形成されたもので、天板4の左右方向において外側に配置された外板10と、外板10の上端に一体に形成された上部アーム11と、からなっている。
【0022】
外板10は、図3に示すように天板4の前後方向に延在すると共に、天板4の下面から下方に垂下するように形成されたもので、前端側9a、後端側9bのいずれにおいても、昇降機構ユニット5側から外側に行くに連れて下端縁が漸次天板4に近づくように、下端縁が傾斜して形成されている。なお、前端側9a、後端側9bのそれぞれの先端部では、下端縁が湾曲して天板4の下面に達するように形成されている。
【0023】
上部アーム11は、上部支持体9の前端側9aでは昇降機構ユニット5との接続部から外板10の先端より少し手前まで延在しており、後端側9bでも昇降機構ユニット5との接続部から外板10の先端より少し手前まで延在している。上部アーム11は、図4に示すように天板4の下面に対向し、当接してこれを支持する天板載置部12と、天板載置部12の外側縁、すなわち外板10と反対の側の外側縁から下方に向かって延設された下向部13と、下向部13の下端縁から天板載置部12の内側(外板10側)に向かい、かつ斜め上方に向かって延設された配線保持部14と、を有して形成されている。
【0024】
このような構成のもとに、上部アーム11はその内部、すなわち下向部13と配線保持部14とによって形成された空間部の配線保持部14上に、各種の配線ケーブルを保持して引き回せるように(通線できるように)なっている。
【0025】
具体的には、図3に示すように操作部7が配置される側の前端側9aでは、その配線保持部14上に、後述する制御ユニット6と操作部7とを接続する操作部用配線ケーブル15が保持されている。また、図1に示した天板4の左右方向において、操作部7が配置された側と反対の側の上部支持体9では、図3に示すような後端側9bの上部アーム11の配線保持部14上に、電源ケーブル16(図1参照)が保持されている。
【0026】
図1に示すように電源ケーブル16は、天板昇降式デスク1が配置される執務空間に設けられた電源と、後述する制御ユニット6との間を接続するもので、電源から引き回されて天板昇降式デスク1内に引き入れられる。その際、電源ケーブル16が天板4の下側に垂れ下がった状態で配置されていると、天板高さの変更時に電源ケーブル16がデスクの天板4周辺や天板4下方に配置された他の物品、さらには他の配線に引っ掛かる可能性があり、また、執務者が不測に電源ケーブル16に触れてしまう可能性があるため、好ましくない。
【0027】
そこで、本実施形態では電源から引き回されてきた電源ケーブル16は、まず、天板昇降式デスク1の後側から一方の上部支持体9の後端側9bの上部アーム11内、すなわち配線保持部14上に引き入れられる。そして、後述する連結部材3に形成された空間部19を通って制御ユニット6に接続されるようになっている。なお、電源ケーブル16は、天板昇降式デスク1の近傍部において上部アーム11内に引き入れられるまでの間の部位が、電源ケーブル16の変位を規制する規制部材(図示せず)に保持されている。電源ケーブル16は規制部材によって保持されたことにより、その自由な変位が規制されて天板高さの変更時に所定の方向にのみ変位するようになっており、これによって天板周辺の物品等に接触するのが防止されている。
【0028】
図5は、一対の上部支持体9、9間に取り付けられた連結部材3を示す底面図である。図5に示すように連結部材3は、一対の上部支持体9、9に溶接等によって取り付けられており、これによって一対の脚体2、2の上部支持体9同士を連結している。この連結部材3は、図2(a)のB-B線矢視図である図6に示すように金属板が折り曲げられて形成されたもので、天板4の前後に離間して配設された一対の連結片17、17と、これら連結片17、17間を一体に接続する接続板18と、を有して構成されている。
【0029】
連結片17は、本実施形態では接続板18の前後方向の各端縁から下方に向かって延設された下向板17aと、下向板17aの下端縁から内側に向かって延設された水平板17bと、水平板17bの内側縁から上方に向かって延設された上向板17cとからなっている。これら連結片17、17間、すなわちそれぞれの上向板17c、17c間には、下方に開口する空間部19が形成されている。
【0030】
空間部19は、図5に示すように上向板17c、17c間の幅が広く形成された第1空間部19aと、第1空間部19aより上向板17c、17c間の幅が狭く形成された第2空間部19bとからなっている。第1空間部19aは、連結部材3の左右方向において所定の間隔をあけて2箇所に形成されている。すなわち、2つの第1空間部19aは、連結部材3の左右方向において対称に配置されている。これら第1空間部19a、19a間、およびこれらの左右方向外側には、それぞれ第2空間部19bが形成されている。
【0031】
一方の第1空間部19aには、図5、図6に示すように制御ユニット6が配設され、連結部材3にビス止め等によって固定され、収容されている。制御ユニット6は、一対の脚体2、2のそれぞれに設けられた昇降機構ユニット5、5の昇降動作を、共に制御するもので、電源ケーブル16に接続されてこれから電力が供給されることにより、作動する。この制御ユニット6には、電源ケーブル16とは別に、該制御ユニット6と一対の昇降機構ユニット5、5との間を接続するユニット間配線ケーブル20、20が接続されており、さらに、前記操作部7の操作部用配線ケーブル15も接続されている。
【0032】
このような構成によって制御ユニット6は、電源ケーブル16から供給された電力を昇降機構ユニット5に送ると共に、操作部7からの昇降機構ユニット5の昇降動作信号を受信すると、受信した信号に基づいて昇降機構ユニット5の昇降動作を制御し、天板高さの変更を行うようになっている。なお、制御ユニット6に接続する電源ケーブル16やユニット間配線ケーブル20、20、操作部用配線ケーブル15は、制御ユニット6が配置された第1空間部19aとは別の第1空間部19aや、第2空間部19bに通線される。
【0033】
図6に示すように連結部材3の下面側には、前後の連結片17、17およびこれらの間の空間部19を覆ってカバー部材21が取り付けられている。カバー部材21は、金属板が折り曲げられて形成されたもので、前後の連結片17、17のそれぞれの下向板17a、17a間の長さ寸法よりも大きな前後寸法を有している。これにより、カバー部材21は連結部材3の下面側に取り付けられることにより、連結部材3の前後いずれかの方向に向かって延出している。本実施形態では天板4の後側に延出しているが、前側に延出していてもよく、前後両側に延出していてもよい。
【0034】
延出している部分は、左右方向に溝状に延びる凹部を有して樋状に形成されて、該凹部内に配線やテーブルタップ等を載置する配線載置部22となっている。この配線載置部22には、図2(b)に示すように左右方向における中央部に、外側部の一部が矩形状に切りかかれてなる切欠部22aが形成されている。一方、図6に示すように連結部材3を覆う部分となるカバー本体23は、平板がL字状に折曲されて形成されており、連結片17の水平板17bにビス止めによって着脱可能に取り付けられている。このような構成のもとにカバー部材21は、連結部材3を介して天板4に吊支されている。
【0035】
連結部材3の左右両端部には、連結部材3と脚体2との間の接続部を示す図7に示すように、接続部材24が設けられている。接続部材24は、連結部材3の左右方向各端部と脚体2との間、すなわち脚体2の上部支持体9と昇降機構ユニット5との間の接続部に設けられたもので、連結部材3の左右方向から見た断面形状がコ字状に形成されている。接続部材24は、連結部材3の左右方向端部にてこれの下面と両側面とを覆うように取り付けられ、その状態で上部支持体9の外板10の内面に突き当たるようにして取り付けられている。また、その状態で昇降機構ユニット5の上端に当接してこれを覆っている。そして、接続部材24は、連結部材3、上部支持体9、昇降機構ユニット5に対してそれぞれ溶接等で固定されている。
【0036】
接続部材24の、連結部材3の両側面に当接する側板25には、上部支持体9の上部アーム11内に連通して、側板挿通口25aが形成されている。側板挿通口25aは上部アーム11内の配線保持部14上に連通するように形成されると共に、連結部材3の連結片17、17間の前記空間部19にも連通して形成されている。すなわち、連結片17にも側板挿通口25aに連通する挿通口(図示せず)が形成されている。これにより、配線保持部14に通された配線ケーブルは、側板挿通口25aを通って空間部19に引き入れられ、制御ユニット6に接続されるようになっている。
【0037】
具体的には、前記したように図3に示した操作部7が配置される側の前端側9aの配線保持部14上に通されて保持された操作部用配線ケーブル15が、側板挿通口25aを通って空間部19に引き入れられ、制御ユニット6に接続される。また、操作部7が配置された側と反対の側の後端側9bの配線保持部14に内に通されて保持された電源ケーブル16が、側板挿通口25aを通って空間部19に引き入れられ、制御ユニット6に接続される。したがって、操作部用配線ケーブル15と電源ケーブル16とは、制御ユニット6に対して互いに左右方向における逆方向から接続するように空間部19に通線されている。
【0038】
また、連結部材3の下面には、図7に示すように連結部材3の下面側を覆ってカバー部材21が取り付けられている。カバー部材21の左右方向端部には半円状の切欠21aが形成されており、この切欠21aが連結片17、17間の前記空間部19に通じている。
【0039】
昇降機構ユニット5には、該昇降機構ユニット5を駆動させるための電力や昇降動作信号を供給するユニット間配線ケーブル20が設けられており、このユニット間配線ケーブル20は、昇降機構ユニット5の上端内側面に形成された開口5aから引き出され、カバー部材21の切欠21aに引き入れられている。そして、空間部19を通り、制御ユニット6に接続されている。すなわち、ユニット間配線ケーブル20は空間部19に通線されている。
【0040】
天板4は、図1に示すように矩形板状のもので、本実施形態では後側の左右両側部に、該天板4の上下面間を貫通する配線挿通孔27が穿設されている。この配線挿通孔27は、例えば図1中に二点鎖線で示すように天板4上に置かれたディスプレイ28の接続配線ケーブル29を天板4の下方に案内するためのものである。すなわち、図6に示すように配線挿通孔27は、カバー部材21の配線載置部22の近傍に配置されており、これによって接続配線ケーブル29を通し、配線載置部22上に容易に案内できるように構成されている。
【0041】
配線載置部22上に案内された接続配線ケーブル29は、例えば図6中に二点鎖線で示すように、配線載置部22上に配置されたテーブルタップ30に接続可能になっている。ただし、本実施形態では、接続配線ケーブル29は配線載置部22上を通った後、後述する電子機器載置部31に載置されたPC本体32(電子機器)に直接接続されている。なお、配線載置部22上に配置されたテーブルタップ30は、例えば図2(b)に示した切欠部22aから外側に臨んで配置される。これにより、例えばACアダプターなどの比較的大きく、配線載置部22上に直接載せられないような接続具を、切欠部22aを通してテーブルタップ30に接続することが可能になる。また、配線挿通孔27には、該配線挿通孔27を開閉可能に閉塞する樹脂製のカバー(図示せず)が被着されていてもよい。
【0042】
図1、図3に示すように天板4の前端縁部下面側には、操作部7が設けられている。操作部7は、昇降機構ユニット5に対してその昇降動作信号を入力するための操作ボタンを有したもので、天板4の下面に取付部材(図示せず)を介して取り付けられている。この操作部7には操作部用配線ケーブル15が接続されており、操作部用配線ケーブル15は、前述したように天板4の左右方向において操作部7と同じ側に位置する上部支持体9の前端側9aの、上部アーム11内に引き入れられている。
【0043】
操作部用配線ケーブル15が引き入れられる上部支持体9の前端側9aには、図8(a)に示すようにその先端部にキャップ部材33が設けられている。キャップ部材33は、上部支持体9の前端側9aの上部アーム11内に通された操作部用配線ケーブル15を保持するもので、上部支持体9の前端側9aの先端部に嵌め込まれ、その状態で上部支持体9に固定されている。
【0044】
キャップ部材33は、上部支持体9の先端部に該上部支持体9の長さ方向に嵌め込まれる嵌合部34と、上部支持体9の先端に係止する外端部35とからなる樹脂製の一体成形品である。また、キャップ部材33は、キャップ部材33の内側を示す図8(b)に示すように、嵌合部34および外端部35の外形に沿う略コ字状の外板33aと、外板33aの一方の側に設けられた側板33bとからなっている。
【0045】
外板33aには、嵌合部34と外端部35との間に段差部33cが形成されており、この段差部33cが、図8(a)に示すように上部支持体9の先端に係止する係止部となっている。
外端部35の外端面35aには、操作部用配線ケーブル15を引き入れるための切欠口35bが、上部アーム11の天板載置部12側が切り欠かれ、開かれて形成されている。
【0046】
図8(b)に示すように嵌合部34側の側板33bには、上部支持体9の上部アーム11の天板載置部12の裏面に当接する当接部34aが形成されている。当接部34aは、天板載置部12側に突出して形成されたもので、外端面35a側が半円形状に湾曲して形成されている。この当接部34aには、ビス挿通用のビス孔34bが形成されている。
【0047】
また、キャップ部材33には、その内面側に、外板33aと当接部34aとの間に略U字状の溝部33dが形成されている。すなわち、当接部34aが、嵌合部34の幅方向、すなわち上部支持体9の長さ方向と直交する方向の中央部に形成されていることにより、外端面35a側から当接部34aの両側に向かって、略U字状の溝部33dが形成されている。
【0048】
このような構成のもとに、操作部7に接続する操作部用配線ケーブル15は、外端部35の切欠口35bから溝部33d内に引き入れられ、さらに当接部34aの一方の外側を通って上部アーム11内に引き入れられる。ただし、実際の組み立てでは、図5に示す制御ユニット6側から空間部19を通り、さらに連結片17の挿通口、および図7に示す接続部材24の側板挿通口25aを通って上部アーム11内に通された操作部用配線ケーブル15を、図8(a)に示す上部アーム11の先端から引き出しておく。その際、操作部用配線ケーブル15には操作部7が接続しているものとする。
【0049】
このようにして操作部用配線ケーブル15を上部アーム11の先端から引き出して伸ばしたら、キャップ部材33を上部アーム11の先端から嵌め込む。その際、操作部用配線ケーブル15を溝部33d内に通し、さらに切欠口35b内を通して外側に引き出す。その後、当接部34aのビス孔34bにビス36を差し込み、上部アーム11の天板載置部12に形成されたビス孔(図示せず)を通して天板4に形成された雌ねじ部(図示せず)に螺着する。操作部7については、取付部材によって天板4の下面に取り付ける。
【0050】
このようなキャップ部材33を上部支持体9の前端側9aに設けたことにより、操作部用配線ケーブル15を上部支持体9の上部アーム11内に容易に収容することができ、また、金属板からなる上部支持体9の端面を露出させることなく覆うことができる。すなわち、キャップ部材33は操作部用配線ケーブル15の収容を容易にすると共に、上部支持体9の端面を覆う化粧材としても機能する。
【0051】
また、本実施形態では、図1に示すように天板4の下面に電子機器載置部31が吊支されている。電子機器載置部31は、図9に示すように床面と略平行に配置される載置板37と、載置板37の左右端部から上方に向かって延設された左右一対の側板38、38とによって正面視略コ字状に形成されたもので、本実施形態では一対の側板38、38のそれぞれの上端部に、前後方向中央部の一部が切り欠かれて配線挿通用開口39が形成されている。
【0052】
また、電子機器載置部31には、一対の側板38、38の上端縁間に、吊支板40が一体に形成されている。吊支板40は、前記配線挿通用開口39の前側と後側とにそれぞれ形成されており、ビス孔を有し、このビス孔にビスが通されることで天板4の下面に取り付けられるようになっている。これにより、電子機器載置部31は天板4の下面に吊支される。
【0053】
このような構成からなる電子機器載置部31は、前側、後側が共に開口しており、したがって図1に示すようにこの電子機器載置部31内に、PC本体(電子機器)32が容易に収容できるようになっている。ここで、PC本体32は、天板4上に置かれる前記ディスプレイ28に接続されてデスクトップパソコンを構成するもので、接続配線ケーブル29を介してディスプレイ28に接続される。
【0054】
なお、この電子機器載置部31には、PC本体32が後側の開口から不測に落下したり、後述するように接続配線ケーブル29が配線挿通用開口39を通ってではなく、後側の開口を通ってディスプレイ28に接続されるのを防止するため、図9に示すように後側の開口を覆う蓋41を開閉可能に被着してもよい。
【0055】
また、電子機器載置部31は、天板4の下面に吊支される際、図10に示すように前記連結部材3およびカバー部材21を跨いで吊支される。すなわち、電子機器載置部31は、連結部材3およびカバー部材21が一対の側板38、38のそれぞれの配線挿通用開口39、39を通るように配置され、天板4の下面に取り付けられる。ただし、配線挿通用開口39、39はカバー部材21の前後方向の長さより長く形成されており、したがってその一部はカバー部材21に塞がれることなく、開口している。
【0056】
本実施形態では、配線挿通用開口39、39のカバー部材21に塞がれることなく開口した部位39a、39aが、天板4に形成された配線挿通孔27の近傍に位置するように配置されている。すなわち、前記部位39a、39aが配線挿通孔27の近傍に位置するように、電子機器載置部31が天板4の下面に取り付けられ、吊支されている。このような構成のもとに電子機器載置部31に載置されるPC本体32の接続配線ケーブル29は、一方の配線挿通用開口39を通って例えば切欠部22aから一旦配線載置部22上に案内され、さらに配線載置部22上に通線されてここに一部保持された後、配線挿通孔27を通って天板4上に引き出され、ディスプレイ28に接続されるようになっている。
【0057】
このような構成からなる天板昇降式デスク1にあっては、図1に示す操作部7を操作して昇降動作信号を送信することで昇降機構ユニット5、5を共に駆動させ、天板4の高さを任意に変更することができる。その際、電源ケーブル16やユニット間配線ケーブル20、20、操作部用配線ケーブル15、さらには電子機器(PC本体32、ディスプレイ28)の接続配線ケーブル29を、連結部材3の空間部19やカバー部材21の配線載置部22上に配置しているので、これら配線ケーブルが外部にほとんど露出することなく、したがって執務時はもちろん、天板高さの変更時にも配線ケーブルどうしが互いに干渉することが防止される。
【0058】
本実施形態の天板昇降式デスク1によれば、操作部7を、操作部用配線ケーブル15を介して制御ユニット6接続すると共に、天板4の前端縁部下面側に配設しているので、執務者が天板4を上下昇降させる際の操作性が良好になる。また、操作部用配線ケーブル15を上部アーム11内に配設しているので、執務時および天板高さの変更時のいずれにおいても、操作部用配線ケーブル15が執務者および天板周辺の物品等に接触するのを防止することができる。さらに、操作部用配線ケーブルが外部に露出しないため、デスクとしての外観意匠性が良好になる。
【0059】
また、上部アーム11を、天板載置部12と下向部13と配線保持部14とによって形成しているので、上部アームを簡易的で安価な構造とすることができる。また、配線保持部14に操作部用配線ケーブル15を保持しているので、上部アーム11内に操作部用配線ケーブル15を確実に保持することができる。
【0060】
また、上部アーム11の先端部に、該上部アーム11内に通された操作部用配線ケーブル15を保持するキャップ部材33を取り付けているので、キャップ部材33によって操作部用配線ケーブル15を上部アーム11内に容易に、かつ確実に保持することができる。また、上部アーム11の先端部をキャップ部材33で覆うことでキャップ部材33を上部支持体9の端面を覆う化粧材として機能させることができ、したがって天板昇降式デスク1の外観意匠性を高めることができる。
【0061】
また、連結部材3を前後に離間して配設された一対の連結片17、17で構成し、これら前後の連結片17、17間に形成された空間部19に制御ユニットを配設し、上部アーム11内と連結片17、17間に形成された空間部19とを連結片17の左右方向端部に設けた挿通口を介して連通させ、制御ユニット6と昇降機構ユニット5とを接続するユニット間配線ケーブル20、および制御ユニット6と操作部7とを接続する操作部用配線ケーブル15を、共に空間部19に通線しているので、執務時および天板高さの変更時のいずれにおいても、ユニット間配線ケーブル20および操作部用配線ケーブル15が執務者および天板周辺の物品等に接触するのを防止することができる。さらに、ユニット間配線ケーブル20も外部に露出しないため、天板昇降式デスク1の外観意匠性が良好になる。
【0062】
なお、本発明は前記実施形態に限定されることなく、本発明の主旨を逸脱しない範囲で種々の変更が可能である。
例えば、前記実施形態では連結部材3を、一対の連結片17、17と、これら連結片17、17間を一体に接続する接続板18と、を有した一体成形品としたが、単に一対の連結片17、17のみとし、これら連結片17が前後に間隔をあけて天板4に取り付けられて、連結片17、17間に空間部19が形成されるように構成してもよい。
【0063】
また、前記実施形態では電子機器載置部31として、一対の側板38、38のそれぞれの上端部において、前後方向中央部の一部を切り欠いて配線挿通用開口39を形成したが、前後方向中央部ではなく、前後方向の一方の側を切り欠いて配線挿通用開口39を形成してもよい。
【0064】
また、前記実施形態では、図8(a)に示したようにキャップ部材33を、その当接部34aが天板4側に向くようにして、上部支持体9の前端側9aの先端部に嵌め込んだが、図11(a)に示すように、当接部34aに対応するボス50を、天板4と反対側を向くように、すなわちボス50が露出するように、キャップ部材51を上部支持体9の前端側9aの先端部に嵌め込んでもよい。ここで、図11(a)に示したキャップ部材51は、図8(b)に示したキャップ部材33に対して、ボス50の形状がこれに対応する当接部34aと異なっているだけで、他の部位については基本的に同じである。
【0065】
すなわち、本例のキャップ部材51は、図11(b)に示すようにボス50が平面視長円形状に形成されているだけで、他の部位は図8(b)に示したキャップ部材33と同一である。このようなキャップ部材51を用いた場合には、図11(a)に示すように操作部用配線ケーブル15を単にボス50の側方に通すようにしてもよいが、図11(b)に示すように操作部用配線ケーブル15をボス50に一周(または複数周)巻き付けることで、操作部用配線ケーブル15の余長分を収容できると共に、操作部用配線ケーブル15を抜け止めすることもできる。すなわち、ボス50を操作部用配線ケーブル15の抜け止めとして機能させることができる。その際、ボス50は長円形状に形成されているため、操作部用配線ケーブル15は引っかかることなく容易にボス50に巻回されるようになる。なお、ボス50の平面視形状としては、長円形状に代えて、例えば楕円形状や円形状にすることもできる。
【0066】
また、前記実施形態では電子機器として、PC本体32とディスプレイ28とからなるデスクトップパソコンを用い、電子機器載置部31にPC本体32を載置するようにしたが、例えばルーターなどを電子機器として用い、これを電子機器載置部31に載置するようにしてもよい。
【符号の説明】
【0067】
1…天板昇降式デスク、2…脚体、3…連結部材、4…天板、5…昇降機構ユニット、6…制御ユニット、7…操作部、8…下部支持体、9…上部支持体、11…上部アーム、12…天板載置部、13…下向部、14…配線保持部、15…操作部用配線ケーブル、16…電源ケーブル、17…連結片、19…空間部、20…ユニット間配線ケーブル、21…カバー部材、22…配線載置部、27…配線挿通孔、28…ディスプレイ、29…接続配線ケーブル、31…電子機器載置部、32…PC本体、33、51…キャップ部材
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、
前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、
前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、
前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、
前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、
前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、
前記上部支持体の先端部には、前記操作部用配線ケーブルを前記上部支持体内に通す開口部が形成され、
前記上部支持体の前記開口部には、該上部支持体内に通された操作部用配線ケーブルを保持するキャップ部材が嵌め込まれていることを特徴とする天板昇降式デスク。
【請求項2】
(削 除)
【請求項3】
(削 除)
【請求項4】
(削 除)
【請求項5】
床面上に配置される下部支持体と、前記下部支持体の上方に配置されるとともに、前後方向に延びる上部支持体と、これら下部支持体と上部支持体との間を伸縮可能に連結する昇降機構ユニットと、を有する脚体と、
前記脚体の上部支持体上に支持される平板状の天板と、
前記脚体の昇降機構ユニットを制御する制御ユニットと、を有する天板昇降式デスクにおいて、
前記制御ユニットが前記天板の下面側に配設され、
前記昇降機構ユニットの昇降動作信号を入力する操作部が、操作部用配線ケーブルを介して前記制御ユニットに接続されると共に、前記天板の前端縁部下面側に配設され、
前記操作部用配線ケーブルが、前記上部支持体内に配設され、
前記上部支持体は、前記操作部用配線ケーブルを下方から保持する上部アームを備えていることを特徴とする天板昇降式デスク。
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
異議決定日 2020-11-06 
出願番号 特願2018-232294(P2018-232294)
審決分類 P 1 651・ 121- YAA (A47B)
P 1 651・ 853- YAA (A47B)
P 1 651・ 841- YAA (A47B)
P 1 651・ 113- YAA (A47B)
P 1 651・ 857- YAA (A47B)
P 1 651・ 851- YAA (A47B)
最終処分 維持  
前審関与審査官 津熊 哲朗  
特許庁審判長 森次 顕
特許庁審判官 西田 秀彦
有家 秀郎
登録日 2019-12-13 
登録番号 特許第6627140号(P6627140)
権利者 株式会社オカムラ
発明の名称 天板昇降式デスク  
代理人 鈴木 三義  
代理人 松沼 泰史  
代理人 松沼 泰史  
代理人 鈴木 三義  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ