• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 全部申し立て 特36条6項1、2号及び3号 請求の範囲の記載不備  B60R
審判 全部申し立て 1項3号刊行物記載  B60R
審判 全部申し立て 2項進歩性  B60R
管理番号 1372680
異議申立番号 異議2020-700411  
総通号数 257 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許決定公報 
発行日 2021-05-28 
種別 異議の決定 
異議申立日 2020-06-16 
確定日 2021-02-10 
異議申立件数
訂正明細書 有 
事件の表示 特許第6620847号発明「車両用オーナメント」の特許異議申立事件について、次のとおり決定する。 
結論 特許第6620847号の明細書及び特許請求の範囲を訂正請求書に添付された訂正明細書及び訂正特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項〔1?5〕について訂正することを認める。 特許第6620847号の請求項1?5に係る特許を維持する。 
理由 結 論
特許第6620847号の明細書及び特許請求の範囲を訂正請求書に添付された訂正明細書及び訂正特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項〔1?5〕について訂正することを認める。
特許第6620847号の請求項1?5に係る特許を維持する。

理 由
第1 手続の経緯
特許第6620847号の請求項1?5に係る特許(以下「本件特許」という。)についての出願は、平成27年8月25日に出願した特願2015-165393号の一部を平成30年6月21日に新たな特許出願としたものであって、令和1年11月29日にその特許権の設定登録がされ、同年12月18日に特許掲載公報が発行された。
本件特許についての特許異議の申立ての経緯は、次のとおりである。
・令和2年 6月16日付け:特許異議申立人特許業務法人朝比奈特許事務所(以下「申立人A」という。)による請求項1?5に係る特許に対する特許異議の申立て
・同年 6月16日付け:特許異議申立人渡辺寛(以下「申立人B」という。)による請求項1?5に係る特許に対する特許異議の申立て
・同年 8月27日付け:取消理由通知書
・同年10月28日付け:意見書及び訂正請求書の提出
・同年11月10日付け:訂正請求があった旨の通知(特許法第120条の5第5項)
・同年12月15日付け:意見書の提出(申立人B)
なお、申立人Aから意見書の提出はなかった。

第2 訂正の適否
1 訂正の内容
令和2年10月28日付けの訂正請求による訂正(以下「本件訂正」という。)は、特許第6620847号の明細書及び特許請求の範囲を、訂正請求書に添付した訂正明細書及び訂正特許請求の範囲のとおり、訂正後の請求項1?5について訂正することを求めるものであり、その訂正の内容は以下の訂正事項1及び2のとおりである(下線部が訂正箇所である。)。
(1)訂正事項1
特許請求の範囲の請求項1に
「電波透過性を有し且つ金属成分を含まない半透明のフィルムと、
前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、
前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、
を備え、
前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムである、車両用オーナメント。」と記載されているのを、
「電波透過性を有し且つ金属成分を含まない、表側面にエンボス模様が形成された半透明のフィルムと、
前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、
前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、
を備え、
前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムであり、
前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、
前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する、車両用オーナメント。」に訂正する(請求項1の記載を引用する請求項2?5も同様に訂正する。)。

(2)訂正事項2
本件特許の願書に添付した明細書(以下「本件明細書」という。)の段落【0008】に「本発明の一局面に従った例示的な車両用オーナメントは、電波透過性を有し且つ金属成分を含まない半透明のフィルムと、前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、を備え、前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムである。」と記載されているのを、「本発明の一局面に従った例示的な車両用オーナメントは、電波透過性を有し且つ金属成分を含まない、表側面にエンボス模様が形成された半透明のフィルムと、前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、を備え、前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムであり、前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する。」に訂正する。

上記訂正事項1に係る特許請求の範囲の訂正及び上記訂正事項2に係る明細書の訂正は、一群の請求項〔1?5〕に対して請求されたものである。

2 訂正の適否
(1)訂正の目的の適否、新規事項の有無、及び特許請求の範囲の拡張・変更の有無
(1-1)訂正事項1について
ア 訂正事項1による訂正は、訂正前の請求項1に記載した発明を特定するために必要な事項である「半透明のフィルム」について、「表側面にエンボス模様が形成された」ものであること(以下「訂正A」という。)を特定し、また、「前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する」こと(以下「訂正B」という。)を追加するので、それら訂正A及び訂正Bに区分して、以下検討する。
イ 訂正Aについて
訂正Aは、本件明細書の「膜状体12は、電波透過性を有し、・・・半透明の素材でできている。そのような膜状体12として、例えば、・・・フィルム・・・を用いることができる。」(段落【0027】)及び「光遮断膜123で描かれる模様に合わせて、膜状体12の表側面にエンボス(浮き出し)模様124を形成してもよい。」(段落【0033】)等の記載を根拠に、「半透明のフィルム」が「表側面にエンボス模様が形成された」ものであることを限定するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、また、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
ウ 訂正Bについて
訂正Bは、本件明細書の「膜状体12の裏側面に光沢膜122を形成することにより、膜状体12の表側面から入射して裏側面まで透過した光が表側面に反射して、膜状体12のうち光沢膜122が形成された部分はより鮮やかな金属調光沢を帯びるようになる。」(段落【0029】)等の記載を根拠に、「グレーの印刷膜又は塗装膜」が「前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ」ること、及び「フィルム」が「前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する」ことを限定するものであるから、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、また、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。
エ したがって、訂正事項1は、特許請求の範囲の減縮を目的とするものであり、また、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。

(1-2)訂正事項2について
訂正事項2は、上記訂正事項1の訂正に伴い、特許請求の範囲の記載と明細書の記載の整合を図るためのものであるから、明瞭でない記載の釈明を目的とするものであり、また、新規事項の追加に該当せず、実質上特許請求の範囲を拡張し、又は変更するものでもない。

3 まとめ
以上のとおりであるから、本件訂正は特許法第120条の5第2項ただし書第1号及び第3号に掲げる事項を目的とするものであり、かつ、同条第9項において準用する同法第126条第5項及び第6項の規定に適合するので、訂正後の請求項〔1?5〕についての訂正を認める。

第3 本件発明
上記「第2」で述べたとおり、本件訂正は認められるので、本件特許の請求項1?5に係る発明(以下「本件発明1?5」という。)は、訂正特許請求の範囲の請求項1?5に記載された事項により特定される次のとおりのものである。
「【請求項1】
電波透過性を有し且つ金属成分を含まない、表側面にエンボス模様が形成された半透明のフィルムと、
前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、
前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、
を備え、
前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムであり、
前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、
前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する、車両用オーナメント。
【請求項2】
前記フィルムの表側面に所定の模様を描くように部分的に形成された光遮断膜を備えたことを特徴とする請求項1に記載の車両用オーナメント。
【請求項3】
前記フィルムの厚みは100?200μmであることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の車両用オーナメント。
【請求項4】
光透過性を有し、前記フィルムの表側面に配置された表面部材を備えたことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の車両用オーナメント。
【請求項5】
前記車両用オーナメントの少なくとも一部は車載レーダー装置の送受信電波領域内に配置される部材である、請求項1ないし請求項4のいずれかに記載の車両用オーナメント。」

第4 取消理由通知に記載した取消理由について
1 取消理由の概要
当審が令和2年8月27日付けで通知した取消理由の概要は、次のとおりである。
本件特許の請求項1?5に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の刊行物に記載された発明に基いて、その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであって、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消すべきものである。
<刊行物>
引用文献1 特開2010-50598号公報
引用文献2 特開2009-262466号公報
引用文献3 特開2010-30215号公報
引用文献4 特開2009-124485号公報
引用文献5 特開2010-111011号公報
なお、引用文献1は、申立人A及び申立人Bが提出した甲第1号証であり、引用文献2?5は、それぞれ、申立人Bが提出した甲第2、5、7、8号証である。

2 当審の判断
2-1 刊行物に記載された事項等
(1)引用文献1の記載事項等
(1-1)引用文献1の記載事項
引用文献1には次の記載がある(なお、下線は当審で付した。以下同様。)。
(1a)「【0001】
本発明は、通信機器、電磁波式レーダー等電磁波を利用する機器の外装等の部材に用いることができる金属光沢を有しながらも、電磁波の透過性に優れた電磁波透過性部材に使用される金属光沢調装飾フィルムに関するものである。
・・・
【0007】
本発明は、通信機器、電磁波式レーダー等電磁波を利用する機器の外装等の部材に用いることができ、金属光沢の意匠を有しながら、電磁波の透過性に優れる電磁波透過性部材に使用される電磁波透過性金属光沢調装飾フィルムを提供するとことを課題とする。
・・・
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下に、本発明の詳細を説明する。
・・・
【0012】
本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、図1に示すように、熱可塑性樹脂Aからなる層(A層)1と熱可塑性樹脂Bからなる層(B層)2を交互にそれぞれ30層以上積層した構造を含んでなる。
・・・
【0020】
本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムにおいて、A層とB層を交互に積層した構造を含むとは、A層とB層を厚み方向に交互に積層した構造を有している部分が存在することで定義される
また、本発明ではA層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ30層以上積層された構造が望ましい。より好ましくは、200層以上である。さらに、好ましくはA層とB層の総積層数が600層以上である。A層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ30層以上積層した構造でないと、十分な反射率が得られなくなり、輝度の高い金属調の外観とはならない。
また、A層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ200層以上含まれていると、波長帯域400?1000nmの相対反射率を40%以上とすることが容易となる。また、A層とB層の総積層数が600層以上であると、波長帯域400?1000nmの相対反射率を60%以上とすることが容易となり、非常に輝度の高い金属調の外観を有することが容易となる。また、積層数の上限値としては特に限定するものではないが、装置の大型化や層数が多くなりすぎることによる積層精度の低下に伴う波長選択性の低下を考慮すると、1500層以下であることが好ましい。
・・・
【0024】
また、本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、層対厚み10nm以上220nm未満の層の数が層対厚み220nm以上320nm以下の層の数より多い。このようにすることにより、ほとんど色づきのない金属調とすることが可能となる。ここで、層対厚みとは、隣接するA層とB層のそれぞれの層厚みを足した厚みである。また、層対厚みは、A層のみについて一方の表面から数えたm番目のA層と、B層のみについて同表面から数えたm番目のB層の層厚みを足したものである。ここでmは整数を表している。例えば、一方の表面から反対側の表面にA1層/B1層/A2層/B2層/A3層/B3層・・・・の順番で並んでいた際、A1層とB1層が1番目の層対であり、A2層とB2層が2番目の層対であり、A3層とB3層が3番目の層対となる。層対厚み10nm以上220nm未満の層の数が、層厚み220nm以上320nm以下の層の数と同数または少ないと、波長帯域400?1100nmの反射帯域において低波長側ほど反射率が低下するため、赤味をおびた外観となるので好ましくない。これは、低波長側の反射を起こす層対の密度が薄くなるために起こるものである。従って、積層フィルムを構成する層の層対厚みの序列としては、単調に等差数列的に層対厚みが増加もしくは減少するのではなく、上記条件を満たしながら等比数列的に層対厚みが増加もしくは減少することが好ましい。より好ましくは、層対厚み120nm以上220nm未満の層の数が、層対厚み220nm以上320nm以下の層の数の1.05倍以上2.5倍以下であることが好ましい。この場合、まったく色づきのない金属調とすることが可能である。
・・・
【0027】
本発明に係る電磁波発信器から発信される又は電磁波受信器に受信される電磁波の経路上に使用される電磁波透過性部材としては、上記電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムを含む成形体であることが望ましい。本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム以外に、ハードコート層、エンボス層、耐候層(UVカット層)、着色層、接着層、基材樹脂層などのいずれかを含んでなることも好ましい。このような成形体は、すべての層を樹脂などの有機物や酸化ケイ素など電磁波を吸収しない無機化合物で構成することが可能であり、金属や重金属などを含まないため、環境負荷が小さく、リサイクル性にも優れ、電磁波障害を起こさないものである。既存の技術では、アルミなどの金属薄膜層の蒸着等が行なわれているが、電磁波の送受信を必要とする電磁波発信器又は電磁波受信器の電磁波経路上にこれら既存の技術を活用した外装部材を使用すると、意匠性は向上するかも知れないが、本来必要な発信器や受信器の送受信機能を損なう可能性がある。そこで、本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、自動車のミリ波レーダーの機能を損なわないという観点から、76GHzにおける電磁波の減衰率が2.0dB以下であることが望ましい。より好ましくは、76GHzにおける電磁波の減衰率が1.0dB以下である。このような場合、本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムを用いても本来の機能を損なうことのない自動車のミリ波レーダーの電磁波経路上に使用される電磁波透過性部材となることが可能である。このとき、電磁波透過性部材と電磁波送信器あるいは電磁波受信器との距離は10m以内であることが好ましい。
【0028】
本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、その片面または両面に表面に着色層が形成されたものであることが好ましい。本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、可視光線の一部は透過する設計とできるので、着色層を設けることにより、外装部材の色目を調整することが可能となる。着色層を設けるには印刷によることが好ましい。」
・・・
【0047】
本発明の電磁波透過性部材を得る方法の例としては、本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムに印刷などをした後に、該当フィルムとアクリル等の樹脂とを一体成形し、さらには、スチレン等の樹脂と該当フィルムを挟む形で、曲面や複数の平面が組み合わさった形状を有している立体的な成形体を一体成形する方法が挙げられる。
・・・
【0058】
(実施例1)
・・・
【0061】
3.フィルムの作製
次に、本発明の電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムを構成する2種類の熱可塑性樹脂として、合成したポリエステル1とポリエステル2を準備した。ポリエステル191.46wt%に、平均2次粒径が1μmの凝集シリカ粒子を0.04wt%、マロン酸エステル系の紫外線吸収剤(クラリアント・ジャパン社製”サンデュボアB-CAP”)を8.5wt%混合し、これを熱可塑性樹脂Aとした。次にポリエステル2を熱可塑性樹脂Bとした。これら熱可塑性樹脂Aおよび熱可塑性樹脂Bは、それぞれ乾燥した後、別々の押出機に供給した。
・・・
【0064】
この一軸延伸フィルムをテンターに導き、100℃の熱風で予熱後、110℃の温度で横方向に3.3倍延伸した。延伸したフィルムは、そのまま、テンター内で240℃の熱風にて熱処理を行い、続いて同温度にて幅方向に8%の弛緩処理を施し、その後、室温まで徐冷後、巻き取った。得られたフィルムの厚みは、100μmであり、厚みむらは4.0%であった。ここで得られた電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムを3とする。得られた結果を表1のフィルム特性に示す。
【0065】
4.後加工、成形
次に上記3項の方法で得たフィルムを用いて自動車のミリ波レーダーの電磁波経路上に使用される自動車用エンブレム(電磁波透過性部材)を作製した。フィルムの両面に透明の印刷層を印刷した。このとき、金属光沢調に見せない部分は光を透過しない黒インキを使用した印刷層をさらに設けた。この印刷層を施したフィルムを、ポリメタクリル酸メチル(PMMA)と一体成形し、続いてアクリロニトル・エチレン・スチレン(AES)と一体成形し、印刷層を施したフィルムが積層された自動車用エンブレムを得た。自動車用エンブレムの断面の一部を図2に示す。得られた結果を表1に示す。
・・・
【図面の簡単な説明】
【0074】
【図1】本発明のフィルムの積層構造の一部を示す模式図
【図2】自動車用エンブレムの断面構造の一部を示す模式図」
(1b)引用文献1には、以下の図表が示されている。

(1-2)認定事項
引用文献1の記載(摘示(1a)(1b))より、以下の事項が認定できる。
ア「自動車用エンブレム」の構成について
(ア)図2は、「自動車用エンブレムの断面構造の一部を示す模式図」(段落【0074】)であり、図中に「ポリメチルメタクリレート層」、「黒色インキ層」及び「アクリロニトリル・エチレン・スチレン層」が表記されているところ、上記「黒色インキ層」は、段落【0065】に記載されている「黒インキを使用した印刷層」に対応し、図2における図番「3」は、段落【0064】に記載されている「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」であり、図番「4」は、段落【0065】に記載されている「透明の印刷層」に対応していることが明らかであるから、上記「自動車用エンブレム」は、ポリメチルメタクリレート層、黒色インキ層、透明の印刷層、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム、アクリロニトリル・エチレン・スチレン層を備えること。
(イ)【0065】の記載より、
上記「自動車用エンブレム」は、自動車のミリ波レーダーの電磁波経路上に使用されること、及び、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムの両面に透明の印刷層を印刷し、金属光沢調に見せない部分は光を透過しない黒色インキ層の印刷層をさらに設けたフィルムを、ポリメタクリル酸メチル(PMMA)と一体成形し、続いてアクリロニトル・エチレン・スチレン(AES)と一体成形して得ること。

イ 「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」の態様について
(ア)段落【0027】の記載より、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、電磁波を吸収しない無機化合物で構成され、金属や重金属などを含まないこと。
(イ)段落【0028】の記載より、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、その片面または両面の表面に着色層が形成され、可視光線の一部は透過する設計とし、着色層を設けることにより、外装部材の色目を調整することが可能であり、着色層を設けるには印刷によるものであること。
(ウ)段落【0012】の記載より、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、熱可塑性樹脂Aからなる層(A層)1と熱可塑性樹脂Bからなる層(B層)2を交互にそれぞれ30層以上積層した構造を含んでなること。
(エ)段落【0020】の記載より、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、A層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ200層以上又は600層以上積層された構造が望ましく、積層数の上限値としては、1500層以下であること。
(オ)段落【0024】の記載より、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、層対厚み10nm以上220nm未満の層の数が層対厚み220nm以上320nm以下の層の数より多いものであること。
(カ)段落【0064】の記載より、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、厚みが100μmであること。

(1-3)引用文献1に記載された発明
上記(1-1)及び(1-2)から、引用文献1には、以下の発明(以下「引用発明」という。)が記載されていると認められる。
「ポリメチルメタクリレート層、黒色インキ層、透明の印刷層、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム、アクリロニトリル・エチレン・スチレン層を備え、自動車のミリ波レーダーの電磁波経路上に使用される自動車用エンブレムであって、
電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムの両面に透明の印刷層を印刷し、金属光沢調に見せない部分は光を透過しない黒色インキ層の印刷層をさらに設けたフィルムを、ポリメタクリル酸メチル(PMMA)と一体成形し、続いてアクリロニトル・エチレン・スチレン(AES)と一体成形して得るものであり、
電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムは、
電磁波を吸収しない無機化合物で構成され、金属や重金属などを含まず、
その片面または両面の表面に着色層が形成され、
可視光線の一部は透過する設計とし、着色層を設けることにより、外装部材の色目を調整することが可能であり、着色層を設けるには印刷によるものであり、
熱可塑性樹脂Aからなる層(A層)1と熱可塑性樹脂Bからなる層(B層)2を交互にそれぞれ30層以上積層した構造を含んでなり、A層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ200層以上又は600層以上積層された構造が望ましく、積層数の上限値としては、1500層以下であって、電磁波透過性部材用金属光沢
調装飾フィルムは、層対厚み10nm以上220nm未満の層の数が層対厚み220nm以上320nm以下の層の数より多いものであり、
厚みが100μmである、
自動車用エンブレム。」

(2)引用文献2の記載事項
引用文献2には、次の記載がある。
(2a)「【0001】
本発明は、少なくとも片面に着色層を有する成形体に関するものである。更に詳細には、本発明は、装飾用部材、例えば自動車用外部材、携帯電話・家電用品の光沢調装飾材に関するものである。
・・・
【0006】
本発明は、上記の従来技術の問題点を解決せんがため、多層積層フィルムを使用した成形体に、着色層を設けることによって、電磁波透過性があり、かつ成形が可能なメタリックカラーのフィルムを得ることを課題としている。また、着色層の設計をコントロールすることにより、よりニュートラルグレーに近い風合いの金属調の成形体を得ることができ、さらに角度依存性を少なくすることができる。さらに、着色層の表面硬度を規定することにより、耐傷性にも優れたメタリックカラーのフィルムを得ることができる。
・・・
【0014】
本発明の積層フィルムは、樹脂Aと樹脂Bの交互積層より構成されており、その好ましい組み合わせとしては、樹脂Aと樹脂BのSP値の差の絶対値が、1.0以下であることが第一に好ましい。SP値の差の絶対値が1.0以下であると層間剥離が生じにくくなる。より好ましくは、樹脂Aからなる層と樹脂Aと同一の基本骨格を含む樹脂Bからなる層を有していることが好ましい。ここで基本骨格とは、樹脂を構成する繰り返し単位のことであり、例えば、一方の樹脂がポリエチレンテレフタレートの場合は、エチレンテレフタレートが基本骨格である。また別の例としては、一方の樹脂がポリエチレンの場合、エチレンが基本骨格である。樹脂Aと樹脂Bが同一の基本骨格を含む樹脂であると、さらに層間での剥離が生じにくくなるものである。
・・・
【0020】
また、本発明では樹脂Aからなる層(A層)と樹脂Bからなる層(B層)を交互にそれぞれ50層以上含まなければならない。より好ましくは、200層以上である。さらに、好ましくはA層とB層の総積層数が600層以上である。A層とB層をそれぞれ50層以上積層した構造を含まないと、十分な反射率が得られなくなり、輝度の高い金属調の外観とはならない。また、樹脂Aからなる層(A層)と樹脂Bからなる層(B層)を交互にそれぞれ200層以上含まれていると、波長帯域400nm?1000nmの反射率を40%以上とすることが可能となる。また、A層とB層の総積層数が600層以上であると、波長帯域400nm?1000nmの反射率を60%以上とすることが容易となり、非常に輝度の高い金属調の外観を有することが容易となる。また、積層数の上限値としては特に限定するものではないが、装置の大型化や層数が多くなりすぎることによる積層精度の低下に伴う波長選択性の低下を考慮すると、3000層以下であることが好ましい。
・・・
【0022】
本発明の着色層とは、樹脂やワックスまたはその混合物からなるバインダーと、従来公知の染 料や顔料等の着色剤を単独又は任意に組合せて構成され、フィルム本体の基材に対向する表面に形成される。用いられる染料や顔料は特に限定されず、例えばキノン系、カチオン系、シアニン系、フタロシアニン系、キナクドリン系、ジアリール・トリアリールメタン系、フルギド、アゾ系、スクアリリウム系、オキソノール系、ベンジリデン系、ニトロ系、ニトロソ系、チアゾール系、インジゴイド系など各色素が使用される。これらは色調補正のために、複数組み合わせて使用することも可能である。また、これらは層中に均一に分散し、透過光のむらがないようにすることが好ましい。また、本発明の着色層は、必ずしも有彩色に限定されず、白、灰色、黒などの無彩色を含むものとする。バインダーに用いる樹脂としては、エチレン-酢酸ビニル共重合体、エチレン-アクリル酸共重合体等のポリオレフィン系樹脂、ポリアミド系樹脂、ポリエステル系樹脂、エポキシ系樹脂、ポリウレタン系樹脂、アクリル系樹脂、ポリ塩化ビニル系樹脂、ポリ酢酸ビニル系樹脂、石油系樹脂、フェノール系樹脂、ポリスチレン系樹脂等が挙げられる。バインダーに用いるワックスとしては、マイクロクリスタリンワックス、カルナウバワックス、パラフィンワックス、フィッシャートロプシュワックス、各種低分子量ポリエチレン、木ロウ、ミツロウ、鯨ロウ、イボタロウ、羊毛ロウ、セラックワックス、キャンデリラワックス、ペトロラクタム、一部変性ワックス、脂肪酸エステル、脂肪酸アミド等、種々のワックスが挙げられる。
・・・
【0042】
本発明の成形体は、両面に着色層が存在する積層フィルムであることが好ましい。本発明の成形体では、可視光線の一部が透過するため、着色層を設けることにより、成形体の色目を調整することが可能となると同時に、裏面の反射により、より色目の補正が可能となる。特に白や黒色などの無彩色の色は金属調の質感を出すために有効である。また、片方の着色層の機能は、着色層と対向する樹脂基材が担持することが可能であり、樹脂基剤が着色樹脂からなっていてもよい。
・・・
【0047】
また、表面に着色層とは別に、ハードコート層、易滑層、帯電防止層、耐摩耗性層、反射防止層、紫外線吸収層、印刷層、透明導電層、ガスバリア層、ホログラム層、剥離層、粘着層、エンボス層、接着層などの機能性層を形成してもよい。
【0048】
このようなフィルムを用いた成型体は、ポリマーのみから構成されるため、金属や重金属などを含まないため、環境負荷が小さく、リサイクル性にも優れ、電磁波障害を起こさないものである。また、真空成形、真空圧空成形、プラグアシスト真空圧空成形、インモールド成形、インサート成形、冷間成形、プレス成形などの各種成型法が適用できるため、低コストで立体形状を形成するものとすることが可能である。成型方法は、特に限定されるものではなく、一般に公知の成型方法、例えば、真空成型法、真空・圧空成型法、ブロー(吹き込み)成型法、プレス成型法、インサートインジェクション成型法、インモールド(金型内)成型法、押し出し成型法等で成型することができる。真空成型法および真空・圧空成型法とは、まず熱可塑性樹脂基材の全面または一部に成型加工用粘着シートを貼付しておき、この積層体を成型機の所定の位置に設置し、加熱軟化させ、木型または金型を下から送り込み、真空に引いて型に密着させ(真空成型法)、または真空に引くと共に反対側から圧縮空気で押して型に密着させ(真空・圧空成型法)、成型体を冷却後に型からはずして成型体を得る成型法である。」

(3)引用文献3の記載事項
引用文献3には、次の記載がある。
(3a)「【0001】
本発明は、所定の意匠を立体的に表示する装飾部材およびその製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
装飾部材として、所定の意匠を立体的に表示するものが知られている。この種の装飾部材は、車両用のエンブレムや電波透過カバー等に用いられている。この種の装飾部材(以下、単に装飾部材と略する)は、一般に、透明層と、透明層の後面に形成されている意匠層とを持つ。透明層の後面は凹凸形状をなし、意匠層は透明層の後面に沿った凹凸形状をなす。意匠層が凹凸形状をなすことによって、装飾部材は意匠を立体的に表示する。
・・・
【0024】
さらに、第2加飾層はフィルム体からなり透明層の凹凸形状に沿って賦形される。このため、第2加飾層を透明層に沿った凹凸形状に形成するのは容易である。さらに、フィルム体からなる第2加飾層を用いるために、例えば金属が蒸着形成されてなる層(金属蒸着層)で第2加飾層の一部を構成する場合にも、透明層自体を金属蒸着用の真空室に入れる必要はない。よって、本発明の装飾部材は容易に製造でき、本発明の製造方法によると意匠性に優れる装飾部材を容易に製造できる。
・・・
【0041】
実施例1の装飾部材は、透明層1と、第1加飾層2と、第2加飾層3と、基材層4とを持つ。
【0042】
透明層1は、透明樹脂材料の一種であるポリカーボネートを材料としてなる。透明層1の後面は凹凸形状をなす。詳しくは、透明層1の後面における径方向外側部分には、略リング状の外側凹部10が形成されている。外側凹部10の径方向内側部分には、略T字状の内側凹部11が形成されている。外側凹部10および内側凹部11は透明層1の前面側に向けて陥没する凹部状をなす。透明層1の後面における外側凹部10の径方向外側部分には外側凸部12が形成され、外側凹部10と内側凹部11との間の領域には内側凸部13が形成されている。外側凸部12および内側凸部13は透明層1の後面側に向けて隆起する凸部状をなす。実施例1の装飾部材における凹部と凸部との凹凸差は2.0?2.5mmである。
・・・
【0047】
基材層4は、AES樹脂を材料としてなり、第2加飾層3の後面側に射出成形されている。図2?図3に示すように、基材層4は外側凹部10の内側および内側凹部11の内側に入り込んでいる。さらに、基材層4は、外側溝部26および内側溝部27の内側にも入り込んでいる。したがって、基材層4の前面は前層5の後面と略相補的な凹凸形状をなす。
・・・
【0072】
実施例3においては、第2加飾層3として東レ株式会社製のPICASUS(商標)を用いた。この第2加飾層3は、多層構造をなし、金属および顔料を含まない。詳しくは、図12に示すように、第2加飾層3は50?100μm程度の樹脂層35が100層以上積層されてなる。この第2加飾層3における隣接する樹脂層35同士の光屈折率は異なる。このため、この第2加飾層3は構造発色して金属調の光沢を表示する。したがって、実施例3の装飾部材は、第2加飾層3によって金属色を呈する意匠を表示するにもかかわらず、金属を含まない。このため実施例3の装飾部材は、電波透過性に優れ、電波透過カバーとして好適である。」

(4)引用文献4の記載事項
引用文献4には、次の記載がある。
(4a)「【0001】
本発明は、ミリ波レーダ装置やマイクロ波レーダ装置等の電波レーダ装置のビーム経路に配置される樹脂成形品に関する。
・・・
【0041】
(実施例1)図2に本実施例の樹脂成形品を示す。この樹脂成形品は、図1に示すように自動車のフロントグリル100に設けられたエンブレム1であり、フロントグリル 100に形成された窓部内に、図示しないブラケットやボルト等の固定手段により保持されている。このエンブレム1の背後には、その裏面から所定距離隔てた位置に、車載レーダ装置としての図示しないミリ波レーダ装置が配設されている。なおミリ波レーダ装置は、周波数 76.5GHzのミリ波ビームを送・受信し、そのビーム経路にエンブレム1が介在している。
【0042】
エンブレム1は、車両の後方側(ミリ波レーダ装置に対向する表面側)から、基材層2と、インジウム層3と、インジウム層3の表面に部分的に形成された黒地層4と、透明樹脂層5と、から構成されている。基材層2は黒色不透明のAESから形成され、透明樹脂層5はCOPから形成されている。透明樹脂層5は、ほぼ均一肉厚の一般部50と、一般部50の表面から突出する凸部51とを備えている。車外からみたときに、透明樹脂層5の表面からは黒地層4とインジウム層3の一部が視認され、黒地に金属光輝部が浮かんだエンブレム意匠が視認される。またインジウム層3が表出する部位に対応して凸部51が形成されているので、凸部50の立体意匠の内層に光輝層が表出し、立体感のある意匠を呈している。」

(5)引用文献5の記載事項
引用文献5には、次の記載がある。
(5a)「【0001】
本発明は、車両用電波透過カバー、特に、ミリ波レーダ装置やマイクロ波レーダ装置等の電波レーダ装置から出射されるレーダ波の経路に配置される車両用電波透過カバー及び車両用電磁透過カバーの製造方法に関する。
・・・
【0030】
図3(A)に示すように、ミリ波レーダ用カバー100の全体形状は、正面視略楕円形状の板状とされている(図1と図2も参照)。また、図3(A)と図3(B)とに示すように、ミリ波レーダ用カバー100は、透明樹脂層200、黒色樹脂層350、加飾層300、基材層400の四層構造とされている。
・・・
【0032】
本実施形態では、透明樹脂層200は透明なアクリル樹脂で構成されており、基材層400はAES樹脂(Acrylonitrile-Ethylene-Styrene resin、アクリロニトリルエチレンプロピレンジエンスチレン共重合体)によって構成されている。なお、これら以外の樹脂で成形されていてもよい。例えば、ABS樹脂やポリカーボネート樹脂であってもよい。
【0033】
加飾層300は、本実施形態では透明なPET樹脂製のフィルム250(図4参照)によって構成され、第二の意匠を形成する凹凸形状(凹凸意匠)304が賦形されている(凹凸形状304を形成することによって第二の意匠(凹凸意匠)が表現されている)。更に、加飾層300(フィルム250)の裏面全面に金属光沢が得られるようにインジウム等の金属膜が蒸着されている。」

2-2 対比・判断
(1)本件発明1について
ア 対比
本件発明1と引用発明とを対比する。
(ア)引用発明の「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」は、「電磁波を吸収しない無機化合物で構成され、金属や重金属などを含ま」ないものであり、また、「可視光線の一部は透過する設計とし」たものであるから、半透明ということができる。
したがって、甲1発明の「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」と、本件発明1の「電波透過性を有し且つ金属成分を含まない、表側面にエンボス模様が形成された半透明のフィルム」とは、「電波透過性を有し且つ金属成分を含まない半透明のフィルム」の点で共通するものといえる。
(イ)引用発明の「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」は、「その片面または両面の表面に着色層が形成され、可視光線の一部は透過する設計とし、着色層を設けることにより、外装部材の色目を調整することが可能であり、着色層を設けるには印刷によるものであ」るところ、印刷により印刷膜が得られることは技術的に明らかであるから、引用発明の上記「着色層」は、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムの面に形成された着色のある印刷膜ということもできる。
したがって、引用発明の上記「着色層」と、本件発明1の「前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜」とは、上記(ア)をも踏まえると、「前記フィルムの面に形成された着色のある印刷膜又は塗装膜」の点で共通するものといえる。
(ウ)引用発明の「自動車用エンブレム」は、「ポリメチルメタクリレート層、黒色インキ層、透明の印刷層、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム、アクリロニトリル・エチレン・スチレン層を備え」るものであって、「磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムの両面に透明の印刷層を印刷し、金属光沢調に見せない部分は光を透過しない黒色インキ層の印刷層をさらに設けたフィルムを、ポリメタクリル酸メチル(PMMA)と一体成形し、続いてアクリロニトル・エチレン・スチレン(AES)と一体成形して得るものであ」るところ、上記「アクリロニトル・エチレン・スチレン(AES)」が、「自動車用エンブレム」における、ベース部材を構成することは技術常識であるから(必要ならば、引用文献3(摘示(3a))に記載されたAES樹脂を材料とした基材層4(段落【0047】)、引用文献4(摘示(4a))に記載されたAESから形成された基材層2(段落【0042】)、引用文献5(摘示(5a))に記載されたAES樹脂によって構成された基材層4(段落【0032】)など参照)、上記「アクリロニトリル・エチレン・スチレン層」と、本件発明1の「前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材」とは、「ベース部材」の点で共通するものといえる。
(エ)引用発明の「自動車用エンブレム」は、本件発明1の「車両用オーナメント」に相当する。

したがって、本件発明1と引用発明とは、
「電波透過性を有し且つ金属成分を含まない半透明のフィルムと、
前記フィルムの面に形成された着色のある印刷膜又は塗装膜と、
ベース部材と、
を備える、車両用オーナメント。」の点で一致し、以下の点で相違する。

<相違点1>
本件発明1は、
「フィルム」が、「表側面にエンボス模様が形成された」ものであって、「数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなる」ものであり、
「着色のある印刷膜又は塗装膜」が、フィルムの「裏側面」に形成された「グレーの印刷膜又は塗装膜」であり、
「フィルム」と「着色のある印刷膜又は塗装膜」との相互関係について、「前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する」ものとして構成されているのに対し、
甲1発明は、
「フィルム」が、「熱可塑性樹脂Aからなる層(A層)1と熱可塑性樹脂Bからなる層(B層)2を交互にそれぞれ30層以上積層した構造を含んでなり、A層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ200層以上又は600層以上積層された構造が望ましく、積層数の上限値としては、1500層以下であって」、「層対厚み10nm以上220nm未満の層の数が層対厚み220nm以上320nm以下の層の数より多いものであ」り、
「着色のある印刷膜又は塗装膜」が、フィルムの「片面または両面の表面」に形成された「着色層」であり、
「フィルム」と「着色のある印刷膜又は塗装膜」との相互関係について、「着色層を設けることにより、外装部材の色目を調整することが可能であ」るものとして構成されている点。

<相違点2>
「ベース部材」について、本件発明1は、「前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置された」ものであるのに対し、引用発明は、そのように特定されていない点。

イ 判断
上記相違点1について検討する。
(ア)本件明細書の「当該フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みパターンで積層されて成形されており、入射光がこれら各層表面で反射されることで自然な金属調光沢を呈することができる。」(段落【0027】)等の記載によれば、本件発明1の「フィルム」は、「数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されて」構成(以下「構成A」ということもある。)されることで、入射光がこれら各層表面で反射されて自然な金属調光沢を呈することが明らかである。
また、上記「フィルム」には、「表側面にエンボス模様が形成され」て構成(以下「構成B」ということもある。)されるものであるところ、本件明細書の「膜状体12として、例えば、・・・フィルム・・・を用いることができる。」(段落【0027】)及び「光遮断膜123で描かれる模様に合わせて、膜状体12の表側面にエンボス(浮き出し)模様124を形成してもよい。これにより、光遮断膜123で描かれた模様を立体的に表して意匠性をさらに高めることができる。」(段落【0033】)等の記載によれば、上記「フィルム」は、「エンボス模様が形成され」ることにより、意匠性をさらに高めたものということができる。
さらに、上記「フィルム」の「裏側面」には、「グレーの印刷膜又は塗装膜」が「形成され」て構成(以下「構成C」ということもある。)されるものであるところ、本件明細書の「膜状体12の裏側面に光沢膜122を形成してもよい。・・・光沢膜122は光沢グレーであればよく、必要に応じて色彩や模様を付ければよい。膜状体12の裏側面に光沢膜122を形成することにより、膜状体12の表側面から入射して裏側面まで透過した光が表側面に反射して、膜状体12のうち光沢膜122が形成された部分はより鮮やかな金属調光沢を帯びるようになる。」(段落【0029】)等の記載によれば、上記「フィルム」は、その「裏側面」に「形成され」た「グレーの印刷膜又は塗装膜」により、より鮮やかな金属調光沢を帯びるように構成されたものということができる。
そして、上記構成Aの「さまざまな層厚みで積層され」た「ポリマー薄膜」は、上記構成Bの「エンボス模様」が「形成され」ることで、その形成部位での光の入射角及び反射角が部分的に変化することが技術的に明らかであって、さらに、上記構成Cの「グレーの印刷膜又は塗装膜」が「形成され」ることで、裏側面まで透過した光の反射の態様も変化することが技術的に明らかである。したがって、本件発明1は、少なくとも上記構成A、構成B及び構成Cが技術的に密接に関連することで、「前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する」ものとして構成(以下「構成D」ということもある。)されたものといえる。
(イ)他方、引用発明の「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」は、「熱可塑性樹脂Aからなる層(A層)1と熱可塑性樹脂Bからなる層(B層)2を交互にそれぞれ30層以上積層した構造を含んでなり、A層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ200層以上又は600層以上積層された構造が望ましく、積層数の上限値としては、1500層以下であって」、「層対厚み10nm以上220nm未満の層の数が層対厚み220nm以上320nm以下の層の数より多いものであ」り、「層対厚み10nm以上220nm未満の層」及び「層対厚み220nm以上320nm以下の層」が含まれることから、引用発明においても、本件発明1と同様、ナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されているということができる。
また、引用発明の「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」は、「可視光線の一部は透過する設計とし、着色層を設けることにより、外装部材の色目を調整することが可能」であるところ、上記「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」には、「その片面または両面の表面に着色層が形成され」るものであるから、本件発明1とは、フィルムの面を着色した程度の構造面について一部共通したものということもできる。
しかし、上記「着色層」は、あくまでも、上記「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」における「その片面または両面」に「形成され」て「色目を調整する」ものであることからして、上記「着色層」を、上記「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」の裏側面に配置することを前提として、表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させることを企図して設けたものとまでいうことはできないし、より鮮やかな金属調光沢を呈するような着色を目的としたものか、その態様も明らかでない。
また、引用文献1には、電磁波透過性部材を、電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルムを含む成形体とし、上記電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム以外にエンボス層を含んで構成すること(段落【0027】)、及び、上記電磁波透過性部材を得る方法の例として、曲面や複数の平面が組み合わさった形状を有している立体的な成形体を一体成形すること(段落【0047】)が記載されており、引用発明の「自動車用エンブレム」を、「エンボス層」を含んで構成することや、立体的な成形体として構成することが記載ないし示唆されてはいるものの、その具体的な態様は明らかでない。
(ウ)以上を踏まえて検討する。
a 引用文献2に記載された技術事項の適用について
引用文献2(摘示(2a))には、「少なくとも片面に着色層を有する成形体」であって、例えば「自動車用外部材」に関する技術について開示されており(段落【0001】)、具体的には、「多層積層フィルムを使用した成形体に、着色層を設けることによって、電磁波透過性があり、かつ成形が可能なメタリックカラーのフィルムを得ること」を課題とし(段落【0006】)、上記「多層積層フィルム」を「樹脂Aと樹脂Bの交互積層より構成され」るものであって(段落【0014】)、「樹脂Aからなる層(A層)と樹脂Bからなる層(B層)を交互にそれぞれ50層以上含まなければならない。より好ましくは、200層以上である。さらに、好ましくはA層とB層の総積層数が600層以上である。」(段落【0020】)として構成すること、上記「着色層」を設けることにより、「成形体の色目を調整すること」(段落【0042】)、上記「着色層」は、「必ずしも有彩色に限定されず、白、灰色、黒などの無彩色を含むもの」であって(段落【0022】)、「特に白や黒色などの無彩色の色は金属調の質感を出すために有効である」こと(段落【0042】)が記載されている(以下「引用文献2に記載された技術事項」ということもある。)。
そうすると、引用発明と引用文献2に記載された技術事項とは、「自動車用エンブレム(自動車用外部材)」という技術分野のみならず、「熱可塑性樹脂Aからなる層(A層)1と熱可塑性樹脂Bからなる層(B層)2を交互にそれぞれ30層以上積層した構造を含んでなり、A層とB層が厚み方向に交互にそれぞれ200層以上又は600層以上積層された構造が望まし」い「電磁波透過性部材用金属光沢調装飾フィルム」の「片面」に「着色層が形成され」るという構造面、さらには、「着色層」によって「外装部材の色目を調整する」という機能面において共通したものということができるから、引用発明の「着色層」を具現化する場合には、引用文献2に記載された技術事項を参考とする動機付けは存在するものといえる。
しかし、引用文献2には、上記「多層積層フィルム」を、その表面側にエンボス模様が形成されたものとして構成することの記載はない。これについて補足すると、引用文献2には、上記「着色層」とは別に、エンボス層などの機能性層を形成してもよいこと(段落【0047】)、及び、フィルムを用いた成型体を立体形状に形成すること(段落【0048】)は記載されているが、その具体的な態様は明らかでなく、「多層積層フィルム」を、その表面側にエンボス模様が形成されたものとして構成することが記載ないし示唆されているということはできない。
したがって、引用発明に引用文献2に記載された技術事項を適用することで、引用発明の上記「着色層」を灰色として構成することができたとしても、かかる構成は、本件発明1における上記構成Bの「エンボス模様」が「形成され」たものして構成されるものではないし、さらに、上記構成Bと相まって、上記構成Dの「前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する」ものに構成されるとまでいうこともできない。
要するに、引用文献2には、本件発明1における上記構成A及び構成Cと一部共通する技術は記載されているが、上記構成Bと密接に関連する上記構成A及構成C、加えて上記構成Dについて記載されるものではない。
したがって、引用発明に引用文献2に記載された技術事項を適用しても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。
b 引用文献3?5に記載された技術事項の適用について
引用文献3?5は、令和2年8月27日付けの取消理由において、アクリロニトル・エチレン・スチレン(AES)が、自動車用エンブレムにおけるベース部材を構成する素材であることを技術常識として例示した文献であるが、念のため、それら文献に記載された技術事項の適用についても、以下検討する。
(a)引用文献3に記載された技術事項の適用について
引用文献3(摘示(3a))には、「所定の意匠を立体的に表示する装飾部材」(段落【0001】)に関し、かかる装飾部材が、車両用のエンブレムや電波透過カバー等に用いられること(段落【0002】)、装飾部材は、透明層1と、第1加飾層2と、第2加飾層3と、基材層4とを有すること(段落【0041】)、透明層1の後面は凹凸形状をなすものとし、第2加飾層2はフィルム体からなり透明層1の凹凸形状に沿って賦形されること(段落【0024】、【0042】)、及び、第2加飾層3は、多層構造をなし、金属および顔料を含まず、50?100μm程度の樹脂層35が100層以上積層されてなること(段落【0072】)が記載されている(以下「引用文献3に記載された技術事項」ということもある。)。
上記引用文献3に記載された技術事項は、第2加飾層を多層構造に構成する点及び第2加飾層2を透明層1の凹凸形状に沿って賦形する点において、上記相違点1に係る本件発明1の上記構成A及び構成Bと一部共通した技術ということもできるが、かかる技術は、本件発明1の上記構成C及び構成Dとも相まった技術とまでいうことはできない。
したがって、引用発明に引用文献3に記載された技術事項を適用しても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。
(b)引用文献4に記載された技術事項の適用について
引用文献4(摘示(4a))には、「ミリ波レーダ装置やマイクロ波レーダ装置等の電波レーダ装置のビーム経路に配置される樹脂成形品」に関し(段落【0001】)、かかる樹脂成形品は、自動車のフロントグリル100に設けられたエンブレム1として構成されること(段落【0041】)、エンブレム1は、基材層2と、インジウム層3と、インジウム層3の表面に部分的に形成された黒地層4と、透明樹脂層5と、から構成され、及びインジウム層3が表出する部位に対応して凸部51が形成されること(段落【0042】)が記載されている(以下「引用文献4に記載された技術事項」ということもある。)。
上記引用文献4に記載された技術事項は、インジウム層3が表出する部位に対応して凸部51が形成される点において、上記相違点1に係る本件発明1の上記構成Bと一部共通した技術ということもできるが、かかる技術は、本件発明1の上記構成A、構成C及び構成Dとも相まった技術とまでいうことはできない。
したがって、引用発明に引用文献4に記載された技術事項を適用しても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。
(c)引用文献5に記載された技術事項の適用について
引用文献5(摘示(5a))には、「車両用電波透過カバー、特に、ミリ波レーダ装置やマイクロ波レーダ装置等の電波レーダ装置から出射されるレーダ波の経路に配置される車両用電波透過カバー」に関し(段落【0001】)、ミリ波レーダ用カバー100は、透明樹脂層200、黒色樹脂層350、加飾層300、基材層400の四層構造とされること(段落【0030】)、加飾層300は、透明なPET樹脂製のフィルム250によって構成され、凹凸形状(凹凸意匠)304が賦形され、加飾層300(フィルム250)の裏面全面に金属光沢が得られるようにインジウム等の金属膜が蒸着されていること(段落【0033】)が記載されている(以下「引用文献5に記載された技術事項」ということもある。)。
上記引用文献5に記載された技術事項は、加飾層300に凹凸形状(凹凸意匠)304を賦形する点において、上記相違点1に係る本件発明1の上記構成Bと一部共通した技術ということもできるが、かかる技術は、本件発明1の上記構成A、構成C及び構成Dとも相まった技術とまでいうことはできない。
したがって、引用発明に引用文献5に記載された技術事項を適用しても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。

ウ 小括
以上のとおりであるから、本件発明1は引用発明及び引用文献2?5に記載された技術事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものとはいえない。

(2)本件発明2?5について
本件発明2?5は、本件発明1の構成を全て含み、さらに限定したものであるから、本件発明1と同様に、引用発明及び引用文献2?5に記載された技術事項に基いて当業者が容易に発明をすることができたものとはいえない。

第5 取消理由通知において採用しなかった特許異議申立理由について
1 申立人A及び申立人Bの主張
(1)申立人Aの主張
取消理由通知において採用しなかった申立人Aの特許異議申立理由の要旨は、次のとおりである。
ア 申立理由A-1(特許法第29条第1項第3号、同法第29条第2項)
本件特許の請求項1?5に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の甲第1号証に記載された発明であって、特許法第29条第1項第3号に該当するから、または、同甲第1号証に記載された発明に基いて、その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであって、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消されるべきである。
甲第1号証:特開2010-50598号公報(上記引用文献1と同じ)
イ 申立理由A-2(特許法第36条第6項第1号)
(ア)請求項1には、「前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムである」と記載されているところ、上記「ナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなる」とは、層厚みが均一でなくかつ各層の厚みが1?999nmである積層体全てを含むと解釈される。
しかし、上記「フィルム」について、本件明細書には、段落【0027】の記載があり、その具体例は「P!CASUS(登録商標)」のみが例示されているに過ぎず、また、上記「P!CASUS(登録商標)」の例示により発明の課題が解決し得ることは技術常識であるともいえない。
したがって、本件特許の請求項1に係る発明、及び請求項1を引用する請求項2?5に係る発明は、本件明細書の発明の詳細な説明に記載された範囲を超えており、特許法第36条第6項第1号の規定に違反しており、取り消されるべきである。
(イ)請求項1には、「前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜」及び「前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材」と記載されている。
しかし、「グレー」の指す色は、実質的に白と黒とを含み、本件明細書の段落【0030】に記載される金属色を放つような効果を実現し得ない態様をも含んでいるから、本件特許の請求項1に係る発明、及び請求項1を引用する請求項2?5に係る発明は、本件明細書の発明の詳細な説明に記載された課題を解決し得る範囲を超えており、特許法第36条第6項第1号の規定に違反しており、取り消されるべきである。

(2)申立人Bの主張
取消理由通知において採用しなかった申立人Bの特許異議申立理由の要旨は、次のとおりである。
ア 申立理由B-1(特許法第29条第1項第3号)
本件特許の請求項1?5に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の甲第1号証に記載された発明であって、特許法第29条第1項第3号に該当するから、その発明に係る特許は取り消されるべきである。
イ 申立理由B-2(特許法第29条第2項)
本件特許の請求項1に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の甲第1号証に記載された発明及び甲第2?4号証に記載された周知技術に基いて、
本件特許の請求項2に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の甲第1号証に記載された発明及び甲第5号証に記載された周知技術に基いて、あるいは、甲第1号証に記載された発明及び甲第5?8号証に記載された周知技術に基いて、
本件特許の請求項3に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の甲第1号証に記載された発明及び甲第2、4号証に記載された周知技術に基いて、
本件特許の請求項4に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の甲第1号証に記載された発明及び甲第9号証に記載された技術技術に基いて、あるいは、甲第1号証に記載された発明及び甲第9、10号証に記載された周知技術に基いて、
本件特許の請求項5に係る発明は、その出願前日本国内または外国において頒布された以下の甲第1号証に記載された発明に基いて、
その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであって、特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができないから、その発明に係る特許は取り消されるべきである。
甲第1号証:特開2010-50598号公報(上記引用文献1と同じ)
甲第2号証:特開2009-262466号公報(上記引用文献2と同じ)
甲第3号証:国際公開第2011/132308号
甲第4号証:特開2015-110276号公報
甲第5号証:特開2010-30215号公報(上記引用文献3と同じ)
甲第6号証:特開2007-13722号公報
甲第7号証:特開2009-124485号公報(上記引用文献4と同じ)
甲第8号証:特開2010-111011号公報(上記引用文献5と同じ)
甲第9号証:特開2008-284713号公報
甲第10号証:特開2009-120120号公報

2 当審の判断
(1)申立理由A-1(特許法第29条第1項第3号、同法第29条第2項)について
甲第1号証の記載事項及び甲第1号証に記載された発明(以下「甲1発明」という。)は、上記「第4 2 2-1」で述べたとおりである。
そして、上記「第4 2 2-2(1)ア」で述べたとおり、本件発明1と甲1発明とは、上記相違点1及び相違点2で相違することが明らかであるから、本件発明1、及び本件発明1の発明特定事項を全て含む本件発明2?5は、甲1発明であるということはできず、特許法第29条第1項第3号に規定する発明に該当しない。
また、上記「第4 2 2-2(1)イ」で述べたとおり、甲1発明に基いて、少なくとも上記相違点1に係る本件発明1の構成が当業者にとって容易想到である、ということはできない。
したがって、申立人Aの主張する申立理由A-1によっては、本件発明1及び本件発明1の発明特定事項を全て含む本件発明2?5に係る特許を取り消すことはできない。

(2)申立理由A-2(特許法第36条第6項第1号)
について
ア 特許法第36条第6項は、「第2項の特許請求の範囲の記載は、次の各号に適合するものでなければならない。」と規定し、その第1号において「特許を受けようとする発明が発明の詳細な説明に記載したものであること。」と規定している。同号は、明細書のいわゆるサポート要件を規定したものであって、特許請求の範囲の記載が明細書のサポート要件に適合するか否かは、特許請求の範囲の記載と発明の詳細な説明の記載とを対比し、特許請求の範囲に記載された発明が、発明の詳細な説明に記載された発明で、発明の詳細な説明の記載により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲のものであるか否か、また、その記載や示唆がなくとも当業者が出願時の技術常識に照らし当該発明の課題を解決できると認識できる範囲のものであるか否かを検討して判断すべきものである(知財高裁特別部判決平成17年(行ケ)第10042号参照)。
以下、この観点に立って検討する。

イ 特許請求の範囲の記載
特許請求の範囲の記載は、上記「第3」のとおりであり、本件発明1は、少なくとも「前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムであり」という事項(以下「事項I」という。)、及び「前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、を備え」という事項(以下「事項II」という。)を発明特定事項とするものである。

ウ 発明の詳細な説明の記載
本件明細書には、次の記載がある。
(ア)「【0001】
本発明は、車両用部材に関し、特に、自動車のオーナメントなどに好適な車両用部材に関する。
・・・
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
インジウムは高価なレアメタルであることから、オーナメントにインジウムを使用することはオーナメントのコスト高の要因となる。また、インジウムは銀白色の金属調光沢を呈するが、色調を明るめまたは暗めにするといった調整が困難である。このため、インジウムを使用したオーナメントは、色調が単調で所望の意匠性を実現することが困難である。
【0007】
上記問題に鑑み、本発明は、自動車のオーナメントに好適な車両用部材を提供することを目的とする。
・・・
【0027】
膜状体12は、電波透過性を有し、さらに、光を複雑に反射して特別な光沢や質感を呈するような半透明の素材でできている。そのような膜状体12として、例えば、東レ株式会社製のフィルムP!CASUS(登録商標)を用いることができる。当該フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みパターンで積層されて成形されており、入射光がこれら各層表面で反射されることで自然な金属調光沢を呈することができる。しかも当該フィルムは金属成分を含んでいないため、電波透過性に優れる。
・・・
【0029】
膜状体12の裏側面に光沢膜122を形成してもよい。光沢膜122の厚みは任意である。光沢膜122の明度は0%よりも大きく100%よりも小さければよい。すなわち、光沢膜122は光沢グレーであればよく、必要に応じて色彩や模様を付ければよい。膜状体12の裏側面に光沢膜122を形成することにより、膜状体12の表側面から入射して裏側面まで透過した光が表側面に反射して、膜状体12のうち光沢膜122が形成された部分はより鮮やかな金属調光沢を帯びるようになる。
【0030】
光沢膜122の明度の階調を変えることで膜状体12の見た目が違ってくる。例えば、光沢膜122を淡いグレーにすると、膜状体12は明るめの金属色を放つようになる。一方、光沢膜122を濃いグレーにすると、膜状体12は暗めの金属色を放つようになる。したがって、膜状体12に対する所望の色調に応じて光沢膜122の明度を適宜決定すればよい。」

エ 検討
本件発明1の課題
本件明細書の記載(上記ウ)によれば、本件発明1は、「オーナメントにインジウムを使用することは・・・コスト高の要因となる。また、インジウムは・・・色調を明るめまたは暗めにするといった調整が困難である。このため、インジウムを使用したオーナメントは、色調が単調で所望の意匠性を実現することが困難である。」という、従来技術が有する問題に鑑み(段落【0006】)、「自動車のオーナメントに好適な車両用部材を提供すること」を課題とするものである(段落【0007】)。
(イ)上記事項Iについて
a 本件明細書(上記ウ)には、「当該フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みパターンで積層されて成形されており、入射光がこれら各層表面で反射されることで自然な金属調光沢を呈することができる。」(段落【0027】)と記載されているから、上記事項Iの「数百から数千のナノレベル」とは、「入射光がこれら各層表面で反射されることで自然な金属調光沢を呈することができる」との作用効果を奏する程度の百?千のナノレベルの数値範囲と理解することができる。
さらに、そのように、自然な金属調光沢を呈することで、好適な車両用部材を提供し得ることも技術的に明らかである。
そして、本件明細書には、そのような百?千のナノレベルの数値範囲で構成されるフィルムの実施態様として、「例えば、東レ株式会社製のフィルムP!CASUS(登録商標)」(段落【0027】)が例示されているところ、上記事項Iの「フィルム」は、上述したとおり、「入射光がこれら各層表面で反射されることで自然な金属調光沢を呈することができる」との作用効果を奏する程度の百?千のナノレベルの数値範囲のものとすれば足りると理解することができるのであるから、上記「フィルムP!CASUS(登録商標)」に限定されないことも当業者には明らかである。
したがって、上記事項Iは、本件明細書の発明の詳細な説明の記載により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲のものといえる。
b 申立人Aは、上記事項Iの「ナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなる」とは、層厚みが均一でなくかつ各層の厚みが1?999nmである積層体全てを含むと解釈され、上記「P!CASUS(登録商標)」の例示により発明の課題が解決し得ることは技術常識であるともいえない、旨主張する。
しかし、上記aで述べたとおり、本件明細書の記載によれば、上記事項Iの「数百から数千のナノレベル」とは、「入射光がこれら各層表面で反射されることで自然な金属調光沢を呈することができる」との作用効果を奏する程度の百?千のナノレベルの数値範囲と理解することができるし、そのように、自然な金属調光沢を呈することで、好適な車両用部材を提供し得る、という課題を解決し得ることも技術的に明らかである。
したがって、申立人Aの上記主張は採用できない。
(ウ)上記事項IIについて
a 本件明細書(上記ウ)には、「光沢膜122は光沢グレーであればよく、必要に応じて色彩や模様を付ければよい。・・・膜状体12のうち光沢膜122が形成された部分はより鮮やかな金属調光沢を帯びるようになる。」(段落【0029】)と記載されているから、上記事項IIの「グレー」とは、「より鮮やかな金属調光沢を帯びる」との作用効果を奏する程度に着色されたものと理解することができる。
また、本件明細書には、「光沢膜122の明度の階調を変えることで膜状体12の見た目が違ってくる。例えば、光沢膜122を淡いグレーにすると、膜状体12は明るめの金属色を放つようになる。一方、光沢膜122を濃いグレーにすると、膜状体12は暗めの金属色を放つようになる。したがって、膜状体12に対する所望の色調に応じて光沢膜122の明度を適宜決定すればよい。」(段落【0030】)と記載されているから、上記事項IIの「グレー」の着色は、例えば、淡いグレーや濃いグレーを適宜採用することで、色調を明るめまたは暗めにするといった調整が可能となり、好適な車両用部材を提供し得ることも技術的に明らかである。
したがって、上記事項IIは、本件明細書の発明の詳細な説明の記載により当業者が当該発明の課題を解決できると認識できる範囲のものといえる。
b 申立人Aは、上記事項IIの「グレー」の指す色は、実質的に白と黒とを含み、本件明細書に記載される金属色を放つような効果を実現し得ない態様をも含んでいるから、本件明細書の発明の詳細な説明に記載された課題を解決し得る範囲を超えている、旨主張する。
しかし、上記aで述べたとおり、上記事項IIの「グレー」とは、「より鮮やかな金属調光沢を帯びる」との作用効果を奏する程度に着色されたものと理解することができるから、本件明細書の発明の詳細な説明に記載された課題を解決し得る範囲を超えている、ということはできない。
したがって、申立人Aの上記主張は採用できない。

オ よって、申立人Aの主張する申立理由A-2によっては、本件発明1及び本件発明1の発明特定事項を全て含む本件発明2?5に係る特許を取り消すことはできない。

(3)申立理由B-1(特許法第29条第1項第3号)について
甲第1号証の記載事項及び甲第1号証に記載された発明(以下「甲1発明」という。)は、上記「第4 2 2-1」で述べたとおりである。
そして、上記「第4 2 2-2(1)ア」で述べたとおり、本件発明1と甲1発明とは、上記相違点1及び相違点2で相違することが明らかであるから、本件発明1、及び本件発明1の発明特定事項を全て含む本件発明2?5は、甲1発明であるということはできず、特許法第29条第1項第3号に規定する発明に該当しない。
したがって、申立人Bの主張する申立理由B-1によっては、本件発明1及び本件発明1の発明特定事項を全て含む本件発明2?5に係る特許を取り消すことはできない。

(4)申立理由B-2(特許法第29条第2項)について
申立人Bは、申立理由B-2に係る証拠として、上記甲第1?10号証(上記「1(2)」)を提出するところ、上記甲第1、2、5、7、8号証は、それぞれ、上記引用文献1?5と同じ文献であり、既に、上記「第4 2」で、それら文献に記載された発明(技術事項)に基く本件発明1?5の容易想到性については検討しているので、その余の甲第3、4、6、9、10号証に記載された技術事項の適用について、以下検討する。

(4-1)甲第3、4、6、9、10号証に記載された事項
ア 甲第3号証の記載事項
甲第3号証には、次の記載がある。
「[0001] この発明は、例えば乗場操作盤、かご内操作盤及び位置表示器等のエレベータの表示器具に関するものである。
・・・
[0011] フェースプレート1は、樹脂製のカバー(ベース樹脂)5と、カバー5の表面に設けられた金属調フィルム6とを有している。カバー5は、発光表示ユニット4を覆うように発光表示ユニット4の前方に配置され、発光表示ユニット4からの光を透過する。この例では、カバー5は、完全な透明ではなく、スモークグレーに調色された樹脂により構成され、発光表示ユニット4からの光を所定の割合で透過する。発光表示ユニット4は、カバー5の背面に間隔をおいて対向している。
・・・
[0013] このような金属調フィルム6としては、層厚みが個別に制御された数百から数千層の異種ポリマー層を高精度に積層したポリエステルフィルムを用いることができる(例えば東レ社製「PICASUS」(商品名))。
・・・
[0019] また、実施の形態1ではグレースモークのカバー5を用いたので、フェースプレート1にステンレス鋼の光沢及び質感を持たせることができる。また、グレースモークのカバー5を用い、金属調フィルム6の表面をマット仕上げすることにより、フェースプレート1にアルミニウムの光沢及び質感を持たせることもできる。」

イ 甲第4号証の記載事項
甲第4号証には、次の記載がある。
「【0001】
本発明は、光沢度の高い積層フィルムに関する。
・・・
【0016】
本発明の積層フィルムは、少なくとも異なる2種の熱可塑性樹脂からなる樹脂A層と樹脂B層を交互に200層以上積層されていることが必要である。ここで、樹脂の種類が異なるという意味は、完全に同一組成樹脂でないという意味である。積層構成としては、周期的な繰り返し単位、例えば、3種類の樹脂を利用する場合、A層/B層/C層の繰り返し単位で構成されるABCABC・・・・ABCなどの周期構造が好ましい。特に、プロセス的に煩雑でない利点の観点から、周期的繰り返し単位が、A層/B層の単位であるABAB・・・・ABと交互に繰り返して積層される構成が好ましい。層の厚みは、干渉反射を起こす観点から、少なくとも0.01?30μmである。1層の厚みが、30μmを越えると、層を構成するポリマー中の不純物や吸収などが原因で、光の可干渉性が失われ、干渉反射を起こさなくなる。一方、0.01μm以下であると、光が、屈折率差の異なる異種ポリマー間の界面を認識しなくなるため、光干渉を起こさなくなる。したがって、より好ましくは、0.05μm?10μmである。積層数は、少なすぎると、波長400nm?1600nmに亘って反射率を均一にすることが困難であるため、200層以上が必要である。より好ましくは、400層以上であり、さらに好ましくは、800層以上である。上限は、全体厚みが厚くなると、成形し難くなるので、取り扱い性および厚みの観点から、1000層以下が好ましい。
・・・
【0044】
本発明の積層フィルムと成形体を一体成形化することは、従来にない光沢感をもつ成形体が得られるため、好ましい。特に、フィルムインサート成形品に本発明の積層フィルムを用いることが好ましい。フィルムインサート成形品とは、デザイン印刷などを施した特殊フィルムをプラスチック成形の金型(mold)に挿入し、次いで加熱流動化した成形材料(射出樹脂)を、その金型に流し込むことによって製造されるデザインフィルム一体型の射出成形品のことである。本発明の積層フィルムは、インサート成形し易くなる観点から、フィルム厚みは50μm以上500μm以下であることが好ましい。インサート樹脂との接着性を向上させるために、予め本発明の積層フィルムの表面にアクリル系、ウレタン系、ポリエステル系、ポリ塩化ビニル酢酸ビニル共重合体系の樹脂などの易接着層を形成しておいても良い。フィルムインサート成形の条件としては、成形樹脂の射出温度は、樹脂の溶融温度であり、一般的にアクリル系では240℃前後、ポリエステル系では280℃前後、ポリアミド系では200℃前後であることが知られている。その他、ポリスチレン、ポリカーボネートなどは270℃前後であり、用いる樹脂に合わせて決定すれば良い。また、金型温度は、本発明の積層フィルムの成形性と接着性の観点から、80℃以上150℃以下であることが好ましい。なお、本発明の積層フィルムを際立たせるために、インサートする樹脂には、カーボンブラックが添加されていることが好ましい。その添加量としては、1重量%以上が適当である。」

ウ 甲第6号証の記載事項
甲第6号証には、次の記載がある。
「【0001】
本発明は、ミリ波レーダー装置やマイクロ波レーダ装置等の電波レーダ装置のビーム経路に配置される樹脂成形品と、その製造方法に関する。
・・・・
【0031】
(実施例1)
図2に本実施例の樹脂成形品を示す。この樹脂成形品は、図1に示すように自動車のフロントグリル 100に設けられたエンブレム1であり、フロントグリル 100に形成された窓部内に、図示しないブラケットやボルト等の固定手段により保持されている。このエンブレム1の背後には、その裏面から所定距離隔てた位置に、車載レーダ装置としての図示しないミリ波レーダ装置が配設されている。なおミリ波レーダ装置は、周波数 76.5GHzのミリ波ビームを送・受信し、そのビーム経路にエンブレム1が介在している。
【0032】
エンブレム1は、車両の後方側(ミリ波レーダ装置に対向する表面側)から、基材層2と、黒色層3と、インジウム層4と、インジウム層4の表面に部分的に形成された黒地層5と、透明樹脂層6と、から構成されている。基材層2はシクロポリオレフィン(COP)から形成され、透明樹脂層6はポリカーボネート(PC)から形成されている。透明樹脂層6の表面からは、黒地層5とインジウム層4の一部が視認され、黒地に金属光輝部が浮かんだエンブレム意匠が視認される。」

エ 甲第9号証の記載事項
甲第9号証には、次の記載がある。
「【0001】
本発明は、自動車あるいは家電などに用いられるロゴマーク、オーナメント、エンブレムなどの装飾部材と、その製造方法に関する。
・・・
【0025】
スクリーン印刷によって曲面表面の凸部の表面にグラデーション意匠をもつ背景層を形成した後、曲面表面の少なくとも凹部の表面に金属光沢をもつ光輝層を形成する光輝層形成工程を行う。この光輝層形成工程は、PVD 法又はCVD 法によって行うことができる。PVD 法としては、蒸着、スパッタリング、イオンプレーティングなどを利用することができ、CVD 法としては無電解めっきなどを利用することができる。光輝層は各種金属から形成することができる。またミリ波レーダ装置の前方に配置されるフロントグリルガーニッシュの場合には、ミリ波を透過可能なインジウム、錫、金などが用いられる。
・・・
【0031】
オーナメント1は、図3にその断面を示すように、ポリカーボネートからなる透明な樹脂基材2と、樹脂基材2の裏面側に形成された光輝層3及び背景層4と、光輝層3の表面に形成された保護塗膜5と、からなる。」

オ 甲第10号証の記載事項
甲第10号証には、次の記載がある。
「【0001】
本発明は、自動車あるいは家電などに用いられるロゴマーク、オーナメント、エンブレムなどの装飾部材に関する。
【背景技術】
【0002】
自動車には、メーカーのマーク、車種などを表すオーナメント、エンブレム、フロントグリルガーニッシュなどの装飾部材が用いられている。これらの装飾部材は一般に樹脂基材から形成され、背景部の中に光輝部が浮き上がって表出する意匠とされる場合が多い。
・・・
【0030】
次に図3Dに示すように、真空蒸着法によって、着色層4の表面及び凹部21に形成されている中間層3の表面の全面に金属アルミニウムからなる蒸着層5を形成した。
・・・
【0032】
本実施例のフロントグリルガーニッシュ1では、意匠表面から見た時に、凹部21に対応する部位(縁取り部10及びマーク部10)には、透明樹脂基体2及び中間層3を通して蒸着層5の金属光沢意匠が表出する。一方、背景部12には、透明樹脂基体2及び中間層3を通して着色層4の濃紺色調が表出するとともに、凹凸表面22で発色した干渉色が透明樹脂基体2を通して表出する。その干渉色は、見る方向によって種々の色調となるが、干渉色の強度が大きいこと、着色層4の濃紺色調を背景とすること、から鮮やかな色調を発現し高い意匠性を備えている。」

(4-2)検討
ア 甲第3号証に記載された技術事項の適用について
引用文献3には、エレベータの表示器具に関し(段落[0001])、上記表示器具を構成するフェースプレート1は、樹脂製のカバー(ベース樹脂)5と、カバー5の表面に設けられた金属調フィルム6とを有し、カバー5は、スモークグレーに調色された樹脂により構成されていること(段落[0011])、金属調フィルム6としては、層厚みが個別に制御された数百から数千層の異種ポリマー層を高精度に積層したポリエステルフィルムを用いることができる(例えば東レ社製「PICASUS」(商品名)こと(段落[0013])、及びグレースモークのカバー5を用いたので、フェースプレート1にステンレス鋼の光沢及び質感を持たせることができること(段落[0019])が記載されている(以下「甲第3号証に記載された技術事項」という。)。
上記甲第3号証に記載された技術事項は、金属調フィルム6の積層構造、及び金属調フィルム6の裏側面にグレースモークのカバー5を設けることによりステンレス鋼の光沢を持たせる点において、上記相違点1に係る本件発明1の上記構成A及び構成Cと一部共通した技術ということもできるが、かかる技術事項は、「エレベータの表示器具」に係る技術であって、技術分野が異なるばかりか、本件発明1の上記構成B及び構成Dとも相まった技術とまでいうことはできない。
したがって、甲1発明に甲第3号証に記載された技術事項を適用しても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。

イ 甲第4号証に記載された技術事項の適用について
引用文献4には、光沢度の高い積層フィルムに関し(段落【0001】)、積層フィルムは、少なくとも異なる2種の熱可塑性樹脂からなる樹脂A層と樹脂B層を交互に200層以上積層されていること(段落【0016】)、及び、積層フィルムを際立たせるために、インサートする樹脂には、カーボンブラックが添加されていることが好ましいこと(段落【0044】)が記載されている(以下「甲第4号証に記載された技術事項」という。)。
上記甲第4号証に記載された技術事項は、積層フィルムの構造として、少なくとも異なる2種の熱可塑性樹脂からなる樹脂A層と樹脂B層を交互に200層以上積層されている点において、上記相違点1に係る本件発明1の上記構成Aと一部共通した技術ということもできるが、かかる技術事項は、本件発明1の上記構成B、構成C及び構成Dとも相まった技術とまでいうことはできない。
したがって、甲1発明に甲第4号証に記載された技術事項を適用しても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。

ウ 甲第6号証に記載された技術事項の適用について
甲第6号証には、電波レーダ装置のビーム経路に配置される樹脂成形品に関し(段落【0001】)、かかる樹脂成形品は、自動車のフロントグリル 100に設けられたエンブレム1として構成されること(段落【0031】)、及びエンブレム1は、車両の後方側から、基材層2と、黒色層3と、インジウム層4と、インジウム層4の表面に部分的に形成された黒地層5と、透明樹脂層6と、から構成されること(段落【0032】)が記載されている(以下「甲第6号証に記載された技術事項」という。)。
上記甲第6号証に記載された技術事項は、自動車のフロントグリルに設けられたエンブレムの点で、甲1発明と共通する技術ということもできるが、上記エンブレムは、インジウム層4といった金属を含む層を備えて構成されるものであるから、「金属や重金属などを含まず」に構成される甲1発明への適用には、阻害要因が存在する。
また、上記甲第6号証に記載された技術事項は、少なくとも、本件発明1の上記構成A、構成C及び構成Dを備えるものではないから、仮に、甲1発明に適用し得たとしても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。

エ 甲第9号証に記載された技術事項の適用について
甲第9号証には、自動車に用いられるオーナメントに関し(段落【0001】)、オーナメントは、透明な樹脂基材2と、樹脂基材2の裏面側に形成された光輝層3及び背景層4と、光輝層3の表面に形成された保護塗膜5と、からなること(段落【0031】)、及び光輝層3は各種金属から形成することができること(段落【0025】)が記載されている(以下「甲第9号証に記載された技術事項」という。)。
上記甲第9号証に記載された技術事項は、自動車に用いられるオーナメントの点で、甲1発明と共通する技術ということもできるが、上記オーナメントは、各種金属から形成することができる光輝層3を備えて構成されるものであるから、「金属や重金属などを含まず」に構成される甲1発明への適用には、阻害要因が存在する。
また、上記甲第9号証に記載された技術事項は、少なくとも、本件発明1の上記構成A、構成C及び構成Dを備えるものではないから、仮に、甲1発明に適用し得たとしても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。

オ 甲第10号証に記載された技術事項の適用について
甲第10号証には、自動車に用いられるフロントグリルガーニッシュに関し(段落【0001】、【0002】)、フロントグリルガーニッシュは、透明樹脂基体2及び中間層3を通して蒸着層5の金属光沢意匠が表出すること(段落【0032】)、及び中間層3の表面の全面に金属アルミニウムからなる蒸着層5を形成すること(段落【0030】)が記載されている(以下「甲第10号証に記載された技術事項」という。)。
上記甲第10号証に記載された技術事項は、自動車に用いられるフロントグリルガーニッシュの点で、甲1発明と共通する技術ということもできるが、上記フロントグリルガーニッシュは、金属アルミニウムからなる蒸着層5を備えるものであるから、「金属や重金属などを含まず」に構成される甲1発明への適用には、阻害要因が存在する。
また、上記甲第10号証に記載された技術事項は、少なくとも、本件発明1の上記構成A、構成C及び構成Dを備えるものではないから、仮に、甲1発明に適用し得たとしても、上記相違点1に係る本件発明1の構成には至らない。

(4-3)したがって、申立人Bの主張する申立理由B-2によっては、本件発明1及び本件発明1の発明特定事項を全て含む本件発明2?5に係る特許を取り消すことはできない。

第6 むすび
以上のとおりであるから、本件取消理由通知に記載した取消理由及び申立書A、Bに記載した申立理由によっては、本件請求項1?5に係る特許を取り消すことはできない。
また、他に本件請求項1?5に係る特許を取り消すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり決定する。
 
発明の名称 (54)【発明の名称】
車両用オーナメント
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両用部材に関し、特に、自動車のオーナメントなどに好適な車両用部材に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、安全性向上や利便性向上を目的として車両(自動車)にさまざまなレーダーシステムが搭載されている。その一例としてレーダークルーズコントロールがある。レーダークルーズコントロールは、レーダーセンサーから車両前方にミリ波レーダーを照射して先行車からの反射波を受けることで先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で車両の走行速度をコントロールするシステムである。
【0003】
レーダーセンサーは、レーダーの指向性を考慮して車両の前面中央、それもフロントグリル奥などの目立たない場所に隠されて配置される。ところが、車両の前面中央にはCI(Corporate Identity)マークなどを表示するオーナメントあるいはフロントエンブレムが配置されることが多い。このため、レーダーセンサーとオーナメントの配置位置が重なってレーダーセンサーの電波放射面がオーナメントによって覆われてしまうことがある。
【0004】
オーナメントは、意匠性を考慮して金属または金属調光沢を有する素材で製作される。しかし、ステンレスやニッケルメッキなどを使用したオーナメントは、レーダーセンサーに入放射される電波を吸収・拡散して弱めてしまう。この問題に対して、CIマークをかたどる非金属素材の表面にインジウム(In)を蒸着することで、金属調光沢を帯びつつ電波透過性に優れたオーナメントを実現している(例えば、特許文献1を参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2008-273216号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
インジウムは高価なレアメタルであることから、オーナメントにインジウムを使用することはオーナメントのコスト高の要因となる。また、インジウムは銀白色の金属調光沢を呈するが、色調を明るめまたは暗めにするといった調整が困難である。このため、インジウムを使用したオーナメントは、色調が単調で所望の意匠性を実現することが困難である。
【0007】
上記問題に鑑み、本発明は、自動車のオーナメントに好適な車両用部材を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一局面に従った例示的な車両用オーナメントは、電波透過性を有し且つ金属成分を含まない、表側面にエンボス模様が形成された半透明のフィルムと、前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、を備え、前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムであり、前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する。これによると、フィルムは金属成分を含むことなく金属調光沢を呈するから、意匠性に優れた車両用オーナメントを実現することができる。また、フィルムは金属成分を含まないから、車両用部材の電波透過性をより高めることができ、電波透過性に優れた車両用オーナメントを実現することができる。さらに、インジウムなどの高価なレアメタルを使用せずに済むため車両用オーナメントのコストを低減することができる。
【0009】
好ましくは、前記フィルムの表側面に所定の模様を描くように部分的に形成された光遮断膜を備える。
【0010】
また、好ましくは、前記フィルムの厚みは100?200μmである。
【0011】
さらに、好ましくは、光透過性を有し、前記フィルムの表側面に配置された表面部材を備えている。
【0012】
具体的には、光遮断膜が形成された部分とそうでない部分とで明度および/または彩度が異なる。これによると、車両用オーナメントの意匠性を自由に変えることができる。
【0013】
具体的には、光遮断膜が印刷膜または塗膜である。これによると、光遮断膜を容易に形成することができる。
【0014】
具体的には、車両用オーナメントの少なくとも一部は車載レーダー装置の送受信電波領域内に配置される部材である。これによると、前面中央にレーダーセンサーが搭載された車両のオーナメントとして当該車両用オーナメントを使用することができる。
【発明の効果】
【0015】
本発明によると、自動車のオーナメントに好適な意匠性および電波透過性に優れた車両用部材を実現することができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】一実施形態に係る車両用部材で製作されたオーナメントを有する車両の斜視図
【図2】一実施形態に係る車両用部材の分解斜視図
【図3】図2に示した車両用部材の断面図
【図4】一実施形態に係る車両用部材の製造方法のフローチャート
【図5A】図4のフローチャートの各工程を説明する模式図
【図5B】図5Aに続く図
【発明を実施するための形態】
【0017】
以下、適宜図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。ただし、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明や実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が不必要に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。
【0018】
なお、発明者らは、当業者が本発明を十分に理解するために添付図面および以下の説明を提供するのであって、これらによって特許請求の範囲に記載の主題を限定することを意図するものではない。また、図面に描かれた各部材の寸法、厚み、細部の詳細形状などは実際のものとは異なることがある。
【0019】
図1は、本発明の一実施形態に係る車両用部材で製作されたオーナメントを有する車両の斜視図である。車両100の前面部分にフロントグリル101が配置されている。オーナメント102は、フロントグリル101の幅方向の中央、すなわち、車両100の前面の車幅中央に配置されている。
【0020】
車両100は、先行車などの車両前方の障害物を検知するためのレーダーセンサー(車載アンテナ)103を備えている。レーダーセンサー103は、車両前方にミリ波レーダーを照射して先行車からの反射波を受けることで先行車との速度差や車間距離を認識する。
【0021】
レーダーセンサー103は、オーナメント102から10数cm程度奥まった位置に配置されている。すなわち、オーナメント102は、レーダーセンサー103の電波放射面、しかもレーダーセンサー103から比較的近い位置に配置されている。したがって、レーダーセンサー103から車両前方に放射される電波、および車両前方の障害物からの反射波の大部分はオーナメント102を透過することとなる。このため、レーダーセンサー103に入放射される電波がオーナメント102で吸収・拡散されて弱められることがないように、オーナメント102は高い電波透過性を有する部材で形成する必要がある。
【0022】
本実施形態に係る車両用部材は、高い電波透過性を有し、また、意匠性に優れ、オーナメントなどの人目に付きやすい車両外装への使用に好適な部材である。以下、本実施形態に係る車両用部材の構造および製造方法について詳細に説明する。
【0023】
≪車両用部材の構造≫
まず、本実施形態に係る車両用部材の構造について説明する。図2は、上記のオーナメント102に用いられる車両用部材の分解斜視図である。図3は、その断面図である。なお、後述するように車両用部材は各要素が互いに密着して一体成形されているが、図3では便宜上、各要素を分離して描いている。
【0024】
車両用部材10は、表面部材11と、膜状体12と、ベース部材13とからなる。膜状体12は、表面部材11とベース部材13とで挟まれている。車両用部材10の全体形状は任意であり、例えば、図1のようにオーナメント102として使用する場合、車両用部材10を略楕円形状にすることができる。
【0025】
表面部材11は、車両100の外部に晒される部材であり、膜状体12の表側面を保護するために設けられる。また、表面部材11は、膜状体12の光沢を損ねないように光透過性を有する素材でできており、その表面は滑らかにされている。表面部材11として、例えば有機ガラスを用いることができる。有機ガラスの中でも特にポリカーボネート(PC)は、透明性(高光線透過率)、耐熱性、耐衝撃性などに優れ、表面部材11の素材として好適である。
【0026】
なお、表面部材11の厚みは任意である。また、表面部材11の厚みは均一でなくてもよい。例えば、図1のようにオーナメント102に車両用部材10を用いる場合、表面部材11の中央部を最厚にして縁部にいくほどだんだん薄くなるような略球面状にしてもよい。このように、表面部材11は、単に膜状体12を保護するだけではなく、それ自体に立体形状(例えば、丸みを帯びた形状)を施して意匠性を持たせるようにしてもよい。
【0027】
膜状体12は、電波透過性を有し、さらに、光を複雑に反射して特別な光沢や質感を呈するような半透明の素材でできている。そのような膜状体12として、例えば、東レ株式会社製のフィルムP!CASUS(登録商標)を用いることができる。当該フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みパターンで積層されて成形されており、入射光がこれら各層表面で反射されることで自然な金属調光沢を呈することができる。しかも当該フィルムは金属成分を含んでいないため、電波透過性に優れる。
【0028】
膜状体12は、表面に傷が付きやすく、また、厚みが100?200ミクロン程度と薄いため破損しやすい。そのため、膜状体12は、外部環境に晒されるような外装部材としては不向きである。そこで、上述したように膜状体12を表面部材11で被覆して膜状体12が外部環境に晒されないように保護している。
【0029】
膜状体12の裏側面に光沢膜122を形成してもよい。光沢膜122の厚みは任意である。光沢膜122の明度は0%よりも大きく100%よりも小さければよい。すなわち、光沢膜122は光沢グレーであればよく、必要に応じて色彩や模様を付ければよい。膜状体12の裏側面に光沢膜122を形成することにより、膜状体12の表側面から入射して裏側面まで透過した光が表側面に反射して、膜状体12のうち光沢膜122が形成された部分はより鮮やかな金属調光沢を帯びるようになる。
【0030】
光沢膜122の明度の階調を変えることで膜状体12の見た目が違ってくる。例えば、光沢膜122を淡いグレーにすると、膜状体12は明るめの金属色を放つようになる。一方、光沢膜122を濃いグレーにすると、膜状体12は暗めの金属色を放つようになる。したがって、膜状体12に対する所望の色調に応じて光沢膜122の明度を適宜決定すればよい。
【0031】
一方、膜状体12の表側面において所定の模様を描くように部分的に光遮断膜123を形成してもよい。光遮断膜123の厚みは任意である。光遮断膜123は、文字通り光を遮断する膜であり、色は任意である。例えば、光遮断膜123は、黒一色にしてもよく、あるいは部分的に色調を変えてもよく、さらにグラデーションを施してもよい。すなわち、光遮断膜123が形成された部分とそうでない部分とで明度および/または彩度が異なるようにすればよい。これにより、光遮断膜123が形成された部分とそうでない部分とのコントラストが際立つようになり、光遮断膜123で描かれた模様を目立たせることができる。
【0032】
光遮断膜123を膜状体12の表面側に部分的に形成することで、光遮断膜123が形成されていない部分のみが金属色を放つようにすることができる。例えば、膜状体12の表側面において光遮断膜123でCIマークの反転画像を形成することで、あたかも金属でできたCIマークが取り付けられているかのように見せることができる。逆に、膜状体12の表側面において光遮断膜123でCIマークを形成することで、CIマークがくり抜かれた金属プレートのように見せることができる。
【0033】
光遮断膜123で描かれる模様に合わせて、膜状体12の表側面にエンボス(浮き出し)模様124を形成してもよい。これにより、光遮断膜123で描かれた模様を立体的に表して意匠性をさらに高めることができる。
【0034】
なお、膜状体12の表側面にエンボス模様124を形成した場合には、表面部材11およびベース部材13において膜状体12と接する面にも同じエンボス模様が形成される。
【0035】
また、光遮断膜123で描かれる模様とエンボス模様124とを一致させなくてもよい。光遮断膜123とエンボスとでそれぞれ別の模様を形成することにより、膜状体12が違った印象の意匠性を呈することとなる。
【0036】
ベース部材13は、膜状体12を裏側面から支持する部材である。上述したように膜状体12は薄いフィルム状部材であるため、表面部材11とベース部材13とで挟み込んで保護・補強することが望ましい。ベース部材13の厚みは任意である。また、ベース部材13の裏側面には突起やボスなどを設けることができる。ベース部材13として、例えば樹脂を用いることができる。樹脂の中でも特にABS(Acrylonitrile-Butadiene-Styrene)樹脂やAES(Acrylonitrile-Ethylene-Styrene)樹脂などは熱可塑性、剛性、硬度
などに優れ、ベース部材13の素材として好適である。
【0037】
≪車両用部材の製造方法≫
次に、本実施形態に係る車両用部材の製造方法について説明する。図4は、上記のオーナメント102の製造方法のフローチャートである。図5Aおよび図5Bは、図4のフローチャートの各工程を説明する模式図である。
【0038】
まず、膜状体12の元となるフィルム(例えば、東レ株式会社製のP!CASUS)を適当な大きさにカットする(工程S1)。
【0039】
次に、フィルムの裏側面に光沢膜122を形成する(工程S2)。例えば、印刷または塗装により光沢膜122を形成することができる。
【0040】
次に、フィルムの表側面に部分的に光遮断膜123を形成する(工程S3)。例えば、印刷または塗装により光遮断膜123を形成することができる。ただし、フィルムの表面側の所定位置に光遮断膜123が形成されるようにきちんと位置決めして印刷または塗装を行う。
【0041】
なお、工程S2と工程S3の順番は入れ替わってもよい。
【0042】
次に、フィルムにエンボス加工を施してエンボス模様124を形成する(工程S4)。例えば、フィルムを加熱して軟化させてから金型にセットし、真空成形または圧空成形によりエンボス模様124をフィルム表面に形成する。
【0043】
その後、不要な部分を取り除くトリミング処理を行う(工程S5)。これにより、膜状体12ができあがる。
【0044】
次に、表面部材11と膜状体12とを一体成形する(工程S6)。例えば、膜状体12を射出成形金型にセットし、表面部材11の元となるポリカーボネートを流し込んで膜状体12に溶着させる。
【0045】
次に、一体化した表面部材11および膜状体12とベース部材13とを一体成形する(工程S7)。例えば、一体化した表面部材11および膜状体12を射出成形金型にセットし、ベース部材13の元となるAES樹脂またはABS樹脂を流し込んで一体化した表面部材11および膜状体12に溶着させる。これにより、車両用部材10ができあがる。
【0046】
最後に、表面部材11の表面にハードコートを施して車両用部材10の表面を強化する(工程S8)。
【0047】
以上のように、本発明における技術の例示として、実施の形態を説明した。そのために、添付図面および詳細な説明を提供した。
【0048】
したがって、添付図面および詳細な説明に記載された構成要素の中には、課題解決のために必須な構成要素だけでなく、上記技術を例示するために、課題解決のためには必須でない構成要素も含まれ得る。そのため、それらの必須ではない構成要素が添付図面や詳細な説明に記載されていることをもって、直ちに、それらの必須ではない構成要素が必須であるとの認定をするべきではない。
【0049】
また、上述の実施の形態は、本発明における技術を例示するためのものであるから、特許請求の範囲またはその均等の範囲において種々の変更、置き換え、付加、省略などを行うことができる。
【符号の説明】
【0050】
10 車両用部材(車両用オーナメント)
11 表面部材
12 膜状体(フィルム)
122 光沢膜
123 光遮断膜
124 エンボス模様
103 レーダーセンサー(車載レーダー装置)
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
電波透過性を有し且つ金属成分を含まない、表側面にエンボス模様が形成された半透明のフィルムと、
前記フィルムの裏側面に形成されたグレーの印刷膜又は塗装膜と、
前記グレーの印刷膜又は塗装膜の裏側面に配置されたベース部材と、
を備え、
前記フィルムは、数百から数千のナノレベルのポリマー薄膜がさまざまな層厚みで積層されてなるフィルムであり、
前記グレーの印刷膜又は塗装膜は、前記フィルムの表側面から入射して裏側面まで透過した光を表側面に反射させ、
前記フィルムは、前記グレーの印刷膜又は塗装膜が前記透過した光を表側面に反射させることにより、該グレーの印刷膜又は塗装膜が形成されていない場合に比べてより鮮やかな金属調光沢を呈する、車両用オーナメント。
【請求項2】
前記フィルムの表側面に所定の模様を描くように部分的に形成された光遮断膜を備えたことを特徴とする請求項1に記載の車両用オーナメント。
【請求項3】
前記フィルムの厚みは100?200μmであることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の車両用オーナメント。
【請求項4】
光透過性を有し、前記フィルムの表側面に配置された表面部材を備えたことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の車両用オーナメント。
【請求項5】
前記車両用オーナメントの少なくとも一部は車載レーダー装置の送受信電波領域内に配置される部材である、請求項1ないし請求項4のいずれかに記載の車両用オーナメント。
 
訂正の要旨 審決(決定)の【理由】欄参照。
異議決定日 2021-01-28 
出願番号 特願2018-118236(P2018-118236)
審決分類 P 1 651・ 113- YAA (B60R)
P 1 651・ 121- YAA (B60R)
P 1 651・ 537- YAA (B60R)
最終処分 維持  
前審関与審査官 宮地 将斗  
特許庁審判長 島田 信一
特許庁審判官 氏原 康宏
一ノ瀬 覚
登録日 2019-11-29 
登録番号 特許第6620847号(P6620847)
権利者 マツダ株式会社
発明の名称 車両用オーナメント  
代理人 特許業務法人前田特許事務所  
代理人 特許業務法人前田特許事務所  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ