• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服 2項進歩性 特許、登録しない。 B63H
審判 査定不服 1項3号刊行物記載 特許、登録しない。 B63H
審判 査定不服 5項独立特許用件 特許、登録しない。 B63H
管理番号 1376162
審判番号 不服2020-8859  
総通号数 261 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 特許審決公報 
発行日 2021-09-24 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2020-06-25 
確定日 2021-07-14 
事件の表示 特願2018-153649号「ディフューザ型エンドプレートプロペラ」拒絶査定不服審判事件〔令和 1年 7月22日出願公開,特開2019-119436号〕について,次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は,成り立たない。 
理由 第1 手続の経緯
本願は,2018年(平成30年)8月17日(パリ条約による優先権主張2018年1月3日,米国(US))を出願日とする外国語書面出願であって,同日に翻訳文が提出され,平成30年9月21日に手続補正がなされ,令和1年6月18日付けで拒絶理由が通知され,同年9月24日に意見書が提出されるとともに手続補正がなされたが,令和2年2月20日付けで拒絶査定(以下「原査定」という。)がされ,同年6月25日に拒絶査定不服審判が請求されると同時に手続補正がなされ,同年11月25日に上申書が提出されたものである。

第2 令和2年6月25日付けの手続補正についての補正の却下の決定
[補正の却下の決定の結論]
令和2年6月25日付けの手続補正(以下「本件補正」という。)を却下する。
[理由]
1.本件補正について(補正の内容)
(1)本件補正後の特許請求の範囲の請求項1の記載
本件補正により,特許請求の範囲の請求項1の記載は,次のとおり補正された(下線部は,補正箇所であり,当審で付した。)。
「船体(20)を駆動するよう構成されるディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)であって,
前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)の回転の軸(L)を有し,前記船体(20)の伝達シャフト(22)に接続されるプロペラハブ(110)と,
複数のブレード(120)であって,それぞれ,ブレード本体(122)とエンドプレート(124)とを備え,各前記ブレード本体(122)は,前記プロペラハブ(110)に接続され,前記プロペラハブ(110)から外側に対応する前記エンドプレート(124)へと延伸し,各前記エンドプレート(124)は対応する前記ブレード本体(122)から折り曲げられて前記船体(20)の船尾(24)に向かって延伸し,各前記エンドプレート(124)は,先端縁(124a)と後端縁(124b)とを備える複数のブレードと,
を備え,
前記先端縁(124a)によって仮想の円筒面(S1)が形成されるとともに,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)は前記軸(L)を中心に回転し,
各前記エンドプレート(124)は,その先端縁(124a)において第1の接平面(C1)を備え,前記円筒面(S1)は,前記先端縁(124a)において第2の接平面(C2)を備え,
高圧側から前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)を見た場合,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)は,時計方向に回転して前記船体(20)を駆動して航海方向(A2)に進ませ,前記第1の接平面(C1)と前記第2の接平面(C2)との傾斜角度(α)は,前記第2の接平面(C2)から前記第1の接平面(C1)へと測定した負の角度であり,
前記傾斜角度(α)は,-1度<α<0度である,
ことを特徴とするディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)。」
(2)本件補正前の特許請求の範囲の請求項1の記載
本件補正前の令和1年9月24日付けの[Wユ1]手続補正により補正された特許請求の範囲の請求項1の記載は次のとおりである。
「船体(20)を駆動するよう構成されるディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)であって,
前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)の回転の軸(L)を有し,前記船体(20)の伝達シャフト(22)に接続されるプロペラハブ(110)と,
複数のブレード(120)であって,それぞれ,ブレード本体(122)とエンドプレート(124)とを備え,各前記ブレード本体(122)は,前記プロペラハブ(110)に接続され,前記プロペラハブ(110)から外側に対応する前記エンドプレート(124)へと延伸し,各前記エンドプレート(124)は対応する前記ブレード本体(122)から折り曲げられて前記船体(20)の船尾(24)に向かって延伸し,各前記エンドプレート(124)は,先端縁(124a)と後端縁(124b)とを備える複数のブレードと,
を備え,
前記先端縁(124a)によって仮想の円筒面(S1)が形成されるとともに,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)は前記軸(L)を中心に回転し,
各前記エンドプレート(124)は,その先端縁(124a)において第1の接平面(C1)を備え,前記円筒面(S1)は,前記先端縁(124a)において第2の接平面(C2)を備え,
高圧側から前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)を見た場合,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラ(100)は,時計方向に回転して前記船体(20)を駆動して航海方向(A2)に進ませ,前記第1の接平面(C1)と前記第2の接平面(C2)との傾斜角度(α)は,前記第2の接平面(C2)から前記第1の接平面(C1)へと測定した負の角度であり,
前記傾斜角度(α)は,-1度以上であり,かつ,0度未満である,
ことを特徴とするディフューザ型エンドプレートプロペラ。」
2.補正の適否
本件補正は,本件補正前の請求項1に記載された発明を特定するために必要な事項である「前記傾斜角度(α)は,-1度以上であり,かつ,0度未満である」を「前記傾斜角度(α)は,-1度<α<0度である」と限定するものであって,本件補正前の請求項1に記載された発明と本件補正後の請求項1に記載された発明とは,産業上の利用分野及び解決しようとする課題が異なるものではないから,特許法第17条の2第5項第2号の特許請求の範囲の減縮を目的とするものに該当する。
そこで,本件補正後の請求項1に記載された発明(以下「本件補正発明」という。)が,特許出願の際独立して特許を受けることができるものであるか否か(特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に適合するか否か)について以下に検討する。

(1)本件補正発明
本件補正発明は,上記1(1)に記載したとおりのものである。

(2)引用文献の記載事項
ア.引用文献1
原査定の拒絶の理由で引用された,本願の優先権主張の日前に頒布された又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった米国特許出願公開第2014/0363298号明細書(以下「引用文献1」という。)には,図面とともに次の記載がある(下線は当審で付した。{}内は当審における翻訳文である。)。
・「[0002] 1. Field of the Invention
[0003] The present invention generally relates to a propeller, and more particularly, to a diffuser-type endplate propeller.」
{[0002] 1. 発明の分野
[0003] 本発明は,プロペラに関し,より具体的には,拡散型エンドプレートプロペラに関する。}
・「[0008] Accordingly, the present invention is directed to a diffuser-type endplate propeller under an inclined-shaft inflow condition which can largely reduce even eliminate the sheet cavitation phenomenon produced by the endplates no matter the propeller blades turn to any angle positions.
[0009] An embodiment of the present invention provides a diffuser-type endplate propeller for driving a hull. The diffuser-type endplate propeller includes a propeller hub and a plurality of blades. The propeller hub is connected to a transmission shaft of the hull. Each of blades respectively has a blade-body and an endplate connected to each other, wherein each of the blade-bodies is connected to the propeller hub and extends outward from the propeller hub to the corresponding endplate, each the endplate bends from the corresponding blade-body to extend towards the stern of the hull, each of the endplates has a leading edge and an trailing edge, each the leading edge keeps a first distance from the axis of the propeller hub, each the trailing edge keeps a second distance from the axis of the propeller hub, and the first distance is less than the second distance.」
{[0008] 従って,本発明は,傾斜シャフトインフロー状態において,プロペラのブレードがどのような角度位置に回転してもエンドプレート自体によって生じるシートキャビテーション現象を大幅に低減,排除できる拡散型エンドプレートプロペラに関する。
[0009] 本発明の一実施形態は,船体を駆動する拡散型エンドプレートプロペラを提供する。拡散型エンドプレートプロペラは,プロペラハブと,複数のブレードである。プロペラハブは,船体の伝達シャフトに接続されている。ブレードのそれぞれは,ブレード本体とが接続されたエンドプレートを有しており,ブレードの各々は,プロペラハブに接続されており,プロペラハブから対応するエンドプレートに外向きに延び,各エンドプレートが,対応するブレード本体から船体の船尾に向かって延びるように曲がり,エンドプレートの各々は,先端縁及び後端縁を有し,各先端縁は,プロペラハブの軸線から第1の距離を維持し,各後端縁は,プロペラハブの軸線から第2の距離を維持して,第1の距離が第2の距離よりも小さい。}
・「[0013] In an embodiment of the present invention, when the above-mentioned diffuser-type endplate propeller rotates, the rotating tracks of the leading edges form a cylindrical surface, a negative angle of attack is present between each the endplate and the cylindrical surface formed by the leading edges.
[0014] In an embodiment of the present invention, the above-mentioned angle of attack is -1°.
[0015] Based on the depiction above, since the endplate propeller of the invention is a diffuser-type endplate propeller, i.e., when the diffuser-type endplate propeller is rotating, it does not produce sheet cavitation phenomenon at the endplates, so that the invention improves the efficiency of the endplate propeller and reduces the hull vibration and noise.」
{[0013] 本発明の一実施形態では,既述した拡散型エンドプレートプロペラが回転したときに,円筒状表面を形成する先端の回転軌道は,先端縁によって形成された各エンドプレートと円筒状表面との間に,負の迎え角が存在する。
[0014] 本発明の実施の形態では,上述の迎え角は,-1°である。
[0015] 上記の描写に基づいて,本発明のエンドプレートプロペラは,拡散型エンドプレートプロペラであるので,つまり,拡散型エンドプレートプロペラが回転している場合,エンドプレート自体がシートキャビテーション現象を生じることがなく,本発明はエンドプレートプロペラの効率を向上し,船体振動及びノイズを低減する。}
・「[0027] In the following, the depicted embodiments together with the included drawings are intended to explain the feasibility of the present invention, wherein for better understanding and clear illustrating, the proportions or the angles between parts are amplified or shrunk appropriately so that the proportions or the angles herein are to describe, not to limit, the present invention.
[0028] FIG. 1 is a schematic partial diagram showing a diffuser-type endplate propeller connected to a hull in an embodiment of the invention, FIG. 2 is a three-dimensional diagram of the diffuser-type endplate propeller of FIG. 1 and FIG. 3 is a front-view diagram of the diffuser-type endplate propeller in FIG. 1 in the angle of view towards the stern of the hull. Referring to FIGS. 1-3, a diffuser-type endplate propeller 100 of the embodiment is able to drive a hull 20, and the diffuser-type endplate propeller 100 includes a propeller hub 110 and a plurality of blades 120. The propeller hub 110 is connected to a transmission shaft 22 of the hull 20. Each of the blades 120 respectively has a blade-body 122 and a endplate 124 connected to each other, in which each the blade-body 122 is connected to the propeller hub 110 and extends outward from the propeller hub 110 to the corresponding endplate 124, and each the endplate 124 bends from the corresponding blade-body 122 to extend towards a stern 24 of the hull. Each the endplate 124 has a leading edge 124a and an trailing edge 124b, in which the leading edge 124a keeps a first distance D1 from an axis L of the propeller hub 110, the trailing edge 124b keeps a second distance D2 from the axis L of the propeller hub 110, and the first distance D1 is less than the second distance D2.
[0029] The diffuser-type endplate propeller 100 of the embodiment is installed, for example, at the bottom of the hull 20 and operated under an inclined-shaft condition. In more details, the diffuser-type endplate propeller 100 is connected to an end of the transmission shaft 22 through the propeller hub 110, while another end of the transmission shaft 22 is connected to the engine in the hull 20 (not shown). When the engine is running, the transmission shaft 22 is driven to rotate the diffuser-type endplate propeller 100, and, by means of the rotating of the blades 120, the water flow is back pushed towards the stern 24 so as to produce a forward reaction for driving the hull 20 to proceed in a sailing direction A2, in which the axis L of the propeller hub 110 is not parallel to the sailing direction A2.
[0030] In general, the quantity of the blades 120 is two to six. In the embodiment, there are, for example, four blades 120, which are disposed and radially arranged on the propeller hub 110. On the other hand, the diffuser-type endplate propeller 100 is fabricated in, for example, casting process by using metallic material or composite materials. In other words, the propeller hub 110 and the blades 120 can be integrally molded to have better rigidity to withstand the pressure of the water flow.
[0031] Continuing to FIGS. 1 and 2, the blade-body 122 of a blade 120 can further include a high-pressure side-surface towards the stern 24 and a low-pressure side-surface back from the stern 24, in which the most portion of the thrust produced by the diffuser-type endplate propeller 100 is provided by the high-pressure side-surface. It should be noted that since the diffuser-type endplate propeller 100 in the embodiment, for example, rotates clockwise and the endplates 124 can prevent the water flow moved by the rotations of the blades 120 from flowing to the low-pressure side-surfaces at the blade-tips so as to ensure the diffuser-type endplate propeller 100 having good efficiency and effectively suppress the tip vortex.
[0032] In the embodiment, the leading edge 124a is, for example, for guiding the water flow of the high-pressure side-surface of the propeller to flow to the trailing edge 124b along the inner-side of the endplate 124, and then, guiding the water flow out of the high-pressure side-surface through the trailing edge 124b. In more details, the endplate 124 of the embodiment chordwise extends to the trailing edge 124b from the leading edge 124a, in which the leading edge 124a keeps a first distance D1 from the axis L, the trailing edge 124b keeps a second distance D2 from the axis L, and the first distance D1 is less than the second distance D2, and further thus, the endplate 124 has a diffused shape chordwise.」
{[0027] 以下において,図示された実施形態に含まれている図面と一緒に,本発明の理解のために,およびを示す透明な割合又は部分の間の角度は適切に増幅され,又は収縮を説明するために意図される比率あるいは角度は,限定されないが,本発明のように形成されている。
[0028] 図1は,本発明の実施の形態に係る,船体に接続された拡散型エンドプレートプロペラを示す概略部分図であり,図2は,図1の拡散型エンドプレートプロペラの3次元図であり,図3は,船体の船尾へ向かう方向から見た図1の拡散型エンドプレートプロペラの正面図である。図1から図3を参照し,この実施の形態の拡散型エンドプレートプロペラ100は,船体20を駆動可能であり,拡散型エンドプレートプロペラ100は,プロペラハブ110及び複数のブレード120を備える。プロペラハブ110は,船体20の伝達シャフト22に接続される。各ブレード120は,互いに接続されたブレード本体122とエンドプレート124とを備え,プロペラハブ110に各ブレード本体122が接続され,プロペラハブ110から対応するエンドプレート124まで外側に延伸し,各エンドプレート124は,対応するブレード本体122から折り曲げられて船体の船尾24に向かって延伸する。各エンドプレート124は,先端縁124a及び後端縁124bを備え,先端縁124aは,プロペラハブ110の軸Lから第1の距離D1を維持し,後端縁124bは,プロペラハブ110の軸Lから第2の距離D2を維持する。また,第1の距離D1は第2の距離D2より短い。
[0029] 例えば,船体20の底に本実施の形態の拡散型エンドプレートプロペラ100を設置し,傾斜シャフト状態において操作させる。より詳細には,拡散型エンドプレートプロペラ100は,プロペラハブ110を介して伝達シャフト22の一端に接続され,伝達シャフト22の他端は,船体20のエンジン(図示せず)に接続される。エンジンが動作中,伝達シャフト22が駆動されて拡散型エンドプレートプロペラ100を回転させ,また,ブレード120の回転によって,水流は,船尾24に向かって押し出され,船体20を航海方向A2に駆動するための前進反応が生じ,プロペラハブ110の軸Lは,航海方向A2とは平行ではない。
[0030] 一般に,ブレード120の数は2から6である。本実施の形態では,例えば,4つのブレード120があり,プロペラハブ110に放射状に配置される。一方,拡散型エンドプレートプロペラ100は,例えば,金属材料または複合材料を用いた鋳造プロセスで作成される。換言すると,プロペラハブ110及びブレード120は,一体成形されることで水流の圧力に耐えるための剛性が良好となる。
[0031] 図1及び2に続いて,ブレード120のブレード本体122は,さらに,船尾24に向かう高圧側面と,船尾24から戻る低圧側面とを備え,拡散型エンドプレートプロペラ100によって生成される推進力の大部分は,高圧側面によって提供される。本実施の形態の拡散型エンドプレートプロペラ100は,例えば,時計方向に回転し,エンドプレート124が,ブレード120の回転によって移動した水流を,ブレード先端において低圧側面へと流れることを防止するので,拡散型エンドプレートプロペラ100は,効率がよく,先端渦を効果的に防止する。
[0032] 本実施の形態において,先端縁124aは,例えば,プロペラの高圧側面の水流を案内してエンドプレート124の内側に沿って後端縁124bに向かって流し,次に,高圧側面から後端縁124bを介してウォーターフローを案内する。より詳細には,本実施の形態のエンドプレート124は,先端縁124aから後端縁124bまでコード状に延伸し,先端縁124aは,軸Lから第1の距離D1を維持し,後端縁124bは,軸Lから第2の距離D2を維持する。第1の距離D1は第2の距離D2より短く,従って,エンドプレート124はコード状に拡散形状を有する。}
・「[0033] FIG. 4 is a diagram showing the diffuser-type endplate propeller of FIG. 2 in clockwise rotating. Referring to FIG. 4, when the diffuser-type endplate propeller 100 rotates clockwise, the rotating track of the leading edge 124a forms a cylindrical surface S1, and a negative angle of attack (the diffuser angle) a is present between each the endplate 124 and the leading edge 124a . In more details, the leading edge 124a and the cylindrical surface S1 has a boundary line I1, the endplate 124 is located at the boundary line I1 and has a first section C1 along the chord of the endplate 124, while the cylindrical surface S1 has a second section C2 on the boundary line I1, the included angle of the first section C1 and the second section C2 is just the above-mentioned angle of attack α. In the embodiment, the above-mentioned angle of attack α is, for example, -1°, which means the endplate 124 of the embodiment has a negative angle of attack.」
{[0033] 図4は,時計方向回転における,図2の拡散型エンドプレートプロペラを示す図である。図4を参照し,拡散型エンドプレートプロペラ100が時計方向に回転する場合,先端縁124aの回転軌道は,円筒面S1を形成し,エンドプレートの負の迎え角(ディフューザー角度)αが各エンドプレート124と先端縁124aとの間に存在する。より詳細には,本実施の形態では,先端縁124a及び円筒面S1は,境界線I1を有し,エンドプレート124は,境界線I1上にエンドプレート124のコードに沿った第1の部分C1を有し,円筒面S1は,境界線I1上に第2の部分C2を有し,第1の部分C1及び第2の部分C2の傾斜角は,上述したエンドプレートの迎え角αである。本実施の形態において,上述したエンドプレートの迎え角αは,例えば,-1°であり,これは,実施の形態のエンドプレート124が負の迎え角を有することを意味する。 }
・「[0034] FIG. 5A is a diagram showing the inflow velocity at the inclined-shaft for the diffuser-type endplate propeller of FIG. 1. FIG. 5B is a diagram showing the diffuser-type endplate propeller of FIG. 5A in clockwise rotating along the X axis. FIG. 5C is a diagram showing the inflow velocity at the endplate for the diffuser-type endplate propeller of FIG. 5A, wherein the propeller turns to the 0° circumferential position. FIG. 5D is a diagram showing the inflow velocity at the cylindrical endplate for a conventional propeller under an inclined-shaft inflow condition, wherein the propeller turns to the 0° circumferential position. FIG. 5E is a diagram showing the inflow velocity at the endplate for the diffuser-type endplate propeller of FIG. 5A, wherein the propeller turns to the 180° circumferential position. FIG. 5F is a diagram showing the inflow velocity at the cylindrical endplate for a conventional propeller under an inclined-shaft inflow condition, wherein the propeller turns to the 180° circumferential position. Referring to FIG. 5A, the actual experiments prove when the diffuser-type endplate propeller 100 rotates under an inclined-shaft condition, the diffuser-type endplate 124 not only prevents the water flow of the high-pressure side-surface from flowing to the low-pressure side-surface, but also eliminates the sheet cavitation phenomenon produced by the endplates 124 no matter the propeller blades 120 turn to any angle positions.
[0035] In more details, the axis L of the propeller hub 110 has an inclined-shaft angle Φ towards the sailing direction A2 of the hull, in which the inclined-shaft angle Φ ranges, for example, between 8° and 12°, and the propeller is suitable for a high-speed boat such as a speedboat. The hull 20 in sailing produces a propeller inflow V1, in which the propeller inflow V1 enters the diffuser-type endplate propeller 100 in a direction opposite to the sailing direction A2, and the propeller inflow V1 has an included angle towards the axis L, i.e. the inclined-shaft angle Φ. The propeller inflow V1 can be resolved into a first inflow component V1 cos Φ parallel to the axis Land a second inflow component V1 sin Φ vertical to the axis L. The second inflow component V1 situp enables the endplate 124 turning to the 0° circumferential position to increase the actual angle of attack or to the 180° circumferential position to decrease the actual angle of attack.」
{[0034] 図5Aは,図1の拡散型エンドプレートプロペラ用の傾斜シャフトでの流入速度を示す図である。図5Bは,X軸に沿って時計方向に回転する図5Aの拡散型エンドプレートプロペラを示す図である。図5Cは,図5Aの拡散型エンドプレートプロペラ用のエンドプレートでの流入速度を示す図であり,プロペラは0度の周方向位置に回転する。図5Dは,傾斜シャフトインフロー状態における従来のプロペラ用の円筒エンドプレートでの流入速度を示す図であり,プロペラは0度の周方向位置に回転する。図5Eは,図5Aの拡散型エンドプレートプロペラ用のエンドプレートでの流入速度を示す図であり,プロペラは180度の周方向位置に回転する。図5Fは,傾斜シャフトインフロー状態において従来のプロペラ用の円筒エンドプレートでの流入速度を示す図であり,プロペラは180度の周方向位置に回転する。図5Aを参照し,実際の実験は,拡散型エンドプレートプロペラ100が傾斜シャフト状態において回転すると,拡散型エンドプレート124は高圧側面のウォーターフローを低圧側面に流れ込むことを防止するだけでなく,エンドプレート124によって生じるシートキャビテーション現象を,プロペラブレード120がどの角度位置に回転しても排除することを証明した。
[0035] より詳細には,プロペラハブ110の軸Lは,船体の航海方向A2に対して傾斜シャフト角度φを有し,傾斜シャフト角度φの範囲は,例えば,8°から12°であり,プロペラは,スピードボートのような高速船に適している。航海中の船体20は,プロペラインフローV1を生成し,このプロペラインフローV1は,航海方向A2の反対の方向で拡散型エンドプレートプロペラ100に入り,プロペラインフローV1は,軸Lに向かう傾斜角度,つまり,傾斜シャフト角度φを有する。プロペラインフローV1は,軸Lに対して平行な第1のインフロー成分V1cosφと,軸Lに直交する第2のインフロー成分V1sinφとに分解できる。第2のインフロー成分V1sinφは,0度の周方向位置に回転するエンドプレート124に,実際の迎え角を増加させ,あるいは,180度の周方向位置に回転するエンドプレートに,実際の迎え角を減少させる。}
・「[0036] As shown by FIGS. 5B-5F, the diffuser-type endplate propeller 100 rotates in a peripheral velocity ωR around the X axis, wherein the peripheral velocity ωR1 produces an opposite cylindrical tangential inflow velocity ωR1 and the peripheral velocity ea is equal to the cylindrical tangential inflow velocity ωR1. When the blade 120 turns to the 0° circumferential position, the cylindrical tangential inflow velocity ωR1 and the second inflow component V1 sin Φ together form a first actual angle of attack α1 produced by the inclined-shaft inflow at the endplate 124. It should be noted that, under the same condition, for a conventional un-contracted and diffused cylindrical endplate 220, the cylindrical tangential inflow velocity ωR1 and the second inflow component V1 sin Φ together form a first cylindrical endplate angle of attack α11 produced by the inclined-shaft inflow at the cylindrical endplate 220, in which the first cylindrical endplate angle of attack α11 is positive.」
{[0036] 図5Bから5Fに示すように,拡散型エンドプレートプロペラ100は,X軸を中心に周速度ωRで回転し,周速度ωRは,反対の円筒状の接線流入速度ωR1を生成し,周速度ea(審決注:「ωR」の誤記)は,円筒状の接線流入速度ωR1と等しい。ブレード120が0度の周方向位置に回転すると,円筒状の接線流入速度ωR1及び第2の流入成分V1sinφは,ともに,エンドプレートの第1の実際の迎え角α1を形成し,これは,拡散型エンドプレート124での傾斜シャフトインフローによって生成される。同一の状態においては,従来の短縮されていない拡散型円筒エンドプレート220については,円筒状の接線流入速度ωR1及び第2の流入成分V1sinφは,ともに,第1の円筒エンドプレート迎え角α11を形成し,これは,円筒エンドプレート220での傾斜シャフトインフローによって生成され,第1の円筒エンドプレート迎え角α11は,正である。}
・{[0037] On the other hand, when the blade 120 turns to the 180° circumferential position, the cylindrical tangential inflow velocity ωR1 and the second inflow component V1 sin Φ together form a second actual angle of attack α2 produced by the inclined-shaft inflow at the endplate 124. It should be noted that, under the same condition, for a conventional un-contracted and diffused cylindrical endplate 220, the cylindrical tangential inflow velocity ωR1 and the second inflow component V1 sin Φ together form a second cylindrical endplate angle of attack α22 produced by the inclined-shaft inflow at the cylindrical endplate 220, in which the second cylindrical endplate angle of attack α22 is negative. Specifically, the first cylindrical endplate angle of attack α11 and the second cylindrical endplate angle of attack α22 have the same absolute values but they are positive and negative respectively. Since in the diffuser-type endplate propeller 100 of the invention, the angle of attack α of the endplate 124 of the blade 120 is ?1° by design, so that when the blade 120 turns to the 0° circumferential position, the first actual angle of attack α1 of the endplate 124 is less than the first cylindrical endplate angle of attack all by 1°, and the decreased actual angle of attack of the endplate 124 reduces the sheet cavitation phenomenon produced at the low-pressure side-surface.」
{[0037] 一方,ブレード120が180度の周方向位置に回転すると,円筒状の接線インフロー速度ωR1及び第2のインフロー成分V1sinφは,ともに,第2の実際の迎え角α2を形成し,これは,エンドプレート124の傾斜シャフトインフローによって生成される。同一の状態においては,従来の短縮されていない拡散型円筒エンドプレート220については,円筒状の接線インフロー速度ωR1及び第2のインフロー成分V1sinφは,ともに,第2の円筒エンドプレート迎え角α22を形成し,これは,円筒エンドプレート220での傾斜シャフトインフローによって生成され,第2の円筒エンドプレート迎え角α22が負である。特に,第1の円筒エンドプレート迎え角α11及び第2の円筒エンドプレート迎え角α22は,同一の絶対値を有するが,それらは,それぞれ,正及び負である。本発明の拡散型エンドプレートプロペラ100においては,ブレード120のエンドプレート124の迎え角αは,設計によって-1°を有するので,ブレード120が0度の周方向位置に回転すると,エンドプレートの第1の実際の迎え角α1は,エンドプレートの迎え角αの1°により,エンドプレートの第1の円筒エンドプレート迎え角未満であり,エンドプレート124の減少した実際の迎え角は,低圧側面で生じたシートキャビテーション現象を低減する。}
・「[0038] In addition, when the blade 120 turns to the 180° circumferential position, although the second actual angle of attack α2 caused by the inclined-shaft inflow is negative and the angle of attack α of the endplate 124 is also negative by design so as to increase the included angle (negative one) between the actual inflow and the endplate 124 at the time and to make the pressure at the inner-surface of endplate 124c of the endplate 124 lower than the pressure at the outer-surface of endplate 124d. However, the inner-surface of endplate 124c contacts the high-pressure side-surface of the propeller and the immerged depth of the endplate 124 at the 180° circumferential position is deeper, therefore, no cavitation phenomenon occurs which thus effectively improves the efficiency of the endplate propeller and suppresses the vibration and noise induced by the propeller.」
{[0038] また,ブレード120が180度の周方向位置に回転すると,傾斜シャフトインフローによって生成されたエンドプレートの第2の実際の迎え角α2は,負であり,設計によるエンドプレート124の迎え角αが負であり,実際のインフローとエンドプレート124との(負の)角度がこのとき増加し,エンドプレート124の内面124cでの圧を,エンドプレート124の外面124dでの圧より低くする。しかしながら,エンドプレート124の内面124cはプロペラのブレードの高圧側面に接し,180度の周方向位置でのエンドプレート124のイマージド深さは深くなり,従って,キャビテーション現象が生じず,ひいては,エンドプレートプロペラの効率を効果的に向上させ,プロペラによる振動及びノイズが抑制される。}
・「[0039]In summary, the diffuser-type endplate propeller of the invention can prevent the flow at the high-pressure side-surface from back-flowing to the low-pressure side-surface. Especially in the inclined-shaft situation, the diffuser-type endplate propeller of the invention can largely reduce the serious extent of cavitation on the outer side of the endplate, even can eliminate cavitation on the endplate. As a result, the invention can significantly improves the efficiency of the propeller and largely reduce the vibration and noise produced by the propeller.」
{[0039] 要約すると,本発明の拡散型エンドプレートプロペラは,背面に流れる低圧側から高圧側に流れることを防止できる。特に傾斜シャフトの状況における,本発明のディフューザー型エンドプレートプロペラは,エンドプレートの外側におけるキャビテーションの深刻な程度を大きく低減させることができ,エンドプレートにおけるキャビテーションを排除することができる。その結果,本発明は,顕著にプロペラの効率を改善し,プロペラによって発生する振動や騒音を大幅に低減することができる。}
・図1,図2,図4,図5A?図5Fには以下の内容が示されている。


・段落[0029]の「プロペラハブ110の軸Lは,航海方向A2とは平行ではない。」という記載事項及び図4の図示内容からみて,プロペラハブ110は拡散型エンドプレートプロペラ100の回転の軸Lを有すること理解できる。
・段落[0031]の下線部の記載事項と図4の図示内容からみて,拡散型エンドプレートプロペラ100が時計方向に回転する場合とは,船尾24に向かう高圧側面から拡散型エンドプレートプロペラ100を見たときに時計方向に回転する場合であることが理解できる。

これらの事項からみて,引用文献1には,以下の発明(以下「引用発明」という。)が記載されていると認められる。
「船体20を駆動可能な拡散型エンドプレートプロペラ100であって,
拡散型エンドプレートプロペラ100は,プロペラハブ110及び複数のブレード120を備え,
プロペラハブ110は,拡散型エンドプレートプロペラ100の回転の軸Lを有し,船体20の伝達シャフト22に接続され,
各ブレード120は,互いに接続されたブレード本体122とエンドプレート124とを備え,プロペラハブ110に各ブレード本体122が接続され,プロペラハブ110から対応するエンドプレート124まで外側に延伸し,各エンドプレート124は,対応するブレード本体122から折り曲げられて船体の船尾24に向かって延伸し,各エンドプレート124は,先端縁124a及び後端縁124bを備え,
拡散型エンドプレートプロペラ100が時計方向に回転する場合,先端縁124aの回転軌道は,円筒面S1を形成し,先端縁124a及び円筒面S1は,境界線I1を有し,エンドプレート124は,境界線I1上にエンドプレート124のコードに沿った第1の部分C1を有し,円筒面S1は,境界線I1上に第2の部分C2を有し,第1の部分C1及び第2の部分C2の傾斜角は,エンドプレートの迎え角αであり,エンドプレートの迎え角αは,例えば,-1°であり,エンドプレート124が負の迎え角を有することを意味し,
拡散型エンドプレートプロペラ100は,プロペラハブ110を介して伝達シャフト22の一端に接続され,伝達シャフト22の他端は,船体20のエンジンに接続され,エンジンが動作中,伝達シャフト22が駆動されて拡散型エンドプレートプロペラ100を回転させ,船尾24に向かう高圧側面から拡散型エンドプレートプロペラ100を見たときに時計方向に回転する場合に,ブレード120の回転によって,船体20を航海方向A2に駆動する,
拡散型エンドプレートプロペラ100。」
(3)対比
ア.本件補正発明と引用発明とを対比すると,後者の「船体20」は前者の「船体」に相当し,以下同様に,「拡散型エンドプレートプロペラ100」は「ディフューザ型エンドプレートプロペラ」に,「プロペラハブ110」は「プロペラハブ」に,「ブレード120」は「ブレード」に,
「回転の軸L」は「回転の軸」に,「伝達シャフト22」は「伝達シャフト」に,「ブレード本体122」は「ブレード本体」に,「エンドプレート124」は「エンドプレート」に,「船尾24」は「船尾」に,「先端縁124a」は「先端縁」に,「後端縁124b」は「後端縁」に,「円筒面S1」は「円筒面」に,「傾斜角」は「傾斜角度」に,「負の迎え角」は「負の角度」に,「高圧側面」は「高圧側」に,「航海方向A2」は「航海方向」に,それぞれ相当する。
イ.後者の「船体20を駆動可能な拡散型エンドプレートプロペラ100」は,前者の「船体を駆動するよう構成されるディフューザ型エンドプレートプロペラ」に相当する。
ウ.後者の「拡散型エンドプレートプロペラ100の回転の軸Lを有し,船体20の伝達シャフト22に接続され」る「プロペラハブ110」は,前者の「前記ディフューザ型エンドプレートプロペラの回転の軸を有し,前記船体の伝達シャフトに接続されるプロペラハブ」に相当する。
エ.後者の「各ブレード120は,互いに接続されたブレード本体122とエンドプレート124とを備え,プロペラハブ110に各ブレード本体122が接続され,プロペラハブ110から対応するエンドプレート124まで外側に延伸し,各エンドプレート124は,対応するブレード本体122から折り曲げられて船体の船尾24に向かって延伸し,各エンドプレート124は,先端縁124a及び後端縁124bを備え」る「複数のブレード120」は,前者の「複数のブレードであって,それぞれ,ブレード本体とエンドプレートとを備え,各前記ブレード本体は,前記プロペラハブに接続され,前記プロペラハブから外側に対応する前記エンドプレートへと延伸し,各前記エンドプレートは対応する前記ブレード本体から折り曲げられて前記船体の船尾に向かって延伸し,各前記エンドプレートは,先端縁と後端縁とを備える複数のブレード」に相当する。
オ.後者の「プロペラハブ110及び複数のブレード120を備え」る「拡散型エンドプレートプロペラ100」は,上記ア,ウ,エを踏まえると,前者の「前記ディフューザ型エンドプレートプロペラの回転の軸を有し,前記船体の伝達シャフトに接続されるプロペラハブと,複数のブレードであって,それぞれ,ブレード本体とエンドプレートとを備え,各前記ブレード本体は,前記プロペラハブに接続され,前記プロペラハブから外側に対応する前記エンドプレートへと延伸し,各前記エンドプレートは対応する前記ブレード本体から折り曲げられて前記船体の船尾に向かって延伸し,各前記エンドプレートは,先端縁と後端縁とを備える複数のブレードと,を備え」る「ディフューザ型エンドプレートプロペラ」に相当する。
カ.後者は「プロペラハブ110は,拡散型エンドプレートプロペラ100の回転の軸Lを有」するから,後者の「拡散型エンドプレートプロペラ100が時計方向に回転する場合,先端縁124aの回転軌道は,円筒面S1を形成」することは,前者の「前記先端縁によって仮想の円筒面が形成されるとともに,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラは前記軸を中心に回転」することに相当する。
キ.後者の「先端縁124a及び円筒面S1は,境界線I1を有し,エンドプレート124は,境界線I1上にエンドプレート124のコードに沿った第1の部分C1を有し,円筒面S1は,境界線I1上に第2の部分C2を有」することは,引用文献1の図4のS1の拡大部分と,本願の図4Bの関係に着目すると,前者の「各前記エンドプレートは,その先端縁において第1の接平面を備え,前記円筒面は,前記先端縁において第2の接平面を備え」ることに相当する。
ク.後者の「拡散型エンドプレートプロペラ100は,プロペラハブ110を介して伝達シャフト22の一端に接続され,伝達シャフト22の他端は,船体20のエンジンに接続され,エンジンが動作中,伝達シャフト22が駆動されて拡散型エンドプレートプロペラ100を回転させ,船尾24に向かう高圧側面から拡散型エンドプレートプロペラ100を見たときに時計方向に回転する場合に,ブレード120の回転によって,船体20を航海方向A2に駆動」することは,前者の「高圧側から前記ディフューザ型エンドプレートプロペラを見た場合,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラは,時計方向に回転して前記船体を駆動して航海方向に進ませ」ることに相当する。
ケ.引用文献1の図4のS1の拡大部分を参照すると,後者の「第1の部分C1及び第2の部分C2の傾斜角は,エンドプレートの迎え角αであり,エンドプレートの迎え角αは,例えば,-1°であり,エンドプレート124が負の迎え角を有すること」と,前者の「前記第1の接平面と前記第2の接平面との傾斜角度は,前記第2の接平面から前記第1の接平面へと測定した負の角度であり,前記傾斜角度は,-1度<α<0度である」こととは,「前記第1の接平面と前記第2の接平面との傾斜角度は,前記第2の接平面から前記第1の接平面へと測定した負の角度であり,前記傾斜角度は,負である」ことにおいて共通する。
コ.そうすると,両者は,
「船体を駆動するよう構成されるディフューザ型エンドプレートプロペラであって,
前記ディフューザ型エンドプレートプロペラの回転の軸を有し,前記船体の伝達シャフトに接続されるプロペラハブと,
複数のブレードであって,それぞれ,ブレード本体とエンドプレートとを備え,各前記ブレード本体は,前記プロペラハブに接続され,前記プロペラハブから外側に対応する前記エンドプレートへと延伸し,各前記エンドプレートは対応する前記ブレード本体から折り曲げられて前記船体の船尾に向かって延伸し,各前記エンドプレートは,先端縁と後端縁とを備える複数のブレードと,
を備え,
前記先端縁によって仮想の円筒面が形成されるとともに,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラは前記軸を中心に回転し,
各前記エンドプレートは,その先端縁において第1の接平面を備え,前記円筒面は,前記先端縁において第2の接平面を備え,
高圧側から前記ディフューザ型エンドプレートプロペラを見た場合,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラは,時計方向に回転して前記船体を駆動して航海方向に進ませ,前記第1の接平面と前記第2の接平面との傾斜角度は,前記第2の接平面から前記第1の接平面へと測定した負の角度であり,
前記傾斜角度は,負である,
ディフューザ型エンドプレートプロペラ。」
の点で一致し,以下の点で相違すると認められる。
<相違点>
前記傾斜角度が負であることに関して,本件補正発明では,前記傾斜角度は「-1度<α<0度」であるのに対して,引用発明では,「エンドプレートの迎え角αは,例えば,-1°であり,エンドプレート124が負の迎え角を有する」点。
(4)相違点の判断
引用発明は,負の迎え角を開示しており,一実施例として,-1°を例示している。
そして,引用文献1には,段落[0036]に「ブレード120が0度の周方向位置に回転すると,円筒状の接線流入速度ωR1及び第2の流入成分V1sinφは,ともに,エンドプレートの第1の実際の迎え角α1を形成し,」と記載され,段落[0037]に「拡散型エンドプレートプロペラ100においては,ブレード120のエンドプレート124の迎え角αは,設計によって-1°を有するので,ブレード120が0度の周方向位置に回転すると,エンドプレートの第1の実際の迎え角α1は,エンドプレートの迎え角αの1°により,エンドプレートの第1の円筒エンドプレート迎え角未満であり,エンドプレート124の減少した実際の迎え角は,低圧側面で生じたシートキャビテーション現象を低減する。」と記載されている。
そして,引用文献1の図5Cを参照すると,この記載は,「拡散型エンドプレートプロペラ100においては,ブレード120のエンドプレート124の迎え角αは,設計によって-1°を有するので,ブレード120が0度の周方向位置に回転すると,エンドプレートの第1の実際の迎え角α1は,エンドプレートの迎え角α(-1°の絶対値である)1°により,エンドプレートの第1の円筒エンドプレート迎え角(α11)未満であり(より小さくなり),エンドプレート124の減少した実際の迎え角(α1)は,低圧側面で生じたシートキャビテーション現象を低減する。」と解せる。
この説明からは,負であるエンドプレートの迎え角αの絶対値が0?α11であれば,確実に「エンドプレート124の減少した実際の迎え角(α1)は,低圧側面で生じたシートキャビテーション現象を低減する」ことになる。
いいかえれば,迎え角(α)が,-α11<α<0度にあれば,実際の迎え角(α1)が減少して確実に効果を奏することになるから,負の値においてより絶対値の小さい0に近い側の値とする(負の値の絶対値をα11より小さくする)ことの示唆があるといえる。
そうすると,「エンドプレートの迎え角αは,例えば,-1°であり,エンドプレート124が負の迎え角を有する」とした引用発明の迎え角αを,上記示唆により,「-1度<α<0度」の範囲の値とすることは,当業者の通常の創作能力の発揮といえるから,当業者が容易に想到しえたものである。
また,本件補正発明の作用効果について検討しても,引用発明に基いて予期される以上の格別のものがあるとはいえない。
したがって,本件補正発明は,引用発明に基いて,当業者が容易に発明をすることができたものである。
(5)請求人の主張の検討
請求人が令和2年11月25日付けで提出した上申書(【上申の内容】「第2 本願発明が特許されるべき理由」「1. 補正の意図」を参照。)において,以下のように主張している。
「(2) 今般の出願人の意図について説明します。まず,傾斜角度(α)が-1度≦α<0度という発明特定事項を有する発明は,予測し得ない顕著な効果を奏するものと,出願人は考えています。換言すれば,本願発明は,-1度を排除した点ではなく,-1度よりも絶対値が大きい傾斜角度(α)が排除されていることで,予測し得ない顕著な効果を奏するものと,出願人は考えています。但し,引用文献1には傾斜角度(α)が-1度の例が開示されています。そこで,出願人は,-1度よりも絶対値が大きい傾斜角度(α)に加えて,この-1度を本願発明の傾斜角度(α)から除く補正を行ったものに過ぎません。
(3) 即ち,審査官殿が検討すべきは,-1度より絶対値が大きい負の傾斜角度(α)が排除され,傾斜角(α)が-1度≦α<0度という発明特定事項を有する本願発明が奏する効果が,進歩性を肯定し得る予測し得ない顕著な効果であるか否かという点であるべきです。しかしながら,審査官殿は,傾斜角度(α)を適切な値に設定することは,当業者の通常の創作能力の発揮にすぎないと認定するに留まり,-1度より絶対値が大きい負の傾斜角度(α)が排除されていることを無視し,傾斜角(α)が-1度≦α<0度という範囲の予測し得ない顕著な効果の判断をしていません。そして,引用文献1の発明を避けるためだけにした補正部分に臨界的意義を判断してしまっています。」
しかしながら,上述したように,引用発明を開示する引用文献1には,負の迎え角を有するものにおいて,0に近い側(つまり絶対値が小さい側)にすることの示唆があるから,請求人の上記主張は採用できない。
(6)まとめ
したがって,本件補正発明は,引用発明に基いて,当業者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法第29条第2項の規定により,特許を受けることができない。
よって,本件補正発明は,特許出願の際独立して特許を受けることができるものではない。
3.むすび
以上のとおりであるから,本件補正は,特許法第17条の2第6項において準用する同法第126条第7項の規定に違反するので,同法第159条第1項において読み替えて準用する同法第53条第1項の規定により却下すべきものである。

第3 本願発明について
1.本願発明
本件補正は上記のとおり却下されたので,本件補正前の本願の請求項1に係る発明(以下「本願発明」という。)は,「第2 1.(2)」に示したとおりのものと認められる。

2.原査定の拒絶の理由
原査定の拒絶の理由の概要は,以下のとおりである。
「1.(新規性)この出願の下記の請求項に係る発明は,その出願前に日本国内又は外国において,頒布された下記の刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明であるから,特許法第29条第1項第3号に該当し,特許を受けることができない。
2.(進歩性)この出願の下記の請求項に係る発明は,その出願前に日本国内又は外国において,頒布された下記の刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明に基いて,その出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が容易に発明をすることができたものであるから,特許法第29条第2項の規定により特許を受けることができない。


<理由1>
・請求項 1,2,5,6
・引用文献等 1

<理由2>
・請求項 7,8,11,12
・引用文献等 1

<引用文献等一覧>
1.米国特許出願公開第2014/0363298号明細書(上記第2 2.(2)ア.の引用文献1と同じ)

3.引用文献とその記載事項等
原査定の拒絶の理由に引用された引用文献,その記載事項及び引用発明は,上記「第2 2.(2)ア.」に記載したとおりである。

4.対比・判断
「第2 2.(3)対比」を参照して,本願発明と引用発明とを対比すると,後者の「エンドプレートの迎え角αは,例えば,-1°であり,エンドプレート124が負の迎え角を有する」ことは,-1度を明らかに含んでいるから,前者の「前記傾斜角度は,-1度以上であり,かつ,0度未満である」ことに相当する。
そうすると,両者は,
「船体を駆動するよう構成されるディフューザ型エンドプレートプロペラであって,
前記ディフューザ型エンドプレートプロペラの回転の軸を有し,前記船体の伝達シャフトに接続されるプロペラハブと,
複数のブレードであって,それぞれ,ブレード本体とエンドプレートとを備え,各前記ブレード本体は,前記プロペラハブに接続され,前記プロペラハブから外側に対応する前記エンドプレートへと延伸し,各前記エンドプレートは対応する前記ブレード本体から折り曲げられて前記船体の船尾に向かって延伸し,各前記エンドプレートは,先端縁と後端縁とを備える複数のブレードと,
を備え,
前記先端縁によって仮想の円筒面が形成されるとともに,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラは前記軸を中心に回転し,
各前記エンドプレートは,その先端縁において第1の接平面を備え,前記円筒面は,前記先端縁において第2の接平面を備え,
高圧側から前記ディフューザ型エンドプレートプロペラを見た場合,前記ディフューザ型エンドプレートプロペラは,時計方向に回転して前記船体を駆動して航海方向に進ませ,前記第1の接平面と前記第2の接平面との傾斜角度は,前記第2の接平面から前記第1の接平面へと測定した負の角度であり,
前記傾斜角度は,-1度以上であり,かつ,0度未満である,
ディフューザ型エンドプレートプロペラ。」
の点で一致し,相違点はない。
したがって,本願発明は,引用文献1に記載された発明(引用発明)である。

5.むすび
以上のとおり,本願発明は,引用文献1に記載された発明(引用発明)であるから,特許法第29条第1項第3号に該当し,特許を受けることができない。
したがって,他の請求項に係る発明について検討するまでもなく,本願は,拒絶されるべきものである。
よって,結論のとおり審決する。

 
別掲
 
審理終結日 2021-01-21 
結審通知日 2021-01-26 
審決日 2021-02-25 
出願番号 特願2018-153649(P2018-153649)
審決分類 P 1 8・ 575- Z (B63H)
P 1 8・ 113- Z (B63H)
P 1 8・ 121- Z (B63H)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 伊藤 秀行杉田 隼一  
特許庁審判長 島田 信一
特許庁審判官 藤井 昇
出口 昌哉
発明の名称 ディフューザ型エンドプレートプロペラ  
代理人 片桐 貞典  
代理人 大熊 考一  
代理人 片桐 貞典  
代理人 木内 加奈子  
代理人 木内 加奈子  
代理人 木内 光春  
代理人 大熊 考一  
代理人 木内 光春  
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ